12/30発売 驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺

12/30発売のエースコック「驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺」を食べました!
ノンフライ麺をたっぷり食べられる「驚愕の麺」シリーズからの新作です!

12/30発売 驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺

この商品はよくよく見るとかなり新年を意識したデザインになってるのですよね!

「やみつきになりマウス」はもちろん干支のねずみにかけたものですが、
麺を山に見立てて「2.0」の「0」を初日の出のようにしてるのですよね!(`・ω・´)

さらにこの「2.0」は「2020」を意識していることもうかがえますね!
というのも、太陽の光の中にうっすら「2020」とたくさん書いてますしね!

実はこのシリーズは2.0玉のときはいつも1.5玉+0.5玉と書いていたのですが、
これらの理由から今回は「2.0」という書き方に変更したものと思われます!

ただし肝心の「麻辣麺」からは特に新年ぽい要素は感じられません!笑

もしかするとこのあたりにも何か新年ぽさを込めているのかもですが!

12/30発売 驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺(内容物)

◎内容物 - コストカットを意識して最小化した内容


内容物はかやく入り粉末スープと液体スープとなっています!
このシリーズはいつもかなりコストカットを意識してるのですよね!

12/30発売 驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺(できあがり)

この麺だけが大量にあふれたようなビジュアルもこの商品の特徴ですね!
これを見ると「あぁ、『驚愕の麺』だなぁ」といつも思ってしまいます!

◎スープ - 深みはないながらも麻辣のポイントは押さえてる


まずはスープですが・・・あ、これは思っていたよりも好みですよ!(●・ω・)

このシリーズってスープのコストをカットする傾向があるので、
どうしてもスープに弱さを感じさせられることが多いのですが、
今回は「コストカットしても形になる味」になっていましたね!

まず濃厚系スープの場合はコストカットがモロに響いてきますし、
そうでなくてもコストを減らすとどうしてもうま味調味料頼りになり、
「いかにも人工的な旨味過多」みたいな路線に行きがちなのですよね!

ただ今回のスープはそれでも不自然にならない路線のスープなのですよね!

中華料理はどちらかというと、うま味調味料との相性がいいですし、
唐辛子のピリ辛と花椒の刺激という2本で味を立てることができるので、
刺激+旨味という形で特に違和感ないバランスに仕上がっていますね!

今回このスタンスを取ってきたのは自分としては正解だと思います!

正直なところ自分はこのシリーズの安っぽいスープが苦手なのですが、
今回に関しては「あ、これならいける」と思わせてくれましたからね!

ベースは軽めの動物系に醤油によって基本の味を調えたところに、
ラー油と花椒によって刺激を立てたという形になっています!(=゚ω゚)

豆板醤や甜麺醤も入っていますが、それほど主張は強くないですね!

これもしラー油と花椒がなかったらほんと平凡な味だったでしょうね;
ほんとこの時点では中華ぽさも弱くあまり特徴のない味でしたからね!

とりわけラー油を絡めながら食べることで全体の味が増してましたね!

◎スープの原材料


液体スープの原材料はしょうゆ、動物油脂、植物油脂、チキンエキス、
果糖ぶどう糖液糖、発酵調味料、チキン調味料、ポーク調味料、食塩、
香辛料、オニオンエキスという組み合わせになっています!

果糖ぶどう糖液糖を使ってるあたりにもコストカットを感じますね!

粉末スープの原材料は食塩、香辛料、ポーク調味料、チキンパウダー、たん白加水分解物、
オニオンパウダー、酵母エキス、砂糖、唐辛子、香味調味料、植物油脂となっています!

◎麺 - この商品の主力なだけあってなかなか良質


麺は比較的多加水寄りの細めのノンフライ麺となっています!
この商品の最大の特徴はノンフライ麺を起用してることなのですよね!(*゚◇゚)

大盛商品って、どうしても麺にコストがかかることになるので、
まずもってノンフライ麺で出されることはないのですよね!

でもこの商品はあえてノンフライ麺での大盛仕様となってます!
しかもそれが1.5玉を超えて2.0玉というのは価値がありますね!

でもって、エースコックは多加水麺に強いメーカーでもあるので、
そうしたナチュラルなプリ感がしっかり感じられる麺となってます!

食べ始めはちょっと粉っぽさを感じるところもあるのですが、
1分ほど経つとナチュラルさが増して味も良くなってきますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の120gで、カロリーは510kcalとなっています!
脂質は7.7gで、やはりノンフライ麺商品らしく低めですね!

一般的なノンフライ麺のカップ麺の麺量は60gぐらいなので、
120gというのはまさにその2倍と呼べる量になっていますね!

普通はここまでの麺量にいくとカロリーも700kcalぐらいいきますが、
そこはノンフライ麺ということでカロリーも上手く抑えられています!

◎具材 - 全く期待できない内容


具材は大豆加工品、チンゲン菜、ねぎという組み合わせです!

残念ながら具材については一切期待しないほうがいいですね!

もともとこのシリーズはコストの大半を麺にかけているので、
具材に関してはほとんどコストをかけないのが基本ですからね!(*゚ー゚)

大豆加工品は大豆で作った疑似肉、チンゲン菜も小さく量も少なめ、
ねぎについてもごくごく普通の乾燥ねぎで特徴はほとんどありません;

この麺量で具材が少ないので「ほぼ麺だけを食べる」感じになります!
それに耐えられるかどうかがこのシリーズのポイントと言えますね!

◎まとめ - 麺特化型だが、今回は意外といける


相変わらずの麺だけをひたすら食べるような商品ではあるのですが、
「コストカットしつつも成立する」路線のスープにしてきてますし、
自分としてはけっこう楽しみながら最後まで食べることができました!

たしかに麺だけを食べる商品ですが、麺のクオリティは高いので、
なんだかんだで一気に食わせる力は持ってもいますからね!

「麺をがつっと食べたいけどカロリーは気になる」人にはピッタリでしょう!(゚x/)モッキヌーン

【関連記事】
驚愕の麺2.0玉 四川風麻辣麺
驚愕の麺1.5玉+0.5玉 辛ダレねぎ豚骨ラーメン
驚愕の麺1.5玉 背脂入り油そば
驚愕の麺1.5玉+0.5玉 背脂豚骨醤油ラーメン
驚愕の麺1.5玉 豚みそ担担麺
驚愕の麺1.5玉 濃コク魚介豚骨醤油ラーメン
驚愕の麺1.5玉 コク辛味噌ラーメン
驚愕の麺1.5玉 濃コク豚骨しょうゆラーメン
驚愕の麺1.5玉 濃コク鶏白湯ラーメン
驚愕の麺1.5玉 濃厚豚骨しょうゆラーメン
驚愕の麺1.5玉 こってり豚骨ラーメン
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/2発売 厚切太麺 こってり味噌だれ油そば

12/2発売のエースコック「厚切太麺 こってり味噌だれ油そば」を食べました!
太麺をウリにした「厚切太麺」シリーズからひさびさに新作が登場しました!

この商品は発売された週には見つからずほぼ諦めていたのですが、
たまたま寄ったドラッグストアに売っていたので購入しました!

12/2発売 厚切太麺 こってり味噌だれ油そば

以前はこの「厚切太麺」からちょくちょく新作が出てたのですよね!
最近はそれほど出なくなったので、けっこうひさびさ感がありますが!

エースコックの最近の大盛汁なし系はこの丸いカップが多いですね!
丸いカップのほうがおしゃれな雰囲気になることを意識してるのですかね!

とはいえ、このデザインやコンセプトだと女性層は手に取らなさそうですが(;゚ω゚)

「厚切太麺」というと、強烈に醤油辛い「油そば」がよく出ていました;
もうあまりに醤油が鋭くて、毎回ぶっ倒れそうになるような塩辛さでしたし;

さすがに今回の商品はそこまでひどいことになってないとは思いますが!

12/2発売 厚切太麺 こってり味噌だれ油そば(内容物)

◎内容物 - かやくと調味たれ(液体ソース)のみのシンプル構成


内容物はかやくと調味たれ(液体ソース)という組み合わせです!
かやくの量はあまり多くなく、とにかく麺量で押すスタイルですね!

12/2発売 厚切太麺 こってり味噌だれ油そば(できあがり)

うん、良くも悪くも太麺を中心にかなりシンプルに仕上がってますね!

◎タレ - 素直に組み立てられた味噌ダレ系油そばの風味


まずはその味ですが・・・かなり素直な味わいに仕上げられていますね!(●・ω・)

「味噌味の油そばを素直な味わいで作ってほしい」と言われたなら、
おそらく多くの人がこのあたりのラインを目指すように思われます!

まず油そばらしく、油脂は植物系も動物系もかなり強めになってます!
食べていて「こってりしてるな」ということがすぐに実感できますね!

油脂は植物系はおおむねごま油などが動物系は豚脂が中心となってます!

以前のエースコックの油そばは油脂を無理に控えめにすることによって、
タレの鋭さが変に前面に出てしまうという傾向がけっこうありましたが、
今回はそうした油脂とタレのバランスの悪さは全く感じなかったですね!

むしろかなりしっかりと油脂の風味を立ててきたという感があります!

そして味噌に関してはあえて鋭くなりすぎないようにしてきてますね!(*゚ー゚)

味噌の風味はしっかりしますが、赤味噌的なシャープさはほとんどなく、
やや白味噌寄りの合わせ味噌的なやわらかい味噌の風味となっています!

「味噌の風味は出しながら鋭さは立てない」、そうしたバランスですね!

味噌系の汁なしってどうしても味噌のシャープさが前面に出がちですが、
そういうふうにならないような配慮がしっかりとうかがえる内容です!

というか、これまでの醤油辛い油そばとはかなり対極的な味わいですね!
むしろ今回は「味わいの丸さ」を意識している感がありましたからね!

そしてここににんにくなどの香味野菜が効いてるのも油そばらしいです!
にんにくによるワイルド感、そして生姜の風味などが感じられますね!

油そばの核である油脂+タレ+香味野菜の3つで上手くまとめてますね!

そういう点を考えても、ずいぶんバランス重視のタレと言っていいでしょう!
味噌嫌いでもなければ、おおむね気に入るラインに整えてきてくれてますね!

ただちょっとタレの水分量が少なく、麺とまざりにくいのは弱点です!
なので、もう少しタレの水分は増やしても良かったような気はします!

そのあたりは麺の湯切りを軽めにすることで対応するといいでしょう!

◎タレの原材料


タレの原材料はみそ、植物油脂、動物油脂、ポークエキス、砂糖、
ポーク調味料、香辛料、発酵調味料、たん白加水分解物、食塩です!

味噌、油脂、豚エキス、香味野菜で組み立てられてるのがわかりますね!
エースコックにしては珍しくけっこうシンプルな原材料となってます!

◎麺 - 4分湯戻しの太麺でかなりしっかりした食感


麺は湯戻し時間が4分のかなり太めの油揚げ麺となってます!

これまでの汁なしの「厚切太麺」はいつも5分湯戻しでしたが、
今回はカップの形状変化も関係してか4分設定となってますね!(`・ω・´)

ただ4分で食べるとちょっと食感が強すぎる感じもしましたね!
押し返しがずいぶんと強く、コシというよりやや硬さも感じました!

なので、実際には4分30秒あたりが適正と言ったほうがいいかもです!
強い食感を楽しむなら4分、太麺らしさを感じるなら少し長めですかね!

湯戻し時間が変わったこともあって、これまでほど太くはないかもです!
以前の「厚切太麺」はもっと強烈な太さをアピールしていましたしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の120gで、カロリーは643kcalとなっています!
脂質は25.0gで、まあまあの数字といったところでしょうかね!

このところこの丸い形状の大盛カップをエースコックはよく使いますが、
このカップだと大盛でも従来の130gより10g少ない120gなのですよね!

その分だけ大盛でも食べやすいというふうに言うことはできるのですが、
他の大盛系汁なし商品に比べるとややボリュームは落ちると言っていいです!

このあたりはコストカットしたいという狙いもあるのでしょうね!

◎具材 - 唐辛子は有効だが、全体的に貧弱と言わざるをえない


具材はキャベツ、鶏・豚そぼろ、輪切り唐辛子となっています!
残念ながら見ての通り、ボリュームはずいぶんさみしいものですね;

キャベツはごく普通ですが、全体とまぜるとやはり量は少ないです;
この麺量でこのキャベツの量だと箸休めにはちょっと弱いですね!

そしてそぼろは例によって味のないスカスカのスポンジそぼろです;

少ないキャベツにスポンジそぼろ・・・ちょっと勘弁してほしいですね(;゚◇゚)

とにかくこのスポンジそぼろは肉の味が全く感じられないですし、
無駄な存在なのでカットしてキャベツを増やしてほしかったです;

輪切り唐辛子は少なめながらも、いいアクセントになってましたね!

◎まとめ - 具材は少ないものの味の組み立ては悪くない


どうしてもこうした具の少ない大盛系は後半が単調になりがちですが、
タレの味の組み立て方だけを見ればなかなか上手く作られてました!

ただ最近のエースコックの大盛商品はこうした傾向が目立ちますね;
「いい点もあるけど具材などが貧弱で単調になる」ものが多いです;

大盛商品の宿命ではありますが、もう少しバランスも重視してほしいですね!

自分で茹でもやしなどを少し乗せればなかなか楽しめそうな一杯でした!(゚x/)モキルーニュ

【関連記事】
厚切太麺 こってり味噌だれ油そば
厚切太麺 肉盛り濃コク豚骨ラーメン
厚切太麺 背脂こってり油そば 大盛り
厚切太麺 シビれる辛さと濃厚ダレの汁なし担担麺 大盛り
厚切太麺 こってり油そば 大盛り(2016年)
厚切太麺 濃いつゆ肉そば
厚切太麺 こってり油そば 大盛り(2015年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/9発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん

12/9発売のエースコック
「一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん」
を食べました!

「一度は食べたい名店の味」でおなじみの「ど・みそ」の商品です!

12/9発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん

「一度は食べたい名店の味」シリーズは「ぜんや」が最も有名ですが、
この「ど・みそ」はその「ぜんや」に次ぐ存在と言えそうですね!

どんぶり型のPREMIUMバージョンも過去に発売されていますしね!

今回は「ビリ辛」ということで、辛味噌路線に寄せてきてるのでしょうね!
また花椒のアクセントもけっこう強めに効いてることが予想できます!(*゚ー゚)

12/9発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん(内容物)

◎内容物 - いつものように後入れの「液体スープ」つき


内容物はこれまでの商品と同じように液体スープとなってます!
相変わらずカップの中で粉末スープまみれになっていますが!

12/9発売 一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん(できあがり)

うん、間違いなくビジュアルに関してはこれまでより赤くなってますね!
また見た目だけでも、けっこうこれまでとは違った部分が見えます!

◎スープ - 主張の強い味噌にピリ辛と強めの花椒


まずはスープですが・・・うん、今回はかなり花椒が前面に出てますね!(●・ω・)

前回記事でも「けっこう山椒が強い」というふうに表現してますが、
今回はそれをよりはっきりと前面に打ち出してきた感があります!

これまではあくまで「味噌ラーメン+花椒」という感じでしたが、
今回は「シビ辛味噌ラーメン」と呼べるぐらいになっていますね!

付加的な要素ではなく、スープの核の1つと呼べる存在となってます!

そして味噌ダレの主張がかなり強いのはこれまでと変わりません!(*゚◇゚)

「ど・みそ」は味噌の風味が強めであるのが大きな特徴なのですよね!

決してそこまでキレ重視というわけではないですが赤味噌寄りの風味で、
なおかつ味噌そのものの持つ風味を打ち出しているのがポイントです!

一般的に味噌感の強いスープはシャープであることが多いのですが、
「ど・みそ」はそれほどでもなくバランス感覚も感じるのですよね!

なので、味噌の風味を上手く使いこなしてるという印象がありますね!
今回はトータルとして見ても味が鋭いという感じはしませんでしたし!

そしてほどよい具合に背脂などの豚脂を効かせているのも特徴ですね!

一応はこの「ど・みそ」は「背脂味噌」がポイントとなってるようですが、
あくまで下支え的な存在ながらも背脂の風味が全体を上手くまとめてます!

今回は背脂の風味を出しつつも、辛味オイル的な雰囲気もありましたね!
でもトータルとしてラー油寄りになったというほどの印象はないです!

これまでの路線を継承しつつ唐辛子のピリ辛感も少し出した感じですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は粉末みそ、みそ、動物油脂、糖類、ポークエキス、香辛料、
植物油脂、食塩、おからパウダー、ポーク調味料、発酵調味料、チキンエキス、
ポークコラーゲン、酵母エキス、野菜調味料、魚介エキス、全卵粉となります!

前回の「ど・みそ 特みそこってりらーめん」と原材料を比較しましょう!

[ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)]


粉末みそ、みそ、植物油脂、糖類、ポークエキス、動物油脂、香辛料、
食塩、おからパウダー、ポーク調味料、発酵調味料、チキンエキス、
ポークコラーゲン、酵母エキス、野菜調味料、魚介エキス、全卵粉

動物油脂と植物油脂の順位が入れ替わり、香辛料が多少増えてますね!
今回の商品によって、逆に動物油脂は増える方向に動いたのですね!

今回なんだかいい丸みを感じながら食べられたのはそれが理由かもです!

◎麺 - かなり太めの麺ながら食感はけっこうナチュラル


麺はかなり太めでしっかりとした油揚げ麺となっています!

以前はエースコックの太麺は標準の5分では戻り切らなくて、
けっこうごわごわとした食感があった記憶があるのですが、
今回は多少長めに待ったこともあって欠点はなかったですね!

もしかすると以前よりも食感なども向上させているのかもですね!(`・ω・´)

麺の太さによって主張を出しつつ、スープとのなじみも悪くない、
太麺としてなかなかいいバランスに整えているなと思いました!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは389kcalとなっています!
脂質は13.7gで、カロリーも脂質も前回とほぼ同じですね!

◎具材 - 構成はほぼ同じだが実際には弱体化


具材はコーン、鶏・豚そぼろ、もやし、ニラ、唐辛子となっています!
黒ごまがカットされたかわりに輪切り唐辛子が加えられています!

黒ごまの香ばしさは「ど・みそ」の個性だったのですけどもね!
今回はコスト調整の関係もあってかカットされてしまいました!

ただ輪切り唐辛子のピリ辛感もけっこういい仕事はしてましたね!
エースコックの輪切り唐辛子ってなかなか辛味が立ちますからね!(=゚ω゚)

コーン、もやし、ニラの3つは以前までの具材と変わりませんね!
ただ残念ながら、どの具材もボリュームは落ちてしまっています;

具材の質としては悪くないだけに、このあたりはもったいないです;

そして最も顕著にクオリティが劣化していたのは鶏・豚そぼろですね;

これまではちゃんと肉の風味がするそぼろ具材が使われていましたが、
今回は例のスカスカで味のないスポンジそぼろになってしまってます;

これはもう明らかに具材でコストカットをはかったのが丸わかりですね;

◎まとめ - 具材は劣化しつつもスープの完成度は高い


具材に関してはさすがに評価することはできない内容でしたが、
実はトータルの印象としてはこれまでより良かったりするのですよね!

花椒を強く立てたことで、スープの個性や良さが明確になりましたからね!
この「シビ辛」路線は「ど・みそ」としては十分アリだと思いますね!

この路線を維持しつつもう少し具材をレベルアップしてほしいのですが!

具材は貧弱ながらも、スープに関してはしっかりと充実した一杯でした!(゚x/)モキヌン

【関連記事】
一度は食べたい名店の味 ど・みそ こってりビリ辛みそらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 成都式汁なし担々麺
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 濃厚辛味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM 四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 煮干しまぜソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 狼煙 魚粉盛り濃厚豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん(2018年)
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 ぜんや ホタテだし塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉 蛤ダシ中華そば
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 柚子塩SOBA
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 ニボニボ中華ソバ
一度は食べたい名店の味 べんてん 特製濃厚中華そば
一度は食べたい名店の味PREMIUM ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 ごま香る正宗担々麺
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 狼煙 行列必至の豚骨魚介ラーメン
一度は食べたい名店の味PREMIUM ぜんや 行列必至の塩ラーメン
一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン(2017年)
一度は食べたい名店の味 麺屋Hulu-lu監修の一杯 行列必至の中華SOBA
一度は食べたい名店の味 麺巧 潮 にほんいち醤油そば
一度は食べたい名店の味 伊吹監修の一杯 行列必至の中華ソバ
一度は食べたい名店の味 つじ田 奥の院 行列必至の煮干し醤油らーめん
一度は食べたい名店の味 麺処 花田 行列必至の味噌ラーメン
一度は食べたい名店の味 ど・みそ 行列必至の特みそこってりらーめん
一度は食べたい名店の味 つじ田 味噌の章 行列必至の味噌らーめん
一度は食べたい名店の味 ぜんや 行列必至の塩ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/2発売 おだしを利かせた なめこおろし風そば

12/2発売のエースコック「おだしを利かせた なめこおろし風そば」を食べました!
セブン&アイ限定の「おだしを利かせた」シリーズの第3弾商品です!

12/2発売 おだしを利かせた なめこおろし風そば

このシリーズ、一見地味ながらもかなりの実力派だったりするのですよね!

このところエースコックは「THE和」という高級そば商品を出していて、
このシリーズはその「THE和」のセブン&アイ版といった感じになってます!

エースコックの和そば技術の高さに着目して作られたPBシリーズとも言えます!(*゚ー゚)

デザインもごく普通で、決して強いインパクトを与えるものではないのですが、
具材に工夫が凝らされていて、麺もスープもクオリティが高いのですよね!

なので、意外に安心して手に取れるシリーズだったりもするのですよね!

12/2発売 おだしを利かせた なめこおろし風そば(内容物)

◎内容物 - 後入れの大根おろしパウダーつき


内容物は後入れの大根おろしパウダーがカップの中に入ってます!
エースコックは最近この大根おろしパウダーをよく使うのですよね!

12/2発売 おだしを利かせた なめこおろし風そば(できあがり)

うん、やっぱりこのシリーズは具材の充実度が素晴らしいですね!

◎スープ - かつおベースの素直な味わいに大根おろしが変化をつける


まずはスープですが・・・かつおを主体とした素直なそばつゆとなっています!(●・ω・)

そこまで醤油は強くないですが、路線としてはやや関東寄りですかね!

ベースのだしとしては完全にかつお主体でその風味が非常に強く、
そこに補助的に具材からの風味や昆布が加わる形になってます!

このかつおの存在感が非常に強いあたりが関東風への近さを感じます!

一方で関東風ほど醤油のキレを重視した風味というわけでもなく、
ややシャープ路線ながらも一定のやわらかさも保ってはいるので、
関東寄りではありながらもそこまで地域を選ぶ味ではないですね!

特にじっくりと味わうと複合的な旨味を感じることもできますし!

またかつおの風味については、だしだけでなくパウダー要素も強いです!
そのため食べ終わるときにはカップの底にかなりの粉末が残ります!

魚粉ベースで旨みを引き出すことへの是非は多少意見も分かれますが、
カップ麺の場合は魚粉のほうがフレッシュな旨味が出せることもあるので、
旨みの幅を出すという点からするとこれで正解のようには感じますね!

そしてもう1つのカギの大根おろしですが・・・なかなか効果的ですかね!(*゚◇゚)

エースコックは和そばで大根おろしパウダーを使いすぎる傾向はありますが、
今回の商品についてはおおむねプラスの効果を挙げていると言えるでしょう!

というのも、ベースのだしだけだと非常にオーソドックスにまとまっているため、
具材は個性的ながらも、ちょっと特徴が弱く感じられる面がありましたからね!

そこに大根おろしが入ることによって、一定の清涼感が与えられているので、
ちゃんとつゆのほうにも明確な個性が引き立つようにはなっていますね!

またなめこはもともと大根おろしと相性がいいといったところがありますし、
そういう点からもなめこ+大根おろしという組み合わせは悪くないですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、大根パウダー、でん粉、砂糖、粉末しょうゆ、
魚介パウダー、たん白加水分解物、カツオブシエキス、コンブエキス、
唐辛子、植物油脂、魚醤、ポーク調味料という構成になっています!

だし系は魚介パウダー(魚粉)が主役というのが伝わってきますね!
またポーク調味料と動物系が少し入っているのは意外な点でもあります!

ただあくまで隠し味的な存在で、言われないと気付かないレベルですね!

◎麺 - 「THE和」と同様のクオリティの高い和そば


麺は「THE和」でも使われているストレート感の強い油揚げ麺のそばです!

今のカップ麺における油揚げ麺の和そばとしては最高峰クラスですね!(=゚ω゚)

ナチュラルなストレート感、そばらしい食感ながらもコシが感じられ、
そばの風味など、トータル的にスキのない仕上がりになっていますね!

エースコックはもともとワイルドな田舎そば的な麺が得意でしたが、
この麺はそれとはまた正反対の洗練された味わいを実現していますね!

エースコックの和そばは非常に安心感が高いと言っていいでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは330kcalとなっています!
脂質は10.0gで、油揚げ麺の商品としてはかなり低いですね!

◎具材 - なめこを中心に充実度は高い


具材はなめこ、かまぼこ、卵、わかめ、ねぎとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材で、薬味としての役割を果たしています!
かまぼこも普通のものですが、和風麺らしさの演出に役立ってますね!

卵は量は少なめながら、ふんわりとした食感でやわらかさを出しています!

そしてなかなかいい活躍を見せてくれているのがわかめですね!

わかめは1つの具材として存在感を見せてくれるというだけでなく、
つゆに風味をプラスしてくれるという点でも役立っていますからね!

乾燥わかめであるからこそ、スープに寄与するところもありますしね!

そして間違いなく今回の具材の主役はこのなめこと言っていいでしょう!(`・ω・´)

さすがに乾燥具材ということでなめこ特有のぬめりは控えめですが、
なめこらしいプリンとした食感がしっかりと引き出されています!

一般に食べられる生タイプのなめこと違って、乾燥具材であることで、
ぬめりはあまりないかわりに、旨味はむしろちょっと強まっています!

なので、わかめとなめこがつゆの深みをより引き立ててるのですよね!

◎まとめ - まとまりが良く、具材も個性的で充実した良作


このシリーズはつゆもいいのですが、具材がこだわっているのですよね!

第1弾が揚げなす、第2弾があさり、そしてこの第3弾がなめこと、
どれもカップ麺ではあまり使われない具材を起用してますからね!

そうした発想力がどれもしっかりとプラスにはたらいていますし、
一見地味ながらもそれぞれの商品の個性を引き立てていますね!

今回もしっかりと安心して手に取れるクオリティを備えていました!(゚x/)モキユーン

【関連記事】
おだしを利かせた なめこおろし風そば
おだしを利かせた あさりだしそば
おだしを利かせた 揚げなすのおろし風そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/25発売 全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン

11/25発売のエースコック
「全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン」
を食べました!

いろいろな理由で有名だったあの「博多元気一杯!!」がカップ麺になりました!

11/25発売 全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン

この「博多元気一杯!!」についてはお店に行ったことはない人でも、
ちょっと変わったエピソードとともに名前は知ってる人は多かったですね!

あの「ラーメンが来る前に高菜を食べたら追い返された」という伝説の店です!

理由はその高菜が非常に辛く、高菜をラーメンよりも先に食べてしまうと、
舌が麻痺してスープの味がわからなくなってしまうというものなのですが、
そうした注意書きが店内になく、高菜が事実上のトラップになっていたり、
他にも暗黙のルールが多いとされることからお店が伝説化していました!

ただ数年ほど前からそうしたスタンスがかなり軟化してたそうなのですよね!(*゚◇゚)

料理の撮影が可能になり、会話も極端に制限されることはなくなるなど、
ピリピリとした雰囲気はずいぶんと緩和されたとは聞いていたのですよね!

そしてそれがついにカップ麺化というところまで進んできたようです!
以前のスタンスだと、カップ麺なんて夢のまた夢だったでしょうからね!

ちなみにフタにはこのお店のシンボルである青いバケツの絵が描いています!

こちらのお店は看板もなく、開店を知らせる札なども特にないのですが、
そのかわり青いバケツが開店の合図として機能しているのですよね!

そうしたところもデザインで再現しているのはなかなか面白いですね!

11/25発売 全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン(内容物)

◎内容物 - 液体スープも青いバケツを意識したような色に


内容物はエースコックらしく粉末スープまみれの液体スープです!

カップの中に入っているのでどうしても粉まみれになっているのですが、
そのかわり分量の大きい液体スープを添付できるのは強みですよね!

もっともこの方式はどうしても賛否両論は分かれるとは思いますが!

11/25発売 全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン(できあがり)

おっ、スープの質感や色合いがお店のものにかなり近いですね!

◎スープ - 豚感が豊かでクリーミーでまったりとした豚骨スープ


まずはスープですが・・・うん、これは上手くまとめてきてると思いますね!(●・ω・)

自分は実際のお店には行ってないですが、行った人の感想を読むと、
クセは強くないけど風味はしっかり、クリーミーで粘度がやや高め、
そしてしっとりとしたような自然なとろみがあるスープのようです!

この商品はそうしたスープの特徴についてはかなり再現していますね!

まずスープの色とコラーゲン的なしっとりとしたとろみを感じますし、
豚臭くはないものの、しっかりとした豚骨の風味を楽しむことができます!

またクリーミーなコクがあり「まろやかだけど本格派の豚骨」となってます!(=゚ω゚)

クリーミー系の豚骨スープは全体的に優しくなりすぎる傾向がありますが、
このスープはそうした「豚骨らしさを排除した」ようなクリーミー系ではなく、
「豚骨のいい部分を残したクリーミー系スープ」になっているのですよね!

なので、クリーミー系ながら豚骨スープとして弱い感じは全くしません!

そう考えると、意外でありそうでないタイプの豚骨スープと言えますね!

すっきり系、豚骨のクセを強く出す系、クセのないスープなどありますが、
豚骨の持つコアな旨味をしっかり引き出したタイプの濃厚系ですからね!

「飲みやすいけどコクが深くどっしりとしている」感じがよく出ています!

なので、後半はそこそこお腹にどすっと来る部分も感じることができますね!
かといって、油脂が重い感じもなく、力強さと飲みやすさの両方が出てますね!

そして風味だけでなく、スープの質感がよく出ているのも評価できますね!

ザラついた粘度ではなく、コラーゲンによる自然なとろみを感じさせて、
多少カップ麺的なギミック感も感じますが、いい感じの濃厚さがあります!

お店に行った人だと、その点に最も感心する人が多いような気がしますね!
写真で見るお店のラーメンの質感とピタッと符合した感じになってますからね!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、乳化油脂、植物油脂、食塩、しょうゆ、
ポーク調味料、動物油脂、たん白加水分解物、チキンエキス、でん粉、
ポークコラーゲン、香味油、酵母エキス、全卵粉となっています!

なるほど、豚骨のエキスと乳化油脂の2つが核となっているのですね!

豚脂をどさっと乗せることによってワイルドさを出すのではなく、
スープと油脂を乳化で一体化させる、スープの質感を見た感じだと
この乳化感こそがポイントのようですし、そこを上手く演出してますね!

またこのぽってりとした質感はポークコラーゲンも大きく活躍してるでしょう!

エースコックはおからパウダーでザラついた質感を出すことが多いですが、
今回はなめらかさを強調するためにおからパウダーは使っていませんね!

◎麺 - 細めでありながらほどよいもっちり感も感じさせる麺


麺は歯切れだけでなく、ほどよいもっちり感も意識した油揚げ麺です!

エースコックはパツパツとした歯切れのいい油揚げ麺も持ってますが、
今回はそこまで低加水寄りではなく、もう少しだけ加水が高く感じます!

ギュッと詰まった低加水ぽさもありつつ、噛むと弾力も感じさせる、
そうした「中加水に近い低加水麺」あたりのバランスとなっています!

でもって、そうした弾力が全体のバランスを上手く引き上げてますね!(*゚ー゚)

サラッとしたスープだともっとパツパツ系の麺が良かったかもですが、
今回はそこそこぽってりしてるので、この麺の食感がよく合ってますね!

おそらくお店の麺も歯切れだけを重視したタイプではないのでしょうね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは430kcalとなっています!
脂質は20.8gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

油脂感の割に高めなのは、油脂がスープと乳化してるからでしょうね!
なので、油脂が直接主張せずにまったりとまとまってるのですよね!

◎具材 - スープに力を入れた分だけ具材はコストカット


具材はキクラゲ、大豆そぼろ、ねぎとなっています!

正直なところ、具材に関してはかなり貧弱と言っていいでしょう!(`・ω・´)

大豆そぼろは鶏そぼろを模したもので、大豆らしい風味が少しします!

もともとエースコックは味のないスカスカしたそぼろを多用してましたが、
最近は肉を含んでいないこうした大豆加工品を使う機会も増えましたね!

要はスカスカしたそぼろよりもさらにコストカットしたものなのですが、
こちらのほうがまだマシに思えてしまったりもするぐらいなのですよね!

良くも悪くもこちらは大豆の持っている特徴がある程度は出ているので、
中身がよくわからない「味なし鶏そぼろ」より良かったりしますからね!

ねぎもごく普通の乾燥具材で、これといった特徴を感じるものではないです!
普通に薬味として機能している、特にひねりのある具材ということはないです!

今回の中で具材らしい具材はキクラゲのみと言っていいかもしれません!
それなりにコリコリ感を主張することで食感にアクセントをつけています!

◎まとめ - 「クリーミー系豚骨」らしさが上手く引き出された一杯


具材に関しては明らかにコストカットしていることがうかがえますが、
それも気にならないぐらいにスープにしっかりと力を注いでますね!

そのおかげでスープの質感、色、風味どれもハイクオリティになっていて、
これならこだわりの強いお店でも満足できる内容と言っていいでしょうね!

お店のスープの持つ雰囲気を感じ取ることができる仕上がりでございました!(゚x/)モキニュー

【関連記事】
全国ラーメン店マップ 博多編 博多元気一杯!!監修 博多クリーミー豚骨ラーメン
全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製旭川醤油ラーメン
全国ラーメン店マップ 奈良編 天理スタミナラーメン しょうゆ味
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2019年)
全国ラーメン店マップ 京都編 あいつのラーメンかたぐるま こくとん塩ラーメン
全国ラーメン店マップ 旭川編 蜂屋 特製焦がし醤油ラーメン
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2018年)
全国ラーメン店マップ 福岡編 ラーメン暖暮 辛ダレ豚骨ラーメン
全国ラーメン店マップ 苫小牧編 味の大王 元祖カレーラーメン
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン(2017年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/17発売 EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍

6/17発売のエースコック
「EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍」
を食べました!

先に紹介した「帰ってきたわかめ3.5倍」と同時に発売された商品です!

昨年はわかめラーメンの3.5倍だけで「しょうゆ」と「みそ」を出しましたが、
今年はわかめ3.5倍はしょうゆだけで、もう1商品はワンタンメンになりました!

6/17発売 EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍

こちらは「こぶたなると」の量が6.0倍となっているようですね!
主役のワンタンは増やすにもコストの関係で難しいのでしょう!

        なんか嫌な予感しかせえへんねんけど(・ω・*)
(*・ω・)心配無用やろ

仮に従来商品で3~6枚だとすると、この商品は18~36枚ぐらいと、
いずれにしてもかなりのなるとが入っているのは間違いないようです!

        ほんまやな? 絶対やな?(・ω・*)
(*・ω・)何をごちゃごちゃ言うとるんや

6/17発売 EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍(内容物)

◎内容物 - かやくと粉末スープのシンプル構成


内容物はかやくと粉末スープというシンプルな構成となっています!

「わかめ3.5倍」のように、かやくの袋がギチギチになったりはしてませんが、
かやくの袋を見るとたしかにたくさんのこぶたなるとがあるのがわかります!

        うん、たしかにこぶたなるとがたくさん見える・・・(・ω・*)
(*・ω・)ぶつぶつうるさいなぁ

6/17発売 EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍(できあがり)

        こぶたは! こぶたなるとはどこに行った!!(・ω・*)
(*・ω・)クリスマスパーティーに出かけてしもた

        こぶたのないこの商品を紹介してどないするねん(・ω・*)
(*・ω・)しゃーない 祭りの後いうのはこういうもんや

        主役のなるとがないのに感想書けるんか?(・ω・*)
(*・ω・)どうせ販売期間終了した商品やしな

        無責任すぎる!!(・ω・*)
(*・ω・)メリークリスマス!

  彡 ピコンッ
  ☆ ロ─c(・ω・*)クリスマスは終わりました!
(*・ω・)ごふっ!

◎スープ - 袋版にかなり近いがややすっきり風味


まずはスープですが・・・あぁ、いかにも賞味期限切れした味ですね(●・ω・)

        どんな感想やねん;(・ω・*)
(*・ω・)なんせ6月発売商品やからな

いや、実際はスープそのものはそこまで劣化はしないのですけどもね;
今回は賞味期限切れの商品がどうなるかの話がメインになりそうです!

ベースのスープに関しては「ワンタンメン」らしい松茸の風味が香り、
かつおの旨味を生かしたタンメン風のスープとなっています!

ただ実はスープの構成は袋バージョンとは意外と違うのですよね!(*゚◇゚)

袋版は麺を煮込んだときに生まれるコクを上手く活用してるのか、
かつおは使いつつも動物系のエキスなどは一切入れてないのですよね!

ですが、こちらのカップ版は麺の煮込みの過程がないこともあってか、
原材料にポークエキスを入れることによってコクを強化しています!

それでも袋版よりもすっきりとした風味には仕上がるのですが!
いかに麺を茹でることによる風味の変化が大きいかがわかりますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、デキストリン、乳化油脂、でん粉、粉末しょうゆ、
香辛料、ポークエキス、カツオエキス、砂糖、オニオンパウダー、動物油脂です!

かつおで旨みを出しつつ、玉ねぎで香味、豚でコクを付加していますね!

◎麺 - 本来は普通の麺なんだけど賞味期限が切れると・・・


麺は中細ぐらいの断面の丸いタイプの油揚げ麺となっています!

麺の本来の風味としては袋版を上手く再現している感じはありますね!

もちろん袋版と違って煮込む過程がないのでそこは大きく異なりますが、
麺そのものから感じられる香ばしさなどは上手く意識されていますね!(=゚ω゚)

ただカップ麺の賞味期限が切れたときに、味が落ちるのが麺なのですよね;

でも実はノンフライ麺系の商品に関してはそうでもなかったりします!
油揚げ麺商品に関しては本当に顕著に味が悪くなる傾向があります;

やはり油の質が劣化して何とも言えないくどい臭みが出るのですよね;
なので、一口食べた時点で「あぁ賞味期限切れの味だ」と思いましたね;

この商品は実はもともとクリスマス向けに使うという予定ではなくて、
単に紹介枠に入らずにこの時期まで残ってしまっただけでしたからね;

カップ麺って保存がきくので便利という印象が多く持たれていますが、
大量に買うと意外に賞味期限切れしますし、麺の味は確実に落ちますね;

◎麺量と栄養成分


麺の量は78gで、カロリーは396kcalとなっています!
脂質は13.9gで、これはそれほど高い数字ではないですね!

「わかめ3.5倍」のほうはわかめを増やすために麺量はノーマルでしたが、
こちらはなるとは増えたものの、麺量についても大盛となっています!

なるとはそれほどコストのかかっていない具材なのかもしれませんね!(`・ω・´)

あとはわかめと違って増やしても食べごたえがあまり増えないですしね!
それで麺量についてもちゃんと増やすという方針にしたのかもしれません!

◎具材 - 本当ならこぶたなるとがたっぷり入っている


具材はワンタン、こぶたなると(が入ってるはず)、キャベツです!

(*・ω・)見てみ、こぶたなるとがぎっしりやろ
        うるさい;(・ω・*)

ワンタンは3つで、中に餡を包んだタイプのものとなっています!

本当はエースコックのワンタンメンは皮だけワンタンが好きなのですが、
カップ麺ではリアル感も出したいでしょうし、これでいいのでしょう!

ワンタンに関しては賞味期限切れによる劣化はあまりなかったです!

一方のキャベツについては明らかに色がくすんでしまってましたね;
キャベツとねぎは特に賞味期限が近づくと色が悪くなりますね!

ただ麺と違って、味のほうはそれほど劣化はないので大丈夫です!

◎まとめ - 油揚げ麺系カップ麺は賞味期限切れに注意


賞味期限が切れたからといって食べられなくなることはないですが、
油揚げ麺系の商品はけっこうあからさまに味が落ちるのに注意です!

        この記事はこの商品の紹介と言ってええんやろか?(・ω・*)
(*・ω・)ほぼ賞味期限切れについての解説やな

こぶたなるとなしでも、賞味期限切れネタで何とか記事になりました!(゚x/)モキユーヌ

【関連記事】(ワンタンメンシリーズ)
EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍
ワンタンメンどんぶり 南京町監修 香味中華そば
ワンタンメン 甲子園カレー味
ワンタンメンビッグ タンメン味

【関連記事】(EDGEシリーズ)
EDGE×ワンタンメン タンメン味 こぶた誕生60thでこぶたなると6.0倍
EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍
EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン
EDGE 辛節かけすぎカレーうどん
EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン
EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2015年)
EDGE 鬼辛アブラそば
EDGE 鬼辛とんこつラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2014年)
EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン
EDGE 鬼辛焼そば
EDGE 鬼マヨ焼そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/17発売 EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍

6/17発売のエースコック「EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍」を食べました!
昨年も発売された「わかめラーメン わかめ3.5倍」の再発売バージョンとなります!

6/17発売 EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍

        わかめはもうええっちゅうねん!(・ω・*)
(*・ω・)クリスマスはわかめ食べなあかんやろ

(*・ω・)そもそもな、2日連続で大量にわかめ食べる人の気にもなってみ?
        自分で選んだんやないか!(・ω・*)

(*・ω・)2年続けてわかめ大量系商品を出すエースコックが悪い!
        そうでっか(・ω・*)

昨年もそうでしたが、2日連続でわかめラーメンを食べるのは疲れますね;

昨年は1日目は醤油、2日目は味噌だったのでまだマシだったのですが、
今年は2日連続で「わかめラーメン しょうゆ」なので少々疲れます;

6/17発売 EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍(内容物)

◎内容物 - 「わかめ7倍」と違ってかやくは1袋


内容物はかやく、液体スープ、スパイスとなっています!
基本的な構成自体はいつもの「わかめラーメン」と同じです!

どうも心なしかスパイスの量が「わかめ7倍」よりも多く感じましたね!
もしかすると7倍のほうはスパイスでコストを調整していたのかもです!

また「わかめ7倍」はかやくが2袋でしたが、こちらは1袋だけですね!
そのかわりその1袋の中にわかめがみっしりと入っていましたが!(*゚ー゚)

6/17発売 EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍(できあがり)

        ちょっと待て! このこぶたはどこから湧いてきた?(・ω・*)
(*・ω・)クリスマスには子豚の丸焼きが定番やろ

        いや、それは鶏か七面鳥やろ(・ω・*)
(*・ω・)細かいことは言わんでよろしい

        しかもこれかまぼこやし(・ω・*)
(*・ω・)それでもわかめだけよりはクリスマス感は高まっとる!

        つうかさっきのかやくの袋にはこぶたはなかったぞ(・ω・*)
(*・ω・)そんなことは知らん

昨日の記事でわかめとコーンだけだとクリスマス感がイマイチだったので、
今日は手元にあるクリスマス飾りでちょっと雰囲気をプラスしました!

やっぱりオーナメントを加えると一気にクリスマス感が増しますね!(`・ω・´)

        せやけど今日のわかめはツリー感が弱いぞ(・ω・*)
(*・ω・)昨日の7倍のインパクトが強すぎた;

今回の誤算は「わかめ3.5倍」では意外にボリュームが足りない点でしたね;
というか、それゆえに「わかめ7倍」がいかに異常な量なのかがわかります;

本当だったら「わかめ3.5倍」でも十分に普通ではない量なのですけどもね!

◎スープ - 基本的にいつもの「わかめラーメン」と同じ


スープについてはいつもの「わかめラーメン」と特に違わないですね!(●・ω・)

自分の場合は体感的に昨日の7倍よりもけっこう薄めに感じたのですが、
これは昨日は作るときにちょっとお湯が足りなくなったせいでしょうね;

今日はお湯を普通に規定量入れたので、標準的な濃さだったと思います!

醤油をベースに複数の魚介風味を重ねるというスタイルは定番ですね!
昨日と味自体は全く同じなので、ほとんど書くことがなかったりします;

ただわかめから出る風味の強さに差があるので、そこは違っていましたね!

        こぶたからええダシは出てたか(・ω・*)
(*・ω・)そらダシ出まくり、クリスマス感満載やったわ!

        で、どんな味やったん?(・ω・*)
(*・ω・)かまぼこの味やな

  彡 ピコンッ
  ☆ ロ─c(・ω・*)クリスマス関係ないやろ!
(*・ω・)ごふっ!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、砂糖、植物油脂、食塩、たん白加水分解物、発酵調味料、
香辛料、ニボシペースト、オイスターエキス、カツオ風味調味料、酵母エキスです!

煮干・オイスター・かつおの3つが軸になっているのはいつもと同じですね!
そしてここに具材のわかめの風味が溶け込んで全体がまとまるのですよね!

◎麺 - いつもの「わかめラーメン」とほぼ同じ


麺は普段の「わかめラーメン」と特に違いのない印象ですね!

気のせいだと思うのですが、微妙に麺の形状が違う気がしましたが!

自分の印象としては昨日の「わかめ7倍」のほうがいつもの麺と同じで、
こちらはそれと比べると微妙に丸みを帯びてる印象がしたのですよね!

ただこの商品に関してはわざわざいつもと麺を変える必然性がないですし、
おそらくは湯戻し時間の関係などから感想が少し変わっただけだと思います!

例によってトッピングを整えたことで麺はのびまくってましたしね!(*゚◇゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は60gで、カロリーは326kcalとかなり軽めです!
脂質は11.7gで、こちらの数字も低めになっていますね!

実は標準バージョンより麺量が4g少ないので、カロリーも低いのですよね!
わかめがいかにカロリーのない食材であるかもよくわかりますよね!

麺量が60gと少なかったのは、自分としてはずいぶん楽でしたね!

昨日の「わかめ7倍」はわかめを増やした分だけ麺も増えていたので、
麺とわかめのダブルパンチで後半はどうしてもしんどくなりましたが、
今回は昨日との比較で言うとかなり楽に食べることができましたね!(=゚ω゚)

◎具材 - 「わかめ7倍」に比べるとずいぶん控えめ


具材はわかめ、コーン、ごま、こぶたなるととなっています!

        こぶたなるとは本当にこの商品に入ってたのか?(・ω・*)
(*・ω・)写真を見たらわかるやろ!

        どう見ても乾燥かやくの時点では見当たらんのやが(・ω・*)
(*・ω・)カップの中に最初から入ってたのかもしれん

        本当に信じてしまう人が出たらどないするんや(・ω・*)
(*・ω・)もうこの商品は販売終了しとるしな

        カップ麺ブログとして無責任すぎる;(・ω・*)
(*・ω・)メリークリスマス!

まぁ、こぶたなるとの存在については横に置いておくことにしましょう!
味については普通のカップ麺のなると具材と変わらないものとなってます!

わかめもコーンも昨日紹介した「わかめ7倍」と特に違いはないのですが、
いかに昨日の「わかめ7倍」が異常だったかを本当に痛感させられます;

コーンは少なく楽に食べられますし、3.5倍のわかめも軽く感じましたね!

本来であれば「わかめ3.5倍」でも「やりすぎ、多すぎ」の部類なのですが、
前日に「わかめ7倍」を食べていると「普通の量」と思えてきてしまいます!

おかげで2日連続でわかめラーメンを食べても今日はまだずいぶん楽でした!

◎まとめ - わかめ大盛としてはこれぐらいがちょうどいいかも


「EDGE」として「わかめ3.5倍」が出て、セブンからは「わかめ7倍」が出ますが、
バランスを考えるならこちらの「わかめ3.5倍」のほうが遥かに食べやすいですね!

普通のタイミングで食べればわかめの多さも十分に堪能できるでしょうし、
かといってお腹がもたれてしまうほどのわかめの量でもないですからね!

(*・ω・)この2日間のわかめとの戦いが目に浮かぶわ・・・
        急に何を言い出すんや(・ω・*)

(*・ω・)回想シーンやがな、海藻だけに
        は?(・ω・*)

(*・ω・)この一言が入ることで、みんな「買いそう」になるんや
        あ、そう・・・(・ω・*)

(*・ω・)ちゃんと反応せいや!
        かい、そうですか(・ω・*)

(*・ω・)・・・は?
        おまえもツッコめや!!(・ω・*)

今年もクリスマスらしく(?)、2日連続のわかめツリーでお送りしました!(゚x/)モキスー

【関連記事】(わかめシリーズ)
EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍
わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

【関連記事】(EDGEシリーズ)
EDGE×わかめラーメン 帰ってきたわかめ3.5倍
EDGE シゲキング 生姜味噌ラーメン
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
EDGE シゲキング 鶏しおレモン味ラーメン
EDGE 辛節かけすぎカレーうどん
EDGE チーズかけすぎチリトマト味ラーメン
EDGE 鬼シビ 辛みそラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2015年)
EDGE 鬼辛アブラそば
EDGE 鬼辛とんこつラーメン
EDGE 鬼背脂とんこつ醤油ラーメン(2014年)
EDGE 鬼辛とんこつ醤油ラーメン
EDGE 鬼辛焼そば
EDGE 鬼マヨ焼そば

個人住宅のイルミネーション(2019年12月撮影)
(個人住宅のイルミネーション:2019年12月撮影)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

9/9発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍

9/9発売のエースコック
「わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍」
を食べました!

昨年大きな話題になった「わかめ7倍」が今年も登場しました!

9/9発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍

        この日にわかめラーメン持ってくるの禁止!(・ω・*)
(*・ω・)何を言うとるんや?

        勘のいい人はみんなわかっとるやろ;(・ω・*)
(*・ω・)わしにはわからんなぁ

この「わかめ7倍」のわかめラーメンはセブン&アイの限定商品です!
今年は「セブンイレブン」に合わせてコーンも11倍となりました!

昨年食べた「わかめ7倍」はいろんな意味で印象に残りましたね;
わかめもあれだけ大量に食べるとお腹にずっしりきますからね;

9/9発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍(内容物)

◎内容物 - かやくが2袋で、とにかくわかめが大量


内容物はかやく2袋と液体スープ、スパイスとなっています!

かやくは赤と黒で色分けされていて、中身も微妙に違ってます!
黒の袋にはごまが入ってますが、赤い方には入ってないのですよね!

9/9発売 わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍(できあがり)

        ほらやっぱりまたこれや・・・;(・ω・*)
(*・ω・)なんや! 文句があるんか!

        せやけど今回はちょっと無理がないか?(・ω・*)
(*・ω・)コーンが多すぎてしもた

(*・ω・)コーンが多いから装飾を減らしたら偏ってしもた
        装飾減らして手抜きしようとするからや(・ω・*)

(*・ω・)手を抜いたんやない、頭のネジが抜けとるだけや
        それまだ手抜きのほうがマシやろ(・ω・*)

(*・ω・)誰や、人のこと「頭のネジが抜けとる」とか言うた奴は
        自分で言うたんやろが!(・ω・*)

うーん、今年もわかめツリーにしましたがちょっと昨年には劣りますね;

昨年は自前の装飾とミックスすることでバランスを整えたのですが、
今回はコーン一色でいったらちょっとバランスが悪くなりましたね;

コーンは周辺に散らして、装飾は普通にしたほうが良かったかもです;

ただそのかわり今回いかにコーンが多いかは伝わってきますよね!(=゚ω゚)

これだけ大量にわかめにコーンをつけても余ってしまいましたので;
昨年の写真と見比べるとコーンが増えているのが一目瞭然ですしね!

◎スープ - 基本的にはいつもの「わかめラーメン」と同じ


スープの味は・・・昨年のバージョンから特に変わりはないですね!(●・ω・)

原材料の並びも同じなので、昨年から味は全く変えてないのでしょう!
一応ノーマル版とは少しだけ違いますが、やはり基本は同じです!

ただ実際の体感的な風味はわかめの関係でかなり変わるのですよね!

というか、ここまでわかめが多いと麺やスープよりわかめが強いので、
食べているときはわかめそのものの味がとにかく前面に出ますからね!

わかめラーメンのスープの特徴は動物系が含まれていないことですね!

あくまで魚介系と醤油でまとめているので、スープの風味が重くなく、
ストレートに磯の風味を楽しめるようになっているのですよね!

        今年もクリスマスツリーの味がしたか?(・ω・*)
(*・ω・)何を言うとるんや これはわかめやで

        ・・・いつもはツリー味やと言うてたクセに(・ω・*)
(*・ω・)わかめはわかめの味 当然やないか

        ここまでわかめ多いと、わかめ味も強烈やもんな(・ω・*)
(*・ω・)??? これはクリスマスツリー味やで?

        しばいたろか!!(・ω・*)
(*・ω・)クリスマス料理がわかめの味するわけないやん

        ん、ん・・・あれ?(・ω・*)
(*・ω・)メリークリスマス!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、砂糖、植物油脂、たん白加水分解物、発酵調味料、食塩、
香辛料、ニボシペースト、オイスターエキス、カツオ風味調味、酵母エキスです!

数年前は細かい魚介の内訳については書いてなかった記憶がありますが、
今は煮干・オイスター・かつおの3つが軸であることがわかりますね!

◎麺 - いつもの「わかめラーメン」の麺とほぼ同じ


麺はいつもの「わかめラーメン」らしい麺となっています!

普段はこの麺をネガティブに感じたりすることはないのですが、
今回はなぜかわかめとの対比か麺の風味がずいぶん重く感じました;

        麺がのびたからやろ(・ω・*)
(*・ω・)気のせいや

例によってトッピングに10分弱ぐらいは費やしてしまってるので、
今年も麺はのびのびで本来の食感はよくわかっておりません;

ただわかめが多いと、わかめのあっさりとした風味が強く出ることで、
それと対になる麺の風味とのコントラストが強く出る傾向は感じました!

このあたりは麺がのびないうちに食べれば印象も違うのかもですが!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの78gで、カロリーは452kcalとなっています!
脂質は16.7gで、それほど多い数字と言うわけではないですね!

これだけ具材が入っていても、カロリーはそこまで高くないです!
というか、わかめはほとんどカロリーのない具材でもありますからね!

ただ昨年より脂質は-1.1gなのに、カロリーは+30kcalとなってます!
これは完全にコーンが増えたことで糖質が増えたためでしょうね!

麺が多めなのは、そうしないと完全にわかめに埋もれるためでしょうね;
というか、大盛仕様でも完全に麺よりもわかめのほうが目立ってますし;

ただ麺も増えて、わかめも7倍に増えてるので満腹度は非常に高いです!
・・・むしろ満腹を超えてお腹がもたれてくるといった状態に近いですが!

◎具材 - わかめが強烈すぎて11倍のコーンすらかすむ


具材はわかめ、コーン、ごまという組み合わせになっています!

ごまは普段とそこまで変わらないので、それほど目立ってはないです!
その分だけ他の具材がどちらも異様に目立ってしまっていますからね;

普通の「わかめラーメン」と比べると、メンマがカットされてます!
これだけの具材の量だと、どこかで調整が必要にはなりますからね!

そしてコーンですが・・・やはり11倍になると存在感は増しますね!(*゚◇゚)

昨年はわかめだけが7倍だったので、他の具材はかすんでましたが、
今回はコーンが増えたことで味に少しメリハリはついてましたね!

スープの風味、わかめの風味、そしてコーンの甘みという感じで、
その分だけ昨年よりも飽きがきにくい味になっていたのはたしかです!

そして主役のわかめですが・・・7倍はほんとにえげつないですね!(`・ω・´)

分量としては明らかに麺よりもわかめのほうが多くなってますし、
おかげで全体の味がほぼわかめで支配されてしまってますからね;

もちろん「やりすぎ」のラーメンとしては面白くはありますが、
「わかめでお腹がもたれる」感覚はなかなか大変ではあります;

これを食べた結果、数日わかめを避けたくなる人もいるでしょうしね!

ただこれはこれでわかめたっぷりでおいしくはあるんですけどね!

(*・ω・)クリスマスムードで盛り上がれたしな
        この商品でどう盛り上がるんや(・ω・*)

(*・ω・)写真を見てみぃ、わかめがたいそう盛り上がっとる
        そっちの盛り上がりじゃないだろ!(・ω・*)

(*・ω・)なんや、盛り上がらんかったというんか
        さすがに昨年に比べるとな(・ω・*)

(*・ω・)しゃーない、わかめ4倍分足したるわ
        やーめーてー! すでにお腹もたれてるねん!(・ω・*)

◎まとめ - コーンが増えたことでバランスは向上したかも


おおむね昨年の路線を継承したうえでコーンを増やしたという形なので、
昨年よりもやや「わかめ一辺倒」的な雰囲気が弱まった感じはありますね!

果たしてこの商品が毎年の定番商品になるのかはちょっと謎ですが!
さすがにこの手の商品が何年も続くとインパクトが下がりますしね!

それにコーンが多すぎてビジュアルのバランスが悪くなりましたしね;

        これはエースコックにガツンと言わなあかんな(・ω・*)
(*・ω・)いや、それは違うな

(*・ω・)コーンだけに、コーンと叩かなあかん
        ・・・それもそうやな(・ω・*)

  彡 コーンッ
  ☆ ロ─c(・ω・*)じゃあ君をコーンといくわ!
(*・ω・)ごふっ!

コーンだけではわかめツリーは難しいと感じさせた今年のバージョンでした!(゚x/)モキユー

【関連記事】
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍&コーン11倍
わかめ油そば ピリ辛ごまラー油仕立て
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ(2018年)
EDGE×わかめラーメン ごま・みそ 35周年なのでわかめ3.5倍
わかめラーメン 麺大盛りでわかめ7倍
わかめうどん フジッコ 純とろ仕立て
EDGE×わかめラーメン ごま・しょうゆ 35周年なのでわかめ3.5倍
ぶっかけわかめうどん
わかめそうめん
わかめラーメン しじみだし・しょうゆ
わかめ油そば
わかめ 本鰹つゆそば
わかめラーメン ゆず胡椒と大根おろし風しお
わかめ 昆布つゆうどん
わかめラーメン ごま・しお 三島のゆかり仕立て
鰹だし香る わかめぶっかけうどん
わかめラーメン ごま・しょうゆ Big
汁なしわかめラーメン ごま・ポン酢
ノンフライ麺 わかめラーメン しょうゆ
わかめラーメン しじみだしみそ

アポロビルのイルミネーション(2019年12月撮影)
(アポロビルのイルミネーション:2019年12月撮影)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/16発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキム蕎麦

12/16発売のエースコック「スーパーカップ1.5倍 ブタキム蕎麦」を食べました!
ここ数年定番となっている冬の「和風ブタキム」から蕎麦が登場しました!

12/16発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキム蕎麦

2016年12月に「ブタキムうどん」が登場し、2017年にも同商品が発売され、
2018年にはその派生版である「ブタキムチーズ味うどん」も出ています!

そして2019年には「うどん」を超えて「蕎麦」の商品が登場しました!

「ブタキムうどん」は「ブタキム」の持つワイルドさを継承しながら、
そこに和の優しさをミックスしたなかなかの秀作だったのですよね!

ただ「和そば」はうどんと比べてもスープの方向性を選ぶ傾向があるので、
今回の商品はちょっと冒険的な商品と言ってもいいように思いますね!(=゚ω゚)

また2017年までは「ブタキムうどん」はコンビニ限定商品でしたが、
2018年の「チーズ」からはスーパーなども販路に加えられました!

それを継承して、今回の商品もコンビニ限定品とはなっていません!

自分としてはコンビニ限定商品のほうが本当は良かったりしますが;
どうしてもスーパー向け商品は製造コストが抑えられがちですからね;

12/16発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキム蕎麦(内容物)

◎内容物 - 従来の3袋構成から2袋へと変更


内容物はかやく入り粉末スープと調味油となっています!
うーん、かやく入り粉末スープはコストカットの影響を感じますね;

調味油もいつものように「ブタキムオイル」とは書いてないですね!

12/16発売 スーパーカップ1.5倍 ブタキム蕎麦(できあがり)

オイルの赤さが弱く、けっこうそばだし寄りの色となっていますね!

◎スープ - そばだし2に対してブタキム要素1といった感じ


まずはスープですが・・・あ、思っていたよりもそば方向に寄せてきましたね!(●・ω・)

これまでの「ブタキムうどん」とはちょっと組み立てが違っていますね!

「ブタキムうどん」の場合はあくまでベースは「ブタキム」の味にあって、
その「ブタキム」の持つワイルドさをちょっとだけ抑えめにしたうえで、
和の要素を加えてやわらかく仕立てていたという印象が強かったのですよね!

なので、純粋に和風だし+ブタキムというようなたし算にはなっておらず、
軸はきちんとブタキムのほうに置いているイメージが強くありました!

それに対してこちらは完全にそばつゆとのハイブリッド的印象が強いです!
そしてむしろそばつゆの風味のほうが主役になっているような感じですね!

かつおメインの和風だし+醤油というそばつゆの要素をはっきり出しつつ、
そこにキムチや豚の風味、そしてオイルによってアクセントをつけています!

またオイルの主張に関しては、明らかに従来よりも控えめになっています!(*゚ー゚)

これは以前の「ブタキムうどん」などの記事と比較するとわかるのですが、
「調味油(ブタキムオイル)」の色が明らかに今回薄めなのですよね!

以前のものは赤が強く、かなりワイルドにブタキム風味を立ててましたが、
今回はそれをずいぶんと抑えた印象にしてきたことがわかりますね!

「うどん」と「蕎麦」という、どちらも和風麺の商品でありながら、
ここまで特徴を変えてきたのはやはり麺の持つ個性の違いでしょうね!

「うどん」は和風麺だけど風味は控えめなのでどんなスープにも合わせやすい、
それに対して「蕎麦」はどうしても麺の風味が強いのでスープを選ぶのですよね!

それでいつもよりも思い切ってそばつゆ路線へと寄せてきたのでしょう!

そうすることで麺との相性という点では上手く合わせてはいますね!
本来のブタキムは蕎麦と合わせて大丈夫か難しいラインですからね!

その点を考えると、たしかに上手くまとめているとは言えるのですが、
これがブタキムに対して求めた味かというと難しくはあるのですよね!

良くも悪くも「麺に配慮したスープ」というイメージが強いですからね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、砂糖、乳化油脂、粉末しょうゆ、ポークエキス、
香辛料、ポーク調味料、カツオブシパウダー、魚介エキス、魚介風味調味料、
オニオンパウダー、香味調味料、酵母エキス、魚醤(魚介類)、
乳等を主要原料とする食品、たん白加水分解物、唐辛子となっています!

この異様に複雑な構成のスープはいかにもエースコックらしいですね!
豚とかつおを中心に、エースコックらしく玉ねぎを加えていますね!

乳化油脂が油脂のメインとなっているあたりがちょっと謎ですが!
これを見るに、明らかに今回は豚脂を外してきてるのですよね!

過去の「ブタキムうどん」は動物油脂が強かったので大きな違いと言えます!
これによってワイルド感がかなり減退したところはあるでしょうね!

◎麺 - かなりワイルドな極太のわしわしとした蕎麦


麺はかなり太めで、がっしりとしてパワフルな油揚げ麺の蕎麦です!

エースコックは「THE和」などの洗練されたタイプの和そば麺と、
それとは対極的な極太のワイルド蕎麦の2種類を持っていますが、
今回は完全に後者のタイプに振り切った麺を使ってきましたね!

あえてここまでワイルド路線に突き抜けなくても良かった気もしますが、
この商品の持つ個性を際立たせるために極端な麺を起用してきましたね!

スープに関しては和風寄りのいつもの「ブタキム」より優しい路線ながら、
麺に関しては普段の中華麺よりもさらに主張の強いものになってますしね!

食感もわしわしとしたもので、幅はさすがにうどんほどではないものの、
厚みに関しては一般的なカップうどんよりも上と思えるものでしたね!(*゚◇゚)

そういう点からも「和そばらしさ」はかなり強調されていますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは472kcalとなっています!
脂質は17.0gで、麺量を考えるとむしろ低めと言えますね!

実際にいつもの「ブタキム」より油脂の主張が軽めでしたしね!

◎具材 - やはりいつもの「ブタキム」よりはやや貧弱


具材はチャーシューチップ、白菜キムチ、ねぎとなっています!
やはりかやくと粉末スープが一体化してるので具はやや少ないです!

ねぎはごくごく普通の薬味的な乾燥ねぎが使われていますね!
これに関しては特に可もなく不可もなくといったところですね!

キムチはいつもの「ブタキム」シリーズらしい味わいのものですが、
クオリティは十分なもののやっぱり量がちょっと少なめなのですよね!

ただキムチを食べたときは「ブタキム」らしさが引き立ちはしますね!
今回はスープがそこまでキムチの主張が強めではなかったですし!(`・ω・´)

そして最も普段と違うのはチャーシューチップが使われてる点ですね!

いつもの「豚キムチ」や「ブタキム」はリアル系の豚肉具材ですが、
今回はそれを使わずにチャーシューをカットした具材なのですよね!

これはこれで乾燥肉らしい旨味を感じられる具材ではあるのですが、
やはり「ブタキム」はリアル系豚肉具材で楽しみたいのですよね;

このあたりはコストカットの影響をどうしても感じてしまいましたね!

◎まとめ - 斬新ではあるけど蕎麦である必然性はあまりないかも


「ブタキム」としての初めての和蕎麦系商品となったわけですが、
正直なところトータルとしてはあまりプラスの印象はなかったです!

時期的に年越しそばの需要を見越してこの商品を出したと思いますが、
あえて年越しそばとしてこの商品を食べる人はあまりなさそうですし、
素直に高級系路線の「THE和」を出したほうが良かった気もしましたね!

自分としては「ブタキム」+和風の路線はけっこう好きではありますが、
そのスタイルで言うならやはり「ブタキムうどん」が一番良かったですね!

個性的ではあるけど、そこまで優秀とも言えないような一杯でした!(゚x/)モキーズ

【関連記事】
スーパーカップ1.5倍 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば

11/19発売のエースコック「麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば」を食べました!
ラーメン店「麺屋武蔵」と蕎麦屋「かんだやぶそば」のコラボ商品となります!

ローソンのみで販売されている限定商品となっています!
ローソンからは「麺屋武蔵」とのコラボ商品がよく出ますね!

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば

「前代未聞」を文字った「前代未麺」という表現がなかなか面白いですね!

この商品は単純に言うと「豚骨スープベースの和そば」となっています!

同じ和風麺でもうどんは動物系スープと合わせることがけっこうありますが、
和そばで豚骨スープと合わせるというのはたしかに聞いたことがないですね!(=゚ω゚)

動物系スープ+そばでも、あくまで澄んだスープがスタンダードですし、
豚骨でしかもそこにマー油(焦がしにんにく油)が入るのは珍しいです!

ラーメンスープ+そばの組み合わせは他にもいろいろ考えられますが、
その中でも最もミスマッチ的なものをあえて合わせてきた感があります!

良くも悪くもそのスタイルだけで強烈なインパクトは与えてくれますね!

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば(内容物)

◎内容物 - マー油メインの液体スープと柚子七味


内容物は液体スープと柚子七味という組み合わせになっています!
液体スープはラーメン寄り、柚子七味は和風麺よりの素材ですね!

11/19発売 麺屋武蔵×かんだやぶそば 前代未麺! ヤバそば(できあがり)

思った以上にマー油の量が多くてちょっとびっくりしてしまいますね!
こんなにマー油が入る和そばってどう考えても普通はないですからね!

◎スープ - スープ構成に和風麺ぽさはなく完全にラーメンの世界


まずはスープですが・・・これはもう完全にラーメンの世界の味ですね!(●・ω・)

まず和風麺向けのスープといった要素はほとんど皆無と言っていいです!
唯一和風麺寄りなのは薬味の柚子七味のみと言っていいでしょうね!

ただ柚子も七味もラーメンで使われることはありえる素材なので、
そんなに全体を和風方向に引っ張って行ってるわけではないです!

あくまでほんのりとさわやかな風味を加えているといった程度です!

まずベースのスープはけっこうライトな豚骨スープとなっています!

このあたりはさすがに和そばとのバランスを考えたのかもですね!
豚骨の風味が強すぎるとどうしてもそばの風味を打ち消しますし!

そこにちょっとチーズが入りますが、乳製品ぽい風味は強くはなく、
あくまで豚骨を側面から軽くサポートする存在と言っていいでしょう!

いずれにしてもこの時点だと「豚骨ベースながら飲みやすい」ものです!
もしラーメンだとしたら、物足りないと指摘される可能性もありますね!

ただそうした印象を一気に覆すのが、ここに加わる大量のマー油ですね!(`・ω・´)

マー油というと焦がしにんにく油ですが、にんにくのワイルドさよりは、
焦がしによる香ばしさを中心に据えていると言っていいかもしれません!

マー油がどっさり入ることによって全体は非常に香ばしくなってますね!
またごまラー油も入るので軽いピリ辛とごま油の香ばしさも加わります!

なので、この油脂は香ばしさを高めるところに主眼があると言えますね!

「優しい豚骨スープと香ばしさメインのオイル」、こうして見てみると、
一見奇抜ながらもそれなりに和そばとの相性を意識してる感はありますね!

◎スープの原材料


スープと薬味の原材料はポークエキス、植物油脂、魚介風味調味料、
食塩、しょうゆ、動物油脂、香味油、乳化油脂、粉末しょうゆ、香辛料、
たん白加水分解物、チーズ加工品、酵母エキス、オニオンパウダー、
ポークコラーゲン、ゆずパウダー、全卵粉という構成になっています!

豚骨とマー油が主役ながら、魚介の風味もそこそこ入ってますね!
ただ体感的にはそんなに魚介ぽさを感じることはなかったですが!

◎麺 - こちらはこちらで素直なまでの和そば


麺はかなり高級感を感じさせるタイプの油揚げ麺の和そばです!

エースコックの高級和そばブランドである「THE和」の流れの麺で、
ストレート感が高く、そばの風味もしっかりとしたしなやかな麺です!

もちろんリアルなそばらしいポソッとした食感も上手く生きてます!(*゚ー゚)

ここでどうしても気になるのがスープと麺の相性なのですよね!

この商品について「和そばかラーメンか」というふうに問われたら、
自分は「これはラーメン」というふうにおそらく答えるでしょうね!

「麺を和そばにしたラーメン」というふうに言ってもいいですし、
「そば粉を練り込んだ麺を使ったラーメン」とも言えるでしょう!

たとえばラーメンの麺に全粒粉を練り込むという手法がありますが、
その流れの延長線上のようにとらえるのが最も近いように思います!

「香りを高めるためにそば粉を練り込んだ麺を使った」ラーメンです!
ただかんすいが使われていないので、その点は食感が違っていますが!

そうすると食感の違いが1つのカギにもなってくるわけですが、
中華麺のプリ感に対して和そばはどうしてもポソッとしている、
食感的には中華麺なら加水の低い麺に比較的に近いわけですよね!

そこで低加水麺が使われがちな豚骨スープと合わせることによって、
「豚骨ラーメンの麺違い版」を演出したような感じがしましたね!

ただどうしても賛否両論分かれるようなスタイルではあるのですが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは407kcalとなっています!
脂質は18.2gで、油脂の量の割にはそこまで高くはないですね!

その分、スープそのものの脂質があまり高くないのでしょうね!

◎具材 - 鶏だんごがきっちり頑張っている


具材は鶏だんごとねぎという組み合わせになっています!
またごく少量ではありますが粗びき唐辛子も入っています!

ねぎはリアル系のものと薬味的な乾燥具材のミックスとなっています!
とりわけリアル系のねぎのほうはいい活躍をしてくれていますね!

もともと和そばも豚骨ラーメンをねぎを多用するところがあるので、
ねぎについてはその両者を繋ぐ1つのカギになっているとも言えます!

そしてもう1つの鶏だんごですが・・・これはなかなかよくできてます!(*゚◇゚)

エースコックは他社に比べるとやや具材が弱い印象がありますが、
鶏だんごは使用頻度は低いもののその質はしっかりしてるのですよね!

今回は具材についてもきちんと本気で向かってきたことがわかります!
鶏だんごであれば、そばと合わせるという点でも悪くないですからね!

◎まとめ - 香りの強いポソッとした麺を合わせたラーメン


食べる前はどうしても混乱をきたしてしまうような方向性ですが、
実際に食べてみるとおおむね狙いは見えてくるような内容ですね!

スープをラーメンと和そばのハイブリッド的な形にするのではなく、
ラーメンに特化することで「ラーメンのアレンジ版」としての個性が生まれ、
「香りの強い麺のラーメン」というふうに解釈することができましたし!

たださすが和そばなだけあって、スープに出る香りはそこそこ強いです!

「和そば」ではなく「ラーメン」の亜種として割り切るほうが楽しめる一杯です!(゚x/)モギューニ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.