ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば

東京を中心に店舗展開する「ムタヒロ」の堺東店に初訪問してきました!

水曜日と土曜日に天王寺方面に行く機会がなくなったことから、
ラーメン店巡りの方法もいろいろ変えるタイミングが来てましたが、
その流れの一つとして堺東の開拓を進めて行こうと考えました!

これまでは天王寺を起点に電車で移動してお店に行ってましたが、
今後はそれ以外の方法も含めて視野を広げたかったですからね!

さて、ムタヒロは一度だけ大阪福島店のほうに訪問していますね!

福島は天王寺を起点にすると環状線でちょうど反対側になるので、
「電車で行けるけどなかなか行く気になれない地域」なのですよね;

でもって、福島は激戦区なので行きたいお店が他にも多いですし!

それに対して今回堺東方面への開拓を視野に改めて入れてみると、
福島に比べて遥かに自分にとって行きやすいと気付いたのですよね!

少し前までは堺東は「近くて遠い」という印象が強かったのですが!
こうして以前の延長線上だけでない行動も増やしていかないとですね!(`・ω・´)

さて、ムタヒロというと東京のお店という印象が強いのですが、
社長の牟田さんは実は大阪の堺市出身だったりするのですよね!

それを考えると大阪での2店舗目に堺東を選んだのもわかりますね!
ある意味では、これは故郷への凱旋とも言える出店でもあるわけです!

福島店では「ワハハ煮干そば」を食べたので、もう一つの看板である
「ガハハ鶏そば」のほうをこちらの初訪問で注文することにしました!

ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば

おおぉ、これはちょっと予想とは全く違う超正統派のビジュアルですね!

「ワハハ煮干そば」では一反木綿と呼ばれる超幅広麺も入るなど、
見た目でも驚かせてくるようなイメージを抱いていたのですが、
ここにはそうしたインパクトを与えるようなものはありません!

別添えでおろし生姜がついてくる点以外は完全なる正統派です!

まずはスープですが・・・うわっ、これは何という鶏の深さでしょう!(●・ω・)

これまで訪問を先延ばしにしていたことを後悔させられましたね!
これはもっともっと早く食べに行っておくべき一杯でした!

このスープの味はもうとにかく「鶏」の一言に尽きると言えます!

鶏を中心に複合的な旨味によってバランスを取るというよりは、
とにかく鶏一本に絞ってその全ての旨さを閉じ込めたかのようです!

まず何よりベースとなっている鶏スープの旨さ、深さが凄まじいです!
誰が食べてもその瞬間に「鶏」とわかるほどに強い旨味がほとばしります!

そしてそこに加わる鶏油のコク、風味も素晴らしいものがありますね!(=゚ω゚)

鶏油らしい風味をどんどん前面に出して主張させてきながらも、
ギトギト感は感じさせない、実に絶妙なラインで整えています!

鶏油は多めではあるのですが、鶏油に「頼ってる」感がないのですよね!
これもまたベースの鶏スープが旨味がそれだけ深いからと言えるでしょう!

ムタヒロというと、「ワハハ煮干そば」が一番手の印象がありますが、
こちらのお店ではこちらの鶏そば系のほうが人気が高いそうなのです!

このスープを一度飲めば、その人気の高さも十分すぎるほどわかりますね!

また、こちらの醤油ダレは昆布、椎茸に魚醤のいしりを使っており、
これが鶏スープの下支えとしてさらなる旨味を重ねてくれています!

そして別添えの生姜ですが、これもなかなかいい仕事をするのですよね!(*゚ー゚)

大事なポイントは後半ぐらいになってから少しずつ入れることです!

生姜はもともと風味の強い素材なので、一気に入れると味が激変しますし、
最初に全部入れようものならせっかくの鶏の風味をマスクしてしまうでしょう!

ですが、後半に少しずつ入れると生姜のさわやかさがいい変化をつけ、
同時に東京風の古風な中華そばへと表情を少しずつ変えるのですよね!

そうすることで後半になるほどよりさっぱりといただけますしね!

ベースの鶏が分厚いので少々の生姜ではスープが壊れませんし、
別添えの生姜を提供できるのもその自信があるからなのでしょう!

トッピングは豚チャーシュー、鶏胸チャーシュー、穂先メンマ、
鶏そぼろ、みつ葉、白ねぎという組み合わせになっています!

これらの具材も自分としては思っていた以上にドンピシャでしたね!(*゚◇゚)

豚チャーシューは脂身があまり多くない部位なのですが、
肉質がしっとりやわらかで実に食べやすいのですよね!

具材も含めて鶏のスープを支えているという感がしますね!
これがバラ系だと、豚の主張が強めに出てしまいますからね!

そして鶏胸チャーシューはしっとりとしていて味わいもさっぱりと、
鶏の旨味たっぷりのスープをまとうことでその旨さが高まります!

鶏そぼろは純粋な具材というよりは、スープを取るのに使ったものを、
補足的なトッピングとして乗せてくれているといった感じですね!

穂先メンマはしっとりとやわらかで、ねぎはやや辛味を立てたもので、
みつ葉と合わせて口の中に上手く変化をつけてさわやかさを加えます!

この具材だったらどれを増しても重くなったりはしないでしょうね!

ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば(麺のアップ)

麺は加水が低めのパツッとした食感を見せるストレート細麺です!
豚骨向けの麺に比べるといくぶん加水が高いといったぐらいですかね!

お店のポスターを見るとどうも麺屋棣鄂製の麺を使っているようです!(`・ω・)+

東京のムタヒロは基本的に凪製麺の麺を使っているはずなので、
これは大阪ないしはこの堺東店ならではのチョイスのようですね!

他のラーメンの麺が凪製麺か麺屋棣鄂なのかはちょっとわかりませんが!
これは次回以降に訪問したときに店内の文章などをチェックしたいですね!

清湯系のスープには中加水ぐらいの麺を合わせることが多いですが、
こうしたパツッとした麺もスープ次第では上手くハマるのですよね!

特にこちらは清湯であっても鶏のコクの強さはかなりのものなので、
スープを引き立てる低加水麺ならではの良さが光っていますね!

ちなみに替え玉もできるので、それもかなりオススメできそうです!

とにかく予想していたよりも遥かに強い鶏の旨味が楽しめるスープで、
スープを一口飲んだ瞬間に圧倒されて最後まで箸が止まらなかったですね!

堺東に定期的にラーメンに食べに行くかは最初は未定だったのですが、
これはちょっと当分の間はこのお店に通いつめないともったいないですね!

鶏そばの塩、つけそば、まぜそば、堺東限定のガシソバに、
さらに限定メニューもけっこう頻繁に提供されてるので、
これから重点的にこちらのお店を通ってみようと思います!

とにかく鶏のコクと旨味を堪能しつくしたいなら外せない一杯ですよ!(゚x/)モキキキキッ

[メニュー]
ムタヒロ 堺東店 券売機(2017年4月)

お店の住所と地図 大阪府堺市堺区中瓦町2-3-18

【関連記事】
ムタヒロ 堺東店 ガハハ鶏そば
ムタヒロ 大阪福島店 ワハハ煮干特製そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

3/21発売 サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風

3/21発売の「サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風」を食べました!

これは発売当初は完全にスルーしてしまう予定だったのですよね;

というのも、とにかく新作がものすごく多い週だったということで、
いつもなら購入するはずの商品なのにリストから外したのですよね!

ただ、その後にいろんな方の紹介を見て逆に興味が湧いてきて、
しかもコンビニで目にする頻度が高いので購入してしまいました!

3/21発売 サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風

「サッポロ一番 塩らーめん」に「ほたてバター」、合うに決まってますからね!
味についてはある程度予想はつきますが、それも含めて食べてみたかったですね!

でもって、具材の充実度が高いという噂も大きな購入動機になりました!
サンヨー食品の貝柱風かまぼこはかなりクオリティが高いですしね!

3/21発売 サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風(内容物)

ひさしぶりにねぎを取り出してしまった後の撮影になりました;
どうも縦型カップではこうしたミスをやってしまいがちです!

それにしても具材の組み合わせがいやにシンプルですよね!

3/21発売 サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風(できあがり)

仕上げに後入れの調味油を回しかけると完成ということになります!

まずは調味油を入れる前の味ですが・・・うん、いつもの味ですね!(*゚ー゚)

どうもこの段階ではそれほど貝の風味については感じないのですよね!
むしろ「塩らーめん」の味そのものといったような風味となっています!

粉末スープのほうにも海鮮系の旨味は取り入れられているのかもですが、
調味油なしの段階だと食べ始めはそれほど感じさせられることはないですね!

ただ、これが調味油の効果などを含めてだんだん面白くなるのですよね!

そして調味油を入れてみると・・・一気に貝とバターの風味がやってきます!(●・ω・)

食べる前はてっきり粉末スープのほうでいつもの味+貝の旨味を、
後入れ調味油でバターの風味を加えるという方式と思ってましたが、
どうもそうではなく後入れ調味油が貝+バターとなってるのですよね!

でもって、貝だしの使い方が非常に上手いサンヨー食品らしいと言いますか、
ほたてだしでも単に優しい旨味ではなく、けっこうパンチが効かされていて、
舌にグイッと攻めてくるような強さを持ったほたてのだしとなっています!

調味油がバターだけでないので、調味油を全部入れてもバター勝ちにならず、
貝も同時に強まるので調味油だけが勝つような形にならないのがいいですね!

もし調味油がバターだけだったらこのあたりの印象は変わったでしょうが、
調味油を貝との合わせ技にしてきたのは大正解だったと言えるでしょう!

食べ進めると調味油が減るのでバターの風味は徐々に下がってきますが、
今度は具材は貝柱風かまぼこからのほたての風味が出てくることもあり、
食べ始めとは違って徐々に貝の旨味が優勢になってくるのですよね!(*゚◇゚)

もちろんほんのりと残った調味油からの貝の旨味もありますしね!

このあたりの味の印象の変化もまた大きなポイントと言えるでしょう!

もともと香味野菜と鶏を中心に組み立てた「塩らーめん」のスープは
どんなものにも合う強みがありますが、中でも海鮮は特にいいですね!

スープと調味油の原材料は食塩、糖類、香辛料、豚脂、魚介エキス、
植物油脂、でん粉、香味食用油、デキストリン、ごま、小麦粉、
バターオイル、味付豚肉、酵母エキス、鶏脂、乳等を主要原料とする食品、
鶏肉野菜調理品、チキンエキスという組み合わせになっています!

こうして見るとずいぶんと複雑な組み合わせになっているのですね!
バターオイルの順位がけっこう後ろというのもポイントと言えますね!

麺はいつもの「塩らーめんカップ」らしい中細の白っぽい油揚げ麺です!

サンヨー食品はなぜかこの太さの麺を「中太」と表現するのですが、
明らかに中細麺ぐらいの太さの麺と言っていいように思われます!

やまいも粉が練り込まれていることで軽いふんわり感もあって、
少し時間を長めに待つことでスープとのなじみも良くなります!(=゚ω゚)

コシの強い麺ではないですが、その汎用性の高さは評価できますね!

麺の量は72gで、カロリーは430kcalとなっています!
脂質は19.1gで、オイルが入る分だけちょっと高めですね!

具材は貝柱風かまぼこ、ねぎ、切りごまとなっています!

切りごまは従来の「塩らーめん」に比べると量は少なめですが、
「塩らーめん」を語るうえで外せない存在と言ってもいいだけに、
今回はそこそこ入っていて、いい具合に香ばしさを演出してます!

それでいて、スープの貝の要素などを邪魔しないのがいいですね!

青ねぎはごくごく普通のものですが、量は多めに入っています!

そして貝柱風かまぼこですが・・・やはりその量が圧巻ですね!(`・ω・)+

人によって多少個体差はあるようですが10個入ってましたし、
なおかつ食感は貝柱らしく、その風味もまさに貝柱なので、
この具材が「塩らーめん」に入るだけでも購入価値ありですね!

どうも8~12個ぐらいの範囲での個体差は発生するようですが、
仮に少ないほうであっても十分な量が備わっていますからね!

サンヨー食品は貝系のスープなどにバターを合わせることが多く、
場合によってはそれがやや蛇足っぽくなることもあるのですが、
今回は調味油をバターだけでなく貝の旨味を忍ばせることにより、
バターと貝が上手くかみ合うように作られていたのが見事でした!

こうした細かな調整もまた味に大きな影響を与えるのですよね!

やはり予想通り、誰も安心できる旨さに仕上がっていました!(゚x/)モッキルン

【関連記事】(BESTレシピシリーズ)
サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風
サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 肉味噌ラー油仕立て
サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ たっぷりコーンバターオイル仕上げ

【関連記事】(塩らーめんシリーズ)
サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風
サッポロ一番 塩らーめんどんぶり じゃがバター味
サッポロ一番 塩らーめん ねぎ塩カルビ風 焼そば
サッポロ一番 焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン
サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛
サッポロ一番 鍋風 塩らーめんどんぶり
サッポロ一番 大人の塩らーめん 鶏つみれの柚子胡椒仕立て
サッポロ一番 大人の塩らーめん 薫るわさび
サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば 青しそ&オリーブオイル仕上げ
サッポロ一番 塩らーめんどんぶり 青しそ&オリーブオイル仕上げ
サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば(新)
サッポロ一番 トマトとバジルで仕上げた 塩らーめん
サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.