8/7発売 カレーは飲み物。 赤い鶏カレー味ラーメン

8/7発売のサンヨー食品からの新作
「カレーは飲み物。 赤い鶏カレー味ラーメン」
を食べました

「カレーは飲み物。」というお店による監修商品です!

8/7発売 カレーは飲み物。 赤い鶏カレー味ラーメン

店名はおそらくウガンダさんの発言をもとにつけられたもので、
またここでは秋葉原店が総本店ということで書かれてますが、
どうもそれより前に池袋店のほうができていたみたいですね!

お店の公式サイトでは総本店がどこであるかも書かれておらず、
そのあたりの店舗の関係性はイマイチよくわからないですね!(*゚ー゚)

「カレーは飲み物。」ということで、飲み物に近いような
サラサラしたカレーを完全にメインに据えているわけでもなく、
欧風カレーもインドカレーもどちらも扱うお店のようです!

8/7発売 カレーは飲み物。 赤い鶏カレー味ラーメン(内容物)

肉系の具材も入っていますが、野菜がメインという感じですね!
また、後入れの調味油がフタに力強く貼り付けられています!

サンヨー食品のフタののり付けはいつもいやに激しいですからね;

8/7発売 カレーは飲み物。 赤い鶏カレー味ラーメン(できあがり)

おっと、これは一般的なカレーラーメンとは見た目が違いますね!

まずはスープですが・・・おっ、ものすごくサラッとしてますね!(●・ω・)

お店のほうにはもっととろみのついた欧風カレーもあるのですが、
今回はあえて店名の「カレーは飲み物。」からの関連を考えてか、
サラッとしたインドカレー系のほうをベースにしてきています!

「赤い鶏カレー」という南インド風のカレーがモデルとなっており、
トマトベースでやや酸味の強いすっきりとしたカレーとなってます!

でもって、とろみに関する要素はほぼ皆無と言っていいほどですね!
あえてそうした要素を外してきたというような感じもしてきます!

また、インドカレー風ということでスパイス感もそこそこ強く、
夏向けのトマトのさわやかさ、スパイスによるピリッとした刺激、
そして鶏ベースのスープと、コクもありながらすっきりしている、
あえて夏に発売された理由がわかるようなスープとなっています!(=゚ω゚)

また、生姜の風味がやや強めなのも一つの個性になっていますね!

後入れ調味油が入ることで油脂は一応はそこそこ多めなのですが、
植物油脂ベースなので、それほど油脂感は感じさせないですね!

むしろ味が軽くなりすぎないようにする効果を見せています!

逆に一般的なカレーラーメンを求めると少々外れる可能性もあります!

トマトの風味が強いですし、欧風カレーとは明らかに方向が違ううえに、
ガチガチのインドカレーほどスパイス一辺倒の味ではないですからね!

タイプ的には東洋水産の「ラッサムカレー」に近いタイプなのですが、
こちらのほうが全体的に国内向けのソフトな風味という印象ですし!

辛味はそこそこ強めですが、普通の辛さ耐性なら十分いけるでしょう!

スープの原材料は糖類、食塩、香辛料、植物油脂、トマトパウダー、
トマトソースパウダー、たん白加水分解物、豚脂、クリーミングパウダー、
鶏脂、酵母エキス、チキンエキス、パセリ、デキストリン、発酵調味料です!

この並びを見てもスパイスとトマトの2つが主役になってますね!
動物系の要素も入っていますが、あくまでサブという感じです!

麺はちょっと不規則な厚みを持った平打ちの油揚げ麺です!
どうもちょっと手もみ風の麺を使っているように見えますね!(*゚◇゚)

基本的にはヌードル麺にも近い平たいタイプの麺なのですが、
厚みが一定ではなく、ほんの少しだけ不規則性をあるのですね!

それによって食感に変化が出て、主張の強いスープの中でも
麺の食感が楽しめるというちょっとした工夫がついています!

油揚げ麺臭は多少感じますが邪魔になるほどのものではなく、
スープとのバランスという点でも特に弱さは感じないですね!

麺の量は70gで、カロリーは447kcalとなっています!
脂質は18.6gで、けっこう高めの数字になっていますね!

具材はキャベツ、フライドオニオン、鶏・豚そぼろ、粗びき唐辛子です!

粗びき唐辛子に関しては具材というよりはスパイスに近いですが!

キャベツやオニオンが入るあたりがけっこう個性的ですよね!
南インド的な野菜の多いカレーを意識してるのがうかがえます!

玉ねぎは揚げることによって香ばしさと甘みを引き出していて、
これがスープ全体に厚みを持たせるのに上手く貢献しています!

食感も軽くシャリッとしていて、玉ねぎらしさも楽しめますね!
今回の具材の中では最も主役に近い存在と言っていいかもです!(`・ω・´)

そぼろは「鶏カレー」なのになぜ鶏じゃないのか不思議でしたが、
実際のお店では鶏ではなくマトンのミンチを使うみたいですね!

それであえて鶏そぼろではなく、少し違ったものにしたのでしょうね!
また実際のお店もミンチなので、そぼろは再現も意識してるのですね!

本格派のインドのスパイスカレーとはまた違った感がありましたが、
トマトの酸味に強めのスパイス、そして飲み物のようなサラサラ感と、
非常に個性的で夏向きのカレーラーメンに仕上がっていましたね!

トマトカレーということで、多少は人を選ぶ向きもあるかもですが、
そこに抵抗がなければ手に取っても損のない一杯と言えるでしょう!(゚x/)モキンッ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.