3/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ バター香るたらこ味

3/22発売の日清「日清焼そば U.F.O. ペロリ バター香るたらこ味」を食べました!
手軽に食べられる縦型の「UFO ペロリ」シリーズから新作が出ました!

3/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ バター香るたらこ味

この商品、なぜかカップ麺ブログではあまり話題になりませんでしたね!

というか、スーパーなどでも発売日直後に入荷される気配はなく、
前の「UFO ペロリ」との入れ替えで入るという形でしたし!

なので、発売から購入まで数週間ほど間が空きましたね!

この「UFO ペロリ」は縦型で軽く食べられるのが特徴です!

縦型カップの焼そばというと、エースコックの「モッチッチ」が有名ですが、
この「UFO ペロリ」はそれに対抗するために発売されたブランドですね!(*゚◇゚)

ただ麺のクオリティなどは圧倒的に「モッチッチ」が上だったので、
この「UFO ペロリ」はすぐに消えてしまうのではないかと思いましたが、
予想に反してもうすでにけっこうしっかりと定着してきていますね!

思い切って「モッチッチ」よりかなり麺を少なくしたのが良かったのですかね!
このシリーズぐらい麺量が少ない定番の焼そば商品ってほぼないですからね!

逆に焼そばをがっつり食べたい層からは好まれないでしょうけども!

3/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ バター香るたらこ味(内容物)

◎内容物 - シンプルにかやく入り粉末ソースのみ


内容物はかやく入り粉末ソースのみとなっています!
たらこ焼そばによくついてくる調味油は入っていません!

そのためややまぜにくいので、お湯を切る直前に軽くまぜましょう!
そうしておくと、お湯を切った後にソースとまぜるのも楽になります!

3/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ バター香るたらこ味(できあがり)

うん、見た目はごく普通のたらこ系焼そばといった感じですね!

◎ソース - かなりあっさりとした「たらこバター」味


まずはソースですが・・・うん、たらこバター系ですが軽めですね!(●・ω・)

「たらこバター」系のカップ焼そばではノーマル版UFOが有名ですが、
こうして食べてみると両者は共通しつつも印象は大きく違っています!

焼きたらこふりかけ的な香ばしいたらこ味である点は共通しています!
このあたりはどのメーカーもおおむね同じラインを狙ってきますね!

どうしても生タイプのたらこソースはコストが高くなってしまうので、
こうしたたらこふりかけ的なスタイルのほうが作りやすいのでしょう!

一方でこうしたふりかけタイプはバター風味との相性が非常に良く、
たらこバター系の味を狙うという点でも優れたチョイスですからね!

そしてノーマル版UFOの「濃い濃いたらこ」との最大の違いはバター風味です!(*゚ー゚)

どちらの風味もバターが効いているという点は共通しているのですが、
バターの強さは全く異なり、こちらはかなりあっさりとしていますね!

それも当然というか、「濃い濃いたらこ」は液体ソースも入っていて、
そこにバター風味が強くついていましたが、こちらは粉末のみです!

粉末のみでは油脂の表現が難しくなるというのは当然の結果なので、
味としてもバターは香る程度で、かなりすっきりとした感じですね!

ただしこれはコスト調整でそうなってしまったとかいうことではなく、
明らかにそうしたすっきり風味を意図して作ったものと言えるでしょう!

この「UFO ペロリ」はデザインからもわかるように女性層を意識していて、
そのために普通のたらこ焼そばよりもすっきりした風味にしたのでしょうね!

一般的なたらこ系焼そばって、けっこう味が重かったりしますからね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はたらこ、糖類、粉末しょうゆ、魚肉練り製品、
食塩、デキストリン、香辛料、バターオイルとなっています!

魚肉練り製品というのがちょっと謎なところはありますね!
魚肉を使ってたらこ風味を演出したものが入ってるのですかね!

◎麺 - やはり麺は「モッチッチ」とは大きく異なる


麺は5分湯戻しながらも、食感はやや軽めのストレートの油揚げ麺です!

パッケージには「もっちり食感がたまらない」とあることから、
「モッチッチ」に対抗した食感の麺なのかなと思ったりしますが、
実際には「モッチッチ」の強烈なもっちり感とは全く異なります!

むしろ従来版のUFOのほうがもっちりしてるようにすら感じますからね!

ほどほどのプリ感と軽いもっちり感を感じさせるような食感ですね!
決して食感が弱いわけではないですが、主張は軽めといったところです!

なので、アピールとして「もっちり食感」と書かれてはいるのですが、
実際は「モッチッチでは麺が強すぎると感じる人向け」というふうに
むしろ逆のイメージで取ったほうが近いような感じもありますね!(=゚ω゚)

もしかするとそうしたファン層を獲得してるのではと感じましたし!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gと少なめで、カロリーは295kcalとなっています!
脂質は8.3gで、これもカップ焼そばとしては非常に低いです!

この「ペロリ」と食べられるところが最大の個性と言えますね!

◎具材 - 刻み海苔のみ


具材は粉末ソースと一緒に入った刻み海苔のみとなっています!
今回はキャベツも入ってないので、非常にシンプルですね!(`・ω・´)

ただ具材というよりはソースの一部といった印象ですが!
粉末ソースと一緒に入っているので完全に麺とまぜますし!

たらこ焼そばって、刻み海苔まで入って完成というイメージですからね!

◎まとめ - すっきりと食べられるたらこ焼そば


日清の持っているたらこバター風味への強さをきっちり生かしつつ、
このシリーズらしくすっきりと仕上げてきた商品と言えるでしょう!

このあたりは日清らしい安心感が感じられるのはいいところですね!

エースコックだと、ちょっとたらこにクセが出たりもしますしね!

すっきりと軽く食べることのできるたらこ焼そばでございました!(゚x/)モキニュ

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/20発売 三宝亭東京ラボ とろみ酸辣湯麺

4/20発売の日清「三宝亭東京ラボ とろみ酸辣湯麺」を食べました!
ファミマ限定の「三宝亭東京ラボ」シリーズから「酸辣湯麺」が出ました!

4/20発売 三宝亭東京ラボ とろみ酸辣湯麺

「三宝亭東京ラボ」の「麻婆麺」のカップ麺が出たのは2019年12月でしたが、
今ではすっかりレギュラー商品としてファミマに並べられていますね!

最初に発売されたときにそれだけ高い人気が出たのですかね!(=゚ω゚)

たしかに「麻婆麺」としては安定した完成度の商品でしたしね!
「麻婆麺」のカップ麺が定着するってなかなか画期的ですよね!

このモデルとなっている「三宝亭東京ラボ」は少し変わったお店で、
「麻婆麺」と「酸辣湯麺」の2つのラーメンがメインとなっています!

要は中華料理店から派生したラーメン店といった感じですよね!

そして今回もう一つの主役の「酸辣湯麺」がカップ麺になったのですね!

「麻婆麺」の安定感を考えると、こちらも安心して食べられそうです!

4/20発売 三宝亭東京ラボ とろみ酸辣湯麺(内容物)

◎内容物 - 後入れの香味油つき


あ、あれ・・・ノンフライ麺が起用されていますね!
内容物よりもまずこちらのほうに驚いてしまいました!

内容物はフタに貼り付けられた後入れの香味油となっています!

4/20発売 三宝亭東京ラボ とろみ酸辣湯麺(できあがり)

うん、オーソドックスな酸辣湯麺といった雰囲気ですね!

◎スープ - 高級感のある安定したおいしさの酸辣湯麺


まずはスープですが・・・うん、こちらも安心できる味わいですね!(●・ω・)

日清らしくちょっと強めの豚脂と豚のスープでベースを作り、
そこに酸辣湯麺らしくお酢でキリッと味を引き締めています!

ただシャープな酸辣湯麺というほど酸味は強くないですね!
むしろどちらかといえば、穏やかなタイプの酸味と言えますね!

このあたりが食べやすいバランスを重視するこのお店らしいかもです!
こうしたバランスに関しては「麻婆麺」のときと共通していますね!

辛さもほどほどですが、酸辣湯麺らしさは上手く出ていますね!

ちょっとアクセントになっているのが、胡椒がやや強い点ですね!
それでも「やや強め」というぐらいで暴れるほどではないですが!

いずれにしても「バランス重視の中でのアクセント」という感じです!

バランス重視ではあるんだけど、突き抜けたものがないというよりは、
アクセントになる酸味と辛味をほどよいラインに抑えているという感じで、
むしろベースの豚スープなどは一般的な酸辣湯麺よりやや厚めですね!

なので、「ベースのスープを重視した味わい」とも表現できそうです!

ここに具材の椎茸から出た風味なども加わって旨味が増してきます!

そしてちょっと注意しないといけないのは、スープの溶け残りですね!(*゚ー゚)

酸辣湯麺ということで、スープに一定のとろみがあったりしますが、
それによって粉末スープがやや溶けにくい仕様になっているのですよね!

なので、スープはサラッとまぜて終わらずに、底から徹底的にまぜ、
できることなら1分ぐらいはしっかりと麺とスープをまぜたほうがいいです!

とろみのあるスープはこの現象が起こりやすいのが難しい点ですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、食塩、小麦粉、でん粉、ポーク調味料、香辛料、植物油脂、
粉末しょうゆ、糖類、チキン調味料、発酵調味料、酵母エキス、たん白加水分解物です!

豚脂がメインになっているのは、いかにも日清らしいと言えそうですね!
でん粉が多めに入っていることからもとろみがあるのがわかりますね!

◎麺 - なめらかでしっかりした質感のノンフライ麺


麺は日清の縦型らしい重量感のある中太のノンフライ麺です!

透明感のある多加水寄りの麺で、けっこうどっしりとしていますね!
そして縮れはほとんどなく、ストレート感があるのも特徴ですね!

やや幅広で、太さはそこそこあるタイプの形状となっています!

5分ちょうどだと、けっこうパワフルなプリプリ感がありますが、
今回の商品に関してはあえて少し長めに待つのもいいでしょうね!

というのも、今回はスープと麺がなじむと味がグッと上がりますね!(*゚◇゚)

スープと麺の一体感が高まることによってさらにおいしくなります!

でもって、この麺はもともとけっこう耐久力が高いタイプなので、
少々長く待ったからといってクタクタになることはないですしね!

そしてノンフライ麺が起用されたことで完成度は非常に高いですね!

2019年12月時点では「麻婆麺」の麺は油揚げ麺が使われていましたし、
自分の記憶だと今もまだ「麻婆麺」は油揚げ麺だったと思うのですよね!

ただこれについてはまたファミマに訪問したときに確認してみます!
何か大幅な変化があったりすれば、またそちらも紹介してみます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは389kcalとなっています!
脂質は10.0gで、ノンフライ麺系商品ということで低いですね!

◎具材 - 酸辣湯麺らしい組み合わせ


具材はかき卵、チンゲン菜、椎茸という組み合わせです!
この組み合わせはいかにも酸辣湯麺という雰囲気がありますね!

かき卵はふわっとしたもので、実際にはもっと量は多いですね!
スープにきれいに溶け込んで酸辣湯麺の卵らしさを演出します!

そして椎茸は少ないですが、酸辣湯麺には大事な具材ですよね!

具材として楽しむというよりは、スープに味を出す役割ですね!
椎茸は少量であっても、スープにいい旨味を出してくれますからね!

そして具材の主役となってるのはチンゲン菜と言っていいでしょう!(`・ω・´)

カットはかなり大きく、シャキシャキとした食感が優れています!
なおかつ青菜特有の風味も強く、量も多めに入っていますね!

食べごたえという点でも十分なものを備えていると言えますね!

◎まとめ - 安心して食べられる高品質酸辣湯麺


酸味の強さなどでピシッと攻め立てるようなタイプとは違って、
ほどほどの刺激と少し厚みのあるベースのスープで全体を支える、
そうした食べやすさと本格感を両立させたスープになってましたね!

今回起用したノンフライ麺も大きくプラスにはたらいていましたね!

酸辣湯麺を食べたいと思ったときには間違いない一杯と言えるでしょう!(゚x/)モギーン

【関連記事】
三宝亭東京ラボ とろみ酸辣湯麺
三宝亭東京ラボ 全とろ麻婆麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/19発売 Ramenグランプリ2020 異種格闘技部門 優勝 YAKITORI燃 本気盛 焼鳥屋本気の禁断の鶏白湯ラーメン

4/19発売の東洋水産
「Ramenグランプリ2020 異種格闘技部門 優勝
 YAKITORI燃 本気盛 焼鳥屋本気の禁断の鶏白湯ラーメン」
を食べました!

これで今年の「Ramenグランプリ」関連のカップ麺はラストとなります!
というか、この「Ramenグランプリ」の開催は今回が初めてでしたが!

4/19発売 Ramenグランプリ2020 異種格闘技部門 優勝 YAKITORI燃 本気盛 焼鳥屋本気の禁断の鶏白湯ラーメン

今回は「異種格闘技部門」で優勝に輝いたお店のラーメンです!

「異種格闘技部門」って、なんだかよくわからない部門ではありますが、
おそらく「ラーメン以外がメインのお店が作るラーメン」なのでしょう!

なので、こちらは焼鳥屋さんの作ったラーメンということになっています!

でも鶏料理屋さんが鶏系ラーメンを作るケースはときどきあるのですよね!

鶏料理屋さんだと、鶏の扱いにもかなり手慣れているでしょうし、
何よりガラを含めていろんな部位を入手しやすいでしょうからね!(=゚ω゚)

なので、鶏料理屋さんのラーメンが優勝したのは納得がいきますね!

ちなみに店名の「YAKITORI燃」は「焼き鳥もえ」というふうに読みます!

4/19発売 Ramenグランプリ2020 異種格闘技部門 優勝 YAKITORI燃 本気盛 焼鳥屋本気の禁断の鶏白湯ラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
おそらくはこれが今回のポイントのマー油なのでしょう!

4/19発売 Ramenグランプリ2020 異種格闘技部門 優勝 YAKITORI燃 本気盛 焼鳥屋本気の禁断の鶏白湯ラーメン(できあがり)

鶏白湯の白いスープにマー油の黒さがいいコントラストを描いてますね!

◎スープ - 豚骨ラーメン的アプローチの鶏白湯ラーメン


まずはスープですが・・・これはけっこう変わったスタイルのラーメンですね!(●・ω・)

鶏白湯+マー油という組み合わせはかなり珍しくはある一方で、
東洋水産のカップ麺としては以前に「本気盛」で出てるのですよね!

なので、「あれ、過去商品と路線がかぶったのか」と最初は思ったのですが、
実際に食べた印象としては方向性は全然違うと言っていいでしょうね!

以前の「本気盛 黒マー油鶏白湯」はあくまで主軸は鶏白湯ラーメンで、
そこにマー油によって軽いアクセントと変化を加えている感じでした!

なので、マー油はあくまでサブ的な役割と言って良かったのですよね!

ですが、このラーメンは全体のバランスがかなり違っているのですよね!(*゚◇゚)

まるで豚骨ラーメンのようなパツパツの歯切れのいい細麺を合わせて、
大量のパンチのあるマー油、これはまるで豚骨ラーメンなのですよね!

なので、トータルのバランスの取り方は豚骨ラーメンにかなり近いです!
ですが、ベースはしっかり鶏白湯スープになっているという形です!

そのため、食べた印象としては鶏白湯をベースに発想したというよりは、
まず「マー油豚骨」がイメージとしてあり、それを鶏白湯で表現する、
そのようなアプローチで作られたラーメンなのかなと感じたのですよね!

でもって、それはそれでなかなかきちんとハマっているのですよね!

鶏白湯ラーメンって豚骨ラーメンに比べると上品な作りのものが多く、
それが鶏白湯ラーメンのやや大人しいイメージを作り出していますが、
「豚骨ラーメン的な攻めを鶏白湯で」というこの商品のアプローチは
鶏白湯ラーメンに新たな可能性を開いているような感がありますね!

このマー油はかなりザラザラとした焦がしにんにくが入っていて、
にんにく油としてのワイルドさもしっかりと主張していますしね!

そして隠し味としてちょっぴり山椒も加えられているのも特徴です!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、豚脂、香味油脂、乳等を主要原料とする食品、
砂糖、食塩、でん粉、香辛料、植物油、たん白加水分解物、酵母エキスです!

スープは鶏ベースですが、油脂はむしろ豚脂ベースとなっていますね!
豚骨ラーメン的アプローチが上手くハマった背景の一つかもですね!

そういえば以前の「本気盛 マー油鶏白湯」も豚脂が多かったですね!
当時は入っていた魚介エキスが外れている点は大きく異なりますが!

◎麺 - これはもう完全に豚骨的アプローチ


麺は2分湯戻しのかなり硬めの細めの油揚げ麺となっています!

この麺はちょっと自分としてはずいぶんと驚かされましたね!
鶏白湯ラーメンで、こうしたパツパツ麺は珍しい気がしますね!

鶏白湯ラーメンで細めの麺を使うケースは普通にあるのですが、
ここまで低加水で、なおかつ硬めに仕上げるのは珍しいです!

なので、食べた瞬間に「豚骨ラーメンみたい」と感じる麺ですね!(`・ω・´)

そしてこれはおそらくは意図的にそのようにチョイスしたのでしょう!

あえて鶏白湯ラーメンを豚骨ラーメンのようなアプローチで作る、
そういう狙いが最もはっきりと見えてくるのがこの麺でしたね!

でもこれがなかなか上手くスープにハマっていたのですよね!

鶏白湯も豚骨もどちらも白湯スープ、やはり共通性は大きいのですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは530kcalとなっています!
脂質は29.7gで、かなり高めの数字となっていますね!

◎具材 - 東洋水産としてはさみしめかも


具材は鶏ひき肉、ごま、メンマ、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材、ごまはスープの一部といった感じです!

メンマはいい感じのコリコリ感ですが、量は普通といったところです!

そして主役の鶏ひき肉ですが、粒が小さめで味もやや軽めですね!(*゚ー゚)

東洋水産は白湯系でときどきこのタイプの鶏ひき肉を使うのですよね!
というか、大抵の場合はこの具材を使うのは豚骨ラーメンなのですが!

そう考えると、この具材のチョイスも豚骨ラーメンぽいのかもですね!
もっともそれはあくまで「東洋水産のカップ麺として」という話ですが!

この鶏ひき肉はあまり味が強くなく、存在感も強くないのですよね!

そのため、今回はどの具材もそこまで目立つ感じではないですね!
これはちょっと東洋水産としては珍しいと言えるでしょう!

◎まとめ - 鶏白湯の新しい可能性も感じられる一杯


この商品、パッケージを完全に隠して予備知識なしで食べさせてみると、
「黒マー油豚骨ラーメン?」と勘違いする人が多少出るかもしれませんね!

それだけマー油と麺のマッチングがいかにも豚骨ラーメンなのですよね!

もちろんスープの丸みなどは明らかに鶏白湯ラーメンではあるのですが!

なのでイメージとしてはまろやか系豚骨+黒マー油というスタイルを、
鶏を使うことでさらに丸みのある路線に寄せたと言えるかもですね!

最も「異種格闘技」だったのは、鶏白湯への豚骨的アプローチだったかもですね!(゚x/)モギーヌ

【関連記事】
TRY関連カップ麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/26発売 THE和 鶏天おろしそば

4/26発売のエースコック「THE和 鶏天おろしそば」を食べました!
エースコックの本格和そばシリーズ「THE和」から新作が出ました!

4/26発売 THE和 鶏天おろしそば

今回は「鶏天」ということで、鶏天ぷらが具材として入ります!
そして今回も「生だいこんおろし」が使われているようですね!

・・・というか、「また大根おろしか」という思いもありますが;

この「THE和」って、やたらと大根おろしが使われるのですよね!
これまで紹介した8商品のうち、6商品で使われていますからね!

ただ「生だいこんおろし」になってからはまだ2商品目ですが!(*゚◇゚)

この「生だいこんおろし」についてはかなり優秀ではあるのですが、
「なんでどの商品にも使っちゃうのかな」という気持ちはありますね!

4/26発売 THE和 鶏天おろしそば(内容物)

◎内容物 - たっぷりの「生だいこんおろし」つき


内容物はこのシリーズの特徴である「生だいこんおろし」です!
大根おろしなので、温めることは特に推奨されてはいませんね!

4/26発売 THE和 鶏天おろしそば(できあがり)

うん、かなり豪華なビジュアルになっているのは間違いないですね!

◎スープ - 質は高く、大根おろしとも相性のいいつゆ


まずはスープですが・・・やや醤油が濃いめの本格的なつゆですね!(●・ω・)

そばつゆとしてはオーソドックスとも言える感じですが、
非常にしっかりと作り込まれたスープではありますね!

そばつゆらしく醤油は濃いめ、かつおを主軸に据えながら、
昆布の風味も加えてバランス良く仕上げられていますね!

醤油が濃いめという点から関西風よりは関東風に近いですが、
昆布が使われているあたりは関西に通じるものもありますね!

なので、地域を問わないタイプのつゆとも言えるでしょう!

そして今回は動物系のエキスも多少加えられているのですよね!

特に今回は鶏天が主役ということで、鶏のエキスも入っていて、
それによって複合的な味わいのスープとして仕上がっています!

なので、大根おろしを入れなくても十分に完成していますね!

そしてここに大根おろしを加えると、味がややすっきりとします!(*゚ー゚)

この生大根おろしは単体で食べるとちょっと辛味がありますね!
きちんと大根おろしの持っている個性は再現されていますね!

大根おろし特有のざらつき感はあまりなく、なめらかではありますが!

大根おろしがなくても十分に完成しているスープということもあり、
大根おろしが必要かどうかは多少意見が分かれるところですが、
これが入ることで他にないスープになるのは間違いないのですよね!

大根おろしが入るタイプのカップそばって他にないですからね!

だからこそ「THE和」としては大根おろしにこだわるのかもですが!

一方で毎回使っているとマンネリイメージがついてしまうので、
もう少しそうならないように工夫してほしいかなとも思いますが!

せっかくのいい素材なので、効果的に使ってほしいですからね!

でも今回も味は良かったので、そのあたりはよくできていましたね!

◎スープの原材料


スープの原材料は大根おろし、食塩、でん粉、砂糖、たん白加水分解物、
粉末しょうゆ、魚介パウダー、チキンエキス、醸造酢、カツオブシエキス、
コンブエキス、唐辛子、魚醤、植物油脂、ポーク調味料となっています!

なかなか凝った組み立てのスープということが見えてきますね!

◎麺 - しっかりとしつつもバランスのいい麺


麺はけっこうしっかりとした食感の油揚げ麺のストレートのそばです!

「THE和」はひさしぶりに食べましたが、麺がさらに向上した印象ですね!

もともと「THE和」はカップ麺の和そばではベスト3に入る実力でしたが、
他社とはまた異なった個性と良さが出ているという感触がありました!

日清と比べるとややしっかり食感、でも過剰な強さというわけではなく、
バランスのいい質感で、なおかつ油揚げ麺の風味もおだやかですね!(=゚ω゚)

この麺の質の高さが「THE和」を支えているのは間違いないでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは360kcalとなっています!
脂質は12.6gで、けっこう軽めの数字となっていますね!

◎具材 - 鶏天がなかなかおいしい


具材は鶏天ぷら、揚げ玉、卵、ねぎという組み合わせです!
鶏天ぷらについては鶏肉加工品と原材料では書かれています!

揚げ玉はスープにコクを持たせるための要員といった感じです!
けっこう量が多く、大根おろしのさっぱり感とは対照的ですね!

かき卵はふわっとした感じで、ねぎはごく普通の薬味ですね!

そして具材の中で最大の主役となっているのは鶏天ぷらです!(`・ω・´)

この鶏天ぷらはなかなかのクオリティと言っていいでしょうね!

薄くカットした鶏肉に衣をつけて揚げたものといった感じです!
なんだか鶏肉系の駄菓子のような風味でしたが味はいいですね!

フライドチキン的な大きめの肉を感じるものではないのですが、
鶏肉の旨味はしっかりとあって、なおかつ天ぷららしい香ばしさ、
ということでなかなか応用性の高い具材という印象を持ちました!

この具材だったらラーメンなどに活用しても良さそうですね!

エースコックというと全体的に具材が貧弱なことが多いですが、
今回は鶏天ぷらの量も多く、かなり頑張ってくれていましたね!

◎まとめ - なんだかんだで今回も質が高い


「また大根おろしか」というマンネリ感は多少ありはしましたが、
実際に食べてみると味は良く、不満点はほぼなかったですね!

やはり「THE和」のブランド力の高さを感じられる仕上がりでしたね!

でも次は大根おろしを使わないタイプの新作できてほしいですね!

さすがに3連続で使用ということになると、飽きもきますからね!(゚x/)モギューン

【関連記事】
THE和 鶏天おろしそば
THE和 わさびを利かせたおろしそば
THE和 香ばしい桜海老のおろし風そば
THE和 とろとろあんかけ玉子とじそば
THE和 すだちを利かせたおろし風そば
THE和 わさびを利かせたおろし風そば(2019年)
THE和 柚子七味香る 鴨だし南蛮そば
THE和 わさびを利かせたおろし風そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)

4/19発売の日清「カップヌードル 謎肉牛丼」を食べました!
昨年登場した「謎肉牛丼」が今年もまた発売されました!

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)

「謎肉牛丼」が今年も発売されたのはちょっと意外でしたね!
というか、前回が昨年12月なので、ほんの4ヶ月ぶりですね!

そう考えると、今回は無理に購入しなくてもよかったのかもですが;

この「謎肉牛丼」はもちろん「謎肉丼」からの派生商品ですが、
普通の牛丼の味に近く、定番化はしないと思っていたのですよね!

でもこうして再発売されたということは人気はあったのでしょうね!(=゚ω゚)

味がどんなふうに変わったのかというのも注目ではありますね!

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)(内容物)

◎内容物 - 「牛丼のつゆ」つき


内容物はフタに貼り付けられた牛丼のつゆとなっています!
このつゆがついているのは、前回バージョンと同じですね!

4/19発売 カップヌードル 謎肉牛丼(2021年)(できあがり)

たっぷり入った謎肉だけでなく、飴色玉ねぎも目立っていますね!

◎スープ - 玉ねぎの甘さが強い牛丼風味


まずはスープですが・・・基本的には牛丼らしい味わいですね!(●・ω・)

この商品は「謎肉丼」からの派生商品という位置付けではありますが、
味の方向性という点では「謎肉丼」とは全く違ったタイプですね!

「謎肉丼」は完全にカップヌードルの流れを汲んだ味わいですが、
こちらは吉野家などの牛丼に近いタイプの味わいとなっています!

また従来の日清のすき焼きなどの牛系スープとも方向性は異なります!

日清の牛系は強い甘さと濃いめの醤油、パンチのある牛脂が特徴ですが、
この商品はどの要素を見てもそれと比べて穏当な味わいとなっています!

あくまでオーソドックスな「牛丼のつゆ」の流れにある味なのですよね!

そんな中で大きな特徴となっているのが、飴色玉ねぎ系の甘さですね!(`・ω・´)

この玉ねぎの甘さはこの商品のはっきりとした個性を打ち出しています!
これは具材の玉ねぎだけでなく、スープにもそうした味わいが強くあります!

そして後入れのつゆによって、一定の牛脂の風味も効いていますね!

やはり油脂の風味は液体スープのほうがはっきりと打ち出せるので、
その部分をこの後入れの牛丼のつゆで再現しているのでしょうね!

味の方向性という点では、昨年とほとんど違いはありませんね!
玉ねぎの甘さが特徴となっている点も共通していましたし!

◎スープの原材料


スープの原材料は砂糖、牛脂、豚脂、粉末しょうゆ、でん粉、
しょうゆ、小麦粉、麦芽糖、食塩、酵母エキス、たまねぎ、
香味調味料、香辛料、発酵調味料、香味油となっています!

昨年と構成はかなり近いですが、順序は微妙に変わっていますね!

◎ご飯 - 食べやすい食感に仕上がるご飯


ご飯はこれまで通りの湯戻し5分の熱湯調理のものです!

この日清のご飯シリーズのお米って不思議なところがあって、
この商品のようにお湯が少ない商品のほうが戻りがいいのですよね!

こうした傾向はレンジ調理時代の商品からなぜか見られましたね!

単に自分の錯覚というところもあったりするのかもしれませんが!

商品によっては8分ぐらいでちょうどいいケースもありますが、
この商品に関しては普通に5分+ちょっとぐらいでいい感じで、
ご飯が硬いこともなく、ほどよい質感で食べることができました!(*゚ー゚)

熱湯調理になってから、少ないお湯での調理は難しいと思われがちですが、
この商品や「謎肉丼」を見る限り、決してそんなことはないのですよね!

それゆえこれぐらいのお湯の量の商品をもっと出してほしいですね!
雑炊みたいなシャバシャバ系の商品は多少食傷気味でもありますし!

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は86gで、カロリーは472kcalとなっています!
脂質は11.5gで、ご飯系としてはそこそこの量ですかね!

この「謎肉丼」系統の商品はご飯の量がかなり多めですね!
それゆえにご飯だけでもけっこう食べごたえがありますね!

◎具材 - たっぷりの牛謎肉がポイント


具材は牛謎肉、玉ねぎ、ねぎという組み合わせです!

ねぎに関してはごく普通の薬味としての乾燥ねぎですね!

そして意外と大きな活躍をしているのが飴色玉ねぎですね!
原材料表示では「オニオン加工品」と書かれています!

色が濃いですが、これは強いたれの味がついてるのではなくて、
しっかりと炒めたような甘みのある味わいと言ったほうが近いです!

玉ねぎの持っている甘みを凝縮したようなやわらかいものですね!

そして全体の主役となっているのが牛肉を使った牛謎肉です!(*゚◇゚)

牛肉が入っているからといっても、そこまで牛の風味はないですが、
それでも普段の謎肉とはいろいろと違いを感じることはできますね!

まずサイズがやや大きく、また普段よりもいくぶん戻りやすいですね!
また謎肉特有のジャンク感がやや控えめで、肉の風味がより強いです!

なので、「謎肉よりも肉らしさをより楽しめる」のが特徴と言えますね!

牛謎肉であることで「謎肉丼」よりは謎肉の全体量は少ないですが、
普通の「謎肉丼」とは全くの別商品と考えればこれもアリですね!

◎まとめ - 昨年とほぼ同じだが、より楽しめたかも


味に関しては昨年とほぼ同じなので、昨年のバージョンが好きな人なら、
もちろん今回も迷うことなく購入するのをオススメできる感じですね!

自分としては前回は普通の「謎肉丼」と比較してしまうあまりに、
この「普通の牛丼風味」に上手くなじめないところもありましたが、
今回は事前に味がほぼわかっていたので素直に楽しめましたね!

「謎肉丼とは完全に別」と割り切れば、これはこれで優秀です!

シンプルに「謎肉を使った牛丼」というふうにとらえましょう!(゚x/)モキーシュ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン

3/23発売のサンヨー食品「萬珍軒監修 玉子とじラーメン」を食べました!
ファミリーマート限定商品の、名古屋の老舗ラーメン店の再現カップ麺です!

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン

「萬珍軒」というお店については、自分は初めて聞きましたね!
ただ過去にも何度かカップ麺として発売されたことがあるようです!

なので、名古屋の名物ラーメンとしてけっこう有名なのでしょうね!

「玉子とじラーメン」というのは、かなり珍しい感じですよね!(=゚ω゚)

卵が入るラーメンとしては「宮崎辛麺」などもあったりしますが、
これはそうしたピリ辛系のラーメンとは全く違うようですしね!

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油(仕上げの小袋)つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
またかなり卵具材が多く入っているのが伝わりますね!

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン(できあがり)

おぉ、これだけ卵が多く入ったカップ麺はほぼ見ないですね!

◎スープ - 卵がしっかりとスープに溶け込んでいる


まずはスープですが・・・シンプルな塩系スープと言っていいでしょうね!

卵が主役のスープではありますが、いったんそれは横に置いて、
スープの味わいだけを見るとけっこうオーソドックスなものです!

豚と鶏をミックスした動物系スープがベースとなっていて、
「レトロな塩系ラーメン」といった雰囲気を強く感じますね!

そしてそこに後入れ調味油が加わることでコクが高まっています!

この調味油は豚脂、植物油脂、香味油、鶏油がミックスされていて、
どこか一つに寄った感じはなく、バランス良く味わいを増しています!

鶏油っぽさもそこそこ感じますし、動物系のコクが意外と深いです!

そのあたりを見てもなかなか上手く組み立てられていますね!

そしてやはりスープにおいても卵が大きな役割を見せています!(*゚◇゚)

この商品の卵具材の最大の特徴は非常に細かいところなのですよね!

かき卵系の卵具材はちょくちょくいろんなカップ麺で使われますが、
あえてこれだけ細かくしているケースはほぼないと言えますね!

おそらくこれは意図的なもので、具材として卵を立てるというよりも、
細かい卵にすることでスープと一体化させる目的があるのでしょう!

それによって卵の持っているまろやかさがスープに溶け込むのですよね!

これはかなり上手く組み立ててきたなと思わせてくれますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、糖類、豚脂、植物油脂、油脂加工品、しょうゆ、ポークエキス、
粉末卵、チキンエキス、香辛料、鶏脂、たん白加水分解物、酵母エキスとなっています!

これを見ると、スープのほうにもちゃんと卵が入っているのですね!
それ以外は魚介も入らない、かなりシンプルな動物系スープですね!

◎麺 - サンヨー食品としては意外な高品質麺


麺は断面が丸く、ストレート感のある油揚げ麺となっています!

サンヨー食品の縦型カップは麺のクオリティが低いことが多く、
それがしばしば全体の足を引っ張ってしまうことがあるのですが、
今回は新世代的なけっこうレベルの高い麺となっていますね!

一言で言うと、九州豚骨向けの麺に近いタイプとなっています!(*゚ー゚)

ストレート感があって、かなり細めで少しパツッとしています!

豚骨向けの麺ほど硬めに仕上がるというわけではないのですが、
そのまま豚骨系カップ麺に利用しても違和感はないでしょうね!

サンヨー食品はこうした良質な麺をどんどん使ってほしいですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは476kcalとなっています!
脂質は22.5gで、なかなか高めの数字となっていますね!

◎具材 - この上なくたっぷり入ったかき卵


具材はかき卵とねぎというシンプルな構成となっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材で、薬味として活躍しています!
卵だけではさみしいので、何だかんだで役には立ってますね!

実店舗は卵とねぎだけではなく、チャーシューや海苔もつきますが、
カップ麺化するにあたって、かき卵に力を注いだのでしょうね!

そして主役であるかき卵は本当にたっぷりと入っていますね!(`・ω・´)

先にも触れたように、この卵具材は非常に細かくなっています!

なので、具材として卵だけをつまんで食べるというよりは、
自然と麺に絡んできたり、スープと一緒に楽しむ感じですね!

それでもこれだけ大量なので、しっかりとまろやかさを感じます!

◎まとめ - 非常に個性的な優秀作


まず玉子とじラーメンというコンセプト自体が珍しいですし、
スープ、卵具材、麺とどれもきっちりと整っていましたね!

特にサンヨー食品はいつも麺でコケてしまいがちなのですが、
そこをきちんと整えてきたというのは大きかったですね!

でもって、卵に全力を注いだ具材構成も良かったと言えますね!

「こういうラーメンもアリなのか」と再発見させてくれる一杯でした!(゚x/)モギューリ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/26発売 わかめラー まさかの麺なし みそ味

4/26発売のエースコック「わかめラー まさかの麺なし みそ味」を食べました!
昨年大いに話題になった麺なしの「わかめラー」に味噌味が登場しました!

4/26発売 わかめラー まさかの麺なし みそ味

昨年この「わかめラー」が登場したときはほんと衝撃的でしたね!
カップ麺の常識を完全に覆してくる商品でしたからね!

というか、麺がない商品を「カップ麺」と呼んでいいのか謎ですが!(=゚ω゚)

そして今年は昨年と同じ醤油味と、新たに味噌味も登場しました!
なので、今年はその新しく出た味噌味のほうを紹介いたします!

でもって、今回は味噌メーカーとして有名なマルコメとのコラボでもあります!
単なるネタ商品ではなく、しっかりと力が入っているのがわかりますね!

それにしても「わかめラー」というネーミングもいろいろ謎ですよね!

もちろん麺が入っていないので、ラーメンから「メン」が抜けてるわけですが、
じゃあ「ラー」はいったい何を意味してるんだということになりますからね!

4/26発売 わかめラー まさかの麺なし みそ味(内容物)

◎内容物 - 味噌は粉末スープ仕様


内容物はかやくと粉末スープというシンプルな構成です!

味噌が粉末スープなのはちょっと驚きでもあったのですが、
今はノーマルの「わかめラーメン みそ」も粉末のようですね!

4/26発売 わかめラー まさかの麺なし みそ味(できあがり)

なんだかこのビジュアルだと、何味のスープかよくわかりませんね!

◎スープ - 完全にわかめたっぷりのみそ汁


まずはスープですが・・・うん、これはおいしいみそ汁ですね、あれ?(●・ω・)

この商品のコンセプトは「わかめラーメンの麺なし」なのですが、
だとするとスープはあくまで「ラーメン向けスープ」のはずなのに、
これはラーメンスープというよりも明らかにみそ汁になっています!

というか、これはもう意図的にそのように作ってきたのでしょうね!

「わかめラーメンの麺なし」のようなポーズを取ってはいますが、
実際には「わかめたっぷりの大容量みそ汁」と考えた方がいいです!

「わかめラーメン」にはもともと味噌味もラインナップに入ってますが、
それと原材料を比較しても、全くスープのタイプが違っていますからね!

「わかめラーメン」の味噌は調味油によってアクセントもつけてますし、
動物系の風味や魚醤などでラーメン的な要素をいろいろと加えていますが、
こちらのスープは極めてシンプルな「かつおだしの味噌味」となっています!

要するにベースはかつお、そこに具材のわかめからさらに味わいが出て、
調味油もないので油脂感はなく、ほんと普通のみそ汁みたいになっています!

なので、「わかめラーメンの麺なし」とはとらえないほうがいいですね!(*゚ー゚)

そのかわり一つのみそ汁ととしてはこれがなかなかおいしいのですよね!

「味噌の臨場感を出すなら液体スープのほうがいいのでは」と思いますが、
これは粉末スープでありながらそうした不満は感じさせない味となってます!

このあたりはマルコメが関わったことなどもプラスになっていそうですね!

そしてたっぷりのわかめがスープに与える影響も大いに役立っていますね!
みそ汁におけるわかめのだしとしての役割もしっかりと伝わってきます!

味噌感は赤と白の中間で、非常にわかりやすい合わせ味噌となっています!

◎スープの原材料


スープの原材料は粉末みそ、食塩、でん粉、たん白加水分解物、
カツオブシエキス、トマトエキス、酵母エキスとなっています!

トマトエキスが入っているというのはかなり意外ですね!
とはいえ、食べていて気付くようなものではないのですが!

他はシンプルにかつおだしと味噌で構成されていますね!

◎麺 - なし


麺はもちろん入ってないので、言えることは何もないですね!

このあたりは好みもあるのですが、主食にあたるものが入らない、
そうした料理で満足できるのかどうかは課題になるのですよね!

もちろんこれをスープにして別の主食を食べるのならいいのですが、
この商品で一食を済まそうとする場合はそこが難しいのですよね!(*゚◇゚)

自分としてはこれで一食とする場合はご飯の投入をオススメします!
コンビニ飯として食べるならおにぎりを投入すればいいでしょう!

ご飯との相性という点では醤油味よりもやはりこちらがいいですね!

シンプルにスープという点でもみそ汁的なこちらはとっつきやすく、
ご飯と合わせるという点でも上手く合ってくれる強みはありますね!

そのかわり「わかめラーメンとはあまり関係ないのでは」感はありますが!

◎麺量と栄養成分


麺の量はもちろん0gで、カロリーは49kcalのみとなっています!
脂質は0.9gで、極めて少ない数字に収まっていますね!

◎具材 - どう見てもみそ汁の具材


具材はわかめ、油揚げ、ねぎという組み合わせになっています!

この商品がみそ汁であることを最も象徴しているのがこの具材ですね!(`・ω・´)

わかめラーメンというと、わかめ・ごま・コーンの3つが基本ですが、
この商品はごまもコーンも入らず、油揚げとねぎが入っています!

でもって、このどちらもみそ汁によく入れられるものなのですよね!
完全にラーメンスープではなくみそ汁を意識してるのがわかります!

そのおかげもあって、みそ汁寄りのスープとの相性は抜群です!

わかめはエースコックらしい厚みのある食べごたえのあるもので、
一般のわかめラーメンの4倍以上入っているので量はたっぷりです!

油揚げは味のないタイプのもので、いかにもみそ汁に合う感じです!

ねぎもラーメンの薬味というよりはみそ汁の具材という雰囲気です!

◎まとめ - 完全にみそ汁だけど味はおいしい


もはや「わかめラーメン」なのは、わかめが多いことだけなのですが、
逆に完全にみそ汁路線に振り切ったことで味のまとまりは良くなってます!

なので、これは「味噌味のわかめラーメンのスープ」とはとらえずに、
「わかめラーメン以上にわかめが楽しめるみそ汁」と考えましょう!

みそ汁としてはかなり量は多いですが、味はいいので楽しめますよ!(゚x/)モギュロン

【関連記事】
わかめラー まさかの麺なし みそ味
わかめラーメン あさりだし・しお
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍(2020年)
でっかい!わかめラーメン ごま・しょうゆ 麺もわかめもでっかく大盛り
わかめラーメン 辛口みそ
EDGE×わかめラー油蕎麦 わかめ3.5倍
わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ
EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍
わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/19発売 取材NGの行列店 博多ラーメンばりこて監修 濃香 純豚骨

4/19発売の明星「取材NGの行列店 博多ラーメンばりこて監修 濃香 純豚骨」を食べました!
東京でお店を展開する「博多ラーメンばりこて」による監修商品です!

4/19発売 取材NGの行列店 博多ラーメンばりこて監修 濃香 純豚骨

店名から博多のお店と思っていましたが、東京のお店なのですね!
ただしスープの方向性はかなり本格派の博多ラーメンのようです!

今回は明星が得意とするバリカタ麺を使っているのが大きな特徴です!(=゚ω゚)

カップ麺での博多系のバリカタ麺においては明星の右に出る存在はないので、
明星もかなり本気を出してお店との交渉に臨んだということなのでしょう!

取材NGのお店ですから、当然カップ麺化にも厳しかったでしょうが、
「この麺ならカップ麺化も納得できる」と思わせられたのでしょうね!

実際にこの麺はお店も納得するだけのものを備えているでしょうし!

ただ一方で心配なのは、最近の明星の豚骨スープのほうなのですよね!

以前は豚骨臭ムンムンのクセのある豚骨スープも作っていたのですが、
最近は大人しいスープばかりで、そこがちょっと気がかりなのですよね;

麺は確実なので、スープの再現度がどこまで来ているかがポイントですね!

4/19発売 取材NGの行列店 博多ラーメンばりこて監修 濃香 純豚骨(内容物)

◎内容物 - 粉末と液体のダブルスープ方式


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
60秒調理なので、フタについては最初から全部はがしています!

4/19発売 取材NGの行列店 博多ラーメンばりこて監修 濃香 純豚骨(できあがり)

うん、ビジュアルに関しては十分に合格点と言っていいでしょう!

◎スープ - 完璧な骨っぽさ、博多ラーメンとして申し分なし


まずはスープですが・・・おおおぉ、これはひさびさにムンムン来ますよ!(●・ω・)

いやぁ、このスープはいいです!
粉末スープだけを溶かした段階で期待ができましたね!

もうムンムンに豚骨ラーメンならではの骨っぽい香りが充満してましたし!

液体スープは粉末スープほどムンムンの香りではないものの、
博多豚骨としてのバランスの良さとほどよい豚脂が加わります!

まずトータルの印象としては「比較的すっきりながらも豚骨臭の強いスープ」です!

このあたりが久留米系などのごってりとしたヘヴィなスープではなく、
表面的にはそこまで強い濃度を見せない博多系らしいと言えますね!

なので、油脂感やドロドロ感、ヘヴィさで攻めるタイプではないです!
油脂はほどほど、粘度は全くなくサラッとしていて、どっしり感はないです!

博多系豚骨らしい、白濁しつつも一定の透明感のあるスープになってます!
そのため、ビジュアルだけだと「あ、すっきり系かな」と思わせます!

しかしそれだけでは終わらず、香りという点では抜群のものを見せます!(`・ω・´)

「あぁ、これぞ本格博多とんこつだ!」と思わせるパワーに満ちています!

サラッとしつつも豚骨の旨味、豚骨の香り、この2つがしっかり生きていて、
それをサポートするラードについてもちょうどいい感じなのですよね!

そしてスープを飲み干すと多少の骨粉が残る、これもいい感じですね!

ここまで本格感のあるスープを作ってくれたのは見事だと言えます!
ここ数年の明星の豚骨スープの中でも断トツ1位に推薦したくなります!

というか、もうこの味のスープをレギュラー商品化してほしいですね!
こういう超本格派豚骨スープを求めている人は多いと思いますよ!

スープに関しては「本格派博多豚骨として100点」と自分は言い切ります!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、豚脂、食塩、香味調味料、糖類、
しょうゆ、香味油、たん白加水分解物、酵母エキス、植物油脂、
焼きあごエキス、昆布エキス、しいたけエキスとなっています!

動物系は完全に豚系が中心になっていることがわかりますね!
でもって、豚系の要素がかなり多く入っていることが伝わります!

そして隠し味としてあご(トビウオ)、昆布、椎茸が入ってます!
ただしあくまでサポート的であって、前面に出るものではないです!

◎麺 - 文句なしのハイクオリティバリカタ麺


麺は明星が得意とする60秒湯戻しのバリカタノンフライ麺です!

ほんとこの麺は豚骨向けの麺としては素晴らしいものを持っています!(*゚◇゚)

豚骨向けの麺というと、加水の低いパツパツとした歯切れの良さ、
そしてストレート感の2つが大きなポイントとなってきますが、
この麺はその両方をしっかりと再現してきているのですよね!

そして歯切れの良さ、小麦の風味、このあたりが全てリアルです!

この麺が使われるだけで、一気に本格豚骨らしさが増してくれますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは420kcalとなっています!
脂質は16.5gで、ノンフライ系としてはけっこう高いです!

◎具材 - 薬味類もしっかりと活躍


具材はチャーシュー、ごま、ねぎという組み合わせです!

はっきり言って、具材のバリエーションはそれほどありません!
「チャーシューと薬味のみ」と言ってしまえるものですし!

でもこのねぎとごまの薬味がどちらも非常に効果的ですね!(*゚ー゚)

ねぎは博多系豚骨においてはとても大きな役割を見せますし、
ごまの香ばしさも本格派豚骨を上手くサポートしています!

量もたっぷり入っているので、これはかなり役立ってますね!

チャーシューはノーマルですが、肉らしい風味は十分ですね!

◎まとめ - 博多系本格派豚骨としてはほぼ完璧


自分としてはこれは豚骨ラーメンとしては最強クラスと評価したいです!
「こういう豚骨ラーメンを待っていた」と言えるような一杯でしたね!

最近流行りのまろやか系のクセのない豚骨スープとは全く違い、
豚骨臭がムンムンなので、そこは好みが分かれると思いますが、
それが好きな人だったらほぼ無条件でオススメできる内容です!

これはもうおそらく今年のベスト10に入ってくるであろう一杯でした!(゚x/)モギュローン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/19発売 スーパーカップ1.5倍 シーフード味ラーメン

4/19発売のエースコック「スーパーカップ1.5倍 シーフード味ラーメン」を食べました!
先に紹介した「ブレンドカレーラーメン」と同じく、平成時代の復刻商品です!

4/19発売 スーパーカップ1.5倍 シーフード味ラーメン

「ブレンドカレー」がスーパーカップ最初期の1989年の商品だったのに対し、
こちらは2001年ということで、けっこう新しい商品ということになりますね!

記憶にはないですが、もしかすると自分も食べていたかもしれません!

方向性としては「シーフード」ということで、オーソドックスですね!(*゚ー゚)

今だと限定でここまでシンプルな路線のものは出しにくいでしょうね!
もうこうしたオーソドックス路線は出し尽くされているでしょうからね!

何らかの変化をつけるか、変わった路線のものが多くなりますしね!

4/19発売 スーパーカップ1.5倍 シーフード味ラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れ調味油がポイント


内容物はかやく入り粉末スープ、調味油となっています!
「なんでかやくが単独の袋じゃないんだ」と思ってしまいました;

かやく入り粉末スープだと、どうしても少しがっかりしますね;

4/19発売 スーパーカップ1.5倍 シーフード味ラーメン(できあがり)

ビジュアルに関してはオーソドックスなシーフードラーメンですね!

◎スープ - ちょっと味が濃いめで、甲殻類の風味が強め


まずはスープですが・・・やや甲殻類寄りのシーフードスープですかね!(●・ω・)

シーフード系のラーメンらしく、それなりにまろやかさはありますが、
カップヌードルのシーフードほど乳製品っぽさはありませんね!

動物系と甲殻類を中心とした海鮮系を合わせたスープと言えます!

ちょっと弱点なのは、塩分がやや高めになっているところですかね!
ただこの点についてはお湯を少し多めにすれば解消できるでしょう!

でもそのあたりのバランスにちょっと偏りがあるのを考えると、
「やっぱりカップヌードルシーフードってよくできてるな」
というようなことも思ってしまったりしますが!

とはいえ、全くもって同じタイプのスープということはなくて、
海老を連想させる甲殻類系の旨味が強いのは個性と言えますね!

カップヌードルシーフードが海鮮の中でもイカ寄りなのに対して、
こちらは海老系なので、そのあたりできちんと違いは出ています!

そして調味油を投入すると、こちらも甲殻類系の味わいですね!(*゚◇゚)

「ちょっとだけピリ辛の海老油」と言っていいような感じですね!

ピリ辛に関してはほとんど強さはなく、アクセントにもならないです!
なので、「ピリ辛シーフード」というような印象はほぼないですね!

むしろ調味油に含まれる海老油っぽい甲殻類の風味が加わることで、
よりこのスープの甲殻類系の旨味が高まるという感触が強いですね!

そういえばエースコックって海老系のスープに意外と強いのですよね!
そのあたりがこのスープでもきちんと出ていると言えるでしょうね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、ポーク調味料、乳化油脂、粉末しょうゆ、ぶどう糖、
香辛料、野菜パウダー、魚介エキス、エビ調味料、植物油脂となっています!

やはりちょっと食塩が前面に出ているのが気になるところですね!

ベースの風味としては、野菜と海老を中心とした海鮮あたりですかね!

◎麺 - 最近のスーパーカップらしい中ぐらいの麺


麺はちょっとしっかりとした質感の中ぐらいの太さの油揚げ麺です!(=゚ω゚)

麺は「ブレンドカレー」と同じく、「今」を感じさせるタイプの麺です!
さすがに麺については当時をあまり意識はしていないみたいですね!

というか、当時の麺を再現するとたぶんかなり貧弱でしょうからね;

太さは中ぐらいで、ややがっしりとしたけっこう硬めの麺ですね!
このあたりのしっかり感は今のスーパーカップらしさを感じますね!

スープの味が濃いので、麺が勝ちすぎているという印象はないですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の90gで、カロリーは458kcalとなっています!
脂質は16.2gで、それほど高い数字というわけではないです!

◎具材 - あまり量は多くないが最低限は入っている


具材はキャベツ、かに風かまぼこ、卵、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の薬味としてそこそこ入っています!

卵はかき卵ではないですが、比較的やわらかいタイプですね!
ふわっとしていて、全体の味をやわらかくしてくれています!

キャベツはそこそこの量で、まぁこれは普通という感じですね!

そして具材の主役となっているのはかに風かまぼこでしょう!(`・ω・´)

海鮮ぐらいがかに風かまぼこのみというのは多少さみしいですが、
甲殻類系の風味のスープなので、スープとの相性はいいですね!

この具材のチョイスはおそらくはそのあたりも考慮したのでしょう!

ややふんわりとはしていますが、それなりの密度感もある具材です!

◎まとめ - 海老感が強めなのは面白い


ちょっと塩分が高めであるところは気にもなったのですが、
海老を中心に組み立てたスープは面白くもありましたね!

なかなか甲殻類寄りのシーフードスープってないですからね!

調味油でも海鮮風味を立てたのが上手く機能した一杯でした!(゚x/)モギュッ

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/19発売 ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛

4/19発売のまるか食品
「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛」
を食べました!

あの「ペヤング 獄激辛」と「ペヤング 獄激辛カレー」が合体した商品が出ました!

4/19発売 ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛

はぁ・・・ついにこの商品が出てしまいましたか(;゚ω゚)

予想はついていたけど「食べたくないなぁ」と思いに駆られますね;

これまで「獄激辛」系は4回食べたので慣れてはいるのですが、
量が2倍になれば耐えるべき辛さの蓄積も2倍になりますからね;

もちろん辛さの瞬発力だけで見ればこれまでと同じなのですが、
「2倍の時間これに耐えないといけないのか」と思うと萎えますね;

でもって、新しい味だったら自分としてはまだ楽しめるのですが、
どちらも2回ずつ食べた味なので、どうしても食指が伸びないのですよね;

なので、食べる前からもののみごとにテンションは下がっています;

そして辛さの蓄積量、すなわちカプサイシンの量が2倍になるということは、
それだけ食べた後にお腹に来るというわけで・・・ここが最も憂鬱です;

まぁ、それでも話題性のある商品なので我慢して食べはしますけども!

4/19発売 ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛(内容物)

◎内容物 - 単純に2つの商品を合わせた感じ


内容物はかやく、液体ソース(獄激辛)、液体ソース(獄激辛カレー)です!
要するにかやくは1袋にまとめて、あとは2商品をそのまま合わせた感じです!

4/19発売 ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛(できあがり)

左が「獄激辛カレー」で、右が「獄激辛」となっています!

右がやや薄く見えるのは、右側の麺が少し多かったためです!
なので、それを除けば実際には2つのソースの色はほぼ同じです!

◎ソース - 辛さの質は同じだが、意外に味に違いがある


まずは2つのソースですが・・・ベースの部分は同じですね!(●・ω・)

最大のポイントである辛さの質については両者ともに同じですね!

ちょっと難点なのは、「ペヤング激辛」系統って辛さが強くなると、
どうもそれゆえにケミカルな風味が強くなってしまうところですね!

いずれは「獄激辛」を超えるような辛さの商品も作ることを考えると、
このあたりの問題は今後の一つの課題にはなってくるでしょうね!

辛さが強烈な激辛系商品って、辛さそのものが耐えられないだけでなく、
味が唐辛子に支配されすぎたりして、味が楽しめなくなることも多いので、
「おいしく辛い」という枠組みを外さないようにしてほしくはありますね!

そして辛さの強さも、自分としては両者ほぼ変わらないと思いました!

ただこれは「獄激辛カレー」のほうがソースが少し濃くなったので、
そのあたりの影響も多少なりとも関わっているかもと思いましたが!

もちろんとんでもなく辛いので、一気に食べ切るのは非常に大変です;
おかげで何度も休憩しながら食べましたし、腹痛も後で起きました;

やっぱり量が2倍になると完食する面倒臭さは大幅に増大しますね;
ノーマルサイズの「獄激辛」のように一気に楽しむのは無理でした;

そして両者の味の違いですが、これが意外とはっきりありましたね!(`・ω・´)

「そりゃ片方はカレーで、片方は普通なんだから違うだろ」と思われそうですが、
実は両者の味の違いは「カレー」に起因するものがメインではないのですよね!

というか、カレーの風味はほとんど唐辛子の辛さにかき消されていて、
「これ本当にカレーと言えるのか」みたいになってしまってますし!

どちらも醤油ベースのソースであるということは共通していて、
ノーマルの「獄激辛」はほんのりと甘さを感じる味わいでしたね!

最大の違いはノーマルの「獄激辛」がシンプルなすっきりした味なのに対し、
「獄激辛カレー」はどこかまったりとした重さを感じる味という点です!

ちょっと食べていて「こっちのほうが味がくどいな」と感じましたので!

この違いはどうもガーリックペーストによるところが大きいようです!
この強めの香味が「味そのものの強さ」の大きく影響していたのですね!

ちなみに2つをまぜると、単純に両者の中間的な味になりますね;
要するに「辛さは変わらず、ガーリックの風味が中和される」だけです;

もともと2つの味が似ているので、まぜて楽しいことは全くなかったです;

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、食塩、しょうゆ、香辛料、植物油脂、たん白加水分解物、
醸造酢、りんごピューレ、トマト加工品、ポークエキス、野菜エキスです!

ただこれは2つのソースの原材料を無理やり合成したものなので、
これを見てそれぞれのソースの内容がわかるわけではないです!

◎麺 - いつものペヤングの麺が2倍に


麺はいつものペヤングの麺が2つ入るというスタイルです!
これはペヤングの「超大盛」としてはおなじみの形式ですね!

麺のサイズそのものを2倍に大きくするという方式は取らずに、
普通のペヤングの麺をそのままシンプルに2つ入れているのですね!

でもこの方法は意外と優秀で、麺の製法がいつもと同じなので、
麺の味も普段と全く変わらないという利点があるのですよね!

麺のサイズを変えたりすると、味が変わったりもしますからね!(*゚◇゚)

ソースとの相性は・・・よくわからないぐらいに辛いですね;

◎麺量と栄養成分


麺の量は通常の2倍の180gで、カロリーは1105kcalです!
脂質は59.4gで、やはりかなり高めの数字になっていますね!

「GIGAMAX」の登場以降、この数字では驚かなくなりましたが!

◎具材 - いつもと同じ組み合わせ


具材はおなじみのキャベツと鶏ひき肉となっています!

キャベツはそこそこ量が多いですが、けっこう辛くなるので、
それほど箸休めとしては役立たないというところはありますね!

でもちょっとした変化はつけてくれるので役立ちはしますが!

そして大豆風味の強い鶏ひき肉は激辛系では効果的ですね!(*゚ー゚)

はっきり言ってこれはおいしい具材とは言えないのですが、
大豆の自然な甘みを感じ取ることができる具材でもあるので、
箸休めとしてはこれはなかなか役立ってくれるのですよね!

この具材を食べているときだけほっとすることができました!

◎まとめ - この辛さで量が2倍になると厳しい


やはり量が2倍になると、一気に食べ切るのは難しくなりますし、
それゆえに休憩回数も増えて間延びしてしまうことになりましたね;

でもってどちらも体験してる味のうえに、まぜた味も想像がつく、
正直なところ「しんどいだけで面白くはない」というのが本音です;

過去の「獄激辛」を逃した人は食べてみてもいいかなという感じでした!(゚x/)モニュリ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.