麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~

11月の限定を求めて阿倍野の「麺と心 7」へと行ってきました!
今月の限定のテーマとなる魚介は「鮭」となっております!

過去記事を調べてみると、鮭白湯の限定ラーメンは2014年以来ですね!

ただ、昨年9月のまぜそば対決シリーズの中で鮭のまぜそばも出てるので、
ラーメン以外にまで枠を広げると昨年も登場したことになりますね!

2015年に鮭系の限定が登場したときもまぜそばだったのですよね!

限定メニューの紹介パネルには「昨年も大好評を」とありましたが、
自分は毎月訪問してるのでたぶんお店側の間違いかと思われます!

ただし2015年に関しては月の前半と後半でメニューが少し変わって、
鮭のラーメンが登場していたという可能性はなくはないですが!

しかし3年ぶりというのはちょっと意外な気もするのですよね!
印象だけで言えば、昨年も鮭系の限定が出てたイメージはありますし!

鮭って非常に特徴の強い魚なだけに一度食べると印象に残りやすく、
3年前に食べたものであっても記憶が鮮烈に刻まれるのですよね!(=゚ω゚)

一昨年、今年と鮭の限定がともにまぜそばだったのを考えると、
やはり個性の強い鮭は本来ラーメン向きの素材ではなくて、
それゆえにラーメンで出すのが難しい面があるのでしょうね!

3年前の記事を読むと、そのインパクトの強さに驚いていますし、
今回も行く前に「大丈夫かな」という思いは正直ありましたしね!

鯛とかイワシあたりだと、かなり安心して食べられるのですが、
鮭に関してはさすがにそういうわけにはいかないですからね!

麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~

ということで、今月の限定の鮭白湯のラーメンがやってきました!
もみじの天ぷらに焼鮭にきのこ、まさに秋満開という感じですね!

まずはスープですが・・・おっ、これは上手くまとめてきてますね!(●・ω・)

たしかに鮭の持っている風味がビシッと前面に出てはくるのですが、
鮭特有のクセが強く出てるとか、生臭い印象を受けることはなくて、
鮭の旨味や風味を出しながら食べやすく調整されているのですよね!

それゆえに3年前のバージョンに比べれば間違いなく大人しいですが、
これより強くするとかなり人を選ぶ味になるのはほぼ確実でしょうし、
鮭の個性と間口の広さの両立という点では非常に上手くできてますね!

ポイントになってるのは鮭の油脂の立て方をきれいに調えた点ですかね!

焼鮭などを食べるときは、その鮭特有の油脂の旨さも重要なのですが、
ラーメンだと鮭の油脂の強さはクセの強さにダイレクトに繋がるので、
それをあまり目立たせすぎないようにしたのは正解だったでしょうね!

そしてもう一つ大きいのは鮭の砕けた身がスープに入ってる点ですね!(*゚◇゚)

今回のスープは大量の鮭のアラと身を使って取っているそうですが、
その中で崩れてスープに溶け込んだ身を一定程度残してるのですよね!

鮭の油脂の主張を抑えると、その分だけコクも弱まってしまいますが、
そこを補ってくれているのがこの鮭の崩れた身だったりするのですよね!

ペースト状に近い鮭の身が少量ではありながらも入ることで濃度も高まり、
鮭の風味、コクをクセをそこまで立てずに高める効果が出てるのですよね!

こうした細かい工夫なども3年前からブラッシュアップされた部分ですね!

トッピングは焼鮭、もみじの天ぷら、しめじ、コーン、海苔、青ねぎ、
そしてごぼうを薄くスライスしてから揚げたものとなっています!

焼鮭がドーンと一切れ乗っているのはかなりインパクトがありますね!
以前もこうしたタイプのトッピングが乗ることはよくありましたが!

焼鮭らしいカリッとした香ばしさもありつつ、ほどよく脂も乗っていて、
ラーメンのトッピングとしても十分に楽しめるものになってましたね!

自分は魚介白湯の限定にチャーシューなどの普通のトッピングが乗るより、
こうした魚介系のトッピングを乗せてくるほうが好きではありますね!

そのほうが全体のまとまりがよりきれいになるという利点がありますし!(`・ω・´)

もみじの天ぷらは葉の部分からはこれといって風味は感じないですね!
ただ衣のサクサク感はほどよく、それだけでも十分に楽しめますね!

基本的には味よりも季節感を出すための具材といった感じですね!

しめじは下味がしっかりつけられていて、食感・風味ともにいいですね!

そういえばごぼうの揚げ物、しめじ、もみじの天ぷらのあたりを見ると、
なんだか秋の公園の落ち葉を見るような感じでいい雰囲気が出てますね!

そしてごぼうの揚げ物ですが・・・これは「座銀」さんのインスパイアですね!
「座銀」に行ったことがある人なら確実にピンと来るトッピングですし!

面白いのはごぼうって、このように揚げると甘みが出るのですよね!

そしてその甘みがコーンの甘さといい相乗効果をもたらしていて、
味の面でも見た目の面でもいい役割を担ってくれていましたね!

そのままカリッと食べてもよし、スープにつけてしんなりさせてもよし、
見た目と味わいの両方が楽しめる面白い具材になっていましたね!(*゚ー゚)

麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~(麺のアップ)

麺はこちらのお店らしい平打ち多加水のストレート麺となっています!

いつもは食べ始めの頃はパツッとした歯切れを感じさせるのですが、
今回はそれ以上にプリプリと弾ける感触が前面に出ていましたね!

それが非常に心地良く、麺を食べる楽しさがいつも以上に強かったですね!
こうして改めて食べると、この麺のクオリティの高さも再実感しますね!

麺に練り込まれている粒状のものはおそらく焙煎小麦でしょうね!
それによってふわっとした感じながらも小麦の香りが上がってきます!

鮭という個性の強い素材を使いながらもクセを上手く抑えていて、
なおかつ鮭らしさも引き出すなどバランスがなかなか良かったですね!

それでも多少なりとも好みが分かれるスープではあるでしょうが、
あえて食べてみるだけの価値は十分に感じられる一杯でしたね!

見た目と味の相乗効果を見せてくれたトッピングも良かったですしね!

鮭という難しい素材を上手くまとめあげてくれた一杯でした!(゚x/)モキリュッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~

10月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!
10月の限定はサンマをテーマとした「秋刀魚醤油そば」です!

こちらのお店では秋になるとサンマの限定がよく登場しますね!
昨年はもちろん、2014年にも秋刀魚白湯のラーメンが出てますね!

昨年はサンマを使って熟成した醤油の風味が素晴らしく、
タレで魚介の旨さを立てるというスタイルだったのですよね!

そこにすだちを絞って味変をするというアイデアも面白く、
「秋刀魚醤油」の旨さをじっくり楽しめる一杯でしたね!

それに対して今年はどのような路線で来るのでしょうね!(=゚ω゚)

麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~

うん、いかにも「麺と心 7」の限定らしいビジュアルですね!
具材の組み合わせなどに遊び心が満載なのがうかがえます!

まずはスープですが・・・うん、サンマそのものという風味ですね!(●・ω・)

サンマ節を大量に使って作ったスープということで、
もっと節系らしい旨味が主軸に感じられるかと思いきや、
それよりはサンマ全体の風味がそのまま出ているような、
焼サンマから感じられるような風味がスープに出てますね!

おそらくベースの部分はサンマ節で固めてあると思いますが、
そこに付加的に鮮魚のサンマの身やワタといった要素を
スープに取り込んで作られたのではないかと思われますね!

節100%のスープだと、ここまでサンマのクセの部分は出ず、
もっと素直な和風だし的な風味としてまとまるでしょうしね!

とりわけそうしたサンマ特有の風味はスープだけを飲むと顕著で、
この部分に関しては好みが一定程度分かれそうではありますね!

説明にあったようにサンマ節の旨味をとことんまで効かせて、
他の要素は加えずスープを構成する手もあったでしょうが、
こちらの限定はどこか突き抜けた部分が求められているので、
節オンリーだと「らしくない」一杯になったかもですしね!

魚系の素材だとクセも一定程度出してこそというのが、
こちらのお店のスープという側面がありますならね!(*゚◇゚)

かつてはそれでやりすぎ感まで出てしまうこともありましたが、
今回はそのあたりは上手くバランスが取れていると言えますね!

というのも、クセも含めたサンマの要素を緩和するための
様々な工夫がトッピングのほうに凝らされているのですよね!

奥に見える白髪ねぎっぽいものは、何と大根なのですよね!

さんまの塩焼きと言えば大根おろし、この発想を生かして
白髪ねぎではなく大根の細切りを薬味に採用したわけですね!

またさんまの塩焼にはすだちをかけることが多いですが、
すだちの皮が左の奥のほうにけっこう乗せられています!

すだちは香りが強いので、麺と絡むように食べるとほどよく、
大根は多めに取って麺と一緒に口に運んで食べるようにするか、
あるいは単独で食べることでアクセントにしてもいいですね!(*゚ー゚)

自分で卓上の柚子胡椒を入れるというのも一つの方法でしょうね!
これもサンマの風味と柑橘の香りでバランスが取れますし!

そしてもう一つ面白いが2種類の鶏具材なのですよね!

今回は鶏むね肉と鶏もも肉の2種類が入っているのですが、
どちらもすだちの風味があらかじめついているのですよね!

まさか肉具材にそうしたスープの持つサンマのクセを
上手く和らげる工夫が凝らされているとは意外でした!

もう一つの肉具材であるレアチャーシューはいつも通りですが!

そしてもう一つ目立っていた具材がさんまの竜田揚げです!

単体の具材としては最も存在感があったと言えますね!

自分としてはおなじみのレアチャーは抜けてもいいので、
この竜田揚げが2・3個入っていたらさらに満足できましたね!

醤油系の下味がしっかり施され、衣はサクサクとしていて、
なおかつさんまの肉の旨さも味わえる秀逸な竜田揚げでした!(`・ω・´)

他の具材としては水菜となめこが入っているのですが、
なめこはとろみがあるのでスープとする一体化しますね!

なので、スープを飲む際に自然と入ってくる感じでした!
一応は秋らしさの演出のために入っているのでしょうね!

麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~(麺のアップ)

麺はもっちり感の強い、断面の四角い太めのストレート麺です!

こちらのお店ではやや平打ち気味の麺を少し軽めに茹でること、
前半は歯切れの良さを、後半はもっちり感重視の麺が多いですが、
今回の麺は完全にもっちり感に比重を置いた麺と言えますね!

サンマという個性の強い素材のスープと合わせるうえで、
それに負けない存在感の麺を起用してきたのでしょうね!

自分はこちらのこのもっちり感重視の麺もかなり好きなので、
表面のつるみも食感もしっかりと楽しむことができましたね!(`・ω・´)

昨年が「熟成サンマ醤油」に重点を置いた一杯だったとするなら、
今年はサンマの総合性を演出したスープという感じでしたね!

それゆえにサンマのクセの部分もあえて出されてはいますが、
そこも含めて今回の限定の魅力の一つと言っていいでしょう!

サンマの焼き魚の定番である大根やすだちを起用することで、
サンマを食べる仮想体験をラーメンで楽しむ感じもありましたし!

非常に広い側面からサンマらしさを楽しめる一杯でした!(゚x/)モキローン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~

9月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
飛魚系の月別限定が出るのはおそらく2年ぶりになりますね!

昨年の9月は社員さん達がオリジナルのまぜそばで競い合う
そうした変則的な限定になっていたこともありましたしね!(*゚ー゚)

こちらのお店はかなり意外性のある素材を使うことが多いですが、
飛魚(あご)は最近ではラーメンでもポピュラーになってきましたね!

麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~

ということで、飛魚白湯のラーメンが登場いたしました!
味変用のアイテムとして梅肉が添えられる形となっています!

まずはスープですが・・・おっ、上手くクセが抑えられてますね!(●・ω・)

飛魚って非常にいい旨味を持った素材であるのと同時に、
けっこう苦味などのクセも強かったりするのですよね!

しかしながら、このスープは飛魚らしい旨味はしっかり引き出しつつ、
そうした苦味などの好みの分かれる要素は上手く抑え込まれています!

こちらのお店ではあえて素材の特徴を強烈に出すこともありますが、
今回は丸みを持たせてまとめあげることに重点を置いた感じですね!

それでいて飛魚ならではの香ばしさはきっちりと生きています!

麺と一緒に食べたときもそうした香りがほどよく麺に絡みますし、
スープだけで味わうとそうした飛魚の個性がより感じられます!

この香ばしさが感じられてこその飛魚だしとも言えますからね!

もちろんこちらのお店らしい白湯系ならではのとろみもあって、
ほどよいポタージュ感を楽しむことのできるバランスになってます!

そして味変用の梅肉ですが、まずは麺に少し絡めて食べてみました!(=゚ω゚)

すると、意外にもそこまで梅肉だけが目立つ形にはならないのですよね!

梅って非常に主張の強い素材なので合わせるのに難しさがありますが、
今回はベースである飛魚スープがかなりしっかりしていることもあり、
梅肉と合わせたときの変化がちょうどよく感じるぐらいなのですよね!

そしてこの梅肉はスープに溶かして味変することもできるのですが、
自分が食べた感じだと麺に絡めつつ食べたほうがオススメですね!

というのも、梅肉をスープに溶かしても意外と変化が少ないのです!
この変化の小ささについては食べていてちょっと驚かされましたね!

主張が強いはずの梅肉なのに、飛魚だしに力強さが宿っているので、
ちょっとやそっとだと、逆に梅肉のほうがかすんでしまうのですね!

もっともいきなり全部溶かしてしまえばかなり味も変わるでしょうが、
それよりは部分的に絡めつつ食べたほうがいいアクセントになりますね!

そしてもう一つスープにいい変化をつけてくれるのがとろろ昆布です!

こちらもスープに完全に広げて味に変化をつけることもできますが、
梅肉と同様に麺に絡めつつ食べるといい変化がつくのですよね!

でもって、梅肉と同時に絡めて食べるなんていう手もあったりします!
そうすると梅の酸味と昆布の旨味がいい相乗効果を生み出してくれます!

それでも梅や昆布が勝たないのは、ベースのスープが力強いからこそですね!(*゚◇゚)

梅肉ととろろ昆布以外のトッピングはレアチャーシュー、
飛子、舞茸、水菜、白髪ねぎという構成になっています!

今回のレアチャーシューは脂身が少なかったこともあってか、
自分の好みにもピッタリとハマっていてくれてましたね!

でもって、今回の飛魚だしとの相性も良かったのでしょうね!

そして飛魚の卵である飛子ですが、これは面白かったですね!

今では一部の回転寿司などで見かけることもあったりしますが、
プチプチとしていてクセがなく、非常にいい味なのですよね!

サイズ的にはししゃもの卵を一回り大きくしたような感じです!

スープとまぜてしまうと存在感が打ち消されてしまうので、
ときどき単独でつまむようにして食べるのがいいでしょうね!(`・ω・´)

そして舞茸もなかなかいい存在感を発揮してくれてましたね!

こちらは飛魚と合わせるという狙いで入れられたというより、
秋を感じさせる素材として加えられたような感じがしましたね!

舞茸ってきのこの中でも特有の旨味をしっかりと持ってるので、
それが飛魚の持つ強い主張の中でも見事に生きていましたね!

水菜は薬味的に全体にさっぱりとした感覚を与えてくれてましね!
他の素材がどれも個性が強いだけに逆に目立つ感じもありました!

麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~(麺のアップ)

麺はいつものこちらのお店の麺をやや細くした感じになってます!(=゚ω゚)

焙煎小麦を練り込んだやや平打ち気味に仕上げられた麺ですが、
細めにすることでプリプリ感がより強調された感じになって、
飛魚だしの中で上手く弾けているような感覚が生まれてました!

小麦の風味もしっかりしていて、弾力もなかなか強めの麺なので、
今回のような強めのスープの中でも全く埋没しないのがいいですね!

梅肉や昆布と絡めて食べたり、白髪ねぎを絡めつつ食べたりと、
今回の麺はいろんな素材と絡めることでいそがしくなりましたね!

飛魚ならではの主張の強さや香ばしさはしっかり引き出しながら、
クセや苦味などは上手く抑えつつほどよいポタージュ感を持たせ、
さらに梅肉や昆布などの味に変化をつけてくれる要素を加えたりと、
飛魚の王道の旨さを出しながらも面白い試みもたくさんありましたね!

飛魚の旨さとこちらのお店の創作性の両方が楽しめる一杯でした!(゚x/)モキルッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

自由が丘蔭山 キューズモール店 鶏白湯塩そば

あべのキューズモール4階にできた「自由が丘蔭山」に行ってきました!

以前まで「支那そばや キューズモール店」があった場所ですが、
少し前にキューズモール内のレストランが大幅に入れ替わり、
その一環としてこちらのお店が新たに入られたみたいですね!

「蔭山」という名前からどこかで見たような気がしていたら、
以前に「蔭山樓」の鶏白湯ラーメンがカップ麺化されてました!

この「蔭山樓」は本来はフカヒレなどを扱う中華料理店なのですが、
鶏白湯ラーメンの評判がいいこともあり、ラーメンを専門で扱う
「鶏白湯 蔭山」を高田馬場などに展開するようになったようです!

その流れでこちらのキューズモールにも開店されたみたいですね!
ちなみに自由が丘に店舗を構えているのは「蔭山樓」の本店ですね!

自由が丘蔭山 キューズモール店 鶏白湯塩そば

今回は最も基本である「鶏白湯塩そば」を注文いたしました!

味玉抜きのバージョンを-50円で注文することもできましたが、
どうもこちらが標準のようなので味玉ありのほうにしました!

右に見えるレモンとミニご飯は自動的についてくるものです!

まずはスープですが・・・おっと、クセの全くない鶏白湯ですね!(●・ω・)

これまでクリーミー系の鶏白湯はいろいろと食べてはきましたが、
ここまでクセを感じさせない鶏白湯スープはそうはないですね!

「徹底してクセを抑えきった鶏白湯」と言ってもいいぐらいです!

ただ、かといってライト系の鶏白湯というわけでもないのですよね!

もちろんごってりとしたタイプの鶏白湯とは明らかに違ってますが、
鶏のコク、まったり感、クリーミーさはしっかりと感じられます!

鶏白湯系のラーメンというと、後半にかけて徐々に重くなりますが、
このスープはこれまで食べた中でもその重さを感じなかったですね!

鶏白湯はそうした重さやクセが多少人を選ぶこともありますが、
それがないだけに初めて食べる鶏白湯としては特に向いてますね!

ここを入口に鶏白湯に入っていくというのも十分に考えられます!(*゚ー゚)

また、最近はクセを抑えた豚骨ラーメンが女性に特に人気ですが、
このスープはそのラインで見ればそれを上回る力がありますね!

鶏のまろやかさが潤沢でありながら、クセがなくしっかりまろやか、
その丁寧なスープの口当たりと風味は特筆できるものがあります!

一方でラーメンに一定のワイルドさを求めるような向きからすると、
こちらのスープはあまりに優等生的に感じられる可能性もありますね!

きれいすぎるほどきれいに角を削ぎ落したスープとも言えますし!

レモンは麺を半分ほど食べたあたりで入れるのを推奨されています!

入れるとややまったり感が後ろに下がってすっきり感が増しますが、
もともと重さやクセの感じさせない鶏白湯スープとなっていることから、
重く感じないのであれば入れずにそのまま食べ進んでもいいでしょうね!

なので、少し重く感じた場合の味変素材と考えたほうがいいかもです!

トッピングは蒸した鶏胸肉、サニーレタス、玉ねぎ、水菜、
フライドオニオン、そして味玉という構成になっています!

蒸し鶏はしっとりとしていて麺と絡めて食べると鶏の風味が高まり、
一つの具材としても全体の構成する要素としても活躍しています!

サニーレタスはラーメンのトッピングとしては非常に珍しいですね!(=゚ω゚)

こうしたサラダ的な具材を入れることで、さらにさっぱり感を増し、
鶏白湯の持っているヘヴィな側面を抑えているとも言えるでしょう!

水菜についても同様で、玉ねぎも辛味を強調するというよりは、
ごく軽めに全体にアクセントをつける程度の役割となってます!

一方のフライドオニオンは香ばしさやコクを高める役割ですね!
ただ、あくまで軽くその風味に変化をつけるぐらいの効果ですが!

味玉は今回はちょっと熱が入りすぎていたような感じでしたね!
ただ、メニュー写真などを見る限りどうも個体差のようですが!

味付けの濃さなどはほどよく、硬さ以外には弱点はなかったです!

自由が丘蔭山 キューズモール店 鶏白湯塩そば(麺のアップ)

麺はかなり太めで縮れも強めについた麺となっています!
間違いなくこのラーメンの大きな特徴と言っていいでしょう!

鶏白湯というと、加水の低めの細麺が合わされることも多いですが、
そうした麺と比べると対極的と言ってもいいぐらいに異なる麺ですね!

これだけ太くて縮れが強いと、一気にすすって食べるのが難しく、
少しずつ箸で持ち上げるような食べ方が想定されてるのかもですね!

そう考えると、そのあたりも女性層向けという感じがしてきますね!

低加水の細麺はスープ乗りが良く、それゆえに体感的な濃度を
より高める方向へと振り向けるような効果を持っていますが、
この麺は逆なので、そこも一つの狙いになってるのでしょうね!

小麦の風味が強く出ることで、重さを緩和する効果があって、
やはりこれもまた食べやすさを演出する方向に向いています!

とにもかくにもほんと上品な鶏白湯ラーメンを指向してますね!(*゚◇゚)

そして麺を食べ終わった後はミニご飯を入れて雑炊風に食べます!

鶏白湯ラーメンのスープ+ご飯という構成はときどき聞きますが、
このスープはとりわけご飯と合うタイプと言っていいでしょうね!

「少し白濁した鶏スープで作る雑炊」をよりまったりさせた感覚、
それだけにご飯に合うのも当然と言えるほどでもありますからね!(`・ω・´)

ラーメン特有のワイルドさは皆無ながらも欠点のない一杯ながら、
大きな弱点を挙げるとしたらコストパフォーマンスなのですよね;

今回の標準のラーメンだけで税込950円というのはさすがに高く、
味玉とミニご飯が付くとはいえ、気になる点なのはたしかですね!

でもって、肉系のトッピングが蒸し鶏だけだったりもしますしね;

それゆえクセのない鶏白湯で他にも好きなお店があるとしたら、
どうしてもそちらを優先しがちになる側面はあるでしょうね!

一方でここまでクセを抑えきったスープはあまりないだけに、
やや高くともその点で固定ファンをつかむだけの力はありますね!

とにかくクセのない鶏白湯を求めるなら十分オススメできる一杯でした!(゚x/)モキキュッ

[メニュー]
自由が丘蔭山 キューズモール店 メニュー

自由が丘蔭山 キューズモール店 セットメニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール 4F

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~

8月の月別限定を求めて「麺と心 7」に行ってきました!

体調が悪かった頃は月の下旬の訪問が多かったですが、
最近は月の早いうちに訪問するようになってきましたね!

今回も訪問したのは8月3日とかなり早いタイミングでしたし!

さて、今回の魚介白湯の素材は「あさり」となっています!(=゚ω゚)

こちらのお店は7月や8月は月別限定が冷やしになってくれるので、
訪問する側としても非常に気軽に行くことができるのですよね!

熱いラーメンだとこの時期はそれだけで少し構えますからね;

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~

というわけで、「冷やしあさり白湯」がやってきました!
麺量はもちろん無料で増やせる「中盛」としています!

いかにもこちらのお店らしくトッピングが豪華ですね!

奥には海苔、中央には焦げ目をつけたキャベツを中心に
そこにあさりのむき身や輪切り唐辛子などを乗せています!

その右側には炒めたエリンギ、右奥には殻付きのあさり、
そして右手前にはなんと柴漬けが入ってるのですよね!

ラーメンのトッピングで柴漬けというのは初めて見ました!

まずはスープですが・・・やはりあさりは外してきませんね!(●・ω・)

魚系に比べると、貝の旨味はクセがあっても誰もが慣れてますし、
旨味と個性も強いので、それだけでも味がきれいに決まりますね!

貝系を主役に据えたラーメンで外してくることはまずないですね!

以前に出たことのあるはまぐりのラーメンほど強烈ではないですが、
それでもあさり特有の旨さがストレートに伝わってくるスープです!

醤油を使わないあさりのお吸い物をイメージしても近いですね!

もちろんこちらは冷やしのラーメンなのでそこは大きく違いますが!
貝系の旨味って、冷やしでも全く損なわれずに生きてくれますね!

貝系のラーメンって旨味の直球感がものすごかったりしますが、
こちらは豆乳を使うことでそこに上手く丸みをつけてますね!

豆乳の持っている風味がダイレクトに出てくる感じではなく、
貝特有の旨味を丸める役割というふうに言ったほうが近いです!

おそらくスープ本体と左奥に見えるエスプーマ(泡)の両方に
豆乳が使われていて、ベースのほうにも一定の丸みをつけつつ、
エスプーマによってさらにコクを高めるという感じなのでしょう!

ただ、食べているとエスプーマはそこまで目立たなかったですが!(*゚◇゚)

そしてこのラーメンはトッピングも面白い役割を演じてましたね!

今回のトッピングは単にラーメンの上に乗っているだけではなく、
具と一緒に麺を食べることで全体の完成度が高まる感じでしたね!

トッピングはレアチャーシュー、海苔、キャベツ、あさり、
エリンギ、輪切り唐辛子、そしてなんと柴漬けが乗ります!

この中で最もびっくりしてしまうトッピングは柴漬けですよね!
柴漬けが乗るラーメンなんて自分としても初めて見ましたし!

そうすると一見なんだかふざけているようにも見えるのですが、
トッピングの中でも最もハマっていたと言えるほどの相性でした!

冷やしということで、柴漬けのさっぱり感が上手く合いますし、
かつ食感の面でもあのパリパリ感がアクセントになるのですよね!(`・ω・´)

このトッピングはちょっとアイデア賞ものと言っていいですね!

そしてもう一つ欠かせないトッピングがキャベツでしたね!

ちょっと焦げ目をつけることで甘さと香ばしさを出していて、
麺と絡めて味を高めるという点では最も貢献していましたね!

この焦げ目による風味のアクセントがよく効いていましたね!

そして風味を重ねるという点では海苔もよく活躍していました!

海苔はもともと磯の香りがあるので貝とは相性がいいですし、
麺と一緒に食べることで予想通りの旨さを発揮してくれます!

炒めたエリンギも食感と風味でアクセントになってましたね!
エリンギはきのこの中でも特に食感が生きてくれますからね!!

純粋にトッピングとして楽しめるのがあさりとレアチャーです!

あさりは殻付きを2個と、キャベツの上にむき身が数個乗ってます!
食べやすさとビジュアルを両立させた乗せ方と言えるでしょうね!

全部殻付きにしてしまうと、どうしても食べにくくなりますし!

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~(麺のアップ)

今回は焙煎小麦が練り込まれた平打ちストレート麺が使われています!

いつもは歯切れの良さを残すような茹で具合であることが多いですが、
今回は冷やしということで、つるみをより重視した感じでしたね!

なので、多加水麺らしいプリッとした質感がしっかりと感じられ、
それでいて硬さではなくしなやかさを感じさせる食感に調整され、
なおかつつるつるとすするのが心地いいバランスのいい麺でした!

こちらで食べる平打ち麺の中でも特に印象が良かったかもですね!(*゚ー゚)

冷やし向けの麺って食感が強くなりすぎることも多いのですが、
こちらはそうした面での調整もずいぶんと上手くなってますね!

それにしても冷やしラーメンもずいぶんと定着してきましたね!
今では冷やしを食べても珍しさなどは特に感じないほどですしね!

スープについても冷やしすぎない絶妙のラインになってましたし、
長い間の経験あっての旨さなのだなぁ、とも思わされましたね!

貝の旨さをきれいに丸めつつ、トッピングも楽しい一杯でした!(゚x/)モキーン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 冷やしまぐろそば ~漬け鮪切り身のせ~

7月の魚介白湯の限定を求めて「麺と心 7」に行ってきました!
今回は暑くなってきたこともあって、冷やしの限定となってます!

さて、今月の魚介限定のテーマは「まぐろ」なのですが、
この月別限定でまぐろが使われるのは初めてになりますね!

それ以外の特別な限定でまぐろが使われたことはあるかもですが、
その月の一定期間ずっと提供される限定としては初となります!

それでしかも冷やしとなると、期待度も高まってきますね!(`・ω・´)

麺と心 7 冷やしまぐろそば ~漬け鮪切り身のせ~

というわけで、今月の「冷やしまぐろそば」がやってきました!
おっと、このビジュアルは予想していたのと大きく違いましたね!

というのも、事前に店主さんのブログで掲載されていた写真では、
もっと清湯系の醤油ラーメンぽいビジュアルだったのですよね!

でもって、まぐろももう少し普通の刺身っぽく見えてましたが、
こちらではしっかりと漬け込んだヅケのまぐろとなっています!

これはやはり「魚介白湯」というテーマに合わせるためでしょうね!
店主さんの写真のままだと、明らかに白湯ではなく清湯ですからね!

でも清湯バージョンも食べてみたかったかもと思ってしまいますが!

まずはスープですが・・・おっと、これは想像以上にまぐろですね!(●・ω・)

冷やしでまぐろということで、すっきり感を予想していたのですが、
まぐろの骨やアラからその風味がとことんまで引き出されていて、
一口でまぐろとわかり、それでいて圧倒されるほどの力があります!

しかもそこに表面に散らされている鮪オイルも加わってくるので、
スープからドスッと力強いまぐろの風味、そしてオイルの強いコク、
さらにトッピングのツナがさらに全体のまぐろ感を押し上げるなど、
ひんやりしながらも同時にまぐろのパンチ力を感じる仕上がりです!

まぐろの中骨などは、他の魚介とは全く違うコクを持っていて、
魚介系の中でもクセが控えめでかつどっしりした旨味があるので、
これまでこちらのお店であまり使っていなかったのが意外ですね!

そうしたまぐろの力強さを冷やしで引き出してきたのも面白いですが!
このスープだったら、温かい麺でも十分成立する力がありますしね!

単に夏向けにさっぱりと作ってきたようなスープではなくて、
「冷やしだけど力強い」仕上がりを目指したのが伝わりますね!

そしてトッピングは漬けまぐろ、ツナ、オクラ、プチトマト、
海苔、油揚げ、ねぎという組み合わせになっています!(*゚◇゚)

魚介白湯の限定ではレアチャーシューが乗ることも多いですが、
自分は今回のように魚介に絞ってくれるほうがうれしいですね!

そのほうが具まで含めて「魚介白湯」という雰囲気が出ますし!

まず主役である漬けまぐろは非常にしっかりと味が染みて、
食感はまぐろの刺身そのものといったものとなってます!

なので、単独で食べるよりは「麺のおかず」のようにして、
麺を食べる前やその後につまむとちょうどいいですね!

プチトマトはいかにも冷やし向けに用意された夏野菜で、
食べると冷やしらしいさっぱりとした風味と甘みを運びます!

油揚げだけは少々位置づけが謎ですが、スープをよく吸わせて、
そのうえで食べるとなかなかいい味わいを楽しむことができます!

そして残るツナとオクラですが、この2つも面白かったですね!

ツナはまぐろの身を茹でてほぐしたものということなので、
純粋な具というよりはスープの一部に近いものがあります!

スープと具材をまぜると自然に麺に絡んでくるなどして、
全体のまぐろ感を満遍なく引き上げる効果を見せてました!(=゚ω゚)

そして面白いのはオクラで、普通に見れば夏野菜の具材ですが、
これを全体とまぜるとスープの粘度がグッと上がるのですよね!

それによって、スープと麺、具材との一体感が上がるので、
単に具材としてではなく、全体とまぜるのがオススメです!

オクラの粘りの持っている効果を上手く使っていましたね!

麺と心 7 冷やしまぐろそば ~漬け鮪切り身のせ~(麺のアップ)

麺はこれまでよりも薄めで、プリプリ感が光る麺でしたね!

冷やしということで、ビシッと締まった食感かと思いきや、
非常にすすり心地も良く、麺のプリ感も実にほど良くて、
今回のラーメンの隠れた主役と呼べるほどの存在感でした!

これはスープの温度をそこまで下げなかった効果も出ていますね!(*゚ー゚)

冷やし系のラーメンとなるとキンキンに冷やすことも多いですが、
そうするとせっかくの麺の食感が締まりすぎることもあるのですよね!

その点、このラーメンはそこまで強烈に冷やしてないので、
それがこの麺の絶妙の食感のラインを引き出した面もあります!

とにかくキンキンに冷えた冷やしラーメンを食べたい、
さっぱり感を強く感じられる冷やしを食べたいという、
そうした狙いだと多少外れてしまう可能性もありますが、
冷やしだけど主役のまぐろの風味をしっかり味わいたい、
そうした狙いであれば見事に期待に応えてくれるでしょう!

とにかく魚介の風味の濃厚さにこだわっているお店だからこそ、
それゆえに味わうことのできるまぐろの旨さが詰まっていて、
ひんやりながらもしっかりまぐろに溺れられる一杯になってました!

冷やしとして以上にまぐろとしての旨さを味わいたい人にピッタリです!(゚x/)モキルーン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 冷やしまぐろそば ~漬け鮪切り身のせ~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍

あべのキューズタウンにある「汁なしゴジラ」に行ってきました!(`・ω・´)

かつて「つけ麺きゅうじ」があったところに新しくできたお店です!

というか、運営母体そのものは「つけ麺きゅうじ」と同じなので、
お店の運営形態を大幅に変えて新店を作ったという形ですね!

どうも「きゅうじ」も後期には担々麺がメイン化してたようですが!

通し営業ということで時間を選ばなくていい利点があったので、
「スパワールド」に行く際に寄ることが何度かあったのですよね!

ただ、店内というか店員さんの雰囲気や調理の態度が著しく悪く、
最初の2回は何とか我慢しながら訪問を続けてはいたものの、
3回目の際に前代未聞の「人肌の温かさのラーメン」が登場し、
このブログで唯一の激烈な酷評をして足を運ばなくなりました;

それももともとそういう味なのではなく、完全に調理ミスでしたからね;

こうした店内のネガティブな雰囲気は多くの人も感じてたようで、
出だしこそ評価も上々だったものの、2015年頃にはこの周辺の中で
食べログで唯一平均3点を切り、最下位に沈んでしまってましたからね;

そうしたことからリニューアル後も行くのに躊躇したのですが、
嫌な雰囲気ならこれきりにすればいいと割り切って入りました!

そういえば「つけ麺きゅうじ」時代の最後に訪問した日って、
例の水曜と土曜の用事に関わった最初の日だったのですよね;

そしてそこから解放され、同じところにできた新店に入る、
偶然ではありながらも何か一回りしてきたような感もしますね!(*・ω・)

さて、お店に入るとその雰囲気は以前とは一変していました!

おそらく店長と思われる人を中心に動きはキビキビしていて、
当たり前ではあるのですが調理への集中がはっきり伝わります!

ちょっともう一人の店員さんが注文で混乱してる感はあったものの、
そのあたりはリーダーの人が細かい指示を出してカバーしてたので、
注文の把握のシステム面には改善の余地もまだありそうながらも、
満員の状態でもおおむねちゃんと回っている感じはありましたね!

雰囲気や調理態度に関しては以前の悪い面影は全く感じなかったので、
これなら味次第ではちょくちょく足を運ぶという可能性も出てきますね!

日によって以前のような状態に戻っているとかがなければいいですが!

さて、注文したのは最も基本のメニューである「汁なし担々麺」です!
辛さが「なし」から「10倍」まで選べますが、とりあえず4倍にしました!

表では4倍の次が8倍と急に飛んでいたので4倍にしたのですが、
その中間の6倍などを注文することもできるのですかね!

麺量は150~400gまで50g刻みで同料金で注文することができ、
辛さも追加料金はなく、ねぎの量についても無料で選べます!

また、汁なし系にはつきものの「追い飯」も無料でできます!

汁なし担々麺は730円なので、この価格で十分満腹になれますね!
コストパフォーマンスという点では非常に優れていると言えます!

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍

ということで、今回は麺350g、辛さ4倍、追い飯ありで注文しました!
とにかく汁なし系の麺料理はがっつり行ってこそのものですからね!

面白いのは乗っているひき肉が肉味噌にはなっていない点ですね!
おそらく下味もほとんどない、ニュートラルなひき肉となってます!

これは肉味噌の味とタレの味を合わせることで味を作るのではなく、
完全にタレのみによって味を固めるという狙いがあるからでしょう!

なので、ひき肉もタレを絡めて食べることが大前提となります!

まずはその味ですが・・・うん、汁なし担々麺としてはベーシックですね!(●・ω・)

味の根幹をなしているのは汁なし担々麺らしく芝麻醤(ねりごま)で、
そこに多めの動物系油脂でコクを加え、担々麺らしい唐辛子系の辛味、
さらに花椒による痺れについてもけっこう強めに効かされています!

自分は辛さ耐性がそこそこ高い部類には属するので、
あまりそのまま参考にしてしまわないほうがいいですが、
4辛でもそれでもビリビリと辛いと感じるものではないですね!

辛口好きなら4辛よりも上に挑戦しても問題ないと思います!
ただ、後半にかけて辛味が徐々に蓄積してくる感はありますが!

また、花椒の痺れについても前面にガンガン出ては来ませんが、
気付くと舌に痺れが残るという感じで遅効性で攻めてきます!

どうもこちらのお店の辛さは痺れも込みになってるようなので、
強い辛さに挑戦する場合は花椒耐性も込みで考えると良さそうです!

ベースの味は芝麻醤なので、ごまのまろやかさが中心にあり、
そこに動物油脂が加わるので、全体的にまったり感が強いです!

店内のにんにく臭が凄かったので、タレもそうかと思いきや、
どうも香味野菜についてはほどほどに効かせているぐらいですね!

どうもあの強烈なにんにく臭は「油そば」のタレなのでしょう!
特にお店の奥の席にいるとその臭いに圧倒されそうになりますね!

その店内のにんにく臭だけで服にかなり臭いがつきましたし(;゚ω゚)

この後に行ったスパワールドで服を入れていたロッカーを開けたとき、
思わず「うわっ、にんにく臭っ!」と言ってしまうほどでしたからね!笑

トッピングは豚ひき肉、細切りメンマ、青ねぎという組み合わせです!
チンゲン菜ではなく青ねぎが入るというのが珍しくもありますね!

汁なし担々麺では豚ひき肉は甜麺醤や豆板醤などで炒めて
肉味噌風にして乗せるというスタイルを取るお店も多いですが、
こちらはもともとタレの風味が濃いめなので味付けは控えめです!

あくまで麺と一緒にタレと絡めて食べる具材の一つという感じですね!

メンマは細切りだからそこまで存在感はないかと思いきや、
実は3つの具材の中で最も目立っていたのはメンマでしたね!

細切りにすることで、逆にコリコリ感が引き立つようになっていて、
麺と一緒に食べるとメンマの食感がものすごく目立ってくるのですよね!

単体で食べても十分に楽しめるぐらいの主張を持ったメンマですね!(*゚◇゚)

青ねぎは全体の風味にアクセントを与えるような役割ですね!

青ねぎが乗る汁なし担々麺というと「広島風」が連想されますが、
バリエーションとして「広島風」の提供をしてもいいかもですね!

広島風だと細麺なので、提供までの時間も短くできますし!

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍(麺のアップ)

麺はまぜそば向けに開発された断面の四角い太麺となっています!

「きゅうじ」時代のつけ麺の麺は事前に強く締めることもあってか、
麺の食感がかなり硬めになってしまうという特徴があったのですが、
こちらは一定程度は表面にがっしりとした食感は持っていつつも、
食べ進めるうちに表面のあたりもほどよい質感となっていって、
噛んだときのもっちり感と合わせて楽しめるようになってますね!

麺とタレとの調和という点では「きゅうじ」より遥かに好印象ですね!(*゚ー゚)

やや気になる点があるとすると、タレをたっぷり麺と絡めると、
いくぶん塩カドが立ったような風味になってしまう点ですね!

なので、絡め具合をほどほどにしたほうがおいしかったりします!
このあたりの塩分濃度はもう少し調整してもいいかもですね!

汁なしゴジラ 汁なし担々麺 辛さ4倍(締めご飯)

麺を食べ終わったら、最後は無料サービスの「追い飯」で締めます!

まぜそばというと、締めにご飯を合わせると非常においしいので、
そこを無料サービスとして押さえてくれているのは高ポイントですね!

タレの味がやや濃いめなので、ご飯と合わせると非常に合いますね!
塩分とのバランスという点ではご飯のほうが良かったぐらいですし!

誰もが好めるように調整したオーソドックスな汁なし担々麺ですが、
以前の「きゅうじ」の持っていた弱点のほとんどが解消されていて、
なおかつ味も整っているとなると今後も利用したくなってきますね!

服ににんにく臭がつくことだけは覚悟が必要なのかもですが!

ちょっと阿倍野に出る機会があるときなどに利用しようと思います!(゚x/)モキリン

[メニュー]
汁なしゴジラ メニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目6-1

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

麺と心 7 海老白湯ラー麺 ~海老アボカドのせ~

6月の月別限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!

このところは20日前後に訪問することが多かったのですが、
今回はいち早く6月3日というタイミングで行ってきました!

これも自分の行動の活発化の一つの表れと言えるかもですね!

さて、今月の魚介白湯の限定のテーマは「海老」となっています!

「海老」をテーマにした限定は毎年必ず一度は出ていますね!
甘エビをベースに作られている点は昨年と共通しています!

昨年はこれでもかとガツンと海老の主張を効かせたスープに、
貝と海老で作った自家製XO醤をミックスするという形でしたが、
今年はアボカドや味変用の大葉が加わるなど大きく変化しています!

今年はどんな感じに海老の旨味を打ち立ててくるのでしょうね!(*゚ー゚)

麺と心 7 海老白湯ラー麺 ~海老アボカドのせ~

海老にアボカドに別添えの大葉・・・なんだか寿司を連想しますね!

そう考えてみると、トッピング類の多くが寿司に関連してますね!

海老アボカド、海老玉ねぎ、海苔、大葉、どれも寿司に使われますし、
今回が甘海老メインのスープなのも含めて、アイデアの元になったのは、
そうした海老を使った寿司に使われるモチーフだったのかもですね!

まずはスープですが・・・海老の風味が濃厚でかつクリーミーですね!(●・ω・)

面白いのはモチーフになっているのが海老を使った寿司なのに対して、
スープから連想されるのはむしろ洋風の海老系ソースなのですよね!

端的に言うなら、このスープにホワイトソースを合わせたうえで、
コロッケの種にしたらものすごくおいしいだろうと思わせる味です!

というか、ここまま粘度を高めて揚げても抜群に旨いでしょうね!

おいしい海老クリームコロッケでも、もっと海老の味が欲しい、
と思ってしまうのが常ですが、これだけの海老の旨味がもしあれば、
もうそうした文句は言わせないぐらいの海老の旨味が生きています!

サイドメニューでこのスープをもとに作ったコロッケが欲しいほどです!笑

そしてここに海老油が加わるのですが、香ばしさが一気に増しますね!

海老油の主張が加わると、それまでの洋風ソース的な風味だけでなく、
香ばしいえびせんのような風味がそこにミックスされてくるのですよね!

どちらも海老系素材なのに受ける印象の方向が違うのが面白いですが、
とにかく様々な方向から海老の旨さを感じられるスープとなってます!(=゚ω゚)

そしてここにいろいろな変化を加えてくれるのがトッピングです!

まずは別添えの大葉ですが、これはびっくりするほどに効果的でしたね!

クリーミーな海老系ソースなので合うかどうか少し不安でしたが、
大葉の与える涼しげな香りが入ると一気に印象が変わりましたね!

海老に大葉を合わせた手巻き寿司なんて非常においしいですし、
そうした清涼感と海老とのミックスを楽しむことができます!

一方のアボカドはまろやかさという点でスープと共鳴しつつ、
青さのある風味で海老の風味とコントラストを描きます!

普段から海老アボカドの寿司を食べてる人には特に合うでしょうね!(*゚◇゚)

そしてアボカドの上にはむき海老が2つほど乗っていますが、
こちらのプリッと弾けるような食感もなかなか楽しいですね!

そして玉ねぎは単にいつものように辛味のアクセントだけでなく、
海老のスープにちょっぴりサラダ感覚を与える効果を見せます!

さらに海苔と海老との相性の良さはよく知られていますし、
どのトッピングも単純にスープに合わされるのではなく、
海老の違った表情を引き出す素材として入ってるのですよね!

その中では唯一レアチャーシューだけは普通のアプローチですが!
こちらはおなじみの看板具材を乗せたという形ですからね!

麺と心 7 海老白湯ラー麺 ~海老アボカドのせ~(麺のアップ)

麺はやや平打ち気味のセブンらしさを感じる麺となっています!

ただ、いつもに比べるといくぶん麺が細めにも感じましたし、
また食感についても多少の変化をつけているように思いました!

というのも、普段の麺はそこそこ幅広で、食べ始めの頃は
パシッとした歯切れの良さを感じさせ、時間が経つにつれて
だんだんのプリプリとした弾力へと変わっていくのですが、
今回は食べ始めからプリプリ弾ける感覚が強かったのですね!

このあたりは茹で時間による調整もあったのかもですが!(`・ω・)+

スープの粘度が高いので、麺との絡みについては申し分なく、
口の中で一気にプリプリと弾けていく様は心地良かったですね!

ここ最近のこちらのお店の限定で最も早く食べ切った感じでしたし!

海老を使った寿司をモチーフにしたアイデアを散りばめることで、
それぞれの素材を合わせることで海老の違った表情を引き出し、
その一方の海老のスープはコロッケの種にしたくなるような、
海老の旨味あふれる濃厚スープとしてまとめられているなど、
様々な形の海老の旨さを一杯に閉じ込めた限定になってましたね!

それぞれの具材の狙いどころを意識しつつ食べるとより楽しいですよ!(゚x/)モキルーン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 海老白湯ラー麺 ~海老アボカドのせ~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

金久右衛門 あべのルシアス店 紅しじみ

少しひさしぶりに「金久右衛門 あべのルシアス店」に行ってきました!

この日は天王寺にちょっとした用事があって行ってきたのですが、
その帰りがけにちょっとお腹が空いたのでこちらに寄ってきました!

こちらのお店ではまだ食べてないメニューが少しありましたからね!

今ではレギュラーの一つに昇格している「醤油とんこつ」も未食ですが、
清湯系のほうを食べたい気分だったので「紅しじみ」を注文しました!

ちょうど前回が「金しじみ」だったので、2回連続でしじみ系ですね!
いかにもお酒を飲む人が帰りに食べたくなりそうなラーメンですね!

おそらくそのあたりもけっこう狙っているのだと思われますが!

金久右衛門 あべのルシアス店 紅しじみ

あれ、いつもと微妙にビジュアルが違うような、と思っていたら、
今回は珍しく大盛で注文するのを忘れてしまっていたみたいです!

「金しじみ」の記事と比べると、明らかに麺量が違いますからね!

しじみ系のラーメンはどちらもデフォルトで味玉がつきます!
もちろんその分だけ標準の価格も高くなってはいるのですが!

まずはスープですが・・・うおっ、これは予想以上に強いしじみですね!(●・ω・)

記憶って変容してしまうので頼りにならない部分もありますが、
「金しじみ」のときはたしかにしじみがグッとは来ながらも、
ここまでのパンチは効いていなかった印象だったのですよね!

どちらかというと、「金醤油」の個性としじみが等価な感じで、
スープの主役が完全にしじみというほどには感じなかったですし!

「紅」は「金」と比べると、その醤油の風味が強めに出るため、
「金しじみ」よりもむしろ醤油だれの比重が高まるかと思いきや、
逆にこちらのほうがしじみのインパクトが強く出てるのですよね!

ただこのあたりは麺量を大盛にしなかったことの影響だったり、
あるいはしじみのバランスに変更を加えたという可能性もあるので、
今では「金しじみ」のしじみの強さもより強まってるかもですが!

そうしたこともあって、今回は醤油ダレは下支えに近い感覚でしたね!(=゚ω゚)

前面に出て旨味をアピールする役割はしじみが専ら担っていて、
「紅醤油」らしいバランス感のある醤油の風味であったり、
動物系の旨味もバックでしじみを支えているという感じです!

「金久右衛門」というと、もともと海鮮系に強いお店ですし、
醤油をベースにしつつも海鮮の旨味を前面に立てるというのは、
非常に金久右衛門らしい味わいと形容してもいいでしょうね!

二枚貝らしい少々個性の強い旨味が前面に出てくることもあり、
多少は人を選んでしまうという側面もあったりはするのですが、
しじみの風味が好きであれば十分に納得できる味わいでしょう!

トッピングはおなじみに巻きチャーシュー、メンマ、ねぎと味玉です!(*゚ー゚)
味玉が加わる点以外は基本の「紅醤油」と同じ組み合わせですね!

巻きチャーシューは厚みもあり、脂身の部分はしっとりとして、
赤身の部分は軽くほどけるようなやわらかさに炊かれています!

メンマはこちらのお店らしい太めのゴリッとしたものですが、
以前に比べるとその極太感はいくぶん抑えめになってますね!

自分は以前の極太の噛み切って食べるメンマも好きでしたが、
お年を召した人などは噛み切れない人もいるでしょうし、
そのあたりのバランスを少々調整したのかもしれないですね!

味玉は中は半熟に近いとろりとした仕上がりになっています!
味わいもほどよく、半熟系味玉の良さがしっかり感じられます!

金久右衛門 あべのルシアス店 紅しじみ(麺のアップ)

麺は細麺と平打ち太麺から選べますが、今回も細麺にしました!
一応は「紅醤油」ぐらいまでは細麺がオススメだったはずですしね!

これよりも醤油が風味が強めのものは平打ち太麺が合うのですが!

麺の食感はまさに王道の中華そば向けの麺といった感じのもので、
やや加水が低めの中加水ぐらいの麺で、ほどよいプリ感を持ちつつ、
噛み切る際の歯切れの良さも軽く感じさせる麺となっています!

決して驚きを感じさせるようなタイプの麺ではないのですが、
こうした中華そばらしいラーメンにはピタッとハマりますね!

とりわけノーマルの「金醤油」や「紅醤油」とはよく合いますし!

ということで、2回連続でしじみ系のラーメンをいただきましたが、
予想とは違って「金しじみ」以上のしじみ感を楽しむことができるなど、
金久右衛門らしい海鮮使いの妙を感じ取ることのできる一杯でしたね!

こちらは通し営業で中途半端な時間でも訪問できる利点もあるので、
そうした機会なども通じて他のラーメンも食べていきたいですね!(゚x/)モキリッ

[メニュー]
金久右衛門 あべのルシアス店 メニュー(ラーメン類)
(ラーメン類)

金久右衛門 あべのルシアス店 メニュー(サイドメニュー)
(サイドメニュー)

金久右衛門 あべのルシアス店 メニュー(限定ラーメン)
(限定ラーメン)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1 あべのルシアス B1F

【関連記事】
金久右衛門 あべのルシアス店 紅しじみ
金久右衛門 あべのルシアス店 金しじみ
金久右衛門 あべのルシアス店 三強醤油
金久右衛門 あべのルシアス店 五強醤油
金久右衛門 あべのルシアス店 プレミアム紅醤油
金久右衛門 あべのルシアス店 なにわゴールド+丸腸ホルモン
金久右衛門 あべのルシアス店 ピリ辛白菜ラーメン(薄口)
金久右衛門 あべのルシアス店 なにわゴールド
金久右衛門 四天王寺店 四天王寺味噌ラーメン
金久右衛門 四天王寺店 ピリ辛白菜ラーメン(濃口)
金久右衛門 四天王寺店 濃厚エバーゴールドつけ麺
金久右衛門 大阪ブラック カップ版
金久右衛門 四天王寺店 なにわブラック
金久右衛門 四天王寺店 金護摩醤油
金久右衛門 四天王寺店 翡翠醤油(冷)
金久右衛門 四天王寺店 翡翠醤油
金久右衛門 四天王寺店 高井田ゴールド
金久右衛門 四天王寺店 大阪ブラック
金久右衛門 四天王寺店 黒醤油
金久右衛門 四天王寺店 紅醤油
金久右衛門 四天王寺店 金醤油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 海苔白湯ラー麺 ~味変わさび別添え~

5月の魚介白湯の限定を求めて「麺と心 7」に行ってきました!
今月のテーマは「海苔」とかなり奇抜な素材となっております!

とはいえ、こちらで「海苔白湯」が登場するのは今月が2回目で、
2年前の10月にも海苔がテーマとして採用されてたのですよね!

そのときの記事を読み返すと、当時は海苔との相性がいい
お茶漬けを意識した濃厚系魚介白湯となっていたようですね!

今月は中旬の土日にこちらのお店の周年記念限定があったので、
5月の「海苔白湯」の限定はこれだけで行くのかなと思いきや、
自分が行った翌日の20日から冷やしに切り替わるという報が入り、
記事のリアルタイム性が一発ですっ飛んでいくことになりました(;゚ω゚)

たしか数ヶ月ほど前にも同じことになった記憶がありますが!
今回も途中で切り替わるという話はなかったように思いますし!

麺と心 7 海苔白湯ラー麺 ~味変わさび別添え~

今回は締めご飯などがなかったので、から揚げを注文しました!
こちらでから揚げを注文するのはけっこうひさびさになりますね!

こちらのお店はから揚げを1個から注文できるのがありがたいです!

今回はスープの味変用として、わさびが別添えされています!

海苔というとお茶漬けを代表としてわさびとは相性がいいので、
そのあたりを考慮したうえでの味変素材と見て良さそうですね!

まずはスープですが・・・うん、主役は間違いなく海苔ですね!(●・ω・)

右奥のあたりに乗っている海苔を溶かさずにスープを飲んでも、
スープからやってくる主張の大半は海苔そのものの風味です!

さすがに今回はスープを海苔だけで構成してるわけではなくて、
他の魚介系などと合わせた魚介白湯になっていると見られますが、
それらよりも海苔にスポットが当たっているのは間違いないです!

海苔の持つ磯の香り、海苔の持つ香ばしさ、そういった様々な要素が
このお店の魚介白湯のまったり感と合わさることで濃厚さを演出します!

スープにかけられている香味油もおそらく海苔の香味油でしょうね!

そして右奥に見える海苔を絡めて食べると、さらにその効果が増幅します!(*゚◇゚)

こちらの海苔も特に何か強い味付けなどはほどこされていなくて、
海苔の持っている旨さをそのままプラスする効果を見せています!

また、この海苔はスープに溶かし込んで全体の風味をアップさせても、
麺と絡めることでインパクト的に海苔感を強めてもどちらもいけます!

スープに海苔、具材に海苔と、ほんと心行くまで海苔が楽しめますね!

そして味変用のわさびですが、入れるとやはりお茶漬け感が少し出ますね!(*゚ー゚)

「わさびを入れたときのお茶漬け感」と言ったほうが適切ですが!

ただし、わさびが入ることで海苔の存在感が少し後ろに下がるので、
後半に少しずつ加えながら自分に合うラインを探るのがいいでしょう!

いきなり全部投入すると今度は辛味ですごいことになりますしね!

トッピングはレアチャーシュー、揚げ餃子、たけのこ、アミエビ、
白ねぎ、そして先ほども触れた海苔という組み合わせになってます!

レアチャーシューはおなじみのもので、おそらく部位は肩ロースですね!

しっとりとした質感で、赤身と脂身のバランスもちょうど良く、
数ヶ月前の脂身メインのものよりもしっかり楽しめましたね!

たけのこは薄めの味付けで、スープをソースのように絡めて、
海苔の旨味でもって食べるといった感じの具材になってます!

今はちょうどたけのこがおいしい季節でもありますからね!
たけのこらしいシャクシャクとした食感を堪能できます!

面白いのは揚げ餃子で、何と中にはこんにゃくが入っています!(`・ω・)+

なぜこんにゃくなのかはけっこう謎ですが、肉や魚の身だと、
海苔よりもそちらが目立つということにもなったしそうですし、
そこで目を付けたのが何にでもなじむこんにゃくだったのでしょう!

外はサクッ、中はこんにゃくのプリッとした食感が楽しめます!

海老は海苔とともに、スープに磯の香りと香ばしさを高めてくれます!

麺と心 7 海苔白湯ラー麺 ~味変わさび別添え~(麺のアップ)

そして麺ですが・・・今回はいつも以上に風味の強い麺となってますね!(*・ω・)

海苔というコクや濃厚さよりも香りを生かした素材を主役となるため、
麺についても香り、風味もいつもよりも重要視してきた感があります!

いつもよりも焙煎小麦の配合量を多くするなどの工夫をしているのか、
とにかく噛んだときの小麦の風味が強く、その小麦の旨味と海苔が絡み、
それぞれの素材の間で香織の相乗効果を楽しめる組み合わせとなってます!

今回の限定での隠れたポイントはこの麺の香りと言ってもいいかもです!

また今回の形状は平打ちではなく、厚みもかなりある太麺となっていて、
食感ももっちり感が高く「麺に海苔を絡めて食べる」感が非常に強いです!

この個性の強い麺に負けない海苔の存在感もまたすごいと言えますね!

そして今回ひさしぶりにサイドとして注文したから揚げですが、
やはりこちらのから揚げはサクサク感と風味が素晴らしいですね!

衣は比較的軽めなのですが、そのサクカリ感には見事なものがあり、
噛むたびにカリカリサクサクとした衣の食感が堪能できます!

揚げ具合もちょうどいいので肉のジューシーさが保たれていて、
なおかつ初期の頃に比べると下味のつけ方がより向上してますね!

今は何もつけずに食べてちょうどいいぐらいのバランスになってますし!
お好みで柚子胡椒をちょこっとつけたりしてもなかなかいけたりしますが!

それにしても最近はから揚げがおいしいラーメン屋が多いですね!
下手な鶏料理屋よりも揚げ方などが上手いお店がたくさんありますし!

今回のラーメンはすでに提供が終わったのでもう食べられませんが、
海苔の香りをガンガン前面に立てながら麺の小麦の風味と上手く絡め、
こちらのお店らしいホワイトソースにも近いまろやかさと交えることで、
「海苔の風味を濃厚に楽しめる」なかなか面白い一杯となってましたね!

今後ともこちらの魚介白湯の月別限定は追っていきたいと思います!(゚x/)モキーゥ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 海苔白湯ラー麺 ~味変わさび別添え~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.