中華そば ふじい 芦原橋本店 昼飯セットA

芦原橋駅近くにある「中華そば ふじい」に行ってきました!

こちらのお店は以前から行ってみたいと思っていたのですが、
なかなかその機会を作ることなく今回が初訪問となりました!

懐かしいタイプの中華そばを出すお店として有名なのですよね!(=゚ω゚)

またそうした昭和を思わせるような「中華そば」だけでなく、
岡山の笠岡ラーメンを再現した「かしわそば」もあります!

たぶん好みだけで言えば「かしわそば」が合いそうなのですが、
やはりメインを注文すべきと考えて「中華そば」にしました!

この「中華そば」はランチ向けに「昼飯セット」というのがあり、
これが880円で中華そば+半チャーハン+ミニ唐揚げ2個という、
非常にコスパのいいセットがあったのでそちらで注文しました!

中華そば ふじい 芦原橋本店 中華そば

あぁ、このビジュアルはかなりそそられるものがありますね!
王道の中華そばの良さが凝縮されたような見た目ですからね!

まずはそのスープですが・・・うん、たしかに懐かしさを感じますね!(●・ω・)

そこまでヘヴィにならないすっきりとした動物系スープをベースに
魚介をほんのりと効かせ、香味野菜によって野菜の旨味を加えながら、
背脂とやや多めのラードなどを加えることで厚みも持たせている
王道のバランス型を指向した中華そばとして仕上がっています!

「カドヤ食堂」などに代表される、オーソドックスな中華そばを
旨味を折り重ねることで極めて繊細に仕上げたスープとも違って、
王道系ではありながらもっと素朴にまとめたスープとなってます!

なので、上品さや繊細さよりも素朴な懐かしさが先に来ますね!

そうしたこともあって、あえて突出した特徴を出してはおらず、
古風な中華そばの持っている要素を上手くまとめた感じです!

その中でも特徴になっているのはやや多めの油脂でしょうね!(*゚◇゚)

これによってすっきり系ではありながらも厚みが出ていて、
軽さや物足りなさを感じさせないバランスとなっています!

また醤油ダレが少々強めなので、醤油の風味もしっかり来ます!

そうしたこともあって、いかにも胡椒が合いそうなスープですね!
自分は入れなかったですが、たっぷり自分でかけてもいいでしょう!

食べていて特に面白かったのが、中華屋で出る中華スープのような
ああした素朴な旨さがチラリとスープから感じられたという点ですね!

もちろん中華スープに比べると醤油ダレなどは濃いめなのですが、
こうした路線の味わいは最近のラーメンではほぼ見ないですからね!

あえて「昔の中華料理店の中華そば」をブラッシュアップしたような、
そうした味わいを意図的に作り上げてきていると言えるでしょうね!

トッピングはチャーシュー、メンマ、青ねぎとなっています!

チャーシューは一見すると古風なタイプのものなのですが、
これが実にしっとりと仕上がっていて質が高いのですよね!

このあたりが昭和の中華そばをできるだけ再現しながらも、
パーツごとにその質を高めていることが伝わってきますね!

これはチャーシュー増しにするだけの価値がありますね!(*゚ー゚)

メンマは非常にオーソドックスで食感もやわらかめです!
これは昔ながらメンマを素直に指向している感じですね!

ねぎは注文時に「スープとねぎをまぜて」と指示されます!

要するにねぎの辛味を残したまま麺と絡めるのではなくて、
スープとまぜることでねぎの風味をスープに移して食べる、
というのがこちらのお店の狙いにあるということですね!

そうして食べると全体により素朴な感覚が高まりましたね!

中華そば ふじい 芦原橋本店 中華そば(麺のアップ)

麺は加水は低めのストレートの中細麺となっています!

食べ始めはシャクッとしたような歯切れの良さを感じさせます!
このあたりの組み合わせも素朴な中華そばらしくはありますね!

中華そばの場合はもうちょっと加水の高い麺も合わせられますが!

この麺は食べ始めに関してはなかなか相性が良かったですが、
一方で食感がゆるみやすく、後半はかなりのびていましたね;

これはサイドメニューも一緒に頼んだからというのもありますが、
加水が低いこともあってのびやすいので、ゆっくりとは食べずに、
とにかく勢いよく麺を完食してしまうぐらいの勢いがいいでしょう!

中華そば ふじい 芦原橋本店 昼飯セットA

そしてこちらがセットでやってきた半チャーハン+ミニ唐揚げです!

チャーハンはいかにもラーメン屋さんのチャーハンという感じで、
ちょっとラーメンスープと同質の味わいがするのが特徴ですね!

おそらくラーメンスープをこちらにも多少使っていると思います!

チャーハンらしく油脂はそこそこ多めで、醤油ダレも風味もピシッと、
ベーシックな仕上がりながらもシャープさもほどよく感じる内容でした!(`・ω・´)

ミニ唐揚げはちょっと中華料理屋さんを思わせる感じでしたね!

サクッとした表面と、下味が控えめなナチュラルな鶏の風味で、
なんだか箸休めのような役割を感じられたのが印象的でしたね!

やや厚めの油脂と背脂によって個性を打ち出してはいるものの、
あくまで素朴な中華そばらしいラインは崩さないようにしており、
どこか懐かしい味わいを求めるなら確実に楽しめる一杯でしょう!

素朴なラーメンのおいしさを楽しませてくれるお店でございました!(゚x/)モキユー

[メニュー]
中華そば ふじい 芦原橋本店 メニュー その1

中華そば ふじい 芦原橋本店 メニュー その2

お店の住所と地図 大阪府大阪市浪速区塩草3-9-19
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

1/15発売 中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺

1/15発売の明星「中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺」を食べました!

発売された週の時点ではどこでも見つからなかったのですが、
後になってドンキに流れてきたので買うことができました!

大抵の商品は発売週に買えないとスルーしてしまうのですが、
このシリーズはクオリティが高いので食べたかったのですよね!(*゚◇゚)

1/15発売 中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺

「五目辣椒白湯」、ちょっとイメージのつかみにくい名前ですね!

具材が多く入った白湯系ラーメンに辛味と花椒を効かせている、
ということはわかりますが明確なイメージが湧かないのですよね!

このあたりは実際に食べてみてからということなのでしょうね!
白湯+辣椒という組み合わせもずいぶん珍しいですからね!

1/15発売 中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープは後入れ仕様となっているので注意が必要です!

ノンフライ麺の商品は粉末スープも後入れのものが多いですね!

1/15発売 中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺(できあがり)

ほう、これはちょっとあまりないタイプのビジュアルですね!
白いスープ+赤いオイルですが担担麺ではないですからね!

まずはスープですが・・・おおっ、これはよくできてますね!(●・ω・)

ベースのスープそのもの以上に香辛料の効き方が絶妙です!

スープにもオイルにもそれぞれ花椒の風味が効かされていて、
さらにそこにラー油系の唐辛子の風味が重なっているのですが、
これがよくあるタイプのラー油+花椒とは違ってるのですよね!

刺激を与えるというよりは、風味・香りが生きてるのですよね!

ラー油に関しても辛味のアクセントはそれほど強くないのですが、
ラー油が入ることによって生まれる存在感が明確に感じられて、
軽い刺激を帯びながらラー油の持つ旨さを感じさせてくれます!

そして花椒ですが、この風味が非常にいい仕事をしていますね!(=゚ω゚)

最近の花椒系のカップ麺は攻撃的な痺れを見せるものが多いですが、
このスープは花椒がけっこう強めながらもそこまで刺激的ではなく、
それでいて花椒のさわやかな香りは十分に楽しめるのですよね!

それは前半のオイルの主張が強めに出るときだけにとどまらず、
ちゃんとスープを根幹から支えてくれているのがいいですね!

ベースとなっているのは豚と鶏によるライトな白湯スープで、
白湯系ではあるもののそこまでこってり感は感じさせません!

むしろ軽めに全体を支えながら、一定のまったり感も感じさせる、
そのうえで主役のラー油と花椒や麻辣醤を立てている感じですね!

そしてさらに魚醤やオイスターソースで魚介の風味を重ねていて、
それがベースのスープとしての旨味に深みを感じさせてくれます!

香辛料の香りを主軸に据えながら、刺激にあまり頼るのではなく、
ベースのスープはライトながらも旨味には複合性がしっかりとある、
そして中華三昧らしい一般のラーメンの風味とはちょっと違った
高級中華を思わせるようなバランス感もきちっと持ち合わせてます!

このあたりはさすがは中華三昧ブランドだなと思わせてくれますね!
一般的なカップ麺ではこのラインは狙ってこないように思いますし!

スープの原材料は豚・鶏エキス、チキンオイル、食塩、糖類、香味油、植物油脂、
乳等を主要原料とする食品、酵母エキス、たん白加水分解物、魚醤、香辛料、
麻辣醤、豆板醤、オイスターソース、しょうゆもろみ、香味調味料となってます!

こうして見ると動物系をベースにしながらも非常に複合的ですね!

麺は中細でややもっちり感を感じさせるノンフライ麺となっています!

ノンフライ系のどんぶり型商品としては標準的な麺ではありますが、
麺単体で見ても必要なクオリティはしっかりと満たしていますし、
細めであることでスープとのバランス感などもなかなかいいですね!

今回のスープは白湯ではありながらも濃厚路線とはまた違うので、
太麺を合わせてしまうとおそらく麺が勝ってしまったでしょうしね!

なので、主張が比較的控えめな中細麺でちょうど良かったのでしょう!(*゚ー゚)

麺の量は65gで、カロリーは394kcalとなっています!
脂質は13.2gで、ノンフライ系としてはちょっとだけ高めですね!

とはいえ、全体的な油脂感はむしろ低く感じるほうですが!

具材はチャーシュー、キャベツ、チンゲン菜、人参、椎茸です!
「五目」と名乗っているだけあって、ちゃんと5種類入ってますね!

チャーシューは他の人の記事だと、みんな細かく崩れてましたが、
自分のはそれに比べるとそこそこ大きな形で入っていましたね!

薄めのチャーシューながらもちゃんと肉らしい風味・質感があり、
全体に肉っぽさを付与するという点でも大きく貢献しています!

そしてキャベツやチンゲン菜もスープとの相性が非常にいいです!(`・ω・´)

今回のスープはほんと面白く、白湯系でありながらも重さはなく、
香辛料を効かせながらもそこまで刺激的でなく野菜ともよく合う、
このあたりもまた中華三昧ならではの仕上がりと言えるでしょう!

スープにさらに深みを与えてくれる椎茸もなかなか良かったですね!

一般的な日本のラーメンとも大衆中華料理的な風味のどちらとも違う、
中華三昧だからこそ出せる高級中華を思わせるバランス感が面白く、
その中でもラー油と花椒の風味・香りを生かしていたのが見事でした!

価格もそこまで高くないですし、どの要素を見ても弱点がないなど、
これはもし見かけたら迷わず手に取っていい一杯と言えそうですね!

もちろん花椒の風味が苦手な人などは避けたほうがいいと思いますが!

中華三昧ならではのおいしさをしっかりと堪能できる一杯でした!(゚x/)モキウー

【関連記事】
中華三昧PREMIUM 五目辣椒白湯麺
中華三昧PREMIUM 赤坂榮林 酸辣湯麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ雲呑麺
中華三昧PREMIUM 濃厚ふかひれ拉麺
中華三昧PREMIUM 銀座アスター監修 とろみ醤油麺
中華三昧PREMIUM 黒胡麻担々麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/19発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛

2/19発売の明星「千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」を食べました!
「千里眼」という二郎系のお店のまぜそばをカップ麺化した商品です!

「千里眼」のカップ麺って以前もあったと思って調べてみたら、
ラーメン版が以前に出てましたが、今回とは会社が違いますね!

今回は明星の製造ですが、ラーメン版は東洋水産でしたし!(=゚ω゚)

ラーメン版はもやし具材やガツ盛り系に強い東洋水産が担当して、
まぜそばはジャンク系まぜそばに強い明星が製造するというのは、
なかなか理に適ったメーカーの選ばれ方という感じはしますね!

2/19発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛

商品名は「ガーリックまぜそば」とわかりやすくなっていますが、
元のメニューは「ニンニクザンマイコレデモカ!!」という名前です!

このまぜそばはどうもかなりレアなメニューのようなのですよね!

実店舗ではうるう年の2月29日にしか提供されることがなく、
それ以外では「シン・ガーリックパラダイス」というイベントで
限定的に販売されるのみというふうになっているみたいです!

そんなレアなメニューをカップ麺化するというのも面白いですが!

2/19発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(内容物)

内容物は液体ソース、マヨネーズ、あとのせかやくとなっています!
マヨを含む3袋構成になっているのはいかにも明星らしいですね!

2/19発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(できあがり)

後のせの辛揚げ(辛い揚げ玉)が非常に印象的になってますね!

まずはその味ですが・・・基本はベーシックな油そばですね!(●・ω・)

強めのラードをベースに醤油を効かせたオーソドックスなタレに
やや強めにガーリックを効かせることでワイルドさを出しています!

元のメニューが「ニンニクザンマイコレデモカ」という、
かなりインパクトのあるネーミングのとなっているだけに
強烈なにんにくを期待しますが、そこまでは強くないです!

実際のメニューのほうは名前に負けないにんにく感だったようですが、
こちらはカップ麺ということもあり、名前に比べると軽い感じですね!

ただ、それでも一般的なカップ油そばよりはにんにくは強いです!

多くのカップ油そばはにんにくを効かせつつも主役は動物油脂ですが、
こちらは力関係で見るとにんにくのほうがより前面に出ていますしね!

なので、カップ油そばとしてはかなり頑張ったほうではあるのですが、
この商品のインパクトを思ったほど強く感じることができないのは、
間違いなくペヤングのにんにく系焼そばのせいと言えるでしょうね;苦笑

しかもつい最近「塩ガーリックやきそば」が出たばかりなうえに、
自分は数日ほど前にそれを改めてリピートして食べたことで、
今回の商品ぐらいのにんにくでは全くひるまないのですよね;

ペヤングのにんにく系はもはやにんにくの効いたソースを超えて、
「ガーリックペーストに味付けをした」というレベルのものなので、
そこそこのにんにく感の商品ではとても太刀打ちできないですからね;

ちょっとこの商品は、頑張るには頑張ったのだと思いはするのですが、
どうしてもにんにく感という点では圧倒的に見劣りしていまいますね!

これは単にペヤングがあまりに常識外れすぎるというだけなのですが!

さて、ここにマヨネーズが入ると・・・これはすごく合いますね!(*゚◇゚)

どうもこの商品はにんにくそのものに期待して食べるよりは、
「にんにくが強めの明星油そば」として食べるのがいいですね!

明星の油そばというと「ぶぶか」が何よりも思い浮かびますが、
「ぶぶか」+にんにくみたいにイメージするほうが近いですし、
実際にそうした味わいとして楽しむのが向いていると言えますね!

でもって、このマヨネーズがガーリックマヨとなっているので、
このマヨによってまろやかさだけでなくジャンク感も強まり、
この「千里眼」ならではの個性もより浮かび上がってきますね!

タレの原材料はラード、しょうゆ、半固体状ドレッシング、糖類、
背脂、豚・鶏エキス、食塩、香辛料、香味油、かつおぶしエキス、
たん白加水分解物、香味調味料、醸造酢という構成になっています!

半固形状ドレッシングというのはマヨネーズのことですね!

あとはかつおぶしエキスが隠し味で入っていることであったり、
お酢の量が一般的な油そばより少ないことが目につきますね!

麺は湯戻し5分のワイルド感のある油揚げ麺となっています!(*゚ー゚)

やはり湯戻し5分となると麺の持つワイルド感も高まりますね!

非常に食べごたえのある麺で、わっしり感ともっちり感が同居し、
まぜそばの麺として楽しむには最適なラインと言えるでしょうね!

ワイルドかつジャンクながらそこまで無骨ではないですしね!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは746kcalとなっています!
脂質は33.2gで、油そばとしてはおおむね標準的な数字ですね!

具材はキャベツとあとのせかやくという構成となってます!

キャベツに関してはごく普通の具材以外の何物でもないですが、
あとのせかやくは今回のまぜそばの主役とも言える存在でしたね!(`・ω・´)

とにもかくにも強烈だったのは辛揚げ玉の持つインパクトですね!

サクサクの食感もさることながら、その一つ一つが意外に辛く、
唐辛子の刺激を全体に加えるという点でも大きく貢献してます!

またフライドガーリックも全体のにんにく感を高めてくれますね!

なので、ソース+マヨだと「ぶぶか」の延長線上に感じられましたが、
この辛揚げ玉はそれを間違いなく「千里眼」の味だと印象付ける、
それだけの強いパワーをしっかりと発揮してくれていましたね!

むしろソースやマヨネーズ以上に目立っているほどでしたからね!

基本は「ぶぶか」のにんにくを強めたような路線でありながら、
それを辛揚げでガツンとインパクトを立てる点は面白かったですね!

ただにんにくそのものを求めると多少の肩透かしは食らうので、
王道系マヨ油そば+辛揚げとして楽しむのがいいでしょうね!

そうするとまろやかさも辛味の刺激もどちらも楽しめる良作ですし!

いかにも明星らしさを感じ取ることができる油そばでした!(゚x/)モキーン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/19発売 日清焼そば U.F.O. 極太 黒胡椒豚骨まぜそば

2/19発売の「日清焼そば U.F.O. 極太 黒胡椒豚骨まぜそば」を食べました!
「U.F.O. 極太」シリーズからの新商品となりますね!(=゚ω゚)

2/19発売 日清焼そば U.F.O. 極太 黒胡椒豚骨まぜそば

このシリーズはUFOの中でも徹底してワイルド路線で来てますね!
どこかに必ず強烈な要素を入れるのがポイントになっていますし!

今回は黒胡椒を大量に入れたというのがカギになってるようです!

2/19発売 日清焼そば U.F.O. 極太 黒胡椒豚骨まぜそば(内容物)

内容物は液体ソースと黒胡椒ふりかけとなっています!
「スパイス」などの表記でなく完全に「黒胡椒」となってますね!

他の香辛料とのミックスといった方針は取っていないのでしょう!

2/19発売 日清焼そば U.F.O. 極太 黒胡椒豚骨まぜそば(できあがり)

いやはや、これはちょっと驚くレベルの黒胡椒が入ってます!
実はこれでも全体の8割ぐらいしか入れていないですからね!

もちろん食べる際には残りの2割もしっかりと投入しましたが!

まずはベースのタレの味ですが・・・うん、しっかり豚骨系です!(●・ω・)

このタレなら、お湯に溶かすと普通に豚骨ラーメンになりそうです!

それぐらいにしっかりとした豚骨ベースのタレとなっていて、
豚骨のコク、ラードなどの動物油脂の主張ははっきりとあって、
そこにやや強めのガーリックを効かせた風味となっています!

なので、方向性としては博多系の「焼きラーメン」に近い味ですね!

たとえばこのタレに紅生姜などをアクセントで加える形を取れば、
ごく普通に「焼きラーメン」として成立する味わいになっています!

ただ麺が博多っぽくないので、そのあたりに大きな違いはありますが!

なので、今回の商品は「焼きラーメン」風の味わいを基本にしつつ、
極太麺と黒胡椒で大きくアレンジして別物に仕立てたとも言えますね!

そして主役の黒胡椒ですが・・・これがたしかにビシビシに攻めてきます!(`・ω・´)

黒胡椒をアピールする商品ってこれまでにもありましたが、
汁なし系としては過去最強と言ってもいいほどの強さですね!

特にこの黒胡椒のポイントは粗挽きにこだわってない点ですね!

黒胡椒って粗挽きにすると胡椒特有の清涼感のある香りが際立って、
さわやかさを楽しむという点では大きな効果を見せてくれるのですが、
一方で胡椒らしい刺激や辛味はあまり目立たなくなってしまうのですよね!

細かい粉末の場合はそうしたさわやかな感覚がいくぶん弱いものの、
そのかわり胡椒特有のピリピリとした刺すような辛さが強く出ますが、
今回の黒胡椒ふりかけはこちらのタイプの刺激が特に強いのですよね!

でもって、量が多いので満遍なくまぜても主張が薄れることはなく、
豚骨ダレを凌駕するような勢いでガンガンに黒胡椒が主張します!

もはや「黒胡椒味」と言ってもいいんじゃないかという勢いです!

それでも唐辛子と違って辛さでもだえるほどにはいかないですが、
黒胡椒の持つ個性と風味を楽しむという点では申し分がないですね!

やり切ってくれた感を感じることができる味わいなのはたしかです!

麺は「UFO 極太」らしい平打ちのストレート麺の油揚げ麺です!

この麺はほんと秀逸で、表面がなめらかなでベタつくことがなく、
それゆえにすすり心地が良く、パスッとした食感も気持ちいいです!

このように太麺ではありながらもどっしり感をアピールせずに、
するすると食べられる麺なので、麺そのものが重くないのですよね!

一般的に油揚げ麺の太麺って、食感や風味も重くなりがちで、
それがヘヴィなタレと合わさるとさらに重たくなるのですが、
この麺はむしろ逆にタレの重さを上手く中和するのですよね!

この力があるからこそ、タレではより思い切った冒険ができる、
それがこの「UFO 極太」シリーズならではの強みと言えますね!(*゚◇゚)

麺の量は130gで、カロリーは728kcalとなっています!
脂質は34.5gで、麺量などを考えるとおおむね標準的ですね!

具材は豚ダイスミンチ、キャベツという組み合わせになっています!
今回は黒胡椒まで具材の一部として数えてもいいかもですが!

今回は黒胡椒にかなりのコストを割いたこともあってか、
具材は全体的に少なめと言ってしまっていいでしょうね!

ただそれでも豚ダイスミンチが入っているのはいいですね!(*゚ー゚)

これだけで全体の肉感が上がってワイルドさが出ますしね!

もともと動物系の要素がタレに偏ったタイプの商品なので、
そこに一枚加えるという意味でもこの存在は大きいですね!

キャベツに関してはやや少なめで存在感も控えめですが、
パンチの効いたソースの箸休め的な機能はありましたね!

しっかりと練られた豚骨ダレもなかなか良くできてましたが、
それ以上に大量の黒胡椒のインパクトが何より強烈でしたね!

この胡椒を楽しめるというだけで買うだけの価値は十分ですね!
でもって、そのおかげで大盛の量でもサラリといけますしね!

黒胡椒の持つ良さを存分に生かし切った仕上がりでございました!(゚x/)モキー

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 太麺甘濃ソース

2/5発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば 太麺甘濃ソース」を食べました!
太麺を起用してきたことを強くアピールする商品名となってますね!

2/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 太麺甘濃ソース

かつては「一平ちゃん」と言えば、いつも細麺だったのですが、
最近は大盛版でもノーマルサイズ版でも太麺がときどき登場します!

大盛版は湯戻し4分、ノーマルサイズ版は湯戻し3分と違いはありますが!
ノーマル版では「オーロラソース」で使われたのが記憶に新しいですね!

「一平ちゃん」の太麺は質が高いので、今回も期待できそうですね!(=゚ω゚)

2/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 太麺甘濃ソース(内容物)

内容物は液体ソース、からしマヨネーズ、ふりかけとなっています!
このあたりはレギュラーの「一平ちゃん」と近いものを感じますね!

2/5発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 太麺甘濃ソース(できあがり)

うん、いつもの「一平ちゃん」シリーズらしいビジュアルですね!
メインの具材がキャベツのみというのも「一平ちゃん」の定番ですし!

まずはベースのソースですが、たしかに甘めで濃い味ですね!(●・ω・)

甘めで濃いということで、お好みソース系をイメージしてましたが、
お好みソース系に比べればいくぶんサラッとした味わいですね!

あくまで焼そばソースをベースにローストオニオンの甘さと、
ソースらしいまったりとした濃さを合わせ持ったような感じです!

一方で濃いとは言っても、油脂がどっしりと乗る感じではないので、
濃くはありながらも重く感じさせる要素はほとんどないですね!

なので、ものすごくこってりとした味わいを意識しているのではなく、
太麺に合うような方向性にソースを調整したものと言えるでしょう!

その中でポイントになっているのはローストオニオンの持つ甘みで、
この自然な風味によって甘みがありつつも嫌味を感じさせません!

そしてここに合わさるふりかけですが、これはごく普通の内容ですね!(*゚◇゚)

「一平ちゃん」というと、奇抜なふりかけを合わせることが多いですが、
今回はとにかく太麺に合わせた王道路線を目指してきた感じがします!

そのためふりかけはアオサと紅生姜のシンプルな構成となってます!

ソースについても特に奇をてらった要素は見られないだけに、
こうしたごく普通のふりかけともきちっと合っていますね!

そして「一平ちゃん」の大きな特徴であるマヨですが・・・これがいいですね!(`・ω・´)

たしかにソースだけでもある程度まとまった味わいになってますが、
今回はこのからしマヨが加わることで完成する一杯と言っていいです!

それも普通のマヨではなく、からしマヨなのがポイントになってます!

からしが入ることによるプラスポイントという点に着目するなら、
レギュラーの「一平ちゃん」以上のものと言っていいほどですし!

というのも、今回は甘くて濃いソースなのでもともとマヨとの相性が良く、
合わさることでお好み焼きとも一定程度共通する風味を見せるのですが、
普通のマヨだと全体がまろやかさばかりに偏ったと思うのですよね!

もちろんそれはそれで一つの味としておいしかったりはするわけですが、
マヨでまろやかさを重ねながらも、まったり感一辺倒になるのではなく、
からしによってピシッと引き締まった感覚を同時にしっかり与えてくれる、
これによって全体の完成度が一段上がっていたように感じさせられました!

また今回のからしマヨは量もしっかりと多めに入っていたことから、
最後までその引き締まった味わいを楽しむことができましたしね!

ソースとマヨの原材料は糖類、からしマヨネーズ、ソース、植物油脂、
食塩、ローストオニオンペースト、ソース加工品、たん白加水分解物、
香味油、香辛料、香味調味料、醸造酢、カレー粉となっています!

隠し味としてカレー粉が入っているあたりが面白いですね!
食べていてはっきり気付くほどの存在感ではないのですが!

麺はけっこう太めながらも湯戻し3分の油揚げ麺となっています!

明星って湯戻し時間の短い太麺を作るのを得意としてますよね!
「ぶぶか」の油そば向けの麺なども湯戻し時間が3分でしたし!

3分だからといって、戻ってないような感じは全くないですし、
なおかつもっちり感が強く、麺のクオリティも非常に高いです!

「一平ちゃん」というと、汎用性の高い細麺も魅力なのですが、
麺単体のクオリティとしてはこちらはそれを上回ってますね!(*゚ー゚)

これまでは太麺を使うときでもあまりアピールしてなかったですが、
今回は「一平ちゃんにもいい太麺がある」としっかり主張していて、
「一平ちゃん」のブランドイメージの底上げにもつながりそうですね!

麺の量も100gと少し多めで、カロリーは574kcalとなっています!
脂質は24.3gで、マヨが入っていることを考えればそこまで高くないです!

ソースそのものに加えられている脂質は意外と少ないのでしょうね!

具材はキャベツのみで、量はちょっと少なめとなっています!
それでもちょっとした箸休めとしてはちゃんと役立ってますね!

甘くて濃いめのソースをからしマヨネーズでピシッと引き締め、
なおかつもっちり感のあるソースともいい相性を見せているなど、
太麺焼そばのスタンダード的な良さを感じさせてくれましたね!

そのままレギュラー化しても不思議でないものを感じましたね!

太麺焼そばの基本形をしっかりと見せてくれる仕上がりでした!(゚x/)モキルー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 カップヌードル BIG ポテナゲ

2/12発売の日清「カップヌードル BIG ポテナゲ」を食べました!

フライドポテトとチキンナゲットを入れたカップヌードルですね!
ファーストフードのメニューを意識しているのがうかがえますね!

そしてこの記事の投稿で記事番号がついに4000に到達いたしました!
記念にふさわしいと思って、今日はカップヌードルシリーズにしました!

記事の総数が4000になるにはあと12記事ぐらいはあるのですが、
それも来週中には達成されることはもう確実ではありますからね!

4000に到達してからものんびりと無理せず続けていきたいと思います!(`・ω・´)ゝ

2/12発売 カップヌードル BIG ポテナゲ

カップ麺でときどきフライドチキン系の具材が出てきますが、
カップ麺の具材においてから揚げ・ナゲット・フライドチキン、
この3つに果たしてちゃんとした違いはつけられてるのですかね!

もちろん普通の料理としてはこの3つは明らかに違うものですが、
カップ麺の具材ではどれも中身は同じだったりしますからね!

あえて言うならチキンナゲットが最も近いとは言えそうですが!(=゚ω゚)

2/12発売 カップヌードル BIG ポテナゲ(内容物)

さすがに主役なだけあって、ポテトとナゲットは多く入ってますね!
あとは細かい胡椒の粒がやや多めに見えるのがポイントでしょうか!

2/12発売 カップヌードル BIG ポテナゲ(できあがり)

最近のカップヌードルとしては具材の充実度はかなり高いですね!

「カップヌードル BIG」は具材があまり充実しないこともありますが、
今回は具材で麺があまり見えなくなるぐらいの多さは確保されてます!

まずはスープですが・・・基本のカップヌードルに非常に近いですね!(●・ω・)

商品説明に「おなじみのカップヌードルの味をベース」とあるので、
基本のカップヌードルの味わいに近づけているのは意図的なようですね!

ただ、細かく見ていくとけっこう違っているところも見受けられます!

もともとのカップヌードルのスープも醤油+胡椒という風味なのですが、
こちらはそれと比べても黒胡椒の刺激がいくぶん強くなっています!

黒胡椒というと、洋風のジャンクフードとの相性がいいことから、
今回のテーマに合わせて強めてきたというところもありそうです!

そしてもう一つはこちらのほうが味わいがいくぶんシャープなのですよね!

醤油の強さであるとか、塩分の強さなどはあまり変わらないのですが、
風味がやや直線的で複雑味をそれほど感じさせないところがあります!

黒胡椒が強まってるという点もそれを後押しする感じがあるので、
カップヌードルの風味をよりストレートにした感は強いですね!(*゚◇゚)

それゆえにいつものカップヌードルと味は近くはありながらも、
ちょっと単調に感じられるところがあるのも事実ではありますね!

これは量が多さも影響してますが、細かい味の変化も関係してそうです!

そこでスープの原材料を「カップヌードル BIG」と比較してみましょう!

[今回の商品]
食塩、香辛料(ガーリック、ペパー、ジンジャー)、粉末しょうゆ、
豚脂、糖類、香味調味料、ポークエキス、メンマパウダー

[カップヌードル BIG]
糖類、粉末しょうゆ、食塩、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、
ポークエキス、メンマパウダー

なぜか今回の商品は香辛料の内容が細かく書かれていますが、
それを除くと最大の違いは糖類と食塩の位置関係にありますね!

ポークエキスやメンマパウダーなどについては全く同じですね!

要するに塩味を直線的に、糖類による甘みを抑えたことが、
よりストレートに主張する今回のスープに影響したようです!

そうしたバランスの変化だけ印象が意外と変わるのですね!
もちろん具から出てくる風味による違いもあると思いますが!

麺はいつもの「カップヌードル」の麺と変わりませんね!
原材料の並びを見ても、普段の麺と全く違いがありませんし!

カップヌードルシリーズの麺はおおむね平打ち的ではありつつも、
その味の種類によって微妙にその幅や味付けを変えているのですが、
今回は基本のカップヌードルのスープをベースにしていることから、
そのまま適用するのが最も合うだろうと判断されたのでしょうね!

実際にスープとの相性という点では上手くまとまっていましたし!(*゚ー゚)

麺の量は多めの80gで、カロリーは426kcalとなってます!
脂質は18.0gで、おおむね標準的な数字になっていますね!

具材はチキンナゲット、フライドポテト、卵、ねぎとなってます!

卵とねぎに関してはいつものカップヌードルと全く同じですね!

要は普段のカップヌードルに入ってるダイスミンチや海老を抜いて、
それとチキンナゲットとフライドポテトに変えたと言えそうです!(`・ω・´)

チキンナゲットは衣も香ばしく、鶏肉らしい旨さもありますし、
ポテトに関しても日清らしいホクホク感がしっかり出ていて、
量も多いなど、一つの具材としてはちゃんとよくできてますね!

ただ難しいのは、スープの方向性がいつものカップヌードルに近いので、
ダイスミンチや海老がついつい欲しくなってしまうという点ですね!

そう考えると、普段のスープとダイスミンチと海老という構成が
いかにスープと上手く噛み合っているかということでもありますね!

他の具材では代替しきれない相性の良さというのがあるのですよね!

今回の具材だって質・量ともにしっかりと整っているのですが、
それでもいつもの具にはかなわないという印象が少し残りますし!

多少方向性は違いつつも安心感を持つことができる味わいのスープに
ジャンク感をほどよく持った具材という組み合わせは面白いのですが、
「本家と比較してしまうと・・・」と思わされる面もありましたね!

ただカップヌードルの一つのアレンジとしては決して悪くはないので、
いつもの味からちょっと変化が欲しいときにはいいと言えそうですね!

基本のカップヌードルに軽くアレンジを加えたような一杯でした!(゚x/)モキー

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺

2/12発売のサンヨー食品「渋谷 喜楽 中華麺」を食べました!

渋谷の「喜楽」というお店はこれまで聞いたことがないのですが、
どうもかなり歴史のある古風なタイプのラーメン屋さんのようです!

最近カップ麺化されるのは比較的新しいお店のものが多いですが、
そうした老舗のお店に目を付けてきたあたりは面白いですね!

昔ながらの中華そばといった雰囲気ではあると思うのですが、
その中でどのように個性を打ち出しているかは興味がありますね!(*゚ー゚)

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺

どうもトッピングにも使われている揚げネギがポイントのようですね!
このあたりはたしかに昔ながらのラーメン屋さんっぽく感じますね!

渋谷なのに古風なお店というギャップもまた興味深いですね!

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺(内容物)

内容物はかやく2袋と液体スープとなっています!
片方のかやくの袋は揚げねぎのみが入っているのですね!

ではその揚げねぎが後入れ仕様かというとそうでもなく、
なぜかどちらも先入れという方式になっていたりします!

とはいえ、揚げねぎは好みで後入れにしても良さそうですが!
というか、自分はおもいっきり後入れにしてしまいましたし!

2/12発売 渋谷 喜楽 中華麺(できあがり)

具材についてはさすがにさみしいなぁという感じが漂いますね!
秋の夜空というか、月がポツンと出ているようなビジュアルですね!

まずはスープですが・・・おおっ、香味油が非常に印象的ですね!(●・ω・)

かやくの揚げねぎを加えると風味が変わってしまうと思ったので、
まずは揚げねぎを入れる前のスープを味わってみたのですが、
その時点でねぎ油などを思わせる香味がしっかりと伝わります!

ベースとは鶏と豚を合わせた素朴さのある動物系スープながら、
ここも思っていた以上にきっちりとした厚みがあるのですよね!

そしてそのうえで香味油の持っている風味が強くアピールします!

改めて商品説明を見ると「揚げネギの風味がきいた香味油」とあるので、
この商品における揚げねぎの風味は具材によってもたらされるのでなく、
液体スープに含まれる香味油と具材の両方で表現されているのですね!

そのため、トッピングの揚げねぎを加えるとその風味がさらに強まり、
揚げねぎの風味をポイントとしたラーメンとしての個性が高まります!

おそらくお店でも揚げねぎを作るために使った油を香味油として、
香味油と揚げねぎの両方によって風味を高めているのでしょうね!

さらにねぎ油だけでなく、ラードの加わることによって厚みを与え、
すっきりしながらも深みのあるスープとラードの厚みとねぎ油の香味、
この3つが重なり合うことによって懐かしくも個性的なスープとなります!(*゚◇゚)

最近のカップ麺ではねぎ油をメインに据えることはあまり多くないので、
そこを中心に持ってきたというだけでもいい個性が出てくれるのですよね!

もちろんそこにとどまらず、単に古風なスープというだけでなく、
きちっと深みを与えてきた構成の上手さも高く評価できますが!

スープの原材料はチキンエキス、しょうゆ、豚脂、ポークエキス、
香味食用油、植物油脂、香辛料、食塩、糖類、たん白加水分解物、
鶏脂、ポークコラーゲン、発酵調味料、酵母エキス、椎茸エキスです!

この原材料の隠れたポイントは魚介系が入っていないという点ですね!

今では古風なラーメンも含めて魚介の後押しが入ることが多いですが、
このラーメンはそうした付加的な要素は椎茸のみとなってるのですよね!

それによって動物系の深みがよりストレートに伝わってきますし、
いい個性のあるお店を選んできたなぁと改めて感じされられますね!

麺は断面の丸い中太ぐらいの太さのノンフライ麺となっています!
ほんの少し黒みがかってますが、おそらく全粒粉麺ではなさそうです!

表面はややしっかりめの食感で、噛むともっちり感も感じられる、
標準の5分よりもちょっと長めに待つことでしっとり感を出すと、
よりこのスープとのなじみや麺の食感も楽しみやすくなりますね!(=゚ω゚)

5分ちょうどの状態だと、ちょっと麺勝ちに思える点もありますので!

サンヨー食品は油揚げ麺の縦型カップでお店の再現系を作ると、
麺が暴れてしまったりしてバランスが崩れることがありますが、
ノンフライ麺の商品では全体が上手くまとまってくれますね!

その分だけ少々値も張りますが、それだけの価値はありますね!

麺の量は60gで、カロリーは375kcalとなっています!
脂質は14.2gで、意外にそこそこ高めの数字となってます!

具材はチャーシュー、青ねぎ、揚げねぎとなっています!

さすがに具材についてはしょぼいとしか言いようがないですね;

青ねぎは量は多いものの、基本的にはごく普通のカップ麺的なもので、
単なる薬味として以上の意味はなく、揚げねぎは効果的ではあるものの、
具材というよりはスープの一部と言ったほうが近いような存在ですしね!

とすると、チャーシューが具の中で大きな鍵になってくるのですが、
これがまたペラペラで肉らしい旨味もほとんとなかったりします!(`・ω・´)

この価格帯のカップ麺でこうしたチャーシューなのは意外でしたね!

今回はもうスープと麺、そして揚げねぎにコストを割いてしまって、
それら以外の具材はおまけみたいになったという感じですね!

ほとんど具なしラーメンに近い感覚で食べたほうがいい内容でした!

具についてはさすがに評価できるところはほとんどないものの、
すっきりしつつも深みのある動物系と揚げねぎが融合したスープに
しっかりとした食感が楽しめる麺の組み合わせはなかなかでしたね!

最近のカップ麺ではこうした路線を取ってくるタイプは少ないだけに、
そういう意味でも食べる価値のある一杯だったと言っていいでしょう!

素朴ながらもしっかりと個性を感じられるラーメンでございました!(゚x/)モッキューン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば

2/12発売のエースコックからの新作
「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば」
を食べました!

それにしてもこのシリーズはほんと頻繁に新作が出ますね!
毎週このシリーズを何か食べてるのではないかと思うほどですし!

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば

この「べんてん」はかつて高田馬場にお店を構えていましたが、
それが惜しまれつつ閉店したものの2016年に再び成増で復活し、
そして今に至るといった経緯を持っているお店とのことです!

また今回も「熱湯5分で行列回避!?」という表現が登場してますね!(=゚ω゚)

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば(内容物)

エースコックらしく中には粉まみれになった液体スープが入ってます!
丸型チャーシューが入っているあたりもエースコックらしいですね!

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば(できあがり)

清湯系ぽくはありながらも、何だか濃厚そうな雰囲気がありますね!

まずはスープですが・・・おっと、これは魚介が非常に分厚いですね!(●・ω・)

鶏と豚をベースにした動物系スープに香味野菜の風味を加え、
そこに節系や煮干などの魚介を重ねるというスタイルですが、
その中でも主役として伝わってくるのは魚介なのですよね!

それもスープそのものに魚介の旨味が溶け込んでるだけでなく、
油脂からも魚介の風味や香ばしさを感じ取ることができますね!

このあたりが魚介の深みだけでなく、厚みを感じさせる点ですね!

そしてこのスープが面白いのは清湯系の動物系スープに
魚介を合わせるWスープ路線と比べれば濃厚でありながら、
豚骨魚介などの白湯+魚介に比べればすっきりしてるという、
両者の中間的なラインを取っているという点なのですよね!

あえて言うなら清湯系の動物系+魚介のWスープのラーメンに
油脂をやや多めに重ねたスタイルと言うこともできそうですが、
それでも一般的な清湯系の魚介醤油とは個性が違ってますからね!

でもって、油脂によって魚介の厚みを感じさせる構成とはいえ、
油脂の全体量はむしろ少ないほうだったりもしますからね!

なので、白湯系ではないけどスープそのものにも強い厚みがある、
それはベースの動物系も、そして前面に出てくる魚介も強さがあり、
このあたりが他のお店にないタイプのスープを作り出していますね!

そしてそれをきちっと再現しているエースコックも頑張ってますね!(*゚◇゚)

こうした点に注目すると「濃厚中華そば」という名前は面白いですね!

中華そば的なすっきり感と濃厚と呼ぶにふさわしい厚みが共存している、
なかなか名前だけでは味が想像しにくいタイプではあるのですが、
この清湯と白湯の良さを合わせ持ったスープはなかなかのものですね!

スープの原材料はしょうゆ、鶏・豚エキス、魚介エキス、植物油脂、食塩、
動物油脂、砂糖、たん白加水分解物、発酵調味料、ポークコラーゲン、香辛料、
酵母エキス、香味油、コンブエキス、オニオンパウダー、香味調味料です!

原材料としては醤油が一番最初に書かれてはいるのですが、
そこまで醤油のキレを重視したタイプのスープではないです!

ただ醤油ダレの主張はそこそこ強く、醤油もスープの持っている
厚みを表現するうえで貢献していると言えそうな感じになってます!

鋭さやキレよりもコクを重視したタイプの醤油ダレと言えますね!
動物系、魚介、醤油のどれを見ても強みのあるスープとなってます!

麺はいかにもエースコックらしい太めのがっしりとした油揚げ麺です!

がっしりとしながらも、時間が経つともっちり感も徐々に出るなど、
エースコックが太麺系店カップでよく使ってくるタイプの麺ですね!

この麺はスープ次第では麺勝ちしてしまうところもあったりしますが、
今回はスープの個性が明確なので、この麺で良かったと思いますね!

逆に細麺とかだと、麺が完全に埋没してしまったように感じますし!(*゚ー゚)

「全ての要素に強さを感じる」というのはこの麺にも言えますね!

麺の量は70gで、カロリーは359kcalとなっています!
脂質は11.5gで、麺の量を考えても低い数字となってますね!

このあたりが白湯系とも油脂攻めとも違う個性を物語ってますね!
脂質などの数値を見ると、むしろ清湯系を連想しますからね!

具材はチャーシュー、メンマ、ねぎという構成になっています!(`・ω・´)

具材に関してはこれといって目立つような要素はないのですが、
コリコリとしたメンマの食感はいいアクセントになってますね!

チャーシューはごく普通のものですが、そこまでペラペラでもなく、
それなりに肉感を楽しむという点で貢献してくれていますね!

ねぎに関してはいかにもカップ麺的な普通の乾燥ねぎとなってます!

ベースを固める動物系、そして前面に出て厚みを感じさせる魚介、
さらに全体のコクを後押しする醤油ダレと、清湯系ではありながら
白湯とのハイブリッドかと思うほどの強さのあるスープは印象的で、
「動物系+魚介のWスープ」という一言では言い表せないような
絶妙のバランスのスープに仕上がっていたのが良かったですね!

「青葉」のようなわかりやすい清湯系のWスープのラーメンと、
「とみ田」のような豚骨魚介の両方のスープが好きであれば、
このラーメンが取っている路線はきっと気に入るでしょうね!

清湯系ではありながらもしっかりと厚みを感じさせる一杯でした!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田

2/12発売の明星「銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田」を食べました!
セブンプレミアムシリーズなので、セブン&アイのみの限定商品です!(`・ω・´)

2/12発売 銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田

「銘店紀行」シリーズは「六角家」、「だるま」に続いて3作目ですね!

過去の2作品はどちらもどんぶり型からの移行という形だったので、
この「とみ田」もそれと同じ意味合いでの新発売なのでしょうね!

どうも明星が担当するセブンプレミアムのどんぶり型店カップは
今後できるだけ縦型に移行させるという考えなのかもですね!

これは明星が縦型でもノンフライ麺を使うのが得意という、
そうしたメーカーの特性も考慮しての判断だと思われます!

2/12発売 銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田(内容物)

「とみ田」というと、とにかく豚骨魚介の名店として有名ですね!

「とみ田」はセブンプレミアムとしては定番とも言える存在で、
縦型としても「鶏白湯煮干」や「濃密系しょうゆ」が出てますね!

どちらも商品もあくまで期間限定で発売されたものではありますが!

2/12発売 銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田(できあがり)

うん、いかにも豚骨魚介醤油の王道といったビジュアルですね!

まずはスープですが・・・豚骨、醤油、魚介のバランスがいいですね!(●・ω・)

やはり豚骨魚介醤油のど真ん中を行くような味わいとなっており、
ベースを豚骨が固めながら、醤油ダレもけっこう強く主張して、
そのうえで魚介が前面に出て旨味を支える形となっています!

主張の強さで言うなら、醤油ダレと魚介がおおむね等価な感じで、
豚骨はその両者の下支えに徹しているといった印象がありますね!

ラーメンだともう少し豚骨の厚みが強くてもいい気はするのですが、
つけ麺の視点で考えると、このあたりのバランスが良くはありますね!

なので、つけ麺のバランスをラーメンにも落とし込んだ感もありますね!
「とみ田」というと、ラーメン以上につけ麺が有名でもありますし!

かつてどんぶり型で食べたときも、意外と醤油ダレの主張が強く、
豚骨はベースを固める役割に徹しているという印象があったので、
そのあたりのバランスは縦型になってもちゃんと継承されてますね!

主役の一つである魚介に関しては明確な強さがしっかりありましたし!

なので、どんぶり型が好きだった人ならおおむね気に入るでしょう!(*゚◇゚)

また豚骨魚介醤油らしいちょっとしたスープの粘度も感じられます!

もちろんとろみ系スープみたいにねっとりとした感じではなくて、
あくまで動物系のコラーゲンを連想させるようなものになってます!

スープの原材料はポークエキス、デキストリン、食塩、たん白加水分解物、
香味油、ラード、香味調味料、かつおエキス、酵母エキス、とろみ粉末、
香辛料、糖類、かつおぶし粉末、しょうゆという構成になっています!

これを見ると、「とみ田」の魚介は完全にかつおのみなのですね!

これは実店舗でも同様なのかということまではちょっとわからないですが、
サバ節などの他の節系や煮干などを使っていないのはけっこう意外ですね!

かつおの旨味はサバなどに比べると優しく広がる感じが特徴なのですが、
そうしたタイプの旨味を重視したいという姿勢があったのでしょうかね!

またエキスだけでなく、ちゃんと魚粉が入っているのは評価できますね!
このあたりの魚介豚骨系は魚粉による主張もけっこう重要ですからね!

ほんの少しのザラツキを感じるぐらいがいいということもありますし!

麺は幅の広いやや平打ち気味のノンフライ麺となっています!

このシリーズはどんぶり型からの移行という役割を持ってるので、
ちゃんとどんぶり型と同様にノンフライ麺が起用されていますね!

一方で縦型カップはどんぶり型に比べて麺に制約がつきやすくもあり、
質の高い麺を作るという点ではどんぶり型に分があるのですよね!

ただ、今回の麺を見るとそのあたりの問題は上手く解消してきてますね!(=゚ω゚)

さすがにどんぶり型の麺と同等と言えるまでではないものの、
縦型への移行でも納得できるラインまでは到達しています!

リアルな麺を思わせるような表面の質感が再現されていて、
平打ちながらももちっとした食感がしっかりとあります!

油揚げ麺のラーメン向けの太麺はもっちり感の表現が意外と難しく、
がっしり系かスパッと切れるタイプのどちらかになりやすいですが、
こちらはノンフライ麺らしくその一歩上を行く食感を見せてますね!

麺の量は65gで、カロリーは377kcalとなっています!
脂質は10.3gで、おおむね標準的な数字と言えそうですね!

具材はチャーシューチップ、メンマ、なると、ねぎとなってます!

チャーシューチップはやわらかめの食感のごく普通のものですが、
肉感もしっかりあり、やや甘めの味付けもスープとの相性が良く、
量も多いなど、最低限のところはきちっと押さえられてますね!

メンマは量が少なめながらも、コリッとした食感はけっこう強く、
全体の中でもいいアクセントをつける存在となってくれてますね!

そして意外と特徴的なのが、かなり多めに入っているねぎですね!

リアル感の高いねぎで、ねぎらしい辛味や甘みも備わっていて、
主張の強いスープの中で薬味としていい具合に活躍してますね!

実店舗はおそらく豚骨も魚介も全体の濃度ももっと高いと思いますが、
標準的な豚骨魚介醤油系のラーメンとしては上手くまとまっていて、
このタイプの味わいを求めるならおおむね満足のいく内容でしょうね!

縦型カップながらもどんぶり型の良さをきちっと継承した一杯でした!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田
銘店紀行 背脂とんこつの殿堂 博多だるま
銘店紀行 家系伝承の味 横浜ラーメン六角家

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風

2/12発売のまるか食品「ペヨングやきそば 油そば風」を食べました!
先に紹介した「ペヨング 激辛やきそば」との同時発売ですね!

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風

むむ、このデザインは以前に出た「背脂MAX」とほぼ同じですね!
とすると、こちらのモデルはあの「背脂MAX」だと言えるでしょう!

ただ、「ペヨング 激辛」がペヤング版と味を変えてきたのを見るに、
こちらも「背脂MAX」をベースにしつつ方向性は変えてきてるかもです!

「背脂MAX」は非常にレベルが高かったのでこちらも期待したいですね!(`・ω・´)

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという構成となっています!
こちらのかやくはキャベツとは違った内容になってますね!

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風(できあがり)

具材が「背脂MAX」と同じだったので、並べ方も真似してみました!笑
仕上がりのビジュアルだけで言うと、ほとんど違いがわからないですね!

まずはその味ですが・・・あら、背脂MAXとは全く違いますね!(●・ω・)

背脂MAXは名前の通り、最初から最後まで背脂攻めだったのですよね!

一口目から背脂のコクと甘み、それ以降もそれは決して緩まず、
最後の最後まで背脂の旨さにどっぷり浸からせる味わいでした!

それゆえベースとなっている醤油ダレなどはサブの印象に近く、
背脂以外の要素が前面に出るようなことはなかったのですよね!

それに対してこちらは全体的に油脂がそこまで強くはないです!
油そばとしては、むしろ控えめなレベルの油脂と言えるでしょう!

そしてその分だけ醤油ダレの持っている特徴が前面に出てきます!

油脂をほどほどに効かせ、ややシャープさのある醤油ダレが出て、
それをちょっとした酸味によって引き締まった味に調えていく、
そしてにんにくを軽めに効かせることによってパンチも軽く出した、
「背脂MAX」とは対極的な実にオーソドックスな風味となってます!

油脂が控えめであるがゆえに醤油ダレがやや強めに出る点などは
エースコックの油そばと共通するような面も感じられはしますね!

ただ、さすがにエースコックみたいにとがった味ではないですが!(=゚ω゚)

「油そば」と聞いて連想する味わいの平均をとったような感じで、
基本的にやりすぎ感を出すペヤングとしては珍しくも感じますね!

どうせならもっと攻めてほしかったと思わなくもないのですが、
スーパー向け商品なのでわかりやすさを取ったのでしょうかね!

タレの原材料はしょうゆ、ラード、食塩、植物油脂、糖類、
ポークエキス、香辛料、香味油、醸造酢となっています!

一応「背脂MAX」の原材料とも比較してみることにしましょう!

[背脂MAX]
動物油脂、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、糖類、
チキンエキス、ガラスープ、食塩、でん粉、ガーリックペースト

「背脂MAX」が最初に油脂が2つとも並んでいるのに対して、
今回の「油そば」は最初に来ているのが醤油に変わってます!

また、ポークエキスの比重も「背脂MAX」のときより下がってます!
全体的に動物系よりも醤油の割合が高まってくることがわかりますね!

麺についてはいつものペヤングの麺と特に変わりはないですね!

そしてこの点こそが他社の油そばとの最大の違いとも言えますね!

一般的にカップ油そばには太麺が合わせられることが多いのに対し、
こちらはペヤングの麺なので、太さとしては中細ぐらいになってます!(*゚ー゚)

そしてペヤングの麺はラードの風味があることが特徴なので、
これがタレの持つ油脂感を後押しするような感じになってますね!

もちろんその分だけ全体的にスナック的な印象も強まってますが!

たまにはこうした中細麺の油そばも悪くないとは言えますね!

麺の量は80gで、カロリーは459kcalとなっています!
脂質は23.7gで、やはりそれほど高い数字ではないですね!

ちなみに「背脂MAX」は脂質44.7gで696kcalとなってました!
麺量は今回より10g多いですが、それでも尋常ではない数字です!

具材は「背脂MAX」のときと同じくメンマ、なると、ねぎとなってます!
「背脂MAX」が再現されているのはパッケージと具材のみと言えますね!

どれもラーメンとしてはおなじみの具材がそろえられていて、
メンマのコリコリ感とその味わい、醤油ダレに合うなるとの風味、
そしてアクセントをつけるねぎとタレとのバランスはいいですね!

やはり油そばはキャベツなどよりもラーメン的な具材が合いますね!(*゚◇゚)

どうしてもあの「背脂MAX」の強烈な印象が残っていたこともあり、
あえて普通に徹してきた今回の味は物足りない感じもありましたが、
それゆえに万人に好まれやすいバランスになってはいましたね!

普通にカップ油そばを楽しみたいときにはちょうどいいでしょう!(゚x/)モキュー

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.