造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2

今年の造幣局の「桜の通り抜け」の第2回の記事でございます!
6回と記事数が多いので、間が空きすぎないほうにしないとですね!

他にも書く記事が多いので、なかなか大変だったりもするのですが!(=゚ω゚)

では、今回も紹介する桜の数が多いのでどんどん進めていきます!

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(駒繋:こまつなぎ)
(駒繋:こまつなぎ)

ここでの「駒」は「馬」のことで、「馬を繋いだ」という意味ですね!
どうも親鸞がこの桜に馬を繋いだという言い伝えられているようです!

その花は今まで紹介した桜の中でもとりわけ白さが光ってますね!
また、花びらの数を見るとわかるように一重の桜となっています!

これまでの白い桜は厳密には淡いピンクにあたるものも多かったですが、
この桜に関してはほんのちょっとすらピンクぽさがないほどに白いですね!

桜の花はピンクのイメージが強いですが、この白さも非常に美しいですね!(●・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(御室有明:おむろありあけ)
(御室有明:おむろありあけ)

こちらは「御室有明」という、「有明」系統の桜の一つですね!
京都御室の仁和寺に咲いていたことから名付けられたそうです!

この写真だけを見ると「白い桜だなぁ」というふうに感じるのですが、
一つ前の「駒繋」と見比べると、たしかにこちらは少しピンクですね!

ほんとにごくごく薄い色ではありますが、少しだけピンクがかってますね!

花びらに関しては一重と八重のものがまざって咲いています!
八重と言っても比較的花びらの数が少なめのものではありますが!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(二度桜:にどざくら)
(二度桜:にどざくら)

この桜は軽く見ただけだと「八重系の桜かな」と感じるのですが、
実は一重と八重、さらに「二段咲き」なる花がまざって咲いてます!

「二段咲き」というのは、まず外側の花が咲いてから内側につぼみができ、
さらにその内側の花も咲くという、二重の咲き方をすることを言います!

それを意識して見ると、たしかに中央あたりにも花びらがある花があり、
これは内側にも花があることでそのように見えているのでしょうね!

もちろん「二度桜」という名前もそうした咲き方から来ています!(*゚◇゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(黒田百年:くろだひゃくねん)
(黒田百年:くろだひゃくねん)

この名前を見ると、黒田という姓の方が育てられたかのように思えますが、
実際はそうではなく京都の黒田神社境内にあったことから名前がつきました!

育成したのは佐野藤右衛門という方で、それが明治の元号で数えて
100年にあたることからこのような名前になったということです!

見た感じ花びらが比較的少なめの八重桜で、白と濃いピンクが
まざったような花の色になるのがとりわけ印象的な桜ですね!(`・ω・)+

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(朱雀:しゅじゃく)
(朱雀:しゅじゃく)

京都の朱雀にあったことから名付けられた八重咲きの桜です!
伝説上の神獣である朱雀に似ているといった理由ではないようです!

花びらの数は10枚程度だそうですが、この木はもう少し多く見えますね!
少なくとも1つの花あたり15枚以上は花びらがあるように見えますし!

八重系の桜というと、もっとぎっしり集まって咲くものが多いですが、
これは毬状になりながらも、けっこう広がりをもって咲いていますね!(*゚◇゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(雨情枝垂:うじょうしだれ)
(雨情枝垂:うじょうしだれ)

今回は例年ほとんど撮影していなかった花を撮るようにしましたが、
この「雨情枝垂」に関しては毎年撮っていてもスルーできませんね!

枝垂れ桜というと、全体のフォルムが三角形ぽくなるのが多いですが、
この桜に関しては枝が左右に広がってそこから垂れているのですよね!

こういう咲き方をする枝垂れ桜はけっこう珍しい印象がありますね!

今年は造幣局全体で見ると3分咲きぐらいとさみしかったものの、
枝垂れ系はピークが早いこともあってかきれいに満開でしたね!

この名前を見ると「雨のような咲き方」という意味かと思えますが、
そうではなく詩人の野口雨情さんの邸内にあったのが由来だそうです!(*・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part2(紅豊:べにゆたか)
(紅豊:べにゆたか)

いかにも造幣局における八重桜らしい良さに満ちている桜ですね!
花の色が紅色で、花びらの数が豊かということから名付けられました!

このように見た目から素直に名付けられているのは意外と珍しいですね!

そこまで毬状にはならないものの、ギュッとつまった感じで咲き、
濃い紅色のものから、もっと白に近い色で咲くものもあるなど、
紅色、白、そして葉の緑と色のコントラストが実に美しいですね!(●・ω・)

ということで、この第2回の記事では7つの桜を紹介いたしました!

これからも間が空きすぎないようにしつつどんどん更新してまいります!(゚x/)モキキュン

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

4/24発売 本気盛 鶏ポタ

4/24発売の東洋水産「本気盛 鶏ポタ」を食べました!
ポタージュっぽさのある鶏白湯ラーメンということですかね!

4/24発売 本気盛 鶏ポタ

なんだか「本気盛」シリーズについてはかわいらしいデザインですね!
「本気盛」というと、とにかくゴツゴツとした印象が強いですし!(*゚ー゚)

4/24発売 本気盛 鶏ポタ(内容物)

ほう、どうも鶏系だけでなく野菜もけっこう多めに入っていますね!

とすると、鶏をポタージュ状に仕上げた「鶏ポタ」スープではなく、
それとも鶏と野菜のポタージュのようなスープなのでしょうかね!

4/24発売 本気盛 鶏ポタ(できあがり)

うん、このビジュアルを見るに野菜の存在感がかなり強いですね!

まずはスープですが・・・スープはたしかにポタージュ感があります!(●・ω・)

鶏白湯スープとしても、鶏の個性やクセを前面に立てるのではなく、
ポタージュ状にすることでまろやかな鶏の旨味を出したかのような、
そうした正統派系の鶏白湯とはちょっと違った個性を持っていますね!

東洋水産で鶏白湯というと「極鶏」の再現カップのように、
鶏の風味をゴツゴツに効かせる鶏白湯を作る印象がありますが、
今回はそうしたワイルドさを前面に立てたものとは違いますね!

また、それと同時に野菜のポタージュ的な要素もけっこう感じます!
でもって、玉ねぎの風味がかなり強く効いてるのも特徴ですね!

ただ、ポタージュ的とは言ってもとろみはあまり強くないので、
「野菜の風味が強く丸みのある鶏白湯」といった感じですが!

そしてここに強いアクセントを与えているのが大量の鶏油です!(=゚ω゚)

このあたりが少々好みが分かれそうなポイントになっていて、
ベースだけを見るとやわらかみのある鶏+野菜スープですが、
鶏油が多いので全体としては鶏のクセがけっこう強いのです!

なので、目指しているのがポタージュ風の優しいスープなのか、
それとも鶏油攻めの鶏白湯なのか少しわかりにくい面がありますね!

自分としては油脂の主張が弱まってくる後半のほうが好みだったので、
もっとシンプルにポタージュ的風味に絞っても良かった気がしますが、
こうした鶏油の野性味などがあるほうが「本気盛」らしくもありますし、
ちょっとこのあたりは人によって評価が分かれそうではありますね!

スープの原材料はチキンエキス、鶏脂、食塩、ゼラチン、植物油、
粉末野菜、たん白加水分解物、粉乳、砂糖、香辛料となっています!

ベースの鶏スープに力を入れつつ、鶏油も強いといった構成ですね!
粉乳を加えているあたりはポタージュ路線も意識していますね!

そして麺はかなり幅広で、少し厚みが抑えめの油揚げ麺です!

なんだか印象としては一世代前の「本気盛」の麺ぽいというか、
最近は幅はそこそこながらも厚みがあってプリ感もけっこう強い、
それでいてスープをあまり壊さない麺が主流になっていましたが、
今回は食べたときに受ける印象がいつもと少し違ってましたね!

ただ、原材料の並びなどは前回の麺と全く変わってはいないので、
もしかすると単にスープとの組み合わせの問題なのかもですが!(*゚◇゚)

今回は濃厚系のスープなので、麺とぶつからないかと思いきや、
思っていた以上に油揚げ麺臭が前面に出てきてしまってましたね;

なので、特に後半はスープだけ飲むと優しくてまろやかなのに、
麺と食べると無骨な味になるというアンバランス感がありました;

前半はここに鶏油が合わさるので風味は鶏らしさを楽しめながらも、
全体としてはどっしりと油脂で重いという感じになっていましたね!

どうも「本気盛」の麺はベースのスープの濃厚さというよりは、
タレの強さによってバランスが左右されるのかもしれませんね!

今回のスープはたしかに濃厚さが感じられるものではあるのですが、
タレの主張が控えめなので、油揚げ麺臭に全体がやや覆われがちで、
予想に反して麺の風味が幅を利かせていたという印象がありました!

麺の量は多めの80gで、カロリーは520kcalと高いです!
脂質は24.1gで、これもまたけっこう高めの数字ですね!

具材は鶏だんご、キャベツ、玉ねぎ、ねぎとなっています!
具材の充実度が高いのは「本気盛」の大きな武器ですね!(`・ω・)+

キャベツはごく普通ながらも、今回のラーメンのスープの持つ
野菜の風味との間でいい相乗効果を出してくれてはいますね!

ねぎについてもリアル系なので、具材としてもしっかり楽しめます!

玉ねぎはそのシャキシャキとした食感と強い風味はもちろんのこと、
スープの玉ねぎの強さと相まって大きな存在感を発揮していますね!

そして主役の鶏だんごですが、そのクオリティは非常に高いです!

鶏だんごに関しては他社もけっこういいものを持っていますが、
その中でも東洋水産の鶏だんごの完成度は特に高いですからね!

ふんわり感、鶏らしい旨さ、下味のつけ方とどれもよくできています!

ただ、あともう少し量が多めだったらよりうれしかったのですが!
ちょっと野菜の量を増やした分のあおりを受けた感はありますね!

丸みのある鶏の風味に野菜を合わせたポタージュ風の優しさと、
大量の鶏油と油揚げ麺臭の強さというワイルドさが重なるなど、
少々相反する要素がぶつかり合っている印象が残りましたね!

特に前半は鶏油と油揚げ麺の風味でくどさを感じる面もあり、
後半は逆に鶏が弱まって油揚げ麺臭がさらに前面に出る一方、
スープだけを飲むと意外とよくできていると思わされたりと、
やはりどこかアンバランスな印象が残り一杯ではありましたね!

「本気盛」がもともと好きな人向けの一杯という感じでした!(゚x/)モキルー

【関連記事】
本気盛 鶏ポタ
本気盛 キムチ豚骨
本気盛 背脂醤油チャーシュー麺
本気盛 塩担々麺
本気盛 スープが辛いねぎラーメン
本気盛 ラー油肉そば
本気盛 辛赤味噌とんこつ
本気盛 辛赤ねぎ豚骨
本気盛 極しお豚骨

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.