10/7発売 池袋大勝軒 特製ワンタンみそラーメン 大盛り

10/7発売のエースコック「池袋大勝軒 特製ワンタンみそラーメン 大盛り」を食べました!
エースコックの「池袋大勝軒」のコラボ商品がひさしぶりに登場です!

10/7発売 池袋大勝軒 特製ワンタンみそラーメン 大盛り

「池袋大勝軒」の山岸さんが亡くなってからずいぶん年月が過ぎましたね;
それでもこうしてコラボ商品が続いているのはうれしくもありますね!

そうすることで山岸さんの記憶がこれからも受け継がれていきますからね!(*゚ー゚)

「池袋大勝軒」とのコラボ商品では過去に味噌ラーメンも出ていますが、
今回のようなワンタン入りの味噌ラーメンがこれが初めてとなります!

以前は縦型ビッグや大盛バケツ型など形態もまちまちでしたが、
今回はその中で大盛バケツ型の容器が採用されていますね!

10/7発売 池袋大勝軒 特製ワンタンみそラーメン 大盛り(内容物)

◎内容物 - ごく普通の3袋構成


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
カップ麺としては最もオーソドックスな形態と言えますね!

10/7発売 池袋大勝軒 特製ワンタンみそラーメン 大盛り(できあがり)

ワンタンが入っていることが豪華なビジュアルになってますね!

◎スープ - 丸みがありつつも重くないバランスのいいスープ


まずはスープですが・・・丸みがあってバランスのいいスープですね!(●・ω・)

味噌ラーメンと一口に言ってもいろんなスタイルがありますが、
このラーメンはその中でも実にまとまりがいいのですよね!

油脂感はほどほどで重くならず、味噌は赤でも白でもなく中庸的、
ベースの豚骨&鶏スープでしっかりとまろやかなベースを作り、
香味野菜はほどほどで強烈ににんにくが主張することもない、
どの点をとってもバランスの良さをきちんと見ることができます!

そんなあらゆる点において上手く調整したスープでありつつ、
そこにごまを加えていいアクセントを加えているのですよね!

それゆえにシンプルながらもよく練られたスープだと思います!(*゚◇゚)

あっと驚くようなアクセントやパンチのようなものはないですが、
「安心して毎日食べることができる味噌ラーメン」ではありますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はみそ、糖類、動物油脂、ポークエキス、ごま、
食塩、植物油脂、ポーク調味料、チキン調味料、香辛料、
香味調味料、酵母エキス、オニオンペースト、ニボシパウダー、
たん白加水分解物、みそ加工品、香味油、魚介エキスです!

このあたりの原材料の複雑さはいかにもエースコックですね!

これが見ると魚介系の旨味もけっこう活躍していますね!
たしかによく味わうと和風系の旨味も下支えしてますね!

◎麺 - かなり太めでごわっとした感触の麺


麺はかなり太めで、ややごわっとした食感の油揚げ麺です!

今回の商品でちょっと気になったのが今回の麺なのですよね!

たしかに単体の麺としては太くて食べごたえもあるのですが、
この太さになるとやっぱりスープなじみが落ちるのですよね!

おそらくはこの麺の太さが再現度としては高いのでしょうけど、
1つのカップ麺としてはもう少し厚みを抑えるなどすることで、
スープとなじんでその良さを生かす方向で来てほしかったですね!(=゚ω゚)

スープがいいのに微妙に麺と喧嘩している部分がありましたからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の90gで、カロリーは513kcalとなっています!
脂質は19.4gで、そこそこ高めの数字にはなっていますね!

◎具材 - 主役のワンタンが大きく活躍


具材はワンタン、キクラゲ、メンマ、もやし、ねぎとなってます!

正直なところワンタン以外の具材の存在感はそれほどないです!

それでも薬味らしいねぎ、シャキッとした食感のもやし、
エースコックらしい強いコリコリ感が特徴のメンマ、
そして食感でアクセントを与えてくれるキクラゲと、
全体のにぎやかさを増すという点では役立っていますね!

そしてワンタンですが・・・やはり食べごたえは十分ですね!(`・ω・´)

ちょっとワンタンの縁の部分に硬さが残ることはありますが、
皮のつるりとした質感、餡である肉の風味であったりと、
インスタントワンタンとしてのクオリティの良さは見えます!

それが3個としっかり入ってくれているのもうれしいですね!

◎まとめ - やや麺勝ちだがまとまりのいい味噌ラーメン


ちょっと麺の存在感が強いかなというのは気になりはしましたが、
スープに関しては「池袋大勝軒」系の良さがしっかりと出ていて、
どこを切り取ってもバランスのいい味わいになっていましたね!

でもって具材についてもワンタンを中心に充実していましたしね!

安心して食べることのできる大盛味噌ラーメンでございました!(゚x/)モッギリ

【関連記事】
池袋大勝軒 特製ワンタンみそラーメン 大盛り
池袋大勝軒 ワンタン中華そば 大盛り(2018年)
池袋大勝軒 55周年記念 継承の味みそラーメン
池袋大勝軒 55周年記念 中華そば 大盛り
池袋大勝軒 復刻 カレー中華そば(タテロングカップ版 2016年)
池袋大勝軒 復刻 特製みそラーメン 大盛り(ノンフライカップ版)
池袋大勝軒 中華そば(タテロングカップ版)
池袋大勝軒 特製みそラーメン(カップ版)
池袋大勝軒 ワンタン中華そば(カップ版)
池袋大勝軒 野菜タンメン 大盛り(カップ版)
池袋大勝軒 カレー中華そば(カップ版)
池袋大勝軒 みそラーメン 大盛り(カップ版)
山岸一雄継承の味わい 麺絆 第二章
山岸一雄継承の味わい 麺絆
池袋大勝軒 復刻版 上海焼そば
池袋大勝軒 幻の広東麺
50周年記念 池袋大勝軒 中華そば
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/7発売 謹製 山椒香る塩焼そば

10/7発売の東洋水産「謹製 山椒香る塩焼そば」を食べました!
東洋水産の高級志向カップ麺シリーズ「謹製」からの新作です!

とはいっても、実際にはこれでまだ2商品目ではあるのですけども!

10/7発売 謹製 山椒香る塩焼そば

以前に「謹製 山椒香る塩そば」を紹介していますね!

このときは新たに開発された新世代型の油揚げ麺を中心に、
高級感のあるスープと充実した具材が非常に印象的でした!(*゚ー゚)

今後の東洋水産の看板ブランドの1つになりそうな気もしましたし!

そして今回は「塩そば」に続いて「焼そば」の登場となります!

しっとり系の「塩そば」からワイルド路線を指向することが多い、
「焼そば」が続けて登場したのにはちょっと驚きもありますが!

「焼そば」の中でどれだけ高級感を出しているかに注目ですね!

10/7発売 謹製 山椒香る塩焼そば(内容物)

◎内容物 - 粉末ソース+調味油という基本構成


内容物はかやく、粉末ソース、調味油、カップスープとなってます!
調味油をかけて麺をほぐしてから粉末スープを絡めるスタイルですね!

そして今回はカップスープを作るための小袋も入っています!
このカップスープ粉末を間違えて麺にかけないようにしましょう!

10/7発売 謹製 山椒香る塩焼そば(できあがり)

今回はカップスープを紙コップに入れて作ることにしました!

以前に紹介した「珍々亭」のときはスープを入れる器に迷って、
結局スープは紹介しませんでしたが、紙コップに気づいたので、
それを使ってこうしてスープの写真も撮ることができました!

◎ソース - 山椒の香りが豊かな鶏系塩焼そば


まずはその味ですが・・・うん、山椒の香りはたしかに強いです!(●・ω・)

一方でベースの味わいについてはオーソドックスな塩焼そばです!

海鮮の風味はなく、鶏を中心に昆布の旨味で補佐したような感じです!
また予想していたほど和風の旨味が強く主張するわけではないですね!

このままでオーソドックス系の塩ラーメンにも適用できそうな味です!

また油脂については思っていた以上にがっつりと効いていますね!
それゆえ「さわやかだけどけっこうヘヴィ」な味になっています!

どうしても「塩焼そば」はソース焼そば以上に油脂が強くなりがちで、
そういう傾向はこの商品についてもけっこうはっきりと見えています!

ただこの味の方向性だと、もう少し油脂が抑えめでも良かったかもです!
ワイルドさよりも上品さをアピールしたほうがいい感がありましたからね!

そして今回の主役である山椒はかなりしっかりとした主張を持ってます!(*゚◇゚)

ただ前面に出ているのは山椒の「刺激」よりも「香り」となってます!

なので、山椒は強いものの別にビリビリとした痺れはないのですよね!
あくまで山椒の持っているさわやかな香りを引き立てる形となってます!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油、粉末野菜、チキンエキス、鶏脂、砂糖、
香辛料(山椒、ガーリックパウダー、こしょう、唐辛子)、しょうゆ、
食塩、こんぶエキス、チキン風味パウダーという構成になってます!

鶏をベースに野菜と昆布で旨味を加えるという形になってますね!
また植物油脂が多く入っていることが原材料からもわかりますね!

◎麺 - おそらくは「俺の塩」と同じ1分湯戻し極細麺


麺は1分で湯戻しできる極細スタイルの油揚げ麺となってます!

東洋水産の1分湯戻し麺といえば「俺の塩」がありますが、
原材料の並びも同じなので全く同じ麺と見て良さそうです!(=゚ω゚)

ラーメン版の「謹製」は明らかに新世代系の麺を起用してましたが、
そういったこともあってこちらは別に新世代的な感じはしないですね!

なので、特に高級感を意識した麺になっているわけでもないです!

自分としてはあの高級感こそが「謹製」の個性だと思っていたので、
これまでに「焼そば」では使わなかった麺を使ってほしかったですね!

もちろんこれはこれでしっかりとしたクオリティの麺なのですが、
「謹製」ブランドに向いていたかと考えると少し疑問もありました!

ただ「謹製」シリーズが高級というのは自分も思い込みでもあるので、
東洋水産としては別にそういう意識はしていなかったのかもですが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは745kcalとかなり高いです!
脂質は38.6gで、やはりずいぶんと高めの数字になってますね!

この商品は無理に大盛にする必要はなかったと思うのですが、
カップ焼そばって標準サイズだとスーパー向け商品になって、
コンビニ向け商品は基本的に大盛になる傾向があるのですよね!

それがこの商品にも表れたというふうに言っていいでしょうね!

◎具材 - リアルな豚肉が多いのは評価点


具材は豚肉とねぎというシンプルな構成となっています!

豚肉は東洋水産が得意とするリアル系のものとなってます!(`・ω・´)

1分湯戻しなのでいつもよりはいくぶん硬めではありますが、
肉具材としてのクオリティの高さはやはり保証されてます!

なおかつ量も多いので、具材としては十分満足度がありますね!

ねぎについてはごく普通の乾燥具材で、具材というよりは、
麺に絡むことで香味を全体に加えるような効果があります!

◎カップスープ - ごくごく普通の鶏ガラ醤油味


そして付属のスープは、極めてオーソドックスな鶏ガラ醤油味です!

自分としてはあまりこうしたカップスープは必要としないのですが、
「俺の塩」系統の細麺ってのどに詰まりやすい傾向があるのですよね!

なので、そういう点ではこのカップスープは役立ってはいましたね!

スープの原材料は食塩、チキンエキス、魚介エキス、しょうゆ、砂糖、
野菜エキス、たん白加水分解物、ねぎ、植物油、香辛料(こしょう)です!

ちょっと胡椒が効かされてるあたりも懐かしい味わいでしたね!

◎まとめ - まとまりはいいけど独自の高級感が欲しかったかも


間違いなく1つの「山椒風味の塩焼そば」としては優秀だったのですが、
「謹製」シリーズには他のブランドにない高級感を求めていたので、
案外オーソドックスな仕上がりには多少の肩透かしはありましたね!

今後この「謹製」シリーズが続いていくのかどうかわかりませんが、
できれば全体的に高級路線を意識したものを望みたいところです!

山椒のさわやかさがしっかりと香る塩焼そばでございました!(゚x/)モキニュッ

【関連記事】
謹製 山椒香る塩焼そば
謹製 山椒香る塩そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば てりマヨ

10/7発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば てりマヨ」を食べました!
「てきやきバーガー」をイメージした焼そばということです!

10/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば てりマヨ

「てりやきバーガー」系の「一平ちゃん」の焼そばって、
過去にも出ていたようなと思って過去記事を調べてみると、
2013年に「てりやきマヨ味」という商品が出ていますね!

もっと最近にこの路線の商品が出ていたイメージがありましたが、
6年前ということは意外にこのタイプの商品は出てないのですね!(*゚ー゚)

いかにも「一平ちゃん」が狙ってきそうな路線ではあるのですが!

10/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば てりマヨ(内容物)

◎内容物 - 「一平ちゃん」としては珍しく粉末ソース


内容物は粉末ソース、マヨネーズ、ふりかけとなっています!
「一平ちゃん」が粉末ソースを起用するのは珍しいですね!

ちなみに2013年の「てりやきマヨ味」も粉末ソースだったようです!
なので、路線としてはある程度は受け継いではいるのでしょうね!

また麺がいつもの「一平ちゃん」に比べると太くなってますね!

10/7発売 一平ちゃん 夜店の焼そば てりマヨ(できあがり)

ごまがどことなく「てりやきバーガー」のバンズを意識してますね!

◎ソース - ちょっぴり苦味のある生姜の効いたてりやき味


まずはその味ですが・・・まぁ、たしかに「てりやき」は意識されてますね!(●・ω・)

ただ一発で「てりやき味だ!」と感じるほど明確でもないですね!

たしかに全体としては甘めのてりやき醤油味を意識してるのはたしかで、
そこに加わる香味野菜の風味などはてりやきっぽさを感じさせはします!

またこの商品はバーガーのバンズとレタスの風味も意識してるそうですが、
正直なところをそれを感じ取るのはかなり難しいところではありますね!

そういえばちょっと焦がしたような香ばしい苦みを感じたりもしましたが、
この苦味はもしかするとレタスを意識していたのかもしれないですね!

ただ実際に食べていてそこまで意識できる人はほぼいなさそうですが;

あくまで「てりやきソース味」ととらえたほうが近くはありますね!

この商品でどうもネックになっているのが粉末ソースなのですよね!(=゚ω゚)

「てりやき」って、ちょっと粘度の高い多めのソースが特徴ですが、
粉末ソースなので味は「てりやき」でも水分量はむしろ減りますし、
「とろっとして多め」という雰囲気の演出にはマイナスなのですよね!

これが体感的な「てりやきらしさ」を引き下げている面はありましたね!

そしてここにマヨネーズが加わることでてりやきらしさを高めてます!

この商品に関しては間違いなく最も活躍してるのはマヨでしたね!

ソースだけでは足りないまろやかさをマヨネーズで補って、
なおかつちょっと液体成分の多さも補完してくれてましたしね!

それゆえに「ちょっとマヨに頼りすぎかな」という感はありましたが、
それでもバランスの向上には役立っていたので良かったとは言えますね!

「てりやき」って、いかにもマヨが活躍しやすいスタイルなので、
マヨが定番の「一平ちゃん」としては扱いやすくはあるのでしょう!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はマヨネーズ、糖類、たん白加水分解物、食塩、ローストオニオン粉末、
香味調味料、しょうゆ、香辛料、豚・鶏エキス、酵母粉末、植物油脂となっています!

甘みを強く意識した醤油味というあたりは伝わってきますね!

◎麺 - 「一平ちゃん」としてはかなり太めの麺


麺はやや平打ち気味で一定の厚みもある油揚げ麺となっています!

太めということでけっこう食べごたえのある麺ではありますが、
もっちり感でもって麺そのものをアピールするわけでもなくて、
あくまでがっつり感を重視して麺を太くしたという感じです!(`・ω・´)

せっかく太麺にするなら、食感でも強くアピールするような、
そういう麺を起用しても良かったのではないかなと感じましたが、
まぁそれでもパワフルな印象を与える点では役立ってましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは511kcalとなっています!
脂質は21.5gで、そこそこ高めの数字となってますね!

◎具材 - ふりかけはごまのみ


具材はいつものようにキャベツに、ふりかけでごまが入ってます!

「一平ちゃん」はふりかけはもうちょっと凝ってくることが多いですが、
今回はいやに素直にごまのみというシンプルな構成になっています!

ただこれが「てりやきバーガー」らしさを演出してるかというと、
あえてそう思い込まない限りは難しいところはありましたね!(*゚◇゚)

商品説明ではあえて「てりやきバーガー」をアピールしてますが、
普通に「てりやき味」と考えたほうがよっぽど妥当ですからね!

キャベツに関してはいつものように可もなく不可もないものですね!

◎まとめ - 「てりやき味」ではあるけどインパクトは弱い


何となく昔の「一平ちゃん」を思い起こさせるような味というか、
「ちょっと変な路線に挑戦してみました」感が漂うような感じで、
「言われてみればそう解釈できるかも」という印象がありましたね!

最近の「一平ちゃん」はそのラインは超えてくることが多かったですが、
ちょっと今回は悪い意味で「昔の一平ちゃん」らしい一杯でしたね!

悪くはないけど、ごく普通に「てりやき味」といった仕上がりでした!(゚x/)モキヌー

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/7発売 ラーメンモッチッチ 野菜タンメン

10/7発売のエースコック「ラーメンモッチッチ 野菜タンメン」を食べました!
先に紹介した「ラーメンモッチッチ ワンタン麺」との同時発売商品となります!

10/7発売 ラーメンモッチッチ 野菜タンメン

「ラーメンモッチッチ」は2商品態勢で市場に挑んでいくのですね!

そしてもう1つが「野菜タンメン」というのが「モッチッチ」らしいですね!
女性層がファンのメインなので、あっさり路線を狙ったのでしょう!(*゚ー゚)

「ワンタン麺」との具材の差別化もはっきりとはかれますしね!

10/7発売 ラーメンモッチッチ 野菜タンメン(内容物)

◎内容物 - フタに貼り付けた調味油付き


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
「ワンタン麺」は液体スープでしたが、こちらは調味油です!

たしかにタンメンは香味油の存在が重要になってきますからね!
一方でスープの味わいは完全に粉末が主体になるようですね!

10/7発売 ラーメンモッチッチ 野菜タンメン(できあがり)

うん、具材も多く、まさしくタンメンというビジュアルですね!

◎スープ - 王道の優しい味わいのタンメン


まずはスープですが・・・極めて王道路線を行くタンメンですね!(●・ω・)

最近はいろんなスタイルのタンメンを見ることができますが、
これは本来のタンメンである実に優しい味わいのスープです!

鶏も丸鶏を使うことによってふくよかな優しさを出していて、
そこに香味野菜などの旨味が重なる実にベーシックな味です!

さらに魚介や椎茸を加えることでしっとりとした旨味も加えてます!

また塩ダレが控えめなのも、この商品の特徴と言えるでしょう!

本来タンメンは塩ダレがキリッと立つタイプの麺料理じゃないので、
この部分もタンメンらしさの演出という点では再現度が高いです!

丸鶏ベースに生姜やオニオンの香味野菜によってアクセントをつけ、
しっとりとした優しい塩ダレで食べる、まさに王道と言えますね!

そしてここにちょっと多めの胡椒によって刺激を加えてます!(*゚◇゚)

調味油の油脂もむしろ「ワンタン麺」のときほど目立ちません!

全体にほどよく香ばしさを加えるような効果といった感じで、
「油脂による強いコク」を意識している感じはないですね!

とにもかくにも王道の優しいタンメンを目指しているという感じです!

それゆえにパンチのある味を求めると多少物足りないかもですが!
そのかわりタンメンらしさを求めるなら満足度は高いでしょう!

刺激が欲しい場合はここに胡椒を追加投入するといいでしょうね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、植物油脂、チキンエキス、粉末しょうゆ、
動物油脂、香辛料、チキン調味料、ポークエキス、野菜エキス、
オニオンパウダー、香味油、発酵調味料、酵母エキス、魚介エキス、
シイタケエキス、たん白加水分解物、ポーク調味料となっています!

鶏だしを中心にいろんな旨味を加えているのがわかりますね!
とにかく全体的に旨味重視の組み合わせであることがわかります!

◎麺 - やはり文句なしの真空仕立て麺


麺は「モッチッチ」の特徴である真空仕立ての油揚げ麺です!

麺はそこそこ太く、幅広でそこそこ厚みのある麺ですね!
太くすることでより弾力を強調しているのでしょうね!(=゚ω゚)

細麺だと時間が経つとどうしても食感が落ちますからね!

もちろん今回も真空仕立てによって麺の密度は非常に高く、
油揚げ麺臭も希薄で、モチッとした食感も実に見事です!

ただ「ワンタン麺」よりもスープが優しいことから、
こちらのほうが麺が目立つようにはなってますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は55gで、カロリーは285kcalとなっています!
脂質は9.8gで、なかなか抑えた数字になってますね!

◎具材 - タンメンを演出する5つの野菜


具材はキャベツ、チンゲン菜、コーン、キクラゲ、人参です!
とにかく野菜にこだわって、肉具材は一切入れていませんね!

面白いのは5つの具材のバランスがほぼ同じなところですね!
普通はどれか1つや2つの具材ばかりが目立つものですが!

量はキャベツがやや多く、スープとの相性は上々ですね!(`・ω・´)

そしてコーンが甘さ、人参がコリコリ感、キクラゲが食感を担います!

風味の面ではチンゲン菜がかなりしっかり活躍していますね!
青菜らしいちょっとした苦味がいいアクセントになってます!

キャベツとはまた違った魅力をちゃんと引き出せてますね!

全体的に量も多く、タンメンとしては申し分ないでしょう!

◎まとめ - インパクトは弱いが王道のタンメンの仕上がり


優しくもはっきりとした個性も強かった「ワンタン麺」に比べると、
こちらは麺以外はどことなく大人しい印象も少なからず抱きますが、
一方でこちらも欠点らしい欠点はどこにも見当たらないのですよね!

スープは優しくも王道のタンメン、具材の野菜は充実している、
そして麺は真空仕立て麺によって非常にクオリティが高い、
そのため「安心して手に取れる」一杯なのは間違いないです!

麺の良さと王道のタンメンのおいしさが楽しめる一杯でした!(゚x/)モキューン

【関連記事】
ラーメンモッチッチ 野菜タンメン
ラーメンモッチッチ ワンタン麺
塩レモン焼そばモッチッチ 瀬戸内レモン仕立て
たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て
五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て
塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし
焼そばモッチッチ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/7発売 ラーメンモッチッチ ワンタン麺

10/7発売のエースコック「ラーメンモッチッチ ワンタン麺」を食べました!
あの真空仕立て麺の焼そばシリーズ「モッチッチ」からラーメンが出ました!

10/7発売 ラーメンモッチッチ ワンタン麺

ついに「モッチッチ」からラーメンの商品が登場しましたね!
いずれ真空仕立て麺のラーメンは出るとは思っていましたが!

焼そばモッチッチ」は今やエースコックの看板の1つですし、
その技術である真空仕立て麺は非常に価値が高いのですよね!(*゚ー゚)

実際のラーメン屋でも最近はよく用いられるようになっている、
「真空ミキサー」を使って生地を練る際に空気を抜くことにより、
より密度感の高い麺を作るのが最大の特徴となっています!

特にカップ麺の油揚げ麺は仕上げに麺を油で揚げることもあり、
気泡があると揚げる際に大きくなってすき間ができるのですね!

それが油揚げ麺特有のふかふかとしたやわらかさになるのですが、
その気泡を消すことにより、強いもっちり感を出したのですよね!

この技術は当然ながら焼そばだけでなくラーメンにも使えますし、
エースコックもいずれはラーメンの開発を狙っていたのでしょう!

そして具材もエースコックの看板の1つであるワンタンを起用と、
かなり本気で作り上げてきていることが伝わってくる内容です!

10/7発売 ラーメンモッチッチ ワンタン麺(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープつき


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなってます!
カップの中でなくフタについているのは珍しいですね!

エースコックはとりあえずカップの中に入れてきますからね!

ただカップの中に入っているとどうしても小袋が粉まみれになるので、
手が汚れるのを避けるため女性向けのこの商品では避けたのかもですね!

10/7発売 ラーメンモッチッチ ワンタン麺(できあがり)

縦型カップでワンタンが3個、これはなかなかの充実度ですね!

◎スープ - 王道の鶏スープにだしの旨味が映える


まずはスープですが・・・おぉ、こちらも組み立てが見事ですね!(●・ω・)

基本は鶏をベースに香味野菜を重ねて王道の醤油スープです!
この部分について言えばけっこう古風な感じすらしてきます!

ただ素晴らしいのはスープ全体の組み立てが見事な点ですね!

鶏ベース+香味野菜という組み合わせは非常にベーシックですが、
動物油脂などによってコクもしっかりと打ち立てています!

そのためすっきりとはしながらも、軽さは感じさせないのですよね!

そして油脂で厚みとコクを出しつつ、かつおだしで優しい旨味を加える、
ベースの鶏、旨味のかつお、コクの油脂、このバランスが実に見事です!

この「モッチッチ」はかなり女性層を意識したブランドであるため、
もっと優しい方向にスープを振ってくるかなと予想していましたが、
たしかにだしの優しさはありながらも油脂で上手くコクを演出して、
厚みやバランスの良さも感じさせる調和の高い味わいになってます!

でもって、飽きの来ない味に仕上がっているのも大きな強みです!(*゚◇゚)

この商品はおそらく完全なレギュラー化を狙ってるはずなのですよね!

東洋水産の「QTTA」、サンヨー食品の「和ラー」に匹敵するような、
定番でありながらも同時に新世代的なクオリティの高さを見せる、
そうしたラインを狙った商品なのはおそらく間違いないのですよね!

そうするとインパクトはあっても飽きが来る味わいではいけない、
クオリティと安心感を両立させる味が求められているのですよね!

そういう点では実にいいラインに着地させられていると思います!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ加工品、しょうゆ、植物油脂、糖類、
食塩、動物油脂、粉末しょうゆ、カツオブシパウダー、大豆たん白、
カツオブシエキス、オニオンパウダー、チキン調味料、香辛料、
酵母エキス、たん白加水分解物、全卵粉という構成になっています!

油脂、かつお、香味野菜、鶏の4つが上手く組み立てられてますね!
醤油関係の原材料が3種類入っているあたりも興味深いですが!

◎麺 - 油揚げ麺としては最高クラスかも


そして麺ですが・・・いや、これは素晴らしいとしか言えないです!(`・ω・´)

いやぁ、これはちょっと油揚げ麺の常識を覆してきてますね!

油揚げ麺はどうしても気泡の関係で麺が白っぽくなるのですが、
この麺は気泡がほとんどないのでかなり透明感が強いですね!

表面のつるみ、噛んだときのモチッとした弾力がずば抜けており、
油揚げ麺なのにほんとにリアルな中華麺の感触が楽しめます!

なんというか、質感だけで言えば油揚げ麺よりノンフライ麺に近い、
そこにちょっと油揚げ麺ぽい香ばしさが加わっているという感じです!

一方でノンフライ麺にありがちな表面の硬さはそれほど感じなく、
表面はなめらかで、噛むとしっかりと弾力を感じさせる麺ですね!

これはすごいですね、カップ麺における麺の革命的存在と言えます!
10点満点で点を付けろと言われたら、10点をつけたくなる内容です!

最近自分が絶賛している東洋水産の次世代麺よりもさらに上に来ます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は55gで、カロリーは290kcalとなっています!
脂質は10.3gで、十分に低く抑えてきていますね!

この「ちょっとだけ麺量が少ない」が「モッチッチ」なのですよね!
他のこのタイプのカップ麺はおおむね60gが基本になってますからね!

◎具材 - ワンタンを中心に具材も文句なし


具材は大ぶりのワンタン3個、メンマ、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材、メンマはコリコリ感が強いです!
オーソドックスではありますが、必要な仕事はしていますね!

そしてワンタンですが、内容としては十分なものがありますね!(=゚ω゚)

ちょっと皮の折り目のあたりに硬さが残ることがありますが、
中の餡も含めて、十分なクオリティはしっかり備えてます!

なんせエースコックは「ワンタンメン」のメーカーですからね!

そして量も3個と多く、これなら具材も充実してると言えますね!

◎まとめ - エースコックの本気が見えるカップ麺の新スタンダード


これだけ様々なカップ麺ブランドが登場してきている中で、
スタンダードを新たに作るのは非常に難しいのですよね!

ですが、スープと具材で押さえるべきポイントを押さえながら、
麺で他社の追随を許さないクオリティをしっかり作り出した、
これで定着しなければ「嘘だろう」と思うぐらいの内容です!

今年の新作の中でも最上位クラスに入ってくる内容ですね!

これは食べないともったいないと思わせてくれる一杯でした!(゚x/)モキルーヌ

【関連記事】
ラーメンモッチッチ 野菜タンメン
ラーメンモッチッチ ワンタン麺
塩レモン焼そばモッチッチ 瀬戸内レモン仕立て
たらこ味焼そばモッチッチ だし塩仕立て
五目中華焼そばモッチッチ オイスターソース仕立て
塩焼そばモッチッチ ふわり鰹だし
焼そばモッチッチ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/1発売 麺屋一燈 濃厚魚介鶏白湯飯

10/1発売の日清「麺屋一燈 濃厚魚介鶏白湯飯」を食べました!
ローソンのみで限定販売されている商品となります!

10/1発売 麺屋一燈 濃厚魚介鶏白湯飯

東京の有名店である「麺屋一燈」のカップ麺はこれまでにも何度か出てますが、
ついにこうして「カップ飯」のジャンルにまで進出してくることになりました!

有名店の「カップ飯」としては「蒙古タンメン中本」も出していましたね!

もちろん「カップ飯」系ということで、製造は日清となっています!

「麺屋一燈」というと、様々なスタイルのラーメンを出してますが、
今回はお店の王道である「魚介鶏白湯」をモチーフにしてるようです!

「魚介鶏白湯」のご飯というのはけっこう珍しいと言えますね!

10/1発売 麺屋一燈 濃厚魚介鶏白湯飯(内容物)

◎内容物 - フタに後入れの特製鶏油がついている


内容物は後入れの特製鶏油の小袋となっています!
これによって鶏白湯らしさをより高めるのですかね!

10/1発売 麺屋一燈 濃厚魚介鶏白湯飯(できあがり)

おっ、具材の主役である鶏だんごがけっこう多く入ってますね!

◎スープ - かなりどっしりとした鶏の風味と魚介の融合


まずは調味油を入れる前の風味ですが・・・この時点では魚介が強いです!(*゚◇゚)

魚介の旨味を軸にして鶏白湯がベースとして下支えしている感じです!

この時点では特にどっしり感はなく、むしろサラリとしていますし、
かなりオーソドックスな魚介鶏白湯のスープという印象ですね!

それだけでも十分美味しいですが、強烈な個性があるわけではなく、
「食べやすいバランスに仕上がっている」という感覚が強いです!

そこに後入れ鶏油を入れてみると・・・一気に鶏が主役になります!(●・ω・)

鶏油を入れる前と後でびっくりするぐらいに印象が変わりますね!

この鶏油はちょっと鶏の旨味を全体にプラスするというよりも、
スープ全体を鶏の味わいに染めるぐらいのパワーがあります!

それによってバランスも一気に魚介よりも鶏がメインになります!
またそれまで軽めだった風味もかなりのどっしり感を見せます!

パワフルな鶏の旨味と風味に、魚介もパワーを持って攻めてくる、
そういったかなり個性の強い味わいへと印象が変貌してきます!

面白いのは鶏の風味が強まって全体のアクセントが高まると同時に、
魚介の感じ方も若干のクセをもって感じられるようになる点ですね!

でも後入れ鶏油のほうには特に魚介の風味は入ってないはずなので、
これは鶏の風味が強まったことによる相乗効果なのでしょうね!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキン調味料、豚脂、砂糖、食塩、でん粉、鶏脂、
粉末しょうゆ、魚粉、クリーミングパウダー、小麦粉、香辛料、
魚介調味油、オニオンパウダー、香味調味料、魚介調味料となってます!

「なぜ2番目が豚脂?」というふうに思われるような気もしますが、
豚脂でコクを出すのは日清のよく使う手法ではあるのですよね!

おそらく豚脂は後入れ調味油ではなく粉末スープメインなのでしょう!
それによってスープの厚みを出すという方法ではないかと思います!(*゚ー゚)

あとは鶏を中心に魚介を重ね、サポート的なものが加わる感じですね!
クリーミングパウダーが使われているのは少々意外ではありましたが!

◎ご飯 - いつもの日清らしいアルデンテ風ご飯


ご飯はいつもの日清のごはんシリーズと特に違いはないですね!

標準の5分だとやや芯を残していて、8分ぐらいでほど良くなってくる、
また時間が経っても極端にやわらかくなったり崩れたりはしません!(=゚ω゚)

熱湯調理のご飯としてはこのあたりは順当なラインなのでしょうね!
いつもどおり多少硬めながらも特に不満は感じなかったですね!

◎量と栄養成分


全体量は102gで、カロリーは409kcalとなっています!
脂質は9.4gで、そこそこの数字といったところでしょうかね!

◎具材 - たっぷりと入った鶏つくねの満足度が高い


具材は鶏つくねとねぎという組み合わせとなっています!
この2つだけに絞ってきたというのがずいぶん潔いですね!

今回は鶏白湯なので、鶏だんごというチョイスは合っていますし、
他にラーメンぽい具材を一切起用していないのは興味深いです!

ねぎについてはごくごく普通の乾燥具材の薬味となっています!

鶏だんごは鶏の風味もしっかりで、食感もリアル感があって、
さらに量も多いということで、不満な点は全くないですね!(`・ω・´)

カップご飯の商品で合計9個ぐらい入っていれば十分ですしね!
この鶏だんごのおかげでトータルの満足度もかなり上がってます!

◎まとめ - 鶏白湯の本格度に鶏だんごと充実した内容


スープもどっしりとしていて風味の強い鶏白湯をベースに、
魚介の旨味も生き、具材についても充実していましたし、
1つのご飯ものとしてなかなかの完成度だったと言えますね!

やはり魚介系の旨味があるとご飯との相性は良くなりますね!

魚介鶏白湯とご飯が組み合わさった旨さが堪能できる一杯でした!(゚x/)モキール

【関連記事】
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/30発売 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン

9/30発売のエースコック
「全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン」
を食べました!

全国のラーメン店をカップ麺化する「全国ラーメン店マップ」からの新作です!
もっともこのシリーズから出てる商品の半分以上は北海道のお店なのですが!

9/30発売 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン

そして今回も例によって北海道のお店が商品化されました!
ただこの「蜂屋」がカップ麺化されるのが今回が2回目ですね!

昭和22年創業のお店ということで、かなり長い歴史がありますね!

第1弾の商品については、こちらのブログでも紹介しています!

商品名は少し変わっていますが、ちょっとチェックしてみると、
どうも前回と同じラーメンをカップ麺化しているみたいですね!(*゚ー゚)

このシリーズで2回以上発売されたのは以前は「」だけでしたが、
この「蜂屋」もその仲間に加わったということになりますね!

9/30発売 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン(内容物)

◎内容物 - カップの中に後入れ液体スープ入り


エースコックらしくカップの中には液体スープが入っています!
あとはおおむねオーソドックスな具材構成となっていますね!

9/30発売 全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン(できあがり)

いかにもエースコックらしい仕上がりのビジュアルですね!

◎スープ - 焦がしラードの香ばしさとアジや煮干のパンチ


まずはスープですが・・・かなりパンチのある味わいですね!(●・ω・)

一言で言うと豚骨魚介スープに焦がしラードを加えたものですが、
このベースとなる豚骨魚介がかなりアクセントが強いのですよね!

一般的には豚骨魚介は豚骨のまろやかさに魚介の旨味を加えた、
かなりバランスを重視したスープという印象があるのですが、
こちらは豚骨はまろやかというよりはパワー重視の下支えで、
そこに重なる魚介の風味についてもかなりパンチが強いです!

とりわけアジ節による風味が強いアクセントを生んでいますね!

このクセの強さは多少なりとも好みを分ける感じがしますが、
一方でスープの個性を明確にしているところもありますね!

なので、一般的な豚骨魚介系のラーメンをイメージするよりは、
「豚骨の下支えにクセのある魚介」ととらえたほうが近いです!

そしてそこに重なる焦がしラードですが・・・これもパンチが強いです!(=゚ω゚)

むしろ全体の中でも最も前面に出てくるのが焦がしラードですね!

かなり量が多いので、スープ全体をヘヴィな印象にしますし、
なおかつ焦がしが加えられているので香ばしさも持っています!

ラードによって厚みを出し、焦がしと魚粉で香ばしさを演出する、
全体的に非常にパワー路線と呼べるスープとなっていますね!

特に印象的なのが、全体の調和をはかった味になってるというより、
パンチの強いものを2つ別々に放り込んだような形になってる点ですね!

焦がしラードも強く、アジなども強い、そしてその2つが調和するというよりは、
それぞれがスープの中で互いに強調しあってぶつかり合ってる感じが強いです!

それゆえにバランスの良さを楽しめるスープとは少々違いますが、
一方で強い個性を楽しめる仕上がりであることは間違いないですね!

こうしたスープの方向性は第1弾商品のときとも変わってませんね!

◎スープの原材料


スープの原材料は動物油脂、ポーク調味料、しょうゆ、食塩、植物油脂、
ポークエキス、魚介パウダー、粉末しょうゆ、おからパウダー、香味油、
チキンエキス、チキン調味料、果糖ぶどう糖液糖、香辛料、発酵調味料、
デキストリン、魚介エキス、酵母エキス、しょうゆ加工品、でん粉、全卵粉です!

なんと4行にも渡る非常に複雑な原材料構成となっています!
エースコックって、ときどきこういうケースがあるのですよね!

第1弾商品のときとそれほど大きく変わっているわけではないですが、
一部の順番が変わったり、原材料の出入りは多少見られますね!

動物油脂が中心でそこに豚や鶏、魚介が重なる点はほとんど同じです!

◎麺 - 中太ぐらいのやや歯切れのいい油揚げ麺


麺は中太ぐらいの太さのやや歯切れを重視した油揚げ麺です!
エースコックのこうした低加水寄りの油揚げ麺はよく見ますね!

典型的な油揚げ麺に比べるといくぶんすっきりとした風味で、
なおかつスープなじみがいいので応用範囲は広いと言えます!(*゚◇゚)

特に魚介が強めのスープや豚骨系によく合う印象がありますね!
今回は魚介が強いので、スープとも上手く合わさっています!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは400kcalとなっています!
脂質は16.8gで、油脂感の割には意外と数字は低いのですよね!

第1弾は18.8gで417kcalだったので、少し軽くなっています!
そう考えると、第1弾はかなりヘヴィな仕上がりだったのですね!

◎具材 - 平凡ではあるが一通りはそろっている


具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎとなっています!
この組み合わせはエースコックとしては定番になってますね!

チャーシューが丸型になったりチップになったりと変化はありますが!

チャーシューチップはやや硬めで、乾燥肉っぽい風味がありますね!
このあたりはエースコックのチャーシューの特徴と言えるでしょう!(`・ω・´)

やわらかめのものが多い日清や明星とは少々違ったタイプです!

メンマはコリコリ感が強く、いいアクセントになっています!
ごく普通ではあるのですが、食感に特徴が出ているのはいいですね!

ねぎについてはごくごく普通の薬味用の乾燥ねぎとなっています!

◎まとめ - 強い個性をぶつけ合わせて作った味わい


魚粉とラードというのは旭川ラーメンの特徴でもあるようですが、
特にこのお店らしい個性のぶつかり合いが印象的な一杯でしたね!

調和よりも、アジの強いクセと焦がしラードのインパクトを重ねて、
バランス感よりもゴリゴリとしたアピール力で攻めてきましたからね!

それゆえに多少好き嫌いが分かれるタイプでもあるとは思いますが、
気に入ればグッと引き込まれるだけの力を持ってるのもたしかです!

無個性なカップ麺に比べれば、これぐらい強めがいいかもですしね!

魚介と焦がしラードの個性が光る仕上がりの一杯でございました!(゚x/)モギューンヌ

【関連記事】
全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン
全国ラーメン店マップ 奈良編 天理スタミナラーメン しょうゆ味
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2019年)
全国ラーメン店マップ 京都編 あいつのラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン
全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2018年)
全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン
全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2017年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/30発売 極のチャルメラ バリカタ麺 濃厚豚骨まぜそば

9/30発売の明星「極のチャルメラ バリカタ麺 濃厚豚骨まぜそば」を食べました!
豚骨向けバリカタ麺シリーズである「極のチャルメラ」からの汁なしの新作です!

9/30発売 極のチャルメラ バリカタ麺 濃厚豚骨まぜそば

「チャルメラ」というと、主に袋麺で知られるあの歴史あるシリーズですが、
この「極のチャルメラ」はその「チャルメラ」とはちょっとタイプの違った
豚骨ラーメン向けのバリカタノンフライ細麺をアピールするシリーズです!

それゆえに従来の「チャルメラ」とはちょっとイメージが違うのですよね!(=゚ω゚)

こうした系統は以前は「バリカタ」ブランドで展開されていましたが、
それが「極のチャルメラ」へと統合される形になったのですよね!

「チャルメラ」というブランド力の強さを考慮したものなのでしょう!
逆に「チャルメラ」ブランドの強化の狙いもあったと見られますが!

さて、この「極のチャルメラ」は基本的には汁あり系がメインですが、
1年に1回ぐらいではありながらもこうした汁なし商品も出るのですよね!

昨年も「極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば」が出ていましたからね!

このシリーズはとにかく麺が本格派の豚骨ラーメンらしいものなので、
汁なしにすると個性がより引き立って高いクオリティを見せてくれます!

なので、今回の商品も間違いないものが期待できそうな感じですね!

9/30発売 極のチャルメラ バリカタ麺 濃厚豚骨まぜそば(内容物)

◎内容物 - かやくと液体ソースにふりかけ付き


内容物はかやく、液体ソース、ふりかけとなっています!
湯戻し時間は1分と短いので、すぐにできあがりますね!

9/30発売 極のチャルメラ バリカタ麺 濃厚豚骨まぜそば(できあがり)

おっ、チャーシューもなかなか多く見た目が充実していますね!

◎タレ - どっしりとした豚骨と豚脂に焦がしにんにく油


まずはその味ですが・・・おっ、なかなかどっしりとした味わいですね!(●・ω・)

ベースの豚骨もさることながら、豚脂の分厚さもかなりのものです!
まったりとした豚骨と豚脂でガンガンに豚の主張を攻めてきますね!

汁あり系だと「食べやすいクリーミー豚骨」に走りがちな明星ですが、
汁なしはやはりパンチ重視なのでかなりどっしりとした味にしてきますね!

やっぱり豚骨系はこれぐらいパンチと重さがあるほうがおいしいので、
こうしたバランスの取り方は自分としても大いに歓迎ではありますね!

普段の「軟弱さを感じさせるような豚骨ダレ」にはなっていないです!

そしてここにアクセントとして加えられているのがマー油ですね!(`・ω・´)

画像で見てもわかるのですが、今回のタレはけっこう黒いのです!

もちろんこの黒さには醤油ダレによる部分も少なからずありますが、
いわゆる「豚骨醤油系のタレ」にしては色がかなり濃いのですね!

そしてその風味も味わうと、焦がしにんにく油が多いのがわかります!

もっと素直に豚骨のみで味を仕上げてきても良かったかと思いますが、
こうして豚骨+焦がしにんにく油にすることでアクセントも出ますし、
なおかつ汁なしはガーリックなどのワイルド要素との相性がいいですし、
そういう点ではなかなか上手くまとめてきたと言っていいでしょうね!

そしてこの2つの要素だけでは味が重い方向に傾きすぎるところを、
ふりかけの香辛料のごまが上手く緩和する効果も見せてくれてます!

このふりかけがなかったら、全体的にもっと重く感じたかもですね!
バランスの調整役、食感の変化という2点でいい活躍をしていますね!

◎タレの原材料


タレの原材料は豚脂、しょうゆ、香味油、糖類、背脂、食塩、ポークエキス、
たん白加水分解物、香味調味料、香辛料、卵粉となっています!

豚骨よりも豚脂や香味油により重点を置いた内容になってますね!
豚脂、香味油、背脂と油脂だけでかなり主要な地位を占めてますし!

そういう点では「豚骨油そば」的な要素が強いと言っていいかもです!

◎麺 - さすがは明星の豚骨向けノンフライ麺と言わしめる完成度


そして麺ですが・・・やっぱり明星の豚骨向け麺は文句なしですね!(*゚◇゚)

ストレート感、麺の形状、細さ、そのあたりも素晴らしいのですが、
低加水麺らしいパツパツ感、食感、小麦の風味がとにかく秀逸で、
これだったら普通にお店で使っても文句が出ないと思うレベルです!

むしろこの麺は一般の豚骨向け麺と違って事前に一度熱が入ってるので、
いくら硬めで食べてもお腹を壊さないという利点もあるぐらいですしね!

間違いなく豚骨向けノンフライ麺としては業界No.1と言えるでしょう!
ほんとこの分野にかけては明星は他の追随を全く許しませんね!

「豚骨向けノンフライ麺と言えば明星」、これは確実に言えます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は75gで、カロリーは465kcalとなっています!
脂質は19.3gで、ノンフライ麺としてはやはり高めですね!

それでも油揚げ麺商品だったら脂質がゆうに30gを超える濃厚さなので、
それが20gを切るあたりで済んでいるのはノンフライ麺のおかげですね!

◎具材 - チャーシューチップが多く、具材も充実


具材はチャーシューチップ、ニラ、きくらげとなっています!

チャーシューチップは明星らしいちょっと甘めの仕上がりですが、
肉感もそこそこあって、量も多いので充実度は十分に高いですね!(*゚ー゚)

ニラは全体の香味やアクセントを高めるうえで貢献してくれてます!

そして何気にキクラゲが入っているのもうれしいポイントですね!
1分湯戻しでキクラゲが食べられるって、何気によくできてますしね1

◎まとめ - 明星の「ノンフライ系汁なし豚骨」に間違いなし


食べる前から期待度は高かったですが、それにしっかり応えてくれました!

汁あり系だとどうしても優しい味わいにまとめられがちですが、
汁なしなら味でも攻めてくれますし、麺に関しては完璧な内容、
さらに具材も充実となれば、否定すべき点はほぼないと言えます!

もうこれはカップ麺ではなく、本格派麺料理として楽しめますね!(゚x/)モキーニュウ

【関連記事】
極のチャルメラ バリカタ麺 濃厚豚骨まぜそば
チャルメラ 青森スタミナ源たれ にんにく醤油まぜそば
極のチャルメラ バリカタ麺 辛ダレ濃厚豚骨
極のチャルメラ バリカタ麺 辛豚骨まぜそば
チャルメラどんぶり 宮崎辛麺
チャルメラ 油そば
極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ
チャルメラSPECIAL 特濃ホタテだしシーフードヌードル
チャルメラどんぶり 辛白湯
チャルメラどんぶり コク旨しょうゆ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/1発売 サバ6製麺所監修 サバ醤油そば

10/1発売のエースコック「サバ6製麺所監修 サバ醤油そば」を食べました!
ファミリーマートのみで限定販売されている商品となります!

10/1発売 サバ6製麺所監修 サバ醤油そば

「サバ6製麺所」は大阪を中心に展開しているラーメン店ですね!
サバ節を大量に使ったサバのアクセントが強いラーメンが特徴です!

自分も大阪福島の本店などのお店に過去に訪問したことがあります!

もともとは大阪の天神橋筋6丁目から個人店として始まったのですが、
その後で企業に権利を売って多店舗展開がされるようになっています!

それからはものすごい開店ラッシュが大阪を中心に見られましたが、
閉店ペースも激しく、開店と閉店をひたすらくり返してるのですよね;

そうしたこともあって大阪のラーメン好きの間では最初は注目されたものの、
最近はやや冷ややかな視線で見られているといったイメージがありますね;

多店舗展開→閉店のくり返しで評価を落とすお店って多いですからね;

ところで「サバ6製麺所」の「6」ってなんだと感じると思われますが、
これは先に触れたように天神橋筋6丁目からお店が始まったためですね!(*゚ー゚)

多店舗展開が進んだ今ではもはやこの「6」は何の意味もなくなってますが!

10/1発売 サバ6製麺所監修 サバ醤油そば(内容物)

◎内容物 - カップの中に後入れの液体スープ入り


内容物は液体スープで、カップの中にあらかじめ入っています!
縦型カップの中に液体スープを入れるのはエースコックの得意技ですね!

10/1発売 サバ6製麺所監修 サバ醤油そば(できあがり)

やや濃いめの色のスープに太麺が合わさる組み合わせとなってます!

◎スープ - サバ節が強く、見た目よりも醤油はやわらかい


まずはスープですが・・・意外とバランス型の味わいになってますね!(●・ω・)

実際にお店のスープもそれなりにバランス型ではあるのですが、
この商品はお店と比べてもより中庸的な味になっていますね!

サバ節の量は多く、決して手を抜いている感じはないのですが!

サバ節の粉末を大量投入することでその旨味を中心に据え、
鶏でベースを作り、そこに強めに醤油を効かせた感じです!

ただ醤油についてもその色ほどに味が鋭いわけではないです!

お店のほうは濃いめの醤油特有の風味もけっこうありましたが、
こちらはあまり醤油が目立たないようにバランスを取ってますね!

なので、実際の「サバ6製麺所」のバランスを意識したうえで、
そのスケールを全体的に小さくしたような味と言えますかね!

サバは強いけどお店よりは控えめ、その分だけ醤油も軽め、
そうすることによって全体の調和を意識したような感じです!(*゚◇゚)

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、食塩、魚介パウダー、香味油、植物油脂、
砂糖、発酵調味料、チキンエキス、魚介エキス、たん白加水分解物、
ポークエキス、チキン調味料、おからパウダー、酵母エキス、
オニオンパウダー、動物油脂、香味調味料、香辛料、ポーク調味料です!

この異様に長い原材料の構成はいかにもエースコックらしいですね!

それでも中心は醤油と魚介パウダー(魚粉)なのがわかりますね!

ギミック要素のおからパウダーが入っているのは少々謎ではありますが!
おからパウダーって、白湯的なざらつき演出で主に使われるものですしね!

◎麺 - かなり太めの力強さを感じる油揚げ麺


麺はかなり太めで、ちょっと平打ちぽさも感じさせる油揚げ麺です!

油揚げ麺臭はそこまで強くないですが、それも麺がやや強めですね!
なので、少しお湯を減らすぐらいにしてもいいかもしれないです!

実際のお店もかなりの太麺なので、そこに合わせているのですね!(=゚ω゚)

どうしてもスープのスケールが実際のお店よりは小さくなった分だけ、
相対的に麺の存在感が目立つようになっているところはありましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは374kcalとなっています!
脂質は13.6gで、麺量を考えれば標準的な数字ですね!

◎具材 - いかにもカップ麺的な具材構成


具材は丸型チャーシュー、メンマ、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥ねぎで薬味としての役割ですね!

チャーシューも丸型が使われているのは多少うれしいのですが、
味はいかにもカップ麺的なごくごく普通のものではありますね!(`・ω・´)

この中だとメンマが最もいい仕事をしていると言っていいかもです!
量もそこそこあって、コリコリ感を上手くアピールしてましたしね!

お店のトッピングはレアチャーシュー、メンマ、ねぎなどなので、
質はともかくおおむね内容は踏襲しているとは言えるのですよね!

◎まとめ - 全体的に平凡だが、サバはそこそこ目立っている


全体的に見ると「バランス型の魚介ラーメン」という感じですが、
お店のウリであるサバについてはそれなりにアピールされてますね!

でもってバランス重視なので食べやすいのは利点と言えるでしょう!
ただし太麺が苦手な場合は避けたほうが無難なのはたしかですが!

サバと醤油が強めのラーメンを求めるならアリでしょうね!(゚x/)モキユーン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨

9/30発売の東洋水産「ハリガネ ねぎだく豚骨」を食べました!
1分湯戻しで食べられる東洋水産の豚骨シリーズからの新作です!

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨

このところ東洋水産は縦型カップ向けの麺の改良を進めてましたが、
一方で東洋水産が抱える縦型ブランドにもそれぞれ麺が個性があるので、
各ブランドに合わせた改良が必要になるという問題があったのですよね!

そんな中で「本気盛」シリーズの麺の改良が完成して新作が登場し、
さらにこの「ハリガネ」シリーズも新たな麺で新作が出てきました!(`・ω・´)

最近の東洋水産の麺は「しなやかな食感」がポイントになってますが、
「ハリガネ」シリーズは豚骨向けらしい硬めの食感がウリなので、
ちょっと麺の開発には苦労したんじゃないかと思わされもしますね!

そこでこの新しい麺がどんなパフォーマンスを見せるのかに注目ですね!

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨(内容物)

◎内容物 - 具材はいつもとほぼ同じで、後入れ調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた後入れ調味油となっています!
ねぎとひき肉という具材の組み合わせは「ハリガネ」らしいですね!

湯戻し時間が1分となると、どうしても具材も制限されるのでしょう!

9/30発売 ハリガネ ねぎだく豚骨(できあがり)

たしかに今までに比べると麺の質感がナチュラルになっていますね!
以前はもっと「いかにもカップ麺的な縮れ」が強かったですからね!

◎スープ - 調味油でアクセントをつけた王道の豚骨スープ


まずはスープですが・・・かなり真っすぐな豚骨スープで来ましたね!(●・ω・)

どうも今回はあえてスープはオーソドックスに来たような気がしますね!

今回の最大のポイントは麺の改良なので、それが最も伝わるように、
また「新生ハリガネ」を印象付けるべく原点に返ったスープで来た、
そういうふうに感じ取ることのできるベーシックな味となっています!

そこそこスナック感のある素直な豚骨スープをベースにしたうえで、
そこに豚脂と植物油脂をミックスしたオイルで厚みを重ねる方式です!

このスナック的豚骨+油脂は「ハリガネ」の基本形でもありますしね!

また植物油脂に関してもごま油的な強い風味のアクセントはなく、
ベーシックに油脂感を高めてコクを出すスタイルになっています!

なので、油脂感は高めながらも強烈なアクセントのようなものはなく、
「普通においしく食べられる豚骨スープ」に仕上がっていますね!

良くも悪くも「安心して手に取れる豚骨ラーメン」と言えるでしょう!(*゚ー゚)

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、植物油、ラード、食塩、砂糖、香辛料、
香味油脂、ごま、でん粉、たん白加水分解物、発酵調味料となってます!

この原材料、以前に出た「ハリガネ ネギトン」とほぼ同じですね!

「ねぎが多めの豚骨スープ」という点でも共通していますし、
今回はあえて過去商品に近いスープにしてきたのでしょうね!

◎麺 - スナック感を残しつつ新世代感も導入


麺は断面の四角いスナック感が強めの油揚げ麺となっています!

まず基準である湯戻し1分で食べると、かなりサクサクしてます!
「豚骨向け麺の硬さ」というよりは、単に戻ってない感じですね!笑

このあたりは以前の「ハリガネ」も麺も同様な傾向でしたが!

その後も最初のうちはスナック的なサクサクした印象が続きますが、
少し麺が戻ってくると、今度はしなやかな要素が少しずつ強まります!

また油揚げ麺臭なども以前に比べるといくぶんは軽くなってますね!
ただそれでも他の新世代麺よりはスナック感は強めではありますね!

なので、完全に最近のしなやか新世代麺路線に移行したというよりは、
従来の麺と新世代麺のハイブリッド的な立ち位置にあると言えそうです!(*゚◇゚)

それゆえに麺の変化についての感動は他の商品ほどではないですね!
ただクオリティに磨きをかけてきたというのは間違いないと言えます!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは465kcalとなっています!
脂質は25.2gで、かなり高めの数字となっていますね!

以前の「ネギトン」と比べても栄養成分の数字はかなり近いです!

◎具材 - お決まりのねぎ&鶏ひき肉


具材は「ハリガネ」が得意とする鶏ひき肉とねぎとなっています!

鶏ひき肉は味は強くないですが、肉感の演出には役立ってますね!
なんだかんだでこのひき肉が「ハリガネ」らしさでもありますしね!(=゚ω゚)

ねぎは量は多いですが、やわらかく風味もキツさは持ってないので、
「ねぎだく」ながらもけっこう食べやすい味わいに仕上がってますね!

「ネギトン」との違いは具材から紅生姜が抜けた点になりますね!

◎まとめ - 麺の改良が主役だが、他の商品ほど強い変化ではないかも


スープはかなりオーソドックスで、麺に焦点が当てられてましたが、
間違いなく改良されている一方でそこまで強いインパクトはなくて、
ある程度は従来の「ハリガネ」の流れを汲んだ内容になってましたね!

ただ麺についてはおそらく今後もいろいろ改良されるでしょうね!
「サクサク感を出しつつ新世代感」はまだ追求できるでしょうし!

「ハリガネ」シリーズらしい食べやすい豚骨ラーメンでございました!(゚x/)モキニューヌ

【関連記事】
ハリガネ ねぎだく豚骨
ハリガネ ピリ辛高菜とんこつ
ハリガネ スパイシー豚骨
ハリガネ ネギトン
ハリガネ 黒ダレ辛とんこつ
ハリガネ バリうま博多風とんこつ
ハリガネ 高菜明太味とんこつ
ハリガネ 担々とんこつ味
ハリガネ 濃いめとんこつ味
ハリガネ 極細メンかた とんこつ味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.