11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ

11/6発売の明星「極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ」を食べました!
「極のチャルメラ」というシリーズはおそらく今回が初登場ですね!

11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ

どんぶり型で湯戻し60秒のバリカタ系豚骨ラーメン・・・、
これって「バリカタ」シリーズとどう違うのでしょうね(;゚ω゚)

少し前に「明星 バリカタ 濃厚とんこつ」が出たばっかりですし;

でもって、このデザイン・・・どことなく既視感があるのですよね;

そこで調べてみると、以前にあった「ラーメンの底力」シリーズの
豚骨系のラーメンのデザインをほぼ使い回しているのですよね!

レンゲの色も麺との配置などもまるっきり一緒じゃないですか!笑

新しいブランド(?)を作るにあたって、どういう名前にすれば
最も受け入れられるかを試すために作られた感のする商品ですね;

最近はチャルメラも豚骨向けには得意のノンフライ麺を起用したり、
「豚骨にも強いチャルメラ」をアピールしてるところがあるので、
その延長線上にある商品というふうにも位置付けられそうですが!

ただ、それにしてもこのあまり目立たない「チャルメラ」の文字や
チャルメラおじさんがどこにもいないデザインはどうかと思いますが!(゚◇゚)

11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(内容物)

内容物はかやく、あとのせかやく、粉末スープ、液体スープです!
粉末スープは一応後入れ仕様となっているので少し注意が必要です!

湯戻しが1分ということで、最初からフタは全てはがしています!

11/6発売 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ(できあがり)

うん、なかなかソツなく整えられた豚骨ラーメンという感じですね!

まずはスープですが・・・非常に実直なまろやか系の豚骨ですね!(●・ω・)

例によって豚骨臭は控えめで、食べやすさを重視したスープですが、
無理にまろやかさを演出したようなギミック的な要素がないので、
ノーマルながらも素直に楽しめる豚骨スープにはなっていますね!

おおむね「バリカタ 濃厚とんこつ」とスープの方向性は似てますが、
全体的にこちらのほうが素直で、ほんの少し豚骨感が上かもしれません!

「バリカタ」の最近のスープは無理に丸めている感があるのですが、
それがない分だけこちらのほうが少し好印象になった面がありますね!

とはいえ、あまり特徴のないまろやか系豚骨なのは共通してますが;

そしてここにアクセントとしてマー油が一応は加わっているのですが、
あくまでほんのりとマー油の香ばしさとコクが入るといった感じですね!

見ての通りスープの中にマー油の黒さが目立つような感じはないですし、
言われなければマー油が入ってると気付かない可能性すらあるほどです!

にんにくの強さだけなら、むしろ「バリカタ」シリーズのほうが強いぐらいで、
直線的なにんにく感はなく、全体的に香味野菜の刺激はやわらかいですしね!

スープの原材料は豚・鶏エキス、食塩、香味調味料、香味油、ラード、
しょうゆ、香辛料、デキストリン、糖類、ポークオイル、たん白加水分解物、
植物油脂、酵母エキス、粉末油脂という組み合わせになっています!

香味油=マー油が4番目で、その次がラードとなっているのを見るに、
油脂によるアクセントはほどほどというのが原材料からも見えますね!

それ以外は特にこれと言った特徴を感じさせるものは入ってないですね!

麺はいかにも豚骨向けらしいストレートの低加水ノンフライ麺となってます!

この麺ですが・・・この商品はこちらこそが主役と言えるでしょうね!(`・ω・´)

原材料の構成が同じなので「バリカタ」と同じ麺だと思いますが、
不思議と今回のほうがこれまで以上においしく感じたのですよね!

パツパツとした食感はまさにリアルな豚骨ラーメンの麺そのもので、
なおかつ時間経過による食感の劣化があまり起きなかったのですよね!

もともと「バリカタ」の麺は食感の維持力がけっこう高いのですが、
今回の麺は偶然かもしれませんがそれ以上の力を感じましたね!

中盤ぐらいになってもパツパツとした食感が残っていましたし、
低加水麺らしい小麦の風味などもきちっと感じることができ、
それが最後までかなり維持されていたのはほんと見事でしたね!

もうこの麺が入るだけでおいしいと言わせる力があるのですよね!

中途半端な豚骨ラーメン屋の麺よりは上と言っていいほどですし、
「この麺はもはや反則クラスだな」と改めて感じさせられましたね!

麺の量は70gで、カロリーは383kcalとなっています!
脂質は11.7gで、ほどほどの量といったところですかね!

「バリカタ 濃厚とんこつ」のときより麺量が5g多くなってますね!
ほんの5gではありますが、その分だけ食べごたえは増していました!

具はチャーシュー、キクラゲ、ねぎ、紅生姜、ニラ、ごまです!
このうちニラとごまの2つがあとのせかやくとなっています!

チャーシューはごく普通のカップ麺的なものではありますが、
それ以外の具材は豚骨向きのものを上手く集めていますね!

キクラゲはコリコリとした食感を楽しむことができますし、
紅生姜は少量ながらも風味にいいアクセントをつけますね!

そして特にいい効果を見せてくれていたのがニラですね!(*゚ー゚)

全体的に素直で大人しいタイプの豚骨スープだっただけに、
ニラの香味がほどよいアクセントになってくれてたのですよね!

これをあとのせかやくとしてチョイスしたのが正解だったでしょうね!

スープはごく普通のまろやか系で、マー油の効き具合もほどほど、
決して何か強いインパクトを与えるスープではなかったのですが、
それでも全く不満を感じなかったのは秀逸な麺のおかげでしたね!

もうこの麺のためだけに購入していいと言えるほどのクオリティで、
最初から最後まで麺を楽しむために食べてるような感じでしたね!

これを食べるとやはり豚骨向けの麺は明星がNo.1だと改めて確信しますね!

とにもかくにも麺が旨い、そう思わせてくれる豚骨ラーメンでした!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ
チャルメラSPECIAL 特濃ホタテだしシーフードヌードル
チャルメラどんぶり 辛白湯
チャルメラどんぶり コク旨しょうゆ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/6発売 ペヤング もっともっと 激辛MAXやきそば

11/6発売の「ペヤング もっともっと 激辛MAXやきそば」を食べました!

コンビニ先行発売なのでコンビニでしか購入できないですが、
ファミリーマートのサイトを見ると商品ページが用意されていて、
「ファミリーマート、サークルK、サンクス先行発売」とあるので、
あくまでファミマ系列のコンビニ先行発売と考えて良さそうです!

なので、早く欲しい人はファミマへと足を運びましょう!(`・ω・´)

11/6発売 ペヤング もっともっと 激辛MAXやきそば

いやぁ、あの「ペヤング 激辛」のMAXバージョンが出るとはうれしいですね!
激辛好きとしては「待ってました!」と思えるような商品がやってきました!

「ペヤング 激辛」も辛いのですが普通に楽しめるレベルですし、
「完食がきつい」と思わせるほどのものに期待したいですね!

11/6発売 ペヤング もっともっと 激辛MAXやきそば(内容物)

内容物はかやくと激辛ソースのみというシンプル仕様です!
基本的には「ペヤング 激辛」と袋のデザイン以外は同じですね!

11/6発売 ペヤング もっともっと 激辛MAXやきそば(できあがり)

できあがりのビジュアルは「ペヤング 激辛」とほぼ同じですね!
こちらのほうが特に赤いとかそういったことはありません!

まずはその味ですが・・・あ、間違いなく「激辛」より辛いですね!(●・ω・)

食べた瞬間に舌よりも頭の毛穴の広がりでわかりましたね!笑
一口食べたときに自然と毛穴がいつもより広がりましたので!

毛穴が発汗のための臨戦態勢に入るような感じでしたね!

一方の舌はまず数秒ほどフルーティーな甘さがやってきます!
この風味は「ペヤング 激辛」のときと全く変わりませんね!

そしてその後に刺すような直線的な辛さがガツンと来ます!

この舌に来る辛さの強さも明らかに「激辛」よりは上ですね!
体感的な辛さで言えば2倍にまでは達してない感じがします!

ただ、ファミリーマートのサイトの商品説明には
「従来の激辛やきそばの2倍以上の辛さ」とあるので、
カプサイシンの量は「激辛」の2倍以上あるのでしょうね!

とはいえ、体感的にはそこまで強烈というわけではないので、
「ペヤング 激辛」をそれなりに楽しむことができる人なら、
こちらの商品についても何とか完食まではいけると思います!(=゚ω゚)

味の方向性については「激辛」のときとほぼ同じでしょうね!
味を維持しながら、辛さ成分だけを増やしたような感がします!

自分はもともと激辛好きのはしくれということもあってか、
何口目になってもソースの甘みをしっかり感じることができ、
そこに辛さが襲ってくる、そのコントラストが楽しめましたね!

もういっそこれを基本の「ペヤング 激辛」にしてもいいんじゃないか、
そう思えてしまうぐらいの絶妙のバランスといった感じでしたね!

そしてMAXを名乗るなら、できればこの5倍の辛さは欲しい、
それぐらいの挑戦状を叩きつけてほしくもなりましたね!

今回の商品は間違いなく素晴らしい試みでしたが、
世の激辛好きはまだまだこれでは満足しないと思います!(゚◇゚)

ソースの原材料を従来の「ペヤング 激辛」と比較してみましょう!

[今回の商品]
糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、植物油脂、
りんごピューレ、トマトペースト、ポークエキス、野菜エキス、香辛料、でん粉

[ペヤング 激辛]
糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、ポークエキス、
植物油脂、りんご、香辛料、トマト、野菜エキス、でん粉

りんごやトマトがペースになっているという点が違ってますが、
並びは多少違うものの構成物はおおむね同じと言えますね!

麺についてはいつものペヤングの3分湯戻し麺となっています!

ほどよいスナック感、適度なコシなどもいかにもペヤングで、
やはりペヤングはこの麺があってこそと思わせてくれますね!

特にペヤングらしい甘みが感じられたときは麺との相性が光ります!

麺の量は90gで、カロリーは549kcalとなっています!
脂質は27.4gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材はキャベツと鶏ひき肉(?)という構成となっています!

キャベツは量は多いですが、なぜか一つ一つが非常に細かかったです!
ここまで細かくカットされたキャベツは他ではあまり見ないですね!

細かくして麺と絡みやすくすることによって、
辛さを緩和するという狙いがあったのですかね!

実際にキャベツの辛さ緩和効果はけっこう大きかったですし!(*゚ー゚)

そして鶏ひき肉ですが、ここ最近のクオリティが低いものですね!

端的に言うと大豆粉末と鶏肉をミックスして作ったもので、
「ちょっと鶏風味のする節分豆」みたいな味になってます!

もうこれを食べるときは大豆だと割り切ってしまいましょう!

あの「ペヤング 激辛」の上を出してくれたうれしさもありつつ、
いやいやもっと辛くできるだろうと思ってしまう欲張り感もある、
激辛好きの一人としてはそうした印象を持たされる一杯でしたね!

ただ、カップ麺の激辛系としては間違いなく最高峰に位置しますし、
これが存在するだけでも、挑戦するだけでも価値のある一杯でしょう!

辛い物好きの人もほどほどの人もぜひともこの強烈な味に挑戦してみましょう!(゚x/)モギュギュッ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

綿麺 フライデーナイト Part140 (17/11/10) 豚しゃぶつけ麺

11月第2週の綿麺フライデーナイトへと行ってまいりました!
今年のフライデーナイトも残すところあと2回となりました!

12月はフライデーナイトがないので11月がラストなのですよね!

そのラストから2回目を飾るメニューは「豚しゃぶつけ麺」です!

「豚しゃぶつけ麺」というと、最近は登場頻度が下がったものの、
綿麺における清湯つけ麺の原点であり王道とも言える存在で、
自分が綿麺の清湯つけ麺で最も評価してるメニューでもあります!

しかしこのタイミングで「豚しゃぶつけ麺」が登場するとは、
なかなか高いハードルに挑んできたという気もしますね!(=゚ω゚)

今年の「豚しゃぶつけ麺」の登場はこれが2回目になるのですが、
今年は3月に出たときのバージョンが特に秀逸だったのですよね!

小麦粉に「春よ恋」を採用することで小麦の香りをいつになく立たせ、
具材に炒めの工程で菜の花のクセを抜くとともに香ばしさも加えて、
同時に豚バラを煮込むことでスープに味を出す手法も継承しつつ、
さらに新玉ねぎピクルスの酸味でさっぱりと食べられる工夫もと、
新たに投入したアイデアがどれも大当たりだったのですよね!

これらの要素を眺めてみると、全体的に「春」への意識が強く、
3月というタイミングだからこその限定だったことも見えますね!

・・・とすると、今回は「秋」ならではの試みが多く入るのか、
あるいは実験性を多く取り込んだ3月のバージョンとは違って、
あえて原点に返るようなスタイルの仕上がりになってくるのか、
そのあたりも含めていろいろ考えるのも楽しみになってきますね!

綿麺 フライデーナイト Part140 (17/11/10) 豚しゃぶつけ麺

ということで、今回の「豚しゃぶつけ麺」がやってきました!

今回は3月のときのような炒めの工程などは特に取り入れられず、
おなじみの「豚しゃぶつけ麺」らしい流れとなっていました!

一つ一つの小鍋にスープを移してから野菜を煮込んで風味を出し、
仕上げに豚バラを投入して煮込んで肉の旨さを立てるのですよね!

この「小さな鍋物」を思わせる流れもこのつけ麺の魅力の一つです!

まずはつけ汁ですが・・・うん、これはまさに原点の味ですね!(●・ω・)

ここ数回は「豚しゃぶつけ麺」もいろんな変化を取り入れることが多く、
同じメニュー名であってもその内容には様々な違いが見られましたが、
今回はあえてそうした新たな試みを極力減らしてきた感がありましたね!

ただ、原点を思わせる味だからと言って以前と本当に同じかというと、
おそらく実際はそうではなく、同じであるかのように感じられながら、
その中には年月を重ねることで生まれた多くの進化があるのでしょうね!

なので、「豚しゃぶつけ麺」の原点を感じさせる味でありながらも、
今の綿麺だからこそ出せる「豚しゃぶつけ麺」でもあるのでしょう!

動物系でベースを固めたうえで、野菜と豚バラの旨味をしっかり広げ、
魚介で旨味をブーストして酸味で引き締めるというスタイルですが、
中でもサバ節などの魚介の妙がとりわけ際立っていたのですよね!

魚介の旨味の立て方の上手さはこれまでも綿麺の大きな特徴でしたが、
それもやはり年月を重ねるごとにさらに高まってる感があるのですよね!

雑味が全くなく、非常にクリアでなおかつ味の輪郭がはっきりと伝わる、
この魚介だしの打ち出し方はさすがと思わされるものがありましたね!

さて、今回は珍しく味変用の調味料として七味が置かれていました!
それもあの有名な東京の「やげん堀」の七味だったのですよね!(*゚ー゚)

「やげん堀」というと、七味好きでなくても知っているほど有名ですが、
この七味を見たときにはちょっと変わった驚きも感じたのですよね!

綿麺で七味と言えば前回の「ピリ辛味噌つけ麺」などが連想されますが、
そこで使われているのは基本的に京都の「七味家」の七味なのですよね!

ですが、今回はあえて「七味家」やではなく「やげん堀」を起用してるのですよね!

両者の大きな違いは、東京の七味は唐辛子の辛味にやや重点を置いて、
京都の七味は辛味よりも香りに重点を置いているという点があります!

「やげん堀」の七味は2種類の唐辛子を用いて辛味に厚みを持たせますが、
「七味家」は青しそも加えることで香りにふくよかさを与えるのですよね!

そしてその両者の違いは実際につけ汁に投入するとより際立ちましたね!

「七味家」の七味が使われる辛味噌系のつけ麺は香りが潤沢なのに対し、
今回の七味は多めに投入してもそこまで極端に香りを変化させません!

あくまで七味なのでそこまで強く辛味が立つわけでもないのですが、
それでもピリリとした刺激が強まるのははっきりとわかりましたね!

おそらく「七味家」の七味だと香りが強く変化しすぎるのでしょうね!

逆に「やげん堀」だと刺激が強まりながらも香りの変化は穏やかで、
今回のつけ麺の味変要員としては合っていたということなのでしょう!

そして麺ですが・・・うん、フライデーナイトらしさに満ちた麺ですね!(*゚◇゚)

艶やかさと表面のつるりとした質感、噛んだときの自然な小麦の甘さ、
そしてむちっとした押し返しなど、フライデーナイトの麺が持っている
様々な特性がどれも非常に高いレベルで感じ取ることができましたね!

とりわけ今回はいつも以上にのどごしの良さを感じさせられましたね!
表面の質感がよりなめらかになるような工夫もあったのかもですね!

フライデーナイトというと、この麺と清湯系つけ汁が基本中の基本なので、
つけ汁との相性という点でもあるべき形を見せてくれるような感じでしたね!

どのようなつけ汁と合わせてもハマるオールマイティな麺ではありますが、
このつけ汁と合わせたときがやっぱり基本なのだなと思わせてくれますね!

綿麺 フライデーナイト Part140 (17/11/10) 豚しゃぶつけ麺(つけ汁のアップ)

さて、つけ汁には主役である豚バラに加え、白菜、しめじなどが入っています!
この具材の組み合わせを見ると、やはり秋~冬が明確に意識されてますね!

この「豚しゃぶつけ麺」はたくさん入った野菜も大きな魅力なので、
そこで季節の旬の素材を取り入れやすいという特徴もあるのですよね!

ほんのりと甘くシャキッとした白菜に秋らしさをより高めるしめじ、
そして脂身が溶けるように甘い豚バラ肉がどっさり入っています!

ほんとこの豚バラは非常に質が良く、バラ肉特有のクセが全くなく、
脂身の嫌味が皆無でただただ脂の旨さを伝えてくれるのですよね!(`・ω・´)

間違いなくこの豚バラがあるからこそのメニューでもありますね!
この豚バラを食べるだけでも価値があると言えてしまうほどですし!

以前はここに油揚げが加わるということがけっこうありましたが、
今回はもうこれ以上入らないぐらいに他の具材がぎっしりでしたね!

また、今回は白菜の葉の部分は事前に軽く熱を通していたのですかね!

鍋に投入する際にかさが大きくなりすぎてしまわないようにするためか、
水分を抜くための何らかの事前の下処理をしていたように見えました!

1年を通して様々な新しい試みに挑戦してきたフライデーナイトでしたが、
今年最後の限定を前にぐるっと巡ってくる中でさらに大きくなったうえで
再び原点へと返ってきたような、そんな印象を抱かせる一杯でしたね!

今年最後の限定に何が来るのか、楽しみに2週間後を迎えたいと思います!(゚x/)モキキュキュッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2016年12月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

11/6発売 日清焼そば U.F.O. チーズカレー

11/6発売の「日清焼そば U.F.O. チーズカレー」を食べました!

UFOの「チーズカレー」って過去にもあったような気がしましたが、
「U.F.O. BIG」のほうで同じくチーズカレーが出ていましたね!

ただ、ノーマルサイズ版ではおそらく過去には出てないと思います!

11/6発売 日清焼そば U.F.O. チーズカレー

粉チーズを最後にトッピングするのはBIG版のときと同じですね!
チーズはパルメザン、エメンタール、ゴーダの3種だそうです!

エメンタールは穴あきタイプのチーズとしても知られてますね!(*゚ー゚)

11/6発売 日清焼そば U.F.O. チーズカレー(内容物)

内容物は液体ソースと粉チーズという構成になっています!
粉チーズの袋が大きいことが期待を抱かせてくれますね!

11/6発売 日清焼そば U.F.O. チーズカレー(できあがり)

やや黒めのカレーソースに真っ白なチーズの色が映えますね!

この写真では粉チーズ全体の半分ぐらいしかかけてないので、
実際にはこれよりももっと多くの粉チーズが入っています!

まずはベースの味ですが・・・欧風ビーフカレー風ですね!(●・ω・)

コクの深い欧風ビーフカレーにソースを加えたような風味で、
一般的なスパイス感を立てたカレー焼そばとは少し違います!

チーズでまろやかさを加えることもあってかスパイス感は抑えめで、
コクを感じさせるタイプのカレーソースに仕上がってるのが特徴です!

UFOはこれまでに何度かカレー焼そばを発売してきていますが、
その中でもこのチーズカレーの路線だけは特殊と言えますね!

いつものカレー焼そばはもう少しスパイス感も強めですからね!

でもって、このソースの路線はBIG版のときとおおむね同じですね!

スパイス感を中和するような感じでチーズを使うのではなくて、
あらかじめチーズと噛み合いやすいカレーにしてるのでしょう!

そこでチーズのある部分を食べてみると・・・うん、よく合ってますね!(*゚◇゚)

チーズのない部分を食べてもしっかりしたコクが味わえ、
そこにチーズが重なるとまろやかさが強まると同時に
粉チーズ特有の風味がふわっと立ってきてくれますね!

チーズに関しては全体とまぜてしまってもいいですが、
あえてまぜずに食べたほうがより特徴は立ちますね!

今回のソースはチーズとの相性では申し分がないですし、
部分的に多めにかけて食べるというのもアリですね!

ソースとチーズの原材料は植物油脂、チーズパウダー、
ソース、糖類、牛脂、野菜調味油、フルーツペースト、
還元水あめ、食塩、ビーフエキス、香辛料、カレー粉、
オニオンパウダー、酵母エキスという構成になってます!

以前に出たBIG版の原材料もついでに記載してみます!

植物油脂、チーズパウダー、ソース、糖類、牛脂、
フルーツペースト、還元水あめ、ビーフエキス、
香辛料、食塩、カレー粉、オニオンパウダーなど

並びは変わっているものの構成はかなり似ていますね!

動物系の要素が牛系だけである点や最初が植物油脂で、
フルーツペーストが入るあたりなどが共通してますしね!

麺はいつものUFOらしいストレートの油揚げ麺です!

ほんとこのUFOの麺はいつもながらよくできていますね!(`・ω・´)

ストレート麺ということですすり心地が非常にいいですし、
なおかつもちっとした食感などもリアリティが高いですし、
一つの油揚げ麺としてスキのない仕上がりと言えますね!

それゆえ素朴なカップ麺らしさという魅力はあまりないですが、
いかにカップ麺が進化してるかを伝える麺と言えるでしょうね!

もちろん今回のカレーソースとの相性も全く文句はないですね!

麺の量は100gで、カロリーは563kcalとなっています!
脂質は24.6gで、ちょっと高めの数字になっていますね!

具材はキャベツと人参という組み合わせになっています!

キャベツはごく普通ですが、人参は食感がなかなかいいですね!
食べるたびにコリコリとした食感がアクセントになってくれます!

具材は野菜が2種類のみとお世辞にもにぎやかではないですが、
チーズも具材の一つと考えるとむしろ充実してると言えますね!(=゚ω゚)

基本的には「UFO BIG チーズカレー」の通常サイズ版と言えますが、
それゆえに粉チーズの麺に対する比率がより上がってくれていて、
チーズ感を楽しむという点ではさらにレベルが上がっていましたね!

もしかすると今後は年に1回ぐらいのペースで定期的に出るかもですね!

欧風カレーらしさとチーズの旨味をしっかりと楽しめる一杯でした!(゚x/)モキリッ

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/6発売 でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン

11/6発売の東洋水産からの新作
「でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」
を食べました!

この時期になると発売される「コーン塩バター」系の商品ですね!

11/6発売 でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン

昨年も「でかまる コーン塩バター味ラーメン」が出てましたね!
そのときは今回と違って「じゃがバター」の要素はなかったですが!

全く同じだったらスルーするという手もあったのですが、
具に変化がついてるので今年も購入することにしました!(`・ω・´)ゝ

11/6発売 でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、バター風キューブとなっています!
かやくの袋はコーンのみで、じゃがいもはカップに入ってます!

昨年の商品とはかやくの袋などの構成が大きく変わってますね!

昨年はカップにコーンが入り、かやくの袋はにんじんとねぎと、
今年とはかやくがどこに入ってるかの構成が全然違ってますしね!

11/6発売 でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン(できあがり)

全体的なボリューム感はさすがに昨年よりも下がってますね!
それだけ皮付きポテトにコストをかけたからなのでしょうが!

まずはスープですが・・・うん、昨年とおおむね同じ方向ですね!(●・ω・)

クリームシチューを作る際のルウを投入する直前のスープに
塩や胡椒などを入れて味を調えたようなスープなのですよね!

あるいはクリームシチューからミルキーな要素を取り除いて、
そこに少しだけバターを投入して調えた感じとも言えますね!

なので、最も主役として感じられるのは溶け込んだ野菜の旨味、
ほどほどの動物系のコクに隠し味としての魚介という感じで、
いかにも冬に合うような素朴さのある塩系野菜スープと言えます!

この印象はほんと昨年と同じで、昨年の記事を読み返してみると、
ほんと今年のバージョンを食べたときに感じたことと同じでしたね!

やや洋風ではあるものの、ミルク感などは強調していないですし、
洋風指向ながらも素朴さが残る範囲で上手くとどめた感じですね!

それによって誰からも好まれるような味わいにまとめられています!(*゚ー゚)

胡椒によるアクセントなどはいかにも洋風らしい感もありましたが!

一方でバターについては、バター風キューブが入りはするものの、
あくまでほんのりとバター風味が広がるという程度になってます!

これについてはもう少しぐらい強くてもと思わなくもないですが、
あえて少し足りないぐらいにとどめてるところもあるでしょうね!

スープの原材料は油脂加工品、ポークエキス、食塩、豚脂、香辛料、
粉末野菜、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物、魚介エキスです!

最初に書かれてる油脂加工品がバター風キューブにあたるのでしょうね!

昨年のバージョンと原材料をちょっと比較してみましょう!

[昨年の原材料]
油脂加工品、ポークエキス、食塩、豚脂、粉末野菜、香辛料、
チキンエキス、魚介エキス、砂糖、発酵調味料、バター加工品など

バター加工品が最後に入っていたのが抜けたのを除けば、
順番がちょっと入れ替わったぐらいにとどまってますね!

一応は原材料としてはポークがメインにはなっていますが、
いわゆる豚骨ラーメン的な風味はほとんど感じさせません!

麺は厚みがけっこう抑えめの平打ちの油揚げ麺となっています!

こうした中太ぐらいの太さの麺は「でかまる」の大きな特徴ですが、
他の「でかまる」よりはやや厚みが抑えられているのが印象的です!

おそらくはスープがそれほど強く主張するタイプではないので、
麺の主張を少し軽めにしようという狙いがあるのでしょうね!(=゚ω゚)

あまり麺が太いとスープに対して麺が勝ちそうな感もありましたので!

麺の質感は「でかまる」らしくなめらかで軽くプリッとしていて、
強いコシはないものの、スープとよくなじむ感じになってましたね!

麺の量は90gで、カロリーは539kcalとなっています!
脂質は25.8gで、けっこう高めの数字となっていますね!

食べている感じだとそこまで高いようには思わないのですが!

具材は皮付きポテト、コーン、ごま、ねぎとなっています!

まずは皮付きポテトですが、主役なだけあって存在感は抜群です!

ホクホクとした食感、皮つきならではの香ばしさであるなど、
皮付きポテトとしての旨さがしっかりと感じられますね!(*゚◇゚)

冬らしいスープに冬らしい具材という組み合わせもいいですね!

もう一つの主役であるコーンはさすがに昨年よりは減っています!

昨年はとにかくコーンを大量に盛ってくるという感じでしたが、
今年は主役をポテトに譲った分だけ存在感は下がってますね!

それでもその甘みや食感などは全体の中でも目立ってましたし、
コーンを楽しむラーメンとしてのポイントは押さえられてましたね!

ねぎは昨年は普通のかやくでしたが、今年は粉末スープと一体化してます!

そのため細切れになり、自然と麺に絡む形で主張してくるような、
今年はそういう位置付けの具材へと変化してきていましたね!

ごまは昨年と同様で、優しいスープの中でプチプチと食感を立たせ、
風味と食感にアクセントをつけるという役割を担ってくれてました!

何かわかりやすいインパクトのあるラーメンではないのですが、
シチュー的な野菜の旨味が生きたスープに皮付きポテトの香ばしさ、
とにかく安心してほっこりと食べられる一杯という感じでしたね!

ちょっと肌寒い日に温まりたいときなどにピッタリな一杯でした!(゚x/)モキユンッ

【関連記事】
でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
でかまる 辛担々ワンタン麺
でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン
でかまる BLACK 黒胡椒焼そば
でかまる 沖縄そば
でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン
でかまる 辛肉担担麺
でかまる メチャ盛り! コーン塩バター味ラーメン
でかまる 尾道ラーメン 背脂醤油
でかまる 白だし醤油ワンタン麺
でかまる 長崎チャンポン
でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン
でかまる 濃厚豚しおワンタン麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/6発売 一平ちゃん 夜店の焼そば オーロラソース

11/6発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば オーロラソース」を食べました!

オーロラソースはマヨネーズとケチャップをまぜた調味料のことですね!
別の定義もあるようですが、ここではそのソースのことを指しています!

11/6発売 一平ちゃん 夜店の焼そば オーロラソース

マヨネーズというと「一平ちゃん」では定番になっていますし、
ケチャップもナポリタン味を想像すればイメージできますし、
今回は比較的オーソドックスな路線と考えてよさそうですね!(*゚ー゚)

11/6発売 一平ちゃん 夜店の焼そば オーロラソース(内容物)

内容物は3袋構成で液体ソース、ふりかけ、オーロラソースです!
マヨネーズのかわりにオーロラソースが入る形となっています!

また、ふりかけの袋についてはいつもよりいくぶん小さいですね!

でもって、麺が明らかにいつもより太いのが目を引きますね!
ただし、湯戻し時間に関してはいつもと同じ3分となってます!

11/6発売 一平ちゃん 夜店の焼そば オーロラソース(できあがり)

今回は液体ソースの粘度が高いので、ちょっとまぜにくいですね!
なので、湯切りをちょっと軽めにしたほうがいいかもですね!

まずはベースの味ですが・・・素直なトマトソースの風味ですね!(●・ω・)

ナポリタンのようなケチャップ味なのかと思いきやそうではなく、
ケチャップのような甘さはけっこう控えめとなっていますね!

ただ「甘さを控えめにしたナポリタン味」とは言える感じですが!

軽めにガーリックを効かせたトマトソースの風味となっていて、
一応はソースだけでもおおむね成立したような味にはなってます!

トマトの濃度はけっこう高めで、スナック的なトマト感ではなく、
家でトマトソースをベースに作ったナポリタンを連想させますね!

そうしたトマトの本格感は液体ソースの濃度からも伝わりますし、
このあたりはけっこう力を入れてきたのだろうなぁと思いますね!

ここにオーロラソースをまぜると・・・少しわかりやすい味になりますね!(`・ω・´)

ベースのソースだけだと、ほんとに素直なトマトソース風味なので、
オーロラソースによってマヨのまろやかさとケチャップの甘さが入ると、
その分だけわかりやすい味の要素が大きくなって食べやすくはなります!

ただ、味のバランスとしてはベースのソースのほうが強く出てるので、
「オーロラソース味」というほど、オーロラソースが主役ではないです!

あくまでトマトソース味にオーロラソースで変化をつけたという感じです!

完全にオーロラソース味にするなら、ベースのソースのほうにも
ケチャップやマヨの味をいくぶん含ませる手があったと思いますが、
今回はそこそこ本格派のトマトソース風味にすることに狙いがあり、
オーロラソースはどことなく後付けだったような気もしてきましたね!

ソースの原材料はトマトケチャップ、トマトペースト、オーロラソース、糖類、
ラード、香辛料、牛脂、食塩、香味油、たん白加水分解物、マヨネーズです!

オーロラソースとは別にマヨネーズが書かれているのが少々謎ですが!

原材料を見るととにかくトマト系がメインとなっていますね!

一応はトマトケチャップが先頭に書かれてはいるのですが、
それと同等ぐらいに甘みのないトマトペーストも入ってるので、
トータルとしてはそこまで甘い仕上がりではないのですよね!

他の原材料については牛脂にちょっとした意外性はあるものの、
ほぼトマトだけで味を構成したように見えてくる内容ですね!

麺はいつもとは違った中太ぐらいの太さの油揚げ麺となっています!

普段の麺は細めで軽いプリプリ感を感じさせるのが特徴ですが、
こちらは太めになった分だけもっちりとした食感がありますね!

「一平ちゃん」で太麺というと「たこ焼味」の麺がありましたが、
あちらの麺は4分湯戻しで、こちらはごく普通に3分となってるので、
「たこ焼味」の麺を多少細くしたというイメージに近いですかね!(=゚ω゚)

麺の量は90gで、カロリーは492kcalとなっています!
脂質は20.3gで、おおむね標準的な数字と言えそうですね!

具材はキャベツのみで、ふりかけはパセリと香辛料となってます!

キャベツについてはこれと言って特筆すべきものはないですが、
ふりかけのパセリはトマトソースを上手く引き立ててましたね!(*゚◇゚)

また、今回はいつもに比べるとふりかけの量が少なめでしたね!

というのも、普段はソース+ふりかけ+マヨの3つによって、
全体の味を決めるというような構成になっていたわけですが、
今回はソースの比重が高く、そこにオーロラソースが入ることで
全体の味がほぼ決まるので、ふりかけは少量であくまで付加的に
普通のふりかけらしい役割を果たしているという感じでしたからね!

食べる前はケチャップの甘さとマヨのまろやかさがとにかく前面に出た、
まったりとした味わいを想像してましたが、それよりはもっと本格派で、
オーロラソース以上にトマトソースの存在感を立てた一杯でしたね!

麺を太めにしたのも、そうしたソースと合わせるためだったのでしょう!

甘さ控えめのナポリタンが好きな人にはピタッと合う一杯だと思います!(゚x/)モキュウー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/6発売 わかめ油そば

11/6発売のエースコック「わかめ油そば」を食べました!
「わかめラーメン」シリーズから新しく出た油そばですね!

このところ「わかめラーメン」シリーズの新作がよく出ますね!
うどんにそぼ、さらに油そばとどんどんシリーズが拡大してます!(*゚ー゚)

11/6発売 わかめ油そば

油そばと言えばこってり、一方のわかめはさっぱり路線と、
タイプの違うものが組み合わさったときにどんな味になるのか、
どのようなバランスに組み立てられるのかが気になりますね!

11/6発売 わかめ油そば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、スパイスとなっています!
このあたりは「わかめラーメン」の内容物とも近いですね!

11/6発売 わかめ油そば(できあがり)

うん、わかめシリーズらしく大量のわかめが入っていますね!

ところでこの油そばを作っているときに既視感というか、
過去に似た商品があったような気がしてきたのですよね;

まずはその味ですが・・・あ、これって「わかめMAX」ですよね!(●・ω・)

この商品を極めて端的に言ってしまうなら、あのペヤングの
「わかめMAXやきそば」のエースコック版と言った感じです!

やや植物油脂を効かせた魚介風味の効いた醤油ダレを絡めて、
わかめを麺に絡めつつ食べる点なども完全に一緒ですからね!

ただ、細かいところまで目をやるといろいろバランスは違います!

まずこちらは油そばということで、油脂の主張は少し強いです!

それでも一般の油そばに比べればいくぶんあっさりしていますが、
たしかにごま油によって風味にアクセントがつけられていますね!

また、「わかめMAX」と比べるとベースの魚介の風味が強くて、
「優しい和風油そば」としての個性はより明確になってます!

和風系の魚介だし以外にオイスターソースも入ってるようですしね!(*゚◇゚)

なので、ひたすらわかめ一本で押した「わかめMAX」と比べると、
より総合力を意識した醤油系油そばへと仕上がっていますね!

タレの原材料を「わかめMAX」と比較して見てみましょう!

[今回の商品]
植物油脂、しょうゆ、発酵調味料、食塩、動物油脂、たん白加水分解物、
魚介エキス、果糖ブドウ糖液糖、ガーリックペースト

[わかめMAX]
しょうゆ、植物油脂、糖類、メンマパウダー、香辛料、食塩など

今回の商品のほうが油脂が多めで、ガーリックペーストが入るなど、
油そばらしさをいくぶんなりとも意識しているのが伝わりますね!

麺はけっこう太めで縮れのついたノンフライ麺となっています!

「わかめMAX」との最大の違いはこの麺と言ってもいいかもです!
「わかめMAX」はいつものペヤングの油揚げ麺でしたからね!

今回の「わかめ油そば」はノンフライ麺を起用してきましたからね!

エースコックは多加水感の強い太麺に関しては非常に強いので、
今回の麺もしっかりとしたもっちり感を感じさせてくれますね!

なので、「麺を食べる商品」としてはこちらが数段上と言えます!(=゚ω゚)

単にわかめを楽しむだけの商品にしていないのはさすがですね!

麺の量は80gで、カロリーは358kcalとなっています!
脂質は7.9gで、けっこう少なめの数字になってますね!

具材は主役のわかめ、メンマ、ふりかけのごま&白胡椒となってます!

主役のわかめについては質・量ともに文句のない内容ですね!

わかめシリーズはわかめの量にばかり注目が集まりますが、
一枚一枚が厚く、食べ応えがあるのも特徴なのですよね!

そうしたわかめシリーズの強さが伝わるわかめでした!(`・ω・´)

一方のメンマは細かくてそれほど存在感はなかったですね;

ふりかけのごまは少ないながらも欠かせない存在でしたね!
白ごまが入ることでわかめシリーズらしさが増しますからね!

白胡椒は全体のタレとまざるとやや埋没しまってましたね!

大きな方向性は「わかめMAX」とそれほど違わないものの、
油そばらしさを演出するための工夫が凝らされていたり、
何よりノンフライ太麺の旨さが楽しめるのが良かったです!

油そばらしいジャンク感をちょっぴり持っていながらも、
さっぱり食べられるわかめシリーズの良さが出てましたね!

わかめたっぷりの醤油味のまぜそばといった一杯でした!(゚x/)モキュリン

【関連記事】
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

長浜らーめん ごん太 チャーシューメン

ひさしぶりに羽曳野の「長浜らーめん ごん太」に行ってきました!
ひさびさにあの純粋で濃厚な豚骨を食べたくなったのですよね!

前回訪問が2014年だったのを見るに約3年ぶりになるのですね!

当時はお店の休業が長く続いたりすることもあったのですが、
今回の訪問でも店主さんは元気にお店を切り盛りされてました!

ただ、数週間ほど前に臨時休業で一度撃沈してしまってますが!(゚◇゚)

こちらのお店のメニューは基本的にラーメンは一択なのですよね!
チャーシューメンや大盛は選べますが、スープはあくまで同じです!

これまではつい欲張って大盛ばかりを注文してしまって、
後半にちょっと重たくなるというパターンだったので、
今回は麺は普通の量でチャーシューメンにしてみました!

長浜らーめん ごん太 チャーシューメン

ほんとこちらのお店もビジュアルは全く変わらないですね!

ほんの少し泡立った全く奇をてらうことのない豚骨スープに
中央にねぎをやや高めに盛るスタイルが完全に定着してます!

そして小ぶりで薄めのチャーシューがたくさん乗るのですよね!

まずはスープですが・・・うん、やはりこのお店は間違いないですね!(●・ω・)

こちらは長浜ラーメンのお店ではありますがさっぱり系ではなく、
豚骨のコクの強さ、濃度の高さ、どちらをとってもスキがないです!

とにかく豚骨らしい旨さ、豚骨の個性を感じられる豚骨ラーメン、
そうしたものを求めるのであればまず外さない一杯と言えますね!

最近流行りのクセがなく丸みを帯びた豚骨スープとは違って、
豚骨臭やその個性がかなりはっきりと出ているのですよね!

それゆえに豚骨が苦手な人には間違いなく向かないのですが、
「豚骨の旨さを味わってる」という感覚では実に見事ですね!

でもって、見ての通り表面にはあまり油脂は見えませんが、
きちっと乳化されてスープが油脂を抱き込んでるのですよね!

なので、ラードでわかりやすく豚の風味を立てるタイプではなく、
深い部分から豚のまったりとしたコクが上がってくるのですよね!(=゚ω゚)

そうしたしっかりとした豚骨の風味と濃度のあるスープですが、
無鉄砲的なゴリゴリとした濃厚系豚骨とは明らかに違ってます!

一般的な豚骨ラーメン、長浜ラーメンのスタイルの延長線上にあり、
その中で豚骨の旨味や特性を強く引き出したスープと言えますね!

無鉄砲などのスープは紛れもない豚骨のスープではあるのですが、
一般的な豚骨スープのイメージからはちょっと離れてますからね!

その点、こちらは濃度がしっかりありつつも間口が広いのですよね!

こちらは現代的というよりはやや古風な雰囲気のお店なのですが、
そうした時代の流れなんて全く関係なく厚く支持され続けている、
力のあるお店ならではというあたりがしっかりと伝わってきますね!

トッピングはチャーシューと青ねぎのみというシンプルな構成です!

ただし、卓上に高菜や紅生姜、ごまなどが用意されてるので、
それらを利用してもっとにぎやかな内容にすることもできます!

でも自分は何も入れずにストレートに最後まで食べたくなりますが!

チャーシューは1枚あたりは小さく、薄めにスライスされていて、
そのチャーシューを大量に入れるというスタイルになってます!

これがこのラーメンの非常に大きなポイントとも言えるもので、
このチャーシューで麺を巻いて食べると抜群に合うのですよね!(`・ω・´)

でもって、ラーメンのお供にご飯を食べる人にも向いています!
このチャーシューでご飯を巻いて食べれば確実に合いますからね!

サイズが小さめなことで麺を食べる合間にも食べやすいですし、
こうしたチャーシューってもっと広がってもいい気がしますね!

麺を巻いて食べやすいというだけでも大きなメリットですし!

そして青ねぎはちょくちょく麺と絡めるといいアクセントになります!

濃度の高いスープなので、アクセントがときどき欲しくなりますし、
そういう点では青ねぎが多めに入っているのはありがたいですね!

長浜らーめん ごん太 チャーシューメン(麺のアップ)

麺はいかにも長浜ラーメンらしい細ストレート麺となっています!

こちらのお店は一般的なテボではなく平ザルを使ってるのですよね!

そうすることで茹でムラや表面に傷がつくのを防いでいるのですが、
その茹であげの際の動きがなかなか鮮やかなのも見ものなのですよね!(*゚ー゚)

食感はもちろん長浜向けの麺らしいパツッとした低加水のもので、
豚骨ラーメンとしてはこれしかないと言える麺となっています!

この点の純粋な豚骨ラーメンとして楽しめる大きな点ですね!

とにもかくにも豚骨の旨さをストレートに出したスープが見事で、
いつ行っても間違いない豚骨ラーメンが食べられるお店でしたね!

大阪の河内地域で純粋で深い豚骨ラーメンを食べるのを望むなら、
こちらのお店は間違いなくオススメできると言っていいでしょう!

豚骨の旨味、コク、個性、それらが全て凝縮された絶妙な一杯でした!(゚x/)モキユー

[メニュー]
長浜らーめん ごん太 メニュー

お店の住所と地図 大阪府羽曳野市西浦1丁目2-17

【関連記事】
長浜らーめん ごん太 チャーシューメン
長浜らーめん ごん太(2014年)
長浜らーめん ごん太(2013年)
長浜らーめん ごん太

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

8/28発売 四季物語 秋 徳島系豚骨醤油らーめん

8/28発売の東洋水産「四季物語 秋 徳島系豚骨醤油らーめん」を食べました!

今年の「四季物語」は各地域の季節を感じられる風景を
モチーフにしたご当地ラーメンを展開していますが、
秋はその中で京都と徳島という2つの地域が選ばれました!

京都の秋はわかりますが、徳島というのは意外性がありましたね!

日本三大秘境に数えられる祖谷渓(いやだに)の紅葉が
非常に美しいということで、こうして選ばれたようです!

ただ、実際には徳島ラーメンを作ることが先に決まって、
その後でどの風景にするかを選んだような気もしますが!

しかし京都も徳島も秋はどちらも紅葉ということなのですね;
秋の風景というと、どうしてもそうならざるをえないのかもですが!

8/28発売 四季物語 秋 徳島系豚骨醤油らーめん

デザインは秋らしいですが、ラーメンはごく普通のご当地系です!(゚◇゚)

徳島ラーメンにはこれといって秋というイメージはないですしね!
今回も普通にご当地ラーメンとして楽しめれば十分かなと思います!

8/28発売 四季物語 秋 徳島系豚骨醤油らーめん(内容物)

卵が意外でしたが、徳島ラーメンに入る生卵をイメージしてるのですかね!
カップ麺の卵具材と生卵では全く路線が違うものという印象がありますが!

8/28発売 四季物語 秋 徳島系豚骨醤油らーめん(できあがり)

ほんのりととろみのついた豚骨醤油ラーメンといった感じですね!

まずはスープですが・・・おっと、これは想像以上に分厚いですね!(●・ω・)

何と言っても印象に残るのはその明確な豚骨臭の強さですね!
ここまで豚骨の特徴を引き出してくるとは思いませんでした!

たしかに徳島ラーメンは豚骨がベースとなってはいますが、
そこまで強烈に豚骨臭を打ち出すというイメージでないだけに、
カップ版でここまで攻めた内容になっていたのは意外でした!

どっしりとして香り豊かな豚骨をベースに少し甘めの醤油ダレ、
徳島ラーメンをベースにしつつコクを一段階強めたような
そうした骨のある仕上がりになっているのが何より印象的です!

ただし、それゆえにスープが溶けにくい点に注意は必要です!
溶け残りが発生すると一気にライトなスープになりますしね!

とにかくスープの溶け残りが出ないようにしっかりまぜましょう!

徳島ラーメンらしさという点では多少迷う点もありはしますが、
一つの豚骨醤油ラーメンとして見ればかなり優秀と言えますね!

ほんのりとついたとろみについてもギミック的な感じは弱く、
濃度が高いことで自然とついたとろみという感がありますし!(=゚ω゚)

醤油ダレについては豚骨スープよりは存在感がやや後ろにあり、
主役はタレよりも豚骨のほうであることが伝わってきますね!

スープの原材料はポークエキス、醤油、砂糖、食塩、乳糖、発酵調味料、
野菜エキス、植物油、たん白加水分解物、香辛料、香味油脂となってます!

動物系の要素がポークエキスのみになっているのが目を引きますね!
鶏系の要素はもちろん、豚脂すらここには入っていないですからね!

東洋水産は特定の素材の個性を引き出すのが非常に上手いですが、
その実力が如何なく発揮されたのが今回の一杯と言えるでしょう!

しかも豚脂頼りではないので、どっしりとした重さに偏らず、
濃厚ではありながらも骨の旨さがしっかりと出てますからね!

麺は中ぐらいの太さのオーソドックスな油揚げ麺となってます!
スープに比べると、麺は特にこだわっている感じはしないです!(*゚ー゚)

ただ、それゆえにスープとぶつからないのは好印象でしたね!

それほどスナック的でもなく、油揚げ麺臭もさほど強くはない、
スープが強いので力関係としては圧倒的にスープが優位ですが、
今回はそれでちょうどいいと思わせてくれるスープでしたしね!

麺の量は55gで、カロリーは316kcalとなっています!
脂質は12.4gで、まぁ標準的といったところですかね!

具材は味付豚肉、たまご、ねぎという組み合わせになってます!

味付豚肉は東洋水産が得意とするリアル系の肉具材ですね!(`・ω・´)

今回も赤身メインで、食感・風味ともに申し分のない内容です!
ただ、ちょっと量が少なめかなと思わせる面もありましたが!

卵はいかにもカップ麺的な具材ですが、そこそこふわふわ系で、
全体の彩りや風味を高めるという点では効果的ではありますね!

おそらくは徳島ラーメンの生卵を意識したのだと思いますが、
さすがにこの具材ではその再現になってるとは言い難いですね!

もともとそれほど期待せずに食べた商品ではあったのですが、
意外にも本格派で骨っぽい豚骨スープには驚かされましたね!

なので、「四季物語」や徳島ラーメンであることは横に置いて、
一つの豚骨醤油系のカップ麺としてかなり優秀だと思いました!

どっしり感のある豚骨醤油系が好きな人には十分オススメできますね!(゚x/)モキルンッ

【関連記事】
四季物語 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン

10/30発売のエースコックからの新作
「全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン」
を食べました!

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン

全国のラーメン店を紹介するというシリーズなのですが、
第2弾から第4弾は全て同じお店で1年おきの発売だったり、
第2弾から前回まではずっと北海道だったりもしましたが、
今回ついに北海道から抜け出して福岡まで飛んだようです!(゚◇゚)

これでやっとネタ的なブランドから抜け出した感じですね!

今回は福岡のお店らしく豚骨ラーメンとなっています!

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン(内容物)

ねぎがずいぶんと多めに入っているのが目を引きますね!
後入れペーストはおそらくは辛ダレになってるのでしょう!

10/30発売 全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン(できあがり)

ねぎが多めの辛ダレ豚骨ラーメンといった感じですね!

まずはスープですが・・・うん、実にオーソドックスですね!(●・ω・)

ベースの豚骨スープはクセのないまろやか系なのですが、
かといって濃度が弱いシャバシャバな感じは特になく、
まろやか系としての下支えは十分なレベルがありますね!

食べる側が特に豚骨臭や強い濃度を求めていなければ、
案外上手くまとまってるスープとして楽しめそうです!

ハードルを上げてしまうと不満も感じてしまいますが、
普通に食べればソツのない仕上がりと言えるのですよね!

豚骨の下支えがそこまで弱いということは全くないですし、
表層を覆う植物油脂やラードも上手く機能してますしね!

そんなオーソドックスにまとめられたスープなのですが、
前半はポイントである辛ダレの存在感がより前に出ます!

豆板醤的な風味、そして軽く抜けるさわやかな香りなど、
辛ダレが主役で豚骨が下支えという印象すら抱くほどです!

あらかじめ辛ダレの存在を見込んで組まれたスープというか、
辛ダレとのバランスを最重要視した一杯と言えそうですね!(=゚ω゚)

そして食べ進めるうちに徐々に辛ダレの存在感が下がって、
ベースとなっている豚骨スープの個性が出てくる感じです!

個性と言ってもそれほどとがった特徴は持っていないので、
ソツなく欠点がないように組まれたスープという感じですが、
不思議と最後まで飲みたくなるぐらいの力はありましたね!

スープと辛ダレの原材料は豚エキス、植物油脂、動物油脂、
食塩、豆板醤、香辛料、みそ、たん白加水分解物、酵母エキス、
ポークコラーゲン、オニオンパウダー、全卵粉となっています!

麺は2分戻しのストレート感のある油揚げ麺となっています!

今回の商品の最大の特徴はこちらの麺にあるとも言えそうです!(`・ω・´)

麺の湯戻し時間は2分なので、まず細めの部類に入りますね!
そして何より特徴的なのはそのザラザラとした表面です!

豚骨向けの低加水麺は表面がザラついていることが多いので、
それをあえて特徴をとしてアピールしてきた麺なのですよね!

ただ、油揚げ麺の場合は豚骨向けの硬麺を作ってきても、
食感がサクサクするのでリアリティに欠けるのですよね!

そこであえて表面は低加水、噛むとプリッと勢い良く弾ける、
それを両立することで豚骨向けの麺らしさを演出しています!

豚骨向けのパツッという食感とはちょっと違ってるのですが、
この麺なりにリアル感を狙ったということは伝わってきますね!

この弾力はヤマイモパウダーや卵白粉も影響してそうですが、
そのあたりの調整次第でもっとリアル感が出そうに思いますね!

それでも今回の表面のザラツキに関してはかなり好印象でした!
これまで豚骨ラーメン向けの麺でそこを狙ったものはなかったですし!

麺の量は70gで、カロリーは426kcalとなっています!
脂質は21.2gで、やや高めといった数字でしょうかね!

トッピングはチャーシューと青ねぎというシンプルな仕様です!
青ねぎは見映えのためにいったん取り出して後入れしました!

こうして見ると青ねぎの量がかなり多いのが伝わりますね!

今回の具材の主役は間違いなく青ねぎと言っていいでしょう!

豚骨ラーメンはもともと多めの青ねぎと相性がいいですが、
今回はオーソドックスなスープに辛ダレでアクセントという、
アクセントを全体としたスープに組み立てられていただけに
青ねぎも全体の中で非常にいい活躍をしてくれていましたね!

一方のチャーシューはごく普通のものではありますが、
肉らしい具材が入るだけでも存在感は出てましたね!(*゚ー゚)

オーソドックスな豚骨スープに辛ダレの風味や香りが生き、
豚骨を意識したザラつきの麺を合わせるという試みなど、
ベーシックな要素と実験的な要素をどちらも楽しめるという、
何だか不思議な印象も抱かせるカップ麺でもありましたね!

ベーシックだけど安心して食べられる豚骨ラーメンが食べたい、
そういうときに最もピタッとハマるラーメンと言えるでしょうね!(゚x/)モギーン

【関連記事】
全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン
全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.