4/17発売 銀座 風見監修 酒粕濃厚醤油

4/17発売の明星「銀座 風見監修 酒粕濃厚醤油」を食べました!
酒粕を使ったカップ麺というのはかなり珍しいですね!

酒粕というと、まずは粕汁っぽい風味が思い浮かぶのですが、
そうした路線のスープなのかどうかも気になるところですね!

4/17発売 銀座 風見監修 酒粕濃厚醤油

酒粕と濃厚醤油という組み合わせはなかなか斬新ですね!
このデザインだけでは味のイメージが浮かばないですし!(*゚ー゚)

何となく上品で高級感をあるスープのようには思えますが!

4/17発売 銀座 風見監修 酒粕濃厚醤油(内容物)

具材はやや少なめっぽいですが、クオリティは高そうですね!
ねぎにしても、高級感が感じられるものが使われてますし!

4/17発売 銀座 風見監修 酒粕濃厚醤油(できあがり)

スープが少なく見えるのは、一部を別のお椀に移したからですね!

明星の縦型ノンフライ麺の商品はスープの割合が多いので、
スープを少し取らないと麺が沈んだような絵になりますし!

まずはスープですが・・・あら、基本の部分はかなり正統派ですね!(●・ω・)

後入れ液体スープに鶏油やラードが含まれていることもあり、
食べた瞬間にやってくるのは鶏と豚の持っているコクですね!

そこに醤油のしっかりとした風味を生かしたタレが絡むので、
動物系にそこそこ厚みのある正統派のスープらしさがあります!

また、その醤油ダレも醤油のキレを前面に出すタイプではなく、
醤油の持つコクや風味を生かしたタイプなので丸みがあります!

鶏油やラードだけでなく、ベースの動物系もなかなか厚みがあるので、
あくまで基本は和歌山ラーメンを少し食べやすくして鶏も加えたような、
そこそこまったりとした鶏豚骨醤油ラーメンといった感じなのですよね!

そして食べ進めていくと少しずつ油脂の主張が弱まるとともに、
もう一つの主役である酒粕の風味がだんだん前へと出てきます!(=゚ω゚)

面白いのはスープを飲んだときにまず動物系の風味がやってきて、
その後を追うようにして酒粕のコクと香りがやってくる点ですね!

なので、動物系の風味と酒粕がぶつかるという感じは全くなく、
風味が時間差で来ることでそれぞれの良さが補完し合ってます!

酒粕ってまったり感と抜けのいい香りの両方を持っているので、
コクを厚くすると同時にすっきりとした感覚も加えてくれて、
このあたりが鶏豚骨醤油スープにいいアクセントを加えてますね!

あさりのだしに関してはあくまで旨味の下支えといったところですね!
前面に出てくるのはまずは動物系で、そして酒粕という感じですし!

スープの原材料は豚・鶏エキス、デキストリン、食塩、しょうゆ、
糖類、酒粕粉末、チキンオイル、ラード、粉末油脂、アサリエキス、
香辛料、たん白加水分解物、香味調味料という組み合わせです!

麺は中ぐらいの太さで、断面の丸い密度感の高いノンフライ麺です!

加水率で言うとやや低めですが、パツッと切れる感じではなく、
ギュッと詰めたようなしっかりとしたもっちり感を持ってます!

また、小麦の風味もけっこう強めに感じることができる麺ですね!

明星の縦型ノンフライ麺の王道とも言えるような麺なのですが、
以前と比べるとスープとのなじみなども大幅に改善されていて、
一つのノンフライ麺としての完成度もずいぶん上がってますね!

麺量はやや少なめの65gで、カロリーは352kcalとなっています!
脂質は8.4gで、ノンフライ麺としてはけっこう高めですね!

それだけベースの動物系に厚みがあるのが伝わりますね!(*゚◇゚)

具材は蒸し鶏、ねぎ、チンゲン菜という組み合わせです!

明星の縦型ノンフライ麺系の商品はスープの割合が高いので、
普通に作ると麺も具もものすごく少なく見えてしまうのですが、
スープを一部移したうえで麺とのバランスなどを見てみると、
実はそれほど具材が少ないというわけではないのですよね!

とはいえ、ものすごく充実しているとまでは言えないですが!

量はそこそこながらも蒸し鶏はしっとりとした良質なもので、
ねぎも大ぶりカットのリアル感のあるものとなっています!(`・ω・´)

チンゲン菜はややしっかりとした質感のものとなっていますが、
そのおかげで青菜らしいシャキッとした食感が楽しめますし、
チンゲン菜の持っているほんのりとした苦味も生きています!

酒粕を使っているということで、そこそこ奇抜なのかと思いきや、
基本はあくまでやや油脂が多めの豚骨醤油に鶏を加えたスープで、
そこに酒粕によってほどよくアクセントを加えたものとなっていて、
食べる前のイメージとは裏腹に意外と安心感のある一杯でしたね!

そのあたりが銀座のお店らしいと言えるところなのかもですが!

「食べやすくもコクのある鶏豚骨醤油」といった感じの一杯でした!(゚x/)モキキー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

コメント

 
今までになかった新しい味の製品ですね。
これはなかなかいいカップ麺だと思います。

というかこういう製品こそ実際にお店に行って食べてみたくなる
本来の意味のコラボカップだったと思います。

さすがに酒粕の隠し味はちょっと好みが分かれるかもしれませんが、
バンバンに前に出てこないので比較的大丈夫でしょう。
おとなしめの醤油味とのマッチングもとてもよかったと思います。
カップ麺で酒粕と言えば
カップスター以来? ですよね٩( 'ω' )و

これ、けっこう個人的に気になってるんですけど…
未だに見付からないので、このままスルーです多分(泣)
たういさん、こんにちは!

カップ麺+酒粕、この組み合わせだけでも珍しいですからね!

それゆえにどういう方向性なのだろうと思って食べましたが、
食べてみると意外にも王道の鶏豚骨に酒粕を加えたような感じで、
「酒粕ってちょっとしたアクセントにも使えるのだな」と思いましたね!(●・ω・)

実際のお店だと、酒粕の演出の仕方もまたちょっと違うのでしょうね!

粕汁的な風味だったりするとまた人を選んだりしそうですが、
このバランスだったらかなり幅広く好まれそうな感じですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)
takaさん、こんにちは!

カップスターの酒粕のほうはたしか食べなかったのですよね;
カップスターの新作はどうしてもスルーしがちになりますし(;゚ω゚)

ちなみにこの商品はこちらだとけっこう頻繁に見かけますね!
最近は明星の縦型=見つかりにくいの図式が崩れつつあります!

今週発売の「とり田」に関してもすぐに見つかりましたし!

ちなみに続けて記事にした「真鯛らぁー麺 日より」さんでも、
冬に酒粕を使ったラーメンを作って話題になってたのですよね!

ラーメン+酒粕の組み合わせも意外に広がってくるかもですね!

ではでは、コメントありがとうございました!(゚x/)

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.