1/7発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン(2019年)

1/7発売のエースコック
「(コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン」
を食べました!

コンビニ限定の「超スーパーカップ」シリーズからの新作ですね!

1/7発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン(2019年)

「超スーパーカップ」の味噌に関しては昨年も同時期に出ていますね!
そのときは「焼豚入り」だったので具材に変更があるようですが!

「超スーパーカップ」の焼豚というと厚切チャーシューの印象がありますが、
もともと味噌に入っていた焼豚はごく普通の薄めのバラチャーシューだったので、
今回の具材変更によって特にコストがカットされたというわけではないようです!

焼豚のかわりにちゃんと鶏だんごがプラスされるという変化もありますしね!(*゚◇゚)

1/7発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン(2019年)(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、ふりかけという構成になっています!
かやくが2袋構成から1袋のみに変わったというのが昨年との違いです!

昨年は焼豚のみが入ったかやくの袋があったのでそれが減ったのですね!

仕上げにピリ辛系のふりかけが入るというのは今年も同じようです!

1/7発売 (コンビニ限定)超スーパーカップ1.5倍 ワンタン味噌ラーメン(2019年)(できあがり)

うん、「超スーパーカップ」らしく具材はなかなか充実してますね!
焼豚が鶏だんごになったからといってさみしくなった感じはないです!

鶏だんごだけでなく、コーンも新たに加えられていますからね!

まずはベースのスープですが・・・基本の状態ではオーソドックスです!(*゚ー゚)

ほんとに素直な味噌系スープで、白寄りでも赤寄りでもない感じで、
塩気こそそれなりに強いものが味噌感がガンガン強く出るわけでもなく、
「ごく普通に食べやすい味噌系スープ」といったぐらいの印象ですね!

なので、この段階だけで食べると一定の物足りなさもありはします!

そこでふりかけを全体にまぜると・・・味が一気に化けてきますね!(●・ω・)

ベースのスープだけで食べるとこじんまりとした印象がありますが、
ふりかけが入るとその足りないピースがきれいに埋まるのですよね!

一見するとこのふりかけはピリ辛要素を加えるだけのように見えますが、
むしろこのふりかけが最も強く担っているのは香味野菜なのですよね!

ガーリックや生姜を中心とした香味がギュッと詰め込まれています!

これが加わることによって、全体の味にグッと深みが出てきますね!

そして同時にベースのスープのオーソドックスさがプラスにはたらきます!

ラードであったり味噌であったり特定の要素を前面に立てるのではなく、
味噌、動物系要素、油脂、香味野菜といった各要素のバランスが高まり、
「しっかりとした芯のあるバランス型味噌スープ」に変わるのですよね!

これは何か強い特徴が打ち出されているスープでは逆に出ない良さですね!

ごく軽めのピリ辛要素によって味が引き締まるという効果も出てますし、
ふりかけの中に入ったごまが軽い香ばしさも付与してくれてるのですよね!

最近の味噌ラーメンは何か強い特徴を打ち立てる傾向が強いですが、
「そうではないけどクセになる」このスープは今では逆に個性的です!

また今回のスープのもう1つの特徴は何気に塩分量が高いという点です!
大盛カップとはいえ、食塩量8.5gというのはかなりの高さですからね!

しかしながら麺と食べている限りは別に塩辛くは感じないのですよね!
極端な個性を持たない分を塩分濃度で上手く補っている印象すらあります!

さすがにスープを飲むとちょっと塩気が強いなとは感じはしますが!

スープとふりかけの原材料はみそ、動物油脂、しょうゆ、ポークエキス、香味調味料、
香辛料、植物油脂、食塩、砂糖、ねりごま、ごま、魚介エキス、酵母エキスです!

麺はそこそこ太めの断面の丸い油揚げ麺となっています!

実は昨年からの変化の大きなポイントの1つはこの麺なのですよね!
というのも、湯戻し時間が5分から4分へと短縮されていますからね!

また昨年の麺はおそらく断面が四角かったという記憶があるのですが、
今年は断面が丸くなったことで口当たりが少し軽めになっています!

たしかに昨年は食べたときに麺の主張がけっこう強かったのですよね!

それに比べると今年は食感の麺でもそこまでゴリゴリ主張しませんし、
より自然に麺がスープとともにするっと入ってくる印象がありました!(=゚ω゚)

麺の量は大盛の90gで、カロリーは518kcalとなっています!
脂質は21.0gで、油脂感はあまり強くないですが意外と数字は高めです!

具材はワンタン、鶏だんご、コーン、ねぎとなっています!

ワンタンはトータルとして見ると皮もきちんと戻ってますし、
餡もそれなりに充実していてクオリティは十分に高いです!

ただごく一部皮が重なっている部分が戻りにくいようですね!
それゆえにごくごく一部ながらも少し硬く感じる部分はあります!

とはいえ、気にしないでいられる範囲にはとどまっているので、
あまり気にせずに普通に食べればそれほど問題はないでしょう!(`・ω・´)

そして焼豚のかわりに入った鶏だんごですが、質はいいですね!

エースコックはあまり高頻度では鶏だんごを使ってこないのですが、
けっこう質の高い鶏だんごをレパートリーに持ってるのですよね!

これならノーマルな焼豚よりもむしろよくできていると言えますね!

コーンも具の豪華さをさらにプラスする効果としては十分ですね!
ねぎは普通の乾燥ねぎながらも、薬味としての存在感は強いです!

何かわかりやすいインパクトがあるわけではないけどバランスが良く、
食べていてするすると入って引き付けるものがある意外な良作ですね!

味噌ラーメンもタイプによって好き嫌いは一定程度分かれますが、
この商品に関してはそうした人を選ぶ要素がないのもいいですね!

バランスが良く、上手くまとまった味噌ラーメンでございました!(゚x/)モキギョン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)

12/24発売のエースコック
「わかめラーメン しじみだし・しょうゆ」
を食べました!

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)

昨年35周年を迎えた「わかめラーメン」からの縦型商品ですが、
この3年ほど年末向けの定番商品として定着しつつありますね!

このブログでも昨年に発売されたバージョンを紹介してます!(*゚ー゚)

しじみというと肝臓にいいというふうによく言われることから、
忘年会・新年会シーズン向けにこの時期に発売してるのでしょうね!

自分はアルコールを飲まないのでそのあたりは全然関係ないのですが!

それよりも食塩の摂りすぎをカバーするような商品がありがたいですが、
塩分が多いのが基本であるカップ麺にそれを求めるのは酷でもありますね!

それにしてもクリスマスの時期にわかめ7倍わかめ3.5倍を食べたので、
わかめラーメンシリーズを見てもちょっと構えてしまうようになってますね;

もちろんこの商品はそんなメチャクチャわかめが多い商品ではないですが!

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)(内容物)

お湯入れ前の写真だとそれほどわかめが多いようには見えませんね!
ただわかめは湯戻しすると急に多くなるので油断は禁物ですが!

エースコックらしくカップの中には液体スープが入っています!
でもそれほど粉末まみれではないので取り出すのは比較的楽です!

12/24発売 わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)(できあがり)

うん、やはりわかめラーメンらしくわかめはたっぷり入ってますね!

(*・ω・)わかめアートは?
         クリスマスはとっくに終わりました!(・ω・*)

(*・ω・)12/24発売やから期待するやん
         シャラップ!(・ω・*)

この写真では撮影用にわかめを多少横にほうにずらしていますが、
普通に作るとちゃんと麺が全部隠れるぐらいにわかめがあります!

メンマとコーンが入るという構成もわかめラーメンらしいですね!

まずはスープですが・・・うん、しじみの風味がしっかりします!(●・ω・)

わかめラーメンシリーズはもともと魚介寄りのスープなので、
こうした貝系の味わいとも非常に相性がいいのですよね!

なので、レギュラー版とは異なるアレンジ商品という位置づけながら、
これがそのままレギュラー商品になっても不思議でない安定感があります!

わかめからにじみ出るおいしさとしじみの少しクセを感じさせる
二枚貝特有の旨味が合わさることで磯の旨さを強く感じます!

わかめとしじみの相性はもう間違いないと言っていいでしょうし、
レギュラーのわかめラーメン以上と言えるぐらいのマッチングです!

この2つの素材は味噌汁とかだと、両方入ることもありますからね!
そういう点からその相性の良さはよく知られたものとも言えますね!

そしてベースとして軽めではあるものの動物系も入っています!

レギュラーのわかめラーメンには動物系の要素が全く入らないので、
この商品に合わせてしじみ以外も多少の調整はしてるのですね!

また生姜や白胡椒などの香辛料も多少加えられてはいるのですが、
この点はレギュラーのわかめラーメンよりは明らかに控えめです!(=゚ω゚)

レギュラーのわかめラーメンはスパイスが後入れになっていますが、
こちらは粉末スープの中にちょこっと仕込まれているだけですからね!

なので、基本のわかめラーメンよりは刺激が控えめでしっとり、
そのかわりしじみによって旨味が厚みなっているという感じです!

そこに少しの油脂によって軽くコクを与える感じになってますね!

スープの原材料はしょうゆ、植物油脂、食塩、デキストリン、糖類、
香辛料、でん粉、たん白加水分解物、魚醤、酵母エキス、オルニチン、
シジミエキス、香味油、ポーク調味料という構成になっています!

昨年版の「しじみだし・しょうゆ」とちょっと比較してみましょう!

[2017年版のしじみだし・しょうゆ]
しょうゆ、植物油脂、食塩、デキストリン、糖類、香辛料、
でん粉、たん白加水分解物、酵母エキス、魚醤、オルニチン、
シジミエキス、香味油、鶏・豚エキス

ごく微妙に一部の順番が変わり、動物系から鶏が外されてますね!

ただもともとスープの中における動物系の比重が少ないことから、
全体の味わいはおおむね昨年版を踏襲していると言えるでしょう!

麺はごくオーソドックスな断面の丸い中細の油揚げ麺となっています!

特にひねりはなく、ちょっとスナック感のある普通の油揚げ麺で、
早めに食べ始めるとちょっとだけポソッとした食感があって、
時間が経つにつれてスープとのなじみが良くなってきますね!(*゚◇゚)

それでもやはり一定の油揚げ麺の風味は持っていることから、
早めに食べ始めるとちょっとスープとぶつかる面はあります!

ただもともとこの麺は単体で楽しむようなタイプではないので、
少し遅めに食べてスープとのなじみを良くするほうがいいですね!

そうすると相対的に油揚げ麺の風味もあまり感じなくなりますしね!

麺の量は70gで、カロリーは365kcalとなっています!
脂質は15.8gで、麺量を考えるとおおむね標準的ですね!

縦型になって全体的な見た目がコンパクトになっていることから、
レギュラーのわかめラーメンよりも量が少ないと思われるかもですが、
実はレギュラー版の麺量は64gなので、こちらのほうが多いのですね!

なので、決してボリュームが劣っているといったことはありません!
一応は「縦ロング」系商品なので、麺量はそこそこあるのですよね!

具材はわかめ、コーン、メンマ、金ごまという組み合わせです!

この構成はまさしくわかめラーメンそのものと言えるでしょう!

わかめは量がしっかりあって、なおかつシャキシャキした食感で、
わかめラーメンシリーズらしいおいしさがしっかりと楽しめます!

メンマもコリコリ感が強く、コーンは甘さがアクセントとなり、
ちゃんとそれぞれが自分の役割を果たしているといった感じです!

そして今回の密かなポイントが金ごまの使用だったりするのですね!(`・ω・´)

カップの側面でも金ごまを使っていることをアピールしていますし!

でもって、この金ごまがしっかりといい仕事をしているのですよね!

自分の家ではもともと白ごまより金ごまを使うことが多いのですが、
たしかに金ごまのほうが白ごまより香ばしい風味が強いのですよね!

そうした金ごまの特徴はこの商品からもはっきり感じ取れますね!

縦型であることでごまが麺やわかめに絡みやすい特徴もありますが、
そこに乗ってくるごまの香ばしさが明らかにいつもよりも強いです!

これはなかなか意外なところで面白い工夫をしてきた感じですね!

いつものわかめラーメンらしいおいしさをしっかり踏襲したうえで、
しじみの旨味をグッと効かせ、金ごまによって香ばしさもより高める、
期間限定商品ながら非常に安定感を感じさせてくれる仕上がりでした!

年末年始にしっとりと食べるのに向いたわかめラーメンでございました!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん

12/17発売のエースコック
「スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん」
を食べました!

ここ数年冬の定番となりつつある「ブタキムうどん」からの新作です!

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん

これまでは「ブタキム」のスープをちょっとソフトにしながら、
和風だしの旨さを加えるという方針だった「ブタキムうどん」ですが、
今年は「ブタキム」にチーズを合わせるという方向で来ました!

キムチとチーズはどちらも発酵食品ということで相性が良く、
過去にはカップヌードルなどでもこの組み合わせが出てますね!

なので一見奇抜そうに見えますが、相性は問題なさそうですね!(*゚ー゚)

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、調味油という構成になっています!
いつものように「ブタキムオイル」で仕上げる形になってますね!

内容物の組み合わせも過去の「ブタキムうどん」と同じですね!

12/17発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキムチーズ味うどん(できあがり)

あら、ずいぶんと白い感じの仕上がりになっていますね!

過去の「ブタキムうどん」の記事の写真と見比べてみると、
「ブタキムオイル」の量が少なく、色もやや薄いですね!

まずはスープですが・・・ほう、ずいぶんまろやか仕上げですね!(●・ω・)

もともとこの「ブタキムうどん」は従来の「ブタキム」の持つ
ワイルドさを少し差し引いたうえで、そこに優しさを持ち合わせた
和風だしを重ねることでバランス感を重視した仕上がりなのですが、
今回はさらにワイルドさよりも丸みを強調する味となっていますね!

スープだけを飲むとたしかに「ブタキム」らしさはあるのですよね!

ガーリックなどの香味野菜が強めの豚骨醤油がベースとなっていて、
そこに「ブタキムオイル」によってキムチの風味がつけられていますが、
それでもやはりこれまでよりもずいぶんやわらかい味わいになってます!

いつもの「ブタキム」より4割ぐらいワイルドさが控えめと言えるかもです!

「ブタキムオイル」はいつもの「ブタキム」らしい味は出してますが、
色の薄さなどからもわかるように、それほど攻撃的ではないですしね!

そしてさらに今回はここにチーズが加わるのでさらにまろやかです!

チーズは軽く加えられているというよりはスープの根幹の一つに近く、
豚骨醤油と等価なぐらいの強さで主張する存在となっていますね!

ただ両者がぶつかったり、ケンカしているというような印象はないです!
豚骨醤油との交わりという点では上手くいっていると言っていいですね!(*゚◇゚)

また昨年まで特徴的だった和風要素は今年はかなり弱くなってます!

なので、昨年までが少し控えめなブタキム+和風だしだったのに対し、
今年はその和風だしがチーズに置き換わったような感じと言えますね!

ただ細かく見ていくと、豚骨醤油とチーズを同じぐらいの強さでベースとして、
そこに「ブタキム」要素がオイルによって付加的に加わるといった感じに近いです!

昨年がブタキム要素、豚骨醤油、和風だしがそれぞれ等価だったとするなら、
今年は豚骨醤油とチーズが優勢で、ブタキム要素が一歩後ろにいる感じです!

これはこれで「食べやすくまろやかなブタキム」として成立していますが、
もう少しブタキムのワイルドさを立てたうえで、ガツンとチーズとぶつかり合い、
そうすることで相乗効果が生まれるような方向を狙っても良かったかもですね!

どうもチーズに対して「ブタキム」の要素が遠慮している感がありました!

スープの原材料は食塩、乳化油脂、砂糖、植物油脂、乳等を主要原料とする食品、
粉末しょうゆ、ポークエキス、動物油脂、香辛料、香味油、ポーク調味料、
チーズパウダー、魚介エキス、ごま加工品、オニオンパウダー、酵母エキスです!

2年前の「ピリ辛ブタキムうどん」と原材料を比較してみましょう!

[ピリ辛ブタキムうどん(2016年)]
食塩、動物油脂、豚エキス、植物油脂、砂糖、香辛料、しょうゆ、
魚介エキス、香味油、でん粉、ポークコラーゲン、クリーミングパウダー、
酵母エキス、キムチパウダー

こうして見ると、明らかに豚要素と動物油脂が弱められていますね!
これがワイルドさが下がったことの大きな要因と言えるでしょうね!

そのかわり乳製品に近いものがずいぶんと多く加わっていますね!
チーズ要素をかなり強めに打ちだしてきていることがわかります!

麺は最近のエースコックらしさが出た分厚さのある油揚げ麺のうどんです!

エースコックのうどんはこのところいいものが多いのですよね!

日清や東洋水産と比べると、麺の厚みがかなり強めになっていて、
そのかわりちょっと幅がせまい細うどん風の見た目となっています!

そして食感がかなりしっかりとしているのがポイントなのですよね!(`・ω・´)

かといって、わしわし系の無骨な食感のうどんというわけでもないです!

食べ始めの頃はちょっとがっしりとした食感が強く出るのですが、
少し時間が経つと「パワフルなもちもち系」的な雰囲気が強まって、
「噛んで楽しめるうどん」としての個性がしっかりと出てきます!

このうどんは今ではエースコックの大きな武器の一つになってますね!

でもって、この商品は例年に比べるといくぶん味は優しめながらも、
一般的な和風だしのうどんと比較すればまだまだワイルドな味なので、
こうしたしっかりとした強さのあるうどんと上手く合うのですよね!

この点はこの商品の持っている大きな強みの一つと言っていいですね!

麺の量は大盛の90gで、カロリーは479kcalとなっています!
脂質は19.9gで、面白いことに2年前より高くなってるのですよね!

調味油が減ったかわりに、チーズによる油脂が加わったためでしょうね!
わかりやすい油脂感ではなく、スープに溶け込んだ油脂という感じです!

具材は豚肉、白菜キムチ、ねぎ、唐辛子という組み合わせです!

基本的にはいつもの「ブタキム」とそれほど変わらないのですが、
ちょっと豚肉や白菜キムチのボリュームが下がってる気がしますね!

2016年バージョンなどは豚肉に関してはもっと充実してましたしね!(=゚ω゚)

このあたりはチーズによって少々コストがかさんだのかもですね!

あるいは今回の商品はいつものようにコンビニ限定商品ではなく、
スーパーでも扱っているので、それが一つの理由かもしれません!

それによって全体の製造コストを下げている可能性もありますし!

白菜キムチはシャキシャキとした食感が楽しめるやや浅漬け的なキムチで、
まぁいつもの「ブタキム」のキムチと変わらないと言っていいでしょう!

豚肉に関してはちょっと細切れっぽいですが、リアルな質感ではあります!

今回はなぜか1つだけブロック状の豚肉が入っていたのですよね!

細かい薄切り肉5枚分ぐらいのものが1つに固まったようなもので、
大きいことで湯戻しが進み切らず多少ジャーキー的になってましたが、
大きめの肉ということでちょっと得したような気持ちにはなりましたね!

おそらく製造工程上の何らかのミスでこちらに紛れ込んだのでしょう!
本来はこれをカットして薄切り肉にしているっぽい感じでしたからね!

ねぎはごく普通の薬味向けの乾燥ねぎですが、量がけっこう多いので、
全体にアクセントを加える薬味としての役割はしっかり果たしています!

輪切り唐辛子は2つだけだったので、存在感はほとんどなかったです!
ただ意識して噛むと、しっかりとした辛味は感じ取れましたが!

もともと「ブタキムうどん」はバランス重視型の味ではありましたが、
今年は例年以上に「ブタキム」の持っているワイルド感を抑え気味にして、
そこをチーズで補ったことで食べやすさに重点を置いた味になってましたね!

「ブタキム」のワイルドさを求めるとちょっと肩透かしになるかもですが、
スープとチーズの相性は良く、バランスのいい一杯ではありましたね!(゚x/)モキキョン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍

6/11発売のエースコック
「EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍」
を食べました!

6月に発売されたEDGEとわかめラーメンのコラボ商品の1つですね!
しょうゆ」バージョンに関しては発売されてすぐに紹介しています!

           またわかめ・・・;(・ω・*)
(*・ω・)なんや、文句があるんか

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍

もともとは発売されたときに2つとも紹介するつもりでしたが、
たしかなかなか見つからず入手が遅れたように記憶しています!

それで紹介のタイミングを逸したという事情もあったのですよね!

かといって紹介せずに終わるにはもったいない商品ですし、
すでに賞味期限は過ぎていますが何とか紹介にこぎつけました!

それにしても発売当初は3.5倍というだけでインパクト抜群でしたが、
その後に7倍バージョンが発売されたことでかすんでしまいましたね(;゚ω゚)

一応は昨日と違って「みそ」味なのでその分とっつきやすいですが!
ただこの2日のわかめ攻めで当分わかめは避けたくなるでしょうね;

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、調味油という組み合わせです!
7倍バージョンとは違って、かやくは1袋に収まっています!

昔は「わかめラーメン」の味噌というと液体スープでしたが、
いつのまにか粉末スープ+調味油の形になっていたのですね!

どうもこれは今回の「EDGE」に限った話ではないようですし!

麺は明らかに「しょうゆ」のときに比べると太くなってますね!(*゚◇゚)

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍(わかめ)

今回はもともとわかめ単独の写真を撮るつもりはなかったのですが、
皿に移してるうちに「やっぱり多いな」と思って撮ることにしました!

さすがに7倍と比べると3.5倍は多少見劣りはしてしまうものの、
それでも中ぐらいの皿を軽く満杯にするだけの分量はあります!

これだけのわかめを一気に食べる機会なんてあまりないですしね!

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍(デコレーション)

           わかめは! わかめはどこ行ったんや!(・ω・*)
(*・ω・)わかめ・・・? 何の話や

           さっき大量のわかめを見せたばっかりやろ!(・ω・*)
(*・ω・)あぁ、そんなんあったなぁ、てっきり忘れてた

           2日連続わかめアートで来るかと思ったら拍子抜けやないか(・ω・*)
(*・ω・)仕方ないやないか、わかめ行方不明になったんやから

           しかも何やこのシュールな絵は;(・ω・*)
(*・ω・)失礼なこと言うな! 荘厳な佇まいやないか!

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍(デコレーション:わかめ添え)

(*・ω・)あぁ、わかめ横にあったわ
          わかめはこのラーメンの主役やろ! ちゃんとわかめ使えや!(・ω・*)

(*・ω・)せやけどわかめはクリスマスと何の関係もないからな、どけるのが自然や
          昨日「クリスマスとわかめの深い関係」とか言うてたやないか!(・ω・*)

(*・ω・)あぁ、あれか あんなんただのデタラメや
          ひどい!(・ω・*)

6/11発売 EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍(わかめツリー)

(*・ω・)あんまりうるさいからわかめ使ったったで
            やっつけすぎる!(・ω・*)

(*・ω・)おう、大量のわかめをやっつけたったで
            いや、そのやっつけじゃなくて(・ω・*)

            ツリーにわかめを張り付けただけやないか;(・ω・*)
(*・ω・)そうや、せやからやっつけ仕事やなくて張り付け仕事と言ってもらわんと

さて、そのスープですが・・・やっぱりわかめの主張が強いですね!(●・ω・)

おそらくわかめの要素を除くとごく普通の味わいなのでしょうね!

豚をベースに魚介系の旨味を効かせた味わいがベースとなっており、
味噌感もほどよく、優しくバランス感の高いスープとなってます!

おそらく標準の「わかめラーメン」はわかめの量がほどほどなので、
そうしたベースのスープの個性がもう少しはっきり出るのでしょうね!

ただこの商品はわかめが3.5倍ということでわかめから出る風味が強いので、
その分だけ「磯の香りが強い味噌ラーメン」感が強く出ていますね!

とりあえず標準バージョンとスープの原材料を比較してみましょう!

[今回の商品]
粉末みそ、食塩、砂糖、動物油脂、植物油脂、ポーク調味料、香辛料、
魚醤(魚介類)、たん白加水分解物、ポークエキス

[標準版]
みそ、食塩、砂糖、動物油脂、植物油脂、豚エキス、香辛料、
魚醤(魚介類)、たん白加水分解物

みそが粉末みそに、豚エキスがポーク調味料とポークエキスに、
分けられて書かれているという点以外は全く同じですね!

           ところで何か言うべきことはないか(・ω・*)
(*・ω・)調味オイルを入れ忘れたまま食べました;

           デコレーションに必死になってるからやろ;(・ω・*)
(*・ω・)いや、もしかしたら年のせいかもしれん

           どうした、急に真面目なこと言うて(・ω・*)
(*・ω・)これが「おいる」と言うことやな

           ・・・・;(・ω・*)
(*・ω・)メリークリスマス!

  彡 ピコンッ
  ☆ ロ─c(・ω・*)ごまかすな!
(*・ω・)ごふっ!

ちなみに調味油は豚脂と野菜を炒めた風味の油脂のミックスのようで、
これが入るともっとコクと香ばしさが加わる形だったのでしょうね!

あっさり食べたい場合は調味油なしでも普通に成立はしていますが!

麺は味噌ラーメン向けにやや太めの油揚げ麺となっています!
これは標準の「わかめラーメン みそ」でも同様のようですね!

ただ湯戻し時間は3分と太麺ではありながらも普段と変わりません!

(*・ω・)麺やわっやわやったけどな
          そらあんだけデコレーションに時間かけてたらな;(・ω・*)

おかげで太麺の食感は恩恵はほとんど感じることはなかったですね!

ただそうした時間が経ってスープと一体化した麺もいいものですが!

スープと完全に一体化することで麺の側の味がはっきりするので、
大量のわかめの味にも負けないという利点もあったりしましたね!

麺の量は60gで、カロリーは334kcalとなっています!
脂質は12.6gで、わかめのおかげで脂質は非常に低いです!

調味油を入れたとしても12.6gというのはありがたいですね!

具材は3.5倍のわかめと3粒だけ入ったコーンとなっています!
今回のコーンはほんと少なくて存在感は全くなかったです;

ごまも入ってましたが、醤油のときほどは目立ってなかったですね!

ただわかめに関しては3.5倍のこちらもかなり強烈でしたね!

さすがに7倍のときよりはボリュームが落ちるのはたしかですが、
麺と一緒に食べる分にはこれ以上ない存在感がありましたね!

でもって、意外とこのわかめ大量がクセになる味わいですからね!

(*・ω・)白いツリーも食べごたえ抜群やったで
           それ、たわし食うてるようなもんやで;(・ω・*)

(*・ω・)たわし旨いやん、大好物や
           普段何食うてんねん!(・ω・*)

(*・ω・)サンタもトナカイもなかなかの味やった、クリスマスケーキにもよう乗ってるしな
           今回のサンタってメレンゲ菓子やったっけ?(・ω・*)

(*・ω・)いやプラスチックやったで
           だからそれ食うたらあかんて!(・ω・*)

(*・ω・)わかめシャキシャキ、サンタバキバキ、食感重視の一杯やった
           その発言はともかく、味は良かったな(・ω・*)

(*・ω・)もう少し油脂のコクがあれば良かったけどな
           それは調味油入れ忘れたせいやろ!(・ω・*)

素朴な味噌の味にツリーの磯の香りがたっぷり広がる一杯でした!(゚x/)モギーモキュキュキュキュ

【関連記事】(わかめラーメンシリーズ)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

【関連記事】(EDGEシリーズ)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン
EDGE 辛節かけすぎカレーうどん
EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン
EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2015年)
EDGE 鬼辛アブラそば
EDGE 鬼辛とんこつラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2014年)
EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン
EDGE 鬼辛焼そば
EDGE 鬼マヨ焼そば

クリスマスイルミネーション2018 その3(てんしばにて)
(2018年12月21日撮影 てんしばにて)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/11発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍

9/11発売のエースコック
「わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍」
を食べました!

セブンイレブンのみで発売されていた商品となります!

        このタイミングでわかめ・・・;(・ω・*)
(*・ω・)何ぶつぶつ言うとるんや!

9/11発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍

今年は「わかめラーメン」が35周年を迎えたということで、
6月11日にわかめ3.5倍バージョンが発売されて話題になりました!

その3.5倍のインパクトがかなり強烈だったということで、
もうこれを超えるだけの商品はそうそう出ないと思っていたら、
なんとそのほんの3ヶ月後にセブン限定で「7倍」版が出ました!

3.5倍でもすごかったのに、その倍の7倍は驚かされますね!

今回は一応わかめが増えたことに合わせて麺も増えてますが、
それでも全体量は圧倒的に麺よりわかめが多いでしょうね;

9/11発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍(内容物)

内容物はかやく2袋、液体スープ、スパイスとなっています!
かやくが2袋になっている点以外は標準バージョンに近いです!

かやくは片方がわかめとコーン、もう片方がわかめとごまです!
2袋に分けないとさすがに7倍の量は入らなかったのでしょうね!

9/11発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍(わかめ)

例によって具材を整えるためにいったんわかめを外に出しましたが、
そのあまりのわかめの量の多さに思わず写真を撮りたくなりました!

まさかこのサイズの皿が軽くわかめで覆われるとは思わないですからね!
さすがにちょっと「ラーメンの具」としてのレベルを超えていますね!(=゚ω゚)

それなりに大きい皿が簡単に一杯になるぐらいの量なわけですからね!

9/11発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍(できあがり:わかめツリー)

(*・ω・)さすが7倍だけあって、わかめツリーも大迫力や!
       突っ込みたいけど、これはたしかに圧倒される;(・ω・*)

(*・ω・)ネタを超えて、もうしっかりアートになっとるな
       ごまの白い粒が緑の中でほんまに映えてるのが微妙に腹立つ;(・ω・*)

       ていうかこれやるために、この商品を紹介せずに残してたやろ(・ω・*)
(*・ω・)何事も計画性が大事や

       9月からこんなこと考えてる奴イヤやわ;(・ω・*)
(*・ω・)なんやと! 失敬な!

2年前の「ペヤング わかめMAX」に続いてのわかめアートとなりました!

大量のわかめはガチでクリスマスツリーっぽくなりますからね!(*゚◇゚)

まずはスープですが・・・一応、基本はいつもの味と同じですね!

スープの原材料を標準版、今年6月の3.5倍版と比較してみましょう!

[今回の商品(わかめ7倍)]
しょうゆ、砂糖、植物油脂、たん白加水分解物、発酵調味料、食塩、
香辛料、ニボシペースト、オイスターエキス、カツオ風味調味、酵母エキス

[6月に出た3.5倍版]
しょうゆ、砂糖、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、発酵調味料、
香辛料、ニボシペースト、オイスターエキス、カツオ風味調味料、酵母エキス

[標準版]
しょうゆ(有機丸大豆醤油10%)、砂糖、植物油脂、食塩、
たん白加水分解物、発酵調味料、魚介エキス、香辛料、酵母エキス

3.5倍との違いは食塩の含有量が少し減っているだけですね!
これはわかめから出る塩分を多少考慮してのものでしょう!

標準版は醤油に丸大豆醤油が入ってるかどうかの違いがありますが、
基本的には食塩の量を除いては大きな違いはないと言えるでしょう!

標準版の「魚介エキス」がニボシペーストとオイスターエキスと
カツオ風味調味料に分けて書かれているという違いはありますが、
これももともとの「魚介エキス」と中身はほぼ同じでしょうしね!

なので、ベースのスープに関してはほぼ同じものと言えるのですが、
実際には具材のわかめによって体感的な味はけっこう変わってます!

さすがにこれだけの量のわかめがあるとスープへの影響も大きく、
スープがほぼ「わかめ味」に近いものになってきますからね!

(*・ω・)さしずめ「クリスマスツリー味」といったところやな
         今回のわかめツリーと本物のツリーを混同しとるで!(・ω・*)

(*・ω・)何を言うとる 世のツリーはどれもわかめでできとるんやぞ
         そんなわけあるか!(・ω・*)

         そもそもわかめは本来クリスマスと何の関係もないやろ;(・ω・*)
(*・ω・)何やて? クリスマスとわかめの深い関係も知らんのか!

(*・ω・)クリスマスの定番「ジングルワカメ」、誰もが知る名曲や
         「ジングルワカメ」!? そんなん初耳やぞ!(・ω・*)

(*・ω・)「ホワイトワカメ」、これも心に沁みるええ曲や
         いったいどんな歌やねん; わかめを白く脱色でもしたんか;(・ω・*)

(*・ω・)知らんのか? おからとわかめをまぜた料理のことや
         それ歌ちゃうし、クリスマスとも関係なくなってるやん!(・ω・*)

麺はいつも通りの中細ぐらいの太さの油揚げ麺となっています!

原材料を見ると通常版に砂糖が加わっているという違いはありますが、
体感的には食感も味もいつもと特に差はないと言っていいでしょう!

          ツリー作ってる間にのび倒してたけどな(・ω・*)
(*・ω・)気にしたら負けや

(*・ω・)そういえば歌いうたら、「ああベツレヘムのワカメよ」も名曲やな
             どんな歌やねん;(・ω・*)

(*・ω・)ベツレヘムで乾燥わかめに熱湯かけたらもこもこ増えて感動したいう歌や
             いやだからクリスマスとの関係はどこ行ってん!(・ω・*)

          ほんまわけわかめな話ばっかりやな(・ω・*)
(*・ω・)・・・は?

           あんた自分はボケ倒してるくせに、人のボケには冷たいな!(・ω・*)
(*・ω・)そらそうや、クリスマスの時期いうたら冷たいのが普通や

          ・・・この野郎;(・ω・*)
(*・ω・)メリークリスマス!

麺の量は78gで、カロリーは422kcalとなっています!
脂質は17.8gで、麺量を考えるとおおむね標準的ですかね!

麺量は通常版が64g、3.5倍だったEDGEが60gだったので、
一応そこそこではありますが大盛になっていますね!(*゚ー゚)

具材はわかめ、コーン、ごまという組み合わせになっています!
通常版からメンマが外れてますが、他は基本的に維持されてますね!

(*・ω・)白と青の玉も立派な具材やろ、勝手に説明から外したらあかん
             それは飾りのためにつけただけやろ;(・ω・*)

(*・ω・)よくあるメレンゲでできたサンタみたいなものやん・・・もぐもぐ
             この玉はメレンゲ製ちゃう! 食うたらあかん!(・ω・*)

(*・ω・)・・・ほんまや、これは食うもんと違うわ;
             だから言うたやないか、人の言うことは聞かなあかん!(・ω・*)

(*・ω・)こら苦情や! エースコックはほんまこんな具材を入れおってからに!
             あんたが勝手に入れたんやんか!(・ω・*)

(*・ω・)100円ショップで買うた玉やったんがあかんかったんかな
             だからそもそも食うためのもんやないって!(・ω・*)

具材のわかめに関してはもはや説明の必要もないぐらいでしたね;

麺とわかめの力関係では完全にわかめのほうが上回ってましたし!
わかめ2に対して麺が1というぐらいのバランスに感じましたね!

特にわかめのほうは食感もけっこう主張が強いですからね!

ただこの大量のわかめがおいしいのがなかなかいいのですよね!
もしかするとこのバランスにハマってしまう人も意外といたかもです!

さすがに食べ終わりぐらいになるとわかめに飽きてくるのですが、
特に食べ始めの頃のわかめの豪快さは素晴らしいものがありました!

でもってエースコックのわかめはそのクオリティも高いですからね!

ごまは時折プチプチとしてアピールすることもありましたが、
それでも全体的な存在感は標準版よりも遥かに控えめでしたね!

コーンに関しては最後に「あ、あったな」と思う感じでしたし!

ただどちらもツリーの飾り付けとしては自然に溶け込んでましたね!(`・ω・´)

もともとコーンの黄色はわかめの濃い緑に合わせると映えますし、
白いごまはツリーにかかった細かい雪のようにも見えますからね!

今回のごまとコーンはむしろそちらに活躍した印象が強いですね!

(*・ω・)今年もクリスマスらしい記事になって大満足や
             これをクリスマスらしいと言ってええんか;(・ω・*)

大迫力のわかめツリーが全てを持っていった一杯でした!(゚x/)メリーモキュリッ

【関連記事】
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

クリスマスイルミネーション2018 その2(てんしばにて)
(2018年12月21日撮影 てんしばにて)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/10発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)

12/10発売のエースコック
「一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん」
を食べました!

エースコックの「一度は食べたい名店の味」からの新作です!

12/10発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)

新作とは言っても、「ど・みそ」はこのシリーズの定番の1つですね!

最も頻繁に発売されているのは第1弾でもあった「ぜんや」ですが、
それに次いで定期的に発売されているのがこの「ど・みそ」ですね!

「ぜんや」は発売されるごとにけっこう味の方向性が変わりますが、
それに比べると「ど・みそ」は路線がおおむね一定してはいますね!

ただ食べるごとにごく微妙に感じ方に変化があったりはするのですが!

このシリーズでの「ど・みそ」は縦型カップが今回で3回目、
またそれ以外にどんぶり型のPREMIUMでの発売が一度あります!

今回は背脂が20%増量されたというのがポイントのようです!

12/10発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)(内容物)

カップの中に液体スープが入るという構成はいつもと同じです!
液体スープの袋の色は昨年バージョンと同様に緑となってます!

12/10発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)(できあがり)

具材の組み合わせやビジュアルはこれまでと変わらないですね!

まずはスープですが・・・お、今年は何だか山椒を強く感じますね!(●・ω・)

食べているとじわじわではあるものの舌にピリリと刺激が来て、
気付くとふわっと舌にほんのりとした痺れが残ってるのですよね!

ただ山椒系の辛味は何も今年だけ加えられたものではないようです!
自分の過去記事を読んでも1年目でも山椒系を強く感じてるようですし!

また今回はそれと同時に香味野菜の主張をはっきりと感じますね!

特に意外とガーリックの刺激が強く、そこに生姜も重なるなど、
香味野菜によるアクセントを強めにしているのを感じました!

ただ全体のスープの構成を見るといつもとそこまで変わらないです!(=゚ω゚)

やや赤味噌寄りではっきりとした主張を持った味噌ダレを中心に、
それをやや強めの豚などの動物系が支え、さらに背脂が後押しし、
そこに香辛料や香味野菜によってバランスを整えたスープです!

スープの色からもわかるように味噌ダレの主役感が強いのですが、
それでもベースの動物系にも一定の厚みが備わっているので、
ただやみくもに味噌が押してくるようなスープではありません!

そこそこシャープながらもとがりすぎないバランスになってます!

そして今年のバージョンでポイントとなっている背脂なのですが、
たしかに豚系の一部としてスープを支える役割は担ってますが、
20%増えたといってもそこまで目立つような存在ではないですね!

どんぶり型のときはかなり背脂の主張を打ち出してましたが、
縦型カップの場合は背脂はあくまでサポート的なのですよね!

液体スープに含まれる背脂の割合もそこまで多くないですしね!(*゚ー゚)

スープの原材料は粉末みそ、みそ、植物油脂、糖類、ポークエキス、
動物油脂、香辛料、食塩、おからパウダー、ポーク調味料、
発酵調味料、チキンエキス、ポークコラーゲン、酵母エキス、
野菜調味料、魚介エキス、全卵粉という構成になっています!

昨年バージョンの原材料とちょっと比較してみましょう!
ちなみに2年前のバージョンの原材料も昨年と全く同じです!

[昨年・一昨年の原材料]
みそ、植物油脂、糖類、鶏・豚エキス、香辛料、動物油脂、
食塩、おからパウダー、発酵調味料、ポークコラーゲン、
酵母エキス、野菜ペースト、魚介エキス、全卵粉

味噌を2種類に分けて書くようになったり、鶏・豚エキスを
ポークエキス、ポーク調味料、チキンエキスに分けるなど、
内容というよりも表記を変更している箇所が目立ちますね!

ただ香辛料と動物油脂の順番が変わっているのを見ると、
たしかに動物油脂(=背脂)を増やしてはいるのでしょうね!

麺は「ど・みそ」らしいかなり太めの油揚げ麺となってます!

エースコックの太めの油揚げ麺はかなりのがっしり路線ですが、
以前に比べるとこの食感が改善してきてるように思いますね!(*゚◇゚)

以前ははっきり言って規定の5分では戻っていないと言えるような、
食べ始めの頃はとにかくごわごわとした質感が目立っていましたが、
最近は5分の段階でそれなりにもちプリ食感になっていますからね!

麺の戻りが良くなるように改良を重ねているのかもしれませんね!

スープの主張が強いので、太麺でもバランスとしてはいいですね!
太麺だからと言って麺勝ちしているという印象は特にないです!

麺の量は70gで、カロリーは391kcalとなっています!
脂質は13.6gで、麺量を考えるとごく普通の数字ですね!

昨年と比べてカロリーは+1kcal、脂質は+0.7gとなってます!
脂質は少々増えていますが、カロリーはほぼ変わってませんね!

具材は鶏・豚そぼろ、コーン、もやし、ニラ、黒ごまです!

この具材の組み合わせはこれまでの2年と変わってないですね!

鶏・豚そぼろはきちんとした質のいいそぼろが使われています!
エースコックが得意とするスカスカの味のないそぼろではないです!

この普通のそぼろを使ってくれるだけで全体の印象が良くなりますね!(`・ω・´)

コーンについては今年はそこそこ多めに入ってくれてましたね!
パンチのあるスープの中で甘みがいい箸休めになってくれます!

もやしはシャキシャキとした食感でアクセントになってくれますね!

ニラはスープの香味を高めるという点でいい効果を挙げてくれます!
もともと香味野菜の風味を重視したスープになっていますからね!

そして具材の中で意外といい活躍をしているのが黒ごまですね!

この香ばしさが全体の風味の中でいいアクセントになってるのですよね!
何気にこの「ど・みそ」シリーズの隠れたポイントになっていますね!

微妙にそれぞれの構成要素のバランスが変わったようにも思いますが、
基本的にはこれまでのスープの方向性を維持したものとなってましたね!

味噌ダレがしっかりした太めの味噌ラーメンが好きな人にはいいでしょう!(゚x/)モキキッ

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 柚子塩SOBA
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 ニボニボ中華ソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/3発売 スーパーカップ 大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば

12/3発売のエースコック
「スーパーカップ 大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば」
を食べました!

大阪のお好み焼き専門店「千房」とのコラボ商品になります!

それにしても今年の「スーパーカップ」シリーズは元気ですね!
30周年ということで、いろんな企画を実行してきていますね!

12/3発売 スーパーカップ 大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば

カップ焼そばとお好み焼き専門店とのコラボ商品というと、
関西で発売されている日清の「鶴橋風月」がありますね!

「千房」は「鶴橋風月」に負けないネームバリューがありますし、
そういう点ではコラボするうえではいいお店と言えそうですね!

今回は「荒節おどるソース焼そば」という名前になってますが、
「荒節」というのはカビ付けをしていないかつお節のことですね!

カビ付けをしたものが「本枯節」、そうでないものが「荒節」です!

なので、別にカットが荒いとか大きいとかいう意味ではないです!
ごく普通にスーパーなどで買えるかつお節を連想すればいいですね!(*゚ー゚)

12/3発売 スーパーカップ 大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、ふりかけ、かつお節となってます!
なんだか後入れでかける具材的なものが多いという印象ですね!

先入れかやくもありますが、これはキャベツだけとなってますし!

お好み焼き屋さんの焼そばというと具だくさんが多いですが、
こちらはあくまでトッピングで勝負してきている感じですね!

12/3発売 スーパーカップ 大盛り 千房監修 荒節おどるソース焼そば(できあがり)

トッピングの種類が多いので、ビジュアルはなかなかいいですね!

まずはベースのソースですが・・・なるほど炒め感がありますね!(●・ω・)

やっぱりお好み焼き屋さんの焼そばを再現するうえで最も重要なのは、
具材と一緒に鉄板で炒めたような臨場感が出ているかどうかなのですよね!

その点から見てみると、たしかにこの焼そばはよくできてますね!

ソースにしっかり凝縮感があり、ほんのりとした甘さはお好み焼き屋らしく、
そして適度に加えられたラードと炒め感がリアル感を再現しています!

実際に鉄板で豚肉を炒めることで生まれる香ばしさとラードのコク、
そこにソースを加えてまぜ合わせることで味が丸まっていく過程など、
そのあたりまできちっと気を使ったソースなのが伝わるのですよね!

油脂の量だけで言うと、一般的なカップ焼そばより多いわけではなく、
むしろこちらの商品のほうがちょっと少ないと言っていいぐらいですが、
その中でもラードの立たせ方などがきちっとしているのですよね!

ちょっとソースだけだと、鉄板焼きらしいにぎやかさは足りないですが、
それでもベースとなる味としてはそれらしい雰囲気がよく出ています!

ここにふりかけが加わると・・・ちょっとスパイシーになりますね!(=゚ω゚)

ふりかけの内容はアオサ、紅生姜という焼そばの定番トッピングに、
胡椒などのスパイスを加えたちょっとピリッとしたものになってます!

この香辛料を加えたスパイスは同社の「いか焼そば」でも定番ですよね!
というか、「いか焼そば」のふりかけにかなり似ている感がありましたが!

実際の「千房」の焼そばにそうしたスパイス感があるのかは謎ですが、
ただそれによって少し甘めのソースにアクセントがつくのはたしかです!

スパイスそのものより、味の表情に広がりが出る効果のほうが大きいです!

ソースだけだと「甘めまったり」なところに少し引き締め感が出る、
こうしたちょっとした変化はなかなか効果的な印象はありましたね!

なので、あえて最初ではなく途中から投入するのもアリでしょうね!
大盛仕様なので、普通に食べると飽きが来ることもありますしね!

そしてかつお節を乗せると・・・これで一気に味が決まってくれますね!(`・ω・´)

ソースだけでも炒め感はあるものの臨場感はまだちょっと足りない、
ふりかけで味が少し締まって表情も広がるけどあと少し何かが欲しい、
その「少し足りない感」を埋めてくれるのがこのかつおとなってます!

ソースの炒め感とかつおが合わさることで、一気に鉄板らしさが出て、
「お好み焼き屋の焼そば」という雰囲気がグッと高まるのですよね!

単にカップ焼そばにかつお節が乗っているという印象にとどまらず、
ソースとかつお節がピタッとかみ合っている感じが伝わってきます!

この「かつお節を加えて仕上げる」という発想は今回は大正解でしたね!

商品名に「荒節おどる」とあるので、かつおが少し揺れるかと思いきや、
全く揺れることはなく見た目では「おどる」感じは全くなかったですね;

ソースの原材料はソース、砂糖、植物油脂、発酵調味料、動物油脂、食塩、ポーク調味料、
しょうゆ加工品、魚介エキス、魚介風味調味料、香味調味料、香味油となっています!

しっかり味のソースをベースに甘みを加え、豚系とラードでコクを重ね、
そこにほんのりとかつお系の旨味を加えたソースとなってるようですね!

ラードや豚系の要素に比べるとかつおの風味はあまり目立たないです!
そのかわりかつお節のほうでしっかりとかつおが主張してくれますが!

麺は5分湯戻しのかなりしっかりとした太麺の油揚げ麺です!

お好み焼き屋さんの焼そばの麺って、基本的にどれも太いですよね!
今回の太麺はそうした食べごたえを再現するという意図が見えますね!(*゚◇゚)

規定の5分で食べるとちょっとワシワシとした感じもあったので、
ちょっとだけ長めに待って湯切りしてみてもいいかもしれません!

5分30秒ぐらいだったら食感が損なわれることはなさそうですし!

今回はソースもしっかりしていて、ふりかけなど補助役も多いので、
この太さの麺であっても麺が勝ってしまうという感じはないですね!

これぐらいの太さでちょうど両者のバランスが取れる感じです!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは650kcalとなっています!
脂質は22.3gで、大盛系汁なしとしてはやはり低めの数字です!

麺130gの大盛汁なしだと、700kcalを超える商品が多いですからね!
それでいてラードなどの油脂の臨場感を出しているのは見事ですね!

油脂が多くなると大盛商品なのでどうしても後半に飽きが来やすい、
その問題に対処しながら上手く炒め感を出すのに成功してるのですよね!

ふりかけ系以外の具材はキャベツのみというシンプルさです!

このキャベツに関しては別に何も凝ったところはないのですが、
面白いのは今回のソースとこのキャベツの相性が良かった点ですね!

なんだかいつものカップ焼そばのキャベツとは違う良さがありました!

おそらくそれはキャベツそのものに何か良さがあったのではなく、
今回のソースがキャベツの良さを引き立てるものだったのでしょう!

このあたりまで含めて今回の商品の臨場感だと評していいかもしれません!

一見すると具材がキャベツだけとちょっとさみしく感じるかもですが、
炒め感のあるソース、味を引き締めるふりかけ、全体をまとめるかつお、
そしてお好み焼き屋さんの焼そばらしさを演出する太めの麺であったり、
きちんと雰囲気を演出するための試みが詰まっていたのは良かったです!

大盛で食べごたえ重視ながらもリアル感のあるなかなか良質な一杯でした!(゚x/)モギギンッ

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/4発売 来来亭 こってりラーメン

12/4発売のエースコック「来来亭 こってりラーメン」を食べました!
これまでの「来来亭」系と同じようにファミリーマートの限定商品です!

「来来亭」とのコラボ商品はもともとはサークルKサンクス限定で
「PrimeONE」ブランドから発売されてましたが、ファミマとの統合後も
ファミリーマート系列の限定商品としての地位を確保しています!

ちなみにサークルKサンクスはもう全てファミマに転換したようで、
日本国内にはもうサークルKサンクスの店舗はなくなったようです;

あれだけの大きなブランドがなくなったのは何だかさみしくもありますね;

自分の家の比較的近くでも3つのサークルKサンクスのうち、
2つがファミマになり、1つは閉店ということになりました;

もともとファミマだったところも改装したケースがありましたね!

12/4発売 来来亭 こってりラーメン

「来来亭」とのコラボ商品はもうファミマで定番となってますが、
いつもは縦型カップの油揚げ麺商品として出ているのですよね!

どんぶり型ノンフライ商品として発売されるのは非常に珍しいです!
でもって、「こってりラーメン」は初めて見た気がしますね!

もしかするとカップ麺化は今回が初めてなのかもしれませんね!(*゚ー゚)

「PrimeONE」以前に何らかの形で出ていた可能性もありますが!

ちなみに来来亭の基本のラーメンは鶏ガラスープ+背脂ですが、
この「こってりラーメン」は豚骨醤油+背脂となっています!

なので、単に背脂が多くなったとかいうわけではないのですね!

12/4発売 来来亭 こってりラーメン(内容物)

内容物はかやくと液体スープが2袋という構成になっています!
白いほうの液体スープは例によって完全に背脂なのでしょうね!

12/4発売 来来亭 こってりラーメン(できあがり)

たしかにいつもの「来来亭」とは明らかにビジュアルが違いますね!
「醤油ラーメン」というよりは「豚骨ラーメン」に近い見た目ですし!

まずはスープですが・・・うん、たしかに背脂がガツンと来ますね!(●・ω・)

エースコックと来来亭のコラボは主役の背脂を惜しまないのですよね!

縦型カップバージョンでもけっこうたっぷりの背脂が入りますし、
今回も液体スープ1袋をそのまま背脂として入れていることもあり、
背脂のコク、甘味、豚の濃厚さなどはしっかりと味わえますね!

なので、「背脂の風味を楽しむラーメン」としての個性が強いです!

背脂はプリッとした感じはなく、とろっと溶けるような感じですね!
粒感は控えめなものの、背脂としてのリアリティは非常に高いです!

色はあまり醤油感はないですが、一応は豚骨醤油ラーメンですね!
やはり純粋な豚骨ラーメンというよりはやや醤油系に近いです!

スープの白さは背脂によるものではなく、もともとこの色なので、
あえて醤油の色が前面に出ないようにしてるのかもしれませんね!

そしてもう一つ今回のスープのポイントなのが香味野菜の強さです!
とりわけにんにくに関してはけっこうパンチが効かされてますね!

もともと豚骨醤油系のスープにはにんにくの攻撃性がよく合いますし、
従来の来来亭のスープよりもワイルドさを立てるという意味でも
にんにくのパンチを強めに出してきているところがあるのでしょう!

お店の「こってりラーメン」もにんにくがやや強めみたいですしね!(=゚ω゚)

一方でちょっとネックになっているのがベースの豚骨のライトさです!

今回のスープを純粋に味わうと、ライトな豚骨スープをベースに、
そこに背脂でコクを与えて、さらににんにくでパンチを効かせた、
一昔前の豚骨醤油系に背脂を加えたような形になってるのですが、
どうも背脂を除くと「こってり」という印象が薄いのですよね!

従来の縦型の油揚げ麺に対して、こちらはノンフライ麺なので、
その分だけ全体の口当たりが縦型よりも軽くなる傾向が出ますし、
そこにこの豚骨スープのライト感は「こってり」感を求めて
今回の商品を購入した人にはちょっと肩透かしになるかもですね!

背脂に関する部分だけを見ればなかなかよくできているのですが!

お店のほうで「こってりラーメン」を食べてないのでわからないのですが、
このスープだと従来のラーメン以上の「こってり」感はあまり感じないので、
おそらくはお店の豚骨醤油はもう少し厚みがあるようにも思うのですよね!

なので、もうちょっとベースの強さは頑張ってほしかったように思います!

それと少し気になったのが一味唐辛子が全く入ってなかった点ですね!

「来来亭」って一味唐辛子が意外にアクセントになってる印象ですが、
「こってりラーメン」に関しては外される仕様になってるのですかね?

単にこのカップ麺からなぜか外されてしまっただけの感じもしますが!

スープの原材料は動物油脂、しょうゆ、ポークエキス、還元水飴、食塩、
ポークゼラチン、香辛料、たん白加水分解物、香味調味料、砂糖、酵母エキスです!

複雑な原材料構成でスープを組み立てることが多いエースコックですが、
今回は素直に背脂(動物油脂)と豚系のみでスープを作っていますね!

それだけにもっとしっかりとした厚みがあれば良かったのですが!

麺は細めで、もちプリ感がやや強めの多加水のノンフライ麺です!

来来亭の麺は基本的に九州豚骨と近い低加水のパツッとした麺で、
麺の質感に関してはそれとはやや対極に位置するタイプのものですね!

エースコックは別に低加水寄りの麺を作れないわけではないですが、
技術的には多加水系の麺のほうに強みを持っているメーカーなので、
再現度よりもメーカーとしての得意分野を生かす形にしたのですかね!

スープとの相性は特に違和感はなく、細麺ながらも少し時間が経っても
そこまで食感はダレず、一つの麺としてちゃんと楽しめるものはありました!(*゚◇゚)

来来亭らしいと感じるかと言われると多少疑問もあったりはしますが!

麺の量は60gで、カロリーは399kcalとなっています!
脂質は17.4gで、背脂によってそこそこ高めの数字になってます!

具材はチャーシュー、メンマ、ねぎという組み合わせです!(`・ω・´)

率直に言って、具材に関しては充実している感じはないですね;

チャーシューはいかにもカップ麺的な肉具材という感じですし、
サイズについてもそれほど大きいというわけではないですしね!

メンマはあまり食感も強くなく、ちょっとしんなりとしてましたね!

エースコックのメンマはコリコリ感が強いことも多いのですが、
なぜか今回はずいぶんと食感が控えめのものが使われてました!

ねぎについてもリアル感はあまりなく、ごく普通の乾燥ねぎでした!

背脂のリアル感はさすがながら、全体を通して見てみると、
どんぶり型ノンフライにしたことによるコストアップが響いて、
パーツごとにちょっと弱みが出てしまったという印象でしたね;

あとこれより先に「麺屋武蔵」のカップ麺を食べたのは不運でしたね;

「麺屋武蔵」の背脂はカップ麺随一と言えるだけのものだっただけに、
同じく背脂を武器とするこちらの「来来亭」が少しかすんでしまって、
余計にこちらの商品が普通っぽく見える要因になってしまいましたね!

どちらかというと、背脂を楽しみつつすっきり食べられる一杯でした!(゚x/)モニュニニ

【関連記事】
来来亭 こってりラーメン
来来亭監修 しょうゆラーメン
来来亭監修 旨辛麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/26発売 リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん(カップ版)(2018年版)

11/26発売のエースコック
「リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん」
を食べました!

エースコックのリンガーハット監修シリーズからの新作ですね!

11/26発売 リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん(カップ版)(2018年版)

「野菜たっぷりちゃんぽん」は昨年もカップ麺化されていましたね!

このカップ版の「野菜たっぷりちゃんぽん」も大きなポイントは、
いつものちゃんぽんスープをベースにしながらも、生姜が強く効いた
「ちゃんぽんドレッシング」をかけて仕上げるという点ですね!

お店の「野菜たっぷりちゃんぽん」が生姜味なわけではないのですが、
お店でも生姜風味のドレッシングをかけることが推奨されているので、
それをカップ麺版において再現しているという形になるみたいです!

スープが同じだと、いつものバージョンと差別化しにくいので、
そのあたりの個性を高めるという狙いもあるのでしょうね!(*゚◇゚)

そういえば昨年も発売されたのは11月の終わり頃でしたね!

生姜というと体を温める効果があることでも知られていますし、
冬向けの商品として発売されている側面もあるのかもですね!

11/26発売 リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん(カップ版)(2018年版)(内容物)

例によってカップの中には粉末まみれの小袋が入っています!

お湯を入れる前の段階から、キャベツなどの野菜がいつもよりも
たくさん入っているということがしっかりと伝わってきますね!

「野菜たっぷりちゃんぽん」の名にふさわしい豪華さがありそうです!

11/26発売 リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん(カップ版)(2018年版)(できあがり)

うん、野菜に関しては間違いないだけの量が入っていますね!

まずはスープですが・・・たしかに生姜の風味がしっかりしますね!(●・ω・)

昨年この商品を初めて食べたときにはけっこう驚いたのですよね!

生っぽい生姜の風味が強くて、自分がちゃんぽんに対して抱いている
味のイメージとズレがあったので理解するのに時間がかかったのですよね;

ただ今年は食べてもそういったびっくりする感じはなかったですね!

これは昨年一度食べていることで慣れがあったのもあるでしょうが、
今年はそのバランスが少し調整され直しているような気もしましたね!

基本のちゃんぽんとの差別化のために生姜風味が加わってはいるものの、
あまり奇抜だとちゃんぽんとして受け入れるのが難しくなってしまうので、
たしかにちゃんぽんで、そこに楽しめる感じで生姜などの風味が加わっている、
そういうふうに解釈できるような、そういうまとまりになっている感じでしたね!

ベースとなっているのが普通のちゃんぽんに「生姜ちゃんぽんドレッシング」という、
生姜風味のドレッシングを加える方式なので、基本にあるのはちゃんぽんらしい味です!(*゚ー゚)

まろやかさがあってクセのない豚骨スープに野菜と魚介の風味を効かせた、
特にひねりは入れていないオーソドックスなちゃんぽんの味がベースです!

そしてそこに生姜が強く効いて、ドレッシングらしく酢が加わることで、
一定の酸味のさっぱり感も同居した味わいが重なる形となっています!

なので、単にちゃんぽんに生姜を投入した刺激的な味わいではなくて、
ドレッシングらしいさっぱりとした風味が合わさっているのですよね!

でもって、ちゃんと基本としてのちゃんぽんらしさは残っています!
1つのちゃんぽんのバリエーションとして十分に楽しめるものでしたね!

スープの原材料は食塩、糖類、乳化油脂、ポーク調味料、ポークエキス、
分離液状ドレッシング(しょうが、植物油脂、醸造酢、還元水飴、食塩、香辛料)、
でん粉、植物油脂、香辛料、チキン調味料、香味油、野菜パウダー、
粉末しょうゆ、酵母エキス、たん白加水分解物、ホタテエキス、全卵粉です!

ドレッシングの原材料が書かれていることもあって、けっこう複雑ですね!

ノーマル版のちゃんぽんのカップ麺と原材料を比較してみましょう!

[リンガーハットの長崎ちゃんぽんの原材料]
鶏・豚エキス、食塩、糖類、植物油脂、しょうゆ、香味油、野菜エキス、
動物油脂、クリーミングパウダー、香辛料、でん粉、酵母エキス、
たん白加水分解物、全卵粉

こうして比べてみるとドレッシング以外もかなり違ってますね!

ノーマル版は動物系が主軸ですが、今回の商品はそうでもないですし、
ホタテエキスの有無であったり、意外と大きな違いがありますね!

どうも今回の商品のほうが複合的な味わいになってるのですかね!

麺はけっこう太めで断面がやや四角い油揚げ麺となっています!

食感はけっこうもっちりとしていて、ちゃんぽん向けの強さはありますね!

ちゃんぽん麺というと、断面が丸くプリッとしている印象がありますが、
太めで一定の力強さを感じさせてくれればおおむね満足はできますね!

リンガーハットの麺はどうも完全な丸麺というわけではないようですし!(=゚ω゚)

麺の量は70gで、カロリーは374kcalとなっています!
脂質は12.0gで、けっこうすっきりした数字になってますね!

ノーマル版は同じ麺量で脂質14.7g、390kcalとなっていることから、
こちらのほうが全体的にすっきりとしていることがわかりますね!

具材はキャベツ、もやし、人参、かまぼことなっています!

もやしはごく普通、かまぼこもちゃんぽんによくある内容ですが、
どちらも一つの具材として十分に楽しめるだけの水準はありますね!

人参はけっこう人参らしい特有の風味が強めになっていますね!
なので、人参が苦手な人はその風味がきつく感じられるかもです!

キャベツ以外の具材の量はおおむねノーマル版と同じぐらいです!
なので、キャベツが大幅に増量されていると言っていいでしょう!

ただそのかわり海老が外れるなど、肉・海鮮系の具材はないです!

それはコスト的な配分を考えればやむをえないところではありますが!

一般的なカップ麺だとキャベツが増えてもそこまでうれしくないですが、
リンガーハットのカップ麺のキャベツは質が高いのでありがたいのですよね!(`・ω・´)

とにかくフレッシュ感が高く、キャベツとしての風味がいいのです!
生のキャベツをそのまま乾燥させたようなみずみずしさがあります!

それは乾燥状態での色の透明度が低いことからも伝わってきますね!

このキャベツが多く食べられるというだけでも価値のある商品です!

生姜の風味が加わるちゃんぽんというのはかなり個性的なのですが、
それがちゃんぽんのイメージを崩すという感じにはなっておらず、
ちゃんと一つのちゃんぽんとして楽しめたのは良かったですね!

でもって、質の高いキャベツが多く食べられるのも良かったです!

冬向けにさっぱりしつつも生姜の風味が楽しめる一杯でした!(゚x/)モキュキッ

【関連記事】
リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん(カップ版)(2018年版)
リンガーハットのまぜ辛めん(カップ版)(2018年版)
リンガーハットの野菜たっぷりちゃんぽん(カップ版)
リンガーハットの台湾ちゃんぽん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2017年版)
リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2016年版)
リンガーハットのまぜ辛めん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2016年版)
リンガーハットの味噌ちゃんぽん(カップ版)
リンガーハットの長崎ちゃんぽん(カップ版)(2015年版)
リンガーハットのピリカラちゃんぽん(カップ版)(2014年版)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/19発売 スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン

11/19発売のエースコック
「スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン」
を食べました!

30周年を迎える「スーパーカップ」からまたまた新商品が登場しました!

11/19発売 スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン

定期的に「スーパーカップ」から「みそバター」系の商品は出てますが、
今年はそこにマヨが加わって「マヨみそバター」となっています!

とはいえ、純粋にグレードアップ版とは思えないものがありますよね!
普通はラーメンにマヨを加えるということはやらないですからね;

そんなラーメン+マヨという怪しい組み合わせを提示しながら、
「みんな大好き コレスキKING」なんて言葉を合わせてくるのは、
なんだかちょっとした悪意のようなものを感じなくもないですが!(*゚◇゚)

カップ麺でのマヨ+ラーメンという組み合わせは初めてではなく、
過去に「一平ちゃん」が「マヨラーメン」を出してるのですよね!

でもって、その「マヨラーメン」がなかなかよくできていたので、
そういう点では使い方次第でマヨはラーメンに生かせるのですよね!

それだけに両者のバランスがどのようになっているのかは注目ですね!

11/19発売 スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン(内容物)

内容物はかやく入り粉末スープ、調味油、マヨネーズとなっています!
・・・なんだかマヨネーズの袋が異様なぐらいに大きいのですけども;

重量はなんと20gということで、かなりの大量になっていますね!
一般的なカップ焼そばにつくマヨの4倍ぐらいはある気がします!

「マヨみそバター」と主役が3つあるようなネーミングですが、
どうもこれはマヨを相当強く押し出してきている予感がします!

11/19発売 スーパーカップ1.5倍 コレスキキング マヨみそバター味ラーメン(できあがり)

奥に少しマヨを出してますが、全体量はこの10倍以上はあります!

一気に全部かけると写真にインパクトを出すことはできますが、
味がマヨ一辺倒になりそうなので、少しずつかけていきます!

作り方の項目にはマヨを全部入れてまぜることが推奨されてますが、
自分はときどきマヨをかけながら麺に絡めて食べる方式を採りました!

そのほうがマヨの長所をストレートに味わえると思いましたので!

ちなみに具材は揚げ玉を中心に実際にはもっと多く入ってます!

この商品はかやく入り粉末スープなので具がまとめにくいのですよね;
粉末スープまみれの具材を事前に取り出すのもちょっと迷いますからね;

まずはベースの味ですが・・・マヨなしなら素直な「みそバター」です!(`・ω・´)

味噌スープはエースコックらしく玉ねぎなどの香味野菜を効かせ、
ベースとして軽めに豚を支えとした感じの仕上がりとなってます!

さらにそこに調味油によるバターの風味がほんのりと広がります!

エースコックはときどきバター状ブロックを起用してきますが、
今回はバター風味は普通の調味油の中に忍ばされています!

見た目の派手さではバター状ブロックのほうが上なのですが、
バターのリアルさではむしろ今回の調味油のほうがいいですね!

バター状ブロックは見た目の割にバター感が弱いですからね;

またスープには魚醤や海老なども旨味を重ねるために入っており、
バターなどの乳製品系と上手く交わるようにチーズも少し入るなど、
シンプルな「味噌バター」系として実はしっかりと練られています!

さらにとろみが意外とあり、塩分濃度もけっこう高くなってます!
なので、マヨネーズと関係なしに味がなかなか濃いのですよね!

これはマヨに負けないようにする狙いもあったのかもですが!
とろみが少しあると、スープと麺の絡みが良くなりますしね!

そしてマヨを投入すると・・・完全にマヨ一色になりますね!(●・ω・)

なんだかベースのスープと合う合わないとかあまり関係なく、
マヨの量がかなり多いので味の8割ぐらいをマヨが占めます!

スープにマヨを溶かす方法だとまた感覚的に違うかもですが、
麺にかけてその部分を食べていくというふうに食べていっても、
マヨが多いのでひたすらマヨまみれの麺を食べる感じになります!

マヨと麺の相性という点では特に悪いとは感じないですね!
もともと汁なし系では普通にマヨが使われているわけですし!

ただ全体のバランスという点で見るといろいろ疑問も残りますね;

まずマヨの量が多すぎるので、全体がマヨ一辺倒になってしまい、
スープとの調和とかそういったことが消し飛んでしまうのですよね;

特に主役の一つであるはずのバターは行方不明になってしまいますし;
完全にマヨに圧倒されてしまって、バターの風味は感じなくなります;

また今回のスープがマヨといい方向に交わるタイプなのかというと、
どうもそのあたりにもちょっと怪しいところはあったりしますね;

マヨに合うスープがどういうものかというのはなかなか難しいですが、
「一平ちゃん」はいい具合にマヨと合わさるスープにしていましたし、
今回の「味噌はバターとも合うし、まろやか系のマヨもいけるのでは」
というどこか安直な組み合わせはちょっと違う感じはありましたね!

ただただマヨ味、しかもベースのスープとの相性は微妙な感もある、
マヨ味と割り切ってしまえばこれはこれで悪くもないのですけれども、
どうもマヨを合わせたときの味の練りの浅さは気になりましたね!

単純に「味噌バター」の部分だけ見れば意外に良かったのですけども!

粉末スープの原材料は食塩、粉末みそ、砂糖、香辛料、ポーク調味料、
発酵調味料、たん白加水分解物、チーズパウダー、みそ加工品、
ポークエキス、乳等を主要原料とする食品となっています!

バターなどと合うように工夫が凝らされているのがわかりますね!

調味油は植物油脂、動物油脂、バターオイルとなっています!
バター風の風味をつけた植物油脂などがメインなのでしょうね!

麺は断面の四角いややがっしり系の中太の油揚げ麺です!

断面の四角いカドメン風の麺はひさしぶりという気がしますね!

以前のスーパーカップはカドメンという四角い麺を使ってましたが、
スーパーカップMAX」のリニューアルの際に廃止しましたからね!

今回は以前のカドメンを少し思い起こさせるところがありますね!

断面が四角くがっしり系ということで基本的にパワフルな麺ですが、
今回はスープの主張が強いのでバランスとしては悪くなかったですね!

というか、それでも完全にマヨ勝ちになっている感はありましたが、
どんな麺を合わせてもこの商品だとマヨ一辺倒になったでしょうね!(=゚ω゚)

麺の量は1.5倍の90gで、カロリーはなんと603kcalもあります!
脂質は31.0gで、ラーメンとしてはかなり高い数字になりますね!

これは完全にマヨが20gも入っているのが原因でしょうね!

一般的な栄養成分表だとマヨ20gは脂質15gで140kcalほどなので、
マヨなしだと脂質は約16g、カロリーは460kcalぐらいなのでしょう!

そう考えると、普通にスープと麺で見ると妥当な数字ではありますね!

具材はかき卵、揚げ玉、ねぎ、粗挽き唐辛子となっています!
どれも主役的な具材ではないのですが、全体量はけっこう多いです!

かき卵はふわっとした感じで、揚げ玉も先入れなのでほぼ溶けます!

唐辛子は少量のみで軽い薬味として機能するという感じですし、
固形の具材として一定の主張があるのはねぎぐらいですかね!(*゚ー゚)

なので、どの具材もスープやマヨと一体になるような感じですね!

この商品は一応は「味噌バター」の進化系ということになってますが、
実際には最近の「スーパーカップ」のお遊び系の商品の一つですね!

なので、単純に大量のマヨを麺に絡めて食べる商品と割り切れば、
これはこれでマヨ味のラーメンとして楽しめるものではありますね!

あまり全体のバランスなどは求めずに食べるのがいいでしょう!(゚x/)モキーン

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.