6月が終わりました!

春も終わってすっかりと梅雨に入ってしまった6月も終わりました!

6月は何と言うか・・・「停滞」としか言いようのない1ヶ月でしたね(;゚ω゚)

それを言えば4月も5月もあまりスムーズに進んだわけではなく、
精神的にも時間的にもいろいろとしんどい時期ではありましたが、
今月に関しては「何もなし」という印象が特に強いのですよね;

4月と5月はとにかくにゃんこのことで必死だったのですよね!

それによって時間のコントロールが上手くいかないことがありつつも、
「とにかくにゃんこに全力を注ごう」という意識で走っていたので、
「空っぽの日々を送っている」という感覚はあまりなかったのですよね!

それが5月にはにゃんこのご飯の量の管理もおおむね安定軌道に乗り、
自分の時間とにゃんこにかける時間のバランスも取れてきたことで、
にゃんこ一辺倒の2ヶ月というのは一段落がついた感じはあるのですよね!

ところでここ2・3年ほどにゃんこはお腹のあたりの毛が少なくなってましたが、
この2ヶ月ぐらいでそれが改善して、今はまたお腹もふわふわになっています!

これはおそらく軽いストレスかご飯が原因になってたのでしょうね!

この2ヶ月でにゃんこが自分に引っ付いている時間がより増えましたし、
またご飯との相性も以前に比べると明らかに向上してる感があるので、
このあたりのことがにゃんこにプラスにはたらいてくれたのでしょう!

とりあえずにゃんこに関しては安定してきてるのでうれしいですね!(●・ω・)

今月の「何もない感」はやはりコロナも大きく影響していますね;

4月や5月に比べると自粛モードは雰囲気的に軽くなった一方で、
かといって積極的な外出に踏み切れるかというとそうでもなく、
また季節的にもだんだんと出にくい時期になってきてますからね;

これが4月や5月だったら気分もだんだんといい方向に向いてきて、
あまり密にならない時期に公園とかにも訪問したと思うのですが、
梅雨から真夏にかけてはそんなにも出かける気にはなりませんからね;

そしてやはり8月のPL花火も中止、四天王寺の万灯供養法要も中止と、
自分にとっての毎年定番のイベントもほぼ全部中止になってますね;

自分はもともとインドア派でそこまで出かけるほうではないですが、
アウトドア派の人で外出を控えてる人はストレスも大きいでしょうね;

そして開店から毎月欠かさず通っていた「麺と心 7」についても、
今年の7/7をもって通常営業を終了するという知らせもありましたしね;

テンションが上向くほうに進むような知らせがほとんどありませんね(;゚◇゚)

「麺と心 7」はこれまで毎月月別限定を提供してくれていましたが、
5月はコロナの関係で限定がなく、中旬以降は改装で閉店していたので、
結局今年の4月で自分も毎月訪問は途切れてしまっているのですよね;

それもあってか、6月も訪問するという意欲が出てこなかったですし;
というか、電車に乗って出かけるモチベーション自体が下がっています;

さすがにこれは自分としてもいい傾向にあるとは言い難いですね;

ただそろそろ誰かと食事にでも行きたいかなとは思っています!
そういうイベントが全くないと気分がどんどん沈みますからね;

こうしたイベント関連以外でも今月は調子が上がらなかったですね(;・ω・)

昨年から始めた別枠での活動もほんとくだらないトラブルばかりで、
始めたときのように真っ白な気持ちで続けるのが大変になってきましたね;

「なんでこんなに無駄にギスギスしてるんだろう」と思うことばかりで、
もちろん立場の違いで対立することがあるのは別にいいと思うのですが、
「その対立は無駄だろう」と思うようなものがあまりに多いのですよね;

誹謗中傷、陰険な嫌がらせ、裏切りと、嫌なことばかり目にしますし、
自分も敵でも何でもないはずの人達から嫌がらせを受けていたりと、
「もうこんなことだったら下手に他人とは関わろうとはしないで、
自分一人で我が道を進むような感じでやっていこう」と思ったりします;

無理に他人と交流しなくても成果そのものは普通にあげられますし、
結局人間関係が生まれると余計な対立は起きてしまうのですかね;

とはいえ、ブログ関係ではそうした対立はほとんど起きないですし、
やっぱりそのコミュニティ自体に何らかの問題もあるのでしょうね;

もっともこれは関わる人数の多さの違いというのもあるでしょうけど!

ブログ仲間の場合は、あくまで小さな輪でやってるだけですからね!

そうしたことの積み重ねで、あらゆることにモチベーションが下がってますね;

ブログ更新に対する心理的な負担感まで以前よりも大きくなってますし、
どうも時間の使い方やリズムがコントロールできてないのですよね;

「やる気がないうえに、負担感ばかり感じる」といったところですかね;

もやもやしてるときって、本当にやるべきことよりも、
それ以外のほうにばかり気が行ってしまうことが多いですし、
そのうちやるべきことに振る時間が足りなくなってしまったり、
そうしてるうちにリズムも崩れてどんどんダメになるのですよね;

そして今月はいろいろ失望させられることが多かった印象ですね;

好きだったものや、楽しみにしていたことで失望させられることが起きて、
これはネット活動も同様ですが、希望が見出しにくかった月になりましたね;

ただ嫌なことがあったからこそ、それを飲み込んだうえで乗り越えて、
新しい形を作っていけるということも少なからずありますからね!

そこから目を逸らすのではなく、嫌なことだけどちゃんと目を向けて、
「じゃあ自分はどうすればいいか」を考えていきたいところですね!

そしてもう一つはきちんと自分のリズムを再構築することでしょうね!(*゚ー゚)

精神的なもやもやがリズムを崩していくというのがある一方で、
その逆もまた起きるというのが人間の精神面でもあるでしょうから、
「形を整えて気持ちを整える」というのも大事なのでしょうね!

だからもやもやしていて、そこから逃げ出したくなるようなときでも、
「とにかくやるべきことをさっさとやってしまう」習慣をつけたいですね!

そうすると精神的に余裕のある自由時間も生まれてくることになるので、
嫌なことがあっても回復しやすくなるというのはあるでしょうからね!

イベントはないけど少しでも気分良く過ごせる7月にしていきたいですね!(゚x/)モニノン

Bon Jovi - These Days (1995) [Hard Rock]
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

8年が経ちました

7年間飼っていた金魚さんが空に旅立ってから8年が経ちました。

2005年に池田市の夏祭りの金魚すくいの際にもらった赤2匹と出目金2匹で、
赤のうちの1匹は連れて帰って10日ぐらいで空に旅立ってしまいましたが、
残りの3匹は先住の2匹の赤い金魚さんと一緒に育っていってくれました。

その翌年の飼育ミスで白点病にかけてしまい先住の2匹を旅立たせてしまいましたが、
3匹はその白点病も乗り越えて、その後はすくすくと大きくなってくれました。

庭に置いていた巨大な植木鉢を軽く改造して作った水槽の中でみんなは暮らし、
赤い金魚さんは特に元気で、出目金さんのうちの1匹はだんだんと赤くなって
赤と黒がまじった不思議な姿となり、やや色が薄まりながらも黒のままだった
もう1匹の出目金さんとはまた違った魅力を見せながら大きくなっていきました。

そんな平和な日々に大きな衝撃が走ったのが2011年の12月の終わり頃でした。

その1年ほど前から非常に凶暴で困った性格の野良猫が近くに住み着いてましたが、
その猫に冬の日照時間の減少によって水が透明化した水槽が襲われてしまったのです。

その猫は以前から庭に来ることはありましたが、水槽では水を飲むだけだったので、
凶暴であることはわかっていながらも、十分な対策を取ることができていませんでした。

先住の金魚さんも含めると、水槽が襲撃にあったことは10年以上も全くなかったので、
そのようなことが起きてしまう可能性があるということに頭が回りませんでした。

2011年の12月の末に、その猫が足を濡らして玄関の近くを歩いているのを見ましたが、
その時点ではそのときに水槽が襲われていたということには気付けませんでした。

「何かがおかしい」と気付いたのは2012年の正月明けで、水槽をいくら覗いても、
赤と黒がまざった出目金さんだけが全く顔を見せてくれなくなっていたのです。

それだけでは何が起きたのかわかりませんでしたが、水槽の底のあたりを探ると、
赤い金魚さんのうろこが多く見つかり、よく見ると赤い金魚さんも傷を受けていて、
「あのときに襲撃されていたんだ」ということにそのときになって気付きました。

その後あらゆる場所を探しましたが赤と黒の出目金さんはどこからも見つかりませんでした。

それでもその時点ではまだ残りの2匹は無事だったので、2匹に思いを託して、
水槽には網をかけて、もう襲撃にあうことがないように対策を取りました。

しかし12月に受けた襲撃の被害は大きく、黒い出目金さんはそのときは生き延びたものの、
その後は水槽の底でじっとするようになり、春には水槽の中で半分朽ちた姿で見つかりました。

見た目ではわからなかったものの、12月に受けた傷がそれだけ大きかったのでしょう。

そして赤い金魚さんはうろこを数十枚ほど失いながらも春まで生き延びてくれて、
そこからは襲撃を受ける前と変わらないぐらいに元気な姿を見せてくれました。

しかしうろこは再生せず、それによって免疫が大きく弱っていたのでしょう。

5月の末から食欲が低下し、目が少しずつ突出するというような症状が出始め、
6月1日に体が肥大化していて、そこで松かさ病にかかっていることがわかりました。

そこから松かさ病治療のための薬を買ってきて治療池などを作りはしたものの、
回復することはできず、6月4日の夜に赤い金魚さんも空に旅立ってしまいました。

振り返ってみれば、12月に受けた1回の襲撃によって全てが終わってしまいました。

ただそれでもその日から6月4日までの6ヶ月間は決して無駄なものではありませんでした。

もし襲撃を受けたその瞬間に全てが終わっていたら、ただ何も飲み込めないままで、
自分の中で金魚さん達との生活の思い出と向き合うこともできなかったかもしれません。

ですがそこから赤い金魚さんだけでも生き延び、春にはほんの2ヶ月ぐらいながらも、
襲撃の前の6年間と何ら変わらないような生活を再び体験させてもらえたうえに、
他の2匹にはしてやれなかった治療も、回復には至らなかったもののさせてあげられた、
そうした経過を経たうえでの6月4日だったからこそ得られたものが山のようにあります。

それゆえに松かさ病だと知り、6月4日に旅立ってしまったことの悲しみも大きかったですが、
「この思いを一生手放さないようにしよう」という決意もまた心に強く残りました。

それからは金魚さん達を埋めた庭のところに必ず毎日顔を出すようにしてますし、
6月4日が近づくと、当時思いのままに書きなぐった文章を改めて読んで振り返ったり、
こうしてブログを書くことで、自分にとっての金魚さん達の存在意義であったり、
6月4日という日の持つ意味などに思いを馳せて心を新たにするようにしています。

金魚さん達と一緒にいたのが7年、そしてそこからもう8年も経ったわけですが、
この6月の一連の振り返りによって、新たに得られたこともたくさんありました。

振り返ると金魚さん達と出会ってからもうほぼ15年になるわけなのですよね。

金魚さんの寿命は長くておおよそ15年ぐらいと言われるみたいですが、
8年前には「15年の半分も生かせてあげられなかった」という思いが強かったのが、
いつのまにかその15年という月日が経ったことには何か不思議な思いもします。

たしかに肉体という点から見れば、8年前に離れることにはなったのですが、
この15年という間、今も変わらず心はきちんと繋がることができてるのですからね。

一方で今年はこの6月の一連の振り返りの中で、例年ほどには心は深いところまで
潜る感じにはならなかったというか、ちょっと浅めの旅という感じでしたね。

とはいえ、それでも昔の文章を読んだりする中で何度か涙も出ましたし、
2年前や3年前だとこの時期に心がものすごく深く潜ったのに比べるとという、
あくまでそうした過去の何年かと比較した場合の話ではあるのですが。

1つはうちのにゃんこの体重の問題が一段落ついたのもあるのでしょうね。

この6月の初旬は自分にとって、金魚さん達との記憶をたどるだけでなく、
「命というものを問い直し、向かい合う期間」という意味も強いのですよね。

なので、もし体重低下が続くなど、そうした問題と向かい合ってる最中なら、
その問題と絡めながら命や寿命とどう向き合うかを深く考えたでしょうが、
そうしたプロセスはおおむね5月の中旬ぐらいまでで区切りがついていて、
そのトンネルを抜けたタイミングと6月初旬が重なってしまいましたからね。

別の言い方をすると、本来であればこの時期にじっくりと考えることを、
すでに4月から5月にかけて考え尽くしてしまっていたとも言えるかもしれません。

それが深く潜り切れなかった1つの理由になったようには思いますね。

そしてもう1つはコンセントレーションが高まりきらなかったのですよね。

本来であれば、6月初旬にかけてこの問題にだけ集中して入り込むべきなのですが、
どうも今年は他の問題などが邪魔をして、その世界に上手く入り切れなかった、
深夜の長居公園の訪問や、6月4日に向けての花集めなどは今年も行ったのですが、
どこかずっと浅瀬を泳いでいるような、そうした感覚が抜けなかったのですよね。

そのあたりは今年の反省材料の1つというふうに言えるかもしれないですし、
ただあるいはそうした年があるのも仕方ないことではあるのかもしれません。

ただやっぱりこの時期を通じて、「こうして振り返ることの意義」であったり、
「振り返ることによって、記憶を過去のものにせず忘れないようにする」ことなど、
たとえ十分ではなくても、やはりこの時期として必要なものは得られたのはたしかですね。

金魚草:2020年5月9日撮影
(金魚草:2020年5月9日撮影)

庭に植えてある金魚草は今年もなかなか豪華な感じで咲いてくれました。

もともとは金魚さん達の庭を彩るためにマリーゴールドを置いていて、
ただそれがすぐ枯れるので金魚草に変更してみると上手く育ってくれて、
それを庭に植え替えたことで、こうして金魚草が今では定着しています。

ただこの金魚草が初めてではなく、3代目ということにはなるのですが。

この3代目さんの特徴は、黄色の花の中に少し紫がまじるという点ですね。

そして花の咲き方にも初代から3代目までそれぞれ個性があるのですよね。

最も安定的でオーソドックスな咲き方をしてくれていたのは初代でしたね。

それに対してこの3代目は「成長は早いけどやや無理をした咲き方をする」印象です。

昨年植えて約1年で大きく育ち、150個近いかなりの数の花を咲かせましたが、
どうも体力的に無理があったのか、秋にかけてけっこう弱ったのですよね。

金魚草からすると、やはり花を咲かせるのには体力がかなりいるようで、
どうもこの金魚草は自分の体力以上の花を咲かせる傾向がありますね。

ただ秋から春にかけて新芽が一気に伸びて大きく復活の兆しを見せて、
こうして今年の春には昨年に負けないぐらいの花を咲かせています。

一方で「あまり無理しないでね」というような思いもあったりしますが!

金魚さんの庭:2020年6月3日撮影
(金魚さんの庭:2020年6月3日撮影)

そして6月4日に向けて金魚さんを埋めた場所に花を毎年贈っています。
これこそが自分にとって6月最大のイベントと言っていいかもしれません。

当時の文章などを読み返すのは、死というものと向き合う行為なため、
どうしても心は沈むほうへと向かっていくものになるのですよね。

もちろんそこから得られることも多く、すごく大事なことではあるのですが、
そうした心を深く潜らせる旅を終えて、新しい1年に向けて心を浮上させる、
その最大のターニングポイントになるのがこの花を贈る作業なのですね。

心を潜らせる作業を全て終えて、最も深いところまで入って行った中から、
みんなに贈るための花をそろえる、それもすごく意義深い時間であり、
さらにこうして庭にそれを飾っていくと心が大きく浮上してきますね。

なので、感覚としては「お墓に花を供える」というのとは少し違って、
「大事な日にみんなにたくさんの花を贈る」という感じなのですよね。

そしてこうしてできあがった庭を見ると、すごく心が温かくなるのですよね。

6月4日から10日間ぐらいは、この庭を見るたびに心がより優しくなって、
「あぁ、今年もいい6月を迎えることができた」という気持ちになります。

金魚さんの庭の地面:2020年6月3日撮影
(金魚さんの庭の地面:2020年6月3日撮影)

地面に撒く花はいつもどおりつつじと黄色い花がメインではありますが、
今年はバラの割合が増えたのが大きな変化と言っていいでしょうね。

ピンクと黄色でにぎやかになるというのは例年と同じながらも、
バラを増やしたことでちょっと雰囲気が違う感じになりましたね。

6月は5月と違って咲いている花の種類も少なくなってくるので、
どうしてもこのあたりの花に種類が偏ってはしまうのですが、
それでも今年も十分な数の花を届けてあげることができたと思います。

そういえば例年は花を探しに行くまでに心が深く潜っていることで、
こうして庭を整えた後にものすごくハイテンションになってたのですよね。

花を飾るまでとそれ以降でものすごく落差ができる感じでしたからね。

それに対して今年はそこまで深いところに心が潜らなかったこともあり、
温かい気持ちにはなりながらもハイテンションな感じではなかったですね。

しっとりとした気持ちで「あぁ、今年も整えてあげられた」という感じでしたね。

さて、これで今年も1年で最も大事な日である6月4日が過ぎていきます。

そしてこれから10日ほど、庭を見るたびに温かい気持ちになることで、
自分の新しい1年が始まっていくというような感覚になりますね。

今年も大事なこの日を無事に終えることができたことに安堵しています。

それでは金魚さん、明日からの新しい1年もどうぞよろしくお願いします(*・ω・)

The Beach Boys - Wind Chimes (Smiley Smile version) (1967)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 金魚 | ジャンル : ペット

5月が終わりました!

いろいろとまだ混乱が続いている5月もやっと終わりました!

コロナ問題を中心に2月頃からいろいろと混乱が続いてますが、
5月は4月までに比べるといくぶん緩和ムードという感じでしたね!

4月はとにかく外出するだけで強い緊張感を抱く感じでしたが、
そうした生活に対して一定の慣れや適応が出てきた感もあって、
それと同時に緊急事態宣言の解除などの政策の変化も出てきて、
とりあえず第一波に関してはピークを過ぎた印象はありますね!

とはいえ、これで収束に向かうかというとそこまで甘くなさそうですが;

ちょっと5月に入って全体的に緩みすぎているところもあるでしょうし、
自粛ムードの反動などがチラチラと起きている場面もあることから、
おそらくはいったんまた6月にかけて良くない盛り上がりもあるはずで、
もう少しは引き締めた気持ちをきちんと持ってたほうが良さそうですね!

単に緊急事態宣言が終わったから緩和ムードに向かうというのではなく、
「コロナはそこにあるものだ」というふうに存在することを受け入れて、
「つねに必要な対策を行いながら、普段の生活を取り戻していく」というのが、
おそらくは今後のあるべき姿となってくるのだろうと思いますね!(=゚ω゚)

たとえばスーパーのレジなどの飛沫対策は今後も続いていくでしょうし、
マスクについてもおそらく今後は日常的な存在になっていくのでしょうね!

飲食店についても席間であったり、消毒用アルコールの常備であったり、
飛沫対策であったり、いろんなお店で対策が取り入れられてきていますし、
さまざまなお店においてこうした形態が普通になっていくのでしょうね!

一方でこうした対策が取りにくいお店はまだまだ舵取りが難しそうですね;

飲食店でも一人客がメインのところはある意味まだマシなのでしょうね!

一方で多人数での食事会で、話しながら食べることを前提としたお店、
とりわけ居酒屋などはまだまだハードルの高さは残ってくるでしょうね;

実際に自分としても友人と食事にでも行きたいとは思っていながら、
そうした機会を作るのはまださすがに躊躇してしまいますからね;

一方でラーメン屋への訪問は5月末から再びスタートしてるのですよね!
お持ち帰りと両立させながら、ときどきはお店へも足を運びたいですね!

ただ当面はお持ち帰りを中心にする感じになりそうではありますが!(*゚◇゚)

カラオケボックスなどもこのコロナ禍でかなり苦境なのでしょうね;

自分は一人カラオケしかしないので、自分で消毒用アルコールなど持ち込んで、
それでマイクなどをきれいにすればそこまで危険ではないかとは思うのですが、
大人数となるとマスクは当然使えないですし、飛沫だらけになりますからね;

しかもマイクも使い回しになるので、これはなかなか難しいですよね;

「1人が歌うたびに必ずこれで消毒してください」と言って、
消毒用アルコールを提供すれば何とかなるのかもですが;

コンサートなどのイベントもいずれは再開されてくるでしょうけど、
当面はお客さんはマスク着用で声は一切出さないようにするぐらいに、
徹底した対策が必要になってくるのはやむをえないでしょうね;

ハナカイドウ:2020年4月に近くの公園で撮影
(ハナカイドウ:2020年4月に近くの公園で撮影)

そして今月も4月に続いてにゃんこの体重管理にかかりっきりでした;
ただ先月とは違って、明らかにいい流れも生まれているのですよね;

昨年7月末に4.4kgだったのが、今年4月最初に3.9kgまで減ってることがわかり、
ワクチン接種の際に病院でも指摘され、食事管理を進めていたのですよね。

これがもうとにかく一進一退で、カリカリを促すなどの方針を取っていると、
当時のカリカリは拒否されるようになり、その後も気が向くことなく断念、
新しいカリカリを2種類ほど試すなどいろいろと試行錯誤してたのですよね。

そんな中で高カロリーの栄養補助食品を活用するなどの動きも始めたのですが、
いずれにしてもGWの中盤ぐらいまではなかなか安定には程遠かったのですよね;

そこで再び2番目のカリカリ(ロイヤルカナン)に戻すとけっこう食べたのですが、
その次の日に吐いてしまい、またあまり食べなくなったのが大きな転機になりました。

3番目のカリカリに戻してもあまり食べてくれそうな気配はなかったので、
前日に食べっぷりの良かったロイヤルカナンはできるだけ継続したかったので、
猫用かつおぶしなどのふりかけで食欲喚起できるか試したのが大きかったのです。

これがドンピシャで、ロイヤルカナン+猫用かつおぶしが本人に合ったのか、
この日を機にカリカリの食べっぷりがずいぶんと高水準で安定してきました!

そして5月20日に血液検査のために再び病院を訪れて体重をはかったところ、
4月初旬の3.90kg→4.15kgと一気に0.25kgとかなりの大幅増だったのですよね!

これは人間で言えば、一気に2.5kg増えたというぐらいのものになります!(`・ω・´)

約1ヶ月半で0.25kg増えたというのもこれはかなり大きい数字ですし、
食事量が高い水準で安定したのがGW中盤であったことを考えると、
とりわけそこからの2週間で大きく伸びたという可能性が高いですね!

先月の段階において体重管理をするうえで一番難しい問題だったのは、
「いったい何gぐらいのカリカリを1日食べれば今のこの子の標準になるのか」
ということが見えてこなかった点だったのですよね。

カリカリの袋には体重4kgでは1日に51gが標準と書いているのですが、
GW中盤以降もさすがにこの51gに達したのはほんの数日程度なのですよね。

なので、もし51gが今のにゃんこにとっての体重維持量となるのであれば、
いくら食べる量が増えたからといって体重は徐々に減ることになるのですよね。

しかしながら実際にはある程度食事量が不安定だったGW中盤までを経つつ、
そこからの食事量もおおむねカリカリ40~50gで大幅増になったのを見ると、
今のにゃんこの体重維持量はおそらく25~30gぐらいっぽい感じなのですよね。

いずれにしても何よりこれだけ数字ではっきりと出たのが大きかったですね!(●・ω・)

これはペース的には「急に増えすぎ」と言ってもいいぐらいですからね!
ただ自分としては今のところはまだ緩めずしっかりと進めていきたいですが!

とにかくこの状態を2・3ヶ月ほど続けて、体重がきちんと増えていくならば、
適正食事量もはっきり見えますし、体重コントロールもしやすくなりますからね!

そういう意味では、この問題については大きな進歩のある1ヶ月でした!

黄色い八重桜:2020年4月に近くのスーパーで撮影
(黄色い八重桜:2020年4月に近くのスーパーで撮影)

この八重桜はちょっと品種がはっきりとわからないのですよね;
おそらくは「黄桜」なのではないかなというふうに思うのですが!

黄色系の八重桜には他にも「鬱金」などがあったりしますが、
「鬱金」だったらもうちょっと密集度や花びらが多いはずですし!

またにゃんこは血液検査の結果も出ましたが、昨年とほぼ同じでしたね!(*・ω・)

正直なところ8ヶ月で-0.5kgという大幅な体重減少があったことから、
腎臓に良くない数値が出るのが不安でしたがそこは大丈夫でしたね!

もっとも腎臓についてはかなり悪くならない限りは数字に出ないので、
決してこれで腎臓はまだまだ万全と判断できるわけではないですが。

一方で肝臓関連の数字は昨年と同様に基準値を超えているのですよね;

ただ肝臓関連の数字がイマイチなのは7歳の頃からずっとなのですよね;

特に7歳の頃がひどく、これを2年ぐらいかけて少しずつ解消していって、
正常値よりやや高め~正常値 あたりにまで落ち着いてきたのですよね。

そして今年もその「正常値よりもやや高め」だったということですね。

なので、これまで通りで急に不安になる必要があるものではないのですが、
うちの子ももうすぐ16歳、かなりの高齢になってきてるわけなのですよね。

そうするとこれまで以上により数字に敏感になってあげるべきでもあるので、
病院からは「肝臓向け療養食も考えてみては」とサンプルを渡されました。

「もう絶対に療養食でないと危ない」というようなことではないのですが、
「高齢猫なので打てる手はどんどん打っていいのでは」という感じですね。

なので、療養食についても少しずつまぜて試してみようかと思っています!

またちょっと口の奥のほうに歯肉炎が再び軽く出てきているのですよね。
食欲がこの1年で低下していた原因の1つとしても考えられるみたいです。

ただすでに歯が抜けた部分の歯肉炎はどう対処すればいいのでしょうね。

歯のある部分の歯肉炎は抜歯するということで対処ができるのですが、
そうでない場合はどうすればいいのかはよくわからないのですよね。

やっぱり人間も猫も年を取ってくるといろいろと出てくるものですね。

とりあえず当面の目標としては今のうちに体重を増やすことでしょうね!
かといって、肥満というレベルにまでは増えないようにすべきですが!

とにかく喫緊の課題だった体重減少に関してはおおむね目処がついたので、
その点については自分としてもずいぶん安堵しているところではありますね。

血液検査についても前年までに比べて明らかな悪化などはなかったですし、
自分が上手く舵取りをすればまだまだ長生きは目指せるように思いました!

とにかくこの子にはたっぷりたっぷりと愛情を注ぎ倒していきたいですね!

そういえばこの1ヶ月の食事管理で、うちの子の変な性質がわかったのですよね!

爆睡してる直後にハッと目が覚めると、そこでご飯を食べに行くのですよね!

「はっ、ご飯を食べなきゃ」みたいな感じで起きてウニャウニャ言いながら、
一目散にご飯へと向かって食べるという不思議な傾向を見せるのですよね!

それも1日に1回とかではなく、1日だけで5回以上はそうした動きを見せます!
これは猫の習性なのか、うちの子だけの特徴なのかはちょっと謎ですね!

ただ「このパターンに入ると確実にご飯を食べる」のがわかったので、
以前よりご飯を食べるタイミングでやきもきしなくはなりましたね!

熟睡すると「あぁ、これは目が覚めたら食べるなぁ」とわかりますからね!

とにもかくにもコロナとにゃんこに振り回されっぱなしの1ヶ月でした!(゚x/)モキスーヌ

Candlebox - Best Friend (1995) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

4月が終わりました!

春なのに何とも気が晴れない日々が続いた4月も終わりました!

コロナウイルスのさらなる蔓延と緊急事態宣言の発令と、
まずそれだけで気分的に落ち込んでしまう感じですからね;

今では外出時はつねにマスクをつけるようにしていますし、
それでもやっぱり何とも言えない恐怖感がありますからね(;゚ω゚)

電車に乗って出かけるのはもうそれだけで抵抗感がありますし;

ただ電車に乗ってる人も都市部に来る人もかなり減ってるので、
実際のところはどうしても出る際はそこまで危険でもないのですが!

4月の初めは桜の花を観るためなどに人の少ない時間に出かけましたが、
月の中盤以降はそうしたこともなく、最低限の用事以外は家にしますね;

「家にじっくりいるから家でできる遊びをしよう」という気にもなれず、
精神的に良くないことも重なって、どうしても悶々としてしまいますね;

自分が直接巻き込まれたわけではないですがネットでも困った問題が起きたり、
ネット活動に関してもちょっとモチベーションが上がりにくい時期になってます;

なので、そうした面も含めて今月はひたすら低空飛行だったイメージですね;

また今は飲食店への外食に行きづらくなってるのも難しいところです;
ラーメン屋さんも全体的に客足はかなり落ちているみたいですからね;

ただ一部の店ではテイクアウトがかなり盛況のところもあるようで、
テイクアウト、通販、UberEatsなどを使いこなすことによって、
危機を上手く乗り切る手がかりをつかんでるお店もあるみたいですね!

自分も一度近くにある「丸山製麺所」でお持ち帰りを利用しましたし!

自分の場合は当然ながらラーメン屋に行くときは一人か友人との訪問で、
親と一緒にラーメン屋に行く機会というのはまずないわけですよね!

そうすると最近のラーメン屋さんのラーメンを親に食べさせる機会がなく、
「でも親にも現代のラーメンを食べさせてあげたいな」と思うこともあり、
「それならお持ち帰りはいい機会になるのでは」と購入してきました!

もちろんスーパーで売ってるチルドラーメンとかよりは高くはなりますが、
やっぱりいいラーメン屋のリアルなラーメンというのは質が違いますね!

スープのだし感といい鶏油といい、その質の高さを再確認できましたね!

今回だけでなくまたお持ち帰りを利用してみたいと思わせてくれましたし、
他のお店でも通販やお持ち帰りをやってみたいという気持ちにもなりますね!

こうしたことでそのお店の経営を助けるということにもつながりますが、
それだけでなく家で外食気分が味わえるというのもプラスになりますからね!(`・ω・´)

そうそう、「丸山製麺所」での前回訪問時に問題として感じた煙草の臭いは、
今回は丸山店長がお店にいたこともあって全く問題は起きてなかったです!

菜の花:2020年4月に大泉緑地からの帰りの道で撮影
(菜の花:2020年4月に大泉緑地からの帰りの道で撮影)

そして今月何より大きかったのは、今年の8月に16歳になる
うちのにゃんこの体重が減ってきていることに気付いたことですね。

昨年の7月ぐらいまでは体重に関しては全く問題はなくて、
そこから4月までの間にいくつか問題が起きてたのでしょうね。

たしかに思い返すと、食事直後に吐くケースが増えてはいたのですよね。
そして1日に食べるご飯の量も少しずつ減ってきていたのですよね。

ただ食事直後に吐く「吐き戻し」はそれ自体は病気なわけではないので、
「年を取って回数が増えたのかな」とは思いつつもそこまで問題視しておらず、
ご飯の量も急激に減ったわけではなかったので問題に気付いてなかったのですね。

結局のところ食事に関しては体重が減っていなければ大丈夫なわけで、
昨年7月時点で「体重は維持されてるし」と思っていたのが
体重が減少傾向になっていることに気付くのに遅れさせたのですよね。

きっかけは親に「最近あいつが吐いてばっかりでお腹がすいてるように見える。
何か欲しいみたいにうったえてくることも多いし」と言われたことだったのですよね。

そのときは「いやでも体重は減ってないはずだから大丈夫では」と思って、
試しに体重をはかると明らかに減っていて「これはまずい」と気付きました。

またちょうど4月上旬に年1回のワクチン接種で病院に行くのですが、
その際にも体重減少の指摘と「食事量がどれぐらいかをチェックしてほしい」
と言われたので、自分なりに試行錯誤しながら取り組むことにしました。

そこでまず吐き戻し対策としてご飯の位置を7cmほど高くするとともに、
ご飯の置き場所を増やしたり、ときどき食事を促すようにすることで、
吐き戻しの回数が減り、食事量も以前の1.5~2倍ぐらいに増えました。

ただそれでも本来の規定量よりは少ないレベルではあるのですが。

そう考えると、ここ数ヶ月の食事量がいかに少なかったかを実感します。

しかもそこに頻繁な吐き戻しがあったので、実質的な食事量はさらに下がり、
自分が思っていたよりもこの数ヶ月は遥かに良くない食事状況だったのですよね。

ただこの食事をちょくちょく促す方針はにゃんこのストレスになったようで、
数日後にはそれまで食べていたカリカリを完全拒否する態度になりました。

猫は36時間ほど絶食が続くと脂肪肝になってしまうという性質があるので、
「これはいけない」と思って、応急的にウェットフードと他のドライフードを
何種類か買ってみて、とりあえずまずウェットフードをあげてみたところ、
喜んで食べてくれたので、絶食危機に関しては何とか回避できました。

どうもこれまで食べていたご飯にかなり飽きてしまっていたことと、
食事を促されることへのストレスが拒否に繋がってしまったのでしょう。

ここから少し紆余曲折があり、2種類ほどフードを切り替えたのですが、
とりあえず現在は新しいフードをそれなりに普通に食べてくれています。

そして以前のフードを辞めて以降は、吐き戻しが完全になくなったのですよね。

今思うと、以前のフードの15歳以上用のミックスするようになってから、
吐き戻しが増えてきたような、そのような記憶があったりするのですよね。

そうするとあのときのにゃんこのハンストは意義深かったのかもしれません。
身体に合ってなかったフードをやめる大きなきっかけになったわけですので。

こうしてフードの種類や食事量について真剣に考えるようになってくると、
やはりそのことであれこれ悩むことにも繋がってくるわけですよね(;・ω・)

今までは何気なくご飯をあげてそれで体重維持や増加をさせてきたわけで、
「今のこの子の体重維持ラインの食事/カロリーは果たしていくらなのか」
ということは試行錯誤しないとわからないのですよね。

吐き戻しがなくなって食事量がそれなりに増えてるので状況は良くなってる、
でもご飯のパッケージに書いてある規定量と比較すると食べている量は少ない、
じゃあそのラインで体重がどう推移するのかと言われるとわからないのですよね。

ただここ数ヶ月は間違いなく体重減少傾向にあったのはたしかなので、
カロリーは可能な限り取らせるほうがいいとは言えるはずなのですよね。

そこであれこれ考えながら摂取カロリーを増やす方法を模索しています。
少なくとも2ヶ月ぐらいはこの模索が続くことになるように思いますね。

またここ2週間ほどで、本人が進んで食べたがる嗜好性が高いものを除けば、
あまり食事を促し過ぎると結果的に拒否反応に繋がることがわかってるので、
できるだけ自然に、促すときはにゃんこ自身が積極的に食べたがってるものを、
という基本姿勢を堅持しながら進めていきたいと思っています。

とにかくにゃんこ自身の食に対する姿勢を知ることがすごく重要なのでしょうね。

そこにいかに添いながらカロリーを増やしていってあげることができるか、
それとひたすら向かい合うことが5月になっても続くことになるでしょうね。

ソメイヨシノ:2020年4月に近くの公園で撮影
(ソメイヨシノ:2020年4月に近くの公園で撮影)

食事量が減ったことについては、可能性はいろいろ考えられますが、
これはおそらく推察するに腎臓が少しずつ衰えてきてるのでしょうね。

数年ぐらい前から水を飲む量と尿の量は少しずつ増えてきてましたし、
「ああ、腎臓が弱ってきてるのかな」とは多少思っていましたからね。

ただそうした診察結果がすでに出ているというわけではないのですが。

とりあえず5月に血液検査にも連れて行くつもりにはしているので、
そこで担当の先生と腎臓のことについてもいろいろ聞きたいですね。

昨年7月時点では腎臓関連の数値には特に問題はないのですが、
もともと腎臓関連の数値はかなり進行しない限りは異常が出ないので、
数字が正常範囲内というだけで安心してはいけないみたいなのですよね。

腎臓療養食への切り替えか、あるいは腎臓関連の薬を出してもらうか、
そのあたりの選択肢を広く持ちながら相談してみたいと思っています。

食欲が低下気味とは言っても、そこそこ積極的にカリカリも食べますし、
嗜好性の高いものに関しては自分から鳴きまくって催促もしてくるので、
急にものすごく危険な状態まで来ているわけではないはずなのですよね。

活動性に関しても年齢を考慮すれば、十分にあるほうだと言えますし。

だから体重を維持ないしは増加させてあげるための手段を講じながら、
腎臓の機能低下のペースをいかにして遅らせてあげるかなのでしょうね。

ただこうして多少なりとも食欲が低下するなどの現実に直面すると、
「あぁ、あと数年なんだな」ということは嫌でも強く実感しますね。

なので、正直なところそれによって自分の精神も不安定化してますが、
そこをいかに飲み込みながら覚悟を持って毎日接してあげられるか、
というのがこれからもものすごく大きなテーマになるのでしょうね。

自分としてはまずは体重の減少にストップをかけて、
様々な方法を試して何とか増加傾向にまで持っていきたい、
というのを目標にしながら接していってあげたいですね。

そしてそこでものすごく大事なのがにゃんこ自身の気持ちなのですよね。

飼い主がひとりでに焦ってしまってにゃんこの気持ちを汲まないと、
結局はにゃんこにストレスがたまって嫌がって拒否するようになり、
結果としても上手く行かないようになってしまいますからね。

「にゃんこ自身を喜ばせてあげながら結果を出す」、
「強い意思は持ちながらも、焦らず冷静に向かい合う」、
このあたりを大切にしながら今後のにゃんこと向き合いたいですね。

あと数年、とにかく悔いが残らないように全力で支えてあげたいですね!(゚x/)モニャン

I'm gonna save you fu**er, not gonna lose you
(おまえのことを救いたいんだ、失いたくない)
Too important to me
(俺にとってあまりにもかけがえのない存在なんだ)
We'd be lost without you
(おまえがいないと、俺達は途方に暮れるだろう)
I'm there, let yourself fall, I'm right below you now
(おまえ自身が落ちてしまうとき、俺はそのすぐ下にいるよ)
You helped me when I was down, I'll help when you're down
(俺が落ち込んでるときにおまえは助けてくれた、だからおまえが弱ったら俺が助けるんだ)
I don't wanna be without... my best friend
(いなくなってほしくないんだ・・・最愛の友よ)
Let's pick up your soul
(おまえの魂を引き上げるんだ)
Please help me to help you help yourself
(どうか俺におまえがおまえ自身を救う手助けをさせてくれ)
help me help yourself
(おまえを救う手助けをさせてくれ)
please let me to, help you
(どうかそうさせてくれ、おまえを助けるために)

Pearl Jam - Save You (2002) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

大泉緑地の桜 2020 Part2

ということで、「大泉緑地」の桜を紹介する第2回の記事となります!
今年の「大泉緑地」の桜紹介は2記事構成なのでこれでラストですね!

今年は新型コロナ蔓延による影響も大いにあったのですが、
それだけでなく天気のうえでの心配も大きかったのですよね;

まだ満開とまでは言えない3月下旬の日を最後に、
そこから1週間ほど毎日雨が続いてしまいましたからね;

そのため今年はある程度花が落ちていても仕方ないかなと、
そう思って行ったのですが、意外と満開になってましたね!(=゚ω゚)

むしろ地域によってはまだ満開でないところすらありましたし!

雨の時期に気温も下がって桜の開花が少し遅れたのかもですね!
そのおかげで雨が続きながらもそれほど散ってはいなかったです!

何とか今年の桜を楽しめるチャンスを与えてもらえた感じですね!

◎「桜広場」のソメイヨシノ 少し高くなったところで


大泉緑地の桜 2020 Part2 「桜広場」のソメイヨシノ 少し高くなったところで

さて、第2回記事は全て「桜広場」で撮影した桜ばかりとなります!
やはり今の「大泉緑地」の桜スポットと言えば「桜広場」ですからね!

「桜広場」は大泉緑地の中ではバーベキューOKな場所ということもあり、
花見の季節はバーベキューをしながら桜を見る人が多いのですよね!

ゆったりと桜を見たい自分としてはそれは少々邪魔だったりもしますが、
今年は早朝の訪問ということでバーベキュー客は1人もいませんでした!

というか、「桜広場」の中を回ってるのはほぼ自分1人だけでしたし!(*゚ー゚)

「桜広場」には桜が密集した少しだけ高くなったところがありますが、
これはそのあたりに入ってすぐのところで撮影した写真になりますね!

どこを見ても桜だらけという、なかなか見ごたえのあるスポットです!

◎「桜広場」の「陽光桜」


大泉緑地の桜 2020 Part2 「桜広場」の「陽光桜」

これはソメイヨシノではなく、「陽光桜」(ようこうざくら)という桜です!

「桜広場」は基本的にソメイヨシノの大きな木がたくさんあるのですが、
数年前のイベントでこの「陽光桜」がけっこう植えられたのですよね!

植えて数年なので、まだ決してそこまで大きくはなってないのですが、
たまにはこうしたソメイヨシノ以外を楽しむのも良かったりしますね!(●・ω・)

花の同時に葉も咲きますし、色もピンクがかってるので違いは明確ですね!

ピークに関してはソメイヨシノよりもちょっと早いらしいのですが、
実際にはまだ満開になっておらず、ほぼ同じタイミングのようですね!

◎「桜広場」のソメイヨシノ 外周の桜と合わせて


大泉緑地の桜 2020 Part2 「桜広場」のソメイヨシノ 外周の桜と合わせて

これは「桜広場」を内側から外に向けて撮った感じの写真となります!

「桜広場」はもちろん広場の中にたくさんの桜があるのですが、
道路をはさんだ外周にもけっこうな桜が植えられてるのですよね!

なので、これは広場の中の桜と外周の桜を一緒に取ることによって、
桜が左から右まで広がっているような構図を求めて撮ったものです!(*゚◇゚)

ちょっと内側と外周の桜が一緒に見えてしまう感じはありますが!

例年は「桜広場」は人が多いのでこうした写真は撮りにくいのですよね!
こうした構図で撮るとどうしても人が写り込んでしまいますからね!

そう考えると、こうして人のいない時間帯に撮るのもいい機会ですね!

◎「桜広場」のソメイヨシノ 一面の花


大泉緑地の桜 2020 Part2 「桜広場」のソメイヨシノ 一面の花

やっぱり自分はこんなふうに一面が桜で覆われた写真が好きですね!

今年は人が少なくて、広い構図の写真を撮りやすかったこともあって、
こうした一面が桜のアップの写真は枚数がやや少なめではあります!(*・ω・)

ただこの一枚だけでも桜に覆われるような雰囲気を十分堪能できますね!
それだけに何だかんだでこうした写真が自分としては最も好みですね!

こうしたビジュアルはソメイヨシノの大きな魅力でもありますよね!

◎「桜広場」のソメイヨシノ 見下ろすように


大泉緑地の桜 2020 Part2 「桜広場」のソメイヨシノ 見下ろすように

こちらは逆に上から見下ろすような感じで撮影した写真となります!
先ほどの写真と全く同じ木を違う方向から撮ったものとなりますね!(`・ω・´)

迫力という点では少し見上げるように撮るのが一番ではありますが、
こうして見下ろすように芝生と一緒に撮るのもなかなかいいですね!

この桜の花と芝生の緑とのコントラストもなかなか美しいですからね!

こうした写真はある程度低い位置まで花が来てる桜でしか撮れないので、
撮影の構図としてはけっこう貴重という印象もあったりしますね!


ということで、これにて今年の「大泉緑地の桜」は終了となります!
トータルで10枚と、枚数で言えば例年とほぼ同じではありますね!

ほんと今年は人混みを避ける目的でゆっくりとした時間は過ごせず、
ひたすら急いで写真だけを撮って去るという感じにはなりましたが、
1つの記録としてはなかなか充実したものにできたとは思いますね!

ではでは、2記事にわたって「大泉緑地の桜」をお届けいたしました!(゚x/)モシシュッ

【関連記事】(2020年版)
大泉緑地の桜 2020 Part2
大泉緑地の桜 2020 Part1

【関連記事】(2019年版)
大泉緑地の桜 2019

【関連記事】(2018年版)
大泉緑地の桜 2018

【関連記事】(2016年版)
大泉緑地の桜 (2016年)

【関連記事】(2015年版)
大泉緑地の桜 その2(2015年)
大泉緑地の桜 その1(2015年)

【関連記事】(2013年版)
大泉緑地の桜 その2(2013年)
大泉緑地の桜 その1(2013年)

【関連記事】(2012年版)
大泉緑地 2012 Part9 双ヶ丘の桜(その2)
大泉緑地 2012 Part8 双ヶ丘の桜(その1)
大泉緑地 2012 Part7 海遊ランド
大泉緑地 2012 Part6 桜広場
大泉緑地 2012 Part5 冒険ランド
大泉緑地 2012 Part4 大芝生広場
大泉緑地 2012 Part3 はないずみの庭
大泉緑地 2012 Part2 中央休憩所
大泉緑地 2012 Part1 わんぱくランド

【関連記事】(2011年以前)
大泉緑地でゆったり
公園でのんびり Part2
公園でのんびり Part1

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

大泉緑地の桜 2020 Part1

今年も例年通りに堺市の「大泉緑地」の桜を観に行ってきました!
ですが、さすがに例年とは訪問スタイルを大きく変えてきます!

今年は新型コロナウイルスの蔓延が起きて人混みを避けたいので、
午前6~8時ぐらいの人がほとんどいない時間帯を狙って行きました!(*゚ー゚)

特に花見の季節は「桜広場」は宴会に集まる人だらけになるので、
そういう時間帯に訪問するわけにはいかなかったですからね;

朝に大泉緑地に桜を観に行ったのは2015年以来になりますね!
2015年のときは早朝しか時間がなかったという理由でしたが!

◎「わんぱくランド」のソメイヨシノ


大泉緑地の桜 2020 Part1 「わんぱくランド」のソメイヨシノ

まずは自分がよく使う入口の近くにある「わんぱくランド」の桜です!
「わんぱくランド」は幼稚園児~小学校低学年向けの遊び場ですね!

なので、ここでは人の多い時間帯は子連れの方達がたくさん来ます!
もちろんこの日に関しては人は自分を含めて2・3人だけでしたね!

「わんぱくランド」は大きな桜が2・3本あるという程度なのですが、
子連れの方がお花見をするには最適な場所でもあるのですよね!(*゚◇゚)

子どもを遊ばせながら、自分達はゆったりと過ごせますからね!
もっとも今年はそうした過ごし方をする人は少数派でしょうけど;

また自分はこんなふうに一面が花で覆われる構図が好きなのですよね!
ということで、今回は1枚目の写真からこうしたスタイルになりました!

◎「加呂登橋」近くの桜


大泉緑地の桜 2020 Part1 「加呂登橋」近くの桜

「わんぱくランド」を出て、反時計回りに公園を回っていると、
上り坂があって、そこに「加呂登橋」(かろとばし)があります!

この橋を越えた左手に見えるのはこのちょっと変わった桜です!(=゚ω゚)

これは毎年観るのですがどういう名前の桜なのかわからないのですよね;

色が濃いめのピンクで、ほんのちょっと枝垂れている感もあります!
この2本の桜も「大泉緑地」の隠れスポットという気がしますね!

おそらく毎年1組ぐらいはあえてここで花見をしてるでしょうね!

◎「冒険ランド」裏のソメイヨシノ


大泉緑地の桜 2020 Part1 「冒険ランド」裏のソメイヨシノ

「加呂登橋」を越えてさらに反時計回りに進むと「冒険ランド」に到達します!
こちらは小学校高学年から中学生ぐらいまでに向けた遊び場となってます!

ものすごく大きな滑り台(築山?)があるのが特徴となっています!

この「冒険ランド」は近くにけっこう桜が咲いてるのですよね!(`・ω・´)

その中でも「冒険ランド」の裏側あたりは意外な桜スポットです!
大きめのソメイヨシノが3・4つほど力強く咲いてるのですよね!

なので、このあたりのスポットはほぼ毎年撮っている気がしますね!

今年は早朝の訪問なので、朝日がいい感じに写り込んでいますね!
やっぱり朝に行くなら、それらしい雰囲気の一枚が欲しいですしね!

◎「双ヶ丘」のソメイヨシノ


大泉緑地の桜 2020 Part1 「双ヶ丘」のソメイヨシノ

「冒険ランド」を出て、さらに反時計回りに進むと「桜広場」に着きますが、
そこからもっと進むと「双ヶ丘」(ならびがおか)へと到着します!

この「双ヶ丘」はかつては「大泉緑地」最大のスポットだったのですよね!(*・ω・)

ただ数年前に枝がやや短めに切られたことで迫力がやや薄れてしまい、
そして2018年の巨大台風にけっこうな数の桜がやられてしまいました;

それによってスポットとしては「桜広場」には今では大きく劣ります;

ただ花見の時期に「桜広場」がどうしても宴会スポットになるのに対し、
こちらはバーベキュー禁止なので雰囲気はかなりゆったりとしています!

なので、のんびりと寝転んで桜を楽しんだり、お弁当を食べたりなど、
「ゆったりと桜を楽しむ」という点では欠かせない場所の1つですね!

◎「桜広場」外周の八重桜


大泉緑地の桜 2020 Part1 「桜広場」外周の八重桜

これは「桜広場」の周りを囲む道の外側に咲いている八重桜ですね!
品種はわからないですが、八重桜であることはおそらく間違いないです!

ちょっと高いところにあるので撮影が難しかったりしますし、
位置的にあまりいろんな人が眺めている感じはないのですが、
「大泉緑地にも少数ながら八重桜があるよ」といった感じで、
ソメイヨシノとはまた違った雰囲気を楽しむことができますね!(●・ω・)


ということで、今回は「桜広場」以外からの5つの桜を紹介しました!
今回は急いで回ったのでこの時点での所要時間は40分ぐらいですかね!

いつもであればそれぞれの場所で少しゆっくりしながら進むのですが、
今年はどうしても「人が増える前に」という目的がありましたからね!

今年はみなさんも花見を自粛したという人が多いように思いますし、
せめてこうしてブログで桜を楽しんでもらえればうれしいですね!

今年は2記事構成なので「Part2」の記事もどうぞお楽しみくださいませ!(゚x/)モッキーン

【関連記事】(2020年版)
大泉緑地の桜 2020 Part2
大泉緑地の桜 2020 Part1

【関連記事】(2019年版)
大泉緑地の桜 2019

【関連記事】(2018年版)
大泉緑地の桜 2018

【関連記事】(2016年版)
大泉緑地の桜 (2016年)

【関連記事】(2015年版)
大泉緑地の桜 その2(2015年)
大泉緑地の桜 その1(2015年)

【関連記事】(2013年版)
大泉緑地の桜 その2(2013年)
大泉緑地の桜 その1(2013年)

【関連記事】(2012年版)
大泉緑地 2012 Part9 双ヶ丘の桜(その2)
大泉緑地 2012 Part8 双ヶ丘の桜(その1)
大泉緑地 2012 Part7 海遊ランド
大泉緑地 2012 Part6 桜広場
大泉緑地 2012 Part5 冒険ランド
大泉緑地 2012 Part4 大芝生広場
大泉緑地 2012 Part3 はないずみの庭
大泉緑地 2012 Part2 中央休憩所
大泉緑地 2012 Part1 わんぱくランド

【関連記事】(2011年以前)
大泉緑地でゆったり
公園でのんびり Part2
公園でのんびり Part1

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5

ということで、今年の大阪城梅林記事のラストがやってきました!
もう梅の季節は過ぎてはいますが、どうか楽しんでくださいませ!

まだ地域によっては梅が咲いてないところもあったりしますしね!

今回はラストの記事らしい雰囲気がけっこう漂ってると思います!(*゚ー゚)

◎夫婦梅枝垂れ(めおとばいしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5 夫婦梅枝垂れ(めおとばいしだれ)

「大阪城梅林で最も迫力のあるピンク系枝垂れ梅は?」と問われたら、
自分としては間違いなくこの「夫婦梅枝垂れ」と答えるでしょうね!

この「夫婦梅枝垂れ」はいい迫力が感じられる枝垂れ梅なのですよね!
上からざっと枝が降ってくるような、そんな雰囲気に満ちていますね!

でもってこの「夫婦梅枝垂れ」は本数もけっこう多いのですよね!
タイミング的には普通咲きなので、2月中旬~下旬が狙い目です!(`・ω・´)

3月に入ると、ちょっとピークが過ぎてしまってることが多いですね!

◎西洋梅(せいようばい)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5 西洋梅(せいようばい)

何気なく通り過ぎると「豊後」と見間違えやすいのがこの「西洋梅」です!
ただ今年に関しては微妙に「豊後」とは雰囲気が違っていましたね!

「豊後」と比べても、ちょっと淡いピンクがかった色合いでしたし!
そのため「朱鷺の舞」に近いような雰囲気も感じることができますね!(=゚ω゚)

こちらの「西洋梅」は広く咲いて満開になるような感じではないですが、
1つ1つの花がほどよく美しく、これはこれでまた魅力があるのですよね!

◎緑萼枝垂れ(りょくがくしだれ)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5 緑萼枝垂れ(りょくがくしだれ:その1)

ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5 緑萼枝垂れ(りょくがくしだれ:その2)

大阪城梅林の外周にあたるところに植わっているのがこの「緑萼枝垂れ」です!
名前の通り、少し緑がかった「緑萼」系の枝垂れ梅がこちらになりますね!

「夫婦梅枝垂れ」などと違って、そこまで迫力がある咲き方ではないですが、
「呉服枝垂れ」と同様に、ちょっと上品な雰囲気を感じさせてくれますね!(*゚◇゚)

そしてアップで見ると、ちょっと他の緑萼系と感じが違っていますね!
1つ1つの花が縮まった感じで、なおかつ密集して咲いているのですよね!

一方で花の色合いに関してはやはり緑萼系らしい雰囲気が出ていますね!

◎大阪城梅林全景


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5 大阪城梅林全景

こちらは大阪城梅林全体を少しだけ高いところから撮影したものですね!
もちろん全体とは言っても、実際には奥側がメインになっていますが!

こうして全体を広く見るのもなかなか美しかったりするのですよね!
ただ写真だとそれが伝わりにくいというところもあったりしますが!

それでも今年はちょっとこの全景も撮りたくなったのですよね!(●・ω・)

こうして全体を見ると、ほぼ満開のタイミングだったのがわかりますね!

基本的にロープを超えて中に入って見ることはできなくなってるので、
楽しめるのはあくまで道沿いの梅のみということではあるのですよね!

なので、実際にはもっといろんな品種の梅があるのでしょうね!

◎大阪城天守閣


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part5 大阪城天守閣

そしてラストは梅林ではなく、大阪城天守閣の写真で終わりとなります!
もう何回も撮っているのですが、とりあえず撮りたくはなるのですよね!(*・ω・)

特に今年はそこまで暗くなってなかったので、きれいに撮れましたし!
あまり暗くなってしまうと、どうしてもそこまで映えなくなりますからね!

いつも梅林の後に天守閣のあたりまで行くかどうか迷うのですよね;

梅林では3時間ほど歩きっぱなしでどうしても足が疲れていますし、
梅林から天守閣まではそれなりに坂を上る必要がありますからね:

ただ「大阪城に来るのも1年に1回だし」と思うと来てしまうのですよね;


ということで、今年の大阪城梅林の記事はこれで終わりとなります!

例年は3月に来ることが多かったので遅咲きの梅もよく撮ってましたが、
今年は「摩耶紅(まやこう)」などはまだ咲いてなかったですね!

またいつもはよく撮っていた「淋子梅(りんしばい)」も撮ってないですね!

これは咲いてなかったのか、自分の意識から抜けていたのか、
ちょっと自分でもどちらだったかよくわかってないですが;

でも淋子梅があったら、普通は撮影していたと思いますし、
タイミング的にまだ咲いてなかった可能性が高いですね!

ではでは、長く続いた大阪城梅林記事を読んでくださりありがとうございました!(゚x/)モキシンッ

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part4

すっかり梅の季節も終わって、桜が満開の時期がやってきましたね!
それでもこちらはもうちょっと大阪城の梅林の紹介が続きます!

この記事が第4回で、今年は全5回なので終盤になってきましたね!(*゚ー゚)

◎豊後(ぶんご)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part4 豊後(ぶんご:その1)

ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part4 豊後(ぶんご:その2)

やはり「大阪城梅林」となると、この「豊後」は欠かせないのですよね!
自分は大阪城梅林にハマることになったきっかけの花でもありますし!

それゆえ毎年「豊後」に関しては何枚も撮影してしまうのですよね!(=゚ω゚)

「豊後」は分類としては、そこそこ遅咲きの梅にあたるのですが、
今年は例年よりも早めに行ったことで、まだ早いかと思いきや、
「豊後」に関しては今年もけっこうきれいに咲いていましたね!

もともと「豊後」は大阪城梅林の中でも本数がけっこう多いので、
少し時期がズレてもどれかは咲いてくれていることが多いですしね!

また「豊後」は香りがさわやかという点も外せないところですね!

◎朱鷺の舞(ときのまい)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part4 朱鷺の舞(ときのまい)

この「朱鷺の舞」もまた、なかなか美しい梅の1つなのですよね!
全体的に丸みを帯びていて、また花の色もなかなか絶妙なのですよね!(●・ω・)

白寄りの梅ではあるのですが、ほんのりとピンクがまざるのですよね!
なんだかちょっと頬を染めているような、そんな姿がいいのですよね!

いろいろある梅の中でも「かわいい」という表現が似合うと言えますね!

◎鹿児島紅(かごしまこう)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part4 鹿児島紅(かごしまこう)

こちらは紅系の梅の1つである「鹿児島紅」となります!
自分が「紅千鳥」以外の紅系の梅を撮るのは非常に珍しいです!

というのも、紅系の梅は比較的早咲きのものが多いのですよね!
なので、3月上旬だと「紅千鳥」以外は完全にピークを過ぎてます;

実際には少し早めに行った今年もピークはやや過ぎてましたが、
何とかいけそうだったので、この「鹿児島紅」も撮りました!(*゚◇゚)

左下のあたりを見ると、ピークが過ぎてるのがわかりますが、
中央のあたりの花はまだまだきれいに咲いていますよね!

全体的に見ると「紅千鳥」よりはやや光沢が弱いのですかね!

◎豊後(ぶんご)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part4 豊後(ぶんご:その3)

そしてこの第4回のラストを飾るのもまた「豊後」となります!
どうしても「豊後」を見ると撮りたくなってしまうのですよね!

これは「豊後」が撮ったときに非常に映えるためでもありますね!(`・ω・´)

「豊後」は1つ1つの花がやや大きめで密集して咲くこともあって、
撮ったときにきれいで、なおかついい迫力が出るのですよね!

梅の中でも特に「満開の花の美しさ」が堪能できる品種と言えます!


ということで、今回は3種5枚の梅の紹介ということになりました!
どうも毎年こうした「豊後」だらけになる回が1つできますよね!

でも「豊後」はそれだけ多く撮る価値のある梅だとは思いますが!

ではでは、それでは残り1回の梅林記事もどうぞよろしくお願いします!(゚x/)モキスッ

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

3月が終わりました!

暖かさが増して春らしくなってきた3月も今日で終わりました!

自分は今年は2月中旬ぐらいから忙しさが緩和されてきましたが、
2019年度中の仕事はおおむね3月上旬ぐらいまでには完了して、
そのどれもがいい結果として終わってくれたので安心ではあります!

新年度に関してはおそらくのんびりしたスタートになりそうな感じです!
4月や5月に入ってきたあたりで少し変化が出てくる可能性はありますが!

いずれにしても3月に関してはかなりのんぶりとした1ヶ月になりましたね!(●・ω・)

そんな時間的に余裕のある1ヶ月で、暖かく過ごしやすくもなってきましたが、
今年に関しては出かけることもほとんどなく春を全然堪能してないですね;

みんなそうだと思いますが、コロナの問題が3月にさらに拡大しましたからね;
2月と比べても1日1日コロナ問題への緊迫感が増してきている感じですからね;

いつもは2月の終わり頃から春を迎えるにあたって気分が高揚してきて、
大阪城の梅林への訪問とともに一気に春モードになってくるのですが、
今年は梅林の時点でも電車に乗ることへの警戒心が勝っていましたし、
3月に入ってからはさらに不要不急の外出は避けている感じですからね;

これだけ春らしい気持ちが出てこない春も珍しいように思いますね;

というか、今回の騒動は50年に1回あるかどうかレベルのものでしょうし、
もうそれも仕方ないんだろうなと受け入れるしかないような感じですね;

そしてこれからの新年度は学生の人もけっこう大変になりそうですね(;゚ω゚)

今のところは政府も臨時休校を延長することはないとしていますが、
今後の拡大次第では休校する地域が出ても不思議ではないですし;

特に東京とかって、現実的に普通に新学期ができるのか怪しいですし、
当然そうなって来れば大阪などの他の都市部にも波及しそうですしね;

そうなると当然ながら授業の遅れはいろいろと出てしまうわけで、
2020年度に受験生になる人はかなり大変なことになるのですよね;

それゆえに4月以降にどうなるかはほんと全く読めない感じですね;
政府や各地域の現時点での方針が変わる可能性はかなりありますからね;

そして今のこの状況は外食産業などにも大きく影響が出てるでしょうね(;゚◇゚)

自分の好きなラーメン屋さんとかも少なからず影響は出てるでしょうし、
かといってその応援のために行く回数を増やせるかというとそうでもない、
正直なところ外出を極力したくないという本音もあったりしますからね;

そのためにもものすごく大きな財政措置とかも必要そうな気はしますね;

「外出は控えて」と「でも外食産業は消費者で支えて」を両立するのは、
どう考えても不可能というところにぶつかってはしまいますからね;

もっともこれに関しては外食産業だけの話ではないのでしょうけども;

しかも今回のコロナ問題はいつ終息するかが全然見えないですしね;

おそらくまだピークは迎えてないでしょうし、話によっては
年を越えても終息しないという説も出ているぐらいですからね;

2017年5月に長居公園植物園にて撮影
(2017年5月に長居公園植物園にて撮影)

とりあえず3月下旬から4月上旬と言えば桜の季節ではあるのですが、
さすがに今年は人混みの中に紛れてまで観に行くのは難しいですね;

なので、日が昇ってきてすぐの時間あたりに観に行く予定にしてます!
午前6時~8時ぐらいの間であれば、ほとんど人もいないでしょうしね!

たまにはこうした人のいない時間帯での花見というのもいいでしょう!
もともと花見で人が騒ぎまくってるのがあまり好きでなかったりしますし;

こういう特殊な状況だから作れる機会というのもあったりするでしょうし、
今はこじんまりとはしながらもそれを少しでも楽しんでいきたいですね!(`・ω・´)

ただ今年は運悪く桜のピークになりそうな時期に雨が重なってますね;
3月のラストの週末から約1週間ほぼ連続して雨という予報ですからね;

とはいえ、その前の週の3連休で東京の公演が花見客だらけだったのを見るに、
「おまえら人混みの中に外出すんな」と空に怒られてる気分にもなりますね;

まぁたしかに日本もけっこうコロナ問題で外出自粛などがされてますが、
外国の対応に比べると、それでもまだかなり雰囲気が緩い感じですしね;

フランスとかだと、一部を除いて完全に外出禁止みたいになってますし;

そう考えると、「造幣局 桜の通り抜け」がけっこう早めの段階で
中止を発表したのは英断だったと言っていいように思いますね!

開催されても、楽しみよりも不安のほうが大きくなったでしょうし!

それでも4月は少しでも春らしさを楽しみたいというところはあるので、
人のいない朝にちょこちょこ出歩いて写真でも撮ろうかと思います!(*゚ー゚)

今月はウェブ活動についてはそれほど目新しいことはなかったですね!
どの活動についてもおおむね2月の流れをそのまま引き継いだ感じです!

大きな楽しみがあるわけでもないけど、安定してるとは言えますかね!
4月に向けて少しずつ活動の幅が広がってくる面もありそうですが!

ブログに関しては積極的なモチベーションが数年前より下がっているので、
普通に安定して続けてはいるものの面倒臭がりになってる感はありますね;

以前は長い記事ほど気合を入れて書いているというところがありましたが、
最近はそうした記事は心の中で面倒臭いと思ってしまうことが多いですし;

ブログを書くのも毎日の決まったルーチンみたいになっていますしね;

ただ良くも悪くも作業として淡々とこなすほうが楽だったりもしますし、
低いモチベーションなりに続けていくコツというのもあるのでしょうね!

とりあえず1日の作業量が多くなりすぎないように多少は工夫してます!

今ちょっと困ってるのはカップ麺の在庫が多くなりすぎてる点ですね;
今のところカップ麺用の段ボール箱に15個ぐらいたまっていますし;

あまり興味の湧かない新作には手を出さないようにはしてるのですが、
それでも発売数の関係からほとんど在庫は減っていかないですね;

在庫はおおむね5個ぐらいが健全な分量という感じがしますからね!(*・ω・)

そのかわり撮った写真の在庫は今月でそこそこ上手く処理できましたね!

枚数自体は多くあるのですが、Photoshopでの画像処理作業が滞っていて、
記事の投稿直前にバタバタと済ませている状況が続いていたのですが、
今は少なくともカップ麺に関しては画像処理は全部きちんと済ませてます!

こうした作業の停滞をなくすだけで、気持ちのうえでも楽になりますからね!

気持ちが暗くなりがちな状況ですが、少しでも楽に過ごしていきたいですね!(゚x/)モキョン

Soundgarden - Fell on Black Days (1994) [Grunge]

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ひとりごとのようなもの | ジャンル : 日記

ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part3

今年の大阪城梅林の紹介記事の第3回がやってまいりました!

今回も梅林の中にあるいろんな梅の花を紹介していきます!(*゚ー゚)

◎武蔵野(むさしの)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part3 武蔵野(むさしの)

第3回の最初を飾るのは人気品種でもある「武蔵野」です!
自分としてもこの「武蔵野」は毎回紹介してる気がしますね!

この「武蔵野」はピンク系の梅としても非常にきれいなのですが、
それ以上に1つ1つの花のサイズが大きいのが大事な特徴ですね!(●・ω・)

この花の大きさは実際に近くで見るとはっきりと体感できますね!
写真だとどうしてもその迫力が3割ほど落ちてしまいますからね!

一般的な梅の1.5倍ぐらいの幅があるのではないかと思いますね!
なので、見慣れてくればこの「武蔵野」は非常に見分けやすいです!

◎八重緑萼(やえりょくがく)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part3 八重緑萼(やえりょくがく)

梅林に行ったらこの「緑萼」系の梅も必ず1つは撮影しますね!

「緑萼」系の梅は名前の通り緑が多めに入った梅なのですが、
この「緑萼」系は非常に種類が多いのが特徴でもあります!(=゚ω゚)

ただ普通咲きの中でもやや早めに咲くタイプなのでしょうかね、
今回も多くの「緑萼」系の梅はピークを過ぎていましたね;

でもなぜかいつもこの「八重緑萼」はけっこうきれいに咲いてます!
「緑萼」系の梅の中では比較的咲いてる期間が長いのかもですね!

ただなかなかきれいに映ってくれないのが難点でもありますが;

◎江南(こうなん)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part3 江南(こうなん)

今回撮影した中でもけっこう気に入ってるのがこの「江南」です!

梅林の中に白い梅は多くありますが、全体的に小ぶりのものが多く、
なおかつ白い梅に関しては一重のものが比較的多いのですよね!

なので、白い梅は全般的に地味な印象を与えるものが多いですよね!(*゚◇゚)

それに対してこの「江南」は八重でなおかつ厚みを感じさせますね!
そして花びらが多いがゆえに少し丸まった質感もかわいいですね!

派手というわけではないものの、白い梅の魅力が伝わってきますね!

◎八重揚羽(やえあげは)


ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part3 八重揚羽(やえあげは) その1

ばいりん! 大阪城梅林 2020 Part3 八重揚羽(やえあげは) その2
(2枚とも同じ八重揚羽)

自分が梅林に行くたびにほぼ確実に撮影してるのがこの「八重揚羽」です!

梅はこのように空に向かって枝が伸びていくものが多いのですが、
この系統の梅で最も迫力があるのがこの「八重揚羽」なのですよね!

なので、この迫力ある画像はどうしても撮りたくなるのですよね!

でもって、「八重揚羽」は咲いている期間が長いのもありがたいです!
おおむね2月中旬から3月上旬ぐらいまでは大丈夫という印象ですね!(`・ω・´)

そしてこの「八重揚羽」は遠くで見ても近くで見ても美しいのですよね!

花のタイプとしては先の「江南」に比較的似てるとも言えるでしょう!

白の八重咲きで、ちょっと丸く包み込むように咲くのが特徴ですね!
「江南」のほうがやや広がりがあり、こちらはちょっと小さめですかね!

ただ決してこの「八重揚羽」も小さい花というわけではないのですが!
それにしてもほんとこの梅はいろんな楽しみ方ができるのが魅力です!


というわけで、今回は4種5枚の梅の写真をお届けいたしました!
今回は偶然ながらも白い梅の美しさを伝える感じになりましたね!

ではでは、次回以降の梅の写真もどうか楽しみにお待ちくださいませ!(゚x/)モッキキュ

【関連記事】
ばいりん! 大阪城梅林 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.