JUNK STORY 塩のトキメキ&唐揚げ

約1年ぶりに谷町九丁目の「JUNK STORY」に行ってきました!

いつも7月下旬には平野区方面に行く予定があることから、
出戸駅の近くにあるラーメン屋さんに訪問するのですが、
今年は定休日なので電車で移動することにしたのですよね!

そこで出戸から2駅先の平野駅近くのお店にまず行ったのですが、
なんと昼営業で完売して夜営業がその日はなかったのですよね(;゚ω゚)

「困ったなぁ」と思いながら、どうせ谷町線沿線にいるのだから、
もうちょっと北に移動してどこかのお店に行こうかと考えていると、
ふと「それならひさびさにJUNKがいいのでは」と思い浮かびました!

「JUNK STORY」はこれまでに何度も訪問しているお店なのですが、
ちょうどつい最近レギュラーメニューが大幅に入れ替わっていて、
新生「JUNK STORY」とでも呼べる感じになっていたのですよね!

初訪問時に食べた「塩のキラメキ」をまた食べたい思いもあり、
自分自身もお店もぐるっと一回りしてそこへと帰ってきた、
そういう機会にしてみてはと思って足を運ぶことにしました!

ちなみに初訪問は7年前の1月で、JUNKの記事はこれで20記事目です!
なんだか記事のうえでもちょうどいい記念みたいになってますね!

最初の頃はレギュラーメニューを基本に食べていたのですが、
JUNKは限定メニューを定期的に提供してるお店でもあるので、
6回目の訪問あたりからはほぼ全て限定を食べてるのですよね!

なので、レギュラーを食べるのはほんとひさしぶりになります!

また、この日は店主の井川さんもこちらのお店にいました!
井川さんにお会いするのは「M.I Label」への訪問以来ですね!

ただ店主らしいオーラを放っているという感じが全然なくて、
普通にホールスタッフみたいに動いてたのは面白かったですが!

もちろんそこには井川さんなりの狙いもいろいろあるはずで、
あえてそういう形で動くことで見えるものも多いでしょうしね!

さて、今回は「塩のキラメキ」の豪華版の「塩のトキメキ」にしました!
こういうときはついつい豪華なほうを選んでしまうクセがありますね!

JUNK STORY 塩のトキメキ

なるほど、追加のトッピングは別皿で提供する形なのですね!
改めて眺めてみると、以前とはかなりビジュアルも違いますね!

ビジュアル面での最大の特徴は、あえてシンプルに見せている点ですね!

トッピングの乗せるスペースを右奥側3/4ぐらいに収めることで、
麺が見える範囲を広くして、麺線の美しさを伝えてるのですよね!

トッピングをもっと広げて豪華に見せる方法もあるのですが、
そうしていないのは意図的なものと考えていいでしょうね!

追加トッピング分を別皿にしてるのも同様の理由でしょうね!
以前の「塩のトキメキ」では全部どんぶりに乗せていましたし!

まずはスープですが・・・シンプルでかつ、しっかり深いですね!(●・ω・)

スープは地鶏とハマグリなのですが、組み立てが上品なのですよね!

ハマグリというとものすごくはっきりした旨味を持つ素材なので、
使い方次第では前面に出て目立ちまくることも多いのですよね!

ただこのラーメンは貝が主体の「ハマグリラーメン」ではないので、
ハマグリに求められるものもまたちょっと違ってくるのですよね!

そのバランスが秀逸で、ハマグリが一口目に明確に顔を出しつつも、
ハマグリだけが主役に躍り出ず、地鶏の風味と等価に交わっていく、
存在感は明白ながらも、一歩下がりつつ鶏を支えてるのですよね!

たしか自分の記憶では以前の「塩のキラメキ」は地鶏をベースに
魚介を重ねるというスタイルのラーメンだったと思うのですが、
そこをハマグリに変えて地鶏&ハマグリにしたのでしょうかね!

そこから最も強く感じた変化は全体のシンプルさの高まりでしたね!(*゚ー゚)

複数の旨味を折り重ねることで生まれる重層的な風味よりも、
それぞれの素材の輪郭が見えやすくなることでクリアになる、
鶏もハマグリもどちらも非常にストレートに伝わるのですよね!

シンプル化を感じながらも、最近の流行のミニマル化とも違う、
「塩のキラメキ」が持っていた鶏の海の重なりは維持しながら、
今作り上げたい「塩」の形へと変化させてきたという感じです!

そしてこのラーメンで欠かせない存在が表面の油脂ですね!

この黄金色の油脂を見るに鶏油だろうなと感じるのですが、
油脂があるところを飲むと鶏の風味が高まるだけでなく、
ハマグリのパンチも一段高まるように感じられたのですよね!

もしかすると鶏油とハマグリ香味油のミックスかもですね!

このあたりのちょっとした工夫の入れ方はJUNKらしいですね!
シンプル化だけど、ミニマル路線との違いは明確に見えます!

井川さんというと、限定メニューなどでよく見られるように、
実験的なラーメンを作るのが大好きというイメージがありますが、
この「塩のキラメキ」はもっと腰を据えたラーメンになってますね!

それは今回のメニュー変更で長年レギュラーを張ってきた
濃口醤油らーめん」がレギュラーメニューから外れ、
「生醤油そば」に置き換わったことからも感じるのですが、
JUNK STORYとしての色を明確にする狙いが見えるのですよね!

「塩のキラメキ」は淡麗系、「濃口醤油」はワイルド系と、
タイプの違うラーメンがメインとして混在していることから、
JUNK STORYとしての色が見えにくい面はあったのですよね!

それが「生醤油そば」というシンプルなものになったことで、
JUNK STORYではシンプルで腰の据わったラーメンを提供するのだと、
そういうメッセージ性がかなり明確になったように見えてきますね!

それはもちろん「塩のキラメキ」の変化からも見られますしね!

標準のトッピングは焼き鶏もも、柚子鶏胸、メンマ、ねぎ、
生麩、梅肉チップ、みつばという組み合わせになっています!

追加トッピングは焼き鶏ももと柚子鶏胸はラーメンと共通で、
さらにここに味玉1個分とレアチャーシュー3枚が加わります!

初期の「塩のキラメキ」との最大の違いはこのトッピングかもですね!

「塩のキラメキ」と言えば、柚子風味の鶏のタタキのトッピング、
そうしたことをおぼえている方もけっこういるように思います!

ただタタキはどうしても衛生面で難しいことがあるのでしょうね!

いくら新鮮でも処理を丁寧にしても防げない部分がある、
となってしまうと飲食店としては扱いにくくなりますし!

では今のトッピングが当時に比べて劣ってしまったか、
と言えばそれはNOだと今回の訪問ではっきり思いましたね!

まず柚子の風味はしっとりとした柚子鶏胸でしっかり生きてます!

しっとりとほぐれながら、そこから柚子の香りがふわり、
これを食べると「JUNKに来たな」と思わされますね!(*゚◇゚)

そして焼き鶏もも、これもまた香ばしさが素晴らしいです!
さらに肉質はしっとり、どちらの鶏具材もよくできてますよ!

メンマは以前のような極太系からノーマルなものになりました!
ねぎに2つだけ乗ってる梅肉チップはごく軽いアクセントですね!

そして追加トッピングのレアチャーシューも見どころですね!

いわゆるレア度の高い赤いレアチャーではないのですよね!
しっとりとしていて、なおかつ脂身もないレアチャーです!

ここはどうしても「もっと赤いものを」という声はあるでしょう!
でも自分は今回のレアチャーこそがドンピシャだったのですよね!

自分の中では「赤ければ赤いほどいい」という感覚はなくて、
しっとり感、肉の旨味、ほどける食感、それらが全て楽しめる、
こうしたしっとり系レアチャーシューこそが好みなのですよね!

JUNK系列のレアチャーが全てこうなっているわけではなく、
「麺と心 7」などではもっと赤いレアチャーとなってるので、
そのあたりは好みによって使い分けるといいでしょうね!

今のJUNK STORYにはこのスタイルのレアチャーが合うと、
そうした総合的な判断があっての選択でしょうからね!(`・ω・´)

麺はJUNKらしい平打ち感のある中太麺となっています!

これも以前と比べるといくつか変わった点が見受けられますね!

JUNKの麺というと、多加水でありながら茹で時間を調整して、
食べ始めはパツッとした歯切れ重視の感があったのですよね!

ただ今回の麺は最初からプルンッとした弾ける感触があります!
多加水太麺の良さをダイレクトに伝えるような麺なのですよね!

これによってスープと寄り添う感覚がより高まってますね!

今回のスープを軸に考えた全体の構想という点から見て、
スープとしっとりまじわるスタイルを選んだのでしょうね!

なんで、スープと麺の絡みという点では実にバランスがいいです!
まさにこのスープのために生まれた麺だと思わされるほどです!

あと初めて「塩のキラメキ」を食べたときとの違いを考えると、
「今回のほうが『大人の味』だな」というふうに感じましたね!

これは決して「大人向けの味」というような意味ではなくて、
限定メニューや初期の頃の遊び心をできるだけ封印しながら、
井川さんなりの「大人の落ち着いた視点で作り上げた味」という、
そういうものが伝わってくるのもまた面白いものでしたね!

JUNK STORY 唐揚げ

ちなみに今回はJUNKで初めて唐揚げを注文しました!

カリカリサクサクの衣とジューシーさあふれる肉、
そしてガーリックなどの香味野菜が効いた風味など、
これはセブンで食べる唐揚げとほぼ同じですね!

まぁ、セブンはJUNKの2号店なのだから当然ではありますが!

ただ若干セブンのほうが味が濃いめで刺激的だったかもです!
とはいえ、どちらも方向性に関してはかなり似ていますが!

自分はセブンの唐揚げはかなり上位だと思ってるのですよね!
とにかく衣のサクサク感が半端じゃないものを持ってますから!

なので、こちらのJUNKでも唐揚げは十分オススメですね!

このところラーメン巡りをどんなふうに進めていくのか、
そのあたりに迷いを抱えながらさまよってる感がありますが、
何だかここに来たことで一つの手がかりを得た気がしますね!

初訪問から7年半回って、また「塩のキラメキ」に帰ってきて、
その間にラーメンも自分もいろいろな変化を経てきたことを感じて、
そして井川さんとひさしぶりに会えたり、有意義な訪問でしたね!

これはもう一つの「生醤油そば」も狙ってみたいところですね!(゚x/)モキュッ

[メニュー]
JUNK STORY メニュー(2018年7月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区高津1丁目2-11

【関連記事】
JUNK STORY 塩のトキメキ&唐揚げ
JUNK STORY 冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~
JUNK STORY 濃厚貝出汁味噌
JUNK STORY 煮干と鶏のガチ味噌ラーメン
JUNK STORY 冷やし塩らーめん
JUNK STORY 夏色カレーまぜそば
JUNK STORY 大阪ラーメン
JUNK STORY 冷やし鶏貝らーめん ~麺の上のポニョ~
JUNK STORY 蟹白湯ラーメン ~蟹味噌ムースを添えて~
JUNK STORY JUNKのジャンクなまぜそば
JUNK STORY 鶏と野菜のつけ麺
JUNK STORY 煮干し混ぜそば
JUNK STORY 鶏と茸の醤油ラーメン
JUNK STORY 鶏豚骨のラーメン
JUNK STORY 煮干し背脂醤油
JUNK STORY 塩つけ麺
JUNK STORY 生醤油
JUNK STORY 濃口醤油らーめん
JUNK STORY 海老醤油
JUNK STORY 塩のキラメキ
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

帰ってきた宮田麺児 小麦の大吟醸+小麦のエスプレッソ

心斎橋にある「帰ってきた宮田麺児」に初訪問してきました!
シャンプーハットのてつじさんプロデュースとして知られるお店です!

もともとは2010年に「宮田麺児」として始まったお店で、
その後何度か閉店と開店を繰り返してきているのですよね!

「三代目宮田麺児」までは閉店・開店で店名が少しずつ変わってましたが、
「三代目」以降はは名前が変わらず閉店・開店が何度かあったようです!

ちょっとこのあたりのプロセスがけっこうややこしいみたいですが!(;゚ω゚)

そして2016年に「帰ってきた宮田麺児」となって現在に至っています!

一般的なお店は閉店や開店のたびにお店の場所は変わるものですが、
こちらのお店はどうも最初の頃から場所も変わっていないようです!

閉店期間中も同じ店舗をちゃんと確保してるというのは珍しいですね!

初期の頃と比べると麺の種類などがいろいろ変わってるようですが、
いくつかのポイントとなるシステムはずっと継承されています!

・3種類ほどある麺から選んで注文することができる
・「別麺」方式で2種類以上の麺を同時提供してもらえる
・ベジポタ系のつけ汁

製麺を担当しているのは関西で有名な「麺屋棣鄂」さんで、
おそらくてつじさんが考えた麺のコンセプトにしたがって、
「麺屋棣鄂」が製麺するという方式になっているのでしょう!

現在は「小麦の大吟醸」を中心に「小麦のエスプレッソ」、
「新T2G(てつじ)麺」の3種類が基本のラインナップとなり、
このうち「新T2G麺」はあつもりのみという形になっています!

麺をストレートに楽しむのなら、あつもりでないほうがいいので、
今回は「小麦の大吟醸」に別麺「小麦のエスプレッソ」としました!

こちらのお店は並盛の麺量が180gと比較的少なめになってるので、
2種類頼んでも360gと、十分に許容範囲内に収まるのですよね!

これが標準250gとかになると2つ注文するのは厳しいですからね!
どうも「別麺」をある程度前提にしたシステムとも言えそうですね!

帰ってきた宮田麺児 小麦の大吟醸

まずはこちらがメインとして注文した「小麦の大吟醸」です!

「大吟醸」というのは一般的にはお酒の呼び名で使うものですが、
お米の中心だけが残るように徹底して精米した米で作るものですね!

要するにこの麺も小麦でそれと同様の方針を採って作られたようです!

ただ麺を見るにちょっと茶色っぽい粒が少し入ってるので、
外皮(ふすま)の部分を別途少し加えているみたいですが!

今回はあえて麺からですが・・・これはたしかに良質な麺ですね!(●・ω・)

つけ麺向けの麺というと、表面をやや硬めの質感に仕上げて、
がっしりとした力強さのある食感をアピールするタイプの麺と、
噛んだときの押し返しやもっちり感を重視する麺がありますが、
この麺は明らかに後者のタイプにあたると言っていいでしょう!

自分としては麺の食感を楽しむという点ではがっしり系のものより、
噛んだときにその弾力を堪能できるもののほうが合ってると思うので、
この麺の持っている食感はなかなか楽しめるものではありましたね!

一方で麺の持っている風味はそこまで強いものではないですね!
むしろ雑味やクセの強さになる部分を意図的に抑えている感じです!

これは製粉の際に外側をできるだけ削っているためでもあるでしょう!
一方でふすまも多少入っているので、一定程度香りも考慮されてますが!

一言で言ってしまうなら「クリアな風味の麺」といった感じですね!
その名前に負けず、澄んだ印象を与える麺と言っていいでしょう!

そしてこの麺の最大の特徴はその個性的な形状と言っていいでしょう!

断面がアルファベットの Y やクローバーのような感じで、
3方向に溝ができるような形の麺となっているのですよね!

そのため口に入れた瞬間から独特のピロピロ感が感じられ、
なおかつ噛んだときも食感の不規則性を楽しむことができます!

帰ってきた宮田麺児 小麦のエスプレッソ

そしてこちらが「小麦のエスプレッソ」の麺となります!
麺の形状としてはごく普通の太麺といった感じのものですね!

「小麦の大吟醸」がもちもち系の食感であったのに対して、
こちらはあえてがっしり系のパワフルな食感となっています!

もちもち系とがっしり系で、2つの麺の食感を分けることで、
それぞれの麺の個性が伝わりやすいようにしてるのでしょう!

またこちらは製粉方式も「小麦の大吟醸」とは対極的です!(`・ω・´)

「小麦の大吟醸」が中心に近いところだけを残しているのに対し、
こちらは逆に外皮に近いところをかなり残して製粉されています!

なので、もともと外皮が多めに含まれた麺になっているのですよね!
その分だけ麺の色も黒く、小麦特有の風味も非常に強くなっています!

このあたりは「小麦の大吟醸」と比較すると極めて明確にわかります!

香りの強さ、食感の力強さを求めるのであればこちらでしょうね!
一方で良質なもちもち感や食感の面白さでは「小麦の大吟醸」が上です!

帰ってきた宮田麺児 つけ汁

そしてこちらがつけ汁ですが・・・これがちょっと予想外でしたね!

ベジポタ系のつけ汁であるということは事前に知っていましたが、
これはベジポタというより、動物系白湯+魚介のタイプに近いです!

というか、ベースは豚骨+鶏の白湯に魚介の風味を多少加えたうえで、
背脂も投入した粘度も濃度も高いタイプのものとなってるのですよね!

そこにトマト、じゃがいも、玉ねぎなどをペースト状にしたと見られる、
ベジポタ要素が合わさった動物白湯魚介とのハイブリッドになってます!

そのため自分が想像していたよりもワイルドなつけ汁だったのですよね!(*゚ー゚)

まぁ、一般的には動物白湯魚介系のつけ汁がポピュラーではありますし、
最大公約数的にはそちらのほうが支持を受けやすくはあるのでしょうね!

ただ一方で粘度や濃度の高いつけ汁は麺の風味をマスクしやすくもあり、
「麺を楽しむつけ麺」としては多少マイナスにもはたらくのですよね!

おそらくそれを考慮してトマトなどのさっぱりした要素を加えることで、
つけ汁が勝ちすぎないようにバランスを考えているとは思うのですが!

レモンもつけ汁の主張を一定程度弱めてくれる効果がありましたね!

あるいはベジポタだけだと、どうしても好みが分かれがちになるので、
動物白湯魚介系とのハイブリッドにした面もあるようには思います!

つけ汁が強いので、麺の風味が強い「小麦のエスプレッソ」はいいのですが、
「小麦の大吟醸」のほうはつけ汁がやや強く出るマイナス点も感じました!

特に「小麦の大吟醸」は麺の形状からつけ汁との絡みが良すぎるため、
麺の1/3程度しかつけなくてもつけ汁が前面に出てしまいますからね!

なので、麺を単体で見ると「小麦の大吟醸」のほうが好みでありながら、
つけ汁と合わせると「小麦のエスプレッソ」のほうが映えるのですよね!

どうしても比較すると香りが強いほうが映えやすい面もありますしね!(*゚◇゚)

ちなみにつけ汁の中には少量のひき肉とトマトが入っています!
トマトは面白いですが、ひき肉はおまけ的な要素という感じでしたね!

味玉はしっかりした味わいですがやや硬めではありましたね!
このあたりは個体差もあったりするのではないかと思いますが!

麺という点だけから見ると、どちらもなかなか面白いのですが、
麺そのものの個性を楽しむつけ麺という全体の視点から見るなら、
清湯系のつけ汁と選べるようにしてもいい感じはしましたね!

油脂も控えめで、だし感で食べさせるような塩清湯つけ汁なら、
「小麦の大吟醸」あたりはもっと映えたような感じがしますからね!

逆に「小麦のエスプレッソ」はそれだと完全に麺勝ちしそうですが!

つけ麺はラーメンと比べると麺が素直に楽しめる料理ですが、
それでもつけ汁がある以上はそれとの兼ね合いは出てきますし、
麺が選べたり2種類同時に注文できるシステムは面白いながらも、
そうした難しさも感じさせられるお店でもあったりしましたね!

ちなみにこちらのお店は価格が高いと言われがちなのですよね!

たしかに1種類の麺を単体で頼むと高いという印象はありますが、
別麺が200円でできる点に関してはむしろ安く感じましたね!

大半のお店では、仮に2種類の麺を扱っていたとしても、
それを同時に注文できるシステムがないことも多いですし、
それを+200円で両方楽しめるのは大きなメリットですからね!

なので、このお店は別麺を前提として来たほうがいいでしょうね!

つけ汁と麺の兼ね合いという難しさは感じさせられながらも、
個性的な麺の食べ比べができた点は非常に面白かったですね!(゚x/)モキーン

[メニュー]
帰ってきた宮田麺児 券売機

帰ってきた宮田麺児 麺の紹介

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区東心斎橋1-13-5

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

JUNK STORY 冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~

ひさしぶりに谷町九丁目の「JUNK STORY」に行ってきました!
なんと前回訪問が昨年2月なので、1年半ぶりになるのですよね!

最近は地下鉄谷町線に乗る機会がずいぶんと減ったので、
こちらのお店の近くに行くケースがあまりないのですよね!

ただ、今回の冷やしラーメンを担当したミッキーさんから
「ぜひ来てください」と声がかかったということもあって、
ちょうど日曜日の夕方が空いていたので訪問してきました!

「JUNK STORY」というと、つねに行列してるイメージでしたが、
さすがに午後6時前というタイミングだとかなり空いてますね!

冷やしが売り切れだったらどうしようなんて不安もありましたが、
そのようなことはなく、全く問題なく冷やしを注文できました!

ところでこちらのお店にはほんとひさびさの訪問になりましたが、
スタッフさんが僕のことをけっこうはっきりとおぼえてくれていて、
「久しぶりですよね?」、「1年半ぶりです;」と話したりもしました!

肝心のミッキーさんがいなかったらどうしようと思ってましたが、
ミッキーさんも2階から降りてきてラーメンの解説をしてくれたり、
ひさしぶりにちょっとしたお話しなどもできていい機会でしたね!(*・ω・)

これだけおぼえてもらえているんだから、もっと足を運ばないとですね!

JUNK STORY 冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~

というわけで、ミッキーさんが担当した今回の冷やしラーメン
「冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~」がやってきました!

こちらは「JUNK STORY」の基本の塩ラーメンをベースにしつつ、
それをちょっぴりイタリアン風にアレンジした一杯となります!

ミッキーさんはアレンジやアクセントの効かせ方が上手いので、
このあたりの変化のつけ方などには期待が持てそうですね!

まずはスープですが・・・まず一番手がアピールしてきますね!(●・ω・)

全体に変化を加える一番手はアンチョビのオイルですね!

これがスープの表面を満たすことで油脂のコクを出すと同時に
ストレートに「JUNK STORY」の塩ラーメンの風味を感じるより前に
アンチョビの旨味であったりその個性が口の中に広がってきます!

それでいてアンチョビそのものに比べるとクセが強くないので、
ちょうどほどよいレベルのイタリアン感をまず見せてくれます!

そしてここに加わってくるのが粉末のバジルなのですよね!

もうバジルはイタリアンとしては外せないハーブの一つですし、
それをパラリとかけることで風味をイタリアに寄せています!

まずはこの両者とベースの塩スープの融合を味わいますが、
ベースとは鶏+節系で、バジルやアンチョビが加わるので、
一見すると全体がイタリアンを指向してるように見えますが、
ベースのスープの和の要素とイタリアンが調和する感じです!

これがまたぶつかるような感じがなくピタッとハマってましたね!

さらにこの次にやってくるのはシュレッドチーズです!

これを少し麺に絡めつつ食べると・・・抜群に合いますよ!(*゚◇゚)

実は今回のラーメンで加えられた様々な素材において、
最もいい驚きを与えてくれたのがこのチーズでしたね!

チーズってとろけてこそおいしいというイメージがありますし、
さっぱり系の冷やしにチーズってどうだろうとも思いますが、
これはシュレッドチーズだからこその旨さがよく出てます!

詰まったミルクの旨味に、シュレッドならではのさっぱり感、
このパートナーを選ばない個性が塩ラーメンにピタッと合って、
いつのまにやら今回の麺のベストパートナーになってましたね!

さらにもう一つイタリアンに欠かせないトマトも入ります!

こちらは水煮缶のようなものではなくフレッシュトマトで、
麺の合間に食べることでフレッシュ感を与える役割ですね!

なぜか最初に1つ食べたものがタバスコ風に感じましたが、
これって実際にお酢や唐辛子で風味付けをしておくことで、
少しタバスコ風のトマトを一部忍ばせるのもアリかもですね!(=゚ω゚)

イタリアンを全体で演出する具材としては、中央に見える
イタリアンパセリがありますが、これは飾りに近いですね!

自分はパセリ系の風味は苦手ではないので普通に食べますが、
苦手な人はこのイタリアンパセリはスルーでもいいでしょう!

さらにラーメンには水茄子のバルサミコ酢漬け、赤玉ねぎ、
2枚のチャーシュー、味玉が具材として加わっています!(*゚ー゚)

味玉とチャーシューはごく普通のラーメンの具材ですね!

味玉は味付け、とろけ具合のどちらもよくできていますし、
チャーシューも冷やしながらもほどけ具材が絶妙でした!

冷やしにしたことで、味付けが少々強めに出ていますが!

そして水茄子ですが、どちらかというと水茄子の持っている
フレッシュな甘みが強く、バルサミコはそのサポート役ですね!

また赤玉ねぎもいつもは辛めの薬味という立ち位置ですが、
今回は全体の洋風感を高める方向に上手く作用してましたね!

JUNK STORY 冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~(麺のアップ)

そして麺ですが・・・いやぁ、ずいぶんと旨さが増してますね!(`・ω・´)

冷やしラーメンって、数年前は麺があまりに締まりすぎて、
食感がブリブリの硬すぎるものになることが多かったですが、
今の冷やしは冷やしとして旨い食感がちゃんと追求されてます!

つるつるとしたすすり心地、噛んだときの食感もほどよいプリ感、
ブツブツと噛み切る感じではなく、自然にプリッと弾けます!

平打ち麺の良さをダイレクトに伝える麺になっていますよね!

最近はこうして冷やしラーメンの麺を食べることによって、
大阪の冷やし文化が成熟してきたなと感じさせられますね!

鶏+魚介という、どちらかと言えば和の要素の強いベースのスープに、
様々なイタリアンの素材を取り入れることで洋風にアレンジする、
これが今回のラーメンのコンセプトだったというふうに思いますが、
それぞれの素材がいい仕事をしているなぁと思わせる一杯でしたね!

アンチョビ油、バジル、トマト、チーズ、水茄子のバルサミコ漬け、
どれも無駄がなく、全体がスマートにまとまってたのは好印象でした!

ベースが「JUNK STORY」の塩なので、いつものスープも楽しめますし、
それと同時にそこに散りばめられた様々なアクセントも楽しめる、
そんな視点で触れてみれば非常に楽しめる一杯だと思いますね!

冒険心に満ちながらも、王道の旨さも見える、そんな一杯でした!(゚x/)モッキユーン

[今回のラーメンの紹介]
JUNK STORY 冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~(メニュー紹介)

[メニュー]
JUNK STORY メニュー(その1)

JUNK STORY メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区高津1丁目2-11

【関連記事】
JUNK STORY 冷し塩ラーメン Last Drop ~一滴の影響~
JUNK STORY 濃厚貝出汁味噌
JUNK STORY 煮干と鶏のガチ味噌ラーメン
JUNK STORY 冷やし塩らーめん
JUNK STORY 夏色カレーまぜそば
JUNK STORY 大阪ラーメン
JUNK STORY 冷やし鶏貝らーめん ~麺の上のポニョ~
JUNK STORY 蟹白湯ラーメン ~蟹味噌ムースを添えて~
JUNK STORY JUNKのジャンクなまぜそば
JUNK STORY 鶏と野菜のつけ麺
JUNK STORY 煮干し混ぜそば
JUNK STORY 鶏と茸の醤油ラーメン
JUNK STORY 鶏豚骨のラーメン
JUNK STORY 煮干し背脂醤油
JUNK STORY 塩つけ麺
JUNK STORY 生醤油
JUNK STORY 濃口醤油らーめん
JUNK STORY 海老醤油
JUNK STORY 塩のキラメキ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺屋 丈六 ざる中華

新たな限定を求めて裏なんばの「麺屋 丈六」に行ってきました!
今回の目当ては9/2に始まった「ざる中華」という限定です!

訪問したのは9/10でしたが、何とこの日が最後の提供日だったようで、
今はもうすでに食べることができないメニューとなってしまいました;

クオリティが高かっただけに提供終了は実にもったいないのですが、
また来年あたりさらにパワーアップして登場しそうな気もしますね!(*゚ー゚)

しかし、こちらのお店は夏の昼間に並ぶのは本当に大変ですね;

狭い路地に面しているのであまり日が当たらないかと思いきや、
夏の昼の日光がダイレクトに当たる場所だったりするのですよね;

しかも並ぶ場所が日陰ではないのでなかなか大変だったりします;

さて、この「ざる中華」はいわゆる冷やしつけ麺の系統にあたり、
麺の量も300~500gまで自由に選ぶことができるようになってます!

さっぱり系のつけ麺ということで、今回は400gで注文しました!

400gというと自分の胃の容量をかなり多めの麺量なのですが、
やはりこれぐらいガツッと食べておきたかったですからね!

麺屋 丈六 ざる中華

ということで、「ざる中華」の麺400gが到着いたしました!

麺の上には薄切りのチャーシューとメンマがトッピングされ、
このお店らしく繊維に沿ってカットされたねぎも乗ります!

まずはつゆですが・・・おぉ、節系の旨さが実に効いてますね!(●・ω・)

こちらのお店のスープというと、まず何より鶏の深みがあって、
そこに昆布を中心とした旨味を重ねるといった印象がありましたが、
今回のつゆの主役となっているのは間違いなく節系の旨味ですね!

しかもその節系の旨味がとにかく深く、それだけで十分な旨さです!

その節系に昆布も加えた和風のスープと鶏の清湯スープを合わせた、
基本的に和風寄りながらもラーメン店らしさも取り入れられています!

ただし、鶏の風味に関してはそこまで前面に出て目立つ感じではないです!

このあたりのつゆの構成は麺哲系列における「盛り」と共通してますね!

ちなみに食べ終わった後でスープ割りを注文することができますが、
鶏清湯スープで割ったときの旨味のバランスの変化が面白いですね!

節系>鶏だったのが、だんだんと鶏>節系に変わってきますので!

麺屋 丈六 ざる中華(麺のアップ)

麺はこの「ざる中華」だけのために打たれた専用のストレート細麺です!
提供する前に麺に軽く油を絡めてほぐれを良くして提供されます!(=゚ω゚)

麺をアップで見るとわかるのですが、小さい黒い粒が見えるのですよね!

焙煎胚芽なのか、全粒粉なのか、玄麦なのかはちょっとわからないですが、
小麦の香りの立つ要素を配合することで麺の風味も高められた細麺です!

そして麺は細めでありながらも軽くもちっとした食感を感じさせるなど、
麺そのものの旨さを香りと食感の両面から楽しめる仕上がりとなっています!

やはりシンプルなつゆに300~500gという多めの麺を合わせるわけですから、
麺そのものにもガツガツと行きたくなる旨さが求められてきますからね!

この麺はそうした要求にしっかりと応えてくれる仕上がりとなっています!

なので、つゆをつけずに麺だけで食べても十分に風味が楽しめますし、
つゆをつける際も完全につけずに5~7割程度のあたりまでつけて、
つゆの風味と麺の風味がそれぞれ楽しめるように食べるといいですね!

こうした食べ方ができるのも、麺そのものに旨さがあるからですね!(*゚◇゚)

そして薄切りチャーシュー、メンマ、ねぎという3種のトッピングですが、
これらはどれも単体で食べるより麺と絡めて食べることで生きてきます!

ねぎは麺と一緒につゆにつけて食べることで辛味のアクセントを加え、
メンマもそうして食べることでその風味にいい変化をつけてくれます!

特に効果的なのがチャーシューで、箸でさらに自分でカットしたうえで、
麺とすすると小麦の風味、つゆの旨味にさらに肉の旨さが加わります!

そのまま勢いよくあまり噛まずに飲み込んでしまいたくもなりますが、
それを噛みしめることでさらにチャーシューの旨さが麺と一体となり、
旨さが増してくるのがこの「ざる中華」の大きな魅力にもなっています!

麺哲の「盛り」はチャーシューはもっと厚切りのものとなっているので、
チャーシューは単独で味わいますが、こちらは薄くカットされているので、
麺と合わせて食べる、というように楽しみ方にも違いも出ていますね!(`・ω・)+

こうしたシンプルな一杯は麺の旨さが強く求められることになりますが、
今回の麺はそれに十分に応えてくれるだけのものを持っていましたね!

店主の丈六さんとしても自信作だったというのもうなずけますね!
それゆえに今回の提供終了を惜しいと思われる方も多そうですが!

夏の終わりにこれでもかとガツガツ行ける冷やしつけ麺でございました!(゚x/)モキュリッ

[メニュー]
麺屋 丈六 メニュー(2016年4月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区難波千日前6-16

【関連記事】
麺屋 丈六 ざる中華
麺屋 丈六 夏煮干し
麺屋 丈六 鶏白湯ラーメン
麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト
麺屋 丈六 鶏卵担々麺
麺屋 丈六 だしツッコミ! 和え麺
麺屋 丈六 カレーチキンラーメン
○丈 中華そば 大 肉増し
○丈 つけ麺(塩味)
○丈 鶏そば
○丈 豚もりそば
○丈 夏秋刀魚
○丈 紀州 冷やし
○丈 秋刀魚醤油
○丈 カレーつけ麺
○丈 紀州
○丈 キムラ君
○丈 広島
○丈 ○丈そば
○丈 一乗寺
○丈 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

ふく流ラパス チキンジャンキー

ひさしぶりに本町の「ふく流ラパス」へと行ってきました!
調べてみると前回が昨年12月なので約9ヶ月ぶりなのですね!

もう少し訪問しているつもりだったのでちょっと驚きました(;゚ω゚)

今回は新メニューの「和風めんたいラパス」も気になりましたが、
「あさりラパス」と並ぶ看板の「チキンジャンキー」にしました!

「ラパス」というのはラーメンとパスタを合わせた造語なのですが、
「あさりラパス」はレギュラーの中では最もラパス感が強いのに対し、
「チキンジャンキー」は逆にまぜそば感が強いものとされています!

それだけにやはり一度はちゃんと食べておかないといけないですしね!

ふく流ラパス チキンジャンキー

大盛が無料だったので、もちろん大盛にして注文しました!
右に見えるのは「完遂セット」としてついてくるご飯ですね!

手前にはブロック状にカットされた鶏肉がどっさりと乗り、
赤玉ねぎ、カシューナッツ、水菜、卵黄も乗っています!

奥に見えるのはおそらく揚げエシャロットと思われます!
フライドオニオンに比べるとクセのない風味なのですよね!

まずはその味ですが・・・おぉ、鶏の主張が非常に強いですね!(●・ω・)

それもそのはずで「チキンジャンキー」という名前にあるように、
タレは基本的に鶏系の要素を中心に組み立てられているのですね!

タレは鶏白湯スープをベースに鶏油を加えるという鶏づくしで、
そこに卵黄がさらにコクを加えるという構成になっています!

なので、全体としてもかなりまったり度の強い風味になっています!

そのまったりとしたタレに揚げエシャロットがさらに香ばしさを加え、
赤玉ねぎがピリッとした辛味とアクセントを、水菜がさっぱり感と、
鶏のどっしりとした風味を生かしつつもエッジが効いていますね!

トッピングの主役である鶏チャーシューは意外とやわらかく、
味付けもしっとりとしていて、見た目はワイルドながらも、
むしろこのラパスの優しい印象を高めるところもあります!

それでいて食べごたえ十分な量があるのは面白いですね!

タレだけを見るとかなりどっしりとしたヘヴィさを持っているのですが、
全体で見るとジャンクなまぜそばとはちょっと違った雰囲気がありますね!

特にトッピングの水菜であったり、少し入った柚子皮のアクセントなど、
決してジャンク一辺倒にはならないあたりに「ラパス」感を感じさせます!

カシューナッツが入るというあたりも普通のまぜそばにはないですしね!

そうしたところが女性にもこのメニューが人気な理由なのでしょうね!

そんなヘヴィさを持ちながらもまろやかにまとめられた一杯ですが、
それゆえに卓上の香辛料との相性が非常に良かったりするのですよね!

とりわけブラックペッパーは多めに入れるぐらいがハマってくれますね!(*゚◇゚)

まったりとしたタレの中にピシッと引き締める要素が入ることで、
タレの持っている旨さもさらに引き立ってくれるのですよね!

ふく流ラパス チキンジャンキー(麺のアップ)

けっこう前から本家の「」は自家製麺に移行していましたが、
分家であるこちらのお店も自家製麺に切り替えられたようですね!

まぜそば系の麺らしい太さで、ブリッとした食感がかなり強いです!

もちもち系ではなく、ブリッとした弾力を打ち出しているのは、
このお店の看板である「ラパス」感を出す狙いもあるかもですね!

ただし、今の「あさりラパス」はもちもち系の麺となっているようで、
こうした麺の違いもこちらのお店の注目点の一つになりそうですね!(*゚ー゚)

ふく流ラパス チキンジャンキー(完遂セット)

そして最後は残ったタレに「完遂セット」のご飯を投入して締めます!

ジャンク系のまぜそばはもともとご飯との相性がいいのですが、
こちらはそうしたまぜそばとはちょっと路線が違っているので、
上手く合うようにご飯のほうにも工夫を凝らしているのですね!

こちらは「チキンジャンキー」なのでご飯にも鶏そぼろが乗ります!

そのおかげもあってか、麺に負けずにタレとハマっていますね!(`・ω・)+

ご飯と合わせることでタレのまろやかさもよりプラスに生きますしね!

パスタ的なソースとまぜそばを合わせたような「あさりラパス」に対し、
こちらはまぜそばを軸にしながらラパス的な感覚も備わっているという、
対照的でありながらどちらもこのお店の「らしさ」が感じられましたね!

こちらのお店は気になる限定メニューもけっこう多かったりしますし、
レギュラーメニューはもちろんのことそちらももっと開拓したいですね!

ワイルドでありながらも優しさも覗かせてくれる一杯でございました!(゚x/)モッキュリン

[メニュー]
ふく流ラパス メニュー(その1)

ふく流ラパス メニュー(その2)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区南本町2-3-11 玉屋ビル 1F

【関連記事】
ふく流ラパス チキンジャンキー
ふく流ラパス ジャガトマラパス
ふく流ラパス アサリラパス

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : まぜそば | ジャンル : グルメ

麺屋 丈六 夏煮干し

新しい夏の限定を求めて「麺屋 丈六」へと行ってまいりました!

少し前まで冷やしの第1弾として「夏秋刀魚」が出てましたが、
新たに「夏煮干し」が開始されたのでそれを狙ってきました!

それにしても真夏なのに開店前から凄い行列ができていますね;

到着したときには13番目でこれは大変だなと思っていたら、
残り1席の段階で自分の前が2人組と3人組だったことから、
1人だった自分が優先して入るという幸運に見舞われました!

早く食べることができたのがありがたちのはもちろん、
外待ちの時間が大幅にカットされたのが何よりでしたね!

麺屋 丈六 夏煮干し

そんな暑い外待ちの後にこの「夏煮干し」がやってきました!(●・ω・)

5枚の鶏のタタキに、丈六さんらしい縦にカットされた青ねぎ、
そして水菜、メンマ、みょうが、さらに煮干しが乗っています!

まずはスープですが・・・おっ、ほどよい冷たさのスープですね!(`・ω・)+

キンキンに冷やしたスープなのかと思いきやそうではなく、
「ほどよく冷たい」というラインを狙った温度になっています!

これはスープの温度による麺への影響も考えているのでしょうね!
キンキンになるほど麺の食感が強めに出るようになってきますし!

そしてそのスープはこちらのお店の最大の武器である鶏をベースに、
煮干の旨味がそれをじんわりとサポートするスタイルとなっています!

煮干の主張をガンガンに効かせる攻撃的なスープとは違って、
優しい中から煮干の旨味がじわっと上がってきてくれますね!

そしてその優しさゆえにスープを飲む手が止まらなくなります!

とにかくどこを切り取ってもネガティブな要素がないですからね!
誰が飲んでも気に入ると言っていいようなスープになっています!

そしてトッピングですが・・・鶏のタタキがたまりませんね!(*゚◇゚)

下味の強さが絶妙で、まさに鶏の旨さを引き立てるような風味で、
そして軽い香ばしさとしっとりとした肉質が噛むほどに楽しめます!

こちらのお店の肉具材はどれも見逃せないものばかりですね!

薄切りの豚チャーシューはもちろん、この鶏のタタキも秀逸ですし、
しかもそれが5枚とどっさりと乗っているのもありがたいですね!

そして種々の薬味ですが、生まれて初めてみょうがが気に入りました!

実のところ、いろんな薬味の中でもみょうがだけはどうも苦手で、
他のラーメンなどでついていても少し残すことが多かったりしますが、
このスープは食べた瞬間に「みょうがが合ってる!」と思わせてくれて、
合わせるもの次第でみょうがも生きることが強く実感できましたね!

これは自分にとって今回のラーメンの大きな収穫の一つかもです!(=゚ω゚)

ねぎもまたみょうがなどと合わせて麺に絡めるとたまりませんね!
こちらのお店のねぎは麺と絡めて食べることでより生きますからね!

メンマの強めのコリコリ感も全体の中でいいアクセントになってました!

そしてもう一つ気になったのが、仕上げにかけていた香辛料なのですよね!

黒胡椒などと同様に仕上げにミルで挽いて上にかけていたのですが、
見たところ黒胡椒でも白胡椒でもないような色だったのですよね!

でも食べてみたところ香りが強めの胡椒みたいな感じでしたし、
色がややピンク系だったので、ピンクペッパーだったのですかね!

麺屋 丈六 夏煮干し(麺のアップ)

麺は丈六さんらしい中細ストレートのやや加水が高めの麺です!

ほどよくスープで冷やされることでプリ感が強まっていますが、
キンキンに冷やしてはいないので「ブリブリ」ほどに強くはなく、
軽く「プリッ」と弾けるようなラインの食感となっています!

このあたりの麺の食感はおそらくかなり計算されたのでしょうね!

そうすることによって、麺の食感による主張が強くなりすぎず、
優しさのある鶏&煮干スープとのバランスの良さが生きています!(*゚ー゚)

この日はとにかく待ち時間からものすごく暑かったこともあって、
その後でありつけた冷やしはたまらないものがありましたね!

実際にこの「夏煮干し」の注文率はけっこう高かったりしましたし!

待ち時間は大変ですが、それを吹き飛ばしてくれる一杯でした!(゚x/)モキルン

[メニュー]
麺屋 丈六 メニュー(2016年4月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区難波千日前6-16

【関連記事】
麺屋 丈六 夏煮干し
麺屋 丈六 鶏白湯ラーメン
麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト
麺屋 丈六 鶏卵担々麺
麺屋 丈六 だしツッコミ! 和え麺
麺屋 丈六 カレーチキンラーメン
○丈 中華そば 大 肉増し
○丈 つけ麺(塩味)
○丈 鶏そば
○丈 豚もりそば
○丈 夏秋刀魚
○丈 紀州 冷やし
○丈 秋刀魚醤油
○丈 カレーつけ麺
○丈 紀州
○丈 キムラ君
○丈 広島
○丈 ○丈そば
○丈 一乗寺
○丈 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺屋 丈六 鶏白湯ラーメン

今回もCDを借りに行く流れで「麺屋 丈六」へと行ってきました!
今回は100枚を超えて105枚という過去最高の枚数になりました;

CDを100枚も選ぶとなるとやはりかなりの時間がかかるので、
そのための腹ごしらえにこちらの「丈六」さんに行くのですよね!

さて、今回はまだ食べていなかった「鶏白湯ラーメン」を注文しました!(`・ω・´)

こちらは「和歌山風中華そば」の提供が中止されたかわりとして、
新たにレギュラーメニューへと加わったラーメンなのですよね!

「和歌山風中華そば」はベースのスープがおそらく豚骨でしょうし、
全体のスープを鶏系にまとめたほうが回しやすかったのかもですね!

「丈六」さんの鶏白湯系のラーメンというと月曜日のみの限定の
一乗寺」がありましたが、この両者の違いも気になるところです!

この「一乗寺」が今も月曜日にあるのかどうかはちょっと謎ですが!

ちなみに「一乗寺」は京都の鶏白湯ラーメンで有名な地域のことです!

麺屋 丈六 鶏白湯ラーメン

ということで、「鶏白湯ラーメン」がやってまいりました!
この「鶏白湯ラーメン」はけっこう注文率が高いですね!

このレア度の高い薄切りチャーシューはかなりそそられますね!
丈六さんの薄切りチャーシューはどれもレベルが高いですからね!

まずはスープですが・・・うん、鶏の旨味がギュッと詰まってますね!(●・ω・)

いわゆる粘度の高いドロッとした感じの鶏白湯スープではなく、
その質感だけで言うなら、けっこうサラリとしたタイプですね!

なので、こってり系の鶏白湯特有のヘヴィな感じはほとんどなく、
またクセなどもないので非常に飲みやすいスープとなってます!

こってり度の高い鶏白湯って、けっこう人を選ぶ要素がありますしね!

しかしながら、決してこのスープはライトというわけではなく、
優しい飲み口ながらもそこに宿る鶏の旨味はかなりのものです!

粘度の高いスープでなくても鶏の旨味は十分に引き出せる、
ということを非常にストレートに伝えてくれるスープですね!(=゚ω゚)

スープの粘度や風味という点では「一乗寺」に非常に近いですね!

「一乗寺」を食べたのはかなり前の話ではあるのですが、
スープの濃度などに極端が差があるという感じはないです!

さて、どんぶりの縁には辛みそ(豆板醤)が少しついているので、
これを溶かすことによって少し辛味をプラスすることができます!

豆板醤系のものなので多少塩分も加わる点に注意が必要ですが、
自分の好みに合うように少しずつ溶かしつつ試すといいですね!

また、少しだけ麺に絡めるようにして食べるという手もあります!
そのほうがアクセントをつけるという点ではいいかもしれませんね!

トッピングは薄切りのレアチャーシュー、メンマ、白髪ねぎです!
この縦に長めにカットされたねぎはこちらのお店の特徴ですね!

この中でもレアチャーと白髪ねぎはとりわけいい仕事をしてますね!

このスープはねぎの持つ辛味と非常に相性がいいのですよね!

なので、ねぎはスープにつけて辛味を取ってしまうのではなく、
スープにあまりつけないようにしてあえてその辛さを残しつつ、
少しずつ麺に絡めながら食べるのが最も効果的と言えますね!(*゚◇゚)

そしてレアチャーはしっとりとしていて非常にやわらかく、
また薄切りということで麺と一緒にすすりやすいのですよね!

丈六さんはこうした薄切りのチャーシューをよく使われるので、
麺とチャーシューを絡めて食べるのが定番化していますね!

この「鶏白湯ラーメン」は肉増しにすることはできないですが、
標準でもけっこう多く入っているので満足度は十分に高いです!

麺屋 丈六 鶏白湯ラーメン(麺のアップ)

麺は中くらいの加水の中細ストレート麺が使われています!(*゚ー゚)

プリプリとした食感とほどよい歯切れの良さを両立させた麺で、
なおかつすすり心地も良く、汎用性の高さも感じさせてくれます!

白湯系と合わせても、清湯系と合わせてもハマりそうですしね!

スープとの絡みがいいので、スープの鶏の旨味をより引き立て、
優しい飲み口ながらも旨味の深い一杯を力強く支えていますね!

以前に食べた「一乗寺」の旨さを思い起こさせてくれるような、
サラリとしつつも鶏の旨味が存分に引き出された一杯でしたね!

非常に幅広い人に好まれる力を感じる鶏白湯ラーメンでした!(゚x/)モッキリー

[メニュー]
麺屋 丈六 メニュー(2016年4月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区難波千日前6-16

【関連記事】
麺屋 丈六 鶏白湯ラーメン
麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト
麺屋 丈六 鶏卵担々麺
麺屋 丈六 だしツッコミ! 和え麺
麺屋 丈六 カレーチキンラーメン
○丈 中華そば 大 肉増し
○丈 つけ麺(塩味)
○丈 鶏そば
○丈 豚もりそば
○丈 夏秋刀魚
○丈 紀州 冷やし
○丈 秋刀魚醤油
○丈 カレーつけ麺
○丈 紀州
○丈 キムラ君
○丈 広島
○丈 ○丈そば
○丈 一乗寺
○丈 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

鶏Soba座銀 にぼし店 ボンゴレだし醤油 アサリのチカラ

心斎橋の「鶏Soba座銀 にぼし店」へと初訪問してまいりました!

ぴょんこさんのブログで見た限定が気になったのですよね!
アサリが強烈に効いたラーメンとなると見逃せませんし!

しかし限定数が非常に少ないということで急いで行ったのですが、
早く着きすぎたので日陰に入って開店を待つことになりました!(=゚ω゚)

それにしてもこちらのお店の内装はラーメン屋と思えませんね!

高級な和食のお店といった雰囲気で、店員さんも板前の格好ですし、
お店に入ったときは一瞬自分が場違いにすら感じてしまいました;

かかっている音楽も三味線系のインスト曲だったりしますし!

それゆえに女性のお客さんは非常に入りやすいかもですね!
とにかく上品という表現が似合うお店の雰囲気でしたし!

鶏Soba座銀 にぼし店 ボンゴレだし醤油 アサリのチカラ

ポールだったので、もちろん限定メニューを注文できました!
がっつりと行きたかったので麺を大盛にして注文しています!

2人がこれを注文した時点で「限定は残り4つ」と言っていたので、
このラーメンの限定数はおそらく6杯なのではないかと思います!

それにしても実にきれいなビジュアルのラーメンですね!
レアチャーシューにヤングコーン、そして中央の花が光ってます!

まずはスープですが・・・おおぉ、これはアサリが効いてますね!(●・ω・)

見た目はやや薄めの醤油の色がついた清湯のスープなのですが、
飲んだ瞬間にアサリならではの強烈な旨味がガンガン来ます!

アサリの深み、その旨味の強さともにまさに申し分のないもので、
かなりの強さを見せながら同時にスッと飲みやすいのも特徴です!

アサリ以外にも何かの素材を加えているのかなと思っていましたが、
券売機のPOPを見ると「アサリだし100%」と書かれているのですよね!

いやはや、これはほんとに思い切った構成のスープになってますね!

しかしアサリ100%で強さだけでなく、これだけのふくよかさも出るとは、
アサリのだしの引き出し方などにもいろいろな工夫があるのでしょうね!

アサリだしや貝系のだしが好きな人であれば確実に満足できますし、
そうでなくともこの旨味の深さが一度味わうだけの価値アリですね!(`・ω・)+

また、スープの温度はかなり熱めに設定されていますね!

そしてここに合わさるトッピング類もいい仕事をしてるのですよね!

特にわかめの磯の香りはアサリだしとのマッチングが素晴らしく、
この両者がまさにベストパートナーであることを伝えてくれます!

ラーメンの具材としてのわかめはしばしば賛否両論を呼びますが、
アサリだしのラーメンに関してはその相性は申し分がないです!

そして白髪ねぎの辛味もまたアサリの旨味を引き立てますね!

もともとアサリなどの二枚貝は旨味の主張が強いこともあるので、
薬味の持つ辛味などが合わさるとより旨さが引き立ちますね!

そしてそれは小皿で提供される生姜と魚介の薬味も同様です!

麺に少し絡めて食べると生姜のさわやかさが加わるのですが、
それがアサリだしの強い旨味といい相乗効果を生むのですよね!

こうした相乗効果を生かした具材が多く入っているのも見事です!(*゚ー゚)

この小皿で提供される生姜と魚介の薬味はスープにも溶かせます!

さすがにいきなり全部溶かしてしまうと味が変わると思いますが、
少しずつ溶かしても主役がアサリであることは決して揺るがないので、
自分のお好みで徐々に溶かしこんでいくのもいいと思われます!

他の具材もやわらかでしっとりとしたレアチャーシューを筆頭に、
三角形にカットされた大ぶりのメンマ、みずみずしいヤングコーン、
そしてアサリの身が入った豚の肉団子など盛りだくさんの内容です!

そしてこの中で意外と面白いのが中央に添えられた紫の花ですね!

てっきり飾りに近い存在なのかと思いながら食べたのですが、
食べると大葉を思わせるさわやかな風味が広がるのですよね!

そこで調べてみると、どうもこれはシソの花のようです!

決して見た目だけの存在でないところは面白い演出ですね!
この花は残さず、ちゃんと食べてみることをオススメします!(*゚◇゚)

鶏Soba座銀 にぼし店 ボンゴレだし醤油 アサリのチカラ(ゴールドラッシュ)

また、レンゲの上には生で食べられるコーンがついてきます!
これは「ゴールドラッシュ」という生で食べられる品種だそうです!

こうした素材がそれぞれの季節ごとに提供されるみたいです!

風味に少し青さはありますが、生でも甘くてみずみずしさがあり、
ラーメンを食べる前のちょっとした前菜として楽しめました!

鶏Soba座銀 にぼし店 ボンゴレだし醤油 アサリのチカラ(麺のアップ)

麺はかなり細めで、加水が低めなストレート麺となっています!

加水が低めといっても、博多豚骨向けの麺ほど極端ではなく、
歯切れの良さとその際のプツッとした食感を楽しめる麺です!

食べ始めの頃はそうした麺の持っている食感を楽しむ感じで、
時間が経つにつれてスープとのなじみのほうが前面に出てきて、
麺とスープとの一体感を楽しむような形へと変わってきます!

特に今回のスープはアサリの主張が非常に強くなっているので、
後半は麺を食べるだけでアサリの風味がガンガンと攻めてきます!

アサリだし100%のスープはアサリを楽しむうえでは申し分ないもので、
アサリの強い旨味を期待した自分としては大満足の一杯となりました!

最近は他の方のブログに触発されて訪問するケースが多いですね!
しかも、実際に足を運んでこれだけ満足できるのだからありがたいです!

限定数が6ぐらいと、そのハードルは非常に高めになっていますが、
開店直後ぐらいに行ける人はぜひともこの一杯を狙ってみましょう!(゚x/)モキュッ

[メニュー]
鶏Soba座銀 にぼし店 メニュー

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区南船場3-9-6

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺のようじ 蔵出し生醤油らーめん

ちょっとひさしぶりに「麺のようじ」へと行ってきました!

この日は阿倍野からの距離がそれほど遠くないところで、
なおかつ清湯系が食べられるところを考えていましたが、
その中から思いついたこちらのお店へと訪問いたしました!

困ったときにはこちらに行くのが定番になりつつあります!(*゚ー゚)

ところで基本の塩ラーメンや醤油ラーメンが変わったようですね!

以前は素直に「塩そば」といった名前がつけられていましたが、
券売機を見ると「鶏塩らーめん」に名前が変わっていましたし!

どうも鶏節を軸にしたラーメンに切り替わっているみたいです!

ただ、訪問時はそれが新作なのかどうかよくわからなかったので、
もう一つ気になった清湯系の「蔵出し生醤油ラーメン」にしました!

麺のようじ 蔵出し生醤油らーめん

ほう、こちらもずいぶんと鶏節がトッピングされていますね!
最近はこの鶏節もいろんなお店で見かけるようになりましたね!

かつお節などと同様の方法で鶏を削り節にしたものですね!

まずはスープですが・・・おっ、これはいつになくシンプルですね!(●・ω・)

「麺のようじ」さんというと、様々な要素を一つにまとめて、
一つのどんぶりから複雑な旨味を感じさせることが多いですが、
このラーメンはとにかく鶏と醤油の2本がビシッと伝わります!

ベースとなっている鶏清湯に鶏節がさらに鶏のコクを高めて、
さらに油脂にも少なからず鶏油が含まれているようですね!

油脂は鶏油と香味油のミックスになっているように思います!

ここに加わるのが生醤油ならではのキレのいい醤油の風味です!

おそらく醤油ダレもあまり複雑な構成にはしていないと思います!
もしかすると生醤油をそのままタレとしているかもしれません!

なので、醤油の風味が非常にストレートに伝わってくるのですね!
それでいてあまり鋭くならないバランスに調整されています!

そうした「鶏・醤油」の2つがとにかく前面に出てくるスープですが、
鶏のスープの旨味に分厚さがあり、醤油の旨さも生きているので、
物足りなさを感じさせてしまうようなところは全くないですね!

こうした鶏の分厚さには鶏節の存在も非常に大きく効いてますね!
麺に絡めながら食べることによってさらに鶏の旨味を楽しめますし!

麺は平打ち気味のピラピラとした質感の幅広麺となっています!(=゚ω゚)

今回はボケてしまっていて麺の写真を撮るのを忘れてしまいました;
スープを味わうことにすぐ気持ちが行ってしまったためかもですね;

表面のピラピラとした質感が麺をすする際に非常に心地良く、
噛むとプリッと弾けるような食感を楽しむことができます!

また、幅広麺なので鶏節や薬味を麺に絡めやすいのもいいですね!

いつも「麺のようじ」さんに行くと通常の麺量で注文しても、
ずいぶんとお腹がいっぱいになるという印象があるのですが、
どうもこちらのお店は基本の麺の量がやや多いみたいですね!

トッピングはこちらのお店らしく非常に豊富になっていて、
豚バラチャーシュー、鶏ももチャーシュー、味玉、鶏節、
赤玉ねぎ、玉ねぎ、青ねぎ、海苔、そして穂先メンマです!

ほんとこちらのお店はどのラーメンもトッピングが凄いです!(*゚◇゚)

鶏ももチャーシューは肉質がやわらかく、皮の焦げ目が香ばしく、
豚バラチャーシューはトロリととろけるようなやわらかさですね!

以前はバラチャーシューではなくレアチャーシューだったようです!
さっぱりとしたレアチャーシューのほうも食べてみたいですが!

穂先メンマはメンマらしい発酵感がしっかりと楽しめる風味に、
やわらかく噛み切ることのできるやさしい食感が印象的です!

そして赤玉ねぎや鶏節は麺と絡めながら食べると実にいいですね!

特に玉ねぎ系は普通のねぎと比べても刺激が強めに出るので、
麺と一緒に食べると薬味としてのパンチがビシッと楽しめます!

そして味玉は味の入り、その熱の通り具合ともに絶妙ですね!

トッピングなどはこちらのお店らしい豪華さを見せてくれますが、
スープは鶏と醤油に焦点をしぼったスリムな構成となっていて、
他のラーメンとはまた違った良さを見せてくれる仕上がりでした!

こちらのお店でシンプルに味わいたいときには特にいいですね!

まだまだ食べてないメニューが多いので今後も足を運んでいきます!(゚x/)モキュン

[メニュー]
麺のようじ 蔵出し生醤油らーめん 券売機(2016年4月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区高津2-1-2

【関連記事】
麺のようじ 蔵出し生醤油らーめん
麺のようじ 石焼カレー担々和え麺
麺のようじ オマール海老のドロつけ麺
麺のようじ 鶏ドロつけ麺
麺のようじ 安納芋のベジポタヌードル
麺のようじ 塩そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト

なんばにある「麺屋 丈六」へとひさしぶりに行ってきました!
例によってCD100枚レンタルからの流れでの訪問となります!

せっかく近くまで行くのだから訪問しないともったいないですしね!

さて、今回は期間限定のmixiコミュニティ限定メニューである
1日限定20食の「わかめラーメン リスペクト」を注文いたしました!

あのエースコックの「わかめラーメン」をリスペクトしたラーメンです!

これはカップ麺ブロガーとしては注文しないわけにはいかないですね!(`・ω・´)

もともとは4/11からの約1週間の予定として始まったもので、
自分が訪問した4/22の時点ではまだ提供されていました!

ところでこちらのお店はけっこう頻繁に限定を出されますが、
お客さんの注文率では圧倒的にレギュラーが多いのですよね!

メニュー表などに一切書かれていないためでもありますが、
レギュラーのリピーターが多いことの証でもありますね!

麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト

ということで、「わかめラーメン リスペクト」がやってきました!

わかめ、コーン、メンマの具材はまさに「わかめラーメン」ですね!
さらにごまがしっかりとトッピングされている点も踏襲されています!

また、ごまはわかめの上には粒のままの白ごまをトッピングし、
中央のねぎの上にはその場ですったごまをトッピングしています!

また、どんぶりの左側にはこちらのお店の大きな特徴でもある
薄くカットされたチャーシューもたくさんトッピングされます!

まずはスープですが・・・これはたまらない旨さですね!(●・ω・)

カップの「わかめラーメン」のような海鮮主体のスープではなく、
あくまでこちらのお店の看板である鶏ベースのスープなのですが、
その旨さの伝わり具合が他のラーメン以上に素晴らしいのです!

基本の「中華そば」は黒醤油的な醤油のキレを効かせてますし、
それ以外のラーメンも他の何らかの素材の旨味が足されてますが、
むしろこのラーメンはそうしたたし算がほとんどないのですよね!

最も基本となる鶏スープに醤油ダレと塩ダレを合わせたもので、
それゆえにこのスープの持つ旨さが実にダイレクトに伝わります!

こうしたラーメンが今まであまりなかったのがもったいないですね!(=゚ω゚)

スープを飲むたびに鶏のしっかりとした旨味が深みをもって広がり、
「あぁ、旨いなぁ」と声をあげてしまいそうになる感慨が訪れます!

そんな鶏のスープにわかめやコーン、そしてチャーシューといった具材を
麺と一緒に食べることで生まれる変化を楽しむ、そんな一杯なのですね!

そのままで十分すぎるほどおいしく、具材と一緒に食べると少し表情が変わる、
わかめ、メンマ、ねぎ、コーン、チャーシュー、それぞれと合わせてみたり、
2つ以上の具材と一緒に味わったり、スープを軸にいろんな楽しみ方ができます!

麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト(麺のアップ)

麺は自家製の中細のストレート麺となっています!

加水は中ぐらいでプリプリ感をものすごく強調するわけではなく、
しなやかな心地良いコシと喉越しの良さを感じられる麺ですね!

深みのある鶏清湯スープとのバランスもちょうどいい感じで、
スープと上手くなじみながら麺の旨さも同時に伝えてくれます!

また、具材を絡めながら一緒に食べるとより旨さが生きますね!

特に薄切りのチャーシューはちょうど麺と一緒に食べやすい厚みで、
じゅわっと広がる肉の旨味がスープや麺と口の中に一体となります!

基本の「中華そば」を肉増しで注文される方が多いのもうなずけますね!

とにかくこちらの鶏スープの旨さがじっくり堪能できる一杯で、
わかめをはじめとした具材との相性の良さもさることながら、
最初から最後までスープの旨さに圧倒されっぱなしでしたね!

提供はもうすぐ終了するはずなので気になる方は急ぎましょう!(゚x/)モッキュー

[メニュー]
麺屋 丈六 メニュー(2016年4月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市中央区難波千日前6-16

【関連記事】
麺屋 丈六 わかめラーメン リスペクト
麺屋 丈六 鶏卵担々麺
麺屋 丈六 だしツッコミ! 和え麺
麺屋 丈六 カレーチキンラーメン
○丈 中華そば 大 肉増し
○丈 つけ麺(塩味)
○丈 鶏そば
○丈 豚もりそば
○丈 夏秋刀魚
○丈 紀州 冷やし
○丈 秋刀魚醤油
○丈 カレーつけ麺
○丈 紀州
○丈 キムラ君
○丈 広島
○丈 ○丈そば
○丈 一乗寺
○丈 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.