造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4

今年の造幣局の「桜の通り抜け」の第4回の記事でございます!
写真の画像処理が全部終わったので、更新もはかどりそうです!

ちなみに昨年撮影したのが32で、今年が39なので増えすぎですね;
3分咲きだった今年のほうがこれだけ多いというのも変な話ですが!

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(南殿:なでん)
(南殿:なでん)

さて、雑談は横に置いてどんどん桜の紹介を進めていきましょう!

今回の最初の桜は白と紅のコントラストが美しい「南殿」からです!
どうもつぼみの頃は紅色で、咲くにつれて白くなっていくようです!

京都御所の紫宸殿(南殿とも呼ぶ)の南庭に咲いていたのが由来で、
花びらの数は20枚弱と八重桜としては比較的少ないタイプですね!(=゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(幸福:こうふく)
(幸福:こうふく)

こちらも淡紅色で花びらが20枚弱の八重桜ではあるのですが、
咲き方が「南殿」とは全く異なるので雰囲気も全然違いますね!

一つ一つの花が大きく、なおかつ毬状にギュッと詰まって咲く、
いかにも造幣局の八重桜らしいムードを全体に漂わせています!

北海道松前町の法幢寺 (ほうどうじ)にあった八重桜の種子から、
幸運にも一つだけ生き残ったことからこのような名前になりました!(*・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(白妙:しろたえ)
(白妙:しろたえ)

その名前の通り花の白さがとりわけ印象的な八重系の桜です!
大島桜の系統ということもあって、八重でも花びらは少なめですが!

集まって咲くあたりなどは八重桜らしい雰囲気も強いのですが、
たしかに一つ一つの花などは大島桜に近いものも感じますね!

白系の桜でもつぼみはけっこう色がついているものも多いですが、
こちらはつぼみもかなり淡く、まさに白系の桜という感がしますね!(●・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(太白:たいはく)
(太白:たいはく)

先の「白妙」と同様に、こちらも名前に「白」の字が入る桜です!
中央のあたりが一部少し赤いですが、全体としては白い花ですね!

面白いのは八重桜のように密集して咲くのに、花は一重なのですよね!
一重の桜というと、もっと広がって咲くようなイメージが強いのですが!

もともとは日本からイギリスに渡った桜でしたが、日本で品種がなくなり、
逆にイギリスから寄贈されて育成されたという変わった歴史もあります!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(紅手毬:べにてまり)
(紅手毬:べにてまり)

今年は例年は撮らない桜を中心に撮影していたのですが、
この「紅手毬」は毎年よく撮っている桜なのですよね!

造幣局には「小手毬」、「大手毬」、「紅手毬」といった
手毬系のギュッと集まって咲く八重桜がたくさんあるのですが、
今年はこの「紅手毬」を除いてまだつぼみの状態だったのですよね;

でも自分はこの手毬系の八重桜がものすごく好きということもあり、
一つだけ咲いていた「紅手毬」を見た瞬間に撮ってしまいました!

「手毬」という名前は、もちろんこも毬状の咲き方から来ています!(`・ω・´)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(浦和:うらわ)
(浦和:うらわ)

埼玉県の浦和(現さいたま市)と何か関係があるのかなと調べてみると、
浦和に在住していた桜の愛好家の方が育てられた品種とのことです!

ただ困ったことにこの桜の詳細を知ろうと「浦和 桜」と検索しても、
浦和の地域の桜の名所などの情報が出てきてなかなかわかりません!笑

花の咲き方などを見るに、ごく淡い紅色の一重咲きの桜と見られます!
見ていると非常にさわやかな印象を与えてくれる桜でもありますね!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part4(手弱女:たおやめ)
(手弱女:たおやめ)

京都の平野神社境内にある桜で、淡い紅色の八重桜で花びらは20枚弱です!

最大の特徴は花びらを内に抱えるような感じで咲くところです!
とはいえ、言われてみてもあまりよくわからなかったりもしますが;

おそらく名前に関してもそうした咲き方から来ているのでしょうね!

咲き方だけでなく、白の中に淡い紅色が少しまざるのがきれいですね!(*゚◇゚)

ということで、今回の記事でも7つの品種の桜を紹介いたしました!

残るは2記事ということで、スパートをかける感じで紹介していきたいですね!(゚x/)モキルー

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

5/8発売 とり田 博多担々麺

5/8発売の明星「とり田 博多担々麺」を食べました!

博多の鶏の水炊きの名店として知られる「とり田」が
その水炊きスープをベースにした担担麺のお店として作った
「博多担々麺 とり田」の担担麺をカップ麺化した商品です!

お店の名前と担担麺の名前が紛らわしくてわかりにくいですが;

5/8発売 とり田 博多担々麺

「とり田」は「とりた」ではなく「とりでん」と読みます!

最近はラーメン屋で最初の漢字1文字をひらがなにするという
店名が多いためか、つい「とりた」と読みそうになりますが!(*゚◇゚)

5/8発売 とり田 博多担々麺(内容物)

ふたを開けると、一気にごまの香りがふわっと広がってきます!
また、ひき肉が豚ではなく鶏になっているのも大きな特徴ですね!

5/8発売 とり田 博多担々麺(できあがり)

仕上げに後入れのラー油系調味油を入れると完成となります!

まずはスープですが・・・ラー油の存在感が非常に強いですね!(●・ω・)

原材料なども考慮してみると、このラー油はなかなか凝っていて、
どうもラードとごま油をベースに唐辛子の辛味を強めに加えて、
そこに花椒の持つ痺れをけっこう強く効かせたものとなってます!

そのため最初に麺をすすったときに来るピリ辛感はそこそこ強めです!

もちろんそれでも激辛と呼ぶような辛さとは全く違うのですが、
担担麺のラー油がしばしば辛さが弱いことが多いのに対して、
こちらはちゃんとアクセントとしての辛味の主張が明確ですね!

でもって、花椒の持つ痺れもはっきり感じられる強さがあるので、
食べていて最も前面に出てくるのはこうしたラー油の風味です!

一方でそれら以外の要素はいくぶん控えめに感じられるのですよね!(=゚ω゚)

これは今回の麺の持っている個性もかなり影響しているのですが、
一般的に動物系の白湯スープに多めのねりごまを加えることで、
濃厚なまったり感をアピールすることが多い担担麺に比べると、
白湯系とはいえ水炊きベースなのでスープが優しいのですよね!

鶏の水炊きという、白濁させつつも優しい味わいの鶏スープに、
そのバランスを壊さないようにごまも主張もそこまで強烈ではなく、
ねりごま以外にも粒ごまのプチプチ感も重視してることなどから、
動物系もごまもガンガン前面に出てくるタイプではないのですね!

それが結果としてラー油の主張が目立つことにもつながってますが、
ちょっとこの両者のバランスに難しい点を少し感じさせられましたね!

スープだけ飲むと、鶏の水炊きらしい鶏の優しいまったりした風味に、
野菜の旨味も生きて、そこにごまがほどよくコクを加えるという、
お店で食べるとなかなか面白い一杯なのだろうなぁと思いながらも、
カップ麺として食べるとどうにも「控えめ感」が目立つのですよね!

新しさも感じる担担麺なだけに、少しもったいなくも感じましたね!

スープの原材料はラード、ねりごま、香味調味料、糖類、でん粉、
小麦粉、ごま、粉末油脂、豚・鶏エキス、食塩、香味油、みそ、香辛料、
乳等を主要原料とする食品、玉ねぎ、しょうゆ、デキストリンなどです!

麺は断面の丸いけっこう太めの油揚げ麺が使われています!

乾燥状態だとそこまで太い麺ではないように思ったのですが、
実際に戻してみると縦型カップ麺としてはなかなかの太さです!

湯戻し時間も5分ですし、なおかつ食感のもっちり感が強いです!(*゚ー゚)

一般的に担担麺では細めで食感的にも歯切れを重視した
低加水麺が使われることが多いのでやや珍しいですね!

この太めでもっちりとした食感の麺はなかなか面白いのですが、
スープが優しいので、その分だけ油揚げ麺のスナック感が目立ち、
鶏の水炊きスープの良さをマスクする結果になってるのですよね!

ただ、麺が暴れ倒してスープを食ってるというほどでもなく、
バランス的に麺の風味にやや偏っているといった感じですが!

明星は縦型カップ麺ではノンフライ麺を使うことが多いのですが、
この商品こそノンフライ麺を採用してほしかったと思いますね!

ノンフライ麺だったらスープの良さももっと生きたと思うのですが!

麺の量は75gで、カロリーは494kcalとなっています!
脂質は24.0gで、担担麺ということでなかなかの高さですね!

具材は鶏そぼろ、ねぎ、ニラ、粒ごまとなっています!

そぼろが豚ではなく鶏というところは面白いですよね!
鶏の水炊きスープとの相性を考えてのことなのでしょうね!

麺がスープをいくぶんマスクするなどの問題はありましたが、
この鶏そぼろのおかげで全体の鶏感は引き上げられてましたね!(`・ω・)+

また、具材としてニラが入っているのがけっこう興味深いですね!

鶏の水炊き+ニラの組み合わせはそれほどポピュラーではなく、
また担々麺自体もニラよりはチンゲン菜が入ることが多いですが、
ニラが入ることで全体がややワイルドな方向へと寄っています!

ラー油との相性という点ではチンゲン菜よりもニラが上ですし、
ラー油を生かす担担麺という視点からはなかなか合ってますね!

鶏の水炊きをベースにごまをほどよく加えたスープはなかなか良く、
唐辛子の辛味と花椒の痺れを上手く使ったラー油も良かったのですが、
油揚げ麺の風味にやや食われ気味だったのはもったいなかったですね!

縦型ノンフライ麺に強い明星なだけに余計にそこが悔やまれますね!

優しいスープの中でラー油がひと際光る担担麺という感じでした!(゚x/)モキュン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.