プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ

韓国の激辛汁なし麺である「プルダックポックンミョン」紹介の第4弾は、
昨年日本を席巻した「ペヤング 激辛やきそばEND」との食べ比べ企画です!

自分が「プルダックポックンミョン(ブルダック炒め麺)」を知ったのも、
ちょうど日本で「ペヤング 激辛やきそばEND」が発売された頃なのですよね!

「ペヤングEND」の評判を調べる中で、それに匹敵する辛さと言われる、
この韓国の激辛汁なし麺の「プルダックポックンミョン」を知りました!

そしてその後に「ヴィレッジヴァンガード」で購入してきたのですよね!

「プルダックポックンミョン」と「ペヤングEND」は比較されることも多く、
どちらが辛いのかといったこともときどき議論になったりするのですが、
やはりそれを比べるには実際に同時に食べ比べてみるのが一番ですよね!

ということで、日韓の激辛汁なし麺を代表する2つを食べ比べてみます!(`・ω・´)

プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ

それにしても「ペヤングEND」のデザインは相変わらずおどろおどろしいですね;
食べる前にまずビジュアルで怖がらせてくるというのは斬新な方法ですよね!笑

ただどちらもすでに一度は食べているのでそこまでの恐怖感はないですが!
激辛系の商品って、食べる前にちょっと怖さがまずやってきますからね!

「プルダックポックンミョン」は前回の袋版との食べ比べ企画のときと
全く同じバージョンで栄養成分や原材料も全く同じものとなってます!

「プルダックポックンミョン」のカップ版って麺量が多くないので、
こうした食べ比べで2つ食べるという企画に利用しやすいのですよね!

普通サイズだと、2つ食べるとまず量の面でしんどさがやってきますからね!

プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ(内容物)

◎内容物 - どちらもかやく系と液体ソースの2袋構成


「ペヤングEND」の内容物は先入れかやくと液体ソースとなってます!
袋が真っ黒で何が何かわかりませんが「激辛ENDソース」と書かれてます!

「プルダックポックンミョン」は後入れかやくと液体ソースとなってます!

麺の色は「ペヤング」が白く、「プルダック」が黄色くなってますね!

また湯戻し時間が「ペヤング」が3分、「プルダック」が4分と異なるので、
麺の太さに関しても「プルダックポックンミョン」のほうがやや太いです!

プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ(できあがり)

ということで、「ペヤングEND」と「プルダックポックンミョン」ができました!
こうして見比べると「ペヤングEND」はやや色合いが薄めに仕上がりますね!

見た目の迫力という点では「プルダックポックンミョン」のほうが上ですね!
というか、「ペヤングEND」は見た目だけでいうとごく普通ですからね!

ただまぜているときの香りは「ペヤングEND」のほうがやや鋭いです!
何やらちょっと怖さを感じるようなシャープな香りが少しありましたね!

◎辛さ - 瞬発型の「プルダック」、チクチク刺す持続型の「ペヤングEND」


まずは両者の辛さですが・・・いやはや、さすがにどちらもかなり辛いです!(●・ω・)

ただこうして食べ比べると、辛さの表情にもそれぞれ個性がありますね!

単純に食べた瞬間の辛さの強さで言うなら「プルダック」がやや上です!
これは両者を行ったり来たりして食べていると途中で気付いてきますね!

ただそれぞれを食べ続けたときに厳しく感じたのは実は「ペヤングEND」でした!

「ペヤングEND」は食べた瞬間にやってくる辛さは比較的弱めです!
これは「ペヤングEND」を単体で食べたときも同様の感想でしたしね!

そのかわり食べ進めていくうちにだんだんと辛さが口の中にたまってきて、
さらにチクチクと刺すような持続型の辛みがいつまでもしつこく続きます!

まるで「この辛さに慣れさせないぞ」と言われてるようなしぶとさです!

なので、「食べているうちに楽になってくる感覚」がほぼありません!

一方の「プルダック」は食べた瞬間に来る辛さはさすがのものです!

ですが、食べているとだんだんと楽に感じてくるのも大きな特徴です!

「プルダック」の辛さは「ペヤング」と比較すると瞬発型の要素が強く、
逆にその辛さをずっと食べていると、慣れてくる傾向があるのですよね!

なので、食べ進めていく分には「ペヤング」よりも楽に感じましたね!
これは後に説明する「辛さ以外の味の違い」も大きく影響しています!

◎辛さ以外の味 - 味わいが濃い「プルダック」、辛さ特化型の「ペヤング」


そして両者の辛さ以外の味ですが・・・こちらのほうが違いは明確です!(*゚◇゚)

「ペヤング 激辛」シリーズって、もともと甘みがあるのが特徴ですが、
この「ペヤングEND」も基本的には「ペヤング激辛」の延長線上にあるので、
味のベースはけっこう甘さを強めに組み立てられてはいるのですよね!

ですが、「プルダック」に比べると甘さも含めて味はかなり控えめです!

とにかく「プルダック」はあらゆる味の要素が非常に濃厚なのですよね!

甘さも非常にまったり、ベースとなっている鶏の旨味も非常に強く、
塩気は強くないですが、「韓国料理らしい甘辛味」を強く感じます!

そうしたそれぞれの強い味の組み立てのうちの1つが辛さという感じです!

辛さも激烈で、甘さもかなり強く、旨味に関しても強く持っている、
なので「ペヤング」に続けて食べるとややくどさを感じるほどです!

はっきりと「薄味と濃い味」ぐらいのコントラストを感じましたからね!
このまったりとした濃い味わいは「プルダック」の明確な個性ですね!

一方で単体で食べたときはそこそこ甘さも強く感じた「ペヤングEND」は、
「プルダック」と比べると、圧倒的に甘さや他の味は控えめに感じます!

「ペヤングEND」が出たときに、「プルダック」を食べ慣れている人から、
「ペヤングは辛さ以外の旨味が弱い」と評されることが多くありましたが、
実際に食べ比べてみるとたしかに全体的に味が控えめに感じられましたね!

「ペヤングEND」も単体で食べれば別に味がそう薄いわけではないですが、
「プルダック」の濃さと比べると、その違いは想像以上に明確でしたね!

そしてこの違いが両者の辛さの体感的な差にも少なからず影響してました!

「ペヤングEND」は味のベースは基本的に「ペヤング激辛」と同じなのですよね!
「ペヤング激辛」は「ペヤングEND」と比べると辛さはほぼ1/4にあたります!

言い換えるなら、「ペヤング激辛」のソースのベースの味をそのままに、
辛さや唐辛子要素だけを4倍にしたのが「ペヤングEND」と言ってもいいです!

そうするとトータルバランスで唐辛子要素や辛さが突出した形になるので、
その分だけ相対的にベースの甘みや旨味が控えめに感じるのでしょうね!

一方の「プルダック」はこの激烈な辛さを基準に全体の味を作ってるので、
辛さは強烈だけど、他の味の要素もその辛さに負けていないわけですね!

なので、辛さの「強さ」だけでいえば間違いなく「プルダック」優勢なのに、
前面に出てくる暴力性や攻撃性に関しては「ペヤング」のほうが目立つのです!

要は唐辛子や辛さ関係の味わいがすごく目立つバランスになってるのですよね!
なので、「危ないものを食べてる」感は不思議と「ペヤング」のほうが上です!

「ペヤングEND」も単体で食べればけっこう甘さを感じたりするのですが、
「プルダック」と比べれば、十分に「辛さ特化型」だと思えましたね!

「ペヤングEND」でチリチリと何か危ない雰囲気を強く感じさせられたのも、
こうした「辛さ以外の味の強さ」による影響が大きくあったのでしょうね!

◎ソースの原材料


[プルダックポックンミョン カップ版(ソースの原材料)]


しょうゆ、チキンエキス、チキンシーズニングパウダー、砂糖、
植物油脂、ハバネロシーズニングパウダー、玉ねぎ、
赤唐辛子シーズニングパウダー、赤唐辛子、酵母エキス、
にんにく、黒こしょう、カレーシーズニングパウダー

[ペヤング 激辛やきそばMAX END(ソースの原材料)]


糖類、たん白加水分解物、植物油脂、食塩、しょうゆ、醸造酢、
りんごピューレ、香辛料、トマトペースト、ポークエキス、野菜エキス

面白いのは甘さの強さは圧倒的に「プルダック」のほうが上なのに、
原材料の並びで最初に糖類が来ているのは「ペヤング」なのですよね!

言い換えるなら、それだけ他の味が「ペヤング」は控えめなのですね!

動物系エキスの強さなども、両者は明らかに違うことがわかりますね!
「味の濃厚さ」について、はっきりと違いを感じた背景がよく見えます!

◎麺 - ややもっちりした「プルダック」とノーマルなスナック麺の「ペヤング」


まず「ペヤングEND」の麺はいつもの「ペヤング」シリーズの麺ですね!

スナック的な感覚があり、ちょっとしたラードの香ばしさが特徴で、
良くも悪くも人を選ばず、どんなソースにも合う強みを見せます!

こうして違う商品と比べると個性の強さが控えめなのもわかりますね!

だからこそどのような場面でも合わせやすいとも言えますが、
ほんと「スナック的なごく普通の麺」なんだなと実感しますね!

「プルダック」の麺はそれと比べるとやや太めで麺単体も甘く、
麺そのものもはっきりとした強さを持っているのが伝わります!

もともと「プルダック」は袋麺版はかなり太めの麺となってるので、
ある程度太さや力強さやもっちり感を表現したいのでしょうね!

もちろん袋版の極太麺に比べれば、かなり普通の麺ではありますが、
カップ版の麺からもそうした狙いどころはそれなりに見えますね!(*゚ー゚)

辛さへの影響という点では、「プルダック」のほうが麺が太いので、
ソースの持っている辛さをいくぶん緩和する効果は持っています!

とはいえ、あくまで中太レベルなので、そうした影響は限定的ですが!

◎麺量と栄養成分


「ペヤング」は麺量90g、脂質26.8gで、554kcalとなっています!
「プルダック」は麺量51.5g、脂質10gで、280kcalとなっています!

もちろん麺量が全く違うので単純に比較することができないですが、
麺量を換算しても明らかに「プルダック」のほうが脂質が低いです!

そういえば「ペヤング」って、麺に含まれる脂質が高いのですよね!

ソースに関しては特に「ペヤング」が油脂感が強いこともないので、
麺に含まれる脂質の違いが少なからず影響しているのでしょうかね!

ただ麺の油脂っぽい風味はどちらもそれほど違わないのですが!

◎具材 - ふりかけでアクセントをつける「プルダック」とノーマルな「ペヤング」


具材は「ペヤング」がいつものキャベツと鶏ひき肉となっていて、
「プルダック」のほうは海苔とごまのふりかけとなっています!

これはもう激辛系に普通の具材を求めるかどうかによるでしょうね!

激辛系は激辛系としてアクセント的な具材は必要ないとするなら、
「プルダックポックンミョン」のようにふりかけ特化型が合いますし、
普通の焼そばらしさを求めるなら「ペヤング」の具がいいでしょう!

それ以外の点としては、激辛系はどうしても緩和役が欲しくなるので、
そういう点では「ペヤング」のキャベツはそこそこ効果的ではあります!

特に「ペヤングEND」は逃げ場所のない持続型の辛さで攻めてくるので、
緩和役であるキャベツが入っていることはけっこう意義がありますね!(=゚ω゚)

◎まとめ - 複合的だけの攻撃力の高い「プルダック」と暴力性特化の「ペヤング」


食べる前は辛さの強さの違いぐらいしか着目してなかったですが、
食べるうちに辛さに関しては間違いなく「プルダック」が上なのに、
より暴力的に感じるのは「ペヤング」だったのは面白かったですね!

辛さの質の違いもありますし、辛さ以外の味の影響もあったりと、
辛さの「強さ」だけで全てをはかれない面白さを感じましたね!

こうして食べ比べてみると、激辛の持つ世界の広さを感じますね!

実は今回最も印象的だったのは、前回「プルダックポックンミョン」の
袋版とカップ版の食べ比べをしたときより、今回の食べ比べのほうが、
食べ切るまでの厳しさが遥かに上に感じたという点だったのですよね!

この理由こそが間違いなく「両者の辛さの質の違い」だったのですよね!

「プルダック」は袋版もカップ版も基本的には味の方向性は同じなので、
瞬発力はありながらも食べてるうちに慣れてくるタイプの辛さなのですよね!

なので、袋版とカップ版を行ったり来たりして食べていても慣れが出て、
食べている途中で辛さが蓄積するような感覚はあまりなかったのです!

ですが、今回は瞬発性の「プルダック」と持続型の「ペヤング」ということで、
「ペヤング」が辛さの慣れを許さず、その辛さがじわじわたまっているところで、
瞬発性のある「プルダック」が追い打ちのように辛さのパンチを入れてくるので、
途中で辛さに慣れるという感覚がなかなか生まれず思った以上に大変でしたね!

もちろんまだこれの2倍ぐらいの辛さまでならいけそうではありましたが、
「タイプの違う辛さの組み合わせ」は辛さの「強さ」以上に手強いですね!

辛さについて新たにいろいろな発見をさせてもらった食べ比べでした!(゚x/)モキヒュー

【関連記事】(プルダックポックンミョンシリーズ)
プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ
プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ
チーズプルダックポックンミョン カップ版
プルダックポックンミョン カップ版

【関連記事】(ペヤングシリーズ)
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ

三養食品(韓国)の激辛炒め麺「プルダックポックンミョン」(ブルダック炒め麺)の
カップ版と袋版を同時に作って、その味や辛さの違いを食べ比べてみました!

すでにノーマルの「プルダックポックンミョン カップ版」と
チーズプルダックポックンミョン カップ版」を単独で食べて、
それぞれ記事にしていますが、今回は食べ比べに挑戦しました!

実はもともとは袋版だけを食べて記事にするつもりでしたが、
「食べ比べしてみたらもっと面白いのでは」と思いついたので、
改めてカップ版を買い足して来て違いを比べることにしました!

どちらも「ヴィレッジヴァンガード」にて購入したものです!
「プルダックポックンミョン」シリーズがよくそろってますからね!

最近では「カルディコーヒーファーム」でも扱われているようですが!

プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ

◎袋版とカップ版の「プルダックポックンミョン」の紹介


ということで、袋版とカップ版の「プルダックポックンミョン」の登場です!
どちらも日本語表記がいくつか見えるので、パッケージは日本向けですね!

カップ版は「韓国風焼きそば 激旨辛・汁なし」と書かれていて、
どのような味の商品なのかが予想がつくようにされています!

一方の袋版は「ブルダック炒め麺」と商品の名前が書かれてます!
味のタイプを書くか、商品名を書くかという違いがあるのですね!

また袋版には鶏のキャラクターの「ホチ」という名前も書かれてます!

この商品は日本では「プルダックポックンミョン」と呼ばれていたり、
また「ブルダック炒め麺」と呼ばれたりもしますが、意味は同じです!

プル(ブル)=火、ダック(タック)=鶏、ポックンミョン=炒め麺で、
そのまま日本語に直訳すると「火鶏炒め麺」というふうになりますね!

「火鶏」(プルダック)という激辛鶏料理風味の焼そばということですね!

カップ版の細かい表記を見ると、以前に紹介したものと少し違います!
どうも微妙なパッケージ違いが何種類が存在してるようなのですよね!

おそらくこれは輸入業者の違いによるものなのではないかと思います!
今回の商品は輸入者は「シャイン・オリエンタル・トレーディング」でした!

ちなみに袋版の輸入者は「シン・インターナショナル」となっていました!
同じ店に並んでいる商品でありながら、輸入者はそれぞれ別々なのですね!

また袋版の「プルダックポックンミョン」のパッケージの裏側には、
唐辛子による辛さを示すスコビル値が「4404SHU」と書かれています!

この数字は「ひりひりとした青唐辛子に匹敵する辛い味」だそうです!(*゚ー゚)

プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ(内容物)

◎内容物 - 量が違うだけで、内容物はどちらも同じ


内容物はどちらも液体ソース、後入れふりかけとなっています!

内容物についてはどちらも韓国語表記のみとなっているので、
中身については韓国で販売されているものと同じなのでしょう!

内容物の袋のデザインについてはカップ版も袋版も全く同じですね!

ただし内容量は違い、どちらも袋版のほうが倍ぐらい入ってます!
これは麺の量が袋版のほうがおよそ倍ぐらい多いからですね!

またこの段階ではっきりとわかるのは、麺の太さが全然違う点です!
明らかに袋版の麺のほうが太いことがこの時点でわかりますね!

調理方法はカップ版の「プルダックポックンミョン」が湯戻し4分、
袋版は5分茹でてからソースを絡めて30秒ほど炒めて作ります!

茹でた後にスプーン8杯ほど汁を残しておくことになってますが、
あまり茹で汁を残しすぎると仕上がりが水っぽくなってしまうので、
そのあたりについては自分の好みである程度調整するといいでしょう!

プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ(できあがり)

おっ、麺の太さだけでなく、仕上がりの色も何だか違いますね!
これについては写真を撮る際の光の加減も関係してるかもですが!

◎ソースの辛さ - 激辛度は同じながら、カップ版がよりダイレクトな攻撃性


まずは袋版ですが・・・あれ、思っていたよりも食べやすいですね!(●・ω・)

最初にカップ版の「プルダックポックンミョン」を食べたとき、
麺量が少ない分だけ押し切れたものの辛さは激烈に感じたのに対し、
今回の袋版は何口続けて食べてもけっこう普通だったのですよね!

「このままだとほぼキツくならずに完食してしまう」と思ったので、
袋版を5口ほど食べてから、カップ版のほうへと移行してみました!

そのカップ版ですが・・・あ、こちらのほうがダイレクトに来ますね!(=゚ω゚)

もちろん両者のソースに少しの原材料の違いはありはしますが、
この味の感じ方の違いは別のところに原因がある気がしますね!

以前にUFOやペヤングなどのカップ焼そばを「日清焼そば」のような、
フライパンで炒める方法で作ったことがあったりするのですけども、
するとカップ焼そばとして普通に作るときと味が違ったのですよね!

炒めることで、カップ焼そばのソースの持っている味の各要素が
ダイレクトに主張せず少し丸まったような味わいになったのです!

酸味・甘味・ソース特有の風味がカップ版のほうがよりストレートに来て、
全く同じソースでも炒めるとその特徴が丸まって鋭さやキツさが薄まる、
それがこの「プルダックポックンミョン」でも起きたように感じました!

カップ版は一口食べると唐辛子の持つ風味がゴリゴリと舌にやってきて、
その辛さも突き刺すようにストレートにガツンとやってくるのですが、
袋版はよくよく味わうと味の構成そのものはカップ版とほぼ同じながら、
その味の各要素がダイレクトに攻めてくる感じが弱いのですよね!

「間違いなく激辛なんだけど丸みを持って伝わる」という感じです!

ただ辛味の強さそのものについては両者ともに同じだと感じました!

たしかにカップ版のほうがいろんな味が鮮烈に伝わってくるので、
体感的にはカップ版がよりキツく感じるというのはあるのですが、
辛味の強さそのものの違いに起因してる感じはしなかったですね!

舌に蓄積していく辛さだけで見るとどちらもほぼ同じでしたし!
あくまで「同じ辛さだけど感じ方が違う」というものだと思います!

◎ソースの味わい - 激辛・甘さ・鶏の3つが味の軸


辛さ以外の味わいですが・・・けっこう甘めの鶏系の醤油味です!(*゚◇゚)

このバランスについては袋版もカップ版も特に違いはありません!

ですが、それぞれの味の主張はやはりカップ版のほうがストレートです!
特にソースの持っている甘さはカップ版のほうがはっきり感じますね!

袋版はソースの甘さが全体の丸みや麺の風味などと交わっていて、
そうした総合的な味の一つとして顔を出してくる感じでしたからね!

やはり炒めると全体的に味の特徴のカドが取れた感じになるのでしょう!

鶏の風味はどちらも強く、激辛を前面に押し出してはいながらも、
ベースの旨味が強いので、単に辛さだけが主張する感はないですね!

◎ソースの原材料 - どちらも香辛料、鶏、砂糖、醤油の4つがメイン


今回食べた袋版とカップ版の原材料をそれぞれ見ていきましょう!

[プルダックポックンミョン 袋版(ソースの原材料)]


調味醤油(大豆を含む)、砂糖、チキンシーズニング、
チキン風味エキス(卵・乳成分を含む)、ハバネロシーズニング、
赤唐辛子シーズニング、植物油脂、玉ねぎ、唐辛子粉末、
赤唐辛子種子油、にんにく、唐辛子エキス、黒こしょう粉末、
カレーシーズニング、乳酸菌粉末

[プルダックポックンミョン カップ版(ソースの原材料)]


しょうゆ、チキンエキス、チキンシーズニングパウダー、砂糖、
植物油脂、ハバネロシーズニングパウダー、玉ねぎ、
赤唐辛子シーズニングパウダー、赤唐辛子、酵母エキス、
にんにく、黒こしょう、カレーシーズニングパウダー

表記の仕方が違うのは、単に輸入業者が違っているためでしょうね!
たとえばカップ版は前回食べたときと微妙に内容が違ってますしね!

それを除いて見てみると、袋版のほうが砂糖が少し多めで、
カップ版のほうが油脂が多め、違いはそれぐらいでしょうかね!

袋版になぜか乳酸菌粉末が入っているのが気になるところですが!

袋版のほうに砂糖が少し多いのはおそらく意図的なものでしょうね!
炒めることで甘さの主張が少し後ろに下がることがありますからね!

その分を補完する目的もあって、砂糖の量を多少増やしたのでしょう!
それでもストレートな甘さはカップ版のほうが強く感じたぐらいですが!

◎麺 - 袋版は太くもっちり感があり、甘さも感じる麺


麺についてはこれはもう明らかに袋版とカップ版で全く違います!

カップ版は中ぐらいの太さで、一定のもっちり感はありながらも、
「ごく普通のカップ麺の麺」と感じられる範囲に収まっています!

袋版と比べると多少ポソッとした歯切れのいい感じもありますし!
このあたりはやはり茹でるのと湯戻しで大きな差が出ていますね!

一方の袋版は麺単体のクオリティとして見れば圧倒的に上です!(`・ω・´)

韓国の袋麺は「太めでもっちり」が大きな特徴となってますが、
それを他の商品以上に突き詰めたと言えるような内容ですね!

かなりの太麺で、弾力も強く、もちもちとした粘り気も強い、
「いかにも韓国の袋麺らしいな」と思わせるものがあります!

一方でそれが袋版の食べやすさのもう一つの理由になってました!

これだけ麺が太いと、ソースに対する麺の主張が強く出ますし、
また麺そのものが小麦の持っている甘さを感じさせるのですよね!

なので、まず口に入れた段階でカップ版より少し丸まった味が来て、
さらに麺を噛むことによって麺の甘さがソースの激辛を緩和する、
この2つが相乗効果で袋版が食べやすくなっていたのですよね!

一方のカップ版は炒めないのでソースの風味がダイレクトに来て、
さらに麺の主張が弱いので、麺があまりソースを緩和してくれない、
それゆえにソースの個性が非常に真っすぐ感じられるのですよね!

◎麺量と栄養成分 - 袋版の脂質の少なさがポイント


袋版とカップ版の麺の量と栄養成分の違いも比較してみましょう!

[プルダックポックンミョン 袋版(麺量と栄養成分)]


麺の量 107.3g  カロリー 530kcal  脂質 7g

[プルダックポックンミョン カップ版(麺量と栄養成分)]


麺の量 51.5g  カロリー 280kcal  脂質 10g

麺の量は袋版がカップ版の2倍以上と、ボリュームは全然違います!
カップ版のボリュームが少なすぎると言えないこともないですが!

そして驚きなのが、袋版のほうが脂質がかなり少ないという点です!

普通に考えれば麺が油揚げ麺なので、麺量が多いほうが脂質は多いはずで、
それが逆転しているというのはソースの脂質に差があるからでしょうね!

実際にソースの原材料表記でもカップ版は油脂が多かったですからね!(*・ω・)

◎麺の原材料 - カップ版にのみ玉ねぎエキスが入るのが違い


今回は麺の原材料についても袋版とカップ版の違いを見てみましょう!

[プルダックポックンミョン 袋版(麺の原材料)]


小麦粉、植物油脂、小麦グルテン、食塩、緑茶風味オイル

[プルダックポックンミョン カップ版(麺の原材料)]


小麦粉、植物油脂、小麦グルテン、食塩、
調味玉ねぎエキス、緑茶風味オイル

どちらも添加物の項目に加工デンプンが記載されていたので、
実際にはデンプンも麺の原材料に加えられていると思われます!

さて、両者の原材料の違いは「玉ねぎエキス」にありますね!

カップ版はどうしてもソースとのなじみが弱くなるので、
それを補うために下味をつけているということなのでしょう!

◎具材 - 袋版もカップ版もごまと海苔のみ


具材はどちらも後入れのごまと海苔という構成になっています!
具材というよりは軽いアクセント用の薬味という感じですね!

ただごまのプチプチ感といい、海苔の持っている風味といい、
味が激辛だけにならないように上手く緩和はしてくれてますね!

もちろん麺量に合わせて、ふりかけの量は袋版のほうが多いです!

◎まとめ - 辛味の強さは同等ながら、明らかに袋版が食べやすい


最初にカップ版の「プルダックポックンミョン」を食べたときは、
「激辛だけど麺量が少ないので何とか押し切れた」感じだったので、
袋版は麺量が2倍、しかも今回はカップ版との食べ比べということで、
かなり苦戦するんじゃないかと思っていましたが、予想外に楽でした!

やはり袋版「プルダックポックンミョン」が思いのほか食べやすく、
これが量が多くても簡単にクリアできた最大の要因になりましたね!

炒める工程による鋭さの緩和、そして麺の甘さによる体感的な刺激の減少、
そうした効果がこれほどまでに大きく出るとはちょっと予想外でしたね!

ただ昨年11月頃にカップ版「プルダックポックンミョン」を食べたときより、
自分の辛さ耐性が少なからず上がっていたのも影響はしたでしょうね!

カップ版についても前回よりずいぶんと楽に食べられましたので!

もちろん袋版がカップ版よりも味としてはやや丸いとは言っても、
あくまで激辛耐性がかなりある人の感想であることに注意が必要です!

辛さに慣れてない人だと、どちらも間違いなくかなりの激辛なので、
量の多い袋版のほうが辛さが蓄積して耐えられない可能性もあります!

ただそこそこ激辛に強く、カップ版の「プルダックポックンミョン」を
すでに完食した人なら、袋版について警戒する必要はないと言っていいです!

量こそ多いものの、カップ版がいけた人なら袋版はまずいけるでしょう!

辛さ以外の点に目をやれば、麺の質が高いのは間違いなく袋版なので、
激辛ともっちり麺を両方楽しめるという利点もありますからね!

◎今後の展望 - 「辛さ2倍」や辛いと評判の「麻辣」はどうなるか


今回は自分としては思った以上の楽勝という結果になりましたが、
本当に厳しい戦いになるのはこれより上の辛さの商品でしょうね!

すでに「辛さ2倍」と「麻辣」の袋麺を入手しているので、
このあたりはかなり本気でかかる必要が出てきそうです!

ノーマル版だけが「プルダックポックンミョン」ではないですからね!

というわけで、「プルダックポックンミョン」袋版とカップ版の食べ比べでした!(゚x/)モギギリュリュッ

【関連記事】


プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ
プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ
チーズプルダックポックンミョン カップ版
プルダックポックンミョン カップ版

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

チーズプルダックポックンミョン カップ版

三養食品の「チーズプルダックポックンミョン カップ版」を食べました!
以前に紹介した「プルダックポックンミョン」シリーズの1つです!

チーズプルダックポックンミョン カップ版

日本語で「韓国風焼きそば 激旨辛・汁なし」と書かれているように、
激辛焼そばとして日本でもけっこう知られている韓国の商品です!

意味はプル=火、ダック=鶏、ポックンミョン=炒め麺となっています!
そのため「火鶏炒め麺」や「ブルダック炒め麺」と呼ばれることもあります!

前回と同じく、今回もカップ麺バージョンからの紹介となりますが、
実際には袋麺のほうがバリエーションも豊富なようなのですよね!

この「チーズプルダックポックンミョン」も袋版が存在してますしね!
袋麺も2種類購入しているので、それもまたいずれ紹介します!(=゚ω゚)

「ヴィレッジヴァンガード」ではけっこう広く扱われているので、
このシリーズを購入する際はヴィレヴァンが最もオススメですね!

基本の「プルダックポックンミョン」はスコビル値が4404SHUですが、
こちらの「チーズプルダックポックンミョン」は2323SHUとほぼ半分ぐらいです!

実際には袋麺版の数値なので、カップ麺版も同じなのかは少々謎ですが、
いずれにしても基本のバージョンよりも辛くないのはたしかでしょう!

本来は標準である「プルダックポックンミョン」からスタートして、
そこから徐々に辛さを上げていくという流れがいいとは思うのですが、
この商品も同時に買っていたので外すというわけにもいかないですし、
袋麺2商品に入る前にとりあえずこちらを食べることにいたしました!

たっだ2323SHUといっても、決して低い数字ではないのですよね!

過去に紹介した日本の激辛カップ麺シリーズの「すこびる辛麺」でも、
最も辛かったもので1800SHUと、この商品を下回っていますからね!

チーズプルダックポックンミョン カップ版(内容物)

◎内容物 - かやくは後入れのみ


液体ソースと後入れかやくという構成は今回も変わりません!

湯戻し時間は4分で、湯切り口のところを箸で破っておき、
そこからお湯を捨てるというシステムになっています!

縦型カップなので、お湯を捨てる際に少々注意が必要ですが!
フタをめくりすぎるとやけどの危険があるので注意しましょう!

チーズプルダックポックンミョン カップ版(できあがり)

おっ、今回は後入れかやくにチーズパウダーが入っていますね!
その分だけ基本の「プルダック~」よりは見た目は少し派手です!

◎ソース・チーズ - 辛口ながらもチーズでかなりまろやかに


まずは基本の味ですが・・・チーズの主張はほどほどの強さですね!(●・ω・)

原材料で見ると、ソースだけでもチーズが多く入ってるようですが、
体感的には基本の「プルダックポックンミョン」に近い味が強く出てきます!

韓国料理らしい甘いまったり感と、かなり強めの唐辛子系の辛さ、
そしてベースとして鶏の旨味がしっかりと主張してきますね!

チーズの存在感も皆無ではなく、ちょっとしたまろやかな風味と、
それに付随してふわっとした発酵臭が上がってはくるのですよね!

ただ意識しないとそこまで気付くような強さでもないのですが!

これはソースに含まれるチーズの主張が控えめだからというよりは、
それ以上に辛さやまったりした甘さの存在感が強いからでしょうね!

そして後入れかやくをまぜると・・・一気にチーズの風味が強まります!(`・ω・´)

やはりこの商品のチーズ感の主役は後入れチーズパウダーですね!
ソースのチーズと違って、こちらははっきりとした存在感があります!

風味についてはパルメザン系の粉チーズに近くはありますが、
あの風味をもうちょっとマイルドでクセをなくした感じです!

チーズらしい風味とまろやかなクリーム感がある感じですね!

もともとの辛さは標準の「プルダックポックンミョン」の半分ぐらいのうえに、
そこに体感的な辛さを緩和する効果を持っているチーズが加わるので、
やはりノーマルの「プルダック」に比べると食べやすさは上がってます!

チーズの風味と甘辛い韓国醤油系の味も相性はいいですからね!

韓国系の味とチーズの相性の良さは最近かなり流行している
「チーズダッカルビ」がその証左にもなってもいますからね!

味のバランスで言うと、まったりした甘い醤油味やチキンの風味は
チーズの中でも生きてますが、存在感は標準版よりは下がりますね!

その分だけチーズの持っているまろやかさが前面に出てくる感じです!(*゚ー゚)

辛さはもちろん標準の「プルダックポックンミョン」よりはかなり弱いですし、
ペヤング END」あたりと比べても軽めの辛さではあるのですが、
なめてかかるとノックアウトされるだけの強さは十分持ってます!

辛いものが苦手な人が手を出すと一発でやられる辛さはありますし、
辛いものが好きで、激辛系焼そばにも挑戦したいと思ってるけど、
「ちょっと手加減したバージョンから攻めてみたい」というような、
そういうときはこのチーズバージョンから入るのがいいでしょうね!

量があまり多くないというのも、食べやすさにつながってますからね!
この商品の量の少なさは、お試し的な購入に向いてはいるのですよね!

◎ソースの原材料 - チーズを軸に鶏や唐辛子が絡む


ソースの原材料はチーズシーズニング(乳成分・卵を含む)、砂糖、
調味醤油(大豆を含む)、チキンシーズニング、植物油脂、ハバネロシーズニング、
赤唐辛子シーズニング、玉ねぎ、にんにく、唐辛子エキス、唐辛子粉末、
黒こしょう粉末、カレーシーズニング、乳酸菌粉末となっています!

チーズを中心に甘さ、醤油、鶏の3つが中心になってるのがわかりますね!
唐辛子に関してもハバネロによってガツンと来る辛さが出されています!

ノーマル版の「プルダックポックンミョン」と比較してみましょう!

[基本のプルダックポックンミョン]


醤油、砂糖、チキンエキス、チキンシーズニング、
ハバネロシーズニング、赤唐辛子種子油、酵母エキス粉末、ニンニク、
うまみ調味料、でん粉、黒胡椒粉末、カレーシーズニング、増粘多糖類、
着色料(パプリカ粉末)、調味料(核酸等)、香料

醤油、砂糖、チキンが主役なのは共通していて、唐辛子に関しても
ハバネロと一般的の赤唐辛子のミックスである点は変わりませんね!

玉ねぎはこの「チーズプルダックポックンミョン」でのみ表記が見られます!

面白いのはどちらもカレーシーズニングが入っている点ですね!

このカレー風味は食べている限りはほとんど感じないのですが、
香りを嗅いでみるとたしかにスパイシーな香りはするのですよね!

要するに全体にカレーの風味をつけるために入ってるというより、
唐辛子一辺倒にならないように、スパイスの風味に広がりを持たせる、
どうもそういうような香りの広がりのために入っているような感じですね!

◎麺 - やや太めのもっちりとした油揚げ麺


麺は太めでけっこうもっちりとしてプリ感もある油揚げ麺です!
韓国のカップ麺の麺の質もずいぶん上がったなぁと思いますね!

以前の韓国のカップ麺の麺はごわついているイメージでしたが、
この麺に関してはそういう不自然なごわつきはなかったですし!

一つの麺として十分にもっちり感が楽しめるものになってました!(*゚◇゚)

◎麺の原材料 - 小麦グルテンでコシを強化


麺の原材料は小麦粉、植物油脂、小麦グルテン、食塩、
調味玉ねぎエキス、緑茶風味オイルとなっています!

標準の「プルダックポックンミョン」は小麦粉、でん粉、植物油脂、
食塩、オニオンエキス、緑茶風味オイル、増粘剤(グルテン)、
乳化剤、かんすい、着色料(V.B2)、pH調整剤となってるので、
こうして見比べてみるとけっこう根幹から大きく違ってますね!

標準の「プルダックポックンミョン」はでん粉によってコシを強化している形でしたが、
「チーズプルダックポックンミョン」はグルテンを多く加えることでコシを加えています!

ただ標準の「プルダックポックンミョン」も増粘剤としてグルテンが入ってはいますが!

標準の「プルダック」ではなぜか添加物も麺の原材料に含めて書かれてましたが、
こちらの「チーズプルダック」では添加物は別のところに書かれていました!

ちなみに日本の商品も添加物は後ろのほうにまとめて書かれています!
なので、表記としては今回のチーズ版のほうがそれに近いですね!

◎麺量と栄養成分 - 麺が汁なし系としては非常に少なめ


麺の量は51.5gと少なめで、カロリーは280kcalです!
脂質は10gで、麺の量が少ないので脂質も少なめですね!

麺量は標準の「プルダックポックンミョン」と全く変わりませんね!

具材はチーズパウダー、ごま、刻み海苔となっています!

ごまと海苔という構成は標準の「プルダックポックンミョン」と同じです!
ただし今回はチーズパウダーのほうが明らかに比重は大きいです!

チーズパウダーに関しては具材というよりはソースの一部ですね!
全体のチーズ感を高めるという点で非常に大きく貢献していました!

刻み海苔は全体に埋もれてしまってその存在感はかなり希薄でしたが、
ごまはそのプチプチとした食感がけっこうアクセントになってました!

ちょっと食感が硬めだったのが気になるところではありましたが!

◎まとめ - 「プルダックポックンミョン」らしい激辛ながら食べやすい仕上がり


「プルダックポックンミョン」らしい甘い鶏風味で激辛もしっかり効いていますが、
やはり標準のバージョンに比べるとまろやかな風味で食べやすかったですね!

また麺量が少ないのでペロリと食べられるという要素もあるので、
このシリーズの入門編として位置付けるのが最も良さそうですね!

「プルダックポックンミョン」シリーズに手を出してみるなら、
まずはこの商品から入ってみるのが最も無難ではあるでしょう!(゚x/)モキー

【関連記事】


プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ
プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ
チーズプルダックポックンミョン カップ版
プルダックポックンミョン カップ版

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

プルダックポックンミョン カップ版

三養食品の「プルダックポックンミョン カップ版」を食べました!
韓国の激辛焼そばとして日本でも密かに人気となっている商品です!

この「プルダックポックンミョン」にはいろんなシリーズがあります!

基本的には袋麺がメインで、袋では標準版や辛さ2倍などもあり、
またカップ麺版でもチーズ味などのバリエーションが売られてます!

日本では「ヴィレッジヴァンガード」が最も入手しやすいでしょう!
自分も「ヴィレヴァン」でこのシリーズをいくつか買ってきました!

とりあえずその第1弾としてこのカップ麺版を食べることにしました!

ペヤング END」以来、激辛への情熱が再び強まりつつありますしね!
この商品を買いに行ったのも「ペヤング END」がきっかけでしたし!

プルダックポックンミョン カップ版

カップには日本語で「韓国風焼きそば 激旨辛・汁なし」と書かれてます!

「プルダックポックンミョン」と言われてもどんな味かわからないので、
日本でもわかりやすいように商品の特徴を名前にしているのでしょう!

プル=辛、ダック=鶏、ポックンミョン=炒め麺という意味になっていて、
「ブルダック炒め麺」、「火鶏炒め麺」といった呼称でも呼ばれています!

辛さでは「ペヤング END」と同等もしくはそれより上と言われており、
辛さを示すスコヴィル値としては4404SHUとなっているようです!

この数字はタバスコそのものよりもいくぶん高い数字になります!(*゚◇゚)

日本のカップ麺でもスコヴィル値を表記したものが少しありましたね!

その中で特にスコヴィル値が高かったものをピックアップすると、
とんがらし麺 BIG 激辛ジャークチキン味」が880SHUとなっていて、
すこびる辛麺 激辛牛だしチゲラーメン」が1800SHUとなっています!

この商品の4404SHUがカップ麺としてはかなり高いのがわかりますね!

ちなみにこちらの商品にはハラル認証マークがついています!
なので、イスラムの人でも一応問題なく食べられるようです!

プルダックポックンミョン カップ版(内容物)

◎内容物 - かやくは後入れのみ


内容物は液体ソースと後入れかやくとなっています!

お湯を入れて4分経ってから湯切り口からお湯を捨てる方式ですが、
湯切り口は△マークのところに自分で箸を突き刺して開けましょう!

お湯を入れる前にフタの裏側から指で開けたほうが楽っぽいですが!
日本のカップ焼そばに比べると、ずいぶんと原始的ではありますね!

ちなみに普通にお湯を捨てようとすると手がちょっと熱くなるので、
湯切り時はフタの開け口とカップの底の2つを持ちながら捨てましょう!

プルダックポックンミョン カップ版(できあがり)

具材は後入れかやくのみなので、見た目は非常にシンプルです!

◎ソース - 激辛ながらも甘みも強い鶏風味のタレ


まずはその味ですが・・・かなり激辛かつ甘い鶏風味のタレですね!(●・ω・)

「ペヤング END」など「ペヤング 激辛」系のソースも甘めですが、
この商品のソースはそれと比べても明らかに甘さが強いですね!

でもって、そのあたりが韓国系の激辛料理っぽい感じもしますね!

韓国料理の辛いものって、甘さもけっこう強めなことが多いですしね!
そもそも辛味調味料であるコチュジャンも甘さがかなり強いですし!

というか、この商品のモデルになっているプルダックという鶏料理が
もともとこうした甘くて辛さもある味付けになってるのでしょうね!

そんなかなり甘めの醤油味に鶏系の旨味がベースを支えている、
なので「旨辛」という印象を強く与えるタレではありますね!

甘さの強さも手伝ってか、ベースの風味や旨味を強く感じるのですよね!
これがこの商品が「辛いだけで旨味がない」とは言われない理由なのでしょう!

トータルとしてのシャープさでは「ペヤング END」のほうが上ですしね!

「ペヤング END」でも自分としてはそこそこ甘さは感じるのですが、
この「プルダックポックンミョン」はそれ以上に甘さを際立たせてますからね!

◎辛さ - 「ペヤング END」に匹敵する韓国でも随一の辛さ


そして重要な辛さですが・・・たしかにこれはかなりの激辛です!(=゚ω゚)

この商品と「ペヤング END」の辛さの比較は少々難しいですね!

「ペヤングENDよりも辛い」と評する人もけっこう多くいる一方で、
「プルダックはいけるけどペヤングENDは辛すぎる」という人もいます!

これは後述する麺の量の少なからず関係しているとは思いますが!

自分の体感的には「ペヤング END」より少し食べやすかったです!

「ペヤング END」は3・4口目の段階で頭の毛穴が完全に開きましたが、
「プルダックポックンミョン」は毛穴は開くものの汗だくにならなかったですし、
鼻が出たり涙が勝手に出てくるということは特になかったですからね!

ただ食べ終わった後に数分ほど舌に辛さが残るだけの強さはありましたね!
このあたりは「ペヤング END」を食べたときにも同様の現象はありましたが!

なので、それなりに「ペヤング END」を耐えて完食できた人であれば、
こちらの「プルダックポックンミョン」も食べられると思いますね!

ただ「ペヤング END」で、つねに水や氷を口に含んでいないと厳しい、
それぐらいに刺激と戦った人はやはりこちらも大変な戦いになります!

あくまで自分はそれなりに激辛系の経験をこれまでに積んでいるので、
「ちょっと辛さに強い」ぐらいの人は手を出さないほうがいいですね!

基本的には「ペヤング END」と同列に並ぶぐらいに強い辛さですので!

◎ソースの原材料 - 鶏、醤油、唐辛子の3つが軸


タレの原材料は醤油、砂糖、チキンエキス、チキンシーズニング、
ハバネロシーズニング、赤唐辛子種子油、酵母エキス粉末、ニンニク、
うまみ調味料、でん粉、黒胡椒粉末、カレーシーズニング、増粘多糖類、
着色料(パプリカ粉末)、調味料(核酸等)、香料となっています!

この中でちょっと印象的なのが「カレーシーズニング」ですね!
ただ食べていてカレーっぽい風味は特に感じなかったのですが!

あくまで隠し味的にスパイスを加えているような感じなのでしょう!

◎麺 - 韓国カップ麺らしい中太の油揚げ麺


麺は中太ぐらいでもっちりとした質感のある油揚げ麺となっています!
このあたりの太さや麺の食感はいかにも韓国のカップ麺らしいですね!

以前の韓国のカップ麺は食感がごわつくことが多いかったですが、
この商品に関してはそうした印象は全く抱かなかったですね!

韓国のカップ麺の麺そのもののクオリティの向上もあるでしょうね!(*゚ー゚)

「ペヤング END」とこの「プルダックポックンミョン」との辛さの
体感度の違いはこの麺の違いによる部分も大きいです!

まず一つは麺が太いことで、麺の甘みがけっこう出てくるところです!
その分だけタレの辛さを強烈さを緩和する効果があるのですよね!

そして最大の違いはこの商品の麺量がかなり少ないという点なのですね!

麺量は51.5gで、汁なし系商品としてはずいぶん少なくなっています!
カロリーは280kcal、脂質は10gで、こちらもあまり高くはないですね!

ある程度のレベル以上の激辛系って、最初の数口で辛さが蓄積してきて、
中盤以降はその舌に残る辛さの上にさらに辛い味のものを乗せていく、
この作業が食べ進めるのを厳しくさせるというところがあるのですよね!

ですが、量が少ないと舌への辛さの蓄積がそこまで大きくならないので、
「辛さが残る舌にさらに辛さを乗せる」という段階にまで達する前に
完食できてしまって意外と楽に食べられてしまうということがあります!

「ペヤング END」を早食いだと意外といける人が多いのも同じでしょう!

自分はこの「プルダック」は舌に辛さが蓄積しきる前に食べ終えたので、
それが「ペヤング END」よりずいぶんと楽に感じた理由でもあります!

◎麺の原材料 - 緑茶風味オイルが個性的


麺の原材料は小麦粉、でん粉、植物油脂、食塩、オニオンエキス、緑茶風味オイル、
増粘剤(グルテン)、乳化剤、かんすい、着色料(V.B2)、pH調整剤となっています!

「緑茶風味オイル」が練り込まれているというのが面白いですね!

また原材料表記が日本と異なっているところがいくつかありますね!

日本は「かんすい」などは添加物という扱いになっているので、
麺の原材料には含めず最後にまとめて書かれる方式なのですよね!

でもこの商品の場合は添加物でも麺に使ったものは麺の項目に、
スープに使ったものはスープの項目に書かれる形になってます!

pH調整剤などが麺の原材料に含まれているのはそのためですね!
日本のカップ麺だとこれらのものは最後にまとめて書かれますので!

◎具材 - 海苔と白ごまの後入れふりかけのみ


具材は海苔と白ごまという極めてシンプルな構成となっています!(`・ω・´)

どちらも具材というよりは、ちょっとした風味を加えるものですね!

ごまは香ばしく、鶏風味の甘めのタレの香ばしさをより引き立てます!
海苔についても味が単調にならないように風味を加えてくれてますね!

甘めのタレっておいしく感じる一方で飽きやすくもありますからね!
そのあたりを一定程度引き締めるという効果を与えているのでしょう!

◎まとめ - 激辛ながらも量が少ないので意外と押し切りやすい


「かなりの激辛だけど量が少ないので意外と簡単に食べられてしまう」、
今回の「プルダックポックンミョン」の感想を簡単にまとめるとこういう感じでした!

「プルダックはいけるけどペヤングENDは無理」という人がいるのも、
おそらくこの麺量の少なさが関係しているケースが多いでしょうね!

ただこの「プルダックポックンミョン」は決してこれだけで終わりません!

これと同じ辛さの袋版は麺量がこのカップ版の2倍以上もありますし、
「辛さ2倍版」も袋麺なので量が少ないということはないのですよね!

それを考慮すると「辛さ2倍版」は辛さと麺量がどちらも2倍になるので、
トータルとしての厳しさは4倍になるというふうにも言えますからね!

どちらの袋版も購入しているので、これはけっこう覚悟が必要でしょうね!

「プルダックポックンミョン」シリーズとの本当の闘いは今後にあると言えそうです!(゚x/)モギギュギュッ

【関連記事】


プルダックポックンミョン vs. ペヤング 激辛END 食べ比べ
プルダックポックンミョン 袋版&カップ版 違いを食べ比べ
チーズプルダックポックンミョン カップ版
プルダックポックンミョン カップ版

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/22発売 旨辛 海鮮ちゃんぽん

1/22発売の農心「旨辛 海鮮ちゃんぽん」を食べました!
韓国ラーメンのメーカーである農心が作っている商品ですね!

こちらの商品はセブン&アイ系列のみの限定となっています!

この商品に関しては発売週に入手できてはいたのですが、
先に紹介枠が全て埋まっていたので記事化が遅れました!

それでも紹介できないまま終わらなかったので良かったです!(=゚ω゚)

1/22発売 旨辛 海鮮ちゃんぽん

このところ農心が徐々にコンビニ系商品に進出してきてますね!
昨年にはファミマ系列限定の商品を出したこともありましたし!

そして今回は麺にかなり工夫を凝らした商品となってるようです!

韓国ラーメンは袋麺に関しては麺のクオリティが高いのですが、
カップ麺の麺はごわごわした感じになりがちだったのですよね!

そのあたりはどうも韓国のメーカー側も考えているみたいで、
麺の改善や工夫がカギになるという認識が見えてきますね!

1/22発売 旨辛 海鮮ちゃんぽん(内容物)

おっ、思っていたよりも具材のイカがたくさん入っていますね!
でもって、一つ一つのイカのサイズもけっこう大きくなってます!

具材についてはかなり進歩していると見ても良さそうですね!

1/22発売 旨辛 海鮮ちゃんぽん(できあがり)

韓国カップ麺は具材がさみしいという印象があったのですが、
これはそうした印象を覆すのに十分なものがありますね!

種類・量ともにしっかりと整っていると言っていいでしょう!

まずはスープですが・・・うん、韓国系らしい海鮮スープですね!(●・ω・)

すっきりとしながらも旨味が強く、遅効性の辛さが攻めてくる、
というのは韓国ラーメンの基本的なスタイルを踏襲していますね!

特にこの辛さの質が特徴的で、いきなり突き刺す感じではなくて、
最初はじわりと来ながら持続性が高くチリチリと辛さが続いてくる、
このあたりが韓国唐辛子による辛味の特徴と言ってもいいでしょう!

日本の激辛系カップ麺はひたすら刺すような辛さのものが多いですが、
こうしたじわじわと蓄積するタイプの辛さもまたいいのですよね!

そして主役である海鮮の風味ですが、これもけっこう強いですね!(*゚◇゚)

具材にわかめが入るので、わかめの旨味もかなり強く出ていて、
そこにイカなどを中心とした海鮮の旨味が重なってくる感じです!

また海鮮だけでなく、うま味調味料系の風味もかなり強めですね!
そのためちょっと旨味過多なぐらいに感じる人もいるかもです!

自分としてはこれはこれで韓国ラーメンらしくて良かったですが!

自分はもともと韓国の辛口海鮮系のラーメンがかなり好きなので、
そういう点からすると好みに合うタイプのスープではありましたね!

辛ラーメンなどの牛+椎茸のスープとはまた違った魅力がありますし!

スープの原材料は海鮮チャンポンパウダー、食塩、旨味ベースパウダー、
唐辛子調味粉、砂糖、調味醤油パウダー、香辛料、たまねぎパウダーです!

ちょっとこれはあまり参考にならない原材料になっていますね!

できれば○○エキスみたいな表記を並べてほしいのですが、
包括したパウダーの名前で記される形になっていますしね!

どうもちゃんぽん味+旨味というような組み合わせのようです!

麺は溝をつけてスープを絡みやすくした太めの油揚げ麺です!

この麺については間違いなく面白い麺と言っていいでしょうね!

溝をつけたとありますが、中心部だけやや厚みを高めて、
それによる段差で左右に溝を作ったような麺になってます!

どうしても太麺になるほどスープとの絡みは悪くなるので、
それを解消する手立てとしては悪くないものと言えるでしょう!(*゚ー゚)

それより印象的だったのは、麺の強いもちもち感でしたね!

厚みに差をつけることで、麺の戻りにくさなどを改善し、
ごわごわ感をなくし、もちもち感を上手く再現してます!

韓国ラーメンといえばもちもちとした麺が特徴なので、
その食感を再現するという点では大きく役立ってますね!

一方で油揚げ麺臭がけっこう盛大という弱点もありますね!

ここが解決すればもっと評価できる麺にはなるのですが、
それでもかつての韓国カップ麺の麺よりは遥かに上ですね!

やはり麺に対する安心感は徐々に上がってきていますね!

麺の原材料は小麦粉、でん粉、植物油脂、植物性風味油、
食塩、調味酵母エキス、小麦グルテンとなっています!

日本の麺といろいろ違うので、原材料も書いてみました!

でん粉が多めで、小麦グルテンを添加してるのが特徴ですね!

グルテンが増えると弾力が強くなりますし、でん粉の多さも
もっちりとした食感を演出するのに役立ってるのでしょうね!

麺の量は74gで、カロリーは392kcalとなっています!
脂質は13.5gで、比較的軽めの数字となっていますね!

具材はイカ、キャベツ、わかめ、きくらげ、チンゲン菜です!

イカは量も多く、日本の商品と比べても噛みごたえがあって、
食べたうえでの満足度という点ではかなりのものがあります!(`・ω・´)

キャベツやチンゲン菜はごく普通ですが量は申し分なく、
「野菜も楽しめるラーメン」という個性を後押ししてます!

わかめは普通の具材というよりは、麺を食べる際に
磯の香りを付加するような効果を見せてくれますね!

きくらげはコリコリとした食感のアクセントとなります!

麺の強めの油揚げ麺臭などの改善の余地も感じましたが、
トータルとしてはかなり頑張ってきている印象でしたね!

もともと韓国系のカップ麺に慣れてる人はもちろんのこと、
少し刺激的な味わいが欲しいときにも向いているでしょう!

もちろん辛さがそこそこ強いのでそのあたりは要注意ですが!

コンビニ向けの農心の新商品はチェックしないといけないですね!(゚x/)モキギュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/7発売 辛ラーメン キムチ Big Cup

2/7発売の農心「辛ラーメン キムチ Big Cup」を食べました!
なんとファミリーマート/サークルKサンクスの限定商品です!

まさか「辛ラーメン」系統の新作がコンビニ向け商品として、
しかも特定のコンビニ限定で出るとは予想してませんでした!

なので、見つけたときはどのような背景で出たものかわからず、
これが新商品なのかどうかすら判断がつかなかったのですよね!

その後もファミマとサークルKサンクスのみでよく見かけたので、
ファミリーマート系列のみの限定商品というふうに判断しました!(*゚ー゚)

2/7発売 辛ラーメン キムチ Big Cup

農心の商品はスーパー向けのものはけっこう充実してますが、
コンビニ向け商品は皆無と言ってもいいほどなのですよね!

ラーメン以外のご飯系商品はコンビニでもときどき見かけますが!

スーパーなら常時販売品として韓国系の味が好きな人が
固定ファンとしてリピーターになってくれるでしょうが、
商品の入れ替わりの激しいコンビニ向けの新作を出すには
ライト層に受け入れられる必要性が出てきますからね!

また、韓国メーカーの韓国ラーメンは本来は袋麺が主流で、
麺とスープ、具を一緒に煮込んで作るというスタイルなため、
麺も太麺が多く、カップ麺化に向かない側面があるのですよね!

そのため袋麺はもちもち感の強い質の高い麺が多く見られる一方、
カップ麺の麺はごわごわとしているなどして質に差があるため、
これもまたコンビニ向けとして展開する障害にもなっています!

日本の市場にも定着している「辛ラーメン」のアレンジ版なので、
一見するとそれほど注目点がなさそうにも見えるこの商品ですが、
そうした背景などにも目をやると意外に注目商品なのですよね!

コンビニ向けに奇抜な商品を作ってくる手もあったでしょうが、
様子見も兼ねてあえて基本に近い路線にしてきた感もありますね!

2/7発売 辛ラーメン キムチ Big Cup(内容物)

韓国ラーメンらしく粉末スープはカップの中に袋で入っています!
「辛ラーメン キムチ」ということでキムチも多く入っています!

ちなみに「辛ラーメン キムチ」はレギュラーカップとしても出てますが、
原材料などを見ると、この商品はそれの単なるビッグ版ではないようです!

なので、これはコンビニ向けの純然たる新商品と見て良さそうです!

2/7発売 辛ラーメン キムチ Big Cup(できあがり)

キムチラーメンらしく、キムチの量はなかなかのものがありますね!

まずはスープですが・・・これは大きな調整の跡が見られますね!(●・ω・)

従来の「辛ラーメン」カップのスープとはかなり違ってますね!

「辛ラーメン」は牛スープと椎茸の旨味の2つが鍵となってますが、
これはそのどちらの要素も入っていないので根幹がまず違います!

ただ、これはレギュラーサイズの「辛ラーメン キムチ」も同様なので、
「辛ラーメン キムチ」をもとにして考えると不自然なことではないです!

ただ、レギュラー版の味がキムチシーズニングと香味野菜だけで構成され、
原材料に動物系がないのに対して、こちらは豚骨系の要素が入っています!

ただし白濁したタイプではなく、澄んだタイプの豚骨スープですね!

あえて「辛ラーメン」特有の牛ではなく豚系をベースとしていることにより、
従来版よりも日本で受け入れられやすい味になってるのは間違いないです!

また、辛さに関してもいくぶん「辛ラーメン」よりも控えめですね!
これもコンビニ向け販売を意識しての調整なのはたしかでしょう!

それでいてキムチらしい発酵感を感じる旨味、にんにくなどの香味野菜の風味、
これらがガツンと効かされていることで韓国ラーメンらしさは明確に出ており、
韓国ラーメンとしての本格感と食べやすさの両立を上手く成し遂げています!

とりわけ深漬けキムチっぽい風味が強いのは面白いですね!
このあたりは日本のキムチ風味商品では見られない点です!(=゚ω゚)

また「味を練ってきた感」をはっきりと感じるのは面白いところですね!
単にいつもの味をそのまま出してきたわけではないのですよね!

スープの原材料は食塩、キムチシーズニング、砂糖、旨味ベース粉末、
豚骨シーズニング、唐辛子調味粉、醤油粉末、コチュジャン粉末、
にんにく粉末、胡椒、たまねぎ風味粉、生姜抽出物粉末となっています!

原材料の書き方が日本の商品とはけっこう違っていますね!
日本の商品はあまり「○○粉末」とは書かないですからね!

麺は縮れが強めでやや厚みのある中太麺となっています!

そしてこの麺なのですが・・・クオリティアップしてるではないですか!(`・ω・´)

ちょっと今回の麺は予想よりもずいぶんとよくできてましたね!

韓国系のカップ麺のネックは間違いなくスープよりも麺で、
それが普段購入を躊躇する理由にもなっていたのですよね!

規定時間まで待ってもごわごわとしていてほぐれにくさがあり、
どうしても日本のメーカーの麺とは差を感じていましたからね!

今回の麺もものすごくハイクオリティとまでは言えないのですが、
ごわごわ感やほぐれにくさはほとんど感じなかったのですよね!

ふたを開けて麺をまぜ始めた段階からその違いは顕著なもので、
もちもちとまでは言えないものの太麺らしい良さも感じられて、
この内容であれば十分に及第点は与えられるのではないですかね!

おそらくファミリーマートからも麺については注文があって、
クオリティアップが商品発売の前提条件になってたのかもですね!

最近は基本の「辛ラーメン」のカップ版は食べていないのですが、
おそらくまだこの麺と同じものは採用されていないはずですし、
ぜひとも他の商品もこのクラスまで引き上げてほしいですね!(*゚◇゚)

また、油揚げ麺臭に関してもそれほど気にならなかったですね!

韓国ラーメンの麺の中にはときどき油揚げ麺臭が強烈なものがあって、
それゆえにギブアップしてしまったことも過去にはありましたからね;

そうした問題が特になかったところもポイントが高いです!

麺の量は71gで、カロリーは379kcalとなっています!
脂質は13.7gで、やや低めといっていいでしょう!

具材は白菜キムチ、キャベツ、チンゲン菜となっています!

なんか農心の商品でキムチやチンゲン菜は珍しく感じますね!
この2つの具材は日本のカップ麺と遜色ないものとなっています!

ただ、どちらも具材としては脇役といった位置づけですが!

白菜キムチはまず量に関してはなかなかのものがあります!
これなら十分にキムチラーメンを名乗ることができますね!

食感は日本のカップ麺に入っているキムチよりはやや硬めで、
ふんわり感はあまりなく、しっかりとしたタイプの食感です!

ただ色を見てもわかるように、味は非常にリアル感が高いです!

日本のカップ麺のキムチがやや浅漬け的な風味であるのに対し、
こちらはもっと深く漬け込んだ風味となってるのが印象的です!

このあたりも韓国ラーメンらしい特徴と言っていいでしょうね!

韓国ラーメンらしさは維持しながら日本向けに風味を調整したり、
コンビニ販売に向けて麺のクオリティも改善をはかってくるなど、
コンビニ市場に向けた農心の本気を垣間見ることができましたね!

農心からすると特定のコンビニ向けなので流通量が安定しやすく、
今後もこうした商品が定期的に登場してくる可能性がありますね!

ある意味で今回は試験的な第1弾商品という雰囲気もありますし、
ちょっと今後の展開が気になってくるところでもありますね!

自分としては「辛ラーメン」風味の焼そばあたりを期待したいですね!
あの味は焼そばなどに応用してもなかなか上手くハマりますからね!

農心とファミマのコラボという、実に意外性抜群な一杯でした!(゚x/)モッキルー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

辛ラーメン 袋版

最も有名な韓国ラーメンである「辛ラーメン」の袋版です!

以前はけっこう頻繁にこれを食べていたのですよね!
自分の中では「ノグリ」と並ぶ二大韓国ラーメンです!

ただカップ麺を食べる頻度がずいぶん上がったことで、
このラーメンを含む袋麺を食べる機会が減っていました;

でもスーパーで安売りされていたのが目について、
ひさしぶりに食べてみようかと購入してきました!(*゚◇゚)

辛ラーメン 袋版

韓国ラーメンはカップでの展開もけっこう多いですが、
味で言うなら袋麺のほうが遥かに優れてるのですよね!

というのも、カップ版はしばしば麺に難があるのですが、
袋版は油揚げ麺ながらも太くてもっちりした食感があって、
麺の完成度がカップ版のものとは全く違っているのです!

また、韓国ラーメンは国内の即席ラーメンと少し違って、
具と一緒に煮込んで作ることで力を発揮するタイプです!

ちょっと煮込みラーメン的な側面が強いのですよね!

なので、あり合わせの野菜などを一緒に放り込んで、
具だくさんにして食べるとなかなか良かったりします!

辛ラーメン 袋版(できあがり)

入れた具は玉ねぎ、しめじ、ハム、卵の4つです!

煮込みの最後に溶き卵を流し入れて軽く固めて仕上げ、
食べる前に刻み海苔をかけるところまでが基本です!

野菜、魚介、肉系などもいろいろと入れられますが、
野菜のオススメは今回も入れている玉ねぎですね!

もやしとかだとちょっと水っぽくなりがちですが、
玉ねぎだとこのピリ辛のスープともよく合います!

しめじとハムは家に余ってたので入れただけですが、
きのこ類もハムも思っていたよりも合ってましたね!

どちらかというと、あまり水っぽくない野菜や
クセの強くない具を入れるのがいいと思います!(●・ω・)

スープは韓国系らしく牛系と干し椎茸がメインです!
韓国ラーメンって干し椎茸がよく使われるのですよね!

付属の具にも干し椎茸が入っていたりしますし!

牛系スープとはいえ、牛脂の主張はほとんどなく、
むしろすっきりとした牛スープとなっています!

牛をより強めた「ブラック」も発売されていますが、
自分としてはこちらのすっきり路線が好みですね!

また、見た目のとおり辛さはけっこうピリッと来ます!(`・ω・)

でもって、けっこうじわじわと残る辛さなのですよね!
ファーストインパクトよりも持続感が強い辛さです!

このあたりは韓国唐辛子の特徴なのかもしれません!

スープの原材料はビーフシーズニング、食塩、
調味シーズニング、香辛料、砂糖、粉末みそ、
唐辛子フレーク、豚骨シーズニング、粉末しいたけです!

麺はインスタントとしてはかなり太めの油揚げ麺です!
縮れは強めで、けっこうもっちりとした食感があります!

カップ版にあるようなゴワゴワ感はこちらは皆無です!

この麺が袋版辛ラーメンの大きな魅力の一つですね!
これだけ太めな麺ってなかなか他にはないですし!

しかしながら、同じ農心の「ノグリ」はもっと太いです!

牛肉ベースでアレンジの効きやすい「辛ラーメン」と、
海鮮ベースでより太麺の「ノグリ」という感じですね!

「ノグリ」を置いている店は非常に少ないですけども!

麺の量は108gで、カロリーは標準で507kcalです!
脂質は17.1gで、麺がけっこう多めなのが目につきます!

袋麺としては珍しくかやくもついているのですが、
ねぎ・干し椎茸・唐辛子などと内容は少なめです!

具というよりは風味を出す役割といった感じですね!

食べるのはたぶん2年ぶりぐらいだったと思いますが、
ひさびさに食べるとなかなかおいしいものですね!

今年の冬はときどき食べてみようかなと思います!(゚x/)モキルン

【関連記事】
辛ラーメン 袋版
ノグリラーメン(日本版)
辛ラーメンカップ 大バージョン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 即席麺 | ジャンル : グルメ

Paldo 海鮮王ヌードル

スーパーで安売りされていた韓国のカップ麺です!
「海鮮王」ということで海鮮系の韓国ラーメンです!

Paldo 海鮮王ヌードル

Paldoとありますが、これは韓国ヤクルトのブランドですね!
過去に「海鮮王カップ」というのを食べたことがあります!

韓国ヤクルトは韓国ラーメンメーカーの中では変り種で、
太麺が多い韓国ラーメンとしては珍しく細麺を使います!

なので、おそらく今回も細麺ではないかと思います!(=゚ω゚)

Paldo 海鮮王ヌードル(できあがり)

韓国のカップ麺らしく中に粉末スープの袋が入っています!

日本の縦型系では粉末スープが最初から入ってますが、
韓国のカップ麺ではたいてい別袋で入ってるのですよね!

さて、麺は極細麺というような細さではないですが、
他の韓国ラーメンの麺に比べるとけっこう細めです!

湯戻し時間は標準で4分ということになっていますが、
4分で食べるとむしろ少々やわらかいぐらいですね!

なので、3分ぐらいで食べても問題ないと思います!

他の韓国カップ麺は麺が太くてゴワゴワしがちなので、
湯戻し時間をあえて長くすることがよくありますが、
こちらはそれとは逆の特徴があると言っていいです!

一方で韓国カップ麺がやや弱点として持っている
油揚げ麺の香りの強さはこのラーメンにもあります!

ここがもう少しすっきりした風味になってくれれば、
よりスープの特徴が生かせるように思うのですが!(*゚◇゚)

麺の量は55.3gで、カロリーは418kcalとなっています!
脂質は15.5gで、麺の量の割にはやや高くなってますね!

この麺量なら400kcalを切るぐらいが理想なのですが!

スープも別に油脂を前面に出した路線ではないですし、
これは麺に含まれる脂肪分がやや多いのでしょうね!

一方のスープですが、こちらは非常にいいですね!(●・ω・)

韓国ラーメンらしいピリッと辛みのあるスープですが、
そこに様々な海鮮の風味がしっかり溶け込んでいます!

ピリ辛海鮮スープとしても十分に満足の行く味ですね!

スープの原材料を見ると食塩、砂糖、醤油粉末、唐辛子パウダー、
香味調味料、イカパウダー、えびパウダー、かにパウダー、
ミルクパウダー、シーフードパウダー、貝エキス、ガーリックパウダー、
玉ねぎパウダー、黒胡椒、こんぶ、しょうが粉末と入っています!

海鮮系だけでもいか、えび、かに、貝、その他シーフードと、
いろいろな旨味を取り込んでいるのが伝わってきます!

さらに具のわかめも海を感じる風味を与えてますね!

辛さと海鮮が好きな人ならこれは十分オススメできます!
扱ってるお店は少ないものの価格もけっこう安いですし!

具はキャベツ、いか、ねぎ、にんじん、わかめなどです!

以前は具がスープの下に沈むという欠点がありましたが、
その点が改善されたので具は食べやすくなっていますね!

量もそこそこありますし、具はけっこういいと思います!(*゚ー゚)

レベルの高い海鮮スープと弱点が改善された具という強みと、
まだまだ弱点の多い発展途上の麺という組み合わせですが、
トータルで見ると十分に食べる価値のある仕上がりですね!

麺が改善されれば大化けしそうなポテンシャルがあります!

いっそ日本向けバージョンは麺だけ日本のメーカーに
外注してしまってもいいのではと思ったりしますが!

ひさしぶりにけっこう満足度の高い韓国カップ麺でした!(゚x/)モッキュー

【関連記事】
Paldo 海鮮王ヌードル
Paldo 海鮮王ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

本場韓国 参鶏湯ラーメン

農心の「本場韓国 参鶏湯ラーメン」を食べました!
農心というと「辛ラーメン」で有名な会社ですね!(*゚ー゚)

本場韓国 参鶏湯ラーメン

農心のカップ麺が日本に進出してきたのは
たしか90年代の後半だったと思うのですが、
当時よりもデザインが洗練されてきましたね!

というか、日本向けのデザインになってますね!
この傾向はここ数年で強まってきた感があります!

最初の頃のデザインはハングル文字のみだったりして、
インパクト十分ながらも「何これ?」状態でしたから;

韓国ラーメンは袋麺はもっちりして非常にいいのですが、
カップだとちょっとごわっとした食感になるのですよね!

そのあたりがどう進化してきたのかも注目です!(●・ω・)

本場韓国 参鶏湯ラーメン(できあがり)

具、具がちょっと貧相すぎやしませんかね・・・(;・ω・)

具はねぎと鶏肉という組み合わせになってはいますが、
鶏肉はごく小さくてあまり味のしないのが3切れだけと、
ちょっとサムゲタンというにはさみしくなっています;

サムゲタンを打ち出すなら具の面でも鶏をどさっと
入れるぐらいのインパクトが欲しかったところですね!

さて、スープは鶏肉の旨味をそのまま引き出した感じで、
とろみもあってこちらはサムゲタンらしい仕上がりです!

ただ、ラーメンのスープとしてはやや優しい感じなので、
こしょうを一振りすると引き締まってさらに良くなります!

具はさみしいものの、スープには力が注がれてますね!(=゚ω゚)

原材料はサムゲタンベース粉末(砂糖、食塩、鶏肉、その他)、
食塩、ガーリックパウダー、しいたけ粉末、砂糖、調味醤油粉末、
でん粉、胡椒、生姜エキス粉末、高麗人参粉末となっていて、
どこか薬膳料理っぽい雰囲気も漂わせる組み合わせですね!

よく見ると鶏肉は「サムゲタンベース粉末」内のみにあって、
スープ以外の原材料に味付小麦たん白があったのですが、
もしかして具の鶏っぽいものってこれだったのですかね!

だとすると、噛んでも鶏の味がしなかったわけですよね;
具としての鶏はそもそも最初から入っていなかったのです;

鶏は全て粉末としてスープに注ぎ込まれていたようですね!(*゚◇゚)

そして麺ですが、韓国ラーメン的なごわごわ感はありますが、
麺が細いこともあってそれほどネガティブな印象はないです!

やや油揚げ麺の香りが強いという弱点はありますが、
食感がもちっとしていて意外に仕上がりはいいです!

でもって、ごわっと硬い感じもほとんどしないですね!

麺についても少しずつ改善されてきてるのかもです!
油揚げ麺の香りがもう少し弱まるとさらにいいのですが!

麺の量は59gで、カロリーは304kcalとなっています!
脂質は10.3gで、かなり軽めの数字となっていますね!

しかし59gって、ずいぶんとバランスの悪い数字ですね!
あまりキリのいい数字を意識しないのかもしれません!

スープは個性もあってクオリティもなかなか高く、
麺も以前に比べると良くなってもちもち感もある、
やっぱりあとは具の充実があってほしいですね!

買った価格はおそらく100円ぐらいだったはずですが、
価格帯を少し上げて具を調えたほうが良さそうです!

ここに鶏がどさっと入るとそれだけで化けそうですし!

ちょっとスープと具のギャップが激しいカップ麺でした!(゚x/)モキリリッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップ麺 | ジャンル : グルメ

旨 韓国牛骨しおラーメン

辛ラーメンやノグリラーメンを作っている韓国の農心の商品です!
ちょっと売り場で目立っていたので手を伸ばしてみました!

旨 韓国牛骨しおラーメン(ふた)

日本のラーメンでは牛骨を使うことはあまりないので、
「牛骨」という響きだけでちょっと興味がわいてきますね!

たしか同じ農心の袋麺でも「サリコムタン麺」という
牛骨スープをメインにしたラーメンがあったと思います!

ただ袋麺の場合は具に何を入れるのか迷ってしまうので、
こうやって手軽に作れるカップ麺は気軽に買えますね!

旨 韓国牛骨しおラーメン(できあがり)

・・・と思って作ったら、具はねぎだけですか(´・ω・)

麺は辛ラーメンなどに比べるとやや細めですが、
でんぷんが少し多いためややもちっとした食感です!

ただ麺の太さが日本のカップ麺とほぼ同水準なのに、
麺の戻りがあまり良くないのは気になってしまいますね!
辛ラーメンあたりは麺が太いから仕方ないと思うのですが!

さて、スープは牛骨ということでかなり個性的です!
韓国ラーメンとはいっても辛さについてはほぼゼロです!

まったり感はとんこつに近いですが風味は全然違います!
でもこってりとした味が好きな人には向いている味ですね!
クリーミーですし、コクもかなりしっかりとしていますので!(*゚ー゚)

・・・ですが、実のところ完食するのがずいぶんとキツかったです;

食べてると油のにおいがあまりにも重くなってくるのですよね;

でも原因はどうもスープにあるようではないのですね;
スープの持っている油脂の重さとはコクの質が違っています!
それに過去に食べた袋の「サリコムタン麺」はここまで重くなかったですし!

では何かというと麺を揚げている油のにおいが異様に強いのです!
でもその数日後に食べた辛ラーメンは全く普通だったので、
これは別に農心の商品全てに当てはまるわけでもなさそうです!

おそらく麺の成分か何らかの理由でこの商品の麺だけが
揚げ油を過剰に吸いすぎているのではないかと思います!

もしかすると麺のでんぷん含有量が理由の1つとも思いますが、
そのあたりは専門家ではないのでちょっとわからないですが;
麺の太さのわりに戻りにくいのも油の量のせいかもしれないですし;

こういったこともあって、これはさすがに2回目はないですね(;゚◇゚)
食べた後にフライ麺を茹でるにおいがしてきただけで、
軽く吐き気がしてしまうほどまで行くとアウトです;

ちょっと農心にはこのあたりは改善してもらいたいと思います!
もともと農心は自分としても好きなメーカーですしね!

さすがに油大好きな人以外にはオススメしにくいですね!(゚x/)モッキュゥ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.