4/17発売 チキンラーメンビッグ 卵黄だれ鶏つくね

4/17発売の日清「チキンラーメンビッグ 卵黄だれ鶏つくね」を食べました!

今週はチキンラーメン系統の新作が2種類も出ていますね!
もう一方はラーメンではなくてご飯系の商品ではありますが!

4/17発売 チキンラーメンビッグ 卵黄だれ鶏つくね

チキンラーメンのアレンジ版というといつも小幅な変更が多いですが、
今回は「卵黄だれ」がつくというのが大きなポイントとなってます!

卵黄系の調味料はエースコックが過去に何度か使っていますが、
日清も「UFO 極太」シリーズで使ったことが一度あるのですよね!

なので、日清としても卵黄系調味料を使った第2弾商品にもなります!
そのためいつものチキンラーメン系商品よりも要注目と言えますね!(`・ω・´)

4/17発売 チキンラーメンビッグ 卵黄だれ鶏つくね(内容物)

「卵黄だれ」の使い方がフタの裏に記載されています!
どうもつくねに卵黄をつける食べ方がモデルのようですね!

こうした食べ方は居酒屋などではポピュラーなようですし!

もちろんスープに溶かしたり、麺に絡めたりしてもいいようです!

ちなみにこの下には卵黄だれをかけられそうになって、
困っている「ひよこちゃん」の絵が描かれています!笑

4/17発売 チキンラーメンビッグ 卵黄だれ鶏つくね(できあがり)

鶏つくねに卵黄だれをかけると、いかにもそれっぽくなりますね!
しかもあえて黒めに仕上げているのが焼き鳥屋のつくねっぽいです!

今回は具材のつくねからいきますが・・・うん、クオリティが高いですね!(=゚ω゚)

カップ麺向けの鶏だんご具材というと、もっと白い感じの
鍋に入るようなタイプの鶏つくねが使われることが多いですが、
こちらはそうではなくちゃんと「焼き」の雰囲気がありますね!

それは色だけではなく、風味にも焼きの香ばしさが忍ばされ、
鍋向けの鶏だんごを入れたのとは違うことがはっきりわかります!

そしてここに卵黄だれをかけると・・・なんともリアル感が増しますね!(●・ω・)

まず何より驚いたのが、これが単なる卵黄ソースではない点ですね!

「UFO 極太」に使われていたのは素直な卵黄ソースだったのですが、
こちらは焼鳥のタレの風味や炭火焼をほどこしたような香ばしさ、
そうした風味を合わせた卵黄ソースになっているという点ですね!

なので、実際にこれを焼鳥につけて食べてもかなり合うでしょうし、
「卵黄味のたれ」ではなく、「卵黄をベースにした焼鳥だれ」として
ちゃんと完成させられているというのが特に評価できる点ですね!

そうしたこともあり、つくねにかけたときの相性は実に抜群で、
カップ麺とは思えないレベルのリアル感を楽しませてくれます!

そしてそうした卵黄だれなので、スープへの貢献も大きいです!(`・ω・)+

スープのベースはいつものチキンラーメンと全く同じですが、
少し麺に絡めたり、スープに少しまぜて食べることによって、
卵黄のまろやかさだけでなく、炭火焼の焼鳥の風味が入って、
焼いた鶏の香ばしさやたれの丸みのある甘みまでが加わり、
全体のスープが焼鳥を思わせる方向に同時に近づくのですよね!

こうした変化はこれまでの卵黄ソース系のラーメンにないもので、
上手くエースコックと差別化をはかってきたなぁと思わされました!

卵黄だれの原材料は植物油脂、還元水あめ、卵黄油、卵黄、食塩、魚介エキスです!

面白いのはこの中に鶏系のエキスが全く入っていない点ですね!
もちろん卵黄はそれ自体が鶏に由来したものではあるのですが!

舐めてみるとたれ焼きの焼鳥を思わせる風味があるのですが、
あくまでたれの甘さと炭火焼感と卵黄で演出しているようです!(*゚ー゚)

麺についてはいつものチキンラーメンの麺そのものとなってます!

原材料の並びも含めていつもと同じなので、今回に合わせて
麺の風味や太さに何らかの調整を加えたりもしてないでしょう!

なので、味の変化はあくまで「卵黄だれ」によるもののみですね!

麺の量は85gで、カロリーは411kcalとなっています!
脂質は15.8gで、麺量を考えるとけっこう低めの数字です!

つくね以外の具材はねぎと花かまぼこという組み合わせです!

花かまぼこが入っているのは発売時期の関係なのですかね!
ちょっとチキンラーメンには珍しい具材という気もしますし!

味はごく普通のものですが、春らしい雰囲気を演出してくれますね!(*゚◇゚)

ねぎは大ぶりの白ねぎで、シャキシャキとした食感もあり、
なおかつねぎの甘さも楽しめるなかなかの上質なものです!

もともとチキンラーメンは卵を入れて作ることもありますし、
チキンラーメン+卵黄だれだけでも十分楽しめたと思いますが、
そこにもう1つアイデアを組み込むのがさすが日清ですよね!

普通の卵黄だれにせず、焼つくね+卵黄をモチーフとして、
炭火焼の風味やタレの風味を卵黄だれの中に盛り込みながら、
具材のつくねにも工夫を加えてリアルな焼つくね感を出す、
ベースはいつもの味ながらもこの発想は実に見事でした!

卵黄ソースの持つさらなる可能性を見せてくれる一杯でした!(゚x/)モッキリー

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.