7/26発売 でかまる えび塩ガーリック風味焼そば

7/26発売の東洋水産「でかまる えび塩ガーリック風味焼そば」を食べました!
「でかまる」から海老とガーリックをテーマにした焼そばが出ました!

7/26発売 でかまる えび塩ガーリック風味焼そば

海老とガーリックというと、「ガーリックシュリンプ」を思い出しますね!
数年前には「ガーリックシュリンプ」系のカップ麺も少し出ましたね!

ただ東洋水産からこの組み合わせのカップ麺が出るのはおそらく初ですが!(=゚ω゚)

とはいえ、この商品ははっきり「ガーリックシュリンプ」とは書いてないので、
それをモデルにした味であるのかどうかはちょっとわからないですが!

それは別としても、海老をテーマにした商品ってそこそこ珍しいのですよね!

「一幻」のシリーズがいつも海老系の商品を出してはいますが、
それ以外となるとそれほど多くは見かけることがないですしね!

7/26発売 でかまる えび塩ガーリック風味焼そば(内容物)

◎内容物 - 液体と粉末のダブルソース


内容物はかやく、粉末ソース、液体ソースとなっています!
まず液体ソースをまぜてから、粉末ソースをまぶすスタイルです!

7/26発売 でかまる えび塩ガーリック風味焼そば(できあがり)

海老具材がけっこう多く入っているのがうれしいですね!

◎ソース - シンプルに海老塩+香辛料の味わい


まずはソースですが・・・なるほど、たしかに海老塩ガーリックですね!(●・ω・)

この商品は液体ソースと粉末ソースの役割が明確に分かれています!

液体ソースは海老油を中心に、完全に海老に重点が置かれています!
これだけだったら、非常にシンプルな海老風味まぜそばだったでしょう!

オレンジ色の油脂が多く、海老油が多く入っているのがわかりますし、
海老の風味を強く溶け込ませていることが明確に伝わってきましたしね!

それによって、全体の海老の風味はかなりしっかりとしていますね!
香辛料などによって、海老の存在感が消されていることもないです!

一方で粉末ソースはおおむね香辛料に特化された感じになっています!(*゚◇゚)

ガーリックパウダーを多く入れることで、その刺激を演出しつつ、
ジンジャーによって味を引き締め、黒胡椒をさらに加えています!

商品説明では黒胡椒がかなり多めに入っている書き方ですが、
実際のところはほどほど程度で刺激はごく軽めになっています!

ところで「ガーリックシュリンプ」とこの商品の関係ですが、
「ある程度は意識されつつも全く同じではない」という感じです!

まずトータルとして見ると、この商品が香辛料は強めながらも、
ベースに関してはかなり素直な海老風味まぜそばなのですよね!

「海老料理の表現」というよりは、「海老そのもの」ぽさが強いです!

でもって、ガーリックシュリンプはレモンが使われることが多いですが、
このまぜそばにはレモンぽさはなく、その点からも違いが見られますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油、香味油脂、砂糖、食塩、香辛料(ガーリックパウダー、
黒こしょう、ジンジャーパウダー)、粉末野菜、チキンエキス、しょうゆ、
酵母エキス、エビエキス、たん白加水分解物という構成になっています!

◎麺 - おなじみの東洋水産のまぜそば麺


麺はこのところよく見る東洋水産のまぜそば向け油揚げ麺です!

というか、数日前に「青い焼ちゃんぽん」でもこの麺を食べてるので、
「またこの麺か」と思ってしまうところは少なからずありましたが!(*゚ー゚)

東洋水産って、このあたりの使い回しはけっこうやりますからね!

5分では少し硬さのある、ワイルドさのあるがっしりとした麺で、
ラードの香ばしさと角張った麺の力強さが伝わってきますね!

ほんとこの麺を食べると東洋水産らしいなと思わされますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは681kcalとなっています!
脂質は28.1gで、麺量を考えるとそこそこ抑えられていますね!

◎具材 - たっぷりの海老具材はうれしい


具材は海老とキャベツという組み合わせとなっています!

キャベツはごく普通ですが、主役の海老が多く入っていますね!(`・ω・´)

最近はカップヌードルやQTTAなどの縦型カップ麺を除いては、
海老具材を採用するカップ麺があまり多くないのですよね!

でもこの商品はけっこう大きめサイズの海老が使われていて、
これによって海老まぜそばとしてのリアル感が増しています!

具材に強い東洋水産の良さがしっかりと伝わってきますね!

◎まとめ - 正統派の海老の良さと刺激が合わさった一杯


海老+ガーリックということで、一見すると変化球ではあるのですが、
ベースを見ると海老風味をかなりストレートに立てているのですよね!

これによって海老まぜそばとしての実力がしっかりと伝わってきて、
海老らしさを求める人の期待にも十分に応える内容となっています!

きちっと海老の存在感を主役に立てたまぜそばになっていました!(゚x/)モギール

【関連記事】
でかまる えび塩ガーリック風味焼そば
でかまる もやし中華そば
でかまる スタミナにんにくまぜそば
でかまる ガーリック系じゃがバター味コーン塩ラーメン
でかまる 鬼うま極濃カレーラーメン
でかまる がっつり豚骨醤油
でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン(2019年)
でかまる 泡立つ豚骨ラーメン
でかまる いきなり!焼そば
でかまる ねぎ塩豚
でかまる チーズタッカルビ風焼そば
でかまる 辛肉担々麺(2018年)
でかまる RED 旨辛とんこつラーメン
でかまる RED 汁なし担々麺
でかまる 回鍋肉風旨辛味噌ラーメン
でかまる 生姜焼き風 甘辛醤油ラーメン
でかまる スタミナ旨辛醤油
でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
でかまる 辛担々ワンタン麺
でかまる BLACK 黒胡椒醤油ラーメン
でかまる BLACK 黒胡椒焼そば
でかまる 沖縄そば
でかまる 濃厚どろ豚骨ラーメン
でかまる 辛肉担担麺
でかまる メチャ盛り! コーン塩バター味ラーメン
でかまる 尾道ラーメン 背脂醤油
でかまる 白だし醤油ワンタン麺
でかまる 長崎チャンポン
でかまる 旨コク豚骨しょう油ラーメン
でかまる 濃厚豚しおワンタン麺
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/20発売 マルちゃん 青い焼ちゃんぽん

7/20発売の東洋水産「マルちゃん 青い焼ちゃんぽん」を食べました!
ローソン限定で「マルちゃん 青いちゃんぽん」が汁なしになりました!

7/20発売 マルちゃん 青い焼ちゃんぽん

このところマルちゃんの色シリーズがよく汁なしになりますね!

「赤いきつね」「黒い豚カレー」「黄色い博多」に続いて、
こちらの「青いちゃんぽん」も汁なしになりました!

比較的に汁なしにしやすいテーマだからなのもあるでしょうね!(*゚◇゚)

またがっつりと食べられるように大盛仕様となっています!

大盛だと飽きもきやすいので、要注意ではあるのですけども!

7/20発売 マルちゃん 青い焼ちゃんぽん(内容物)

◎内容物 - 粉末ソース仕様


内容物はかやく、粉末ソース、調味油となっています!
まず調味油を麺にまぶしてから粉末ソースをまぜるスタイルです!

7/20発売 マルちゃん 青い焼ちゃんぽん(できあがり)

太麺が使われていることもあって、豪快なビジュアルですね!

◎ソース - 炒め野菜の風味が効いたバランスのいいちゃんぽん風味


まずはその味ですが・・・おっ、これは非常にいいちゃんぽん風味ですね!(●・ω・)

ちゃんぽんの味としてスキがないと言えるバランスですし、
それ以上に「焼ちゃんぽん」として実によくできています!

汁あり系商品を汁なしに落とし込むときに最大の問題になるのが、
油脂感が強くなりすぎて、全体的に味が重くなることなのですよね!

特に粉末ソース仕様の場合は調味油をある程度加える必要があるので、
その調味油によって味が重くなりすぎるということが多いのですね!

ですが、この商品はそこを完全にクリアしてきているのですよね!

「調味油の風味は絶妙だけど、重さはない」という味になってます!
そしてそれと同時にちゃんぽんとしての味の再現度が実に高いです!

汁あり商品を汁なしにする点でベストの仕事をしたんじゃないですかね!(`・ω・´)

味の路線としては丸みのある豚骨に炒め野菜の風味のオイルを重ね、
そこに魚介や野菜の風味、そして軽い胡椒の刺激を加えたものですね!

この中で最も素晴らしい仕事をしているのは調味油の炒め野菜風味です!

やっぱりちゃんぽんは炒め野菜の風味が加わるとグレードが上がりますね!

そして丸みのある豚骨、ちゃんぽんに欠かせない魚介の風味が重なり、
インパクトは普通でもどこにも弱点を感じさせない一杯となってます!

これまでのマルちゃんの色シリーズの汁なしの中でも最強クラスですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はポークエキス、植物油、デキストリン、ラード、
食塩、砂糖、香味油脂、香辛料、粉末野菜、魚介エキス、しょうゆ、
酵母エキス、たん白加水分解物という組み合わせになっています!

原材料からもバランスの良さがどことなく伝わってきますね!

◎麺 - かなりワイルドな油そば向けの麺


麺は東洋水産が油そばなどでよく使うワイルド系油揚げ麺です!

かなりの太さで、断面も四角く、ラードの風味も強いですね!
パンチのある油そば商品などではよく見かける麺ですね!

なので、食べる前は麺が目立ちすぎる懸念もあったのですよね!(*゚ー゚)

ですがこのちょっとわしわししたパワフル麺が合うのですよね!

この麺がチョイスされたのはちゃんぽん=太麺だからでしょうけど、
そうした視点がしっかりと成功していてなかなか優秀な内容でした!

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の130gで、カロリーは700kcalとなっています!
脂質は29.3gで、麺量を考えるとそこまで高くはないですね!

◎具材 - さすが東洋水産と言える内容


具材はキャベツ、イカ、かに風かまぼこ、きくらげです!

この具材の組み合わせ、量もさすが東洋水産と言えますね!(=゚ω゚)

ちゃんぽんと相性のいいキャベツも多めに入っていますし、
何と言ってもイカがきっちりと入っているのがいいですね!

しかもイカがペラペラではなく、厚みがあるのですよね!
これだけ食べごたえがあるイカは珍しいと言えますね!

きくらげはホールタイプで、ややふわっとしていますね!
かにかまぼこも海鮮のおいしさをサポートしてくれています!

◎まとめ - 非常にレベルの高い汁なしちゃんぽん


これまで食べた汁なしちゃんぽんとしても最高レベルですし、
色シリーズの汁なし系としてもかなりの内容でしたね!

ほとんど弱点らしいものは感じさせられなかったですね!
ここまで見事なものを作ってくるとは逆に予想外でした!

これは幅広い人にオススメできる汁なしちゃんぽんですね!(゚x/)モキー

【関連記事】
マルちゃん 和風麺・色シリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/19発売 マルちゃん 縦型ビッグ ラー油入り肉そば

7/19発売の東洋水産「マルちゃん 縦型ビッグ ラー油入り肉そば」を食べました!
最近では蕎麦の定番となりつつある「ラー油肉蕎麦」がマルちゃんから出ました!

7/19発売 マルちゃん 縦型ビッグ ラー油入り肉そば

マルちゃんのラー油蕎麦というと、「本気盛」で何度か出ていますね!
またこの和風麺シリーズでもどんぶり型で出たことがあるようです!

・・・というか、この文章を書くために過去記事を読み返したのですが、
なんだか「本気盛 ラー油肉そば」とこの商品が似通っているのですよね(;゚ω゚)

具材の構成がモロに同じですし、太そばなのも共通していますしね!

要するに「本気盛」からブランドを移籍した商品なのかもですね!

そのことに気付いていれば、買わなかった可能性もありますが;

7/19発売 マルちゃん 縦型ビッグ ラー油入り肉そば(内容物)

◎内容物 - 後入れのラー油付き


内容物はもちろん主役であるラー油となっています!
このあたりも「本気盛」として出ていたときと同じですね!

7/19発売 マルちゃん 縦型ビッグ ラー油入り肉そば(できあがり)

マルちゃんらしく、具材の充実度はなかなかのものがあります!

◎スープ - ラー油の量が多く、だしは椎茸がやや強め


まずはスープですが・・・あ、これ自分が苦手なタイプのラー油蕎麦ですね!(●・ω・)

食べた瞬間に「ああぁ、やってしまった!」と後悔しましたね;

ラー油蕎麦には苦手意識がありながらもかなり慣れてもきていて、
中にはものすごく気に入るような商品もあったりするのですが、
どうも今でも苦手なタイプのラー油蕎麦はあるみたいですね;

そして「本気盛」の過去記事を食べた後になって読み返すと、
やっぱり「苦手」という印象をはっきり書いていたりして、
3年前の自分の味覚とあまり変わってないことを思い知りました;

とはいえ、別にこの商品が悪いというわけではないのですけどもね;
単にこの味わいが自分の苦手ゾーンにモロに入っているというだけで;

まず一般的なラー油蕎麦と比べると、ラー油の量はかなり多めです!(*゚◇゚)

これがどうも自分の中ではどうも好みに合わないみたいですね;

刺激の少ないラー油が多く入っていて油脂感が強めに出てる、
というのが自分の考える蕎麦のイメージとズレるようです;

また東洋水産のラー油らしく、ごま油的な香ばしさは強めですね!

そして醤油が濃いめというのは、ラー油蕎麦らしさを踏襲しています!
一方でラー油蕎麦として甘さが控えめになっているのが特徴ですね!

そしてベースのだしにおいて、椎茸が強いのが個性になっています!

というか、ラー油を入れる前のつゆのほうが好みに合ってましたね!

ラー油が目立たず、椎茸が映えるだしが前面に出てくることもあって、
このスープが持っている本来の力が伝わるところがありましたからね!

一方で動物系の要素は控えめで、シンプルに和風だし+ラー油ですね!

もしラー油がもうちょっと少なく、そのかわり刺激的な味わいだったら、
たぶん一気に自分の好みに寄ったのだろうなと想像はつきますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はラー油、食塩、魚介エキス、しょうゆ、砂糖、ラード、香辛料、
ごま、しいたけエキス、酵母エキス、たん白加水分解物、こんぶエキスです!

並びに多少の変化はありますが、「本気盛」のときに近いですね!

◎麺 - 幅広でワイルドさのある和そば


麺は幅が広めで、少々ワイルドな印象のある油揚げ麺の和そばです!

これはもちろんラー油蕎麦を意識してワイルドな感じにしてるのですね!
ただ湯戻し3分なので、食感がそこまでわしわししてるわけではないです!

なので、コシは普通なものの幅の広さで豪快さを演出する感じですね!(*゚ー゚)

こうした麺もちょっと苦手と言えば苦手だったりはするのですが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは462kcalとなっています!
脂質は23.6gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

◎具材 - オニオン揚玉の風味が印象的


具材は味付豚肉、オニオン揚玉、ねぎという組み合わせです!

ねぎはリアル系のもので、量も多くかなり主張が強めですね!
具材系のものではありますが、薬味としての刺激もそこそこあります!

そして肉そばということで、東洋水産が得意とするリアル系豚肉も入ります!

ただ量はほどほどで、そこまで肉が強烈に主張するわけではないです!
とはいえ、スープがワイルドなので相性としては上手く合っていますね!

そしてこの中で意外な存在感を放っているのがオニオン揚玉なのですよね!(`・ω・´)

具材というよりは、すぐに崩れてスープの一部みたいになるのですが、
単なる揚げ玉ではなく、玉ねぎの風味があるのでスープへの影響が強く、
「玉ねぎの香味が映えるスープ」みたいな感じになってくるのですよね!

この玉ねぎの風味もまた、多少なりとも好みを分ける点ではありますが!

◎まとめ - ラー油多めのラー油蕎麦好きの人向け


やはり最大の特徴はラー油そのものの量が多いというところでしょう!
そして一方で刺激はあまりないので、油脂感が強めに出るのですよね!

そうしたタイプのラー油蕎麦が好きな人には間違いなく向いてますが、
逆にそれは求めていない自分のような人には合わないタイプの味ですね;

でもって、基本的には「本気盛」のラー油蕎麦の延長線上にあるので、
それを過去に食べたことのある人ならそこそこ味の想像はつきますね!

「マルちゃんのラー油蕎麦は苦手なのかな」と感じた一杯でした!(゚x/)モギィ

【関連記事】
マルちゃん 和風麺・色シリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/28発売 本気盛 BLACKスパイシー醤油

6/28発売の東洋水産「本気盛 BLACKスパイシー醤油」を食べました!
東洋水産の縦型ビッグの代表である「本気盛」から黒系のカップ麺が出ました!

6/28発売 本気盛 BLACKスパイシー醤油

どうも胡椒がたっぷりと入った黒系の醤油ラーメンのようですね!

とすると、これは「富山ブラック」をモチーフにしたものでしょうね!(=゚ω゚)

最近は「富山ブラック」系のラーメンもごく普通になってきましたね!
しかもはっきりとした特徴があるためか、人気も安定していますね!

ちょっと食べるだけですぐに「富山ブラック」だとわかりますからね!

でもって、東洋水産はけっこう頻繁に「富山ブラック」系を出しますね!

この商品はなぜか「富山ブラック」という名前は出ていませんが!
でも方向性としてはそちらを向いているのは確実でしょうね!

6/28発売 本気盛 BLACKスパイシー醤油(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープつき


内容物は後入れの液体スープとなっています!
具材はかなりたっぷり入っていて充実度は高いですね!

ただこれは自分が個体差で当たりをつかんだのだと思いますが!

6/28発売 本気盛 BLACKスパイシー醤油(できあがり)

いやぁ真っ黒、これぞ「富山ブラック」といったビジュアルです!

◎スープ - ベースは控えめで醤油と胡椒で食べさせるスープ


まずはスープですが・・・すっきりしてシャープで胡椒が強いですね!(●・ω・)

ある意味ではしっかりと「富山ブラック」らしさを再現してますね!

「富山ブラック」というと、強烈に濃い醤油と高めの塩分に、
大量の胡椒をぶち込んで刺激を与えるというスタイルですが、
それゆえにベースのスープは控えめなことも多いのですよね!

ですが、カップ麺ではそこまで醤油優位の味にもしにくいので、
動物系などのベースもそれなりに強めることが多いのですが、
このスープはかなり醤油に主軸を置いている印象が強いです!

というか、驚いたのはお湯を入れただけでかなり黒くなるのに、
液体スープも真っ黒な醤油でさらに黒さを高めてきた点ですね!

「いったいどこまで黒い醤油をアピールするんだ」と驚きましたし!

でもそれだけ徹底して醤油のシャープさとパンチ力が出てますね!

カップ麺の「富山ブラック」が一応は醤油の黒さは出しながらも、
ベースもそこそこ強めで、胡椒を中心に据えてくるのに対して、
このラーメンはかなりはっきりと醤油を打ち出してましたからね!

そしてもう一つの主役である胡椒のアピール度も非常に高いです!(*゚◇゚)

これまでの東洋水産の「富山ブラック」の中でも攻めているほうですね!

辛すぎてキツいと感じはしないですが、かなりの強さではあります!
間違いなく「富山ブラック」であることを伝えるぐらいの刺激ですね!

今回は胡椒とともに山椒もポイントに挙げられてはいるのですが、
正直なところ胡椒に比べると隠し味程度の存在感でしかないです!

なので、素直に黒胡椒でゴリゴリ攻めたタイプのスープですね!

◎スープの原材料


スープの原材料はしょうゆ、チキンエキス、香辛料(ガーリックパウダー、
黒こしょう、生姜、山椒)、食塩、ポークエキス、酵母エキス、砂糖、粉末野菜です!

ガーリックパウダーが多く入っているのもポイントではありますね!
とはいえ、香味を与える感じであって、香りが強烈な感じではないです!

◎麺 - 少し弾ける感じのある中太麺


麺はちょっとプリッとした感じのある中太の油揚げ麺です!

麺はそこそこ太さもあって、アピール度はけっこう高いですね!(*゚ー゚)

最近の東洋水産の縦型カップの麺は全体的に新世代的ですが、
今回の麺は普段とはちょっと毛色が違うように感じましたね!

単に麺の戻り具合がいつもと違っただけなのかもしれませんが!
一部の麺の戻りがあまり良くなかったということなのかもですし!

ただ全体的に見て、麺の主張がそこそこ強めではあったので、
これぐらい強いスープでも極端なスープ勝ちにはなっておらず、
麺とスープの主張の強さが等価ぐらいにはなっていましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの80gで、カロリーは416kcalとなっています!
脂質は14.6gで、かなり少なめの数字となっていますね!

◎具材 - たっぷり具材で充実度は抜群


具材は味付豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせです!

いかにも東洋水産の縦型カップの定番の内容ではありますが、
どの具材も充実していて不満に感じるところはありませんね!

リアル系のねぎも量が多く、なかなか食べごたえがありますし、
メンマもたっぷりで、コリコリ感をとことんまで楽しめます!

そして主役である豚肉もたっぷり入っていて満足度が高いです!(`・ω・´)

今回は脂身の少ない赤身メインの豚肉となっていましたね!
「富山ブラック」だからそうなったわけではないと思いますが!

◎まとめ - 「富山ブラック」らしさでは申し分なし


ベースの動物系よりも醤油を立てたスープは「富山ブラック」らしく、
そこにゴリゴリにアピールしてくる黒胡椒も非常に良かったですね!

そして具材の充実度もさすがは東洋水産だと感じさせられました!

「富山ブラック」らしさを求めるなら最適だと言えるでしょう!(゚x/)モキュロッ

【関連記事】
本気盛 BLACKスパイシー醤油
本気盛 スタミナ旨辛醤油
本気盛 海鮮チゲ味(2020年)
本気盛 味噌とんこつ
本気盛 スタミナ旨辛豚骨
本気盛 濃ニボ
本気盛 黒マー油鶏白湯
本気盛 黒マー油濃厚みそ
本気盛 背脂とんこつ
本気盛 ピリ辛ねぎ味噌
本気盛 ラー油肉そば(2018年)
本気盛 辛コク醤油
本気盛 濃厚豚骨魚介
本気盛 ごま香るキムチ担々麺
本気盛 海鮮チゲ味
本気盛 背脂みそ
本気盛 肉南ばんそば
本気盛 台湾ラーメン
本気盛 鶏ポタ
本気盛 キムチ豚骨
本気盛 背脂醤油チャーシュー麺
本気盛 塩担々麺
本気盛 スープが辛いねぎラーメン
本気盛 ラー油肉そば
本気盛 辛赤味噌とんこつ
本気盛 辛赤ねぎ豚骨
本気盛 極しお豚骨

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/1発売 ラーメンセアブラノ神 背脂煮干そば

6/1発売の東洋水産「ラーメンセアブラノ神 背脂煮干そば」を食べました!
ファミリーマート限定の京都の有名ラーメン店の再現カップ商品です!

6/1発売 ラーメンセアブラノ神 背脂煮干そば

「セアブラノ神」は訪問したことはないですが、お店の名前はよく聞きますね!
見たところ、背脂と煮干を2本柱としたラーメンのようですね!

とすると、新潟の燕三条系あたりを意識しているのですかね!(*゚ー゚)

ただ最近は煮干+背脂でも燕三条系とは全然違うものも多いですし、
このあたりは実際に食べてみないとわからないところではありますね!

6/1発売 ラーメンセアブラノ神 背脂煮干そば(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープ付き


内容物はフタに貼り付けられた液体スープとなっています!
これは調味油ではなく、醤油系の液体スープとなってますね!

6/1発売 ラーメンセアブラノ神 背脂煮干そば(できあがり)

太めの麺と、煮干系らしいややグレーに濁ったスープが目立ちますね!

◎スープ - 煮干がメインに動物系エキスが控えめの燕三条系


まずはスープですが・・・おっ、これはかなり正統派の燕三条系ですね!(●・ω・)

これだけストレートに燕三条系を指向したカップ麺はひさしぶりですね!
どうもこちらのお店自体が燕三条系をモデルにしたお店のようですね!

大阪にも燕三条系の煮干ラーメンを出すお店があったりしますし、
広く受け入れられやすいタイプのラーメンでもあるのですよね!

煮干+背脂と聞くと、ちょっとクセが強そうな印象が湧きますが、
燕三条系って、そんなに重くならないのがポイントなのですよね!

燕三条系の基本はベースのスープは完全に煮干メインなのですよね!
極端なケースでは、豚や鶏などは一切使わないこともよくあります!

そしてそこに背脂を大量に入れることで動物系のコクを加えます!
要するに100魚介のスープ+背脂という極端な構成なのですね!

一般的に「煮干背脂」と聞くと、ベースのスープも動物が強め、
というふうに連想されると思いますが、燕三条系は違うのですね!

ベースが魚介メインなので、背脂が多くてもそこまで重くない、
これが燕三条系のラーメンの食べやすさのポイントなのですね!

このラーメンは完全にとは言わないまでも、それを踏襲しています!(*゚◇゚)

ベースは完全に煮干メインで、煮干の香ばしさがよく出てますね!

エグみはそこまで出さず、しかしながら煮干の個性は非常に明確、
明らかにかつおやサバとは違った煮干らしい味わいが出ています!

そしてサポートとして一応は豚や鶏などの動物系も加わりますが、
それはあくまで補助的で、主役は完全に煮干となっています!

で、ここに背脂風味の油脂がけっこうしっかりと加わってきます!

この2つの組み合わせで、見事に燕三条らしさが出ていますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は魚介エキス、しょうゆ、香味油脂、食塩、チキンエキス、
植物油、砂糖、ポークエキス、たん白加水分解物、酵母エキス、香辛料です!

完全に魚介エキス(=煮干)が主役であることが伝わってきますね!
また「エキス」とありますが、実際には煮干粉末が多く入っています!

◎麺 - 燕三条系らしい太麺


麺は幅広でかなり太めのパワフルな油揚げ麺となっています!

燕三条系というと、この太めの麺も大きな特徴なのですよね!(=゚ω゚)

ただ太めでありながらも、単純にパワーで押すわけではないです!

特に最近の東洋水産の縦型らしいしなやかさも備えていて、
太めの力強さと、なめらかでしっかりとしたコシがあって、
シンプルに麺として十分に楽しめる質が備わっていますね!

でもって、スープとの相性という点でもいいものがあります!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは445kcalとなっています!
脂質は22.3gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

◎具材 - 背脂加工品が大活躍


具材は背脂加工品、味付豚肉、メンマ、ねぎとなっています!

具材の中の主役は背脂加工品と言ってもいいように思います!(`・ω・´)

カップ麺の背脂加工品は背脂の食感の再現という点ではいいのですが、
背脂らしいコクの表現という点ではイマイチなところもあるのですよね!

しかし今回はスープの油脂とこの背脂加工品の食感が合わさって、
かなりリアルな背脂の風味と質感が見事に表現されていました!

これが燕三条系らしさを大きく支えていたのは間違いないですね!

ねぎはごく少量の細かいもの、メンマはコリコリ感が充実しています!
東洋水産のメンマは食感が安定しているのが大きな強みですね!

そして味付豚肉は東洋水産が得意とするいつものリアル系豚肉です!

かなり多用される具材ですが、クオリティが高いので不満はないですね!

◎まとめ - 燕三条系を楽しむという点なら十分


ひさしぶりの素直な燕三条系カップ麺といった印象でしたね!
最近は煮干系のカップ麺は多くても燕三条系は減ってましたしね!

この煮干が強めで、ベースの部分ではあまり動物系を主張せず、
動物系はあくまで背脂というバランスが非常にいいのですよね!

新潟燕三条系の味わいを楽しみたいときは最適な一杯ですね!(゚x/)モギュギュッ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/21発売 博多新風×ラーメン凪 BUTAO 黒赤とんこつ

6/21発売の東洋水産「博多新風×ラーメン凪 BUTAO 黒赤とんこつ」を食べました!
博多の有名店「博多新風」と東京の有名店「ラーメン凪 BUTAO」とのコラボです!

6/21発売 博多新風×ラーメン凪 BUTAO 黒赤とんこつ

この2つのお店のコラボ商品は実は今回が初めてではないのですよね!

どんぶり型ノンフライ麺のコラボ商品を2013年に紹介していますね!
そのときも新風=マー油、凪=ピリ辛という構図は今回と同じでしたね!

どちらも豚骨ラーメンのお店なので、ベースは共通しています!(*゚ー゚)

また「ラーメン凪 BUTAO」単独でもカップ麺も何度か出ていますね!

ラーメン凪 BUTAO TONKOTSU RAMEN(縦型カップ)
ラーメン凪 豚王 辛ダレ豚骨(どんぶり型ノンフライ)

「ラーメン凪」というと、煮干ラーメンのお店の印象が強いですが、
豚骨ラーメンをベースにしたお店もけっこう有名みたいですね!

6/21発売 博多新風×ラーメン凪 BUTAO 黒赤とんこつ(内容物)

◎内容物 - 辛ダレはなく、マー油のみ


内容物はフタに貼り付けられた調味油(マー油)となっています!
「ラーメン凪 BUTAO」らしさの表現が気になるところですね!

6/21発売 博多新風×ラーメン凪 BUTAO 黒赤とんこつ(できあがり)

見た感じだと、完全に「マー油豚骨」といった感じになってますね!

◎スープ - マー油豚骨+多めの唐辛子


まずはスープですが・・・おおむねノーマルなマー油豚骨ですね!(●・ω・)

ベースはライトで臭みの無い、ややまろやか系の豚骨スープです!
なので、豚骨の攻撃性でガツンと来るようなタイプではないです!

過去の「凪 BUTAO」系もパンチよりはまろやか路線でしたし、
あまりヘヴィではないのは予想通りと言えるものではありましたね!

ただちょっとライト寄りすぎるような気もしないではないですが!

そのあたりをサポートしているのがマー油に含まれる豚脂ですね!

マー油なのでもちろん焦がし油+植物油脂が多くはあるのですが、
豚脂もかなり含まれていて、豚脂入りマー油みたいになっています!

この豚脂によって豚の厚みがけっこう強められているのですが、
それゆえに後半に油脂が弱まるとライトっぽくなったりもします!

そして赤と黒のバランスはやはり完全に黒(マー油)が優勢です!(=゚ω゚)

マー油についてはにんにくの焦がしの苦味もけっこう出ています!

本来は赤は「凪 BUTAO」らしい辛ダレで表現するところなのですが、
縦型カップなので小袋を2つつけるわけにはいかなかったのでしょうね!

エースコックは縦型カップでも平気で小袋を2つ以上入れてきますが、
東洋水産が2つ以上の小袋をつけたことはなかったように思いますし!

そこで「赤」は単に唐辛子で、「黒」はマー油で表現したのでしょう!

それゆえに「赤」はちょっとしたピリ辛感ぐらいの演出になっていて、
どうしても「黒」との比較という点ではいくぶん弱くなっていますね!

ただ唐辛子はそこそこ多いので、一定の刺激は見せてはくれるのですが!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、豚脂、香味油脂、食塩、砂糖、でん粉、植物油、
香辛料、しょうゆ、脱脂大豆粉、酵母エキス、たん白加水分解物となっています!

◎麺 - パツパツとした豚骨向けの麺


麺はパツパツとした歯切れのいい油揚げ麺となっています!

この麺は完全に豚骨ラーメン向けを指向したものになってますね!

東洋水産の豚骨向けの麺も一時期よりも大幅に良くなりましたね!(*゚◇゚)

東洋水産の豚骨向けの麺って、単に戻っていないだけのことがあって、
パツパツというよりはサクサク、みたいなこともあったりしましたが、
今回はきちんと「硬めらしいパツパツ感」を感じることができました!

そういう点で豚骨ラーメンの総合力の高さはきちんと感じましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは476kcalとなっています!
脂質は25.6gで、麺量を考えるとなかなか高めの数字ですね!

◎具材 - 多めの唐辛子もポイント


具材は味付豚肉、粗びき唐辛子、きくらげ、ねぎとなっています!

ねぎは細かい小口切りのもので、やわらかいタイプの薬味のねぎです!
いかにも九州系の豚骨ラーメンを意識したタイプの細かいねぎですね!

量も多いので、薬味としての活躍はしっかりとしてくれますね!

きくらげはホール系で、ややふんわりとしたコリコリ感があります!

味付豚肉は東洋水産らしいリアル系の豚肉となっています!

この肉って、豚骨系のスープと非常に相性がいいのですよね!
肉の下味が絶妙に豚骨スープと交わるところがポイントですね!(`・ω・´)

量も多いですし、いつものようにしっかりと活躍してくれます!

そして粗びき唐辛子も主役の一つなだけあって量は多いです!

本来は辛ダレが担うところをかわりに唐辛子にしていることもあり、
その分だけ唐辛子そのものの風味を立てる点で活躍していますね!

辛ダレには及ばないものの、それなりに頑張ろうとはしていますね!

◎まとめ - コラボと考えず、普通の「黒赤豚骨」として楽しもう


豚骨ラーメン店同士のコラボで、片方のお店はマー油で個性を出し、
もう一つのお店は唐辛子で個性を出すというだけのスタイルなので、
正直なところ「よくある黒赤豚骨」でしかなかったりします!

なので、あまりコラボ感については求めないほうがいいでしょう!

しかも「赤」については、単なる粗挽き唐辛子だったりしますしね!

普通のマー油+唐辛子の豚骨ラーメンと思って食べるのがいいですね!(゚x/)モッキキ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/14発売 マルちゃん 正麺 カップ 炎の汁なし担々麺

6/14発売の東洋水産「マルちゃん 正麺 カップ 炎の汁なし担々麺」を食べました!
「正麺カップ 汁なし担々麺」から、辛さを強めたバージョンが登場しました!

6/14発売 マルちゃん 正麺 カップ 炎の汁なし担々麺

従来の「正麺カップ 汁なし担々麺」より唐辛子が2倍になってるようです!

とはいえ、もともとの「正麺カップ 汁なし担々麺」がそこまで辛くないので、
その2倍の唐辛子といってもそれほどの辛さにはなってないとは思いますが!(=゚ω゚)

それでも自分は辛さが強めの汁なし担々麺が好きでもあるので、
刺激の強さと旨味の調和が気になるところではありますね!

「辛さが増しておいしくなった」と言わせてほしいところですね!

6/14発売 マルちゃん 正麺 カップ 炎の汁なし担々麺(内容物)

◎内容物 - 構成は基本の「汁なし担々麺」と同じ


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
まず液体スープをまぜてから、粉末スープをまぶす方式です!

粉末スープがかなり水分を吸うので、湯切りは軽めでいいでしょう!

6/14発売 マルちゃん 正麺 カップ 炎の汁なし担々麺(できあがり)

粉末スープに含まれる唐辛子がけっこう麺についていますね!

◎タレ - 辛さが増したことで「汁なし担々麺」としてより骨太に


まずはそのタレですが・・・おっ、これはかなりいいのではないですか!(●・ω・)

辛さが増したことでむしろ汁なし担々麺としての完成度も高まってます!

もちろんこれは食べる人の辛さ耐性によるところも大きいのですが、
どうしても万人向けの汁なし担々麺は刺激が抑えめになりますが、
こちらはそこを少し攻めることで「そこそこ辛さが好きな人」にとって、
むしろバランスのいい刺激になってくれているのですよね!

予想外だったのは、花椒の刺激が非常にいい仕事をしている点でしたね!

パッケージでは唐辛子の辛さが2倍になったことばかり強調されてましたが、
これはむしろ花椒の刺激が強まったことのほうが効果は大きいですね!

自分の感覚では唐辛子はほどほど、花椒はしっかりと強さがあって、
食べ進めるにつれていい感じに舌に痺れがやってくる感じでした!

やっぱり汁なし担々麺に花椒は重要だなと改めて感じましたね!

そしてベースの味はねりごまとお酢の存在感がポイントですね!(*゚◇゚)

この「正麺カップ」の汁なし担々麺の大きな個性となっているのが、
液体スープにお酢がやや多めに入っているというところですね!

かといって、トータルとしてそこまでさっぱりしているわけではなく、
強めのごまによって、けっこうまったりとした仕上がりになってます!

とりわけ粉末スープに含まれるごまの要素がかなり強いのですよね!

◎タレの原材料


タレの原材料は植物油、香味油脂、米黒酢、チキンエキス、ねりごま、
デキストリン、ごま、香辛料(唐辛子、花椒、ガーリックパウダー)、
ぶどう糖果糖液糖、食塩、酵母エキス、たん白加水分解物となっています!

やはり原材料で見てもお酢の割合がけっこう高くなってますね!

◎麺 - 以前と比べてバランスが向上


麺はかなり太めで、汁なし担担麺に合うパワフルなノンフライ麺です!

最初に汁なし系正麺カップが出たときは麺のほぐれが少々悪くて、
それが自分の中で評価の足を引っ張ったところがあるのですが、
最近はその問題も解消され、かなり完成度も上がっていますね!(*゚ー゚)

自分が食べた感覚だと、以前より加水を少し下げた気がしますね!

前に比べると透明感がやや下がり、もっちり感はしっかり維持しつつも、
プリプリ感が以前より下がって、いかにも多加水な感じは薄まってます!

これは食感もありますが、麺のほぐれも意識したのかもですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは535kcalとなっています!
脂質は20.7gで、ノンフライ系としてはかなりの高さです!

このあたりは汁なし担々麺ならではのヘヴィさが出ていますね!

そして麺量がしっかりと90g確保されているのがうれしいです!
ただカロリーも油揚げ麺の商品と同じぐらいに高くなってますが!

◎具材 - パワフルな豚団子が見どころ


具材はチンゲン菜と豚団子というシンプルな組み合わせです!

担々麺と言えばひき肉系の具材が入ることが多いのですが、
こちらは粒の大きな豚団子があえて起用されているのですよね!

でもこの豚団子が豚の旨味をギュッと詰め込んだものになっていて、
量は少なめながらも、食べごたえがかなり素晴らしいのですよね!(`・ω・´)

あえてこうしたタイプの肉具材を使うのもアリだと思いました!

チンゲン菜はややカットが小さく、存在感は多少控えめでした!
それでも麺と絡めることで担々麺らしさはグッと強まりますね!

◎まとめ - 汁なし担々麺としてかなりの完成度


最初にノーマル版の「正麺カップ 汁なし担々麺」を食べたときに比べて、
あらゆる面において完成度が高まっていて大いにうならされましたね!

今発売されている全てのカップ汁なし担々麺の中でもトップかもですね!

やや辛味が強めなので、これがそのままレギュラーにはならないでしょうが、
自分としてはこれは食べるだけの価値が十分にあるように思いましたね!

少し刺激が強めの汁なし担々麺を求めるなら間違いないでしょう!(゚x/)モギュール

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/21発売 QTTA裏 辛コク味噌味

6/21発売の東洋水産「QTTA裏 辛コク味噌味」を食べました!
QTTAの味噌味から裏メニューバージョンが登場しました!

6/21発売 QTTA裏 辛コク味噌味

最近は「QTTA」の裏メニュー商品が頻繁に登場しますね!

ただこのところ「QTTA」の新作がなかなか入手できないのですよね;
でも今回はひさしぶりに入手できたので、きちんと紹介できます!

これまでの「QTTA」の裏メニューは醤油やシーフードなどの
以前からある「QTTA」の主力商品の派生にとどまってましたが、
今回は比較的新しい商品である「味噌」から裏が登場しました!(=゚ω゚)

というか、「QTTA」の味噌は今年3月に登場したばかりですからね!

しかしながらけっこう多くの店で品ぞろえされているのですよね!

でもって、今回のように裏メニュー商品まで登場したということは、
「QTTA」の味噌は完全にレギュラーの地位を確保したのでしょうね!

そのかわり「豚骨」がレギュラーから外れて消えてしまいましたが;

どうも縦型カップの豚骨ラーメンって人気が出にくいのですかね;

6/21発売 QTTA裏 辛コク味噌味(内容物)

カップの周りに大量に粉末スープがつくのは「QTTA」らしいですね!
小袋などはついておらず、お湯を注ぐだけで作ることができます!

6/21発売 QTTA裏 辛コク味噌味(できあがり)

オイルがないので、一般的な辛味噌ラーメンとは雰囲気が違いますね!

◎スープ - バランスの良さとピリ辛感が光る


まずはスープですが・・・おぉ、これはバランスのいい辛味噌ですね!(●・ω・)

とはいえ、一般的な辛味噌ラーメンとはかなりアプローチが違うので、
「辛味噌ラーメン」という表現は使わないほうがいいかもしれませんね!

辛味噌ラーメンというと、ラー油でガツンとパンチを出したものや、
あるいはすっきり系のシャープな赤味噌系のタイプのものがありますが、
これはもっと素直にノーマルな味噌ラーメンを辛口にしたものですね!

また辛味噌ラーメンというと、ガーリックが強いことが多いですが、
そうしたワイルドさもあまり強調してないのが特徴と言えますね!

純粋に「QTTA 味噌」を辛口仕立てにしたというような雰囲気です!

ただ他の「QTTA」の裏メニュー系の辛口商品とも少し違うのですよね!(*゚ー゚)

「QTTA」の辛口系商品は単純にチリペッパーを足したものが多く、
単純なたし算なので複合的なまとまりは少々弱かったりしますが、
こちらはもうちょっと総合的な味のバランスの良さを感じます!

ある程度複合的に香辛料の刺激を高めたというような印象ですね!
チリペッパーだけでなく、胡椒系の刺激なども強まっていますしね!

でもって、オイルに頼っていないので食べやすさもあるのですよね!

辛味噌系ラーメンとしてはかなり食べやすい部類と言えるでしょう!
この「人を選ばないまとめ方」がこの商品の最大の魅力ですね!

◎スープの原材料


スープの原材料はみそ、香辛料、砂糖、粉末野菜、ポークエキス、ラード、
脱脂大豆粉、香味油脂、発酵調味料、たん白加水分解物となっています!

原材料の並びを見ると、基本の「QTTA 味噌」と変わらないのですね!

やはりおそらくはシンプルに香辛料の量を増やした形なのでしょう!

◎麺 - 「QTTA」の麺はやはり優秀


麺は中ぐらいの太さの「QTTA」らしい油揚げ麺となっています!

「QTTA」もひさしぶりに食べましたが、麺のクオリティが高いですね!

少し前にサンヨー食品の「和ラー」の麺に改めて感激しましたが、
東洋水産の縦型の看板である「QTTA」もいいものを持ってますね!(*゚◇゚)

縦型カップらしいスナック感とラードの香ばしい風味を与えながら、
食感は歯切れのプリッとした弾力が合わさって非常に優秀なのですよね!

というか、この麺って味噌系のスープと相性がいいですよね!

ほどほどの太さと絶妙な弾力って、まさに味噌系向けですからね!

この麺もまた商品全体のクオリティの高さを引き立ててましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は61gで、カロリーは353kcalとなっています!
脂質は13.3gで、特に高い数字にはなっていませんね!

普段の「QTTA」は麺量66gですが、こちらは61gですね!
全体のコスト調整のために麺量を少し減らしてるのですね!

◎具材 - 「QTTA 味噌」のコーンが赤ピーマンに


具材はキャベツ、豚ミンチ、赤ピーマン、ねぎとなっています!

従来の「QTTA 味噌」と比べると、コーンが赤ピーマンに変わってます!
これはピリ辛系なので、甘みのあるコーンを外したのでしょうね!

たしかに赤ピーマンのアクセントと色合いはピリ辛に合ってますね!

キャベツは「QTTA 味噌」より量は減ってますが、スープとは合ってます!
何気に味噌系のスープとキャベツって相性はすごくいいですからね!(`・ω・´)

ねぎはごく普通の薬味で、特に目立つようなところはないですね!

豚ミンチは「さすがQTTA」とうならせるだけのクオリティがありますね!

この丸いミンチ系具材は他社にはない非常に見事な味を見せてくれますね!

ちょっとハンバーグ風と言いますか、日清の謎肉とかよりもリアル感が高く、
まさにしっかりと肉をまとめて作り上げたストレートな味がするのですよね!

この肉具材もまた「QTTA」の完成度を高めるうえで大いに貢献していますね!

◎まとめ - 軽いアレンジだが完成度の高さが光る


基本的には従来の「QTTA 味噌」に香辛料をプラスしただけなのですが、
それでも全体のまとまりの良さは特筆すべきだけのものがありますね!

自分としてはこれがレギュラー商品でも十分に満足できる内容ですね!
このタイプの辛味噌ラーメンであれば飽きることなく食べられますね!

非常に安心して食べることができる、質の高い辛味噌ラーメンでした!(゚x/)モキキキ

【関連記事】
QTTA裏 辛コク味噌味
QTTA コク味噌味
QTTA みそクリームオニオン味
QTTA裏 チリペッパーとんこつ味
QTTA裏 チリペッパーカレー味
QTTA裏 シーフードクリーム味
QTTA裏 焦がししょうゆ味
QTTA EXTRA HOT チーズ味
QTTA たらこバタークリーム味
QTTA とんこつしょうゆ味
QTTA トマトチーズくりーむ味
QTTA ガーリック&ペッパー味
QTTA 明太チーズ味
QTTA スパイスカレー味
QTTA EXTRA HOTラーメン
QTTA わさび&ビーフ味
QTTA フライドチキン味
QTTA ハンバーガー味
QTTA TOMATO CREAM
QTTA スパイシーコンソメ味
QTTA メキシカンタコス味
QTTA CURRYラーメン
QTTA サワークリームオニオン味
QTTA バーベキューチキン味
QTTA TONKOTSUラーメン
QTTA SHO-YUラーメン
QTTA SEAFOODラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/1発売 やきそば弁当 札幌みそラーメン風

2/1発売の東洋水産「やきそば弁当 札幌みそラーメン風」を食べました!
「やきそば弁当」ということで、もちろん北海道限定の商品です!

2/1発売 やきそば弁当 札幌みそラーメン風

「やきそば弁当」は北海道限定ということで大阪では入手しにくいので、
北海道フェアで一部の商品が買えるぐらいしか期待はしてなかったのですよね!

今回はローソンでの北海道フェアでこの商品を購入することができました!

この商品はそこそこ注目していたので、けっこううれしかったですね!(*゚ー゚)

北海道と言えば、どうしても味噌ラーメンを連想しやすいですし、
北海道におけるカップ麺と言えばこの「やきそば弁当」が有名なので、
その2つがこうして融合したというのはなかなか期待を持たせますね!

一方で味噌ダレはカップ麺にしにくいテーマではあるのですよね!
そこをどのようにクリアしてきているのかも今回はポイントですね!

2/1発売 やきそば弁当 札幌みそラーメン風(内容物)

◎内容物 - 今回のスープは白湯系


内容物はかやく、液体ソース、ふりかけ、スープとなっています!
もちろんスープは焼そばとは別に作るものとなっています!

2/1発売 やきそば弁当 札幌みそラーメン風(できあがり)

ややすっきりとした色合いの味噌系のタレとなっていますね!

◎ソース - 香味野菜の風味で札幌味噌らしさを演出


まずはソースですが・・・おっ、想像以上によくできていますよ!(●・ω・)

正直なところ「札幌味噌らしさ」はあまり期待してなかったのですよね!

札幌味噌ラーメンと言えば大量のラードがどうしても必要ですし、
それを焼そばで再現するとヘヴィな味になりすぎますからね!

かといって、ラードなしで札幌味噌らしさを表現するのは難しい、
だから単純に「味噌味としておいしければ」と思ったのですよね!

ですがフタを開けてみると、これは「札幌味噌」としておいしいです!

これ厄介なのが、原材料には「豚脂」も「動物油脂」もないのですが、
商品説明には「焦がし感のあるラード」と書かれているのですよね!

とすると、原材料の「香味油脂」がこの「焦がし風ラード」なのでしょう!

なるほど「香味油脂」という表現が何を指してるのか謎でしたが、
これは植物系か動物系かは問わずに香味系油脂のことなのですね!

なので、ラードの風味も強烈ではないもののそこそこ生きています!

でもって、「焦がし」というよりは「炒め」的な風味がありますね!
この炒めの風味によって札幌味噌らしさが高められていますね!

そしてそれ以上に重要なのは香味野菜の風味が生きている点ですね!(*゚◇゚)

札幌味噌ラーメンはラードの強さも大きな特徴となっていますが、
それだけでなく、生姜などの香味野菜もかなり重要なのですよね!

今回札幌味噌らしさを最も演出しているのがこの香味野菜でした!

そして赤と白の一方に偏り過ぎない味噌も札幌らしさがあって、
なんだかんだできちんと札幌味噌らしさが演出されていましたね!

こうして食べると、「あぁ、札幌味噌ラーメンの表現って、
決して大量のラードだけではないんだ」と実感させられますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料はみそ、しょうゆ、砂糖、香味油脂、オイスターソース、植物油、
香辛料、ポークエキス、チキンエキス、たん白加水分解物、酵母エキス、発酵調味料です!

◎麺 - 味噌ラーメンを意識した太めのプリ麺


麺は中太ぐらいの太さでプリッとした質感を感じさせる油揚げ麺です!

「やきそば弁当」というと、おおむね中細の麺が使われるのですが、
今回は味噌ラーメンを意識して太めの麺をチョイスしてきましたね!

そして麺の太さだけでなく、食感も味噌系を意識している感じです!(`・ω・´)

札幌味噌ラーメンの麺というと、多加水のプリッとした食感が特徴ですが、
この麺はそこそこプリッとした質感を感じさせるものになってるのですよね!

この麺による札幌味噌の表現もなかなかポイントになっていましたね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは514kcalとなっています!
脂質は23.1gで、おおむね標準的な数字に収まっていますね!

◎具材 - 標準的だが味噌ラーメンらしさは十分


具材はキャベツ、ひき肉、コーンという組み合わせです!
ふりかけはごまと胡椒などの香辛料を合わせたものです!

具材はカップ麺における味噌ラーメンらしいものですね!

ただキャベツとひき肉は札幌味噌ラーメンとよく合いますし、
焼そばとして標準的ながらも雰囲気の演出に役立っていました!

特にひき肉は少量ながらも、グッと肉の風味を引き立ててました!(=゚ω゚)

コーンはもちろん味噌系のタレとは相性のいいものですね!

ふりかけはすりごまよりも胡椒の効果がなかなか大きかったです!
ごく軽めではありながらも、ピリッとアクセントになっていました!

◎スープ - 白湯らしさはあまりなく、胡椒が強め


スープはいつもよりも白濁した白湯スープとなっています!

白湯スープということで、まったりした風味なのかなと思いきや、
いかにもカップ麺的でケミカルで、胡椒の強い味わいとなっています!

まったり感は皆無で、「わかりやすいカップ麺風味」の感じでしたね!

なので高級感はないですが、胡椒の刺激がそこそこアクセントではありますね!

◎まとめ - 想像以上に札幌味噌の演出が秀逸


「味噌味としておいしければいいや」というぐらいの気持ちだったのに、
タレも麺もきちんと札幌味噌ラーメンを意識して組まれていましたね!

これは北海道でレギュラー商品として定着する力がありそうですね!

というか、これまで食べた味噌系焼そばの中でもかなり優秀ですし、
これは隠れた名作味噌焼そばというふうに言ってもいいでしょうね!

さすがは東洋水産、北海道に強いメーカーであるだけありますね!(゚x/)モキキョッ

【関連記事】
やきそば弁当 札幌みそラーメン風
やきそば弁当 たらこ味バター風味
やきそば弁当 ちょい辛(2020年)
やきそば弁当 旨塩
やきそば弁当(2020年)
やきそば弁当 焼とうきび風焦がし醤油味
やきそば弁当 たらこ味
やきそば弁当 ちょい辛
濃いやきそば弁当
やきそば弁当

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/14発売 マルちゃん 赤いたぬき 天焼うどん

6/14発売の東洋水産「マルちゃん 赤いたぬき 天焼うどん」を食べました!
セブンイレブン限定であの「赤いたぬき」から焼うどんが登場しました!

6/14発売 マルちゃん 赤いたぬき 天焼うどん

まさか「赤いたぬき」の焼うどんバージョンが出るとは思いませんでしたね!

「赤いたぬき」は「赤いきつね」と「緑のたぬき」のコラボ的商品です!
汁あり版は「赤いきつね」の麺とスープに天ぷらが乗ったものになっています!

もともとは「赤いきつね」と「緑のたぬき」の対決企画から生まれたものですね!

そして今回はそこからさらに派生して焼うどんバージョンが出たわけですが、
これはセブンイレブンにおけるここ数年の企画から生まれたものとなります!

ここ数年ほどセブンイレブンでは「赤いきつね/緑のたぬき」シリーズと
「タヌキとキツネ」というコミックのコラボ商品を出しているのですよね!

そしてそのキャンペーンからときどきこうした限定商品が登場します!(=゚ω゚)

「タヌキとキツネ」という名前から「赤いきつね」シリーズのマスコット
であるかのように見えますが、そうではなくそうした作品があるのですね!

あまりに「赤いきつね」とピッタリすぎるので公式キャラかと思いますよね!

このコラボが毎年続いているのを見るに、きっと人気があるのでしょうね!
実際に誰もが好めるようなそんなデザインのキャラクターになってますしね!

このキャンペーンをきっかけにファンになる人も多いように思いますね!

6/14発売 マルちゃん 赤いたぬき 天焼うどん(内容物)

◎内容物 - 調味油→粉末スープの順でまぜる方式


内容物はあとのせかやく、調味油、粉末スープとなっています!
調味油を麺にまぶしてから、粉末スープをかけるという方式ですね!

6/14発売 マルちゃん 赤いたぬき 天焼うどん(できあがり)

これは思っていたよりもなかなか豪華なビジュアルとなってますね!

◎ソース - おおむね「赤いきつね」を踏襲した味わい


まずはその味ですが・・・うん、「赤いきつね」らしい味わいですね!(●・ω・)

というか、「赤いきつね 焼うどん」の味とおそらくほぼ同じなのでしょう!

「赤いきつね」からはドラゴンボール企画として焼うどんが発売され、
そこから「赤いきつね 焼うどん」が定期的に発売されているのですよね!

なので、今回の商品は「赤いたぬき」の焼うどんバージョンであるとともに、
「赤いきつね 焼うどん」の具材違いバージョンとも言えるのですよね!

むしろイメージとしてはそちらでとらえたほうが近いのでしょうね!

風味としては粉末スープベースなので、「赤いきつね」に非常に近いです!

液体スープにして味の組み立てが変わったとかいうこともなく、
できるだけ「赤いきつね」をそのまま汁なしに落とし込んだ感じです!

なので、焼うどんながらも「なじみの味」として楽しむことができますね!

一方でここに調味油が加わることで一定の汁なしらしさも出ています!(*゚◇゚)

粉末ソース系の汁なしって、調味油がないと麺がほぐしにくくて、
なおかつ油脂感が少なくなりすぎて味のバランスが悪くなるので、
大抵の場合はこんなふうに多少の調味油が入ってくるのですよね!

ただこの商品はもともとそこまで油脂を強く打ち出す商品ではないので、
調味油は加わっているものの、そんなに重たい味わいになるわけではないです!

もちろん汁ありの「赤いきつね」に比べると多少の油脂感は立ちますが、
おおむねバランスのいい味として楽しめる範疇に収まっていますね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は植物油、食塩、しょうゆ、魚介エキス、砂糖、香辛料、
たん白加水分解物、粉末こんぶ、ねぎ、香味油脂となっています!

◎麺 - ほどよいもっちり感のあるうどん


麺は5分湯戻しの焼うどん向けの油揚げ麺となっています!

おそらくは汁ありタイプの「赤いきつね」の麺とは別物ですね!
汁なし向けにいくぶんもっちり感を強めた麺となっています!

普段の「赤いきつね」はもっちり感よりなめらかさ重視ですし、
また他の汁あり系にはがっしりしたタイプのうどんもありますが、
そのどちらでもなく汁なしに合うもっちり感が打ち出されています!

また汁なしはちょっともちっとするタイプの麺が合いますからね!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは504kcalとなっています!
脂質は24.2gで、汁なし系としてはノーマルな数字ですかね!

◎具材 - まさにたぬきときつねの共演


具材は味付油揚げ、小海老天ぷら、あおさ揚玉となっています!

このうち、天ぷら系の2つはどちらも後入れかやくとなっています!

汁ありの「赤いたぬき」は大きな天ぷらが入るスタイルですが、
こちらは大きな天ぷらではなく、揚げ玉が入るという形です!

でもそれが逆に「たぬきときつね」らしさを演出していますね!

いつもの「赤いきつね」の揚げをカットしたものは「きつね」ですし、
揚げ玉はまさに「たぬきうどん」の主役とも言えるものですからね!

「タヌキとキツネ」がそのまま具材で表現されているのですね!(`・ω・´)

カット揚げは量が多く、小海老天ぷらは海老の風味が非常に強く、
あおさ揚げ玉はノーマルな感じながらもサクサク感が楽しいです!

そして何よりどの具材も多めに入っているのがうれしいですね!

これは単に自分が具材の個体差として当たりを引いた可能性もありますが、
この手の商品ってサービス的な意味合いで具材が多いこともありますからね!

もともとお得感のある商品として作ってくれたのかもしれませんね!

◎まとめ - 味でも「たぬきときつね」を楽しもう


「タヌキとキツネ」とのコラボはこれで数年目ぐらいになりますが、
商品として「たぬきときつね」がきれいに融合してるのはいいですね!

いろんな意味で今回のキャンペーンにピッタリの商品と言えますね!(゚x/)モキキョッキョ

【関連記事】
マルちゃん 和風麺・色シリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.