11/13発売 MEGAきのこ蕎麦

11/13発売のエースコック「MEGAきのこ蕎麦」を食べました!
エースコックのMEGAシリーズとしての第5弾商品となります!

和そば系の商品がこのシリーズから出るのは今回が初ですね!

11/13発売 MEGAきのこ蕎麦

きのことは、ずいぶんと秋にピッタリのテーマを選んできましたね!

カップ麺できのこというと、椎茸こそときどき見るものの、
それ以外のきのこはめったに登場することはないですからね!

きのこ系のカップ麺の際にたまに他のきのこが登場しますが!

今回は4種のきのこということで、どうしても期待が湧きますね!(=゚ω゚)

11/13発売 MEGAきのこ蕎麦(内容物)

肉厚の椎茸とダイス状にカットされたきのこが目立ってますね!
軽く見た感じだと、どれがしめじなのかはわかりにくいですね!

11/13発売 MEGAきのこ蕎麦(できあがり)

具を分ける際に4種のきのこの判別がつきにくかったですが、
それぞれのきのこの特徴をもとにして何とか分けてみました!

椎茸は最も奥で、これだけは見た目ですぐにわかりますね!

ひらたけは左で、黒くてしわの多い小ぶりのものを選びました!
軸も入っていたかもですが、しめじとの判別が不可能でしたね;

かさの色が他とは少し違うので、よく見ると分けられますね!

しめじは手前で、茶色くて丸いかさとカットされてない軸を選びました!
ただ太い軸になると、これまたエリンギとの判別に悩みましたが;

おおむね細めのまっすぐな軸=しめじと見て良さそうな感じです!
一方でかさに関してはほとんど入っていないという印象でしたね!

エリンギは右側で、ダイス状にカットされた軸を選びました!
かさにあたる部分はおそらくはほぼ入ってないものと見られます!

まずはつゆですが・・・おっ、きのこの風味がよく出てますね!(●・ω・)

今回の商品は具材にきのこが多く入ってるのもポイントですが、
それと同時につゆに広がるきのこの風味もかなり重要ですよね!

その点はなかなか良く、お湯を注いだ瞬間からきのこの香りが広がり、
フタを開ける段階ではきのこの炊き込みご飯に近い香りがやって来ます!

ただ、つゆのベースはやや醤油が控えめな関東風という感じですね!

かつおや煮干の風味がメインで、醤油もそこそこ立てたつゆなのですが、
それでも一般的な関東風のつゆに比べると醤油のとがりは控えめです!

甘さもそれほどなく、昆布の旨味もベースに感じられるので、
ちょっと関西風に寄せた関東風のつゆという感じですかね!

そしてここに強い椎茸の風味と具のきのこの風味が出てきます!
商品説明によると舞茸の風味もつゆには加えてるようですね!(*゚◇゚)

全体の力関係で言うと かつお・煮干>きのこ>醤油 という感じですかね!

特につゆだけで飲むと、かなりきのこの風味が強いのが伝わります!

それでもせっかく「MEGAきのこ」とまで銘打っているのだから、
あえて少しかつおを弱めてさらに椎茸などを立てるという形で
さらにきのこを強めても良かったかもしれないとも思いますが!

つゆの原材料は食塩、デキストリン、しょうゆ、魚介エキス、
シイタケエキス、砂糖、たん白加水分解物、コンブエキス、
酵母エキス、植物油脂、全卵粉、魚醤、鶏・豚エキスです!

麺はかなり太めで湯戻し5分の油揚げ麺の和そばとなってます!
湯戻し5分なのを見ると、「厚切太麺」のそばと同じかもですね!

この麺は単体で見ると非常に高いクオリティがあるのですよね!(`・ω・´)

エースコックの和そばはもともと田舎そば的な素朴なものが多く、
つるみなどは一切意識せず、表面についてはザラついた質感で
食べたときの食感もワシワシとしたワイルドなものなのですよね!

ただ、難しいのはそれだけ主張の強いなのでつゆも選ぶのですよね!

本来はこの麺は主張が明確なつゆと合わせたほうがいいのですが、
今回のつゆはたしかにけっこうはっきりとした個性は持ってるものの、
この麺だとちょっと麺のほうが目立ちすぎるきらいもあるのですよね!

「MEGA」ということで、麺にも強いものを選んだのかもですが、
具のきのことつゆのきのこ風味の2つを完全に主役とするのならば、
麺についてはもう少し控えめなものでも良かったように思いますね!

とはいえ、麺そのものはよくできてるだけに迷うところでもありますが!

麺の量は70gで、カロリーは343kcalとなっています!
脂質は9.5gで、ずいぶんと軽めの数字となっていますね!

具材は椎茸、エリンギ、ぶなしめじ、ひらたけ、ねぎ、粗びき唐辛子です!

粗びき唐辛子に関してはごく少量なので、ほとんど存在感はないです!
ねぎについても、ごく普通の乾燥青ねぎといったものとなってます!

4種のきのこについては、間違いなく主役は椎茸と言えるでしょう!(*゚ー゚)

一般的なカップ麺に使われている椎茸に比べると間違いなく肉厚で、
これだけできのこに力を入れたカップ麺であることが伝わりますね!

風味、食感、リアリティのどれを取っても間違いないものがあります!

次に目立つのはエリンギで、コリコリとしたエリンギらしい食感に
ちょっとさわやかさを感じる風味が大きな特徴となっています!

一方でひらたけとぶなしめじはあまり目立っていないのですよね!

この2つはカットして入れてしまったのが失敗と言いますか、
カットしなければもっとちゃんと目立ったと思うのですよね!

小ぶりのものでも良かったので、ひらたけやしめじらしい形があれば、
それだけで「おっ」と思わせてくれるものがあったりしますからね!

ただ、今回のもちゃんと意識して食べればしめじらしさなどはあり、
ちゃんといろんなきのこをそろえたという効果は感じられますね!

これまでのきのこ系カップ麺は100円前後の販売価格のものが多く、
こうしたコンビニ向け商品にはほとんどなかったのですよね!

なので、きのこ系商品というだけでも目のつけどころがいいですし、
つゆにもきのこ、具材についても4種類となかなか充実してるなど、
「MEGA」と呼べるかどうかだけを考えると少々迷いもするものの、
トータルの内容としては十分に評価できるものがありましたね!

秋らしさ、きのこらしさをしっかり楽しませてくれる一杯でした!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
MEGAきのこ蕎麦
MEGAカツオ 荒ぶる中華そば
MEGA豚 どトンコツラーメン
MEGAゴマ 担担麺
MEGAニボ ど煮干し中華そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/6発売 わかめ油そば

11/6発売のエースコック「わかめ油そば」を食べました!
「わかめラーメン」シリーズから新しく出た油そばですね!

このところ「わかめラーメン」シリーズの新作がよく出ますね!
うどんにそぼ、さらに油そばとどんどんシリーズが拡大してます!(*゚ー゚)

11/6発売 わかめ油そば

油そばと言えばこってり、一方のわかめはさっぱり路線と、
タイプの違うものが組み合わさったときにどんな味になるのか、
どのようなバランスに組み立てられるのかが気になりますね!

11/6発売 わかめ油そば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、スパイスとなっています!
このあたりは「わかめラーメン」の内容物とも近いですね!

11/6発売 わかめ油そば(できあがり)

うん、わかめシリーズらしく大量のわかめが入っていますね!

ところでこの油そばを作っているときに既視感というか、
過去に似た商品があったような気がしてきたのですよね;

まずはその味ですが・・・あ、これって「わかめMAX」ですよね!(●・ω・)

この商品を極めて端的に言ってしまうなら、あのペヤングの
「わかめMAXやきそば」のエースコック版と言った感じです!

やや植物油脂を効かせた魚介風味の効いた醤油ダレを絡めて、
わかめを麺に絡めつつ食べる点なども完全に一緒ですからね!

ただ、細かいところまで目をやるといろいろバランスは違います!

まずこちらは油そばということで、油脂の主張は少し強いです!

それでも一般の油そばに比べればいくぶんあっさりしていますが、
たしかにごま油によって風味にアクセントがつけられていますね!

また、「わかめMAX」と比べるとベースの魚介の風味が強くて、
「優しい和風油そば」としての個性はより明確になってます!

和風系の魚介だし以外にオイスターソースも入ってるようですしね!(*゚◇゚)

なので、ひたすらわかめ一本で押した「わかめMAX」と比べると、
より総合力を意識した醤油系油そばへと仕上がっていますね!

タレの原材料を「わかめMAX」と比較して見てみましょう!

[今回の商品]
植物油脂、しょうゆ、発酵調味料、食塩、動物油脂、たん白加水分解物、
魚介エキス、果糖ブドウ糖液糖、ガーリックペースト

[わかめMAX]
しょうゆ、植物油脂、糖類、メンマパウダー、香辛料、食塩など

今回の商品のほうが油脂が多めで、ガーリックペーストが入るなど、
油そばらしさをいくぶんなりとも意識しているのが伝わりますね!

麺はけっこう太めで縮れのついたノンフライ麺となっています!

「わかめMAX」との最大の違いはこの麺と言ってもいいかもです!
「わかめMAX」はいつものペヤングの油揚げ麺でしたからね!

今回の「わかめ油そば」はノンフライ麺を起用してきましたからね!

エースコックは多加水感の強い太麺に関しては非常に強いので、
今回の麺もしっかりとしたもっちり感を感じさせてくれますね!

なので、「麺を食べる商品」としてはこちらが数段上と言えます!(=゚ω゚)

単にわかめを楽しむだけの商品にしていないのはさすがですね!

麺の量は80gで、カロリーは358kcalとなっています!
脂質は7.9gで、けっこう少なめの数字になってますね!

具材は主役のわかめ、メンマ、ふりかけのごま&白胡椒となってます!

主役のわかめについては質・量ともに文句のない内容ですね!

わかめシリーズはわかめの量にばかり注目が集まりますが、
一枚一枚が厚く、食べ応えがあるのも特徴なのですよね!

そうしたわかめシリーズの強さが伝わるわかめでした!(`・ω・´)

一方のメンマは細かくてそれほど存在感はなかったですね;

ふりかけのごまは少ないながらも欠かせない存在でしたね!
白ごまが入ることでわかめシリーズらしさが増しますからね!

白胡椒は全体のタレとまざるとやや埋没しまってましたね!

大きな方向性は「わかめMAX」とそれほど違わないものの、
油そばらしさを演出するための工夫が凝らされていたり、
何よりノンフライ太麺の旨さが楽しめるのが良かったです!

油そばらしいジャンク感をちょっぴり持っていながらも、
さっぱり食べられるわかめシリーズの良さが出てましたね!

わかめたっぷりの醤油味のまぜそばといった一杯でした!(゚x/)モキュリン

【関連記事】
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン

10/30発売のエースコックからの新作
「全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン」
を食べました!

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン

全国のラーメン店を紹介するというシリーズなのですが、
第2弾から第4弾は全て同じお店で1年おきの発売だったり、
第2弾から前回まではずっと北海道だったりもしましたが、
今回ついに北海道から抜け出して福岡まで飛んだようです!(゚◇゚)

これでやっとネタ的なブランドから抜け出した感じですね!

今回は福岡のお店らしく豚骨ラーメンとなっています!

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン(内容物)

ねぎがずいぶんと多めに入っているのが目を引きますね!
後入れペーストはおそらくは辛ダレになってるのでしょう!

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン(できあがり)

ねぎが多めの辛ダレ豚骨ラーメンといった感じですね!

まずはスープですが・・・うん、実にオーソドックスですね!(●・ω・)

ベースの豚骨スープはクセのないまろやか系なのですが、
かといって濃度が弱いシャバシャバな感じは特になく、
まろやか系としての下支えは十分なレベルがありますね!

食べる側が特に豚骨臭や強い濃度を求めていなければ、
案外上手くまとまってるスープとして楽しめそうです!

ハードルを上げてしまうと不満も感じてしまいますが、
普通に食べればソツのない仕上がりと言えるのですよね!

豚骨の下支えがそこまで弱いということは全くないですし、
表層を覆う植物油脂やラードも上手く機能してますしね!

そんなオーソドックスにまとめられたスープなのですが、
前半はポイントである辛ダレの存在感がより前に出ます!

豆板醤的な風味、そして軽く抜けるさわやかな香りなど、
辛ダレが主役で豚骨が下支えという印象すら抱くほどです!

あらかじめ辛ダレの存在を見込んで組まれたスープというか、
辛ダレとのバランスを最重要視した一杯と言えそうですね!(=゚ω゚)

そして食べ進めるうちに徐々に辛ダレの存在感が下がって、
ベースとなっている豚骨スープの個性が出てくる感じです!

個性と言ってもそれほどとがった特徴は持っていないので、
ソツなく欠点がないように組まれたスープという感じですが、
不思議と最後まで飲みたくなるぐらいの力はありましたね!

スープと辛ダレの原材料は豚エキス、植物油脂、動物油脂、
食塩、豆板醤、香辛料、みそ、たん白加水分解物、酵母エキス、
ポークコラーゲン、オニオンパウダー、全卵粉となっています!

麺は2分戻しのストレート感のある油揚げ麺となっています!

今回の商品の最大の特徴はこちらの麺にあるとも言えそうです!(`・ω・´)

麺の湯戻し時間は2分なので、まず細めの部類に入りますね!
そして何より特徴的なのはそのザラザラとした表面です!

豚骨向けの低加水麺は表面がザラついていることが多いので、
それをあえて特徴をとしてアピールしてきた麺なのですよね!

ただ、油揚げ麺の場合は豚骨向けの硬麺を作ってきても、
食感がサクサクするのでリアリティに欠けるのですよね!

そこであえて表面は低加水、噛むとプリッと勢い良く弾ける、
それを両立することで豚骨向けの麺らしさを演出しています!

豚骨向けのパツッという食感とはちょっと違ってるのですが、
この麺なりにリアル感を狙ったということは伝わってきますね!

この弾力はヤマイモパウダーや卵白粉も影響してそうですが、
そのあたりの調整次第でもっとリアル感が出そうに思いますね!

それでも今回の表面のザラツキに関してはかなり好印象でした!
これまで豚骨ラーメン向けの麺でそこを狙ったものはなかったですし!

麺の量は70gで、カロリーは426kcalとなっています!
脂質は21.2gで、やや高めといった数字でしょうかね!

トッピングはチャーシューと青ねぎというシンプルな仕様です!
青ねぎは見映えのためにいったん取り出して後入れしました!

こうして見ると青ねぎの量がかなり多いのが伝わりますね!

今回の具材の主役は間違いなく青ねぎと言っていいでしょう!

豚骨ラーメンはもともと多めの青ねぎと相性がいいですが、
今回はオーソドックスなスープに辛ダレでアクセントという、
アクセントを全体としたスープに組み立てられていただけに
青ねぎも全体の中で非常にいい活躍をしてくれていましたね!

一方のチャーシューはごく普通のものではありますが、
肉らしい具材が入るだけでも存在感は出てましたね!(*゚ー゚)

オーソドックスな豚骨スープに辛ダレの風味や香りが生き、
豚骨を意識したザラつきの麺を合わせるという試みなど、
ベーシックな要素と実験的な要素をどちらも楽しめるという、
何だか不思議な印象も抱かせるカップ麺でもありましたね!

ベーシックだけど安心して食べられる豚骨ラーメンが食べたい、
そういうときに最もピタッとハマるラーメンと言えるでしょうね!(゚x/)モギーン

【関連記事】
全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン
全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/31発売 来来亭監修 しょうゆラーメン

10/31発売のエースコック「来来亭監修 しょうゆラーメン」を食べました!
ファミリーマートとサークルKサンクスのみで販売されている商品です!

「来来亭」のカップ麺は以前からサークルKサンクスでよく出てましたが、
ノーマルの「しょうゆラーメン」のカップ版を食べるのは今回が初です!

以前に一度「旨辛麺」のほうについては食べているのですが!
ちなみに今回はその「旨辛麺」も同時発売となっています!

10/31発売 来来亭監修 しょうゆラーメン

「来来亭」は発祥は滋賀ですが、京都ラーメンの流れを汲んでいて、
基本的には京都風の背脂醤油ラーメンと位置づけることができます!

それと同系統のラーメンとして「魁力屋」もあったりしますが、
「魁力屋」のどんぶり型もファミマで定期的に出るのですよね!

そしてファミリーマートとサークルKサンクスが合併したことで、
「来来亭」と「魁力屋」がどちらもファミマ限定商品になるという、
似たタイプのカップ麺が同じコンビニで混在するようになりました!

ただ「来来亭」は縦型、「魁力屋」はどんぶり型ノンフライなので、
方向性は同じでもカップ麺としてはちゃんと差別化できてるのですよね!(*゚◇゚)

10/31発売 来来亭監修 しょうゆラーメン(内容物)

エースコックらしく中には粉まみれの液体スープなどが入っています!
2袋構成なのは珍しいですが、今回の粉まみれ度はいつになくひどいですね;

黒い袋が醤油ダレ、白い袋が「来来亭」らしく背脂となっています!
順番としては黒い袋→白い袋というのがおそらく順当でしょうね!

カップ側面の説明ではどちらが先というふうには書いてないですが!

10/31発売 来来亭監修 しょうゆラーメン(できあがり)

ほう、思っていた以上に具材の充実度が高くなってますね!
青ねぎは見映えを考慮していったん取り出してから後入れしました!

まずはスープですが・・・おぉ、背脂の主張がしっかり来ますね!(●・ω・)

鶏と豚をベースとしたスープに背脂を多く投入する形ですが、
スープの主役は完全に背脂と言ってもいいぐらいですね!

まず何と言っても後入れの背脂の量が多いのがいいですね!

付加的に背脂が入るという範囲の量にとどまっておらず、
スープの表面をしっかりと背脂が覆うぐらいに入ってますし!

でもって、この商品は縦型カップなのも功を奏していますね!

縦型カップだとスープの上側の表面積が小さくなることによって、
投入した背脂がスープの表面に分厚い層を作ってくれるのですよね!(*゚ー゚)

なので、麺をすするときに背脂をしっかりとまとってくれて、
特に食べ始めから前半のあたりは背脂の主張がガンガン来ます!

それでいて後半もそこまで極端にゆるんだりしないのですよね!

「来来亭」は醤油のキレのある鶏ガラスープがベースですが、
そのスープの再現にとどまらず、背脂で全体を丸める部分を
しっかりと再現できているのが最大のポイントと言えますね!

むしろお店のスープよりも背脂が効いてるとすら思えるほどです!
もっとも「来来亭」のお店では背脂の量を注文時に調整できますが!

エースコックはこうしたリアル系背脂に関してはかなり強いだけに、
そういう点では製造をエースコックが担当してるのは正解でしょうね!

また「来来亭」らしく少し一味が入っている点も再現されてます!

スープの原材料は動物油脂、しょうゆ、鶏・豚エキス、
食塩、糖類、植物油脂、香辛料、たん白加水分解物、
でん粉、発酵調味料、酵母エキス、全卵粉となっています!

やはり最初に動物油脂(=背脂)が来てるのが目を引きますね!
背脂が主役になっているというのが原材料からも伝わります!

でもって、背脂、醤油、動物系エキス以外は全体的にシンプルで、
魚介などの付加的な要素が特に入っていないのも特徴ですね!

麺はややストレート感のあるオーソドックスな中細の油揚げ麺です!(=゚ω゚)

たしか実際のお店では豚骨ラーメン向けの麺を連想するような、
細めのストレートの低加水麺が採用されているのですよね!

最近のエースコックは低加水系の油揚げ麺もよく作りますが、
この麺はそれに比べるともっと普通のタイプの油揚げ麺です!

なので、麺に関してはそれほど再現度は意識してないようですね!

ただ、かといってスープとぶつかってるような印象はないですし、
背脂の効果もあってスープがしっかりと麺を超えてきてるので、
油揚げ麺であることがネガティブにはたらいてる感はないです!

麺の量は70gで、カロリーは444kcalとなっています!
脂質は21.5gで、やや高めながらも強烈な数字ではないですね!

背脂がたくさん入っていながらもそこまで脂質は多くないようです!

具材はチャーシューチップ、メンマ、青ねぎという組み合わせです!

まずチャーシューチップはけっこうしっかりとした食感で、
肉らしい風味もあって、思っていたよりもよくできてますね!(`・ω・´)

チャーシューチップというと、どのメーカーもやわらかいものが多いですが、
このチャーシューチップはそうしたフニャフニャ感がないのがいいですね!

エースコックってチャーシューチップは普段全然使わないのですが、
これだったら普段からもっと使ってくれたらいいのにと思いましたね!

なぜか自社のオリジナルのカップ麺では肉そぼろばかり使いますからね;

メンマはエースコックらしいコリコリ感が強いものとなっています!

画像からもわかるように軽く10個以上はメンマが入ってますし、
こうした醤油系スープとは相性も良く、食感もしっかりしていて、
メンマも主役の一つと言えるぐらいに目立ってくれてましたね!

でもって、これだけメンマが入るとスープへの影響もけっこうあって、
中華そばらしくスープからメンマ風味を強く感じることができました!

そして青ねぎも量が多く、具材はどれも質・量ともに良かったですね!
京都の背脂醤油系は青ねぎの存在もけっこう重要になりますからね!

麺に関しては取り立てて目立つようなところはなかったですが、
スープはポイントである背脂がガッチリと効かされていて、
具材はチャーシュー、メンマ、青ねぎのどれにも抜かりがない、
何年もサークルKサンクスで定期的に発売され続けたうえに、
ファミマとの合併後も生き残った理由がわかる内容でしたね!

カップ麺で手軽に背脂醤油系を楽しむのにピッタリの一杯でした!(゚x/)モキュキュッ

【関連記事】
来来亭監修 しょうゆラーメン
来来亭監修 旨辛麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/23発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 札幌濃厚みそラーメン コーン盛り

10/23発売のエースコックからの新作
「ご当地くいだおれ 麺大盛り 札幌濃厚みそラーメン コーン盛り」
を食べました!

ご当地ラーメンをノンフライ麺の大盛カップで再現する
「ご当地くいだおれ」シリーズからの新作となります!

10/23発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 札幌濃厚みそラーメン コーン盛り

今回は札幌系の味噌ラーメンをテーマにしてきたようです!

ただ、これまでこのシリーズは大抵印象が悪いのですよね;

そのご当地ラーメンの特徴が出ていないことが多いですし、
何より塩辛すぎるというパターンがよくあるのですよね(;゚ω゚)

今回はもうちょっと何とか頑張ってほしいと期待してみます!

10/23発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 札幌濃厚みそラーメン コーン盛り(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープに関しては後入れ仕様となってる点に注意が必要です!

10/23発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 札幌濃厚みそラーメン コーン盛り(できあがり)

おっ、具だくさんという点からするとなかなかのものがありますね!
ただ、実際の札幌味噌ラーメンにコーンは入らないと思いますが;

まずはスープですが・・・あっ、このシリーズとしては好印象ですよ!(●・ω・)

札幌味噌ラーメンというと、濃厚な豚骨スープベースに味噌が加わり、
にんにくや生姜などの強めの香味野菜、そして大量のラードが入る、
というのが基本なのですが、さすがに満額回答とまではいかないです!

それでもラードに関してはそこそこ頑張って投入してくれてますし、
香味野菜もほどほどながら効いているなど、味噌ラーメンの中で
できるだけ札幌系に近づけようと努力した感じは見えるのですよね!

でもって、今回は味のバランスがよくできているのがいいです!

まず塩辛さがなく、味噌ダレに関してもとがった印象がないですし、
これまでの同シリーズの最も良くない点が払拭されてたのですよね!

味の方向性としては野菜の風味がけっこう強めに効いた味噌ラーメンに、
札幌系の要素をある程度のレベルまで付加したというものなのですが、
バランスを整えつつ、コストの範囲内で個性も出そうと努力もしたと、
その頑張りが味のほうがからも伝わってくるのは良かったと思います!

このシリーズにストレートに肯定的な評価をするのは初かもですね!(`・ω・´)

和歌山ラーメン」のときは油脂が少なすぎてコクがあまりに弱い、
博多ラーメン」のときはねぎに完全に味が支配されてしまうなど、
それぞれのラーメンのネガティブな印象が焼き付いてましたからね;

スープの原材料はみそ、動物油脂、鶏・豚エキス、糖類、植物油脂、
食塩、ごま、香辛料、おからパウダー、酵母エキス、野菜ペースト、
香味油、たん白加水分解物、魚介エキス、発酵調味料となっています!

やはり野菜ペーストが入るなど、野菜の風味も重視してるようですね!
でもって、動物油脂を2番目に持ってきているのはポイントですね!

ちゃんと最後までラードの風味を感じることができましたし!

麺はかなり太めで縮れのついたノンフライ麺となっています!

おそらくはエースコックが得意とする多加水麺だと思いますが、
そんなに強くもちもち感をアピールするわけではないですね!

それでもノンフライ麺としては高水準の仕上がりとなっていて、
味噌ラーメンに合わせるのに最適なラインに整えられています!

香りも良く、もっちり感もあり、スープとのなじみも悪くない、
このシリーズは麺に関しては間違いなく強みを持ってるので、
今回のようにスープも良質だと一気に完成度が上がりますね!(*゚◇゚)

麺の量はやや多めの78gで、カロリーは495kcalとなっています!
脂質は17.1gで、ノンフライ麺系としてはかなり高めですね!

それだけラードを頑張って投入したということがわかります!

具材はコーン、ねぎ、肉そぼろ、もやしとなっています!

まずはコーンですが、本来は札幌味噌系には入らない具材ですが、
全体を豪華に見せるという効果についてはかなりのものがあります!

リアル感という点ではちょっと疑問に感じるところもありますが、
別に札幌系にコーンが入ったからといって合わないわけではなく、
一つの味噌ラーメンとしての楽しさは十分引き上げてくれてます!(*゚ー゚)

そしてねぎはいやに多く入っていてアクセントが効いてますね!
とはいえ、スープをネガティブに支配する感じは皆無でした!

そして肉そぼろですが・・・今回はちゃんとしたものとなってます!

この手の大盛商品で、さらにコーンにコストを割いたのを見ると、
そぼろはどうせスポンジだろう、なんて思ってしまってましたが、
今回は妥協をせず少量ながらもちゃんとしたそぼろになってました!

無駄に量の多いスポンジより、少なめでも本物のそぼろがいいですね!
ちょっと入ってくれるだけでも肉感を大きくプラスしてくれますし!

もやしについてはごく少量で、おまけに近いような感じでした!

札幌系味噌ラーメンとして満額回答とまでは言えないものの、
味噌ラーメンとしてのバランスの良さをしっかり固めたうえで、
香味野菜やラードによって札幌味噌らしさもきちんと付加する、
やっとこのシリーズのあるべき姿を見せてくれた気がしました!

これまでは麺のおいしさだけで持たせてる感もありましたからね;

これなら素直に多くの人にオススメできる味噌ラーメンと言えますね!(゚x/)モッキユー

【関連記事】
ご当地くいだおれ 麺大盛り 札幌濃厚みそラーメン コーン盛り
ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り 広島汁なし担担麺
ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/23発売 わかめ 本鰹つゆそば

10/23発売のエースコック「わかめ 本鰹つゆそば」を食べました!
昨年も出た「わかめ 昆布つゆうどん」との同時発売となってます!

昨年はわかめシリーズの冬季限定としてうどんを出しましたが、
今年は一歩踏み込んでうどん&そばにしてきたわけですね!

おそらく昨年の「わかめ 昆布つゆうどん」が好調だったので、
わかめシリーズの和風麺への展開が拡大したのでしょうね!

でもって、うどんは昆布、そばは鰹と上手く分けてますし!

10/23発売 わかめ 本鰹つゆそば

後入れの節粉も使うなど、かなり節に力を込めてますね!

わかめ+かつおだし+そばという組み合わせになると、
けっこうありがちと言えばありがちだったりしますよね!

カップ麺としてはこれまで取られてなかった路線ですが!(=゚ω゚)

10/23発売 わかめ 本鰹つゆそば(内容物)

うっかりかやくの袋を中に入れてから写真を撮ってしまいました;

内容物はかやく、液体スープ、ふりかけとなっています!
このふりかけは今回のポイントでもある後入れの節粉ですね!

10/23発売 わかめ 本鰹つゆそば(できあがり)

うん、相変わらずわかめシリーズのわかめの量は潤沢ですね!

まずはスープですが・・・うん、たしかに節が強いですね!(●・ω・)

醤油はそこそこ濃く、そこにかつおのだしが強く加わるので、
大きな方向性としては関東風のつゆを意識していると言えます!

ただ、関東のつゆが醤油のキレを重視しているのに対して、
こちらはそこそこ醤油が濃いめながらもキレはほどほどです!

むしろ醤油のキレよりもかつおのだし感で食べさせる感じですね!

単にかつおだし+濃口醤油という組み合わせになってるだけでなく、
かつおの風味が主役であるというのが明確に伝わってきます!

その中でも後入れの節粉の効果の大きさも伝わってきますね!

ベースのかつおだしの深みに加えて、節粉のフレッシュな旨味、
節粉の量はそれほど多くないもののだし感はなかなかのもので、
この組み合わせはなかなか上手くやってきたなぁと思いました!

一方で「昆布だしうどん」に匹敵する個性まではない感じですね!

どうしても普通のわかめそばとしてありえる範囲の味ですので!
それでもその枠組みの中でかなり頑張ったスープなのはたしかです!(`・ω・´)

スープの原材料はしょうゆ、糖類、食塩、魚介エキス、カツオブシ、
カツオブシパウダー、酵母エキス、コンブエキス、サバブシ、コンブです!

麺は中細ぐらいのやまいも粉の入った油揚げ麺の和そばです!

カップ麺の和そばらしくポソポソとした食感がありますが、
とにかくポソポソ感を強く出すエースコックのそばにしては
比較的ナチュラルな食感に整えてきたという印象はありました!

自分としては「緑のたぬき」あたりに似てる気もしましたが、
東洋水産のそばもあまり食べてないので記憶が少々怪しいです;

まぁ、平均レベルのクオリティは備えたそばと言えるでしょう!

麺の量は60gで、カロリーは307kcalとなっています!
脂質は11.4gで、かなり控えめな数字になってますね!

具材はわかめ、卵、ごまという組み合わせになっています!

具材に卵が入るのは、わかめシリーズとしては珍しいですね!
それほど存在感はないですが、ふわふわ系の卵となってます!(*゚◇゚)

ごまはわかめシリーズには絶対欠かせない名脇役ですね!
プチプチとした食感と香ばしさがいいアクセントになります!

そしてわかめですが・・・やはり質・量ともに文句なしですね!(*゚ー゚)

量も多く、一枚一枚の厚みもあって食べごたえも十分、
さらにもともとわかめは和そばとよく合わせますし、
そばや和風だしとの相性に関しても間違いないですね!

でもって、スープにもわかめの風味が強く出ることで、
単なるかつおだしのそばとは一線を画しています!

完成度では「昆布つゆうどん」が上だとは思いましたが、
こちらも一つのわかめそばとしては十分よくできてましたね!

わかめシリーズの一員として安心して食べられる一杯でした!

【関連記事】
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/18発売 Calbee ポテトチップス 関西だししょうゆ味ラーメン

9/18発売のエースコックとカルビーの共同開発商品
「Calbee ポテトチップス 関西だししょうゆ味ラーメン」
を食べました!

これで今回のポテチの再現カップ麺は全て紹介したことになります!

9/18発売 Calbee ポテトチップス 関西だししょうゆ味ラーメン

北海道バターしょうゆ味」と「九州しょうゆ味」に続いて、
最後は「関西だししょうゆ味ラーメン」となっております!

和風だしの効いた醤油味とポテチ感の再現に注目したいですね!(=゚ω゚)

9/18発売 Calbee ポテトチップス 関西だししょうゆ味ラーメン(内容物)

もちろん今回も他の商品と同じように皮付きポテトが入ってます!
その他の具材については商品ごとに微妙に変えられていますね!

9/18発売 Calbee ポテトチップス 関西だししょうゆ味ラーメン(できあがり)

具の種類では、今回の「関西だししょうゆ味」が最も多いですね!
とはいえ、皮付きポテト以外はそれほど存在感はないですが!

まずはスープですが・・・あら、ずいぶんと普通な感じですね!(●・ω・)

これまで3つ食べてきましたが、スナック感は最も控えめで、
ポテチっぽい感覚についてもこれが一番弱くなってますね!

それゆえ「ポテチの再現カップ麺」という感じはあまりなく、
ごく普通に食べられるカップ麺という印象が特に強いです!

スープの風味は一言で言うなら関西風うどんだしに近いです!

関西のだししょうゆそのものが、昆布や魚介のだしに
醤油を合わせたものなので当然と言えば当然なのですが、
そのシーズニングをポテチに合わせたときに出る感触と、
だししょうゆを素直に使ったカップ麺のスープとでは
やはり受ける印象が大きく変わってくる感じがしますね!

ときどき関西限定で中華麺に和風だしを合わせて作られる
「まねきのえきそば」がカップ麺として登場してきますが、
おおきな方向性としてはそれに近いと言っていい感じですね!(*゚◇゚)

それゆえに安定感という点では3つの中でも最も上なのですが、
こうした商品は遊び心やスナック感が欲しかったりするので、
そういった要素があまり感じられないのはマイナスではあります!

かといって、味の仕上がりが悪いということは全くないのですが!

スープの原材料は食塩、でん粉、しょうゆ、魚介エキス、デキストリン、
砂糖、植物油脂、たん白加水分解物、コンブエキス、醸造酢、
みりん風調味料、酵母エキス、全卵粉という構成になっています!

こうして見ると動物系の要素が全く入ってないのが目につきますね!
なので、本当に素直な関西風の和風だしといった感じになっています!

麺はやや厚みが控えめな中細ぐらいの油揚げ麺となっています!

もしかすると3商品とも同じ麺が使われているのかもですが、
食べた感触だと太さは 九州>北海道>関西 という感覚でした!

特にこの「関西」は薄めでヌードル麺っぽさも少しありましたね!
他の2商品の麺で感じられたプリプリとした感じもやや希薄です!

これは「関西」のスープが最も主張が控えめな感じということで、
麺についても厚みを抑えてきたということなのかもしれません!(*゚ー゚)

麺の量は50gで、カロリーは260kcalとかなり軽めです!
脂質も9.9gと、10gを切るなど低めの数字となってますね!

具材は皮付きポテト、鶏・豚そぼろ、人参、ねぎとなっています!

皮付きポテトはこれまでと同様に全く文句のない仕上がりです!(`・ω・´)

フライドポテトらしい香ばしさ、ポテトらしいホクホク感、
そして皮付きならではの風味がしっかりと生きていますね!

他の2商品よりいくぶん少なく見えますが個体差のように思います!

人参は少ないですが、コリコリとした食感はアクセントになりますね!

そしてそぼろですが・・・ここでスポンジそぼろはがっかりですね;

「九州しょうゆ味」に入っていたそぼろはちゃんと味がありましたが、
残念ながらこちらのそぼろは味のないスカスカしたものとなってます;

一つのカップ麺としては皮付きポテトなどいい点も多くありますが、
3種類の中で見ると最もインパクトが弱かったのは否めないですね;

でもって、スポンジそぼろが入っていたという点もマイナスでした;

自分の印象としては北海道が断トツで、それに次ぐのが九州、
そして最後にこの「関西だししょうゆ味」といった感じでした!

どうしてもだししょうゆがそのままスープに合いすぎてしまって、
ポテチ感が上手く出し切れなかったのが難しかった気がしますね!

もし1つだけ選ぶなら、自分としては「北海道」をオススメします!(゚x/)モキユッ

【関連記事】
Calbee ポテトチップス 関西だししょうゆ味ラーメン
Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン
Calbee ポテトチップス 北海道バターしょうゆ味ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/16発売 (コンビニ限定)スーパーカップ 大盛り ブタキム油そば(2017年10月)

10/16発売のエースコック
「(コンビニ限定)スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」
を食べました!

今年2月に出た「ブタキム油そば」のリニューアル版ですね!

しかしほんの8ヶ月の感覚でまた登場するとは少し驚きですね!
それだけ第1弾が人気があったということなのかもですが!

10/16発売 (コンビニ限定)スーパーカップ 大盛り ブタキム油そば(2017年10月)

自分は前回食べたときはちょっとジャンクに感じすぎたのですよね;

これは自分の期待がもう少し優しい方向に向いていたためでもあるので、
今回は「かなりジャンクな仕上がり」と思いつつ食べようかと思います!

食べる前の心構え次第で印象が変わるということもありますからね!(=゚ω゚)

10/16発売 (コンビニ限定)スーパーカップ 大盛り ブタキム油そば(2017年10月)(内容物)

内容物はかやく、麺ほぐし香味油、仕上げシーズニングとなっています!
この3袋の構成については第1弾のときと全く変わっていないですね!

ただ、カロリーなどは違っているので変更は加えていると思われます!

10/16発売 (コンビニ限定)スーパーカップ 大盛り ブタキム油そば(2017年10月)(できあがり)

うん、できあがりのビジュアルについても特に変わりませんね!

まずはその味ですが・・・うん、前回よりも印象はいいですね!(●・ω・)

これは前回とは食べる際の心構えを変えたからというのもありますが、
味についても前回よりは少しだけジャンク度を下げてきた感があります!

前回はラーメン版の「ブタキム」の味をベースにはしていながらも、
それをより油そば向けにジャンクにしてきた感があったのですが、
今回は「ブタキム」の味そのものを油そば化したような感じですね!

ベースのオイルによってキムチの風味や油脂のパンチをガツンと効かせ、
仕上げシーズニングによって豚骨のコクや風味を加えることによって、
「あ、ブタキムの味だな」と食べていてしっかりと感じることができます!

前回は自分としてはキムチ系のパンチと油脂の重さが前面に出すぎて、
「ブタキム」らしい豚骨感をあまり感じることができなかったのですが、
今回はその豚骨らしさをきちっと感じられたのが大きなポイントでしたね!

それでもかなりガーリックが強いなどジャンクであることはたしかですが!

味付けがちょっと塩辛めという点あたりは前回と同様ではありますが、
十分に許容できるレベルでしたし、今回は特に欠点は感じなかったです!

ソースの原材料は植物油脂、動物油脂、香味油、豚エキス、食塩、砂糖、
しょうゆ、香辛料、クリーミングパウダー、魚介エキス、酵母エキスです!

原材料については並びも含めて前回と特に変わってはいないですね!
バランスは少し変更しつつも大きな変化はつけていないようです!

要するに第1弾の商品でおおむね完成形に近いものだったわけですが、
そこに微調整をかけることでよりバランスを向上させた感じですね!(*゚◇゚)

麺は中太ぐらいの太さの3分湯戻しの油揚げ麺となっています!

カップ油そばの麺って5分湯戻しの太麺が多いので注意が必要ですね!
うっかりいつもの感覚で5分待ってしまわないようにしましょう!

おそらく麺については「いか焼そば」のものと同じでしょうね!
原材料が同じですし、なぜかソースも練り込まれてますからね!笑

その点ぐらいは変更してもいいのではないかと思ったりしますが!

油そばの麺としては比較的主張は控えめなほうではあるのですが、
タレとのバランスを考えるとこの太さがちょうどいいでしょうね!

これより太くなってしまうと、麺の主張が勝ってしまうでしょうし!

麺の量は130gで、カロリーは735kcalとなっています!
脂質は36.0gで、やはりなかなかの高さの数字になってます!

前回と比べると脂質は-1.1g、カロリーは-20kcalとなっています!

やはり前回と比べて油脂の主張をいくぶん抑えることによって、
豚骨などの他の要素を少し前に立てたのはあるでしょうね!

自分としてはそれが大きく功を奏したという印象でした!(*゚ー゚)

具材は白菜キムチ、豚肉、ねぎ、輪切り唐辛子となっています!

白菜キムチはそこそこの量があって、味もしっかりしてますね!
「ブタキム」の名前にふさわしいだけのクオリティがあります!

シャキシャキとしていて、なおかつタレのキムチ味と合わさり、
全体のキムチ感を大幅に引き立てる効果を見せてくれています!

そして豚肉もきちんとリアル系の肉らしい質が備わっていて、
一つ一つもそこそこ大きく、肉として楽しめる力があります!

汁なし系の商品って全体的に具が乏しいことが多いのですが、
豚肉とキムチが入っているというだけでありがたいですね!(`・ω・´)

そして青ねぎもかなり多く、これが入っていることによって、
全体の味が平坦にならないようになっているのがいいですね!

また輪切り唐辛子もピリリと辛く、いいアクセントになってます!

前回の良さはそのまま継承しつつ「ブタキム」のもう一つの核である
豚骨の風味まできちっと感じられるようにバランスが調整されていて、
今後も定期的に発売されるだけの力のある内容になっていましたね!

第1弾から第2段までの発売間隔を考えても人気は高いようですし、
「ブタキム」の味をガツッと楽しむには最適な一杯と言えるますね!(゚x/)モキユーン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/18発売 Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン

9/18発売のエースコックとカルビーの共同開発商品
「Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン」
を食べました!

すでに「北海道バターしょうゆ味ラーメン」は紹介していますね!

9/18発売 Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン

九州のしょうゆというと、甘みが強いのが特徴なのですよね!
なので、こちらもそうした特有の甘みに注目したいですね!(*゚ー゚)

9/18発売 Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン(内容物)

こちらも皮付きポテトがけっこうどっさりと入ってますね!
そのかわり「北海道」とは違ってコーンは入っていません!

9/18発売 Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン(できあがり)

「北海道」に比べると醤油ラーメンらしいビジュアルですね!
「北海道」はどちらかと言えば、塩ラーメンに近かったですし!

まずはスープですが・・・あら、案外オーソドックスな風味ですね!(●・ω・)

もっと九州しょうゆらしい甘さが前面に来るかと思いきや、
奥のほうからふわりと甘みが来る程度のやわらかい醤油味で、
そこまで九州しょうゆの個性を強く出してるわけではないですね!

また、「北海道」で感じたポテチ感もこちらはやや控えめです!

「北海道」はいかにもポテチのシーズニングを思わせるような、
そうした「ポテチらしい味」を前面に立てていた感がありますが、
こちらはそれよりはもっと穏当な醤油ラーメンに近いと言えます!

こちらも具材のポテトが崩れることでスープに風味が行き渡るので、
一定のポテチらしさが出るのですが、これも少々控えめではあります!

おそらくはスープとの兼ね合いでそのようになったのでしょうね!(=゚ω゚)

難しいなぁと感じたのは、九州しょうゆの個性を強く出そうとすると、
どうしてもその分だけポテチのシーズニング感が後ろに行ってしまい、
ポテチ感を出そうとすると九州しょうゆらしさが弱まってきてしまう、
その中でバランスを取ろうとしたのが今回の味ではあるのでしょうね!

それゆえに「北海道」に比べるといくぶん中途半端な印象はありますね!

スープの原材料は食塩、しょうゆ、でん粉、砂糖、動物油脂、鶏・豚エキス、
デキストリン、コンブエキス、ネギエキス、香辛料となっています!

自分としては醤油感はこれ以上は強める必要ななかったと思いますが、
九州しょうゆ特有の甘みはもう少し立てても良かった気がしますね!

麺については「北海道」のときとおおむね印象は近いのですが、
もしかするとこちらのほうが麺が少し太いかもしれませんね!

食感はほどよくプリプリとしていて、スープとのなじみも良く、
オーソドックスな油揚げ麺ながらも特に不満は感じないですね!

麺の量は50gで、カロリーは262kcalと非常に軽いです!
脂質は10.0gで、こちらもずいぶん低めの数字ですね!

具材は皮付きポテト、味付鶏肉そぼろ、ねぎとなってます!
「北海道」のときとは、コーンが鶏そぼろに変わっていますね!

皮付きポテトについては「北海道」のときと同様に秀逸です!(`・ω・´)

皮の香ばしさ、ホクホクとした食感、大ぶりな食べ応え、
そしてたっぷり入った量とどれも弱点を感じないですね!

エースコックにぜひとも他の商品でも使ってほしいですね!

そして鶏肉そぼろはちゃんと鶏らしい味が感じられるものです!(*゚◇゚)

エースコックのそぼろは味のないハズレが多いのですが、
今回はそうしたことはなく普通のそぼろとなってました!

ちょっと九州しょうゆらしい甘みが弱く、「北海道」に比べると
ポテチ感もそこまで表現できていないなど弱点も感じましたが、
具の充実度など、一つの醤油ラーメンとしてはまあまあでしたね!

でもこのシリーズの中だったら「北海道」のほうが一枚上でしたね!(゚x/)モキー

【関連記事】
Calbee ポテトチップス 九州しょうゆ味ラーメン
Calbee ポテトチップス 北海道バターしょうゆ味ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/18発売 麺ごこち 糖質50%オフ 旨炊き豚骨ラーメン

9/18発売のエースコック
「麺ごこち 糖質50%オフ 旨炊き豚骨ラーメン」
を食べました!

エースコックが出している低糖質系シリーズからの新作です!

低糖質カップ麺では明星の「はじめ屋」がすでに定着してますが、
エースコックも何とかそれを追走しようと頑張っていますね!

9/18発売 麺ごこち 糖質50%オフ 旨炊き豚骨ラーメン

第1弾は醤油でしたが、第2弾は醤油のリニューアル版と
この豚骨ということで、塩から豚骨に変えてきたようですね!

一方でこってり感が求められる豚骨などの白湯系のスープは
低糖質やダイエット系にするのが難しいという側面もあり、
そこをエースコックがどう克服してきてるかでしょうね!(*゚ー゚)

9/18発売 麺ごこち 糖質50%オフ 旨炊き豚骨ラーメン(内容物)

内容物はかやくと液体スープという組み合わせになっています!
麺はちゃんと豚骨向けらしい細めの麺になっていますね!

9/18発売 麺ごこち 糖質50%オフ 旨炊き豚骨ラーメン(できあがり)

ちょっと麺が沈む形になってビジュアルがイマイチになりました;

まずはスープですが・・・うーん、やっぱりちょっと弱いですね!(●・ω・)

低糖質系カップ麺で豚骨というと、RIZAP関係でいくつか出ていて、
縦型の「醤油豚骨ラーメン」がなかなか秀逸な内容だったのですが、
残念ながらこちらのスープはそれと比べると水をあけられてますね!

豚骨臭も希薄で、なおかつ豚骨のコクもあまり強くない、
大阪風のライト豚骨スープを思わせるスープとなっていて、
そこに博多麺が合わせられるという組み合わせなのですよね!

そこに加えられたごま油が一定のアクセントにはなってますが、
量はそこまで多くはなく、やはりパンチはあまり強くないです!

控えめな豚骨臭と化学調味料の強さがいかにも大阪ライト豚骨的で、
一般的に豚骨ラーメンに求められるものとは少々ずれていますね!

どちらかというと、豚骨はあくまで下支えのみの役割で、
香味野菜の風味のほうが前面に出てるように感じますし!

なので、この商品を買う際は豚骨らしさにはあまり期待せずに、
豚骨ベースのライトなスープと思って食べるのがいいでしょう!

豚骨らしさを求めるとさすがに肩透かしになるのは確実でしょうし!(*゚◇゚)

どうしてもこうした商品はカロリーとの兼ね合いが出てくるので、
そこまで濃厚さを演出するというのが難しいのはたしかなのですが、
ライバルの「はじめ屋」が上手く「しっかり味」を演出してるだけに、
今回の商品は逆にその差を見せ付けられる結果になった感がありますね;

スープの原材料は豚エキス(黒豚エキス10%)、しょうゆ、食塩、
動物油脂、植物油脂、香辛料、醸造酢、たん白加水分解物です!

黒豚エキスを使うなどのこだわりは評価できるところがありますが、
それよりももっと風味に分厚さを出してほしかったところですね!

麺は中細ぐらいの豚骨向けのストレートのノンフライ丸麺です!

低糖質麺ということで、多少ポソッとしたところはありますが、
麺が細いのでそれがそこまで気になるというほどでもないですし、
早めに食べ始めればパツパツとした食感もそれなりに楽しめます!

時間が経つとちょっと低加水的な食感とは違う面も出てきますが、
それでも一つの豚骨向けの麺として楽しめるものはありますね!

「麺ごこち」の麺は「はじめ屋」と比べると低糖質感が弱く、
その分だけ自然な食感を楽しみやすいのは強みではありますね!(=゚ω゚)

麺の量は50gと少なめで、カロリーも255kcalと低いです!
脂質は9.6gで、こちらは標準的と言えるぐらいの数字ですかね!

糖質は24.5gとかなり低く、食物繊維は16.8gとなっています!
原材料で小麦粉より植物性たん白が多いというのは目を引きますね!

具材はワンタン、ねぎ、ごまという組み合わせになっています!

具材はおおむね醤油ラーメンと同じものにそろえてきましたね!
豚骨ラーメンにワンタンというのは珍しい構成ではありますが!

主役のワンタンに関してはさすがにクオリティが高いですね!
エースコックは具材のワンタンにはもともと強みを持ってますし!

どうしてもボリュームが抑えられがちな低糖質系カップ麺において、
具材でちゃんと満足度を高めようという姿勢は評価できますね!(`・ω・´)

ごまはどちらかと言えばスープの一部といった感じですね!
豚骨スープにアクセントを加えるような役目となってます!

明星の「はじめ屋」がもともと白湯系メインで展開していて、
低糖質、低カロリーという枠組みの中でそれなりの厚みや
こってり感を出すことにすでに成功しているわけですが、
そこに真正面から突っ込んだのは失敗だった気がしますね;

逆に「はじめ屋」の白湯系への強さが際立ってしまいましたし;

第1弾のように清湯系のスープに絞り込んで展開するか、
もう一歩厚みを高めた白湯系で再挑戦してほしいですね!(゚x/)モキーヌ

【関連記事】
麺ごこち 糖質50%オフ 旨炊き豚骨ラーメン
麺ごこち 糖質50%オフ 芳醇鶏だし醤油ラーメン
麺ごこち 糖質50%オフ 芳醇鶏だし塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.