7/5発売 サッポロ一番 塩らーめん ウルトラ海老塩味 タテビッグ シン・ウルトラマンパッケージ

7/5発売のサンヨー食品
「サッポロ一番 塩らーめん ウルトラ海老塩味 タテビッグ シン・ウルトラマンパッケージ」
を食べました!

「サッポロ一番 塩ラーメン」から海老塩味の商品が出ました!

7/5発売 サッポロ一番 塩らーめん ウルトラ海老塩味 タテビッグ シン・ウルトラマンパッケージ

今回の商品はウルトラマンとのコラボ商品となっています!
今サンヨー食品はウルトラマンとのコラボを進めていますね!

この商品もその一環にあたるというふうに見ていいでしょう!

そうしたことから、名前も「ウルトラ海老塩味」となっています!(*゚◇゚)

「海老塩味」がどのようにウルトラなのかはちょっと謎ですが!

でもサッポロ一番の塩と海老の風味は相性が良さそうですし、
そういう点からは安心しつつ期待も持てる商品になってますね!

7/5発売 サッポロ一番 塩らーめん ウルトラ海老塩味 タテビッグ シン・ウルトラマンパッケージ(内容物)

後入れ小袋などはなく、お湯を注ぐだけで完成するタイプの商品です!
ウルトラマンコラボということで、湯戻し時間はちゃんと3分です!

単にいつもと湯戻し時間は変わらないというだけではありますが!

7/5発売 サッポロ一番 塩らーめん ウルトラ海老塩味 タテビッグ シン・ウルトラマンパッケージ(できあがり)

具材が2種類だけながらも、どちらもかなり大量となってますね!

◎スープ - 印象はそこまで大きくは変わらない


まずはスープですが・・・基本は「サッポロ一番 塩」そのものですね!(●・ω・)

何も意識しないで食べると、「たしかに少し味は違うかもしれないけど、
基本的にはいつものサッポロ一番と同じかな」と思うぐらいのものですね!

そんなにシーフード路線にがっつり寄ったような感じではないですし、
「サッポロ一番 塩」らしい香味野菜メインの味わいは変わらないので、
どうしても何より最初に感じるのは「サッポロ一番らしい」なのですよね!

ただ普通の「サッポロ一番 塩」はもっと香味野菜がメインとなっていて、
そこに鶏とかつおのベースが重なるといったスタイルになっていますが、
こちらはそこに2割から3割ぐらい別の味が加わってるのは感じますね!

なので、「サッポロ一番 塩」一色の味わいでないのは体感的にわかります!

それが海老だとすぐにわかるかと言えば、そうでもなかったりしますが!

もともと「サッポロ一番」のアレンジって極端にされることは少なく、
もとの味をベースに少し変化を感じるというものが多いことから、
そこまでガンガンに海老を主張させはしなかったのでしょうね!

いかにも海老粉末的なえびせんのような香ばしさではないですし、
海老の風味がじんわりと「サッポロ一番」と交わる感じですね!

そしてもう一つポイントになるのはオイルが加わらない点ですね!(*゚ー゚)

海老系の風味をわかりやすくストレートに立てようとするなら、
最も有効な手法は海老油を加えるというものになるのですよね!

なので、この商品もその方向で行く余地はあったと思うのですね!

でもこの商品はあえてそのようにはしなかったのでしょうね!

海老の主張をガンガンに立てて変化をわかりやすく見せるよりは、
「いつもの味が基本である」ことを大事にしたかったのでしょう!

なので、海老のインパクトに期待すると多少肩透かしになるのですが、
「サッポロ一番としては攻撃的すぎる」と思わされることはないですし、
「安心して食べられる」という点ではよくできてはいるのですよね!

また「サッポロ一番 塩」において欠かせない存在である切りごまですが、
量はあまり多くなく、普段に比べると目立たないものになっていますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、香辛料、糖類、チキンエキス、えび粉末、小麦粉、ごま、
えびエキス、ポークエキス、味付豚肉、鶏肉野菜調理品、かつおエキスです!

いつもの「サッポロ一番」にストレートに海老系を加えた感じですね!

◎麺 - やや細めのしっとりとした麺


麺はやや細めのしっとりとした油揚げ麺となっています!
また「塩らーめん」らしく、やまいも粉も練り込まれています!

いつもの縦型の「サッポロ一番 塩」の麺よりはやや細い印象ですね!

そのため標準の3分でもちょっとやわらかめに仕上がるのですよね!(=゚ω゚)

ただ自分はその点に関しては全くネガティブな印象はなくて、
「サッポロ一番」シリーズは麺が少しやわらかめになって、
スープとよくなじむほうがおいしかったりしますからね!

なので、麺のコシは控えめですがスープとの相性はいいですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は72gで、カロリーは400kcalとなっています!
脂質は16.8gで、普通の数字と言っていいでしょうかね!

◎具材 - 普通に海老を入れてくれたほうが・・・


具材は海老風味卵白加工品、ねぎという組み合わせです!

まず目を引くのが、なぜか異様にねぎが多く入っている点です!
正直なところ、ここまで入れなくても良かった気がしますが!

邪魔というわけではないですが、なぜか変に多いですよね!

そして海老風味団子ですが、これも大量に入っていますね!(`・ω・´)

これは卵白加工品ということで、疑似団子ということになりますね!

ただ魚肉メインで作っても卵白で作っても海老そのものではないですし、
どのみち「海老風味の団子風のもの」である点は同じではあるのですが!

これは決して悪い具材ではないのですが、やっぱり本物の海老には劣りますし、
ここまで団子を入れるのであれば、むしろ本物の海老を6尾ぐらい入れたほうが、
もっとストレートに海老らしさを伝えられたように自分としては思いましたね!

ちょっと最近はどのメーカーも疑似具材に頼り過ぎな傾向がありますね!

◎まとめ - 「サッポロ一番 塩」のちょいアレンジと見るべき


決してガンガンに海老の風味を効かせたような味わいではなくて、
基本の「サッポロ一番 塩」の味をかなり大事にしたものでしたね!

それをベースにスープの下支えに海老も加えたような感じですね!

なので、パンチはないですが安定感は感じられる仕上がりではあります!

しっとりとした海老風味を楽しめる「サッポロ一番 塩らーめん」でした!(゚x/)モキキュッ

【関連記事】
サッポロ一番 塩らーめん ウルトラ海老塩味 タテビッグ シン・ウルトラマンパッケージ
サッポロ一番 塩らーめん 濃厚タンメン
サッポロ一番 塩らーめん 濃厚 鶏白湯仕立て
サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ じゃがいもチーズ仕立て
サッポロ一番 塩らーめん カルボナーラ風
サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ あさりバター風
サッポロ一番 塩らーめん BESTレシピ ほたてバター風
サッポロ一番 塩らーめんどんぶり じゃがバター味
サッポロ一番 塩らーめん ねぎ塩カルビ風 焼そば
サッポロ一番 焼肉風味 塩らーめん味 焼ラーメン
サッポロ一番 塩らーめん ピリ辛
サッポロ一番 鍋風 塩らーめんどんぶり
サッポロ一番 大人の塩らーめん 鶏つみれの柚子胡椒仕立て
サッポロ一番 大人の塩らーめん 薫るわさび
サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば 青しそ&オリーブオイル仕上げ
サッポロ一番 塩らーめんどんぶり 青しそ&オリーブオイル仕上げ
サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば(新)
サッポロ一番 トマトとバジルで仕上げた 塩らーめん
サッポロ一番 塩らーめん味 焼そば
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/22発売 坂内食堂 喜多方本店監修中華そば

6/22発売のサンヨー食品「坂内食堂 喜多方本店監修中華そば」を食べました!
ローソン限定で喜多方ラーメンの有名店「坂内食堂」がカップ麺化されました!

6/22発売 坂内食堂 喜多方本店監修中華そば

この6月末は喜多方ラーメン関係で面白い現象が起きてるのですよね!

ローソンからは今回紹介する「坂内食堂」のカップ麺が発売されて、
ファミマからはこの「坂内食堂」の流れを汲む「喜多方ラーメン坂内」が
カップ麺として登場する、「コンビニ間喜多方ラーメン対決」が起きています!

となれば、これは両方とも購入してブログで紹介しないといけないでしょう!

ということで、今日はこちらのローソンの「坂内食堂」を紹介して、
明日の記事でファミマの「喜多方ラーメン坂内」を紹介します!(=゚ω゚)

この「坂内食堂」は以前にサンヨー食品から普通に発売されたことがあります!
そのときは今回のようにローソン限定での発売ではなかったのですよね!

ただ悲しいことで、そのときはとんでもないハズレだったのですよね;

それゆえに今回も「大丈夫なのだろうか」という雰囲気がありますが!

6/22発売 坂内食堂 喜多方本店監修中華そば(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
「仕上げの小袋」とありますが、中身は完全に油脂ですね!

6/22発売 坂内食堂 喜多方本店監修中華そば(できあがり)

うん、ビジュアルについてはなかなか整っていますね!

◎スープ - 豚清湯らしさを強く引き出した塩スープ


まずはスープですが・・・うん、豚清湯としてよくできていますね!(●・ω・)

喜多方ラーメンの大きな特徴は「豚ベースの清湯」な点なのですよね!

一般的にはよくあるようなさっぱり系の澄んだスープの印象ですが、
ベースが鶏ではなく豚系であるというのが明確な個性となってます!

そのため調味油もまた豚脂をメインにした豚系の風味となっています!

もともとそんなにヘヴィなスープではないので調味油を加えても、
油脂でどっしり重くなってしまうということは特にないですが、
豚系スープとしての厚みと総合力は一段アップしてくれますね!

まずスープのベースである豚系ですが、これはよくできています!
鶏系清湯とはまた違った旨味をしっかりと感じ取ることができます!

でもって、豚脂メインの調味油とのバランスという点でも良質です!

「豚清湯スープとしてのわかりやすさ」はきっちりとしてますね!

以前に出た「坂内食堂」のカップ麺のスープがあまりに淡過ぎて、
スープの個性が完全に油脂と麺にかき消されていたのに比べると、
今回はスープについては数段クオリティを上げてきた感があります!

そしてタレについては醤油よりも塩系がメインとなっていますね!(*゚ー゚)

なので、醤油ラーメンというよりは塩ラーメンといった印象です!

でもそうすることによって、ベースの豚スープの存在が明確となり、
「豚系清湯ラーメンとしての個性」はより際立っているのですよね!

そのため、塩系のタレをメインとしたのは正解だったと思いますね!

ややスープの色が淡いのは「坂内食堂」の特徴でもあるようですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、食塩、糖類、ポークエキス、植物油脂、しょうゆ、
ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物、香辛料です!

シンプルに豚系だけで作っているというのが好印象ですね!

◎麺 - 面白い手打ち風麺だが、風味には難あり


麺はサンヨー食品らしい手打ち風の油揚げ麺となっています!

油揚げ麺としてはかなり力を入れているのはたしかですね!

太麺平打ち、中太麺平打ち、中細麺の3つの麺が入っていて、
さらにそれぞれの麺が両端で厚みが違うという工夫した麺です!

この不規則性はたしかにこのラーメンにおいて特徴となっています!

ただ食感はごわごわしていて、時間が経つとコシがすぐに消える、
このあたりについてはもうちょっと改善の余地があるでしょうね!(*゚◇゚)

そして何より困ったことに、油揚げ麺の風味が強いのですよね!

喜多方ラーメンは少なからず繊細さを持ったラーメンなだけに、
油揚げ麺の主張の強い麺を合わせるとどうしても味が乱れます!

でもってサンヨー食品の麺はその弱点が目立ちがちなのですよね;

そのネガティブな要素は今回も少なからず出てはいましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは439kcalとなっています!
脂質は20.1gで、なかなか高めの数字となっていますね!

◎具材 - 多めのチャーシューが再現


具材はチャーシューチップ、ねぎ、メンマとなっています!

「坂内食堂」の特徴の一つが多めのチャーシューなのですよね!
そのため、この商品でもチャーシューチップは頑張っていますね!

クオリティも低くはなく、量もたっぷり入っていることもあり、
肉具材の満足度という点ではいいものを見せてくれていますね!(`・ω・´)

ねぎはかなり多めで、ごく普通の乾燥具材のものとなっています!

メンマは量がやや少なく、コリコリ感も控えめとなっていますね!
どちらかというと、しっとりやわらかなメンマといった感じです!

◎まとめ - 麺の風味がネックだが、スープの喜多方らしさは上質


大ハズレの印象が強かった前回の「坂内食堂」のカップ麺に対し、
今回も麺の風味の弱点などは少なからず残ってはいましたが、
スープの充実度という点では大幅に改善されたと言えますね!

スープだけで言うなら、けっこうな高評価は与えられますしね!

油揚げ麺臭を気にしない人なら、そこそこ楽しめる一杯でしょう!(゚x/)モギルン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/28発売 ホテイのやきとりたれ味風 焼そば

6/28発売のサンヨー食品「ホテイのやきとりたれ味風 焼そば」を食べました!
缶詰で有名な「ホテイのやきとり」とのコラボ商品となっています!

6/28発売 ホテイのやきとりたれ味風 焼そば

「ホテイのやきとり」は缶詰売り場でよく見かけますよね!

といっても、自分は缶詰をあまり食べないということもあって、
この「ホテイのやきとり」は食べたことがなかったりしますが;

まぁ、でも「やきとり」と聞けば味はおおむね想像できますね!

甘めでとろみのあるタイプの醤油だれと考えれば良さそうですね!

でもって、その味であれば焼そばにしても上手く合いそうですね!(=゚ω゚)

甘くてまったりとした醤油味の焼そばというあたりなのでしょう!

6/28発売 ホテイのやきとりたれ味風 焼そば(内容物)

◎内容物 - シンプルに1袋構成


内容物は液体ソースのみというシンプルな構成です!
具材についてはあらかじめカップの中に入っています!

6/28発売 ホテイのやきとりたれ味風 焼そば(できあがり)

おっ、きちんと鶏肉具材も入ってけっこう整っていますね!

◎ソース - 焼き鳥らしい風味に焼いた脂の旨さが加わる


まずはソースですが・・・うん、いかにも焼き鳥のたれらしいですね!(●・ω・)

ストレートに焼き鳥のたれらしい味わいに仕上がっていますね!

醤油にたっぷりの砂糖で甘めにまとめられたたれとなっています!
原材料を見るに、とろみに関しては普通に増粘剤が使われています!

そしてしっかりとベースに鶏の旨味が加わっているのがポイントです!

なので、単に砂糖醤油を麺に絡めたような単純な味ではなくて、
しっかり鶏+焼き鳥のたれのような味わいに仕上がっていますね!

それによって、きちんと「焼き鳥」の味らしくなっていますね!

また甘みにみりんが加えられているのも一つの特徴と言えます!

そしてもう一ついい仕事をしているのが焼いた脂の風味ですね!(*゚◇゚)

焼き鳥風味のポイントの一つが、この焼いた香ばしさなのですよね!

ただあくまで缶詰の焼き鳥がモデルなので焦がし風味は不要なのですが、
それでも「焼き鳥」の「焼き」にあたる風味が必要にはなりますからね!

この商品はそのあたりは主に豚脂や鶏油によって再現しているようです!

これがけっこう「焼いた肉」らしい香ばしさを出しているのですよね!
この香ばしさが全体の味わいをけっこう引き立ててくれていますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、チキンエキス、しょうゆ、豚脂、食塩、植物油脂、みりん、
たん白加水分解物、鶏レバーパウダー、鶏脂、リンゴ果汁粉末、酵母エキス、発酵調味料です!

鶏レバーパウダーとリンゴ果汁粉末もちょっとしたポイントですかね!
特に鶏レバーパウダーは鶏の風味を際立たせる効果がありそうです!

◎麺 - 細めのシンプルな麺


麺はけっこう細めの油揚げ麺となっています!

サンヨー食品はあまり麺にバリエーションを出さないことも多いですが、
今回は明らかにいつもよりも細めの麺がチョイスされていますね!(*゚ー゚)

決してものすごく新世代的な感覚を見せるような麺ではないですが、
それでもこの麺はこれはこれで全体を上手く引き立てていますね!

細めの麺で、一方のたれはとろみがついているということで、
麺とたれのバランスではたれのほうが強めになっていますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は100gで、カロリーは585kcalとなっています!
脂質は25.8gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

◎具材 - 鶏肉ダイスがうれしい


具材はキャベツと味付鶏肉となっています!

キャベツはごく普通の具材で、特に変わったところもありません!

ただ「焼き鳥」風味にキャベツというのもちょっと変なので、
ここはねぎをチョイスしてくれたほうが良かった気はしますね!

ねぎになっていれば、より全体の完成度が上がった気がしますね!

そして鶏肉ダイスは鶏肉の風味がギュッと詰まったものとなっています!

食感は鶏肉らしい、きちんと繊維質が感じられるものとなっていて、
肉の風味も非常に強いので、この商品としてはピッタリですね!(`・ω・´)

サンヨー食品の鶏肉具材は鶏肉としてのクセが多少強めなので、
それが鶏らしさの演出という点ではプラスにはたらいてくれますね!

◎まとめ - 思った以上に楽しめる良作


単なる「焼き鳥のたれの味」という枠組みにはとどまっていなくて、
鶏の風味や焼いた風味の演出も加わってまとまりはなかなかいいです!

またここにお好みで七味や一味を自分で加えてもおいしいでしょう!

奇抜そうに見えながら、しっかりとまとめられた味わいの一杯でした!(゚x/)モキール

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/22発売 麺屋はなび監修 台湾まぜそば(2021年)

6/22発売のサンヨー食品「麺屋はなび監修 台湾まぜそば」を食べました!
ファミリーマート限定の「麺屋はなび」監修商品から新作が出ました!

6/22発売 麺屋はなび監修 台湾まぜそば(2021年)

「麺屋はなび」の主役である「台湾まぜそば」が登場しました!
これまでも「麺屋はなび」の台湾まぜそばは何度も商品化されてますね!

ただし今年はこれまでのノンフライ麺ではなく油揚げ麺になっています!
そのかわり、それにともなって販売価格はいくぶん下がっています!(*゚ー゚)

なので、高級路線から多少離れたと見て良さそうではありますね!

ただ「麺屋はなび」のカップ台湾まぜそばは高級であることに価値があり、
それが今回なくなってしまったのはかなり残念ではあるのですよね;

「麺屋はなび」といえば、台湾まぜそばの元祖のお店であるわけで、
単なる普通のカップ台湾まぜそばにはなってほしくなかったのですが!

それゆえに食べる前の期待度は少なからず下がってしまっていますね;

6/22発売 麺屋はなび監修 台湾まぜそば(2021年)(内容物)

◎内容物 - 多めの調味油がポイントか


内容物はかやく、液体だれ、調味油、ふりかけとなっています!

一応は順序としては液体だれ→調味油の順にかけることになってますが、
実際にはおおむね同じぐらいのタイミングでかけていい感じでしたね!

6/22発売 麺屋はなび監修 台湾まぜそば(2021年)(できあがり)

うん、まぁビジュアルは普通のカップ台湾まぜそばという感じですね!

◎たれ - 油揚げ麺の台湾そばとしてはかなりレベルは高い


まずはたれですが・・・おっ、予想していたよりも味はいいですね!(●・ω・)

この商品の最大のポイントは多めの調味油にあると言っていいでしょう!

これまでカップ麺の台湾まぜそばは数多くのものが出てきましたが、
ここまで調味油を主体としたものはなかったと言えるでしょうね!

とにかく調味油が大量で、液体だれと同じぐらいに入っています!

台湾まぜそばの構成要素というと、醤油系のたれと強めの香味野菜、
豚の風味、卵黄、あとは具材の魚粉や海苔あたりが入ってきますが、
決して油脂の量がそこまで多い麺料理というわけではないのですよね!

なので、調味油に重点を置くというのはかなり珍しいと言えます!

この調味油はおおむね植物油脂と豚脂の2つで構成されていますが、
これを見るに豚脂の豚の風味に力を入れるためでもあるのでしょう!

そう考えると、たしかにこの商品は一般的な台湾まぜそばより豚が強いです!(*゚◇゚)

醤油ダレに香味野菜の風味、そして魚粉と胡椒と唐辛子を軸にしてますが、
ここにかなり強い割合で調味油の豚の風味がドシッと来るのですよね!

一般的なカップ台湾まぜそばが油脂よりもアクセント重視なのに対して、
これだけ厚みに力点を置いているというのは非常に面白いと言えますね!

そしてこの豚脂の厚みが、普通のカップ台湾まぜそばと異なる雰囲気を作り、
これまでにはないタイプの分厚さを演出するのに役立っていますね!

このタレの組み立て方は自分が思っていたよりも良かったですね!

◎タレの原材料


タレの原材料は植物油脂、豚脂、ポークエキス、しょうゆ、砂糖、
香辛料、食塩、調味油脂、たん白加水分解物、魚粉となっています!

やはり油脂系の割合が非常に高いのが伝わってくる内容ですね!

◎麺 - 太めながらもサンヨー食品らしい軽めの食感


麺は幅広で平打ちに近いタイプの縮れた油揚げ麺となっています!

そういえばサンヨー食品の油揚げ麺のカップまぜそばってやや珍しいですね!
サンヨー食品って、こうした路線でも極太麺ってあまり使わないのですよね!

なので、まぜそばの麺という観点から見るとやや軽めとなっています!(`・ω・´)

どっしり感はないですし、食感ももっちりとした印象はないです!
むしろパスッと歯切れ良く切れるといった感触のほうが強いです!

でもって、持ち上げたときの感触がやや軽めなのが特徴です!
こうした軽い質感はいかにもサンヨー食品らしくはありますね!

なので、台湾まぜそばとしてはいくぶん軽い感じはするのですが、
タレが重いので、麺の軽さはバランスを取るうえで役立っています!

◎麺量と栄養成分


麺の量は100gで、カロリーは674kcalとなっています!
脂質は37.1gで、麺量を考えるとかなり高めの数字ですね!

やはり調味油の量がずいぶん多いことが数字からもわかります!

◎具材 - 標準的ながらも決して悪くはない


具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、ニラという組み合わせです!
ふりかけは魚粉(さば節)と唐辛子のミックスとなっています!

ふりかけが魚粉だけではないというのは一つのポイントですね!
唐辛子によって、ふりかけをかけるとピリ辛感が少し高まります!(=゚ω゚)

具材はどれも台湾まぜそばに欠かせないタイプのものですね!
海苔が入ってないのがちょっともったいなくは感じますが!

でもねぎとニラの香味についてはきちんと活躍していますし、
そぼろも味は良く、最低限の役割はしっかり果たしています!

◎まとめ - 一つの台湾まぜそばとして試す価値あり


もちろん以前のノンフライ版に比べると弱さは出ていますし、
麺量などを考えると少々価格が高いようには思うのですが、
「他の台湾まぜそばと似たり寄ったり」ではありませんでした!

むしろ油揚げ麺でありながら、他社商品とは明確に差別化されていて、
タレに関してはノンフライ版のときよりも個性が強まっているかもです!

この調味油を軸にした台湾まぜそばは一度食べる価値ありと思います!(゚x/)モキキキキ

【関連記事】
麺屋はなび監修 台湾まぜそば(2021年)
麺屋はなび 芳醇海老味塩ラーメン
麺屋はなび 濃厚海老味 味噌ラーメン
麺屋はなび 台湾まぜそば(2018年)
麺屋はなび 台湾まぜそば(2016年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/12発売 和ラー 鹿児島 豚しゃぶ風

4/12発売のサンヨー食品「和ラー 鹿児島 豚しゃぶ風」を食べました!
サンヨー食品の看板ブランドの一つ「和ラー」からの新作ですね!

4/12発売 和ラー 鹿児島 豚しゃぶ風

「和ラー」は最初に発売されたときから大きな注目を集めてましたね!

サンヨー食品の看板ブランドになれるだけの力をすでに秘めていて、
そのおいしさと個性の高さに多くの人がうならされていましたからね!(`・ω・´)

一方で縦型カップ市場では「カップヌードル」が無類の強さを誇るため、
以前に比べると「和ラー」をそろえるお店は減ってきてる感はありますね;

間違いなく実力のあるブランドなので、非常にさみしくはあるのですが;

そしてそれに伴って新作もあまり入荷されなくなっているのですよね;

前回の新商品だった「和ラー 愛媛 鯛ちり風」は入手できませんでしたし、
この商品も発売週には入手できず、ドンキに流れてきたのを買いましたし!

それでもひさしぶりに「和ラー」を購入できたのはうれしかったですね!

4/12発売 和ラー 鹿児島 豚しゃぶ風(内容物)

「和ラー」らしく、小袋などはなくお湯を注ぐだけで作れます!
今は「和ラー」は「トムとジェリー」とコラボしているようですね!

4/12発売 和ラー 鹿児島 豚しゃぶ風(できあがり)

ねぎがかなり多いですが、肉具材なども充実していますね!

◎スープ - 和だしと豚肉スープのバランスが抜群


まずはスープですが・・・いやぁ、さすが「和ラー」だとうならされますね!(●・ω・)

やっぱり「和ラー」ブランドはすごいなと改めて思いましたね!
スープの完成度がサンヨー食品の縦型の中では数段抜けています!

「これだけのものを作れるんじゃないか」と実力を再確認できますね!

正直なところ、今回の商品はそこまで期待してなかったのですよね!

「豚しゃぶ」って、カップ麺としてもそこまで目新しい印象はないですし、
この「和ラー」は肉系よりも海鮮系でその実力を発揮するタイプですしね!

ですが、こうして実際に食べてみると、いやいやこれはよくできてますね!

構成要素は決して奇抜ではないのに、そのバランスにスキがないのですよ!

スープの主役はかつおを中心とした和だしと豚肉のスープですね!(*゚◇゚)

ただし、これは一般的な豚清湯+魚介のスープとは別物です!
きちんと鹿児島の「豚しゃぶ」のスープをモデルとしたものです!

なので、ラーメンスープでありながら、鍋っぽさが強くあります!

鹿児島流の「豚しゃぶ」はベースがかつお中心の和風だしなのですね!
かつおを中心としたうえで昆布を加えるというスタイルですね!

醤油はほどほどで、バランス感の良い和だしといった感じです!

そして「豚しゃぶ」なので、当然ながらここに豚の風味が加わります!

しかし、「豚骨」ではなく「豚肉」の旨味なのがポイントですね!

この両者が合わさることで、「優しく深い」スープに仕上がります!
ここが一般的なラーメンのスープとは大きく違うところですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、デキストリン、たん白加水分解物、でん粉、
砂糖、しょうゆ、かつお節エキス、ポークエキス、にんにく調味料、
チキンエキス、野菜エキス、昆布エキス、ポークパウダー、豚脂です!

野菜エキスが入っているあたりも鍋らしいと言えますね!
にんにくも一応は入ってますが、これはごく軽い隠し味です!

◎麺 - サンヨー食品はこの麺を出し惜しまないで


麺は「和ラー」ならではの、キュッとしたコシを感じる油揚げ麺です!

これは間違いなくサンヨー食品の油揚げ麺として最強なのですよね!
この麺を初めて食べたときは本当に驚かされてしまいましたからね!

そしてその驚きはひさしぶりに食べた今回でも健在でしたね!(*゚ー゚)

油揚げ麺臭は極めて弱く、表面はしっとりしながら中心部に強いコシがあり、
この表面と中心部の食感のコントラストの描き方が素晴らしいのですね!

サンヨー食品というと、縦型カップでの麺の貧弱さが目立ちがちですが、
この麺の開発力があるのですから、決して実力は劣っていないのですよ!

この麺をもっと他の商品でも応用してもいいように自分は思いますね!

◎麺量と栄養成分


麺量は50gと少なめで、カロリーも267kcalと抑えられています!
脂質も8.6gで、油揚げ麺の商品としては非常に軽めですね!

◎具材 - リアル系豚肉もなかなかの実力


具材は味付豚肉、ねぎ、花かまぼことなっています!

ねぎは薬味ですが、かなり大量に入っているのですよね!

最初は「こんなに入ってる必要あるかな」と思ったのですが、
食べているとこのスープとねぎの相性が抜群なのですよね!

間違いなく多めのねぎがプラスにはたらいていましたね!

花かまぼこはなぜか「和ラー」でよく使われる具材ですね!
味よりはビジュアル重視の存在として入っている感じですね!

そして豚肉ですが、サンヨー食品にこんな豚肉具材があったのですね!(=゚ω゚)

チャーシューチップとは完全に別物の、リアル系の豚肉具材です!

リアル系の豚肉具材というと、まず東洋水産が思い浮かびますが、
東洋水産が赤身メインでややがっしりとした質感の肉具材なのに対し、
こちらはもう少し脂身が多めでしっとりとした雰囲気がありますね!

こんないい具材を持っていたとは、やはり出し惜しんじゃいけませんよ!

◎まとめ - これがサンヨー食品の本気


普段はサンヨー食品縦型カップでがっくりすることが多いのですが、
この商品は他社に勝るとも劣らない素晴らしい仕上がりの一杯です!

サンヨー食品のポテンシャルの高さを大いに伝えてくれますね!

まず一つの商品としては間違いない内容と言っていいでしょうね!
これはもうどんな人にも自信を持ってオススメできる一杯ですね!

サンヨー食品さん、この実力をもっともっと他の商品でも見せてください!(゚x/)モギギギギ

【関連記事】
和ラー 鹿児島 豚しゃぶ風
和ラー 北海道 札幌スープカレー風
和ラー 神戸 関西すき焼き風
和ラー 北海道 かにすき風
和ラー 宮城 仙台牛使用 テールスープ風
和ラー 秋田 きりたんぽ鍋風
和ラー 三重 伊勢海老汁風
和ラー 北海道根室 かにの鉄砲汁風
和ラー 両国 ちゃんこ鍋風
和ラー 能登 海老汁風
和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風
和ラー 博多 鶏の水炊き風

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば

5/25発売のサンヨー食品「中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば」を食べました!
ファミリーマート限定の「ラーメンデータベース」系の商品となります!

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば

このところ「ラーメンデータベース」系の商品がちょくちょく出ますね!
今回は2020年上半期の仙台1位となったお店のカップ麺化となります!

サンヨー食品から出た「ラーメンデータベース」系商品はこんな感じです!

RA-MEN 3SO監修 ニボシみそラーメン(2019年12月)
中華蕎麦うゑず監修 濃厚豚骨魚介中華そば(2020年8月) [ファミマ限定]
中華蕎麦うゑず監修 濃厚豚骨魚介中華そば(2021年2月) [ファミマ限定]

これ、困ったことにちょっと経緯がややこしいのですよね!(*゚ー゚)

「3SO」のときはファミマ限定ではなく普通の一般販売商品でした!

そしてその次の「うゑず」からファミマ限定商品になったのですね!

その「うゑず」の2021年2月はそれまでとは違ったどんぶり型ノンフライ商品で、
なおかつデザインには特に「ラーメンデータベース」のことは書かれていません!

でも2020年8月の商品を下敷きにしているのは間違いないのですよね!

そのため形態が微妙に変化しながら登場するというややこしさがあります!

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
「仕上げの小袋」とありますが、中身は完全に油脂ですね!

5/25発売 中華そば嘉一監修 極鶏だし中華そば(できあがり)

太麺でかなりすっきりしてそうな鶏スープという感じですね!

◎スープ - シンプルな鶏スープに鶏油が加わる


まずはスープですが・・・かなりシンプルな鶏スープですね!(●・ω・)

原材料として魚介も使わず、動物系も完全に鶏系のみなので、
分類上は「鶏と水だけ」系に属すると言えるのでしょうかね!

ただこのカップ麺を食べた限りでは少々方向性は違う感じですね!

「鶏と水だけ」系はとにかく鶏の主張がガンガンに来るのですよね!

ベースの鶏スープも強く、そこに鶏油もさらに大量に加わってきて、
「鶏だけのかわりに、その鶏の主張は強烈」というのが特徴です!

それに比べると、このスープは鶏の主張はけっこうおだやかですね!
調味油なしの段階だと、「しっとり系の鶏スープ」という感じです!

これは単にカップ麺だからそのような強さになっただけかもですが、
少なくともこれを食べる限りではゴリゴリの鶏系ではないですね!

そしてここに大量の鶏油が加わることによってパンチが加わります!(*゚◇゚)

この大量の鶏油は「鶏と水だけ」系と共通する点と言っていいですね!
鶏の風味もけっこう強いですし、ここで一気に攻撃性が高まります!

ただ鶏のクセが強く出るような、そういうタイプの鶏油ではないです!

十分に大量の鶏油ながら、暴れるようなそうした印象はないですね!
どこかある程度の穏やかさを保つように組まれている感があります!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、糖類、植物油脂、食塩、鶏脂、
しょうゆ、ゼラチン、発酵調味料、たん白加水分解物です!

とにかくシンプルに鶏系で組み立てられているのが印象的です!

◎麺 - 手打ち風の食感だが、なぜか風味がいやに甘い


麺はサンヨー食品が得意とする手打ち風油揚げ麺となっています!
太さはそこそこあるので、やや平打ち寄りの太麺とも言えます!

手打ち風の麺はサンヨー食品がちょくちょく起用してくるもので、
麺の両端で厚みがちょっと異なるタイプの麺のことですね!

これによって麺の食感に不規則性を持たせるのが特徴です!(=゚ω゚)

昔はどうしてもくどい油揚げ麺の風味がここに重なりましたが、
そのあたりについては多少なりとも解消された感はありますね!

ただそのかわり麺からの香りが異様に甘いという現象がありましたが!

そのためスープの鶏の風味よりも、この甘い風味がやたら気になりました!

なので、結局のところ麺がスープをかなり食っていたのですよね!
この点はいつものサンヨー食品の縦型の悪い面が出ていましたね!

麺の食感はなかなか良かっただけにそこは少し残念でしたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは435kcalとなっています!
脂質は19.4gで、そこそこの高さと言えるでしょうかね!

◎具材 - 旨味の詰まった鶏肉がなかなかいい


具材は鶏肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材で、量はけっこう多くなっています!
なので、薬味としての主張はそこそこのものはありますね!

メンマはほどほどの量ですが、一定の存在感は見せています!
どうもサンヨー食品のメンマって目立ちにくい印象がありますが!

そして主役の鶏肉ダイスですが、これがなかなかいいですね!(`・ω・´)

日清のようなほどよいやわらかさの鶏肉具材とは違って、
ちょっと乾燥具材らしい干し肉っぽさはあるのですよね!

脂身は全くなく、硬めでややパサッとしてるところもあります!

ですが、噛み締めるたびに鶏の旨味がグイグイ出てくるのですよね!
こうしたタイプの鶏肉具材は東洋水産もたまに使ってきますね!

この風味が秀逸で、これは日清の鶏肉とはまた違う魅力がありますね!

この具材はもっと高頻度で使ってくれてもいいように思いましたね!

◎まとめ - 麺の甘い風味の強さだけが少し残念


しっとりとした鶏スープに鶏油でアクセントをつけるスタイルは
これはこれでなかなか面白い組み立てと思わせてくれたのですが、
麺の甘い香りがやたらと出ていたのはどうにも気になりましたね!

それがスープの個性をかなり食ってしまっていましたからね!

でもスープそのものはそこそこよくできていたと思います!

この商品もまたノンフライ麺で出すと面白くなりそうですね!(゚x/)モキキーン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/31発売 青葉 中野本店監修 中華そば 濃厚2.5倍

5/31発売のサンヨー食品「青葉 中野本店監修 中華そば 濃厚2.5倍」を食べました!
ひさしぶりにサンヨー食品と「青葉」のコラボ縦カップが登場しました!

5/31発売 青葉 中野本店監修 中華そば 濃厚2.5倍

なんだか「青葉」の縦型カップ麺が出るのは懐かしさを感じますね!
以前は「青葉」のカップ麺はよく出ている印象があったのですが!

今回は前作にあたる2019年7月商品比で2.5倍の濃厚さにした商品が出ました!
2019年7月のときの商品は「ゆず唐辛子ペースト」が付いていましたね!

濃厚とは言っても、ドロ系豚骨みたいな感じになったとかではなく、
シンプルに粉末スープの量を2.5倍にしたみたいなものなのですが!

もともと「青葉」は濃厚さをウリにしたスープというわけではないので、
2.5倍になったからといって、ドロドロしたりとかはしないのですよね!

いわゆる動物+魚介の「Wスープ」の味わいが強くなったという感じです!(=゚ω゚)

こうしたコンセプトの商品は以前にも発売されたことがありますね!
今限定濃厚2倍スープ」というバージョンが出たことがあります!

なので、味についてはおおむね想像できるところではあります!

5/31発売 青葉 中野本店監修 中華そば 濃厚2.5倍(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
残念ながらカップの中で麺が傾いてしまっていますね;

5/31発売 青葉 中野本店監修 中華そば 濃厚2.5倍(できあがり)

スープにコストをかけたためか、具材はちょっとさみしいですね!

◎スープ - 濃厚なだけあって、旨味はなかなかの素晴らしさ


まずはスープですが・・・うん、旨味という点では見事な内容ですね!(●・ω・)

スープの色を見ると、少し白濁した醤油スープといった感じですが、
いわゆる豚骨醤油ラーメンのような白湯系醤油ラーメンではないです!

色だけで見るとやや白濁してますが、味は完全に澄んだ清湯寄りですね!

清湯系の豚鶏スープと魚介系のスープをそれぞれ合わせた感じです!
魚介スープはかつお、さば、煮干などの複合系となっています!

バランスとしてはかつおなどの節系のほうが煮干よりも強いですね!

スープ全体で見るなら、ベースを動物系によって支えたうえで、
旨味はガツンと魚介系によって打ち出しているという印象です!

これはもう「Wスープ」のお手本系の組み合わせと言えますね!

そして魚介がバランス的にかなり強めなのもWスープらしいです!

濃厚さという点では、「旨味が濃厚」と解釈するのがいいでしょう!(*゚◇゚)

「濃厚」と聞くと、どうしても「濃度が濃厚」と受け取りますが、
塩分はそこまで高くせず、だし感と旨味、これを高めていますね!

それゆえにちょっと旨味が過剰かなと思えるところもありますが、
麺が勝つことが多いカップ麺としては悪くないバランスだと思います!

麺に負けてしまうよりは、旨味がどんどん前に出るほうがいいですし!

そして調味油については豚脂をメインに、植物油脂が加わります!

なので、こちらは動物系のコクを高める役割と言えるでしょう!
ただ全体の中で見ると、そこまで存在感は高くはないですが!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、糖類、魚介エキス(魚介類)、豚脂、魚粉、
食塩、チキンエキス、植物油脂、しょうゆ、ポークコラーゲン、香辛料、
クリーミングパウダー、魚介調味油、昆布エキス、酵母エキス、発酵調味料です!

動物系は豚優勢に鶏を加え、そこに魚介を重ねている感じですね!

◎麺 - 平凡な中細縮れ麺


麺はごくごく普通な中細の縮れた油揚げ麺となっています!
商品説明には「中太」とありますが、一般的には中細でしょう!

これはお世辞にも2021年の店カップとは思えない麺ですね!(*゚ー゚)

ほんとよく言えばオーソドックス、悪く言うと古風というか、
昔ながらのカップ麺の麺といった印象が強く残りますね!

なので、もしスープの主張が控えめな感じになっていたら、
この麺が足を引っ張って酷評につながった可能性もあります;

でも今回は完全にスープが主役で麺の存在感を食っていたので、
麺が平凡であってもそれほど気にはならなかったですね!

単純に「スープの運び屋」みたいな感覚で食べられましたし!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは461kcalとなっています!
脂質は21.6gで、けっこう高めの数字となっていますね!

◎具材 - さみしいけど最低限は備わってる


具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎとなっています!

ねぎは少なめですが、それなりに薬味として貢献しています!

メンマはそこそこのサイズで、食感はあまり強くないものの、
中華そばらしさを演出するという点では役立っていますね!

チャーシューチップはサンヨー食品らしいやわらかめのもので、
ほどほどに肉の風味や食感が楽しめる仕上がりとなっています!(`・ω・´)

◎まとめ - 「Wスープ」の旨味を楽しむなら十分アリ


具材は多くはないですし、麺に至っては古風な印象が残りますが、
スープに関してはまさに「Wスープ」の良さがはっきり出てましたね!

この「青葉」はこうしたWスープの元祖的位置付けのお店ですし、
そのWスープの感触を味わうという点でも価値はありますね!

とにかくとことんスープの旨味を味わう、そういう一杯でした!(゚x/)モギーリ

【関連記事】
青葉 中野本店監修 中華そば 濃厚2.5倍
東京 青葉中野本店 中華そば ゆず唐辛子ペースト付き
名店の味 青葉 中野本店 東京魚介豚骨醤油
名店の味 青葉 中野本店 中華そば 今限定濃厚2倍スープ
名店の味 青葉 中野本店 中華そば 麺1.5盛
名店の味 青葉 中野本店 中華そば(ミドルカップ版)
名店の味 青葉 中野本店 中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/17発売 貝節麺ライク監修 貝だし塩らーめん

5/17発売のサンヨー食品「貝節麺ライク監修 貝だし塩らーめん」を食べました!
東京の杉並にある「貝節麺raik」の「貝節潮そば」の再現カップ麺です!

5/17発売 貝節麺ライク監修 貝だし塩らーめん

サンヨー食品の縦型店カップは期待できないものが多いのですが、
サンヨー食品は貝だしには強いので今回は期待が持てそうです!

しかも写真を見た感じだと、麺にもこだわってる雰囲気なのですよね!(`・ω・´)

サンヨー食品の縦型カップがコケるのは大抵は麺のせいなので、
麺にこだわりがあって貝だしなら高いクオリティが期待できます!

たまにはサンヨー食品も縦型で本気を見せてもらいたいですからね!

「CLAM&BONITO」、すなわち二枚貝とカツオがウリのようですね!

5/17発売 貝節麺ライク監修 貝だし塩らーめん(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油つき


内容物はフタに貼り付けられた仕上げの小袋(調味油)となっています!
こうして見るとけっこう調味油が多めになっていますね!

5/17発売 貝節麺ライク監修 貝だし塩らーめん(できあがり)

玉ねぎとねぎが思っていた以上にたっぷりと入っていますね!

◎スープ - まさに「二枚貝&かつお」の味わい


まずはベースのスープですが・・・うん、「CLAM&BONITO」ですね!(●・ω・)

貝のスープというと、鋭くクセのある旨味のものが多いですが、
この商品に関してはそうしたクセはなく穏やかな雰囲気ですね!

体感的にまずやってくるのは、むしろカツオの節系のだしです!

そしてそれを追うようにして二枚貝の旨味がやってきますね!

でもって、二枚貝の旨味もそこまでパンチ重視ではないですね!

決して旨味は弱くなく、カツオと同等かそれ以上の強さなのですが、
貝だしとしては、クセを押し出さないしっとりした味わいですね!

あさりが中心ということで、あまりクセが強くないのでしょうね!

貝だしにありがちな、舌の両側にグイッと攻める感じではなくて、
カツオの旨味と相乗効果を見せながらじわっと広がってきますね!

「優しく深い貝&節系だし」というふうに言えるでしょうかね!

サポート役の椎茸や昆布もなかなかいい仕事をしていますね!

そして調味油を加えると、スープの厚みと貝の風味が高まります!(=゚ω゚)

おそらくは豚脂をメインに組み立てられた調味油ではありますが、
豚脂のコクは強めながら、同時に貝の風味が非常に強いですね!

スープは優しく貝を、調味油では少し攻めた貝の香りを効かせる、
この二重の旨味によって、さらなる深みが演出されています!

そして不思議なのが、この調味油がけっこう甘い香りな点ですね!

これは豚脂ならではの甘みというふうに見ていいのでしょうかね!
この甘い香りがちょっと全体の中で強い個性を出していましたね!

◎スープの原材料


スープの原材料は糖類、豚脂、食塩、植物油脂、貝エキス、デキストリン、
椎茸エキス、魚粉、昆布エキス、たん白加水分解物、しょうゆとなっています!

貝を中心にしながらもなかなか複合的な味わいとなっていますね!

◎麺 - サンヨー食品もこだわればいい麺を作る


麺はストレート感のある断面の丸い全粒粉麺となっています!

いやぁ、この麺はなかなかいい仕事をしてるではないですか!(*゚◇゚)

いつものこだわりのない麺や、空回りしてる麺とは大違いです!

キュッと締まった質感、ちょっと歯切れの良さを感じさせる食感、
ストレートの喉ごし、そして全粒粉の風味と、どれも優秀ですね!

一つの麺としてしなやかで、油揚げ麺の香りもあまりしないですし、
こうした上品なスープと合わせたときに生きる麺となっています!

サンヨー食品の縦型向けの麺はこだわっていても油揚げ麺臭が強いことが多く、
それがどうしても全体のバランスの足を引っ張ってしまっていたのですが、
今回はそうした弱点も全くなく、スープとの相性も抜群のものでしたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは421kcalとなっています!
脂質は19.0gで、調味油の分だけやや高めになってますね!

◎具材 - 間違いなく主役は玉ねぎ


具材は鶏そぼろ、フライドオニオン、ねぎとなっています!

ここまで薬味に偏重した具材構成というのも珍しいですね!
これはお店からそうしたリクエストでもあったのですかね!

薬味の定番であるねぎもかなり多めに入っていますね!

リアル系のねぎですが、薬味としての主張もそこそこ強めです!
ちょっぴり辛味も感じさせるなど、アクセントが出ていますね!

そして今回の主役とも言える玉ねぎがいい仕事をしています!(*゚ー゚)

フライドオニオンで少しやわらかめの仕上がりになりますが、
これが意外と甘みだけでなく辛味も演出しているのですよね!

このタイプで辛味も感じさせる玉ねぎは非常に珍しいです!

このラーメンにおける玉ねぎは具材というよりも薬味なので、
薬味としての辛みが多少なりともあるのはプラス要素ですね!

このアクセントは全体の中で非常にいい効果をあげていました!

鶏ひき肉は鶏肉の風味が強く、そこそこ存在感がありましたね!

鶏肉系としての強いアピールを求めると物足りなさもありますが、
エースコックなどと違って、鶏肉らしさは十分にありましたね!

量についても決して少ないということはなかったですからね!

◎まとめ - サンヨー食品の得意分野と本気が見える


貝だしのラーメンはもともとサンヨー食品の得意分野でしたし、
それが本気で取り組んでくればやはりいいものができますね!

最近はサンヨー食品の縦型もちょくちょくいいものが出てきますね!

こうしたこだわりが他の商品にも波及すればもっと良くなりそうです!

貝だし系のラーメンが好きであれば、迷うことなくオススメできますね!(゚x/)モキシュン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン

3/23発売のサンヨー食品「萬珍軒監修 玉子とじラーメン」を食べました!
ファミリーマート限定商品の、名古屋の老舗ラーメン店の再現カップ麺です!

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン

「萬珍軒」というお店については、自分は初めて聞きましたね!
ただ過去にも何度かカップ麺として発売されたことがあるようです!

なので、名古屋の名物ラーメンとしてけっこう有名なのでしょうね!

「玉子とじラーメン」というのは、かなり珍しい感じですよね!(=゚ω゚)

卵が入るラーメンとしては「宮崎辛麺」などもあったりしますが、
これはそうしたピリ辛系のラーメンとは全く違うようですしね!

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油(仕上げの小袋)つき


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
またかなり卵具材が多く入っているのが伝わりますね!

3/23発売 萬珍軒監修 玉子とじラーメン(できあがり)

おぉ、これだけ卵が多く入ったカップ麺はほぼ見ないですね!

◎スープ - 卵がしっかりとスープに溶け込んでいる


まずはスープですが・・・シンプルな塩系スープと言っていいでしょうね!

卵が主役のスープではありますが、いったんそれは横に置いて、
スープの味わいだけを見るとけっこうオーソドックスなものです!

豚と鶏をミックスした動物系スープがベースとなっていて、
「レトロな塩系ラーメン」といった雰囲気を強く感じますね!

そしてそこに後入れ調味油が加わることでコクが高まっています!

この調味油は豚脂、植物油脂、香味油、鶏油がミックスされていて、
どこか一つに寄った感じはなく、バランス良く味わいを増しています!

鶏油っぽさもそこそこ感じますし、動物系のコクが意外と深いです!

そのあたりを見てもなかなか上手く組み立てられていますね!

そしてやはりスープにおいても卵が大きな役割を見せています!(*゚◇゚)

この商品の卵具材の最大の特徴は非常に細かいところなのですよね!

かき卵系の卵具材はちょくちょくいろんなカップ麺で使われますが、
あえてこれだけ細かくしているケースはほぼないと言えますね!

おそらくこれは意図的なもので、具材として卵を立てるというよりも、
細かい卵にすることでスープと一体化させる目的があるのでしょう!

それによって卵の持っているまろやかさがスープに溶け込むのですよね!

これはかなり上手く組み立ててきたなと思わせてくれますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、糖類、豚脂、植物油脂、油脂加工品、しょうゆ、ポークエキス、
粉末卵、チキンエキス、香辛料、鶏脂、たん白加水分解物、酵母エキスとなっています!

これを見ると、スープのほうにもちゃんと卵が入っているのですね!
それ以外は魚介も入らない、かなりシンプルな動物系スープですね!

◎麺 - サンヨー食品としては意外な高品質麺


麺は断面が丸く、ストレート感のある油揚げ麺となっています!

サンヨー食品の縦型カップは麺のクオリティが低いことが多く、
それがしばしば全体の足を引っ張ってしまうことがあるのですが、
今回は新世代的なけっこうレベルの高い麺となっていますね!

一言で言うと、九州豚骨向けの麺に近いタイプとなっています!(*゚ー゚)

ストレート感があって、かなり細めで少しパツッとしています!

豚骨向けの麺ほど硬めに仕上がるというわけではないのですが、
そのまま豚骨系カップ麺に利用しても違和感はないでしょうね!

サンヨー食品はこうした良質な麺をどんどん使ってほしいですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは476kcalとなっています!
脂質は22.5gで、なかなか高めの数字となっていますね!

◎具材 - この上なくたっぷり入ったかき卵


具材はかき卵とねぎというシンプルな構成となっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材で、薬味として活躍しています!
卵だけではさみしいので、何だかんだで役には立ってますね!

実店舗は卵とねぎだけではなく、チャーシューや海苔もつきますが、
カップ麺化するにあたって、かき卵に力を注いだのでしょうね!

そして主役であるかき卵は本当にたっぷりと入っていますね!(`・ω・´)

先にも触れたように、この卵具材は非常に細かくなっています!

なので、具材として卵だけをつまんで食べるというよりは、
自然と麺に絡んできたり、スープと一緒に楽しむ感じですね!

それでもこれだけ大量なので、しっかりとまろやかさを感じます!

◎まとめ - 非常に個性的な優秀作


まず玉子とじラーメンというコンセプト自体が珍しいですし、
スープ、卵具材、麺とどれもきっちりと整っていましたね!

特にサンヨー食品はいつも麺でコケてしまいがちなのですが、
そこをきちんと整えてきたというのは大きかったですね!

でもって、卵に全力を注いだ具材構成も良かったと言えますね!

「こういうラーメンもアリなのか」と再発見させてくれる一杯でした!(゚x/)モギューリ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/22発売 銀座カリー風味ヌードル 中辛

3/22発売のサンヨー食品「銀座カリー風味ヌードル 中辛」を食べました!
レトルトカレーとして有名な「明治 銀座カリー」がカップ麺になりました!

3/22発売 銀座カリー風味ヌードル 中辛

デザインについてはまさに「銀座カリー」といった感じですね!
食べる前の雰囲気という点ではなかなか上手くいっています!

ただこの商品、食べる前の不安はかなり大きかったりします(;゚ω゚)

というのも、先に食べた人の評価が軒並み良くないのですよね;

ここまで食べた人みんなの評価が低いというのはなかなかなく、
そうなると食べる側の期待度も下がってしまうというものです;

逆にハードルが低くなることで楽しめる可能性も出てきますが!

3/22発売 銀座カリー風味ヌードル 中辛(内容物)

◎内容物 - サンヨー食品らしく「調味油」つき


内容物は「仕上げの小袋」と名付けられた「調味油」です!
カレーラーメンで調味油というのも少々謎なのですが!

3/22発売 銀座カリー風味ヌードル 中辛(できあがり)

「味が薄い」という声が多かったので、お湯は少なくしました!
これによって多少なりともバランスが改善すればいいのですが!

◎スープ - 「銀座カリー」らしさもあるが、余計なシャープ感も


まずはスープですが・・・これはなかなか評価が難しいですね!(●・ω・)

この商品、最初に注意が必要なのはスープが溶け残りやすい点です!

実はきちんとスープを溶かしきるとそこそこの粘度になりますが、
スープが溶け残りやすいので、シャバシャバになりがちです!

なので、スープがしっかり溶けるまで徹底してまぜましょう!
特に麺が硬めに仕上がるので、少しぐらい長くまぜても大丈夫です!

また調味油に関してもかけてあまりまぜずに食べるのではなく、
この商品に関してはしっかりまえて溶け込ませるのが重要です!

普通に考えてカレーラーメンに調味油が浮いてるのも奇妙ですし、
ここはスープときちんと溶け込ませて一体化させるのが大事です!

まずこのあたりをきちんとすると、欠点はある程度解消されます!

またお湯の量はいくぶん少なめぐらいにしたほうがいいでしょう!
このあたりの事前調整がけっこう重要になってくる商品ですね!

そうしたところをきちんと調整すると60点ぐらいの味にはなります!(*゚◇゚)

「それでも60点かい」というツッコミが入りそうではありますが、
事前のハードルの低さを考えればまあまあ頑張れるほうです!

スープのベースは牛を基本にトマトや玉ねぎで風味をつけたうえで、
そこに「銀座カリー」特有の丸みが加わってくるという感じですね!

バランスとしては、牛はそこそこ、丸みの表現はなかなか優秀で、
トマトはやや強め、玉ねぎはちょっと弱めかなという印象です!

最初は調味油の効果に関しては懸念のほうが強かったのですが、
「銀座カリー」らしい丸みの表現に大いに貢献していましたね!

この商品が最も「銀座カリー」らしかったのはその点でしたし!

少し気になったのはスパイス感のバランスだったのですよね!

「銀座カリー」のスパイスはとがりがなく丸い印象なのですが、
ちょっとシャープに仕上がり過ぎている感じがあったのですよね!

ここがもっと上手く調整されていれば良かった気がしましたね!

◎スープの原材料


スープの原材料は砂糖、香辛料、食塩、植物油脂、トマトソースパウダー、
小麦粉、牛脂、粉末ポテト、トマトパウダー、チャツネシーズニングパウダー、
たん白加水分解物、ビーフエキス、酵母エキス、クリーミングパウダー、
香味油、香味調味料、ゼラチン、デキストリン、発酵調味料となっています!

この複雑な構成を見るに、メーカーは努力はしたのでしょうね!
スープの溶け残りなどによってそれが生かしきれなかったですが;

◎麺 - やや硬めの中太ぐらいの油揚げ麺


麺はサンヨー食品としては硬めの中太の油揚げ麺です!

例によってサンヨー食品らしくあまりこだわりのない麺ですが、
サンヨー食品の麺って食感がゆるめであることが多い割に、
この商品に関してはむしろけっこう硬めに仕上がるのですよね!(`・ω・´)

かといってごわごわでもない、湯戻し時間さえ調整すれば、
一つの硬めの麺としてそこそこ楽しめるものとなっています!

なので、湯戻し時間は4分ぐらい見積もるといいかもしれません!

あるいは3分で開けて、そこからは徹底的に2分ほどまぜてもいいでしょう!
いずれにしても3分ですぐに食べると、ちょっと硬く感じられる仕上がりです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは425kcalとなっています!
脂質は16.6gで、それほど高い数字ではありませんね!

◎具材 - 薄切り肉が欲しかった


具材は鶏・豚そぼろ、フライドオニオンとなっています!

フライドオニオンはやわらかく、これはカレーに合ってますね!
銀座カリーはやわらかめの玉ねぎも大きなポイントですからね!

そして銀座カリーと言えば、薄切り牛肉も欠かせないのですが、
残念ながらここは肉そぼろによって代替される形となっています!

このあたりは薄切り肉が得意な東洋水産なら良かったのですが、
他社だとどうしてもそぼろかチャーシューチップになりますからね!(*゚ー゚)

なので、銀座カリーらしい薄切り肉を楽しむことはできないですが、
肉そぼろの味は濃厚で、肉らしさについてはしっかりと楽しめます!

◎まとめ - いくつかポイントを押さえれば何とか楽しめる


たしかにいろいろと欠点の目立つ商品ではあったのですが、
いくつかポイントを押さえれば何とかなるところはあります!

まずとにかくしっかりとまぜてとろみが出るまでスープを溶かし、
それによって麺の硬さを緩和し、また油脂もスープに溶け込ませる、
そしてお湯をやや少なめにすれば、そこまで悪くはならないです!

でも「銀座カリー」らしいかと言えば、やや疑問はあるのですが;

でもカップ麺におけるレトルトカレーの再現って難しいのですよね;
他社が挑戦した「ボンカレー」の再現もけっこうひどかったですからね;

「LEE」の再現カップ麺だけはかなりいい線を行ってはいましたが!

あまり期待せずにポイントを押さえつつ食べるといいでしょう!(゚x/)モギーヌ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.