綿麺 17周年! 和風とんこつちゃーしゅー 大盛 燻製ハムトッピング

開店17周年のお祝いを兼ねて綿麺へと訪問してまいりました!
今年の2月2日で綿麺は開店17周年を迎えたのですよね!

本当は2月2日ちょうどに周年祝いに駆け付けたかったのですが、
自分の場合はどうしても訪問が夜になりがちということで、
2月2日に最も近い夜営業のある日である2月4日に行ってきました!

もちろん例年の周年祝いと同様に、お花を持って行っています!(*゚ー゚)

前回の訪問が11/27なので、2ヶ月ちょっとぶりの訪問になりますね!

本当は昨年の年末にも訪問する予定だったのですが、
結局訪問できないまま年を越してしまったのですよね;

というのも、「クリスマス後ぐらいに訪問しよう」と思っていたら、
すでに年内の夜営業日が全て終わってしまっていたために、
訪問できないまま終わってしまうというミスをしたのですよね;

例年12月には必ず一度は訪問していたので、これは痛恨でした;

それなら年が明けてから行けばいいかなとも思っていたのですが、
急に気温が下がったので行かないまま時間が過ぎてしまいました;

我ながら「もうちょっと気合入れんかい」とツッコまれる行動ですね;

そんな年末年始にかけてダラダラとしてしまった自分ではありますが、
この周年記念だけは絶対に忘れずに訪問するようにしています!

それにしても前回訪問の11月とは世間の雰囲気が変わりましたね;

11月末の段階だと、まだコロナへの危機感がやや緩んでいましたが、
その後に急速な感染拡大と緊急事態宣言の再発出ということもあり、
また飲食店には逆風が吹いてしまうことになってしまっていますね;

どうにももやっとするのは、GoToイートで感染が広がりやすい
テーブル席でわいわいと食べるようなお店が一時的に恩恵を得ながら、
その反動のように感染が拡大して再び外食への自粛意識が強まって、
綿麺のように感染対策が行き届いている個食・黙食がメインのお店まで、
その煽りを受けるような形になってしまっているのはすごく残念です;

今回の感染拡大は事実上政治のミスという側面も強く感じるだけに、
余計なことをしなければここまでならなかったようにも思いますし、
GoToイートに参加しなかったお店にとってはいい迷惑ですよね;

綿麺はカウンターのみで、なおかつそれぞれの席に仕切りがあり、
なおかつマスクなしでの会話は禁止するという徹底ぶりなので、
今の時期でももっと気楽に訪問しても問題ないと思うのですよね!

お酒を飲んでテーブル席でわいわいやるお店とはタイプが違いますからね!

さて、最近のレギュラーメニュー目当ての訪問のときは
いつも「つけ麺」だったので、今回は「和風とんこつ」にしました!

なんと前回「和風とんこつ」を食べたのは2018年の9月になるので、
まさかの2年半ぶりぐらいに食べるということになるのですよね!

ただ途中で一度お持ち帰りで家で「和風とんこつ」を食べているので、
厳密には「お店で食べるのは2年半ぶり」ということになりますね!

そしてこれだけひさしぶりに食べるのですから豪華にいきたいと、
チャーシュー増し+麺大盛+燻製ハムトッピングという、
全部乗せに近い最もゴージャスな構成で注文することにしました!

「和風とんこつ」+燻製ハムトッピングで注文するのは今回が初ですね!

綿麺の自家製燻製ハムは本当においしいので、癖になっていますね!

綿麺 17周年! 和風とんこつちゃーしゅー 大盛 燻製ハムトッピング

「和風とんこつちゃーしゅー 大盛 燻製ハムトッピング」がやってきました!

いやぁ、さすがに4種類の肉具材がトッピングされていると豪勢ですね!
薬味も多めで、あとはもうとにかく肉・肉・肉・肉という感じです!

◎スープ - 豚骨と和風だしの融合が絶妙


まずはスープですが・・・改めて食べるとバランスがいいですね!(●・ω・)

綿麺というと、代表的メニューはつけ麺というイメージがあって、
自分としてもまずつけ麺を優先しがちなところがあるのですが、
スープの持つ諸要素の良さをストレートに味わう点からすると、
むしろこの「和風とんこつ」のほうが優れているように感じますね!

つけ麺はやはり個性の強い麺と合わせているということもあって、
ややシャープで油脂も多めにすることでパンチを強めていますが、
こちらの「和風とんこつ」はもっと素直なスープの良さがありますね!

豚骨スープと魚介スープのミックスになっていることもあって、
豚骨の濃度でゴリゴリと攻めてくる感じではないのですが、
豚骨のコクや風味がしっかりと土台を作っているのですよね!

あえて豚骨臭らしいワイルドな要素もそこそこ出していますし、
野太さがありながらも丸みもある豚骨の良さが感じられますね!

そして「和風とんこつ」を食べるたびに実感するのが和風だしの旨さです!(*゚◇゚)

魚介豚骨系ラーメンでは、豚骨+魚粉でゴリッと攻めるものも多いですが、
綿麺は魚粉ではなく、しっかりとした魚介だしでまとめあげるのですよね!

そのため魚粉のゴリゴリとしたワイルドさでアピールするのではなく、
豚骨スープの中からしっとりした和風だしの優しさが広がってきます!

この豚骨のワイルドさと和風だしの優しさの融合が見事なのですよね!
「あぁ、いいだしを取ってるな」という実感がすごくあるのですよね!

この「だし感を味わう」という点ではつけ麺より「和風とんこつ」ですね!

ぜひ綿麺で「和風とんこつ」を味わうときは和風のだしの旨味、
ここにちょっと意識をやって食べるとより旨さが堪能できますね!

◎トッピング - 燻製ハムと和風とんこつの相性も抜群


トッピングはバラチャーシュー(奥)、肩ロースチャーシュー(左)、
レアチャーシュー(右)、燻製ハム(手前)、味玉、ねぎ、かいわれです!

このうちチャーシュー増しにしたことで加わったのが、
肩ロースチャーシューとレアチャーシューの2種類で、
燻製ハムトッピングで燻製ハムが加えられています!

他の具材は「和風とんこつ」のノーマルのトッピングですね!

今回はいつになく2種類の薬味がいい仕事をしてくれていましたね!

「和風とんこつ」の薬味は少々しっかり辛味を立てているのですよね!
そうすることによって、リフレッシュ効果が高まるのですよね!

なので、スープにつけてしまって辛味を取るのではなくて、
できるだけフレッシュに辛味を楽しむ方が効果的ですね!

バラチャーシューはとろっと溶けて最もコクのある味わいで、
肩ロースチャーシューは肩ロースの中でもあえて脂肪の多い部位で、
バラよりも味わいが濃く、ほどよい赤身と脂肪の融合が楽しめます!

レアチャーシューはいつもよりはいくぶん脂身が多めでしたね!
これはチャーシュー麺向けにそうしたチョイスになったのですかね!

そして今回の4種のトッピングで最も効果的だったのが燻製ハムですね!(`・ω・´)

「和風とんこつ」に燻製ハムを合わせるのは今回が初めてでしたが、
いやはや燻製ハムの芳醇な香りは和風とんこつとも相性抜群です!

麺と食べても、スープにつけて食べても、どのような食べ方でも、
この濃厚な豚骨に燻製の風味が加わることでいい変化が加わって、
一気に風味に幅を持たせてくれる効果を見せてくれるのですよね!

「和風とんこつ」の豪華版はまずチャーシュー麺が思い浮かびますが、
それ以上にこの「燻製ハムトッピング」は効果的だと思いましたね!

チャーシュー麺は全体をどっしりとした方向に持って行きますが、
燻製ハムはさっぱりしているので食べやすいというのも長所ですね!

綿麺 17周年! 和風とんこつちゃーしゅー 大盛 燻製ハムトッピング(麺のアップ)

◎麺 - 「和風とんこつ」に欠かせない太めのプリプリ卵麺


麺は「和風とんこつ」の看板の一つでもあるプリプリ卵麺です!

綿麺の麺というとつけ麺の全粒粉麺がとかく有名ではありますが、
「和風とんこつ」のプリプリ卵麺も欠かせない存在なのですよね!

むしろ「ときどき無性に食べたくなる麺」ということで言うと、
こちらの「和風とんこつ」の麺のほうが中毒性がありますね!(=゚ω゚)

ここ数年の間に綿麺に行き始めた人は、和風とんこつ=太麺でしょうけど、
もともと和風とんこつの麺は中ぐらいの太さの卵麺だったのですよね!

それが太麺へとリニューアルされて、今ではそれが定着しています!
もともとは太麺は一時的にテスト変更で導入されたものでしたからね!

太麺になったことで、よりプリプリとした臨場感が高まりましたね!
それと同時に「綿麺は太麺がうまい」という印象も高まりましたね!

◎お祝いのお花


自分はいつも周年祝いの際は簡単な花束をいくつか持って行くのですが、
その後でいつも女将さんがそれを整えてからお店に飾ってくれます!

そして女将さんがその花を飾った写真を送ってくださるのですよね!
今年も女将さんが写真をくださったので、それを紹介いたします!

綿麺 17周年! お祝いのお花

今回は2つの瓶に分けて飾ってくれることになったみたいですね!(*・ω・)

1つはガーベラを中心に背の高い花を合わせたチョイスで、
もう1つは背の低い花で広がりを持たせた仕上がりですね!

これらのお花は枯れてしまうまではお店に飾られています!

◎まとめ - ぜひ燻製ハムトッピングを試してほしい


今回ひさびさにお店で「和風とんこつ」を食べてみましたが、
改めて豚骨スープと和風だしの深みを感じられたと同時に、
燻製ハムの万能性にものすごく痛感したところがありますね!

いやこの燻製ハム、今では綿麺の看板の一つとして定着してますが、
ほんとこれつけ麺にもラーメンにも抜群の相性を見せてくれますね!

この「和風とんこつ+燻製ハムトッピング」は間違いなく試す価値ありです!(゚x/)モニニッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 わんたん麺 大盛

限定メニューが出るという告知を聞いて綿麺へと行ってきました!

前回の限定提供が11/25、そして今回の限定が11/27と、
2日しか空かずに限定が提供されるのは極めて珍しいです!

フライデーナイト開催以前にはそうしたこともあったかもですが、
少なくともそれ以後に関してはなかったことのように思いますね!

フライデーナイトのある時期以降は綿麺で限定が提供されるときは、
ほぼ全て欠かさずに訪問するという方針で進めてきていたのですが、
今回ははじめて行くべきかどうかかなり迷ってしまったのですよね;

この数日ほとんど睡眠が取れていない日が続いてしまっていて、
この日の夕方以降はひさしぶりにゆっくり休めそうだったのですよね!

しかも風邪をひきかけていただけに体が休養を求めていたのですよね;

そう思っていたタイミングで開催当日に急に告知が来たので、
見た瞬間に「え、これは無理だ; 今回ばかりは諦めよう」と、
ここ数年で初めてとなる限定の断念を決断してたのですよね;

いつもなら限定の告知を見ると難しいタイミングでも喜ぶのですが、
今回は体力の問題があり、2日前に限定があったことから完全に予想外で、
見たときは喜びよりも蒼くなって頭が回らなくなっていましたね;

行くとしたら長い睡眠は諦めて2時間程度の仮眠だけにするしかなく、
迷った末に「別に睡眠2時間でもいいや」と行く方針に転換しました!(*゚ー゚)

ただこうした経緯だったので、綿麺への訪問としては極めて珍しい
過去にあった発熱時の訪問に次ぐぐらいのローテンションでしたが;

ところで今回の限定は結果的にこの1日のみの提供となったので、
もし数時間早くパソコンの電源を落とすといった判断をしていたら、
告知を知ることなく起きたら限定が終わってる結果になったのでしょうね;

そう考えると、今回何にしろ告知に気付けたのは良かったのかもですが、
当日告知なのでいずれ見落として限定訪問が途切れるときはきそうですね;

実は過去に当日の限定告知を寝ていて見落としたことはあるのですが、
そのときはいずれも運良く翌日も同じメニューが提供されたことから、
なんとか限定訪問を途切れさせずに済んだということがありますからね;

綿麺 わんたん麺 大盛

ということで、今回の「わんたん麺 大盛」が到着いたしました!

綿麺でワンタン麺が出るのは今回が初というわけではないです!
フライデーナイト(限定デー)時代にも何度か登場してますね!

おそらくは4年前の9月以来の登場になるのではないかと思います!

とはいえ、綿麺のワンタン麺は毎回ワンタンも含めて仕様が大きく変わるので、
ワンタンが乗るというところ以外は全く別のラーメンと見ていいですね!

◎スープ - 昭和を連想させるレトロ感あふれるスープ


まずはスープですが・・・これはかなりレトロ感を意識してますね!(●・ω・)

今回のラーメン全体から強く感じたのは次の2つの点でしたね!
・前回の「引き算の中華そば」と共通する土台を持っている
・よりレトロな懐かしさを意識した味わい

2日前の「引き算の中華そば」も少なからずレトロ感を意識してましたが、
「引き算の中華そば」が現代的なミニマリズム系ラーメンへの意識と
それをレトロな感覚でまとめあげた新旧ミックスの一杯だとするなら、
こちらはそれをもっとストレートにレトロな路線に寄せた感覚があります!

また「引き算の中華そば」は文字通り素材の種類をあえて引き算することで、
主役である素材の鶏と豚骨の清湯スープとしての旨さの輪郭が極めて明確で、
素材そのものの持っている風味が極めてダイレクトに伝わってきますが、
今回は原材料に一定の共通項はありながらもその輪郭は大きく違っています!

「引き算の中華そば」が輪郭を明確にした1つ1つの素材の主役感が強いスープなら、
こちらは投入した素材が交わり溶け合い、1つにまとまった感覚の強いスープです!(*゚◇゚)

おそらくベースが鶏と豚骨の清湯であるというところは共通ではありますが、
そこに香味野菜の風味によるレトロ感、そして強めの香味油であったりと、
動物系を軸にしながらも複合的で溶け合った味わいという印象が強いです!

かといってそれはいつもの綿麺のような明確な動物系+魚介スタイルでもなく、
「あえてどれか1つを立たせない、だけどどの素材も弱くない」味わいですね!

このあたりのまとめ上げ方は歴史のある昭和のお店を連想させる感があります!

というか、実は食べたときに真っ先に連想したのは「池袋大勝軒」だったのですよね!
もしかすると実際に「池袋大勝軒」へのリスペクトもあるスープなのかもしれません!

現代的ダブルスープなどとは違う、もっとトラディショナルな複合系スープで、
動物系・香味野菜・それ以外の素材がしっとりとまざり合っているのですよね!

綿麺 わんたん麺 大盛(麺のアップ)

◎麺 - 手もみ感のあるもっちり縮れ麺


麺はけっこう幅広で、縮れが強めについたものとなっています!

今回のラーメンが前回の「引き算の中華そば」の流れを汲んでいるのは、
この麺によるところが非常に大きいと言っていいでしょうね!

というか、おそらくは「引き算の中華そば」と同じ麺だと思われます!

縮れが強く厚みに不規則性があり、それによって食感が非常に独特で、
手打ち麺を感じさせるような、懐かしさと食感の良さが同居しています!

この麺は「引き算の中華そば」で食べたときも非常にいいと思いましたが、
この「わんたん麺」で食べると、それ以上に引き立っていましたね!

より「麺が主役のラーメン」という雰囲気を強く感じたのですよね!(=゚ω゚)

というか、「この麺の生地を楽しむラーメン」とも言えると思うのですよね!

おそらく今回のラーメンは「引き算の中華そば」でこの麺を開発した時点での、
「1回の限定ラーメンで終わらせるには惜しい」というのが出発点に感じます!

質の高い食感と懐かしさのある麺、そしてこの麺の食感をさらに生かせる、
そこから「じゃあこの麺の生地でワンタンも作ったワンタン麺はどうか」と、
そのように考えてみると、ピタッと当てはまる感じがしたのですよね!

このラーメンの方向性が「麺の生地を生かす」「レトロな懐かしさ」という点で
雰囲気が極めてはっきりとしているのは、そうした背景があったからかもですね!

◎トッピング - ワンタンは皮こそが主役


トッピングはワンタン5個、レアチャーシュー、なると、ねぎです!

ねぎはごく普通の小口切りのもので、軽い薬味として入っています!
ここはねぎを強く立てた「引き算の中華そば」とは対照的ですね!

そしてなるとは普通のものですが、すごくシンボル的に見えますね!
「このラーメンはレトロ感を意識してますよ」というサインにも見えます!

なるとって、どことなく懐かしいラーメンを意識させてくれますし!

レアチャーシューはそこそこ厚めにカットされていますね!
でもおそらく「引き算の中華そば」のときよりは少し薄いと思います!

そこそこ厚めということで、食べごたえはけっこう意識されてます!

でも「引き算の中華そば」ほど、強い肉のパワーを見せる感じではなく、
もう少し一歩引いてワンタンを引き立てる役割に回っている印象ですね!

そして今回の具材の主役は間違いなく自家製ワンタンと言っていいでしょう!(`・ω・´)

生地はもちもちとしているだけでなく、風味も非常にいいのですよね!
生地そのものの味わいがいい、それを強調してる感もあります!

おそらくは麺に使ったものと同じ生地を活用してるように思いますね!
どうも「この麺を生地を最大限に生かしたい」という意図を感じましたし!

とにかく皮のサイズが大きく、たっぷりと生地を楽しむことができます!

そして中には生姜を効かせた豚ひき肉餡と海老が1尾入っています!

この生姜を効かせた豚ひき肉餡は綿麺のワンタンの個性なのですよね!
そしてこの生姜の風味は今回のレトロなスープとも相性抜群です!

このあたりのバランスもまた計算されたもののように感じますね!

そして今回はそこに海老も各1尾入るなど、実に豪華でしたね!
ワンタンの具材という点ではこれまでの中で最も豪華だったかもです!

◎まとめ - 「1つの限定で終わるには惜しかった」思いを感じた一杯


3日間で2つの限定メニューの提供という前代未聞の流れになったことで、
訪問する側としても非常にバタバタして行けるかどうかも瀬戸際でしたが、
こうして行ってみると、なぜ3日間で2つの限定が出たのかがわかりますね!

それぞれはっきりと個性の違いは持ちつつも、前回の「引き算の中華そば」と
今回の「わんたん麺」はどこか双子のような関係性も持ってるのですよね!

すごくいい麺ができたことで、1つのラーメンで終わらせるには惜しい、
さらにもっと幅広い側面からこの麺の生地のおいしさを生かしたい、
そこから生まれた1つが前回の限定で、もう1つがこの「わんたん麺」、
それぞれ麺を生かすために誕生したラーメンとも言えるのでしょう!

「引き算の中華そば」がスープのミニマリズムへの意識が強かったのに対し、
今回はトータルとして眺めれば、「麺の生地の主役感」が引き立っていて、
このラーメンで何を表現したかったのかがはっきりと伝わってきましたね!

「引き算の中華そば」のとき以上に、麺の良さが伝わってくる一杯でした!(゚x/)モグゥー

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 引き算の中華そば

限定メニューが提供されるということで、綿麺に訪問してきました!
今回も闇営業(隠れ営業)スタイルでの限定の提供となります!

ただし今回の闇営業ははじめて予約方式での開催となりました!
twitterのDMであらかじめ予約したうえで訪問する形になります!

またこれまで闇営業はご主人の一人営業の形が多かったですが、
今回は普通に女将さんもいて、通常と同じく2人での営業でした!

これまでの闇営業はどうしても提供数が限られていることもあり、
開店直後にみんな訪問して並びができやすかったのですよね!

でもって、一人営業のことが多かったので待ち時間が長くなりやすく、
そうした問題を解消するために今回は予約方式となったようです!

おそらくは今後の闇営業も予約が基本になりそうな感じですね!

さて、今回の限定メニューは「引き算の中華そば」となっています!(*゚ー゚)

なるほど、この名前だけでラーメンのコンセプトは見えてきますね!

ここ5年ぐらい、ラーメン業界はミニマリズムの波が来てるのですよね!
「いかにシンプルな材料でいい味を出すか」としばしば追求されます!

その代表格として知られるのが、いわゆる水鶏系(鶏と水だけ系)ですね!

スープは本当に鶏だけで、あとは生醤油によって旨味とキレを与え、
そこに鶏油を大量に投入してコクを加えるというスタイルが多いです!

こうしたラーメンは「ひき算で作られたラーメン」とも言われますね!

そんな「ひき算系ラーメンを綿麺流に追求したもの」が今作なのでしょう!

ただしこの「引き算の中華そば」はいわゆる水鶏系ではないです!

事前の告知で「丸鶏と豚骨」というふうに公表されていたことから、
鶏だけではなく豚も使っていることはまず確定していますからね!

ですが、おそらくはあまり複雑な構成ではないことは想像ができます!
この2つを軸にどのように組み立ててくるのか気になるところですね!

綿麺 引き算の中華そば

ということで、「引き算の中華そば 大」がやってまいりました!
トッピングが多いですが、追加などはしておらずこれが標準です!

◎スープ - 丸鶏と豚骨の旨味をシンプルに引き出したスープ


まずはスープですが・・・うん、やはりこれまでとは大きく異なりますね!(●・ω・)

綿麺と言うと、基本的は濃厚な豚骨スープのイメージがありますが、
限定ラーメンではむしろ澄んだ清湯スープをよく作るのですよね!

そうして両方のスタイルの綿麺のラーメンを食べていて感じるのは、
綿麺のラーメンは魚介の旨さが非常に重要な地位を占めている点です!

これまで食べた中で、清湯系での完全な魚介レスは非常に少ないですし!

ですが、今回は「引き算」をテーマにしたラーメンということで、
綿麺にとって極めて重要な存在であるこの魚介を引き算して、
「綿麺の動物系清湯スープ」に完全に焦点を当ててきています!

これは綿麺の清湯を知っている人ほど「おっ」と思うでしょうね!

スープの全体像は丸鶏によって示されていると言っていいでしょう!
丸鶏による優しくふくよかな旨味、これがまず中核を占めています!

そしてここにどしっとした太さを感じるものが加わってきます!
これが豚骨による清湯によるコクと言っていいでしょうね!

今回は引き算を追求したことで、スープの持っているどの風味が
どの素材に由来しているかがストレートに伝わってきやすいですね!

でもって、いつもは魚介と合わさることが多かったことから、
「綿麺の動物系清湯だけを引き出すとどういう味わいになるか」
というのをダイレクトに感じ取るのが難しくもありましたが、
今回はそれを知ることができるという点でも面白いですね!

そして今回はやはり油脂もかなり大きな仕事をしていましたね!(*゚◇゚)

決して水鶏系における鶏油ほどどっさり入ってるわけではなく、
唇が油脂でテカテカするほど入っていたりはしないのですが、
それでも綿麺の清湯としては油脂は多めと言っていいでしょう!

そして今回はこの油脂も動物系がかなり主役にあると感じました!

油脂の黄色が強かったので、メインになっているのは鶏油でしょうが、
かといってこの風味は鶏油が100%というものではなさそうでしたね!

おそらくは自家製の鶏油とラードの2つが主軸であるように感じます!

この油脂によって、ベースのスープの持っている丸鶏と豚骨の旨味に
さらなる動物系のパンチとコクが付与され、力強さが増してました!

そして今回のラーメンはどことなく懐かしさも感じさせられましたね!

ミニマリズム系ラーメンはある意味では極めて新世代的な印象なのですが、
このラーメンはそうした洗練感とどこか古風で素朴な動物系のラーメン、
この2つの個性をミックスしたような、新しくも懐かしい味わいでしたね!

そうした印象に大きく貢献してくれていたのも油脂が大きかったですね!

「綿麺がストレートな動物系清湯を作るとどうなるか」を味わえるとともに、
食べていてどこかほっこりとできる、そうしたスープに仕上がっていました!

◎トッピング - どっさり入った九条ネギが非常に印象的


トッピングはバラチャーシュー、レアチャーシュー、九条ネギ、ねぎです!
九条ネギだけでなく、普通に小口切りにされたねぎも少し入っています!

バラチャーシューはなんだかいつもとは違うように感じましたね!

カットされた位置によって印象が変わったのかもしれませんが、
いつもよりもやや強めの味わいで食感な素朴な感じがありました!

チャーシューの色合いもいくぶんいつもより強く感じますしね!

そしてレアチャーシューですが、これも厚みをあえて変えてましたね!(=゚ω゚)

つけ麺は普段のラーメンへのトッピングはもっと薄めなのですが、
今回は食べごたえを重視して明らかに厚めのカットになってました!

それによってがっつりとした食べごたえが生まれていましたね!

面白いのは全く同じ具材でも、カットで全然印象が変わる点ですね!

このレアチャーシュー自体は完全にいつもと同じだと思うのですが、
厚みが変わると肉の風味の強さや下味の感じ方なども変わってきます!

そして今回肉具材以上に存在感を発揮していたのが九条ネギですね!

まさかこんなに大きなぶつ切りサイズで来るとは予想外でしたね!
しかもどっさり入っていて、一般的な薬味のねぎの印象とは異なります!

こうした大きいカットのねぎが入るラーメンは初めて食べますが、
これはこれで新しいねぎとラーメンの相性を見せてくれましたね!

かなりワイルドなねぎの主張ですが、自分の好みでほどよく熱を加え、
ねぎの持つ甘みと辛味、それとスープや麺の相性を楽しむのがいいですね!

綿麺 引き算の中華そば(麺のアップ)

◎麺 - 手もみ感の強い、懐かしさともっちり感を感じる麺


麺は手もみによって強く縮れをつけた太めの麺となっています!

太めですが平打ちほどではないものの、厚みはけっこう抑えめです!
厚みや食感にあえて不均等なところを出している感じがありますね!

そのため縮れも含めて、食感に不規則性がけっこう演出されています!

今回のラーメンの大きな特徴はこの麺にもあると言えますね!(`・ω・´)

麺の食感などもこれまでになかったタイプのものでしたし、
実は麺の茹で方などもいつもとは変化をつけていましたね!

綿麺では普段はごく普通にテボを使って麺を茹でていますが、
今回は平ザルに近いタイプのもので麺を茹でていたのですよね!

この麺の茹で方はこれまでの綿麺ではなかったと思いますね!

「本来は麺茹では平ザルのほうがいい」とはよく言われますが、
この方式はどうしても提供の回転が悪くなりがちなのですよね!

でもって、2種類以上の麺を同時に茹でられなくなりますしね!

だけど今回は闇営業である程度のんびり待ってくれるお客さんばかりで、
なおかつ限定メニュー1種類のみなので、この手法を採用したのでしょう!

そして麺は3日熟成させ、生地を足で踏むことでコシを強めています!

生地を足で踏む手法は過去の限定の「釜玉そば」などで取り入れられ、
うどんに負けない剛麺的な食感を出すのに活用されてもいましたね!

ただし今回は「釜玉そば」とは麺の形状も大きく異なることもあり、
足で踏むという手法は共通しつつも食感は全く違っていましたね!

「厚みは控えめだけどもっちり感と素朴な質感がある」麺になってました!

このあたりは手打ち麺を少なからず意識したところがあるのでしょうね!

◎まとめ - 綿麺流引き算の一杯は素朴さと新しさが融合した一杯


一般的な引き算系ミニマリズムラーメンは洗練された印象が非常に強く、
極めてストイックなイメージを与えるラーメンが多かったりするのですが、
綿麺のこのラーメンはそれと比べると懐かしい優しさを強く持ってましたね!

手打ち麺を意識した麺はまさにそうした懐かしさを感じさせるものでしたし、
スープも引き算の旨さとともにそんな印象があり、具材の九条ネギも懐かしい、
「懐かしいおいしさを最新の技術で再現した」という感じがありましたね!

なんだか「こんなご当地ラーメンがありそう」と思わされたのですよね!

綿麺ならではの引き算の技を感じさせてくれる一杯でございました!(゚x/)モキュシッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 つけ麺 大 燻製ハムトッピング(2020年10月)

ひさしぶりにレギュラーメニューを求めて綿麺に行ってきました!

今回は知り合いの人から「綿麺に行ってみたい」という要望があって、
「それなら自分と行くのがいいかな」と一緒に訪問したのですよね!

綿麺はどうしてもハードルを高く感じてしまう未訪問の方が少なくないので、
自分のように綿麺に行き慣れてる人と行くとそのあたりが気楽になりますからね!

でもって、せっかく行くならオススメのものを食べてもらいたいと思い、
一緒に行った人も「つけ麺+燻製ハムトッピング」の方式で行きました!

「和風とんこつ」も魅力的なのですが、独自性の高い全粒粉麺をはじめ、
レアチャーシューを最もおいしく食べられるのがつけ麺でもありますしね!

そういえば調べてみると、前回レギュラーメニューを求めて訪問したときも
自分は今回と全く同じ「つけ麺 大+燻製ハム」で注文してるのですよね!

今最も綿麺でストレートにオススメできるのがこのスタイルですからね!

「つけ麺+レアチャーシュー」が無性に食べたくなることも多いですしね!(=゚ω゚)

綿麺 つけ麺 大 燻製ハムトッピング(2020年10月)

左手前がレアチャーシュー、右手前が燻製ハムとなっています!
やっぱり肉具材が2種類乗るとそれだけで迫力が違ってきますね!

もともとレアチャーシューだけでも豪華なのですが、さらに迫力が出ます!

◎麺 - 香りともっちり感のどちらも秀逸な全粒粉麺


麺は綿麺の大きな個性である全粒粉を練り込んだ太麺となっています!

全粒粉麺は綿麺でつけ麺が登場してからずっと起用されていますが、
こうして長年食べているとどんどん改良されているのがわかりますね!

全粒粉麺は小麦の香りが強く出るというのが大きな強みではありますが、
一方でつけ麺らしい食感を演出するのが多少難しくもあるのですよね!

綿麺としても初期はもう少し厚みが薄かったり、香り重視の麺になったり、
少し香りを抑えて食感重視になったりといろいろ変遷があったのですが、
ここ数年は「香りも強く、食感ももちもち」という絶妙の麺になりましたね!

この麺に関してはかなり完成形に到達したと言ってもいいように思いますね!(`・ω・´)

全粒粉麺でこれだけもちもち感が強い麺ってなかなかないと言えますし、
そうでありながら全粒粉麺としての香りの良さは明確に主張されている、
どちらもかなり高いレベルにおいて成立しているというのが見事ですね!

麺だけで食べても香り・食感ともに非常にレベルが高いのが伝わります!

これは麺の締め方が絶妙であるというのも大きなポイントでしょうね!
「硬さではなくもっちりとした弾力」が上手く演出されてますしね!

◎トッピング - レアチャーシューも燻製ハムも抜群の仕上がり


トッピングはレアチャーシュー、味玉、白ねぎ、かいわれとなっています!
そして今回は追加トッピングとして燻製豚ハムもつけています!

やっぱり綿麺のレアチャーシューはほんとに素晴らしいものがありますね!

自分は生々しさの強いピンクが鮮やかなタイプのレアチャーシューよりも、
この綿麺の肉の絶妙な食感の残しつつ、ハラッとほどけるような質感があり、
でもって風味にクセがなく、脂肪がカットされたこのチャーシューが好きですね!

レアチャーシューって今ではどこのお店でも人気具材となっていますが、
一方である程度は好みが分かれる要素もあるように思うのですよね!

自分はレアチャーシューはあまり脂肪が残ってないほうがいいと思いますし、
とはいえ赤身の旨味が大事なので、部位としては肩ロースがベストではある、
その中で脂肪をカットした肩ロースで作られる綿麺のレアチャーシューは、
その部位としてはまさにパーフェクトなチョイスではあるのですよね!

そして食感としてはたんぱく質が固まりすぎずやわらかさを残していながら、
強すぎる生々しさはない、このあたりのバランスの取り方が見事ですよね!

白ねぎとかいわれの薬味は、本来は麺と絡めて食べるものではあるのですが、
自分はこれをレアチャーシューと一緒に食べるのが大好きなのですよね!

この食べ方は綿麺でごく数回だけレアチャーシューが単独メニューとして
提供されたときにねぎが添えられていたのがヒントになったのですよね!

このレアチャーシューって、ねぎとの相性が抜群にいいですからね!

そして有料トッピングの燻製豚ハムも素晴らしいクオリティですね!(*゚◇゚)

肉質はハムらしく、ちょっとサクッと噛み切れるような質感となってます!

このあたりは自然な肉らしさをアピールするレアチャーシューとは、
食感の麺においてもまた違った個性を見せてくれる違いがあります!

やっぱりこの燻製豚ハムの最大の個性はその風味にあると言えるでしょう!

とにかく燻製の香りが絶妙で、この香ばしさが非常に際立ってるのですよね!

市販のハムとは明らかに違う、深いのにクセを感じさせない絶妙の風味で、
もうこのハムだけを販売しても大人気になると思わせるポテンシャルがあります!

綿麺の凄味の一つって、レアチャーシューや燻製豚ハムといったそれぞれの具材が
単に「ラーメンをサポートする優秀な具材」という範囲だけにとどまっておらず、
「単独で販売しても大人気になるポテンシャル」を持っているという点ですね!

ここまで具材の一つ一つを深く追求しているお店はなかなかないでしょうね!

綿麺 つけ麺 大 燻製ハムトッピング(2020年10月)(つけ汁)

◎つけ汁 - ありそうでないスタイルの豚骨魚介


つけ汁は濃厚豚骨をベースに魚介の旨味が広がる綿麺らしい味わいです!

綿麺のつけ麺のつけ汁は大きな枠組みで言えば豚骨魚介になりますが、
一般的に連想される豚骨魚介系つけ麺とは少々異なってるのですよね!

豚骨魚介つけ麺というと、もっとドロッと粘度の高いものが多くて、
豚骨と魚粉の持つパワーをぶつけ合って成立させるものが主流ですが、
綿麺はもっとバランス型に整えてくるつけ麺が大きな特徴なのですよね!

そしてだからこそ固定ファンを多くつかんでいるという面もあるでしょう!
豚骨魚介の枠組みではありながらも、ありそうでない仕上がりですからね!

綿麺のつけ汁と言うと、豚骨・魚介・醤油ダレ・酸味、この4つですかね!(*゚ー゚)

パワー系だと豚骨と魚介をとにかくパワフルにぶつけ合えばいいのですが、
綿麺はバランスも重視してるので、その兼ね合いがなかなか難しいのですよね!

どこに整えたときにベストになるのかというテーマはつねにあるでしょうね!

またここに加わる豚脂の厚みなども全体のバランスに大いに関係しますし、
そのあたりの兼ね合いはお店としてもいつも研究しているのでしょう!

そして綿麺のつけ麺で欠かせないのは酸味を上手く効かせている点ですね!

醤油や塩などの清湯系つけ麺では酸味は基本のアクセントになりますが、
濃厚さも意識した豚骨魚介で酸味を上手く効かせてバランスを取る、
というのはこれもまた綿麺のつけ汁の大きな個性と言えるでしょうね!

「濃厚系なのに意外とサラリといける」ポイントの一つでもありますね!

そして具材としてはつけ麺に欠かせないダイス状バラチャーシューが入ります!
レアチャーシューのさっぱり感といいコントラストを描くのですよね!

◎まとめ - 麺・つけ汁・トッピングと、綿麺の個性が凝縮された一杯


こうして改めて見ると、麺もつけ汁もレアチャーシューなどのトッピングも、
綿麺以外では見ることができない個性というものを明確に持っていますね!

そしてやっぱり肉具材に強烈な強みを持っているのが力になってますね!

このレアチャーシューも燻製ハムも他では食べることができないので、
「この肉具材が食べたい」という思いでお店に来る人もいるでしょうね!

麺とスープだけにとどまらない魅力を持っているのは素晴らしいですね!

ひさしぶりに綿麺の凄味をしっかりと感じさせてもらえる訪問でした!(゚x/)モニシッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 四川担々麺風のラーメン

ひさしぶりに綿麺へと足を運んでまいりました!

そしてこの記事によってブログの記事番号が5000に到達しました!
ということで、かなり節目の記事ということになりましたね!

さて、今回はかなりひさびさの「闇営業」が開催されたのですよね!

「闇営業」はお笑い芸人が事務所を通さず営業をするアレではなくて、
シャッターを半分閉めてこっそりとお店を開く綿麺の営業形態です!

少量ながらも限定メニューを提供するときにこの形態が取られます!

前回の闇営業は3月末だったので、5ヶ月ぶりぐらいの開催ですね!

3月のときは「コロナなんかぶっ飛ばせ企画!」の第2弾だったのですよね!

当時はまだ「コロナに負けずに頑張ろう」というムードが強かったのを感じますね!

その後は緊急事態宣言もあって自粛ムードが一気に高まってきたこともあり、
お店も営業を盛り上げるだけでなく感染対策のニーズもかなり強まってきて、
お客さんが増えるこうした限定営業がやりにくくなっていたのですよね!

実際に限定メニューの提供そのものがこの5ヶ月間は止まってましたからね!

そんな中、今回は席数をいつもより3席減らした6席にして開催されました!
これは店内での待ち時間が極端に長くならないよう考慮したものと思いますが!(=゚ω゚)

さて、今回の闇営業は8/25と8/26の2日間に渡って開催されました!

もともとは8/25の昼に闇営業の告知が公式twitterでされたのですが、
その日は夜10時頃に帰宅するまでtwitterを見てなかったのですね!

なので夜にtwitterを見て「え、今日闇営業があったの?」と気付く感じでした!

1日のみの開催だったらすっかり逃してしまうことになりましたが、
2日間の開催ということで8/26にきちんと訪問することができました!

前回の闇営業では開店10分後に到着して待ち時間が長くなったので、
今回は開店15分前にお店に着いて無事に2番目を確保いたしました!

そのおかげで今回はほとんど待たずにスムーズに食べられましたね!

さて、今回の限定メニューは綿麺流の担々麺風ラーメンだそうです!

ただ今回はtwitterでも店内でも正式名称が明記されてなかったので、
もしかしたら本来のラーメンの名前とはちょっと違ってるかもですが!

綿麺 四川担々麺風のラーメン

ということで、今回の「四川担々麺風のラーメン」がやってきました!
ビジュアルとしては綿麺のピリ辛系ラーメンらしい雰囲気がありますね!

◎スープ - 濃厚さと上品さが融合した味わい


まずはスープですが・・・うおっ、これは想像以上の濃厚さですね!(●・ω・)

最初に来る印象は「担々麺」というより「濃厚豚骨スープ」ですね!

一般的な担々麺はねりごまなどによって味わいの骨格を作りながら、
それを豚骨などの動物系が下支えするようなスタイルが多いですが、
こちらは綿麺らしく、主役に据えられているのはむしろ豚骨です!

それも単に力関係でごまよりも豚骨のほうが立っているのを超えて、
「豚骨そのものの濃厚さ」が力強くアピールしてくるスープですね!

そしてそこにごまやナッツという担々麺の要素が加わってきますが、
それらが単独でアピールして担々麺らしさを表現してるというよりも、
濃厚豚骨とタッグを組んで濃厚さをさらに主張している感じですね!

なので、一般的な担々麺をイメージして食べるよりも、
「ごまとナッツもサポートする濃厚豚骨」に近いですね!

公式twitterでも「濃厚豚骨スープのお店ならではの一杯」とありましたが、
まさにその表現がしっくりと来るようなスープに仕上がっていましたね!

そして担々麺と言えば辛味も重要ですが、ここも綿麺らしかったですね!(*゚◇゚)

まず辛味の強さに関して言えばピリ辛レベルで強い辛さではありません!

ただ卓上に一味と山椒があって、それを自由に入れることができたので、
辛さに関してはある程度自分で加えることができるようになってました!

担々麺というと唐辛子ともう1つは四川系の花椒がポイントとなりますが、
こちらでは花椒ではなく、和山椒が使われていたのが大きな特徴でしたね!

花椒が舌にピリピリと来るような鮮烈な痺れを主張するのに対して、
和山椒は刺激的でありながらも上品な香りが大きな特徴なのですよね!

また綿麺はこれまでの和山椒をアクセントにすることがときどきあって、
今回の限定メニューに関してもそうした綿麺らしさが強く出ていました!

ただ今回一味違ったのは、なんとこの粉山椒が自家製だったという点ですね!(*゚ー゚)

生の山椒の実を綿麺で乾燥させたうえで作った粉山椒だそうです!

そういえば綿麺では過去に生の山椒の実を使ったメニューもありましたね!
今回は生の山椒の実を乾燥させて使っているのでその点は大きく違いますが!

なので、鮮烈な刺激をアピールするタイプの山椒ではないものの、
その質のいい香りとじわじわ来る痺れがいい効果を見せてましたね!

◎トッピング - 玉ねぎの酢漬けがポイント


トッピングはレアチャーシュー、バラチャーシュー、玉ねぎの酢漬け、ねぎです!

このトッピングは一般的な担々麺とはかなり違ったタイプですね!
ひき肉やチンゲン菜などは入らず、あくまで綿麺流にまとめています!

レアチャーシュー、バラチャーシュー、ねぎはおなじみの具材ですね!

中でも今回はねぎがかなり多めにトッピングされていましたね!

これがなかなか効果的で、かなりまったりとしたスープであるため、
ねぎの持つ辛味が全体の中でいいアクセントとして機能していました!

ねぎをあまりスープにつけず、麺と絡めるようにして食べ進めると、
スープの濃厚さとねぎのフレッシュ感が上手く合わさってましたね!

そして2種類のチャーシューでは、レアチャーシューが良かったですね!

レアチャーシューと担々麺、一見どんな相性なのか不思議に見えますが、
この両者が想像以上に見事な相性を見せてくれていたのですよね!

このレアチャーシューは単体で食べても非常においしいのですが、
濃厚スープと組み合わせるとより映える性質も持っていますね!

スープの濃厚さをレアチャーシューが食べることでフレッシュにする、
それと同時に両者の噛み合い具合も見事だったのは素晴らしかったです!

そして今回非常にいい効果を見せてくれていたのが玉ねぎの酢漬けです!(*・ω・)

「玉ねぎの甘酢漬け」というふうに表現したほうがわかりやすいですかね!

最近は鶏白湯系や煮干系を中心に玉ねぎをトッピングするお店が多いですが、
生の玉ねぎって辛味が強くてアクセントが強くなりすぎるのですよね!

そこで綿麺が考えたのが、シャキシャキとした玉ねぎの食感を残しながら、
食べやすく、それでいて味わいをフレッシュにするこの甘酢漬けなのですね!

実はこの「玉ねぎの甘酢漬け」が綿麺で登場するのは初ではないのですね!

過去に限定メニューで「新玉ねぎのピクルス」として2回登場しています!

綿麺 フライデーナイト Part128 (17/4/28) 鶏煮込みつけ麺
綿麺 フライデーナイト Part126 (17/3/24) 春よ恋 豚しゃぶつけ麺

このどちらも玉ねぎの甘酢漬けがおいしくて感激したのですよね!
こういうちょっとひねったアイデアもまた綿麺の強みなのですよね!

綿麺って決して突拍子もないようなものを使ってはこないのですが、
こうした「意外と思いつかない発想の勝利」が上手いのですよね!

綿麺 四川担々麺風のラーメン(麺のアップ)

◎麺 - 担々麺らしい細めのパツッとした麺


麺は綿麺としては珍しい細めで加水を低めに仕上げた麺となってます!

綿麺というと加水が高めのもっちり麺でよく知られているだけに、
こうした歯切れ重視の細麺が登場するのはなかなか珍しいです!

もちろん過去に豚骨ラーメン向けの低加水細麺は作ってましたが、
それ以外ではあまり歯切れ重視の麺は作っていませんでしたしね!

でも担々麺というと、こうした歯切れのいい麺が合うのですよね!(`・ω・´)

そこで今回はこのようなタイプの自家製麺に仕上げたのでしょう!

もちろん歯切れ重視といっても豚骨向けの麺ほどではないです!
あそこまで強烈に粉っぽさと歯切れをアピールするものではないですね!

綿麺 四川担々麺風のラーメン(追い飯)

◎追い飯 - スープの違う表情を引き出してくれる効果


そして今回は100gの追い飯を無料で注文することができました!

自分はあまりラーメンのスープにご飯は投入しないのですが、
改めて投入してみるとスープの表情が変わるのが面白いです!

麺で食べるときとご飯で食べるときで少し個性が変わるのですよね!

麺で食べているときはとにかく豚骨の太さが目立っていたのですが、
ご飯で食べるとねりごまやナッツがより引き立ってくるのですよね!

このあたりの変化というのが、なかなか面白いところがありますね!

◎まとめ - 「香る濃厚豚骨担々麺」という名前がピッタリの一杯


今回はラーメンの名前をちゃんと確認しきれなかったのですが、
あえて自分が名付けるなら「香る濃厚豚骨担々麺」ですかね!

「濃厚豚骨」と和山椒の香りがこの担々麺の2本柱でしたからね!
花椒とはまた違った上品な香りがいい効果を見せていましたね!

綿麺らしい「上品さ」と「濃厚豚骨」の2つが光る担々麺でした!(゚x/)モギギッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 つけ麺 大 燻製ハムトッピング(2020年5月)

けっこうひさしぶりに綿麺へと訪問してまいりました!

前回の訪問時は限定の「特濃極太つけ麺TOKYO」を食べたのですよね!
そのときは3月末だったので、ちょうど2ヶ月ぶりぐらいの訪問になります!

ですが、体感的にはもっと長い時間が空いていたような気すらしますね!

実際には2ヶ月よりももっと訪問間隔が空いたことは過去にありましたが、
なんだか気持ちの上ではそれ以上に長く訪問してなかった感じがします!

これはもちろんコロナの蔓延による外食自粛ムードが強かったためですね!(*゚ー゚)

3月末の段階でもすでにコロナの流行は危ない状態にあったのですが、
まだ緊急事態宣言は出ておらず、完全な自粛ムードにはなっておらず、
お店も「コロナに負けないように企画を打ち出そう」という雰囲気があり、
お客さんもまだそれほど少なくなっているわけではなかったのですよね!

実際に3月末の訪問のときには、かなり長い時間並びましたからね!

それが緊急事態宣言あたりをきっかけに一気にムードが緊迫して、
外食そのものを避ける人が増えて雰囲気が大きく変わったのですよね!

そしてそれと同時に飲食店もいろんな対策を取るようになりましたね!

消毒用アルコールの設置、席間を広げたり、飛沫対策ボードの設置など、
「いかにコロナと共存しながら、感染を防ぐべく営業していくか」という、
そうしたテーマと向かい合うお店が増えてきたという印象があります!

そして綿麺もそうした対策を大きく取り入れていったのですよね!

換気をするのはもちろん、消毒用のアルコールの設置も進めると同時に、
何より各席間に飛沫対策ボードをつけるようになったのが大きいです!

また箸箱の設置もやめるなど、共用物をほとんどなくしていますね!

綿麺 店内コロナ対策

これは訪問する側の心理的ハードルを下げるという面でも大きいですね!

当然ながらお客さんもコロナ対策を気にしている人が増えていますし、
その中で飲食店は食べる際にマスクをどうしても外す必要があること、
そして食べる際にどうしても一定の飛沫が飛ぶ問題があるのですよね!

ここに飛沫対策ボードがあると、やはり安心感が大きく変わってきます!

自分もそろそろ綿麺に訪問したい気持ちが盛り上がってきたのに含め、
綿麺の対策が充実してきたことで心理的ハードルが下がったのですよね!

またマスクをつけないままで会話をすることは禁じる措置を取ってますし、
綿麺はもともと客同士の会話が少ないので、その点も安心感があります!

もちろんテーブルの消毒についても以前よりもかなり徹底されています!

なので、「以前は訪問していたけど今は外食に行きにくい」と感じている人も、
一度改めて訪問すると「これなら大丈夫」と納得できる人は多い気がしますね!

ちなみに今回の訪問はひさしぶりにお店に行くという目的と同時に、
今お店が進めている「お持ち帰り」を注文する狙いもあったのですよね!

一度は両親にも綿麺の味を食べさせてみたいという気持ちはありましたし、
コロナが広がって以降、どこのお店もテイクアウトを進めているので、
「せっかくだしお持ち帰りを」という気持ちがあったのですよね!

綿麺 和風とんこつ お持ち帰り

ということで、「和風とんこつ」のお持ち帰りも注文したのですよね!
こちらについては、また家で夕飯として楽しもうと思っています!

さて、お持ち帰りで「和風とんこつ」を注文することにしたので、
お店での注文はもう1つの主役である「つけ麺」にいたしました!

そして今回は新しい看板具材の「燻製ハム」もトッピングしてます!

調べてみると、レギュラーのつけ麺を最後に食べたのは2年前の12月で、
なんと1年半も綿麺のつけ麺を食べていなかったことになるのですね;

自分の場合はどうしても限定メニューに偏りがちでもありますからね;

綿麺 つけ麺 大 燻製ハムトッピング(2020年5月)

いやぁ、燻製ハムが乗ったことによってさらに豪華になってますね!

◎つけ汁 - これまで以上に豚骨の風味を生かした仕上がり


まずはつけ汁ですが・・・おっ、豚骨の香りが非常に際立ってますね!(●・ω・)

綿麺のつけ麺のつけ汁というと、豚骨・魚介・タレの3つの主役が、
どのように絡み合うかというのが大きなポイントになってきますが、
今回はその中でも豚骨が、とりわけその香りが非常に生きてますね!

これまでのつけ汁を振り返ると、タレの主張をやや強めているときや、
豚骨の持つ濃度やコクを強く打ち出していることなどがありましたが、
今回はそのどちらとも少々個性が異なっているように感じましたね!

魚介は旨味を立てつつもこれまでと比べるといくぶんサブな感じで、
タレも濃さとしてはほどよく、それでいてそこまで前面ではないです!

なので、以前と比べても「豚骨が主役」という印象が強まってますね!

そしてこれまでの綿麺の豚骨は香りもしっかりと引き立てながらも、
それ以上に豚骨のコクや分厚さに主眼を置いていた印象でしたが、
今回はそれに負けじと豚骨の持つ特徴的な香りが立っていましたね!

自分はこうした豚骨ならではの香りが非常に好きなのですよね!(*゚◇゚)

こうした豚骨臭は多少なりとも人を選ぶところもあるのですが、
一方でこれこそが豚骨の大きな魅力だったりもするのですよね!

そういう意味では非常に中毒性の高い豚骨の風味を感じますね!

豚骨スープの炊き方や部位などもブラッシュアップしてるのかもですね!
「豚骨」と一口に言っても、いろんな炊き方などがあるみたいですからね!

◎トッピング - やはりレアチャーシューは欠かせない


トッピングはレアチャーシュー、味玉、白ねぎ、かいわれとなっています!
またつけ汁の中にはダイス状にカットされたバラチャーシューが入ります!

そして今回は追加トッピングとして燻製ハムも乗せられています!
向かって左がレアチャーシュー、右が追加の燻製ハムですね!

それにしてもこれだけ肉具材が乗るとたまらないものがありますね!

ダイス状のバラチャーシューのとろける風味も素晴らしいですね!

自分は通い始めの頃はレア以上にこのバラが好きだったのですよね!
今ではすっかりレアチャーシューのほうにハマってしまいましたが!

ただいずれにしてもこのとろける旨さは外せない存在と言えます!

燻製ハムはそのまま単体で食べるのが一番おいしいと言えますね!

とにかく燻製の香りがしっかりしながらも悪いクセが全くなく、
質感もしっとりとしていて、それだけで弱点がないのですよね!

もちろんねぎなどの薬味と合わせたり、いろんな食べ方がありますが、
もうそのままの状態で申し分ないぐらいに完成されてるのですよね!

そしてレアチャーシューですが・・・やはりこのつけ麺には欠かせません!(=゚ω゚)

つけ汁につけて食べたり、そのまま食べたりいろいろできるのですが、
自分のオススメは薬味のねぎやかいわれを巻いて食べる方法ですね!

薬味については麺に絡めながら食べるというのもいいのですが、
自分はレアチャーシューと一緒に食べるのが最高に好きですね!

こってりとしたつけ麺なので食べてるうちにどっしり感が出ますが、
そこでねぎを巻いたレアチャーシュー、これが最高なのですよね!

口の中がきれいにリセットされ、それと同時に非常に味わい深いです!

綿麺 つけ麺 大 燻製ハムトッピング(2020年5月)(麺)

◎麺 - もっちり感と香り高さが光る全粒粉麺


麺は綿麺のつけ麺の最大の個性でもある全粒粉入りの太麺です!
「綿麺と言えば全粒粉麺」と言えるぐらいにこの麺は有名ですよね!

全粒粉を使うと、小麦の風味が高まるというのが大きな利点なのですが、
一方で食感がポソポソとしやすいという弱点もあったりするのですが、
綿麺の全粒粉麺はそうした弱点を微塵も感じさせないのが強みですね!

食感も完璧で、実にレベルの高いむっちり感を見せてくれています!
この食感の仕上がりは、なかなか他のお店にはないものですね!

「硬さではなく、弾力を生かしたコシ」、これが大きな魅力ですね!

そして香りについてもこれまで以上に高まった印象がありましたね!(`・ω・´)

ひさしぶりに食べたことで自分の感覚が鋭敏になったのかとも思いましたが、
おそらくはさらに香りが高まるような工夫がなされている感じがしましたね!

食べていてストレートに「この香りはすごい」と感じさせてくれましたからね!

◎まとめ - 全体的に「香り」がさらに映えるつけ麺に


こうして全体を振り返ると、つけ汁のほうでも豚骨の「香り」が強調され、
またもう1つの主役の麺においても全粒粉麺の「香り」がさらに高まっている、
それぞれの「香り」を高めて新たな調和をはかったような印象を持ちました!

もちろんこのあたりは日によって感じ方なども変わるかもしれませんが、
今回の印象としては「香り」がキーワードになっている感はありましたね!

夜営業が再開されたことで、自分のような夜派も生きやすくなりましたし、
一方で今はまだ一定の自粛ムードが残っていて並ぶ必要などもないので、
綿麺が好きな人なら今がちょうど行きやすいタイミングかもしれませんね!

ひさしぶりにつけ麺を堪能しつつ、新たな試みも感じられた一杯でした!(゚x/)モキニン

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 特濃極太つけ麺TOKYO

新たに登場した限定を求めて綿麺へと行ってまいりました!
今回の限定メニューは「特濃極太つけ麺TOKYO」となります!

「特濃」という表現を見るに、新しいスタイルの濃厚豚骨を主軸に据えた
前回の「濃厚家系 綿田家」からの流れを感じさせる名前となってますね!

実際に前回の「コロナなんかぶっ飛ばせ企画!」の第2弾とされてるので、
やはり何らかの形で前回からの流れというものはあるのでしょうね!

ただここで気になるのは「TOKYO」という文字が入ってる点ですね!
何らかの形で東京風の味わいがここに再現されているのでしょう!

そして今回は「闇営業」というスタイルでの提供となりました!

これは本来夜営業が休みである月曜・火曜の夜にこっそりと
シャッターを半分だけ開けて営業するスタイルを指しています!

またご主人一人での営業となり、メニューも限定のみとなります!

一応入口のところに「闇営業中」と書かれた紙を貼っているので、
すぐ近くまで来れば営業しているということは確認できるのですが、
SNSでの事前告知を知らない人は気付かない人も多いでしょうね!

ちなみに「闇営業」という表現はちょっとしたジョークでもあります!

今回は限定メニューということで18:30からの営業開始でしたが、
この日はお店への到着タイミングがおもいっきり失敗しましたね;

「闇営業」ということで、お客さんはあまり多くないかと思いきや、
数量限定だったことで逆に開店直後にお客さんが集中したのですよね;

なので、18:40到着ながら外待ちになってしまったのですよね;

それだけならいいのですが、今回のメニューは麺の茹で時間も長く、
トッピング構成なども複雑で提供する手間が非常にかかるのですよね;

それで一人営業なので、どうしても回転は速くはならないのですよね;

でもってこの日は数日前までと比べて一気に気温が下がっていたので、
寒い中で外待ちが1時間30分となかなか堪える結果になりましたね;

逆に自分の後ろは2人のみで、その次のお客さんが来たのは20:10ぐらいと、
最も外待ちの時間が長くなるタイミングで到着したのは不運でしたね;

確実に中に入れるぐらいに早く来るか、あるいは少し遅めに来るか、
そのどちらかにするのが「闇営業」のときにはちょうど良さそうです!

もっとも遅めに来ると売り切れの可能性もあったりはするのですが;

綿麺 特濃極太つけ麺TOKYO

ということで、「特濃極太つけ麺TOKYO」がやってまいりました!
ん・・・このつけ汁のビジュアルは何か感じるものがありますね!

なるとに海苔に魚粉、そして茶褐色のつけ汁、なるほどと感じますね!

◎つけ汁 - 「六厘舎」や「とみ田」を彷彿とさせる濃厚豚骨魚介スープ


まずはつけ汁ですが・・・なるほど、東京風とはこういう意味でしたか!(●・ω・)

これは間違いなく豚骨魚介つけ麺を全国に広げるきっかけとなった
東京の「六厘舎」や、千葉の「とみ田」の流れを感じるつけ汁です!

とはいえ、自分はその2つのお店を食べたわけではないのですが、
これらの豚骨魚介つけ麺の源流を意識したのは間違いないでしょう!

豚骨魚介つけ麺というと、一時期大きなブームを巻き起こして、
それがつけ麺の広がりとともにスタンダードに定着したことで、
十把一絡げに全部似たようなものにとらえられたりもしますが、
実際には豚骨魚介にもいろんなスタイルがあるのが見えますね!

基本的には綿麺のつけ麺も豚骨魚介のカテゴリで語られますが、
こうして両者を食べ比べると全く違うタイプなのが見えてきます!

もちろん綿麺がオリジナルのつけ麺を開発するにあたっては、
これらのお店が築いた豚骨魚介の流れを意識してはいながらも、
それとはまた違った個性を打ち立てることを考えたでしょうしね!

そうして基本の綿麺のつけ麺と、今回の源流路線のつけ麺を比較すると、
まず今回は豚骨の持つどっしりとしたパワーを意識してるのを感じます!

ヘヴィでクリーミー、そしてとにかく非常にきれいな乳化感があります!

綿麺の基本のつけ麺は豚骨の濃度を出しつつももう少しサラリとして、
表面の油脂がもう少し多めですが、今回はそこが大きく変わっていますね!

油脂に関しては完全にスープに抱き込ませている仕上がりですからね!

そして醤油ダレに関しては「甘みが強い」、これが今回の特徴です!(*゚◇゚)

この「丸く甘みのあるタレ」に東京風豚骨魚介の流れを感じますね!

たしかに「とみ田」や「六厘舎」って醤油の風味を強く立てつつも、
同時にこの強めの甘みによって全体を丸めてきてるのですよね!

今回はそのあたりの個性をはっきりと意識してるのが伝わります!

また魚介についても非常にまったりとした旨味を感じさせますね!

強くパワフルな豚骨と力強さを意識した魚介を合わせたうえで、
甘めのタレでまとめる、こうした東京スタイルがはっきり見えます!

一口に豚骨魚介といってもここまで個性が変わるのかと驚きますね!

そして今回の最大のポイントはやはりベースの豚骨スープでしょうね!(=゚ω゚)

今回のつけ麺は豚骨スープの持っている豚骨の香りをより強烈に、
それと同時に粘度と濃度を高めたからこそできた一杯とも言えます!

いつもの綿麺の豚骨スープの応用とは違った個性が出ていますしね!

そう考えると、やはり前作の「濃厚家系 綿田家」からの流れを感じます!

前作の「綿田家」はかなり純粋に豚骨スープに焦点を当ててきましたが、
こうした新しいスタイルの濃厚豚骨スープを模索することによって、
今までにないタイプのスープを組み立てることができたのでしょうね!

そう考えると前作の「綿田家」は綿麺としての画期的な一杯でしたね!

綿麺はもともとお店の柱としての豚骨スープを持ってるわけですが、
あえてそれとはかなりスタイルの異なった豚骨スープを作り上げる、
その実験を行ったことで豚骨スープの幅がさらに広がってきてます!

これは今後も濃厚豚骨系の限定メニューが面白いことになりそうです!

◎麺 - 綿麺の個性である全粒粉の香りと強いもっちり感


一方の麺については、こちらは綿麺流をかなり強く打ち出しています!

つけ汁はかなりストレートに東京風に作り上げてきましたが、
麺に関してはむしろ綿麺らしさを強調している感があります!

「綿麺の個性を生かしながら、いかにこのつけ汁と合わせるか」、
そのあたりを意識して組み立てていることを強く感じますね!

一般的に豚骨魚介つけ麺は剛麺的な食感に仕上げることが多いですが、
綿麺は麺の食感の狙いどころがそうしたタイプとは異なるのですよね!

これはやはり綿麺の製麺が「麺哲」系列を受け継いでるがゆえでしょう!(*゚ー゚)

そのため麺の表面に壁は作らず、もちっとした弾力をより重視する、
そして綿麺らしく全粒粉によって麺の香りを大いに高めています!

今回は「極太」とあるので、いつもより麺も太くしてるのでしょう!
たしかに今回はより食べごたえを感じる仕上がりになっていましたね!

また麺を締めた後に何かを麺に軽くまぶしていたのですよね!
おそらくは香味油などの油脂系のものだったとは思いますが!

◎つけ汁の具材 - いかにも東京風らしい組み合わせ


つけ汁の中にはなると、バラチャーシュー、海苔、ねぎ、玉ねぎ、魚粉です!

このなるとと海苔は明らかに「六厘舎」や「とみ田」を意識してますね!
このビジュアルを見て「あっ」と思った人もけっこういそうですね!

そう考えると具材のチョイスで雰囲気ってけっこう変わるものなのですね!
海苔はおそらくは前作の「綿田家」と同じく竹内海苔のものでしょうね!

そして意外にいい仕事をしてくれているのが細かい玉ねぎですね!
この玉ねぎも全体に自然な甘みを与えてくれているのでしょうね!

バラチャーシューは主にダイス状で、とろっと溶ける質感です!

綿麺 特濃極太つけ麺TOKYO(別盛りトッピング)

◎トッピング - 別盛り具材で綿麺の個性をしっかりと発揮


こちらのトッピングはストレートに綿麺らしさをアピールしてますね!
つけ汁の具材で東京風を、そして別盛りで綿麺の個性を立ててるのですね!

この別盛り方式はもしかすると「とみ田」を意識したものかもですね!
調べてみると「とみ田」がこの方式で提供しているケースがあるようですし!

内容はレアチャーシュー、燻製豚ハム、炙りバラチャーシュー、
さらに味玉、メンマ、白ねぎという組み合わせになっています!

肉具材が3種類も入っているというのがうれしいところです!

レアチャーシューと燻製豚ハムは箸休めとしてピッタリですね!
これを薬味のねぎと合わせて食べるとよりさっぱりいけます!

そしてメンマは綿麺らしく、甘めのしっとりとした味付けです!
この甘めの味付けが、今回のつけ汁とは非常に合ってましたね!

今回のトッピングの最大の主役は炙りバラチャーシューかもですね!(`・ω・´)

基本のバラチャーシューを直前にバーナーで炙っていました!
これも含めて、今回のメニューはかなり手間がかかってましたね!

一人営業でここまで手間をかけるのは大変だったと思いますね!

しっかり炙ったことによって、香ばしさが非常に出てましたね!
そしてより脂が落ちることで、バラながらもさっぱりしてました!

こちらの炙りバラはつけ汁をまとわせて食べると絶妙でしたね!

◎まとめ - 綿麺が打ち出す東京風豚骨魚介も絶品


東京風を意識した豚骨魚介つけ麺はいろんなお店が出してますが、
これは間違いなくその中でもかなりハイレベルに位置する一杯でした!

麺とトッピングもさることながら、やはり豚骨の活躍が見事でしたね!

豚骨魚介つけ麺としてのどっしりとした支えを再現するとともに、
食べたときにグッと上がってくる豚骨の香りが良かったですね!

まろやかなだけでなく、豚骨そのものも楽しめる豚骨魚介でした!

綿麺が豚骨魚介メインになったのは、東京のお店からの影響は確実にあったでしょうし、
今回その源流をとことん突き詰めたのはお店としても意義深かったでしょうね!

綿麺の源流たる東京のお店へのリスペクトを強く感じさせるつけ麺でした!(゚x/)モギシッ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

綿麺 濃厚家系 綿田家 大

綿麺から新たに登場した夜営業限定のメニューを狙って訪問しました!
今回の限定メニューは「濃厚家系 綿田家」というラーメンになります!

これは明らかに横浜家系ラーメンを意識したネーミングとなってますね!

綿麺で家系ラーメンが登場するのはおそらくこれが初となりますね!
過去のフライデーナイトでは家系ラーメンが出た形跡はないですし!

また今回は「コロナなんかぶっ飛ばせ企画!」と銘打たれてます!

今はコロナの関係でみんな外食を控える傾向があるようですし、
そこで1つインパクトのある企画を打ち出したと言えそうですね!

とすると、今後限定が登場する頻度がやや上がるかもしれませんね!(*゚ー゚)

今回も夜限定のメニューですが、少し注意が必要なのが提供時間帯です!
夜営業は18:00開店ですが、限定の提供開始は18:30となっています!

限定メニューは少し準備に時間がかかるということなのでしょう!
もともとフライデーナイトについても18:30開店でしたからね!

綿麺 濃厚家系 綿田家 大

ということで、「濃厚家系 綿田家」がやってまいりました!
家系ラーメンの看板でもあるほうれん草がしっかり乗ってますね!

◎スープ - 自分が食べた中では綿麺史上最濃厚豚骨


まずはスープですが・・・うおっ、これはかなりヘヴィですね!(●・ω・)

いやはや、これはちょっと自分の予想ともかなり違ってましたね!

たしかにラーメンの名前には「濃厚」という文字は入ってましたが、
家系らしい豚骨とややキレのある醤油ダレで攻めるのかと思いきや、
これは完全にベースの豚骨スープそのもので強く主張してきましたね!

これまで綿麺では豚骨系の限定は、基本的にはいつもの豚骨スープを使い、
そこにタレや香味油などによって変化をつけるスタイルが基本でしたが、
今回は豚骨スープでありながら、組み立てそのものを大きく変えてきました!

お店のアナウンスでも「いつもと違う部位の豚骨」とありましたが、
これは食べた感触としても明らかに普段と違うことがわかります!

1つのお店が個性の違う2つの豚骨スープを炊くって珍しいですし、
それゆえに「使う部位でこんなに個性が変わるのか」と驚きますね!

もちろん部位だけでなく、炊き方も少し今回は変えた可能性がありますね!

その最大の特徴は、スープのテロリ感、豚骨臭の強さ、そして濃度の高さです!(`・ω・´)

いやぁ今回のスープはとにかくヘヴィです!
家系という以上に「無鉄砲」とかを連想させる濃厚さです!

これはもう完全にドロ系豚骨のレベルに足を踏み入れていますね!

初期の綿麺では「超こてーり」なる極濃豚骨ラーメンが限定で出ていて、
その「超こてーり」は自分は食べてないので比較はできないのですが、
それ以降の綿麺のスープでは最濃厚豚骨スープと言っていいでしょう!

このタイプのドロ系豚骨スープは強さのある醤油ダレと相性がいいですし、
そういう点でもドロ系豚骨醤油としての完成度の高さをはっきり感じます!

自分はてっきりノーマルな豚骨とキレのある醤油、鶏油という形で、
「綿麺なりのわかりやすい家系」で来るのかなと予想していたので、
こうしたヘヴィな濃度がガツンと叩き込んできたのは驚きましたね!

なので、このラーメンは「綿麺が家系を?」という視点で楽しむ以上に、
「綿麺が見せる超濃厚系豚骨」というところを楽しむのがいいですね!

そういう点において、このラーメンはかなり価値のある存在ですね!
この濃度はおそらく今後もなかなか出さないような気がしますしね!

でももしかすると今回のラーメンをきっかけに、豚骨系の限定において、
このタイプのテロリ系濃厚豚骨をちょくちょく使ってくるかもですね!

豚骨スープの分野でも新しいスタイルを見せてきたのは面白いですね!

なんせ綿麺はこれまでの16年の歴史で豚骨スープは完成してるわけで、
限定とはいえ、そこにあえて新しい方式を取り入れてきたのですからね!

◎トッピング - このラーメン専用の燻製レアチャーシュー?


トッピングは燻製レアチャーシュー、焼海苔、ほうれん草、うずら味玉です!

うずら味玉を起用してきたあたりが家系らしさを感じますね!
これ意外とうずら味玉は作るのが少し大変だった気はしますね!

労力を考えればいつもの味玉を乗せるほうが楽なはずなのですよね!
卵の殻をむくという作業も、いつもの卵のほうが慣れてるわけですし!

うずらの卵はそれはそれで剥くためのコツが普通の卵とは違うので、
それでもあえて起用してきたというところに気合を感じますね!

ほうれん草は家系らしさの演出も含めていい仕事をしていますね!

そういえば綿麺がほうれん草を使うというのは珍しいですね!
綿麺が青菜を使うときは大抵の場合は小松菜ですからね!

もちろん家系にはほうれん草の存在が欠かせないわけですが!

ほうれん草は青菜の中でもかなりしっかりした風味を持ってるので、
どっしりとしたスープを軽く緩和する効果を見せてくれていますね!

そして肉具材ですが・・・これがちょっと珍しい感じでしたね!(=゚ω゚)

燻製の風味が非常に強く、その点ではいかにも燻製豚ハムなのですが、
食感で言うと「かなり薄くスライスしたレアチャーシュー的」でしたね!

ただいつものレアチャーシューよりはあえて脂身の部分が多いですし、
かといって燻製ハムとレアチャーシューをまぜたという感じでもなく、
燻製ハムか、あるいは燻製風味レアチャーシューという感じでした!

もしかするとこのラーメン向けの特別の具材だったのかもですね!

そして今回のラーメンで欠かせない存在だったのが焼海苔ですね!
家系と言えば海苔とほうれん草、この2つが絶対的存在ですからね!

海苔は非常にサイズが大きく、食べごたえがかなりありましたね!

それ以上に今回の海苔は、厚みがものすごくあって風味が濃厚でした!
これだけ味わいの濃い焼海苔というのはあまりないように思いますね!

今回の海苔は綿麺に近い場所にある松原市の「竹内海苔」のものを使ってます!

「竹内海苔」・・・どこかで聞いたことがあるなぁと思っていたら、
フライデーナイト時代の「焼きそば定食」でも使われていました!

綿麺 濃厚家系 綿田家 大(麺のアップ)

◎麺 - しっかりと縮れをつけたコシの強い太麺


麺は縮れが強めにつけられたむっちり感の強い太麺ですね!

麺を茹でる直前にご主人が1つ1つ腕で力をかけて縮れをつけます!
これによってちょうどいい感じに不規則な縮れがつくのですよね!

この縮れによってスープの拾い具合が非常に良くなっていますね!
その分だけよりスープの濃厚さがダイレクトに伝わってきます!

そして麺単体で見たときの食感や質感も非常に素晴らしかったですね!(*゚◇゚)

綿麺の太麺というと、むっちりとした凝縮感が大きな特徴ですが、
今回の麺はそんな綿麺の太麺の良さがしっかりと生きてましたね!

噛んだときの押し返しと密度感、小麦の風味が非常に優秀です!

今回は「大」にしたこともあって、量の多さも大満足でしたね!

◎まとめ - とにかく超濃厚でヘヴィ、豚骨の旨さを堪能できる一杯


「どんなふうに家系を表現するのだろう」と思っていましたが、
いやはや超濃厚な豚骨スープを主軸にするスタイルできましたね!

「綿麺の豚骨をとことん濃厚に楽しみたい」ニーズは高いはずで、
今回のラーメンはそれに真正面から応える一杯だと言えるでしょう!

そして今の時期は特に夕方以降は外食のお客さんは減りがちですが、
自分が退店する頃には外待ちまでできて大繁盛していましたね!

おそらくはこのラーメンを求めてきたお客さんも多かったでしょうね!

綿麺流の「テロリ系超濃厚豚骨」を求めるならこれは外せませんよ!(゚x/)モッキニーン

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 とりはましお

新しい限定が登場するという知らせを聞いて綿麺に行ってきました!
夜営業限定で提供される「とりはましお」という名前のラーメンです!

公式twitterの説明によると「丸鶏とハマグリ」がテーマのようなので、
「とり(鶏)はま(ハマグリ)の塩ラーメン」ということみたいですね!

「はま」は「ハマグリ」と「浜」のダブルミーニングの香りもしますが!(*゚ー゚)

ところでこの知らせを聞いたときに「あっ」と少し思ったのですよね!

昨年夏の「大阪好っきゃ麺」の際に「海鮮辛ラーメン」が提供されましたが、
そのときに企画第2弾として「ハマグリの塩ラーメン」も計画している、
という話を店主さんと女将さんから聞いたことがあったのですよね!

ただ昨年夏の「大阪好っきゃ麺」の開催中にハマグリのラーメンが出ることはなく、
企画はされていたものの登場する機会が得られなかったラーメンなのですよね!

とすると、今回のラーメンはそれがついに登場したということかもしれません!

そしてそれを思いながら、この日の店主さんが来ていた服を思い出すと、
あえて「大阪好っきゃ麺」のシャツを着て営業されていたのですよね!

それを考えると、やはりこのラーメンは「大阪好っきゃ麺」で企画してたものを、
今回のタイミングで登場させたものだと解釈するのが正解なのでしょうね!

当時予告されていた「ハマグリの塩ラーメン」はかなり期待していたので、
それがこうしてしっかりと登場したというのはうれしいものがありますね!

ここ最近の限定ラーメンは数日程度の提供期間ということが多かったですが、
今回に関しては特に提供期間がいつまでかということは示されていません!

おそらくはそこそこ長い期間提供するラーメンということなのでしょうね!
そのあたりも昨年の「海鮮辛ラーメン」と共通するところがありますね!

綿麺はもともと豚骨ラーメンのお店なので、メインの寸胴は豚骨スープで、
本来は豚骨ラーメンと清湯系を同時提供するのはけっこう大変なのですよね!

そのあたりを解決して、安定的に同時提供できる形が整ってきたのでしょうね!
今回はお店のやや奥側にこの丸鶏スープ用の寸胴が置かれていましたし!

こっそり(?)と寸胴を覗いてみると、どさっと丸鶏が入ったいました!
またそこから取り出された鶏油の黄金色も非常に美しかったですね!

綿麺 とりはましお

ということで、今回の主役である「とりはましお」がやってきました!
それにしてもこのたっぷりのハマグリ、これだけで期待させられますね!

◎スープ - 丸鶏のベースにハマグリがグイグイ攻めてくる一杯


まずはスープですが・・・おぉ、ハマグリ特有の旨味がビシッと来ますね!(●・ω・)

そういえば綿麺でハマグリというのはものすごく珍しい気がしますね!
自分が食べてきた中ではこれまでなかったように思うのですよね!

あさりは「ブヒィ!ヤベース」の際に具材として入っていることに加え、
過去にあさりを主役にしたラーメンが提供されたこともあったのですが、
それでも全体的に綿麺で貝系というのが珍しいのはたしかなのですよね!

清湯・鶏塩・細麺・海鮮というスープの組み立てという点から見ると、
少し前に提供された「丸鶏海老塩細麺」ともかなり共通性があります!

ただ実際に食べた印象としては、表情はかなり異なった部分を持っています!

というのも、「丸鶏海老塩」は鶏と海老が等価な強さの二本柱だったのに対し、
こちらはやはり主役であるハマグリのグイグイ攻めてくる感じが強いのですよね!

「鶏を中心にどっしり据えて海老で風味を重ねた」のが「丸鶏海老塩」なら、
こちらは「鶏で土台を支えて、その上をハマグリがガンガン踊る」と感じです!

ハマグリって上品でありながら、非常に強い旨味を持った素材ですし、
ハマグリ特有の舌をギュッと締め付けるような旨味があるのですよね!

それがきちんと伝わってくるスープだというのがまずは印象的ですね!(`・ω・´)

一方でそれだけ強い素材であるがゆえに全体の中で暴れがちでもありますが、
そうした暴れた感は出さず、まず手綱はしっかりと丸鶏が握ったうえで、
鶏とハマグリの間を独自の海鮮素材による旨味で支えているのですよね!

スープを見ると、どうも海老などを含めた海鮮素材の自家製パウダーがあり、
それを用いることによって深く貝と相性のいい旨味を演出していますね!

綿麺というとサバ節などの節系の使い方が巧みという印象が強いのですが、
「丸鶏海老塩」あたりを契機に海老だしなどの使い方も伸びていますね!

そのときに女将さんの話を感じだと、何か新しい機械も導入したようで、
これがだし素材の幅の広がりに大きく貢献しているみたいでもありますね!

それを考えると綿麺の清湯の旨さはさらにいろいろ広がってきそうです!

しかも綿麺には燻製という他のお店にはあまりないテクニックもあるので、
これらがいろいろ重なってくると、独自性がどんどん高まってきますね!

◎トッピング - 大量のハマグリに肉具材も抜群


トッピングはハマグリ、レアチャーシュー、燻製豚ハム、かいわれ、ねぎです!

ねぎに関してはあらかじめスープと炊くことで風味を移しています!
綿麺はねぎについてこうした手法を採ることがよくあるのですよね!

よくよく考えると、これってけっこう珍しいような気もしますね!
普通はねぎ=辛味を立てる薬味という使われ方しかしないですからね!

そのかわり今回薬味として辛味をアピールしているのはかいわれです!

おそらく今回のスープだとねぎでは存在感が強いという感があったので、
このかいわれぐらいがバランスとしてちょうど良かったと思いますね!

そして肉具材ですが・・・いやぁ綿麺は肉系の具材もほんといいですね!

本来の二本柱であるバラチャーシューとレアチャーシューもいいのですが、
そこに一枚新たに加わった「燻製豚ハム」がほんといい仕事をしてくれます!

しかもレアチャーシューと組ませるとどちらも清湯によく合うのですよね!

レアチャーシューがストレートに肉の旨みを、燻製豚ハムは香りが実に豊かで、
この肉の旨さと燻製の香りが交わる様が非常にたまらなかったりしますね!

またこの燻製の香りが入ることによってスープにも一枚旨みが加わりますしね!

そして主役であるハマグリは、なんと6つとかなりどっさり入っています!(*゚◇゚)

普通はハマグリ系のラーメンでも3つぐらいまでといったところですが、
このラーメンは大奮発で6つと、これはもう大満足と言っていいでしょう!

ハマグリ6つに2種類の肉具材もどっさりとなると1000円を超えそうですが、
価格は950円と、1000円に達していないというのもうれしいところですね!

「ラーメンで950円か」と思う人も少なくないだろうとは思うのですが、
この豪華さで1000円を超えないというのはものすごく価値があります!

綿麺 とりはましお(麺のアップ)

◎麺 - かなり細めのまさに清湯向けのストレート麺


麺はかなり細めで、ストレート感のある仕上がりとなっています!
加水は中加水からほんのちょっと低めといったところですかね!

このところ綿麺は限定で細麺にけっこうこだわっているのですが、
ここ最近の細麺の中でも、今回の麺が最も細く仕上げられています!

ほんとこれぞ清湯向けの細麺という表現がピッタリと来ますね!(=゚ω゚)

食感は強いプリ感やバツバツとした質感を見せるものではなく、
かなりナチュラルでほどよく歯切れの良さを見せてくれますね!

綿麺は過去にも何度か細麺を使ったラーメンは出していますが、
麺の食感や質感のナチュラルさが以前よりもかなり向上してます!

でもって今回ぐらいの細さの麺でこのクオリティが出るとなると、
製麺の幅やラーメンに使う麺の可能性もより広がってきますね!

綿麺 とりはましお(替え玉)

◎替え玉 - ねぎが加わるのが意外なポイントかも


こうして替え玉を見るとかなりの細麺であることがよくわかりますね!
麺の太さや種類などについては、替え玉する前の麺と同じでしょう!

ときどき替え玉向けに違った麺を起用するケースもありますからね!

レアチャーシューサービスがつくのか綿麺らしい気遣いなのですが、
今回のラーメンに関してはねぎが入るのが意外なポイントですね!

替え玉前の段階では辛味を立てる薬味はほぼかいわれメインでしたし!

◎まとめ - ハマグリの強い旨味を見事に包み込む一杯


以前の綿麺はハマグリなどの強い素材を強烈に打ち出すことは珍しく、
そういう点からは「今の新しい綿麺」を感じさせる一杯とも言えますね!

その一方で1つの素材を立てながらもベースとの重層感を意識していて、
鶏・海老などの海鮮・ハマグリと旨味が三段重ねになっているなど、
このあたりの調和への意識の高さはまさに綿麺と呼べるものでしたね!

綿麺 16周年のお祝いの花

◎16周年のお祝いの花


そして訪問日である2月22日の段階でも16周年のお花が残ってました!
たださすがに20日経っているので、数はけっこう減ってはいますね!

自分が贈ったお花も左下に「16周年 おめでとう かーと」とありますね!(*・ω・)

女将さんは贈られたお花をいつもすごく丁寧に手入れしてくれるのですよね!

しなびた花は抜きつつ、残った花できちんと見た目を整え直してくれるので、
20日経って数は減っても、こんなふうにきれいに花を楽しめるのですよね!

綿麺はこの2月の花に彩られた期間の雰囲気がとても良かったりします!
訪問しながら「愛されてるお店だなぁ」ということを改めて実感しますね!

今回の限定の提供期間は長そうなので、ぜひとも食べに行ってみましょう!(゚x/)モッキューニ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

綿麺 16周年! 黒トンコツ細麺

開店16周年をお祝いするために綿麺へと足を運んでまいりました!

開店記念日は本来は2月2日なのですが、今年は少し早めの1月28日に行きました!

今年は2月2日が臨時休業になることが決まっていたこともあって、
夜営業のある1月31日か2月1日に行くことを予定していたのですが、
1月27日と1月28日に臨時夜営業が開催されることになったのですよね!

そしてその臨時夜営業のみの限定メニューが出ることとなっていたので、
「それなら少し前倒しして、その日に早めのお祝いに行こう」と考えました!

なので、いつもは開店祝いでの訪問時はすでにお店に花がたくさんありましたが、
今年は早めのタイミングだったということでまだお花は他にはなかったです!

おそらく開店記念日が訪れたあたりからお店がお花でにぎやかになるでしょう!(*・ω・)

さて、今回は限定として「黒トンコツ細麺」が提供されていました!
でもって、レギュラーメニューはなくこの商品のみとなっています!

それにしてもやはり最近の綿麺は再び限定が加速してきていますね!

ただ今回非常に新しかったのが、限定メニューの提供スタイルなのですよね!

「フライデーナイト」が終了してからの限定メニューの提供は、
夜営業のある木曜~土曜の夜のみで提供するという形でしたが、
今回は本来夜営業のない月曜・火曜の夜を特別に営業するかわりに、
限定メニューのみで店主一人で提供するスタイルとなっていました!

おそらく限定メニューの提供は再びだんだん加速してくるはずで、
その中でどういう営業形態で限定メニューを提供していくことにするか、
そのあたりをいろいろ模索している最中というふうにも考えられますね!

今回はそんな本来は営業日ではない日の営業というスタイルになったことで、
看板もライトはつけず、シャッターは半分閉めて営業をされていました!

そうした情報はあらかじめ公式twitterのほうで伝えられていたので、
「知っている人だけが訪問する」ような形にしたかったのでしょうね!

シャッターに頭が少し当たっても大丈夫なようにスポンジが張られていたり、
お店の入口の営業を知らせるところに「闇営業中」という紙が張られてたりと、
何気ないところでいろいろ工夫されていたのはちょっと笑ったりもしましたが!

また今回は本来は店主さん一人での営業で女将さんは休みの予定だったのですが、
自分がお祝いの花を持ってきたこともあってちょっと顔を出してくれました!

「せっかくの訪問だから女将さんにもお祝いの言葉を伝えたいな」と思ってたので、
その機会をちゃんと作ることができたのは、自分としてもありがたかったですね!

綿麺 16周年! 黒トンコツ細麺

ということで、今回の限定である「黒トンコツ細麺」がやってまいりました!
いわゆる「黒マー油豚骨」スタイルのビジュアルとなっていますね!

スープに浮かんでいる黒いのは、マー油(焦がしにんにく油)となります!

今では綿麺でマー油と聞くと「珍しいなぁ」と感じる人が多いかもですが、
綿麺ではもともと「とんこつらーめん」がレギュラーの1つだったのですよね!

自分が初めて訪問したときにはまだレギュラーの一角を占めていたので、
当時の「とんこつらーめん」は自分としても何回か食べています!

そのときはブログで紹介してなかったので、記事は全くないのですが;

そしてその「とんこつらーめん」向けの味を変化させるトッピングとして、
黒(マー油)と赤(辛味噌)の2つが定番として提供されていたのですよね!

なので、もともと黒マー油は綿麺にとって馴染みのあるトッピングなのです!

また今回のビジュアルで目立つのは、味玉がスライスされてる点です!
普段は1/2個にカットするだけなので、明らかに見た目が異なりますね!

今回はそのあたりのポイントも踏まえながら紹介していきたいと思います!

◎スープ - 純粋で太い豚骨に調和を重視したマー油が絡む


まずはスープですが・・・綿麺の純粋な豚骨を食べるのはひさしぶりですね!(●・ω・)

綿麺では豚骨スープベースのラーメンは普段から提供されてますが、
純粋な「豚骨ラーメン」はレギュラーから「とんこつ」が外れて以来、
食べたくてもめったに食べることのできない存在になってるのですよね!

おそらく2015年に食べた「復活☆とんこつら~めん」以来かと思います!

こうして食べると綿麺の豚骨スープの個性がはっきりと伝わってきますね!

おそらくは今回のラーメン向けに大きく方向性をアレンジしたとかではなく、
あくまでストレートに綿麺流の豚骨スープを打ち出してきた印象ですね!

普段は綿麺の豚骨は「和風とんこつ」などの形で味わうことになるので、
「土台のコクを支えるベース」としてのイメージが強く残るのですが、
こちらは豚骨が完全に主役なのでより幅広い表情を感じ取ることができます!

豚骨スープと一口に言ってもそこにはいろいろなスタイルがありますが、
綿麺の豚骨スープならではの独自性があることがはっきりと伝わりますね!

少し粘度がありつつ、博多系ともまた違ったどっしりとした厚みがあって、
それでいて油脂はきれいに乳化していて調和したまろやかさを感じさせる、
ただ一般的な「クリーミー豚骨」のような豚骨臭を極端に抑えたものではなく、
豚骨ならではの風味もしっかり感じる「太く、丸く、豚骨らしい」スープです!

そしてここにマー油が多めに加わりますが、これも調和の高さを感じます!(=゚ω゚)

マー油の入った豚骨ラーメンはとにかくマー油そのものが強く主張して、
全体をマー油の香味によって引っ張っていくタイプがあったりしますが、
こちらはそうではなく、マー油による香ばしさをしっかり打ち出しつつも、
極端に目立つのではなく、スープと交わってきれいにまとまるのですよね!

このあたりのバランスの取り方は綿麺らしいなぁと思わせてくれますね!
濃度や個性を打ち立てると同時に調和を非常に大事にしてきますからね!

かつての綿麺の豚骨ラーメンは、綿麺なりに王道豚骨スープを追求しつつ、
そのアクセントとしてマー油や辛味噌を活用するといった印象でしたが、
今回はどことなくマー油が特徴の熊本ラーメンへの意識も感じるのですよね!

そのあたりについてはトッピングや麺のところでも見ていきたいと思います!

そして今回は唐辛子も入ってますが、ピリ辛感はごく軽めのアクセントです!

昔の辛味噌のようにスープそのものの雰囲気を大きく変えるわけではなく、
唐辛子の風味と軽い辛味でスープをストレートに引き立ててくる感じです!

このあたりも豚骨の味わいを純粋に引き出すような狙いを感じましたね!

◎トッピング - あえて固ゆでスライスの味玉が非常に印象的


トッピングはバラチャーシュー、スライス味玉、白ねぎとなっています!

バラチャーシューは綿麺の基本となっているチャーシュー具材です!
レギュラーの「和風とんこつ」などはバラチャーシューが使われますし!

ただ以前に比べるとある点においてブラッシュアップしている印象でした!

というのも、片方の面をごく軽く炙って香ばしさを出してるのですよね!
よく見ると表面にちょっとだけ焦げ目がついてるのが見えますからね!

最近レギュラーの「和風とんこつ」を食べてないのでわからないですが、
これはおそらく今回の限定メニュー向けの特別なアレンジではなくて、
普段からこうしたスタイルへと切り替えているのではないかと思います!

いつものバラチャーの良さを出しつつ、香ばしさも加えた感じですね!

そしていつもの溶けるようなやわからさとコクはやはり健在ですね!
この箸でつかむのが難しいほどのやわらかさが綿麺のバラチャーですしね!

そしてスライス味玉ですが、これは完全にこのラーメン向けの特別具材です!(`・ω・´)

まずはっきりとわかるのが、普段と熱の通し具合が異なる点ですね!

いつもの綿麺の味玉は卵黄が少しやわらかいオレンジ色ですが、
今回は明らかにしっかりと固くなるまで熱を入れてますからね!

ただひたすら茹でまくって卵黄も周辺が青緑っぽくなるような、
そこまで極端な熱の入れ方はしていないようには感じましたね!

そして自分の体感だと、味付けについてもけっこう変えてる感じでした!

明らかにいつもより色が濃いですし、風味もどこか懐かしさがある、
そうしたレトロ感の演出に気を使ってるような感がしたのですよね!

「これはもしかして熊本ラーメンリスペクト」の1つなのかと思ったのですが、
たしかに熊本ラーメンの老舗ではこうした味玉がよく使われるのですよね!

なので、そうしたところを意識したという可能性はたしかにあるのですね!

スライスにしたのは固ゆででも食べやすくする目的と思われます!

どうしても固ゆでにするとその分だけ卵黄がモソッとするだけに、
スライスにしてそうした感触を上手く軽減しているのでしょうね!

白ねぎは辛味がやや強めで、薬味としていいアクセントを出してました!

綿麺 16周年! 黒トンコツ細麺(麺のアップ)

◎麺 - 博多系よりは少し太く、ザクパツ的な食感が楽しめる


麺は細めですが、博多系の麺よりはやや太く中細ぐらいの太さです!

一方で食感は豚骨向けらしいザクパツ的な感覚がしっかりありますね!
茹で加減も絶妙で、パツッとした歯切れを十分に楽しむことができます!(*゚ー゚)

またいつもより加水が低めなこともあり、小麦の香りが潤沢ですね!

綿麺の自家製麺は小麦の風味を生かすという点にも強みがあるので、
加水が少し下がると、そのあたりがより際立つ側面がありますね!

ところで今回の麺の太さですが、以前の「とんこつ」と比較したところ、
やはり自分が食べた感覚のとおり、今回のほうが太めになってるようです!

というのも、2015年のときは硬さ指定はあったものの茹で時間が30秒なのに対し、
今回は替え玉の茹で時間は1分30秒というふうに伝えられていましたからね!

とすると、やはり今回はあえていつもより少し太めにしてきたのでしょう!

ここも自分としては「熊本リスペクト」なのではないかと感じたのですよね!
熊本ラーメンは博多系に比べると、麺がやや太めという傾向がありますからね!

綿麺 16周年! 黒トンコツ細麺(替え玉)

◎替え玉 - より麺の風味をダイレクトに楽しめる


今回は替え玉も普通にラーメンを注文した時と同じ麺になってました!(*゚◇゚)

替え玉は麺をたくさん食べられるというのが一番のメリットですが、
それとは別に麺の風味をストレートに楽しめる良さもあるのですよね!

普通に提供された段階ではスープと麺の調和を重視しながら食べ進めて、
替え玉をしてからは麺の風味と食感により重点を置きながら食べていき、
最後はスープをじっくりと楽しむ、そういう流れもまたいいのですよね!

そして細かめにカットされたレアチャーシューが楽しめるのもいいですね!

◎まとめ - 「綿麺の王道豚骨」と「熊本リスペクト」感の見事な融合


スープは「綿麺の豚骨をストレートに味わってもらう」を基軸に据えながら、
麺や具材、マー油からはどことなく熊本ラーメンへのリスペクトも感じるような、
2つの要素が上手くミックスした豚骨ラーメンへと仕上がっていましたね!

そういえばどこかどんぶりのチョイスもレトロ感が意識されていますし、
やはり「綿麺流レトロ感」は今回のテーマの1つだったのでしょうね!

ひさしぶりに綿麺の素直な豚骨スープをストレートに楽しめた一杯でした!(゚x/)モキキューヌ

[メニュー]
綿麺 券売機(2019年7月)

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.