1/20発売 マルちゃん 汁なしラー油肉そば

1/20発売の東洋水産「汁なしラー油肉そば」を食べました!
東洋水産の和風麺シリーズから汁なし系商品の第2弾が出ました!

1/20発売 マルちゃん 汁なしラー油肉そば

ライバルである日清の「どん兵衛」が汁なし商品の展開に熱心ですが、
昨年あたりから東洋水産も負けじと汁なし商品を出してきましたね!

第1弾は夏向けに発売された「冷しぶっかけたぬきそば」でしたが、
今回は温かい汁なしということで、スタイルは大きく変わってます!

なので、「温汁なし和風麺」としては今回が第1弾とも言えますね!(*゚ー゚)

面白いのは「どん兵衛」の汁なしがどれもうどん商品なのに対して、
東洋水産はうどんではなく和そばの汁なし商品を作ってる点ですね!

なかなか上手い具合に棲み分けを狙っているというふうにも読めます!
まだ他のメーカーが手を付けていない分野のほうが広げやすいですしね!

1/20発売 マルちゃん 汁なしラー油肉そば(内容物)

◎内容物 - かやくと液体スープのシンプルな内容


内容物はかやくと液体スープというシンプルな構成となっています!
また具材のうち、かまぼこに関してはあらかじめカップに入ってます!

1/20発売 マルちゃん 汁なしラー油肉そば(できあがり)

汁なし向けに麺の幅が広くなっているのがはっきりとわかりますね!

◎タレ - 甘めの「ラー油肉蕎麦」路線は汁なしにピッタリ


まずはその味ですが・・・おぉ、これは汁なし蕎麦と抜群の相性ですね!(●・ω・)

「ラー油肉蕎麦」は今ではすっかり和そばの1ジャンルとして定着しましたが、
この味ってよく考えれば汁なしとかなり相性が良さそうなものでしたからね!

どうしても和そばって汁なしにするというアイデアがあまり出ないですが、
「ラー油肉蕎麦」に関してはすでに和そばとの相性の良さが証明されてて、
なおかつワイルド路線との相性がいい汁なしには非常に向いてるのですよね!

そこにきちんと着目したのがこの商品の大きな勝利と言えるでしょうね!

自分はどちらかというと「ラー油肉蕎麦」の味があまり得意ではないですが、
汁なしとしてはむしろ抜群で、申し分のない味わいと言える感じがしますね!

「ラー油肉蕎麦」というと、強い甘み、濃いめの醤油、そしてラー油の3つが鍵で、
この商品はその3つのポイントをそのままストレートに押さえてきた感があります!

汁あり商品だとここにあと一工夫加えないとちょっと個性が足りないですが、
汁なしだと「汁なしラー油蕎麦」という時点で明確な個性として成立するので、
あえてひねりを入れずに打ち出してきたというふうにも考えられますね!

汁なし和そばはカップ麺でもほとんど登場することがないですが、
ペヤング 和風焼き蕎麦」という名作が過去にあったのですよね!(*゚◇゚)

なので、和そばは決して汁なしと合わないということではなくて、
味次第では他の汁なし以上のパフォーマンスを見せるのですよね!

そのあたりは今後の汁なし商品でもぜひ追求していってほしいですね!

そしてこの商品の隠れた良さは、家で再現しても面白そうな点です!

味はシンプルで「甘めで濃いめの醤油+ラー油」とすればいいですし、
温かい和そばに絡めれば家でも十分に再現できる方向性ですからね!

「あ、こういう食べ方があるか」という発想を与えてくれる商品ですね!

◎タレの原材料


タレの原材料はしょうゆ、水あめ、香味油脂、発酵調味料、魚介エキス、
こんぶエキス、砂糖、しいたけエキスという組み合わせになっています!

醤油、ラー油(香味油脂)、砂糖によって「ラー油蕎麦」の個性を出しつつ、
魚介・昆布・椎茸によって和風だしとしての旨味も追求されていますね!

そして水あめは甘みと同時に、タレに軽いとろみをつける狙いもあるでしょう!
汁なし商品はしっかりと麺と絡んでくれる必要も求められますからね!

◎麺 - 幅広で食べごたえがあり、蕎麦らしい食感が楽しめる


麺は厚みをやや抑えた、幅の広いタイプの油揚げ麺の和そばです!(=゚ω゚)

「ペヤング 和風焼き蕎麦」は和そばにかんすいを加えることで、
中華麺に通じる強めのコシを出すという手法を採っていましたが、
こちらはそうしたことはなく、素直な和そばと言っていいでしょう!

ただ普通の和そばだと、どうしても麺の食感の主張が控えめになるので、
幅広の麺を起用することによって食べごたえを強めたことがうかがえます!

この麺を食べると、汁なしとしての和そばの可能性も広がってきますね!
「和そばは汁なしに向かない」というわけではないことが伝わります!

◎麺量と栄養成分


麺の量は69gで、カロリーは407kcalとなっています!
脂質は18.5gで、ほどほどの数字といったところですかね!

汁なし系商品としては麺量はかなり少ない部類にはなってしまいますが、
マルちゃんの和風麺シリーズとしては標準とほぼ変わらない麺量ですね!

◎具材 - 「ラー油肉蕎麦」としての最低限は押さえている


具材は味付豚肉、かまぼこ、ねぎという構成になっています!

豚肉は東洋水産が得意とするリアル系の豚肉が使われています!
ただいつもに比べるといくぶん肉の厚みが控えめな感じですね!

もしかすると厚みを抑えることで枚数を確保する狙いなのですかね!
重量管理のはずなので、そうすれば枚数を増やすことはできますしね!

「たっぷり入っている」とまでは言えないレベルの量ではありますが、
「肉蕎麦」を主張するうえで十分な内容と言えるぐらいは入ってます!(`・ω・´)

かまぼこは汁あり商品と同じような、ごく普通のタイプのものですね!

ねぎはややリアル系で、薬味としてだけでなく具材としても楽しめます!
全体的になんとか限られた量の中でクオリティを確保してきた感じです!

◎まとめ - ややこじんまりとしてるが方向性は良し


比較的価格帯の安い商品なので、豪華という内容ではないのですが、
「ラー油肉蕎麦は汁なしにも合う」ことを上手く証明してくれましたね!

またこの商品は自分なりのアレンジを加えてみても面白いでしょうね!

まずトッピングとしてごまと刻み海苔は確実に合うと言えますし、
ちょこっと山椒あたりをプラスしてみてもおいしいと思われます!

特に薬味系のアレンジはこの商品の可能性を広げてくれそうです!

「汁なし和そば」の可能性の大きさを感じさせてくれる一杯でした!(゚x/)モッキヌヌ

【関連記事】
マルちゃん 汁なしラー油肉そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン(2019年)
マルちゃん 山椒が香る塩そば
マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば
マルちゃん 赤いたぬき天うどん 西
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 汁なし黒マー油担々麺

1/13発売の東洋水産「マルちゃん 正麺 カップ 汁なし黒マー油担々麺」を食べました!
東洋水産の「マルちゃん正麺カップ」の汁なしからの新作が出ました!

1/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 汁なし黒マー油担々麺

昨年から「正麺カップ」は汁なし商品へとかなり力を入れてますね!

汁なしノンフライ麺市場でまだ十分に開拓しきれていないので、
とにかくそこを熱心に掘り起こしたいという意識が見えますね!(*゚◇゚)

自分は汁なし好きで、汁なしノンフライ系への期待も大きいので、
この最近の「正麺カップ汁なし」の動きは高く評価したいところです!

一方で今やノンフライカップ麺を代表する存在である「正麺カップ」なだけに、
もっと爆発的な完成度を誇る製品を作ってほしいという思いもあるのですよね!

どうも自分の中での「正麺カップ汁なし」はソースの完成度は高いのに、
麺のほぐれが少し悪いことが足を引っ張ってる印象が強いのですよね;

そこを克服すればそれだけで全体の完成度が一気に変わるのですけどもね!

1/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 汁なし黒マー油担々麺(内容物)

◎内容物 - 特製油の量が多く、大きな鍵になりそう


内容物はかやく、液体ソース、調味油という構成となっています!
この調味油がマー油メインで、これがポイントになるのでしょう!

1/13発売 マルちゃん 正麺 カップ 汁なし黒マー油担々麺(できあがり)

あら、思っていたよりもマー油の黒さが強くありませんね!
ほぼ透明なオイルに焦がしにんにくの粉末が入ってる感じです!

なので、オイルそのものに関しては別に大して黒くないですね!

◎タレ - 「汁なし担々麺」というよりは分類不能の新ジャンル


まずはその味ですが・・・むむ、これは明らかに今までに味わったことのない味です!(●・ω・)

調味油が入る前だと、たしかに「汁なし担々麺」の範疇ではあります!

ねりごまのまろやかさと味噌ベースの風味、そしてやや強めのオイルと、
そのあたりの「汁なし担々麺」としての特徴はきちんと押さえられてます!

ただ花椒はあまり強くなく、あくまで唐辛子のピリ辛に抑えてますね!

一方で調味油が入る前でもけっこうマー油の風味は強めになっています!

写真では調味油は上から回しかけただけで全体とまぜてないのですが、
それでもやや黒みがかってるのはソースにマー油が入ってるためです!

なので、この時点で「焦がしにんにく風味の強い汁なし担々麺」です!
この段階であればまだ「分類不能」というほど奇抜な印象ないです!

そこで調味油とまぜてみると・・・うん、何味かがけっこう謎になります!(=゚ω゚)

本来は汁なし担々麺にここまでマー油が加わるということはないですし、
そこまで焦がしにんにくの風味を効かせたりはしないですからね!

でもって、マー油の量が多く、全体をマー油の主張が覆うことになるので、
ベースの「汁なし担々麺」の持つ個性は明らかに薄れてくるのですよね!

なので、「下のほうではまろやかでピリリと刺激のあるまぜそばがあって、
そこにマー油によってアクセントがついた油そば風の雰囲気もある」という、
「汁なし担々麺風味がサブに回ったマー油そば」みたいになるのですよね!

言い換えると、これは「汁なし担々麺」にマー油を加えたというよりは、
汁なしと相性のいい「マー油油そば」と「汁なし担々麺」という2つのものを、
ミックスさせることで新たに作り出した汁なしそばと言っていいでしょう!

なので、この商品はあまり「汁なし担々麺」として期待しないほうがいいです!
「汁なし担々麺」とも油そばとも違う、第3の汁なしととらえたほうがいいです!

こんな説明をすると「よくわからない味なのか」と思われてしまいますが、
たしかに「分類不能」ぽさはあるものの、その完成度はすこぶる高いです!

正直なところ、これまでの「正麺カップ」の汁なしの中で最も気に入りましたし、
「これは新しい、面白い」と最後まで引き込まれながら食べることになりました!

先入観さえ変に持たなければ、これは間違いなく傑作の1つと言っていいです!

◎タレの原材料


タレと調味油の原材料は香味油脂、植物油、みそ、ねりごま、豚脂、糖類、ポークエキス、
しょうゆ、香辛料、たん白加水分解物、りんご酢、豆板醤、食塩となっています!

ベースを豚とねりごまで作り、味噌でまとめた汁なし担々麺をベースに、
大量の香味油脂(マー油)・植物油・豚脂によってまとめていますね!

◎麺 - これまでの「正麺カップ汁なし」の麺では最強かも


そして麺は「正麺カップ」らしいリアル感の高いノンフライ麺となってます!
ただ今回はこれまでの「正麺カップ汁なし」の麺と少し印象が違います!

自分は「正麺カップ汁なし」を食べるたびに麺のほぐれの問題を感じてましたが、
今回は非常にほぐれが良く、そうした問題を全く感じさせなかったのですよね!(`・ω・´)

また麺の食感も普段はみずみずしさとプリ感の2つが特に重視されてましたが、
今回はリアル感は高いながらも、そこまで極端な多加水感はなかったのですよね!

実際に麺の透明度がこれまでよりもいくぶん下がっているように感じましたし!

もともと担々麺ってやや加水を下げた麺を合わせることが多いので、
この商品向けにちょっと麺をアレンジした可能性もありますね!

ただ一方でこの「正麺カップ汁なし」シリーズの麺全体を見直して、
麺のほぐれという弱点を克服しにきたのかもしれないですね!

このあたりは今後の商品での麺についても吟味が必要そうですね!

いずれにしても今回はこれまでの「正麺カップ汁なし」の弱点が全くなく、
本来持っていた麺のポテンシャルを最大限に引き出していると言えますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは523kcalとなっています!
脂質は19.4gで、ノンフライ麺商品としてはそこそこ高めですかね!

◎具材 - ちょっと不思議な豚肉団子風具材


具材はチンゲン菜と豚肉団子という組み合わせになっています!

チンゲン菜に関しては汁なし担々麺を意識した内容と言えるでしょう!
この商品で素直に担々麺らしさを感じられる少ない要素のうちの1つです!

そして面白いのがやや大粒の豚肉団子が4つ入ってる点ですね!(*゚ー゚)

他社がこうしたミンチ風の具材を作ると謎肉ぽい感じになったり、
あるいはちょっとふわっとした質感に仕上げてくるものですが、
これはほんと豚肉ミンチをギュッと固めたような質感ですね!

そのため豚肉の風味をかなり濃厚に感じることができます!
この具材はなかなか新しい試みと言っていいかもしれません!

ここであえてそぼろ系具材を使わなかったのも意図的でしょうね!

もし担々麺らしさを強く意識するならここはそぼろ肉でしょうし、
そうしないことで「一味違う汁なし」をアピールしたのでしょうね!

実際にそうした雰囲気を高めるという点で大きく貢献してましたし!

◎まとめ - 「新種の汁なし」ととらえれば極めて優秀な一杯


「汁なし担々麺」を期待すると間違いなく肩透かしになってしまいますが、
その先入観さえ取り去ればこれは紛れもない優秀作と言っていいですね!

今年食べたカップ麺では自分の中でこれが暫定1位になってるほどです!
「正麺カップ汁なしが本気を出した」と思わせてくれる内容ですね!

「正麺カップ汁なし」が本当にブレイクするのは今年なのかもしれませんね!(゚x/)モギギヌヌッ

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

マルちゃん正麺 総合メニュー

「マルちゃん 正麺」シリーズの記事が増えてきたのでメニュー記事を作りました!
ブログ内にある「マルちゃん 正麺」の記事は全てここから飛ぶことができます!(●・ω・)

【通常版】


マルちゃん 正麺 カップ がっつり系豚骨醤油
マルちゃん 正麺 カップ 濃い煮干醤油
マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG
マルちゃん 正麺 カップ トリュフ香る鶏白湯
マルちゃん 正麺 カップ ゆず香る金色塩
マルちゃん 正麺 カップ うま辛野菜タンメン
マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 野菜ちゃんぽん
マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ こく野菜タンメン
マルちゃん 正麺 カップ 旨こく豚骨醤油
マルちゃん 正麺 カップ ごま辛担担麺 黒 & うま辛担担麺 赤
マルちゃん 正麺 カップ 黒マー油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 辛こく塩担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 旨みだし塩
マルちゃん 正麺 カップ うま辛担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 香味まろ味噌
マルちゃん 正麺 カップ 濃厚とろ豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 芳醇こく醤油

【汁なし】


マルちゃん 正麺 カップ 汁なし黒マー油担々麺
マルちゃん 正麺 カップ 濃厚魚介豚骨まぜそば
マルちゃん 正麺 カップ 油そば
マルちゃん 正麺 カップ 汁なし担々麺
マルちゃん 正麺 カップ 焼そば

【スープの極み】


マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚しお豚骨
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚味噌

【至高の一杯】


マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚担担麺

【袋版】


マルちゃん 正麺 豚骨味
マルちゃん 正麺 味噌味
マルちゃん 正麺 醤油味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/6発売 QTTA たらこバタークリーム味

1/6発売の東洋水産「QTTA たらこバタークリーム味」を食べました!
東洋水産の縦型の看板である「QTTA」から新作が登場しました!

1/6発売 QTTA たらこバタークリーム味

「たらこバタークリーム味」、以前にも似た商品がありましたね!
前に発売された「QTTA 明太チーズ味」を思い起こさせます!(*゚ー゚)

というか、明らかに「明太チーズ味」からの派生と言えるでしょうね!
たらこ系+乳製品という組み合わせは完全にそのままですからね!

ただこちらのほうがよりオーソドックスな指向性と言えそうですね!
「たらこバター」という組み合わせは非常によくありますからね!

どちらかと言えば、「明太チーズ」のほうが珍しいと言えますし!
明太チーズは何となくおつまみ的な味わいのようにも見えますね!

1/6発売 QTTA たらこバタークリーム味(内容物)

小袋などはなく、粉末スープがいやに多いのは「QTTA」らしいですね!
この写真を見る限りだと、具材もそれほど入ってないようですね!

1/6発売 QTTA たらこバタークリーム味(できあがり)

このところ具材が少なめの「QTTA」がちょくちょく出ていますね!
QTTA トマトチーズくりーむ味」の具の少なさを思い出させますね!

◎スープ - まさしく「たらこバター」らしいまろやかな風味


まずはスープですが・・・うん、これは紛うことなき「たらこバター」ですね!(●・ω・)

たらこの風味も強く、バター風味も強い、さらにクリーム感も強いなど、
「たらこバタークリーム味」という名前に負けないものを持っています!

それと同時に「QTTA」らしいスナック的な要素も強く感じさせますね!

パスタソースなどにある、生たらこ+バターといった風味とは違い、
「焼きたらこ風味ふりかけ」にバターを加えた感じに近いのですよね!

言い換えると、昔あった「Spa王」のたらこに似たタイプの味と言えます!

スナック感の演出という点では、こうしたたらこ風味のほうが合いますしね!

でもって、この風味であればポテトチップスなどにも応用が利きそうです!
そういえば不思議とたらこバター風味のポテチってあまり見ないですね!

これと同じ路線の味であれば、ポテチでも人気が出るように思いますが!

この商品で大きなポイントなのはバター風味がしっかりしてる点ですね!(`・ω・´)

バター風味をウリにしたカップ麺ってたくさん出てはいるのですが、
濃厚なバター感が感じられる商品って意外に少なかったりしますからね!

大抵の場合は「ほんのりとバターが香る」ぐらいにとどまってますし!

一方でこの商品は強いバター風味とクリーム感の濃厚さが合わさっていて、
たらこの鋭さを丸く包み込むように仕上げられているのがいいのですよね!

そしてこのまろやかさの演出に野菜の風味もけっこう貢献していますね!

「QTTA」の限定系商品って、じゃがいもなどのポタージュ的な要素が強く、
「野菜でつけたまろやかさととろみ」が大きな核になっているのですよね!

そうした要素は今回の商品に関してもかなり強く感じることができます!
そのおかげでシャバシャバ感は皆無で、ものすごく絡んできますからね!

◎スープの原材料


スープの原材料は乳等を主要原料とする食品、たらこ加工品、粉末野菜、
砂糖、食塩、でん粉、魚醤(魚介類)、粉末かつおぶしとなっています!

バターなどの乳製品、たらこ、野菜の3つが核になってるのがわかりますね!
そしてそこに魚介系の風味を加えて演出しているといったところですかね!

◎麺 - スナック系QTTAが得意とする幅広麺


麺はスナック系QTTAでよく使われる幅広タイプの油揚げ麺です!

「QTTA」の麺の特徴はスナック感と新世代的感覚の両立なのですよね!

縦型カップ麺はスタンダードである日清の「カップヌードル」を筆頭に、
スナック的な感覚を持った麺が求められるという傾向があるのですが、
一方でそうすると麺のリアル感は低くなってしまいがちなのですよね!

そこで「QTTA」はラードの練り込みなどを利用してスナック感を出しつつ、
同時にしっかりとしたコシを感じられる「新世代のスナック麺」なのですよね!

そうすることによって「カップヌードル」とはまた違った魅力が出てます!(*゚◇゚)

最初はそうしたスタイルがちょっと中途半端に見えたりもしましたが、
こうして見てみるとよく整えられたバランスであることがわかりますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は66gで、カロリーは341kcalとなっています!
脂質は13.0gで、濃厚さは高めな割に意外と低い数字ですね!

脂質ではなく、乳製品によってまろやかさを出してるのですね!

◎具材 - 極めて最小限だが物足りないわけでもない


具材は玉ねぎといんげんというシンプルな組み合わせとなってます!

こうして見ると、さすがにちょっとさみしいと言わざるをえませんが、
同時にスープとの調和を意識しているのも伝わってくるのですよね!(=゚ω゚)

おそらくこの商品はスープの風味をダイレクトに伝える狙いがあって、
全体の個性を変えるような具材をあえて外している感がありますね!

ねぎを外しているあたりからもそうした意図が見えてきますからね!
そこでかわりに洋風スープと相性のいい玉ねぎを使ってるのでしょう!

いんげんも今回のスープとぶつかるようなところが全くないですし、
スープとの一体感という点では考えられた具材ではありますね!

◎まとめ - スープ特化型だが「たらこバター」らしさは明確


具材はさみしく、完全にスープだけに特化したような商品ではありますが、
「たらこバター味」を楽しむという点では十分なものを感じられますね!

これまで汁なし商品でたらこバターを指向したものはいくつかありましたが、
汁あり商品でここまでのものを実現したのは高く評価していいでしょうね!

ラーメンとパスタの中間的な感覚も楽しむことができるような一杯でした!(゚x/)モキスン

【関連記事】
QTTA たらこバタークリーム味
QTTA とんこつしょうゆ味
QTTA トマトチーズくりーむ味
QTTA ガーリック&ペッパー味
QTTA 明太チーズ味
QTTA スパイスカレー味
QTTA EXTRA HOTラーメン
QTTA わさび&ビーフ味
QTTA フライドチキン味
QTTA ハンバーガー味
QTTA TOMATO CREAM
QTTA スパイシーコンソメ味
QTTA メキシカンタコス味
QTTA CURRYラーメン
QTTA サワークリームオニオン味
QTTA バーベキューチキン味
QTTA TONKOTSUラーメン
QTTA SHO-YUラーメン
QTTA SEAFOODラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/1発売 がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば

1/1発売の東洋水産「がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば」を食べました!
同時4品発売された「がんばれ!受験生」シリーズの1つとなります!

1/1発売 がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば

「がんばれ!受験生」シリーズの「俺の塩」は自分は好きなのですよね!

そもそも「俺の塩」シリーズが好きだということもあるのですが、
「俺の塩」って不思議と新作があまり登場しないのですよね!

新作といっても大抵がたらこ系の味の商品ばかりだったりしますし!(*゚ー゚)

なので、たらこ以外の味の「俺の塩」としてこの商品は貴重なのです!
レギュラーともたらことも違う、第3の味を提供してくれますからね!

今回は他の商品と同様に「丸鶏」をテーマとしたものとなっています!

1/1発売 がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば(内容物)

◎内容物 - 粉末ではなく液体ソース仕様


内容物はかやくと液体ソースという組み合わせになっています!
「俺の塩」は粉末ソースが多いですが、今回は液体のようです!

1/1発売 がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば(できあがり)

うん、限定系の「俺の塩」らしいビジュアルになっていますね!
とりあえず最低限のものをきちんとそろえている感じがします!

◎ソース - かなり素直でしっかりとした鶏塩味


まずはその味ですが・・・おっ、思っていた以上に素直な鶏風味です!(●・ω・)

方向性としては今回のシリーズの「うどん」に近いと言っていいですね!
清湯系の鶏スープで、なおかつ鶏をかなりしっかりと打ち出しています!

ただ「うどん」と違うのは、やはりこちらのほうがいくぶんワイルドです!

鶏系の汁なしってそこそこありますが、その中でも非常にストレートです!(=゚ω゚)

鶏系汁なしというと、昔ながらの中華そばを意識した味わいであったり、
どこか「ラーメンぽい」と感じさせるところがあったりするのですが、
この商品に関してはそうした要素はほとんど感じさせないのですよね!

ラーメンぽさを意識せずに、極めて素直に鶏の風味を打ち出している、
鶏スープと鶏油で鶏風味を固め、あとは植物油でワイルドさを出しつつ、
野菜と魚介によって旨味を補完するといったスタイルになっています!

鶏を打ち出す商品ってなかなか力強さを打ち出しにくいのですが、
この商品は汁なしながらもそうした問題をクリアしていますね!

鶏が強いと言っても「鶏と水だけ系」ほど極端なわけではなく、
「素直な鶏を中心に多少バランスを整えた」路線と言えますね!

そしてタレについては、塩と醤油のハイブリッドといったところです!

でもトータルとしては明らかに塩のほうに比重が置かれてますね!
塩だけでは足りない風味を軽く醤油で補っている形と言えます!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油、チキンエキス、砂糖、鶏脂、食塩、発酵調味料、
しょうゆ、野菜エキス、香辛料、酵母エキス、魚介エキスとなっています!

きちんと鶏を中心に組み立てていることが伝わってきますね!
でもって、ちょっと甘みを効かせているのもわかりますね!

◎麺 - いつもの「俺の塩」らしい1分湯戻し麺


麺は「俺の塩」シリーズでおなじみの1分湯戻しの細麺です!

間違いなく「俺の塩」を支えているのはこの麺と言えるでしょうね!
この麺を初めて食べたときは本当に感動したのをおぼえてますからね!(*゚◇゚)

「1分湯戻しなんて邪道な麺はおいしくないだろう」と思っていたら、
極細感といい、プリプリとした食感といい、実によくできてますからね!

そのクオリティの高さは今の時代になってもまだまだ現役と言えますね!

汁ありの場合は1分湯戻しだと、どうしてもすぐにのびてしまいますが、
そうならないというのが汁なし商品のいいところと言えますよね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは492kcalとなっています!
脂質は25.1gで、なかなか高めの数字となっていますね!

◎具材 - 肉そぼろがなかなか効果的


具材はキャベツと肉そぼろという組み合わせになっています!

肉そぼろはおそらく鶏がメインで、そこに豚を加えたものでしょう!(`・ω・´)

「俺の塩」って、不思議とこのそぼろ具材がよく合うのですよね!
特に限定系ではこのそぼろが起用されることが多かったりします!

全体にちょうどいい肉感を与えるうえで効果的な存在なのですよね!

キャベツはごくごく普通で、量はやや少なめといったところですかね!

◎まとめ - 素直な鶏塩焼そばとして完成度は高い


「うどん」と並んで、こちらもいい意味で鶏の素直さを楽しめましたね!
そのため、鶏を楽しむ焼そばとしてはクオリティは高かったと思います!

「麺づくり」は正直残念でしたが、「うどん」と「俺の塩」については、
丸鶏の持つポテンシャルをビシッと引き出してくれていましたね!

これは鶏系の風味が好きな人なら十分にオススメできる一杯ですね!(゚x/)モキヌール

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(俺の塩シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば
俺の塩 梅かつお味
俺の塩 濃厚たらこ味 大盛
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
俺の塩 たらこ味 アヒージョ風 大盛
俺の塩 トリュフ香る塩焼そば
俺の塩 たらこ味 ラー油仕立て 大盛
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
俺の塩 たらぺぺ味 大盛
俺の塩 辛口明太子味 大盛 からしマヨ付
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば
俺の塩 たらこ味 大盛 からしマヨ付
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば
俺の塩 & 私の塩 梅しお味焼そば
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば
俺の塩 南米BBQ風塩焼そば & 青い海の塩焼そば
俺の塩 たらこ味 大盛り
俺の塩 たらこバター味 大盛り
俺の塩 明太子味
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば
俺の塩 & 私の塩
俺の塩 AWAY編 豚骨ラーメン
俺の塩 HOME編 塩ラーメン
俺の塩 復刻版
俺の塩 うまみ塩焼そば
俺の塩 HOME編 うまみ塩焼そば
俺の塩 AWAY編 とんこつ塩焼そば
俺の塩 しょうが風味
俺の塩 たらこ味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/1発売 がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん

1/1発売の東洋水産「がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん」を食べました!
今年の「がんばれ!受験生」シリーズ4商品のうちの1つにあたります!

1/1発売 がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん

自分はどうも和風麺へはそれほどの期待が湧かないですよね;
昔は和風麺の商品は在庫化させてしまうことが多かったですし;

数年前からは紹介枠商品はできるだけ意識して食べるようにしてるので、
和風麺だからといってすぐ在庫化するということはなくなりましたが!

どうしても自分は汁なし系ばかり優先してしまう傾向がありますしね!

ただ和風麺もあっさり感を求めるときにはちょうどいいのですよね!(*゚◇゚)

今回は「丸鶏だし」ということで、斬新なスタイルが期待できますね!

1/1発売 がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん(内容物)

◎内容物 - スープは液体スープ方式


内容物はかやく、液体スープというシンプルな構成となっています!
かやくについてもそれほど量が多いようには見えないですね!

1/1発売 がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん(できあがり)

うん、具材はほどほどなものの、全体的に整ってはいますね!

◎スープ - 鶏の旨みがしっかりと出た深みのある丸鶏だし


まずはスープですが・・・おっ、これは見事に正攻法の鶏だしですね!(●・ω・)

ほんとに一言で「ストレートな丸鶏だし」と言っていいものですね!

鶏系なんだけど、鶏のワイルドさを前面に出しているというより、
丸鶏だしならではの優しさと深みがしっかりと感じられますね!

何と言ってもクリアな印象を受けるところが非常にいいです!

ただこうしたスープはしばしば軽くなってしまいがちなのですが、
そのような軽さがなく、旨みが非常にしっかりしてるのですよね!

クリアでなおかつしっかりとして優しい味わいと言えるでしょう!

また鶏だしということで、鶏油の存在感も気になるところですが、
たしかに鶏油は感じるものの、実は油脂感はかなり控えめですね!

なので、動物系のスープながらもギトッとした印象は薄いです!
油脂に頼らず、ちゃんとだし感で攻めてきてるのはいいですね!

そしてここにサポートとして和風だしの要素も加わっています!(`・ω・´)

ただ面白いのは鶏だしと和風だしのハイブリッドという雰囲気でなく、
メインは完全に鶏だしで昆布や魚介は旨味を下支えする感じですね!

それによって鶏だけでは足りない旨味がきちんと補完されてます!
このあたりのバランスの取り方はなかなか上手いと思わされますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、たん白加水分解物、しょうゆ、鶏脂、
食塩、魚介エキス、植物油、砂糖、こんぶエキスとなっています!

やはりきっちりと鶏だしを中心に据えていることがわかりますね!
このあたりのメリハリのつけ方は東洋水産は上手ですからね!

◎麺 - いつもの東洋水産らしいなめらかなうどん


麺は「赤いきつね」シリーズと同じ油揚げ麺のうどんです!

カップうどんと言えば「赤いきつね」と「どん兵衛」が双璧ですが、
単純にクオリティとして見るなら「どん兵衛」の麺が上なのですよね!

でも、不思議とこの「赤いきつね」系の麺もクセになるのですよね!

縮れもあるし、もっちり感という点では圧倒的に「どん兵衛」ですが、
この質感のなめらかさとつゆとのなじみは素晴らしいものがありますね!

なんだかこちらのほうが自然とスルスルと入ってくる感じがあります!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は66gで、カロリーは350kcalとなっています!
脂質は16.6gで、麺量を考えるとおおむね妥当ですかね!

◎具材 - 鶏だんごの存在感が大きい


具材は鶏だんご、かき卵、ねぎという構成となっています!

ねぎはごくごく普通の乾燥具材で、薬味として使われています!
かき卵は少なめですが、全体の優しい雰囲気を上手く高めてますね!

そして鶏だんごですが・・・これが非常にいい活躍をしてますね!(=゚ω゚)

具の全体量として見れば決して多いとは言えない構成なのですが、
鶏だんごの質の高さでそうした不満は全部消し去られていますね!

個数も4個ありますし、味・食感どちらも素晴らしいですね!

◎まとめ - 1つの「鶏だしうどん」として秀逸


買ったときはそれほど期待していたわけではないのですが、
この素直で深い鶏だしに関しては称賛に値する内容ですね!

麺もいいですし、具材も鶏だんごできちんとカバーされている、
これは新年の新商品の隠れた名作と言っていいように思います!

安心して楽しむことのできる「鶏だしうどん」となっていました!(゚x/)モキーヌ

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(赤いきつねシリーズ)
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン(2019年)
マルちゃん 山椒が香る塩そば
マルちゃん 冷しぶっかけたぬきそば
マルちゃん 赤いたぬき天うどん 西
マルちゃん 黄色い博多焼ラーメン
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/1発売 がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯

1/1発売の東洋水産「がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯」を食べました!
毎年正月の時期に発売される「がんばれ受験生」シリーズが今年も出ました!

1/1発売 がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯

いつも「麺づくり」「赤いきつね系」「俺の塩」「ワンタン」の4つが出るのですよね!
今では「正月と言えばとりあえずこのシリーズ」といった印象がありますね!(*゚ー゚)

いつも縁起担ぎのダジャレみたいなのを入れてくるシリーズですが、
今回は「丸鶏だしでマルッと合格」と単純なものになっています!

まぁ、あまり苦しいダジャレを入れてきても面白くないですからね;

そういえば自分はあまり「麺づくり」シリーズは食べないので、
このシリーズは「麺づくり」を食べるいい機会になるのですよね!

ほぼ「麺づくり」はこの年に1回ぐらいしか食べてないですからね!

1/1発売 がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯(内容物)

◎内容物 - ノンフライ麺系商品としてごく普通の内容


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープも後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

1/1発売 がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯(できあがり)

うーん、ちょっとビジュアルとしては少々さみしい感じがしますね!

◎スープ - かなりすっきりとした軽めの優しい鶏白湯


まずはスープですが・・・うん、ずいぶんと軽めの風味の鶏白湯ですね!(●・ω・)

かなりあっさりで、鶏の風味についても白湯より清湯に近いです!
ただ清湯系として見ても、鶏の風味が強いとは言えないですね!

いずれにしてもかなり軽めの鶏スープであることはたしかです!
そしてそこに野菜の風味が加わってさらに優しくなっています!

たとえるなら鶏と野菜を入れて炊いた鍋のスープに近いですかね!
とはいえ、鍋と呼ぶには野菜の風味はあくまでサポート的ですが!

そしてそこに鶏油が加わりますが・・・これも非常に軽いですね!(=゚ω゚)

鶏白湯+鶏油というと、濃厚さをガツンと出してくる印象ですが、
実際にはそうではなくごく軽く油脂感を加えている程度です!

むしろこれがないとあまりに軽くなりすぎるという感じですね!

そのためトータルとして見ると、かなり薄めの鶏スープをベースに、
やや人工的な旨味を付加したような鶏白湯スープと言っていいですね!

これはこれで一つの鶏白湯スープのスタイルではあると思いますが、
一方でこのタイプの鶏白湯って価格帯が安い商品ではありがちなので、
「安いカップ麺の鶏白湯スープそのもの」という印象も強く残ります;

ストレートに言ってしまうと「安っぽいなぁ」とは正直思いましたしね;

ただこのタイプにありがちな「過度に人工的な旨味」はなかったですし、
「優しくしっとり食べるならアリかな」と思える範囲ではありましたね!

「とにかく軽く優しい鶏スープ」としてはきちんと成立していました!

◎スープの原材料


スープの原材料はチキンエキス、食塩、野菜エキス、鶏脂、しょうゆ、
たん白加水分解物、豚脂、乳等を主要原料とする食品、砂糖、香辛料、
植物油、ねぎ、チキン風味パウダー、酵母エキスとなっています!

おおむね鶏と野菜をベースとしたスープと言って良さそうですね!

◎麺 - けっこうしっかり食感のノンフライ細麺


麺は「麺づくり」らしい細めのノンフライ麺となっています!

以前は「素朴な麺づくりとリアル感のある麺職人」という感じでしたが、
日清の「麺職人」が全粒粉麺へと移行して独自路線を採るとともに、
「麺づくり」のリアル感が高まるという変化が起きてきたのですよね!

ただ以前の「麺職人」「麺づくり」どちらの麺ともまた違っていて、
しっとり感よりもややしっかりとした食感に仕上がっていますね!(*゚◇゚)

このあたりは好みによって待ち時間を少し調整してもいいかもです!
しっとり感を求めるならあえて5分ぐらい待っても良さそうですしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは283kcalとなっています!
脂質は4.9gで、ノンフライ麺商品らしくかなり低めです!

◎具材 - ごまがアクセントとして活躍


具材はチャーシュー、ごま、ねぎという構成となっています!

ねぎは粉末スープの袋に入っている細かいものですね!
薬味として風味を加える感じで、存在感はかなり弱いです!

チャーシューについても残念ながら少々安っぽいタイプのものですね;

サイズは小さく、厚みはそこそこありますが風味があまり強くなく、
「とりあえず入っている」という印象が拭えないものではあります;

これだったら鶏そぼろとかを起用したほうが良かった気はしますね!

そんな中でけっこう活躍してくれていたのがごまですね!(`・ω・´)

というか、今回の商品においてはかなり核のような存在でしたね!

スープもあっさりで、具材もあまり充実していない内容でしたが、
そこをこのごまの香ばしさによって引き上げている感じでしたね!

◎まとめ - 優しい鶏風味を求めるならアリかも


優しくあっさりとした鶏風味を求めるならアリではあるのですが、
正直なところあまり完成度の高い商品とは言えなかったですね;

良くも悪くも「実売価格100円ぐらいの商品」という印象が強くて、
スープも具材も「これだ」というものは見出しにくい商品でした;

夜食にあっさりとした味わいを求めるときにはいいかもしれません!(゚x/)モキスッ

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 丸鶏だし塩焼そば
がんばれ!受験生 桜色の丸鶏だしうどん
がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(麺づくりシリーズ)
がんばれ!受験生 麺づくり 丸鶏だし塩白湯
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
麺づくり トリュフ香る芳醇しょうゆ
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/23発売 マルちゃん 正麺 カップ がっつり系豚骨醤油

12/23発売の東洋水産「マルちゃん 正麺 カップ がっつり系豚骨醤油」を食べました!
年の瀬もかなり迫った時期に「正麺カップ」から新作が登場しました!

12/23発売 マルちゃん 正麺 カップ がっつり系豚骨醤油

この時期に有名ブランドから新作が出るのは珍しいのですよね!
基本的に年末年始はどこのメーカーもあまり新作を出さないですしね!

それゆえ年末年始は毎年出ている定番商品が発売されるのが大半で、
こうした純然たる新作が登場するというのはそれほどないですからね!(=゚ω゚)

それも「正麺カップ」ぐらいの有名ブランドとなるとなおさらですからね!
今回はあえてそうした新作が少ない時期を狙って出してきたのかもですね!

そうするとコンビニでの入荷率が上がるなんて効果もありますからね!
自分としてはあまりこの時期に有名な新作は出してほしくないのですが;

「カップ麺Award」への選出の関係で慌ただしさが増してしまいますからね;
もし選出されることになると、一気に他の商品の順位も変動しますし;

そうしたこともあって、この商品は実際には2019年内に食べています!
年内発売商品である以上は選出するかどうかの判断が必要ですからね!

2020年の紹介になったのは、結果的に20位以内に入らなかったためです!

12/23発売 マルちゃん 正麺 カップ がっつり系豚骨醤油(内容物)

◎内容物 - FD野菜と肉&背脂のダブルかやくがポイント


具材はFD野菜、かやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
野菜はフリーズドライで、かやくは肉と背脂顆粒となっています!

12/23発売 マルちゃん 正麺 カップ がっつり系豚骨醤油(できあがり)

豊富な野菜と肉具材に、スープに浮かぶ背脂、ワイルドな見た目ですね!

◎スープ - 「二郎系」を指向したワイルドなにんにく豚骨醤油


まずはスープですが・・・うん、これは「二郎系」路線と言っていいでしょう!(●・ω・)

この商品は食べる人によってけっこう意見が分かれていたのですよね!

「がっつり系背脂醤油」という名前で、なおかつ野菜がたっぷり仕様、
そうなると当然ながら「二郎系」を指向したラーメンかと思われますが、
その点について食べた人の間で判断がかなり二分されていたのですね!

自分はここについては「たしかに二郎系路線」と言いたいと思います!(*゚ー゚)

「二郎系」の特徴は強いにんにく、多めの油脂、味はけっこう濃いめ、
豚骨醤油でありながらも豚骨の丸みは抑えめで乳化度は比較的低い、
こうした印象がありますが、これらがおおむね満たされてるのですよね!

乳化が軽めの豚骨醤油で醤油ダレがしっかりとしていて力強さがあり、
油脂がかなりズルズルでヘヴィ、なおかつにんにくでかなりワイルドと、
スープの方向性はしっかりと二郎系を押さえていると言っていいです!

実際に二郎系はこれと比べてもさらににんにくが暴れることが多いでしょうが、
そのあたりはカップ麺であることを考慮すればやむをえないところですかね!

とはいえ、それでも十分に強さを感じさせるだけのにんにくはありましたし、
食べた後に少なからず口臭を気にしないといけないものはありましたしね!

また具材の背脂顆粒と豚脂による、背脂の甘みの演出もよくできています!

さらに「二郎」度を高めたい場合は、にんにくは自分で加えられますしね!
そうするとさらにリアル感の高い二郎系的な風味が楽しめるかと思います!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、ポークエキス、豚脂、植物油、香辛料、デキストリン、
果糖ぶどう糖液糖、食塩、たん白加水分解物、発酵調味料となっています!

香辛料がほぼにんにくと考えると、二郎系らしさを感じる構成ですね!

◎麺 - いつもの「正麺カップ」路線で二郎風ではない


麺はいつもの「正麺カップ」らしいナチュラルなノンフライ麺です!

この商品が「二郎系か否か」で判断が分かれる最大の原因は、
麺がいつもの「正麺カップ」路線となっているからでしょうね!

「正麺カップ」は麺はやや平打ちに近い太めのものとなっていますが、
食感はかなり多加水寄りで、みずみずしい弾力をウリにしてますからね!(*゚◇゚)

それに対して二郎系の麺はもっと太くわしわしとしたワイルドさがあるので、
こうした「ナチュラルで上品な麺」とは対極にあると言ってもいいですしね!

なので、スープは二郎系に近いですが、麺は全く違うと言えますね!

ここが気になると「二郎系要素を入れた普通の豚骨醤油ラーメン」となりますし、
逆に割り切れば「二郎系だけど麺はナチュラル」という印象になるでしょうね!

もちろん「正麺カップ」なので麺のクオリティは極めて高いのですが、
麺に関しては「二郎系らしさ」は全く求めないほうがいいでしょう!

◎麺量と栄養成分


麺の量は75gで、カロリーは463kcalとなっています!
脂質は15.1gで、ノンフライ麺系としてはそこそこ高めですかね!

実際に食べていると口の周りが油でズルズルになってきましたし!

◎具材 - 野菜と肉のマッチングはなかなかのもの


具材はFD野菜(キャベツ、玉ねぎ、小松菜、ねぎ、人参)と豚肉、背脂顆粒です!

このうち背脂顆粒については、スープの一部と言ったほうが近いです!
ただこの背脂顆粒が今回は非常にいいはたらきをしてたのですよね!

この背脂顆粒は単体だとねっとりとした食感だけで無味に近いのですが、
スープの豚脂と合わせると一気にリアルな背脂らしさが出るのですよね!

今回はその相乗効果については素晴らしいものが見られましたね!(`・ω・´)

野菜はキャベツを中心にしっかりとした質と量を備えています!

FD具材ということでキャベツのしっとりとしてリアル感が高く、
他の野菜はやや存在感は低いものの、複合的な野菜となることで、
キャベツ一辺倒では出せない上品さが上手く演出されてましたね!

それゆえ逆に言うと、野菜に二郎系ほどのワイルド感がないのですよね!

カップ麺での二郎系の演出は、普通の乾燥キャベツがよく適していて、
あの少々無骨さも感じるような質感がワイルドさを演出するのですが、
こちらは量は申し分はないながらも、そうした野性味は控えめでしたね!

この点もまたこの商品を「二郎系」と評するかの意見の分かれ目になったでしょう!
「野菜は多いけど、二郎系の野菜に比べると上品」と言うことはできますからね!

豚肉は東洋水産が得意とするリアル系のものではあったのですが、
いつもに比べると、あえて薄めの肉を使っていた印象があります!

これは肉単体で具材として主張させず、野菜と一体化することにより、
ホロホロと崩れるような豚肉っぽさを演出する狙いもあったのでしょう!

それゆえにいつもよりも豚肉具材としての主張はやや控えめでしたが、
トータルとして一体感の出る具材としての活躍度はかなり高かったです!

◎まとめ - 「二郎系」を指向しつつも麺と具で上品さも見せる


スープに関しては明らかに「二郎系」路線で、野菜多めもそうした雰囲気ですが、
一方で野菜が複合的で上品かつ麺がナチュラルな食感になっているということもあり、
あくまで「東洋水産の正麺カップらしい二郎系」という範囲に収まっていましたね!

ただ「正麺カップ」としての二郎系路線としてはかなり頑張っていましたし、
1つのラーメンとしての完成度がなかなか高いのは間違いないところですね!

「ワイルドだけどサラリと食べたい」ときにはちょうどいい一杯でしょう!(゚x/)モキスール

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/9発売 謹製 豚そば

12/9発売の東洋水産「謹製 豚そば」を食べました!
11月末に続いて「謹製」シリーズから新作が出ました!

12/9発売 謹製 豚そば

このシリーズの初登場のときから気合が入ってる感がありましたが、
この新作ラッシュにはこのシリーズへの意気込みが見えてきますね!

間違いなく東洋水産の縦型ブランドとしては最高峰クラスですし、
これを1つの看板に育てようという意思があるのでしょうね!

そして同時にそれだけのポテンシャルも感じさせてくれますね!(*゚ー゚)

前回の「鱧だしそば」はしっとりとした高級路線を指向していましたが、
今回は「豚そば」と動物系でガツンと攻めてきた感じがしますね!

しかし他のブランドと違うのが、これが「豚清湯」であるという点ですね!

清湯=澄んだスープ、白湯=濁ったスープということになるのですが、
豚骨スープは一般的に白湯スープにされることが多いのですよね!

そこであえて「豚の澄んだスープのラーメン」を打ち出してきました!

実際には豚清湯スープはかなり古くから作られてはいるのですが、
多くの場合は鶏と豚をミックスした清湯スープのものが多くて、
豚だけを主役にするケースは比較的珍しいとは言えるでしょう!

「豚をどれだけ打ち出しつつすっきり仕上げるか」が今回のテーマでしょう!

12/9発売 謹製 豚そば(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
粉末スープを見たところ豚骨ラーメンとそこまで違わないですね!

12/9発売 謹製 豚そば(できあがり)

写真だと微妙にスープが白く濁ってるようにも見えるのですが、
実際にはかなり澄んでいて、間違いなく清湯と呼べる範囲ですね!

◎スープ - 豚の風味と清湯のクリア感が上手く両立


まずはスープですが・・・うん、これは非常に出来のいいスープです!(●・ω・)

何より面白いのは清湯と白湯の個性の違いがはっきり伝わってくる点です!

白湯スープは白濁させることによって濃厚さを引き出せる一方で、
まろやかさやクリーミーさが素材の風味をややかき消すのですよね!

もちろんそれが白湯スープの良さでもあったりするわけですが、
超濃厚にしない限りは全体が丸みを帯びがちだったりもします!

それゆえに「いかにも豚」という感じが出ないこともあるのですよね!

それに対して清湯スープはそうした丸みやまろやかさは持たないので、
すっきりしつつも素材の持っている個性や風味はよく出るのですよね!

なので、このスープは一口で「あ、豚の味だ」と強く感じさせてくれます!(=゚ω゚)

豚骨ならではのストレートな風味、そして豚肉を思わせる味わい、
そのあたりの個性が一体となってしっかりと伝わってきますね!

豚清湯スープ自体は様々な形でカップ麺でも使われていますが、
その個性をいかにダイレクトに引き出すかがしっかり練られていて、
「豚清湯ならではの旨さ」をはっきりと感じ取ることができます!

もちろんこれが「豚と水だけ」だとやはり旨みの幅が足りないので、
昆布や野菜などによって旨味を補完して全体をまとめています!

中でも昆布がいい具合に全体の旨味を後押ししていましたね!

ここで魚介を使っていないのは正解だと感じましたね!

どうしても魚介と合わせると「豚魚介複合スープ」感が出て、
旨みは増すものの豚清湯の良さがダイレクトに伝われないので、
そこを外してシンプルな組み立てにしたのは良かったでしょう!

また油脂はラードが中心ながらもほどほどの濃厚さとなっていて、
豚脂よりも豚のスープそのものを大事にしてるのが伝わります!

タレに関しては印象では醤油よりも塩寄りに感じる味わいでした!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、しょうゆ、豚脂、植物油、食塩、
野菜エキス、酵母エキス、チキンエキス、ミート風味パウダー、
こんぶエキス、たん白加水分解物、香辛料となっています!

豚系がメインなのもさることながら、意外と醤油が多いですね!
ただ醤油の色があまりないので、濃口系ではないのかもですね!

そして野菜と昆布でサポートし、ミート風味パウダーについては、
おそらくは豚肉の肉っぽい旨味を演出したかったのでしょうね!

◎麺 - 東洋水産の新世代油揚げ麺が真価を発揮


麺は東洋水産が得意とする新世代系のしなやかな油揚げ麺です!

ほんと東洋水産の縦型カップ麺の麺は安定感が高まりましたね!

数年前までは「東洋水産の縦型は麺がダメ」と言っていましたが、
昨年後半ぐらいから一気にパワーアップが進んできましたからね!

中太ぐらいのやや平打ち麺で、表面はなめらかでありながら、
噛むとクニッとした押し返しのある絶妙のコシとなってます!(*゚◇゚)

この麺もものすごく優しいスープが相手だと油揚げ麺臭が出ますが、
今回のスープではそうした欠点もなく、相性は抜群のものでしたね!

ほんとこの麺はスープと噛み合うと見事な実力を発揮しますね!
「ちょっとパンチのある清湯スープ」と相性がいいのかもです!

◎具材 - ちょっぴり豚骨ラーメンを意識した雰囲気


具材は豚肉、メンマ、キクラゲ、青ねぎという組み合わせです!

豚肉とメンマは清湯系ラーメンにもよく使われる具材ですが、
他の2つはいかにも豚骨ラーメンを意識した雰囲気があります!

この商品に関しては東洋水産も少し具材の構成を迷ったのかもですね!(`・ω・´)

清湯だけど豚骨ぽさを出すか、それとも王道の中華そばっぽく行くか、
この構成を見るとおおむね両者の中間あたりを狙ってきた気がします!

青ねぎは豚骨向けらしく小口切りの細かくカットしたものですね!
そしてきくらげはホール型なので、食感は比較的やわらかいです!

メンマはコリコリ感があり、豚肉は東洋水産得意のリアル系ですね!
全体量はほどほどですが、肉の充実度が高いのはポイントですね!

◎まとめ - 新機軸への挑戦を実にわかりやすく表現


この商品は1つのラーメンとしてのおいしさを追求しただけでなく、
「新しいラーメンの形」をわかりやすく提示してくれてましたね!

もちろん豚清湯ラーメン自体はこれまでにもあったのですが、
その個性をダイレクトに主張するケースは稀でしたからね!

その中でこのラーメンは「豚清湯の個性」がよく出ていて、
それを体感するという点で非常に優れていましたね!

それでいて全体のクオリティも高いというのは評価できます!

さすがは東洋水産が本気を出す「謹製」ブランドだなと感じました!(゚x/)モキスー

【関連記事】
謹製 豚そば
謹製 松茸香る鱧だしそば
謹製 山椒香る塩焼そば
謹製 山椒香る塩そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん

12/2発売の東洋水産「日本うまいもん 吉田のうどん」を食べました!
ご当地麺料理をカップ麺にする「日本うまいもん」からの新作です!

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん

最近になってこの「日本うまいもん」がやや活性化してきましたね!
以前はあまり見かけないブランドでしたが最近ちょくちょく新作が出ます!

「吉田のうどん」はこれまでにもカップ麺化されたことがあるようですが、
このブログで「吉田のうどん」系のカップ麺を紹介するのは初めてですね!

「吉田のうどん」は山梨県の富士吉田市の名物として知られるものです!
一般的なイメージは「太麺のがっしりしたうどん」という感じでしょうね!

自分は「吉田のうどん」系は食べたことがないですがそういう印象があります!
そのあたりの特徴がどのように再現されているかが注目点になりそうですね!(*゚◇゚)

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
具材については肉も入るなどなかなかバリエーション豊かです!

12/2発売 日本うまいもん 吉田のうどん(できあがり)

おぉ、なかなか豪華なビジュアルに仕上がっていますね!
まだこの段階では強い個性などはうかがえる感じではないですが!

◎スープ - 幅広いだし感と醤油&味噌のスープは実に深い


まずはスープですが・・・おっ、これはなかなか深みのあるスープです!(●・ω・)

ベースのなっているだし感もかつおなどをベースとしてはいながらも、
昆布や椎茸も重なることで幅広い旨味を感じさせてくれるのですよね!

山梨ということで、かなり関東寄りの地域のうどんではあるのですが、
シャープな印象はなく、むしろふくよかなだしで食べさせてきますね!

いい意味で「田舎の素朴な旨さ」というのを堪能させてくれる味です!

そして面白いのが醤油と味噌をミックスしたタレなのですよね!(=゚ω゚)

液体スープは味噌的な粘りがなかったので醤油系かと思いましたが、
これは実に上手い具合に醤油と味噌の要素をミックスしてるのですよね!

醤油と味噌というと、醤油でシャープさを、味噌で丸みを出す感じですが、
これはそうではなく、味噌を赤味噌系にすることですっきりとした味にして、
醤油と赤味噌でちょうど同じ方向を向いてるような印象を強く残します!

そのため意識せずに食べると、味噌というよりは醤油系の印象が強いです!

ただスープを飲むと、明らかに赤味噌の持っている個性も強く感じます!

そうすることでどちらもすっきりシャープな風味を指向していながらも、
同時に味噌が風味に厚みを出してくれていることがわかるのですよね!

味噌が使われていながらも味噌汁のような印象は全く残さないですし、
醤油だけでは足りない部分を味噌によって補っている感もありますし、
醤油のとがりを赤味噌によって上手く抑えている感じもしてきます!

関東風のうどんがかつお+醤油でシャープにまとめられるのに比べると、
だしも昆布と椎茸、タレも味噌を合わせることで広がりを持たせていて、
上手く「ふくよかで幅の広さを感じる旨み」を実現してくれています!

このだしの組み立て方は家庭でもかなり参考になる気がしますね!
いい意味で「濃く深みのあるつゆ」に仕上がっていると言えます!

◎スープの原材料


スープの原材料はみそ、しょうゆ、食塩、発酵調味料、魚介エキス、
でん粉、植物油、しいたけエキス、こんぶエキス、香辛料です!

味噌と醤油、そしてだしも魚介・椎茸・昆布と幅が広いですね!

また「吉田のうどん」では七味的な独自の薬味「すりだね」が使われますが、
このあたりを香辛料で多少なりとも再現している側面はあるのかもですね!

◎麺 - 別に太くも硬くもなく、オーソドックスな麺


麺は思っていたよりも普通のスタイルの油揚げ麺のうどんです!

「吉田のうどん」=「太くて硬い麺」という印象がありましたが、
この商品に関してはそこまではあまり意識してきていないですね!

思い切って極太のごわごわうどんを起用する方法もあったと思いますが、
単純に1つのうどんとして見たらこの麺はなかなか相性がいいのですよね!

ここは「吉田っぽさ」よりも総合力を意識した選択だったかもですね!(*゚ー゚)

少し残念ながらも、でもおいしかったからいいかと思える感じでした!

サンヨー食品あたりだと、強烈な麺を使ってきただろうと思いますが!笑

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは405kcalとなっています!
脂質は15.0gで、ほどほどの数字と言っていいでしょうね!

ただこの脂質は具材の揚げ玉による部分もかなり大きいでしょう!

◎具材 - 「吉田のうどん」の再現の意識がはっきり見える


具材はキャベツ、豚肉、オニオン揚玉、にんじん、ねぎとなってます!

「吉田のうどん」の特徴的な具材はキャベツ、肉、にんじん、ねぎで、
まずこの4つの具材に関してはきちんとこの商品でも再現されています!

肉は実際には馬肉が使われることが多いですが、ここでは豚肉ですね!
さすがにカップ麺の具材として馬肉を使うのは難しいでしょうからね!

豚肉は東洋水産が得意とするクオリティの高いリアル系具材となってます!
やはり肉具材が入っていると、それだけで全体の満足度が上がりますね!(`・ω・´)

キャベツとにんじんはどこか田舎らしい素朴さを演出してくれています!
特に人参のカットがなかなか独特で、これがいい味を出していますね!

ねぎはややリアル系で、具材としてもそこそこ楽しめるものですね!

「吉田のうどん」では、ここに天ぷらや油揚げが加わることが多いですが、
今回はそのあたりを「玉ねぎ風味の揚げ玉」で再現してきたのでしょう!

かなり玉ねぎの風味が強く、これはこれでいい存在感を見せていました!

◎まとめ - 麺は普通なものの、それ以外の点はどれも良質な一杯


「太くて硬い麺」という点については特に再現されてなかったですが、
ふくよかなだし感をベースにした醤油&味噌のスープは秀逸でしたし、
具材についてもきちんと「吉田のうどん」らしさが出ていましたね!

「こうした味わいのうどんもいいな」と、そう思わせる一杯でした!(゚x/)モキユーニ

【関連記事】
日本うまいもん 吉田のうどん
日本うまいもん サバだしラーメン
日本うまいもん 青森津軽煮干しラーメン 激にぼ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.