2/4発売 Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝 創作らーめん style林 本気盛 スパイシー赤味噌

2/4発売の東洋水産
「Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
創作らーめん style林 本気盛 スパイシー赤味噌」
を食べました!

Yahoo!のラーメン企画である「最強の次世代ラーメン決定戦」の
第10回で優勝した「創作らーめん style林」の再現カップ麺です!

2/4発売 Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝 創作らーめん style林 本気盛 スパイシー赤味噌

「最強の次世代ラーメン決定戦」は毎年Yahoo!で開催されていて、
いろんなお店が普段お店で出していない創作的なラーメンを作り、
それを名前とビジュアルで投票して順位を決めるという方式です!

要するに実際に食べた人が順位を決めているわけではないのですが、
一応はその投票と並行してお店でもそのラーメンが提供はされます!(=゚ω゚)

さて、今回の「創作らーめん style林」は大阪の塚本にあるお店で、
自分は行ったことはないものの、名前はちょくちょく耳にします!

今回の限定ラーメンは得意とする味噌ラーメンをベースにしながら、
大阪スパイスカレーを意識したカレー味噌ラーメンとなっています!

「カレー+味噌のラーメン?」と思われるかもしれないですが、
実際にはカレーと味噌は非常に相性がいいのでそこは安心できます!

2/4発売 Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝 創作らーめん style林 本気盛 スパイシー赤味噌(内容物)

あら、「本気盛」シリーズとしてはちょっと具材が少ないですね!
今回はスープのほうにコストがかかったということなのですかね!

2/4発売 Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝 創作らーめん style林 本気盛 スパイシー赤味噌(できあがり)

集めてみるとそこそこ具材はあり、それなりの充実度はありますね!
また麺がやや平打ち気味の太麺で「本気盛」らしい雰囲気ですね!

まずはスープですが・・・これは非常に複雑性を感じさせますね!(●・ω・)

最大の主役は何かと問われたら、自分はスパイスだと答えますね!

それもわかりやすいカレー感というよりは、特有のスパイスを押し立て、
そのスパイスの持っている個性やクセも打ち立てたタイプのカレーです!

総合的なスパイス感というよりは、絞り込んで個性を立てた感じです!

このあたりのスパイスのとがらせ具合は「スパイスカレー」らしいですね!

またスープに浮かんでいるパセリもそうした感覚をより増幅させてます!

つい最近「カップヌードル」からも「スパイスカレー」が出てますが、
カップヌードルがスパイシーながらもわかりやすくもあったのに対し、
こちらはスパイスカレーの持っている複雑性がより意識されています!

そしてそのスパイスに次いで強く感じられるのが赤味噌の要素です!

ただ味噌ラーメンとカレーラーメンをミックスしたというよりは、
カレー要素だけだと全体の味がシャープになりすぎるところを、
味噌によって土台を作って全体を丸めているという印象ですね!

カレーとラーメンがよりなじむように味噌が入っている感じです!
なので、味噌はわかりやすい感じでアピールするのとは少々違います!

さらにこの2つに負けずに主張するのがラードと魚介の風味ですね!(*゚ー゚)

今回のラーメンはスープのベースに動物系は使われておらず、
魚介だしだけでまとめられているというのが大きな特徴です!

その魚介は煮干ではなく節系の素材が優勢になっています!
煮干の持っている特有のクセは特に前面に出ていないですし!

魚介ベースなので全体がすっきり感じられそうに見えますが、
実際はラードが多いので、けっこう分厚い風味となってます!

なので、たしかにベースには動物系は使われてないものの、
ラードが入ることで動物系の主張もかなり明確に立ってます!

スープの原材料はみそ、香辛料、植物油、食塩、ラード、ごま、
砂糖、粉末さばぶし、パセリ、たん白加水分解物、発酵調味料です!

こうして見ると魚介の要素は完全にサバ一色のようですね!
ワイルドかつ懐の深いサバで旨味をカバーしたのでしょう!

そして香辛料(スパイス)が多く、また油脂成分も多いですね!

また原材料にもあるようにごまがちょこっと顔を出してました!

麺は「本気盛」シリーズと同様の太めでやや平打ちぽい油揚げ麺です!

以前の「本気盛」の麺はスープを壊してしまうことも多かったですが、
最近はほんとその当時と比べるとずいぶんと大人しくなりましたね!

ただ麺の弾力はしっかりで、ブリッと力強さを持って主張しながら、
スープともほどよくなじみ、それでいて暴れすぎないバランスです!(*゚◇゚)

今回はスープの主張が非常に強いというのも功を奏してましたね!
このスープだったら、少々の麺では負けることはないでしょうし!

麺の量は多めの80gで、カロリーは488kcalとなっています!
脂質は22.8gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材は鶏ひき肉、玉ねぎ、ねぎという構成になっています!

ねぎはごく普通の乾燥具材で、量もそれほど多くありません!

ひき肉は鶏ということで、いつもの豚系よりは味は軽めです!
また粒も小さいので、肉としての主張はやや控えめですね!

その点で具材の主張はそれほどガンガン来るものではないです!

一方で玉ねぎは量もそこそこあり、パンチが効いていましたね!
今回の具材の主役は間違いなく玉ねぎと言っていいでしょう!(`・ω・´)

乾燥玉ねぎらしいシャキシャキとした食感がよく出ていて、
そこそこシャープな玉ねぎとしての刺激も持っていました!

これによってワイルドなカレーらしさが演出されていましたね!

大阪スパイスカレーの要素に味噌に魚介だしスープとラード、
さらにパセリが浮かぶなど、個性の非常に強い一杯でしたね!

そういう点では「次世代の味」という視点からは納得ですね!

少なからず人を選ぶタイプのスープの仕上がりではあるものの、
「斬新なラーメン」を求めるなら試す価値は十分アリでしょう!(゚x/)モギギッ

【関連記事】
TRY関連カップ麺 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

TRY(Tokyo Ramen of the Year)関連カップ麺 総合メニュー

東洋水産から出ている「TRY」関連商品の記事をまとめました!
「Yahoo! 次世代ラーメン決定戦」シリーズもこちらにまとめています!(●・ω・)

【Yahoo! ラーメン特集 最強の次世代ラーメン決定戦シリーズ】
Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 若武者 本気盛 花椒香る煮干醤油

Yahoo! ラーメン特集 2018-2019 第10回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 創作らーめん style林 本気盛 スパイシー赤味噌

Yahoo! ラーメン特集 2017-2018 第9回 最強の次世代ラーメン決定戦 次世代特別賞
 あらき軒 匠の一杯 本気盛 ニボチャチャスパイシー

Yahoo! ラーメン特集 2017-2018 第5回 最強の次世代ラーメン決定戦 ガツ盛り部門 優勝
 ラーメンにっこう でかまる 和風塩白湯

Yahoo! ラーメン特集 2017-2018 第9回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 本気盛 海鮮白湯味

Yahoo! ラーメン特集 2017-2018 第9回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 らーめん五ノ風 本気盛 豚味噌カレー

Yahoo! ラーメン特集 2016-2017 第4回 最強の次世代ラーメン決定戦 ガツ盛り部門 優勝
 麺や 神やぐら でかまる 極濃カレー麺

Yahoo! ラーメン特集 2016-2017 第8回 最強の次世代ラーメン決定戦 審査員特別賞
 みつか坊主醸 匠の一杯 燻製風味噌まぜそば

Yahoo! ラーメン特集 2016-2017 第8回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 若武者 本気盛 特濃旨辛鶏台湾

Yahoo! ラーメン特集 2016-2017 第8回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 中華蕎麦サンジ 本気盛 煮干香る生姜醤油

Yahoo! ラーメン特集 2015-2016 第3回 最強の次世代ラーメン決定戦 ガツ盛り部門 優勝
 らーめん小僧 でかまる 極濃とんこつラーメン

Yahoo! ラーメン特集 2015-2016 第7回 最強の次世代ラーメン決定戦 審査員特別賞
 JUNK STORY 濃厚貝だし味噌

Yahoo! ラーメン特集 2015-2016 第7回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 若武者 本気盛 合わせ味噌ど豚骨

Yahoo! ラーメン特集 2015-2016 第7回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 鯛塩そば 灯花 本気盛 白だし煮干味

Yahoo! ラーメン特集 2014-2015 第2回 最強の次世代ラーメン決定戦 ガツ盛り部門 優勝
 麺屋ガテン でかまる 赤カラ味噌担々麺

Yahoo! ラーメン特集 2014-2015 第6回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 金斗雲 本気盛 豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン

Yahoo! ラーメン特集 2014-2015 第6回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 らぅめん考房ありがた屋 本気盛 和風ペペロンチーノ仕立ての塩ラーメン

Yahoo! らーめん特集 2013-2014 第5回 最強の次世代ラーメン決定戦 審査員特別賞
 SOUPNUTS 濃厚ホタテ味炸裂麺

Yahoo! らーめん特集 2013-2014 第5回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 にっこう 本気盛 香り鶏醤油

Yahoo! らーめん特集 2013-2014 第5回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 麺と心 7 本気盛 濃厚煮干白湯

Yahoo! らーめん特集 2012-2013 第4回 最強の次世代ラーメン決定戦 審査員特別賞
 みつか坊主 匠 Black味噌

Yahoo! らーめん特集 2012-2013 第4回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 麺処まるは健松丸 本気盛 和風鶏塩麹

Yahoo! らーめん特集 2012-2013 第4回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 中華そば みのや 本気盛 濃厚煮干し

Yahoo! らーめん特集 2011-2012 第3回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
 新旬家 麺 本気盛 今昔鶏中華物語

Yahoo! らーめん特集 2011-2012 第3回 最強の次世代ラーメン決定戦 準優勝
 麺家うえだ 本気盛 焦がし風特濃


【TRY ラーメン大賞シリーズ】
2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 にぼし1位 しば田 煮干しそば
2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 とんこつ1位 愚直 豚骨ラーメン
2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン
2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 2連覇 飯田商店 醤油ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 とんこつ1位 愚直 豚骨ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 麺魚 濃厚鯛だしラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 3連覇 大島 味噌ラーメン
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 しば田 中華そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 2連覇 大島 味噌ラーメン
2014-15 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 しば田 中華そば
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 進化 塩らーめん
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 大島 味噌ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/4発売 昔ながらのナポリタン味焼そば(2019年)

2/4発売の東洋水産「昔ながらのナポリタン味焼そば」を食べました!
東洋水産の看板の一つである「昔ながらの焼そば」シリーズの新作です!

新作とは言っても、あくまで期間限定の商品という位置づけですが!

2/4発売 昔ながらのナポリタン味焼そば(2019年)

スパゲッティの懐かしい味わいである「ナポリタン」をモデルに、
「昔ながら」というフレーズに合うように作ってきたのでしょうね!

ところでこのシリーズから全く同じ名前の商品が過去に出てるのですよね!
ブログでも紹介してるのに、自分の記憶からは完全に抜け落ちていました(;゚ω゚)

当時の商品は2014年発売で、その後はどうも出ていないみたいなので、
「昔ながらのナポリタン味焼そば」としては5年ぶりの復活になります!

それだけ期間が空いていると、もはや普通の新商品という感じですが!

今では変わり種のカップ焼そばが多く出るので違和感は全くないですが、
以前に発売された頃は「ナポリタン味」はけっこう奇抜に思えましたね!

東洋水産はそれ以前にも何度かナポリタン系の焼そばを出していますが、
これが自分にはあまり合わず、良くない印象を持ったりもしてましたね;

2/4発売 昔ながらのナポリタン味焼そば(2019年)(内容物)

内容物はかやく、粉末ソース、調味油という組み合わせです!
まず調味油をまぶしてから、粉末ソースをまぜるという手順です!

調味油はけっこう赤く、いかにもナポリタンっぽい色合いです!

2/4発売 昔ながらのナポリタン味焼そば(2019年)(できあがり)

うん、ビジュアルについてはけっこうナポリタンらしいですね!

まずはその味ですが・・・うん、これは素直においしいですね!(●・ω・)

ナポリタンらしくケチャップの持っている甘みが強いです!
そしてケチャップを中心に意外と味にひねりは入れてません!

ナポリタンはシンプルなほうがその雰囲気が出てくれるので、
あまりひねりを入れてないのもプラスにはたらいていますね!

そして特徴的なのが、ベースの旨味がけっこう強い点ですね!

ナポリタンというと、作り方次第ではケチャップ一辺倒になりますが、
ベースの旨味を強めることで、そういう偏りを上手くなくしています!

ソースの原材料を見ると、粉末野菜やチキンエキスが入ってるので、
このあたりが全体の旨味の下支えをしている面があるのでしょうね!

また調味油によって与えられている香味も炒め感を出していますね!
ナポリタンはフライパンで炒めることで出る旨味も重要ですからね!

ソースの原材料は砂糖、植物油、粉末野菜、食塩、乳糖、チキンエキス、
たん白加水分解物、香辛料、香味油脂、パセリとなっています!

こうして見ると「トマトケチャップ」とは明確に書かれてないですね!
砂糖+粉末野菜(トマト)でそれらしさを表現したのかもですね!

2014年に発売されたバージョンと原材料を比較してみましょう!

[2014年版]
砂糖、植物油、野菜エキス、食塩、乳糖、チキンエキス、
たん白加水分解物、香辛料、香味油脂、パセリ

なんと、粉末野菜が野菜エキスになってる点以外は全く同じです!
なので、あくまで5年前の商品を微修正しただけなのでしょうね!

そう考えると、5年前に今でも通用する味を作っていたのは見事です!
もちろん栄養成分などの違いを見るとそこそこ調整してるようですが!(`・ω・´)

麺は「昔ながら」シリーズらしい断面の四角い中太油揚げ麺です!

ブログの記述を見ると、麺は5年前とは全く違うと見られます!

どうも5年前に使われた麺はかなり食感が貧弱だったそうですが、
今回の麺は貧弱さなどはなく、もっちり感が充実してましたね!

東洋水産の焼そば麺というと、ラードが多めに入ってるのが特徴で、
このラードの香ばしさが強く出て、それが個性にもクセにもなりますが、
その香りのもっちりとした強い食感が合わさる、まさにそうした麺ですね!

麺もやはり質が上がってるのか、麺単体でも満足できる力はあります!(*゚◇゚)

この点を考えると、総合力は5年前よりも上と言えそうですね!

麺の量は90gで、カロリーは478kcalとなっています!
脂質は20.7gで、カップ焼そばとしてはやや低めです!

2014年版は麺90gで、脂質23.6g、500kcalだったので、
全体としてはいくぶんライトになっているようですね!

具材は5年前と同じくひき肉、人参、いんげんとなってます!

ナポリタンと合ってはいるけど、不思議さも感じる構成ですね!(*゚ー゚)

ナポリタンと聞いて素直に思い出す具材というと、
玉ねぎ、ピーマン、ベーコンorハムになると思いますが、
なぜかそれらの具材だけはきれいに外していますしね!

ピーマンは赤ピーマンを、玉ねぎは東洋水産は多用しますし、
あとはベーコン的な素材を加えてくれてもいい気はしますが!

ただ東洋水産って、あまりベーコン的な具材はなかった気もしますが!

まぁ、今回の具材でも決してナポリタンとの相性は悪くないので、
十分に及第点を与えられるぐらいの完成度は見せていましたね!

甘さ、ケチャップ感に、ベースとなる旨味をしっかりと与え、
麺はもっちり力強く、具もそれなりとはいえナポリタンらしい、
安心して食べることができる一杯と思わせる仕上がりでした!

ナポリタン系が食べたくなったときにはちょうどいい一杯ですね!(゚x/)モニーン

【関連記事】
昔ながらのナポリタン味焼そば(2019年)
昔ながらの中華風ソース焼そば
昔ながらの関西風お好みソース焼そば
昔ながらの焼ラーメン
昔ながらの油そば
昔ながらのソース焼そば お好みソース
昔ながらのナポリタン味焼そば
昔ながらのソース焼そば 下町ウスターソース味
昔ながらのソース焼そば 凄太

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/28発売 QTTA わさび&ビーフ味

1/28発売の東洋水産「QTTA わさび&ビーフ味」を食べました!
東洋水産を代表する縦型カップブランド「QTTA」からの新作です!

1/28発売 QTTA わさび&ビーフ味

QTTAはレギュラー系商品とは別に「超スナック系」商品があり、
その期間限定の「超スナック系」からの新作があたるのが今作です!

また今回は「超スナック系」の第1弾商品として発売されたうちの1つだった
サワークリームオニオン味」が少しリニューアルされて再発売されています!

この「サワークリームオニオン味」はQTTAの中でもとりわけ優秀で、
昨年の「カップ麺Award」でもランクインさせたほどですからね!

レギュラー系商品と「超スナック系」はおおむね次の2点で区別できます!

・レギュラー系は商品名がローマ字、超スナック系はカタカナ表記
・レギュラー系は麺が中太麺、超スナック系は平打ちの幅広麺

麺の傾向に関しては今後の商品展開で変わってくるかもですが!(=゚ω゚)

さて、今回はこの「わさび&ビーフ」と「サワークリーム」の再発売でしたが、
これは明らかにどちらもポテトチップスのフレーバーを意識していますね!

「サワークリームオニオン」はプリングルズを代表するフレーバーですし、
この「わさび&ビーフ」は明らかに「わさビーフ」を連想させますからね!

ただ正式に「わさビーフ」とコラボしている商品というわけではないです!
「わさビーフ」とのコラボ商品は以前にエースコックが出していますね!

1/28発売 QTTA わさび&ビーフ味(できあがり)

今回は内容物を撮影するのを忘れたので、そのままできあがりに進みます!
この商品は小袋はついてないので、内容物を見てもあまり意味ないですしね!

まずはスープですが・・・スナック的でもありきっちりビーフでもあります!(●・ω・)

ベースになっているのは、牛肉やフォンドヴォー的なスープを連想する、
そうしたじんわりとした旨さを持った牛系のスープとなっています!

牛脂でガツンと来るようなスープでもなく、牛白湯系の重いタイプでもない、
洋風の牛スープらしい、すっきりとした中に旨味が広がってくるタイプです!

牛系の素材を利用したコンソメスープ的なイメージで見てもそこそこ近いです!

一応は牛脂も入ってますが、ゴリゴリと攻めるような雰囲気はないです!

そしてそこにパセリを加えて、軽く風味に清涼感を加えたような感じです!

よくよく考えると、こうした牛系スープはカップ麺としては珍しいですね!
牛系のスープはどうしても攻撃的な感じで使われることが多いですからね!

そしてそこに野菜などのスナック菓子的なフレーバーが重なってきます!(*゚◇゚)

お湯を入れる前だと、いかにもポテトチップスのフレーバーを思わせる、
スナック感があふれるような風味がグイッと前面に出てくるのですが、
そうした要素とビーフ系スープがミックスされたような感覚なのですね!

味の濃さだったり、風味の強さはかなりスナック菓子っぽいのですが、
一方でそのビーフの風味はスナック菓子的なところより一歩前にある、
それゆえ「スナック感」と「洋風スープ感」の両方を強く感じます!

そしてそこにアクセント的にふわっと香ってくるのがわさびの風味です!

たしかに食べ始めの頃はちょっとその刺激が鼻などにやってきますが、
すすったときにむせてしまうとか、そうしたことはほとんどないです!

なので、「わさビーフ」と比べるとビーフにスープ的な本格感が強く、
アクセントであるわさびに関しては控えめになっている印象ですね!

このあたりはもっとメリハリをつけて、しっとりとした味わいよりも、
パンチの効いたスナック路線をより徹底しても良かったかもしれませんが!

もっともその場合、食べる際にむせる人が出てくるとは思いますが!

スープの原材料は粉末野菜、砂糖、ビーフエキス、食塩、香辛料、
ゼラチン、たん白加水分解物、植物油、牛脂、パセリ、香味油脂です!

粉末野菜が中心となっているのはこの「超スナック系」らしいですね!
これによって「野菜を煮込んだスープ」的な雰囲気が出るのですよね!

麺はなめらかさとスナック感を上手く両立させた平打ちの油揚げ麺です!

「QTTA」の良さを支えているのは、この麺と言っても過言ではないですね!(*゚ー゚)

縦型カップに合うようにラードの香ばしさとスナック感を出しながら、
麺の質感はなめらかですすり心地が良く、ほどよいプリ感を持ってます!

見た目こそカップヌードルの麺をより幅広にしたような感じですが、
麺の食感の耐久性やコシの強さでは明らかに一歩前に行ってますね!

それでいてカップヌードルと同様のスナック的な感覚も持ってるので、
「質が高く、なおかつ受け入れやすい」麺に仕上がってるのですよね!

麺の量は66gで、カロリーは371kcalとなっています!
脂質は14.5gで、それほど高い数字にはなっていませんね!

具材は皮つきポテトと味付ひき肉という組み合わせになっています!

ひき肉具材は肉の風味がしっかりあって、質はなかなかの高さです!
肉としての味わいの本格さでは、他のひき肉具材を凌いでいますね!

やはり具材のクオリティの安定度にかけては東洋水産は強いです!

皮つきポテトは非常に味わいが良く、まさに本物のじゃがいもですね!(`・ω・´)

ホクホク感、いもの風味の濃さ、香ばしさ、どれを取っても優秀です!

「スナック的なビーフスープ」としてはたしかになかなかの安定度ですが、
「わさビーフ」を意識しすぎると多少のズレを感じるところはありますね!

あそこまで徹底したスナック感ではなく、わさびもあまり強くないですので!

あくまで「スナック感のある洋風スープに軽くわさびの風味を加えた」、
それぐらいの雰囲気で食べるのがちょうどいいかもしれませんね!

良質ながらももう少し突き抜けてもいいかなと思った一杯でした!(゚x/)モキキーン

【関連記事】
QTTA わさび&ビーフ味
QTTA フライドチキン味
QTTA ハンバーガー味
QTTA TOMATO CREAM
QTTA スパイシーコンソメ味
QTTA メキシカンタコス味
QTTA CURRYラーメン
QTTA サワークリームオニオン味
QTTA バーベキューチキン味
QTTA TONKOTSUラーメン
QTTA SHO-YUラーメン
QTTA SEAFOODラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/21発売 やみつき屋 四川式 汁なし担々麺

1/21発売の東洋水産「やみつき屋 四川式 汁なし担々麺」を食べました!
毎年発売されている「やみつき屋 汁なし担々麺」から「四川式」が出ました!

1/21発売 やみつき屋 四川式 汁なし担々麺

もう毎年の定番になっている「やみつき屋 汁なし担々麺」ですが、
このブログでも2014年から始まって出るたびに紹介していますね!

自分は昨年出た商品は次の年にスルーすることもときどきありますが、
この「やみつき屋 汁なし担々麺」は毎年記事にしているのですよね!

かといって、別にこの商品のファンというわけでもないのですが!(=゚ω゚)

というのも、味はあくまでオーソドックスで平均的な路線ですからね!

いつも紹介してるのは自分が汁なし系好きなのが最も大きいですね!

さて、今年は新たに「四川式」としての登場となりましたが、
パッケージでも明らかにわかる違いは実は具材なのですよね!

例年はひき肉、キャベツ、ねぎという組み合わせだったのですが、
今年はキャベツがなくなって豚肉とメンマが新たに加わっています!

要するによりラーメンを連想させるような具材に近づいてるのですよね!

1/21発売 やみつき屋 四川式 汁なし担々麺(内容物)

内容物はかやく、液体スープ、粉末スープとなっています!
かける順番は液体スープ→粉末スープというふうになってます!

1/21発売 やみつき屋 四川式 汁なし担々麺(できあがり)

具材が大幅に変わった以外はおおむね似たような見た目ですね!
液体スープがかなり多めに入っているというのも変わりません!

まずはその味ですが・・・あ、昨年よりもライト路線に振ってますね!(●・ω・)

実は昨年のバージョンはこのシリーズとしてはかなり特殊で、
商品名は同じながら思い切ったリニューアルだったのですよね!

鶏ベースから豚ベースとすることで味がより分厚くなって、
全体的にどしっとした太さを感じさせる仕上がりになってました!

「一つ一つの要素が力強いバランス型」という感じだったのですよね!

それに対して今年はそうした力強い要素はかなり弱まってます!
というか、端的に言うと一昨年の味に回帰したような感があります!

ほどほどに強いねりごま、そこそこ刺激を立てている花椒、
そして酢による酸味と、いかにもバランス型という味です!

もしかすると昨年の味が少々不評だったのかもしれませんね;

これだけ毎年出ている商品だと固定ファンも多いでしょうし、
昨年の味の変化を好意的に受け止めない層が多かったのかもです;

自分はむしろ現代における汁なし担々麺の味の主流の変化、
味の厚みや花椒の強さのブラッシュアップが気に入ったのですが、
今年はあえて昨年のリニューアルを破棄した感のある風味です!

そこでちょっとここ3年の原材料を比較してみましょう!(*゚◇゚)

[今年のバージョン]
植物油、香味油脂、米黒酢、チキンエキス、ねりごま、
食塩、糖類、デキストリン、香辛料(唐辛子、花椒)、ごま、酵母エキス

[昨年版(2018年版)]
植物油、香味油脂、砂糖、ポークエキス、ねりごま、みそ、
りんご酢、ごま、食塩、香辛料、デキストリン

[2年前版(2017年版)]
植物油、香味油脂、米黒酢、チキンエキス、ねりごま、
糖類、食塩、デキストリン、香辛料、ごま、酵母エキス

これはもう一目見ただけで、2017年版に回帰してるのがわかります!
というか、原材料の並びがそっくりそのまま2017年版ですからね!

2018年で導入されたポークエキス、みそ、りんご酢はどれも消えました;

2018年版のリニューアルが気に入っていた自分としては少々ショックですね;
あのバランス高くも厚みもあるスープもかなり良かったのですけどもね!

ところで今年新たに商品名に加わった「四川式」ではありますが、
一般的には花椒が強くなったというふうに連想されると思いますが、
昨年と比べるとむしろ弱まった感じで、強烈には目立ってません;

なので、具材以外は2017年版の焼き直しに近いと言えるでしょう!

麺はこのシリーズらしい断面の四角い中太の油揚げ麺です!

何ともワイルドな麺で、決してわしわし系ではないのですが、
パスッと歯切れよく切れる麺にラードの香ばしさが上がり、
さらに断面が四角いことによって歯触りが刺激的ですね!

パワーで押し込んでくるような麺にはなってないですが、
それでもスナック的でワイルドな麺なのはたしかですね!(*゚ー゚)

これは「やみつき屋」の大きな特徴の1つになってますね!

麺の量は100gで、カロリーは669kcalとかなり高いです!
脂質も36.9gと、担々麺らしく高い数字になっています!

昨年は脂質39.0gで696kcal、一昨年は脂質34.1gで651kcal、
どちらかというと、やはり一昨年に回帰した数字ですね!

昨年がヘヴィ路線に振っていたということがよくわかりますね!

具材はひき肉、豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせです!

昨年まではキャベツによって全体をややさっぱりとまとめて、
ねぎが香味を、ひき肉が担々麺らしさを演出していましたが、
今年はさっぱりとまとめる要素が完全に外されたのですよね!

ヘヴィ路線からの後退はこの具材の変化も関係してるかもです!

ただコリコリとしたメンマはなかなかしっかりしていますし、
豚肉はいつものリアル系豚肉よりはチャーシュー的な感じですが、
それでも十分に満足できるだけのクオリティは備えていました!(`・ω・´)

「四川式」と銘打たれて大きく変わったかのように見えますが、
実際のところは2017年版への回帰という印象が特に強かったです!

なので、このシリーズのファンであればおおむね満足できるでしょう!

ただいかにもバランス型でどっしりと攻める感じは少なめですが!
昨年の太い味が好きだった人は、ちょっと肩透かしになるかもです!

これまでどおりオーソドックスで食べやすい汁なし担々麺でした!(゚x/)モニュー

【関連記事】
やみつき屋 四川式 汁なし担々麺
やみつき屋 激辛 辛味噌キムチ
やみつき屋 辛味噌キムチ(2018年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)
やみつき屋 豚骨醤油
やみつき屋 汁なし担々麺(2017年)
やみつき屋 辛味噌キムチ(2016年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2016年)
やみつき屋 台湾まぜそば
やみつき屋 辛肉担々麺
やみつき屋 汁なし担々麺(2015年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2014年)
やみつき屋 辛味噌キムチ(2013年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG

1/14発売の東洋水産
「マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG」
を食べました!

「正麺カップ」の「うま辛担担麺」から辛口バージョンが出ました!

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG

「正麺カップ」の担担麺というと「うま辛担担麺」がありますが、
ときどきそのライバル的な存在とするべく新商品が出るのですよね!

過去には黒ごま系の「ごま辛担担麺 黒」であったり、
まったり系の「濃ごま担担麺」が出たことがありました!

ただレギュラーの「うま辛担担麺」はものすごくバランスがいいので、
少々の新作ではその壁に跳ね返されてしまう感じなのですよね!

そこで今回はいつもと違ったタイプの担担麺を出すのではなく、
そのレギュラーの「うま辛担担麺」の変わり種で来ました!

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープは後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

1/14発売 マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG(できあがり)

おっ、明らかにいつもの「うま辛担担麺」より色が赤いですね!
ただビジュアルの方向性自体は極端には変わってないですね!

まずはスープですが・・・明らかに唐辛子系が強まってますね!(●・ω・)

もちろんシンプルに唐辛子の辛さ、花椒の痺れが強まってますが、
体感的には単純に刺激が強まったのとはちょっと違う感触があります!

「うま辛担担麺」の味がそのまま継承されつつ刺激が強まったというより、
唐辛子の風味など、味のうえで香辛料系の厚みが増した感じなのですよね!

唐辛子も花椒も単に刺激を持っているというわけではなく、
それぞれが特有の風味を持っていたりするわけですからね!

なので、そうした香辛料系の風味がやや前面に出ることで、
「うま辛担担麺」特有の風味は多少後ろに下がってますね!

ただ一方でそれを補うためのバランスの調整も多少見えますね!

ごまの濃度であったり、担担麺のベースとなっている要素を
いくぶん高めて全体のバランスを取っている感がありますね!

なので、トータルとして見ると「うま辛担担麺」を継承しつつ、
香辛料系を中心にスープ全体の厚みを一段増してきた印象です!

また今回の主役である辛さですが、決して極端な強さではないです!(*゚◇゚)

もちろん従来の「うま辛担担麺」と比べて唐辛子が3倍、
花椒が2倍となって刺激は明らかに強まっているのですが、
激辛や大辛ではなく、あくまで辛口といった範囲ですね!

なので、極端に辛いものが苦手でなければ大丈夫でしょう!

スープの原材料はみそ、ポークエキス、香味油脂、豚脂、ねりごま、
すりごま、植物油、砂糖、香辛料、食塩、でん粉、しょうゆ、
豆板醤、チキンエキス、たん白加水分解物、酵母エキスです!

基本の「うま辛担担麺」の原材料と比較してみましょう!

[うま辛担担麺]
みそ、ポークエキス、豚脂、ねりごま、砂糖、すりごま、
香味油脂、植物油、食塩、でん粉、しょうゆ、豆板醤、
香辛料、チキンエキス、たん白加水分解物、酵母エキス

香味油脂、香辛料の2つが増えているのがはっきりわかりますね!
他の原材料の量についてはおおむね継承されていると言えそうです!

香味油脂は当然ながら花椒オイル+ラー油的なものでしょうね!

麺はいつもの正麺カップらしいリアル感の高いノンフライ麺です!(`・ω・´)

ほんとコシのリアル感にかけては右に出るものがないですね!
表面のつるみ、のどごし、絶妙のコシと非の打ちどころがないです!

さらに麺のほぐれが良くなれば、さらに言うことはないですね!

担担麺は本来は細めの低加水麺が使われることが多いのですが、
「正麺カップ」は多加水系でありながら担担麺に合うのですよね!

ある意味では担担麺の新しい形を作っている存在とも言えますね!

麺の量は65gで、カロリーは473kcalとなっています!
脂質は20.0gで、ノンフライ麺系としては非常に高いです!

担担麺系はごまの脂質が入るので高くなるのですよね!

基本の「うま辛担担麺」は脂質17.2gで447kcalとなってるので、
スープや油脂をいつもより厚めにしてきてるのがわかりますね!

具材はひき肉、チンゲン菜、ごまという構成になっています!

粒ごまに関しては具材というよりスープの一部に近いですね!

プチプチとした食感と香ばしさがスープを底上げしていて、
練りごまとはまた違った魅力を出すことに貢献しています!

ひき肉は粒も大きめで、ひき肉としての肉の風味、肉感も強く、
担担麺に使われる肉としても十分な満足感を備えています!(=゚ω゚)

そしてチンゲン菜ですが、これは具材の変更があったようですね!

以前は「うま辛担担麺」でもひき肉+ねぎだったのですが、
より担担麺らしくなるようにチンゲン菜になったようです!

チンゲン菜というと、担担麺には欠かせない野菜でもあるので、
これが具材として採用されたのは大きなプラスと言えますね!

辛味や痺れとともに全体の厚みが底上げされた一杯でしたが、
ただ今回の商品を食べているうちにどうしても感じるのが、
「うま辛担担麺」のバランスがいかに良いかなのですよね!(*゚ー゚)

たしかに刺激も厚みも高まっていて一つの担担麺として優秀ながら、
「うま辛担担麺」はやはりいつものバランスのときが一番おいしい、
そのことを感じさせられてしまう仕上がりでもあったのですよね!

「うま辛担担麺」だけを食べるとさらなる刺激が欲しくなる一方、
実際にそうした商品が出たら「うま辛担担麺」の凄味が映し出される、
もしかするとそうしたところまでこの商品の狙いなのかもですね!(゚x/)モギロッ

【関連記事】
マルちゃん 正麺 カップ うま辛辛辛担担麺 STRONG
マルちゃん 正麺 カップ トリュフ香る鶏白湯
マルちゃん 正麺 カップ ゆず香る金色塩
マルちゃん 正麺 カップ うま辛野菜タンメン
マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 野菜ちゃんぽん
マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ こく野菜タンメン
マルちゃん 正麺 カップ 旨こく豚骨醤油
マルちゃん 正麺 カップ ごま辛担担麺 黒 & うま辛担担麺 赤
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚しお豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚担担麺
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚味噌
マルちゃん 正麺 カップ 黒マー油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 辛こく塩担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 旨みだし塩
マルちゃん 正麺 カップ うま辛担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 香味まろ味噌
マルちゃん 正麺 カップ 濃厚とろ豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 芳醇こく醤油
マルちゃん 正麺 豚骨味
マルちゃん 正麺 味噌味
マルちゃん 正麺 醤油味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/8発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味

1/8発売の東洋水産
「元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味」
を食べました!

ローソンのみで先行販売されている商品となっています!

1/8発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味

ローソンと「ゴーゴーカレー」とのコラボは以前にもありましたね!
そのときは素直な「ゴーゴーカレー カレーヌードル」でした!

またその以前には麺屋武蔵とのコラボラーメンが出たこともあります!
ただこのときは特にローソン限定ということはなかったみたいですが!

さて、ゴーゴーカレーというと金沢カレーを代表するお店ですね!

金沢カレーと言うと、とにかくカレーの濃度が高く超濃厚です!
そして色がものすごく黒いというのも大きな特徴になってます!

実際にご飯と食べるときは千切りキャベツなどが添えられたり、
上にカツがトッピングされたりといった特徴もあるようです!

ただこの商品はあくまでカップ麺での実現ということもあって、
千切りのキャベツやカツというあたりまでは再現されてませんが!(*゚◇゚)

1/8発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味

そのかわり今回は内容物にチーズキューブが入っています!
そう、今回は「チーズカレー」としてのカップ麺になってるのですよね!

ただでさえ超濃厚な金沢カレーにチーズが加わるとどうなるのか、
なんだかひたすら重くなりそうでもあり、コクが加わりそうでもあり、
チーズが加わったときにどのようなバランスになるのかが気になります!

1/8発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味

いやはや、ほんと真っ黒で濃度が高そうなビジュアルですよね!
これだけでも超濃厚カレーであることが伝わってきますしね!

まずはベースのスープですが・・・濃度抜群ながらもいけますね!(●・ω・)

濃度が高いと言っても、味が濃いというのとはちょっと違い、
カレー感が強いながらも、油脂がゴリゴリ押し込む感じはなく、
カレーソースのベースであるフルーツや野菜の風味が強いので、
濃厚でありながら同時にヘルシーな印象すら感じるのですよね!

動物系+野菜をたっぷり煮詰めたヘルシーカレーという感じです!
そのため濃度はものすごく高いのに、別にお腹に残らないのですよね!

そしてこの段階でもスープからはチーズの風味がけっこうしてきます!

どうもチーズは具材のチーズキューブだけに頼ってるのではなく、
ちゃんとカレーソースの部分にもチーズ感を出しているようです!

さて、今回のチーズキューブは具材として楽しむというよりは、
スープと徹底的にまぜて溶かし込んだほうがいいみたいなので、
そうしてチーズキューブを完全にスープと一体化してみました!

そうすると・・・おおぉ、金沢カレーとチーズの相性は抜群ですね!(`・ω・´)

金沢カレーは濃厚ながらも味はすっきりシャープさがありますが、
チーズによってそういう鋭さが上手く丸められているのですよね!

なので、風味のコク、まろやかさという点では大幅に向上します!
でもって、カレーに負けずチーズらしい風味もしっかりと出てます!

さらに秀逸なのは、金沢カレーの濃度が醸し出すヘヴィな要素が
チーズの丸みによっていくぶん食べやすくなっているのですよね!

濃度+チーズのコクでよりヘヴィな方向に向かうのかと思いきや、
金沢カレーの重い部分はチーズの風味が丸める方向へ向けていき、
逆にシャープな部分はチーズの風味によってまったりとするなど、
ちょうど相互補完的に活躍しながら個性を上手く高めています!

これは日常で金沢カレーを食べるときにもいいかもしれませんね!

金沢カレーの重さをいい具合にチーズが中和してくれていて、
なおかつチーズの個性も楽しめるので一石二鳥の役割です!

ここに目をつけてカップ麺化したというのは正解だったでしょうね!

スープの原材料は香辛料、砂糖、乳等を主要原料とする食品、ポークエキス、
食塩、野菜エキス、でん粉、たん白加水分解物、酵母エキスとなってます!

こうして見るとスープの段階で乳製品系が入ってるのがわかりますね!
また野菜のエキスが1つのポイントになっていることも見えてきます!

麺はやや平打ち系ながらも一定の厚みのあるワイルドな油揚げ麺です!
東洋水産が得意とする「本気盛」系の麺と言ってしまっていいでしょう!

「本気盛」系の麺は最近はずいぶんと大人しくなってきたものの、
もともと非常に主張の強い麺で、麺勝ちすることも多いのですが、
今回の超濃厚ドロドロスープの前ではこの麺も完全に負けますね!

むしろこの主張の強い「本気盛」麺だからこそ持っている面もあり、
その麺の主張によって何とかスープに食らいついている感じですね!

それゆえに今回のスープに合わせる麺としては最適と言えるでしょう!(*゚ー゚)

麺量も80gと多めで、カロリーは476kcalと高めです!
ただ脂質は19.7gと、実はそれほど高いわけではないです!

これがこのシリーズの食べやすいところでもあるのですよね!

具材はチーズキューブ、豚肉、キャベツという組み合わせです!

チーズキューブはスープの一部に近いのでここでは割愛しますが、
まず豚肉は東洋水産が得意とする質の高いリアル系となってます!

これは肉感、風味ともに文句なく、全体を引き上げてくれてますね!(=゚ω゚)

ほんとこの肉具材が入るというだけで全体の印象が上がりますからね!

キャベツは金沢カレーの特徴である千切りキャベツを模したのですかね!
もちろんこちらは煮込んだキャベツ風なのでその個性は全然違いますが!

ただ金沢カレーは野菜の風味も強いことから野菜と相性が良く、
このキャベツもちょっとした箸休めとしては機能してましたね!

強烈な濃度と野菜重視のすっきり感とシャープさで攻めるカレー、
そこにチーズがどさっと入ることで、濃厚ながらも丸みがあり、
シャープながらもチーズの丸さがあるなど、実に補完的に噛み合い、
非常にベストなバランスを構築していたのは見事だと思いましたね!

食べ応え重視のカレーヌードルを求めるなら、これは十分オススメです!(゚x/)モギー

【関連記事】
元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル チーズ味
元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/7発売 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨

1/7発売の東洋水産
「博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨」
を食べました!

博多の豚骨ラーメンの有名店である「博多新風」というお店と
長野の鶏白湯の有名店である「気むずかし家」のコラボ商品です!

東洋水産はちょくちょくこうしたコラボ商品を出すのですよね!
これまでだと「田中商店」系と「凪」系のコラボが多かったですね!

今回の「博多新風」も「気むずかし家」もそれぞれ
「凪」とコラボした商品を過去に出しているのですよね!

ラーメン凪×博多新風 辛ダレ黒豚骨
気むずかし家×ラーメン凪 濃厚鶏ニボ

そして今度はその両者が直接タッグを組むという形になります!

1/7発売 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨

「博多新風」はマー油豚骨、「気むずかし家」は鶏白湯ということで、
今回のコラボ商品もちょうどその2つの要素を合わせたものとなってます!

豚骨スープと鶏白湯を合わせた鶏豚骨スープはけっこう見ますが、
そこにマー油も加わるということになるとちょっと珍しいですね!

鶏白湯+マー油という組み合わせはあまり見ないですからね!(*゚ー゚)

1/7発売 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨(内容物)

あれ、なんだか豚骨や鶏白湯というよりも山椒の香りがしてきますね!

東洋水産の白湯系は動物系の香りが粉末スープから強く出ますが、
今回はそれほどではなく、なぜか山椒っぽい香りが優勢となってます!

1/7発売 博多新風×気むずかし家 焦がしニンニク香る濃厚鶏豚骨(できあがり)

後入れのマー油をかけると完成ですが、このマー油は本格的ですね!
というのも、焦がしたにんにくの破片が大量に入っていましたし!

なので、調味油を入れるときにものすごくザラザラするのですよね!

まずはスープですが・・・第一印象はマー油豚骨が前面に出ますね!(●・ω・)

実はスープの構成でいうと、豚骨よりも鶏系が優勢ではあるのですが、
油脂に関しては鶏油はなく豚脂優勢で、そこにマー油が絡むわけで、
また食べ始めはどうしても油脂の主張が前面に出てくることがあり、
豚脂+マー油→マー油豚骨というイメージが頭の中でできあがります!

ただスープの奥のほうを味わうと、たしかに豚骨のワイルドさとは違う、
鶏白湯ならではのまったりとしたコクも感じ取ることはできるのですよね!

でもあくまでこの時点では、鶏白湯はコクの下支えをしている感じで、
主役はマー油+豚脂によるマー油豚骨的なイメージと言えるでしょう!

そんな鶏白湯よりもマー油が優勢と思えるようなバランスながらも、
トータルの味として見れば十分においしいと言えるものではあります!

そして後半にかけて表面の油脂の主張がだんだんと弱まってくると、
鶏白湯の存在感が前面に出て、鶏豚骨スープらしさが高まってきます!(*゚◇゚)

こうなるともともと豚骨よりも鶏白湯が強めに入っていることから、
鶏白湯のまったり感を豚骨のワイルドさが補完する感じに変わります!

この丸みのある白湯スープの旨味もなかなか魅力的ではありますね!

一方でこうしたコラボ商品の難しさはやっぱり感じさせますね!

どうしてもコラボにすると一方のスープが主役として目立つかわりに、
もう一方のスープはコクの下支えみたいな感じになってしまいますからね!

今回も鶏白湯は後半になるまでは下支えという印象のほうが強かったですし!

スープの原材料は豚脂、チキンエキス、香味油脂、香辛料、砂糖、
ポークエキス、食塩、植物油、たん白加水分解物となっています!

鶏白湯優勢ながらも豚脂とマー油(香味油脂)が強いのが見えますね!

麺は湯戻し2分の断面の四角いタイプのやや硬めの油揚げ麺です!

今回全体の印象を高めてくれていたのが、この新開発の麺ですね!(`・ω・´)

東洋水産の豚骨向けの硬めの麺はとにかくスナック感が強くて、
本格的なスープとはほとんど合わないと言えるものだったのですが、
今回はまずこれまでの麺と比べて縮れが大幅に少なくなってます!

豚骨向けの硬麺は基本的にはストレート麺ということになるので、
縮れが減ったのは豚骨向けの麺としては大きなプラスとなります!

また食感も単なるスナック感ではなく、ほどよい歯切れがあり、
これまでに比べて一歩本格路線に近づけてきたことがうかがえます!

おそらくこの麺は「ハリガネ」など、今後の東洋水産の豚骨系に
応用されてくることになるので、この点は期待が持てますね!

麺の量は70gで、カロリーは468kcalとなっています!
脂質は24.1gで、麺量を考えるとけっこう高めの数字ですね!

具材は豚肉、きくらげ、ねぎという組み合わせになっています!

豚肉は東洋水産が得意とするリアル系で、やはり質が高いです!(=゚ω゚)

ほんとこの肉具材が入るだけで全体の完成度が上がるのですよね!
味付け、食感、肉らしさのどれをとっても文句がありません!

きくらげも豚骨ラーメンによく使われる刻みタイプではなく、
ホールきくらげっぽいカットになっているのがポイントです!

これは今回の具材の中でけっこうなアクセントになってますね!

前半にマー油が立ちすぎて、鶏白湯がサブっぽくなってましたが、
総じてバランスは良く、後半は鶏白湯もよく主張していましたし、
コラボ系としてはおおむね上手くまとまっていたと言えるでしょう!

マー油入りの白湯系ラーメンが好きな人なら安心して食べられますね!(゚x/)モキーン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/31発売 がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん

12/31発売の東洋水産
「がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん」
を食べました!

今年の「がんばれ!受験生」の麺系3商品のうちの1つとなります!
この商品以外の2つについてはもうすでに紹介していますね!

12/31発売 がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん

こちらは「まろやかカレーうどん」とかなりオーソドックスですね!

過去のこのシリーズでも「カレーうどん」が出たことはありますね!
自分のブログの過去記事だと「おこげ入りカレーうどん」があります!

今回はクリーミーさをどう演出できているかが鍵ですね!(*゚ー゚)

12/31発売 がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん(内容物)

内容物はかやくと粉末スープというシンプルな構成です!
コーンに関してはあらかじめカップの中に入っています!

12/31発売 がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん(できあがり)

おっ、他の2種類に比べて具材が充実した感じになってますね!
種類は決して多くはないものの、量はしっかりとしています!

まずはスープですが・・・オードソックスなカレーですね!(●・ω・)

和風だしは強くないので、和風系カレーうどんとは違って、
一応は動物系を軽くベースとした優しいカレー風味となります!

カレーうどんらしくとろみもそれなりにつけられているので、
麺と絡みという点ではかなり強いものを持っていると言えます!

そしてそこに絡んでくる粉乳によるクリーミーさなのですが、
これがあまりいい方向に機能している印象がないのですよね;

というのも、塩分の強さがちょっと足を引っ張ってるのですよね;

スープに粉乳が入っていて、そのクリーミーさを味わってみようと、
スープを飲んでみても塩気のほうが前面に出てきてしまうので、
肝心の乳製品によるまろやかさが体感的にはあまりないのですよね;

でもって、これが麺を食べるときにもけっこう影響してきます!
というのも、とろみがあるのでスープとの絡みがいいですからね!

なので、味の濃いカレーをガツンと食べたいときにはアリなのですが、
それだったらもうちょっとわかりやすいスパイシー路線向きでしたし、
クリーミー路線でこの味の濃さはマイナスにはたらいてしまってましたね!

自分はもともと味は薄いよりは濃いほうが好きなタイプなのですが、
その自分でも「ちょっと無駄に濃い」と感じられてしまうのは、
他の人にとってはさらにカドが強く感じられる可能性があります!

今回に関してはお湯の量を意図的に減らしたりもしてないですしね!

なので、お湯をちょっと多めに入れるともうちょっと良さが出るかもです!(=゚ω゚)

スープの原材料は食塩、砂糖、香辛料、豚脂、乳等を主要原料とする食品、ポークエキス、
しょうゆ、粉末野菜、たん白加水分解物、酵母エキス、粉末かつおぶしとなっています!

豚をベースにかつおは軽め、そこに乳製品を加えるという構成ですね!
ただ食塩が最も前に出ているのがちょっと気になる点ではありますね!

やはりこれが今回の塩カドの一番の影響になっていた感はありますし!

味がはっきりしてる分だけわかりやすいところはありましたが、
この商品は本来そこを目指すはずの商品ではないですからね!

麺はいつもの「赤いきつねシリーズ」らしいうどんとなってます!

厚みはそれほどないですが、なめらかな質感が大きな特徴で、
すすり心地、のど越しが良く、しなやかさを持ち合わせています!

ライバルである「どん兵衛」などに比べると麺の主張は控えめで、
今回はスープのとろみが強いことから、力関係という点で見ると、
明らかにスープのほうに比重が置かれた感じになっていましたね!

完全にスープ勝ちですが、まぁそれもいいかなと思います!(*゚◇゚)

麺の量は66gで、カロリーは388kcalとなっています!
脂質は17.9gで、そこそこ高めの数字になってますね!

具材はコーン、ひき肉、人参という組み合わせになっています!

人参はマルちゃんが得意とするクタクタのやわらかいものです!
なぜかマルちゃんのカレー系はこの人参が使われるのですよね!

そして主役のコーンはスープとの相性はごく普通なのですが、
しっかりと甘さを出して、食感の面でも貢献してくれてます!

でもって量も多いので、具材としての満足度はしっかりしてます!(`・ω・´)

そしてしっかりとした活躍をしてくれているのがこのひき肉です!

おそらく豚と鶏のミックスですが、風味・肉感ともになかなか良く、
少しさっぱりとした風味が今回のカレースープともよく合っていて、
なおかつ量が多いので全体の肉らしさを高める点で貢献しています!

ちょっと塩カドの強さがまろやかさの足を引っ張ってましたが、
そのあたりはお湯の量で調整できないこともない部分ですし、
そこさえ何とかすれば普通に楽しめるカレーうどんでしたね!

ただもうちょっと個性や驚きがあるとうれしかったですかね!(゚x/)モニュ

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(赤いきつねシリーズ)
がんばれ!受験生 まろやかカレーうどん
復刻版 緑のたぬき天そば
復刻版 赤いきつねうどん 西
マルちゃん 橙のたまごうどん
マルちゃん トリュフ香る鯛だしうどん
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

12/31発売 がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油

12/31発売の東洋水産「がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油」を食べました!
今年の「がんばれ!受験生」シリーズ4商品のうちの1つですね!

「麺づくり」、「俺の塩」、「カップうどん」、「ワンタン」の4つが出てます!
このうち「がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味」はすでに紹介してますね!

12/31発売 がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油

今回は「あんかけ醤油」ということで、ずいぶんオーソドックスですね!

調べてみると2011年に「麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ」という、
今回とかなり似たタイプのあんかけ風の醤油ラーメンが出ていますね!

ということで、毎年全く違う味になってるというわけではないようです!

そういえば当時は「麺づくりで点づくり」という名前だったのですよね!
今は商品タイトルに関しては普通に「麺づくり」となっていますが!(*゚ー゚)

12/31発売 がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという組み合わせです!

今回の粉末スープはとろみ成分も含まれているようなので、
投入するのは必ず湯戻し後という点に注意しましょう!

12/31発売 がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油(できあがり)

うん、いかにもあんかけ風のラーメンという仕上がりですね!
ごまが入っているのはいかにもこの受験生シリーズらしいですね!

まずはスープですが・・・うん、超王道のあんかけ中華味ですね!(●・ω・)

ほんとひねりの全くない中華あんかけ風味と言っていいぐらいで、
このタイプの味を求めるなら外れることはないと言えるでしょうね!

そのかわり何か驚きを求めても仕方のないタイプではありますが!

豚でほどよくベースを作り、醤油とオイスターソースで味を固め、
そこにごま油で香りをつけて、とろみによって全体をまとめる、
この上から王道の中華あんかけ路線の味わいと言っていいでしょう!

そしてこうしたあんかけ系は多めの野菜具材が欲しくなりますが、
その点についてはしっかり答えているのでまとまりはいいですね!

2011年に出たバージョンは粉末スープがなく液体スープのみで、
一応はとろみはついているもののごくごく軽めではありましたが、
今回は粉末スープのとろみ要素が強くあんかけ感は上でしたね!

そのため味の方向性は近くはありますが、大きく成長してますね!(*゚◇゚)

このあたりは時代の流れによる技術の発展なども感じさせますね!

スープの原材料はしょうゆ、ポークエキス、でん粉、食塩、植物油、
野菜エキス、香辛料、オイスターソース、香味油脂、ごま、酵母エキスです!

豚と野菜エキスをベースに醤油とオイスター、そして香味油脂と、
必要なポイントをきっちり押さえてまとめた仕上がりとなってますね!

麺は中細ぐらいの太さの縮れが少なめのノンフライ麺となっています!

湯戻し時間は4分のところ、今回具を整えるのに時間がかかって、
湯戻しが5分30秒ぐらいとちょっと長めになってしまいましたが、
それでも全然麺がしなしなになっているということはなかったです!

ほどよいしなかやさ、そしてプリッとした弾力も感じることができ、
今の標準的ノンフライ麺としてはほんとよくできていますよね!(=゚ω゚)

ライバルの麺職人が全粒粉麺に舵を切ったということもあって、
正統派の中華麺はこの価格帯では麺づくりの独擅場なのですよね!

そしてそうなるだけの力を感じさせる麺がここにはありますね!

麺の量は65gで、カロリーは289kcalとなっています!
脂質は3.5gで、極めて低い数字となっていますね!

具材はコーン、チンゲン菜、ふわふわ卵、人参となっています!

こうした中華あんかけ系は「五目あんかけ」であることが多く、
それゆえに具だくさんであることもポイントになるのですよね!

この商品はその点については十分にクリアしていると言えますね!

主役であるコーンは多く、ふわふわ卵はしっかり存在感を発揮し、
人参はクタクタなものの、その独自の風味はちゃんと見せています!

チンゲン菜の青菜の苦味なども時折感じることができますね!(`・ω・´)

特に何も奇をてらったり、新しいと思うところはないですが、
素直な「中華あんかけ系」を求めるなら外さないでしょうね!

スープ、麺、具材のどこにも弱点は見当たりませんでしたし!

またごまもアクセントとしていい仕事をしていましたからね!

身体を温めるあんかけラーメンを求めるならちょうどいいですよ!(゚x/)モキュキュリ

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
がんばれ!受験生 俺の塩 塩バター風味
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(麺づくりシリーズ)
がんばれ!受験生 麺づくり あんかけ醤油
麺づくり トリュフ香る芳醇しょうゆ
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.