かしや 中華そば

ちょっとひさしぶりに玉出の「かしや」に行ってきました!
狙いはもちろん新たにレギュラーに加わった「中華そば」です!

「かしや」というと、濃厚な豚骨スープが最大の柱ですが、
魚出汁そば」では魚介のみでスープを構成していたり、
スープの幅の広さもまた素晴らしいものがあるのですよね!

そして今回の「中華そば」のベースのスープは鶏とのことで、
いったいどのような一杯に仕上げられているのか気になります!

白湯系のラーメンだと大盛にすると後半しんどくなりがちですが、
清湯系なので麺量も大盛にして注文することにいたしました!

かしや 中華そば

おっと、このビジュアルは自分の想像とはまた違ってましたね!

薄めにスライスされたチャーシューがなんと7枚も入っていて、
穂先メンマも2本、そして背脂が表面をたっぷり覆っています!

ちなみに決してチャーシュー増しにしたわけではありません!
大盛で注文したことで4枚から7枚に増えたみたいでありますが!

まずはそのスープですが・・・いやぁ、これは鶏の旨味が深いですね!(●・ω・)

おそらくこのスープはほぼ鶏のみで取られているのでしょうね!

そうでありながらこれだけ鶏のコクと旨味から深みを感じるのは、
スープの素材に親鶏を使っているからというのも大きいでしょうね!

背脂も多めに入っているのですが、特に背脂が薄めの部分を飲むと、
圧倒的に鶏の旨味とコクのほうがガンガンと攻めてきますからね!

トータルで見ても決して鶏と背脂が等価といったバランスではなく、
主役を張っているのは間違いなく親鶏のスープであることがわかります!

しかしこちらのお店はどのスープも非常に高い水準を誇ってますね!

ラーメンのラインナップを見ると、現在のこちらのお店では、
豚骨スープ、魚介スープ、鶏清湯スープの3つが炊かれてますが、
そのどれもが単独のスープとしてのラーメンとして提供されるなど、
一つのスープだけで十分に勝負できるだけのものが備わっています!

そしてここに多めの背脂が加わりますが、これもまた効果的ですね!(=゚ω゚)

鶏ベースのスープに鶏油ではなく背脂を合わせているのは面白いですね!

背脂が生み出す豚のコクと甘み、メインはあくまで親鶏スープながら、
また違ったアプローチのコクがここに重なってくるのがいいですね!

ただ、親鶏のスープの深みが非常に素晴らしいものを持っているので、
背脂がもっと少なめでも十分すぎるぐらいいい味になると思いますが!

ちなみに他の人の感想では胡椒が多めに入っていたりしたようですが、
自分が食べた分には特に胡椒が多く入っていたということはなかったです!

単にたまたまそうだったのか、あるいはデフォで入れる量を減らして、
それぞれのお客さんの好みで加えるようにしたかのどちらかでしょうね!

たしかにいかにも胡椒を入れるとハマるような味わいではありますからね!

醤油ダレについてもしっかりとした醤油の風味を感じさせますが、
タレのほうが前面に立ってくるような印象はあまりないですね!

このあたりもあくまでスープが軸であることを伝えてくれます!

また鶏スープ+背脂というと、京都の背脂醤油系に近くもありますが、
背脂が入りつつも親鶏の持っている旨味の主役感が強いこともあって、
受ける印象は京都の背脂醤油系とはまた違ったものがありましたね!

京都の背脂醤油系が好きな人にかなり向いてることもたしかですが!(`・ω・)+

トッピングは赤身メインの薄切りチャーシュー、穂先メンマ、
味玉、海苔、白ねぎが標準の状態で全て乗せられています!

このビジュアルだとトッピングを増やしてるように見えますが、
決してそうではなく、ただ普通に大盛で注文しただけですからね!

具材の主役は何と言ってもこの7枚入った薄切りチャーシューですね!

薄切りであることには大きな意味があって、薄切りであることで、
麺をチャーシューで巻きながら食べるのに向いてるのですよね!

しかも赤身メインなので脂の風味が勝ってしまったりしないですし、
親鶏スープが豚肉の肉の旨さをまといながら麺と口に運ばれてきて、
さらに量が多いので、これを最後まで堪能できるのがたまりません!

もちろんこの薄切りチャーシューは「中華そば」専用のものなので、
ちゃんとこのスープと麺に合うことを考えて作られているのですね!

穂先メンマは一つ一つが大きいうえにどこを食べてもやわらかいです!
また、食べているとほんのりとラー油のような風味も香るのですよね!(*゚ー゚)

そのため、穂先メンマのあたりは親鶏スープとラー油の風味が融合し、
また全体の味わいとはちょっと違った表情を楽しめたりもするのですね!

白ねぎは麺と絡めることでその辛味がいいアクセントになります!

あまり熱が入らないように他の具材の上などによけておきつつ、
その辛味が生きるような形で食べるのが良さそうでしたね!

焼き海苔はしっかりとスープを吸わせて麺を包んで食べるといいですね!
こうしたいかにも中華そばらしいスープにも海苔はよく合いますね!

かしや 中華そば(麺のアップ)

そして麺はやや加水が低めのパスッとしたストレートの細麺です!

もちろん豚骨ラーメン向けの麺ほどパツパツ系の麺ではなくて、
食べ始めはその小気味いい食感を、後半はスープとのなじみを、
そうした楽しみ方のできる中華そばらしさを感じられる麺ですね!

そういえばやや加水が低めの麺なのも京都背脂系に近くはありますね!

加水が低めの麺で大盛だったので、後半は食感はやや緩みましたが、
それでも弱みを感じさせる麺ではなかったのは良かったですね!(*゚◇゚)

この一杯の中に様々な見どころがつまったラーメンでしたが、
何と言ってもまずはこの親鶏の深さを味わってほしいですね!

そして薄切りチャーシューで麺を巻くようにして食べ進める、
いろいろある中でもこの2つが自分にとっては大きな魅力でした!

親鶏ならではの深い旨味をとことん堪能できる見事な中華そばでした!(゚x/)モキキュッ

[メニュー]
かしや メニュー その1(2017年3月)

かしや メニュー その2(2017年3月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市西成区玉出中2丁目4-21

【関連記事】
かしや 中華そば
かしや つけ麺 大
かしや 魚介あえ麺
かしや 濃厚とんこつ
かしや 魚出汁そば
かしや 和風とんこつ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

3/20発売 らぁ~めん京監修 京都ぎをん鶏白湯

3/20発売の明星「らぁ~めん京監修 京都ぎをん鶏白湯」を食べました!

これはもう入手を諦めてしまっていた商品だったのですよね!
こうした明星のノンフライの縦型はあまり出回らないですし;

ただ、ペヤングの「背脂MAX」を探してコンビニ行脚をしてたら、
こちらの商品を偶然見つけたので購入することにしたのですよね!

スルーも考えたのですが、けっこう興味のある商品でしたし!

3/20発売 らぁ~めん京監修 京都ぎをん鶏白湯

最近は各地のご当地ラーメンに対する関心も高くなってきていて、
また鶏白湯系ラーメンの知名度もずいぶんと上がってきたことから、
「鶏白湯というとまずは京都」のイメージも強まってきてますね!

最近では鶏白湯ラーメンというと濃度の高いものが非常に多いですが、
もともとは鶏白湯とはいっても濃度攻めでないものは多かったですし、
このラーメンの指向性がどのあたりにあるのか気になるところですね!(*゚ー゚)

3/20発売 らぁ~めん京監修 京都ぎをん鶏白湯(内容物)

具材の種類は少なめなものの、クオリティはけっこう高そうです!

特にねぎが細かい青ねぎでないというのがうれしいですね!
・・・単に具を整えるのが楽だからという理由なのですが!笑

縦型カップの小さいそぼろと青ねぎは具材整えの天敵ですからね!(゚◇゚)

3/20発売 らぁ~めん京監修 京都ぎをん鶏白湯(できあがり)

仕上げに後入れの調味油を加えると完成となります!

まずはスープですが・・・ほう、これは実にピュアな鶏白湯ですね!(●・ω・)

最近では鶏白湯系のカップ麺もけっこう出てはいますが、
これだけ純粋なタイプの鶏白湯は少ない気がしますね!

どっしりとした濃厚系の鶏白湯スープではないのですが、
かといって決してライト系の鶏白湯でもないのですよね!

こってり系ではないけども鶏白湯らしいコクと旨味は重厚、
それでいてけっこうすっきり食べられる一杯になっていて、
なおかつ鶏の持つ旨味が非常にストレートに伝わってきます!

後入れの調味油もそうした厚みを加える役割を持ってますが、
この調味油が意外と鶏油一辺倒ではなかったりするのですよね!

ラードも多めなので、鶏油攻めの鶏白湯にはなっておらず、
そこも逆に純粋な鶏白湯らしさの演出に役立ってましたね!

重厚さを求めてしまうともう一歩欲しくなるところはありますが、
「鶏白湯としての物足りなさ」は全く感じさせなかったですし、
しかも食べやすいので非常に幅広い層に好まれる力がありますね!(=゚ω゚)

その食べやすさを助けているのが生姜と柚子の2つの風味です!

ただ、この2つの要素も闇雲に前面に立てて目立たせるのでなく、
前面に出るのは鶏で、裏のほうでその香りをふわりと立たせて、
ほんのりと食べやすさを下から演出しているような感じです!

とにかく純粋な鶏白湯スープのカップ麺ということで考えてみると、
東洋水産の「ラーメン人生 JET 監修 鶏煮込みそば」を思い出しますが、
「JET」が濃厚な鶏白湯としての旨味をとにかく追求したのに対し、
こちらはバランス型ながらも鶏の旨味を楽しめる一杯になってますね!

スープの原材料は鶏・豚エキス、デキストリン、糖類、たん白加水分解物、
ラード、香味調味料、食塩、チキンオイル、粉末油脂、乳等を主要原料とする食品、
香辛料、しょうゆ、酵母エキス、ゆず皮粉末といった組み合わせとなってます!

豚も使われているようですが、前面に出るのはあくまで鶏ですね!
先に触れましたが、油脂は不思議とラードのほうが多くなってます!

また、とろみの強さはデキストリンによる面も大きいようですね!
それでも鶏白湯としての不自然さは全く感じさせなかったですが!

麺は中細でやや加水が低めのノンフライ麺となっています!

縦型でもノンフライ麺を使えるのが明星の大きな強みですが、
最近はその麺のクオリティがどんどん上がってきていますね!(`・ω・)+

どうしてもカップ形状による湯戻しのしやすさの関係上、
どんぶり型よりも縦型のほうが麺の制約は大きくなりますが、
この麺は前半はやや加水が低めの麺っぽい雰囲気を残しながら、
時間が経つともっちりとした食感がだんだんと強調されるなど、
縦型カップ向けのノンフライ麺とは思えない力がありますね!

でもって、ノンフライ麺なのでスープの良さが伝わりやすく、
今回のようなバランスとコクの両立をはかったスープには、
特に向いている麺と言っていいだけのものを感じましたね!

麺の量は65gで、カロリーは359kcalとけっこう軽めです!

脂質は9.4gで、ノンフライ麺系としてはそこそこの数字ですが、
それでも鶏白湯系でこの数字というのはありがたいと言えますね!

具材は蒸し鶏、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

蒸し鶏とはしっとりとしていて、鶏の旨味、食感ともに秀逸で、
量もそこそこ入っているなど、満足度は非常に高いですね!

メンマも意外と量が多く、コリコリ感がいいアクセントとなり、
ねぎもリアル系ということで具材はどれもよくできていますね!

濃厚系でもなくライト系でもない、基本的にはバランス型ながら、
鶏のコクや風味については純粋にしっかりと楽しむことができる、
食べやすく正統派の鶏白湯ラーメンといった印象が強かったですね!

素直に鶏白湯を楽しみたいときには非常にいい一杯と言えるでしょう!(゚x/)モキルン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.