本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 うるめいわしの漬けご飯セット

美章園駅の近くにある「本町製麺所 阿倍野卸売工場」に行ってきました!

このお店は以前から行ってみたいとは思っていたのですが、
なかなか自分の中で候補として入ってこなかったのですよね!

というのも、美章園駅のあるJR阪和線は使う機会がほぼないので、
それが行くのを躊躇する大きな理由になってしまってたのですよね;

ただ、よくよく考えると近鉄線の駅からも500mほどの距離なので、
「その駅から歩けばいいのでは」と発想を切り替えて行ってきました!

こうした発想の転換もけっこう大事だったりするのですよね!
この思い付きがなければ、きっとまだ行ってなかったでしょうし!

さて、この「本町製麺所」はここ以外にもいくつかお店がありますが、
なんとここ以外のお店はどれもうどん屋さんだったりするのですよね!

ここの「阿倍野卸売工場」だけがラーメンを提供しているのです!
こうした運営形態はちょっと他にはないような気がしますね!

こちらの麺メニューの基本は「中華そば」と「汁なし中華そば」の2つです!

とすれば、初訪問ならまずは「中華そば」系から行くべきでしょう!(=゚ω゚)

ところでこちらのお店はセットメニューもかなり充実しています!
その一つである「うるめいわしの漬けご飯セット」に惹かれたのですよね!

というのも、こうしたセットってまず他のお店では見ないですからね!

普通のラーメン屋のセットメニューというとチャーシュー丼だったり、
いかにもラーメン屋らしいご飯ものが合わされたりするものなのですが、
こちらは「うるめいわしの漬けご飯」と生ものが合わさってますからね!

しかも青魚となると、鮮度が悪かったりすると味が一気に落ちますし、
それをメニューに加えるということは相当自信があるのでしょう!

となると、これを注文して試さないわけにはいかないと思いました!
しかもそのセットで850円ですから、価格的にもおいしいですしね!

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 中華そば

ということで、セットについてくる「中華そば」がやってまいりました!

こちらのお店の標準は「名物 中華そば」というものなのですが、
セット版は味玉が穂先メンマに変わるという構成になってます!

また麺については丸中細麺と平中細麺から選ぶことができます!
とりあえず今回は「丸中細麺」のほうを選んでみることにしました!

まずはスープですが・・・実に複合性を感じさせる魚介スープですね!(●・ω・)

鰹節などの節系を中心とした魚介を主役に立てたスープなのですが、
節系の持つ主張がガツンと攻めたてるタイプとはまた違うのですよね!

旨味はしっかりとしてるのだけれども、インパクトを立てるのでなく、
様々な魚介を合わせることでしっとりとした深みをより前面に立てる、
そしてそのうえで醤油ダレで全体をまとめたスープとなっています!

見ての通り醤油の色に関してはけっこう濃いめではあるのですが、
そこまで醤油がガンガンと前面に出るタイプのスープでもないです!

醤油の主張よりも香り・風味を上手く立てている感じなのですよね!

そうしたこともあって、とにかく調和を重視したスープと言えます!

特に面白いのはやはり魚介で、鰹節、さば節、あじ節だけにとどまらず、
まぐろ節にいわしの節などを重ねるという構成になってるのですよね!

さらに鱧(はも)までダシに使ってるなど実に豊かな内容となっています!

この構成を見ると深み重視の調和型のスープなのもよくわかりますね!

でもって、基本がうどん屋さんであることも伝わってくる内容ですよね!
だしの旨さと、じんわりとした広がりを大事にするあたりは共通しますし!

ラーメン屋というよりもうどん屋に近い魚介の使い方とも言えますし!(*゚◇゚)

そして魚介だけでは足りないコクを補っているのが鶏系の素材です!

前面に出てくる風味は魚介のほうが主役となってはいますが、
その下支えとしてはしっかり動物系も活躍しているのですよね!

ただ、主役というよりはあくまで土台作りという役割ですが!

また卓上の山椒と黒胡椒の投入が薦められていたので試してみました!

まずは山椒ですが・・・これはかなりインパクトが高まります!(*゚ー゚)

もともと和の雰囲気を持った優しいタイプのスープなのですが、
山椒が加わるとその空気感を維持しつつ刺激が強まるのですよね!

そのため味のインパクトという点ではわかりやすくなりますが、
どうしても刺激が強めなので量は少なめにするのがいいですね!

そして黒胡椒ですが、こちらはラーメンらしさを強調してくれます!

なので、刺激的ながらもある意味では山椒と対照的なのですよね!

和の風味を強める山椒と、ラーメンらしさを高める黒胡椒と、
これは自分が食べる中でどちらの方向性への変化をより求めるか、
それによってどちらを入れるのかを選ぶというのもアリですね!

もちろん両方とも入れて刺激を楽しむというのもいけますし!

トッピングは豚ロースレアチャーシュー、穂先メンマ、
海苔、白ねぎ、みつばという組み合わせになっています!

レアチャーシューというと肩ロースが使われることが多いですが、
最近はけっこういろんなお店でロースのチャーシューも見ますね!

肩ロースに比べると肉の旨味がいくぶんさっぱりとしていますが、
そうでありながら肉の風味がじっくりと感じられるものでしたね!

このロースチャーシューはかなりの出来映えと言っていいでしょう!

穂先メンマはシャクシャクとして、やわらかな食感が特徴です!
穂先メンマとしての良さをストレートに楽しめる内容ですね!

海苔は非常に大きく、しっかりとスープを吸わせたうえで、
麺を捲くようにして楽しむのが基本ではあるのですが、
シンプルに海苔+スープの味わいを楽しむのもアリですね!

スープの旨味を吸った海苔を味わうといった感じですね!
このラーメンに関してはそのほうが合うと言えるかもです!

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 中華そば(麺のアップ)

麺はいくぶん黒みがかった断面の丸いストレート麺となってます!
「中細」とはありますが、印象としては中太ぐらいの感じですね!

そしてこの麺ですが・・・これは非常に明確な主張がありますね!(`・ω・´)

加水は高く、麺そのもの食感・風味どちらも主張が強いです!

噛むたびに小麦の風味がはっきりと口の中に広がってきますし、
表面がつるりとして、「中細」とは言いつつもけっこう太いので、
スープと麺との力関係で見るなら麺のほうが優勢となっています!

もともと「本町製麺所」と「製麺所」を店名に関していますし、
その点でも「麺を楽しむお店」という色合いが強いのでしょうね!

そのかわり麺のクオリティに関しては間違いないものを持っています!

噛むと強い弾力を見せながらもちもち感とプリプリ感が強く出て、
食感で明確な主張を見せながらも、同時に強い風味を香らせます!

多くの麺は小麦の風味を強く立てると食感に弱さが出てしまったり、
あるいは食感を重視すると風味が弱るといった傾向が出るものですが、
この麺はしっかりとその2つの要素を両立させてきているのですよね!

ただその分だけスープとのなじみには一定の弱さを持ってますが!
スープとのなじみよりも麺の風味・食感を重視した麺ですからね!

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 うるめいわしの漬けご飯

そして「うるめいわしの漬けご飯」のほうもやってきました!
どうもこのうるめいわしは一本釣りのものを使ってるようですね!

かなり細かく切られた青ねぎをご飯に敷いたうえでいわしを乗せ、
その上に薄く切られた生姜と刻み海苔が乗る形となっています!

さて、その主役のいわしですが・・・これは間違いない品質ですね!(●・ω・)

青臭さは皆無、漬けの味付けのバランスも申し分ないですし、
肉質はやわらかく、これはもういくらでも食べられそうです!

さっぱりと食べられながら、いわしの良さもよく出てますしね!

いわしを少し食べて、続けてご飯を食べるのもいいのですが、
全体をがっつりまぜてから食べるほうが自分はオススメですね!

醤油ダレ、それぞれの薬味、いわしの風味などのそれぞれが
絶妙のバランスで絡むことで実においしくいただくことができます!

これなら青魚が少々苦手な人にでもオススメできるでしょうね!
寿司にしても刺身にしても間違いなく楽しめる品質でしたし!

この丼とのセットにしたのは確実に正解だったと言えるでしょう!

魚介の旨味の複合性を主役に据えた優しい雰囲気のスープに、
食感・風味ともに明確な主張を持った麺を合わせることで、
麺のクオリティをダイレクトに伝えてくれる仕上がりでしたね!

麺がスープになじむ感じが好きな人には麺勝ちと感じそうですが、
麺がいいだけにこうしたラーメンもまた魅力的ではありましたね!

ラーメンだけでなく、丼までしっかりと楽しませてくれるお店でした!(゚x/)モキーン

[メニュー]
本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 メニュー(その1)

本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば工房 メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区美章園3-7-7
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 蛤白湯ラーメン 炊き込みご飯セット&からあげ

3月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
・・・って、もうおもいっきり4月になってしまってますが;

昨年の体調の良くない頃は今回のように月別限定の記事が
翌月にずれてしまうということがちょくちょくありましたが、
最近はそうではなかったのでひさしぶりのことではありますね;

2月下旬あたりから考えることや動くべきことが多くありすぎて、
それでラーメン店の訪問記事を書くのが滞ってるのですよね(;゚ω゚)

時間のあるときに一気に書き上げたいとは思っているのですが!

さて、3月の限定のテーマは「ハマグリ」でございました!
ハマグリのラーメンは3年前の5月にも登場したことがありますね!

ハマグリは非常にいい旨味を持った素材でもあるので、
ハマグリのラーメンというだけで安心感がありますね!

麺と心 7 蛤白湯ラーメン

うん、トッピングにもしっかりとハマグリが使われてますね!

まずはスープですが・・・うん、ハマグリの旨味が生きてますね!(●・ω・)

3年前に出たハマグリの限定はもっと清湯スープに近い雰囲気で、
「ものすごく濃いハマグリだしのスープ」をベースにしたうえで、
そこに必要最小限の塩味の調整を効かせたようなスープでしたが、
今回は同じハマグリでももう少し変化をつけてきた感があります!

というのも、どうも今回は逆にタレに重点を置いたようなのですよね!

ハマグリを濃縮させたような旨味を持たせたハマグリ醤油ダレに、
さらに香味油にもハマグリの風味を強く移す手法を取ったようです!

要は今回はタレによって味を決めるスタイルで来たのですよね!
同じハマグリのスープでも、そのアプローチが大きく違っています!

そのため3年前のスープが非常にストレートなハマグリ感なのに対し、
こちらは少し熟成させたかのようなカドが取れた旨味があります!

熟成感と深み、そして香味油によってもたらさせる貝の香りと、
複数の要素によって包み込むようなハマグリの旨味が楽しめます!

なので、二枚貝特有のクセは持ちながらもそこまでとがっておらず、
一定の丸みを感じながら食べることができる味わいになってましたね!(*゚◇゚)

ハマグリという素材はどう調理してもその旨味が生きますので、
そうした特徴を存分に生かしたスープになっているとも言えますね!

また、今回は白湯らしい濁りがスープに見られたのも特徴でしたね!
3年前のスープのときはほとんど清湯と言えるような雰囲気でしたし!

もともと貝によって白湯っぽい雰囲気を出すのは難しいのでしょうね!

トッピングはハマグリ、ラディッシュ、白ねぎ、みつ葉です!

ラディッシュがラーメンに入るというのはいかにも斬新ですね!
こちらのお店はこうした変化球の素材をよく使ってきますからね!

かといって、別に全体の中で妙に目立ちすぎることもなくて、
見た目と味わいをごく普通に楽しめる存在となっていました!

白ねぎはごく普通の薬味で、みつ葉は軽い清涼感を与えます!

そしてハマグリですが・・・これが実に見事な味わいでしたね!(`・ω・´)

ハマグリって、そのまま煮たものを出すだけであっても、
十分な旨味が楽しめるのに、そこも工夫してるのですよね!

というのも、このハマグリは白ワイン蒸しとなっています!

白ワイン蒸しで香りが高まり、ハマグリの風味と相乗効果を見せ、
普通にハマグリを食べるよりも倍ぐらいに旨味が堪能できましたね!

やはり今回は「工夫のハマグリラーメン」と言える内容ですね!
3年前のストレートさとはあえて視点を変えてきてるのがわかります!

これまで食べてきたハマグリ具材としてはトップと言えますね!

麺と心 7 蛤白湯ラーメン(麺のアップ)

麺は平打ちで、プリッとした質感の強い平打ち麺となってます!

基本的にはこのお店が得意とする平打ち多加水麺ですが、
いつもに比べるといくぶん茹で時間が長めなのですかね!

なので、歯切れをアピールするような食感にはなっておらず、
最初から少しの優しさとプリ感を堪能できる麺となってます!

それゆえにスープとのなじみの良さも強く感じさせられましたね!

麺と心 7 蛤白湯ラーメン 炊き込みご飯セット

こちらはセットとして注文した「炊き込みご飯」ですね!
具材として主役のハマグリ、昆布、ねぎが入っています!

このままで食べてもハマグリの風味が効いた醤油味の
炊き込みご飯として普通に楽しむことができるのですが、
ここに少量のラーメンのスープを加えると最高なのですよね!

そうすることでハマグリの持つ旨味が一気にブーストして、
まさにハマグリを堪能しつくせる炊き込みご飯になります!

ラーメンと方向性が同じ炊き込みご飯はこんな楽しみもできますからね!(*゚ー゚)

麺と心 7 からあげ(2018年3月)

今回は珍しく「からあげ」を3個注文してみました!
かといって、1人で3個とも食べたわけではないのですが!

この日は珍しく他の人をこちらのお店に連れてきましたからね!
それでオススメのからあげも注文するという形を取りました!

このお店のからあげはラーメン店で1・2を争う存在ですからね!

何と言っても衣のカリカリ感、これは断トツと言っていいです!(*・ω・)

そして肉のジューシーさと下味のバランスの良さも光ってますし、
そこに少し柚子胡椒をつけて食べても抜群の味になるのですよね!

以前は衣はいいものの、下味が弱かったりもしたのですが、
最近はあらゆる面から見ても弱点がなくなってきましたね!

もはやこのお店の揺るがない看板の一つと言っていいでしょう!

今月はどんな攻め方をしてもいい味を出すハマグリという素材を、
あえてタレと香味油と白ワイン蒸しの具材と変化をつけることで、
熟成感と深みなどをたっぷり楽しめる仕上がりになってましたね!

ハマグリの良さをとことんまで堪能できる一杯でございました!(゚x/)モキルー

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 蛤白湯ラーメン(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 明太子白湯ラーメン&明太子ご飯 バター醤油

2月の限定を求めて「麺と心 7」へと足を運んできました!

しかし「明太子白湯」とはずいぶんと斬新なテーマですね!
奇抜で言えばこれまでの中でもトップクラスと言えますね!

こちらのお店であればありえると思えてしまったりもしますが、
ラーメンのトッピングに明太子が乗るということはありえても、
「明太子でラーメンのスープを取る」って普通じゃないですしね!笑

一応は明太子の親でもある鱈の白湯に明太子を合わせるようですが、
それでも一筋縄ではいかないのがこちらのお店ではありますからね!

麺と心 7 明太子白湯ラーメン

こ、これはラーメンとしてはありえないようなビジュアルですね!

こちらにいつも行ってる人間としてはそれなりに普通に見えますが、
そうでない人からすると「何だこれは」となってしまいそうですね!

明太子の熱の通り具合から見ると後から溶かし込んだ感じはなく、
しっかりと明太子を炊き込んだことが伝わってきますからね!

まずはそのスープですが・・・まずベースは鱈で固められてますね!(●・ω・)

一口目に関して言うなら、自分は明太子以上に鱈を強く感じましたね!

鱈をしっかり炊くことで、鱈の鍋を連想させるような旨味があり、
それをさらに強めたような風味が全体をどしっと支えています!

よくよく考えれば鱈だけでも普通にスープとして完成するわけで、
それをベースとして使っているというだけでも贅沢ではありますね!

実際にこちらのお店でも鱈の白湯は過去に出たことがありますしね!

その鱈の風味に関しては何か奇をてらったような感じは特になくて、
その部分だけを見るなら非常にストレートな鱈スープと言えますね!

そんな一口目こそはベースを固める鱈の風味が強く来るスープですが、
食べ進めるにつれてだんだんと明太子のほうが主張を強めてきます!

ちなみに「明太子」というと「辛子明太子」をまず想像しますが、
「明太子」とだけ言うと「たらこ」の別称でもあったりするので、
今回はそちらの意味で使われていると考えたほうが良さそうですね!

メニューにも書いてますが、辛子明太子のような辛さがないですし、
実際にスープを見ても飲んでも唐辛子の要素は特にないですからね!

そのかわり追加で唐辛子のトッピングをできるようになっていますが!

さて、その明太子ですがスープの風味でアピールするというよりは、
それ以上に食感とその粒がもたらす味わいのほうが主張が強いです!

もちろん明太子の風味もかなりスープに溶け込んではいるのですが、
何と言ってもスープを飲むたびにプチプチと来る食感が強烈です!

これはもうラーメンのスープの食感とは明らかに違ってますしね!(*゚◇゚)

面白いのはやはり炊き込んでも粒感がしっかりとある点ですね!

しかもこの明太子、全体で見ると底のほうがやや多く入っているため、
食べ進めるほどにスープよりも明太子の比重のほうが高まってきます!

最初は鱈:明太子が比較的等価ですが、後半はほぼ明太子一色ですし!

スープというよりは、もはや「明太子を使ったソース」に近いです!
そしてそのソースに麺を絡めて食べているといった感じになりますね!

そう考えると、このラーメンのベースにあるイメージというのは、
「明太子のクリームスープパスタ」あたりだったのかもですね!

そしてそのクリームスープの部分を鱈の白湯スープにすることで、
こちらのお店らしい魚介白湯の一杯に仕上げたと言えるのかもです!

そんなふうに見てみると、たしかにラーメンとしては奇抜なのですが、
一つの麺料理としては上手く練られているとも表現できそうですね!

奥にバジルが少し散らされているのも、このラーメンの発想の根幹に
イタリアンのアイデアがあったということを示唆してもいますしね!

トッピングは明太子の天ぷら、オクラの明太和え、エリンギ、
オクラ明太を乗せるためのチコリ、かいわれとなっています!

明太子の天ぷらと聞いたときは自分は「?」となりましたが、
たらこや明太子の天ぷらって意外とポピュラーなようですね!

火を通してあるのはあくまで表面の部分だけとなってるので、
中のあたりは明太子そのものの風味を楽しむことができます!

後述の明太子ご飯とこの天ぷらを合わせてもかなりいけますね!(*゚ー゚)

オクラの明太和えについてはなかなか難しい存在になっていて、
麺と合わせて食べるよりは、単独で食べたほうが映えますね!

どうしてもスープの明太子が熱を通したものになってるので、
明太子をストレートに楽しめる具材を乗せているのでしょうが、
麺というよりはおつまみ的な存在になっているのですよね!

あるいはこちらも明太子ご飯と合わせるという手もありますね!

エリンギはそのコリコリとした食感でアクセントになっています!
チコリはあくまでオクラ明太を乗せるための存在になってますね!

麺と心 7 明太子白湯ラーメン(麺のアップ)

麺はいつもよりも厚みがあって、もっちり感の強い麺でしたね!

今回は明太子のペーストが溶け込んでいることでスープの粘度が高く、
いつも以上に麺よりもスープが強いバランスではあったのですが、
できるだけそのスープに負けない麺に調整してきてはいましたね!

もう少し食感を強くアピールするほうがバランスが良かったかもですが!
このスープにはかなり強い麺でないと完全に負けてしまうでしょうしね!

特にスープの明太子の絡み具合がちょっと半端ではなかったですからね!(=゚ω゚)

力のある麺でありながら、ややスープに飲まれていた感はありましたね!

麺と心 7 明太子ご飯 バター醤油

こちらはサイドメニューとして注文した「明太子ご飯」ですね!

明太子以外に海苔、ねぎが乗っていますが、それだけではなく、
明太子の下にバターが隠されているのがポイントとなってます!

また、このご飯用の醤油も提供時に一緒に渡してくれます!
要するに明太子+バター醤油として楽しむというわけですね!

このアイデアは面白いのですが、明太子の量がご飯に比べて少なく、
ちょっとこのままだと明太子の割合がさみしくなってくるのですよね!

そこでラーメンのほうから明太子の天ぷらやオクラ和えを持ってくると、
一気にこちらのご飯のグレードが上がって味わいを楽しめると思います!

こちらのご飯はラーメンのスープをかけるなどのアレンジではなくて、
トッピングを一部拝借するというのが一番合っていると見えましたね!

ただご飯が少しパサついてしまっていたのは減点材料でしたが;

「明太子クリームスープパスタ」を発想のベースとしたうえで、
それをこちらのお店らしいラーメンへと仕上げていくその過程は
まとまりに一部粗さは感じたものの間違いなく面白かったですね!

前回の「ホタテかけそば」が超王道を行ったメニューだったのに対し、
逆にこちらはこのお店ならではの冒険心を炸裂させた一杯でしたね!

2ヶ月の間でこれだけ対極的なラーメンが楽しめるのも面白いですね!(`・ω・´)

最初から「明太子のスープパスタ」をイメージして見ると、
驚き以上によく組まれた一杯として側面も見えるでしょうね!

奇抜ではあるながらも、バックグラウンドを明確に感じられる一杯でした!(゚x/)モキチュー

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 明太子白湯ラーメン(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 ホタテかけそば&ホタテご飯

1月の月別限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!(`・ω・´)

今月の魚介白湯のテーマは初登場の「ホタテ」となっています!
ちなみに2月の予定は「明太子」とこちらも初登場の予定です!

とすると、今年は初めての素材がどんどん登場するのかもですね!

こちらのお店の魚介白湯の月別限定もずいぶん定着してきましたし、
このあたりで新たなインパクトを与える狙いがあるのかもですね!

さて、今回の「ホタテ」の限定もかなり思い切った路線となってます!

「かけそば」、いわゆるトッピングのないそばでの挑戦となります!

これまでもシンプルな構成の限定がないわけではなかったのですが、
ここまでシンプルさを突き詰めたのは今回が初めてと言えますね!

新しい限定のスタイルの最初を飾るにふさわしい一杯と言えそうです!

もちろんそれが味にしっかり反映されていることが大事ではありますが!

麺と心 7 ホタテかけそば

麺とスープの上に乗っているのはねぎだけ、と実にシンプルです!

ただ一応はちょっとしたトッピングが別皿で提供はされますが!

まずはスープですが・・・うん、こういうのを待っていたのですよ!(●・ω・)

魚介白湯をテーマとしているお店って他にほとんどないですし、
それゆえに扱われるほとんどの素材に珍しさがあったりしますが、
一方でそうした斬新さばかりが目立ちすぎることもあるのですよね!

面白さや奇抜さ、そうした要素もこちらのお店の魅力ではありますが、
ときにはどっしりと腰の据わった一杯を求めたくもなるのですよね!

いつもの限定がしばしば変化球を駆使したものであるとするならば、
今回はそうしたことが全くない、完全にストレートな一杯になってます!

スープの風味についても、ほんと一言「ホタテ!」で締まるほどです!

そのかわりそのホタテの旨味の強さ、深さ、ふくよかさは見事ですね!
ここ1年ほどのこちらのお店の限定の中でトップと言っていいほどです!

変化球を加えることによって生きる素材というのもいろいろありますが、
ホタテに関してはとにかくその旨さをストレートに引き出すだけで、
それ以上のものが何もいらないと感じさせる素材でもありますからね!

とにかくシンプルにホタテ貝柱の持つ深くふくよかな旨味を引き出す、
ホタテ貝柱ならではの他の貝とは違うクセの強すぎないやわらかな旨味、
それでいて深みと自然な甘さ、そうしたものがスープに凝縮しています!

そしてそれだけでなく白湯仕立てであることの良さもしっかり生きています!(*゚◇゚)

清湯だととにかくシャープで真っすぐにその素材の風味が立つのですが、
白湯の場合はそれがふくよかな丸みを帯びて伝わってくるのですよね!

なので、非常に強いホタテの旨味を持ちながらもきつさが全くなくて、
食べるほどにそのホタテに包まれるような感覚を抱かせるのですよね!

貝系の素材をここまでやわらかにスープはそうはないと言えますね!
一般的に貝系のスープはシャープなもののほうが多いですからね!

このあたりはホタテの部位を貝柱に絞ったのも功を奏してるでしょうね!
他の部位も加えているともっと複雑な旨味のスープになったでしょうし!

標準のトッピングは青ねぎのみ、別皿に添えられているのは
ほぐし貝柱とねぎを和えたもの、紅たで、しその花となってます!

紅たではピリッとした辛味を感じさせるタイプの薬味ですね!
ときどき麺に絡めて食べるとちょっとしたアクセントになります!

ただ、あくまでスープを生かすために少量のみとなっていますが!

しその花は麺に乗せたりせず、ときどきかじるのがいいですね!
そうするとしその葉と同じようなさわやかさが軽く広がります!

ときどき口の中をリセットさせるような役目と言えるでしょう!

そしてホタテのほぐし身ですが、これはスープに溶かしても良く、
あるいは麺に絡めながら食べてもどちらでもいいでしょうね!

もともとスープもこのほぐし身もホタテの貝柱由来のものなので、
ミックスしても味が強まることはあれ変わったりはしないですしね!(*゚ー゚)

麺はいつもより厚みが抑えめの平打ちのストレート麺となってます!

今回はついうっかり麺のアップ画像を撮影するのを忘れたのですよね!
というか、今回はわざわざ撮る必要がなかったとも言えるのですが!

普通に全体写真だけで麺がどんな感じなのかはっきりわかりますからね!

さて、プリッとした食感の加水が高めの麺なのはいつもと同じですが、
今回は厚みが抑えめなことで、食感よりもつるみや喉越しのほうが
麺の持つ特徴として前面に出てくるというところがありましたね!

そして何より印象的だったのは、麺の存在感を少し抑えることで、
「スープが主役のラーメン」という印象をより高めていた点ですね!

もちろん麺のなめらかな質感などもそれだけで楽しめるものでしたが、
やはり間違いなくいつもよりは麺単体の主張は抑えてはいましたし、
スープとのなじみの良さも普段の麺以上に際立っていましたからね!

そうすることで麺を食べるときもホタテの主役感は揺るがなかったですね!

麺と心 7 ホタテご飯

そして今回は1月限定の「ホタテご飯」も注文してみました!

ラーメンの別皿トッピングのホタテと同じものが乗ってますね!
実際に味も比較してみましたが、やはり同じと見て良さそうです!

おそらくスープを取る際に大量の貝柱を使うことになりますが、
それを別皿トッピングと「ホタテご飯」に応用したのでしょうね!

せっかくいい味の素材なのですから使わないともったいないですしね!

味わいはホタテらしい旨味にねぎのみというシンプルな構成で、
そこに醤油系のタレを少し加えて味を調えたものとなっています!

これだけでも十分すぎるぐらいにしっかりとおいしいのですが、
ここにラーメンのスープを少量加えるとさらに映えるのですよね!(=゚ω゚)

あまりかけすぎて雑炊みたいにするとスープが勝ってしまうので、
付加的な感じでスープの風味が加わるぐらいがちょうどいいです!

これは今月の限定を注文するならぜひ一緒に注文してほしいですね!
ちなみに価格は250円なので、それほど高いわけでもないですしね!

これまで主役に据えていなかったホタテという素材を採用したうえで、
それをあえてかけそばという究極的にシンプルな形で仕上げてきた、
今年の月別限定にかける意気込みが強く伝わってくる一杯でしたね!

でもって、白湯スープならではの特徴も上手く出ていましたし、
魚介白湯の専門店としての底力を見せた内容になってましたね!

この1年ほどの限定の中でもとりわけ際立った一杯でございました!(゚x/)モキキュッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 ホタテかけそば(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~まろやか蟹味噌ソース添え~

12月の月別限定を求めて「麺と心 7」に行ってまいりました!
12月の魚介白湯のテーマは例年通り「蟹」となっています!

こちらのお店の限定は「蟹」で締めるのが定番になってきましたね!
月別限定がスタートした2014年からずっと12月は蟹ですからね!

こちらで提供されている月別限定の中でも特に期待度が高く、
なおかつ安心感も高いのがこの「蟹」の限定なのですよね!

普段はラーメンに合うかどうか未知数にも思えるような
そんなテーマがチョイスされたりすることもありますが、
12月に関してはそうした不安は全くいらないですからね!

蟹のスープというだけで味は間違いないのが予想できますし、
実際にクオリティの高いものが提供されることが多いですからね!

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~まろやか蟹味噌ソース添え~

今回はひさしぶりにから揚げも1個注文することにしました!

こちらのから揚げはサイズ的にそこまで大きすぎないですし、
なおかつ1個でもいいので、気軽に注文できるのですよね!

衣のカリカリ感、肉のジューシーさ、下味の強さ全てが絶妙で、
ラーメン店のから揚げの中でもかなりハイレベルだと思います!

でもって、食べやすいように中央に切れ目も入れてくれていて、
そうした面も含めて非常によくできたから揚げと言えますね!

そしてメインのラーメンですが、今回は蟹の身も乗ってますね!
調べてみたところ、蟹の身が乗るのは2014年の限定以来ですね!

左側にうっすらと見えているのが蟹味噌のソースのようです!
クリーム的な白さと蟹味噌の色がまざったような感じですね!

まずはスープですが・・・おっ、ストレートに蟹が来ますね!(●・ω・)

こちらのお店は基本的に動物系の素材は使わずにスープを作っていて、
そのかわりまったりとした厚みを魚介に加えてくることが多いですが、
今回は例年に比べるとストレートに蟹の風味がやってくる感じですね!

ほんとに素直に蟹を大量に入れて炊き出したスープそのものというか、
何も言われずに食べても蟹のスープだと明確にわかる味わいとなってます!

スープのベースの部分には蟹味噌の持っているコクは特に出さずに、
蟹の殻と身の持っている旨さがダイレクトに出ている感じですね!

でもって、ちょっと鍋っぽい感じも持っているのが今年の特徴です!

蟹の風味をしっかり引き出したスープに野菜や乾物の旨味を重ねて、
蟹が7割、そこに野菜などの旨味が3割ミックスされている感じで、
大量の蟹に野菜を加えた鍋を思わせるようなスープになってますね!

さて、そんな例年以上にストレートな蟹らしさを打ち出すスープですが、
蟹味噌ソースのある部分の麺を食べるとかなりクリーミーな風味がします!(*゚◇゚)

もちろんそこには蟹味噌の持っているコクなども重なっていますが、
蟹味噌の風味以上に乳製品に通じるクリーミーさを感じるのですよね!

麺に絡むソースも蟹味噌特有の濃い緑っぽい色というよりは、
むしろ乳製品的な白さを持った色合いとなっているのですよね!

そして食べ始めの頃は完全に溶けたソースとなっているのですが、
時間が経つにつれてそのソースが軽く白い糸を引いてきたり、
さらにはちょっとプリッとした食感の塊になってくるのですよね!

この質感の変化を見るに、これはモッツァレラチーズぽいですね!(=゚ω゚)

風味はミルキーながらもそこまで濃厚さをアピールするわけではなく、
それと同時にフレッシュなミルク感を感じさせるところを見ると、
モッツァレラチーズと蟹味噌を合わせ、さらに粗びき黒胡椒で、
まろやかさを軽く引き締めたソースなのではないかと思われます!

食べ方としては途中でソースを全体にまぜるという方法もありますが、
ソースはまぜずにその部分の麺をときどき食べるというふうにすると、
蟹味噌ソースと麺が絡んだ風味をかなり強く味わうこともできます!

自分は後者がオススメですが、自分の好みで食べるといいでしょうね!

トッピングは蟹の身、チンゲン菜、白ねぎとなっています!

それにしても蟹の身が実際に乗ってくるとはなかなか豪華ですね!(`・ω・´)

決してそこまで太い蟹の脚というわけではないのですが、
それでも蟹の旨味がしっかり引き出されたスープに加えて、
蟹の脚まで2本食べられるというのは実にうれしいですね!

そのかわり他の具材は事実上チンゲン菜のみではありますが、
価格も900円を切ってることを考えると、さすがに蟹以外の
具材にまで贅沢なことを言ってはいけないと思わされますね!

麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~まろやか蟹味噌ソース添え~(麺のアップ)

麺はこちらのお店らしい断面の四角い少し幅広の麺ですが、
いつもに比べるとかなり細めの麺が使われていますね!

でもって、麺の中に粒状のものが見えないことを見るに、
こちらの麺には焙煎小麦は練り込んでいないと思われます!

なので、麺そのものの主張はいつもより少し控えめですが、
そうすることでよりスープを立てている感じがありますね!

でもって、細めの麺ならではのプリプリ感が非常に強くあって、
特に前半はその食感とスープの蟹の濃厚さが上手く重なり合い、
非常にレベルの高いハーモニーを奏でてくれていましたね!(*゚ー゚)

例年以上にストレートに蟹を打ち出したスープでありながら、
ミルキーな風味も重ねた蟹味噌ソースで実験性も持たせるなど、
こちらのお店らしい一筋縄ではいかない個性が出ていましたね!

昨年までに負けず、蟹の旨さをしっかりと楽しめる一杯でした!(゚x/)モキキュッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 蟹白湯ラー麺 ~まろやか蟹味噌ソース添え~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~

11月の限定を求めて阿倍野の「麺と心 7」へと行ってきました!
今月の限定のテーマとなる魚介は「鮭」となっております!

過去記事を調べてみると、鮭白湯の限定ラーメンは2014年以来ですね!

ただ、昨年9月のまぜそば対決シリーズの中で鮭のまぜそばも出てるので、
ラーメン以外にまで枠を広げると昨年も登場したことになりますね!

2015年に鮭系の限定が登場したときもまぜそばだったのですよね!

限定メニューの紹介パネルには「昨年も大好評を」とありましたが、
自分は毎月訪問してるのでたぶんお店側の間違いかと思われます!

ただし2015年に関しては月の前半と後半でメニューが少し変わって、
鮭のラーメンが登場していたという可能性はなくはないですが!

しかし3年ぶりというのはちょっと意外な気もするのですよね!
印象だけで言えば、昨年も鮭系の限定が出てたイメージはありますし!

鮭って非常に特徴の強い魚なだけに一度食べると印象に残りやすく、
3年前に食べたものであっても記憶が鮮烈に刻まれるのですよね!(=゚ω゚)

一昨年、今年と鮭の限定がともにまぜそばだったのを考えると、
やはり個性の強い鮭は本来ラーメン向きの素材ではなくて、
それゆえにラーメンで出すのが難しい面があるのでしょうね!

3年前の記事を読むと、そのインパクトの強さに驚いていますし、
今回も行く前に「大丈夫かな」という思いは正直ありましたしね!

鯛とかイワシあたりだと、かなり安心して食べられるのですが、
鮭に関してはさすがにそういうわけにはいかないですからね!

麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~

ということで、今月の限定の鮭白湯のラーメンがやってきました!
もみじの天ぷらに焼鮭にきのこ、まさに秋満開という感じですね!

まずはスープですが・・・おっ、これは上手くまとめてきてますね!(●・ω・)

たしかに鮭の持っている風味がビシッと前面に出てはくるのですが、
鮭特有のクセが強く出てるとか、生臭い印象を受けることはなくて、
鮭の旨味や風味を出しながら食べやすく調整されているのですよね!

それゆえに3年前のバージョンに比べれば間違いなく大人しいですが、
これより強くするとかなり人を選ぶ味になるのはほぼ確実でしょうし、
鮭の個性と間口の広さの両立という点では非常に上手くできてますね!

ポイントになってるのは鮭の油脂の立て方をきれいに調えた点ですかね!

焼鮭などを食べるときは、その鮭特有の油脂の旨さも重要なのですが、
ラーメンだと鮭の油脂の強さはクセの強さにダイレクトに繋がるので、
それをあまり目立たせすぎないようにしたのは正解だったでしょうね!

そしてもう一つ大きいのは鮭の砕けた身がスープに入ってる点ですね!(*゚◇゚)

今回のスープは大量の鮭のアラと身を使って取っているそうですが、
その中で崩れてスープに溶け込んだ身を一定程度残してるのですよね!

鮭の油脂の主張を抑えると、その分だけコクも弱まってしまいますが、
そこを補ってくれているのがこの鮭の崩れた身だったりするのですよね!

ペースト状に近い鮭の身が少量ではありながらも入ることで濃度も高まり、
鮭の風味、コクをクセをそこまで立てずに高める効果が出てるのですよね!

こうした細かい工夫なども3年前からブラッシュアップされた部分ですね!

トッピングは焼鮭、もみじの天ぷら、しめじ、コーン、海苔、青ねぎ、
そしてごぼうを薄くスライスしてから揚げたものとなっています!

焼鮭がドーンと一切れ乗っているのはかなりインパクトがありますね!
以前もこうしたタイプのトッピングが乗ることはよくありましたが!

焼鮭らしいカリッとした香ばしさもありつつ、ほどよく脂も乗っていて、
ラーメンのトッピングとしても十分に楽しめるものになってましたね!

自分は魚介白湯の限定にチャーシューなどの普通のトッピングが乗るより、
こうした魚介系のトッピングを乗せてくるほうが好きではありますね!

そのほうが全体のまとまりがよりきれいになるという利点がありますし!(`・ω・´)

もみじの天ぷらは葉の部分からはこれといって風味は感じないですね!
ただ衣のサクサク感はほどよく、それだけでも十分に楽しめますね!

基本的には味よりも季節感を出すための具材といった感じですね!

しめじは下味がしっかりつけられていて、食感・風味ともにいいですね!

そういえばごぼうの揚げ物、しめじ、もみじの天ぷらのあたりを見ると、
なんだか秋の公園の落ち葉を見るような感じでいい雰囲気が出てますね!

そしてごぼうの揚げ物ですが・・・これは「座銀」さんのインスパイアですね!
「座銀」に行ったことがある人なら確実にピンと来るトッピングですし!

面白いのはごぼうって、このように揚げると甘みが出るのですよね!

そしてその甘みがコーンの甘さといい相乗効果をもたらしていて、
味の面でも見た目の面でもいい役割を担ってくれていましたね!

そのままカリッと食べてもよし、スープにつけてしんなりさせてもよし、
見た目と味わいの両方が楽しめる面白い具材になっていましたね!(*゚ー゚)

麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~(麺のアップ)

麺はこちらのお店らしい平打ち多加水のストレート麺となっています!

いつもは食べ始めの頃はパツッとした歯切れを感じさせるのですが、
今回はそれ以上にプリプリと弾ける感触が前面に出ていましたね!

それが非常に心地良く、麺を食べる楽しさがいつも以上に強かったですね!
こうして改めて食べると、この麺のクオリティの高さも再実感しますね!

麺に練り込まれている粒状のものはおそらく焙煎小麦でしょうね!
それによってふわっとした感じながらも小麦の香りが上がってきます!

鮭という個性の強い素材を使いながらもクセを上手く抑えていて、
なおかつ鮭らしさも引き出すなどバランスがなかなか良かったですね!

それでも多少なりとも好みが分かれるスープではあるでしょうが、
あえて食べてみるだけの価値は十分に感じられる一杯でしたね!

見た目と味の相乗効果を見せてくれたトッピングも良かったですしね!

鮭という難しい素材を上手くまとめあげてくれた一杯でした!(゚x/)モキリュッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 鮭白湯ラー麺 ~秋の香りを添えて~(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~

10月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!
10月の限定はサンマをテーマとした「秋刀魚醤油そば」です!

こちらのお店では秋になるとサンマの限定がよく登場しますね!
昨年はもちろん、2014年にも秋刀魚白湯のラーメンが出てますね!

昨年はサンマを使って熟成した醤油の風味が素晴らしく、
タレで魚介の旨さを立てるというスタイルだったのですよね!

そこにすだちを絞って味変をするというアイデアも面白く、
「秋刀魚醤油」の旨さをじっくり楽しめる一杯でしたね!

それに対して今年はどのような路線で来るのでしょうね!(=゚ω゚)

麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~

うん、いかにも「麺と心 7」の限定らしいビジュアルですね!
具材の組み合わせなどに遊び心が満載なのがうかがえます!

まずはスープですが・・・うん、サンマそのものという風味ですね!(●・ω・)

サンマ節を大量に使って作ったスープということで、
もっと節系らしい旨味が主軸に感じられるかと思いきや、
それよりはサンマ全体の風味がそのまま出ているような、
焼サンマから感じられるような風味がスープに出てますね!

おそらくベースの部分はサンマ節で固めてあると思いますが、
そこに付加的に鮮魚のサンマの身やワタといった要素を
スープに取り込んで作られたのではないかと思われますね!

節100%のスープだと、ここまでサンマのクセの部分は出ず、
もっと素直な和風だし的な風味としてまとまるでしょうしね!

とりわけそうしたサンマ特有の風味はスープだけを飲むと顕著で、
この部分に関しては好みが一定程度分かれそうではありますね!

説明にあったようにサンマ節の旨味をとことんまで効かせて、
他の要素は加えずスープを構成する手もあったでしょうが、
こちらの限定はどこか突き抜けた部分が求められているので、
節オンリーだと「らしくない」一杯になったかもですしね!

魚系の素材だとクセも一定程度出してこそというのが、
こちらのお店のスープという側面がありますならね!(*゚◇゚)

かつてはそれでやりすぎ感まで出てしまうこともありましたが、
今回はそのあたりは上手くバランスが取れていると言えますね!

というのも、クセも含めたサンマの要素を緩和するための
様々な工夫がトッピングのほうに凝らされているのですよね!

奥に見える白髪ねぎっぽいものは、何と大根なのですよね!

さんまの塩焼きと言えば大根おろし、この発想を生かして
白髪ねぎではなく大根の細切りを薬味に採用したわけですね!

またさんまの塩焼にはすだちをかけることが多いですが、
すだちの皮が左の奥のほうにけっこう乗せられています!

すだちは香りが強いので、麺と絡むように食べるとほどよく、
大根は多めに取って麺と一緒に口に運んで食べるようにするか、
あるいは単独で食べることでアクセントにしてもいいですね!(*゚ー゚)

自分で卓上の柚子胡椒を入れるというのも一つの方法でしょうね!
これもサンマの風味と柑橘の香りでバランスが取れますし!

そしてもう一つ面白いが2種類の鶏具材なのですよね!

今回は鶏むね肉と鶏もも肉の2種類が入っているのですが、
どちらもすだちの風味があらかじめついているのですよね!

まさか肉具材にそうしたスープの持つサンマのクセを
上手く和らげる工夫が凝らされているとは意外でした!

もう一つの肉具材であるレアチャーシューはいつも通りですが!

そしてもう一つ目立っていた具材がさんまの竜田揚げです!

単体の具材としては最も存在感があったと言えますね!

自分としてはおなじみのレアチャーは抜けてもいいので、
この竜田揚げが2・3個入っていたらさらに満足できましたね!

醤油系の下味がしっかり施され、衣はサクサクとしていて、
なおかつさんまの肉の旨さも味わえる秀逸な竜田揚げでした!(`・ω・´)

他の具材としては水菜となめこが入っているのですが、
なめこはとろみがあるのでスープとする一体化しますね!

なので、スープを飲む際に自然と入ってくる感じでした!
一応は秋らしさの演出のために入っているのでしょうね!

麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~(麺のアップ)

麺はもっちり感の強い、断面の四角い太めのストレート麺です!

こちらのお店ではやや平打ち気味の麺を少し軽めに茹でること、
前半は歯切れの良さを、後半はもっちり感重視の麺が多いですが、
今回の麺は完全にもっちり感に比重を置いた麺と言えますね!

サンマという個性の強い素材のスープと合わせるうえで、
それに負けない存在感の麺を起用してきたのでしょうね!

自分はこちらのこのもっちり感重視の麺もかなり好きなので、
表面のつるみも食感もしっかりと楽しむことができましたね!(`・ω・´)

昨年が「熟成サンマ醤油」に重点を置いた一杯だったとするなら、
今年はサンマの総合性を演出したスープという感じでしたね!

それゆえにサンマのクセの部分もあえて出されてはいますが、
そこも含めて今回の限定の魅力の一つと言っていいでしょう!

サンマの焼き魚の定番である大根やすだちを起用することで、
サンマを食べる仮想体験をラーメンで楽しむ感じもありましたし!

非常に広い側面からサンマらしさを楽しめる一杯でした!(゚x/)モキローン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 秋刀魚醤油そば ~四種の肉盛り~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~

9月の限定を求めて「麺と心 7」へと行ってまいりました!
飛魚系の月別限定が出るのはおそらく2年ぶりになりますね!

昨年の9月は社員さん達がオリジナルのまぜそばで競い合う
そうした変則的な限定になっていたこともありましたしね!(*゚ー゚)

こちらのお店はかなり意外性のある素材を使うことが多いですが、
飛魚(あご)は最近ではラーメンでもポピュラーになってきましたね!

麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~

ということで、飛魚白湯のラーメンが登場いたしました!
味変用のアイテムとして梅肉が添えられる形となっています!

まずはスープですが・・・おっ、上手くクセが抑えられてますね!(●・ω・)

飛魚って非常にいい旨味を持った素材であるのと同時に、
けっこう苦味などのクセも強かったりするのですよね!

しかしながら、このスープは飛魚らしい旨味はしっかり引き出しつつ、
そうした苦味などの好みの分かれる要素は上手く抑え込まれています!

こちらのお店ではあえて素材の特徴を強烈に出すこともありますが、
今回は丸みを持たせてまとめあげることに重点を置いた感じですね!

それでいて飛魚ならではの香ばしさはきっちりと生きています!

麺と一緒に食べたときもそうした香りがほどよく麺に絡みますし、
スープだけで味わうとそうした飛魚の個性がより感じられます!

この香ばしさが感じられてこその飛魚だしとも言えますからね!

もちろんこちらのお店らしい白湯系ならではのとろみもあって、
ほどよいポタージュ感を楽しむことのできるバランスになってます!

そして味変用の梅肉ですが、まずは麺に少し絡めて食べてみました!(=゚ω゚)

すると、意外にもそこまで梅肉だけが目立つ形にはならないのですよね!

梅って非常に主張の強い素材なので合わせるのに難しさがありますが、
今回はベースである飛魚スープがかなりしっかりしていることもあり、
梅肉と合わせたときの変化がちょうどよく感じるぐらいなのですよね!

そしてこの梅肉はスープに溶かして味変することもできるのですが、
自分が食べた感じだと麺に絡めつつ食べたほうがオススメですね!

というのも、梅肉をスープに溶かしても意外と変化が少ないのです!
この変化の小ささについては食べていてちょっと驚かされましたね!

主張が強いはずの梅肉なのに、飛魚だしに力強さが宿っているので、
ちょっとやそっとだと、逆に梅肉のほうがかすんでしまうのですね!

もっともいきなり全部溶かしてしまえばかなり味も変わるでしょうが、
それよりは部分的に絡めつつ食べたほうがいいアクセントになりますね!

そしてもう一つスープにいい変化をつけてくれるのがとろろ昆布です!

こちらもスープに完全に広げて味に変化をつけることもできますが、
梅肉と同様に麺に絡めつつ食べるといい変化がつくのですよね!

でもって、梅肉と同時に絡めて食べるなんていう手もあったりします!
そうすると梅の酸味と昆布の旨味がいい相乗効果を生み出してくれます!

それでも梅や昆布が勝たないのは、ベースのスープが力強いからこそですね!(*゚◇゚)

梅肉ととろろ昆布以外のトッピングはレアチャーシュー、
飛子、舞茸、水菜、白髪ねぎという構成になっています!

今回のレアチャーシューは脂身が少なかったこともあってか、
自分の好みにもピッタリとハマっていてくれてましたね!

でもって、今回の飛魚だしとの相性も良かったのでしょうね!

そして飛魚の卵である飛子ですが、これは面白かったですね!

今では一部の回転寿司などで見かけることもあったりしますが、
プチプチとしていてクセがなく、非常にいい味なのですよね!

サイズ的にはししゃもの卵を一回り大きくしたような感じです!

スープとまぜてしまうと存在感が打ち消されてしまうので、
ときどき単独でつまむようにして食べるのがいいでしょうね!(`・ω・´)

そして舞茸もなかなかいい存在感を発揮してくれてましたね!

こちらは飛魚と合わせるという狙いで入れられたというより、
秋を感じさせる素材として加えられたような感じがしましたね!

舞茸ってきのこの中でも特有の旨味をしっかりと持ってるので、
それが飛魚の持つ強い主張の中でも見事に生きていましたね!

水菜は薬味的に全体にさっぱりとした感覚を与えてくれてましね!
他の素材がどれも個性が強いだけに逆に目立つ感じもありました!

麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~(麺のアップ)

麺はいつものこちらのお店の麺をやや細くした感じになってます!(=゚ω゚)

焙煎小麦を練り込んだやや平打ち気味に仕上げられた麺ですが、
細めにすることでプリプリ感がより強調された感じになって、
飛魚だしの中で上手く弾けているような感覚が生まれてました!

小麦の風味もしっかりしていて、弾力もなかなか強めの麺なので、
今回のような強めのスープの中でも全く埋没しないのがいいですね!

梅肉や昆布と絡めて食べたり、白髪ねぎを絡めつつ食べたりと、
今回の麺はいろんな素材と絡めることでいそがしくなりましたね!

飛魚ならではの主張の強さや香ばしさはしっかり引き出しながら、
クセや苦味などは上手く抑えつつほどよいポタージュ感を持たせ、
さらに梅肉や昆布などの味に変化をつけてくれる要素を加えたりと、
飛魚の王道の旨さを出しながらも面白い試みもたくさんありましたね!

飛魚の旨さとこちらのお店の創作性の両方が楽しめる一杯でした!(゚x/)モキルッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 飛魚白湯ラーメン ~プチプチ飛子添え~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

自由が丘蔭山 キューズモール店 鶏白湯塩そば

あべのキューズモール4階にできた「自由が丘蔭山」に行ってきました!

以前まで「支那そばや キューズモール店」があった場所ですが、
少し前にキューズモール内のレストランが大幅に入れ替わり、
その一環としてこちらのお店が新たに入られたみたいですね!

「蔭山」という名前からどこかで見たような気がしていたら、
以前に「蔭山樓」の鶏白湯ラーメンがカップ麺化されてました!

この「蔭山樓」は本来はフカヒレなどを扱う中華料理店なのですが、
鶏白湯ラーメンの評判がいいこともあり、ラーメンを専門で扱う
「鶏白湯 蔭山」を高田馬場などに展開するようになったようです!

その流れでこちらのキューズモールにも開店されたみたいですね!
ちなみに自由が丘に店舗を構えているのは「蔭山樓」の本店ですね!

自由が丘蔭山 キューズモール店 鶏白湯塩そば

今回は最も基本である「鶏白湯塩そば」を注文いたしました!

味玉抜きのバージョンを-50円で注文することもできましたが、
どうもこちらが標準のようなので味玉ありのほうにしました!

右に見えるレモンとミニご飯は自動的についてくるものです!

まずはスープですが・・・おっと、クセの全くない鶏白湯ですね!(●・ω・)

これまでクリーミー系の鶏白湯はいろいろと食べてはきましたが、
ここまでクセを感じさせない鶏白湯スープはそうはないですね!

「徹底してクセを抑えきった鶏白湯」と言ってもいいぐらいです!

ただ、かといってライト系の鶏白湯というわけでもないのですよね!

もちろんごってりとしたタイプの鶏白湯とは明らかに違ってますが、
鶏のコク、まったり感、クリーミーさはしっかりと感じられます!

鶏白湯系のラーメンというと、後半にかけて徐々に重くなりますが、
このスープはこれまで食べた中でもその重さを感じなかったですね!

鶏白湯はそうした重さやクセが多少人を選ぶこともありますが、
それがないだけに初めて食べる鶏白湯としては特に向いてますね!

ここを入口に鶏白湯に入っていくというのも十分に考えられます!(*゚ー゚)

また、最近はクセを抑えた豚骨ラーメンが女性に特に人気ですが、
このスープはそのラインで見ればそれを上回る力がありますね!

鶏のまろやかさが潤沢でありながら、クセがなくしっかりまろやか、
その丁寧なスープの口当たりと風味は特筆できるものがあります!

一方でラーメンに一定のワイルドさを求めるような向きからすると、
こちらのスープはあまりに優等生的に感じられる可能性もありますね!

きれいすぎるほどきれいに角を削ぎ落したスープとも言えますし!

レモンは麺を半分ほど食べたあたりで入れるのを推奨されています!

入れるとややまったり感が後ろに下がってすっきり感が増しますが、
もともと重さやクセの感じさせない鶏白湯スープとなっていることから、
重く感じないのであれば入れずにそのまま食べ進んでもいいでしょうね!

なので、少し重く感じた場合の味変素材と考えたほうがいいかもです!

トッピングは蒸した鶏胸肉、サニーレタス、玉ねぎ、水菜、
フライドオニオン、そして味玉という構成になっています!

蒸し鶏はしっとりとしていて麺と絡めて食べると鶏の風味が高まり、
一つの具材としても全体の構成する要素としても活躍しています!

サニーレタスはラーメンのトッピングとしては非常に珍しいですね!(=゚ω゚)

こうしたサラダ的な具材を入れることで、さらにさっぱり感を増し、
鶏白湯の持っているヘヴィな側面を抑えているとも言えるでしょう!

水菜についても同様で、玉ねぎも辛味を強調するというよりは、
ごく軽めに全体にアクセントをつける程度の役割となってます!

一方のフライドオニオンは香ばしさやコクを高める役割ですね!
ただ、あくまで軽くその風味に変化をつけるぐらいの効果ですが!

味玉は今回はちょっと熱が入りすぎていたような感じでしたね!
ただ、メニュー写真などを見る限りどうも個体差のようですが!

味付けの濃さなどはほどよく、硬さ以外には弱点はなかったです!

自由が丘蔭山 キューズモール店 鶏白湯塩そば(麺のアップ)

麺はかなり太めで縮れも強めについた麺となっています!
間違いなくこのラーメンの大きな特徴と言っていいでしょう!

鶏白湯というと、加水の低めの細麺が合わされることも多いですが、
そうした麺と比べると対極的と言ってもいいぐらいに異なる麺ですね!

これだけ太くて縮れが強いと、一気にすすって食べるのが難しく、
少しずつ箸で持ち上げるような食べ方が想定されてるのかもですね!

そう考えると、そのあたりも女性層向けという感じがしてきますね!

低加水の細麺はスープ乗りが良く、それゆえに体感的な濃度を
より高める方向へと振り向けるような効果を持っていますが、
この麺は逆なので、そこも一つの狙いになってるのでしょうね!

小麦の風味が強く出ることで、重さを緩和する効果があって、
やはりこれもまた食べやすさを演出する方向に向いています!

とにもかくにもほんと上品な鶏白湯ラーメンを指向してますね!(*゚◇゚)

そして麺を食べ終わった後はミニご飯を入れて雑炊風に食べます!

鶏白湯ラーメンのスープ+ご飯という構成はときどき聞きますが、
このスープはとりわけご飯と合うタイプと言っていいでしょうね!

「少し白濁した鶏スープで作る雑炊」をよりまったりさせた感覚、
それだけにご飯に合うのも当然と言えるほどでもありますからね!(`・ω・´)

ラーメン特有のワイルドさは皆無ながらも欠点のない一杯ながら、
大きな弱点を挙げるとしたらコストパフォーマンスなのですよね;

今回の標準のラーメンだけで税込950円というのはさすがに高く、
味玉とミニご飯が付くとはいえ、気になる点なのはたしかですね!

でもって、肉系のトッピングが蒸し鶏だけだったりもしますしね;

それゆえクセのない鶏白湯で他にも好きなお店があるとしたら、
どうしてもそちらを優先しがちになる側面はあるでしょうね!

一方でここまでクセを抑えきったスープはあまりないだけに、
やや高くともその点で固定ファンをつかむだけの力はありますね!

とにかくクセのない鶏白湯を求めるなら十分オススメできる一杯でした!(゚x/)モキキュッ

[メニュー]
自由が丘蔭山 キューズモール店 メニュー

自由が丘蔭山 キューズモール店 セットメニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール 4F

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~

8月の月別限定を求めて「麺と心 7」に行ってきました!

体調が悪かった頃は月の下旬の訪問が多かったですが、
最近は月の早いうちに訪問するようになってきましたね!

今回も訪問したのは8月3日とかなり早いタイミングでしたし!

さて、今回の魚介白湯の素材は「あさり」となっています!(=゚ω゚)

こちらのお店は7月や8月は月別限定が冷やしになってくれるので、
訪問する側としても非常に気軽に行くことができるのですよね!

熱いラーメンだとこの時期はそれだけで少し構えますからね;

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~

というわけで、「冷やしあさり白湯」がやってきました!
麺量はもちろん無料で増やせる「中盛」としています!

いかにもこちらのお店らしくトッピングが豪華ですね!

奥には海苔、中央には焦げ目をつけたキャベツを中心に
そこにあさりのむき身や輪切り唐辛子などを乗せています!

その右側には炒めたエリンギ、右奥には殻付きのあさり、
そして右手前にはなんと柴漬けが入ってるのですよね!

ラーメンのトッピングで柴漬けというのは初めて見ました!

まずはスープですが・・・やはりあさりは外してきませんね!(●・ω・)

魚系に比べると、貝の旨味はクセがあっても誰もが慣れてますし、
旨味と個性も強いので、それだけでも味がきれいに決まりますね!

貝系を主役に据えたラーメンで外してくることはまずないですね!

以前に出たことのあるはまぐりのラーメンほど強烈ではないですが、
それでもあさり特有の旨さがストレートに伝わってくるスープです!

醤油を使わないあさりのお吸い物をイメージしても近いですね!

もちろんこちらは冷やしのラーメンなのでそこは大きく違いますが!
貝系の旨味って、冷やしでも全く損なわれずに生きてくれますね!

貝系のラーメンって旨味の直球感がものすごかったりしますが、
こちらは豆乳を使うことでそこに上手く丸みをつけてますね!

豆乳の持っている風味がダイレクトに出てくる感じではなく、
貝特有の旨味を丸める役割というふうに言ったほうが近いです!

おそらくスープ本体と左奥に見えるエスプーマ(泡)の両方に
豆乳が使われていて、ベースのほうにも一定の丸みをつけつつ、
エスプーマによってさらにコクを高めるという感じなのでしょう!

ただ、食べているとエスプーマはそこまで目立たなかったですが!(*゚◇゚)

そしてこのラーメンはトッピングも面白い役割を演じてましたね!

今回のトッピングは単にラーメンの上に乗っているだけではなく、
具と一緒に麺を食べることで全体の完成度が高まる感じでしたね!

トッピングはレアチャーシュー、海苔、キャベツ、あさり、
エリンギ、輪切り唐辛子、そしてなんと柴漬けが乗ります!

この中で最もびっくりしてしまうトッピングは柴漬けですよね!
柴漬けが乗るラーメンなんて自分としても初めて見ましたし!

そうすると一見なんだかふざけているようにも見えるのですが、
トッピングの中でも最もハマっていたと言えるほどの相性でした!

冷やしということで、柴漬けのさっぱり感が上手く合いますし、
かつ食感の面でもあのパリパリ感がアクセントになるのですよね!(`・ω・´)

このトッピングはちょっとアイデア賞ものと言っていいですね!

そしてもう一つ欠かせないトッピングがキャベツでしたね!

ちょっと焦げ目をつけることで甘さと香ばしさを出していて、
麺と絡めて味を高めるという点では最も貢献していましたね!

この焦げ目による風味のアクセントがよく効いていましたね!

そして風味を重ねるという点では海苔もよく活躍していました!

海苔はもともと磯の香りがあるので貝とは相性がいいですし、
麺と一緒に食べることで予想通りの旨さを発揮してくれます!

炒めたエリンギも食感と風味でアクセントになってましたね!
エリンギはきのこの中でも特に食感が生きてくれますからね!!

純粋にトッピングとして楽しめるのがあさりとレアチャーです!

あさりは殻付きを2個と、キャベツの上にむき身が数個乗ってます!
食べやすさとビジュアルを両立させた乗せ方と言えるでしょうね!

全部殻付きにしてしまうと、どうしても食べにくくなりますし!

麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~(麺のアップ)

今回は焙煎小麦が練り込まれた平打ちストレート麺が使われています!

いつもは歯切れの良さを残すような茹で具合であることが多いですが、
今回は冷やしということで、つるみをより重視した感じでしたね!

なので、多加水麺らしいプリッとした質感がしっかりと感じられ、
それでいて硬さではなくしなやかさを感じさせる食感に調整され、
なおかつつるつるとすするのが心地いいバランスのいい麺でした!

こちらで食べる平打ち麺の中でも特に印象が良かったかもですね!(*゚ー゚)

冷やし向けの麺って食感が強くなりすぎることも多いのですが、
こちらはそうした面での調整もずいぶんと上手くなってますね!

それにしても冷やしラーメンもずいぶんと定着してきましたね!
今では冷やしを食べても珍しさなどは特に感じないほどですしね!

スープについても冷やしすぎない絶妙のラインになってましたし、
長い間の経験あっての旨さなのだなぁ、とも思わされましたね!

貝の旨さをきれいに丸めつつ、トッピングも楽しい一杯でした!(゚x/)モキーン

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 冷やしあさり白湯 ~コクまろ豆乳仕立て~(メニュー紹介)

[曜日別裏メニューの紹介]
麺と心 7 裏メニュー

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.