6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば

6/15発売の東洋水産「マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば」を食べました!
「正麺カップ」シリーズから名古屋名物の台湾まぜそばが登場しました!

6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば

最近の「正麺カップ」は汁なし商品にずいぶん力を入れてますね!(*゚ー゚)

このシリーズのおかげでノンフライ汁なし麺の定着度が上がってますね!
ノンフライ汁なし麺って、なかなか上手く定着しなかったですからね!

なぜか「正麺カップ」の汁なし商品は探すのに苦労することが多かったですが、
今回の商品に関してはごく普通にコンビニですぐに入手することができました!

今後もこうして普通に入荷されるようになってほしいですね!
クオリティに関しては間違いないものを持ってるシリーズですし!

6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば(内容物)

◎内容物 - 液体と粉末のダブルソース仕様


内容物はかやく、液体スープ、粉末スープとなっています!
まぜる順番としては液体スープ→粉末スープとなっています!

6/15発売 マルちゃん 正麺 カップ 台湾まぜそば(できあがり)

なんだか具材の組み合わせがあまり台湾まぜそばっぽくないですね!

◎タレ - 台湾まぜそばとしてはやや優しい味わい


まずはその味ですが・・・台湾まぜそばとしては比較的優しいですね!(●・ω・)

台湾まぜそばらしく、ベースは醤油系の味わいとなっていますね!

醤油ダレをベースににんにくによって強いアクセントをつけつつ、
そこに粉末ソースで魚粉の味わいが加わるという形になってます!

台湾まぜそばにおいて欠かせない存在の1つが魚粉なのですよね!

その魚粉を粉末ソースに加えることに臨場感を出してるのですね!
そう考えると、なぜダブルソース仕様だったかも見えてきますね!

ここに花椒も加わっているのですが、刺激はそこまで強くないです!

もともと台湾まぜそばは花椒が入らないケースも多いので、
そうしたこともあって控えめに調整してるのかもです!

また唐辛子系の辛さもおおむね軽めと言っていいでしょう!

そして全体的にあまり強いインパクトは与えないですね!(*゚◇゚)

強いシャープさはなく、にんにくもあくまでほどほどという感じで、
魚粉についてもガツガツと攻めてくるほどではないのですよね!

なので、かなりバランス感を意識した台湾まぜそばという感じです!

台湾まぜそば特有のワイルドな印象というのがあまりないのですよね!
なので、良くも悪くも上品に仕上がっているという印象が残ります!

それが「正麺カップ」シリーズらしいということもできますが、
もうちょっとパンチを効かせても良かった気はしますけどね!

またほんのりと甘みを感じるのも特徴の1つと言えるでしょう!

◎タレの原材料


タレの原材料はしょうゆ、香味油脂、植物油、チキンエキス、香辛料、
砂糖、デキストリン、粉末かつおぶし、粉末煮干しとなっています!

動物系のエキスが鶏系というのも1つの特徴と言えるかもですね!

台湾まぜそばというと味付けした豚ミンチがポイントになりますが、
それを考えれば豚系のエキスも入れたほうがいいように思うのですが、
そこを鶏系にしたことで味わいが上品になった面もあるでしょうね!

◎麺 - やはり麺のクオリティは上質


麺はいつもの「正麺カップ」らしいノンフライ麺となってます!

やや平打ち気味ながらも一定の厚みはある多加水系の麺で、
もちプリでリアルな中華麺らしい食感が大きな長所です!(`・ω・´)

以前の「正麺カップ」の汁なしの麺はややほぐれが悪かったですが、
ここ最近はそうした傾向はずいぶんと改善されてきた印象ですね!

それによってシリーズ全体の安定感が増してきた感がありますね!

そしてこれだけのクオリティの高さを誇っているノンフライ麺が
汁なし麺商品として使われているということ自体も大きいですね!

汁なし麺商品の持つ可能性を広げる力を感じさせますしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは451kcalとなっています!
脂質は11.0gで、けっこう抑えられた数字になってますね!

ノンフライ麺でありながらきちんと麺が90gあるのがうれしいです!

◎具材 - なぜかあまり台湾まぜそばらしくない


具材は豚団子、チンゲン菜、ニラという組み合わせです!

台湾まぜそばというと、豚ミンチ・ニラ・ねぎ・海苔などが乗りますが、
この商品に関してはそれと共通しているのはニラぐらいになりますね!

チンゲン菜が台湾まぜそばに入るというのはかなり珍しいですね!
普通は台湾まぜそばに起用される具材ではないですからね!

豚団子は豚ミンチのかわりに入っているものだとは思うのですが、
台湾まぜそばを再現するならそぼろ具材のほうが良かったでしょうね!

ただこの具材自体は単体の味として十分に質は高いものではありますね!
豚肉のおいしさがギュッと詰まった豚団子となっていますし!

ニラに関しては普通ですが、台湾まぜそばらしさはありますね!(=゚ω゚)

具材のチョイスに関しては正直なところ疑問は残りますね!
最低でもねぎ、できれば刻み海苔をチョイスしてほしかったです!

◎まとめ - バランスはいいが、台湾まぜそばとしてのパンチは控えめ


台湾まぜそばに必要な要素はきちんと仕込まれてはいたのですが、
具材がなぜか一般的な台湾まぜそばから大きく離れてしまっていたり、
タレもパンチが弱いなど、全体的に優しさ重視の味わいでしたね!

もちろんそれはそれで一つの台湾まぜそばのスタイルではありますが、
もうちょっと台湾まぜそばらしさを強く出してほしかったですかね!

また食べる際にお好みで卵黄を加えるとより味が映えるでしょう!(゚x/)モッキュリン

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん

6/8発売の東洋水産「冷しぶっかけうどん」を食べました!
今年も東洋水産の和風麺シリーズから冷やし系が出ました!

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん

ちょうど昨年に「冷やしぶっかけたぬきそば」が出たのですよね!

この「冷やしぶっかけたぬきそば」は今年も発売されていますが、
今年はそれに合わせてこの「冷やしぶっかけうどん」も出ました!

冷やし和風麺がうどんとそばの2商品態勢になったわけですね!(=゚ω゚)

そこで今年はこちらの「冷やしぶっかけうどん」のほうを購入しました!

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん(内容物)

◎内容物 - あとのせかやくがポイント


内容物は液体スープとあとのせかやくとなっています!
またカップの中にあらかじめかまぼこが少し入ってます!

6/8発売 マルちゃん 冷しぶっかけうどん(できあがり)

とりあえず今回は普通に水道水で2回洗って水切りした後、
さらに氷水を入れて洗ってキリッと冷やして仕上げました!

◎スープ - 一言で言えば「生姜を少し加えためんつゆ」


まずはスープですが・・・基本はめんつゆの味わいそのままですね!(●・ω・)

それもやや濃縮したタイプのめんつゆと言ってもいいでしょう!
1.5倍ぐらい濃縮したタイプのめんつゆの風味に近いですかね!

ベースに昆布とかつおというベーシックなだしを据えたうえで、
鋭さはなくまったりとした濃口の醤油に甘みをやや強めに加えた、
まさにめんつゆのスタンダードとも言える味わいになっています!

なので、良くも悪くもあまり語るところはないのですよね!

この商品特有の個性的なだし感があるとかではないですし、
普通にめんつゆを買ってくればそのまま再現できる味ですね!

そして大きな特徴となっているのはほんのりとした生姜風味です!(*゚ー゚)

これは冷やしうどんと生姜の相性の良さに着目したのでしょうね!

冷やしそばは薬味としてはわさびを合わせたくなるのですが、
うどんの場合はしょうがと合わせたときに映えるのですよね!

決してそこまで強く生姜がアピールするわけではないのですが、
「ん、これは生姜の風味がするな」と明確に感じはしますし、
全体の風味のアクセントとしては機能してくれていますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、糖類、かつおエキス、こんぶエキス、
発酵調味料、酵母エキス、香辛料、たん白加水分解物です!

原材料を見てもいかにもめんつゆらしい組み合わせですね!
生姜については香辛料の中に含まれているのでしょう!

◎麺 - いつもより細めながら力強い食感


麺はいつもより細めながらも5分湯戻しの油揚げ麺です!

細めの麺にしたのは、冷やすことで食感が変わるためでしょうね!
もしいつもの麺だったら、ものすごく食感が硬くなったでしょうし!

そのあたりのバランスを取るために特別な麺を使ったのですね!

ただこの細めの麺は温かいスープでも使ってみてほしいですね!
細うどん系のカップうどんもあっていいように思いますし!

さて、食感についてはやはり少し硬めには仕上がりますね!
冷やすとそれだけ食感がシャープになるというのはありますし!(*゚◇゚)

なので、5分よりも多少長く待ってもいいとは言えそうですね!
もちろんこれは冷やす温度によっても変わってくるでしょうが!

昨年「冷やしぶっかけそば」のほうは冷やしたときに油が凝固して、
それがどうしてもネックになってしまうところがありましたが、
こちらは昨年のそばに比べるとその点がかなりマシではありました!

全く凝固しないわけではないものの、ほぼ気にならなかったです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は66gで、カロリーは364kcalとなっています!
脂質は16.6gで、これはほぼ麺が含んでいる脂質でしょうね!

麺量66gは温かいスープの新商品系のうどんとほぼ同じですね!
ただこうした汁なし系で麺量66gはどうしても少なくは感じます!

◎具材 - 薬味がしっかりと活躍


具材はかまぼこ、ねぎ、ごまとなっています!
このうちねぎとごまはあと入れかやくのものですね!

かまぼこに関してはいつもどおりのごく普通のものですね!

そしてねぎとごまですが、これはどちらもいい仕事をしてますね!(`・ω・´)

やはりこうした冷やしうどんでは薬味は欠かせない存在ですし、
そういう点においてねぎが果たしている役割は大きいですね!

量も多いので、味のうえでいいアクセントになってくれてます!

そしてこうした冷やし系は味が軽くなる傾向がありますが、
ごまは香ばしさとコクを与えるうえで大いに役立ってます!

さらにここに自分でいくつか具材を加えてもいいでしょうね!

揚げ玉や海苔あたりを加えると、さらに味が映えるでしょう!

◎まとめ - シンプルながらもまとまった一杯


水を何度も入れ替えて冷やす作業が面倒だという面はありますが、
カップ麺で冷やし麺が食べられるというのは価値はあるでしょうね!

ただ良くも悪くも非常に平凡な味わいの商品ではあるので、
結局家で再現しやすいというのは多少弱点にはなるかもです!

めんつゆと生姜さえあれば、ほとんど同じ味になりますしね!

それでも夏向けにきれいにまとめられた一杯ではありました!(゚x/)モニンッ

【関連記事】
マルちゃん 冷しぶっかけうどん
マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん
マルちゃん 汁なし牛すきうどん
マルちゃん 汁なしカレーそば
マルちゃん 汁なしラー油肉そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン(2019年)
マルちゃん 山椒が香る塩そば
マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば
マルちゃん 赤いたぬき天うどん 西
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック

6/9発売の東洋水産「麺屋 六感堂 山椒ブラック」を食べました!
ファミリーマートのみで販売されている商品となります!

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック

東京の池袋にある「麺屋 六感堂」とのコラボ商品となります!

こちらのお店は動物系を使わないスープが大きな特徴となっています!
またユーグレナ(ミドリムシ)を練り込んだグリーン麺も有名です!

ただ今回のカップ麺はお店のレギュラーメニューの商品化ではないのですよね!

これは2019年のYahoo!の企画「最強の次世代ラーメン決定戦」に
エントリーしたときの限定ラーメンがモチーフとなっています!

Yahoo!の企画では、もともと優勝商品がカップ麺化されるのですが、
入賞しなかったエントリー商品がYahoo!企画から離れた形で
このようにカップ麺化されるというのはかなり珍しいですね!

ただどちらも東洋水産担当なので、その点は共通しています!
東洋水産がこのときのラーメンに注目していたのかもですね!(*゚◇゚)

ちなみにこのカップ麺ではスープに動物系も使われていて、
麺もグリーン麺ではないのでけっこうノーマルな感じです!

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
粉末スープの量が多く、色がかなり黒いのが目につきますね!

6/9発売 麺屋 六感堂 山椒ブラック(できあがり)

いやはや、「山椒ブラック」という名前にふさわしい黒さですね!

◎スープ - 魚介ベースのスープにラードと山椒が映える


まずはスープですが・・・おっ、色の割にそこまできつくないですね!(●・ω・)

ここまで黒いと、大抵は醤油のキレが前面に出てくるものですが、
こちらのスープは醤油の風味やコクは出ていても鋭くはないです!

醤油特有のシャープさを打ち出すためのブラックというよりは、
醤油の持っている風味を生かすタイプと言っていいでしょうね!

なので、ブラック系が苦手な人でも比較的食べやすいでしょう!

そして鶏系も入ってますが、基本的には煮干がメインの味わいです!

煮干などの魚粉もかなり多く、これが旨味の柱となっていますね!
こちらのお店のスープの基本が魚介であることがはっきりわかります!

そこに山椒が加わりますが、これはそこまで強いわけではないです!

山椒といっても四川料理に使われるような花椒とは違っていて、
刺激はほとんどなく、さわやかな香りを運んでくれるものですね!

そして大きなポイントになっているのがラードなどの油脂ですね!(=゚ω゚)

魚介系のスープに山椒と効いたのでかなりすっきりを予想してましたが、
実は油脂がそこそこ多めで、ラードの分厚さも感じるのですよね!

むしろコクとパンチをラードが、ベースを煮干が担うような感じで、
「魚介系ながらも意外と分厚いスープ」という印象が残りました!

特に前半はラードの主張が強く、後半にそれが少しずつ薄れて、
煮干と山椒が絡み合う様が見られるという組み立てでしたね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、食塩、植物油脂、魚介エキス、ラード、香辛料(山椒)、
こんぶエキス、乳糖、チキンエキス、香味油脂、発酵調味料、たん白加水分解物です!

スープに関してはおおむね和風系で統一されてる感じですよね!
そこに植物油脂とラードによって分厚さがプラスされています!

◎麺 - 安心の東洋水産の新世代麺


麺は最近の東洋水産らしい新世代系の油揚げ麺となっています!

平打ち系の麺で、表面は比較的やわらかな質感となっていながら、
噛むとクニッとした絶妙のコシを見せるのが特徴となってます!(*゚ー゚)

現在ではどのメーカーもかなり良質な麺を開発していますが、
こうしたリアルなコシを見せる油揚げ麺はあまりないですね!

それだけにかなり価値のある麺であることは間違いないです!

ただ今回は麺が一部くっついて戻りが悪い箇所がありましたが!
でもこのあたりはおそらくは個体差ではないかと思います!

この麺を使った他の商品ではそういう傾向はなかったですので!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは420kcalとなっています!
脂質は18.9gで、ちょっと高めと言ったところですかね!

◎具材 - いつもの東洋水産らしい組み合わせ


具材は味付豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

この具材の構成は東洋水産の縦型では定番になっていますよね!
でもクオリティは非常に高いので特に問題はないのですが!(`・ω・´)

いつもながらもリアルな豚肉、そしてほどよい食感のメンマ、
どちらも量がたっぷりで満足度は非常に高いものになってます!

ねぎは細かい青ねぎでかなりしっとりとした質感の薬味です!

◎まとめ - ラード・魚介・醤油の3段構成に山椒が絡む


ラードと魚介によってコクと旨味を両立させたスープに、
醤油の旨味をたっぷりと加えて山椒でさわやかさをプラス、
なかなか上手く組み立てられた醤油ラーメンになってました!

最近の東洋水産の縦型カップ系商品はどれも安定していますね!(゚x/)モキヌ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/8発売 でかまる がっつり豚骨醤油

6/8発売の東洋水産「でかまる がっつり豚骨醤油」を食べました!
大盛系ブランドの「でかまる」からがっつり系を意識した商品が出ました!

6/8発売 でかまる がっつり豚骨醤油

ん・・・このデザインを見るとどうも二郎系を意識してる感じですね!
なるほど、それを「がっつり」という言葉で表現したみたいです!

二郎系のラーメンというと、本来はもやしが主役となるのですが、
カップ麺はどうしてももやし具材に弱いという問題があるので、
「もやしたっぷりの二郎系カップ麺」はほぼないのですよね!

しかしながらこの「でかまる」はレトルトもやしを得意としてるので、
他社ではできない「もやしの多い二郎系」を実現できるのですよね!

そういう点ではなかなか楽しみな商品と言っていいでしょうね!(*゚ー゚)

6/8発売 でかまる がっつり豚骨醤油(内容物)

◎内容物 - レトルトもやしが最大のポイント


内容物はレトルトもやし、粉末スープ、液体スープとなってます!
粉末スープが後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

6/8発売 でかまる がっつり豚骨醤油(できあがり)

がつ盛りってほどではないものの、二郎系らしい雰囲気はありますね!

◎スープ - 二郎系らしさはあるが意外と食べやすい


まずはスープですが・・・うん、やはり二郎系を指向してはいますね!(●・ω・)

豚骨醤油をベースににんにくを強く効かせることで刺激を加えて、
油脂を多めに加えることでコクを出す、そうしたスタイルですね!

ただ二郎系というと、乳化感が比較的低い豚骨であることも多いですが、
こちらはもっとオーソドックスな豚骨醤油がベースとなっていますね!

もしにんにくが少なかったら、もっと素直な豚骨醤油だったでしょうし!

なので、二郎系とベーシックな豚骨醤油の中間的な味わいとも言えますね!
また魚介や鶏などのサポート的な旨味については特に加えられていません!

そのため非常に素直なタイプの豚骨醤油になっていると言えますね!

そして大きなポイントであるにんにくですが、たしかに強くはありますね!(*゚◇゚)

粉末スープを入れた段階でかなりにんにくがかなり香ってきますね!

ただ一方で麺を食べているときはそこまで強烈ではないのですよね!

これは麺の風味がにんにく感を多少なりともマスクしているのか、
あるいは二郎系としてはにんにくが優しいのか少し謎ではあります!

でもスープだけを単独で飲むとかなり強烈なにんにくではあります!

もしもっと強烈さが欲しい場合は自分でにんにくを足してもいいでしょう!
二郎系らしさを楽しむなら、もっとパンチがあっても良さそうですしね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、豚脂、植物油、ポークエキス、香辛料、
でん粉、たん白加水分解物、食塩、ねぎ、砂糖となっています!

非常にシンプルな豚骨醤油スープと言っていいでしょうね!
豚系・醤油・にんにくなどの香辛料でまとめられています!

◎麺 - 平打ちタイプの油揚げ麺


麺は平打ちタイプであまり厚みのない油揚げ麺となってます!

厚みがない中華麺なので食感はスパッと切れるような感じで、
もちもち感とかプリプリ感は希薄と言っていいでしょうね!

ましてや二郎系らしいわしわし感はほとんどないと言えます!(=゚ω゚)

もともと「でかまる」自体わしわし麺を使うことがまずないですが!

とはいえ、やっぱりこの麺は二郎系にはアンバランスな印象でしたね!

これなら「でかまる」シリーズがよく使う中太の丸麺のほうが、
このスープにはより合ったのではないかという気がしますね!

どうもこの平打ち麺は沖縄そばっぽさが強すぎるのですよね;

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の90gで、カロリーは571kcalとなっています!
脂質は29.0gで、かなり高めの数字となっていますね!

油脂も多めとなっていることが数字からよくわかります!

◎具材 - もやし&ひき肉はいい組み合わせ


具材はレトルトのもやし&にんじん、そしてひき肉ですね!
あとは粉末スープにごく細かいねぎが加えられています!

人参についてはほとんど存在感がなく、ほぼおまけですね!

ひき肉は東洋水産らしく、肉の風味も強く充実していますね!
東洋水産はひき肉具材でも他社よりも強みを見せますからね!

そして主役のもやしですが、レトルトなので食感がいいですね!(`・ω・´)

まさにシャキシャキとしていて、もやしらしい食べごたえがあります!
でもって、それほど水っぽさも感じさせないのはうれしいところです!

ただレトルトもやしなので、どうしても一定の酸味があります!
そのあたりが気になってしまう人も多少はいるでしょうね!

もちろん本物の二郎系に匹敵するような量ではないですが、
ワイルドなスープにもやしを絡めて食べるのはいいですね!

そういう点では十分に雰囲気を楽しむのに貢献してくれてます!

◎まとめ - さらににんにくが強いともっと面白かったかも


豚骨醤油ベースににんにくと強めの油脂はいかにも二郎系ながら、
麺と食べているときは意外と大人しく感じられたのですよね!

そこが「あれ、二郎系にしては優しいな」と思ったのですよね!

たしかにスープだけで飲めばにんにくもかなり攻めてましたが、
もっと強烈にしても良かったのではないかとも思いましたね!

お好みでチューブにんにくなどを加えてみても面白いでしょう!(゚x/)モギュギュニ

【関連記事】
でかまる がっつり豚骨醤油
でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン(2019年)
でかまる 泡立つ豚骨ラーメン
でかまる いきなり!焼そば
でかまる ねぎ塩豚
でかまる チーズタッカルビ風焼そば
でかまる 辛肉担々麺(2018年)
でかまる RED 旨辛とんこつラーメン
でかまる RED 汁なし担々麺
でかまる 回鍋肉風旨辛味噌ラーメン
でかまる 生姜焼き風 甘辛醤油ラーメン
でかまる スタミナ旨辛醤油
でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
でかまる 辛担々ワンタン麺
でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン
でかまる BLACK 黒胡椒焼そば
でかまる 沖縄そば
でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン
でかまる 辛肉担担麺
でかまる メチャ盛り! コーン塩バター味ラーメン
でかまる 尾道ラーメン 背脂醤油
でかまる 白だし醤油ワンタン麺
でかまる 長崎チャンポン
でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン
でかまる 濃厚豚しおワンタン麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/19発売 麺屋 極鶏 鶏だく 極濃鶏白湯ラーメン

5/19発売の東洋水産「麺屋 極鶏 鶏だく 極濃鶏白湯ラーメン」を食べました!
京都の鶏白湯の有名店「極鶏」の再現カップ麺がファミマから登場しました!

5/19発売 麺屋 極鶏 鶏だく 極濃鶏白湯ラーメン

「極鶏」の再現カップ麺は過去にも何度か出て、ブログでも紹介してますね!
ただ過去の発売品はファミマ限定ではなく、一般発売だったのですよね!

それが今回ファミマ限定商品として再び登場したのですよね!(*゚ー゚)

ファミマ側から東洋水産にそのような声がかかったのですかね!

「極鶏」はとにかくドロドロとした鶏白湯スープなのですよね!
カップ麺バージョンでもそのあたりはかなり再現されています!

5/19発売 麺屋 極鶏 鶏だく 極濃鶏白湯ラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなってます!
このあたりは過去に発売された商品と特に変わりませんね!

5/19発売 麺屋 極鶏 鶏だく 極濃鶏白湯ラーメン(できあがり)

うん、見た目からしてもかなりドロドロなのが伝わりますね!

◎スープ - 極めて粘度が高く、鶏の風味も強い


まずはスープですが・・・非常に粘度の高い鶏白湯スープですね!(●・ω・)

ただ粘度そのものに関しては多分にギミックなものではありますね!

純粋にスープの濃度が高いことによって粘度が出てるというよりは、
粘度を高めるための素材を加えることでドロドロ感を出しています!

ただこのスープがいいのは、それに負けない鶏の風味がある点です!

カップ麺における鶏白湯としては最上級レベルの濃度と言えるでしょう!

濃厚系鶏白湯スープの持っている鶏のパンチがガンガン出てますし、
鶏白湯ならではのクセと濃度がしっかりと引き出されていますね!

サポートも少しだけ魚介が入るぐらいで、複合的な味わいではなく、
基本的にはかなり素直に鶏の風味を楽しめるようになってますね!

なので、鶏白湯スープとしての完成度はかなり高いと言えますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、豚脂、しょうゆ、ポークエキス、植物油、
砂糖、食塩、鶏脂、卵黄、香辛料、たん白加水分解物、魚介エキスです!

この原材料は第2弾にあたる2017年の商品と非常に似ています!
「かつおエキス」の表記が「魚介エキス」に変わっただけですね!

実はこの「極鶏」のカップ麺のスープは第1弾と第2弾商品で、
スープの組み立てがかなり違ったものになってるのですよね!

第1弾は豚は一切使わず、鶏と野菜によってスープを組み立て、
第2弾は野菜を使わず、豚の要素をサポート的に加えてます!

今回も基本的にはその第2弾のスープを踏襲していますね!(*゚◇゚)

自分としてはスープそのものは第1弾のほうが好きでしたが、
ただ今回は別の要素も絡んで全体的な完成度はかなり高いです!

◎麺 - 新世代麺になったことで全体の完成度がアップ


麺は最近の東洋水産がよく使う新世代型の油揚げ麺です!

形状は平打ちで、表面は少しやわらかい質感ではありながらも、
噛むとクニッとしたコシを感じさせるのが大きな特徴となってます!

今回の商品で最も進歩したのは間違いなくこの麺でしょうね!(`・ω・´)

それによってスープそのものは第2弾の流れにありながらも、
第2弾商品のときよりも全体の印象は大きく上がっています!

以前はいかにも昔の「本気盛」ぽい麺が採用されていたので、
どうしても麺の香りがスープを侵食してしまってたのですよね;

しかし今回はそれがないので、スープの良さがダイレクトに伝わり、
これが全体としての完成度を大きく引き上げてくれていましたね!

◎麺量と栄養成分


麺量は多めの80gで、カロリーは486kcalとなっています!
脂質は23.1gで、ちょっと高めといったところでしょうかね!

◎具材 - いかにも東洋水産らしい構成


具材は味付豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせです!

ねぎはごく普通の乾燥ねぎで、それほど存在感はないですね!
薬味ではあるのですが、スープが濃厚すぎて目立ってません!笑

メンマは東洋水産らしい絶妙なコリコリ感を感じさせるものです!
量も多く、やはり東洋水産のメンマは安定感を感じさせますね!

豚肉はいつもに比べると、ちょっと存在感が下がってましたね!(=゚ω゚)

普段よりはやや薄めで、量がいくぶん少なめに感じたのですよね!
ただどうもこれについては商品に個体差のようではあります!

ちょっと肉具材が少なめのものをつかんでしまったのでしょう!

◎まとめ - 麺の進化で全体の完成度が向上


スープそのものはおおむね第2弾を踏襲している感じでしたが、
麺の改良でスープが邪魔されてしまうということがなくなり、
それによって全体の完成度がグッと上がった感じがしますね!

自分としてはスープだけに関しては第1弾が最も好きだったので、
今の麺と第1弾のときのスープで食べてみたい感じもしますね!

かなりどっしりとした鶏の濃厚さを感じさせる仕上がりでした!(゚x/)モキニューヌ

【関連記事】
麺屋 極鶏 鶏だく 極濃鶏白湯ラーメン
麺屋 極鶏 赤だく
麺屋 極鶏 鶏だく(2017年)
麺屋 極鶏 鶏だく(2016年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/1発売 2019-20 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 すぎ本 塩ラーメン

6/1発売の東洋水産
「2019-20 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 すぎ本 塩ラーメン」
を食べました!

今年もTRY(Tokyo Ramen of the Year)とのコラボ商品が始まりました!

6/1発売 2019-20 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 すぎ本 塩ラーメン

このTRYは非常に多くの部門があるのですが、今回は「しお」が選ばれました!
「しお部門」の1位がカップ麺化されるのは2015年以来とかなりひさしぶりです!

自分は塩ラーメンが好きなので、これには期待したいところですね!

最近は東洋水産の縦型カップは全体的に完成度が上がってますからね!(*゚ー゚)

6/1発売 2019-20 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 すぎ本 塩ラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの調味油付き


内容物はフタに貼り付けられた調味油となっています!
このあたりの構成はごく普通な感じではありますね!

6/1発売 2019-20 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 すぎ本 塩ラーメン(できあがり)

うん、いかにも東洋水産の縦型カップらしい仕上がりですね!

◎スープ - 鶏を中心とした複合的スープに玉ねぎの香味


まずはスープですが・・・鶏ベースながらも複合的な旨味を感じますね!(●・ω・)

調味油を入れない段階だと、非常に素直な複合系スープという感じです!

鶏がしっかりベースを支えながら、魚介や昆布などが重なっていく、
そこにほんのりとフライドオニオンの風味がするのも特徴ですね!

インパクトはないけど、すごく丁寧に作られたスープなのが伝わります!

そして調味油を加えると・・・一気に全体のインパクトが高まります!(*゚◇゚)

この調味油の中で最も主役になっているのは鶏油ですね!

なので、これが加わることでバランス型複合スープだった味わいが、
グッと鶏主体のスープへと近づくという効果を見せてくれますね!

ただ一方で鶏以外の要素もけっこう高まってくるのですよね!

それが何だろうと思っていたら、どうも玉ねぎ系の香味油ですね!

香味油っぽい風味が強いなと思っていたら、焦がし玉ねぎぽさがあり、
具材のフライドオニオンと合わさって、香味が強く主張してきます!

このあたりにこのラーメンの持つ複合系らしさが感じられますね!

関西で言うと、ちょっと「塩元帥」的な雰囲気も感じるところです!
香味油でガツンとワイルドに仕立てる複合系塩ラーメンですからね!

スープそのものは優しいんだけど、オイルの主張が強いのですよね!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、鶏脂、食塩、ポークエキス、植物油、魚介エキス、
砂糖、香味油脂、豚脂、フライドオニオン、粉末野菜、たん白加水分解物、
チキン風味パウダー、しいたけエキス、香辛料、こんぶエキスとなっています!

鶏と鶏油を中心に魚介や和風だし、オニオン系や香味油が加わる感じですね!
この中でも特にオニオン系が大きなアクセントとして機能していましたね!

◎麺 - 東洋水産らしい新世代麺


麺は東洋水産の縦型カップ麺らしい新世代麺となっています!

平打ち気味で、しなやかな食感を見せる今の東洋水産の得意の麺です!

表面は比較的やわらかながら、噛むとしっかりとしたコシを見せる、
この絶妙な食感のバランスがこの麺の大きな魅力となっていますね!

そして油揚げ麺臭が少ないので、スープをあまり邪魔しません!(=゚ω゚)

もちろん塩系スープとの相性という点でも申し分ないですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは433kcalとなっています!
脂質は21.6gで、これはかなり高めの数字と言えるでしょう!

◎具材 - 東洋水産の得意の具材がそろう


具材は味付豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせです!

ねぎは普通の乾燥ねぎで量も少なく、存在感は薄かったですね!

そしてメンマは量も多く、かなりの食べごたえがありましたね!

東洋水産のメンマってクオリティがかなり安定してるのですよね!

コリコリ感もほどよく、大きさもちょうどいいですからね!
やはり東洋水産は具材に強いなと再確認させてくれますね!

そして豚肉は東洋水産が得意とするリアル系具材となってます!(`・ω・´)

量はほどほどですが、その質に関してはいつもどおり高いですね!
リアルな肉質と味付けの程よさ、このあたりは見事だと思います!

◎まとめ - インパクトは弱いが総合力は高い


何か強烈なインパクトのあるスープというわけではないのですが、
オイルなしでも鶏を中心に魚介や和風だしが上手く絡んでいて、
オイルが入ると鶏と香味油の2つが軸になるなど構成は面白く、
1つのバランス型かつワイルド感のある塩スープになってましたね!

ちょっとオイリーで香味の効いた塩ラーメンを求めるにはいいでしょう!(゚x/)モキーシ

【関連記事】
TRY関連カップ麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/18発売 QTTA裏 シーフードクリーム味

5/18発売の東洋水産「QTTA裏 シーフードクリーム味」を食べました!
「QTTA」の裏メニューである「QTTA裏」からの第2弾商品です!

5/18発売 QTTA裏 シーフードクリーム味

今回はレギュラーである「SEAFOODラーメン」の裏バージョンですね!
「SEAFOOD」味をベースに、クリーム感を加えたものとなっています!

前回の「しょうゆ」に関しては「焦がし」で変化をつけたのに対し、
今回は「クリーム」によって変化を出すという手法を採ってきました!

カップ麺のシーフード系はもともと乳製品を加えることが多いですよね!

「QTTA」もそうなのですが、そのレギュラー商品が持つ乳製品要素を
さらに高めたというのが今回の商品の位置付けと言っていいでしょうね!(*゚ー゚)

ただこの手法については「カップヌードル」でも使われていますよね!
ミルクシーフードヌードル」という商品が毎年発売されていますし!

5/18発売 QTTA裏 シーフードクリーム味(できあがり)

今回はちょっとミスで、お湯を入れる前の内容物の写真を撮り忘れました;
とはいえ、この商品は小袋などは特に入っていないので問題はないのですが!

◎スープ - 従来の味から乳製品感をより高めた風味


まずはスープですが・・・うん、たしかにシーフード+クリームですね!(●・ω・)

シンプルに言うと、いつもの「QTTA シーフード」をベースにしつつ、
全体のバランスを乳製品方向に寄せたような感じになっていますね!

なので全体の組み立ては近いものの、味のバランスは大きく異なる、
「焦がししょうゆ」のようなアクセント路線とはちょっと違いますね!

ただこれがバランス的にどうかと言われると少々迷うのですよね;

方向性としてはカップヌードルの「ミルクシーフード」に近いながら、
「ミルクシーフード」はただ「シーフード」の乳製品を強めるのでなく、
実際に牛乳を注いだような目新しさが込められてるのですよね!

なので、「シーフードヌードル」そのものとはちょっと異なる魅力、
異なるベクトルからの個性の引き上げというのがあるのですよね!

それに対してこちらは何か新しい要素が入ったような感じがなくて、
「従来もともと持っている乳製品要素を強めた」という感じのため、
「あれ、なんかバランスが違う」という印象で終わるのですよね!

せっかく裏メニューを作るなら、どこか異素材感が欲しいのですが、
それがないというのがちょっともったいなく感じるところですかね!(*゚◇゚)

しかも乳製品がバランス的に強くなるとその分だけシーフードがマスクされ、
せっかくのシーフードヌードル的な良さが少し隠れてしまうのですよね!

そのあたりも何だか求めているものと違う感じはしてしまいましたね!

かといってあまりミルキーにするとカップヌードルと路線がかぶるので、
ここは逆にシーフードを強める路線のほうが良かった気もしますね!

もともと「QTTA シーフード」は動物系+海鮮+乳製品となってますが、
これをシーフード一色にしてしまっても良かったように思いますね!

そのほうがより個性的な一杯になったのではという印象は残りましたね!

◎スープの原材料


スープの原材料は乳等を主要原料とする食品、粉末野菜、粉末油脂、砂糖、
ポークエキス、魚介エキス、チキンエキス、食塩、香辛料、たん白加水分解物です!

ここで従来の「QTTA SEAFOODラーメン」と原材料を比較してみましょう!

[QTTA SEAFOODラーメン]


粉末野菜、ポークエキス、魚介エキス、砂糖、乳等を主要原料とする食品、
チキンエキス、食塩、香辛料、たん白加水分解物、魚醤(魚介類)

こうして見ると順番は異なるものの、構成要素は似てるのですよね!
粉末野菜、ポーク、チキン、魚介、乳製品などは共通していますし!

やはり従来の商品のバランスを変更したものと解釈していいでしょう!

◎麺 - 「QTTA」らしい香ばしいラード練り込み麺


麺はレギュラー商品と同じく中ぐらいの太さの油揚げ麺となってます!

「QTTA」の麺の最大の特徴は縦型カップ麺らしいスナック感を残しつつ、
そこに次世代的な感覚を持たせることを両立しているところですね!(=゚ω゚)

ラードの風味によるスナック感によって縦型カップらしい雰囲気を出しつつ、
ちょっと歯切れの良さとコシを高めることで新しい感覚も持ってるのですよね!

このあたりはカップヌードルの素朴な麺と上手く差別化をはかれていますね!

ただそこそこ主張があるので、やや麺勝ちになってしまうときもありますが!

◎麺量と栄養成分


麺の量はいつもの66gで、カロリーは353kcalとなってます!
脂質は13.9gで、別にそれほど高い数字ではありませんね!

ただ従来の「SEAFOOD」に比べると少しだけ高くはなってます!

◎具材 - シーフード系としての充実度は十分


具材は卵、イカ、かに風かまぼこ、ねぎという組み合わせです!
従来の「SEAFOOD」から貝柱風かまぼこを抜いた構成となってます!

貝柱風かまぼこが外されているのは残念なところはありますが、
このあたりはスープのコストの関係もあるのでやむなしでしょう!

残りの具材だけでも十分にシーフード系らしさは出ていますしね!(`・ω・´)

卵はいかにも縦型カップ麺的な具材でややふんわりとしたおいしさ、
ねぎに関してはごく普通の薬味といった感じのものとなっています!

かに風かまぼこは日清のようなギュッとした質感のものではなく、
ふわっとしていてスープをよく吸うタイプのものとなっています!

イカは厚みもあり、海鮮具材らしいいい風味を立ててくれますね!
今回の具材の中では最も主役の位置付けにふさわしいと言えます!

◎まとめ - 裏メニューとしてもバランスとしてもやや弱いか


シーフード+ミルク的なアイデアはカップヌードルがすでに実践していて、
しかも単にいつもの味のバランスを変えただけのような仕上がりであったり、
個性と調和の高さという点についてやや疑問が残るところはありましたね;

自分としてはかつて東洋水産の「ホットヌードル」の「はましお」が好きで、
東洋水産が徹底的に海鮮路線を突き詰めた味わいが好きだったこともあり、
あえて裏を作るなら、むしろその路線で来てほしかった感じはしましたね!

いつもの「QTTA SEAFOOD」の味わいを乳製品路線に寄せた内容でした!(゚x/)モニヌー

【関連記事】
QTTA裏 シーフードクリーム味
QTTA裏 焦がししょうゆ味
QTTA EXTRA HOT チーズ味
QTTA たらこバタークリーム味
QTTA とんこつしょうゆ味
QTTA トマトチーズくりーむ味
QTTA ガーリック&ペッパー味
QTTA 明太チーズ味
QTTA スパイスカレー味
QTTA EXTRA HOTラーメン
QTTA わさび&ビーフ味
QTTA フライドチキン味
QTTA ハンバーガー味
QTTA TOMATO CREAM
QTTA スパイシーコンソメ味
QTTA メキシカンタコス味
QTTA CURRYラーメン
QTTA サワークリームオニオン味
QTTA バーベキューチキン味
QTTA TONKOTSUラーメン
QTTA SHO-YUラーメン
QTTA SEAFOODラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/18発売 マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん

5/18発売の東洋水産「もっと赤いたぬき天うどん」を食べました!
昨年同様の「赤いきつね」と「緑のたぬき」の食べ比べ企画からの商品です!

5/18発売 マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん

昨年も「赤いきつね」と「緑のたぬき」の2商品による人気投票が行われて、
そこで「赤いきつね」が勝って「赤いたぬき」なる商品が出たのですよね!

そして今年もまたそれとほぼ同様の企画が行われたみたいですね!(*゚ー゚)

ただ今回は総票数ではなく、都道府県別での対決となってみたいです!

総票数では「赤いきつね 36680票 55%」と「緑のたぬき 30301票 45%」と、
ほぼ10ポイント差ぐらいで、昨年とほぼ同じぐらいの結果にはなったのですが、
都道府県別では「赤いきつね 45都道府県」と「緑のたぬき 2県」と大差でした;

これは小選挙区的な争いをすると大差になりがちなのが影響してるのと、
もう1つは両者の人気の差にそれほど地域差がなかったためでしょうね!

どこの地域でもおおむね10ポイントぐらいの差がついていたのでしょう!
実際の総票数の上位4県はどこもきれいに10ポイントの差になってましたし!

さて、今年の「赤いたぬき」は昨年とはちょっと仕様が変わっています!

まず昨年は東西でつゆの味を変えるという方式を採っていましたが、
今年は全国で同じ味で販売するという方針に変わったみたいですね!

そして今年は天ぷらとかまぼこが赤くなったという変更点があります!
特に天ぷらのほうは今年は紅生姜が練り込まれているようですね!

5/18発売 マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん(内容物)

◎内容物 - いつもの「赤いきつね」と特に変わらず


内容物は粉末スープとスパイスがくっついた1袋となってます!
スパイスとありますが、もちろん七味唐辛子のことを指してます!

5/18発売 マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん(できあがり)

やはり赤い天ぷらと赤いかまぼこはなかなかインパクトがありますね!

◎スープ - 「赤いきつね」の西日本版とほぼ同じ


まずはスープですが・・・うん、西日本風の「赤いきつね」とほぼ同じです!(●・ω・)

あるいは昨年の「赤いたぬき 西」を踏襲してると言っていいでしょう!

今回あえて関東風ではなく関西風のつゆの味を意識して作ったのは、
もしかすると天ぷらに紅生姜が入っているからかもしれないですね!

関西では紅生姜の天ぷらがけっこうポピュラーだったりするので、
その点から関西風のほうが相性がいいと判断したのかもしれません!

関西風のつゆと言えば、まず醤油の主張が控えめの淡口基調で、
なおかつ昆布だしが強めに効いているというのが特徴ですね!

これはライバルの「どん兵衛」と比べても顕著なのですよね!

つゆの色が「どん兵衛」の関西風と比べても色が淡いですしね!

そして魚介についてはかつお、煮干、さばのミックスとなってます!(*゚◇゚)

西日本は関西も讃岐うどんも淡口メインである点は共通してますが、
讃岐は煮干が強く、関西は煮干よりもかつお寄りではあるのですよね!

魚介だしとしてのパンチの強さは煮干>さば>かつおという感じですが、
それらをミックスしていることで味わいのバランスは非常にいいです!

また西日本のうどんつゆの味わいの平均的なラインとも言えそうですね!

小難しく言わなくても「いつもの西風の赤いきつねの味」でいいのですが!

◎スープの原材料


スープの原材料は食塩、砂糖、しょうゆ、粉末かつおぶし、粉末こんぶ、
粉末煮干し、香辛料、たん白加水分解物、ねぎ、粉末さばぶし、植物油です!

原材料の構成そのものは「赤いきつね」の西向けとほぼ同じなのですが、
なぜかこの商品だけ「魚介エキス」と書かず魚介の内訳が示されてます!

この商品だけ特別にそのように記載したというふうにも考えられますが、
今後他の商品もこの表記に改められていくのかもしれないですね!

◎麺 - いつもの「赤いきつね」の麺


麺はいつもの「赤いきつね」らしい油揚げ麺とのうどんです!

ライバルの「どん兵衛」が厚みとストレート感をアピールするのに対し、
こちらはもうちょっと素朴な油揚げ麺という印象が強くありますね!

縮れも多少はありますし、そこまで厚みがあるわけでもないですからね!

それでもこちらの麺も昔に比べるとずいぶん良くなっていますよね!(=゚ω゚)

何と言っても今の「赤いきつね」の麺はなめらかさが秀逸ですよね!
これが「どん兵衛」とはまた違った魅力を打ち出してくれてますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は74gで、カロリーは479calとなっています!
脂質は23.9gで、これはけっこう高めの数字と言えますね!

具材に天ぷらが採用されているからではあるでしょうけども!

特筆すべきは麺量が74gと多めに設定されている点ですね!

限定系のカップうどんはしばしば66gという麺量になるのですが、
この商品は従来の「赤いきつね」と同じく74gとされています!

このあたりはこの商品の隠れたポイントと言っていいでしょう!

◎具材 - 紅生姜入り天ぷらは何気に秀作


具材は紅生姜入り小海老天ぷら、油揚げ、卵、かまぼこです!
粉末スープに入っているねぎも一応は具材と言えますかね!

卵はいつもの「赤いきつね」に入っているものと同じでしょう!
何だかちょっと変わったふわふわ感があるのが特徴なのですよね!

かまぼこは赤いですが、特に紅生姜が入ってるわけではなさそうです!
原材料を見るにおそらくはベニコウジ色素とアカダイコン色素ですかね!

なので見た目は派手ですが、味についてはいつものかまぼこですね!

油揚げはいつもの「赤いきつね」の揚げを刻んだものですね!
なので、いい味付けがほどこされていて安心できる味わいです!

天ぷらだけでなく、刻み揚げが入っているのはうれしいですね!

そして今回の主役となっているのが紅生姜入りの天ぷらです!(`・ω・´)

これは決して「紅生姜のみを練り込んだ天ぷら」ではなくて、
従来の「小海老入り天ぷら」に紅生姜を練り込んだものですね!

ここまで赤いのは多少なりとも色素も使っているでしょうけども!

紅生姜の風味についてはけっこうはっきりと感じ取ることができます!
食べた瞬間にふわっと紅生姜の清涼感が広がってくれますからね!

紅生姜と天ぷらは相性が良く、またうどんつゆにもよく合うので、
見た目の派手さだけでなく、機能性もかなり高いと言えるでしょう!

前回の「赤いたぬき」はその商品だけの要素はとくになかったですが、
こちらはこの紅生姜入り天ぷらだけのために買う価値もありますね!

◎まとめ - バランスは秀逸で、紅生姜入り天ぷらも楽しい


ベースが「赤いきつね」なので、味わいについては間違いないですし、
そこに今年は新要素も入ったことでより楽しめるようになりましたね!

この紅生姜入り天ぷらは今回だけで終わるにはもったいないかもですね!
赤いかまぼこについては今回以外に使い道はなさそうな気もしますが!笑

お祭り的な商品でもありますし「赤いきつね」好きの人にはいいでしょう!(゚x/)モキシュン

【関連記事】
マルちゃん もっと赤いたぬき天うどん
マルちゃん 汁なし牛すきうどん
マルちゃん 汁なしカレーそば
マルちゃん 汁なしラー油肉そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン(2019年)
マルちゃん 山椒が香る塩そば
マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば
マルちゃん 赤いたぬき天うどん 西
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/30発売 本気盛 黒マー油鶏白湯

3/30発売の東洋水産「本気盛 黒マー油鶏白湯」を食べました!
がっつり系を指向した「本気盛」シリーズからの新作になります!

3/30発売 本気盛 黒マー油鶏白湯

「本気盛」は前回の「黒マー油濃厚みそ」についてマー油系で来ましたね!
ちょっとマー油路線を開拓してみようという狙いがあるのでしょうかね!

マー油というと、どうしても豚骨ラーメンというイメージが強いので、
それ以外のラーメンにも幅を広げるという意図があるのかもですね!

ただ前回の「黒マー油濃厚みそ」は少々ミスマッチでもありましたが!(=゚ω゚)

マー油と鶏白湯についても合わされることがほとんどないだけに、
いったいどのようなコンビネーションを見せるのかは気になります!

3/30発売 本気盛 黒マー油鶏白湯(内容物)

◎内容物 - ポイントとなる後入れマー油付き


内容物はフタに貼り付けられた特製油(マー油)となっています!
主役なだけあってマー油の量はそこそこ多めになっていますね!

3/30発売 本気盛 黒マー油鶏白湯(できあがり)

なんだかメンマがずいぶんと多く入ってるのが目につきますね!

◎スープ - 胡椒と魚介が効いた鶏白湯にマー油がコクをプラス


まずはベースのスープですが・・・比較的飲みやすい鶏白湯ですね!(●・ω・)

どっしり系というほどではなく、ほどほどな濃度の鶏白湯という感じで、
ライトでもヘヴィでもなく、バランス型を意識していると言えるでしょう!

そうしたバランス型の特徴は魚介の旨味を重ねてることとも通じます!

鶏の旨味でガンガン攻めるというよりは、鶏のコクを下支えとしつつ、
魚介で旨みを整えているあたりからも感じ取ることができますね!

そしてもう一つ特徴となっているのが、意外と強めの胡椒ですね!

これはフタを開けたときからちょっと不思議に感じたのですよね!
粉末スープの段階から、胡椒の香りがけっこう強かったですので!

鶏白湯に強めの胡椒を合わせるってなかなか珍しいですからね!

こうした要素を重ねることでやや変化球的な鶏白湯に仕上げて、
黒マー油との相性が良くなるように調えた可能性がありますね!

そして黒マー油を入れると・・・お、違和感は全然ないですね!(*゚◇゚)

やっぱり黒マー油は豚骨と同様に白湯系と合うのかもですね!

東洋水産のマー油は焦がしにんにくの細かい粒が多く入って、
その特有の苦みもほんのりとでありながら感じさせるのですよね!

そして今回のマー油は香り以上にコクで全体に貢献してましたね!

ちょっとベースの鶏白湯がコクという点ではやや軽めだったので、
このマー油の油脂感によって足りない部分が補われていました!

また焦がしにんにくの風味と鶏白湯の相性に不安もあったのですが、
胡椒などの効果もあってか、両者はなかなか上手く交わってました!

「いかにも黒マー油」的なパンチはそこまで強くはなかったものの、
鶏白湯とマー油をまとめあげるという点ではいい仕事をしてましたね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、チキンエキス、香味油脂、砂糖、食塩、
植物油、たん白加水分解物、香辛料、酵母エキス、かつおエキスです!

これ何気にポイントになっているのは豚脂が多く入ってる点でしょうね!

この豚脂はおそらく粉末スープだけでなく調味油にも入っているはずで、
後入れオイルは豚脂とマー油のミックス的なものだったと言えそうです!

豚脂が入ればその分だけ豚骨ラーメンぽい雰囲気も加わるわけで、
これが鶏白湯とマー油のつなぎ役をしていた可能性がありますね!

やっぱり豚系が入ってくるとマー油の存在感が映えますからね!

◎麺 - 新世代感のある本気盛流がっしり麺


麺はこのところ新たに進化したタイプの本気盛麺となってます!

本気盛麺というと、もともとは非常に無骨な麺だったのですよね!

厚みがあって平打ち気味でがっしり、油揚げ麺臭も非常に強く、
とにもかくにも「暴れ麺」という印象を強く持っていました!

一方で2年前ぐらいから使われている東洋水産の新世代麺は、
しっとりとしていて、しなやかなコシと食感がポイントとなる、
がっしり感よりもなめらかなおいしさが意識されています!

この両者の特徴を上手くミックスしたのが今の「新世代本気盛麺」です!(`・ω・´)

新世代麺の油揚げ麺臭の少なさと、なめらかな質感を受け継ぎつつ、
食べるとしなやかでありながら本気盛らしいがっしり感も感じさせる、
新世代麺をそのまま「本気盛」に採用するというスタイルではなく、
「本気盛麺を新世代型に進化させる」という姿勢が見えてきます!

これによって「本気盛」もさらに数段階レベルが上がりましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの80gで、カロリーは513kcalとなっています!
脂質は27.3gで、やはりけっこう多めの数字となっていますね!

◎具材 - 主役級の具材はないが整ってはいる


具材は鶏ひき肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

この中で一応の主役となっているのは鶏ひき肉でしょうかね!(*゚ー゚)

非常に粒の小さいひき肉をちょっと多めに取り入れた感じですね!
鶏の風味はそこそこありますが、小さいので食べごたえは控えめです!

それでも全体の鶏感を引き上げるという点では貢献していますね!

メンマはなかなかリアル感があり、コリコリ感も非常に強いです!
しかもいやに量が多かったので、食べごたえは抜群でしたね!

ただこの量の多さは個体差で当たりをつかんだのだとは思いますが!
ときどき特定の具材が多い個体というのがあったりしますからね!

ねぎはリアル系で、全体に上品に香味を加えてくれてましたね!

◎まとめ - これも鶏白湯の1つのスタイル


鶏白湯とマー油がどのように交わるのか不安もありましたが、
胡椒や魚介でまとめた鶏白湯はマー油との相性も良くて、
またオイルに含まれる豚脂も上手く橋渡しをしてましたね!

なので、実際には「マー油鶏豚白湯」と言ってもいいかもですね!

魚介の旨味も加えて、複合的ながらもバランスのいい一杯でした!(゚x/)モギニース

【関連記事】
本気盛 黒マー油鶏白湯
本気盛 黒マー油濃厚みそ
本気盛 背脂とんこつ
本気盛 ピリ辛ねぎ味噌
本気盛 ラー油肉そば(2018年)
本気盛 辛コク醤油
本気盛 濃厚豚骨魚介
本気盛 ごま香るキムチ担々麺
本気盛 海鮮チゲ味
本気盛 背脂みそ
本気盛 肉南ばんそば
本気盛 台湾ラーメン
本気盛 鶏ポタ
本気盛 キムチ豚骨
本気盛 背脂醤油チャーシュー麺
本気盛 塩担々麺
本気盛 スープが辛いねぎラーメン
本気盛 ラー油肉そば
本気盛 辛赤味噌とんこつ
本気盛 辛赤ねぎ豚骨
本気盛 極しお豚骨

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/30発売 鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)

3/30発売の東洋水産「鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん」を食べました!
イオンやミニストップなど、イオン系列のみで販売されている商品です!

3/30発売 鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)

今回はドラッグストアの「ウエルシア」にあったので購入しました!
イオンは近くにないので「ウエルシア」に流れてくると助かりますね!

横浜の有名店である「鶏喰 ~TRICK~」は過去にもカップ麺化されてますね!(*゚ー゚)

2016年にどんぶり型ノンフライとして、2015年には今回同様の縦型で出てます!

でも自分が知る限り2016年以降は商品化されたかどうか謎なのですよね!

でもって、過去の2商品はどちらもイオンではなくファミマ専売なのですよね!
なので、今回の商品でファミマからイオンへと販売が移ったことになります!

一方で作っているメーカーは今回も東洋水産と継承されているのですよね!

このあたりの変化についてはなかなか興味深いと言えそうですね!

3/30発売 鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
この構成については2015年版の縦型カップと同様ですね!

後入れ小袋は調味油ではなく、醤油成分なども入った液体スープです!

3/30発売 鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)(できあがり)

麺を形状を見るに、いかにも最近の東洋水産の新世代系縦型っぽですね!

◎スープ - まさに鶏一色! 実に純粋な鶏スープ


まずはスープですが・・・おおぉ、これは実に鶏の旨味が生きてます!

ここまで鶏をしっかりと打ち出したスープは珍しいぐらいですね!
ほぼ「鶏と水だけ」系に近いぐらいのスープと言っていいです!

特にこのスープが優れているのは「スープとしての鶏」が強いのですよね!

「鶏と水だけ」系をカップ麺で再現しようとするとだし感よりも、
鶏油のアピール度でカバーしようという方向性に向かいがちですが、
こちらは逆に鶏油よりも鶏スープの旨さがしっかりと主役になってます!

オイルに関しては鶏油メインという組み立てにはなっているのですが、
そこまで油脂感は強くなく「鶏油攻め」という印象は薄いのですよね!

一方で鶏のスープに関してはガンガンその鶏の旨味を立ててきます!(*゚◇゚)

この鶏一色の旨味に関してはカップ麺でも最高峰レベルと言えますね!
これだけ鶏の旨味を感じさせてくれると十分すぎるほど満足できます!

この商品は縦型カップ系の強みを上手く生かしてるとも言えますね!

本来はリアル感のある高級系スープはどんぶり型ノンフライ向きですが、
どんぶり型はスープ容量が多く、凝縮感が出しにくくもあるのですよね!

一方で縦型カップは油揚げ麺によるスープのマスク現象が起きがちながら、
お湯の量が少なくて済むのでスープをギュッと詰まった感じにしやすいです!

この商品はまさにそうした縦型カップならではの強みがはっきり出ていて、
鶏スープの持つ旨さをここにきちんと詰め込んでいる密度感がありますね!

昔だと油揚げ麺の質もあって、麺の香りが多少なりとも障害になりましたが、
麺の質が上がったことによって、そうしたネガティブさも消えたのですよね!

いろんな意味でカップ麺のレベルアップを感じさせてくれる仕上がりです!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、チキンエキス、鶏脂、砂糖、たん白加水分解物、
食塩、酵母エキス、こんぶエキスという組み合わせになっています!

この原材料を見ただけで、東洋水産の強みというのが見えてきますね!
動物系は鶏のみ、油脂も鶏のみ、付加的要素はあくまで昆布だけです!

東洋水産はこうした特化型のスープを作るのが非常に上手いのですよね!

シンプルな原材料で、その素材に特化した旨さをきちんと表現する、
いい意味で「これぞ東洋水産」と言わしめる力を感じさせてくれます!

◎麺 - 絶妙なコシが光る東洋水産の新世代麺


麺は最近の東洋水産の縦型らしい質の高い油揚げ麺となってます!
ほんとこの麺が開発されてから、東洋水産の縦型は飛躍してますね!

やや平打ち風の麺で、表面は比較的やさしいような雰囲気を見せながら、
噛むとほどよい押し返しとクニッとした絶妙の弾力を見せてくれる、
今の各社の縦型カップ麺の中でも最上位クラスに入る麺と言えます!

食感がいいうえに、油揚げ麺臭があまりしないのも大きな特徴です!

でもって、東洋水産はこの麺を出し惜しみしないのがいいですね!(`・ω・´)

けっこういろんなタイプの商品にこの新世代麺が使われていますし、
他の商品でもまた少し方向性の違った新世代麺があったりと、
縦型カップ麺全体の麺がどれも底上げされているのですよね!

そのおかげで東洋水産全体のブランド力が大きく上がってますよね!

2015年版からの最大の進化はこの麺と言っても過言ではないですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは426kcalとなっています!
脂質は19.3gで、そこそこ高めと言ったところですかね!

◎具材 - 鶏だんごを中心にダブル鶏具材が映える


具材は鶏だんご、鶏ひき肉、ねぎという組み合わせになっています!

まずは何と言ってもこの主役となっている鶏だんごでしょうね!(=゚ω゚)

東洋水産の鶏だんごはいろんなメーカーの中でもとりわけ質が高く、
食感、きめの細かさ、風味の良さ、そのどれを取っても高品質です!

しかも今回はスープも鶏一色ですから相性もまた文句がないですね!

そして鶏ひき肉は細かめで、そこまで強い風味ではないのですが、
それでも全体の鶏感をより押し上げる効果があるのはたしかです!

むしろそうした側面支援のための具材と言ってもいいでしょうね!

そういう点では脇役でありながらもいい活躍をしてる具材ですね!

ねぎもリアル系で、高級感のあるカップ麺に上手く合っていますね!

◎まとめ - 鶏の旨さを求めるなら間違いのない一杯


「縦型カップでここまで鶏を打ち出せるのか」という驚きもありつつ、
昨今の縦型カップ麺の進化をしっかりと感じさせてくれる一杯ですね!

1つの鶏一色系のカップ麺としてもかなり優秀な内容と言えますし、
鶏系カップ麺が好きなら迷わず手に取るだけの価値がありますね!

鶏系への注目が高まる今の時代に見事に符合した仕上がりでした!(゚x/)モキニヌッ

【関連記事】
鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油らーめん(2020年)
らーめん鶏喰~TRICK~監修 鶏の醤油らーめん
鶏喰 ~TRICK~ 鶏の醤油ラーメン(2015年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.