2/24発売 札幌スープカリー専門店 奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン

2/24発売のサンヨー食品
「札幌スープカリー専門店 奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン」
を食べました!

スープカレーだけど海老だしというのがなんだか不思議な感じですね!

2/24発売 札幌スープカリー専門店 奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン

商品名からもわかるように札幌のスープカレーの専門店である
「奥芝商店」というお店が監修したスープカレーラーメンです!

「奥芝商店」でカレーラーメンを提供してるわけではないようです!
あくまでこちらのお店のスープカレーをラーメン化した商品ですね!(*゚ー゚)

実際に海老だしを使ったスープカレーが特徴となっているようです!

カップ麺で札幌スープカレーが題材にされることはほとんどないのですが、
実は以前に今回と同じサンヨー食品が「和ラー」で採用しているのですよね!

なので、サンヨー食品はスープカレーとの結びつきが少々強いのですね!

2/24発売 札幌スープカリー専門店 奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン(内容物)

◎内容物 - 仕上げの小袋(調味油)つき


内容物はフタに貼り付けられた仕上げの小袋(調味油)です!
この調味油はかなりオレンジ色の強い海老油となっています!

おそらくは豚脂と植物油脂に海老の風味を強くつけたものでしょう!

2/24発売 札幌スープカリー専門店 奥芝商店監修 海老だしスープカレー味ラーメン(できあがり)

具材はさみしいですが、海老油のオレンジが光っていますね!

◎スープ - スープカレーの風味と海老油がせめぎ合う


まずはスープですが・・・まさにスープカレー+海老油ですね!(●・ω・)

やっぱりスープカレーは一般的なカレーとはまた一味違いますね!

いわゆるスパイス+小麦粉的なねっとりとしたカレー感とは違い、
すっきりとしつつも鮮烈なスパイス、風味の強いベースのスープ、
とりわけトマトの酸味と玉ねぎなどの香味がよく効いていますね!

なので、ベースの野菜のスープの風味がまず主役としてあって、
それをスパイスが支えて1つのスープとして完成してる感じです!

一般的なカレーはこれに比べてもっと小麦粉やカレー粉感が強いので、
明らかにそのバランスに関しては全く違ったものとなっています!

「スープカレーはスープの一種」というイメージが近いと言えますね!

そしてここで大きなアクセントになるのが海老の風味ですね!(=゚ω゚)

ベースのスープのほうにも海老の風味がそこそこついていますが、
やはり何と言ってもかなり大量に入った海老油の主張が強いです!

この海老油はかなり思い切って海老の風味をアピールしてきますね!

でもって量が多く、動物油脂の割合もけっこう高いこともあって、
どっしり感もあり、同時に海老の旨味を強く主張する感じです!

なので、スープカレー感と海老油の主張が等価ぐらいのバランスです!

もともとこちらのお店が海老だしのスープカレーということなので、
おそらくは再現度という点ではなかなか上手くできてるのでしょう!

一方で主役が2つあるので、ちょっと焦点がぼやける面もありますが!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、香辛料、豚脂、砂糖、植物油脂、クリーミングパウダー、
香味油、トマトパウダー、たん白加水分解物、えびエキス、酵母エキス、
昆布粉末、デキストリン、発酵調味料という構成になっています!

やはり油脂がかなり強めにアピールされているのがわかります!
トマトの酸味、そして昆布が隠し味的に入ってるのもポイントですね!

◎麺 - それほどこだわりのない普通の油揚げ麺


麺はサンヨー食品の縦型らしい、あまりこだわりのない油揚げ麺です!
サンヨー食品はほんともう少し縦型の麺にこだわってほしいですね;

中細の麺はおおむねこうしたごくごく普通なタイプの油揚げ麺ですし、
太麺だと今度は食感がごわごわで目立ちすぎるタイプの麺だったり、
なんだか極端で質感や食感へのこだわりが明らかに弱いのですよね;

まぁ今回は卵が入っていることもあって一定のプリ感はありますが、
そこを考慮してもやっぱり「平凡な麺」という印象は強いですね!(*゚◇゚)

麺が改良されれば、それだけで全体の印象も上がると思うのですが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは426kcalとなっています!
脂質は21.2gで、やはりけっこう多めの量となってますね!

◎具材 - 海老風味大豆たん白団子は悪くはないけど


具材はキャベツと海老風味大豆たん白加工品となっています!

サンヨー食品の縦型って、具もしょぼいことが多いのですよね!
なので、スープ以外に見どころがないパターンがよくあります;

キャベツはごく普通で、量も少なく存在感はやはり乏しいですね;

海老団子は大豆たん白に海老の風味をつけたものとなっています!(`・ω・´)

これは食感という点ではけっこう海老っぽさがあったりします!
海老の皮などを上手く練り込んだような感触があるのですよね!

ただしやっぱり風味についてはベースが大豆たん白であることで、
「海老の風味はするけど全体に軽い」という印象は否めませんね;

やはりかまぼこベースの海老団子のほうがいいようには思いますね!

キャベツと疑似肉系具材・・・やっぱりどうかとは思いますよね;

◎まとめ - 方向性は面白いけどサンヨー食品の弱さはある


スープカレーの個性と海老油などはなかなか面白かったのですが、
麺が平凡で具が貧弱など、やはり弱点は見え隠れするのですよね;

なんというかサンヨー食品はほとんどスープだけの一点勝負で、
かといってそこまで飛び抜けているわけでもなかったりするので、
麺と具材が足を引っ張って総合力が低く見えてしまうのですよね;

このあたりはそろそろ改善してくれてもいいのではないかと思います!

それでもスープカレーらしさと海老油のパンチは良かったですね!(゚x/)モギソーン
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/2発売 マルちゃん 汁なしカレーそば

3/2発売の東洋水産「マルちゃん 汁なしカレーそば」を食べました!
今回東洋水産から発売された汁なし和風麺2商品のうちの1つです!

3/2発売 マルちゃん 汁なしカレーそば

このところマルちゃんは汁なし和風麺の展開に積極的ですね!
でもって、和そばを汁なしアレンジしているのが新しいです!

うどんの汁なしはそこそこありますが、和そばは少ないですからね!
どうしても和そば特有の強い風味はアレンジが難しいのでしょうね!(=゚ω゚)

自分は普段はマルちゃんの和風麺はそれほど買わないのですが、
汁なし好きなので、汁なし系だとつい手が伸びてしまいますね!

3/2発売 マルちゃん 汁なしカレーそば(内容物)

◎内容物 - 味付けは粉末スープのみ


内容物はかやくと粉末スープという組み合わせになってます!
汁なし+粉末系ですが、麺ほぐし調味油などはありませんね!

3/2発売 マルちゃん 汁なしカレーそば(できあがり)

この商品は湯切りをかなり甘めにしておくのが大事なポイントです!

というのも、味付けが粉末のみで麺をほぐす調味油もないので、
どうしても粉末ソースを全体に行き渡らせるのが大変なのですね!

◎タレ - 東洋水産らしいカレー風味を和風だしでまとめた味


まずはその味ですが・・・いかにも東洋水産らしいスパイス感ですね!(●・ω・)

東洋水産のオーソドックスなカレー味って特徴があるのですよね!
平たく言うと「黒い豚カレー」と興津するタイプのスパイス感です!

スパイスの切れ味が立つようなスパイスの組み立てではないですが、
なぜか不思議と安心できるバランス感が東洋水産にはありますね!

それゆえに驚きのあるタイプのカレー風味とはなっていません!
良くも悪くも「あぁ東洋水産らしいなぁ」と思わせるカレー味です!

ただしベースのだし感などは「黒い豚カレー」とは異なっています!(*゚◇゚)

「黒い豚カレー」はネーミングのとおり豚だしを使ってますが、
今回の商品はベースの旨味はおおむね和風だしなのですよね!

なので、「黒い豚カレー」のスパイス感+和風だし感という感じです!
そのためトータルの印象としても「黒い豚カレー」より優しいですね!

ただそれゆえに全体がちょっと軽すぎるような印象もありますね!
とにかくカレー風味でここまですっきりしてるのは珍しいです!

このあたりは麺ほぐし香味油がないことも影響していますね!

◎タレの原材料


タレの原材料は砂糖、香辛料、しょうゆ、デキストリン、食塩、野菜エキス、
魚介エキス、たん白加水分解物、こんぶエキス、発酵調味料となってます!

だし要素は野菜・魚介・昆布と優しいものでそろえられていますね!

汁なし商品って、全体的にワイルド寄りになることが多いですが、
そんな中でこれだけシンプルに和風寄りなのは珍しいと言えます!

◎麺 - 幅広で少し食べごたえのある和そば


麺は湯戻し4分で少し幅広に仕上げられた油揚げ麺の和そばです!

これは湯戻し時間を見てもわかりますが、汁あり向けの麺とは違います!

汁あり向けの麺はもう少し細く、つるつるといける感じなのですが、
汁なし向けということで麺を太くして少しワイルド感を出してます!

また和そばということで、もっちり感やプリ感はそれほどなくて、
ぽそぽそっとした、やや歯切れのいいタイプのものとなってます!

まぁ端的に「カップ和そばらしい食感」と言ってもいいのですが!(*゚ー゚)

汁なし+和そばって、なかなか組み立てが難しいとは思いますが、
和そばであるがゆえの違和感のようなものは特になかったですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は69gで、カロリーは360kcalとなっています!
脂質は15.1gで、やはり脂質の数字はけっこう低いですね!

麺量は汁なし商品としてはどうしても少なくなってますね!
こうした汁あり系と共通の容器を使う場合はそうなりますね!

◎具材 - 和風麺としてのポイントを押さえた構成


具材は油揚げ、かまぼこ、ねぎという組み合わせです!
かまぼこだけはかやくの袋ではなく、カップに入ってます!

この具材構成は汁あり商品としても通用する内容ですね!
なので、あえて汁なし向けにアレンジしてる感じはないです!

ねぎはそこそこリアル系で、1つの具材として十分楽しめます!
またカレー系の和そば商品ってねぎと相性がいいですからね!

「カレー南蛮」というジャンルがあるぐらいですからね!

かまぼこについては、カップ和風麺でよく使われるものですね!
特に変わったところはなく、安心して食べられる具材ですね!

そして油揚げは、味付けの揚げをカットしたものとなってます!(`・ω・´)

簡単に言えば「赤いきつね」の揚げをカットしたものですね!
なので、噛むとじゅわっとしたジューシーな甘みが楽しめます!

量も多めに入っていますし、その点でも充実度は高いですね!

◎まとめ - オーソドックスすぎるがゆえに少し単調かも


いかにも東洋水産らしいスパイス感にわかりやすい和風だし、
良くも悪くもオーソドックスなカレーそばの汁なし版でしたね!

和そばを合わせることを考えるとたしかに理解はできるのですが、
普通すぎるがゆえの単調さを感じるのも否めないところでした!

やっぱりせめて調味油ぐらいはあっても良かった気はしますね!

「ごく普通なカレーそば」の汁なし版と思って食べましょう!(゚x/)モッキューヌ

【関連記事】
マルちゃん 汁なしカレーそば
マルちゃん 汁なしラー油肉そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン(2019年)
マルちゃん 山椒が香る塩そば
マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば
マルちゃん 赤いたぬき天うどん 西
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/24発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 大辛味噌ラーメン

2/24発売の日清「札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 大辛味噌ラーメン」を食べました!
イオン系列のみで定期的に発売される「白樺山荘」の再現カップ麺ですね!

2/24発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 大辛味噌ラーメン

「白樺山荘」は札幌味噌ラーメンのお店としてよく知られていますね!

カップ麺としてもノーマルな味のバージョンがどんぶり型ノンフライとして、
そして今回のようなちょっと変わったバージョンが縦型として発売されます!

縦型バージョンは2017年発売の「辛口」をブログで紹介していますね!

そして今回は「大辛」ですが、この「大辛」は昨年も登場したようですね!
ただ昨年とは栄養成分が変わってるので、全く同じではないようです!(=゚ω゚)

もし昨年見つけていたらおそらく昨年紹介したと思うのですが、
自分はミニストップを含むイオン系列のお店に行く機会が少なく、
ウェルシアに流れてきたときに買うだけなので偶然頼みなのですよね!

2/24発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 大辛味噌ラーメン

◎内容物 - 後入れの調味油付き


内容物はフタに貼り付けられた後入れの調味油となっています!
「大辛」ということで、このオイルで辛味をつけるスタイルですね!

2/24発売 札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 大辛味噌ラーメン(できあがり)

ほぉ、これだけ多くの豚ミンチが入っているというのはすごいですね!

◎スープ - ややスナック的だがパワフルな札幌味噌風味


まずはスープですが・・・札幌味噌らしさと辛さが融合してますね!(●・ω・)

どうしても油揚げ麺系の商品なのでスナック感はけっこう強いですが、
札幌味噌ラーメンの持つラードの分厚さ、そしてベースの豚骨の厚み、
そして強めのガーリックなどの個性ははっきりと感じられますね!

どんぶり型ノンフライ版もそうでしたが、「白樺山荘」って、
他の札幌味噌系よりもワイルドさがとりわけ強いのですよね!

その中でもガーリックのアクセントの強さはかなりのものですからね!
ただどんぶり型に比べると、こちらはいくぶん優しい感じはしますが!

またラードの強さも油揚げ麺商品的な主張の仕方ではあるのですよね!

というのも、日清はもともとコクを豚脂で演出することが多いので、
この商品に関してもおおむねその延長線上の仕上がりになってます!

そしてポイントの辛味ですが・・・まあまあという感じですかね!(*゚◇゚)

「大辛」とはなってますが、そこまで強烈に辛くはないですね!
自分としてはこれで「辛口」ぐらいの表現が似合うという感じですね!

「蒙古タンメン中本」の標準バージョンレベルの辛さのように感じます!
少なくも「北極ラーメン」などと比べられる辛さにはなってないですね!

なので、そこそこの辛さ耐性があれば十分普通に食べられるでしょう!

味噌ダレに関しては札幌系らしく丸みを帯びた中庸系の風味ですね!
特に鋭い感じはなく、また味噌をゴリゴリに主張する感じでもないです!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、粉末みそ、香辛料、糖類、ポーク調味料、
でん粉、小麦粉、乳等を主要原料とする食品、食塩、植物油脂、
クリーミングパウダー、酵母エキス、オイスターソースです!

豚脂が軸になっているのが、この商品の特徴の1つでもありますね!
そして隠し味としてのオイスターソースもポイントになってますね!

またクリーム系素材のまろやかさもたしかに感じさせますね!

◎麺 - ややヌードル麺的なスナック感のある油揚げ麺


麺はノードル麺風のスナックな質感を持った平打ちの油揚げ麺です!

日清はこうした店カップでは「有名店シリーズ」で使っていた
歯切れのいい油揚げ麺臭の弱い高級な麺をよく起用するのですが、
この麺はそうした高級路線を意識した麺とは大きく違ってますね!

どちらかと言えば「カップヌードルの麺のパワーアップ版」に近く、
カップヌードルの麺の厚みを増して食感を強化したような感じです!

なので、スナック感などはカップヌードルなどに近いと言えますね!(*゚ー゚)

これについては前回食べた「辛口」のときも同じような感想なので、
このシリーズは高級路線の麺は使わないという方針なのでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの80gで、カロリーは532kcalとなっています!
脂質は24.6gで、けっこう多めの数字となっていますね!

◎具材 - たっぷり入った謎肉が効果的


具材は豚ミンチ(謎肉)、メンマ、きくらげ、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥ねぎで、メンマもずいぶんと小さいです!

過去商品ではメンマはかなり大ぶりのものが使われていたのですが、
今回は具材のコスト調整の関係で小さいものにしたのかもですね!

きくらげはホール系のもので、ややふんわりとした食感ですね!

そして主役となっているのはたっぷりと入っている豚ミンチです!(`・ω・´)

おそらくはカップヌードルの謎肉とほぼ同じような感じでしたね!
ジューシーで肉の旨みがあり、それでいて重くならない味わいです!

今回はこの肉具材を前回に比べて45%増やしたみたいなのですよね!
それによって見ての通り肉具材の充実度はかなり増していますね!

◎まとめ - 気軽に楽しめるワイルド系辛口味噌ラーメン


麺がスナック的な油揚げ麺なので、本格派とは少々異なるのですが、
「カップ麺らしい札幌味噌系」としては十分に楽しめるものですね!

辛さもそこまで強くはないですが「辛口」とは呼べるレベルですし、
あまり期待しすぎなければ楽しめるだけの内容はあると思います!

ほどよくワイルドでほどよく辛口と呼べる札幌味噌ラーメンでした!(゚x/)モリリン

【関連記事】
札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 大辛味噌ラーメン
札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘 辛口味噌ラーメン
札幌 味噌ラーメンの名店 白樺山荘

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/9発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムファイヤーラーメン

3/9発売のエースコック「スーパーカップ1.5倍 ブタキムファイヤーラーメン」を食べました!
エースコックの「ブタキム」シリーズから限定の「ファイヤー」が登場しました!

3/9発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムファイヤーラーメン

最初にこれを見たときは何かのギャグ商品なのかなと思いましたね!
純然たる新作というより、なんだか企画ものっぽく感じたのですよね!

「キングダム」というコミックのキャラが大きく描かれていて、
商品名もなんだかコミカルで、実は商品の中身はいつもと同じで、
パッケージと名前だけ違うのかとかいろいろ考えてしまいました!

ただ実際はそんなことはなく、これは純然たる新作となります!

「辛さ炎上」とあるように、「ブタキム」の辛口バージョンですね!(=゚ω゚)

辛口のブタキムは過去にも「ブタキムRED」が2回出ていますね!
この「ブタキムRED」はなかなか辛かったので、今回も期待は持てそうです!

かといって、激辛路線にまで振ってきてることはないでしょうが!

3/9発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムファイヤーラーメン(内容物)

◎内容物 - 構成はいつもの「ブタキム」と同じ


内容物はかやく、粉末スープ、ブタキムオイルとなってます!

そういえば最近の「ブタキム」の新作は和風麺や汁なしばかりで、
こうしたラーメン版ブタキムから新商品が出るのは珍しいですね!

3/9発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムファイヤーラーメン(できあがり)

うん、ブタキムオイルならではの赤さがしっかり光ってますね!

◎スープ - 「ブタキム」の良さを継承しつつ辛口に


まずはスープですが・・・うん、しっかりと辛口の「ブタキム」ですね!(●・ω・)

先にも述べたように辛口ブタキムは過去にも「RED」がありましたが、
「RED」のときと比べても全体のバランスが向上した印象があります!

というのも、初代「RED」はブタキムオイルに辛さを頼っていて、
オイルだけが異様に辛くてバランスに少し難があったのですよね!

これが2代目になるとそこが少し緩和され、ベースにも辛さを持たせて、
オイルだけで辛さを立てるというあたりが改善されていたのですよね!

そして今回はそのバランス感がさらにいい方向に向いた感がありますね!(*゚◇゚)

たしかにブタキムオイルは従来品に比べれば辛口になっていますが、
過剰な辛さではなく、バランス感のある辛口に仕上がっています!

そのかわりベースのスープの辛さをグッと高めてきていますね!
この双方向からの辛さ演出によってバランスいい辛さとなってます!

そしてトータルとしてもしっかりと辛口になっていますね!
辛いものが苦手な人は避けたほうがいい辛さは持ってます!

全体の組み立てについてはいつもの「ブタキム」と変わりません!

ライトながらもきちんとした豚骨スープがベースを支えていて、
ガーリックなどの香味野菜でアクセントを出した豚骨醤油です!

もちろんそこにポイントであるキムチの風味も加わっています!

なので、味については「ブタキム」好きなら満足いくものですし、
もう定番の味なので安心して食べられると言っていいでしょう!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、ポークエキス、植物油脂、動物油脂、唐辛子、乳化油脂、
砂糖、粉末しょうゆ、ガーリックパウダー、香味油、でん粉、魚介エキス、
ポークコラーゲン、ジンジャーパウダー、酵母エキス、白胡椒、キムチパウダーです!

豚骨系、醤油、ガーリック、キムチなどが入ってるのがわかりますね!

◎麺 - ややがっしりとした質感の中太麺


麺はけっこうしっかりとした食感の中太の油揚げ麺となってます!

スーパーカップって「MAX」の登場時にカドメンを廃止しましたが、
その後もカドメン的な食感はある程度意識してはいるのですよね!

ただ麺の形状についてはカドメンと違って丸みを帯びましたね!(*゚ー゚)

そのかわり食感については一定程度カドメンのがっしり感を継承し、
規定の待ち時間だとちょっと硬めに仕上がる感じとなっています!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の90gで、カロリーは480kcalとなっています!
脂質は18.5gで、従来の「ブタキム」よりも高いですね!

基本の「ブタキム」は脂質15.7gで473kcalとなっています!

それでも特に油脂感が強いということは感じなかったですね!
このあたりは油脂の風味のバランスを上手く取ったのでしょう!

◎具材 - 豚肉がチップ上だが他はいつもと同じ


具材は豚肉チップ、白菜キムチ、ねぎ、輪切り唐辛子となってます!

ねぎは普通の乾燥具材ですが、量も多くしっかり活躍してます!
この「ブタキム」って、ねぎの香味との相性もいいですからね!

そして輪切り唐辛子もアクセントとして大いに役立っていますね!

エースコックって輪切り唐辛子を起用するのが上手いですからね!
この輪切り唐辛子だからこそ出せる個性ってありますからね!

白菜キムチはしっかり味わいがあって、量もそこそこ多いですね!
やはりこの「ブタキム」にはこのキムチ具材は欠かせないですね!(`・ω・´)

そして肉具材はいつもの「ブタキム」のリアル系豚肉ではなく、
やや干し肉っぽさもある、チャーシューチップとなっています!

本来は「ブタキム」はやはりリアル系の豚肉がいいのですが、
今回は辛味のコストなどを肉具材で少し調整したのでしょうね!

◎まとめ - 「ブタキム」の良さが崩れていないのがいい


通常商品の辛口バージョンって、辛さを強めにすることによって、
本来持っていた良さが崩れてしまうということもあったりしますが、
今回はそのあたりのバランスが上手く練られていたのが良かったです!

辛口のブタキムを求めるなら安心して手を出せる商品ですね!(゚x/)モッキ

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/2発売 スーパーカップMAX 大盛り 太麺辛だれ油そば

3/2発売のエースコック「スーパーカップMAX 大盛り 太麺辛だれ油そば」を食べました!
「スーパーカップMAX」シリーズから新たに「油そば」が登場しました!

3/2発売 スーパーカップMAX 大盛り 太麺辛だれ油そば

「スーパーカップ」の「油そば」は以前から発売されていたのですが、
今回はそれが「スーパーカップMAX」として登場したみたいですね!(*゚◇゚)

従来の「スーパーカップ 油そば」が登場したのは2017年2月ですね!

「スーパーカップMAX」が登場したのが2018年の9月になるわけですが、
それから「油そば」の立ち位置がどうだったか記憶にないのですよね;

一時的に消えていて、それが今回「MAX」として再び登場したのか、
あるいは今回の商品は事実上のリニューアルなのかわからないです;

ただ長いスパンとして見れば、「MAXへのリニューアル」と言えますね!

3/2発売 スーパーカップMAX 大盛り 太麺辛だれ油そば(内容物)

◎内容物 - 例によって「100種類の素材のふりかけ」つき


内容物は液体だれとMAXふりかけという組み合わせになっています!

そして今回もMAXふりかけの袋の裏には原材料が全て書いています!
その一番左を縦に読むと「エースコックMAX気合入ってます」となります!

この縦に読むことができる工夫はこのシリーズではいつも採用されてますね!

3/2発売 スーパーカップMAX 大盛り 太麺辛だれ油そば(できあがり)

普通の具材が入っておらずふりかけのみなのはこのシリーズらしいですね!

◎タレ - ラー油のピリ辛感と酸味が効いた醤油ダレ


まずはその味ですが・・・醤油がやや強めの王道のタレと言えますね!(●・ω・)

「油そば」らしく油脂が多めで、醤油のキリッとした風味も強いです!
醤油をやや前面に立てるのはエースコックらしい特徴とも言えますね!

それゆえエースコックの油そばは醤油の鋭さが勝ちすぎることもありますが、
今回に関しては醤油が主張しながらもそこまできつい感じはしないですね!

ただあと1割ぐらい醤油の主張を弱めてもいいかなとは感じましたが!

そして油脂はけっこう多めですが、そこまで重たいことはないですね!
ラードメインではありながら、ラー油などの植物系も強いですので!

そのラー油の持っているピリ辛感はちょっとしたアクセントになってます!
これが今回の油そばの1つのポイントと言ってもいいかもしれません!

「ちょっとピリ辛で醤油が強めの王道油そば」といった感じですね!

そしてもう1つの特徴となっているのがお酢の酸味がやや強い点です!
この油そばがそれほど重くなってないのはこのお酢の効果も大きいです!

またガーリックも入ってますが、こちらの主張もほどほどという感じです!
「油そば」としての個性を立てるのに必要最低限なレベルといったところです!

そして主役の1つでもあるふりかけですが、効果は少し悩むところもありますね!(=゚ω゚)

ちょっと胡椒などのピリッとした風味、そして魚介系の旨味もありますが、
じゃあ完全に「魚介系油そば」と言えるほどの主張かというとそうでもなく、
それぞれの要素がほんのりと加わってきているというぐらいなのですよね!

そしてこれが「汁なし系スーパーカップMAX」の弱点でもありますね!

「汁なし系スーパーカップMAX」はこの「100種のふりかけ」がポイントですが、
100種類もの素材を入れると、当然ながらその方向性はぼやけるのですよね;

もしこれが揚げ玉・ねぎ・魚介粉末・胡椒ぐらいにきちっと絞られていれば、
このふりかけがもたらす効果についてももっと明確になったと思うのですが、
「MAXふりかけ」にしたことでどうにも曖昧になってしまっているのですね!

最初に「MAX焼そば」が出たときは100種類という驚きもありましたが、
もうそれも慣れてきましたし、実効的な効果が少々弱いとなると、
この方針が果たしていいのかどうかもちょっと問題にはなりますね!

◎タレの原材料


タレの原材料はしょうゆ、動物油脂、植物油脂、ポークエキス、
発酵調味料、砂糖、醸造酢、食塩、香辛料となっています!

まぁ原材料に関してはいかにも王道といった感じがしますね!

2017年に出た「スーパーカップ油そば」と比較してみましょう!

[2017年版の油そばの原材料]


しょうゆ、動物油脂、植物油脂、豚エキス、醸造酢、
発酵調味料、砂糖、食塩、香辛料、オイスターソース

こうして見るとオイスターソースの有無以外はかなり近いですね!
なので、やはりこれまでの「油そば」の延長線上の商品と言えますね!

◎麺 - 油そば向けのやや力強さを感じる麺


麺は「油そば」向けらしい太めでしっかりとした食感の油揚げ麺です!

ただ食感についてはもっちりともがっしりというわけでもなく、
太麺ではありながらも中間的なラインの質感となっていますね!(`・ω・´)

エースコックの太麺はがっしり路線に傾くことが多かったですが、
この「油そば」に関しては以前からそこまで強い食感ではなく、
けっこうバランス重視で、それが今回も受け継がれていますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは717kcalとなっています!
脂質は31.4gで、大盛油そばとしては実はそこまで高くないですね!

ただし2017年版と比べると脂質が+2.6gで、カロリーは+16kcalです!

◎具材 - 普通のかやくはなくふりかけのみ


具材は100種類の素材が入った「MAXふりかけ」のみとなってます!

この「MAXふりかけ」は具材的なものとスパイス的なもののミックスで、
そのため具材と呼ぶか、タレの一部と考えるか多少迷うのですよね!

今回の具材らしい存在は揚げ玉とねぎの2つと言えるでしょうね!

その中で最も具材らしい具材と呼べるのはは揚げ玉でしょう!(*゚ー゚)

胡椒風味のスパイスが入ることで、ちょっとピリッとしています!
ただサイズは小さいので、サクサク感とかはそこまで楽しめないですが!

ねぎについてはかなり細かく、薬味としての主張はあまりないです!
なので、これはタレの一部に近い存在と言ってもいいかもですね!

カップ側面の原材料表示では揚げ玉、香辛料、カツオブシ、ねぎ、唐辛子、
魚介パウダー、チキン調味料、果物パウダー、野菜パウダー、魚介風味調味料、
乳等を主要原料とする食品、香味調味料というふうに書かれています!

ただもっと細かい内容がふりかけの袋の裏に書かれていますからね!

◎まとめ - バランスは悪くないが「MAX汁なし」系の弱点も感じる一杯


それなりにまとまっていた従来の「スーパーカップ油そば」の流れにあり、
そうしたこともあってトータルバランスは決して悪くはないのですよね!

味としては安心して食べられる大盛系油そばということができますし!

一方で「MAXふりかけ」によって個性が少々曖昧になっていますし、
そこにコストがかかりすぎているのが足を引っ張ってはいますね!

これなら2017年版のように、普通に具材にねぎやキャベツなどを加え、
ごく普通の仕上がりにしたほうが総合力は高かったように感じますね!

この「MAX100の素材路線」もちょっと考えるべきなのかなと思いました!(゚x/)モキシン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/2発売 THE中華 揚げねぎの風味を利かせたワンタン麺

3/2発売のエースコック「THE中華 揚げねぎの風味を利かせたワンタン麺」を食べました!
エースコックの高級中華そばシリーズ「THE中華」から第2弾商品が出ました!

3/2発売 THE中華 揚げねぎの風味を利かせたワンタン麺

この「THE中華」は第1弾が出たときから自分は高く評価してたのですよね!
カップ麺Award」でも昨年全体の18位として選出していますからね!

しかしながら、第1弾が昨年4月1日だったので約1年ぶりの新作になります!
それでも第1弾だけが登場して休眠状態にならなかっただけ良かったです!

エースコックはすぐに休眠ブランドを作るくせがありますからね!(*゚ー゚)

エースコックの「THE○○」と言えば「THE和」シリーズが有名ですが、
「THE和」と同様に「THE中華」もかなり麺に力を入れたシリーズです!

ただ「THE和」が和そばというせまいジャンルがターゲットなのに対し、
こちらはラーメンで油揚げ麺なので少々インパクトは弱いのですよね!

良質な縦型油揚げ麺は他社からもいろいろ発売されていますからね!
しかしながらエースコックとしてはかなり上位の麺なのはたしかです!

ある意味では東洋水産の「謹製」に近い立ち位置にあたると言えますね!

3/2発売 THE中華 揚げねぎの風味を利かせたワンタン麺(内容物)

◎内容物 - エースコックとしては珍しくフタ貼り付け方式


内容物は液体スープで、フタに貼り付けられています!

エースコックの縦型は小袋をカップの中に入れる傾向がありますが、
1袋だけだったらできれば今回みたいにフタに貼ってほしいですね!

カップの中に入れる方式だと、どうしても袋が汚れてしまいますからね;

3/2発売 THE中華 揚げねぎの風味を利かせたワンタン麺(できあがり)

うん、やっぱりワンタンが入るとそれだけで豪華に見えてきますね!

◎スープ - 古風な味わいを最先端の技術でハイクオリティに表現


まずはスープですが・・・懐かしい味わいながらきちんと作り込まれてますね!(●・ω・)

味の方向性を一言で言うなら「ややレトロな中華そば」の路線なのですが、
そうした懐かしさだけに終わらせない仕上がりである点がいいですね!

こうした懐かしい系の中華そばはメンマや香味野菜の風味で押し切って、
そこに軽めの動物系スープを合わせるといったものが多いのですが、
こちらはレトロ系ではありながらもそこまでシンプルではないですね!

また懐かしいタイプの中華そばはしばしば物足りなさも感じさせますが、
このスープに関してはレトロ路線にありがちなそうした弱さがないです!

「懐かしさがありながらもまとめ方は先進的」な一杯と言えますね!
今のエースコックの技術を集めて作り上げた懐かしい路線となってます!

そういう意味では「ネオレトロスタイル」みたいに言えるかもしれません!

そして同時に中華料理を思わせるような要素もチラッと入っています!

前面に出るほどではないながらも、オイスターソースの旨味がありますね!
ここがこのラーメンの持つ最大の中華料理ぽいところと言えるでしょう!

それともう一つ大きなポイントになっているのが揚げねぎの風味ですね!(*゚◇゚)

エースコックは香味野菜というとオニオンに頼ることが多いのですが、
今回はオニオンも使いつつ、揚げねぎのいい香ばしさが効いてますね!

昔の中華そばではねぎ油がポイントにされるものも多かったですし、
そのあたりを上手く再現してきているのがいい個性になってましたね!

ベースの鶏ガラと揚げねぎ、そこに胡椒などを加えてレトロさを出しつつ、
隠し味に中華要素を加える、ここに「THE中華」の個性の核を感じますね!

今後もこのあたりのラインを意識した商品展開がされていきそうですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、粉末しょうゆ、チキン調味料、植物油脂、しょうゆ加工品、
香味油、おからパウダー、でん粉、動物油脂、オニオンエキス、香辛料、しょうゆ、
オイスターソース、ポーク調味料、チキンエキス、砂糖、たん白加水分解物です!

スープの組み立てがいやに複雑なのはエースコックらしいですね!
ただ基本は鶏ガラ、香味油、香味野菜、オイスターあたりですね!

◎麺 - 油揚げ麺の弱点を抑えつつプリ感を演出した良質な麺


そして麺ですが・・・うん、やはり「THE中華」の麺は優秀ですね!(`・ω・´)

実はこの「THE中華」の最大のポイントはこの麺だと思うのですよね!

最近はどのメーカーも縦型油揚げ麺での麺の開発に力を入れていて、
油揚げ麺ながらも質の高い麺がいろいろと登場してきてるのですよね!

エースコックにおける縦型最高峰の麺がこのシリーズと言っていいでしょう!
この点は「THE和」が麺に何より重点を置いたシリーズなのと共通しています!

まず油揚げ麺でどうしても弱点になってしまう油臭をかなり軽減しつつ、
ストレート感を出すことによって、リアルな質感を演出しています!

そして食感はプリ感が強めで、弾けるような感触があるのが特徴ですね!
こうした食感は他社の高級油揚げ麺でもあまりないタイプと言えますね!

前回はスープの主張が控えめだったので麺勝ちとの評価もありましたが、
今回は前回よりもスープが強いので、バランスもより向上していました!

この麺に関しては今後も改良を重ねつつどんどん使ってきてほしいですね!
そうなればエースコックのカップ麺全体への評価もより高まりそうです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは386kcalとなっています!
脂質は15.2gで、おおむね標準的な数字と言えるでしょう!

◎具材 - ワンタンを立てつつ、野菜もそこそこ主張


具材はワンタン、キャベツ、人参、ニラという組み合わせです!

主役であるワンタンは3つ入っていてなかなか豪勢となってます!(=゚ω゚)

ただこのワンタンは普段使われているものとは少し違いますね!

もしかすると縦型とどんぶり型で使っているものが異なるのか、
あるいはこのワンタンへと仕様を変更したのかもしれません!

今回のワンタンはちょっと割れやすいのが弱点ではありますね!
そのため中の餡がやや出てしまいやすいという傾向があります!

しかしながら全体的にはそこまで戻りやすいわけでもなくて、
ちょっとこれは調整すべき点もあるのかなとは感じましたね!

3つの野菜具材はどれも国産野菜を使っているのが特徴ですね!
国産野菜という点では「リンガーハット」系カップ麺と同じですね!

たしかにニラや人参に関しては「リンガーハット」のものと近いです!
ただこの2つはそれほど国産野菜のアドバンテージは感じないのですが;

ニラはけっこう量が多めで、これが全体の香味を上手く高めてました!

キャベツはけっこう1つ1つのサイズが大きかったのがポイントですね!
そのあたりを含めて一般的なカップ麺のキャベツとは違いが出てました!

◎まとめ - 質の高い麺にネオレトロ的なスープ、総合力は高い


ネオレトロ的なスープも自分としてはなかなか良かったですが、
それ以上にやはり麺の質の高さを改めて感じさせてくれましたね!

エースコックも麺の開発に力を入れていることが伝わってきました!
エースコックの商品としては最も安心できるシリーズと言えるかもです!

このシリーズには今後もどんどん新商品を投入してきてほしいですね!(゚x/)モギギン

【関連記事】
THE中華 揚げねぎの風味を利かせたワンタン麺
THE中華 ラー油を利かせた野菜タンメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/2発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 濃い濃いだしソース焼そば

3/2発売の「日清焼そば U.F.O. 大盛 濃い濃いだしソース焼そば」を食べました!
「UFO」シリーズから「だし」に着目したタイプのソース焼そばが出ました!

3/2発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 濃い濃いだしソース焼そば

だし+ソース焼そばというと、「モッチッチ」や「UFOペロリ」を思い出しますが、
こちらの商品は「濃い濃い」の部分がちょっとポイントになってきそうですね!

というのも、「モッチッチ」などはだしと優しいソースを合わせることで、
全体的にしっとりとした印象のだしソース焼そばに仕上げていますが、
こちらはもっと全体的に濃いめになってるような予感がしてきますからね!

また、だし入りソースと「だしフレーク」の2本立てでだしを演出してるようです!(*゚◇゚)

3/2発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 濃い濃いだしソース焼そば(内容物)

◎内容物 - 後入れのふりかけがポイント


内容物は液体ソースとふりかけという組み合わせになっています!
基本の具材についてはあらかじめカップの中に入っています!

3/2発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 濃い濃いだしソース焼そば(できあがり)

なんですかね、このあまりにも少ないキャベツの量は・・・;苦笑
ちょっと最近の限定系「UFO 大盛」のキャベツはほんとにひどいですね;

◎ソース - だし感が強めながらもほどほどに濃いめ


まずはソースですが・・・うん、たしかにこれは「だしソース」ですね!(●・ω・)

かつおだしとソース、この2つがおおむね等価な感じで主張してきます!
そしてやはり「モッチッチ」などに比べると全体的に濃厚ですね!

ただ一方で従来の「UFO」などと比較するといくぶんライトな感覚です!
なので、基本の「UFO」と「モッチッチ」的ソースの中間的な味わいですね!

かつおを中心とした優しさも感じさせながら強さも持ち合わせただし、
そして「UFO」らしさを少なからず感じさせるソースが合わさってます!

とはいえ、それゆえにいくぶん中途半端な感じも持ってはいるのですよね!

「モッチッチ」などは完全に優しさの表現に全体の重点を置いてますが、
こちらは基本の「UFO」ほど濃厚でもなく、完全な優しい路線でもない、
「どちらも強く感じるけど、立ち位置が明確ではない」感じはしますね!

あえてもっと両方を強くアピールするラインにしても良かったかもしれません!

ただこうしただし+ソースの組み合わせ自体はそこまで珍しくはないのですよね!(*゚ー゚)

関西地域で発売されている焼そばソースはだし感を加えてるものが多いですし、
だし+ウスター系ソースって、別にそこまで珍しい構成というわけではないです!

不思議とカップ焼そばというジャンルではこの方向性の味わいは少ないですが!
なぜそういう傾向があるのだろうというのは考察する価値もあるのかもですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は中濃ソース、糖類、しょうゆ、植物油脂、食塩、かつおぶしエキス、
かつおぶし粉末、こんぶエキス、粉末ソース、しいたけ調味料となっています!

これはなかなか見ていていろいろと発見のある原材料構成ですね!

まずソースがあえて「中濃ソース」となっているのが面白いですね!
まぁ、「中濃ソース」は焼そばの定番路線でもありますからね!

そしてだしはかつおを中心に昆布やシイタケなども加えられています!
この複合的なだし感はたしかにこのソースのポイントになってましたね!

この「強いだし感」を複合的な旨味で演出していた感は強かったです!

◎麺 - いつものUFOシリーズらしい麺


麺は中細ぐらいの太さの「UFO」らしいストレート麺となってます!

この麺については「UFO」の定番通りのものと言っていいでしょうね!
もっちりとした食感とリアル感、ストレート感など非常に質は高いです!(`・ω・´)

今回はあくまで基本的なソース焼そばの延長線上にあるものでしたし、
そういう点でもいつもの麺がしっかりとソースと噛み合ってましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は130gで、カロリーは694kcalとなっています!
脂質は28.5gで、麺量を考えるとそこまで高い数字ではないですね!

◎具材 - ポイントがイマイチ見えにくい構成


具材はキャベツ、そしてふりかけは揚げ玉とだしフレークとなってます!

具材のキャベツについては、ちょっと褒められるところがないですね;
異様に細かいうえに量も少なく、ほとんど存在感はないと言っていいです;

ほんと最近の限定系大盛UFOはキャベツが異様に少ないのですよね;

その分だけ今回はふりかけによって具材をサポートしていますね!(=゚ω゚)

しかしながらふりかけのほうの具材もあまり存在感は強くないです;
揚げ玉についてもごく普通で、役には立ってるものの目立ちはしないです;

そしてだしフレークは細かくサクサクした大豆たん白に味付けしたものですが、
量が少ないうえに、だしの風味も強くなく、実際にはあまり目立ってません;

これだったらふりかけをかつおと細かい昆布具材などにすることで、
ソースとふりかけの「Wだし」みたいにしたほうが良かった気がしますね!

だしフレークが弱くて、揚げ玉も目立ってないなど、ちょっと微妙な印象でした;

◎まとめ - 路線は悪くないもののやや中途半端か


だし+ソースという組み合わせ自体は決して悪くないと思ったのですが、
強いような優しいようなちょっと曖昧なラインのバランスの取り方と、
具材の中途半端が足を引っ張ってるような印象は少し残りましたね!

もう少し何かはっきりとした特徴を打ち出しても良かった気がします!

「いつものUFOよりはいくぶん優しくてだし感がある」という感じでしたね!(゚x/)モギシン

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/17発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース

2/17発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース」を食べました!
「一平ちゃん 夜店の焼そば」からソースを濃厚にしたバージョンが出ました!

2/17発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース

ソースを濃厚にしたカップ焼そばというと「UFO」の特別版がありましたね!
39周年記念商品でソースの量を130%にした「UFO」が出たことがあります!

こちらは123%なので、数字の上でもけっこう近いタイプと言えそうです!

「UFO」はほんとシンプルにソースの量を130%にしたものとなっており、
麺などに特に変化はなく、とにかくひたすら濃厚にしてたのですよね!

こちらはソース以外の要素がどのようになっているのかも注目ですね!(*゚◇゚)

2/17発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース(内容物)

◎内容物 - 構成そのものは普段と特に違いはなし


内容物は液体ソース、ふりかけ、マヨネーズという構成になってます!
この3袋構成であることは、いつもの「一平ちゃん」と同じですね!

2/17発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 大盛 超濃厚ソース(できあがり)

液体ソースをかけたときの香りはまさに「一平ちゃん」らしいものですね!
ソースの方向性を維持しながら濃厚にしたことがはっきり伝わってきます!

◎ソース - 濃厚になることで全体的な雰囲気も変化


まずはソースですが・・・方向性は共通しつつも印象は変わりますね!(●・ω・)

ソースを投入したときの香りについては普段とあまり変わらないので、
ソースの大きな方向性を極端に変えてきたというわけではなさそうです!

また「UFO」のように単純に分量を123%に増やしたのでもないですね!
トータルとしては「123%に濃縮してきた」という印象が強いです!

そのため色も濃いですし、ソースをかけたときも濃い感じでしたね!

一方でただシンプルに濃度を高めただけというわけでもなさそうです!

原材料を見るとデミソース、ケチャップ、ビーフエキスが増えており、
これらの要素を足すことによって風味を多少変更してきたみたいです!

ただしこのあたりはおおむね隠し味的な存在と言っていいでしょう!

基本的には「いつものソースの濃縮バージョン」となっていて、
その旨味や風味を補佐しているのがこれらの要素と言えますね!

そしてマヨネーズですが・・・ここも大きく変えてきてますね!(`・ω・´)

今回のマヨネーズはいつもの「からしマヨネーズ」とは違って、
「からしマヨ」のからしの量を3倍にしたものなのですよね!

色が黄色いのは、からしらしさを出すためのウコン色素ですが!

このマヨは「おまけのからし3倍マヨ付き」のときと同じものでしょう!
そのときの発想を今回の商品にも応用したというふうに言えそうですね!

一方でマヨ全体としての量は普段より特に多いわけではないですね!
ソースは濃度を、マヨはからしを濃縮したというふうに言えます!

そしてふりかけはおおむね普段と方向性は近いと言えますね!(*゚ー゚)

「一平ちゃん」のふりかけはソースフレーク、マヨフレークが入り、
その味わいによってソースとマヨを側面支援する感じなのですよね!

そしてそこに一般的にはふりかけらしいアオサも加わってきます!

今回は黒胡椒ぽいものも入り、これが軽いアクセントをつけてますが、
全体的にはソースやマヨネーズに埋没する程度の存在感ですね!

おそらくはソースやマヨの持つ風味の強さを緩和する目的なのでしょう!

◎ソースの原材料


ソースとマヨの原材料はソース、糖類、半固体状ドレッシング、
植物油脂、食塩、しょうゆ、デミグラスソース、トマトケチャップ、
ビーフエキス、香辛料、ソース加工品という構成になっています!

普段は動物系はポークなのに、今回はビーフになってるのですよね!
またデミソースやケチャップが入ってるのは先に指摘したとおりです!

◎麺 - いつもよりも明らかに太いもっちり感のある麺


麺は普段よりも明らかに太い、ややもっちりとした麺となっています!

昔は「一平ちゃん」は細麺以外を使うことがなかったのですが、
ここ数年ほどは麺のバリエーションがずいぶんと増えてますね!

今回の麺も5分湯戻しというふうに、厚みを増していますしね!(=゚ω゚)

こうして見ると、この商品はソースの濃度を高めたのがメインですが、
ポーク→ビーフ、からし3倍、麺の太さなど全体的に厚みを増してきて、
「トータルによって濃厚さを演出」という狙いがあったのが見えますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは740kcalとなっています!
脂質は28.9gで、むしろ普段の「大盛」よりも低くなってます!

むしろ脂質の量では標準バージョンとほぼ同じぐらいですからね!

これは「大盛」に入っている肉具材が省かれているのもありますが、
それ以上にソースから脂質をカットしているのもあるのでしょうね!

◎具材 - キャベツのみ


具材は「一平ちゃん」シリーズらしくキャベツのみとなっています!
普段の「大盛」には肉具材も入りますが、今回は入っていません!

もともと「一平ちゃん」がキャベツだけなのは定番とも言えるので、
さみしくはあるのですが「いつも通り」と言えるものではあります!

◎まとめ - 全体の変化によって濃さを演出した一杯


ソースの濃度を123%にするだけでなく、動物系をポークからビーフに、
マヨのからしを3倍に、さらに麺を太くするなど全体的に変化してますね!

それによって「トータルとしての濃さ」の演出がなされているのですが、
一方で「ソースを単純に123%にするだけで良かった」人もいるでしょうね!

ただ「UFO」のようにソースのみの商品ならそれが上手く機能するのですが、
「一平ちゃん」はソース・ふりかけ・マヨの3つによって成り立ってるので、
そこまでシンプルな変更はやりにくかったというのもあるのでしょうね!

とはいえ、自分としても麺に関してはいつものものが良かったですが!

いろいろな方面から濃度を演出してきた「一平ちゃん」でございました!(゚x/)モキーヌ

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/24発売 全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛

2/24発売の寿がきや「全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛」を食べました!
神奈川県小田原市のご当地ラーメン「小田原タンタン麺」のカップ麺です!

2/24発売 全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛

「小田原タンタン麺」のカップ麺に関しては過去にも出ていますね!
ただ自分としてはこの「小田原タンタン麺」を食べるのは今回が初です!

おそらくあまり自分が惹かれないタイプのラーメンだったのでしょうね!(=゚ω゚)

「中華 四川」というお店が発祥の、あんかけタイプのラーメンです!
「タンタン麺」とはありますが、いわゆる「担々麺」とは別物です!

「勝浦タンタン麺」などと同様のご当地系タンタン麺ですね!

こうしたご当地タンタン麺はなぜか「担々麺」という表記ではなく、
「タンタン麺」というふうにカタカナ表記することが多いですね!

寿がきやの商品公式ページで「発症の店」と書いてるのには笑いましたが!
「発祥」と「発症」、音は同じでも印象が全く変わってきますからね!

2/24発売 全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛(内容物)

◎内容物 - 「後入れ粉末スープ」を最後に入れるのが重要


内容物はかやく入り粉末スープ、液体スープ、後入れ粉末スープです!

まずあらかじめかやく入り粉末スープを入れておいてからお湯を投入し、
5分後に液体スープを入れ、最後に後入れ粉末スープを入れてまぜます!

この「後入れ粉末スープ」は要するに「とろみの素」なのですよね!
なので、投入したがとろみがつくまでしっかりとまぜてください!

2/24発売 全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛(できあがり)

今回はちょっと具材を整えるだけの時間が作れませんでした;

かやく入り粉末スープのうえに具材はどれも細かいものばかりで、
湯戻し中に全部回収するにはちょっと無理がありましたからね;

こうなるからかやく入り粉末スープの商品は苦手なのですよね;

◎スープ - ほんのちょっぴりピリ辛なあんかけ醤油スープ


まずはスープですが・・・ちょっぴりシャープなあんかけスープですね!(●・ω・)

あんかけ系のスープというと、優しい味わいのものが多いですが、
こちらはいくぶんシャープな方向へと振ってるのが特徴です!

油脂がそこそこ入っていて、唐辛子もほんのりと効いており、
またにんにくなどによって一定の鋭さも出ていますね!

ただいずれにしても一般的な担々麺との共通性は非常に薄いです!

まず担々麺というと、ごま・ラー油・花椒の3つが大きな特徴ですが、
このラーメンに関してはどの要素もほとんど感じられないですしね!

一応はラー油の要素に関してはほんのりと感じることはできますが!

具材にひき肉風のものが入っている点は担々麺ぽいとも言えるのですが、
それを除けば担々麺らしさを感じるものは皆無と言っていいです!

なので、これは「タンタン麺」と名前のついてる独自の麺料理ですね!(*゚ー゚)

そしてこのラーメンにおいて最大のポイントなのがとろみでしょう!
とろみは非常に強く、それで食べさせているパワーが強いですね!

なので「ピリ辛とろみ醤油ラーメン」と言えば適切でしょうかね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、でん粉、乳糖、動物油脂、ポークエキス、
砂糖、チキンエキス、食塩、香味油、デキストリン、にんにく、
たん白加水分解物、豆板醤、唐辛子、酵母エキス、植物油脂です!

醤油・豆板醤・唐辛子でシャープさを、油脂で一定のコクを与え、
そしてあとはにんにくでパンチを加えたというようなスープですね!

またとろみ系のスープということででん粉の割合が高いです!

◎麺 - 力強さのある食感の太めのノンフライ麺


麺はしっかりとした質感のけっこう太めのノンフライ麺です!

寿がきやが使う麺としてはかなり太めのタイプになりますね!
また食感はやや強く、加水としては低めと言えるでしょう!

そのため少し硬めながらも、小麦の風味を感じることができ、
主張の強さを持ったスープとも渡り合うことができますね!

今回のようなとろみスープと合わせるという点では合格でしょう!(`・ω・´)

またお店の麺と見比べても、比較的雰囲気が似ていますしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは410kcalとなっています!
脂質は9.0gで、けっこう低めの数字と言えるでしょう!

◎具材 - 違和感はあまりないが、肉が少ないのはさみしい


具材は肉そぼろ、大豆たん白、ねぎという組み合わせになってます!
どれもかやく入り粉末スープの袋の中に加えられたものですね!

ねぎに関しては普通の乾燥ねぎで、特筆すべき点は全くないです;

そして肉そぼろ系の具材は肉そぼろと大豆たん白が混在してます!
これはちょっと意識して食べると、それぞれ違いがはっきりします!(*゚◇゚)

肉そぼろのほうは少し色が濃く、食べると肉の味わいがします!
一方の大豆たん白は味が弱く、ムキュッとした食感がありますね!

割合としては大豆たん白8に対して肉そぼろが2という感じです!
なので、具材に関しては正直なところコストカットされてます;

◎まとめ - あんかけ系ラーメンが好きな人向け


決して悪いラーメンではないですし、好みに合う人もいるでしょうけど、
これまで数年にわたって自分が買わなかった理由も同時にわかりましたね;

どうも「やや単調なあんかけ系」自体が好みではないのでしょうね!

とはいえ、1つの「少しピリッとしたあんかけ系」としては楽しめるでしょう!(゚x/)モキーヌ

【関連記事】
全国麺めぐり 小田原タンタン麺 中辛
全国麺めぐり 八剱ROCK人生餃子 汁なし台湾ラーメン
全国麺めぐり 広島汁なし担担麺
全国麺めぐり 富山白えびラーメン
全国麺めぐり 鳥取牛骨ラーメン
全国麺めぐり 安養寺らーめん
全国麺めぐり 尾道ラーメン
全国麺めぐり 富山ブラック
全国麺めぐり 奈良天理醤油ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/7発売 中華そば処 琴平荘 味噌そば

1/7発売の東洋水産「中華そば処 琴平荘 味噌そば」を食べました!
ファミリーマート限定で定番になりつつある「琴平荘」とのコラボです!

1/7発売 中華そば処 琴平荘 味噌そば

「琴平荘」の再現カップ麺はおそらくもう5年ぐらいは続いてますね!
自分も2016年2017年に出たバージョンをブログで記事にしています!

今年はひさしぶりということで購入したものの在庫が増えていたことで、
「仕方ないから今年も記事から外すか」と思って商品をよく見たところ、
「あれ、醤油じゃなくて味噌なの?」と気付いて記事化することにしました!

購入した時点ではてっきり例年と同じ醤油ラーメンだと思ってましたので!(=゚ω゚)

この「琴平荘」は山形にあるラーメン屋ですが、本来は旅館なのですよね!
冬場に旅館の客が減るので、ラーメン屋を始めたという経緯を持ってます!

営業期間がちょっと変わっているのは、そのあたりが関係しています!

1/7発売 中華そば処 琴平荘 味噌そば(内容物)

◎内容物 - オーソドックスな3袋構成


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
ノンフライ麺系の商品らしく、スープはどちらも後入れ仕様です!

1/7発売 中華そば処 琴平荘 味噌そば(できあがり)

ほう、味噌ラーメンにしてはやや淡い色合いに仕上がっていますね!

◎スープ - だし感を重視した優しくしっとりした白味噌系


まずはスープですが・・・おぉ、こうした味噌ラーメンは珍しいですね!(●・ω・)

味噌ラーメンというと札幌系のようにワイルドに仕上げたものや、
あるいは味噌の風味をキリッと立てたものが多い印象ですが、
こちらはだしの持つしっとりとした旨味が強く感じられますね!

特に粉末スープが持っている鯛の旨味がいいアクセントですね!

だし感という点だけに着目すると塩ラーメンなどのほうが向きますが、
それは別として味噌ラーメンとしてかなり珍しいスタイルではあります!

鯛の旨味がじわりと優しく包み、そこに野菜のやわらかさも加わってくる、
ベースは動物系でありながらもガンガン主張するタイプとは異なります!

動物系は豚系メインですが、札幌味噌ラーメンなどとは大きく違います!

札幌味噌系は豚骨の持つどっしりとしたコクで土台を固めてきますが、
こちらは動物系ではあっても、かなりしっとりと優しいのですよね!

そして味噌ダレですが・・・ここであえて白味噌系なのも面白いです!(*゚◇゚)

味噌ラーメンって、大抵は合わせ味噌系か赤味噌寄りになりますからね!

白味噌の甘みをグイッと強く立てて主張してくることもありますが、
こちらは白味噌系ながらもそこまでワイルドではないのですよね!

むしろだしの持つしっとり感と白味噌が上手く交わってる感じです!

とにかくトータルとして「しっとり優しい」の方向性が明確で、
こうした味噌ラーメンって珍しいなと思わせてくれるのですよね!

またちょこっと入ってるごまがいい具合に香ばしさを立ててますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はみそ、ポークエキス、豚脂、植物油、りんご果汁、
香辛料、砂糖、でん粉、食塩、野菜エキス、ゼラチン、魚醤(魚介類)、
酵母エキス、ごま、しょうゆ、鯛エキス、たん白加水分解物です!

原材料だけを見ると豚系+味噌というふうにも見えてくるのですが、
食べた印象としてはむしろ「優しいだし感」が主軸となってますね!

そしてりんご果汁もまた優しさのポイントになってるのでしょう!

◎麺 - マルちゃんのノンフライ麺としては少し加水が低め


麺はマルちゃんが得意とする「生麺ゆででうまいまま製法」のノンフライ麺です!
要するに「マルちゃん正麺」シリーズで使われている麺と同系統のものですね!

マルちゃん正麺の麺というと、加水が高くプリッとナチュラルな食感ですが、
この麺はそうした自然でプリッとした中華そばらしさは持っていながらも、
瑞々しさはあえて少し控えて、中心に多少粉っぽさを残す仕上がりですね!(`・ω・´)

トータルとして見れば多加水寄りですが、いつもよりはいくぶん加水が低い、
ただ1つの麺としてかなりクオリティが高いことは間違いないと言えます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は75gで、カロリーは447kcalとなっています!
脂質は14.9gで、こうして見ると脂質はそこそこ高いですね!

だし感に深みがあったので、脂質がくどくならなかったのでしょうね!

◎具材 - 最低限はそろっているがやや貧弱


具材はチャーシュー、メンマ、ねぎという組み合わせになってます!
いかにもそのままオーソドックスな構成で来たという感じですかね!

チャーシューは悪くはないものの厚みがあるというわけでもなく、
味わいもごくごく普通で特に目立つものはないといったところです!(*゚ー゚)

メンマも残念ながらごく普通で、量もそれほど多くはないですね!
唯一いいのはねぎで、これはそこそこリアル感を感じる仕上がりです!

◎まとめ - 「スープが新しい味噌ラーメン」としては十分アリ


価格帯や具材などを考慮するとちょっと総合力の問題は出ますが、
こうしただし感重視の味噌ラーメンはかなり新しいと言えますね!

「こういう味噌ラーメンもあるのか」と思わせてくれる力はありますし、
スープの質と個性、そして麺もクオリティとしては十分なものがあるので、
そこに着目すればなかなか面白いラーメンと言ってもいいと思いました!

「白味噌ベースのだしの深い味噌ラーメン」として楽しむといいでしょう!(゚x/)モッキシ

【関連記事】
中華そば処 琴平荘 味噌そば
中華そば処 琴平荘 中華そば(2017年)
中華そば処 琴平荘 中華そば(2016年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.