2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば

2/12発売のエースコックからの新作
「一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば」
を食べました!

それにしてもこのシリーズはほんと頻繁に新作が出ますね!
毎週このシリーズを何か食べてるのではないかと思うほどですし!

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば

この「べんてん」はかつて高田馬場にお店を構えていましたが、
それが惜しまれつつ閉店したものの2016年に再び成増で復活し、
そして今に至るといった経緯を持っているお店とのことです!

また今回も「熱湯5分で行列回避!?」という表現が登場してますね!(=゚ω゚)

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば(内容物)

エースコックらしく中には粉まみれになった液体スープが入ってます!
丸型チャーシューが入っているあたりもエースコックらしいですね!

2/12発売 一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば(できあがり)

清湯系ぽくはありながらも、何だか濃厚そうな雰囲気がありますね!

まずはスープですが・・・おっと、これは魚介が非常に分厚いですね!(●・ω・)

鶏と豚をベースにした動物系スープに香味野菜の風味を加え、
そこに節系や煮干などの魚介を重ねるというスタイルですが、
その中でも主役として伝わってくるのは魚介なのですよね!

それもスープそのものに魚介の旨味が溶け込んでるだけでなく、
油脂からも魚介の風味や香ばしさを感じ取ることができますね!

このあたりが魚介の深みだけでなく、厚みを感じさせる点ですね!

そしてこのスープが面白いのは清湯系の動物系スープに
魚介を合わせるWスープ路線と比べれば濃厚でありながら、
豚骨魚介などの白湯+魚介に比べればすっきりしてるという、
両者の中間的なラインを取っているという点なのですよね!

あえて言うなら清湯系の動物系+魚介のWスープのラーメンに
油脂をやや多めに重ねたスタイルと言うこともできそうですが、
それでも一般的な清湯系の魚介醤油とは個性が違ってますからね!

でもって、油脂によって魚介の厚みを感じさせる構成とはいえ、
油脂の全体量はむしろ少ないほうだったりもしますからね!

なので、白湯系ではないけどスープそのものにも強い厚みがある、
それはベースの動物系も、そして前面に出てくる魚介も強さがあり、
このあたりが他のお店にないタイプのスープを作り出していますね!

そしてそれをきちっと再現しているエースコックも頑張ってますね!(*゚◇゚)

こうした点に注目すると「濃厚中華そば」という名前は面白いですね!

中華そば的なすっきり感と濃厚と呼ぶにふさわしい厚みが共存している、
なかなか名前だけでは味が想像しにくいタイプではあるのですが、
この清湯と白湯の良さを合わせ持ったスープはなかなかのものですね!

スープの原材料はしょうゆ、鶏・豚エキス、魚介エキス、植物油脂、食塩、
動物油脂、砂糖、たん白加水分解物、発酵調味料、ポークコラーゲン、香辛料、
酵母エキス、香味油、コンブエキス、オニオンパウダー、香味調味料です!

原材料としては醤油が一番最初に書かれてはいるのですが、
そこまで醤油のキレを重視したタイプのスープではないです!

ただ醤油ダレの主張はそこそこ強く、醤油もスープの持っている
厚みを表現するうえで貢献していると言えそうな感じになってます!

鋭さやキレよりもコクを重視したタイプの醤油ダレと言えますね!
動物系、魚介、醤油のどれを見ても強みのあるスープとなってます!

麺はいかにもエースコックらしい太めのがっしりとした油揚げ麺です!

がっしりとしながらも、時間が経つともっちり感も徐々に出るなど、
エースコックが太麺系店カップでよく使ってくるタイプの麺ですね!

この麺はスープ次第では麺勝ちしてしまうところもあったりしますが、
今回はスープの個性が明確なので、この麺で良かったと思いますね!

逆に細麺とかだと、麺が完全に埋没してしまったように感じますし!(*゚ー゚)

「全ての要素に強さを感じる」というのはこの麺にも言えますね!

麺の量は70gで、カロリーは359kcalとなっています!
脂質は11.5gで、麺の量を考えても低い数字となってますね!

このあたりが白湯系とも油脂攻めとも違う個性を物語ってますね!
脂質などの数値を見ると、むしろ清湯系を連想しますからね!

具材はチャーシュー、メンマ、ねぎという構成になっています!(`・ω・´)

具材に関してはこれといって目立つような要素はないのですが、
コリコリとしたメンマの食感はいいアクセントになってますね!

チャーシューはごく普通のものですが、そこまでペラペラでもなく、
それなりに肉感を楽しむという点で貢献してくれていますね!

ねぎに関してはいかにもカップ麺的な普通の乾燥ねぎとなってます!

ベースを固める動物系、そして前面に出て厚みを感じさせる魚介、
さらに全体のコクを後押しする醤油ダレと、清湯系ではありながら
白湯とのハイブリッドかと思うほどの強さのあるスープは印象的で、
「動物系+魚介のWスープ」という一言では言い表せないような
絶妙のバランスのスープに仕上がっていたのが良かったですね!

「青葉」のようなわかりやすい清湯系のWスープのラーメンと、
「とみ田」のような豚骨魚介の両方のスープが好きであれば、
このラーメンが取っている路線はきっと気に入るでしょうね!

清湯系ではありながらもしっかりと厚みを感じさせる一杯でした!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/5発売 一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん

2/5発売のエースコックからの新作
「一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん」
を食べました!

ほんと「一度は食べたい名店の味」は新作がどんどん出ますね!
今回はそのプレミアムバージョンからの第2弾商品となります!

2/5発売 一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん

第1弾の「ぜんや」も今回の「ど・みそ」もまず縦型で2回出てから、
ノンフライどんぶり型であるこちらのプレミアムが登場しました!

この2つがシリーズの中でも特に人気が高かったりしたのですかね!
あるいはエースコックとお店との関係がいいのかもしれませんね!

2/5発売 一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープ、後入れ背脂となってます!
液体スープの袋が2つある形ですが、一方は完全に背脂ですね!

背脂については湯煎してしまうと粒が溶けることがありますが、
最近のエースコックの背脂は湯煎しても特に問題ないですね!

ちゃんとメインである背脂の粒は残るようになってくれてますし!(*゚ー゚)

2/5発売 一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん(できあがり)

うん、いかにも「ど・みそ」らしいスープの色となっていますね!
やや赤味噌寄りで、粒ごまが入るのが特徴になってるのですよね!

まずはスープですが・・・ぬおっ、これはちょっとえげつないですね!(●・ω・)

一口目でびっくりさせられたのは、その強烈な塩カドの強さです!

塩分濃度が高いという話は事前に聞いて警戒はしていたので、
その分だけお湯を多く入れましたが全く効果はなかったです;

麺だけ食べていても「けっこう塩辛い」と思わせるレベルですし、
スープを飲むとなるとさすがに厳しいと言わざるをえないです;

食塩相当量も9.9gとちょっとぶっ飛んだ数値になってますし、
なんでこんな塩分量にしてきたのか謎が残ってしまいますね;

縦型カップで出ていたときは別に塩カドは強くなかったですし!

ただ塩カドを横に置けば、それなりによくできたスープではあります!

主役は味噌ダレで、赤味噌系の味噌の旨さをしっかり立てていて、
そこににんにくや生姜などの香味野菜によってアクセントを加え、
山椒を合わせることによって香りの良さと軽い痺れを与えてます!

このスープの方向性自体は縦型カップだったときと同じですね!

そしてここに多くの背脂が加わることでコクがグッと高まります!(=゚ω゚)

この背脂に関しては縦型と違った印象を与えるポイントになってますね!

一応は縦型にも背脂が入ってましたが、量はそれほど多くなく、
あくまで味噌ダレを主役にした味噌ラーメンという感じでしたが、
こちらは背脂味噌ラーメンとしての個性がより強まっています!

縦型カップのときは「こってり」という印象は薄かったですからね!

ただそれでも味噌ダレが明確なのでタレのほうが主張は強いですが、
背脂特有のコクの強さや自然な甘みなどがいい効果を挙げてますね!

一方でその背脂の特徴も塩カドでマスクされてる面があるのですよね;

それだけにこのスープの塩分の多さはいろいろともったいないですね;
もし塩気が控えめだったら、背脂の良さももっと立ったと思うのですが!

スープの原材料はみそ、動物油脂、鶏・豚エキス、糖類、植物油脂、
食塩、香辛料、発酵調味料、たん白加水分解物、酵母エキス、
しょうゆ、野菜ペースト、魚介エキスという構成になっています!

ちなみに縦型カップのときの原材料は次のような感じでした!

[縦型バージョン]
みそ、植物油脂、糖類、鶏・豚エキス、香辛料、動物油脂、
食塩、おからパウダー、発酵調味料、ポークコラーゲン、
酵母エキス、野菜ペースト、魚介エキス、全卵粉

今回は明らかに動物油脂の比重が高まっているのがわかりますね!
ただそれ以外につてはそこまで大きな変更はないと言えそうです!

縦型版のほうがおからパウダーなどのギミック要素が多いですが!

麺はかなり太めで断面の四角いノンフライ麺となっています!

ノンフライ麺としてはかなりの太さで、食べ始めの頃は
ややがっしりとした食感を感じさせるものではあるものの、
食べ進めるにつれて本来のもっちり感がしっかりと楽しめます!

太麺系のノンフライ麺としてはかなりの高水準と言えるもので、
今回のラーメンで最もよくできているポイントでもありますね!(*゚◇゚)

カップ麺の麺はどうしても湯戻しの関係から太麺であっても、
やや平打ち気味になりますが、これは本当の太麺になってますし、
5分では少し早いもののそれでも少しすればいい食感になるなど、
クオリティに関しては申し分のないものと言っていいでしょう!

味噌ラーメンに合うようしっかりと多加水麺らしさを持っており、
多加水麺に強みを持つエースコックの良さがよく出ていますね!

麺の食感だけでなく、風味もなかなか良かったりしますからね!

麺の量は70gで、カロリーは544kcalとかなり高めです!
脂質は25.1gで、ノンフライ麺系としては非常に高いですね!

これだけ高い数字になっているのはやはり背脂によるものですね!

具材はコーン、鶏・豚味付肉そぼろ、ニラ、もやし、ごまです!

ごまに関してはスープの一部みたいな感じの存在となってます!

縦型版に比べるとそこまで目立ちませんが、香ばしさが加わり、
それによって全体に軽いアクセントを与えてくれていますね!

鶏・豚そぼろはさすがにエースコックがよく使うスポンジ系ではなく、
ちゃんとした肉らしさを感じさせてくれるものとなっています!(`・ω・´)

価格帯がかなり高めなので、さすがにスポンジ系だと怒りますが!笑

背脂も具材の一部と見れば、そこそこの充実度とは言えますが、
どうしてもそれを除いてしまうと全体的にさみしくはありますね!

コーン、もやし、ニラと最低限のものを一通りそろえただけですし!
というか、具材の構成が縦型版と全く同じだったりしますからね!

価格上昇分はおおむね麺と背脂に振り分けられたのでしょうね!

縦型版のスープの方向性を受け継ぎながら背脂で強いコクを加え、
麺は太麺として素晴らしいクオリティを見せてそれを支えるなど、
背脂と麺の2点を見ると縦型とは一味違う強みははっきり見えますね!

ただそれを完全に塩分濃度がぶっ壊してしまってるのは難点ですね;
少々お湯を多めに入れたぐらいでは緩和されない強さでしたからね;

スープの方向性はいいだけに液体スープの入れる量を2割ほど抑えれば、
もしかするともっとバランスのいい楽しみ方ができるかもしれませんね!

上手く練られてはいながらも塩カドが強烈に目立ってしまう一杯でした!(゚x/)モキー

【関連記事】
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/29発売 一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺

1/29発売のエースコックからの新作
「一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺」
を食べました!

「一度は食べたい名店の味」シリーズはほんと頻繁に新作が出ますね!(*゚ー゚)

1/29発売 一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺

「つじ田」系のお店からの商品はこのシリーズだけで3作品目ですね!

今回は商品名を見ると本店の再現もののようにも見えますが、
実際には「成都正宗担々麺 つじ田」の再現商品となります!

そこまで商品名に入れると長くなりすぎるので削ったのでしょう!

また今回の商品ではフタの上に調味油が貼り付けられています!

1/29発売 一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺(内容物)

そして例によってカップの中にも特製ペーストが入ってます!
縦型で調味料が2袋構成になるのはエースコックならではですね!

特製ペーストが練りごまで、調味油がラー油系となっています!

1/29発売 一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺(できあがり)

うん、実に王道といった雰囲気の担々麺のビジュアルですね!

まずはスープですが・・・うおっ、これ花椒が凄いですよ!(●・ω・)

この花椒の強さは汁あり系としては過去最高じゃないですかね!
箸にスープを少しつけてなめただけでも痺れが来るほどですし!

でもって、単純に花椒の量を増やしただけでもなさそうなのですよね!

花椒の量を増やすことでゴリゴリにその風味を強めたというより、
花椒の持つ痺れの要素を抽出して溶け込ませた感があるのですよね!

どうもスープのほうにもかなりの花椒が入ってはいるようですが、
花椒の痺れのメインは後入れの調味油のほうにあるみたいです!

要するに花椒オイルとしての効果を強く持ったラー油のようですね!

そうすることによってただ闇雲に花椒を目立たせるのではなく、
突き刺さるような花椒のコアな痺れの要素だけを引き出していく、
このあたりの花椒の効かせ方はちょっとさすがと思いましたね!

ちょっとこの手法は汁なし担々麺などでも適用してほしいですね!

食べ進めると表面のオイルは減るので花椒の主張もやや下がりますが、
そうすると今度はベースであるねりごまが効いてくるのですよね!(`・ω・´)

そしてこのねりごまに関してもけっこうな濃度を誇っています!
縦型カップでここまでやってくれれば文句なしというレベルです!

やはりこの「一度は食べたい名店の味」シリーズは優秀ですね!

かつては「担々麺と言えばエースコック」と言われてましたが、
最近は日清や東洋水産のほうが担々麺のイメージが強くなり、
エースコックはやや印象が薄れてしまっていたりもしましたが、
この商品は「担々麺のエースコック」の面目躍如と言えますね!

それも縦型でこの完成度ですから、かなりのものと言えます!

主役のねりごまをガツンと効かせ、動物系でコクを重ねつつ、
花椒ラー油によって強烈な花椒の痺れをビシビシと効かせる、
担々麺に求められる要素をコンパクトにまとめあげてますね!

スープに関しては弱点らしい弱点を感じないとすら言えます!

麺は断面の四角い歯切れの良さを重視した油揚げ麺です!

最近のこのシリーズではこのタイプの麺がけっこう出ますね!

油揚げ麺でありながら低加水麺っぽい雰囲気がよく出ていて、
特に担々麺には打ってつけの麺と言っていいように思います!

豚骨スープなどに合わせてもいい相性を見せるでしょうね!

ちょっと粉っぽさがあり、噛むとパツッとした食感を見せ、
小麦の風味もそこそこ香る、なかなか優秀な麺ですね!(=゚ω゚)

麺の量は70gで、カロリーは418kcalとなっています!
脂質は19.3gで、担々麺なので多少高めではありますね!

具材は鶏・豚そぼろ、もやし、ねぎ、ごまとなっています!

そぼろは量は少なめなものの、例のスポンジ系ではありません!
エースコックの場合はそれだけでも満足度が上がってくれますね!

担々麺にあの味のないスポンジそぼろが入ってしまうと、
それだけでテンションがガクッと下がってしまいますし!

もやしは細もやしということもあって存在感が全然ないです;

なぜかエースコックはときどき細もやしを採用するのですよね;

こちらのほうが太もやしに比べてコストが安いのでしょうが、
あまりに細すぎて食べている感じがしないのは難点ですね;

そして粒ごまですが、これはなかなかいい効果を挙げてますね!(*゚◇゚)

ねりごまと花椒だけでも十分すぎるぐらいの完成度がありますが、
そこに粒ごまが入ることで食感のアクセントや香ばしさが高まり、
より一つの担々麺としての総合力が上がっていてくれてましたね!

ねりごまの太さもさることながら、やはり今回は花椒でしょうね!

特に前半のビリビリと攻め立ててくる花椒の痺れは素晴らしく、
舌にピリピリとした刺激が持続的に残るほどでしたからね!

花椒の痺れが苦手な人には全く向かないと言えるものですが、
花椒がそこそこ好きならぜひともオススメしたいところです!

これぞ痺れの効いた担々麺と言える見事な仕上がりでした!(゚x/)モッキュー

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん

1/22発売のエースコックからの新作
「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん」
を食べました!

すでに「ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン」は紹介済ですね!

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん

辛口はボンカレーにウスターソースを投入したような味でしたが、
こちらは和風だしを加えた風味となっているみたいですね!

ウスターソースはカレーそのものの味を変えてしまう感じですが、
和風だしだと、ボンカレーの個性と上手く調和してくれますかね!

このあたりはちょっと食べてみないと不安なところもありますが!(=゚ω゚)

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
こちらはかやくは粉末スープと一緒に袋にはなってませんね!

「辛口」のほうはなぜか2袋だけの構成になっていましたが!

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド中辛風 カレーうどん(できあがり)

液体スープを最後に入れたので、その色が一部に出てますね!

粉末スープの色だけで言うといかにもボンカレーぽいですね!
そして液体スープは色に関してはウスターソースに近いです!

ただ味に関しては甘めで、ソースぽい感じはなかったですが!

まずはスープですが・・・あ、こちらのほうがまだいいですかね!(●・ω・)

「辛口」のスープは本来は主役であるはずのボンカレーが、
ウスターソースと強すぎる玉ねぎに食われている感じでしたが、
こちらはまだちゃんとボンカレーのほうが中心に感じられます!

もちろん実際に食べ比べてみるとけっこうな違いはあるかもですが、
「辛口」のほうが最初からボンカレーぽさを感じにくかったのに対し、
こちらは何となくではあれボンカレーだなと思えるものがあります!

そこに加えられた和風だしもそこまで出しゃばるわけではなく、
ボンカレーの風味を下支えしてうどんに合わせる感じでしたし!

いかにも家庭的な味わいの素朴なカレーに玉ねぎの甘みが強く加わり、
その丸くてオーソドックスな風味がボンカレーを連想させてくれます!

玉ねぎに関しても「辛口」のときのようなアクセント的ではなく、
スープに溶け込んで甘みを広げる感じなのは良かったですね!(*゚ー゚)

ただ、本来はボンカレーをもっと素直に味わえるほうが理想的で、
あくまで「辛口」に比べればいいかなという感じではありますが!

スパイス感もほどほどにあって、普通のカレーうどんとしても楽しめ、
インパクトはほぼ皆無ながらも安心して食べられる味ではありましたね!

ただその中でちょっと気になったのは塩分濃度がやや高い点ですね!

実際に食塩相当量が8.6gと高く、スープだけで味わおうとすると、
やや塩カドが立っているように感じられるところがありましたし!

麺と合わせることを考えても塩分はもう少し低くて良かった気はしましたね!
ボンカレーそのものとの最大の違いはこの塩分だったようにも感じましたし!

スープの原材料は牛・豚エキス、糖類、オニオンエキス、食塩、香辛料、
トマトケチャップ、ソース、動物油脂、酵母エキス、クリーミングパウダー、
香味調味料、たん白加水分解物、カツオブシパウダーとなっています!

原材料を実際の「ボンカレー中辛」と比較しようかと思いましたが、
見たところ共通点があまりないみたいなのでやめておきます;

あくまでボンカレーっぽい味を再現しているだけのようですね!

麺は最近エースコックがよく使うカドメン系のうどんとなってます!

今回の商品で最も印象が良かったのはこの麺と言ってもいいですね!(*゚◇゚)

日清の「どん兵衛」のうどんはもちもち系の麺を指向しているなら、
こちらの麺はがっしり系の剛麺タイプのうどんを指向しています!

少し中心に芯を残したような食感ということもできるのですが、
それが違和感がなく、剛麺うどんのような強い押し返しがあり、
それでいて味もいいという非常に内容のいいものとなってます!

でもって、このカドメンうどんは油揚げ麺臭もあまりないので、
ほとんどネガティブな要素を感じさせないと言ってもいいですね!

中華麺の太麺でがっしり系の食感をあまり強く打ち出してしまうと、
単に麺が戻っていないという印象を与えてしまうことがありますが、
うどんはかんすいが入らない分だけそこまで硬くはならないので、
がっしり系であっても自然に受け入れられやすい強みはありますね!

麺の量は90gで、カロリーは467kcalとなっています!
脂質は13.6gで、麺量を考えるとけっこう低めと言えますね!

具材はじゃがいも、かまぼこ、ねぎ、玉ねぎ、人参となっています!
具材の組み合わせは「辛口」のときとはちょっと違っていますね!

玉ねぎはおまけ程度ですがしんなりとやわらかくて甘みがあり、
人参も少量ながらカレーらしさの演出には貢献していました!

うどんということで、かまぼことの相性もけっこう良かったですね!

そしてじゃがいもですが、基本的には「辛口」のときと同じながら、
こちらのほうがまだシャリシャリ感が弱かったように感じましたね!

ただ、日清などのポテトのようなホクホク感はあまりなかったですが、
食べるとスッと溶ける感じはボンカレーらしさも多少ありましたね!(`・ω・´)

このじゃがいもを食べた瞬間がもっとボンカレーらしかったですし!

「辛口」のほうは自分にはボンカレー感が感じられなかったですが、
こちらは多少なりともボンカレーの個性が出ていたこともあって、
どちらを選ぶかと言われれば迷うことなくこちらのほうにしますね!

こちらであれば、クオリティの高いカドメンうどんも楽しめますし!

ただ本来なら、わざわざボンカレーの味をアレンジしたものを2種類出すよりは、
ボンカレーの味をストレートに再現した1商品で勝負してほしかったとは思います!

どうしてこんな発売形態にしてしまったのか、もったいなく感じますよね!

ボンカレーって、もともとそこまで個性の強いカレーではないだけに、
その味だけでは麺に合わせ切れないというふうに考えたのかもですが、
それは逆に言うと他のものを加えると個性が消えやすい味でもあるわけで、
「辛口」などは完全にその穴に落ちてしまったような感じがしましたね!

不満もあるものの、どちらか選ぶならこちらかなと思える一杯でした!(゚x/)モキユン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン

1/22発売のエースコックからの新作
「スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン」
を食べました!

発売50周年を迎える大塚の「ボンカレー」とのコラボ商品です!
ちなみにもう一方の「スーパーカップ1.5倍」も30周年だそうです!

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン

今回はカレーラーメンとカレーうどんの同時発売になってるのですよね!
1商品でも良かった気がしますが、あえて2種類に分けたみたいです!

このいかにも「ボンカレーゴールド」を思わせるデザインはいいですね!
シンプルだけど、誰が見ても「ボンカレー」だとわかるデザインですしね!(*゚◇゚)

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン(内容物)

内容物はかやく入り粉末スープと特製ペーストとなっています!

「かやく入り粉末スープ」は具を整えにくいので苦手なのですが、
手間がある程度省けると割り切って食べてみることにしましょう!

無理して手間をかけまくっても得られるものは多くないですしね;

1/22発売 スーパーカップ1.5倍 ボンカレーゴールド辛口風 カレーラーメン(できあがり)

見た感じはオーソドックスなカレーラーメンという感じですね!

まずはスープですが・・・あら、ソース系の味わいが強いですね!(●・ω・)

ボンカレーをそのまま食べた味と考えるにはそこまで近くなく、
よくよく味わうとベースはボンカレー的だと思わせるものの、
そこにウスターソースを投入して食べたような味わいですね!

カレーにウスターソースを入れて食べる人はときどきいますし、
ボンカレーのような素朴なカレーの場合は特にそうかもですが、
普段からそういう食べ方をしているとイメージできそうですね!

ただ自分がボンカレーを食べるときはその素朴さを求めるときで、
一切アレンジせずにそのまま食べるので、このソース感の強い味は
ちょっと自分の中のボンカレーとは違うところがありましたね!

そこそこスパイス感も強く、これは辛口の再現なのでしょうが、
ボンカレーは辛口でもそこまでスパイスが強くない印象があるので、
ちょっとこのあたりも自分の中のイメージとはズレがありましたね!

またベースに豚骨スープを合わせているのが特徴でもありますが、
これが何か違和感を生み出してしまうということは特になくて、
スープにほどよい厚みを与えるという点でも貢献していましたし、
不自然さもなく、ここはアレンジとしては悪くはなかったですね!

むしろボンカレーらしさの再現という点でも噛み合ってましたね!

そしてもう一つ印象的だったのは玉ねぎがいやに強かった点ですね!(=゚ω゚)

もちろんボンカレーにも玉ねぎの風味は生きてはいるのですが、
その玉ねぎ感はボンカレーというよりエースコックなのですよね!

エースコックって、とにかく玉ねぎを強く効かせてくることが多く、
そのいかにもエースコック的な玉ねぎ感が感じられたのですよね!

でもって、ウスターソース+強めの玉ねぎという組み合わせは、
エースコックが出している「甲子園カレー」系とも共通していて、
それを少し素朴な方向性へと向けたような印象も残りましたね!

粉末スープの原材料は豚エキス、カレー粉、野菜パウダー、食塩、動物油脂、
砂糖、しょうゆ、酵母エキス、たん白加水分解物、香辛料となっています!

ペーストの原材料は糖類、トマトケチャップ、オニオンエキス、
ソース、豚エキス、酵母エキス、食塩、カレー粉となっています!

どうもこの後入れペーストが味の変化の最大の要因のようですね!

このペーストに玉ねぎとソースの両方が加えられていますし、
これがちょっと全体の中で目立ちすぎた感じがしますね!

ただ、ペーストだけを単体で舐めるとけっこう甘かったりしますが!

麺はパスッと切れる歯切れの良さを持った油揚げ麺です!(`・ω・´)

「スーパーカップ」というと、カドメンが基本ではありますが、
今回の麺は形状などを見る限りカドメンではなさそうですね!

カドメンだと、もっと断面が角張った感じになってますしね!

食感もカドメンほどがっしり感を強調するわけではなく、
それでいて歯切れの良さはちゃんと継承されているなど、
ノーマルな麺とカドメンの良さをまぜ合わせたかのような、
中間的でありながらもバランスの良い麺となっていますね!

でもって、スープとのなじみという点でも弱さはなく、
全体のバランスとしても麺単体としても内容はいいです!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは474kcalとなっています!
脂質は17.1gで、麺量を考えるとおおむね標準的ですかね!

具材はじゃがいも、玉ねぎ、人参、揚げ玉、ねぎです!

じゃがいもは主役で国産であることがウリのようですが、
他社のじゃがいもに比べるとちょっと質が劣ってますね;

というか、端的に言うと湯戻りがちょっと遅いのですよね;

なので、普通に食べるとちょっとシャリシャリしています;
じゃがいもらしいホクホク感があまり感じられないのですよね!

エースコックってじゃがいも具材に弱かったっけと思ったら、
以前のカルビーとのコラボ商品の皮つきポテトは良質でしたし、
なんだか変なところに波を感じさせるメーカーだったりしますね;

玉ねぎはふにゃっとしたやわらかめの食感のものとなっていて、
カレーに入ってる玉ねぎらしさはけっこう出ていましたね!

人参はごく普通でそれほど目立つような感じでもなかったです!

面白かったのは揚げ玉で、先入れなのでふんわりしていますが、
全体のコクを高めるという点ではけっこう活躍していましたね!(*゚ー゚)

ボンカレーらしさの再現としては怪しいところもありましたが!

ボンカレーらしさをストレートに打ち出してくるかと思いきや、
ボンカレーにソースを投入して玉ねぎの風味を強めた味わいで、
「ボンカレーをベースにアレンジした」感のある一杯でしたね!

自分としてはボンカレーをストレートに味わいたかったですが、
そのあたりはカレーうどん版のほうに期待してみましょうかね!(゚x/)モキュー

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/15発売 全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン

1/15発売のエースコックからの新作
「全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン」
を食べました!

この時期の定番になっている「空」監修品が今年も登場しました!

1/15発売 全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン

「全国ラーメン店マップ」シリーズはこれで8作品目となりますが、
そのうちの4つが「らーめん空」という割合の高さとなっています!

これでも初期の頃に比べれば他のお店が増えたほうではありますが!(*゚◇゚)

今回は昨年と同じく「辛味噌ラーメン」ということになってますが、
山椒の割合を増やすなどの変化をつけてきたようではありますね!

1/15発売 全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(内容物)

例によってカップの中には粉まみれになった液体スープが入ってます!
具材の組み合わせなどについては昨年と特に変わってないようですね!

1/15発売 全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(できあがり)

仕上がりのビジュアルに関しては昨年と特に変わっていませんね!

まずはスープですが・・・おっ、この山椒の強さはなかなかのものですよ!(●・ω・)

間違いなく昨年よりも山椒が強くなっていることがはっきりわかりますし、
この風味だけで「これはなかなかいいな」と思わせるだけの力があります!

ベースとは豚をメインに鶏を合わせた動物系で、そこに香ばしい焼き味噌の風味、
そこに香味野菜によって深みと刺激を立たせたうえで、唐辛子で少し辛味をつけ、
そして山椒を多めに加えることによって明確なアクセントを加えています!

その山椒も香りの良さとピリピリと来る刺激が上手く両立してるのですよね!

エースコックは意外と味噌ラーメンを作るのに強いメーカーだったりして、
このスープも単に山椒だけでなく、総合力でもかなりのものを持っています!

ベースの動物系も貧弱じゃないですし、味噌もその風味はしっかりとしていながら、
味噌ダレがとがってしまうことはなく、生姜やにんにくなどのバランスもいいですし、
味わいがシャープになりすぎないようにごまでまろやかさを整えているなど、
この時期に特においしいと感じられる味噌ラーメンとして仕上がっていますね!

辛味噌系というと、唐辛子と多めの油脂、にんにくで攻めるものが多いですが、
油脂もにんにくもほどよく、そこに個性的な形で山椒が絡むことによって、
他では見られないオリジナリティの高い辛味噌ラーメンになっていますね!(=゚ω゚)

昨年のバージョンの「辛味噌ラーメン」もあなどれないものがありましたが、
今回はさらにその仕上がりを上回ってきたと言っていいのではないですかね!

スープの原材料はみそ、糖類、鶏・豚エキス、香辛料、動物油脂、食塩、
香味油、おからパウダー、ねりごま、酵母エキス、オニオンエキス、ごま、
ポークコラーゲン、発酵調味料、全卵粉という組み合わせになっています!

昨年の原材料とほぼ同じですが、植物油脂が原材料から消えていますね!
脂質は昨年より少し増えてるので、油脂の構成が変わっただけのようですが!

麺はややしっかりとした食感の中太の油揚げ麺となっています!

ただ、カドメン系ほどがっしりとした食感をアピールするわけではなく、
一定のもっちり感を見せつつ、がしっとした質感も少し見せる感じです!

そこそこ主張の強い麺ですが、油揚げ麺臭に関しては強くないですし、
スープも明確な個性を持っているのでバランスとしては悪くないです!(*゚ー゚)

麺の量は70gで、カロリーは393kcalとなっています!
脂質は13.1gで、昨年よりほんの少しだけ増えています!

ただ、カロリーに関しては逆に昨年よりも下がっていますが!

具材は肉そぼろ、ねぎ、玉ねぎ、唐辛子という組み合わせです!

唐辛子は薬味としてちょこっと浮かんでいるといった感じですね!

玉ねぎはシャキッとした食感もあってなかなか面白いのですが、
さすがに量が少なすぎるので存在感はそれほどなかったですね;

ねぎに関してはごく普通のカップ麺的な乾燥具材となっています!

そして肉そぼろですが・・・今年は質も量もいいではないですか!(`・ω・´)

エースコックというと、スポンジ状のそぼろをよく使いますが、
今年は昨年と同様にしっかりとした肉そぼろを使ってきました!

でもって、どうも昨年よりもそぼろの量が増えてる感じなのですよね!
粒はちょっと小さめではありますが、これはなかなか満足できましたね!

このシリーズの「らーめん空」はもはや完全に定番ではあるのですが、
その中でもちゃんとブラッシュアップしてきたのは良かったですね!

とりわけこの山椒の香りとピリリとした痺れは特筆できるものがあり、
刺激的な辛味噌ラーメンを求めるなら十分にオススメできますね!

今年もしっかりと楽しませてくれるクオリティを備えた一杯でした!(゚x/)モッキー

【関連記事】
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2018年)
全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン
全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2017年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/8発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り

1/8発売のエースコックからの新作
「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り」
を食べました!

商品名にも書かれているように、コンビニのみの限定商品です!

1/8発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り

「スーパーカップ」ブランドからはいろんな商品が出てはいますが、
この「超スーパーカップ」は普通のスーパーカップを基本にしつつ、
そのスープや具材を豪華にしたようなタイプの商品となっています!

すでに豚骨の「超スーパーカップ」がコンビニで定着してますし、
その味噌バージョンが新たに登場したという位置付けなのでしょう!

ただ、基本のスーパーカップの味噌ラーメンは湯戻し4分なのに対し、
こちらは5分なので、根本的なところも大きく違うと思われますが!

でもって、レギュラーのスーパーカップは最近ほぼ食べてないので、
味がどう違うのかなどの比較もできないのはさみしいところですが;

1/8発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り(内容物)

内容物はかやく2袋、液体スープ、ふりかけという組み合わせです!
かやくの一方は焼豚のみ、もう一つは残りのかやくが入ってます!

1/8発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン 焼豚入り(できあがり)

うん、やはり「超」とつくだけあってできあがりは豪華ですね!

まずは基本のスープですが・・・意外とオーソドックスですね!(●・ω・)

もともとこのシリーズは基本のスープをベースにしたうえで、
それをグレードアップさせるという狙いの路線となってるので、
それほどインパクトのあるスープは求めていないのでしょうね!

赤味噌寄りでも白味噌寄りでもない中間的な味噌ダレを基本に、
ほどよい動物系のコクとやや強めのラードを効かせたスープで、
ノーマルな味噌ラーメンに少し札幌的な要素を加えた感じです!

ごまでまろやかさを少し重ね、香味野菜によって味を引き締める、
いかにもエースコックらしいバランスとも呼べるスープですね!

にんにくがちょっと強めなことで、一定のパンチもありますしね!

そしてここにふりかけをまぜると・・・バランスがより高まりますね!(=゚ω゚)

ベースのスープだけだと「もうひと押し欲しい」とも思わされますが、
ふりかけが加わることでそうした部分がきれいにカバーされてくれます!

というか、ふりかけが入ることで完成するように作られたスープなのでしょう!

ふりかけは山椒などのスパイス感とエースコックらしい香味野菜の風味、
さらに粒ごまも入っているので、コクを高める効果も持っていますね!

香味野菜や香辛料を効かせつつも、それが前面に出すぎることはなく、
ちゃんと味噌ラーメンらしい枠内に収まるように作られています!

スープの原材料はみそ、動物油脂、鶏・豚エキス、香辛料、しょうゆ、
植物油脂、食塩、砂糖、ねりごま、ごま、魚介エキス、酵母エキスです!

原材料を見ても何か特徴的な要素が入っていることはないですね!
動物系スープ、油脂、味噌をごまと魚介などが支えている感じです!

良くも悪くも好みが分かれないタイプの味噌スープと言えそうです!

麺は5分湯戻しのかなり太めの縮れた油揚げ麺となっています!

いかにも味噌ラーメン向きと言えるがっしりとした力強い麺で、
標準の5分だと少々硬く感じるようなところすらありますね!

ただ、その食感に関してもネガティブな感じはほとんどなく、
そのパワフルさを好印象につなげるだけの力を持っています!

スープとのバランスは特に前半ほど麺勝ちにはなるのですが、
麺そのものがおいしく、油揚げ麺臭も下品な感じがないので、
少々麺勝ちなぐらいがいいと思わせるだけのものがありますね!(*゚ー゚)

スーパーカップのカドメンも一時期はマンネリの印象がありましたが、
最近になってまたその質をブラッシュアップしてきた感がありますね!

ただ、それでもときどき麺が勝ちすぎてるようなときもあったりするので、
カドメン的な麺も一長一短といったところはありはするのですけども!

特に縦型カップでこのタイプの麺だと麺が強く出すぎてしまいますからね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは537kcalとなっています!
脂質は21.2gで、カロリーとともにそこそこ高めの数字ですね!

かといって、味噌ラーメンをあまりカロリーを抑えて作ってしまうと、
味噌ダレが強く出すぎてバランスが崩れるのでこれでいいでしょう!

具材は焼豚、ワンタン、ごま、ねぎ、粗挽き唐辛子となっています!

チャーシューは「超」の豚骨ほど豪華な焼豚ではないですが、
いかにもカップ麺的な風味を持ったタイプのものでもなく、
そこそこの肉感もあり、クオリティは決して悪くないですね!

イメージとしては「中の上」ぐらいの印象を持たせる内容です!(*゚◇゚)

エースコックのチャーシューも最近バリエーションが増えてきたのですかね!
ただ、この商品でしか使われないとするとさすがにもったいないですが!

ワンタンはエースコックが得意とする具材で内容はいいですね!

皮はつるりとしていて、中の肉具材もほどよく戻っているなど、
さすがはワンタンに強いメーカーだなと思わせてくれますね!

3つ入っているので、ワンタン味噌ラーメンとしても十分な量です!(`・ω・´)

主役級の2つの具材以外は、どれも薬味的な存在となっています!

ねぎはごく普通のもので、ごまはスープの一部といった感じで、
粗びき唐辛子も軽いピリ辛感を与える薬味といった役割ですね!

決して明確な個性を持った味噌スープというわけではないのですが、
スープ、麺、具材のどれを見てもきちっと質が整っていましたし、
安心して食べられる豪華な一杯という特徴ははっきりありましたね!

商品説明でも「王道濃厚味噌スープ」というふうに書かれているので、
インパクトよりも安心感と満足感を重視した路線のようですしね!

冬にがっつりと味噌ラーメンを食べたいときにはいい一杯でしょう!(゚x/)モキュー

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/1発売 トリカライヌードル 辛口鶏白湯味

1/1発売のエースコックからの新作
「トリカライヌードル 辛口鶏白湯味」
を食べました!

干支が「酉から戌」に変わることから名付けられた商品です!

1/1発売 トリカライヌードル 辛口鶏白湯味

昨年の「トリまみれの濃厚鶏そば」と同様にインパクト抜群ですね!
さすがにこの麺とトッピングの配置は真似するのは難しそうです!

どうも「酉から戌」だけでなく「トリカラ(鶏唐揚げ)」と、
「トリカライ(鶏で辛い)」の3つをかけているようですね!(=゚ω゚)

干支は戌ながら、スープはほとんど鶏で占められてはいますが!

1/1発売 トリカライヌードル 辛口鶏白湯味(内容物)

内容物はかやく、後入れ粉末スープ、スパイスとなっています!
粉末スープが後入れなのはとろみ要素が少し入るためですかね!

1/1発売 トリカライヌードル 辛口鶏白湯味(できあがり)

鶏唐揚げもなかなか多く、全体的には充実度は高いですね!
ちなみに左側に見えている粉末状のものがスパイスです!

まずはスープですが・・・おっ、なかなか鶏が攻めてきますね!(●・ω・)

鶏白湯ならではの鶏のクセが麺を食べたときに感じるというか、
ちゃんと鶏白湯の持っている特徴を出して来た感はありますね!

ただ惜しいのはそれがあまり持続してくれないところなのですよね!

前半の麺を食べているときはなかなか鶏がガツンと来るのですが、
いつのまにか鶏のクセの強さは収まり、だんだんととろみのついた
ごく普通の鶏白湯へと移行してしまうのは残念さもありますね!

そしてスパイスですが・・・これは量の割に意外と辛いですね!(`・ω・´)

量が量だけにもっと大人しい風味なのかと思っていたら、
ちゃんとピリピリとした刺激が持続するぐらいの強さはあり、
たしかに「鶏辛い」を演出するのに大きく役立ってますね!

また一方で辛さ以外にスパイス感もけっこう強めなのですよね!
「辛味の強いガラムマサラ」みたいに表現できるかもしれません!

スープがカレーそのものに染まってしまうということはないのですが、
鶏白湯の中にカレーにも共通するスパイス感が生まれるのはたしかです!

一方でこのスパイスが入ることで鶏白湯ぽさはさらに減退します;

このあたりはコンセプトを考えればやむをえないところもありますが、
もっとベースの鶏白湯に強さがあればと思ってしまう面もありますね!

トータルとしてみると、たしかに鶏白湯の個性は打ち出しているものの、
とろみのつき方などにはエースコック特有のギミック的な面もあって、
鶏油が弱いので前半はいいものの鶏がガツンと来る強さまではないです!

そしてそこにスパイスが加わることで辛さとスパイス感が出ますが、
それによって鶏白湯の持っている鶏のクセはより隠れてしまうため、
鶏+ピリ辛としては面白いものの鶏を楽しむ点ではさらに弱まります!

このあたりのラインに落ち着くのはいかにもエースコック的ではありますね;

スープの原材料は鶏・豚エキス、食塩、おからパウダー、動物油脂、香辛料、
砂糖、しょうゆ、ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物、
オニオンパウダー、クリーミングパウダー、全卵粉となっています!

おからパウダーにポークコラーゲンとエースコックらしい素材が入ってますね!
エースコックのギミック系白湯には必ずこの2つが入ってきますからね!(;゚◇゚)

オニオンなどの香味野菜が強かったのもいかにもエースコックらしいですが!

麺はエースコックが得意とする多加水ノンフライ麺となっています!

一般的に鶏白湯ラーメンにはスープとのなじみを重視した
やや低加水系の麺が合わせられることが多いのですが、
エースコックとしてはここで自分達が最も自信のある
麺をあえて合わせてきたということなのでしょうね!

低加水系にも強くなれば、選択の幅も広がりそうなのですが!

そうしたこともあってスープとのなじみはほどほどなのですが、
麺そのもののつるみ、もちプリ感などは非常に素晴らしいです!

一つの多加水麺としてのクオリティはかなりのものがありますね!

麺の量は60gで、カロリーは265kcalと非常に軽いです!
脂質は3.4gで、こちらも白湯系とは思えない数字ですね!

いかに鶏油などの油脂を抑えているかがわかる数字ですね!

具材は鶏唐揚げ、ねぎ、鶏そぼろ、唐辛子となっています!

ねぎはごく普通ですが、なぜかやたらと量が多かったですね!
ただスープを邪魔することもなく、いいアクセントになってました!

輪切り唐辛子はエースコックが得意とする具材の一つですが、
これが入るとピリ辛系としての個性が立ってくれますね!

ときどき口に入ることでピリッとした刺激が出てくれます!

そして鶏そぼろですが・・・例によって味のないものですね(;・ω・)

食感スカスカで味のない、いわゆるスポンジそぼろとなってます;
あくまで鶏っぽい雰囲気を出すために入れているだけですね;

一方の鶏唐揚げはそれとは比べ物にならないクオリティの高さです!(*゚ー゚)

揚げの香ばしさ、衣の下味、鶏肉らしい風味であるなど、
それらのポイントは全てきちっと押さえられていますね!

エースコックは全体的に具材に弱いイメージはありますが、
実はときどきいい具材を使ってくることもあるのですよね!

鶏唐揚げに関しては「ココイチ監修商品」でも使ってましたし!

エースコックにはこういういい具材をもっと使ってほしいですね!
何か良質な具材を出し惜しみしているという印象がありますので!

一口目こそ鶏のクセがビシッと出て面白味もあったのですが、
食べ進めるにつれて香味野菜が前面に出がちであったり、
とろみのつき方などに特有のギミック感が感じられたりと、
良くも悪くもエースコックらしい内容ではありましたが、
まあまあ楽しめる一杯であったことは間違いなかったです!

戌年というよりは酉年感を強く感じさせる一杯ではありましたが、
何だかんだで正月らしい雰囲気を楽しめるラーメンではありましたね!(゚x/)モキューン

【関連記事】
トリカライヌードル 辛口鶏白湯味
トリまみれの濃厚鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/25発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ

12/25発売のエースコックからの新作
「わかめラーメン しじみだし・しょうゆ」
を食べました!

この商品はその一年前にも発売はされたのですが、
そのときは購入せずにスルーしてしまったのですよね;

ただ、サイズなどを見ると自分に合っていることがわかり、
また年始に新作が減ることも考慮して購入いたしました!(`・ω・´)

12/25発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ

縦型カップになった以外はいつもの「わかめラーメン」の
デザインやカラーなどもできるだけそのまま踏襲されてますね!

なので、基本の「わかめラーメン」をベースにしたうえで、
そこにしじみだしを加えたような商品なのだろうと思われます!

ちなみにしじみ200個分のエキスが入っているというわけではなく、
入っているオルニチンの量がしじみ200個分に相当するだけですね!

他の箇所を見ると、このオルニチンはしじみ由来ではないそうですので!

12/25発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(内容物)

エースコックらしく、中には粉まみれの液体スープが入ってます!

この商品は粉末スープがそれほど多くないタイプだったので、
言うほど粉まみれになっていたわけではなかったりしますが!

12/25発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(できあがり)

この一面を覆わんばかりのわかめ、実にこのシリーズらしいですね!
これでもあえて麺が見えるように少し端に寄せたぐらいですからね!

まずはスープですが・・・おっ、しじみがグッとやってきますね!(●・ω・)

このしじみの存在感の強さは自分が思っていた以上でしたね!

基本のわかめラーメンのスープにしじみの持っている風味が
じわっと広がるようなタイプの味わいなのかと思っていたら、
まず主役としてしじみが前面に出てきたのには驚きました!

ただ、最初から最後まで徹頭徹尾しじみが出るわけではなくて、
まずしじみが来てから、わかめラーメンらしいわかめの風味や、
醤油の旨味、さらに魚醤などの風味がそこに重なってきます!

こうして食べてみると、基本の「わかめラーメン」のスープとは
共通性は大きいながらも、いろんな点に違いが見られますね!

基本の「わかめラーメン」はもう少し醤油の存在感が強めて、
そのキレの良さにわかめをはじめとした磯の香りが重なりますが、
こちらはしじみが前面に出る分だけ醤油がやや後ろに下がってます!(*゚ー゚)

しじみを主役にするためのバランス調整が行われてるのですよね!

なので、基本線としては「わかめラーメン」を踏襲しながらも、
単なる「わかめラーメン」+しじみには終わっていないですね!

自分としてはこの味を「わかめラーメン」の基本にしても、
別にいいのではないかと思うぐらいのものは感じましたが、
貝だしって案外人を選ぶようなところもあったりするだけに、
おそらく今後もこうした扱いでの販売になるように思いますね!

ただ、間違いなくスープの完成度は高いと言っていいでしょうし、
「わかめラーメン」と貝だしが好きなら外れることはないですね!

スープの原材料はしょうゆ、植物油脂、食塩、デキストリン、糖類、
香辛料、でん粉、たん白加水分解物、酵母エキス、魚醤、オルニチン、
シジミエキス、香味油、鶏・豚エキスという構成となっています!

基本の「わかめラーメン」の原材料とも比較してみましょう!

しょうゆ(有機丸大豆醤油10%)、砂糖、植物油脂、食塩、
たん白加水分解物、発酵調味料、魚介エキス、香辛料、酵母エキス

砂糖が減って植物油脂が増えるなどの違いも見られますね!
また、動物系エキスが今回入っているというのも注目です!

おそらく今回のほうがスープ全体が複合的になっていて、
なおかつ油脂もちょっと強められているのでしょうね!

その分だけオーソドックなラーメンに近づいた要素もなくはないです!
「わかめラーメン」の持つソリッドな部分を少しそぎ落とした感じですね!

麺は中細ぐらいのオーソドックスな油揚げ麺となっています!

どんぶり型と縦型カップということで違いはあるのですが、
できるだけ「わかめラーメン」の麺に似せてはいますね!

こちらのほうがややがっしり感が強めにも感じましたが、
スープとのなじみ、ほどよいコシ、わかめとの絡みなど、
わかめラーメンとしてのポイントは押さえられてましたね!

縦型になったからといって、大きな劣化などは感じませんでした!(=゚ω゚)

麺の量は70gで、カロリーは368kcalとなっています!
脂質は14.6gと、基本の「わかめラーメン」より少しだけ高いです!

というのも、基本の「わかめラーメン」より麺量が6g多いですしね!

具材は主役のわかめ、メンマ、コーン、ごまとなっています!
この具材の組み合わせはいつもの「わかめラーメン」と同じですね!

わかめが幅を利かせる中でコリコリ感を見せてくれるメンマ、
少量ながらもその甘味によって存在感を立ててくれるコーン、
プチプチとした食感と香ばしさで全体のアクセントになるごまと、
おなじみの具材がしっかりと活躍しているのはうれしいところです!

そして主役のわかめですが・・・やはりクオリティは高いですね!(*゚◇゚)

「わかめラーメン」というと、その量にまず注目が集まりますが、
そのわかめの質が高いというのも実は重要な要素なのですよね!

カップ麺のわかめの多くがペラペラなものであるのに対して、
「わかめラーメン」のわかめは全体的に肉厚なのですよね!

この食べごたえもまた間違いなくポイントの一つと言えますね!

量についてはどんぶり型のほうが多いという感じはしますが、
それでも十分な量を備えていると言える水準ではありますね!

基本の「わかめラーメン」の良さはきっちりと踏襲しながら、
しじみを立てることで旨味でも勝負できるスープとなっている、
スープに関して言えばレギュラー版以上と言えるかもしれません!

もちろん貝だしが苦手な人は避けたほうがいいとは思いますが、
そうでなければ十分にオススメできる一杯と言えるでしょう!(゚x/)モキュン

【関連記事】
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/18発売 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん

12/18発売のエースコック「EDGE 辛節かけすぎカレーうどん」を食べました!
先に紹介した「EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」との同時発売です!

12/18発売 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん

唐辛子と魚粉を合わせた辛節を大量にかけるという手法は
この「EDGE」シリーズではもはや定番の一つになってますね!

唐辛子を大量にかけるのはやりすぎ感の演出としてわかりやすいですし、
なおかつ魚粉を加えることで量の多さを強調しやすくなりますからね!

ただちょっとマンネリ化してしまっているところもありますが!(=゚ω゚)

今回のポイントは合わせているのが「カレーうどん」という点ですね!
これまでは豚骨ラーメンか汁なし系のどちらかでしたからね!

12/18発売 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん(内容物)

例によってカップの中で粉末スープをまとった小袋が入っています!
他の具材についてはいかにも少なそうな雰囲気が漂っていますね!

12/18発売 EDGE 辛節かけすぎカレーうどん(できあがり)

この魚粉がどさっと乗るスタイルはあの「辛辛魚」と同じですね!

まずは基本のスープですが・・・ベーシックなカレーうどんですね!(*゚ー゚)

いかにもエースコックらしいというか、玉ねぎの風味が効いた
ほどほどにスパイシーなタイプのカレーうどんとなっています!

そして魚粉のない状態でもちょっと魚介の風味が入ってますね!

それも和風だしを合わせたような感覚とはちょっと違っていて、
少量の魚粉を入れたようなややワイルドさのある魚介感です!

後入れの辛節で軽くかき消されてしまうような魚介風味ですが、
辛節とのまとまりをよくするためにつけられてるのでしょうね!

そして辛節をまぜると・・・一気に辛味と魚介感が増しますね!(●・ω・)

この辛節をまぜるという方法はもはや定番の一つになってますが、
今回はカレーうどんと合わせたというのがやはり効いてますね!

豚骨と合わせることで、前面に辛味と魚介の風味を立てながら、
ベースを豚骨のコクで固めるスタイルはもう普通になってますが、
これだけ辛節を入れるとなると、他の軽いスープを合わせると、
単に辛節が一方的に立っている味になりがちなのですよね!

ですが、ここがカレーだと辛節が強くても一辺倒にまではならず、
辛節が強く出ながらも、ベースをしっかりとカレーが固めている、
そうすることできちっと全体の調和が取られているのですよね!

辛さも辛節によるものだけでなく、カレースパイスも入るので、
そこも全体の相乗効果を生むうえで大きなプラスになってますね!

とはいえ、この「EDGE」はやりすぎをテーマにした商品なので、
調和が取れていることを評価すべきなのかは問題もあるのですが!

スープと辛節の原材料は魚介パウダー、食塩、糖類、カレー粉、
唐辛子、小麦粉、大豆たん白、鶏・豚エキス、ソース、魚介エキス、
ガーリックパウダー、胡椒、酵母エキス、オニオンパウダー、
香味調味料、ジンジャーパウダー、全卵粉となっています!

魚介パウダーと唐辛子の2つを前面に立ててはいながらも、
ちゃんとベースのスープにこだわっていることが見えますね!

麺は幅がせまめで厚みのある油揚げ麺のうどんとなってます!(*゚◇゚)

縦型カップのうどんって、ペラペラの麺のことも多いのですが、
これは写真からもわかるようにしっかりと厚みがあるのですよね!

エースコックは最近こうしたタイプのうどんに力を入れていて、
それがこの商品にも生かされているといった形になってます!

厚みがあることでややがっしりとした食感になっていますが、
時間が経つにつれて徐々にもちもち感も強まってくるなど、
縦型カップのうどんとしてはかなり仕上がりがいいですね!

このところのエースコックのうどんの麺にはハズレがないですね!

麺の量は少なめの50gで、カロリーも267kcalとかなり低いです!
脂質も8.1gと油揚げ麺の商品にしてはずいぶんと低いですね!

「チーズかけすぎチリトマト味ラーメン」は麺60gだったので、
こちらのほうが麺の量が10gも少なくなっているのですよね!

これはうどんのほうが製造コストが高いということなのですかね!

具材は鶏・豚そぼろ、人参、ねぎという組み合わせになってます!

しかも鶏・豚そぼろは例によって味のないスカスカのそぼろです;

エースコックが得意(?)とする、コスト低減目的のそぼろで、
その味のなさと食感からスポンジそぼろなどとも呼ばれています;

まぁ、この商品は具材にコストがかけられないのはわかってましたが、
これを入れるくらいだったらキャベツでも入れていてほしかったですね!(`・ω・´)

ねぎは普通の薬味なので、一番目立っていたのは人参ですかね!

とはいえ、人参も別に何か特別な要素は持ってなかったですが!
それでもカレーらしい具材が入っているのは悪くなかったですね!

「EDGE」のテーマである「驚き&やりすぎ」はなかったものの、
見た目でやりすぎ感を出しながらも実は調和が取れている、
という視点から見るとよくできていたと言っていいでしょう!

でもって、麺についてもクオリティが高かったですからね!

普通に楽しむことができる辛くて魚介の効いたカレーうどんでした!(゚x/)モキュン

【関連記事】
EDGE 辛節かけすぎカレーうどん
EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン
EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2015年)
EDGE 鬼辛アブラそば
EDGE 鬼辛とんこつラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2014年)
EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン
EDGE 鬼辛焼そば
EDGE 鬼マヨ焼そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.