7/5発売 ぼてぢゅう監修 極太豚旨焼そば

7/5発売の明星「ぼてぢゅう監修 極太豚旨焼そば」を食べました!
お好み焼きの有名店「ぼてぢゅう」が監修したカップ焼そばです!

7/5発売 ぼてぢゅう監修 極太豚旨焼そば

「ぼてぢゅう」というと、大阪でもけっこう多くのお店がありますね!
大阪でも特に有名なお好み焼きチェーンの一つとなっています!

お好み焼き店の焼そばがカップ麺化されることも多いですね!(*゚◇゚)

お好み焼き店の焼そばというと、太麺のイメージが強いですが、
それだけでなく、お店によってソースの個性も違うのでしょうね!

「ぼてぢゅう」はどんなソースを使っているのか気になりますね!

この商品名を見ると、豚の旨味に力を入れてるように見えますが!

7/5発売 ぼてぢゅう監修 極太豚旨焼そば(内容物)

◎内容物 - 王道の組み合わせ


内容物は液体ソースとふりかけという組み合わせです!
かやくについてはあらかじめカップの中に入っています!

7/5発売 ぼてぢゅう監修 極太豚旨焼そば(できあがり)

むむ、まぜているときの香りからしてけっこう個性がありますよ!

◎ソース - デミグラスとケチャップが強めの高級感のあるソース


まずはソースですが・・・デミグラス感がずいぶんと強めの味わいですね!(●・ω・)

デミグラスをミックスするタイプの焼そばソースはありますが、
これだけデミグラスの存在感が明確なものは初めてですね!

そしてそれと同時にケチャップの存在感も強いのですよね!

ソースをかける段階から、デミとケチャップの香りが強くて、
「あ、ずいぶんとデミっぽいな」と感じるぐらいでしたしね!

バランスで言っても、ウスターソース系は60~65%ぐらいで、
残りはデミグラスとケチャップが強いと感じるぐらいでしたね!

食べてみてもはっきりとデミグラスの味わいが感じられますし、
それゆえにハンバーグソース的な上品さが出ていましたね!

デミグラスが入ると、やはりその分だけ高級感が強まって、
「高級感をアピールしてますよ」という雰囲気が出ますね!

「ぼてぢゅうらしさ」「大阪らしさ」をどう演出するのか、
そこが気になってましたが、これはなかなか意外な方向でした!

それゆえにウスターソース的な酸味などは控えめでしたね!

ウスターソースの風味はもちろんメインとしてあるのですが、
その個性をデミグラスの存在感が埋めている感じでしたしね!

そして商品名でもある「豚旨」の豚の要素については、
それほどアピールしてくるものではなかったですね!(=゚ω゚)

ベースに豚の要素はそこそこ入ってるのでしょうけども、
豚脂が多いわけでもなく、ポークエキスも普通レベルなので、
少なくともこの商品に関してはそこまで目立ってはなかったです!

そしてここで風味に少し変化をつけるのがふりかけですね!

端的に言うと、魚粉とアオサとのミックスになっています!
魚粉はかつおのふし、いわしの煮干、さばのふしとなってます!

いかにも魚粉的な味わいというより、焼そば向けの魚粉という感じで、
だし感や塩味よりは、香ばしさをプラスするような感じのものでしたね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はソース、糖類、植物油脂、トマトケチャップ、食塩、
デミグラスソース、トマトペースト、ポークエキス、香味油、香辛料、醸造酢です!

この原材料を見てもトマトとデミグラスが強いのがわかりますね!
また油脂は植物油脂がメインになっていることも見えますね!

◎麺 - 明星らしいもっちりとした太麺


麺は「極太」の商品名に負けない太い油揚げ麺になっています!

明星が得意とするもっちり感の強い太麺となっていますね!

数年前から明星は汁なしでもっちり感の強い麺を起用してますが、
今年に入ってからいくぶん食感を強めている傾向がありますね!(*゚ー゚)

なので、「もっちりしつつも一定のがっしり感のある」麺でしたね!

このあたりの食感については湯戻し時間で一定の調整はできますが!
もっちり感を優先したい場合は少し長めに待ってもいいでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは717kcalとなっています!
脂質は28.2gで、麺量を考えるとそこまで高くはないですね!

でもって植物油脂メインなので、重さはそれほどないです!

◎具材 - 標準的だが内容は悪くない


具材はキャベツとチャーシューチップとなっています!

まずキャベツについては思っていたよりも多く入っています!
キャベツの食べごたえも十分で、物足りなさは全くないですね!

キャベツもあまり少ないと全体がさみしく感じますからね!

そして豚感を演出するチャーシューチップもけっこう入ります!(`・ω・´)

肉の風味もきっちりありますし、量も少ないわけではなく、
「豚の焼そば」の演出としては十分に役立ってますね!

◎まとめ - 予想とはまた違ったデミ風味の強い焼そば


これだけデミグラス風味の強いソースだったのは意外でしたね!
それだけではっきりとした個性になっていたのは面白かったです!

なので、ワイルドな風味の焼そばを予想して手を出すのではなくて、
ハンバーグソース的などこか上品さがあると思うほうがいいですね!

デミグラス+ケチャップって、いかにもハンバーグ向けですしね!

デミグラスの上品さによって個性を引き立てた焼そばでした!(゚x/)モギューリ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/15発売 喜多方ラーメン坂内 コク醤油(2021年)

6/15発売の明星「喜多方ラーメン坂内 コク醤油」を食べました!
ファミリーマート限定で発売されている喜多方ラーメンのカップ麺です!

6/15発売 喜多方ラーメン坂内 コク醤油(2021年)

6/22にローソンで「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」が出ているので、
ローソンとファミマによる喜多方ラーメンカップ麺による対決となります!(`・ω・´)

またこの「喜多方ラーメン坂内 コク醤油」のカップ麺は昨年も出ています!

どちらのお店も「坂内」の文字が入ってますが、実際に両者は深い関係があります!

「坂内食堂」のほうが本店的存在で、そこから公式の派生として、
全国にチェーン展開しているのが「喜多方ラーメン坂内」なのです!

なので、今回の2商品は本店と派生チェーン店の対決でもあるのですね!

6/15発売 喜多方ラーメン坂内 コク醤油(2021年)(内容物)

◎内容物 - こちらの商品も調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
こちらの商品にも同じく調味油がついていますね!

6/15発売 喜多方ラーメン坂内 コク醤油(2021年)(できあがり)

スープの色合いを除くと、ビジュアルは非常に似ていますね!

◎スープ - 豚脂の香ばしさと胡椒が映える醤油スープ


まずはベースのスープですが・・・けっこう印象が異なりますね!(●・ω・)

ベースのスープの豚感は「坂内食堂」よりはずいぶん穏やかです!
調味油がない段階だと、「普通のあっさり系醤油スープ」の印象です!

あまりベースの動物系の厚みを感じさせないタイプと言えますね!

これはそこまでベースに厚みを持たせていないこともありますが、
スープに豚だけでなく、鶏も加えている関係もあるでしょうね!

それによって、ハイブリッド的なバランス感が出てるのですよね!

でも「豚感」という点では、「坂内食堂」に軍配が上がります!

そしてこちらのスープは胡椒がやや強く効いてるのも特徴です!

これもまた「普通のスープだな」と感じさせる理由の一つですね!
「オーソドックスな昭和系醤油スープ」という印象が強く出ます!

そこで調味油を加えると、一気にスープの臨場感が高まりますね!(*゚◇゚)

豚脂の持っているインパクトでは、こちらのほうが上と言えます!

豚のコクと同時に、豚脂の持つ香ばしさがよく出ていますね!
この香ばしさによって、全体にアクセントが強く加わります!

なので、こちらのスープはベースはノーマルに整えたうえで、
調味油のアクセントで味を決めるというスタイルなのですね!

「坂内食堂」は調味油とスープがおおむね同じ方向を向いていて、
2つが手を取り合って素直に豚感を演出するような感じでした!

そして最大の両者の違いはタレにあると言えるかもしれません!

「坂内食堂」は塩メイン、こちらは醤油メインのスープなのですね!
なので、同じ系列のラーメンながらも思った以上に印象は違います!

総合的には「豚感の演出」などで、「坂内食堂」が一歩上ですかね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、デキストリン、しょうゆ、たん白加水分解物、
香味調味料、鶏・豚エキス、食塩、糖類、香味油、酵母エキス、香辛料です!

こちらはちょっと鶏の要素も入っているというのが特徴ですかね!

◎麺 - やはりノンフライ麺は強い


麺は平打ち太めのノンフライ麺が起用されています!

「坂内食堂」との最大の違いは、麺がノンフライか油揚げ麺かですね!

なので、この2つの商品の差もこの麺によるところが多いです!

あえて結論を先に言うなら、麺は圧倒的にこちらが上ですね!(*゚ー゚)

麺の形状で見るなら、サンヨー食品の手打ち麺は面白かったですが、
やはり麺の風味、スープへの干渉度でノンフライ麺は圧倒的に強いです!

食感はややスパッとした歯切れのいいタイプになっていて、
強いもちもち感はないものの、するする食べやすかったです!

そして何より麺そのものの香りに邪魔な要素がないですし、
スープの良さをストレートに生かしてくれるのがいいですね!

やっぱり優しいスープにはノンフライ麺が合いますよね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは364kcalとなっています!
脂質は8.7gで、ノンフライ麺商品なので軽めとなっています!

◎具材 - 文句なしの見事な充実度


具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎとなっています!
この具材の構成は「坂内食堂」と全く同じとなってますね!

そして内容ですが、いやはや「坂内食堂」も良かったですが、
こちらはさらにそれを上回ってくる充実度を見せています!

ねぎはやわらかなタイプの青ねぎで、優しい薬味となっています!
量については「坂内食堂」よりは控えめな感じとなっていますね!

一方でメンマは量も多く、コリコリとした食感もしっかり楽しめます!
メンマに関しては圧倒的にこちらのほうが上と言えるでしょうね!

そしてチャーシューチップですが、この量と完成度は圧巻ですね!(=゚ω゚)

チャーシューチップは各メーカーの中でも明星が最強ですかね!

まずこれだけの量が入っていれば、それだけで文句がないです!

しかしそれ以上に見事なのは、肉としての臨場感が高いのですよね!

チャーシューチップってどうしても味が単調になりがちなのですが、
脂身の旨味の演出も上手く、リアルなチャーシュー感がありますね!

こうした総合力も高く、完全にこちらが上を行っていました!

◎まとめ - ノンフライ麺商品の強みを発揮


各分野ではスープは「坂内食堂」、麺と具材はこちらが上でしたね!
そして総合的にはやはりこちらが一歩上といった印象でしたね!

「坂内食堂」はスープは非常に頑張っていたと思うのですが、
どうしても麺がそれをスポイルしているところがありましたね!

それと比べると、弱点の無いこちらはさすがの仕上がりでしたね!

ちょうどいい機会なので、みなさんも食べ比べてもいいかもですね!(゚x/)モキュローン

【関連記事】
喜多方ラーメン坂内 コク醤油(2021年)
喜多方ラーメン坂内 コク醤油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/28発売 HYBRID X crab台風。蟹そば

6/28発売の明星「HYBRID X crab台風。蟹そば」を食べました!
2つの素材を掛け合わせる「HYBRID X(クロス)」の第1弾商品です!

6/28発売 HYBRID X crab台風。蟹そば

今回は蟹と豚骨を合わせたスープを軸にした商品となったようです!
でもって、これは「crab台風。」というお店の再現カップ麺でもあります!

「crab台風。」は東京にお店を構える蟹ベースのラーメンのお店です!(=゚ω゚)

蟹を使ったラーメンを出すお店というのは非常に珍しいですね!

観光地などで単に蟹を乗っけたようなラーメンはありますが、
そうではなくて蟹ベースのスープのラーメンですからね!

同じ甲殻類系でも海老ラーメンよりも遥かに見かけないですしね!

カップ麺で濃厚系の蟹ラーメンということで思い出すと、
鬼そば藤谷 濃厚蟹だし味噌らぁ麺」が印象的でしたね!

ただしこちらのお店は味噌系ではないので、そこは違いますね!

6/28発売 HYBRID X crab台風。蟹そば(内容物)

◎内容物 - 小袋構成は比較的オーソドックス


内容物はかやく2袋、粉末スープ、液体スープとなっています!
ノンフライ系商品としては珍しく、液体スープ以外は全て先入れです!

6/28発売 HYBRID X crab台風。蟹そば(できあがり)

粉末スープだけの状態でもかなり蟹の香りがやってきますね!

◎スープ - 甲殻類と丸みのある豚骨で見事なまとまり


まずはスープですが・・・なるほどこうしたタイプのスープなのですね!(●・ω・)

すごく簡単に言ってしまうと、「一幻 えびそば」の蟹版みたいな感じです!

スープの構成としては海老とカニという大きな違いはありますが、
「一幻 えびそば」に非常に近いタイプになっていますね!

まずベースの豚骨はいわゆる博多系豚骨ラーメンとは違って、
丸みとまろやかさとコクを与える、そうしたベースなのですね!

なので、このラーメンも粉末スープは蟹醤油味的な感じなのですが、
液体スープを入れてまぜると一気に白濁して味に丸みを帯びます!

甲殻類だけでスープを組み立てるとどうしてもクセが出るので、
それを豚骨の丸みによって包み込むというスタイルですね!

そういう点から見ても、豚骨スープの必然性ははっきり見えます!

また、タレという点で見ると味噌系では醤油系になってます!

ただタレはあまり主役ではなく、ベースの豚骨スープと
メインの前面に出る旨味である蟹が完全に主役ですね!

タレはあくまで味を調えるために入っているという感じですね!

そして主役である蟹ですが、これがガンガンに主張してきますね!(*゚◇゚)

これだけ甲殻類としての主張が明確なら文句はありません!

豚骨に負けているとか、飲まれているとかは全くなくて、
むしろ前面に出て旨味をアピールしているのは蟹ですね!

でもって、蟹のスープですが蟹鍋的な優しい旨味ではなくて、
殻の部分の香ばしい旨味も含めたワイルドな蟹の旨味ですね!

ワタリガニをぐつぐつ煮込んで、それを殻ごとガンガン砕いて、
蟹の持っている旨味を全て引き出した、そうしたタイプの味です!

そうしたクセのある蟹の風味だからこそ、豚骨も生きるのですね!
「クセも包むことで食べやすく」、そうした狙いが見えますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、香味調味料、豚・鶏エキス、かにエキス、
しょうゆ、食塩、香味油、糖類、デキストリン、たん白加水分解物、
植物油脂、蝦醤、かつおぶし粉末、とろみ粉末(でん粉、デキストリン、
植物油脂)、香辛料、かつおエキス、にぼし粉末となっています!

非常に複雑な構成のスープになっていることが伝わりますね!

豚脂は豚臭さの演出というよりは、あくまで丸みを加えています!

またとろみ粉末が入るので、スープのとろみはけっこう強いです!
それゆえに粉末スープが多少溶けにくいので注意が必要ですね!

蝦醤が入っているのを見ると、海老の風味も多少あるのですね!
そして魚介系としてはサポート的にかつおや煮干も入ります!

◎麺 - パツパツとした低加水の細麺


麺は豚骨ラーメンでもおかしくないようなノンフライ細麺です!

パツパツとして低加水の歯切れのいいタイプの麺ですね!
ストレートであることも豚骨向けの麺を連想させます!(`・ω・´)

というか、普通に豚骨ラーメンにも応用できる麺ですね!

「バリカタ」シリーズの麺に比べるともちろん多少太いですが!

もちろんこのラーメンは博多系の豚骨ラーメンではないので、
バリカタ的な食感を楽しむことがメインというわけではないです!

あえてこうしたタイプの低加水細麺が使われているのは意外でしたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは362kcalとなっています!
脂質は9.4gで、それほど高い数字にはなっていませんね!

◎具材 - 玉ねぎの辛味が印象的


具材はチャーシュー、玉ねぎ、ねぎとなっています!

写真では見映えの関係で玉ねぎとねぎを後入れにしてますが、
実際の標準の作り方では、どちらも先入れとなっています!

ねぎはごく普通の乾燥ねぎで、量はそこそこ多めですね!
しかしスープが強いので、存在感はそんなに強くないです!

チャーシューは薄めで小さいですが、味は決して悪くないです!

きちんと肉らしい旨味があり、それなりの旨味はありますね!

そして意外といい活躍をしているのが玉ねぎなのですよね!(*゚ー゚)

四角いカットの玉ねぎなので、食感としてはやわらかいです!
ただ一般的なこうした具材としては珍しく辛味がありますね!

このタイプの玉ねぎ具材って甘みが強めになりがちなのですが、
こちらは薬味として機能するように一定の辛味が残ってます!

なので、これがなかなか全体のアクセントになってくれますね!

◎まとめ - 甲殻類系のラーメンとして優秀


「一幻 えびそば」的なクオリティの高い旨さが蟹によって
楽しめるのですから、かなりの内容と言っていいでしょう!

一つのカップ麺として、非常に満足度は高いと言えますし、
蟹のラーメンという視点から見ても見逃せない存在ですね!

この「HYBRID X」は今後の展開も含めて期待が持てますね!

今年発売されたカップ麺の中でも上位に入る力のある一杯でした!(゚x/)モキース

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/21発売 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば(2021年)

6/21発売の明星「中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば」を食べました!
昨年登場した「とみ田 豚まぜそば」が今年もセブンプレミアムで出ました!

6/21発売 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば(2021年)

昨年のこの「とみ田監修 豚まぜそば」は素晴らしい商品だったのですよね!
「二郎系汁なし」というジャンルでは断トツの存在と言って良かったでしょう!

ベースの豚骨醤油ダレもおいしく、生にんにくが強烈なパンチを見せ、
「ワイルドでかつしっかりおいしい」を見事に再現していました!(`・ω・´)

「これは今後この時期の定番に昇格してくるのでは」と思いましたが、
どうも実際にそのような流れになってきている感がありますね!

今の二郎系ブームを考えると、この商品は人気も高かったでしょうし、
セブンプレミアムの一角を支える存在になってくることでしょう!

さて、今年は多少リニューアルされての再発売ということになります!

商品説明に「煮干」の文字が入り、チーズが廃止されてマヨが入りました!
この中でも粉チーズからマヨネーズへの変更は非常に大きいと言えますね!

マヨはまぜそばを演出するうえでかなり効果的な存在ではありますが、
一方でそうであるがゆえに味を丸めすぎてしまうこともあるので、
そのあたりのバランスをどう着地させているかが見ものになりますね!

6/21発売 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば(2021年)(内容物)

◎内容物 - チーズがなくなってマヨが追加


内容物は液体ソース、生にんにく、マヨという組み合わせです!
今回も大きなポイントとなる生にんにくがどしっと入ってます!

6/21発売 中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば(2021年)(できあがり)

マヨネーズはこの段階ではあくまで少しだけかけています!

◎ソース - 分厚い豚骨醤油、生にんにくは完璧な味わい


まずはベースの味ですが・・・うん、液体ソースだけでもおいしいです!(●・ω・)

やっぱりベースとなる豚骨醤油がしっかりしているのが大きいです!

まさに「二郎系らしい豚骨醤油風味」に仕上がっているのですよね!

完全なまったり系ではなく、微乳化的な豚骨のコクがベースにあり、
そこに醤油が絡むと同時に、隠し味として煮干が加わってきます!

おそらく煮干に関しては今回のリニューアルで加わったわけではなく、
昨年のバージョンの段階から入っていたと見たほうが良さそうです!

これは原材料の違いなどを見ると、そのように解釈できるのですよね!

そしてここに加わってくる生にんにくがたまらないのですよね!

生にんにくをここまで大胆に加えてくるカップ麺は他にないですよね!

もちろん生にんにく的な旨味を出すカップ麺はペヤングもよくありますが、
生にんにくの強さではそうした商品に匹敵するぐらいのパンチがあります!

そしてこの商品が素晴らしいのは、ただやみくもににんにくが強いのではなく、
にんにくとピッタリと合うベースの動物系のコクがあるという点ですよね!

これだけ「にんにくが生きて」いて、一体感を感じさせるタレはなかなかないです!
だからこそ「最もにんにくがおいしいまぜそば」と評してもいいぐらいですね!

そしてここに新たに加わったマヨですが、これもなかなかいいですね!(*゚◇゚)

せっかくタレとにんにくで十分に完成させた味わいということもあり、
下手な形でマヨを加えるとバランスが壊れる怖さもあったのですが、
「ペッパーガーリックマヨ」にしたことで実に上手くまとまってます!

ガーリックで交わりを良くして、ペッパーによって別軸の刺激を加える、
それによってまろやかさだけではなくいいアクセントがついていますね!

昨年の粉チーズと比べても、一段良くなったと言っていいかもですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は豚・鶏エキス、ペッパーガーリックマヨネーズ、植物油脂、
香辛料(ガーリック、ペッパー、ジンジャー)、糖類、香味油、しょうゆ、
たん白加水分解物、食塩、魚介エキス、ビーフエキス、醸造酢、香味調味料、みりんです!

ペッパーガーリックマヨが加わった点以外は、昨年と並びは同じです!
なので、ベースのソースについては特に違いはないと見られます!

魚介(煮干)、ビーフ、みりんなどの隠し味の効果が見えますね!

そしてそれと同時に動物油脂の量が少ないこともわかりますね!
あえて植物油脂メインにすることでバランスが取られています!

◎麺 - ややしっかり系の食感にシフト


麺は二郎系まぜそばらしい極太の油揚げ麺となっています!

明星の極太汁なし麺というと、もっちりした食感が特徴ですが、
今回はそれに比べるといくぶんがっしりした路線に寄っています!

そういえばこれって「ぶぶか」の麺の変化と多少共通してますね!(*゚ー゚)

まぜそばや油そばの麺はもっちり系でいくか、がっしり系でいくか、
そのあたりの好みが分かれますが、最近はややがっしりシフトです!

でもこの商品は二郎系なので、がっしりシフトなのは正解でしょうね!
それによって二郎系っぽい雰囲気はいくぶん高まったと言えますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は130gで、カロリーは784kcalとなっています!
脂質は38.3gで、なかなか高めの数字となっていますね!

ただ油脂が植物系とマヨメインなので、そこまで重くはないです!

◎具材 - 二郎系としては少なめだが標準的


具材はキャベツとチャーシューチップという組み合わせです!

「二郎系」という枠組みで見るとさすがに少なめに見えますが、
UFOの限定系とかに比べれば、遥かに充実していると言えます!

なので、「普通のカップ麺」として見れば決して悪くはないです!(=゚ω゚)

もちろん二郎系を意識しているのでキャベツは相性がいいですし、
ほどよい食感と肉感のチャーシューチップもよくできていますね!

お好みでレンジでチンしたもやしを乗せてもいいでしょうしね!

◎まとめ - 二郎系まぜそばカップ麺としては最強


やはり今年も二郎系まぜそばとしては最強の完成度でしたね!

何と言ってもベースのたれの旨さ、そして生にんにくですね!
この2つがガンガンに攻めることで実に見事な完成度を見せています!

でもって、生にんにくという暴れるような素材を起用しながらも、
それをきちんとコントロールしている点も評価されるべきでしょうね!

「さすがはとみ田監修」と言わしめる、実に見事な二郎系まぜそばでした!(゚x/)モッギュリ

【関連記事】
中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば(2021年)
中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば
中華蕎麦とみ田 豚骨魚介まぜそば
銘店紀行 豚骨魚介の至宝 とみ田
日本の中華そば富田 濃密系しょうゆ味
中華蕎麦とみ田 鶏白湯煮干そば
地域の名店シリーズ 中華蕎麦とみ田 超濃厚魚介豚骨醤油ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/14発売 博多バリカタ 高菜豚骨まぜそば

6/14発売の明星「博多バリカタ 高菜豚骨まぜそば」を食べました!
今年も明星からバリカタ系の汁なし商品が登場しました!

6/14発売 博多バリカタ 高菜豚骨まぜそば

「博多バリカタ」というブランドでの商品は初になりますかね!

明星はかつてバリカタ系豚骨商品は「バリカタ」名義で出してましたが、
数年前に「極のチャルメラ」として発売されるようになったのですよね!

なので、ここ数年の汁なし豚骨系も「極のチャルメラ」として出てました!

一方で「バリカタ」ブランド自体はここ数年は出てなかったのですよね!

なので、この商品は「バリカタ」ブランドの復活と言えるのかもですが、
今回は「博多バリカタ」になってるので新ブランドに近いのですかね!(*゚◇゚)

「極のチャルメラ」だとわかりにくいという話でもあったのですかね!

6/14発売 博多バリカタ 高菜豚骨まぜそば(内容物)

◎内容物 - ふりかけがアクセントになりそう


内容物はかやく、液体ソース、ふりかけとなっています!
湯戻し時間は1分ですが、かやくは先入れ方式となっています!

6/14発売 博多バリカタ 高菜豚骨まぜそば(できあがり)

うん、どの具材も満遍なく入っているといったところですかね!

◎ソース - ややクセが抑えめの豚骨ダレ


まずはソースですが・・・いつもより軽めの豚骨ダレですかね!(●・ω・)

明星の豚骨系汁なしは豚骨の攻撃性がけっこう高いのですが、
今回は普段と比べるといくぶん食べやすくまとめていますね!

これはやはり高菜を合わせているというのが大きいのでしょうね!

高菜は具材ではありますが、全体の味に与える影響も多いので、
高菜の個性を前面に立てるために豚骨そのものの濃度については
いくぶん抑えめにするというのがラーメンでもよくあるのですよね!

なので、豚脂を中心に据えて一定の攻撃性は出していつつも、
これまでの豚骨系汁なしに比べれば多少軽めではありますね!

とりわけ豚骨臭さがいくぶん抑えめだなという印象を持ちます!

そして今回大きなアクセントとなっているのが高菜の風味ですね!(=゚ω゚)

ただしこれはソースに高菜の風味が強くついているというよりは、
具材の高菜を全体とまぜることによって風味が広がる感じですね!

なので、高菜に関してはただ普通に具材として楽しむというよりは、
全体としっかりまぜて高菜の風味を広げる役割が強いのですよね!

高菜のサイズがいくぶん細かめなのもその効果を高めていますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は豚脂、しょうゆ、香味油、糖類、食塩、ポークエキス、
たん白加水分解物、香味調味料、香辛料という構成となっています!

豚脂を主役に据えつつ、ポークエキスは少し抑えめな感じですかね!

◎麺 - バリカタ麺として間違いなし


麺は明星が得意とするバリカタのストレートノンフライ麺です!

まさに博多豚骨向けらしさを彷彿とさせる麺となっていますね!

ストレート感があり、博多豚骨向けらしいパツッとした低加水麺で、
歯切れの良さが光り、そしてバリカタらしい硬さを持っています!

麺はかなり細く、豚骨向けの麺としても極細と言えますね!(*゚ー゚)

カップ麺における博多豚骨向けの麺としては最強クラスで、
その強さはもちろん汁なしになっても変わりはしませんね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は75gで、カロリーは434kcalとなっています!
脂質は17.0gで、ノンフライ系としてはそこそこの数字ですかね!

◎具材 - 様々な具材によって味がにぎやかに


具材は普通の湯戻しする具材が高菜と豚・鶏ひき肉となっています!
そしてふりかけはごま、ねぎ、赤唐辛子、海苔、紅生姜です!

これらの具材はどれも麺とまぶすことで真価を発揮する感じです!

高菜については先に触れましたが、ひき肉についても同様ですね!
細かめで味は薄めですが、麺とまぜると肉っぽさを付加する効果があります!

そしてそこにふりかけのごま、ねぎ、海苔、紅生姜の薬味が重なります!(`・ω・´)

今回全体の味があまり重めにならなかったのはふりかけの効果も大きいですね!

海苔の風味もいいですが、紅生姜のアクセントは効果的でしたね!

◎まとめ - いつもよりもバランスが光った一杯


豚骨の香りでゴリゴリに攻め立てるというほど攻撃的ではなく、
高菜がものすごく主張するわけでもないのでパンチは控えめです!

しかしながら豚骨と高菜の2つを中心に据えたバランスが良く、
「調和型の一杯」という点での完成度は非常に高かったです!

安心して食べられて、クオリティも高い豚骨汁なしになってましたね!(゚x/)モギーン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/7発売 麺神カップ 極旨塩豚骨

6/7発売の明星「麺神カップ 極旨塩豚骨」を食べました!
明星が力を入れている「麺神」シリーズから新作が出ました!

6/7発売 麺神カップ 極旨塩豚骨

ほんと明星はこの「麺神」シリーズを積極的に展開していますね!
もう明星における重要ブランドの一つへの成長してきた気がします!

最初はそのわしわしとした極太麺の食感に戸惑いもおぼえたのですが、
前回の「麺神カップ 極旨辛豚味噌」あたりから自分も慣れてきましたね!

ただそれは前回のスープが麺と相性が良かっただけかもしれないですし、
今回どのように感じるかは実際に食べてみないとわからないですね!(=゚ω゚)

今回は普通の「豚骨」ではなく、「塩豚骨」なのもポイントでしょうね!
豚骨ラーメンだと極太麺に多少の違和感が出てしまうかもですしね!

6/7発売 麺神カップ 極旨塩豚骨(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物は「神旨の一滴」と名付けられた調味油となっています!
縦型カップとは思えないほどの極太麺が光っていますね!

6/7発売 麺神カップ 極旨塩豚骨(できあがり)

うん、たしかに豚骨ラーメンとしては白濁度はやや低いですね!

◎スープ - 本格派の塩豚骨にねぎが香る


まずはベースのスープですが・・・うん、調味油なしでもよくできてます!(●・ω・)

表現するなら「豚の香りを重視したスープ」と言えるでしょうかね!

完全に白濁した豚骨スープではないので、濃度重視ではなくて、
でもってまろやかな印象を与えるようなタイプではないです!

しかしながら調味油無しでも豚の香りはかなり豊かなのですよね!

こってりというよりは、一定のすっきり感も持ち合わせていながら、
豚の弱さは全くなく、むしろ普通の豚骨スープよりも強いほどですね!

どうしても白濁系豚骨スープは丸みも重視することになりますが、
そこを抑えた分だけストレートに香りを打ち出してきた感じです!

そしてそこに旨味として煮干がサポートに入ってくる形ですね!

煮干が入るからといって「魚介豚骨」みたいになるわけではなく、
柱はあくまで塩豚骨で、煮干は旨味を付加する役割ですね!

豚の香りも打ち出しつつ、バランス感も重視しているのですね!

そして調味油を投入すると、さらに豚の香りがガツンと来ます!(*゚◇゚)

これはかなり豚の香りをはっきりと打ち出してきた調味油ですね!
これだけ明確に香りを強く立ててくる豚骨スープも最近では珍しいです!

かなり本気で塩豚骨の旨さを追求してきたと言えるでしょうね!

塩豚骨スープって、どうしても中途半端になりがちなのですが、
全くそう感じさせないのはこの本気度があるからでしょうね!

そして同時にねぎ油を思わせるような風味もけっこうありますね!

なので、塩豚骨が主役で煮干とねぎがサポートをしてくるという、
シンプルながらも上手く役割分担をしているスープと言えますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、豚脂、デキストリン、たん白加水分解物、食塩、糖類、
乳等を主要原料とする食品、香味調味料、香辛料、酵母エキス、香味油、にぼし粉末です!

◎麺 - このわしわし感がクセになってきた


麺はこれまでの「麺神」と同様に極太のノンフライ麺となっています!

加水という尺度でははかりにくく、しっとり感とかはほぼ皆無と言っていいです!

もっちりでもプリプリでもない、というか麺に透明感があまり出ず、
硬くてがしがしとした食感を残しながら戻っていく不思議な麺です!

なので、見方によっては「これ戻ってる?」と思う麺なのですよね!

最初に食べたときはそこに違和感があって好きになれませんでしたが、
「いやいや、このわしわし感はおいしいぞ」と思えてきましたね!(`・ω・´)

慣れたというか、「こういう麺だ」というのを理解して食べると、
その良さが伝わってきやすくなるというのは確実にありますね!

「とにかく力強い麺」、そう割り切って食べるといいでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは372kcalとなっています!
脂質は8.8gで、ノンフライ系としても高い数字ではないですね!

◎具材 - 非常にシンプルな構成


内容物はチャーシューチップ、背脂加工品、輪切りねぎ、斜め切りねぎです!

背脂加工品は具材というよりはスープの一部という感じです!
ただ油脂感はあまりないので、質感を付加するものですね!

ねぎは薬味としての輪切りねぎ、具材としての斜め切りねぎです!
要するに輪切りが細かい青ねぎで、斜め切りは大きいカットです!

大きいカットといっても、それほどのサイズではないですが!

チャーシューチップはそこそこ厚みもあり、食べごたえもありますね!(*゚ー゚)

量もけっこうありますし、主役の具材として大いに活躍しています!
これは一つのチャーシューチップとしてもなかなか優秀ですね!

◎まとめ - 一つの塩豚骨ラーメンとして優秀


麺の強さを打ち立てた「麺神」シリーズであることを除いても、
一つの塩豚骨ラーメンとして非常によくできていますね!

何と言っても豚の香りの打ち出し方が素晴らしかったですね!

そしてこのシリーズのわしわし麺もいい存在感を出していました!
普通の豚骨ではなく、塩豚骨だからこその相性の良さも光ってました!

「麺神」シリーズの強さをしっかりと伝えてくれる仕上がりでした!(゚x/)モギギッ

【関連記事】
麺神カップ 極旨塩豚骨
麺神カップ 極旨辛豚味噌
麺神カップ 神太麺×旨 味噌
麺神カップ 神太麺×旨 醤油

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/18発売 175° DENO 汁なし黒ごま担担麺

5/18発売の明星「175° DENO 汁なし黒ごま担担麺」を食べました!
ファミマ限定商品の担担麺のお店である「175° DENO」の再現カップ麺です!

5/18発売 175° DENO 汁なし黒ごま担担麺

「175° DENO」のカップ麺はファミリーマートで定番化していますね!
特に縦型カップの汁ありの担担麺はいつもお店で見かけますし!

おそらく汁あり版は定番商品としての扱いになっているのでしょうね!(=゚ω゚)

ただ良くも悪くも、あまり強烈なインパクトはない商品というか、
自分の中では味の記憶がそこまではっきりと残ってないのですよね;

それでも定番化していて、新商品も定期的に発売されるということは、
それだけ安定感があって、人気もしっかりと保っているのでしょうね!

そして今回は黒ごま系ということで、個性もかなり期待できそうです!

「175° DENO」の店名はラー油を175℃の温度で作るということと、
店主さんの苗字が「出野」さんであるということからきています!

5/18発売 175° DENO 汁なし黒ごま担担麺(内容物)

◎内容物 - シンプルな2袋構成


内容物は液体ソースとあとのせかやくの2袋構成です!
メインのかやくについてはあらかじめカップに入っています!

5/18発売 175° DENO 汁なし黒ごま担担麺(できあがり)

黒ごま系というだけあって、ソースもふりかけも黒いですね!

◎ソース - 黒ごまの風味は個性的だがパンチは控えめ


まずはその味ですが・・・おおむねオーソドックスな汁なし担担麺ですね!(●・ω・)

ふりかけに砕いた黒ごまがかなり多く含まれてはいますが、
ソースだけの段階でも十分に黒ごまの風味はしますね!

黒ごま特有の香ばしさをしっかりと感じることができます!

一方で味の組み立てそのものはかなりオーソドックスです!

ねりごまを主役に豚脂などの油脂も多めに効かせたうえで、
多少の甘みと味噌系と醤油によって組み立てた味ですね!

花椒に関しては正直なところそれほど強くはないですね!

唐辛子の辛さについてもそんなに強いというほどではないので、
かなりバランス型の汁なし担担麺と言っていいでしょうね!

特徴と言えるのは、黒ごまの風味とやや多めの油脂ですかね!

そしてここにふりかけが加わると多少のアクセントがつきます!(*゚◇゚)

まず主役である黒ごまの風味により厚みが加えられますね!
ふりかけの主役となっているのも砕いた黒ごまですからね!

ただものすごく暴れるほど黒ごまの風味がアピールするわけではなく、
ある程度普通に楽しめるぐらいのバランス型の黒ごまという感じです!

そしてそこに唐辛子や花椒などの香辛料が加えられていますが、
これが正直なところあまり強くはアピールしないのですよね!

それゆえにバランス型で食べやすいとも言えるのですが、
ちょっと汁なし担担麺としてはアクセントが控えめですね!

このあたりは実際のお店のメニューでもそうなのかもですが!

でもできればここはもう少し刺激を高めてほしかったですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は豚脂、ねりごま、しょうゆ、糖類、鶏・豚エキス、香味油、食塩、
甜麺醤、たん白加水分解物、麻辣醤、黒酢、香辛料、醸造酢、香味調味料です!

かなり豚脂が多めに加わっていることが伝わりますね!
あとは甜麺醤(甘味噌)や麻辣醤あたりが特徴ですかね!

お酢系がやや多めに加わっているのも個性と言えますね!
とはいえ、別に酸味が強い風味というわけでもないですが!

ふりかけはごまと花椒、赤唐辛子という組み合わせになっています!

◎麺 - 明星が得意とするもっちり太麺


麺は明星の汁なし系らしいもっちりとした太麺の油揚げ麺です!

明星はワイルドな汁なしではこうしたもっちり系の麺をよく使いますね!

表面に硬さはあまりなく、噛んだときの押し返しの強さが特徴で、
まさにもちもちとした食感を楽しむことができる麺となっています!(*゚ー゚)

ただ普段の汁なし向けもっちり麺よりは少しやわらかく感じましたね!
とはいえ、これは自分の錯覚などもあった可能性はありますが!

でも湯戻し時間を15秒ほど短くしてもいいかもしれないですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは777kcalとなっています!
脂質は38.3gで、さすがに担担麺系なだけあって高いですね!

◎具材 - 担担麺らしい組み合わせ


具材はチンゲン菜と豚・鶏ひき肉となっています!
汁なし担担麺における定番をそのまま踏襲していますね!

それゆえ非常にオーソドックスな構成ではあるのですが、
どちらも質・量ともに整っており満足度は十分あります!

特に面白かったのが、ひき肉系具材のピリッとした風味です!
「唐辛子練り込みひき肉」みたいになっていたのですよね!

それでいて味わいの面でもそれがアクセントになっていました!
このアイデアはなかなか応用が利きそうと思えるものでしたね!(`・ω・´)

チンゲン菜もカットが大きめのものが多く、量も十分で、
汁なし担担麺向けの具材としては満足ができるものでした!

◎まとめ - 黒ごま風味は個性的だが、刺激はやや抑えめ


まず何と言っても黒ごまの風味が主役だったのは個性的でしたね!
黒ごま系の担担麺自体が少ないですし、汁なしだともっと少ないですし!

そのかわり花椒などの刺激は明らかに抑えられていましたね!
それゆえに味のメリハリはちょっと弱いところがありましたね!

黒ごまの風味を中心に、濃厚な味わいを楽しめる一杯でした!(゚x/)モギューヌ

【関連記事】
175° DENO 汁なし黒ごま担担麺
175° DENO 担担麺
175° DENO 汁なし担担麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/10発売 大砲ラーメン ラー油赤豚骨まぜそば

5/10発売の明星「大砲ラーメン ラー油赤豚骨まぜそば」を食べました!
「大砲ラーメン」のカップ麺から「赤とんこつ」がモデルの汁なしが出ました!

5/10発売 大砲ラーメン ラー油赤豚骨まぜそば

このタイプの汁なしが「大砲ラーメン」から出るのは初かと思いましたが、
実際には昨年2月に「赤とんこつまぜそば」が発売されていましたね!

商品名は変わっていますが、基本的には同じ流れを汲んでるようです!

とはいえ、構成については昨年からけっこう変わっているようです!
具材も変わっていますし、ふりかけもかなり違うようですし!(*゚◇゚)

なので、きちんとした新商品として扱って良さそうですね!

5/10発売 大砲ラーメン ラー油赤豚骨まぜそば(内容物)

◎内容物 - ふりかけの袋が昨年より大きく


内容物は液体ソースとふりかけという組み合わせです!
構成は昨年と同じですが、ふりかけの袋が大きくなっています!

5/10発売 大砲ラーメン ラー油赤豚骨まぜそば(できあがり)

昨年と比べると、全体的に色が濃いめの仕上がりとなってますね!

◎ソース - むわっとくる豚骨臭が光る


まずはソースですが・・・うん、「大砲ラーメン」らしい豚骨臭ですね!(●・ω・)

単体で「大砲ラーメン」系の汁なしを食べるとあまり気になりませんが、
こうして改めていろいろ食べると、「大砲ラーメン」系は特別ですね!

「豚骨や豚脂のむわっとした豚臭さ」という点ではずば抜けていますね!
これはやはり他の豚骨系の汁なし商品と比べてもはっきりしていますね!

マー油とのミックス系だと、マー油と香りがぶつかり合ってしまいますが、
「赤豚骨」系は豚骨+豚脂+ラー油という組み合わせになっているので、
豚骨や豚脂の香りはむしろかなりストレートに伝わってくるのですよね!

なので、マー油の入った「とんこつまぜそば」系よりも豚臭さは上かもです!
そういう点では最も豚の香りが楽しめる「大砲ラーメン」系の汁なしですね!

そしてさすがワイルドな汁なしだけあって、ガーリックもかなり強いです!(=゚ω゚)

ゴリゴリの豚臭さとガーリック、この組み合わせはなかなか強烈です!
まぜそばとして必要なワイルドさを完全に備えていると言えますね!

そして油脂もなかなか強めで、ラー油で香味と軽い辛味も加わり、
どっしり感とアクセントが見事に両立された味わいとなっています!

そして味については昨年よりもいくぶん濃くなったようにも感じますね!

ただそれは塩分が濃くなったのではなく、味の濃度が上がったというか、
より全体の要素をたっぷりと楽しめるようになったという感じですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は豚脂、しょうゆ、糖類、香味油、食塩、ポークエキス、
たん白加水分解物、香辛料、香味調味料という構成になっています!

この組み合わせに関しては昨年のバージョンと変わっていませんね!

◎麺 - 太めではあるけど食べやすい麺


麺は軽めの食感の太めの油揚げ麺となっています!

明星はいろんなタイプの汁なし向けの太麺を持っていますが、
これはそれらの中では最も食べやすいものと言えるでしょう!(*゚ー゚)

それほどもちもち感は強くなく、軽めのプリ感を持っている、
あまり麺単体で主張するタイプのものとはなっていませんね!

もともとが豚骨ラーメンがモデルになっているということもあり、
もっちり系よりは歯切れ重視の麺に少し近づけているのでしょうね!

かといって、豚骨的な低加水の麺にしているというわけではなく、
「そこそこ歯切れのいいまぜそば向けの麺」となっていますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは723kcalとなっています!
脂質は30.1gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

でもワイルド系のまぜそばとしては極端な高さではないです!

◎具材 - ふりかけが非常に効果的


具材はキャベツのみという非常にシンプルな内容です!

そのかわりふりかけはオニオン入り揚げ玉、ごま、紅しょうが、
糖類、香辛料、ねぎ、食塩、のり、デキストリン、たん白加水分解物、
発酵調味料、しょうゆ、植物油脂という豊富な内容になっています!

これを見ると、けっこう粉末ソース的な役割も担ってますね!

この中で具材らしいものはオニオン入り揚げ玉、ごま、
紅しょうが、ねぎ、海苔の5つと言えるでしょうね!

ごま、ねぎ、海苔はオーソドックスな薬味系となっています!
海苔に関しては他の汁なし系商品ほど目立ってはいないです!

ポイントとなっているのは紅生姜と揚げ玉の2つでしょうね!
やっぱり紅生姜が入ると、味わいがさっぱりとしますね!

それによって味が重くなり過ぎないという効果が大きいです!

オニオン入り揚げ玉はちょっとピリ辛に仕上げられています!
そして下味も強めで、けっこう香ばしい味わいが楽しめますね!(`・ω・´)

この揚げ玉は昨年のバージョンでは入っていなかったものなので、
今年のバージョンもポイントとなっている具材でもありますね!

そのかわり昨年入っていた高菜が抜けてキャベツになったので、
高菜の風味によるアクセントは今年は全くなくなりましたが!

それによって味の個性がけっこう変化しているのですよね!

◎まとめ - 昨年以上に豚骨をストレートに楽しめる


昨年は多めの高菜によって風味が決まっているところがありましたが、
今年は素直に豚脂と豚骨によって味を決めてきていましたね!

このどっしりとしたワイルド感は大いに評価できましたね!
さらにガーリックも加わって非常に攻撃的な味わいでしたしね!

豚骨の香りをたっぷりと楽しむことができるまぜそばでした!(゚x/)モギヌー

【関連記事】
大砲ラーメン ラー油赤豚骨まぜそば
大砲ラーメン とんこつまぜそば(2021年)
大砲ラーメン ネギとんこつ味まぜそば
大砲ラーメン 黒とんこつ(2020年)
大砲ラーメン 醤油とんこつ
大砲ラーメン 赤とんこつまぜそば
大砲ラーメン とんこつまぜそば
大砲ラーメン 昔ラーメン(2017年)
大砲ラーメン 赤とんこつ
大砲ラーメン 黒とんこつ
大砲ラーメン neo とんこつ+牛だし
大砲ラーメン 昔ラーメン(2012年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/30発売 おいしいたんぱく 鶏白湯ラーメン

3/30発売の明星「おいしいたんぱく 鶏白湯ラーメン」を食べました!
ファミリーマート限定のたんぱく質の多さをウリにした商品です!

3/30発売 おいしいたんぱく 鶏白湯ラーメン

なぜか最近たんぱく質の多さをアピールした商品が増えてますね!
カップヌードルPRO」がまさにそうした路線の商品でしたし!

低糖質などがブームになるのはダイエットの関係でわかるのですが、
高たんぱくがアピールされるのはちょっと理由がわからないですね!

ただシンプルな食事ばかり食べていると栄養分が糖質に偏って、
たんぱく質不足に陥ることはあるので、その対策なのですかね!(=゚ω゚)

たとえば独り暮らしで「とりあえずパスタで何でも済ます」とか、
「カレーなど、ご飯に何かかけるだけで済ます」スタイルだと、
明らかに糖質過多でたんぱく質が不足してしまいますからね!

たんぱく質不足になりがちな料理の代表格の一つが麺料理ですしね!

パッケージのフォントなどを見ると、どうも女性層を意識してそうですね!

3/30発売 おいしいたんぱく 鶏白湯ラーメン(内容物)

後入れ小袋などはなく、シンプルにお湯を注ぐだけの構成です!
それよりもこの具材の多さにはちょっと驚いてしまいますね!

3/30発売 おいしいたんぱく 鶏白湯ラーメン(できあがり)

いやぁ、これだけ具材が充実しているカップ麺はひさしぶりです!

◎スープ - ややライトだけどミルキー感のある鶏白湯


まずはスープですが・・・生姜が強めに効いた鶏白湯スープですね!(●・ω・)

濃厚系かライト系かで言えば、ライト系に近いと言えるでしょうね!
決してこってりではなく、サラッと食べられるタイプですからね!

ただまろやかなミルキー感はけっこう強めに出てるのですよね!
なので、「ライト系鶏白湯をまろやかに仕上げた」という感じです!

またこの商品は調味油などがないので、油脂感はあまり強くないです!
この点もこってり系というよりはライト系であることを示してますね!

そしてもう一つの大きな特徴が生姜がかなり強めである点ですね!(*゚ー゚)

これもすっきり感の演出というふうに見ていいでしょうね!

一方でガーリックの風味はほとんどなく、ワイルドな印象はなく、
香味野菜はあくまで生姜でさっぱりと仕上げているぐらいです!

やはり全体的に重くならないように意識しているのがわかります!

あとちょっと気になったのが、微妙に塩分が高いという点ですね!
ここはもう少し抑えめにしても良かったようにも思うのですが!

なので、お湯はあまり少なめにはしないほうがいいでしょうね!

またたんぱく質を増やすためにスープにも植物性たん白が入ってますが、
この風味については特によくわからず、味への影響はあまりなさそうです!

ただ豆乳に含まれるソイプロテインがちょっと入ってるのかもですね!
だとすると、このミルキーな風味とは相性がいいと言えるでしょうね!

もしかすると、そのあたりを意識して鶏白湯系商品にしたのかもですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は鶏・豚エキス、デキストリン、たん白加水分解物、
食塩、粉末油脂、植物性たん白、香辛料、香味調味料、
乳等を主要原料とする食品、発酵調味料、しょうゆとなっています!

鶏白湯ラーメンではありながら、豚のエキスも入っているようですね!
あとはやはり乳製品が加わっているのがポイントと言えるでしょう!

◎麺 - 食べやすい中細のノンフライ麺


麺は中細ぐらいの太さの食べやすいノンフライ麺となっています!

加水としては中ぐらいからやや低めと言ったところでしょうかね!

もし油揚げ麺であれば、ヌードル系の麺に比較的近いタイプですね!(*゚◇゚)

少しだけ幅広で厚みは控えめ、ヌードル麺ほどではないですが、
食べやすくスープとのなじみの良さを意識した麺と言えますね!

また加水が中くらいなので、食感もあまり偏った感じではなく、
強いプリ感でも歯切れ重視でもなく、軽いもちもち感があります!

縦型カップ麺に合わせるノンフライ麺としてはわかりやすいですね!

こうした素朴なタイプのノンフライ麺はなかなかいいと思います!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは407kcalとなっています!
脂質は11.3gで、ノンフライ系としてはそこそこの数字ですかね!

ただこれはたっぷり入った具材がかなり影響していると思いますが!

◎具材 - 肉具材の充実度は素晴らしいの一言


具材は豚ミンチ、鶏ミンチ、大豆たん白加工品、卵、ねぎとなっています!

ねぎはリアル系で、これも何気にしっかりとした具材ですね!
具材についてはどれも手が抜かれてないことが伝わってきます!

卵は縦型カップ麺によくあるタイプのものとなっています!
日清のカップヌードルの卵具材とそれほど違いはないです!

そして肉系具材は左手前が豚ミンチ、右手前が鶏ミンチ、
奥に見えるのがおそらくは大豆たん白加工品となっています!

豚ミンチと鶏ミンチはどちらもダイス状の謎肉的なものですね!(`・ω・´)

豚ミンチは量もかなり多く、風味もしっかりと肉らしさがあります!
カップヌードルの謎肉に比べるとやや上品な味わいと言えますね!

一方の鶏ミンチは豚に比べるといくぶんさっぱりとした味わいです!
「白い謎肉」に近いですが、鶏の風味がしっかりと伝わりますね!

そして奥に見える不揃いな形の大豆たん白加工品ですが、これも質が高いです!

大豆たん白系の疑似肉って、大抵は変なプリプリした食感なのですが、
これはむしろふわっとしていて、とろけるような質感になっています!

そして鶏の風味が強く、それほど大豆系具材っぽく感じさせないですね!

なので、原材料を見ない人だと疑似肉だと気付かない可能性もありますね!
この疑似肉だったら、他の商品で応用されても特に不満はないですね!

◎まとめ - すっきりしながらも具材で満足度十分


スープは食べやすくライト系鶏白湯をまろやかに仕上げたタイプでしたが、
何と言ってもこの商品はこの具材の充実度が素晴らしいと言えますね!

これだけの具材をそろえてきた商品は最近でも珍しいほどですね!

肉系具材をとことんまで楽しませてくれる鶏白湯ラーメンでした!(゚x/)モニニッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味

4/12発売の明星「一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味」を食べました!
「名探偵コナン 緋色の弾丸」という映画とのコラボ商品となります!

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味

「名探偵コナンとひつまぶしに何の関係が?」と思えてしまいますが、
これは今回の「名探偵コナン」の舞台が名古屋だからだそうですね!

だからといって、よりによって「ひつまぶし」でなくてもいいと思いますが;
名古屋めしの中でもとりわけ焼そばにしにくいテーマという気もしますしね!

ただ過去に一平ちゃんは「蒲焼のたれ味」を2年連続で出してるのですよね!(*゚◇゚)

当時は「なぜこんな怪しい味の商品が2年連続で?」と思いもしましたが!

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味(内容物)

◎内容物 - いつもの3袋構成


内容物は液体ソース、ふりかけ、特製マヨとなっています!
この3袋構成は「一平ちゃん」としては定番ではありますね!

4/12発売 一平ちゃん 夜店の焼そば 名探偵コナン ひつまぶし味(できあがり)

うん、まぁ意図しているところは何となくわかりはしますね!

◎ソース - 「ひつまぶし」と思い込めなくはないけど


まずはソースですが・・・まぁ、一言で言えば「うなぎのタレ」ですね!(●・ω・)

このあたりは「蒲焼のたれ味」の流れを汲んでいると言えるでしょう!

・・・というか、原材料を見るとほぼ使い回しになっていますね;

ソースの原材料の並びが当時の「蒲焼のたれ味」とほぼ同じです;
要するに「蒲焼のたれ味」をモデルにこの商品を作ったのでしょう!

なるほどそれで今回「ひつまぶし味」を選んだ理由がわかりましたね!
ソースをほぼ過去商品が流用して開発費が抑えられるからだったのでしょう!

ただ当時とはふりかけなどが変わっているので雰囲気は多少違っています!

「うなぎのかば焼き」らしさでいうなら、当時のほうが少々上でしたね!
とはいえ、それは当時のふりかけに入っていた山椒の効果ではありますが!

今回は薬味が大きく変わっているので、そのあたりが少々異なります!

そしてそこにいろいろな薬味の風味を加えるのがふりかけですね!(=゚ω゚)

薬味の内容はごま、海苔、ねぎ、粉わさび調味料、香味調味料です!

海苔、ねぎ、わさびあたりはいかにも「ひつまぶし」らしいですね!
ただ肝心のわさびの風味がほとんど感じられないのはやや残念です!

ここがもう少し強ければ雰囲気がもっと出たように思うのですよね!

一方で海苔、ごま、ねぎの3つについてはなかなか主張してますね!

うなぎっぽさが弱いので「ひつまぶし」感はそこまでないですが、
何とか「ひつまぶし」の構成要素を表現しているのは伝わります!

そしてここに仕上げのだし感を加えるのがマヨの役割となります!(`・ω・´)

・・・が、さすがにこれは無理があると言わざるをえないですね;

「ひつまぶし」と言えば、最後のだし茶漬けは欠かせない存在なので、
それを表現したのでしょうけど、「マヨがだし役」は無理がありますね;

ただ、だしの風味はたしかに感じ取ることはできるのですけどもね!

とはいえ、「ひつまぶし」の最後の「だしでさっぱり」とは全く異なり、
やはり「一平ちゃん」らしく、「マヨでまったり」感が出ていますね!

なので、「ひつまぶし」という観点から見ると無理はあるのですが、
それでも一つの焼そばとしては成立していると言っていいですかね!

◎ソースの原材料


ソースとマヨの原材料は半固体状ドレッシング、糖類、しょうゆ、植物油脂、食塩、
みりん、うなぎエキス、醸造酢、たん白加水分解物、ポークエキス、香辛料です!

ほぼ「蒲焼のたれ味」の使い回しと見て差し支えないですね!

◎麺 - いつもの限定系「一平ちゃん」の麺


麺はいつもの限定系「一平ちゃん」で使われる細めの油揚げ麺です!

植物油脂で控えめな下味に仕上げた非常にシンプルな麺ですね!
数あるカップ焼そばの麺の中でも最もシンプルと言えるでしょう!

それゆえに麺そのものの風味が強く主張したりはしないです!
「ペヤング」などと比べても、かなり穏やかではありますね!

それでいて、ほんのりとしたプリ感がいい効果を見せてくれます!(*゚ー゚)

いずれにしても汎用性の高い麺であることは間違いないでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは524kcalとなっています!
脂質は24.8gで、まぁ標準的と言っていいレベルですかね!

◎具材 - 薬味のみ


具材はふりかけに含まれている薬味のみで、キャベツも入りません!
薬味は先にも触れたようにごま、のり、ねぎ、粉わさび調味料、香味調味料です!

具材らしい具材はないですが、「ひつまぶし」の再現なわけですし、
これは薬味だけで表現したのは正解だったと言っていいでしょう!

薬味を減らしてキャベツが入ったりするよりはいいでしょうしね!

◎まとめ - 単純に一つの焼そばとしては悪くない


「ひつまぶし」の再現度を真面目に考えるとさすがに難はありますが、
「単純においしいか」を問うなら、悪くはないと言っていいでしょう!

過去に2階発売された「蒲焼のたれ味」を下敷きにしてることもあり、
大きな失敗が起きないことは約束されていたと言えるでしょうからね!

ひさしぶりに登場した「一平ちゃん」のうなぎ系焼そばでした!(゚x/)モニュン

【関連記事】
一平ちゃん 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.