3/4発売 和ラー 神戸 関西すき焼き風

3/4発売のサンヨー食品「和ラー 神戸 関西すき焼き風」を食べました!
日本各地のご当地料理をカップ麺化する「和ラー」シリーズからの新作です!

今では「和ラー」もサンヨー食品を代表する縦型ブランドになりましたね!(`・ω・´)

スープも麺もそのクオリティの高さを考えればその評価もうなずけます!

日清、東洋水産(マルちゃん)、多くの会社が縦型カップ麺を出してますが、
基本的にどれもレギュラーとなるメインの商品を数種類用意したうえで、
定期的に期間限定商品をリリースして需要の喚起をはかる形がほとんどです!

ただ「和ラー」はそうした従来的なスタイルを採っていないのですよね!

レギュラー商品はつねに3商品のみで、改めて新商品を出す際には、
既存の3商品のうちからいくつかを販売終了にして入れ替える方式です!

その中で初代の「和ラー 博多 鶏の水炊き風」だけはずっと生き残ってますが!

逆に言うと、全て新レギュラー新商品として登場することになる一方で、
次の新商品が出たら押し出される可能性もあるという立場なのですよね!

3/4発売 和ラー 神戸 関西すき焼き風

◎「関西すき焼き」について


さて、今回は「和ラー 神戸 関西すき焼き風」が登場いたしました!

「関西すき焼き」は、まず牛肉を醤油や砂糖で甘辛く焼いたうえで、
そこにだしなどを加えて煮る、この「焼き」の工程が重要なのですよね!

そして焼きの工程が入ることによって生まれる肉の香ばしい旨味、
それがだしのほうにも溶け込んでいるのが大きな特徴となってます!

「関西すき焼き」は関西全域でポピュラーな食べ方となってるので、
別に「神戸」に限定する必要ななさそうな感じはするのですよね!

調べてみると「関西すき焼き」の発祥はあくまで京都のようですし、
「神戸」は「神戸牛」のイメージから選んだという感じですかね!

「和ラー」の作るご当地系料理のラーメン版はどれも個性的ですが、
今回の「すき焼き風」はけっこういろんなメーカーが扱っているので、
それらの商品に対してきちっと差別化できるかどうかも重要ですね!

特に「すき焼き」系に強い日清との違いがどう出るかが気になります!(=゚ω゚)

3/4発売 和ラー 神戸 関西すき焼き風(内容物)

◎内容物 - 小袋はなしで、ごく普通の縦型カップ麺


すき焼きらしい具材が見えてますが、後入れ小袋は全くないです!
「カップヌードル」や「カップスター」と同様にお湯入れ3分です!

3/4発売 和ラー 神戸 関西すき焼き風(できあがり)

うん、本物の牛肉も入っていて、すき焼きらしい雰囲気はありますね!

◎スープ - まさに「関西すき焼き」風の味わい


まずはスープですが・・・おぉ、思っていた以上に「関西すき焼き」です!(●・ω・)

たっぷりと砂糖を使って、醤油の風味も強めに効かせた甘めのタレ、
そこに牛の旨味や脂が重なることによって、ベースに厚みが出て、
さらに鍋らしく野菜の風味なども加わって広がりが出ています!

また関西らしい牛肉を焼いたときの香ばしさもよく出てますね!
この点をきちんと演出できているのは好ポイントと言えます!

「単に甘めの醤油ダレで煮込んだ」雰囲気には終わってません!

日清の「すき焼き」系との差ですが、これも意外と明確ですね!(*゚ー゚)

日清の「すき焼き」系はとにかく強い甘さと強烈な牛脂なのですよね!

特に牛脂をガンガンに効かせることによって「あぁ牛だ!」と思わせ、
それによって強烈な「すき焼き」のインパクトを与えるのが特徴です!

それに対してこの「和ラー」は牛脂の存在感についてはほどほどです!

そのかわりベースのスープの「関西すき焼き」としてのリアル感は高く、
ほんと真正面から「関西すき焼き」の再現に取り組んだ感がしてきます!

この本物っぽさは高く評価していいだけのものがあると思いましたね!

◎スープの原材料 - 牛、野菜、鶏などを融合


スープの原材料は食塩、糖類、デキストリン、しょうゆ、チキンエキス、
野菜エキス、香辛料、粉末卵、ビーフエキス、たん白加水分解物、
牛脂、ビーフパウダー、酵母エキスという組み合わせになっています!

実は動物系で一番多めになっているのはチキンエキスだったりしますが、
ちゃんとビーフ関係の素材も使われていて、牛の演出はできています!

粉末卵はすき焼きを卵につけて食べる雰囲気を軽く加えたのでしょう!

◎麺 - 油揚げ麺としては最高峰に近いクオリティ


麺は「和ラー」シリーズならではの、非常にレベルの高い中細油揚げ麺です!

改めて食べると、毎度のことながらその質に驚かされますね!(`・ω・´)

表面はハリがありそれでいて硬くはない、噛むと絶妙な弾力で、
クニッとした押し返しがあり、噛み切るとほどよく弾けていく、
噛み始めから噛み終わりまでの食感のコントラストが実に鮮やかです!

そしてそれでいて油揚げ麺にありがちな香りはかなり弱いのですね!

「和ラー」はスープのほうが優しい路線であることが多いので、
それを麺の油揚げ麺臭の少なさがサポートしてる面も強いです!

ただ今回は「和ラー」としては珍しくスープも濃いめだったので、
麺の油揚げ麺臭は全くと言っていいぐらいに感じなかったですね!

スープと麺の相性では、意外と濃い味と合ったりするものなのですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は58gで、カロリーは304kcalとなっています!
脂質は10.7gで、油揚げ麺系商品としては低い数字ですね!

◎具材 - 本物の牛肉に豆腐、雰囲気はよく出ている


具材は牛肉(国産)、豆腐、かき卵、ねぎとなっています!

まず主役の牛肉ですが・・・やっぱり本物はよくできてますね!(*゚◇゚)

最近の日清は大豆で作った疑似牛肉を使うことが多くなりましたが、
こうして食べ比べると圧倒的に本物の牛肉のほうがおいしいですね!

大豆ミートもかなりの水準までクオリティを上げてはいるのですが、
さすがに本物の領域に到達するにはまだまだと言えるのでしょう!

その牛肉もそこそこ入っており、満足度を引き上げてくれてますね!

豆腐はカップ麺にもよく使われるごく普通のタイプのものですが、
今回の甘辛いスープと相性がよく、すき焼きらしさが出てましたね!

かき卵はすき焼き+卵らしさを演出したのだろうとは思うのですが、
やっぱり生卵とかき卵では雰囲気が違うので、なくても良かったですね!

かわりに麩あたりがほんのちょっと入っていても良かったかもです!

ねぎに関してはごくごく普通の薬味として機能している感じでした!

◎まとめ - リアルな「関西すき焼き」感、麺の優秀さ、具の牛肉、今回も完成度は高い
やはり「和ラー」というか、今回も外すことなくきっちりまとめてきましたね!

甘めの醤油ダレが苦手という人の場合は避けたほうが無難ではありますが、
それを除けば弱点らしい弱点は特にないと言っていいかもしれませんね!

でもって、甘めの味ってハマるととことんまでハマってしまうので、
販売期間中にリピートしまくる人も出てくるかもしれませんね!(゚x/)モキヌッ

【関連記事】
和ラー 神戸 関西すき焼き風
和ラー 北海道 かにすき風
和ラー 宮城 仙台牛使用 テールスープ風
和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風
和ラー 三重 伊勢海老汁風
和ラー 北海道根室 かにの鉄砲汁風
和ラー 両国 ちゃんこ鍋風
和ラー 能登 海老汁風
和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風
和ラー 博多 鶏の水炊き風
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン

3/4発売の明星「新華園本店 釜石ラーメン」を食べました!
2011年9月以降、定期的に出ている東北復興支援カップ麺です!

そのため、売り上げの一部が東北に寄付される形になっています!

東北復興支援商品は今回で第9弾ということになるみたいですが、
たしかに主に3月初旬頃にそうした商品が出ている記憶はありますが、
そのうち自分が購入できたケースがほとんどないのですよね;

というのも、この復興支援商品ってあまり出回らないのですよね;

このブログの過去ログを検索してちょっと探してみたのですが、
紹介できたのは2016年2月の「らーめんの千草」だけのようで、
他の商品に関しては結局見つけられずに終わってしまってます;

しかもその「らーめんの千草」も入手にけっこう苦労してますしね;

もしかすると東北や関東あたりだともう少し見かけやすいのかもですが、
どうも関西ではなかなか出回らずに入手に困ることが多かったりします;

ただ今回の商品に関しては、すぐによく行くローソンで見つかりました!(*゚ー゚)

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン

「新華園本店」は岩手県の釜石市にある中華料理のお店で、
とりわけそのラーメンのおいしさで評判を呼んでいるようです!

ラーメン店なのか中華料理店なのかわからなくなりそうですが、
お店のメニューを見たところ「麺を中心とした中華料理店」ですね!

カレーや牛丼まで提供しているので、非常に大衆的な雰囲気ですが!

この「新華園本店」は2015年2月に復興支援第5弾商品として出てますが、
そのときに人気が高かったことから、再び第9弾として登場したそうです!

ただ第5弾に発売されたときの記憶は自分の中には全然なかったりしますが;

2015年だったら新商品関連はもうそこそこ追っていたはずなのですが、
やはり見つからずに仕方なくスルーしたという形だったのでしょうね;

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン(内容物)

◎内容物 - 先入れはかやくのみ


内容物はかやく、かやく入り粉末スープ、液体スープとなっています!

具材のうち、ねぎに関しては粉末スープの袋のほうに入ってます!
これは他の具材にねぎの香りが移らないようにするためですかね!

ねぎって、けっこう他の具材に香りが移りやすかったりしますからね!

3/4発売 新華園本店 釜石ラーメン(できあがり)

うん、いかにもすっきりとした醤油ラーメンといった雰囲気ですね!

◎スープ - すっきりした中から動物系と魚介の深い旨味が広がる


まずはスープですが・・・おっ、思っていた以上に深みがありますね!(●・ω・)

ベースについてはしっとりしつつも深い動物系が固めています!

かといって、動物系の主張をガンガンと効かせてくるものではなく、
優しいながらも力強さが宿った、深みのある動物系の旨味ですね!

なので、しっかりと鶏&豚が主役のラーメンであることが伝わります!

そして素晴らしいのが、それを側面から支える数々の素材ですね!

昆布が旨味の下支えをし、ほんのりとした椎茸が旨味にパンチを出し、
そしてそのうえにサバなどの魚介の節系の旨味がじんわり広がります!

この旨味の広がり方が、派手さや分かりやすさを重視するものではなく、
しっとりと動物系と調和するように広がってくるのがいいのですよね!(=゚ω゚)

さらに玉ねぎを中心とした香味野菜によってふくよかさをプラスし、
ここに香味油を重ねることでコクと香ばしさをさらに与えています!

複合的だけど複雑ではなく、調和感の高いバランスが楽しめます!

いろんな素材が入っているんだけど、個々が単体で主張するのでなく、
まとまることによって生まれるおいしさをアピールしている感じです!

こうした優しいスープはカップ麺で扱うのが難しくもあるのですが、
これはそのあたりの難題をしっかりとクリアした味となっていますね!

◎スープの原材料 - 動物系に油脂、魚介、実に豊かな構成


スープの原材料は鶏・豚エキス、しょうゆ、植物油脂、香味油、香味調味料、
糖類、たん白加水分解物、チキンオイル、食塩、魚介エキス、香辛料、醸造酢、
酵母エキス、オニオン粉末、昆布エキス、さばぶし粉末、しいたけエキスです!

様々な要素がバランスよく組み立てられていることがわかりますね!
動物系、油脂、魚介、香味野菜、昆布、椎茸といろいろありますしね!

その中でチラッと目を引くのが醸造酢が入っているというところですね!
かといって、食べていてすっぱいと感じるようなことは全くないですが!

◎麺 - 中細縮れ麺ながらもほどよいもっちり感


麺は中細で縮れがやや強めのノンフライ麺となっています!

いかにもノンフライ麺系商品によく使われそうな麺ではありますが、
実際にはこの麺はちゃんとお店のものを意識して作られています!

お店では「細めの縮れ麺」を使っているのが大きな特徴なので、
今回の麺は実のところけっこう再現度の高い路線を取っていますね!

小麦の風味もそこそこあり、噛んだときにほどよいもっちり感もある、
安心して味わえるタイプのノンフライ麺だと言っていいでしょうね!(*゚◇゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは327kcalとなっています!
脂質は8.3gで、ほどほどに油脂も効かされていると言えますね!

◎具材 - 小粒ながら優秀なチャーシューに高品質なメンマ


具材はチャーシュー、メンマ、そして粉末スープ同梱のねぎです!

ねぎは粉末スープと同梱でしたが、内容は意外といいのですよね!
チープさはなく、むしろややリアル系に近い味わいがありましたしね!

そしてチャーシューですが、小さいながらもこれがあなどれないです!

小さいながらも厚みが少しあり、噛むと肉の旨味がしっかりと出ます!
特に脂身の持っているコクがきちんと感じられたのは好印象でしたね!

そして今回の具材で最大の主役と言えるのは間違いなくメンマでしょう!(`・ω・´)

明星はときどき乾燥状態でもふにゃっとやわらかいメンマを使うのですが、
このメンマが湯戻ししたときに絶妙の力を発揮してくれるのですよね!

まさにリアルなコリコリ感、乾燥具材特有の硬さを見せるわけでもなく、
ほんと自然なメンマをそのままポリポリと食べている感覚があります!

そしてメンマの持っているほどよい発酵感まで宿っているのですよね!

でもって、そのメンマの量が多いとなれば、どこに文句が言えましょう!

◎まとめ - 「釜石ラーメン」の個性が伝わる深く複合的な味わい


食べる前は「いかにも地味そうだなぁ」なんて思っていたのですが、
こうして食べてみるとほんと複合的な旨味がしっかり詰まってましたね!

麺も質が高く、何より具材がしっかり充実してたのも好ポイントでした!

優しい味わいが好きな人は、この「新華園本店」は十分にオススメですね!(゚x/)モキロンッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/4発売 マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン

3/4発売の「マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン」を食べました!
あの「黄色い博多ラーメン」から焼ラーメンが登場しました!

黄色い博多ラーメン」は「赤いきつね」と同じく色シリーズですが、
今の視点から見ると色シリーズでラーメンというのは珍しく見えますよね!

ですが、もともと「黄色い博多ラーメン」は1982年に発売されたもので、
その後にレギュラーからは外れたもののときどき復刻販売されています!

この「黄色い博多ラーメン」は現代の豚骨ラーメンにはない無骨さがあり、
それが独自の魅力として多くのファンをつかんでいるのでしょうね!

実際自分もこの「黄色い博多ラーメン」は大好きだったりしますし!(*゚ー゚)

3/4発売 マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン

そんな「黄色い博多ラーメン」から今回は焼ラーメンが出ました!
ただ同時にラーメン版もどんぶり型商品として発売されています!

要するに今回はラーメンと焼ラーメンの2本立てというわけですね!

東洋水産(マルちゃん)はときどき豚骨系焼ラーメンを出しますね!
自分の中ではっきりと記憶の残っているのは次の3商品あたりです!

もちろんこの3商品とも過去にこのブログで紹介しています!

昔ながらの焼ラーメン(2015年)
あの街この味! 博多系焼ラーメン(2013年)
俺の塩 AWAY編 とんこつ塩焼そば(2010年)

「俺の塩」はとんこつ「焼そば」ですが、実際には焼ラーメン路線でした!

共通しているのは、どれも麺が1分湯戻しの極細仕様となっており、
また生タイプの紅生姜が別添され、正統派の豚骨の味わいでした!

今回は麺が1分湯戻しという点は継承されてはいるのですが、
どうもそれ以外についてはちょっと変更しているみたいですね!

3/4発売 マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン(内容物)

◎内容物 - 特製油を絡めてから、粉末ソースを全体にまぶす方式


内容物はかやく、粉末ソース、特製油というふうになってます!
東洋水産らしく、かける順番は特製油→粉末ソースとなっています!

3/4発売 マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン(できあがり)

なんだかいやにシンプルなビジュアルですが、とりあえず完成です!
今回は生タイプの紅生姜がついていないのが一つの特徴となってます!

◎ソース - スナック的豚骨と調味油の相乗効果で、古き良き豚骨の無骨さを!


まずはその味ですが・・・これこれ、これこそ「黄色い博多」の味ですよ!(●・ω・)

いかにもスナック的ながらも無骨でワイルドな豚骨の風味、
そしてそれを引き上げる調味油の効果がたまりません!

最近の豚骨カップ麺の調味油はラードを多用しながらも、
ゴリゴリとした豚臭さや香味はそれほどアピールしない、
いかにも優等生的な油脂が使われる傾向が強いのですよね!

それに対してこの調味油は個性がこれでもかと炸裂してます!

豚臭さ前回の豚脂、ごま油の香ばしさ、香味油から漂う様々な香味、
それらが混然一体となって、全体のワイルドさを一段二段引き上げます!

これだけ攻めた調味油は今の豚骨ラーメンでは見ないのですよね!(=゚ω゚)

でもこれこそが元来の豚骨カップ麺の旨さだとも思うのですよね!

油脂の香りだけを純粋にかぐと「臭い」とも思えるほどですが、
それがベースの豚骨と絡んだ途端に絶妙の相乗効果を見せる、
そのワイルドな風味があるからこそ豚骨が生きるのですよね!

これまでのマルちゃんの焼ラーメンも正統派豚骨で良質でしたが、
今回はそこにより強いスナック感と調味油のワイルドさが加わって、
さらに「豚骨焼ラーメン」としてやみつきになる力が強かったです!

「豚骨は食べやすく洗練されてるほうがいい」という人には向かないですが、
「豚骨なんてワイルドであってこそ」というスタンスなら確実に向きますし、
その無骨な野性味を存分に楽しむことができる味わいに仕上がってますね!

◎ソースの原材料 - とにかく主役は豚、そこに油脂が重なる


ソースと調味油の原材料は豚脂、ポークエキス、デキストリン、
鶏脂、植物油、食塩、乳糖、砂糖、しょうゆ、たん白加水分解物、
香辛料、紅生姜、ごま、ねぎという組み合わせになっています!

この中で紅生姜、ごま、ねぎの3つは一応は具材にあたります!
要するに粉末スープの袋の中に入った細かい具材なわけですね!

ごまは香ばしくて、味のうえでもいいアクセントになってました!
ねぎについては・・・意識しないとあったかどうか気付きません;

紅生姜は細かい乾燥紅生姜がチラチラと顔を覗かせていますね!

本来であれば別添の生タイプのほうが良かったとは思いますが、
あえて乾燥具材なのもレトロな「黄色い博多」らしさかもですね!

ラーメンバージョンでも同じように乾燥具材として入ってますし!

◎麺 - 「俺の塩」仕様のプリプリ1分湯戻し麺


麺は極細で縮れのついたプリプリとした1分湯戻しの油揚げ麺です!

これはもう「俺に塩」シリーズの麺と全く同じと言えるでしょう!
実際に原材料の並びを見ても違いは全くなかったですからね!

とにかくこの「俺の塩」の極細麺のクオリティは高いので、
それをそのまま継承するだけで確実にいい麺になりますからね!(`・ω・´)

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは521kcalとなっています!
脂質は27.0gで、さすがは油脂がポイントなだけあって高いです!

◎具材 - キャベツときくらげのみのシンプル構成


具材はキャベツときくらげのみというごく普通の仕様です!
一応は粉末スープ内の紅生姜、ごま、ねぎも具材ですが!

薬味系の具材はどれもスープの一部といった印象ですね!

なので、具材らしい具材はキャベツときくらげだけですが、
きくらげのコリコリ感はいいアクセントにはなってました!

今回の商品の特徴とも言える具材がきくらげですしね!(*゚◇゚)

キャベツについてはごくごく普通といったところでしたね!

◎まとめ


具材に関してはこれといって見るべきものはなかったですが、
「黄色い博多」らしさを出した豚臭い味わいはかなり秀逸で、
ワイルド系スナック豚骨を求めるなら間違いない仕上がりです!

麺についても「俺の塩」仕様なので安心して食べられますしね!

これぞ「黄色い博多ラーメン」の焼ラーメンと言える味わいでした!(゚x/)モギュー

【関連記事】
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/25発売 行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯

2/25発売の日清「行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯」を食べました!
「行列のできる店のラーメン」シリーズから牡蠣を使った新作の登場です!

2/25発売 行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯

ここ最近の「行列のできる店のラーメン」シリーズは、
鶏白湯に魚介系を合わせるというスタイルを追求してますね!

最新の3作品のタイトルを並べると次のようになりますし!

・行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯(今回の商品)
行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯
行列のできる店のラーメン 海老鶏白湯

海老→真鯛→牡蠣というふうにテーマが移り変わってますね!

最近は実際のラーメン店でも魚介系を使うお店が増えていますし、
そういう点から最新のトレンドを再現する狙いなのでしょうね!

自分も最近ラーメン店で「牡蠣白湯」というラーメンを食べてますしね!
そのラーメンは牡蠣+鶏白湯ではなく、ほぼ牡蠣一本のスープでしたが!

2/25発売 行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯(内容物)

◎内容物 - かやく、粉末スープ、液体スープ、海苔の4袋仕様


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープ、焼き海苔となっています!
液体スープはもちろん、粉末スープも後入れ仕様である点に注意です!

麺を湯戻しして、ほぐしてから粉末スープを投入して軽くまぜて、
そこから液体スープを入れて完全にまぜるという流れになってます!

2/25発売 行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯(できあがり)

最近の「行列のできる店のラーメン」としては具が充実してますね!

◎スープ - クリーミーな鶏白湯の中から牡蠣の旨味が覗く


まずはスープですが・・・ベースの鶏、前面の牡蠣という味わいです!(●・ω・)

粉末スープだけの段階だと、鶏よりも牡蠣が圧倒的に優勢です!

ただ決して「牡蠣白湯」のような牡蠣による白濁スープではなくて、
牡蠣はあくまで澄んだスープとしての優しいだし感の演出です!

なので、牡蠣の持っているクリーミーさでゴリゴリと押すとか、
そういった牡蠣のパワフルな側面を見るスープではありません!

そして液体スープを投入すると、一気に動物系の主張が強まります!(*゚ー゚)

また液体スープのほうにも牡蠣の旨味が加えられてるようです!
ただ力関係でいうと、液体スープは動物系のほうが強いですね!

スープは意外ととろみがあり、動物系のスープの粘度を感じさせ、
そのまったりとしたクリーミーさが全体の中で強く主張します!

ただ「いかにも鶏」といった感じの主張はしてこないのですよね!

まろやかさやクリーミーさによって強い下支えをする目的なメインで、
牡蠣の旨味を立てるためか、素材そのものの個性はやや抑えています!

なので、存在感としては明らかに動物系のほうが優勢ではありますが、
旨味を舌で感じ取ると牡蠣のほうがフッと前に出て感じられるという、
動物系の濃厚さと牡蠣の旨さを両立させたスープとなっていますね!

ただ牡蠣がものすごく前面に出てアピールしてくるわけでもないので、
牡蠣のパンチを求めてしまうと、どうしても物足りなくなるかもですが、
動物系白湯+牡蠣の複合的スープとしては上手くまとまってはいますね!

◎スープの原材料は - スープの動物系は実は鶏と豚のハイブリッド


スープの原材料はポークエキス、動物油脂(豚、鶏)、しょうゆ、糖類、かき調味料、
食塩、クリーミングパウダー、チキン調味料、香辛料、植物油脂となっています!

こうして見ると「鶏白湯」と言いながらエキスも油脂も豚が優勢です!
ただ、味に関しては「豚骨ラーメン」ぽい印象はほぼありません!

むしろその点については「鶏白湯ラーメン」に近いと言っていいです!

こうした豚を多めに加えた「鶏白湯」は日清がよく作るのですが、
これは「鶏が主張しすぎない鶏白湯」を作る手法なのでしょうね!

豚系のスープはいかにも豚骨の持つ個性を強く主張するものもありますが、
「素材の個性は主張せず、まろやかさだけを演出する」組み方もあるので、
そうした豚系のエキスや油脂で鶏白湯を強い鶏の風味を割ることによって、
「鶏白湯だけど、鶏の主張がきつくない動物系白湯」になるのですよね!

そうすることで、牡蠣を前面に立てようとする狙いがあったのでしょう!

ただその点を考えるとスープのとろみの強さはなくても良かったかもですが!
それによって動物系白湯スープの濃厚さが目立つ感じになってましたしね!

◎麺 - これまでの「行列」シリーズとは違う平打ち系縮れ麺


そして麺ですが・・・従来の「行列のできる店のラーメン」とは全く違います!(=゚ω゚)

「行列のできる店のラーメン」シリーズで使われている麺というと、
断面が四角く、ほぐれにくいブリブリ間の強い麺が特徴でしたが、
今回は非常に素直な平打ちでプリ感の強い多加水系の麺ですね!

これまでの「行列」の麺がほぐれにくさが最大の弱点でしたが、
今回はそうしたこともなく、ストレスを感じずにほぐせました!

でもって、このプリプリとした食感もなかなか良質でしたね!
今後はこうしたタイプの麺もどんどん使ってきてほしいですね!

◎麺量と栄養成分 - 濃厚系ながら決して重くはない数字


麺の量は70gで、カロリーは396kcalとなっています!
脂質は11.4gで、決してそれほど高い数字ではないですね!

◎具材 - 蒸し鶏に海苔となかなか充実した内容


具材は蒸し鶏、焼き海苔、ねぎ、輪切り唐辛子となっています!

まず蒸し鶏はしっとりとしていて、なおかつ量も多いですし、
鶏らしい食感や旨味もしっかりあるなど、充実していますね!

これだけのものがあれば、高価格帯商品としても納得がいきます!(*゚◇゚)

焼き海苔についてもなかなかうれしい存在となっていますね!

かなりしっかりとスープを吸わせたうえで麺を巻いて食べましょう!
スープを吸ってヨレヨレになったぐらいの海苔のほうがおいしいです!

ねぎはそれなりにリアル系のもので、味はけっこういいですね!

輪切り唐辛子は非常に細かくカットされたものとなってますが、
全体の中に軽くピリッとしたアクセントを見せるなど活躍してます!

◎まとめ - クリーミーな鶏白湯の中から覗く牡蠣を楽しむ一杯


牡蠣がゴリゴリと主張するパワフル系牡蠣スープを求めてしまうと、
「ちょっと弱いなぁ」と感じられてしまう可能性も少なくないですが、
丸みのある動物系白湯の中から牡蠣の旨味が前面に顔を出してくる、
そうしたスープとして味わうとなかなかの深みを感じられましたね!

「牡蠣鶏白湯」=「鶏白湯に牡蠣のじんわりした旨味」と考えるといいですね!(゚x/)モキリョン

【関連記事】
行列のできる店のラーメン 牡蠣鶏白湯
行列のできる店のラーメン 真鯛鶏白湯
行列のできる店のラーメン 海老鶏白湯
行列のできる店のラーメン 麻辣担々麺
行列のできる店のラーメン 煮干しそば
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2016年)
行列のできる店のラーメン 海老担々麺
行列のできる店のラーメン TOKYO 特濃魚介とんこつ
行列のできる店のラーメン とりそば 特濃魚介鶏白湯
行列のできる店のラーメン えびそば 特濃みそ豚骨
行列のできる店のラーメン とりそば
行列のできる店のラーメン えびそば 特濃しお豚骨
行列のできる店のラーメン TOKYO NEO担々麺
行列のできる店のラーメン ネオ和歌山 極濃どろ豚骨醤油
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2012年)
行列のできる店のラーメン 特濃担々麺(2011年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/25発売 MEGA豚 どトンコツラーメン(2019年)

2/25発売のエースコック「MEGA豚 どトンコツラーメン」を食べました!
特定の素材の主張を強く立てる「MEGA」シリーズからの新作です!

豚骨の個性を強く出す「MEGA豚」はこれで3作品目となりますね!

2/25発売 MEGA豚 どトンコツラーメン(2019年)

今回は「MEGA豚」として「史上最高の濃厚感」を実現したそうです!

この「MEGA豚」はカップ麺好きの間でも非常に評価が高いのですよね!

あえて豚骨の持っているクセの要素などを強く打ち出すことによって、
濃厚系の豚骨ラーメンらしい個性をガツンと立ててきてますからね!

ただその中では自分は評価が少々厳しかったりもするのですよね!

「どトンコツ」と名乗るがゆえにハードルが高くなるせいもありますが、
関西には「無鉄砲」、「天神旗」、「まりお流」などの非常に強烈な
超濃厚系豚骨のスープを提供するお店がけっこうあることもあって、
どうしてもそうした超本格派のお店との違いを感じすぎるのですよね!

さすがにカップ麺にそこまで求めるのは酷かなと思わなくもないですが、
できることならカップ麺における限界を見せてほしかったりするのですよね!

2/25発売 MEGA豚 どトンコツラーメン(2019年)(内容物)

◎内容物 - 豚骨の強烈な個性を打ち出す「どトンコツの素」つき


「MEGA豚」シリーズの最大のウリである「どトンコツの素」が入ってます!
この「どトンコツの素」を入れることによって豚臭さが強まるのですよね!

これまでもこの「どトンコツの素」はかなりの主張を放ってましたからね!

2/25発売 MEGA豚 どトンコツラーメン(2019年)(できあがり)

ビジュアルは正統派の九州系豚骨をイメージさせる感じですね!
超濃厚系豚骨ラーメンによくある褐色っぽい雰囲気はないです!

ただ「どトンコツの素」に関しては色はけっこう濃いのですが!

◎スープ - ベーシックな豚骨をベースに豚臭さを強く演出


まずはスープですが・・・うん、これまでよりは頑張っていますね!(●・ω・)

もちろんお店の本格派のドロ系超濃厚豚骨とはやはり別物で、
「超濃厚系豚骨」というよりは、あくまでノーマルな豚骨に
豚臭さをアピールする要素を大きく加えたという感じですね!

なので、そうしたタイプのお店のスープから連想するよりは、
むしろオーソドックスな博多系豚骨の流れで見たほうが近いです!

そうした路線の上で豚の香りを強く打ち出してる感じですからね!

「カップ麺としてやれる範囲」という視点でスープを見るなら、
ベースはノーマルな豚骨ながらも豚脂的な厚みも高まっていて、
さらに「どトンコツの素」による豚の香りも強められてはいる、
間違いなく攻めたスープになっているということは言えますね!

高望みしすぎず、あくまで比較対象を他の豚骨系カップ麺とすれば、
たしかにこのスープは豚のパンチを楽しめる内容であると言えます!

また今回好印象だったのは、「どトンコツの素」だけに頼っておらず、
それを入れる前のベースのスープの時点でそこそこ豚臭かった点です!(=゚ω゚)

第1弾のときから「どトンコツの素」はけっこう頑張ってたのですが、
肝心のベースのスープがあまり強くない弱点があったのですよね!

第2弾は特にそれが顕著で、ベースは鶏スープとのミックスになり、
第1弾と比べてもソフトな方向に向かってしまっていましたからね!

それに比べると、ベースの豚骨に一定の太さがあったのは良かったです!
スープだけを味わうと、ちょっと「むわっ」とくる感じがありましたしね!

スープの「重さ」という点でも豚脂がけっこうどしっと来ましたし、
「どトンコツの素」だけに頼らない、総合的に豚骨を演出するという、
そういう姿勢が高まったことが今回の最大の特徴と言えるでしょう!

食べ終わったときにお腹に残るどっしり感はたしかに過去最高でした!

◎スープの原材料 - より豚に焦点を当てた力強い内容に


スープの原材料は動物油脂、ポークエキス、食塩、ポーク調味料、
豚レバー、糖類、香辛料、乳化油脂、たん白加水分解物、
酵母エキス、オニオンパウダー、鶏レバーパウダー、
ポークコラーゲン、乳等を主要原料とする食品、しょうゆです!

「どトンコツの素」は豚レバー、豚脂の2つがメインとなっていて、
これによって豚の香りを高めるという手法を取っているのですよね!

もちろんお店の超濃厚系豚骨は豚レバーなどは使っていませんが、
限られたコストの中で豚骨の持つワイルドさを演出するといううえで、
1つのアイデアとして浮上したのがこの豚レバーだったわけですね!

この点はなかなかのいいアイデアだったと自分としても思います!
この豚レバーの起用については第1弾からずっと継承されてますね!

ここで2018年版(第2弾)と2017年版(第1弾)と比較してみましょう!

[MEGA豚 どトンコツラーメン(2018年:第2弾)]


動物油脂、鶏・豚エキス、食塩、豚レバー、でん粉、糖類、香辛料、
たん白加水分解物、酵母エキス、オニオンパウダー、ポークコラーゲン、
しょうゆ、鶏レバーパウダー、乳等を主要原料とする食品

[MEGA豚 どトンコツラーメン(2017年:第1弾)]


豚エキス、動物油脂、食塩、豚レバー、でん粉、香辛料、たん白加水分解物、
デキストリン、酵母エキス、オニオンパウダー、ポークコラーゲン、
しょうゆ、鶏レバーパウダー、砂糖、全卵粉

まず動物油脂主体な点などは2018年の流れを汲んでますが、
スープから鶏エキスが外されたのが大きな変化となってます!(*゚◇゚)

もともと第1弾のスープにも鶏エキスは入っていなかったので、
これは原点に返ったというふうに表現することもできますが!

鶏レバーは入ってますが、これはクセを演出する目的で、
第1弾のときからずっと使われているものでしたからね!

要は第2弾からより豚に力点を置いたスープと言えますかね!

◎麺 - ストレート感と歯切れの良さを生かした豚骨向けらしい麺


麺は2分湯戻しでストレート感のある油揚げ麺となっています!

この麺は豚骨向けのものとしてはかなり優秀と言えるでしょう!(*゚ー゚)

もちろん油揚げ麺であるがゆえにスープを多少マスクする麺はありますが、
油揚げ麺の枠組みで言えば、かなり豚骨向けに整えられた内容ですね!

この麺はおそらく第2弾のときに使われていた麺と同じでしょうね!

◎麺量と栄養成分 - 昨年より少しだけ軽めに


麺の量は70gで、カロリーは434kcalとなっています!
脂質は21.1gで、それなりに高めの数字とはなっていますね!

昨年と比較すると脂質は-1.2g、カロリーは-13kcalとなってます!

食べた感触としては昨年よりも濃厚感が上がっていたのに、
数字のうえでは下がっているのは原料の違いゆえでしょうね!

◎具材 - 昨年と変わらずなかなか豪華な内容


具材は鶏・豚そぼろ、揚げ玉、きくらげ、ねぎ、ごまです!

エースコックの鶏・豚そぼろと聞くとまずは警戒心が出るのですが、
今回は味のないスカスカのスポンジそぼろではなく正統派のものです!

きちんと肉の旨さがあり、スープの肉感の底上げをしてくれますね!(`・ω・´)

揚げ玉はスープの濃厚感をより高めるような効果を見せています!
自分としては別になくてもいいかなと思うものではあるのですが!

きくらげはコリコリと食感のアクセントになってくれていて、
ねぎはごくごく普通に薬味として活躍してくれていますね!

そしてごまのプチプチ感と香ばしさは豚骨とよく合ってますね!

◎まとめ - カップ麺なりの「MEGA豚」(メガトン)級の豚臭さを楽しめる一杯


さすがに「無鉄砲」などの超濃厚系豚骨とはタイプは違いますが、
九州豚骨系+豚臭さをカップ麺として見れば頑張ってはいます!

特に今回はベースのスープも豚臭さを少なからず意識してましたしね!

強烈な豚骨臭がムンムンに攻めてくる味を期待すると少しコケますが、
「カップ麺なりに攻めた豚骨」としては十分楽しめる一杯でしょう!(゚x/)モキリン

【関連記事】
MEGA豚 どトンコツラーメン(2019年)
MEGA味噌 超濃厚味噌ラーメン
MEGAニボ ど煮干し中華そば(2018年)
MEGA豚 どトンコツラーメン(2018年)
MEGAきのこ蕎麦
MEGAカツオ 荒ぶる中華そば
MEGA豚 どトンコツラーメン
MEGAゴマ 担担麺
MEGAニボ ど煮干し中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

麺と心 7 雲丹白湯&焼海苔ごはん

3月の月別限定を求めて阿倍野の「麺と心 7」に行ってきました!
今月の魚介白湯のテーマは「雲丹(うに)」となっています!

「麺と心 7」では、雲丹といえばけっこう定番のテーマですよね!
調べてみると2015年以降は毎年必ず限定として登場していましたし!

昨年は冷やしバージョンということでかなり変化球ではありましたが!

でもって、「雲丹まぜそば」が定番メニュー化してた時期もありますしね!

もっとも一般的なラーメンのテーマとしては非常に珍しいですよね!
自分はこのお店に行き慣れているので定番のように感じたりしますが!

麺と心 7 雲丹白湯&焼海苔ごはん

ということで、今回の「雲丹白湯」がやってまいりました!
このラーメン用の〆飯である「焼海苔ごはん」も注文しました!

手前に雲丹とエリンギを和えて海苔とねぎを添えたものがありますが、
これはこのラーメンを注文すると自動でセットで付いてくるものです!

今回は海苔がオススメということで、海苔を追加トッピングしましたが、
別に追加しなくても、ちゃんともともと3枚ついていたみたいですね!

なので、海苔を追加したことで全部で5枚とかなり多くなりました!
しかもご飯やエリンギとの和え物にも海苔がついていますからね!

今回はノーマルでの注文での価格が1100円となかなかの高さです!
その価格に見合うだけのものがあるかどうかにも注目ですね!

◎スープ - 強烈なウニの風味と海苔の相乗効果で磯の香りが炸裂


まずはスープですが・・・おっ、これはウニの風味がよく生きてますね!(●・ω・)

これまでにも「麺と心 7」ではウニ系のメニューはときどき出てますが、
どちらかというとつけ麺やまぜそばが多くラーメンはやや珍しいのですよね!

これはやはりウニという素材がかなり高コストということもあって、
ラーメンのスープ状にするとそれだけ原価がかかるためなのでしょう!

ただ2017年にも「雲丹白湯ラー麺」が出ているので比較してみると、
実は全体の方向性は今年もかなり近いものになってるのですよね!

ウニを強く打ち出したスープに海苔の香味油で磯の風味を重ねつつ、
トッピングにも海苔を添えることによってその相乗効果を高める、
使われている海苔に違いはあるもののタイプは非常に似ています!

2017年に出たウニのラーメンも内容はかなり良かったのですが、
今回は少し違いはありつつもやはりいい味が出されていますね!

2017年版はウニ感をガツンと出しつつ、ウニの持っているまろやかさ、
その2つが融合する味わいを楽しむといった印象が強かったのですが、
今年はクリーミーさよりも磯の香りがビシビシと攻め立ててきますね!

食べ終わった後に自分の口から感じる香りまですごかったですからね!
自分で「うわ、磯臭い!」と思ってしまうほどに磯の香りが残りましたし!

2017年版と比べるとラーメンの価格も150円上がっているのですが、
そうなるのもわかるぐらいのウニのパンチが効いていましたね!

少なくとも「物足りない」と言わせることのないスープなのはたしかです!

そしてここに重なる海苔の香味油ですが・・・非常に相性がいいですね!(`・ω・´)

この香味油ですが「ウニの風味に海苔の香りが重なる」というよりは、
2つの素材の持つ磯の香りが合わさって1つにまとまる感覚が強いです!

なので、ウニの持っている個性が薄れてしまうとかいうことはなく、
ウニと海苔が合わさることによって完成形に至るような印象です!

香味油は色を見てもわかるように、海苔がかなり生きていますし、
1つの香味油として見ただけでも非常にクオリティは高いですね!

◎雲丹とエリンギの和え物 - スープのウニ感をさらに引き上げる


そして「雲丹とエリンギの和え物」ですが、これはスープに投入します!
ラーメンが提供された際にも途中で入れるように説明がありますからね!

もちろん単独で付け合わせとして食べても大丈夫ではあるのですが!

さて、この和え物ですが・・・思っていた以上に味変効果が高いです!(=゚ω゚)

しっかりと味付けされたウニが1切れ入っていることもあってか、
入れた瞬間にスープの持つウニの風味が1ランク上がるのですよね!

なので、全体の1/3ぐらいを食べた段階で入れたほうがいいですね!
あまり後半になってから入れるとちょっともったいない気がします!

ウニとエリンギの味付けも良く、1つの具材としても優秀でしたね!

◎トッピング - 海苔との相性はやはり文句なし


トッピングはレアチャーシュー、海苔、レンコン、ねぎです!

今回のレアチャーシューは脂がほとんどない部位が使われてますね!

魚介白湯にレアチャーシューが入るとときに蛇足的にもなるのですが、
今回のレアチャーシューはそうした感じが全然しなかったですね!

どうしても脂身が多いと、動物系としての主張が強く出てくるので、
魚介の素材の持っている個性を多少打ち消してしまうのですが、
今回は赤身メインでしっとりしていたのでそうしたことはなく、
全体にちょっと厚みを加える、ちょうどいい仕事をしていました!

これぐらいのレアチャーシューが自分としてはちょうどいいですね!(*゚ー゚)

レンコンは下味もほどよく、シャクシャクとした食感も心地いいです!
こちらのお店ではレンコンも定番の具材としてよく登場しますからね!

そして海苔ですが、やはりウニのスープとの相性は申し分ないです!
スープをしっかりと吸わせたうえで麺と食べるとバッチリですね!

今回は2枚増して5枚になりましたが、多くは感じなかったですね!

麺と心 7 雲丹白湯(麺のアップ)

◎麺 - 「麺と心 7」らしいみずみずしい平打ち麺


麺はこちらのお店らしい、プリッとした平打ち麺になっています!

しっとりとしていてみずみずしく、噛むとほどよくプリンと弾ける、
麺としての個性も明確でありながら、全体の中で目立ちすぎることなく、
ちょうどバランス良くスープとなじんでくれるのがいいところですね!

2017年の雲丹ラーメンとの最大の違いはこの麺と言ってもいいかもですね!
2017年版はもっと厚みのある力強いタイプの麺を合わせていましたからね!

なので、2017年は強いスープと麺が互いにがっぷり組む感じでしたが、
今回はよりスープの主張のほうに主眼が置かれた感じになっています!

◎〆の焼海苔ごはん - 確実に頼んだほうがいいほどの相性の良さ


そして最後は「焼海苔ごはん」をスープに投入して食べます!

その両者の相性ですが・・・いやはや、これは素晴らしいですね!(*゚◇゚)

このラーメンに関しては締めご飯まで注文しないともったいないです!

でもって、このラーメン向けに量や内容を調整した締めご飯なので、
ほんと見事なまでにピタッとスープに寄り添ってくれるのですよね!

スープに投入してご飯でもウニをとことん堪能する形でもいいですし、
あるいはご飯のほうにスープをかけつつ食べるのもアリでしょうね!

その場合は海苔の存在感がより高まるような感じになるでしょうね!

◎まとめ - 値は張りながらもそれだけの価値がある濃厚なウニの一杯


価格は1100円と、かなり値の張るラーメンではあったのですが、
味が濃厚で、全体に無駄がないのは非常に好印象でしたね!

蛇足的な要素があってそれが価格を押し上げてる感じがなく、
ちゃんと全てが1つの方向を向いてしっかりと組み合っている、
そしてウニと海苔の旨さを余すところなく堪能できるなど、
1つのラーメンとして非常にまとまった内容と言えるものでした!

「麺と心 7」の良さをしっかりと感じることができる一杯でした!(゚x/)モキニューン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 雲丹白湯(メニュー)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー その1(2018年8月)

麺と心 7 メニュー その2(2018年8月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

2/25発売 やみつき屋 スタミナ旨辛醤油

2/25発売の東洋水産「やみつき屋 スタミナ旨辛醤油」を食べました!
やみつきになる味を提供する「やみつき屋」からの新作が出ました!

2/25発売 やみつき屋 スタミナ旨辛醤油

「やみつき屋」は汁なしでもラーメンでも何でもアリのシリーズですが、
「汁なし担々麺」と「辛味噌キムチ」の2商品でほぼ固定されていて、
他の商品はほんのたまに登場するぐらいというイメージがあるのですよね!

今回登場した「スタミナ旨辛醤油」はその中でも新作に当たるはずです!
とりあえずこちらで調べた限りでは「やみつき屋」では出てなかったですし!

一応「でかまる」では同名の「スタミナ旨辛醤油」が2017年末に出てますが!

なんだかいかにもスナック的なワイルド感を持ってそうな雰囲気で、
そうしたタイプのラーメン好きならがっつりとハマりそうですね!(=゚ω゚)

2/25発売 やみつき屋 スタミナ旨辛醤油(内容物)

◎内容物 - 後入れの特製油つき


後入れの特製油がフタについているので取っておきましょう!
スタミナ系らしくニラが入ってますが、量はほどほどですね!

2/25発売 やみつき屋 スタミナ旨辛醤油(できあがり)

後入れの調味油は完全にラー油となっていて、赤みを帯びてますね!
具材の量はそこそこという感じで、ややこじんまりとしています!

◎スープ - ラー油のごま風味と香味野菜が生きたスタミナ系


まずはスープですが・・・ラー油と香味野菜のパンチが生きてますね!(●・ω・)

最初に強烈にやってくるのは後入れラー油の風味の主張です!

色こそ真っ赤ですが、辛さに関してはピリ辛にも及ばないレベルで、
辛いものが苦手な人であっても軽く楽しめるような強さですね!

そのかわりラー油の持っているごまの風味が非常に強いです!
むしろ「少し辛味のあるごま油」といったほうが近いぐらいです!

「ごま風味の強いラー油」というと「出前一丁」が有名ですが、
たしかにこのラー油のその部分だけを取ると共通性がありますが、
この商品はもう1つ強烈な香味野菜のパンチを持っているので、
全体の印象としては「出前一丁」とは大きく違うものとなってます!

まずはにんにく、そして具材にも使われているニラの香味が強く、
この「香味によるシャープさ」が「ごま油の香ばしさ」と合わさり、
「香ばしくもパンチがある」、ピリ辛スタミナ系ラーメンにありがちな
ただただシャープな味ではなく、丸みも帯びたスープになってますね!

この香味野菜の強さなどは「天理ラーメン」も多少連想させますが、
豆板醤的な鋭さはないですし、ごまの風味の香ばしさも非常に強いので、
同じスタミナ系であってもこちらのほうが優しい印象を抱かせますね!

「天理ラーメン」を香ばしい方向に少し寄せて丸めた感じとも言えます!
それゆえスタミナラーメンとしての個性は明確に持っていますね!

◎スープの原材料 - とにかく後入れ香味油の効果が大きい


スープの原材料は植物油、食塩、香味油脂、しょうゆ、砂糖、
ポークエキス、香辛料、たん白加水分解物、発酵調味料です!

これを見ると植物油に香味油脂と、オイル系の存在感が強いです!(*゚ー゚)

後入れオイルだけで見てもごま油と香味野菜の風味が同居していて、
オイルによってビシッとパンチと個性を立てているのがわかります!

ベースのスープもなかなかスタミナ系路線らしさがありましたが!

2017年に発売された「でかまる」バージョンと比較してみましょう!

[でかまる スタミナ旨辛醤油]


醤油、チキンエキス、香辛料、植物油、食塩、香味油脂、
砂糖、ポークエキス、野菜エキス、ねぎ

こうして見ると、かなり大幅に異なっているのがわかりますね!

食べたときに印象の文章だけで見ると近いところもあるのですが、
チキンエキスの有無や油脂の多さなどに多くの違いがありますね!

これを見るに、間違いなく今回のほうがオイル優位のようですね!

◎麺 - スナック感満載の中細縮れ油揚げ麺


麺は本格さとはかなり遠い、いかにもスナック的な油揚げ麺です!

これがお店の再現カップとかで使われると少し困りますが、
今回のラーメンに関してはベストマッチと言えるほどですね!

スナック的で、ワイルドで、ごま油の香ばしさが広がるスープ、
そこに今回のようなタイプの麺が合わないはずはないですからね!(*゚◇゚)

「スナッキーなスタミナ系ラーメン」という路線を考えれば、
あえてこうした麺を起用してきたと言っていいでしょうね!

スナック的な麺にはそれはそれでいい個性がありますからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは466kcalとなっています!
脂質は24.6gで、なかなか高めの数字となっていますね!

これは後入れオイルの量がかなり多かったためでしょう!

◎具材 - 量は少なめながらも内容は充実


具材は味付豚肉、鶏ひき肉、ニラという組み合わせです!

味付豚肉は例によって東洋水産が得意とするリアル系豚肉です!(`・ω・´)

もちろんクオリティは高いですが、やや厚みが控えめでしたかね!
ちょっといつものリアル系豚肉よりは小ぶりだった印象です!

しかしながら、下味も食感もやはり申し分はなかったですが!

鶏ひき肉は味は軽めでしたが、肉感を底上げしてくれてましたね!
東洋水産はときどきこの風味が軽い鶏ひき肉を起用してきますね!

ニラはスープに与える影響や口に入ったときの香味が優秀でした!
やはりスタミナ系のラーメンにはニラの存在は欠かせないですよね!

◎まとめ - 「やみつき屋」らしいやみつき感のある旨辛スタミナ


スナック的でワイルドなラーメンを求めるならちょうどいいでしょうね!
実際自分としてはかなりツボに入る味わいのラーメンでしたしね!

こういう味が無性に欲しくなるようなときってありますからね!

「カップ麺としてのワイルド感」、そうしたものを求めているときは、
ふと手に取ってみると、かなりの満足感を与えてくれるかもですね!(゚x/)モギギンッ

【関連記事】
やみつき屋 スタミナ旨辛醤油
やみつき屋 四川式 汁なし担々麺
やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ
やみつき屋 辛味噌キムチ(2018年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)
やみつき屋 豚骨醤油
やみつき屋 汁なし担々麺(2017年)
やみつき屋 辛味噌キムチ(2016年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2016年)
やみつき屋 台湾まぜそば
やみつき屋 辛肉担々麺
やみつき屋 汁なし担々麺(2015年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2014年)
やみつき屋 辛味噌キムチ(2013年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/25発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(2019年)

2/25発売の明星「千里眼 ガーリックまぜそば 大盛」を食べました!
駒場東大前にある二郎系のお店「千里眼」とのコラボ商品です!

「ガーリックまぜそば 大盛」は昨年の2月にも発売されましたね!

今年のバージョンもおおむねその延長線上にあると言えそうですが、
今回は麺にもガーリックを練り込んだのがウリとなっています!

昨年から明星と「千里眼」とのコラボが非常に活発になってますね、
この「ガーリックませそば」以外にも辛さを前面に出した商品など、
意欲的にいろんなパターンの商品が発売されていますからね!

ちなみに以前はときどき東洋水産から再現カップ麺が出ていました!
そのときのうちの1つはこちらのブログでも紹介していますね!

2/25発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(2019年)

◎モデルとなった「ニンニクザンマイコレデモカ!!」について


この「ガーリックまぜそば」のモデルとなったお店のメニューは
「ニンニクザンマイコレデモカ!!」という限定メニューです!

これは本来実店舗ではうるう年の2月29日のみの限定メニューで、
あとはイベントでときどき販売されることがあるぐらいだそうです!

ただこうして2年連続でこの商品がカップ麺として発売されたことで、
実店舗でも5月末まで「ニンニクザンマイ」を提供するそうです!

期間限定ながらもレギュラー商品へと昇格することになったのですね!

カップ麺と実店舗のこうした相乗効果って見ていて楽しいですよね!
カップ麺化がなければこのようなことはなかったはずでしょうし!(*゚ー゚)

2/25発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(2019年)(内容物)

◎内容物 - ガーリックマヨとあとのせかやくが特徴


内容物は液体ソース、ガーリックマヨ、辛い揚げ玉メインのあとのせかやくです!
この「辛揚」と呼ばれる辛い揚げ玉は「千里眼」の大きな看板になってますね!

これらの袋の構成は昨年と特に変わっていないようですね!

またカップの中にはキャベツがあらかじめ入っています!

2/25発売 千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(2019年)(できあがり)

この写真・・・撮った後に自分で昨年と見比べてびっくりしました(;゚ω゚)

決して事前に昨年の写真を見たというわけではないのですよ;

ですが、もう驚くぐらいにトッピングの配置もマヨのかけ方も同じで、
自分がこの1年で全くセンスが変わっていないことがわかりましたね;

今回は特殊なトッピングの乗せ方をしたつもりになっていたのですが、
まさか昨年も全く同じようにやっていたとは完全に予想外でした;

ソース - ガーリックの効いたワイルドな醤油風味


まずはその味ですが・・・うん、ガーリックは意外と常識的ですね!(●・ω・)

「ニンニクザンマイコレデモカ」と名乗っていることを考えると、
もっとえげつないにんにくでも良かったようには思うのですが、
たしかに強めではありながらも普通に楽しめる範囲のにんにくです!

生にんにく的な鋭さは控えめで、ロースト的な香ばしさであったり、
そうした受け入れやすいにんにくの風味をガツンと効かせてますね!

なんというか、ガーリックの刺激を前面に打ち立ててるというよりは、
ガーリックの持つ旨味でソースを構成しているといったほうが近いです!

ガーリックは刺激的なだけでなく、旨いからこそ価値があるわけですし、
その「味わい」を楽しむなら最適なまぜそばだと言っていいかもしれません!

ただ食べた後は思っていた以上に口の中ににんにく臭が残りましたね;
なので、食べるときは場面を考えないととんでもないことになります!

それを考えると間違いなくにんにくは極めて多く入っているのですが、
ペヤングが規格外のにんにく焼そばをこれまで何度か出してきたことで、
他のメーカーのにんにく系商品がかすむ状態になってしまってますね;

ほんとペヤングのにんにく系汁なしは異常な内容を誇ってますからね!

◎ガーリックマヨ - にんにくの風味よりもマヨのまろやかさが強い


そしてここにガーリックマヨが入ると、まろやかでジャンクになりますね!(*゚◇゚)

たしかにマヨの中にもガーリックの風味が忍ばされているのですが、
正直そこまで強烈ではなく、マヨによる丸みのほうがはるかに上です!

マヨが入るとまぜそばとしてのジャンクさがより引き上げられるので、
そうした効果を担っていると考えたほうがわかりやすいでしょう!

◎ソースの原材料


ソースとマヨの原材料は豚脂、しょうゆ、半固体状ドレッシング、
糖類、豚・鶏エキス、食塩、香辛料(ガーリック、ジンジャー)、香味油、
かつおぶしエキス、たん白加水分解物、香味調味料、醸造酢です!

豚脂でまぜそばらしいワイルドさを打ち立て、基本は醤油ダレとしながら、
ガーリックをガツンと効かせ、かつおで旨味を付加している感じですね!

「半固体状ドレッシング」はマヨのことと思ってくださっていいです!

昨年に発売されたバージョンとの原材料の違いを比較してみましょう!

[ガーリックまぜそば 大盛(2018年)]


ラード、しょうゆ、半固体状ドレッシング、糖類、
背脂、豚・鶏エキス、食塩、香辛料、香味油、かつおぶしエキス、
たん白加水分解物、香味調味料、醸造酢

背脂が豚脂にまとめられた以外は順序も全く同じですね!
なので、基本的には2018年版の延長線上にあるようです!

◎麺 - もっちりとした食感でまぜそばのワイルドさを演出


麺はもっちりとした5分湯戻しのかなり太めの油揚げ麺となってます!

明星は油揚げ麺向けの太麺は非常にいいものを持ってるのですよね!
他社と比べると、もっちりとした弾力が非常に強いのが魅力です!

わしわしとした感じでもなく、なおかつ歯切れ重視の食感でもない、
噛み締めることでソースと麺の一体感を楽しむような麺ですね!

まぜそば向けの麺としては申し分ないものがあると言えるでしょう!

今回の麺はガーリックを練り込んだことがウリでもあるのですが、
実際のところガーリックの存在感は圧倒的にソースが上なので、
麺そのものの持っているガーリックの風味はあまり感じないです!

気付かないところでソース馴染みを高めていた可能性もありますが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは769kcalとやはり高いです!
脂質は34.6gで、いかにも大盛系まぜそばといった数字ですね!

これはマヨが入ることによって引き上げられてる面もあるでしょう!

◎具材 - 辛い揚げ玉「辛揚」が主役


具材はキャベツ、辛揚、ねぎ、ガーリック、赤唐辛子です!

キャベツについてはごく普通のもので、あまり目立たないものの、
このまぜそばの中では唯一のさっぱりとした存在でもあります!

キャベツ以外の具材については全て後入れのものとなってます!

辛揚は量も多く、辛さもなかなか強い優秀な具材ではありますが、
これまでに激辛版の辛揚なども何度か登場したこともあってか、
1年前に食べたときほど辛さのインパクトは感じなかったですね!(`・ω・´)

これは辛さの変化というよりは、自分の慣れが原因でしょうけど!

ねぎとガーリックと赤唐辛子はどれも軽い薬味といった感じです!
ガーリックは全体のワイルドさを高める点で役立ってましたね!

◎まとめ - 「ほどよく強いにんにく」を楽しめるワイルド系まぜそば


たしかににんにくが強いものの、普通に楽しめる範囲に収まっていて、
「激烈なにんにく風味」と呼べるほどの凄味は持ってなかったです!

味の方向性としてはおおむね同社(明星)の「ぶぶか」に近くもあり、
それをよりガーリックの旨味を効かせた方向に近づけた感じもあります!

にんにくの強烈さを追求するなら、いっそガーリックマヨのかわりに
おろしにんにくでも添付すれば一気に攻撃的になりそうな気もしますが!

ややワイルドな油そばを求めたいときにはいいと言えるでしょうね!(゚x/)モキリン

【関連記事】
千里眼 ガーリックまぜそば 大盛(2019年)
千里眼監修 辛辛辛辛辛にんにく豚骨醤油ラーメン
千里眼監修 辛辛辛まぜそば 大盛
千里眼 ガーリックまぜそば 大盛

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/11発売 らぁ麺屋 飯田商店 醤油拉麺

12/11発売の東洋水産「らぁ麺屋 飯田商店 醤油拉麺」を食べました!
セブンプレミアムの商品ということでもちろんセブン&アイ限定です!

12/11発売ということで、発売から少々遅れての紹介になりますが、
これはもともと販売地域が東日本だけだったからなのですよね!

ですが、2/18の週から関西のセブンイレブンの店舗に並ぶようになり、
全国販売になったのかどうかは謎ですが、販売地域は広がったようです!

この商品は食べたことがある人の多くが高く評価していたので、
自分としてもぜひとも食べてみたいと思っていたのですよね!(*゚◇゚)

12/11発売 らぁ麺屋 飯田商店 醤油拉麺

「飯田商店」はこれまでにも何度もカップ麺として発売されてますね!
自分の知っている範囲では、どれも東洋水産から発売されています!

このブログでは「TRY ラーメン大賞」関連商品として2回紹介してます!

2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 2連覇 飯田商店 醤油ラーメン(2018年)
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン(2017年)

どちらも似た名前ですが、2017年版は縦型の油揚げ麺商品、
2018年版はノンフライ麺商品と方向性が大きく違っています!

その中でも自分はノンフライ麺版は非常に高く評価したのですよね!
2018年の「カップ麺Award」にもランクインさせたぐらいでしたし!

またどうも2014年にも縦型油揚げ麺で発売されているようです!

セブンプレミアムからの発売はおそらく今回が初めてになるので、
これまでの縦型油揚げ麺商品とどう違うのかが気になりますね!

12/11発売 らぁ麺屋 飯田商店 醤油拉麺(内容物)

◎内容物 - 後入れ液体スープ付き


2017年の縦型商品と同様にFDの肉ブロックが入っていますね!
また「飯田商店」のカップ麺はねぎが入らないのが大きな特徴です!

もちろんお店のラーメンにもねぎが使われていないのですよね!
そのかわり三つ葉が入りますが、カップ麺には三つ葉は入りません!

12/11発売 らぁ麺屋 飯田商店 醤油拉麺(できあがり)

FDチャーシューとメンマ、非常にシンプルなビジュアルとなってますね!

◎スープ - これぞ「鶏と水だけ系」と呼ぶにふさわしい鶏一色の味わい


まずはスープですが・・・うん、鶏がビシビシと主張してきますね!(●・ω・)

「飯田商店」のスープはいわゆる「鶏と水だけ系」と呼ばれるもので、
鶏以外の素材は一切使わずに取られるスープという特徴があります!

これはかつて神奈川の相模原市にあった「69'N'ROLL ONE」というお店、
現在は尼崎に移転して「ロックンビリーS1」というお店になっていますが、
そのお店が提供していたラーメンが大きなルーツとなっているのですよね!

こちらの「飯田商店」もその「69 'N' ROLL ONE」から大きな影響を受け、
こうしてミニマリズムを追求した「鶏と水だけ系」を追求されています!

「鶏と水だけ系」のスープは複合的な旨味を重ねることが難しいので、
その分だけ素材の質もまた問われますが、そうした条件があるゆえに
コストの制限が大きいカップ麺での再現は非常に難しいものがあります!

ですが、今回のスープは縦型としてはかなり踏み込んだ内容ですね!(*゚ー゚)

2017年の縦型版は鶏の風味をバチッと強く打ち出しているというよりは、
鶏の旨味をじんわりと感じるような優しい感じに仕上がっていたのですが、
こちらはそのときと比べてもさらに攻めの鶏の旨さが生きているのですよね!

「鶏と水だけ系」の最大の特徴は厚い鶏スープと多めの鶏油なのですが、
今回のスープはしっかりとその雰囲気を押さえたものとなっています!

ベースの鶏も深く厚みがあり、鶏油によってパンチも加えられている、
そうしたほぼ「鶏一本」で組まれたスープなのがはっきり伝わります!

また「鶏と水だけ系」は醤油にもかなり力点が置かれることが多いですが、
このスープについてもしっかりとした醤油の風味が生かされていますね!

食塩相当量も7.3gと、縦型カップにしてはかなり高い数字になってますが、
そこまで鋭さを感じさせるスープではなく、バランスは悪くないですね!

ちなみにカップ麺版のスープには一応魚介も加えられていたりしますが、
極めて補助的に旨味を与えるだけで、前面にはほとんど出てこないです!

前面に出るのはあくまで鶏一本に絞るという姿勢が見えてきますね!

◎スープの原材料 - 醤油と鶏の2本立て


スープの原材料はしょうゆ、チキンエキス、香味油脂、植物油、
砂糖、鶏脂、食塩、魚介エキス、発酵調味料となっています!

油脂については実は鶏油よりも香味油と植物油優勢なのですよね!
ただ風味としてはしっかりと鶏の強さを感じるものとなっています!

2017年版は鶏油のパンチがそれほど伝わるタイプではなかったので、
体感的にはそのあたりを大きく変更してきたと言っていいでしょう!

◎麺 - これまでとは見違えたハイクオリティ油揚げ麺


そして麺ですが・・・東洋水産の油揚げ麺も進化してきましたね!(`・ω・´)

かつては東洋水産の縦型の麺は無骨な印象ばかりだったのですよね!

「本気盛」ブランドを流用したような平打ち系油揚げ麺ばかりで、
それもまた油揚げ麺臭が盛大でスープを壊すことが多かったのです!

それについては徐々に改良されてマシにはなってきていたものの、
それでも決して高級系油揚げ麺と呼ばれるものはなかったのですね!

ただそれが昨年あたりからチラホラと良質な麺が登場してきました!

Japanese Soba Noodles 蔦 味噌の陣 味噌Soba(2018年)
第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝 若武者 本気盛 花椒香る煮干醤油(2019年)

「蔦」のときはしなやかながらも多少やわらかい印象もありましたが、
この「飯田商店」でそうしたしなやかなイメージをしっかり維持しつつ、
コシを高めて「クニッ」とした食感が生まれるようになったのですよね!

現在では各メーカーともいろいろなレベルの高い油揚げ麺を出してますが、
「中華麺のリアルなコシ」という点ではNo.1と言ってもいいかもしれません!

この麺が使われるようになってくると、東洋水産はさらに強くなりますよ!

過去の「飯田商店」の縦型商品はしばしば麺がネックになってましたが、
今回は「セブンプレミアム」にふさわしい高品質な麺となっています!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは419kcalとなっています!
脂質は18.9gで、そこそこの数字といったところですね!

◎具材 - FDチャーシューのクオリティは絶品


具材はFD(フリーズドライ)チャーシューとメンマとなっています!

メンマはノーマルなものですが、コリコリ感がしっかりとしてます!
十分に全体の中での食感のアクセントとして機能していますね!

そしてFDチャーシューですが、これはもうほんと見事にリアルです!(=゚ω゚)

基本的には赤身系のパサパサ系チャーシューのタイプなのですが、
決して硬くはなくしっとりとした質感で食べやすいのですよね!

でもって、肉らしさやその風味はリアルそのものと言ってよく、
1つのチャーシュー具材としては最高峰と呼べるいいぐらいです!

ただこのチャーシューは下味が比較的控えめであることもあって、
スープによってはチャーシューが浮いてしまうこともありますが、
今回のスープとは相性抜群でスープなじみも最高レベルでした!

これは間違いなくベストな具材のチョイスと言っていいでしょう!

◎まとめ - 縦型カップ麺における「鶏と水だけ」系の一つの到達点


これまで何度となく縦型カップで「飯田商店」が発売されてきましたが、
縦型の中では間違いなく今回が最高峰に位置すると断言していいでしょう!

やはり縦型カップ麺は油揚げ麺がどうしてもネックになるのですが、
今回は新世代の麺によってその負の影響を抑えることに成功しました!

そして麺単体としても質が高く、スープを見事に生かしていますね!

鶏清湯系醤油ラーメンが好きなら、手に取る価値は十分ありますよ!(゚x/)モキキュン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/23発売 蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌

2/23発売の日清「蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌」を食べました!

セブンプレミアムの「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」から、
期間限定でブラックバージョンが新商品として登場しました!

セブンプレミアムなので、もちろんセブン&アイ系列限定です!

この商品の発売日は2/23の土曜日ということで、非常に珍しいのですよね!
カップ麺の新作って基本的に月曜日か火曜日にしか出ないですからね!

2/23発売 蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌

「蒙古タンメン中本 北極ラーメン」というと、あらゆるカップ麺における
ラーメン系統の中で最も辛いという呼び声の高い商品でもあるのですが、
同時に絶妙な旨さも誇っているので、非常に人気が高いのですよね!

もちろん「蒙古タンメン中本」のラーメンをモデルとしたものですが、
実際の店舗のラーメンに負けず、カップ麺も強い人気を誇っています!

普通の「蒙古タンメン中本」のカップ麺と違って「北極」は期間限定ですが、
そうであるがゆえに発売されるたびに多くのファンが手に取るのですよね!

そしてその「北極ラーメン」から今回は「ブラック」が出たわけですが、
これももともとはお店の「北極ブラック」というラーメンがモデルです!

ただ、その「北極ブラック」はあくまで限定的な形での登場でしたが、
今回こうしてカップ麺となって広く発売されることになったのですね!

この「北極ブラック」の「ブラック」は「焦がしにんにく」がベースで、
焦がしにんにくとマー油(焦がしにんにく油)で黒が演出されています!

「北極」ならではの激辛と、パンチの強い焦がしにんにく油との共演、
まさにパワーとパワーがガツンとぶつかり合う雰囲気がありますね!(*゚ー゚)

2/23発売 蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌(内容物)

◎内容物 - 後入れの「焦がしにんにくオイル」つき


マー油系の商品となれば、やはり後入れのオイルは欠かせませんよね!

それにしても粉末スープの段階からしてかなりの黒さを誇ってますね!

普通のスープにマー油を浮かべることによって黒くするだけではなくて、
スープのほうにも焦がしにんにくを大量に仕込んでいるのでしょうね!

スープとオイル、ダブルの「ブラック」の洗礼が待ち受けているのでしょう!

2/23発売 蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌(できあがり)

スープもオイルも黒いので、どの部分がマー油なのかわかりにくいですね!笑

◎スープの辛さ - 激辛カップラーメンNo.1と呼ぶにふさわしい壮絶な辛さ


まずはスープの辛さですが・・・うおっ、「北極」ってこんなに辛かったですかね!(=゚ω゚)

以前に「北極ラーメン」のカップ麺を食べたのが3年前(2016年)だったので、
その間にこの「北極」の強烈な辛さが頭から抜けてしまっていたみたいですね;

いやはや、これは間違いなくカップ麺における汁あり系ではトップの辛さでしょう!

汁なし系も含めてみれば他にも「北極」に匹敵する存在もあるのですが、
ラーメン系としてはやはり他の追随を許さない辛さなのは間違いないです!

激辛系のライバルとして有名な「辛辛魚」と比べても上に行きますし、
他の激辛系カップラーメンと比較しても圧倒的な強さを誇ります!

どうも自分は汁あり系のほうが辛さを強く感じる傾向があるようなので、
体感的には汁なし系の激辛系よりもこちらのほうが食べるのが大変でした;

汁あり系の場合は汁なし系と比べても、辛さに加えて熱さが来ますからね!
このダブルのパンチによる刺激が全体の攻撃性をさらに高めていますね!

ちなみにオイルを入れる前の段階ではそこまで辛いわけでもないのですよね!

自分もその段階で軽く確かめて「こんなものか」と一瞬思っていたら、
オイルを入れた直後に急激に辛味が強くなって一気にやられましたし;

オイルの色が黒いので、てっきりオイルは辛くないのかと思いきや、
実際にはそこに辛さが隠れているという伏兵作戦でやられましたね!

間違ってもオイルの袋はうっかりなめないようにしたほうが無難です!

◎スープの味わい - 辛さだけではない辛旨さと焦がしにんにくの香ばしさ


そしてスープの味わいですが・・・やはりしっかりと練られた旨さですね!(●・ω・)

この「旨さ」こそが「北極ラーメン」の神髄と言ってもいいですからね!

辛さだけで見てもかなりのレベルですが、辛さだけを追うのではなく、
ベースのスープそのものがおいしいからこそ高い人気を誇るのですよね!

分厚い豚脂のコクによって動物系の旨さをしっかりと主張させながら、
味噌のまろやかさが全体を丸く、そして太くまとめているのですよね!

このベースの旨さに、今回は焦がしにんにくの香ばしさが加わってきます!

にんにくといっても、生にんにく系の鮮烈な辛さを持った刺激ではなくて、
じっくりローストしたり揚げたりしたようなタイプのガーリック風味なので、
ワイルドや攻撃的というよりは、香ばしさが前面に出てきてるのですよね!

そしてさらににんにくの持っているコクが全体をさらにカバーする感じです!

なので、「辛さ」と「にんにくの攻撃性」が絡み合うスープというよりは、
ベースのスープを「にんにくの香ばしさ」で底上げしてるような感じです!

むしろどちらかというと、従来の「北極」よりベースはマイルドですしね!
ただし辛さに関しては全く遠慮はないので、油断できる要素はないですが!

◎スープの原材料 - 従来の「北極」より香味油が増量


スープの原材料は豚脂、粉末みそ、香辛料、糖類、香味油、でん粉、
小麦粉、ポーク調味料、食塩、酵母エキス、乳化油脂、植物油脂です!

2016年に紹介した従来の「北極ラーメン」の原材料と比較してみます!

[北極ラーメン(2016年版)の原材料]


豚脂、味噌、香辛料、糖類、小麦粉、植物油脂、ポークエキス、
でん粉、食塩、香味油、野菜調味油、酵母エキス、加工油脂

大きな方向性はほぼ同じですが、明らかに香味油の量が増えてますね!
これは焦がしにんにく油が加わったことによるものでしょうね!

◎麺 - 「蒙古タンメン中本」シリーズらしい平打ち系太麺


麺はやや平打ち気味ながらそこそこ厚みもある油揚げ麺です!

日清の大きな武器である、高級系油揚げ麺らしい質感ですね!(*゚◇゚)

ストレート感があり、油揚げ麺臭についてもかなり抑えられていて、
スパッとした歯切れの良さ、それらが上手くまとめられています!

スープの乗りがものすごくいいタイプの麺というわけではないですが、
それでも今回の「北極ブラック」のスープと合わさると辛さが強烈で、
決して麺がスープの辛さを緩和してくれるようなことはありません!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gと多めで、カロリーも520kcalとかなり高いです!
脂質は23.2gで、やはりずいぶん多めになっているのがわかりますね!

実際にスープが冷めてくると、豚脂が一部固まってきたりするので、
油脂の量がかなり多めになっているのが食べていてもわかりますね!

でもそれがスープのコクを支える存在にもなっているわけですが!

◎具材 - 「北極ブラック」向けに従来の「北極」とは内容を変更


具材は鶏ミンチ、フライドガーリック、きくらげ、ねぎ、赤唐辛子です!

ごまも入ってるみたいですが、色の関係もあって気付きにくいです!

というか、ごまについてはすりごまが使われているみたいですし、
具材というよりはスープの一部と考えたほうが近いのでしょうね!

赤唐辛子は粗びきで、スープの辛さをさらに引き立てていますね!

お店で提供された「北極ブラック」は従来の「北極ラーメン」と同じく、
もやしを中心とした具材で、カップ麺の「北極」もそうなってますが、
こちらのカップ版の「北極ブラック」の具材が大きく変更されています!

本来の主役であった「もやし」は完全に外されてしまってますしね!
これは完全にこのカップ麺向けのアレンジと言っていいでしょう!

鶏ミンチは鶏ということで肉感はそこまで強いわけではないですが、
全体のワイルドな風味を底上げするという点で活躍してくれてます!(`・ω・´)

きくらげはコリコリとした食感の演出もなかなか効果的なのですが、
それ以上に「黒」の色でブラック感を高める狙いがあるのでしょう!

フライドガーリックは全体のにんにくの風味をさらに強めてます!

ねぎは細かいものということで、ごく普通の薬味という感じです!

◎まとめ - 「蒙古タンメン中本 北極」ファンならマストと言える一杯


「北極」の最大のウリである激辛に関しては全く手を緩めることなく、
スープとオイルの両方で焦がしにんにくの香ばしさをアピールするなど、
「北極ラーメン」シリーズの名に恥じない見事な新作となっていました!

それにしてもひさびさの「北極」の辛さにはかなりやられましたね!
辛さ耐性はそこそこ強いほうですが、そこそこ苦戦しましたからね!

「黒いからそこまで辛くなさそう」なんてあなどると確実にやられますよ!

「蒙古タンメン中本 北極」が好きなら確実にオススメできる一杯です!(゚x/)モギギギンッ

【関連記事】
蒙古タンメン中本 北極ブラック 黒い激辛味噌
蒙古タンメン中本 辛旨焼そば
蒙古タンメン中本 コク旨味噌 チーズの一撃
蒙古タンメン中本 辛旨飯 其ノ弐
蒙古タンメン中本 北極ラーメン 激辛味噌(カップ版)
蒙古タンメン中本 特製辛旨飯
蒙古タンメン中本(カップ版)
蒙古タンメン中本 北極ラーメン 極辛味噌(カップ版)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.