ひのき屋 丸鶏塩中華そば

野江内代駅近くにある「ひのき屋」に行ってきました!
行ったのは2月の初旬なので、ちょっと前ではあるのですが!

2月の頃はラーメン屋さんの記事を書ける状況ではなかったですからね;

以前からこちらのお店には訪問したいと思っていたのですが、
仮に閉まっていた場合にリカバリーしにくい場所でもあるので、
なかなか行くという踏ん切りがつかずにいたお店なのですよね!

でも今後はこうした谷町線沿線のお店ももっと開拓したいですね!(*゚ー゚)

ひのき屋 丸鶏塩中華そば

今回は初訪問ということで基本の「丸鶏塩中華そば」にしました!

自分は基本のラーメンとして塩と醤油の2種類があると、
できるだけ塩のほうを優先したくなるタイプなのですよね!

塩ラーメンのほうがスープそのものの良さが出るだけに、
いいお店であれば醤油以上に楽しめることが多いですし!

まずはスープですが・・・あぁ、これは実に深いスープですね!(●・ω・)

いやぁ、ちょっと飲んだ瞬間にため息が出る深さがありますね!
鶏をはじめとして、魚介といいその旨味の重層感が素晴らしいです!

そうした旨味の重層感には「無限」に共通するものもありますが、
ただそのスープの構成のされ方などには明確な違いがありますね!

こちらは何より中心たる丸鶏のコクと深みの強さが見事ですね!

そしてそこに貝、魚、海老などの様々な魚介の旨味が織りなす、
鶏を囲んで盛り立てるかのような旨味の共演を堪能できます!

丸鶏って鶏ガラ系のスープに比べると優しい印象を与えますが、
そうした優しさを持ちつつも旨味の深さは実に潤沢でしたからね!

それでいてどの要素を切り取っても旨味が立ってるのですよね!

鶏はもちろんながら、貝の持つ特有の旨味の伝わりからは明確で、
そこにアクセント的に加わってくる海老の効果なども絶妙です!

また香味油の使い方なども非常に際立ったものを感じさせますね!

そしてこのラーメンでもう一つ外せないのがスープの熱さですね!(*゚◇゚)

これだけの熱さのスープのラーメンはひさびさが気すらします!
一口目で一気にすすると口を少しやけどしそうになるほどですし!

それゆえにとりわけ寒い季節に食べるにはたまらないと言えますね!
お店を出てもけっこう長くポカポカとした温かさが感じられますし!

スープの深みと熱さもさることながら、トッピングも実に豊かです!

豚レアチャーシューに鶏チャーシューという2種の肉具材を軸に、
ハマグリも2つ入り、メンマ、なると、水菜、ねぎが乗っています!

レアチャーシューはレアチャー特有のしっとり感を楽しむ場合は、
提供されてできるだけ早いタイミングで食べるのがオススメです!(=゚ω゚)

スープが熱いので待っているとどんどん熱が入っていきますので!

そして自分が特に好みだったのがこの鶏の胸肉チャーシューですね!

見ての通り脂肪はなく、非常にさっぱりとした味わいなのですが、
しっとりやわらかく、一方で胡椒がやや強めに効いているので、
優しい印象ながらもいいアクセントが効かされてるのですよね!

レアチャーのみの増量も鶏チャーシューのみの増量もできるので、
このあたりはそれぞれの好みで一つだけ増やすのもアリでしょうね!

そしてこの中でもう一つ外すことのできない具材がハマグリですね!

この具材からも、鶏と魚介の旨味の重層感を重視したスープながらも、
貝が鶏と同様に主役格の存在であるということが見えてきますね!

具材としておいしいのも当然ながら、スープにしみ出る旨味もあり、
なおかつ見た目も華やかにするなど、実にいい存在感を出しています!

水菜のさっぱりとしてシャキシャキとした食感もいい変化になりますね!

ひのき屋 丸鶏塩中華そば(麺のアップ)

麺はけっこう細めのストレート麺が使われています!
おそらくやや加水が低めの中加水麺あたりだと思われます!

食べ始めはほどよいプリ感を、後半はややしっとり感が強まり、
スープとのなじみの良さを感じられる食感となってきます!(`・ω・´)

今回は大盛で注文したこともあり、スープも非常に熱いので、
麺の食感は比較的ゆるみやすいタイプとは言えるでしょうね!

それが気になる場合は大盛ではなく替え玉という方法もあります!

レギュラーのラーメンは今回注文したような清湯系だけでなく、
鶏白湯と和風だしをミックスしたようなライトこってり系や、
また気まぐれの限定麺などもけっこう提供されているようです!

今回の清湯スープの鶏のコクと魚介の旨味の重層感に感激したので、
ぜひとも他のラーメンなどもどんどん攻めていきたいところですね!

まずは限定ラーメン以上にレギュラーを全部食べてみたいですね!(゚x/)モキュッ

[メニュー]
ひのき屋 メニュー その1(2017年2月)

ひのき屋 メニュー その2(2017年2月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市城東区成育4-4-29
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

2/27発売 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん

2/27発売のサンヨー食品
「極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん」
を食べました!

この商品は発売週のときには見つけられなかったのですよね!
ただ、これだけはどうしても食べておきたい商品だったのです!

すると、約1ヶ月後になってからミニストップで発見でき、
なんとか入手してこうして記事にすることができました!

たしかその1週間はミニストップで売り切れてたのですよね!

この手の商品で再入荷というのはあまりないはずなので、
そのときたまたま棚が空になっていただけなのかもですが!(*゚ー゚)

2/27発売 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん

「極出汁」という、ずいぶんと思い切ったネーミングで、
なおかつ鯛のあらだしとなれば期待せずにはいられません!

サンヨー食品はこういうタイプの商品では外さないはずですし、
ハードルを上げて食べてもそれを超えることを期待したいですね!

2/27発売 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん(内容物)

内容物はかやくと液体スープのみというシンプルな構成です!
かやくが先入れと後入れに分かれてるということもありません!

2/27発売 極出汁 鯛あらだし うま味奥深き淡麗なる塩らぁめん(できあがり)

ほう、この黄金色のスープ、これはなかなか期待できますね!

まずはそのスープですが・・・おおぉ、これはよくできてますよ!(`・ω・´)

うん、間違いなく発売1ヶ月後でも購入した甲斐がありました!

何と言っても最初にやってくる鯛の旨味が非常に潤沢ですね!

鯛の骨の旨味も肉の旨味もどちらもしっかりと感じられて、
鯛だしをウリにしているスープだけのことはありますね!

そしてこのスープの真骨頂は鯛だしをメインに据えながら、
他の動物系エキスや魚介だしなども加えられているのですが、
それが鯛をマスクするどころか上手く引き立ててるのですよね!

特に鯛に他の魚介だしを合わせると、鯛の主張が薄れてしまい、
鯛らしさがダイレクトに感じ取れなくなることがあるのですが、
今回のスープに関してはそうした弱点は全く感じなかったですね!(*゚◇゚)

かつおと煮干の旨味もあくまで鯛を側面から支えてましたし、
昆布だしについても鯛の良さをより立てている感がありました!

原材料にはこれらの魚介だけでなくタラまで入っていたのですが、
面白いことにタラの風味がしっかりと感じ取れるのですよね!

魚介としてはそこそこはっきりした個性のある鯛とはまた違い、
タラは風味が優しいですが、その優しさがスープに行き渡って、
他の魚介では出せないタイプのふくよかさを与えていました!

この魚介の旨味を幾重もの層に重ねる手法は実に見事でしたね!

動物系としては鶏が使われ、これが魚介だけでは足りない
スープとしてのコクをしっかり作り上げるのに貢献してます!

また、こうした優しい旨味やコクを重ねていく手法ということで、
タレの存在感も重要となりますが、醤油も多く使われていながら
そうした醤油特有の鋭さなどは全く感じさせなかったですね!

これもまたこのスープの大きなポイントの一つと言えるでしょう!

スープの原材料はしょうゆ、鯛エキス、チキンエキス、植物油脂、
たん白加水分解物、食塩、糖類、かつお節エキス、たらエキス、
煮干しエキス、昆布エキス、発酵調味料という構成になっています!

スープの色を見ると最初に醤油が来てるのが信じられないですね!

麺はやや幅広で断面の四角いタイプのノンフライ麺となっています!(=゚ω゚)

サンヨー食品らしいプリプリ感の強いノンフライ麺ではありますが、
スープに合わせていつもよりはいくぶん食感が優しい感じがしますね!

サンヨー食品のノンフライ麺はいかにも多加水卵麺といった感じで、
プリプリと弾けるような弾力の強さがウリとなっているのですよね!

それでいてこうした優しいスープと合わせてもなじむ力があって、
いつもながら全体をまとめるのに大きく役立ってくれていますね!

麺の量は60gで、カロリーは295kcalとかなり軽めです!
脂質は6.0gで、こちらもやはり少なめの数字となってますね!

具材はえび風味かまぼこ、メンマ、花かまぼこ、ねぎ、白髪ねぎです!

一袋構成のかやくとは思えないぐらいに彩り豊かな具材ですね!
量もけっこう多く、スープの色合いともきれいに合ってますね!(●・ω・)

まずはえび風味かまぼこですが、これはほんとよくできてますね!

過去にもいろんなカップ麺で使用されたことのある具材ですが、
噛むとじわっと海老と魚の風味がするなどクオリティは高いです!

本来であれば鯛を使ったかまぼこが最も望ましいのかもですが、
このラーメンは鯛を軸にしつつも他の魚介を重ねていることから、
具材に関してもまた鯛以外の風味が登場するのもいいかもですね!

花かまぼこは彩り重視ですが、普通のかまぼことして十分楽しめます!

メンマは意外と量が多く、食感の面でいいアクセントになってます!

青ねぎはごく普通ですが、白髪ねぎはいい雰囲気を演出してますね!
とはいえ、味に関してはそこまで特徴があるわけではないですが!

何と言ってもスープの内容が良く、鯛の旨味を存分に味わえながら、
他の魚介がそれを引き立てる構成になっていたのが素晴らしかったです!

主役を明確に立てながら、これだけ複合的な旨味を組み合わせるとは、
このあたりはサンヨー食品の技術力の高さを感じずにはいられません!

さすがは「和ラー」を展開しているメーカーだなと思わされましたね!

もし見かけることがあるなら、ぜひ手に取ってほしいと思わせる一杯でした!(゚x/)モキュキュッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.