麺と心 7 冷製鯵白湯 ~焙煎アジニボStyle~

「麺と心 7」の6月後半の限定を食べに行ってきました!

とはいえ、今回は6月28日から30日までの3日間のみなので、
後半というよりは月末の限定が第2弾扱いになった感じです!

さて、その限定は「鯵白湯」の「冷やし」となりました!

ここ数日ちょっと肌寒い日が戻ってきつつはありますが、
そろそろ冷やしラーメンが合う時期になってきてますね!

麺と心 7 冷製鯵白湯 ~焙煎アジニボStyle~

スープの色だけを見ると前半の「鯵白湯」とほぼ同じですね!

そのスープですが・・・焙煎アジ煮干の存在感が効いてますね!(`・ω・)+

最大のベースとなっている鯵の鮮魚のスープに関しては
前半の「鯵白湯」のときと特に変わらないと思われますが、
アジ煮干が入ることで香ばしい鯵の旨味が加わっています!

節系にも通じる香ばしさと凝縮された旨味が新たに入り、
鮮魚のフレッシュな旨味の中により深みが出ていますね!

スープは冷やしですが、そこまでキンキンに冷えてはなく、
今の時期だとこれぐらいの冷たさがちょうどいいですね!

前半の鯵白湯は大葉によってさわやかさを演出してましたが、
こちらはみつ葉によって香りの良さがプラスされています!

やや多めに入った黒胡椒の鼻に抜ける香りもいいですね!

また、前半の鯵白湯は後半の味変用にレモンが入っていましたが、
こちらは同じ柑橘系でもより清涼感の強いライムとなっています!

レモンよりはライムのほうがフルーティな香りが控えめなので、
香りはそこまで変えずに風味をキリッと引き締めてくれます!

前半から2/3ぐらいまではそのままで鯵の風味を楽しんで、
最後にライムを搾ってさわやかに締めるのがいいですね!

レモンと比べても鯵の主張を少し抑える感じになりますので!(●・ω・)

麺は前半のときよりも細めの中程度の太さの麺となっています!

また、冷やしにしたことでブリブリとした質感が強まっています!
冷やしにするとほぼ必然的にこういった食感になりますからね!

麺を前半より細くしたのも食感の変化を考慮してのものでしょうし!

トッピングはアジのマリネ、味玉、ねぎ、みつ葉、ラディッシュです!

左側にある赤い野菜は一見しただけだと何かわからないですね!
説明を見てラディッシュとわかりましたが、最初は「?」でした!

食感はブリッとしていて、非常にみずみずしい風味が特徴です!
ラディッシュってあまり食べる機会がないだけに斬新でした!

主役であるアジのマリネは下味はそれほど強いものではなく、
臭みを上手く消したお刺身という感じに仕上がっています!

焼アジではなくマリネにしたことでさわやかな印象が強まって、
冷やしらしい清涼感を演出するのに大きな役割を果たしています!

アジの刺身をあまり食べない人でもこれはいけそうですね!

青魚特有のクセのようなものはほぼ感じなかったですし、
脂っこさもなく、広く受け入れられる調整がなされています!

わかりやすい特徴を加えることで食べやすくするのとはまた違い、
自然さを残しながらクセを消していくという手法は面白いですね!

こういった何気ないところにお店の力を感じさせられます!(=゚ω゚)

前半の「鯵白湯」が好きだった人なら確実にいけるでしょうし、
夏を少し先取りしてさっぱりいきたいときにも最適ですね!

提供は明日30日までで、昼夜ともに20食の限定となっています!(゚x/)モキルン

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

コメント

 
大葉がミツバになっていたり、
レモンからライムの変更など、
同じ題材でも緻密に計算されている。

やっぱり、すごいですね。

ラディッシュ…たしかに分かりませんでした(笑)
takaさん、こんばんは!

冷やしになることで清涼感が必然的に高まりますし、
そのあたりも考慮しての薬味などの変更なのでしょうね!

アジも焼きになるとその油も含めた風味が強調されますが、
マリネだとそれが抑えられてさっぱり感が強まりますし、
冷やし向けにいろいろ調整されたのがうかがえますね!(●・ω・)

ラディッシュは最初さっぱりわからなかったですね!

色が赤いからトマトかと思ったら全然違ってますし、
なすやズッキーニの食感ともまた違っていて、
何かと思って見たらラディッシュとのことでした!

でもラディッシュって意外にこういうところにも合いますね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.