坊也哲 年越しラーメン

東大阪の「坊也哲」の2016年の最終営業日に足を運んできました!

別に昨年の最終営業日に行こうと決めていたわけではなく、
たまたま行く予定の日がそうなっただけではあるのですが!

お店に着くとまだ「年越しラーメン」が残っていたので、
迷わずその「年越しラーメン」を注文することにしました!

坊也哲 年越しラーメン

むおお、噂には聞いていましたがこれは凄いトッピングですね!
アワビに黒毛和牛など、採算が取れるのか食べる側が不安になります!

まずはスープですが・・・おっ、いつも以上にじんわり系のスープですね!(●・ω・)

和牛が入るということでそこそこヘヴィさもあるかと思いきや、
年末に疲れがちな胃を労わってくれるような優しいスープです!

ベースはこちらのお店らしい鶏スープで、そこに昆布の旨味や
ちょっと多めにかけられた香味油によって厚みももたらされ、
生姜の香りなどもふわっと上がってきてすっきり食べられます!

しかしこのラーメンの真骨頂は食べ進めてからなのですよね!

具材がバリエーションに富んでいて、どれもハイクオリティなので、
食べ進めるうちにそれらの具材の旨味がスープへとにじみ出てきて、
どんどんとスープの持つ旨味がブーストされていくのですよね!

そんなスープにも大きな影響を与える具材ですが、まずは煮アワビ、
そして黒毛和牛のフランケンと呼ばれる部位が主役となっています!

このフランケンと呼ばれる部位の肉質は非常に面白いですね!

繊維の方向がきれいにそろっていて、とろっととけるやわらかさ、
牛肉らしいコクを持ちながらくどくない風味、繊維質の質感など、
すっきりとしたスープにぴったりと合う牛肉具材となっています!

一見すると優しいスープと牛肉って合わないように思われるかもですが、
ちょうど両者がぴったりと合わさるような肉具材になってるのですよね!

この牛肉からもその肉の旨味と生姜の風味がなどがスープに広がり、
スープのコクに厚みを持たせながらさっぱり感も同時に付与します!

そしてもう一つの主役のアワビですが・・・これは驚かされますね!(=゚ω゚)

とにかくそのやわらかさが絶妙で、これなら硬いものが苦手な
お年を召した方などでも軽く食べることができるでしょうね!

アワビって旨味は素晴らしいものを持ちつつも硬さを敬遠する人も多いですが、
このアワビはそうした弱点なんて全くなく、ただただその良さだけを楽しめます!

そしてスープにじわじわと広がっていく旨味もまたたまりません!
優しいスープにアワビの旨味が合わないはずがないですからね!

またアワビはワタの部分も入っていて、それが意外とクセがなく、
貝のワタがあまり得意でない人でも十分にいける旨さがあります!

他にはメンマ、かまぼこ、わかめ、ねぎ、味が染みた大根が入ってます!

わかめがスープに加えてくれる磯の風味もなかなかいいのですが、
面白いのはこの中におでんのような大根が入っていた点ですね!

画像の中にそれが写っていないのがちょっと残念なのですが!(*゚◇゚)

それもまた味の染み方といい、食感といい申し分のないもので、
スープと麺だけでなく、具材の調理も質の高さも堪能できますね!

坊也哲 年越しラーメン(麺のアップ)

そしてこちらのお店と言えばこの自家製麺も外せないですよね!

まず表面のなめらかさが群を抜いて素晴らしいのですよね!
なので、このお店の麺はとにかくすすりたくなる魅力が強いです!

そこそこ幅広なのですが、こうした優しいスープとも寄り添い、
麺とスープのバランスという点でも申し分のないものがありますね!

麺哲系列というと、基本的には麺を主役に据えているのですが、
こちらのお店はその中ではスープとの調和が見事なのですよね!

そして噛んだときのもちプリの食感がまたたまらないのですよね!
これだけ流れるように食べ進めたくなる麺はなかなかないですよね!

大阪のお店の中でも間違いなく屈指の存在の麺と言っていいでしょう!(*゚ー゚)

こうして文章を書いてるうちにまた食べたくなってきますね!笑

鶏と昆布などの最小限の素材の旨さを立てた味わいから始まりながら、
食べ進めるにつれてアワビ、牛肉、わかめなどの旨味が重なり合い、
食べれば食べるほどどんどんおいしくなってくるそのスープは秀逸で、
それらの具材の調理も絶妙で余すことなく楽しむことができました!

ちなみに自分が注文した20分後ぐらいにはもう売り切れてたので、
ちょうどいいタイミングでお店に来ることができたみたいですね!

自分はこのラーメンが2016年の最後に食べた一杯になりましたが、
昨年の締めのラーメンがこれになったのはほんと幸せなことでしたね!

不調だった昨年12月への不満もこのラーメンのおかげで吹き飛びました!

自分としては位置的に訪問しにくいので訪問回数があまり伸びてませんが、
今年は最低でも3回、できれば5回ぐらいは訪問しておきたいですね!(゚x/)モッキルー

[メニュー](2016年7月時点)
坊也哲 メニュー(その1:2016年7月)

坊也哲 メニュー(その2:2016年7月)

お店の住所と地図 大阪府東大阪市西岩田4丁目4-46

【関連記事】
坊也哲 年越しラーメン
坊也哲 サイマキ塩つけ麺
坊也哲 冷やし鶏そばセット
坊也哲 醤油馬鹿つけ麺
坊也哲 せせり中華そば&せせりポン酢
坊也哲 肉醤油
坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

坊也哲 サイマキ塩つけ麺

土日の限定メニューを求めて「坊也哲」に行ってきました!

本当はこのときは別の限定メニューかと思って行ったのですが、
このときの週末から新たに「サイマキ塩つけ麺」が始まってました!(=゚ω゚)

「サイマキ」というのは、車海老の若いもののことですね!
体長で言うとおおよそ6~7cmあたりのものが多いみたいです!

こちらのお店の限定メニューはいつもながら間違いがないので、
どれを食べても非常に高いレベルで満足させてくれるのですよね!

麺量を変えても値段が同じなので、今回は400gで注文しました!

自分の食べられる量を考えると400gだと少々多いはずなのですが、
こちらのお店だと麺を300gに抑えるのはもったいないですからね!

とにかく麺のおいしさが半端ないことでも知られるお店ですので!

坊也哲 サイマキ塩つけ麺

ということで、「サイマキ塩つけ麺」の麺400gがやってきました!

まずは麺ですが・・・これだけすするのが楽しい麺はなかなかないです!(`・ω・´)

とにかく表面がつややかで、つるりとした質感がたまりません!
その瑞々しい表面の質感ゆえに実に勢いよくすすれるのですよね!

そして噛んだときのむっちり感のバランスも非常にいいのですよね!

決して表面に硬さを感じさせるような締め方はなされておらず、
外側は優しさを見せながら噛むとグッと絶妙の押し返しを見せる、
そして気付いたときにはつるりと喉を奥へと自然と流れ込んでいく、
これぞつけ麺ならではの麺のおいしさだと痛感させられる旨さです!

この麺があるというだけでも、このお店に通う価値は十分ですね!

坊也哲 サイマキ塩つけ麺(つけ汁のアップ)

そしてつけ汁の具材の豪華さもこのお店も素晴らしいところです!
とにかく具材の量を抑えることなく、主役をこれでもかと投入してきます!

今回は主役であるサイマキ海老が7尾もこの中に入ってましたからね!

海老が7尾もどっさり入ったつけ汁というだけでも驚きですが、
それが車海老であることを考えるとさらに驚かされますね!(*゚◇゚)

このサイマキ海老はどれもややレア気味に熱を通されており、
食べるとブリッと弾けるとともに海老の甘い旨さが広がります!

7尾も入っているので、麺の合間にどんどん食べてもすぐにはなくなりません!
むしろ麺を食べ終わったときに残りすぎないように食べ進めないといけません!

それゆえに海老好きであれば、もう確実に満足できること請け合いです!

そしてサイマキ海老だけでなく、ダイス状チャーシューも多く入ってます!

味わいはけっこうさっぱりとした、しっかりとした肉質のもので、
弾ける海老と噛みしめるチャーシューとで上手く好対照となってます!

また、このつけ汁がチャーシューの旨さをよく引き立てるのですよね!

しっかり系の肉質ですが、決してパサパサ系の肉ではないので、
つけ汁ともなじむことで、旨さがギュッとつまってるのですよね!

さて、そのつけ汁ですが・・・すっきりながらもいい旨味が出てますね!(●・ω・)

つけ汁のベースはこちらのお店らしい鶏清湯+昆布だしですが、
そこにサイマキ海老から出た海老の甘みのある旨さが広がります!

まず基本である鶏清湯+昆布だしの旨さがやはり光ってますね!

すっきりと食べることができながらもその旨味が非常に深く、
そして何より麺と合わせたときにピタッとハマってくれます!

海老の旨さは甲殻類特有の香ばしさを生かしたタイプではなく、
海老の身から出る素直な甘みのあるだしが生きる感じです!

あれだけの数の海老が入るのですから旨さもたっぷり出ますよね!

それゆえに非常にナチュラルな形で海老の旨さが楽しめますし、
海老系のだしが得意でない人でも十分いける幅広さがあります!(*゚ー゚)

深い旨味とすっきり感、そしてたっぷりの具材が入っているので、
麺量が400gでありながらも、全く最後まで疲れることなく完食でき、
なおかつその後もまだ食べられそうな気になってしまいましたね!

車でないと行きにくい場所なので自分としてはハードルが高いのですが、
やはりこのお店は定期的に足を運んでいかないともったいないですね!(゚x/)モッキュー

[メニュー](2016年7月時点)
坊也哲 メニュー(その1:2016年7月)

坊也哲 メニュー(その2:2016年7月)

お店の住所と地図 大阪府東大阪市西岩田4丁目4-46

【関連記事】
坊也哲 サイマキ塩つけ麺
坊也哲 冷やし鶏そばセット
坊也哲 醤油馬鹿つけ麺
坊也哲 せせり中華そば&せせりポン酢
坊也哲 肉醤油
坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

麺屋こころ 長瀬店 台湾まぜそば

東大阪にある「麺屋こころ 長瀬店」へと行ってまいりました!

「麺屋こころ」は台湾まぜそばの元祖でもある「麺屋はなび」の
直系にあたるお店で、東京を中心に店舗展開をされています!

また、カップ麺でもこちらの監修商品が出ていたりもしますね!
スーパーのチルド麺コーナーで見かけた人もけっこういるかもです!

大阪には「麺屋はなび」の直系として「麺屋つばき」ができましたが、
店舗を構えていたビルが取り壊されるという結果になってしまい、
今は小さな店舗で営業せざるをえない状況になっているのですよね;

なので、大阪における大きめの店舗の「麺屋はなび」の直系店は
この「麺屋こころ 長瀬店」ぐらいしかなくなってしまっています!

以前に食べた「麺屋つばき」との比較をするいい機会でもありますし、
台湾まぜそばを食べたい気分だったのでこちらのお店にも来てみました!(*゚ー゚)

どうもこちらは「台湾まぜそば」以外のメニューも充実しているようですね!

他の人の注文を聞いていると「油そば」の人気も高かったですし!

また、近畿大学に近いのでお客さんの大半は大学生でしたね!
こうしたがっつり行けるまぜそばは大学生には人気でしょうね!

麺屋こころ 長瀬店 台湾まぜそば

ここは素直に基本である「台湾まぜそば」の大盛で注文しました!

中央に台湾ミンチがどっさりと座り、周辺には青ねぎ、ニラ、
海苔、魚粉、にんにくが乗り、中央には卵黄が乗っています!

「これぞ台湾まぜそば」と言いたくなるようなビジュアルですね!

もちろんにんにくを入れるかどうかは注文時に聞いてくれます!

まぜそばということで、全体をしっかりとまぜてから食べます!

まずはその味ですが・・・あっ、「つばき」とはけっこう違いますね!(●・ω・)

にんにくが多く入っていることもあって「マルショウ」よりはジャンクですが、
「麺屋つばき」に比べるといくぶん食べやすく調整されているようです!

「つばき」は台湾ミンチの辛味がやや強めで、香味野菜のジャンク感も強く、
台湾まぜそばの持っているジャンクさを最大限に引き出した感じでしたが、
こちらはけっこう強めにジャンク感を立てつつもやや丸みも帯びていて、
幅広い層が食べやすくなるように調整されているといった印象でした!

とはいえ、それでも十分にジャンクな一杯ではあるのですけどもね!

「つばき」と見比べるとこちらは海苔の比重が高く、香味野菜はやや少なめです!
そのあたりが両者の体感的な攻撃性の強さの違いになっているのでしょう!

台湾ミンチによるピリ辛感と少し甘さのある醤油ダレと豚の持つ旨味、
そこに大量のニラとねぎによって重ねられるパンチの効いた野菜の香味、
魚粉がタレと絡むことで旨味を増し、卵黄によって丸みも感じられる、
そして海苔の磯の香りと、そのバランス感はなかなか秀逸でしたね!

しかし基本的には「台湾まぜそば」として共通した方向性を見せながら、
お店ごとの細かい点での違いがちゃんと個性になっているのがいいですね!

タレそのものの旨味という点では「マルショウ」が最も好きですが、
自分の場合は台湾まぜそばに鋭いジャンク感も求めたくなるので、
そうした点からすると「つばき」もまた良かったりもしますし、
その両方の要素を持ったこちらのお店もなかなかいけますしね!

できることなら元祖である「麺屋はなび」とも比較したいのですが!

それにしても男子大学生には間違いなく受ける味でしょうね!(=゚ω゚)

麺屋こころ 長瀬店 台湾まぜそば(麺のアップ)

麺は全粒粉が入っていると思われるヌルリとした表面の太麺です!
「つばき」と比べたかったのですが、当時は麺は撮ってなかったようです;

ただ、基本的な印象としては「つばき」とかなり共通していますね!

作業は確認してないですが、このややヌルリとした表面の質感を見るに、
「はなび」と同じく茹でた後に麺の表面に軽く傷をつけてるのでしょうね!

これはタレや具材との絡みをよくするためにあえてしているそうです!

食感はもっちり感が強く、跳ね返しの強さを強調するというよりは、
噛んだときにもちもちっとした弾力そのものを楽しめるような麺です!

表面の強さをアピールするガシガシ系のタイプの麺とは違ってますね!(*゚◇゚)

麺屋こころ 長瀬店 台湾まぜそば(締めご飯)

そして最後はもちろんこの無料の締めご飯によって締めます!

まぜそばの締めご飯って、ほんと欠かせない存在だと思いますが、
台湾まぜそばはその中でもとりわけご飯とよく合うのですよね!

ご飯と合わせると麺に比べてまろやかさが強調されるのですが、
台湾まぜそばはもともとタレや具材がシャープなこともあって、
ご飯と合わせたときにその感じ方の変化が際立つのですよね!

「麺屋はなび」の流れを汲むお店ということで驚きはないものの、
王道の旨さと少し食べやすく調整した感覚が上手く合わされて、
幅広い層に好まれる力のある「台湾まぜそば」になってましたね!

「台湾まぜそば」に負けず人気のある「油そば」も食べたいですね!(゚x/)モキルー

[メニュー]
麺屋こころ 長瀬店 券売機

お店の住所と地図 大阪府東大阪市小若江1-5-2

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

坊也哲 冷やし鶏そばセット

ひさしぶりに東大阪の「坊也哲」へと行ってまいりました!
調べてみると、なんと約1年ぶりぐらいの訪問になるのですね!

こちらの「坊也哲」はどうしても駅から遠い場所にあるので、
自分としては行く機会がなかなか作りにくいお店なのですよね!

今回はいくつかの偶然が重なったことで行くことになりました!

そうしたこともあって何を食べるかは考えてなかったのですが、
何やら冷やし系の限定があるということで注文してみました!

くわしくはわかりませんが、どうも土日のみの限定のようです!

坊也哲 冷やし鶏そばセット

ということで、その「冷やし鶏そば」がやってまいりました!
トッピングには大量のねぎと鶏系の具材がどさっと乗ってますね!

まずはスープですが・・・#$+%?&@¥*!(●・ω・)

これは・・・その場で飛び上がってしまうほどに旨いですね!
いやはやまさに珠玉の冷やしとしか呼びようのないほどの旨さです!

このお店に1年も足を運んでいなかったことを強く後悔させられますね!

まず何と言ってもベースとなっている鶏スープの旨味が深いです!

冷やしでありながらスープを口に含んだ瞬間に鶏の旨さがあふれます!

冷やしだと動物系の油脂が使えないという難しさがあるにもかかわらず、
このスープに宿っている鶏の旨さはそのようなことは微塵も感じさせません!

そこに昆布や貝系などを含むと思われる魚介やねぎの旨さが重なることで、
麺をすするごとに、スープを飲むごとにその旨味が洪水のように押し寄せます!

それもやはりベースとなっている鶏の旨さがあってこそでしょうね!
いろんな旨味が重なっても鶏の力強さが基本にどしっとありますから!(=゚ω゚)

また、スープの表面には植物系の香味油がやや多めに散らされ、
それがトッピングなどと合わさってコクと厚みをスープに与えます!

でもって、このスープは醤油ではなく塩ダレが使われているので、
こうしたスープそのものが持つ旨さがダイレクトにやってきますね!

冷やしでありながら、これだけスープの旨さが素直に立っているのは見事です!

トッピングは皮目を焼いた鶏のタタキの細切り、鶏と卵のそぼろ、ねぎです!
この繊維に沿ってカットされたねぎは麺哲系の大きな特徴ですよね!

今回のトッピングはねぎも鶏肉も細めにカットされているので、
麺と絡めながら食べるという点では非常に最適となっています!

ねぎの辛味とこの鶏のスープがまた面白いほどに合うのですよね!
トッピングが多いのでケチらずにどんどん食べ進んでいきましょう!

そして鶏肉ですが、これがまた絶妙の旨さを発揮していますね!(`・ω・´)

まず皮目のあたりは焼かれていることもあって実に香ばしく、
それでいて肉の部分はしっとりやわらかでフレッシュです!

この香ばしさとさっぱり感の共存がまたたまらないのですよね!

鶏と卵のそぼろはふんわりとした食感で優しい丸みを加えてくれます!
ねぎの持つ辛味といいコントラストを描き出してくれてもいますね!

坊也哲 冷やし鶏そばセット(麺のアップ)

そして麺ですが・・・この透明感、実に素晴らしいものがありますね!(*゚ー゚)

麺哲系列というと、麺の旨さに関しては文句のないものがありますし、
この冷やしについても食感、のどごし、すすりやすさともに完璧です!

冷やしの麺というと、表面が硬くなりすぎることもありますが、
この麺は冷やしらしいプリ感がありつつも硬さは感じさせず、
プリッとしていて、かつしなやかという絶妙のラインを攻めます!

表面のつややかなつるみといい、さすがは麺哲系列だと思わせてくれます!

また、冷やしというと量の割に満腹になりにくい弱点がありますが、
さすがはこちらのお店といいますか、麺の量が標準でも多めなのです!

なので、冷やしでありながら全く不足感を感じさせないのですよね!

味だけでなく、量についてまでしっかりと考えられていますね!

坊也哲 冷やし鶏そばセット(ホタテの炊き込みご飯)

さらにこのラーメンにはセットで炊き込みご飯がついてきます!
この日の炊き込みご飯はホタテがどさっと入ったご飯でした!

これがまた・・・ラーメンもおいしいですがご飯もたまりませんね!(*・ω・)

しっとりとしたほどよい炊き上がりのご飯はホタテの旨味が効いて、
そこにさらに干し海老の旨味、油揚げなどによるほどよい油脂感、
そして全体をさっぱりとまとめる生姜の風味も効かされています!

見ての通りホタテの量はかなりのものが入っていますし、
またダシに使われた干し海老も具材として入っています!

この炊き込みご飯は冷やしとのセットでしか食べられないのですよね!
またこの冷やしは単品はなく、必ず炊き込みご飯とのセットになります!

「冷やしでも満腹にさせる」という、強い意気込みを感じさせますね!

しかしこの炊き込みご飯の満足度も素晴らしいものがありましたし、
これはセットになっていることに感謝しないといけないですね!

どの点を切り取っても全くスキがなく、鶏の旨味がとにかく秀逸で、
麺ももちろん極上で、炊き込みご飯まで大満足させてくれるという、
この日このお店に足を運んだことに感謝したくなるほどでしたね!

これまで食べた冷やしラーメンの中でも最上位クラスに入る最高の一杯でした!(゚x/)モキュキュキュキュッ

[メニュー](2016年7月時点)
坊也哲 メニュー(その1:2016年7月)

坊也哲 メニュー(その2:2016年7月)

お店の住所と地図 大阪府東大阪市西岩田4丁目4-46

【関連記事】
坊也哲 冷やし鶏そばセット
坊也哲 醤油馬鹿つけ麺
坊也哲 せせり中華そば&せせりポン酢
坊也哲 肉醤油
坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

坊也哲 醤油馬鹿つけ麺

ひさしぶりに中環沿いの「坊也哲」へと行ってきました!
車でしか行けないお店としてはけっこう通えていますね!(*゚ー゚)

さて、今回の目当ては人気の高い「醤油馬鹿つけ麺」です!

多くの人から絶賛されてますし、写真も実においしそうで、
食べないままではもったいないと思って行ってきました!

夏場は熱いラーメンよりもつけ麺が食べやすいですしね!

坊也哲 醤油馬鹿つけ麺

ということで、肉増し(+200円)で麺を400gで注文しました!
麺の量は200g~400gまで同料金なので非常にお得でもあります!

「麺をたくさん食べてもらいたい」という思いもあるのでしょうね!

早速麺をつけ汁につけて食べてみますが・・・これはたまらないですね!(`・ω・)+

自分はどちらかといえば「醤油馬鹿」とはやや逆の方向の、
醤油の主張がそこまで強くないほうが好きなぐらいですが、
そんな自分をもグイグイ引き込んでいく強烈な旨さです!

まず響くのは存分に溶け出した豚足のコクと脂の甘さです!

坊也哲らしい鶏清湯をベースに豚足をどさっと入れたダシは、
いつもの深みのある鶏の旨味と豚足のまろやかな押しの強さ、
そして鶏と豚足の両者の甘みのある脂の旨さが詰まっています!

また、色を見ての通り醤油の風味もかなり強めになっていますが、
スープも強いので醤油の風味とこのスープががっちりと組み合い、
醤油勝ちさせるのとはまた違った両者の見事な共演が見られます!

つけ麺らしく酸味もほどよく効かせてあり、押しが強いながらも、
後口はスッとさわやかに抜けていくあたりもまた非常にいいです!(=゚ω゚)

そして特筆すべきはつけ汁の中にどっさりと入った肉ですね!

これはもちろん「肉増し」にしたからというのもあるのですが、
黒胡椒の効いたやや大ぶりのチャーシューに薄めのチャーシュー、
そしてこのつけ麺の特徴でもあるほぐした豚足がどっさりです!

最初の段階だと肉が多すぎて麺をつけても沈まないですからね!

肉らしい旨さはチャーシューが、とろとろのコクは豚足が担い、
これでもかというぐらいに2つの肉の旨さを堪能しつくせます!

これは注文するなら絶対に「肉増し」がオススメですね!

単に肉が増えるだけでなく、つけ汁との一体感がすごいです!
「肉増し」にすることでつけ汁の完成度がより高まる感じですね!

また、肉の下にはメンマと縦長に切られた青ねぎも入っています!

ちなみに豚足は生まれて初めて食べたのではないかと思いますが、
なるほどこんなふうにとろっとした旨さが楽しめる肉なのですね!

麺はそこそこ厚みもある多加水の中太ストレート麺となっていて、
麺を最大のアピールポイントにしている麺哲系列のお店だけあって、
その麺の完成度の高さについては申し分のないものとなっています!(●・ω・)

表面のなめらかな質感、歯に触れたときのむちっとした押し返し、
噛み切るときの弾け具合、そしてほんのりとした小麦の甘みと、
それぞれの要素がバランス良く組み合わされた麺となっています!

硬さとは違う、小麦の持っている伸びやかさによって生まれる弾力、
それを最大限に引き出した麺というふうにも言えるかもしれません!

この麺が料金が変わらずにたくさん食べられるのはありがたいですね!

自分の場合は400gともなるとさすがに大変だったりもしますが、
それでも後悔させない旨さをこの麺はしっかりと持っています!

あふれる肉の旨さが醤油の風味を引き立てながらがっしり組み合い、
さらに大量の肉具材と一体化して肉を味わい尽くすことができる、
醤油馬鹿でない人までも醤油馬鹿にする力を持ったつけ麺でした!(゚x/)モキュルル

お店の住所と地図 大阪府東大阪市西岩田4丁目4-46

【関連記事】
坊也哲 醤油馬鹿つけ麺
坊也哲 せせり中華そば&せせりポン酢
坊也哲 肉醤油
坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

大金星 特製ラーメン

布施にある「大金星」へと初訪問してきました!
布施駅から少し北にある長堂小学校の裏にあります!

実は以前に一度臨時休業でフラれているのですよね;
臨時休業がけっこう多いことで有名なお店でもあります!

でも布施駅周辺は他にもいいお店がたくさんあるので、
リカバリーもしやすくそこまで警戒せずに行けます!(=゚ω゚)

さて、現在の麺メニュー構成は次のようになっています!

ラーメン 710円(大盛は+90円)
特製ラーメン 980円(大盛は+70円)
鶏白湯ラーメン 800円 ※数量限定
塩ラーメン 800円(替え玉 100円) ※数量限定

鶏白湯ラーメンは数量限定で人気が非常に高く、
夜営業で食べるのはほぼ不可能と言っていいです!

塩ラーメンは夜営業開始時点でもまだ残ってました!

特製ラーメンはラーメンのトッピング増量バージョンで、
チャーシューが増えて、味玉もトッピングされます!

今回はその特製ラーメンを大盛で注文しました!

それにしてもこのお店のご主人は気さくな方ですね!(●・ω・)

見た目だけで言えばけっこうコワモテな感じですが、
話好きでいろんなお客さんに笑顔で話しかけています!

また待ち席にソファーがあるのもずいぶん珍しいですね!

大金星 特製ラーメン 大盛

ということで、特製ラーメンの大盛がやってきました!

写真ではスープの色がかなり黒く見えてしまいますが、
実際は色は濃いめながらもここまで黒くはないです!

トッピングは2枚の炙りバラチャーシュー、味玉が丸1個、
太メンマ、なると、白ねぎという組み合わせになってます!

まずはスープですが・・・うん、基本は高井田系ですね!(*゚ー゚)

鶏と昆布のスープをベースに、キレのある色が濃い醤油ダレ、
そしてやや酸味を感じさせるあたりは高井田系らしいです!

ですが、醤油辛さはあまり感じさせず醤油はその風味と
スープにキレを与えるという役割に徹している感じです!

スープのベースも基本的にはすっきりとした印象ですが、
鶏と昆布に加えて魚介の旨味もほんのりと感じさせるなど、
醤油ダレと上手くまとまるように風味を調えられています!

そんなネオ高井田系とも呼べるようなこのスープですが、
その真価は麺やトッピングと合わせたときに発揮されます!

高井田系というと極太麺が使われるのが大きな特徴ですが、
このお店でも断面の丸いかなり太めの麺が使われています!

この麺を食べると、不思議とスープの旨さが引き立ちます!(*゚◇゚)

スープを単体で飲むとキリッとした印象が先に立つのに、
麺と食べるとそこに一枚厚みが加わったように感じます!

このあたりの印象の変化は食べていて面白かったですね!
もしかするとスープの持つ甘みの効果なのかもですが!

また、開店当初はごわっとした全粒粉麺だったそうですが、
今はむっちりとしてプリッと弾ける食感の麺になっています!

麺単体でも十分おいしく、個性の強いスープともよく合ってます!

そしてトッピングのチャーシューですが、これは絶品ですね!(`・ω・)+

厚みのあるバラチャーシューで、炙りを入れて提供されます!

面白いことに、チャーシューの炙り専用機があるのですね!
一度に8枚ぐらいのチャーシューが炙れるようになっています!

以前はガスバーナーを使って炙られていたという話ですが、
作業を円滑に進めるために新たに導入されたのでしょうね!

まず炙りが入ることによって香ばしさが引き立ちますし、
脂身の部分もやわらかくなっていて重さも感じさせません!

なので、赤身部分も脂身の部分もどちらもおいしいですし、
厚みがあるのが3枚入っても全然きつくならないのですよね!

こんなふうにそのままでも十分においしいチャーシューですが、
麺に続けて食べたときの全体に与える効果も非常に大きいです!

キレのあるスープが麺を食べることでまず厚みが一枚加わり、
さらにチャーシューを食べることでコクと香ばしさが加わって、
このラーメンの持っている味の完成形がそこでできあがります!

ここにねぎが加わるとまたそれもいいアクセントになりますし、
この3段の味の相乗効果が全体の味をより高めてくれてましたね!

その点からも特製ラーメンにして大正解だったと思います!(*・ω・)

また、味玉は専用の保温器に入れて温度が保たれています!

なので、中はとろとろなのに温度はけっこう熱いです!
炙り専用機といい、いろんな手法を駆使するお店ですね!

高井田系をベースにしつつもカドのある部分は抑えて、
いろんな要素を組み合わせて一枚二枚と厚みを加えていく、
高井田系の発展形と呼ぶにふさわしいラーメンでしたね!

自分の行動が夜メインなので鶏白湯は狙いにくいですが、
塩ラーメンについてはぜひとも食べてみたいところですね!(゚x/)モキリッ

お店の住所と地図 大阪府東大阪市長堂2-12-6

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

細見商店 金の麦味噌

布施駅の近くにある「細見商店」に行ってきました!
「きんせい」の系列にあたるラーメン店の1つですね!

布施というと、なかなかのラーメン激戦区でもありますが、
これまでは布施のお店に足を運んでなかったのですよね!

ここのお店はレギュラーのラーメンの種類が多いですね!(=゚ω゚)

(ラーメン)
中華そば 600円
鶏豚骨らーめん 680円
和風醤油 680円
和風塩 700円
濃口醤油(布施ブラック) 780円
金の麦味噌 800円
辛味噌らーめん 850円(一辛~五辛から選べる)

(つけ麺)
鶏豚骨つけめん 800円
和風塩つけめん 800円
金の麦味噌つけめん 850円
辛味噌らーめん 950円(一辛~五辛から選べる)

(トッピング)
チャーシュー 200円
半熟味付け玉子 100円
メンマ増し 100円
ネギ増し 100円
麺の大盛り 100円(ラーメン、つけ麺どちらも可)

他にもセットメニューやサイドメニューもけっこう充実してます!

さて、今回は最もオススメである「金の麦味噌」にしました!
味噌系が一番のオススメというのはけっこう珍しいですね!

また、麺は細麺か太麺かを選ぶことができる仕様になってますが、
何も指定しなければそのラーメンのデフォルトの麺で出てきます!

細見商店 金の麦味噌

なるほど、「金の麦味噌」だけあってスープの色がきれいですね!
味噌ラーメンの中でもかなり鮮やかな色合いと言っていいです!

トッピングはチャーシュー、メンマ、水菜、青ねぎ、白髪ねぎ、
そして玉ねぎが少し散らされているのが特徴となっています!

まずはスープですが・・・おぉ、味噌の主役感が凄いですね!(●・ω・)

味噌だれと言う以上に、味噌だれに使われている主役の味噌、
その味噌そのものが持っている良さがダイレクトに伝わります!

スープを飲んだ瞬間にまずその味噌の個性がふわっと来ます!

その後でスープのまろやかさが口の中に広がって溶けていく、
そういった味の流れを一口ごとに感じさせてくれるスープです!

ベースの鶏のコクが生きた白湯系で豚骨も入ってるかもですが、
白湯系ながらも力でずっしりと押してくるようなタイプではなく、
まろやかでクリーミーな優しいコクを感じさせるものですね!

このスープは実に上手く味噌の存在感を支えてくれていて、
味噌の主張を立てながら、とがらないようにまとめてくれる、
このラーメンを下からしっかりと支える役割を果たしています!

そして麺はデフォルトの太麺ですが、これも個性的ですね!(`・ω・)

味噌ラーメンらしく多加水の太麺ということなのですが、
もちっとした質感が強く、噛み切るときはブリンと弾ける、
一口一口の食感で強く楽しませてくれる麺となっています!

そのため麺の主張がスープ以上に強い部分も少しありますが、
麺の食感の持つ楽しさがそれを上回る良さを見せてくれます!

この麺はちょっとやみつきになるような良さがありますね!

トッピングは2種類のねぎがけっこう多めに入っていますし、
水菜も含めて麺に絡めながら食べるのがちょうどいいですね!

また、形は不規則ながらもメンマの味がかなり好みでした!

コリコリ感もほどよく、メンマらしいクセもちょうどいい感じで、
珍しくメンマ増しにしても良かったかもと思わせてくれました!

あとトッピングで味玉をつけても良かったかもですね!
このスープはいかにも味玉と相性が良さそうですし!

数あるメニューの中でオススメというだけはあるというか、
よく調えられていて、なおかつ個性豊かな仕上がりでした!(*゚◇゚)

清湯系もつけ麺もありますし、他にもいろいろ食べてみたいですね!(゚x/)モキリン

お店の住所と地図 大阪府東大阪市足代新町8-2

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

坊也哲 せせり中華そば&せせりポン酢

ひさしぶりに東大阪の「坊也哲」へと行ってきました!

好きな店なのに電車で行くのが非常に難しくもあり、
それゆえなかなか行く機会を作れないのですけども、
今回はひさしぶりにここに訪問することができました!

それにしても以前と比べてさらに繁盛していますね!(*゚◇゚)

人気が高まっているという話はよく聞いてましたが、
実際にお店に足を運んでみてもそれが実感できました!

今回は何を注文するかを事前に全く決めてなかったのですが、
限定の「せせり中華そば」が気になったので注文しました!

また、「醤油馬鹿つけ麺」という限定も提供されています!
これはどうもつけ汁に豚足が入ってたりするようです!

坊也哲 せせり中華そば

おっ、これは醤油の主張が強そうな雰囲気がありますね!

まずはスープですが・・・見た目とは少し違う印象です!(`・ω・)+

一見すると醤油がガツンときそうですがそうではなくて、
醤油の風味を出しつつも酸味を効かせてすっきりとさせ、
醤油が主張をほどよく調和させたバランスになっています!

ベースのスープは鶏で、そこに昆布が旨味を加える形です!

さらに鶏油やトッピングの鶏のせせりからコクが広がって、
口に含んだ瞬間にまず醤油、酸味が鼻から軽く抜けていき、
そこからベースの旨味がじわっと上がってくる感じです!

この後口の余韻の良さはこのお店の大きな特徴ですね!
なので、食べ終わったときに残る感覚が非常にいいです!

麺はこのお店らしい、なめらかでみずみずしさのある中太麺です!

この麺は何とも特徴的というか、麺単体で十分な旨味があり、
すするときに心地いいつるりとした食感と弾力を感じさせつつ、
スープとも自然な感じでまとまってくれる、そんな麺ですね!

はっきりした個性を持ちつつも中庸的な良さも感じさせる、
このあたりの感覚も含めて非常に面白いものを持っています!

このお店は麺のクオリティの高さでは申し分ないですしね!(●・ω・)

トッピングは薄切りのチャーシューと主役である鶏せせり、
そして細く切られたねぎとメンマという組み合わせです!

チャーシューは薄くてやわらかく、また麺とも絡めやすく、
麺と一緒にすすりこむととりわけおいしくいただけます!

こういうラーメンと一体化するチャーシューは好きですね!

そして鶏の首の部分の肉であるせせりは弾力がしっかりあり、
また中央のあたりからはその脂の旨さもじんわりと広げます!

さらに軟骨が少しあるので、そのこりこり感も楽しめますね!

また、このお店の特徴であるねぎもいい仕事をしてます!

これもまた麺と絡めて食べやすいことでポイントが高いです!

坊也哲 せせりポン酢

さらにサイドメニューとして「せせりポン酢」を食べました!

ラーメンとサイドの両方をせせりにしたあたりに、
自分の注文センスのなさを実感してしまいますが;

せせりのポイントである弾力と脂の旨味が両立された風味に
焼いたことによる香ばしさとポン酢のさっぱり感が合わさります!

せせりはそれなりに脂のコクも感じさせる部位なので、
ポン酢が合わさってもさっぱり一辺倒にはならないです!

コクとさっぱり感の調和を楽しむといった感じですね!

今回はせせり+せせりという不思議な組み合わせでしたが、
ラーメンのほうのせせりを食べてから続けてこちらを食べると、
両者の持つ個性の違いなども感じられて意外に面白かったです!

塩系もまた食べてみたいですし、機会が作れたらまた訪問します!(゚x/)モキーン

お店の住所と地図 大阪府東大阪市西岩田4丁目4-46

【関連記事】
坊也哲 せせり中華そば&せせりポン酢
坊也哲 肉醤油
坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

坊也哲 肉醤油

ちょっとひさしぶりに「坊也哲」に行ってきました!

自分としてはなかなか行きづらい場所なのですが、
定期的に通っておきたいお店の一つですからね!(*゚◇゚)

本当は土日限定の「貝塩」も食べてみたいのですが、
土日に行く機会はおそらくないのが辛いところです;

ちなみに平日は「せせり中華そば」が提供されています!
また「ズワイ蟹塩つけ麺」も限定に入ってましたね!

ここではぜひ基本のメニューも堪能したかったので、
今回は基本の醤油の肉増しである「肉醤油」にしました!

坊也哲 肉醤油

麺哲の流れを汲むお店らしい長細く切られた青ねぎに、
どっさりと入った肉、メンマ、海苔が入っています!

それにしてもこれは食欲をそそる絵ですよね!
これぞ醤油ラーメンと言いたくなる姿です!(`・ω・)+

まずはスープですが、あぁこれは醤油ラーメンの
お手本と呼びたくなるような完成度の高さですね!

鶏を中心とした動物系のコクに鶏油でコクを加えて、
さらに昆布が旨味の下支えをしてくれています!

何かを強烈に立たせてインパクトを与えるわけではなく、
そうでありながら何かが足りないとは全く思わせない、
全ての要素がきっちり生きていてかつ強くなりすぎない、
計算されて積み重ねられた旨味の重層がここにはあります!

そして前回食べた「ズワイ蟹塩つけ麺」もそうでしたが、
ここのラーメンは最初から最後まで夢中にさせてくれますね!

途中で息をつくのも、水を飲むのももったいないほどに、
ひたすら麺をすすってスープを飲み続けたくなります!

しかも今回はチャーシューを増量したのでなおさらですね!

見た目の印象よりもチャーシューがどっさり入っていて、
麺とスープに負けないぐらいの存在感を放っています!(=゚ω゚)

肉・麺と交互に楽しんでも十分なほどの量があります!

一見オーソドックスに見える赤身系のチャーシューですが、
ほどよくやわらかく、かつ肉の旨味がしっかり感じられます!

でもって、重さがないのでいくらでもこれは食べられますね!
まさにラーメンと合わせて生きるチャーシューという感じです!

また黒コショウがピリッと効かされた肉もあったりして、
けっこうチャーシューごとに違う個性もあるのですよね!

これは肉増しバージョンで注文して正解だったと思います!

そして忘れてはいけないのがここの麺ですね!

平打ち系の麺で瑞々しい光沢とつるみがあって、
噛むと絶妙な弾力をもって歯を押し返してくる、
そして何よりすすり心地とのどごしがいいですね!

だからこそすするのを止めたくなくなるんでしょうね!

麺そのものにしっかりとした存在感があると同時に、
スープに溶け込むような一体感もあるのがいいですね!(●・ω・)

いやはや、予想通りに深みに満ちた醤油ラーメンでした!
醤油ラーメンのあるべき完成系の一つを見せてくれました!

これからも機会があればぜひとも行きたいと思います!(゚x/)モキュキュッ

お店の住所と地図 大阪府東大阪市西岩田4丁目4-46

【関連記事】
坊也哲 肉醤油
坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

今年の麺初めに「ラーメン 坊也哲」に行ってきました!(`・ω・´)

ここのお店は前からずっと行きたかったのですよね!
何とかやっと機会を作って行くことができました!

ややピリッとしたムードのあるお店かと思ってましたが、
店主さんも非常に気さくでやわらかい雰囲気でしたね!

でもってお店も広くかなりゆったりとできる空間です!

このところ限定でタラバ蟹のつけ麺があったそうで、
最初はそれがあればいいなぁと思って行ったのですが、
なんとタラバではなくズワイのつけ麺が登場してました!

もしかすると1月に入ってからの新作なのかもですね!
これは行っておかないとと思って迷わず注文しました!

価格は1100円で、麺量は200~400gで自由に選べます!

もちろん今回は麺量400gにして注文いたしました!

ちなみに他ののメニューは次のようになっています!

ラーメン
醤油 700円
塩 800円
ネギそば(醤油味やや辛め) 800円

つけ麺
200g 800円
300g/400g 900円

サイドメニューに「焼豚ポン酢」、「せせりポン酢」、
「親鶏ポン酢(揚げたたき)」などポン酢系のものが
いくつかあるのが興味を惹かれるところでもあります!

今度ラーメンを食べるときにでも注文したいですね!(=゚ω゚)

坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺

あぁこのビジュアル・・・見ただけでよだれが出てきます!
もはやおいしいことは約束されていると言っていいでしょう!

つけ汁の中には少しほぐされたズワイガニの身がたっぷりと、
さらに大きめカットの赤身チャーシュー、たくさんのメンマ、
そして磯の香りが広がるワカメや細切りねぎが入っています!

ちなみに手前に見えている器はもみじおろしとポン酢です!
カニの身にこれをつけて食べるという手もあるわけですね!

まずは麺ですが、つけ麺の麺としてはけっこう細めです!

表面は実になめらかで、つややかな光沢が目を引きます!
そして細めながらもいい押し返しのある絶妙の食感です!

まさに清湯のつけ汁に合わせるのに最適な麺でしょうね!

そしてつけ汁ですが・・・あぁ、これは至福ですね!(*・ω・)

もうおいしすぎて食べてる途中に笑えてくるほどです!
今年の麺初めにふさわしい素晴らしいつけ麺ですね!

まず何と言ってもつけ汁から来る磯の香りが芳醇です!

昆布にかに、具のわかめなどから磯の風味が広がり、
そこに鶏の要素なども入って絶妙な深みを見せます!

そしてこのたっぷりと入った具、これが最高です!

かにはほどよくほぐされていることでよく麺に絡み、
かつ麺→具→麺→具というサイクルが上手く進み、
食べ終わりまで一切飽きさせない力を見せてくれます!

それにかにがこれだけどっさり入っているので、
最後までかにと麺・つけ汁の調和が堪能できます!

それにしても具だくさんのつけ汁はうれしいですね!(*゚◇゚)

そして麺を食べきった後にスープ割りもいただきました!

坊也哲 ズワイ蟹塩つけ麺(スープ割り)

このスープ割りがまた絶品でしたね!

昆布メインのおだしで割ったという感じの風味ですが、
そのおだしとつけ汁との相乗効果が素晴らしいです!

つけ汁の持っている旨さをさらに引き立ててくれて、
一つの完成されたスープとしての姿を見せてくれます!

このスープ割りにご飯を入れてもおいしいでしょうね!

新年最初の麺からうなりにうならされまくりました!(●・ω・)

これはラーメンをはじめいろいろ食べてみたいですね!
初訪であえてこの限定を食べたのは大正解でした!

このお店にはこれからも何度も足を運びたいです!(゚x/)モキルルッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.