河童ラーメン本舗 松原店 河童ラーメン(2017年)

ずいぶんひさしぶりに「河童ラーメン本舗 松原店」に行ってきました!
前回訪問が2014年ということで約3年ぶりの訪問ということになりますね!

3年前にラーメンを食べたときはコクやタレが薄くなっていて、
もう一つ食べたつけ麺もいろいろと問題含みだったのですよね;

それで印象が落ちてしまって訪問しなくなっていましたが、
ひさしぶりにどんな感じになっているか訪問してみました!

すると以前まで学校の教室をイメージした内装だったのが、
改装されたのかごく普通にきれいなお店になってましたね!(=゚ω゚)

以前の店舗は個性的ながらもややみすぼらしく見えたので、
今回の清潔感のある店舗へのリニューアルはアリですね!

さて、今回は基本の「河童ラーメン」を注文しました!

平日だったので「替え玉無料」のサービスがついてきますが、
あまりたくさん食べる気はないので替え玉はなしでいきます!

河童ラーメン本舗 松原店 河童ラーメン(2017年)

右に見えるのは無料で注文することができる揚げにんにくと、
これもまた無料で食べることができるキムチとなっています!

キムチは他のお店のキムチバーに比べると味がしっかりめで、
こうしたお店のキムチとしてはレベルは高いほうと言えます!

そして揚げにんにくはこのお店の大きなポイントとなっていて、
そのまま食べてもおいしく、ラーメンに入れてもいいのですよね!

ホクホクとしていて苦味もないので、非常に食べやすくなってます!(*゚◇゚)

以前はこの揚げにんにくが提供されるかどうかは運だったのですが、
今ではちゃんとお店の人が注文の際に聞いてくれるようになりました!

どうもこのあたりのサービスについても改良されたみたいですね!

また、ラーメンは麺の硬さと味の濃さが選べるようになってます!
濃いめだと背脂が入って、ちょっとタレが多めになるのですかね!

今回は麺は硬め、味についてはいつも通り濃いめにしました!

さて、そのスープですが・・・おっ、今日はバランスがいいですよ!(●・ω・)

やはり改装などの際にいろんなものを洗い直したのですかね!
3年前は崩れてると思えたスープのバランスが回復してます!

ベースは丸みを帯びたクセのない豚骨で、そこに醤油ダレを合わせ、
さらに背脂でコクを重ねた王道の豚骨醤油スープとなっています!

3年前は背脂なども弱く、全体的にコクが落ち気味になっていて、
さらにそれを引き締める醤油ダレまで味が軽かったのですよね;

それに対して今年は豚骨と背脂による厚みもほどよいレベルで、
醤油ダレのコクも強すぎず弱すぎない絶妙のラインでした!

スープの見た目に関しても以前より良くなってますしね!
味の安定などのために指導なども入ったのかもですね!

決して何か飛び抜けたような特徴のスープではないですが、
「そこそこコクのある豚骨醤油スープ」を求めるのであれば、
その期待には十分応えてくれるだけのものがあると言えますね!

トッピングはチャーシュー2枚、材木メンマ、青ねぎです!(*゚ー゚)

チャーシューは主にバラ系でやわらかさは中間的という感じで、
ごく普通にクセのないチャーシューとして楽しめるものですね!

ここに明確な個性が出るようになればさらにいいと思いますが!

メンマはかなりサイズが大きくゴリッと噛み切るタイプです!
奥歯で一気に噛み切ることでその食感を楽しむといいですね!

最近はこうした極太タイプのメンマもときどき見かけますね!

河童ラーメン本舗 松原店 河童ラーメン(2017年)(麺のアップ)

麺は博多豚骨系で使われるのと似たタイプのストレート麺です!
細めで加水の少ない、パツッとした食感が特徴の麺ですね!(`・ω・´)

麺の硬さ指定も豚骨ラーメンのお店と同様のものとなってます!
硬いほうから粉落とし、ハリガネ、バリカタ、硬めという感じですね!

こちらのお店の最大の個性というと、豚骨醤油のスープに
こうした博多豚骨向けの麺を合わせたところなのでしょうね!

こういう組み合わせって意外にあまり多くないと思いますし!

ほどよくコクのあるスープの中でパツパツとした麺が暴れる、
その組み合わせだけでおいしいと思えるものがありますしね!

もともとトータルの味の狙いどころは悪くはないですし、
無料のキムチ、揚げにんにく、替え玉などサービスも良く、
以前のように下手に味を崩してしまったりしない限りは
安定した人気を今後も保てそうなお店という感じでしたね!

味のバランスという点ではこれまで来た中で一番でしたし!

今後ともこの味のバランスをしっかり維持して頑張ってほしいですね!(゚x/)モキリーン

[メニュー]
河童ラーメン本舗 松原店 メニュー

お店の住所と地図 大阪府松原市丹南6丁目495-1

【関連記事】
河童ラーメン本舗 松原店 河童ラーメン(2017年)
河童ラーメン本舗 松原店 温つけ麺
河童ラーメン本舗 松原店 河童らーめん 半チャンセット(2014年)
河童ラーメン本舗 松原店 河童らーめん(2009年)
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part140 (17/11/10) 豚しゃぶつけ麺

11月第2週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!
今年のフライデーナイトも残すところあと2回となりました!

12月はフライデーナイトがないので11月がラストなのですよね!

そのラストから2回目を飾るメニューは「豚しゃぶつけ麺」です!

「豚しゃぶつけ麺」というと、最近は登場頻度が下がったものの、
綿麺における清湯つけ麺の原点であり王道とも言える存在で、
自分が綿麺の清湯つけ麺で最も評価してるメニューでもあります!

しかしこのタイミングで「豚しゃぶつけ麺」が登場するとは、
なかなか高いハードルに挑んできたという気もしますね!(=゚ω゚)

今年の「豚しゃぶつけ麺」の登場はこれが2回目になるのですが、
今年は3月に出たときのバージョンが特に秀逸だったのですよね!

小麦粉に「春よ恋」を採用することで小麦の香りをいつになく立たせ、
具材に炒めの工程で菜の花のクセを抜くとともに香ばしさも加えて、
同時に豚バラを煮込むことでスープに味を出す手法も継承しつつ、
さらに新玉ねぎピクルスの酸味でさっぱりと食べられる工夫もと、
新たに投入したアイデアがどれも大当たりだったのですよね!

これらの要素を眺めてみると、全体的に「春」への意識が強く、
3月というタイミングだからこその限定だったことも見えますね!

・・・とすると、今回は「秋」ならではの試みが多く入るのか、
あるいは実験性を多く取り込んだ3月のバージョンとは違って、
あえて原点に返るようなスタイルの仕上がりになってくるのか、
そのあたりも含めていろいろ考えるのも楽しみになってきますね!

綿麺 フライデーナイト Part140 (17/11/10) 豚しゃぶつけ麺

ということで、今回の「豚しゃぶつけ麺」がやってきました!

今回は3月のときのような炒めの工程などは特に取り入れられず、
おなじみの「豚しゃぶつけ麺」らしい流れとなっていました!

一つ一つの小鍋にスープを移してから野菜を煮込んで風味を出し、
仕上げに豚バラを投入して煮込んで肉の旨さを立てるのですよね!

この「小さな鍋物」を思わせる流れもこのつけ麺の魅力の一つです!

まずはつけ汁ですが・・・うん、これはまさに原点の味ですね!(●・ω・)

ここ数回は「豚しゃぶつけ麺」もいろんな変化を取り入れることが多く、
同じメニュー名であってもその内容には様々な違いが見られましたが、
今回はあえてそうした新たな試みを極力減らしてきた感がありましたね!

ただ、原点を思わせる味だからと言って以前と本当に同じかというと、
おそらく実際はそうではなく、同じであるかのように感じられながら、
その中には年月を重ねることで生まれた多くの進化があるのでしょうね!

なので、「豚しゃぶつけ麺」の原点を感じさせる味でありながらも、
今の綿麺だからこそ出せる「豚しゃぶつけ麺」でもあるのでしょう!

動物系でベースを固めたうえで、野菜と豚バラの旨味をしっかり広げ、
魚介で旨味をブーストして酸味で引き締めるというスタイルですが、
中でもサバ節などの魚介の妙がとりわけ際立っていたのですよね!

魚介の旨味の立て方の上手さはこれまでも綿麺の大きな特徴でしたが、
それもやはり年月を重ねるごとにさらに高まってる感があるのですよね!

雑味が全くなく、非常にクリアでなおかつ味の輪郭がはっきりと伝わる、
この魚介だしの打ち出し方はさすがと思わされるものがありましたね!

さて、今回は珍しく味変用の調味料として七味が置かれていました!
それもあの有名な東京の「やげん堀」の七味だったのですよね!(*゚ー゚)

「やげん堀」というと、七味好きでなくても知っているほど有名ですが、
この七味を見たときにはちょっと変わった驚きも感じたのですよね!

綿麺で七味と言えば前回の「ピリ辛味噌つけ麺」などが連想されますが、
そこで使われているのは基本的に京都の「七味家」の七味なのですよね!

ですが、今回はあえて「七味家」やではなく「やげん堀」を起用してるのですよね!

両者の大きな違いは、東京の七味は唐辛子の辛味にやや重点を置いて、
京都の七味は辛味よりも香りに重点を置いているという点があります!

「やげん堀」の七味は2種類の唐辛子を用いて辛味に厚みを持たせますが、
「七味家」は青しそも加えることで香りにふくよかさを与えるのですよね!

そしてその両者の違いは実際につけ汁に投入するとより際立ちましたね!

「七味家」の七味が使われる辛味噌系のつけ麺は香りが潤沢なのに対し、
今回の七味は多めに投入してもそこまで極端に香りを変化させません!

あくまで七味なのでそこまで強く辛味が立つわけでもないのですが、
それでもピリリとした刺激が強まるのははっきりとわかりましたね!

おそらく「七味家」の七味だと香りが強く変化しすぎるのでしょうね!

逆に「やげん堀」だと刺激が強まりながらも香りの変化は穏やかで、
今回のつけ麺の味変要員としては合っていたということなのでしょう!

そして麺ですが・・・うん、フライデーナイトらしさに満ちた麺ですね!(*゚◇゚)

艶やかさと表面のつるりとした質感、噛んだときの自然な小麦の甘さ、
そしてむちっとした押し返しなど、フライデーナイトの麺が持っている
様々な特性がどれも非常に高いレベルで感じ取ることができましたね!

とりわけ今回はいつも以上にのどごしの良さを感じさせられましたね!
表面の質感がよりなめらかになるような工夫もあったのかもですね!

フライデーナイトというと、この麺と清湯系つけ汁が基本中の基本なので、
つけ汁との相性という点でもあるべき形を見せてくれるような感じでしたね!

どのようなつけ汁と合わせてもハマるオールマイティな麺ではありますが、
このつけ汁と合わせたときがやっぱり基本なのだなと思わせてくれますね!

綿麺 フライデーナイト Part140 (17/11/10) 豚しゃぶつけ麺(つけ汁のアップ)

さて、つけ汁には主役である豚バラに加え、白菜、しめじなどが入っています!
この具材の組み合わせを見ると、やはり秋~冬が明確に意識されてますね!

この「豚しゃぶつけ麺」はたくさん入った野菜も大きな魅力なので、
そこで季節の旬の素材を取り入れやすいという特徴もあるのですよね!

ほんのりと甘くシャキッとした白菜に秋らしさをより高めるしめじ、
そして脂身が溶けるように甘い豚バラ肉がどっさり入っています!

ほんとこの豚バラは非常に質が良く、バラ肉特有のクセが全くなく、
脂身の嫌味が皆無でただただ脂の旨さを伝えてくれるのですよね!(`・ω・´)

間違いなくこの豚バラがあるからこそのメニューでもありますね!
この豚バラを食べるだけでも価値があると言えてしまうほどですし!

以前はここに油揚げが加わるということがけっこうありましたが、
今回はもうこれ以上入らないぐらいに他の具材がぎっしりでしたね!

また、今回は白菜の葉の部分は事前に軽く熱を通していたのですかね!

鍋に投入する際にかさが大きくなりすぎてしまわないようにするためか、
水分を抜くための何らかの事前の下処理をしていたように見えました!

1年を通して様々な新しい試みに挑戦してきたフライデーナイトでしたが、
今年最後の限定を前にぐるっと巡ってくる中でさらに大きくなったうえで
再び原点へと返ってきたような、そんな印象を抱かせる一杯でしたね!

今年最後の限定に何が来るのか、楽しみに2週間後を迎えたいと思います!(゚x/)モキキュキュッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part139 (17/10/27) ピリ辛味噌つけ麺

10月第4週の綿麺フライデーナイトに足を運んでまいりました!
今週の限定は「ピリ辛味噌つけ麺」ということでございます!

先週の「濃厚豚骨味噌ら~めん」に続いて味噌系なのは驚きでしたね!

ノーマルな味噌系だった前回に、今回の辛味噌系を続けることで、
その両者の違いを体感してもらう狙いなどもあるのかもですね!(=゚ω゚)

そういえば前回がひさしぶりの味噌ラーメンだったことを考えると、
ラーメン→つけ麺という流れで味噌系のメニューを連続させるのは
2週間前からあらかじめ想定されていたという可能性もありますね!

辛味噌系の限定メニューは「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」がありますが、
今回の「ピリ辛味噌つけ麺」も基本的にこれと同じ流れにあります!

もともとmixiでは「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」と紹介されてましたからね!
なので、名前は少し変わってますがおおむね同一のメニューと言えますね!

さて、今回は辛さ増しを選ぶことができるようになってました!
自分はけっこう辛党なので、迷わず辛さ増しで注文いたしました!

綿麺 フライデーナイト Part139 (17/10/27) ピリ辛味噌つけ麺

うん、基本的には「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」を継承していますね!

まずはつけ汁ですが・・・うん、味わいについてもその流れにあります!(●・ω・)

綿麺の看板であるどっしりとした豚骨スープをベースに据えたうえで、
七味などの和のスパイスによって辛味だけでなく香りも立てつつ、
ニラやにんにくなどの香味野菜によってスタミナ的な要素も加える、
これまで「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」で実践してきた様々な要素を
ちょうど中庸的な形でミックスしたのが今回のつけ汁と言えそうです!

これまでの流れを見ると、七味などの香りを強く生かす方向だったり、
にんにくを効かせてかなりワイルドに仕立てたこともありましたが、
今回はそうしたどちらの要素も中間的なところでまとめてましたね!

「特製辛味噌☆豚骨つけ麺」の最も代表的な形とも言えそうです!

辛味噌系のメニューはいろんなお店でお目にかかることができますが、
こちらのように和の香辛料の香りを生かすケースは珍しいのですよね!

このあたりはまさに「綿麺ならではの辛味噌」と言っていいでしょう!

そしてもう一つの主役は間違いなくベースの豚骨スープですね!(*゚ー゚)

今回はメニュー名からあえて「豚骨」の文字が外れましたが、
それでも「濃厚な豚骨スープを味わってほしい」というのが、
このメニューの隠れた狙いの一つだったりするのですよね!

そうしたまろやかさやどっしり感はもちろん今回も健在で、
辛味噌という主張の強いタレに負けず全体を支えてましたね!

強い豚骨があるからこそ、タレの個性が生きてるわけですね!

そして今回のポイントである辛さですが・・・全然辛くないですね!笑

もともとけっこうな辛党だからというのも大きいのでしょうが、
普通の人でもそれなりに平気で食べられる範囲での「辛め」なので、
激辛系のメニューが食べられる人からするとノーマル以下の辛さです!

ただ、周りのお客さんはけっこう辛そうな感じで食べたりしてたので、
辛さ耐性が中程度から低めの人からするとそこそこ辛かったと思います!

自分は心の中で「あれ、これ辛いかな?」と思ったりしてましたが!

そして麺ですが・・・今回はちょっと加水が低めなのですかね!(*゚◇゚)

基本的にはフライデーナイトらしいむっちり麺の延長なのですが、
ややむっちり感が弱めなかわりに、噛んで噛み切ったときの
小麦の風味の上がり方がいつも以上に良かったりするのですよね!

加水が下がるとやや噛み切りやすく、それでいて香りが上がるので、
今回は麺を噛んで香りを味わって楽しむ麺といった感じでしたね!

むっちり感が強い麺では麺を噛んだときの弾力を楽しんですする、
今回はしっかり噛みながらそのときの風味を楽しんで食べる、
どちらの麺にもそれぞれのおいしい食べ方があるという感じですね!

綿麺 フライデーナイト Part139 (17/10/27) ピリ辛味噌つけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁にはバラチャーシュー、もやし、ニラなどが入っています!

この中の具材で最も存在感が出ていたのは太めのもやしですね!
このシャキシャキとした食感がいいアクセントになってました!

そしてニラはスタミナ系的なワイルドさを演出していましたね!

バラチャーシューは綿麺らしくとろっと口の中で溶けてくれます!

そしてこうしたワイルド系の具材と対比される存在だったのが、
麺の上に乗せられていた多めのレアチャーシューなのですよね!

ほんとこのレアチャーシューって万能性が高い具材と言いますか、
どっしり感のあるスープやワイルドさを持った具材が一方にあると、
このレアチャーシューがその重さをスカッと消してくれるのですよね!

箸休めとしての効果が高く、一つのチャーシューとしても上質、
間違いなく綿麺にとって欠かせない存在の一つと言えるでしょう!(`・ω・´)

どっしりとした豚骨に香り高い辛味噌ダレ、そして香味野菜のパンチ、
これらを実にバランスよく合わせた仕上がりになっていましたね!

辛味の強さを求めてしまうとそこは肩透かしになってしまいますが、
全体の味のバランスを考えればこれぐらいでちょうどいいでしょう!

しっかりと綿麺の辛味噌系の旨さを堪能できる一杯でした!(゚x/)モキウー

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part138 (17/10/13) 濃厚豚骨味噌ら~めん

10月第2週の綿麺フライデーナイトへと足を運んでまいりました!
今回の限定メニューは「濃厚豚骨味噌ら~めん」とのことです!

このメニュー名を聞いたときは盲点を突かれた気がしましたね!(=゚ω゚)

綿麺では味噌系のラーメンが全く出ないわけではないのですが、
綿麺で味噌というと辛味噌系が定番になっていたのですよね!

なので「綿麺の味噌=辛味噌」というイメージが完成していて、
辛味噌じゃない味噌ラーメンが頭から抜け落ちてたのですよね!

辛味噌ラーメンが登場する1年前に今回の限定と同じ名前の
濃厚豚骨味噌ら~めん」が提供されたことはあるのですが、
そのときは非常に手間のかかる手順で作っていたこともあって
同じ形での再登場はさすがに難しいだろうと感じてましたしね!

ところで味噌ラーメンの登場は辛味噌バージョンのものも含めて、
2015年の11月第2週以来とかなりひさびさの登場なのですよね!

それ以降の辛味噌系が全てつけ麺だったのはちょっと意外でしたね!
辛味噌系はラーメンとつけ麺が等価ぐらいのイメージでしたので!

綿麺 フライデーナイト Part138 (17/10/13) 濃厚豚骨味噌ら~めん

というわけで、「濃厚豚骨味噌ら~めん」がやってきました!
ビジュアルはまさに王道の味噌ラーメンといった感じですね!

もやしを炒める際に自分の目の前で大きく炎が上がって、
ちょっとびっくりしてしまったのが印象に残ってます!

まずはスープですが・・・むむ、豚骨の主役感が凄いですね!(●・ω・)

辛味噌ラーメンのときにも「濃厚豚骨の底力」をテーマにするなど、
豚骨スープの存在感に力を入れる傾向はずっとあったわけですが、
今回の豚骨の主役感は辛味噌ラーメンのときを凌いでいますね!

辛味噌系のスープは濃厚豚骨をどっしりと土台に据えながらも、
七味や山椒を使った辛味噌による和の香りの立て方であったり、
ときにスタミナ的な要素を取り込むなどの実験性も多く見られ、
濃厚豚骨とフライデーナイトならではの先進性が融合されてますが、
こちらはもっとストレートに豚骨の存在感を打ち出してきています!

もっと端的に言うなら「もし綿麺がレギュラーで味噌を出すとしたら」、
という質問に対する回答になっているラーメンと言っていいでしょう!

ベースをがっちりと濃厚とんこつで固め、味噌ダレは鋭さは出さず、
むしろ丸みがあって、豚骨と味噌でまろやかさの相乗効果を見せる、
「綿麺が素直に味噌ラーメンを作るとこう作り上げてきそう」という、
そういうイメージにピタッとハマる仕上がりになっていましたね!

それだけに綿麺の「和風とんこつ」などのレギュラーが好きな人なら、
今回の「味噌ラーメン」は確実に気に入ると言える内容でしたね!(*゚◇゚)

そこにごくチラリと香辛料系の香りが上がってくるあたりは、
辛味噌系で培った経験も多少取り込んではいる感じでしたが!

そしてトッピングですが、今回はその効果も見逃せませんね!

特に今回目立っていたのは仕上げにかけた白ねぎですね!

今回の白ねぎはかなり辛味が強く、豚骨+味噌のどっしりスープに対し、
そこにガツンとアクセントを与える役割を見事に果たしてましたね!

白ねぎのピリピリとした刺激による引き締め感は絶妙でしたし!

そしてバラチャーシューは「和風とんこつ」のときと同様に、
スープのまったり感をさらに後押しする方向で活躍します!

特に今回のメニューでは外せない存在だったと言えるでしょうね!
レギュラーでもおかしくないメニューという位置付けでしたからね!

一方のレアチャーシューは箸休めにもなるさっぱり感がありました!

そして炒めたもやしは味噌ラーメンらしさを演出してましたね!

単体ではなく、麺に絡めて食べることでその真価を発揮し、
炒めの香ばしさを麺に宿すという効果を見せてましたね!

味噌ラーメンにおいてもやしがプラスの存在としてはたらくには、
どう乗せるべきかがしっかり練られている感じがしましたね!(*゚ー゚)

単なる茹でもやしだと全体を水っぽくすることもありますからね!

そしてメンマですが、いつもとは明らかに風味が違いましたね!

いつもはおかずにもなるような甘めの味付けが多いのですが、
今回は王道のメンマらしい軽い酸味も感じる風味となっていて、
全体の中でアクセントになりうる味わいになっていましたね!

綿麺 フライデーナイト Part138 (17/10/13) 濃厚豚骨味噌ら~めん(麺のアップ)

そして今回のラーメンを語るうえで外せないのはこの麺ですね!

味噌ラーメンらしくプリプリ感の強い多加水の太麺なのですが、
縮れが強く、手もみによって不規則な厚みをつけています!

最近の麺の中でも特にこだわった麺なのではないですかね!(`・ω・´)

完全にこのラーメンのためだけに作り上げてきた麺で、
プリプリと弾ける質感と食感、麺の不規則さから生まれる
すすったときの舌に伝わる感覚など、どれも実に見事です!

この麺だけでも高い評価を受けるだけの価値のある麺でしたね!
それでいて今回の濃厚系味噌ラーメンと抜群に合ってましたし!

綿麺の考える理想の味噌ラーメンを素直に体現したというか、
濃厚豚骨を軸にスープと相乗効果を見せる味噌ダレを合わせて、
トッピングは味噌ラーメンらしくそろえながら相性は全て整え、
そして手もみ太麺によって麺にも抜群の個性を持たせていく、
どこのポイントを見ても抜かりがないと思える内容でしたね!

素直な作りだからこそ、綿麺のらしさがより随所に見える、
そんな「綿麺流の王道豚骨味噌ラーメン」と呼べる一杯でした!(゚x/)モッギー

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

博多長浜ラーメン一番 松原南店 長浜ラーメン(2017年)

松原市の国道309号線沿いにある「博多長浜ラーメン一番」に行ってきました!
羽曳野の外環状線沿いに本店のあるお店の支店ということになります!

とはいえ、「長浜ラーメン一番」はこの2店舗だけなのですが!

こちらの店舗が具体的にいつできたのかはよくわからないのですが、
けっこう前からずっとやっているという印象が強くありますね!

さて、前回訪問が2014年なので3年ぶりの訪問ということになります!

夏場に冷やし中華系のメニューなどが限定で出ることを除いては、
スープのベースは豚骨系の「長浜ラーメン」のみとなっています!

あとはそれにトッピングなどで違いを出しているだけですね!
こうしたシンプルなスープ構成については好感が持てますね!

ということで、基本である「長浜ラーメン」を注文いたしました!(=゚ω゚)

博多長浜ラーメン一番 松原南店 長浜ラーメン(2017年)

このお店に来るたびにいつも思うのですが、ビジュアルで損をしてますよね;

スープを多めに入れるのでこうしたビジュアルになるのでしょうが、
麺の存在感やトッピングがもう少し目立つような盛り付けにすれば、
もっと見た目だけでも惹きつける力を持つようにも思うのですが!

写真付きで紹介される機会の増えた今の時代では尚更ですしね!

まずはスープですが・・・うん、記憶していた通りの味ですね!(●・ω・)

一言で言えば、かなりライトな印象を与える豚骨スープですが、
それでも大阪のライト豚骨スープとは明らかに違っています!

というのも、大阪のライト豚骨スープは豚骨臭が極めて希薄で、
あくまでベースのコクを軽く与える役割に徹している感じですが、
こちらは印象こそライトなものの豚骨臭はちゃんとあるのですよね!

このライトな豚骨スープの中からきちっとした豚骨臭が広がる、
このあたりが「長浜ラーメン」らしい特徴でもあるのでしょうね!

なので、口当たりこそ軽めであっさりとしたタッチなのですが、
ちゃんと「豚骨ラーメンを食べている」という感覚があります!

またこちらのお店では紅生姜や高菜も自由に食べることができますが、
そうした具材を自分でトッピングすることで変化も楽しむことができます!

ただ、もともとのスープがかなりライトに仕上げられているので、
いきなりどんぶりにそうした具材をどさっと乗せるのではなく、
別皿に入れたそうした具材をちょくちょく乗せながら食べる、
というのがこちらのお店で味の変化を楽しむ際のポイントですね!

スープの印象はとにかくシンプルで、タレの印象もあまり強くなく、
ライトながらも豚骨らしさを出したスープに旨味をシンプルに加えた、
そうしたとにかくオーソドックで食べやすい豚骨スープとなってます!

自分としてはそこそこ濃度はあるけどクセを完全に抑えたスープよりは、
ライトでも豚骨らしさの感じられるこちらのスープのほうが好きですね!(*゚ー゚)

もう少しぐらい濃度が欲しいかなと思うところも正直ありはしますが!

トッピングはバラチャーシューと青ねぎという構成になっています!
豚骨スープに入ることが多いキクラゲはトッピングされていません!

バラチャーシューは下味が控えめで、食感はかなりトロトロです!

ここまでトロトロの煮込み方をしているのはポイントが高いですね!(`・ω・´)

もう少し下味があるほうがスープと合うようには思いますが、
ただこのやわらかさに関しては非常によく作られています!

バラ肉らしいコクがあり、脂身はふわっと溶けてくれますし、
トロトロ系バラチャーシューとしてよくできた内容と言えます!

枚数は2枚ですが、1枚が大きいので不足感も全くないですしね!

トッピングは2種類のみではあるものの、高菜や紅生姜が無料なので、
それらを自分で乗せることでそれなりに充実させられますしね!

博多長浜ラーメン一番 松原南店 長浜ラーメン(2017年)(麺のアップ)

麺は長浜ラーメンらしい、細めの低加水ストレート麺となっています!

麺の硬さは硬いほうから生、ハリガネ、バリカタ、カタメン、
普通、やわ麺の6段階から選ぶことができるようになってます!

ハリガネより硬くなると、いきなり生に飛ぶのがアレですが;
せめて粉落としぐらいは間にはさんでおいてほしいと思いますね!

食感はいかにも博多麺らしいパツッとした低加水麺なのですが、
そこまでパツパツと強い主張をするほどの麺ではないですね!

これは単に写真撮影の時間でそうなっただけかもしれませんが!(*゚◇゚)

また、表面のザラツキも少なく意外とつるりとしていますね!

自分としてはもう少しザラツキが強いほうが好みなのですが、
それでも普通に博多麺を楽しむという点では十分ではあります!

かなりライトな豚骨だけど、豚骨臭に関しては楽しむことができる、
そのため幅広い層に対応できる豚骨ラーメンであるとは言えますね!

ビジュアルがもう一つだったり、床がやや滑りやすかったりしますが、
チャーシューの内容なども含めてポイントは上手く押さえられてますね!

食べやすくも豚骨らしさも楽しむことができる豚骨ラーメンでした!(゚x/)モキユー

[メニュー]
博多長浜ラーメン一番 松原南店 メニュー(その1)

博多長浜ラーメン一番 松原南店 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府松原市丹南6-458-1

【関連記事】
博多長浜ラーメン一番 松原南店 長浜ラーメン(2017年)
博多長浜ラーメン一番 松原南店 長浜ラーメン(2014年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part137 (17/9/22) 太刀魚(ドラゴン)つけ麺

9月第4週の綿麺フライデーナイトへと足を運んでまいりました!(`・ω・´)

今回の限定メニューは「太刀魚(ドラゴン)つけ麺」でございます!

この「太刀魚(ドラゴン)つけ麺」、実は今回が初ではないのですよね!
2015年の11月第2週の限定として一度提供されたことがあったのです!

これが非常にクオリティが高く、2015年の限定を代表する一杯として
次の2016年の創作性あふれるメニューが多数登場する流れの原点として
自分の中でもものすごく記憶に残っている一杯だったりするのですよね!

初登場時はなぜ太刀魚なのかというような情報がほぼなかったのですが、
その後にご主人が秋の太刀魚釣りにハマっているといった話が聞かれ、
この限定の太刀魚が全てご主人が釣ったものだったと知ったのですよね!

このときは限定を十分用意できるだけの量を釣らないといけないことから、
その1週間はご主人はほとんど寝ることができないような状態だったそうです;

もしかすると今回も限定ということでそんな状態だったのかもですが、
あるいはちょうどたくさん釣れているタイミングだったということで、
「この週の限定で行こう」というふうに決まったのかもしれません!

今は「太刀天丼」というメニューも秋になると提供が始まりますし、
太刀魚も綿麺の一つの看板として徐々に定着してきていますね!

綿麺 フライデーナイト Part137 (17/9/22) 太刀魚(ドラゴン)つけ麺

豪勢な太刀魚天ぷらといい、もはや普通のつけ麺の域を超えてますね!

2015年のときの天ぷらは太刀魚、きのこ、インゲンの3つでしたが、
今回は太刀魚としめじの2種となり、太刀魚の量がより増えています!

とすると、おそらく2年前よりも多くの太刀魚が釣れたのでしょうね!

今回はトッピングからですが・・・やはりこの太刀魚天ぷらは絶品ですね!(●・ω・)

太刀魚というと基本的に淡白な風味で肉質がやわらかいのが特徴ですが、
これが天ぷらになることでそうした特性がプラスに生かされるのですよね!

風味は淡白ながらも、天ぷらになることで油のコクが加わりますし、
それと同時に太刀魚の持っている旨味がギュッと凝縮されるのですよね!

なので焼き魚などよりも、太刀魚の旨味がダイレクトに感じられます!

そして何より特筆すべきは、そのふわっとした肉質なのですよね!(=゚ω゚)

外側はサクッ、そして内側はふんわりとしていてほどほどにジューシー、
「太刀魚っておいしいなぁ」ということをしっかり再確認させてくれます!

焼き魚だとそのやわらかい肉質が物足りなく感じることもあるのですが、
天ぷらだと衣と肉の食感のコントラストが生まれることで物足りないどころか、
そのふわふわ感こそが太刀魚の魅力なのだと思い起こさせてくれるのですよね!

2015年のときは天ぷらに塩が少し添えられていましたが、今回はありません!
というのも、この天ぷらはつけ汁がそのまま天つゆにもなりますからね!

そしてこのつけ汁との相性が抜群なのですが、その点についてはまた後述します!

もう一つの天ぷらであるしめじもサクサク感はやはり抜群ですね!
プリッとしたしめじらしい弾力と衣の食感の違いも楽しいですね!

レアチャーシューはいつもより細かめにカットされてましたが、
これが驚くほどにつけ汁につけたときに味わいが増すのですよね!

これまでレアチャーシューはいろんなつけ麺に合わされてきましたが、
つけ汁との相性という点では今回は間違いなくトップクラスでしたね!

綿麺 フライデーナイト Part137 (17/9/22) 太刀魚(ドラゴン)つけ麺(つけ汁)

そしてつけ汁ですが、こちらにも太刀魚の身がそこそこ入ってます!

こちらの太刀魚の身はけっこう小さめにカットされています!
おそらくは具材として以上に風味を出す狙いがあるのでしょうね!

そのつけ汁ですが・・・太刀魚の旨味がビシビシと感じられますね!(*・ω・)

2015年のときは太刀魚の中骨の燻製にすることでだし素材として使い、
その旨味を生かしてましたが、今年はそれ以上の太刀魚感があります!

おそらく2015年のときは鶏などの動物系のスープをベースにしたうえで、
太刀魚の中骨などの旨味も重ねるという複合的なものだったと思いますが、
今年のスープは完全に太刀魚の風味が主役としてどっかりと座ってます!

綿麺は普段は魚介系の素材としてはさば節を使うことが多いのですが、
今日の風味は明らかにパンチを前面に出してくるさば節とは違って、
食べた瞬間に太刀魚だとはっきりわかるぐらいに風味の輪郭が明確です!

タレは一応は醤油系ながらも、いつもよりもその色は淡くなってますし、
だしとしての太刀魚の風味をいかにダイレクトに食べる人に伝えるか、
その点を中心に据えたつけ汁だったと言っていいのではないですかね!

このストレートに伝わる太刀魚感といい、一本筋の通った旨味といい、
今回はもしかすると動物系レスでスープを組んできたのかもしれませんね!(*゚◇゚)

さらに言うなら太刀魚のみか、太刀魚+昆布ぐらいのシンプルさかもです!
そう思わせるぐらいに太刀魚の風味がストレートに伝わるつけ汁でしたね!

あとは酸味による引き締めと一味で軽く刺激を加えてまとめられています!

面白いのがつけ汁の中の太刀魚を食べたときで、そのときに広がる風味が
ものの見事につけ汁の持っている旨味ときれいにシンクロするのですよね!

いかにスープが太刀魚をメインに組まれているかがわかる場面でしたね!

そしてそれぐらい太刀魚を中心に据えているつけ汁だったからこそ、
太刀魚の天ぷらのための天つゆとしての機能性が高かったのですよね!

太刀魚の旨さを閉じ込めた天ぷらを太刀魚が生きたつけ汁で食べる、
この組み合わせが抜群の相性を見せないわけがありませんからね!

綿麺 フライデーナイト Part137 (17/9/22) 太刀魚(ドラゴン)つけ麺(麺のアップ)

そして今回の麺ですが・・・なんと今回はあつもり仕様だったのですよね!

綿麺ではときどきあつもりのつけ麺が提供されることがあるのですが、
それがこの「太刀魚つけ麺」で登場するというのはかなり意外でした!

また、麺の太さが今回はいつもよりちょっと細めに見えたのですよね!

この太さの調整はつけ汁とのバランスを考えてのものと思われますが、
もしかするとあつもりにしたのも同様の狙いがあったのかもしれませんね!(*゚ー゚)

実際に麺をつけて食べたときのほうが太刀魚の旨味がダイレクトに伝わる、
というような麺とつけ汁の相乗効果のようなものが見られましたからね!

またこの数週間で一気に肌寒くなってきたということもあって、
あつもりがおいしく感じるタイミングということもありましたね!

ちなみに麺にはにんにく系の香味油があらかじめ絡められていました!
あつもりの場合は油脂を絡めないと麺どうしが引っ付きますからね!

太刀魚のあらゆるパーツを生かすという点では2年前と同様でしたが、
それが舌を通してダイレクトに食べる人に伝わってくるという点では
2年前のバージョンをさらに凌駕するだけのものを見せてくれましたね!

特に麺をつけて食べたときの太刀魚の風味の広がり具合が素晴らしく、
淡白に思われがちな太刀魚の持っているその素材としての旨味の深さ、
それをはっきりと伝えてくれる一杯として仕上がっていましたね!

隅から隅まで太刀魚という魚を堪能できるつけ麺でございました!(゚x/)モッキルー

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

らーめん大和 松原店 やまとラーメン

高見ノ里駅近くの「らーめん大和 松原店」に行ってきました!

こちらのお店はこれまで何度も前を通ったことがあるのですが、
お店に訪問するのは今回が初めてだったりするのですよね!

もともと箱型のお店にはあまり入らない傾向がありますからね;

ただ、最近はそうしたお店も含めていろいろ訪問しているので、
今回もそんな流れでこちらのお店に初めて入ることにしました!(*゚ー゚)

ちなみにこちらのお店は「アラカワフードサービス」が展開する
「豚吉」グループのお店の一員という位置付けになるようです!

「らーめん大和」名義で展開されているのはここと四条畷の2つですね!

こうしたお店はメインのラーメンがあまりはっきりしない、
というようなことがありますが、こちらはそうではないですね!

ちゃんと「やまとラーメン」が看板になってることがわかります!
ということで、そのメインである「やまとラーメン」にしました!

麺の大盛が無料で、しかも平日ランチはおにぎり2個も無料だそうで、
そこそこの値段でがっつり食べたい人向けのサービスが充実しています!

らーめん大和 松原店 キムチ

そして大阪の箱型ラーメン屋らしくキムチバーが併設されています!
キムチ以外ににんにくや辛味噌などの味変調味料も多くありました!

自分は初めて食べるラーメンは特に味を変えずに食べるので、
このときはあくまでキムチのみを取ってくるにとどめました!

大阪の昔からのラーメン屋ってキムチバーがあることが多く、
それが常識のようになってるところがありましたからね!

さすがに今の個人店ではそうしたサービスはあまり見ないですが!

キムチの味はいかにも大阪のラーメン屋のキムチバーらしい、
ちょっと味付けが控えめの食べやすいキムチとなってました!

らーめん大和 松原店 やまとラーメン

ということで、「やまとラーメン」の麺大盛がやってきました!
中央に乗っているやや太めに切られた白ねぎが目立ってますね!

まずはスープですが・・・やはりベースはライトな豚骨ですね!(●・ω・)

大阪の標準的なラーメンといえば、やはりライトな豚骨で、
それをベースにしているという点はこちらのお店も同じです!

ただ、こちらは単なるライト豚骨スープにはなってないのですよね!
ライト豚骨にいろいろと工夫を凝らして独自性を高めています!

まずはスープに浮く背脂によって豚のコクをいくぶん高めて、
タレの醤油ダレでライトながらも豚骨醤油らしさを演出します!

これだけだと単にライト豚骨ベースの背脂豚骨醤油なのですが、
油脂からごま油のような植物油脂系の風味が加わってきたり、
またふわっと炒め野菜のような風味がやってくるのですよね!

そうした風味が入ることでよりライト方向に振られはしますが、
ライト豚骨の枠に収まらない個性がちゃんと伝わってきましたね!

特に野菜やごま油系の風味は全体のいいアクセントになってました!

いわゆる本格派ではないですし、化学調味料頼りも面もありますが、
「これはこれで」と思わせてくれる水準はちゃんと備わってますね!(=゚ω゚)

シンプルなライト豚骨だと、どうしても単調さが出てしまうので、
いくつかの工夫を取り入れて上手くまとめた一杯という感じでした!

もともとがライト豚骨にいろんな要素を取り入れたスープなので、
様々な味変要素を自分で取り入れてみるというのもいいのでしょうね!

キムチバーのところににんにくや辛味噌なども置いていましたし、
お好みでガンガンカスタマイズするぐらいがちょうど良さそうです!

そうしたユーザー向けのラーメンとして見ればよくできてますね!
もともと構成からしてアレンジがかなりハマりやすそうですし!

トッピングは巻きチャーシュー2枚、メンマ、もやし、ねぎ、海苔です!

巻きチャーシューは意外と脂身が少なめの部位となってます!

そうでありながら、肉がホロホロとほどける感覚は優秀で、
脂の部分もクセがなくいい感じでとろけてくれますね!

このチャーシューはお店の大きなウリの一つのようですが、
これに関してはなかなかのクオリティと言えると思います!(`・ω・´)

メンマはごくごく普通のやわらかいタイプのものですね!

焼海苔はスープに浸して麺を絡めるようにして食べますが、
ライト豚骨系スープだとその魅力がそれほど出ないですね!

そしてもやしですが、実は自分はラーメンの具としての
もやしはそれほど好きではない部類だったりするのです;

でもこちらのもやしは細めで軽い炒め風味も感じられたので、
麺と絡めて食べると十分に楽しめるものになってましたね!

もやし特有の水っぽさなどを感じさせられもしなかったですし!

らーめん大和 松原店 やまとラーメン(麺のアップ)

麺は中細ぐらいのストレート麺が使われています!

この麺ですが・・・あら、ずいぶんとのびにくい麺ですね!(*゚◇゚)

こうしたタイプの麺にお店であたるのはひさびさな気がします!

加水はおそらくあまり高くなく、凝縮したような質感ですが、
何よりもここまで使っているかんすいの種類がわかりやすく
伝わってくるというのはなかなかないように思いましたね!

かんすいには炭酸ナトリウム系と炭酸カリウム系があるのですが、
炭酸ナトリウム系はナチュラルなコシを生むかわりにのびやすく、
炭酸カリウム系はやや不自然な硬さを与えますがのびにくい、
このそれぞれをミックスして使うのが一般的なのですよね!

今回の食感はまさに炭酸カリウム一色というような食感で、
スープの乗りが悪く、麺は表面にガシッと強い食感があり、
食べ進んでいってもあまりのびないという特徴を見せます!

こうした麺だからこそ麺大盛無料にできる面もあるのでしょうね!

とはいえ、スープ乗りの悪さはコシとは違い硬質な食感は、
果たしてベストなのだろうかと思わされる面もありますね!

もう少し加水の低いパツッとした麺でもいい気はしますが、
その麺だと大盛提供には明らかに向かないでしょうからね;

いかにも一昔前を思わされる麺は少々悩みどころでしたが、
ライト豚骨をベースに見どころをチラチラと忍ばせながら、
がっつり食べられるという仕様は悪くはない感じでしたね!

素直に「これはこれでアリだろう」とは思えましたし!

自分で味をカスタマイズしながら気軽にがっつり食べたい、
そんなニーズを求めるときにはいいお店と言えそうですね!(゚x/)モギギュッ

[メニュー]
らーめん大和 松原店 メニュー(その1)

らーめん大和 松原店 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府松原市高見の里4-2-6

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part136 (17/9/8) 釜玉そば

9月第2週の綿麺フライデーナイトに足を運んできました!

今回の限定は年に一度ぐらいのペースで登場している
「釜玉そば」という釜玉うどんの中華麺バージョンです!

この「釜玉そば」が初登場したのは3年前の3月でしたが、
そのときは今のスタイルとはけっこう違ってたのですよね!

釜玉うどんのように生卵ではなく半熟卵が使われてましたし、
天ぷらが別皿で提供されるというスタイルだったのですよね!

釜玉そばって、どうしても形としてシンプルになりすぎるので、
それをあえていろいろと手を加えたような形だったわけです!

それが大きく変わったのが第2弾の2015年9月のバージョンでした!(`・ω・´)

これが今の綿麺の「釜玉そば」の原形になったと言えるでしょう!

釜玉うどんと同様に麺に生卵をかけるスタイルへと変わり、
そこにチャーシューなどのトッピングが別添えされます!

これは実は女将さんがその日学校の用事で忙しくて、
仕込みのための時間を十分に取りにくかったことから、
あえて手をかけない方法を採用したのが理由でした!

しかし、これが驚くほどの大当たりになったのですよね!(=゚ω゚)

麺には生卵、タレは香川で使われているうどん醤油、
きっとお店の方も「こんなにシンプルでいいのか」と
提供するうえでそう思うところもあったと思いますが、
それがドンピシャでハマったのですから凄いものでした!

そして2016年版では、当時綿麺がよく使っていた
親鶏具材をトッピングすることでブラッシュアップし、
全体の旨さがまた一段上がったものを見せてくれました!

そして今年はコアな部分により力を入れたみたいです!

綿麺 フライデーナイト Part136 (17/9/8) 釜玉そば

というわけで、今年の「釜玉そば」がやってまいりました!

昨年までの画像と比べてみると本当に明らかなのですが、
使っている卵の卵黄の色が全くもって違うのですよね!

過去2年の卵の卵黄はもっと黄色に近いものでしたが、
今回は鮮やかなオレンジ色で、卵白もプルッとしてます!

というのも、今回は大分県の「蘭王」と呼ばれる
高級卵を使うというところにまずこだわったのですよね!

トッピングの具材よりも何よりも、「釜玉そば」なのだから、
とにかくおいしい卵を使うことによって質を上げていく、
そうした狙いが大きく見えるのが今年のバージョンなのですね!

さて、まずは麺ですが・・・うん、いい剛麺らしさがありますね!(●・ω・)

「釜玉そば」は釜玉うどんがモデルになってることもあり、
麺も普段のフライデーナイトとは微妙に違ってるのですよね!

基本となっているのはフライデーナイト向けのむっちり麺ですが、
麺をよく見るとギュッと強く力をかけたような縮れ感が少しあるなど、
より凝縮したような麺になっていることがうかがうことができます!

おそらくうどんの製麺過程などを一部取り入れることによって、
うどんに負けない剛麺らしさを打ち出していると思われます!

そして麺にはあらかじめ温められた香味油がかけられています!

いつもは香味油を温めているということはなかったのですが、
今回のを見るにラードなども加えられていたのかもですね!

綿麺 フライデーナイト Part136 (17/9/8) 釜玉そば(うどん醤油)

麺のほうには香味油と卵以外には何もかけられていないので、
味付けはこの鎌田醤油の「うどん醤油」を自分でかけるのです!

この「うどん醤油」は醤油をベースに砂糖などで甘みを加えて、
そこに昆布、節系などの味わいを加えた醤油となっています!

普通にかえしとしても成立するだけのものを持っています!

この醤油のかけ方のコツは「ちょっと足りないかも」と
思えるぐらいにとどめるというが大事なのですよね!

そうすることで、逆に主役の卵の旨さが引き立ってきます!

ということで、麺と卵、この醤油を徹底的に混ぜ合わせます!

するとその味は・・・うん、例年よりも卵の旨さが強烈ですね!(`・ω・´)

食べた瞬間に口から洩れる一言は「卵が旨い」でしたね!

色だけでなく、食べた瞬間に卵の違いが一発でわかります!

卵のコク、まろやかさ、そして卵白のとろみまで旨く、
それが自家製の剛麺と合わさることでさらに光ります!

そしてここで味の下支えをするのが「うどん醤油」なのですね!

主役は間違いなく卵なんだけど、裏から旨味がきちっとやってくる、
このコンビネーションが抜群で、圧倒させられてしまうほどです!

特に食べ始めの卵が固まり切らない瞬間が絶妙なのですよね!
卵の持つコクやまろやかさがベストバランスで攻めてきますから!

「シンプルながらも旨い」、今年はそれを突き詰めてましたね!(*゚◇゚)

綿麺 フライデーナイト Part136 (17/9/8) 釜玉そば(トッピング)

そしてここに4種類のトッピング類をかけながら食べ進めます!

このトッピングは人によっていろいろな使い方があって、
場合によってはいきなりどんぶりに入れる手もあります!

ですが、自分としては一部の具材のみを取ったうえで、
それと麺を絡めながら食べるのが一番合うと思います!

最も絶妙なのはレアチャーシューを絡めたときでしょうね!
肉の旨さとその下味が麺と卵の旨さと見事にマッチします!

これをねぎ+レアチャーにしてもかなりいけるのですよね!(*゚ー゚)

そしてバラチャーシューですが、これはフライパンで焼かれていて、
表面がカリッとして、なおかつ脂が適度に落とされたものとなってます!

このバラチャーシューはねぎとともに絡めると抜群にいいです!

バラチャーシューだけだと、どうしてもヘヴィさが強いので、
ねぎを加えることでそこがちょうど良く緩和されるのですよね!

このようにねぎは肉具材と絡めて映える具材と言えるでしょう!

メンマはお惣菜的な甘辛い味付けで、素朴な旨さを持っています!
これもまた麺にしっとりとした旨さを与えるのに貢献しますね!

メンマを麺を食べるおかずにするような感じにもなりますし!

「旨い卵が使ってこそ『釜玉そば』はもっと旨くなる」、
そうした原点に返ることでこれまでにないコクを生み出し、
麺と卵、タレという点では完成形に近いものを感じましたね!

ちなみに普通の卵もサービスで自由で使える形になってましたが、
自分は「蘭王」の旨さを希釈せずに堪能したいと思っていたので、
普通の卵の追加はせずに、ただただ「蘭王」を味わい尽くしました!

発想の根っこにあるは「釜玉うどんのラーメン版」といった、
非常にシンプルなものですが、それがどうすれば旨くなるか、
そこを突き詰めているからこその旨さなのだと実感しましたね!

「この組み合わせでここまで旨くなるのか」、その思いをぜひ体験してもらいたいですね!(゚x/)モキルルルッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part135 (17/8/25) 冷やしぶっかけそば

8月第4週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!

8月第2週は昨年同様フライデーナイトがお休みだったので、
フライデーナイトは前回の7月第4週から約1ヶ月ぶりですね!

8月はレギュラーメニューを食べに行く機会を作らなかったので、
綿麺への訪問そのものもおおよそ1ヶ月ぶりぐらいになりました!

さて、今回の限定メニューは「冷やしぶっかけそば」です!
これもまた夏の綿麺の限定としては定番中の定番の存在ですね!

綿麺の夏の限定というと「油かすのつけ麺」、「まぜそば(味噌)」、
そしてこの「冷やしぶっかけそば」の3つは外せないですからね!

自分としてもフライデーナイトのいろんなメニューの中でも
とりわけ好きなものの一つなだけに期待度も高いのですよね!

綿麺 フライデーナイト Part135 (17/8/25) 冷やしぶっかけそば

ということで、今年の「冷やしぶっかけそば」がやってきました!

おっと、今年は天ぷらの種類と量が大幅に増えていますね!
昨年と比べてみて、天ぷらが増えているのに気がつきました!

どうりで普通に食べてもなかなか天ぷらが減らなかったわけですね!笑

レタス、きゅうり、ベビーリーフ、ミニトマトなどの生野菜、
レアチャーシューとその上の大葉、そして主役の天ぷらと、
このあたりの組み合わせについては例年とほぼ変わりません!

ですが、今回は新たにフライドオニオンがトッピングされています!

まずはそんなトッピングですが・・・やはり天ぷらのクオリティが高いですね!(●・ω・)

ささみ天ぷらは下味の塩胡椒がほどよく、衣のサクサク感が楽しめ、
それでいて同時にささみのしっとりとした旨さも味わえる揚げ上がり、
このあたりのバランスはもはや熟練の域に達していると言えるでしょう!

そしてもう一つ外せないのが大ぶりのしめじの天ぷらなのですよね!
このサイズを見るに、はたけしめじを天ぷらにしてるのですかね!

衣のサクサク感を楽しむという点ではこの天ぷらが一番です!

綿麺の天ぷらはサクサク感もさることながら、衣がほんのり甘く、
さらに油の自然な甘みも加わるので、非常に風味が丸いのですよね!

しかも生野菜などもあるから天ぷらで重くなったりもしないですしね!

そして今年は茄子とかぼちゃという夏野菜の天ぷらも加わってます!(*゚ー゚)

茄子は衣はサックリ、中はジューシーという茄子らしい仕上がりで、
それと同時に茄子と油の相性の良さもしっかり感じさせてくれます!

かぼちゃは天ぷらの定番らしく、いい甘さと食感を見せてくれますね!

綿麺の天ぷらはラーメン屋の天ぷらという枠組みを完全に超えていて、
もう一つの天ぷら専門店の水準に達していると言えるほどですしね!

天ぷらに対してレアチャーシューはさっぱり要員となっています!
レアチャーはけっこう限定の中でそうした活躍をするのですよね!

また、大葉も麺と合わせて食べると実にいい清涼感を出してくれます!

そして生野菜ですが、全体をさっぱり食べさせる効果は大きいですね!

この「冷やしぶっかけそば」はもともとややさっぱりではありますが、
天ぷらや多めの香味油などそれなりに重さのある素材も入るので、
生野菜の存在は食感やアクセントも含めて効果的なのですよね!

そしてこの生野菜使いの妙こそが綿麺の個性の一つでもありますし!

新加入のフライドオニオンについては少し後で触れることにします!

綿麺 フライデーナイト Part135 (17/8/25) 冷やしぶっかけそば(麺のアップ)

麺と仕上げにかけられたタレをアップにして撮ってみました!
このタレに含まれている固形成分を撮りたかったのですよね!

さて、まずはこのタレですが・・・おっ、香味野菜が強いですね!(`・ω・´)

タレの固形成分を味わうと、にんにくを中心とした
香味野菜の風味がガツンとやってくるのですよね!

これまでは基本的に豚骨スープをベースのコクを与えて、
そこに節系などのだしを効かせることで作るタレでしたが、
今年はそこに香味野菜の強さを大幅に取り込んできましたね!

これまでも香味油に関してはにんにくや玉ねぎなどを使って、
香ばしさと香味の高さを演出するという手法がとられてましたが、
今回は香味油とタレの香味野菜のダブルで主張してきましたね!

また、タレの中にチラチラと黒ごまの粒が覗いていたのを見るに、
七味などによって軽いピリ辛感も加えていた可能性が高いです!

要するに例年に比べていくぶんワイルドなタレだったのですよね!

昨年は細かい魚介などを絡めて風味を高める方法でしたが、
今回は香味野菜の持つワイルドさに重点を当てたのですね!

そうすると今回新たに加わったフライドオニオンの意義も見えますね!(=゚ω゚)

要するにタレ、香味油、そしてフライドオニオンの三段重ねで
香味野菜の風味を詰め込んだぶっかけそばにするという狙いが
はっきりと見えてくるような構成になっていたというわけです!

これまでは香味油とタレによる丸みとさっぱり感の両者で
組み立てることが多かっただけに、これは大きな変化でしたね!

「まぜそば」的な感覚へとちょっと近づいたとも言えるかもです!

そして麺ですが・・・なんだかいつも以上に締まってましたね!(*゚◇゚)

基本的には綿麺の限定らしいむちっとした麺だったのですが、
普段以上にギュッと詰まったような凝縮感も感じさせる
いつも以上に引き締まった麺だという印象を強く受けましたね!

かといって、冷たく締めすぎて硬くなったとかいうものではなく、
麺の密度感というか、噛んだときにやってくる押し返しの強さとか、
そうしたところにこれまで以上のものを感じる麺になってましたね!

綿麺の限定向けの麺は汁なし系で無類の相性を見せてくれるので、
もちろん今回もタレや具材との相性は申し分のないものでしたね!

ちなみにこの「冷やしぶっかけそば」は食べる際にまぜそばのように
一気にまぜすぎないのが、おいしく食べるコツの一つだったりします!

大きくまぜるとせっかくの天ぷらのサクサク感も損なわれますし、
生野菜もタレがつきすぎるとシャキシャキ感が抜けますからね!

麺にはあらかじめタレがおおよそ絡んだ形になっているので、
好きな具材を近くに寄せながら食べていくのがいいでしょう!

もう長年夏の定番として綿麺の限定を支えてきたメニューですが、
今年は香味野菜を完全に主役に立てることで大きく変化させるなど、
まさに2017年バージョンの「冷やしぶっかけそば」になってましたね!

サクサクの天ぷら、香味野菜の旨味、凝縮感のある麺、そのどれもが楽しめる一杯でした!(゚x/)モッギュリー

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

田所商店 松原店 北海道味噌らーめん

「田所商店 松原店」へと足を運んでまいりました!
珍しく味噌ラーメンを専門としているチェーン店ですね!

それなりに近いお店なので、一度は訪問しておくべきでしたしね!

看板となっているのは信州味噌らーめん、九州麦味噌らーめん、
北海道味噌らーめんの3種類の地域の味噌ラーメンとなっています!

ただ、これは「信州の味噌らーめん」というような意味ではなく、
「信州味噌のらーめん」というふうに解釈したほうがいいようです!

どうもこちらのお店は地域ごとの味噌ラーメンを再現するのではなく、
地域ごとの味噌を使ってラーメンを作っているお店のようですので!

あくまで味噌、味噌ダレに主眼を置いたお店というわけですね!(*゚◇゚)

なので、メニューにも味噌そのものの解説が載せられています!

メニューなどを見ると最大の看板は信州味噌らーめんで、
次いで北海道味噌らーめんという位置づけのようですね!

自分としてはこちらで提供している「北海道味噌らーめん」と
札幌系の味噌ラーメンを比較したいと思ってそれを注文しました!

田所商店 松原店 北海道味噌らーめん

うん、デフォルトの状態ではチャーシューはつかないようですね!
+120円で一枚つけられるので、つけとけば良かったと少し思いましたが;

まずはスープですが・・・あぁ、たしかに主役は味噌ダレですね!(●・ω・)

ベースとなっているのはライトな豚骨と鶏がらスープのミックスで、
味噌ダレの主張のベースを支えるための役割を担っている感じです!

そして味噌ダレですが、メニューには北海道味噌=辛口とありましたが、
実際に食べてみてもそうした刺すような辛さは全く感じなかったですね!

これはベースのスープが全体を丸めてくれているというのもありますが、
辛口味噌ながらも味噌ダレを作る際にバランスを取っているのでしょう!

なので、非常に飲みやすくすっきりした味噌ラーメンという印象で、
いかにも広範な層に受けそうなタイプのスープだなと感じましたね!

「食べやすく旨味もある味噌ラーメン」というだけで需要はありますしね!

「もっとここがこうなってくれれば」なんて思うところもありますが、
「ここが明らかに足りない」と思わせる要素はこれと言ってないので、
そこを強みとしているスープというふうに言っていいでしょうね!

ただ、どうしてもマニアにはあまり受けないタイプではありますね!
スープのベースなどでもっと確固たる何かを求めたくなりますしね!

面白いのは、食べ進めるうちに味の印象がだんだん良くなる点ですね!(=゚ω゚)

というのも、トッピングであるフライドオニオンと肉味噌の風味が
徐々にスープに溶け出してコクを増す方向に向けていくのですよね!

食べ始めの頃は明らかに札幌系味噌とは別物という軽さでしたが、
フライドオニオンの香ばしさと油脂感、肉味噌が加える豚の風味、
これらが合わさることで多少なりとも北海道ぽさが出てきますね!

ベースのスープがどっしり目の味噌ラーメンという感じになりますし!(`・ω・´)

なので、食べ始めたらフライドオニオンと肉味噌はすぐにスープに
溶かしてしまったほうが、全体の味わいを高める点ではプラスですね!

他のトッピングはもやしとフライドポテトとなっているのですが、
北海道=フライドポテトはなかなか安直さを感じさせてくれますね;

ただ、フライドポテト自体は味噌ラーメンとよく合うのですけどね!
でもその場合はもう少しスープに重厚さがあったほうがいいですが!

もやしについては、個人的には少々蛇足っぽく感じましたね;

どうしても全体の印象をあっさり方向に向けてしまいますからね!

このラーメンに関してはもう少し重厚さを求めたかっただけに、
もやしがそれを反対の方向に引っ張ってしまう感がありましたし!

田所商店 松原店 北海道味噌らーめん

麺はいかにも味噌ラーメン向けな多加水の太麺となっています!

太めで縮れがついていて、食感がブリンブリンと弾ける感じと、
お手本のような味噌ラーメン向けの麺をチョイスしていますね!

なので、麺とスープの相性については全く問題ないですし、
中途半端な麺が合わされているよりは遥かに好印象です!

ちゃんとスープと麺だけでも成立する感じがありましたしね!(*゚ー゚)

マニア的な視点で見ると多少厳しくならざるをえないものの、
ベースをそこそこしっかり固め、味噌はちゃんととがりを抑え、
誰もが「食べて普通においしい」と思えるようなラインへと
全体を落とし込むことに成功しているのは見事と言えますね!

でもって、フライドオニオンなどの効果によって時間差ながらも
スープに厚みが出てくるなど、本格派の味とはまた違うものの、
満足しうる水準にはちゃんと届いてくれたかなという感じでした!

「安心して食べられる味噌ラーメン」として足を運ぶのがいいでしょうね!(゚x/)モッキルン

[メニュー]
田所商店 松原店 メニュー(その1)

田所商店 松原店 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府松原市新堂4-158-1

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.