4/2発売 ペヤング 炒飯風やきそば

4/2発売のまるか食品「ペヤング 炒飯風やきそば」を食べました!
今度は炒飯が焼そばになるという変わり種商品の登場です!

商品名を見た瞬間にちょっと「???」となりましたが!(゚◇゚)

4/2発売 ペヤング 炒飯風やきそば

なんだかずいぶんとレトロなパッケージになっていますね!

この商品は「あみ印 炒飯の素」の再現商品でもあります!
どうもデザインもそれをある程度モチーフにしてるようですね!

外側を囲んでいる中華風のマークは「あみ印」のものと同じですし!

「あみ印 炒飯の素」は大学時代に関東にいた頃に使ったことがありますね!
そういえば関西では関東に比べると見かける頻度は少ない気がします!

このあたりは「あみ印」が関東のメーカーなのも影響してるのでしょう!

4/2発売 ペヤング 炒飯風やきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという普通の組み合わせです!
「炒飯の素」風ではあるものの、粉末ソースにはなってないです!

4/2発売 ペヤング 炒飯風やきそば(できあがり)

うん、具材に関してはたしかに炒飯らしくなってますね!
トッピングの仕方の関係で卵がオムレツみたいになってますが!笑

まずはその味ですが・・・おっ、これは頑張ってるじゃないですか!(●・ω・)

こういう商品はもとの料理に対するどこまでの再現を求めるのか、
またもとの料理にどういうイメージを抱いているかも関係しますが、
自分は一口食べた時点で「あ、炒飯の味だ」とすぐ思いましたね!

炒飯という視点で言うと、ご飯でなく麺なのがネックになりますが、
「ご飯だと思いながら味をイメージしてみよう」と思いながら食べると、
これは紛れもない炒飯だと思えるぐらいには再現がなされています!

ただ中華料理店などの本格的な炒飯だと、いかにしてほどよい油を
ご飯にコーティングさせるかが味の決め手となってくるのですが、
そういう点から見ると、これは本格派の炒飯とはまた少し違います!

あの絶妙の油でコーティングしたような香ばしさまではないですし!

なので、ここにあるのは「炒飯の素で作った家庭の炒飯の味」です!(=゚ω゚)

もともと「あみ印 炒飯の素」の再現カップ麺でもあるわけなので、
「炒飯の素で作った炒飯の味」を連想させることに成功してるのは、
この商品の開発コンセプトが当たっていることを示しているでしょう!

そのため、この商品を食べるときには中華料理店的な香ばしさを求めず、
炒飯の素らしい、胡椒がピリリと効いて、野菜などの旨味が絡みつつ、
ごま油の香ばしさが軽く付加された味をイメージするといいでしょう!

そういう点からすると、これは満額回答とも言える味になっています!

「あくまで家庭風炒飯」、そこを押さえればこれは十分楽しめます!

スープの原材料はしょうゆ、植物油脂、糖類、食塩、たん白加水分解物、
香辛料、かつおエキスパウダーといった組み合わせとなっています!

ほどほどの植物油脂に、かつおが少し絡むのが印象的ですよね!
このあたりも中華料理店のものとはまた違った趣があります!

麺はいつもよりいくぶん薄めの油揚げ麺となっています!

ペヤングはリニューアル以前は薄めの麺をよく使ってましたが、
リニューアル後は事実上麺がほぼ統一されていたのですよね!

それが最近になって、商品ごとの麺の違いが出てきました!
ちょっと薄いバージョンの麺が復活してきたのですよね!

薄めになることで麺単体の食感などのアピールが弱まって、
そのかわりソースとのなじみが良くなるという利点があります!

食感を求めるなら少し早めに湯切りするという手もありますね!

そして今回の炒飯風はこの麺も実は意外に活躍していました!(*゚ー゚)

炒飯と言えば、ご飯にいかにほどよく油脂を絡めるかが重要、
となれば油揚げ麺の持つ油脂感はプラスにはたらくのですよね!

麺としての主張を少し控えた食感に、油揚げ麺の軽い風味、
そこに炒飯の素を思わせる炒飯の風味が絡んでいくことで、
麺でありながらもなかなか炒飯らしさを演出していました!

なまじノンフライ麺だとこうはならなかったでしょうね!
控えめな食感の油揚げ麺だからこそという面も感じました!

麺の量は90gで、カロリーは523kcalとなっています!
脂質は27.3gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材はチャーシューチップ、卵、ねぎとなっています!

これはもう完全に炒飯を意識した具材と言っていいでしょう!(`・ω・´)

チャーシューチップはごく普通のカップ麺的なものなのですが、
炒飯の肉具材の再現という点では十分に機能してくれています!

そして炒飯の主役である卵とねぎはどちらも量が多くて、
しっかり全体とまじわって風味を高めてくれていますね!

具というよりは炒飯の演出役の一つといった感じですね!

あくまでこの商品は「あみ印 炒飯の素」の再現商品なので、
中華料理店で出てくるような本格派をイメージするのでなく、
「炒飯の素で作った家庭の炒飯」のつもりで食べましょう!

そうすれば「これはこれでいいじゃないか」と思えるでしょう!

お好みで作る際に胡椒やごま油をほんの少し追加したりしても、
この炒飯の良さを際立たせる効果を得られるかもしれませんね!

自分としてのこの商品はあと1回リピしようかと思いました!(゚x/)モッキーン

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/26発売 ピーヤング タイ風春雨 パッタイ味

3/26発売のまるか食品「ピーヤング タイ風春雨 パッタイ味」を食べました!
最近はペヤングシリーズからの新作が毎週のように出てきますね!

3/26発売 ピーヤング タイ風春雨 パッタイ味

今回はペヤング系の中でも「ピーヤング」からの新作となりました!
「ピーヤング」はペヤング系列の春雨商品を扱うブランドですね!

これが第3弾にあたりますが、新作の登場ペースはそこそこ速いです!(*゚ー゚)

第1弾が王道の塩胡椒味、第2弾が麻婆春雨と来たわけですが、
今回はタイ風春雨とちょっと意表を突く新作になりましたね!

3/26発売 ピーヤング タイ風春雨 パッタイ味(内容物)

例によって春雨は袋の中に入っているので出す必要があります!
春雨以外の内容物はかやくと液体ソースとなっています!

「やきそばソース」と書いているのが何とも妙な感じがしますが!
それを言えば「ピーヤングやきそば」という名前がまず変ですしね!

3/26発売 ピーヤング タイ風春雨 パッタイ味(できあがり)

海老がソースの色と同化してしまってあまり目立ちませんね!

まずはその味ですが・・・おぉ、なかなかタイらしさが強いですね!(●・ω・)

前回の麻婆春雨がいかにも日本向けなわかりやすい味だったのに対し、
こちらはタイ指向が強く、ある程度は人を選ぶ感もある味わいです!

そのかわりエスニック感を求める人でもけっこういけそうですね!

なんせペヤングはあの「パクチーMAX」を作ったメーカーでもあるので、
東南アジア路線の味わいに関してはけっこう強いのかもしれないですし!

自分は実際にタイのパッタイを食べたことがあるわけではないので、
どのような調味料で作られるのかをちょっと調べてみたのですが、
まずナンプラー、干し海老、にんにくなどが使われるようですね!

これはこの商品を食べて実際に感じる味とかなり重なってますね!

強めの魚醤の風味、そしてじわっと広がってくる海老の持つ旨味、
そしてガーリックの刺激がそこに重なるという味になっています!

さらにそこに具材でもあるニラなどの香味も重なることにより、
タイ料理らしい香味野菜のパンチも感じられるものとなります!

ただどうも実際のパッタイはもう少し酸味が強いのですかね!
材料を見ると酸味の強い具材がいくつか使われるみたいですし!

この商品は酸味はあまり強くなく、ほんのりとした甘みがあり、
また唐辛子系もそれほど強くないので、刺激は比較的控えめです!(*゚◇゚)

なので、パッタイの持っているコアな旨味の部分を維持しつつ、
刺激的な要素をある程度外して食べやすくした感じなのですかね!

お好みでライム果汁などを加えるとよりリアルになるかもです!

ソースの原材料はみそ、糖類、植物油脂、魚醤、食塩、えびエキス、
にんにく、チキンエキス、オニオンパウダー、香辛料となっています!

味噌をベースにタイ風の味付けを施した感じになっていますが、
それほど日本の味噌っぽい風味を感じさせられはしなかったです!

あくまでベースとして味噌風のものを使ったような雰囲気でしたね!

麺は「ピーヤング」シリーズらしく春雨となっています!

100%緑豆でん粉で作られたものほどプリ感重視ではなくて、
プリ感ともっちり感の両方を感じられるタイプとなっています!

この商品に関してはもう少しプリ感寄りが良かった気もしますが、
おそらく商品ごとに春雨を使い分けたりはしてないのでしょうね!

実際のパッタイとの最大の違いはこの麺と言っていいでしょうね!(=゚ω゚)

というのも、パッタイは本来はお米の麺を使って作りますからね!
それに対して春雨はでん粉の麺なので根本的な材料が違ってます!

このあたりは分かったうえでの「パッタイ風」なのでしょうけど!

ただ中華麺で食べるよりは東南アジアぽさがより伝わるので、
「ピーヤング」ブランドで作ったのは正解だとは思いますね!

麺の量は40gと少なめで、カロリーは199kcalと軽めです!
脂質も2.1gとほとんど入っていないと言えるほどですね!

具材は海老、ニラ、もやしという組み合わせになっています!

これらの具材はそこそこパッタイに忠実と言えるようですね!

まず海老ですが、これが入ってくれているのはうれしいですね!
こうした主役級の具材が入っていると印象が全然違いますし!(`・ω・´)

ただ残念なのは、その海老のクオリティがあまり高くない点ですね;
プリッとした食感が弱く、軽く崩れてしまうような感じなのです;

それでも海老がそこそこ入るだけでもうれしいとは言えますが!

ニラはシンプルな具材というよりは、全体に味わいを加える役割です!
やはりニラが入ると香味が加わって味にアクセントがつきますからね!

特に今回の商品に関してはニラの味はいい効果を挙げてましたね!

もやしは少量ながらもシャキッとした食感を出してくれています!

タイでパッタイを食べた人がどのような感想になるかはわかりませんが、
原材料などを見るにそこそこ頑張ってくれたような感じはしましたね!

それゆえに魚醤の風味が苦手な人などは避けたほうがいいですし、
逆にエスニック感が好きな人にはオススメできそうですね!

東南アジア系のハーブ感は希薄なのでその点は食べやすいでしょうし!

魚醤と海老の旨味がしっかりと堪能できる一杯でございました!(゚x/)モッキュイ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/19発売 ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば

3/19発売のまるか食品「ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば」を食べました!

ピリ辛で野菜炒め風、ちょっと味のイメージが湧きにくいですね!
野菜炒め的な風味に唐辛子系の辛味が絡む形になるのですかね!

ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば

麺の上にたっぷりと野菜が乗っているデザインが印象的ですね!
少なくとも野菜がたくさん入るのが鍵になるのは確かそうです!

それにしても最近のペヤングはほんと新作がよく出ますね;
おかげでちょっと入手しにくいケースがチラホラと出てますが;

この商品も阿倍野のヨーカドーで何とか手に入れたものですし!

来週は「ピーヤング」の新作が出ますがまた少々てこずりそうですね(;゚ω゚)

ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースというシンプルな構成です!
かやくにはいろんな種類の野菜が入っているのが見えますね!

ペヤング ピリ辛野菜炒め風やきそば(できあがり)

あら、思っていたよりもさっぱりとしてそうな見た目ですね!

まずはその味ですが・・・シンプルな塩胡椒系の味わいです!(●・ω・)

最近出た商品で最も近いのは間違いなく「鉄分MAX」ですね!

原材料の構成を見比べるとちょこちょこと違いはあるのですが、
塩胡椒系の味に動物系を重ねるなどの基本形はおおむね近いです!

野菜炒め系のカップ麺というと、調味油などを使うことによって
炒め野菜の香ばしい風味を加えてくるということが多いのですが、
この商品には特にそうした炒め野菜っぽい雰囲気はないですね!

オーソドックスな塩胡椒系ににんにくを加えた塩だれ系の焼そばに
野菜をどさっと乗せるというシンプルな内容となっています!

なので、「炒め野菜風」かと言われるとちょっと疑問もありますが、
「野菜もたくさん入れた塩系焼そば」としてはなかなかいけますね!

そしてもう一つのポイントとなっているピリ辛系の要素ですが、
唐辛子系の風味が入ることもなく、ラー油も特に入ってないです!

なので、その手の風味を予想してるとちょっとズレはするでしょうね!

これはあくまでタレに胡椒が多めに含まれているという意味のようです!(*゚◇゚)

とはいえ、それも「塩胡椒味」と形容できる範囲に収まっているので、
意識していないと「あれ、何がピリ辛だったっけ」と感じるかもですね!

ソースの原材料はたん白加水分解物、植物油脂、糖類、しょうゆ、
食塩、ポークエキス、香辛料、チキンエキス、酵母エキスです!

ここでちょっと「鉄分MAX」のときの原材料と比較してみましょう!

[鉄分MAX]
植物油脂、たん白加水分解物、糖類、食塩、香辛料、しょうゆ、ポークエキス

今回のソースのほうがやや醤油が多く、鶏系が入っていますね!
ただ、それ以外の点についてはあまり大きな違いはないですね!

「鉄分MAX」も味に関してはシンプルな塩胡椒系だったので、
その基本線を維持して具材を変えた商品とも言えそうですね!

麺はペヤングらしい香ばしさのある中細の油揚げ麺です!

ただ、いつもに比べるといくぶん麺の厚みが控えめですかね!
それによって麺の食感がちょっと穏やかな感じになってます!

以前のペヤングでは、ときどきペラペラな麺が使われていましたが、
さすがにそのときの麺に比べればいつもの厚みのほうに近いですね!

ペヤングというと、つねに同じ麺を使うという印象がありますが、
どうも商品によって厚みなどは微妙に変えているのかもですね!(*゚ー゚)

「何かちょっと印象が違うなぁ」と感じることもよくありますし!

麺の量は90gで、カロリーは542kcalと意外に高いです!
脂質は26.0gと、そこそこの数字となっていますね!

具材はキャベツ、人参、もやし、きくらげとなっています!
肉系の具材は一切入らず、完全に野菜のみでそろっていますね!

さすが「野菜炒め風」と名乗るだけあって、具材の量は多いです!(`・ω・´)

ノーマルながらもシャキシャキとした食感が楽しめるキャベツ、
コリコリ感によって全体の食感にアクセントをつけるきくらげ、
ちょっとしっかり目の食感と風味で野菜らしさを高める人参、
そして野菜炒めに欠かせないもやしと組み合わせもいいですね!

なので、「野菜を楽しめる焼そば」としては十分なものがあります!

「野菜炒め風」ということで、ソースに炒め野菜感覚を持たせるなど、
香味の効いたタンメンを焼そばに落とし込む感じになるかと思いましたが、
特にそうしたひねりを入れずシンプルな塩胡椒系焼そばにまとめてましたね!

かといって、何か不満を感じさせる要素があるというわけではなく、
「野菜の多い塩系焼そば」としては十分に楽しめる一杯でしたね!

ピリ辛感を求めてしまった場合にはちょっと肩透かしになりますが!

野菜炒めというより、塩系焼そばを求めたいときに最適な一杯でした!(゚x/)モキユッ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/12発売 ペヤング 豚骨醤油やきそば

3/12発売のまるか食品「ペヤング 豚骨醤油やきそば」を食べました!
ここ最近のペヤングはハイペースで新作を投入してきますね!

3/12発売 ペヤング 豚骨醤油やきそば

金と黒のみという非常にシンプルなデザインとなってますね!
背脂MAX」などで使われたデザインと共通する面もありますね!

それゆえに食べる側としても期待度が上がってしまいますが!(=゚ω゚)

商品説明を見ると「超特選こいくちしょうゆとたまりしょうゆを
ベースに豚骨の旨みを付与」というふうに書かれていることから、
豚骨以上に醤油のほうに重点を置いた仕上がりなのですかね!

3/12発売 ペヤング 豚骨醤油やきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースというシンプルな内容になってます!
かやくの中身を見るとどうもラーメン向けのものになっていますね!

焼そばというよりは、ラーメンの汁なし版に近いのですかね!

3/12発売 ペヤング 豚骨醤油やきそば(できあがり)

うん、ビジュアルは焼そばというよりはまぜそばに近いですね!

まずはその味ですが・・・うおっ、これはかなり豚臭いですよ!(●・ω・)

ここで言う「豚臭さ」は決してネガティブな意味合いではなくて、
豚骨ラーメンの持ってる風味がしっかりとあるという感じですね!

もちろん豚骨ラーメンの豚臭さが苦手というような場合には、
この商品も避けたほうがいいということにはなりますが!

豚骨醤油の中でも和歌山ラーメン路線が最も近い感じですかね!

いわゆるマイルド系やまろやかさを打ち出した豚骨ではなく、
重厚な豚脂を軸にしながら豚の個性をガツンと引き出して、
そこに醤油でもって全体の風味を引き締めたような感じです!

でもって、「豚臭さ」といっても豚骨スープ的というよりは、
むしろ香りの強い豚脂を打ち立てたという印象が強いですね!

なので、豚骨ラーメンをベースにした焼きラーメン路線とも違い、
香りの強い豚脂をメインにしながらまとめたまぜそば的なものと
和歌山ラーメンにも通じる力強い醤油ダレが合わさった感じです!

「和歌山ラーメンをやや油そば的に汁なしにアレンジしたら、
ちょうどこんな感じになるんじゃないか」と思わせる内容ですね!

また濃口醤油とたまり醤油をタレに使っているということから、
醤油の風味がものすごく前面に出てるのではと思われるかもですが、
実はそうでもなく豚脂に対する下支え的な役割のほうが強いです!

豚脂だけだとギトギト感のある風味になってしまうところを、
このしっかりとした醤油が上手く引き締めている感じですね!(*゚◇゚)

なので、醤油辛さなどを警戒する必要はあまりないと言えます!

タレの原材料はしょうゆ、動物油脂、糖類、食塩、ガラスープ、
ポークエキス、植物油脂、たまねぎ、オニオンエキスとなってます!

こうして見るとやはり軸は醤油と動物油脂(主に豚)のようですね!
動物系エキスについてはどうも鶏と豚のミックスぽく見えますね!

「ガラスープ」と書くと普通は鶏がらのほうを指すでしょうし!

また玉ねぎの風味がけっこうアクセントになっていますね!

麺はいつもどおりのペヤングの麺となっています!

ペヤングの麺って、ときどき印象が変わったりしますが、
今回は食べたときの感じも普段のものと全く同じですね!

また、ペヤングの麺ってラードが使われているのが特徴で、
それが独自の香ばしさを与える効果もあったりしますが、
今回は麺のラードとタレの豚脂が合わさることによって、
いい具合に豚臭さを増強する相乗効果を見せていましたね!(*゚ー゚)

麺の量は90gで、カロリーは540kcalとなっています!
脂質は28.3gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材はメンマ、チャーシューチップ、ねぎとなっています!

一見すると「背脂MAX」のなるとをチャーシューに変えて、
あとはそのまま継承したという感じに見えなくもないですが、
個々の具材の量などに違いを見て取ることができますね!(`・ω・´)

まず特に目立っているのがメンマの量がすごく多い点です!

それによって「ラーメンの汁なし化」的な印象が強くなり、
さらにその強いコリコリ感がいいアクセントになっています!

むしろ新たに導入されたチャーシューのほうが存在感は薄いですね!
ちょっとハムっぽいような、そこまで肉感が強くないものですし!

また、ねぎも今回はややリアル系ぽさを帯びたものになってます!
なので、薬味的な乾燥青ねぎに比べるといくぶん甘みがありますね!

今回は薬味的なシャープさがあまり求められなかったのかもですね!

とにもかくにもその「豚らしさ」のアピール度が素晴らしく、
自分としては非常に気に入る仕上がりになっていましたね!

「豚骨はマイルド系がいい」という人には向かないですが、
豚骨は少々豚の香りが暴れるぐらいのほうがいいと感じるなら、
この商品についてもツボに入るのではないかと思いますね!

ドンキなどに流れて来たらリピート確実と言える一杯でした!(゚x/)モキルルル

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/26発売 ペヤング たこやき風やきそば

2/26発売のまるか食品「ペヤング たこやき風やきそば」を食べました!
その名前の通りたこ焼き味の焼そばとなっているようです!

2/26発売 ペヤング たこやき風やきそば

これは縁日の屋台あたりをイメージしたデザインなのですかね!

「たこ焼き」ってある程度焼そばに近いジャンルではありますが、
カップ焼そばの題材として使われることはほぼないのですよね!

ただ過去に「一平ちゃん」が「たこ焼味」でいいのを出しています!
それだけにこちらもペヤングに求めるハードルも高くなりますね!

2/26発売 ペヤング たこやき風やきそば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、後入れかやくとなっています!
後入れかやくには大量の揚げ玉と紅生姜が入っています!

どうもこのたこ焼き風揚げ玉がポイントになっているようです!

2/26発売 ペヤング たこやき風やきそば(できあがり)

揚げ玉の量の多さにはちょっと驚かされていますね!
「たこやき味」というより「揚げ玉焼そば」という感じです!

まずはソースの味ですが・・・言われてみればたこ焼きですかね!(●・ω・)

この「言われてみれば」がつくところが難しいのですが!

食べる前にソースの香りを嗅いだときの感触は良かったのですよね!

ちゃんとたこ焼きの生地を焼いている香りがつけられていて、
たこ焼きソースをそのまま再現しようとするのではなくて、
たこ焼きの生地+ソースという味わいの狙いが見えましたし!

ただ実際に食べてみると、そこまで一発では伝わらないのですよね!

「たしかに意識的に食べてみるとたこ焼きの味かな」という感じです!

もうちょっとたこ焼きの生地の風味の特性がダイレクトに
舌に伝わるような構成だったら印象も違ったかもですね!

とはいえ、一つのソース焼そばとしてはなかなか良かったのですが!(=゚ω゚)

とはいえ、たこ焼き味と銘打ってる以上それだけではダメですしね!

ソースの原材料はソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、植物油脂、
かつおぶしエキス、香味油、魚介粉末、ビーフエキス、香辛料です!

ビーフエキスが少し入るあたりはいかにもペヤングではありますが、
この中でとりわけポイントになっていたのはかつおぶしエキスですね!

たこ焼きではトッピングにかつお節を使うことが多いですので、
それをこのソースの味わいで再現する狙いがあったのでしょう!

そのためだしっぽい風味がしっかりと伝わってくるのですが、
トッピングにかつお節を入れたほうが良かった気はしますね!

ただ、最近は生地にいろんなだしを加えるたこ焼きが多いので、
ソースに風味をつける方法もあながち間違いではないのですが!

麺はいつものペヤングと思われる油揚げ麺となっています!

ただなぜか今回はいつもと多少食感が違うように感じたのですよね!
原材料の並びが同じなので、いつもと全く同じだとは思うのですが!

待ち時間を減らしたとか、そういったことは全くないのですが、
いつもよりいくぶん硬めでごわっとした食感がありましたね!

もしかして標準より麺量が多いのかと錯覚しかけましたし!(*゚◇゚)

麺の量はいつも通りの90gで、カロリーは563kcalとなっています!
脂質は25.7gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材はキャベツ、たこ焼き風揚げ玉、紅生姜となっています!

原材料表示では「たこやき風あげ玉」と「揚げ玉」表記になっていて、
商品説明は「たこやき風天かす」と書き方がばらけてるのですよね!笑

まずはキャベツですが、今回はいやに量が多くなっていますね!(*゚ー゚)

たこ焼きとキャベツってそこまで結びつく感じではないのですが、
焼そばということでシンプルにキャベツに力を入れたのでしょう!

下手に肉具材とかを入れるとたこ焼きらしさが抜けますからね!

そしてたこ焼き風揚げ玉ですが、これもまた難しい感じですね!(`・ω・´)

ソースを「言われてみればたこ焼き風」というふうに表現しましたが、
こちらも意識しないとたこ焼き風だとはあまり気付かないでしょうね!

細かく見るとたこ焼きに使われそうな具材が練り込まれているなど、
「たこ焼き風スナック菓子」的な工夫を見ることはできるのですが、
真剣にたこ焼き風かと考えると、ちょっと判断が難しくなりますね;

普通の揚げ玉よりはたこ焼きに近いということまでは言えますが!

なので、この揚げ玉が大量に加わってもたこ焼きらしさはそこまで増さず、
単に「揚げ玉が大量に入った焼そば」という雰囲気になってしまってます!

もっともこのサクサクした焼そばもこれはこれでおいしいのですが!

紅生姜は量も多く、なかなかいい刺激になってくれていましたね!

たこ焼きらしさという点では明らかに「一平ちゃん」が数歩リードで、
こちらはもう少し違ったアプローチも必要だったかなと思わされました!

揚げ玉だけでなく、アオサやかつお節などのトッピングを加えたうえで、
ソースの生地っぽさが強まるともっと面白みが出たのではないかと思います!

「たこ焼き」を名乗るにはもう一息かなと感じるところもある一杯でした!(゚x/)モッキー

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風

2/12発売のまるか食品「ペヨングやきそば 油そば風」を食べました!
先に紹介した「ペヨング 激辛やきそば」との同時発売ですね!

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風

むむ、このデザインは以前に出た「背脂MAX」とほぼ同じですね!
とすると、こちらのモデルはあの「背脂MAX」だと言えるでしょう!

ただ、「ペヨング 激辛」がペヤング版と味を変えてきたのを見るに、
こちらも「背脂MAX」をベースにしつつ方向性は変えてきてるかもです!

「背脂MAX」は非常にレベルが高かったのでこちらも期待したいですね!(`・ω・´)

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという構成となっています!
こちらのかやくはキャベツとは違った内容になってますね!

2/12発売 ペヨングやきそば 油そば風(できあがり)

具材が「背脂MAX」と同じだったので、並べ方も真似してみました!笑
仕上がりのビジュアルだけで言うと、ほとんど違いがわからないですね!

まずはその味ですが・・・あら、背脂MAXとは全く違いますね!(●・ω・)

背脂MAXは名前の通り、最初から最後まで背脂攻めだったのですよね!

一口目から背脂のコクと甘み、それ以降もそれは決して緩まず、
最後の最後まで背脂の旨さにどっぷり浸からせる味わいでした!

それゆえベースとなっている醤油ダレなどはサブの印象に近く、
背脂以外の要素が前面に出るようなことはなかったのですよね!

それに対してこちらは全体的に油脂がそこまで強くはないです!
油そばとしては、むしろ控えめなレベルの油脂と言えるでしょう!

そしてその分だけ醤油ダレの持っている特徴が前面に出てきます!

油脂をほどほどに効かせ、ややシャープさのある醤油ダレが出て、
それをちょっとした酸味によって引き締まった味に調えていく、
そしてにんにくを軽めに効かせることによってパンチも軽く出した、
「背脂MAX」とは対極的な実にオーソドックスな風味となってます!

油脂が控えめであるがゆえに醤油ダレがやや強めに出る点などは
エースコックの油そばと共通するような面も感じられはしますね!

ただ、さすがにエースコックみたいにとがった味ではないですが!(=゚ω゚)

「油そば」と聞いて連想する味わいの平均をとったような感じで、
基本的にやりすぎ感を出すペヤングとしては珍しくも感じますね!

どうせならもっと攻めてほしかったと思わなくもないのですが、
スーパー向け商品なのでわかりやすさを取ったのでしょうかね!

タレの原材料はしょうゆ、ラード、食塩、植物油脂、糖類、
ポークエキス、香辛料、香味油、醸造酢となっています!

一応「背脂MAX」の原材料とも比較してみることにしましょう!

[背脂MAX]
動物油脂、植物油脂、しょうゆ、ポークエキス、糖類、
チキンエキス、ガラスープ、食塩、でん粉、ガーリックペースト

「背脂MAX」が最初に油脂が2つとも並んでいるのに対して、
今回の「油そば」は最初に来ているのが醤油に変わってます!

また、ポークエキスの比重も「背脂MAX」のときより下がってます!
全体的に動物系よりも醤油の割合が高まってくることがわかりますね!

麺についてはいつものペヤングの麺と特に変わりはないですね!

そしてこの点こそが他社の油そばとの最大の違いとも言えますね!

一般的にカップ油そばには太麺が合わせられることが多いのに対し、
こちらはペヤングの麺なので、太さとしては中細ぐらいになってます!(*゚ー゚)

そしてペヤングの麺はラードの風味があることが特徴なので、
これがタレの持つ油脂感を後押しするような感じになってますね!

もちろんその分だけ全体的にスナック的な印象も強まってますが!

たまにはこうした中細麺の油そばも悪くないとは言えますね!

麺の量は80gで、カロリーは459kcalとなっています!
脂質は23.7gで、やはりそれほど高い数字ではないですね!

ちなみに「背脂MAX」は脂質44.7gで696kcalとなってました!
麺量は今回より10g多いですが、それでも尋常ではない数字です!

具材は「背脂MAX」のときと同じくメンマ、なると、ねぎとなってます!
「背脂MAX」が再現されているのはパッケージと具材のみと言えますね!

どれもラーメンとしてはおなじみの具材がそろえられていて、
メンマのコリコリ感とその味わい、醤油ダレに合うなるとの風味、
そしてアクセントをつけるねぎとタレとのバランスはいいですね!

やはり油そばはキャベツなどよりもラーメン的な具材が合いますね!(*゚◇゚)

どうしてもあの「背脂MAX」の強烈な印象が残っていたこともあり、
あえて普通に徹してきた今回の味は物足りない感じもありましたが、
それゆえに万人に好まれやすいバランスになってはいましたね!

普通にカップ油そばを楽しみたいときにはちょうどいいでしょう!(゚x/)モキュー

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば

2/12発売のまるか食品「ペヨング 激辛やきそば」を食べました!
「ペヤング 激辛」ではなく「ペヨング 激辛」である点に注意が必要です!

「ペヤング」の廉価系ブランドである「ペヨング」からの登場ですね!
そのため入手価格は100円前後と「ペヤング」シリーズよりも安いです!

しかしここ3週間のペヤングはずいぶんと気合が入っていますね!

先々週は「ピーヤング 麻婆春雨」、先週は「ペヤング 塩ガーリック」、
そして今週はこれを含めてペヨングの新商品が2つ同時に発売されます!

これだけペヤングが連続して新作を出してくるのは珍しいですね!

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば

なんだか韓国カップ麺のようなフォントになっていますね!
あえていつもとは違う雰囲気を漂わせる感じになっています!

そういえば「ペヨング」ってデザインがいつも横長ですよね!
フィルムをめくると結局いつもの縦型になってるのですが!

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという構成になっています!
かやくの袋のほうは普通に「ペヤング」と書かれています!

ソースのほうはちゃんと「peyong」になってるのですが!(=゚ω゚)

2/12発売 ペヨング 激辛やきそば(できあがり)

うん、廉価系商品らしいシンプルなビジュアルになってますね!

まずはその味ですが・・・お、「ペヤング 激辛」とはけっこう違いますね!(●・ω・)

「ペヤング 激辛」はその強い辛さもポイントではありますが、
それと同時にけっこう強めの甘さがカギになってるのですよね!

食べた瞬間にまず甘みがやってきて、それ追うように辛さが来る、
それが「ペヤング 激辛」ですが、そのバランスなどが違います!

こちらの商品は食べてすぐにやってくるのはウスターソースの風味です!

ウスターソースの持っているソース感と酸味がまずやってきて、
そこから一歩遅れて「ペヤング 激辛」的な甘さがやってきます!

そしてそれと同時にけっこう激烈な辛さが攻めてくる感じですね!

なので「ペヤング 激辛」をそのまま廉価版にしたというよりは、
「ペヤング 激辛」の要素を残しつつウスターソースでアレンジして、
ソース焼そばらしさをよりアピールする仕上がりになったと言えます!

おそらくそのソース感は基本の「ペヤング」と同じだとは思われますが、
ノーマルの「ペヤング」のソースの持っている甘さやまろやかさは
「ペヤング 激辛」に由来する甘さなどの後ろに隠れてしまってます!

そのためソース感は主に酸味などを高める方向に作用していますね!(*゚◇゚)

そこでソースの原材料を「ペヤング 激辛」と比較してみましょう!

[今回の商品]
ウスターソース、糖類、植物油脂、食塩、りんご、トマトペースト、
たん白加水分解物、香辛料、ポークエキス

[ペヤング 激辛やきそば]
糖類、たん白加水分解物、食塩、しょうゆ、醸造酢、ポークエキス、
植物油脂、りんご、香辛料、トマト、野菜エキス、でん粉

[ペヤング ソースやきそば]
ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、牛肉エキス、香辛料

ウスターソース、糖類から始まるのは「ソースやきそば」と同じですね!
一方でりんご、トマト、ポークエキスが入るのは「激辛」と共通しています!

このりんごの風味が「ペヤング 激辛」に近い甘さを演出しながら、
ウスターソースによってソース焼そばらしさも出しているようです!

こうして見ると両者のハイブリッド的な立ち位置なのが見えてきますね!

ペヤングらしく甘さは立てながら、「激辛」らしい辛さも強調する、
ただ「激辛」に入っているしょうゆを外してウスターを入れることで、
ソース焼そばの路線に近づけているというのがとりわけ印象的ですね!

ちなみに辛さに関しては「激辛」とおおむね同じぐらいだと思います!
もちろん辛いものが苦手な人は避けたほうがいいレベルではありますね!

麺はいつものペヤングらしい中細の油揚げ麺となっています!
少し細めな気がしないでもないですがおそらく同じ麺でしょう!

少なくとも原材料の並びに関してはいつもと同じになってます!

なので、ソースと麺のバランスはいつもの「ソースやきそば」や、
「ペヤング 激辛」のものとこれといって違いは感じないですね!

どのようなソースにも合う麺なので、相性なども全く問題ないです!(*゚ー゚)

麺の量はちょっと少ない80gで、カロリーは451kcalとなっています!
脂質は20.4gで、麺量が減った分だけこちらの数字も下がってます!

具材は廉価版らしくキャベツのみというシンプル仕様になっています!(`・ω・´)

以前のペヤングは個性的な鶏そぼろが入っていて良かったのですが、
最近はそのそぼろのクオリティが著しく落ちてしまってるのですよね;

鶏肉に大量のきなこをまぜて固めたような感じになってしまっていて、
鶏の味よりも粉っぽい大豆の風味ばかりを強く感じさせられますし;

なので、キャベツだけのほうが良く感じてしまったりもしますね!

またこの焼そばはかなり強めの辛さを持つ商品でもあるだけに、
キャベツの甘みがなかなかいい効果を発揮してくれますしね!

「ペヤング 激辛」の味をそのまま廉価版に応用するのではなく、
その甘さやフルーツ感に関しては継承しながらソース感を付与して、
「ペヤング ソースやきそば」と「ペヤング 激辛」を合わせたような、
第3の選択肢として成立しうる味にしてきたあたりは興味深かったですね!

ただ、さすがにバランス感では「ペヤング 激辛」が上だと感じますが、
これはこれで一つの「ペヤング」のあり方として成立していますね!

まぁ、厳密には「ペヤング」ではなく「ペヨング」ではありますが!

「ペヤング 激辛」+ウスターソースといった味わいの一杯でした!(゚x/)モキー

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/29発売 ピーヤング 麻婆春雨

1/29発売のまるか食品「ピーヤング 麻婆春雨」を食べました!
「ピーヤング 春雨」シリーズからの第2弾商品となりますね!

もちろん「ピーヤング」は「ペヤング」からの派生ブランドです!

1/29発売 ピーヤング 麻婆春雨

発売は「塩ガーリックやきそば」よりこちらが1週早いのですが、
自分が入手した時期の関係でこちらのほうが記事化が遅くなりました;

ただ、入手できないままにならなかっただけでも良かったですね!(=゚ω゚)

今回は「麻婆春雨」と超オーソドックスな味で展開してきましたね!
前回の塩コショウ系の味わいよりもこちらのほうがポピュラーですし!

次あたりに来るのは甘酢系の中華春雨サラダっぽい味わいですかね!

1/29発売 ピーヤング 麻婆春雨(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、袋に入った春雨となっています!
焼そばのときと違って、春雨を袋から出してあげる必要があります!

おそらくそのまま入れてしまうと輸送の際に崩れやすいのでしょうね!

1/29発売 ピーヤング 麻婆春雨(できあがり)

うん、いかにも麻婆春雨らしさあふれるビジュアルになっていますね!

まずはその味ですが・・・あぁ、日本向けっぽい味わいの麻婆春雨ですね!(●・ω・)

中華料理の本格派の麻婆豆腐の味付けを春雨に適用したというよりは、
日本でより受け入れられやすくアレンジした麻婆系の味わいですね!

なので、花椒がビシビシと痺れを主張してくることもないですし、
豆鼓や甜麺醤(中華風甘味噌)などの風味もそれほどしてこなく、
豚ベースに醤油系の味付けをほどこしたうえで豆板醤を軽く加えて、
さらにオイスターソースで旨味をちょっと付加した感じですね!

豆板醤は入るものの辛味はごく弱めで辛いものが苦手な人でもいけますね!

中華料理の麻婆系の味わいはもうちょっと甘みが強めなかわりに、
花椒や唐辛子などの刺激も同時に強く感じさせることが多いですが、
こちらは刺激が弱いかわりに甘みもいくぶん控えめになっていて、
醤油の風味が多少キリッと立ったようなバランスになっています!

自分が家で麻婆春雨系の料理を作る際はもっと中華料理寄りの味付けで、
それに慣れていることでこちらはずいぶんと素朴に感じてしまいますね!

ただ永谷園の麻婆春雨が好きな人なら確実に合う味付けでしょうけども!
というのも、原材料の基本的な構成がかなり似通っていますからね!

豚系+醤油に豆板醤とオイスターソースが加わるという点は同じですし!(*゚◇゚)

ただ一般的に麻婆春雨はご飯のおかずとして作られることが多いですが、
こちらはもちろんそのまま単独で食べても塩辛くないようになってます!

逆にご飯と合わせようとすると、ちょっと薄く感じられる可能性はあります!

ご飯と合わせる場合はほんのちょっとだけ食塩を加えてもいいでしょうね!
あるいは甜麺醤などを少し加えるという方法でもいいとは思いますが!

ソースの原材料は糖類、しょうゆ、植物油脂、ポークエキス、食塩、
香辛料、オイスターソース、豆板醤、たん白加水分解物となっています!

実際に麻婆春雨を作る際は豚ひき肉を炒めてからスープを加えるので、
その味わいをポークベースにすることによって実現してるのでしょうね!

麺はいかにも中華料理向けらしいシンプルな春雨となっています!
原材料も「春雨(でん粉)」とものすごく単純な内容となってます!(`・ω・´)

ただ、どのでん粉が材料なのかは書かれてはいないのですよね!
100%緑豆ではなく、じゃがいもなども入っている感はありますが!

春雨らしいプリプリ感が8に、軽いもっちり感が2という感じですかね!
リアルな春雨感がしっかりあるので、その点では満足度が高いですね!

春雨の量は40gで、カロリーは222kcalと軽くなっています!
脂質は3.7gで、かなりさっぱりとした仕上がりになってますね!

具材は豚・鶏ひき肉、ねぎ、赤ピーマンとなっています!

赤ピーマンについては完全に彩り目的の具材となっていますね!

ここは輪切り唐辛子を起用しても良かったように思うのですが、
今回はあえて幅広く受け入れられやすいものを選んだのでしょうね!

ペヤングって「やりすぎ」路線を突っ走ることが多いのですが、
今回は味といい具といい、けっこう抑制的な印象がありますね!(*゚ー゚)

ひき肉とねぎは麻婆春雨には欠かせない具材と言っていいものですね!

ペヤングって、あまりこうしたひき肉系具材を使わないのですが、
今回は麻婆春雨らしさを出すためにしっかりと入れてきましたね!

味わいもきちっとしていて、麻婆春雨の演出に大きく貢献しており、
麻婆風味のソースとの相性の良さもきちっと発揮していますね!

このひき肉具材のおかげで味が数段増していると言っていいです!
これが変なひき肉だったら一気に興ざめしてしまったでしょうしね;

いかにも日本的な食べやすさを意識した麻婆春雨ではありましたが、
その路線を求めるのであれば間違いのない味と言っていいでしょうね!

ほんの少し塩気を足してご飯と合わせると一食としても十分ですしね!

とにもかくにもオーソドックスに作り上げられた麻婆春雨でした!(゚x/)モッキュウー

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/5発売 ペヤング 塩ガーリックやきそば

2/5発売のまるか食品「ペヤング 塩ガーリックやきそば」を食べました!
変わり種でもMAX系でもないペヤングってけっこうひさびさな気がしますね!

そういえば昨年のこの頃は「チョコやきそば」が話題になってましたね!
それに比べると今年はバレンタイン系のカップ麺は全然出てきませんね!

その手の商品は毎年売れ残っていたので、出さなくていいとは思いますが!(=゚ω゚)

2/5発売 ペヤング 塩ガーリックやきそば

ガーリックの効いた塩焼そば、けっこうオーソドックスな路線ですね!

にんにく+ペヤングというとあの「にんにくMAX」がありますが、
今回のデザインからはああした怪しい雰囲気は感じないですし!

2/5発売 ペヤング 塩ガーリックやきそば(内容物)

内容物はかやくと液体ソースという組み合わせになっています!
内容物についてもこれといって変わった感じはしないですね!

2/5発売 ペヤング 塩ガーリックやきそば(できあがり)

できあがりのビジュアルについても奇抜な雰囲気は全然ないですね!

まずはその味ですが・・・うおっ、これは想像以上に強烈ですよ!(●・ω・)

にんにくの強さで言えば「にんにくMAX」に次ぐレベルがありますし、
一口目から生にんにく特有の辛味まで感じることができるほどです!

生にんにく系を生かしたカップ麺というのはときどき登場しますが、
香りは強烈でもその辛味まで感じさせるというのはなかなかなく、
そのレベルに達しているというだけでかなりのインパクトがあります!

過去に「にんにくMAX」を食べていたので一定の免疫はありますが、
そうでないとちょっとぶっ飛んでしまうぐらいの強さはありますね!

少なくとも意外とポップなデザインとは裏腹が攻撃性があるだけに、
けっこう心してかからないとにんにくにノックアウトされるでしょう!(`・ω・´)

その味わいは塩系のソースにガーリックを合わせたというレベルを超え、
「ガーリックペーストに味付けしたもの」という感じになってますし!

ガーリックペーストをベースに油脂や鶏系の風味を加えた感じですね!

ちなみに「にんにくMAX」のときは動物系の要素は豚系だったので、
そこを鶏系に変えてきたというのが一番の違いと言えるでしょうね!

ペヤングのにんにく系というと「ペペロンチーノやきそば」もありますが、
にんにくの強さで言えばこちらのほうが数段は上だと言っていいでしょう!

それだけ臭いが強いのでオフィスの昼休みなどには厳禁レベルですが、
この強烈なにんにくがおいしいのもまたたしかではあるのですよね!

なので、臭くなってもいいようなときにガツッと行くのがいいですね!

ソースの原材料をあの「にんにくMAX」のときと比較してみましょう!

[今回の商品]
ガーリックペースト、糖類、植物油脂、たん白加水分解物、しょうゆ、
食塩、チキンエキスパウダー、香辛料

[にんにくMAX]
にんにく、糖類、しょうゆ、食塩、食用油脂、たん白加水分解物、
ポークエキス、香辛料

ほんと豚系が鶏系に変わったという以外はそれほど違いがないですね!笑

麺はいつものペヤングらしい中細の油揚げ麺となっています!(*゚◇゚)

ほどよいスナック感とラードが入ることによる香ばしさがあり、
ほとんどのソースとは見事な相性を見せてくれる麺となってます!

この麺の汎用性の高さはカップ麺全体を見てもかなり上位に入りますね!

特に今回のようなパンチの効いた塩ソースとの相性は特にいいですね!
麺の持っている香ばしさなどもいい相乗効果を見せてくれていますし!

麺の量は90gで、カロリーは525kcalとなっています!
脂質は26.7gで、そこそこの高さとなっていますね!

具材はキャベツ、フライドガーリック、チャーシューチップです!

「にんにくMAX」のときと比べると、唐辛子がチャーシューになり、
フライドガーリックの量が大幅に減るといった変化がありますね!

なので、その点は「にんにくMAX」のほうが攻撃性が上と言えます!(*゚ー゚)

キャベツはごく普通ですが、ちょうどいい箸休めになってくれ、
フライドガーリックは量はほどほどながらも辛味とパンチを出し、
チャーシューチップによってちょっとした肉感が加わっています!

「にんにくMAX」のときの唐辛子もいいアクセントでしたが、
今回のチャーシューチップも具材としては悪くはないですね!

「ガーリックの効いた塩焼そば」を連想していたらやられるような、
「にんにくMAX」に匹敵するぐらいの攻撃性を持った一杯でしたね!

ただそれでもクセになってしまいそうなおいしさが間違いなくあり、
ついついリピートしたくなるぐらいの魅力はしっかり持ってましたね!

かなり強烈なので、場所と時間を選んで食べるようにしましょう!(゚x/)モキュギュッ

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/15発売 夜のペヤングやきそば 夜食ver.

1/15発売のまるか食品「夜のペヤングやきそば 夜食ver.」を食べました!
夜食向けにアレンジされた「ペヤングやきそば」ということのようです!

1/15発売 夜のペヤングやきそば 夜食ver.

なんだかこのデザイン、ドラックストアとかで扱われている、
「夜眠れないときに」みたいな薬やサプリの商品みたいですね!

このデザインだと「夜にもパワーを」という感じがしないですね;
いっそ「夜に眠りを誘うやきそば」でも良かった気がしますが!

1/15発売 夜のペヤングやきそば 夜食ver.(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、スパイス、ふりかけとなっています!

新作系でスパイスとふりかけが入ってくるのは珍しいですね!
この2つはあくまでレギュラーのみという印象が強いですので!(*゚ー゚)

かやくの内容はどうもレギュラーの「ペヤング」とは違うようですね!

1/15発売 夜のペヤングやきそば 夜食ver.(できあがり)

具材の違い以外は、おおむね普段の「ペヤング」に近い仕上がりです!
いくぶんこちらの方がソースの色が濃いめかなという気はしますが!

まずはその味ですが・・・うん、ベースは「ペヤング」のソースですね!(●・ω・)

比較的すっきりとしたウスター系のソースに牛の風味を効かせたうえで、
ほんのりと甘めに仕上げる、このあたりはいつものソースと共通します!

ただ、ここで大きなアクセントになっているとピリ辛のオイルですね!

ピリ辛と言ってもそれほど強い辛さではなくごく軽いものですが、
ほんわかと体が温かくなってくるぐらいの辛さはありますね!

標準の「ペヤング」にはこうした唐辛子系の辛さは皆無なので、
これが入るだけでもけっこう大きな違いとして感じられますね!

そしてもう一つはマカですが、自覚的にはわからないものの、
たしかにマカ特有のちょっとした甘みがあるようには感じますね!

いつもの「ペヤング」のソースのまろやかさなどをベースにしながら、
マカで自然な甘みを少し重ね、唐辛子系のオイルで刺激を少し加える、
おおむね違いはこれぐらいなのですが、方向性がいろいろ違ってるので
食べたときに受ける印象はいつもとは違う部分がちょくちょくありますね!

ソースの原材料をノーマル版のペヤングと比較してみることにします!(=゚ω゚)

[夜のペヤング]
ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、マカパウダー、
植物油脂、香味油、ビーフエキス、香辛料

[基本のペヤング]
ウスターソース、糖類、たん白加水分解物、食塩、香味油、牛肉エキス、香辛料

実はマカパウダーと植物油脂(=辛味系オイル)が入った以外はほぼ同じです!
なので、体感的な差はあるもののそこまで大きなアレンジではないようですね!

さて、この「夜のペヤング」ですが、実はソースそのものの味以上に、
後入れのスパイスと合わさったときに生まれる相乗効果が素晴らしいです!

ノーマル版ではまろやかさなソースに軽く刺激を加える役割ですが、
こちらはもともとが一定のピリ辛感を持たせたソースになってるので、
スパイスが合わさることで刺激の要素がより際立っているのですよね!

なので、今回の味の主役は新しいソースそのものというよりは、
ソースとスパイスが絡んだときに生まれる味と言っていいでしょう!

この味わいだけでこの商品に対する評価が大幅に上がるほどでしたし!(`・ω・´)

麺はいつものペヤングらしい中細の油揚げ麺となっています!

ごく普通のスナック感のある焼そば麺でしかないのですが、
とにかくこの麺はネガティブな嫌味がないのが強みですね!

そしてラードの香ばしさというポイントも持ってますし、
シンプルなのだけど非常によくできた麺と言えるでしょう!

塩系のソースでもウスター系のソースでも何でも合いますしね!
さすがにチョコのソースだけはあまり合っていなかったですが!笑

麺の量は90gで、カロリーは551kcalとなっています!
脂質は29.2gで、ノーマル版よりも1.6g高くなっています!

この1.6gはピリ辛のオイルが入っているためでしょうね!

具材はキャベツ、にんじん、きくらげとなっています!
ふりかけにはごま、アオサ、紅生姜が入っています!

ふりかけについてはもうおなじみのものではあるのですが、
やはりごまが入ることによる香ばしさがいいのですよね!

このあたりにもペヤングらしい個性がしっかり見られます!

具材の組み合わせは逆にペヤングとしては珍しいですね!

キャベツについてはいつもと特に違うところはないのですが、
にんじんやキクラゲでコリコリ食感を意識してきています!

いつもは鶏そぼろ的な具材がここに入ってくるのですが、
こうした野菜だけの具材というのもなかなか面白いですね!(*゚◇゚)

原材料などを見るに、あくまでいつもの味を基本にしながら、
そこにマカと辛味オイルで味を調整した路線のようですが、
それによって体感的な印象に関してはけっこう変わってましたし、
スパイスとソースの相乗効果などは見るべきものもありましたね!

ちょっとだけピリ辛なペヤングといった感じの内容でした!(゚x/)モッキン

【関連記事】
ペヤング 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.