10月が終わりました!

中旬ぐらいからの雨が酷かった10月も何とか終わりました!

10月で何より記憶に残っているのはとにもかくにも雨ですね(;゚ω゚)

10月って1年の中でも比較的晴れが多い時期だと思うのですが、
寒いわ秋雨の時期みたいに停滞前線は延々と居座ってるわ、
そのとどめに台風まで来るわで散々な10日間ほどでしたね;

ただ台風が過ぎてからは少し晴れの日が増えてはいますが!

しかしあれだけ雨が続くとそれだけで気分も滅入ってきますね;
出かけたいと思ってもなかなか積極的に出にくくなりますしね;

できるだけ天候とか些細なことで気持ちを落ち込ませたり、
そういうことにはならないようにとは思ってはいるのですが、
いつも外が薄暗くて曇っていると気分は良くはないですね;

たまにだったら強い雨なども気持ち次第で楽しめるのですが、
今回は10日間ほど雨が降らない日がなかったですからね;

そしてとどめに来た台風もおもいっきり直撃してしまったうえに、
近くの川が一部で氾濫したらしく被害も出ていたみたいですしね;

うちの家はまだその川からそこそこ離れていたので無事でしたが、
本気で浸水の可能性を心配したのは生まれて初めてだったかもです;

当時の川の写真とか見たら完全に危険水域に達してましたからね;

しかし10月にあの停滞前線って何が起きていたのでしょうね;

太平洋高気圧とオホーツク海気団がぶつかるような時期は
もうとっくに9月には終わっていたのではないかと思いますし、
でも寒気団と暖気団が日本列島の南部あたりでぶつかっていたから
ああした天気だったわけで、何やら不思議な長雨という印象でした;

そんな10月でしたが、全体的には安定軌道と言える日々でしたね!(`・ω・´)

9月を支配したにゃんこの病気は完治して心配もなくなって、
モヤモヤとした考えごとをする必要もなくなりましたしね!

以前から進めたかった作業も日々少しずつながらも進んでますし、
8月中旬ぐらいまでの勢いが徐々に復活していた時期の続きが
10月になってからできるようになってきたという感じでしたね!(*゚ー゚)

やるべきことが見つけられなかったり、やりたいと思いつつも
それが上手く進められないような時期に比べればいいのですが、
何かを積極的に進めていてもすっきりしない面もあったりして、
何事も難しいよなぁ、というようなことは考えたりもしますが!

結局何をやっても自己満足に過ぎないみたいに思う一方で、
自分が満足できることが最大の報酬だとも言えるわけで、
でも自分の中だけで完結してはやはり寂しくもあるという;

昔よくサイトに来てくれていた人を思い返したりしてみて、
自分が生み出したものについて喜びを共有できる人がいれば
そのあたりももっとすっきりとするのかもしれないと思ったり(´・ω・)

一つの壁を壊すべく何かしら動くべきタイミングなのかもですね;

それでも不調時に比べればいろいろ恵まれているのは確かですが!
思い返せば今年の1~3月なんて、ほんと地獄の日々だったわけですしね(;゚◇゚)

ラーメン屋さんは今月はのべ8軒とやや低調でしたね;

今月はあえて意図的に抑えているような面もありましたが!
雨が多くてなかなか出かけにくかったのもありましたし!

なので、数こそ少ないもののあまり気にはしてないですね!
また来月あたりにはもうちょっと行く軒数も増えるでしょうし!

安定軌道に乗りつつもモヤモヤ感も多少はあったりしますが、
そこを知り合いの人と出かけたりして気分転換をしながら
少しでも毎日を楽しく過ごしていけるようにしたいですね!

せっかく安定してきつつあるのも無駄にしてはもったいないですし!(●・ω・)

そしてついに11月ということで冬が近づいてきましたね;

自分の調子が明らかに悪化し始めたのは昨年の11月後半で、
そのせいで冬の到来に多少の恐怖感を持ってるのですよね;

とはいえ、当時のような酷い環境に置かれてはいないですし、
慎重に、かつ不安になりすぎず過ごすのが大事なのでしょうね!

今はそんな過剰な不安やストレスを抱えてはいないですし!

ギリギリ秋を楽しめそうな11月もどうぞよろしゅうお願いいたします!(゚x/)モキューン

Better Than Ezra - In the Blood (1993) [Alternative Rock]
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

9月が終わりました!

中旬頃から一気に気温が下がって秋めいてきた9月も終わりました!

9月というと、例年はまだ夏の続きというイメージが強かったのですが、
今年は9月になってからは蒸し暑い日の日数が急速に減っていって、
しかも中旬からはさらに気温が下がるなど9月ぽくなかったですね!

ここまで急に夏から秋に切り替わる年というのも珍しい気がします!
その分だけ体調管理に気を使わないといけない面もありますしね!(=゚ω゚)

涼しくなるとその分だけ過ごしやすくなるというメリットがありますが、
服装が夏のままだと、今度はどこかのタイミングで体調を崩しますしね;

さて、今月はもう「にゃんこに捧げた1ヶ月」に尽きるような感じです!

実際には8/22に普通じゃない回数のくしゃみを確認してからで、
9月の中旬ぐらいからはそれらの症状もかなり回復してきたので、
8月下旬から9月初旬ぐらいまでが自分にとって最も大変でしたが、
それでもやはりこの1ヶ月の印象はにゃんこのことに尽きますね!

8/22にくしゃみを確認し、ただ他の症状がないのでいったんは様子見、
翌週の8/28に病院に連れて行き、歯周病が原因の鼻炎と診断されたので、
翌日の8/29に血液検査、9/1に3本の歯を抜き歯石を取る手術をしました。

また、歯周病によって増殖した細菌を倒す目的と抜歯した歯茎の化膿止めのため、
この件で最初に病院に行った8/28とその2週後に抗生物質を注射をしてもらってます。

8/27に目の潤みという症状が出たことが病院に連れて行くきっかけでしたが、
抗生剤を打った3日後にはその目の潤みが消え、抜歯手術をした4日後には
鼻水をぬぐうことでついていた右前足のカピカピ感が消えてくるなど、
少しずつではありながらも一つ一つ症状が緩和されていきました。

くしゃみは最初に出た症状ということもあってしぶといものがありましたが、
手術の4日後ぐらいからは最も回数が多かった頃の半分ぐらいにまでは減って、
その翌週にはくしゃみを見ることのない日のほうが多くなってくるなど、
こちらのほうも日が経つにつれてだんだんと症状が和らいできました。

くしゃみも大変でしたが、それ以上に自分の心配性もまた大変でしたね(;・ω・)

明らかに症状が少しずつ緩和されているのだからゆったり構えればいいのに、
まだ残っている症状を見て不安になったり、ほんの1回のくしゃみで心配したり、
にゃんこの症状以上にこちらのほうが難題になってしまってる印象もありました;

特にくしゃみが始まった最初の週にものすごく強い不安感に駆られたため、
それが緩和されていくのにも長い時間がかかってしまったという感じでした;

ただ、こちらも症状が緩和されるにつれて徐々に落ち着いてくるなど、
2回目の抗生剤を打った9/11以降は1日1日と良くなってはきましたね。

日によってはまた不安感が湧き上がってくるなんてこともありましたが;

それゆえに9月全体がこの出来事のイメージで覆われているのですよね;

それでも下旬にかけてくしゃみを見る機会もほとんどなくなってきたので、
この問題で苦しい思いをする日々からも抜け出してきた感触はありますが!

そうした不安の中で症状を観察する日々が続くといろいろ考えもするもので、
これまでは朧気だった死や病に対する意識というものも強まってきましたね。

にゃんこと暮らす中でいろんなものを得たり、懐いてもらったりしましたが、
それゆえに今回のような軽めの病気ですら悶えるような辛さを感じてしまう、
今後訪れる病やいつか必ず来る別れのときはいったいどうなってしまうのだろう、
そうしたことに対する恐怖感もまた強く感じさせられる日々になりましたね;

ペットと人間の関係は人間同士以上に偽りのない相思相愛を生むので、
それがペットと暮らすことの大きな価値でもあると思うわけですが、
その深い愛情こそが苦しみの大きな種にもなってしまうのですよね。

たとえそれが途中で壊れることなく深く結びついたものであっても、
愛情の行き着く先は結局はそこなのだろうかとも思ってしまいますし。

この子の場合は出会いの経緯からして、自分がもし保護していないと、
確実にその日には死んでしまっていたであろうことは間違いないので、
この子を助けたことにも一緒にいることにも何の後悔もないのですが、
「もしこの子が死んだ後でまた猫を飼う気になるか?」と問われたなら、
今回の辛さやいずれ来るそれを遥かに超える苦しみのことを想像して、
「自分にはもう動物を飼うのは無理だと思う」と言ってしまうでしょうね;

今はもうこうして長く一緒に暮らしているという関係なわけですから、
いつかは死が訪れることや病にかかりやすくなることも意識しながら、
かといって重く考えすぎずに日常は日常として普通に過ごしながら、
その中でしてあげられる最善のことをするのに尽きるでしょうけども。

今回のことで自分の中に一つの耐性が生まれればいいのですけどもね。

現実的には今回のことで一つの大きな病気の種は消せたわけですし、
本来であれば悲しむべきことは今回の件には何もないはずですからね。


さて、そんなにゃんこのことで悶えていた9月の初旬でしたが、
手術の次の日に「大阪市立科学館」へと足を運んできました!

あえてにゃんこの手術の次の日に予定を入れたわけではなくて、
もともとこの日に行く予定が入っていたというだけなのですが!

8月の初旬ぐらいにブロ友のまうさんと予定を決めたのですよね!

自分としてはかなりヘヴィなタイミングでの訪問になったわけですが、
それでも手術直前よりは直後でまだ良かったかなとは思えましたね!

「やるべきことはやってあげられてる」という感覚はありましたし!(●・ω・)

大阪市立科学館に行くのはなんと7年ぶりになるのですよね!

大阪市立科学館(2017年9月)

目の錯覚を利用した写真など、入る前から工夫を凝らしたものが展示されています!
ちなみにこの写真は実際には入る前ではなく、出て来てから撮ったものですが!笑

今回は展示物についてまうさんにいろいろ解説しながら進んでいったり、
サイエンスショーやプラネタリウムにも足を運んだこともあって、
けっこう長い時間だったはずがあっという間に過ぎた感じがしましたね!

なので、写真は閉館時間直前になって急いで撮ったものばかりだったりします!

大阪市立科学館 ミニ雷(2017年9月)

これはたしか4階にあった雷の仕組みを模したような展示物だったと思います!
高圧電流をかけることで放電させたミニ雷っぽい感じのものを楽しめます!

このミニ雷が伸びる方向は時間が経つにつれていろいろと変わっていきます!

4階にある展示物の中でも特に自分が気に入ったのがこれでしたね!(*゚ー゚)

大阪市立科学館 カオティック振り子(2017年9月)

「大阪市立科学館」と言えば、この「カオティック振り子」は外せません!
その名前の通り、振り子の動きがカオスになので予想外の動きをします!

ちゃんとした規則性のようなものがないのが大きな魅力なのですよね!
そのあまりに変な動きにちょっと吹き出してしまいそうにもなりますが!(*゚◇゚)

科学館の館長さんがtwitterでその動画を公開してくれています!

大阪市立科学館 紫水晶(2017年9月)

3階にはいろいろな鉱物や匂いに関するものなどが展示されてますが、
その中でも最も目を引くのがこの巨大な「紫水晶」なのですよね!

光の関係でどうしてもちょっと暗い写り方になってしまいますが!

この紫水晶に関しては7年前に記事化したときにも撮っていますね!
カオティック振り子とこの紫水晶は特に印象に残りますからね!

さて、今月はにゃんこの様子を詳しく見ておきたいこともあって、
全体的に活動に関しては緩めていてそれほど出かけなかったのですが、
ラーメン屋の軒数は11回とむしろけっこう多かったぐらいなのですよね!

このあたりは自分でもちょっと不思議に感じてしまいますが!(`・ω・)+

大変な1ヶ月も幕を閉じて、精神面についても上向きになりつつありますし、
そこを上手く奮い立たせながら新しい活動もできるようにしたいですね!

ではでは、10月もどうぞよろしゅうお願いいたします!(゚x/)モキリュー

The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight (1995) [Alternative Rock]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

にゃんこ13周年!

にゃんこさんがうちにやってきてから今日で13年になりました!

毎年書いてはいますが、このにゃんこさんと出会ったのは
家から徒歩15分ぐらいにあるドブのあたりだったのですよね!

そこに迷い込んでいた生後1ヶ月ぐらいのこの子を保護して、
それからこうして13年の間、仲良く一緒に暮らしております!(`・ω・´)

拾ったときの経緯は2011年のときの記事が最もくわしいです!

しかし13年にもなると、いろいろと衰えも見えてくるのですよね;

高いところにジャンプするというのが難しくなってきますし、
ベッドに上るにも途中で段に乗ってから上ったりしてますし!

ただ、2階のベッドは高いのに普通にジャンプしてるっぽいのですが!

2階のその部屋は父が寝るときぐらいしか人が入らないので、
そこにいるときの詳しい動きがイマイチわからないのですよね;

ただ、以前に比べると足を踏み外すような機会も増えてきたり、
寝る時間が若かった頃に比べて増えるなど変化は見えますね!

というのも、猫の13歳って人間で言えばもう68歳ですからね!
そりゃあ動きに何らかの衰えが出てきても不思議じゃないわけです!

その割に甘えんぼうっぷりに関しては今も全開ではありますが!(=゚ω゚)

歯磨きをしてるとドアのすき間から鏡に映るように顔を覗かせて、
口をゆすぎ終わると「待ってました」とばかりに鳴くですよね!

口をゆすぐ→出てくる→撫でてもらえる、とわかっているのです!

ほんと自分の行動を研究しつくしてるなぁと思わされますね!
撫でを催促するためならいろんな手段を尽くしてきますからね!

そのたびに撫でてあげるからそうした手が続出するわけですが!

ちなみに普段から名前ではなく「姫」と呼んでいたこの子ですが、
最近はなぜか「姫ちゃん」と呼ぶ機会のほうが増えてきました!

自分でもなぜちゃんづけになったのかよくわかってないのですが、
いつのまにか癖のような感じでそのようになっていたのですよね!

しかし人間でいうと68歳で「姫ちゃん」なのも妙な話ではありますが!

でも仕草でいうと、今でも小さい子どもみたいに見えてきますし、
いつになっても自分にとってはお姫様のイメージなのですよね!(*゚ー゚)

にゃんこ13周年!(5月28日撮影)

これは調べてみると5月ぐらいにふと撮影した写真ですね!

この子は写真を撮られるのがあまり好きではないタイプなので、
この記事向けの写真を撮るのも案外一苦労だったりします!

寝てる場面だったらそれなりに写真に撮りやすくもありますが、
できれば起きているときのほうが写真としては映えますからね!

にゃんこ13周年!(8月24日撮影)

これは8月後半の暑い日にベッドで伸びて寝ているところを撮ったものですね!

猫はもともとクーラーがあまり好きでない子が多いらしくて、
それゆえにクーラーのかかってない部屋に行きたがるのですよね!

なので、夏になるとこの無人の部屋で寝ていることが多くなります!
「熱中症大丈夫かな」と心配になってしまったりもしますが!

さて、そんなこの子ですが、今は病気と闘ってる最中でもあります;

できることならこの記事はそれが完治してから書きたかったのですが、
記念日である9月8日の更新を外すわけにもいかなかったですからね;

8月22日に「なんだかいやにくしゃみが多いな」と気付いたのが始まりで、
ただくしゃみ以外には特に症状らしい症状が見当たらなかったこともあり、
いったん自分だけで病院に行って、くしゃみしにくい環境づくりについて
軽くアドバイスを受けていったんはくしゃみの推移を様子見していました。

8月の月末記事に書いた「様子見しつつ適切な対処が必要」というのは、
実はこの子のくしゃみから始まった症状に関する話だったのですよね。

その後、くしゃみについては日によって多少の波はあるものの治まらず、
一方で食欲低下、下痢、目やに、色の濃い鼻水といった症状は出てこず、
どのように動くべきなのかを迷ってしまう状況が数日続いたのですよね;

そして8月27日の日曜日の夜、右目がちょっと涙で潤んでいるのを見て、
これは一連の症状が微妙に悪化しているサインなのではないかと考え、
先生からも「くしゃみが続くようなら連れて来て」と言われてたのを踏まえ、
その翌日の早朝に早速かかりつけの病院へと連れて行くことにしました。

ちなみに目の涙はくしゃみと連動して起きやすい症状のようで、
涙が流れる管を鼻水がふさぐことで目に出てきやすくなるそうです。

とすると、鼻水の量が徐々に増えてきていたのかもしれません。

くしゃみと透明の鼻水、それと連動した涙、ただし活動性や食欲低下はない、
症状としては軽く見えますが、何か自分には嫌な兆候に見えたのですよね;

人間のくしゃみの連発と猫のそれとは同じではないと直感できましたし!

そして病院の診察室で見せてもらったのは、この子の歯の状態でした。

この子には毎日肝臓にいいサプリメントをあげているので、
口を開けて中を一瞬見るというのは毎日してたのですよね。

でも、やはり病院の先生は口の開け方の技術が全く違います。
そのときに見た奥歯の状態は背筋が寒くなるようなものでした。

歯はグラグラなのに歯石が多くつきすぎていて抜け落ちられず、
歯茎からはつねに出血、下の歯の歯周病で歯茎が口内炎の状態、
「よくこれでご飯を食べていたな」と思えるようなものでした(*;ω;)

たしかに数年前から口臭の悪化は気にはなっていたのですよね;

とはいえ、犬に比べると猫は歯磨きをするのが難しいですし、
手をこまねいたままこういう状態を招いてしまったのですよね。

その過程で自然に歯が抜け落ちることもけっこうあったようですが、
その中で一部が歯石のつきすぎで抜けることができなくなってしまい、
そこに細菌が繁殖し、鼻炎へとつながったと見られるとのことでした。

上あごの歯周病→鼻炎というのはけっこうよくある症状だそうです。

これがもし悪化していると、鼻炎だけでなく副鼻腔も炎症を起こし、
そこに膿がたまって人間でいう蓄膿症の状態にまでなるのですよね;

くしゃみ+水鼻という症状の段階で動いたのは良かったのでしょう。
とにかく無性に心配で静観する気にはなれなかったのですよね。

そして一時的に細菌の増殖を抑えるべく抗生剤を打ってもらって、
その日のうちに抜歯手術の日程(9/1)まで一気に決めてしまいました。

もう可能な限り早く抜歯手術が行える日を選んだのですよね。

歯の症状がひどくて、早く処置させてあげたいと思ったのも理由ですが、
同時に自分自身が精神的に待つことに耐えられなかったのもありました;

もっとも手術の前日と当日は自分が緊張でガチガチになっていましたが;

抗生剤をいったん打ったとはいえ、大量の歯石は細菌の温床なわけで、
日々増殖して症状が悪化するリスクの最大要因でもありましたからね;

それを抱えた状態で悪化しないことを願いながら日々様子を見ていく、
この子が好きすぎるだけにそれだけでも精神的に辛かったですからね;

まず抜歯手術をして細菌の温床を倒して悪化要因をなくしたうえで、
残っている症状についてはきちっと腰を据えて先生と対応していく、
そういう形をできるだけ早く作ってしまいたかったのですよね。

そして何とか抜歯手術も終わり、その日はさすがに元気はなかったですが、
歯は少なくなったものの食欲はむしろ増え、毎日活動的に過ごしてくれてます。

くしゃみについては現段階ではまだ完治には至っていないのですが、
抗生剤を打って数日後に涙が出なくなり、鼻のあたりをこすることで
鼻水でカピカピになっていた前足も徐々にきれいになってきました。

ただこのにゃんこさんのことが好きすぎて、心配性な飼い主なだけに、
一歩ずつ前に進んでるように見えても不安がたくさん募るのですよね;

少しずつ少しずつと頭ではわかっていても、心のほうは焦ってしまい、
状態の微妙な変化の流れを冷静に見つめられてないと自分でも思います;

いいほうの「もしかして」を考えては勇み足になって後で落胆し、
悪いほうの「もしかして」を考えては自分の中の不安を大きくする、
自分としても何とも困った性格だなと思わされてしまいますね。

にゃんこ13周年!(8月26日撮影:その1)

これは病院に連れて行く数日ほど前の段階で撮影したものですね!
ちょうど自分に向かって「にゃあ」と鳴いているときですね!(*゚◇゚)

この状態だけを見ると病気のようには見えないのですよね!
だからこそ最初の頃は連れて行くべきか迷ったわけですが;

実際に日々の活動性だけで言えば特に落ちてなかったですからね!
ただ、今から見るとごく微妙に落ちていたような気もしますが!

にゃんこ13周年!(8月26日撮影:その2)

これもさっきの写真からそのまま連続して撮ったものですね!

動物ってどうしても写真を撮ってる間もいろいろと動くので、
一気に何枚も撮ってそこから使えるのを選ぶしかないですからね!

こちらは何だか前のほうを見据えてるような感じになってますね!

といっても、実際は何かを見つめていわわけではなかったですが!

にゃんこ13周年!(8月26日撮影:その3)

うちの子は凛々しいというか、ちょっとキリッとした表情なのですよね!
なので、「気の強そうな女の子」という雰囲気がよく出ていますよね!

実際は気が強いというよりは「気ままでわがままなお姫様」という感じですが!

この見た目だけだと、それほど年を取った猫には見えないですからね!(●・ω・)

ちなみに毎日過ごしている自分としてはあまり気付かないのですが、
猫も年を取ってくると白い毛の割合が徐々に増えてくるそうです!

先生によると顔の白い毛の割合も以前より増えているみたいですし!

今年は例年と違って、まだ病気と闘っている最中ということもあって、
いつもに比べるといくぶんトーンが暗めの記事にはなってしまいました;

ただ、自分が感じている不安もにゃんこさんの病気に関することも、
元をたどれば自分のこの子への強い愛情から来てるわけですからね。

だから、いつも以上に愛情の深い記事という側面もあるのかもです!

母が死の淵をさまよっていた5年前は本気で暗い記事でしたからね;

これからも1日1日を無駄にせず、できるだけ長くこの子と一緒暮らしたいですね!(゚x/)モキニュッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : | ジャンル : ペット

8月が終わりました!

暑い日が続きながらも台風がやってきて雨の日が多かったりと、
何とも真夏と9月が交互にやってきたかのような8月でしたね!

雨が降って秋っぽくなるのもそれはそれで悪くないのですが、
真夏は晴れのイメージが強いので雨だと予定が崩れますよね;

家にいるときに大雨だったりすると案外気持ちいいものですが!(=゚ω゚)

大阪は台風がめったに直撃しない地域ではあるのですが、
例の迷走台風は直撃して去るまでの時間も長かったですね;

この日は予定を組み替えて過ごしましたがほんと助かりました!

さて、そんな今月ですが7月に比べると充実感はありましたね!

単純にリハビリの延長で過ごしていくのは7月で終わらせて、
8月からはまた次に向けての新しい予定などを組み上げていく、
そうした思いから始まったのが今回の8月だったのですよね!

ただ、新しく考えた予定は9月のほうに入ることになりましたが、
いずれにしても新しい動きの萌芽が見えつつあるのはたしかです!

とはいえ、今月に関しては最初からもともと入っていた予定と
そこにプラスして一時的に関係をストップしていた友人との
交流を再開させたというのがメインの出来事ではありましたが!

でもこれも7月までとは違う新しいステップと言えますしね!(●・ω・)

8月のイベントというと、自分はまず8月1日のPL花火があって、
そして四天王寺の「盂蘭盆会万灯供養法要」なのですよね!

PLの花火って、ちょうど8月の最初の日にあることもあって、
これを見ることで8月全体へのやる気が出てくるのですよね!

これが8月を過ごすうえで大きなポイントになってくれました!

また、観覧場所に行くのにとにかく必死になったことで、
自分の体力の限界も復活してるのも再確認できたのですよね!

そうしたことも「リハビリ期の次」を意識させてくれました!

一方の「盂蘭盆会万灯供養法要」はしっとりとしたイベントですね!(*゚ー゚)

四天王寺の中心伽藍内に1万本近くのロウソクを並べて火をつけて、
先祖の供養をするというのがこのイベントの本来の趣旨ですね!

ロウソクは売り場で700円で購入して自分で字を書きます!

このイベントはそれ以上にとにかく荘厳で美しいのですよね!

中心伽藍内を彩る1万本近い大量の供養のロウソクの灯り、
本来の意義を横に置いてでも見るだけの価値がありますね!

四天王寺万灯供養法要:2017年8月14日撮影
(四天王寺万灯供養法要:2017年8月14日撮影)

訪問を14日にしたのは、15日が雨予報だったためです;
できればイベント時間の長い15日のほうがいいのですがね!

こうした機会があると、ロウソクを見ながら考えを巡らして、
自分の気持ちの整理がつきやすくなるということもあったり、
けっこう日常へとフィードバックされることが多いのですよね!

単にワーッと遊ぶのとはまた違った意義のあるイベントですよね!(*゚◇゚)

ラーメンについては今月はのべ9軒とけっこう行けましたね!

さすがに一時期のように1月14軒とかはもう無理だと思うので、
8~10軒ぐらいのペースで推移させていければと思いますね!

でもって、今月は宿題店にもいろいろと行けましたしね!

自分は8月は普段のリズムが大きく変わる時期でもありますが、
そこもごく普通に乗り切ることができたのは良かったですね!

乗り切るのに必死でヘトヘトになるようではいけないですし!
できるだけ無理がかからない時間配分に調整しましたからね!

「無理をしすぎない」のは今でも自分の大事なテーマですし!(`・ω・´)

ただ、じゃあ1ヶ月が順風満帆に過ぎたかというとそうでもなく、
後半の1週間は新たな難しい問題を抱えたりもしたのですよね;

先月の母の不安症状といい、一難去ってまた一難という感じです;
母の不安症状のほうは解消されて特に問題はなくなったのですが!

様子見をしつつ経過次第では適切な対処を取らないといけない、
言葉にしてしまえばごく単純なようにも見えてくるのですが、
実際は事態に最初に触れたときに一気に不安を感じてしまったり、
逆に一時的に良さそうに見える経過を過大評価してしまったり、
自分の判断が過剰なのか否かを見極めるのが難しいのですよね;

原因に未知の部分が多いだけにあらゆる経過が考えられて、
それがゆえに悪いことなどもたくさん思い浮かぶのですよね;

確実に改善傾向にあれば時間をかけてつぶさに見ていくことで、
いずれはその不安も徐々に解消していくことになるのでしょうが、
中途半端に横這いみたいな状況が続くと悶々としていくのですよね;

こうした場面では自分の神経質なゆえの難しさも再確認してしまいます;

基本的に経過観察も見極めも、重要な判断も自分の責任なだけに、
ある程度万全の態勢は取ってもやっぱり不安が残るのですよね;

なんだか自分はいつもそんなパターンに陥ってる気がしますが;

当然そうした状態になると、趣味的なものへは身が入らなくなり、
やりたいと思っていることが実行に移すのが難しくなってくる、
これって7月に起きていた現象の一端でもあったわけですしね;

日常が平和であればって、それがいつも上手くいくわけではないから、
日々の生活はどうしても難しくなってしまうわけなのでしょうけども!

それでも8月で今後の礎を作ることができたのは確かだと思うので、
9月以降は心を整えてもっと前へと進んでいく形を取りたいですね!(゚x/)モッキリー

Pearl Jam - Thin Air [Alternative Rock / Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

PL花火芸術2017に行ってきました!

今年も恒例のPL花火芸術を打ち上げ場所近くまで観に行ってきました!
記事の最後には花火の動画も貼っているのでそちらもぜひご覧ください!

自分が撮ったものではなく、もっと上手く撮影される方が撮ったものですが!(=゚ω゚)

一昨年までは電車でPL花火の最寄りである富田林駅まで行って、
そこから山を登るような感じで観覧場所へ向かっていたのですが、
昨年からは自転車で観に行くという方針に切り替えたのですね!

というのも、3年前までは有料観覧場があったのでそこで観てたのですが、
2年前にそれが廃止されたので観覧場所が決まらなくなったのですよね;

ただ、2年前に関しては以前の観覧場の近くで観ることにしたのですが、
その年に花火の動画を上げてくれた方が撮影の際に使った観覧場所を
緯度と経度で示してくれていたので、その場所をネットで調べてみて、
その次の年(=昨年)から自分もそこで観るようにしたわけです!

そこだと駅から歩くよりも家から自転車で行く方が少しだけ近く、
それで昨年からは自転車で行くという方針に切り替えたのです!

しかも駅から歩いて行く場所に比べると意外にけっこう空いていて、
それでいて打ち上げ場所からの距離が500m程度とかなり近いうえに、
以前の観覧場よりも花火が広がって見える優良な場所なのですよね!

ここを知ったおかげでこれまで以上に花火が楽しめるようになりました!

・・・が、今年はそこに到着するまでが想像以上に大変でした(;゚◇゚)

トラブルやミスの連続で時間内に到着できるかどうか切迫してましたからね;
この記事では観覧場所に到着するまでの出来事をいろいろ書いていきます!

(1) 昼に用事があったので、いつもよりも遅めの時間に出発
例年は余裕をもって観覧場所に到着できるようにしていましたが、
今年は昨年一度行ったこともあって遅めに出発したのですよね!

何もなければそれが功を奏することになったはずなのですが、
その後トラブルが連発して大きなピンチを招くことになりました;

(2) 出発して10分もしないうちに自転車のチェーンが外れる
自転車で軽い段差に差し掛かったとき、急にペダルが軽くなりました;

この自転車を買ってからチェーンが外れたことは一度もなかったのに、
それがPL花火の観覧場所に向かう途中で初めて外れたのですよね;

昔の自転車みたいにチェーンがむき出しになってるタイプなら、
手が汚れるのさえ我慢すれば自分でチェーンぐらい直せるのですが、
チェーンを完全に包むようにカバーがついてしまっているので、
小さなすき間に指を入れるぐらいでは直せなかったのですよね;

(3) 行く途中で寄る予定だったラーメン屋さんが臨時休業
これは仕方ないと言いますか、南大阪の地域だと8/1の夜は
PL花火を観覧するという理由で休むお店がけっこう多いのです;

おそらくはこちらのお店もそれで営業を休みにしたのでしょうね;

(4) 自転車修理もしているホームセンターを発見・・・!
自転車を押して歩いていると「サイクル」と書いてるホームセンターがあったので、
「直してもらえるかも!」と思って、そのホームセンターへと直行しました!

すると修理をしてもらえる場所があったので店員さんに聞いてみたのですが、
修理担当の人はすでに帰ってしまっていて、ただのタイムロスになりました;

これも遅い時間に出発してしまった負の影響の一つでもありましたね;
その後、また自力で直そうとするも失敗してまたタイムロスになりました;

(5) さらに歩いていると「自転車ヒーロー」なる看板を発見
国道309号線沿いを歩いていたので、これだけの広い道であれば、
どこかに自転車屋さんがあるはずと思って自転車を押していたところ、
「自転車ヒーロー」という救世主のような看板を発見しました!

着いてみるとギリギリ営業時間内だったようで直してもらうことができ、
ここでやっとチェーンが外れたというトラブルから回復できました!

後で調べたところ到着が18:45頃で営業時間は19:00までだったのですが、
「修理受付は営業終了30分前まで」というふうにあったのですよね!

・・・とすると、お店の人は受付時間を本当は過ぎていたのに、
そこで断ったりせずにその場ですぐに直してくれたのですよね!

いやほんと店名どおりの「ヒーロー」と呼ぶにふさわしいお店でした!
この「サイクルヒーロー」さんは自分の記憶の中に完全に刻まれましたね!(*・ω・)
(看板は「自転車ヒーロー」でしたが、正式な店名は「サイクルヒーロー」だそうです)

ちなみにチェーンのカバーを外したうえで付け直していたので、
やはりカバーがついたままで素人が直すのは無理だったようです!

ここでふと考えると、ラーメン屋さんの臨時休業で助かってるのですよね!
もしラーメン屋さんに寄っていたら確実に営業時間を超えてましたので!

(6) マクドナルドで夕食を取る
打ち上げまで1時間とちょっと時間が押し気味でしたが、
せっかくチェーンも直ったので夕食をとることにしました!

ちなみに食べたのはロコモコバーガーとビッグマックです!(*゚ー゚)

(7) これからというところで道を間違える
せっかくチェーンを直してもらったのに何と言う凡ミスでしょう!
府道35号線に入るとわかっていたのに道を間違えたのですよね;

マクドナルド周辺は X みたいに道が交差する感じになっていて、
マクドナルドは左下(南西)の道の南沿いに位置しています!

一方の府道35号線は左上から右下に向かって行く道なのですよね!

ただ、マクドナルドから右上(北東)に向かって行く道に、
「こっちが府道35号線」みたいな印がついていたのですよね!

それで「この道が35号線か」と勘違いして北東方向へ向かってしまい、
気付くと明らかにPL方向に向かう道とは違うところに来ていました;

途中で怪しいと思って引き返すと本当の35号線を見つけられたので、
そこでやっと正しい道に入れましたが15分は軽くロスしましたね;

あの目印は「こちらに向かうとすぐ35号線がありますよ」という意味で、
「この道が35号線ですよ」という意味ではなかったようなのですよね;

でもって、もう一つの目印として美原高校を頭に入れてたのですが、
これが X のちょうど真ん中のあたりにあるので、北東に向かう道でも
同じように美原高校を横切るので勘違いを誘発しやすくなってたのですよね;

(8) 観覧場所に向かう
あとは時間が押しているのを承知で必死で観覧場所に向かいました;

打ち上げ会場はひたすら坂道を登って行ったような場所にあるので、
途中からはとにかく自転車で坂道を上るような感じになっていきます!

なので、体力の続く限り自転車で必死に坂道を登って行って、
ある地点以降は警察から自転車は降りるように指示が出るので、
そこからはひたすら早歩きで観覧場所を向かうような感じでした!

途中で平坦そうな部分ではちゃっかり自転車に乗りもしましたが!

そして観覧場所に到着する30秒ぐらい前に最初の花火が打ち上がり、
ほんともうギリギリセーフで到着できたというような感じでした!(`・ω・´)

「サイクルヒーロー」さんの迅速な修理も無駄にせずに済みました!

そのかわり到着したときには汗が止まらないような状態でしたが;

しかし3月や4月の自分の体力と相談しつつ行動してた時期と比べると、
「絶対に間に合ってやる」という執念で体力の続く限り自転車をこいで、
それでも疲れよりも間に合ったすがすがしさのほうを強く感じられた、
なんだか自分のこの5ヶ月間での回復を実感する出来事でもありましたね!

道を間違えたのは自業自得ですが、「十分に動けるじゃないか」と、
あれだけ必死に走れるなら今の自分の状態にも自信が持てますね!

・・・ということで、メインである花火の話へと移っていきますが、
今年は例年に比べると5分ほど打ち上げ時間が短くなってましたね!

「徐々に規模が小さくなっている」とは前から言われてますし!

ただ、PLというとラスト5分ぐらいのクライマックスが全てで、
ここにいかに火力を注いでくれるかにかかってるのですよね!

その点からすると、今年は大満足と言えるだけの内容でした!(`・ω・)+

今回は大きく分けるとオープニング(第1部)~大玉タイム(第2部)
~コンピュータ制御(第3部)~クライマックス(第4部)でしたが、
ゆったりと楽しめる第2部も悪くなく、第3部はかなり秀逸でしたし、
プログラムを上手く凝縮することに成功していた感がありましたね!

いつもPLの記事ではtwinkleromanceさんの動画を貼るのですが、
今年ももちろんtwinkleromanceさんが撮った動画を貼っています!

今自分が使っている観覧場所の情報をくれたのもこの方なのですよね!

動画では花火をフルでしかも高画質で見ることができるので
これを見ると実際の花火の魅力がけっこう体験できますね!

クライマックスだけが見たい方は33:30あたりから見てください!



やはり自分の夏はこのPL花火から始まると思えるそんな1日でした!(゚x/)

【関連記事】
PL花火芸術2017に行ってきました!
PL花火芸術 2015
PL花火芸術 2014
PL花火芸術 2013
PL花火芸術に行ってきました!(2012年)
PL花火芸術を見に行ってきます!(2012年)
PL花火芸術までの道のり(2011年)
PL花火芸術に行ってきました!(2011年)
PL花火芸術2010 Part3
PL花火芸術2010 Part2
PL花火芸術2010 Part1
PL花火芸術に行ってきました!(2010年)
PL花火芸術 Part 1(2009年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ★☆花火☆★ | ジャンル : 日記

7月が終わりました!

梅雨が明けて夏本番を迎えた7月もついに終わりました!

自分はトンネルを抜けた3月から少しずつながらも体調が回復し、
行動もより活発化させていく流れを6月まで続けてきましたが、
今月はどうもちょっとすっきりとしない1ヶ月になりましたね;

ただ、下旬にかけて何が問題なのだろうかと1ヶ月を洗い直して、
そういうふうになってしまった原因を見つけることができましたが!(=゚ω゚)

3月の段階ではまだまだストレスによる体調の悪さが残っていて、
日常でできなくなってたことを少しだけながらも復活させていく、
そうした完全にリハビリそのものといった感じだったのですよね!

これが4月になるともう少し思い切った行動も取れるようになり、
他人に相談できる形も作ることで回復を安定的にすることができ、
5月には回復過程で行けるようになれば行きたいと思っていた場所へ
次々と行けるようになってより回復が実感できてきたのですよね!

そして6月は会いたいと思っていた人と会う機会をどんどん作り、
「回復する流れでこういうことを実現したい」と考えていたことが
おおむね6月の終わりまでにほぼ実現することができたのですよね!

その結果、7月は「回復過程としてやりたいこと」がなくなってきて、
予定もややスカスカ気味になり、上手く回らなくなったのですよね;

ただ、かといって無為に1ヶ月を過ごしていたかというとそうでもなく、
長い間の体調の悪さやまだその回復度合いに自信がなかったことから、
宿題化してしまってたことを主にこの7月はこなしていたのですよね!

最大の宿題は定期的にやってくる音楽系botのリスト入れ替えでした!

いつも登録した700曲の配信が終わると新しいリストに入れ替えるのですが、
今回は冬の間の体調不良で明らかに作業が遅れてしまっていたのですよね(;゚◇゚)

それがこの7月の間で一気に進んで、何とか完了させることができました!

またそれ以外の面でも先送りしていたことの実行を進めていくなど、
義務的な作業をこなすという点では非常によく進んだのですよね!

ただ、6月までが「やりたいこと」を主にやっていたのに対して、
7月は義務的なものがメインになったのももんやり感の原因でしたね;

また、体調不良で行けなくなっていた恒例のCD100枚レンタルも
今月の末にかなりひさしぶりに行くことができたのですよね!

これで回復前に目標としていた宿題がほぼ全て終わったので、
この7月までで一つの区切りはつけられたように思いますね!

長い目で見れば3月から7月までは回復のためにこなすべき宿題を、
そのうちの楽しいことの実行を4月から6月に主にやっていって、
残った義務を7月にこなしていったという感じだったのですかね!

そう考えると、もんやりしつつも意義のあった1ヶ月だったのでしょう!(`・ω・´)

もう一つネックになったのは、母の体調というか心理状態でしたね;

母はもともとはそんなに落ち込みやすいタイプではないのですが、
気管拡張剤などでつねに交感神経を高めている関係もあってか、
腰などの肉体的な痛みが出て、ちょっとした落ち込みが絡むと、
普段の交感神経の活発化に緊張状態の継続化なども影響してか、
軽いうつ状態や不安が高まった状態になることがあるのですよね;

しかも今回は背中のごく軽い小さな骨折の診断を受ける
→ 翌日の夕方に熱中症的な症状が出る
→ その翌日にも同様の症状が出る
→ それを防ぐために水分を過剰摂取して頻尿になり眠れない
という悪循環が一気に生まれて落ち込んでいったのですよね;

どうもこの熱中症風の症状は精神面から来ている可能性が高く、
症状が出る→不安感が高まる→それが症状に繋がる
というふうに、これもまた悪循環の原因になるのですよね;

精神系の身体症状って、こういうところが難しいのですよね(´・ω・)

こうしたこともあって7月の上旬ぐらいはかなり不安でしたし、
最近は症状の正体も見え、症状そのものも徐々に治まってるので、
自分が感じるプレッシャーなどはかなり軽減されてきましたが!

7月上旬の「なんだか上手くいかないなぁ」感があったときに、
takaさんから「NEW UDON STYLE」が来たときはうれしかったですね!

正直に言うと、当時は「takaさんのブロガーとしての価値観やスタイルって、
かつてとはずいぶんと変わってしまったよなぁ」と感じるところがあって、
少々もんやりとした感情を抱くこともありましたが、これを受け取ったときに
「やっぱり持つべきものは友だなぁ」と思ったのは大きかったですね!

ちょっと影が覆いかけているときにふと光が射したような感じでしたし!

良くも悪くもこの人は「いい人」なんだろうなぁと、それがゆえに
交流が多く人間関係の変化などによってスタンスにも変化が出てくる、
今や様々な交流がモチベーションの核になりつつあるようですしね!

自分自身はそこはずっと無邪気なグルメブロガーでいいかなと!

ある種の理想はものグラムさんで、ただただ一つの道に邁進していて、
それが気付いたら多くの人に注目されて結果的に人気も得ている、
そんな「いつもまにか結果がついてきた」感は格好良く感じますね!

長居公園 植物園 2017(ビオラガーデン)
(2017年5月 長居公園 植物園にて撮影)

ちなみにラーメンに関しては今月は9軒と少し減りましたが、
それでも活発に動けつつあるという感触は強いですね!

7月までで回復過程は一つの区切りを迎えたと考えて、
今度は「おおむね回復したからこそやりたいこと」を考え、
それを8月以降の課題としていきたいと思ってるのですよね!

5月ぐらいまでは遠出に対して一定の恐怖感がありましたが、
今だったら梅田で人と集まるとかぐらいなら問題ないですし、
そういう枠で新たにできることなんてのもありますからね!(●・ω・)

最初の宿題を終えたがゆえに空白化したのが7月なら、
新しい課題を考えて実行していくのを8月にしたいですね!

ただ、8月は既存の予定が多く、他の予定も安定しないので、
いったいどこまで計画などを実行に移せるかは未知数ですが!

ではでは、8月もどうぞよろしゅうお願いいたします!(゚x/)

It's okay
(まあいいさ)
Had a bad day
(ロクでもない日だったよ)
Hands are bruised from
Breaking rocks all day
(1日中石を殴り続けて手が傷だらけなんだ)
Drained and blue
(疲れ切って青ざめて)
I bleed for you
(おまえのことを思って血を流しているんだ)
You think it's funny, well
(おまえはおかしな話だって思うだろうけど)
You're drowning in it too
(おまえだってその中で一緒に溺れてるんだよ)

Everyday it's something
Hits me all so cold
(毎日のように何かが俺を冷たく叩きつける)
Find me sittin' by myself
(気付けば俺はたった一人で座っている)
No excuses, then I know
(言い訳はしないよ、わかってるから)

Yeah, it's fine
(ああ、気分はいいよ)
We'll walk down the line
(この道をまっすぐ進んで行って)
Leave our rain, a cold
(この冷たい雨と引き換えに)
Trade for warm sunshine
(温かい太陽の光を手に入れるのさ)
You my friend
(おまえは俺の友達だよ)
I will defend
(俺が守ってやる)
And if we change, well I
Love you anyway
(もし俺たちが変わろうとも、俺はとにかくおまえを大切に思ってるんだ)

Alice in Chains - No Excuses (1994) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

長居公園 植物園 バラ園 2017 Part2

「長居公園 植物園」の「バラ園」のバラを紹介する第2弾記事です!
今回は写真は10枚のみなので、今回の記事で残りは全て紹介いたします!

長居植物園 バラ園(チャールストン)
(チャールストン)

とにかく様々な色が鮮やかな「チャールストン」というバラです!

このバラは写真として見ても本当に美しさを伝わるというか、
先端は濃いピンク、内に行くとやや色く、中央な黄色になると、
なんだか美しくも情熱な印象を強く抱かせてくれるバラですよね!

どことなくアメリカぽい名前ですが、フランスで作られたバラです!

それにしてもほんと品種ごとに様々な魅力がつまっていますね!(●・ω・)

長居植物園 バラ園(ゴールド・バニー)
(ゴールド・バニー)

非常にオーソドックスな雰囲気を持った黄色のバラというか、
花の咲き方などはまさにバラらしいと思わせるものですね!

鮮やかで上品さを見せていた「フリージア」とはまた違い、
バラらしいバラがたくさん咲く魅力を伝えてくれますね!

実際に鉢植えなどにも向いている育てやすいバラだそうですし!

こちらのバラもフランスで作られたものとなっています!(*゚◇゚)

長居植物園 バラ園(スイート・ムーン)
(スイート・ムーン)

今回はちょっとピークからずれてしまっていたのか、
完全にベストの状態で撮れたとは言い難いのですが、
実際にはかなりの美しさを持った青紫系のバラです!

「ショッキング・ブルー」は紫系のバラではありつつも、
このバラに比べるといくぶん赤いのが見てわかるのですよね!

要するにこちらのほうがより青の色合いが強いということですね!
なので、純粋な青紫系のバラとしては非常に優秀と言えそうです!

このバラは比較的新しく2001年に日本で作られました!
寺西菊雄さんという日本を代表するバラの育成家の方が作りました!(=゚ω゚)

長居植物園 バラ園(トランペッター)
(トランペッター)

バラと言えば、こうした赤色のものは絶対外せませんよね!
バラと聞いてまず思い浮かぶ色はこうした赤色ですし!

それにしても怖いぐらいに赤に満ちた花の色ですね!
また、葉の緑と花の赤とのコントラストも映えています!

トランペッターいう名前の由来はどうもわからないのですが、
すらっと伸びた細い幹の上にこんもりと葉と花が咲くので、
その姿がトランペッターのように見えるということなのかもです!

ちなみにこちらのバラはニュージーランドで生まれたものです!(*゚ー゚)

長居植物園 バラ園(シュネーヴィッチェン)
(シュネーヴィッチェン)

そして最後は一つ前の赤とは対極的な純白とバラとなります!
名前からして、明らかにドイツのバラであることがわかります!

この名前ではなく、「アイスバーグ」と呼ばれることも多いです!
ちなみに「シュネーヴィッチェン」は白雪姫のことでもあります!

まさに白バラを代表する存在で、絹のような花びらといい、
包み込むような咲き方といい、非の打ちどころがないですね!

この記事の最後を飾るにふさわしいバラとしてこれを選びました!(`・ω・´)

ピンクのバラが美しく集まって咲く「アンジェラ」に始まって、
鮮やかな黄色の「フリージア」、かわいらしい「シンプリシティ」、
彩りが美しい「チャールストン」、紫が映える「スイート・ムーン」、
そしてこの全てを純白に染めるかのような「シュネーヴィッチェン」と、
10枚だけではありながら、見どころの多いバラがたくさんありましたね!

自分はお世辞にもそれほどバラに詳しいとは言えませんが、
ここに来るとバラの持っている魅力に引き込まれますね!

というわけで、「長居公園 植物園」のバラ園のバラの紹介でした!(゚x/)モキユッ

【関連記事】
長居公園 植物園 バラ園 2017 Part2
長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1
長居公園 植物園 2013(大池北側の白鳥さん)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その2)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その1)
長居公園 植物園 2013(大池の南側)
長居公園の桜
長居公園 植物園(白鳥さんとかもさん)
長居公園 植物園(ライフガーデン周辺)
長居公園 植物園(ボタン園)
長居公園 自然史博物館
長居公園 植物園(入口~自然博物館付近)
長居公園(にゃんことかめさん)
長居公園(2010年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1

5月に行ってきた「長居公園 植物園」のバラ園のバラを紹介します!

ちょうど5月頃が春のバラのピークの時期となっているので、
バラ園のバラはどれも満開という素晴らしい状況でしたね!

4年前にもこのバラ園に足を運んできたことがありましたが、
そのときはまだデジカメではなく画質もあまりきれいではなく、
今見返してみると満足できる写真とは言い難いのですよね!

「長居公園 植物園」のバラ園にはたくさんのバラがありますが、
今回はあえて撮影するのは10枚のみとかなり絞り込みました!

これは「造幣局 桜の通り抜け」で写真を撮りすぎてしまって、
記事化するのにものすごく苦労してしまったからなのですよね;

なので、今回は1記事につき5枚で2記事のみの構成となります!
これぐらいシンプルなほうが読む側としても楽でしょうしね!(*゚◇゚)

長居植物園 バラ園(アンジェラ)
(アンジェラ)

今回撮影した中でもとりわけきれいに撮れたのがこのバラでした!
このバラはドイツのコルデス社によって作られたもののようです!

とにかくきれいなピンク色で、八重咲きに近くて花びらも多く、
カップ型に包み込みように咲く姿が非常に美しいですね!

そしてバラは香りがいい品種が多いのも大きな魅力ですよね!
花ごとにその香りを嗅いでいくのも欠かせないものですしね!(●・ω・)

長居植物園 バラ園(ショッキング・ブルー)
(ショッキング・ブルー)

その名前の通り、やや青みがかっているのが特徴のバラです!
実際にはブルーというよりは、青紫に近い感じではありますが!

こちらもアンジェラと同様にドイツで生まれたバラのようです!

「ショッキング・ブルー」と聞くとオランダのロックバンドが
思い浮かぶのですが、もしかするとその名が取られたのですかね!

巻きも厚く、それでいて花の色は紫という個性的な色で、
見る者を引きつける力は非常に強いものを感じますね!(*゚ー゚)

長居植物園 バラ園(ストロベリー・アイス)
(ストロベリー・アイス)

こちらはなんだかとっつきやすい名前のバラですよね!
「ストロベリー・アイス」、たしかにそんな雰囲気がありますね!

外側がピンクで、内に行くほど白や淡い黄色などが見える、
このコントラストの美しさはなかなかのものがありますね!

ちなみにこちらのバラはフランスで作られたとのことです!(=゚ω゚)

長居植物園 バラ園(フリージア)
(フリージア)

今回撮影したバラの中でも特に気に入ったバラの一つですね!
とにかく黄色が鮮やかで、なおかつ香りがすごくいいのです!

何度引き返してこの花の香りを嗅いだかわからないほどですし!

黄色系のバラはたくさんありますが、中でもとりわけ鮮やかで、
まさに黄色のバラの代表格と呼びたくなる風格がありますね!

こちらのバラはドイツで生まれたものとなっております!(*・ω・)

なんだかドイツやフランスなど、西欧諸国生まれが多いですね!

長居植物園 バラ園(シンプリシティ)
(シンプリシティ)

今回の記事のラストを飾るのはちょっと紫寄りのピンクで、
薄く広がるように重なって咲くかわいらしいこのバラです!

巻くというよりは広がって咲くような感じになってるので、
一見するとあんまりバラらしく見えないところもありますが、
それが不思議と引きつけるような力を持っているのですよね!

ピンクとも紫とも言えるような中間的な淡い色であったり、
何かこう見ているだけで優しさが伝わるような花ですね!(`・ω・)+

このシンプリシティはレッドやイエローなどもあるようで、
どれもアメリカで作られたバラということになってます!

ということで、今回はシンプルに5つのバラをお届けしました!

次回記事では、またきれいな5つのバラを紹介していきます!(゚x/)モキリュッ

【関連記事】
長居公園 植物園 バラ園 2017 Part1
長居公園 植物園 2013(大池北側の白鳥さん)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その2)
長居公園 植物園 2013(バラ園 その1)
長居公園 植物園 2013(大池の南側)
長居公園の桜
長居公園 植物園(白鳥さんとかもさん)
長居公園 植物園(ライフガーデン周辺)
長居公園 植物園(ボタン園)
長居公園 自然史博物館
長居公園 植物園(入口~自然博物館付近)
長居公園(にゃんことかめさん)
長居公園(2010年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

6月が終わりました!

梅雨入りと言いつつも中旬前はよく晴れた6月も終わりました!
でも終わり頃になると梅雨めいてきて蒸し暑くもなってきましたね!

日中の湿度も中旬前と違って大幅に上がるようになりましたしね!

2月の末で慢性的な体調不良の原因となっていたものから離れたことで、
3月からは体調や日々の活動を取り戻すためにいろいろしてきましたが、
この6月も4・5月と同様に様々な実りを得られた1ヶ月となりました!(`・ω・´)

5月は自分の体調が戻りつつあることを自己確認することも含めて、
個人的に行きたかったところなどに足を運ぶ機会が多かったですが、
6月は会いたいと思っていた人に会う機会をどんどん作っていきました!

6月の第1週は例によって金魚さんに捧げる1週間として過ごしましたが、
第2週の週末にはカップ麺ブログ仲間であるたういさんと会ってきました!(●・ω・)

たういさんとお会いするのは昨年10月以来で今回で2回目となります!

昨年10月というと、難しい問題に足を踏み入れ始めていた頃の時期で、
でもまだ体調のほうはそこまで崩れたりはしてなかったのですよね!

ただ、その1週間ぐらい前に体調不良になったりはしていましたが;

今回たういさんと会うのは、体調が悪くなる以前の状態まで戻るという
一つの象徴にもありますし、体調が戻ってきたら必ず自分のほうから
たういさんに再び声をかけようというふうに思っていたのですよね!

声をかけてからほんの2日ぐらいで会うなど、すぐに話が進みましたね!
自分とたういさんは自転車で簡単に会えるぐらいの距離ですしね!

そして第3週の週末には小学生時代からの友人と一緒に高槻の
きんせい夢風」へとラーメンを食べに行く機会を作りました!(=゚ω゚)

彼から以前とは何度かラーメンを食べに行こうと話していたり、
2月に一度会ったときにもそうした話題は出たりしたのですが、
自分の体調の問題もあって機会がずっと作れなかったのですよね;

それがやっと体調も回復してきてこうして行くことができました!
おそらくは今後もちょくちょくいろんなお店に一緒に行くと思います!

そして第4週の週末にはもう数年ぐらいブロ友の関係にある
まうさんと初めてお会いしてお出かけをしてきました!(*・ω・)

まうさんとブログ友達になったのは足あとがきっかけだったのですよね!

自分のブログに足あとがあったので、たどって行ってみると、
不思議と居心地のいいブログで、なおかつ激辛カレーのLEEなど、
趣味に共通するところがあったとこから仲良くなったと思います!

自分はアルコールを飲まないので、オフ会などの誘いを受けても、
一人だけしらふでいるのも変なので断ることが多いのですよね;

ブロ友さんの中にはすごい酔い方をする方も多いみたいですし!笑

なので、ブログで付き合いのある人であったのはたういさんだけで、
今回まうさんとお会いしたことでまうさんが2人目になりました!

「串まる」でのまうさんとの食事(6月24日撮影)
(2017年5月24日 まうさんとの食事の際に撮影)

まうさんも他のブロ友さんに比べると距離的には会いやすいので、
今後ともちょくちょくお会いする機会が作れるのではと思います!

すでに次に会うときに行く場所はおおむね決まっていますしね!(`・ω・´)

5月の頃も体調は戻っていて、出かけることで体調が悪化するとか、
もうそうしたことはほぼ完全になくなってきてはいたのですよね!

ただそれでも行くときにちょっとした不安が胸の中にありましたが、
今月はそうした不安感も5月と比べても大幅に軽減されてきましたね!

こうした不安感や不安などがもとで起きてしまう体調不良などは、
怪我などと比べても完全に治るまでに要する時間が長いようですし、
今も3月に比べれば5%程度ではあるものの一部は残ってるのですよね;

ただそれでも毎月間違いなく一歩ずつ改善してるのを感じますし、
こうして2月までに失いかけたものを一つずつ取り戻すことを通じて
そうした前に進む動きもより着実なものになってる感覚は強いですね!

でもって、日々の活動性に関しても大幅に改善していますからね!
活動性の規模で言うなら、体調不良の頃よりも上だと言えますし!

完全に普通だった頃は、ここまで活動性を意識してなかったですしね!
逆に当時も実現できなかったことが、たくさん実現できてきてますし!

食べログへの投稿も5月の頃と比べてずいぶんと慣れてきましたしね!

さらにラーメン屋さんへの訪問軒数もだんだん上昇してきました!
今月の訪問軒数だけでのべ12軒とひさびさに2桁に乗りましたしね!

これは「麺屋 一刃」の開店をきっかけに木曜日の夜にも
ラーメン屋に行くようになったのが最も大きいですね!

でもって、第1・3金曜日もかなり活動性を増していますしね!

木曜日の夜のラーメン屋への訪問はメニューコンプなどの関係もあって、
おそらくはどこかの段階で途切れることになるだろうとは思いますが、
いずれにしてもこの活動性の上昇に関しては大事にしていきたいですね!(*゚◇゚)

長居公園植物園の池と花菖蒲(2017年5月撮影)
(2017年5月 長居公園植物園にて撮影)

さて、ここからはずっと眠らせていた内容を記事化していきます!

3月頃に2週間ほど抗不安薬を飲んでいた期間があるのですが、
その薬は眠りを浅くするという副作用を持っていたのですよね!

眠りが浅くなるとレム睡眠の時間がその分だけ長くなるわけで、
寝る際に長い夢を見る機会がものすごく多くなったのですよね!

そうすると、アクロバティックな夢を見ることもあったりして、
その中で特に記憶に残っているものを紹介しようかと思います!


夢を見始めると、どうも立てこもり事件か何かが起きていたようで、
警察が大量に集まり、多くの人も不安そうにそれを離れて見ていました。

また、自分自身も事件の中心現場から少し離れたところにいました。

すると、事件の現場で何か発生したようで、危機がこちらにも迫り、
自分も含めて近くにいた人達はいっせいにそこから逃げ出しました!

少し時間が経った後、場面が変わり自分はあるビルの中にいる
知り合いの刑事のところを訪れてその事件の話をしていました。
(注:実際には自分には刑事の知り合いはいません)

するとその刑事は「よし」と、ビルの中に置いていた車に
自分を乗せたうえで、ビルの中を車で疾走し始めました;

階段を車でガタガタと上ったり下ったりして現場に向かいましたが、
途中で自分が「お腹がすいた」というようなことを告げたので、
階段を上った先にあった食事をするところへ車で入っていきました。

そこにはコーヒークリームがはさまれたようなベチャッとしたパンがあり、
また明らかにパンではなく紙にパイナップルがはさまれたものを渡され、
それを食べるものの「このパンは食えないわ」と紙だけは吐き出しました;

ただ、コーヒークリームのパンは味が良かったという記憶になっています。

その後、ビルの中を車で疾走しながら現場に向かうことになりますが、
自分は危ないと思ったので「行かないほうがいいと思う」と告げます。

しかし彼は現場に行き、あっという間にその事件を解決してしまいます。

その後、警察専用のバスに自分も乗せてもらい、事件解決を祝ったり、
他の刑事のドジな話などを聞きながら高速道路をバスが走っていきます。

するとそのバスは壁を突き破って高速道路から転落してしまいます。
しかし不思議と怖さは感じず、自分を含めてなぜか全員が無傷でした。

そして自分はその勢いのままある建物の中へと転げ落ちて行き、
なぜかブロ友のtakaさんが住んでいる部屋へと上から落ちてきます;

しかし、そのtakaさんの風貌は明らかにtakaさんとは違うのです;
そこには角刈りのどう見てもtakaさんではないtakaさん(?)がいました;

そして自分はコケた格好のまま「いやまさかこんな形でお会いするとは」
とtakaさんに挨拶をし、続けて「はじめまして、かーとです」と言うと、
takaさんが笑いながら「わかってますから」と返すという会話がありました。

なぜtakaさんが自分だとわかっていたのかは全くわかりません;

ちなみにこの時点ではもう警察の人達はどこにもいませんでした。

そしてその部屋には小学5・6年生ぐらいの少女2人が一緒に住んでいて、
また奥の部屋にはいかにも大阪のオバサンといったオーラがムンムンの
頭がモサモサのパーマになっている50代ぐらいのおばさんがいました。

takaさんにその少女のことを聞くと「それは聞いてはいけない話」と言われ、
また不思議なことにその2人の少女はすね毛が大人の男性以上の剛毛でした;

またその部屋には冷蔵庫がなく、小さなクーラーボックスのようなものが
大量に置かれ、また冷風扇みたいなようなものもつけられていました。

すると今度はtakaさんがリラックマをかたどった様なボロボロのパンツだけを
はいた姿で2人の少女たちに文句を言いながらこちらへと出てきました;

・・・と、こんなtakaさんとの対面(?)を果たしたところで目が覚めました;

ビルの中を疾走する車などもかなりの意味不明っぷりだったのですが、
それ以上にtakaさんの部屋に落ちてきて以降がとにかくカオスでした;

こち亀の両津のようなtakaさんに、一緒にいるすね毛が剛毛の少女、
なぜかリラックマ風パンツ一丁の姿で再登場するtakaさんといい、
起きたときにその夢が思い出されて吹き出したのをおぼえてます;

3月中旬ぐらいはこうしたアクロバティックな夢ばかり見てましたね:

ちなみに自分の夢には変な構造の建物が登場することが多いです!

自分の怪しい建物で迷うようなシチュエーションに対する興味が
こうした建物内での変な夢に繋がっているのかもしれませんね!

夢の話が意味不明すぎましたが、来月もよろしゅうお願いいたします!(゚x/)

Bon Jovi - Starting All Over Again (1992) [Hard Rock]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

5年が経ちました

7年間飼っていた金魚さんが天へと旅立ってから5年が経ちました。

毎年この時期が来ると、当時自分で書いたいくつかの文章を読み返したり、
金魚さんたちのための庭を彩ったりする日々を過ごすようにしています。

そしてこのブログにもそれを通じて感じたことなどを書いています。

ブログのいたるところに金魚さんたちがたくさんいるのも、
もちろんそうした金魚さんへの強い思い入れから来ています。

ごく普通に寿命で旅立つ形だったら、ここまでこの日に対して
強い思い入れを持ち続けることはなかったかもしれません。

その前年の12月に近所にいた野良猫に襲撃されて1匹が旅立ち、
そのときに受けた傷が癒えずにもう1匹の出目金さんも旅立ち、
傷ついて鱗が10数枚はがれながらも何とかその冬を乗り越えて、
いつもと同じように元気な姿を見せてくれた赤い金魚さんも
その傷が原因となって病気にかかり5年前の6月4日に旅立つなど、
2匹が旅立ってから心に穴が開いていたような状態だった自分に
短い春とはいえ元気な姿を見せてその穴を少しでも埋めてくれた、
そうしたこともあって思い入れが特に強くなっているのですよね。

とはいえ、当時書きなぐった文章などを読み返すことに対しては、
当然ながら気持ちが強く揺り動かされるため、この時期が近づくと、
大切な時間だとは思いながらも、毎年少し怖さも感じてたのですよね。

ただ、その後にはいつも「この時期を過ごして良かった」と思うのですが。

しかしながら、今年は不思議とそうした怖さは全く感じなかったのですよね。

その背景に昨年の秋から今年の2・3月ぐらいまでにかけて、
自分自身の体調と精神面がボロボロだったこともありますが、
同じく昨年の秋に庭の金魚草が枯れたこともあるのですよね。

金魚さんたちが旅立って以降、水槽のあった近くに花を置くことがあり、
最初のうちはマリーゴールドを買っていたのですがすぐに枯れるので、
「名前も似てるから次は金魚草にしようかな」と思って植えてみたら、
そこからすくすくと育ってどんどん巨大化していったのですよね。

もともと水槽のあった近くの庭に顔を出して手を合わせるのが、
旅立った日以来の自分にとっての毎日の日課になっていましたが、
金魚草の毎日の手入れも大事な行為の一つになっていたのですよね。

そうしたルーチンが金魚さんが水槽にいたときと同じ感覚を思い起こさせ、
水槽にはいないけども、繋がってるという意識を生んでくれてましたし。

そんな金魚草でしたが、もともと夏に弱く、昨年は猛暑だったので、
その強烈な蒸れによってずいぶんと弱ってしまったのでしょうね。

しかも自分の意思ではなかったのですが、普通の木と同じように、
元気がなくなったので葉をいったん落とすという手入れをした結果、
水を吸い上げることができなくなり、秋には枯れてしまいました。

金魚草は下に葉を残しながら上の葉を切らないといけないので、
すでに蒸れによるダメージで下の葉が落ちて上の葉しかない状態で、
上の葉を落としてしまうというのは完全に失敗だったのでしょうね。

ただ、株が弱っていたので上の葉を残した状態で置いていたとして、
秋から冬にかけてちゃんと復活できたかどうかは未知数だったのですが。

その枯れた金魚草は一応は3月の中旬ぐらいまでその場にありましたが、
その枯れてしまった金魚草と、精神も体調も壊れていく自分とが重なって、
まるで自分の姿がそこに映し出されてるかのように感じられたのですよね。

ただ、3月の最初にその地獄から抜け出して立ち直ろうとする中で、
「春になったら新しい金魚草を植えよう」というふうにも思っていて、
4月の頭に再び金魚草を購入してきて同じ場所に植えたのですよね。

金魚草さん(2017年4月4日撮影)
(金魚草:2017年4月4日撮影)

金魚さんたちが旅立って以降も、毎日庭に顔を出して手を合わせることで、
今も違う形ではあれ、ちゃんと繋がっているんだと思うことができましたが、
いつもこの時期を過ごすたびに、5年前のこのときに失ったものの大きさと、
金魚さんが水槽にいた頃との違いを痛感させられる思いもあったのですよね。

ただ、今年は金魚草が枯れて、今の繋がりの一部を失う経験を経たためか、
新たに金魚草を植えて、それが育つとともに自分も回復していくことで、
今の繋がりの持っている意義を再確認させられる思いもあったのですよね。

これまでは金魚さんが水槽にいた頃とその後という2つだけでしたが、
その後の繋がりに動きが出たことで感じたものがあったのでしょうね。

そうしたこともあって、今年は当時の文章などを読み返したとしても、
昨年までとは感じ方はいろいろと違ってくるのではと思ったのですが、
そこに触れた瞬間に突き動かされるところは変わらなかったですね。

今もいくつかの文章などに触れると、やはり大泣きしてしまうのですよね。

それはどうしてなんだろうと、今の繋がりの意義も再確認したはずなのにと、
もう当時と今との違いが映し出されることで崩れることはないはずなのにと、
そう感じたりもしたのですが、そのことで見えてきたこともあったのですよね。

自分が再確認した今の繋がりの意義だって、それは全て5年前のこの時期に
自分が感じたことだったり、冬を乗り越えて2ヶ月の春を再び届けてくれた
赤い金魚さんが見せた姿だったり、その日以降に悲しみの淵に落ち込みながら
もがき苦しみながら探してきた様々な新しい形だったりから始まってるわけで、
5年前のこの日とその前後の数ヶ月こそが今感じている繋がりの源流であって、
今を花とするなら、5年前のこの時期はその全ての種にあたる存在なわけで、
そこに触れることで心が強く揺り動かされないなんてはずがないのですよね。

金魚さんたちが水槽にいた頃とその後や今にあるのは単なる断絶などではなくて、
5年前のこの頃にあったことの全てが広がってきて今につながってきているんだと、
だから5年前にあったことや感じたことの価値や意義が揺らぐことはないんですよね。

昨年まではこの時期を過ごすことの意義がまだつかみ切れてない部分があって、
再び当時の悲しみに触れることで何かを感じて新しい1年を始める儀式のような、
あるいはあの頃の気持ちに帰ることで再び繋がりを再確認するための時間というか、
大切な時期だとはずっと感じていながらもどこか曖昧さを抱えていたのですよね。

ただ、今年は特に6月2日や3日に当時の文章などに触れて揺り動かされることで、
ここでしているのは今の自分の源流へと一度帰っていく旅のようなものなのだと、
そして悲しみに満たされた自身の感情の深い深いところまで一度潜っていってから、
金魚さんたちに届けるための花などを集めながら一気に明るい空のもとへ戻ってくる、
そしてそれを起点として新たな1年を過ごす、それがこの時間の本当の意義なのでしょうね。

だからこの時期に自分が再確認しているのは、金魚さんたちが水槽にいた頃と
今との違いなどではなく、5年前のこの日とその周辺にあったことの価値であり、
当時の深い感情に触れることでそれを自分の中に映し出しているのでしょうね。

金魚さんの庭(2017年6月4日撮影)
(金魚さんの庭:2017年6月4日撮影)

そして今年は金魚さんたちのための庭がこんなふうになりました!(*・ω・)

昨年は摘んでくる花の数がちょっと少なくてすき間ができたので、
今年はそうならないようにできるだけたくさん摘んだのですよね!

でもって、前日の夜までに摘んで6月4日の昼に庭を飾るので、
それまでにしおれないように花を水に浮かべておきましたし!

昨年までは買ってきた花も小さいビンに入れていたのですが、
どうしても小さいビンを庭に置くと風などで倒れがちなので、
「普通に花瓶にすればいいのでは」と花瓶に切り替えました!

花瓶だったら口も大きいので、たくさんの花も入れられますしね!
今年は花も4束買ってきたので、この5年の中で最も多いかもです!

今年は家にあった花瓶をそのままこちらに使ったのですが、
来年からは専用の花瓶を購入して使ってもいいかもですね!

今年は気合を入れたこともあって、昨年より豪華さが増しましたね!

金魚さんたちのお庭(2016年6月2日撮影)
(昨年の金魚さんの庭:2016年6月2日撮影)

昨年の撮影日が6月4日ではないのは、4日が旅行中だったからなのですよね;
そのため昨年だけはいろんな予定を前倒しする形で実行したのですよね。

金魚草さん(2017年6月4日撮影)
(金魚草:2017年6月4日撮影)

そして金魚草のほうは、庭に植えた4月の頃よりもちょっと育ちました!
5月に一度満開になって、ちょうどこの時期に2度目の満開を迎えてます!

今年は夏に弱らないように、適切な手入れをしてあげたいですね!
まだ小さいので、夏になってもそこまで蒸れずに済むとは思いますが!

金魚草(2016年5月5日撮影)
(昨年の金魚草:2016年5月5日撮影)

ちなみに昨年の5月はここまで大きく育っていたのですよね!
この時点ではまさかその年の秋に枯らせるなんて思ってなかったですし;

もちろん自分自身までボロボロになるなんてことも予想してなかったですね;

精神的にも体調面でも弱っていた時期に、精神的な支えの一つだった
金魚草が枯れた姿のままずっと庭にあったのもなかなか辛かったですね。

枯れたと断言できるわけでもないので、すぐ抜くわけにもいかず、
そもそもあれだけ頑張って咲いていた金魚草を抜くのも忍びなく、
ただただ自分もボロボロのまま枯れた姿を見るしかなかったですしね。

自分としてももう二度と金魚草の手入れのミスはしないでしょうし、
新しい金魚草は必ずや前の金魚草よりも長く咲かせてあげたいですね!

そして自分自身もまたこの金魚草とともに1日1日立ち直っていきたいですね!(*・ω・)

The Beach Boys - Be Still (1968)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 金魚 | ジャンル : ペット

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.