2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味

2/5発売の東洋水産からの新作
「Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味」
を食べました!

「第9回最強の次世代ラーメン決定戦!」で優勝したラーメンのカップ麺版です!

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味

最近は魚介系の白湯ラーメンもちょくちょく見るようになりましたね!
まだブームとはいかないですが、次世代的な印象はたしかに強いですね!

大阪でも魚介白湯や鮮魚系の鯛白湯ラーメンを出すお店は増えてますし!(=゚ω゚)

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味(内容物)

「白湯」と銘打っていることもあって、粉末スープは真っ白ですね!
具材についても肉系ではなく海鮮系が主役となっているようです!

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味(できあがり)

白いスープと真っ赤な調味油のコントラストが非常に映えてますね!

まずはスープですが・・・あ、調味油は海老油がメインなのですね!(●・ω・)

真っ赤なのでてっきり辛味を持った油脂なのかと思っていたら、
辛さはほぼ皆無で海老油系の香ばしさをアピールしてきますね!

ただ、ものすごくインパクトの強い海老油というほどでもなくて、
その量の割にはほどほどの海老感を与えるような感じですね!

原材料を見るとパプリカ色素なども含まれているようなので、
この赤さはそうした色素による部分もけっこう大きいのでしょう!

海老油にしてはちょっと赤すぎるような気もするほどですしね!

それでもスープの中で最も目立っているのは調味油の海老の風味で、
そこにうっすらとホタテやイカなどの海鮮の風味が重なっていて、
海鮮だけでは出し切れないコクを軽めの豚骨と豆乳で補う感じです!

商品説明には「ホタテの旨みを」とありますがそこまで強くはないです!

なので、海鮮白湯とは言っても海鮮をひたすら濃厚に炊き出すことで、
海鮮風味の強い白湯スープを作り出しているというわけではなくて、
目立ちすぎない程度の豚骨と豆乳などによってベースのコクを作りながら、
そこに海鮮の旨味を海老油を含めながら重ねたという印象が強いです!

海鮮白湯というならもっと海鮮攻めでも良かったような気もしますが!(*゚◇゚)

海鮮ベースのスープに豆乳を合わせる手法は他のお店でも見ますが、
こちらはそれと比べてももうちょっと動物系が目立ってる感じです!

決して一つのラーメンとして悪いバランスということはないですが、
本来主役である海鮮の要素がそれほど目立ってくるわけでもなく、
かといって動物系が前面に出すぎると違うスープになってしまうので
豚骨もほどほどに抑えて豆乳で補ってるような印象もあるのですよね!

なので、海老油以外は目立つものが海鮮も動物系もあまりなかったりします;
もし海老油がなかったら、主役不在のスープになってしまった感もありますね!

ほどよいコクと豆乳のまろやかさに、ふわっと海鮮も香るスープは
それはそれで楽しむことはできるのですが特徴が弱くはありましたね!

スープの原材料はポークエキス、植物油、食塩、乳等を主要原料とする食品、
砂糖、ラード、チキンエキス、香味油脂、野菜エキス、発酵調味料、
たん白加水分解物、魚介エキス、香辛料、粉末豆乳となっています!

魚介エキスが後ろのほうで、最初に出てくるのがポークエキス、
そして乳製品系に豆乳と付加的な要素がちょっと目立ってますね!

やはり海鮮白湯と呼ぶにはもうひと押し欲しいなぁとも思います!

麺は断面の四角い中細で湯戻し時間が2分の油揚げ麺となってます!

最近の東洋水産が豚骨系でよく使うタイプの麺と似ていますね!

硬めの食感ではありますが、サクサクするような感じはなく、
ちょっとしたプリ感を見せつつ歯切れの良さも見せる感じです!

また以前の麺に比べるとスナック感もそれほど強くはないですね!(*゚ー゚)

豚骨スープよりは、今回のスープのほうが多少合っていますかね!

それほどポテンシャルの高い麺というわけではないのですが、
目立つような欠点を抑えた麺ということは言っても良さそうです!

本気盛シリーズの細麺はときどき強烈な主張を発するのですが、
そうしたマイナス面がないだけでも安心できるところはあります!

麺の量は80gで、カロリーは514kcalとなっています!
脂質は27.0gで、調味油が入ることもあって高いですね!

具材は海老、イカ、キャベツ、ねぎという組み合わせです!
肉具材を入れずに海鮮具材を主役にしてるのは好印象ですね!

特に海老とイカが両方入っているというのはポイントですね!(`・ω・´)

海老は6個と、量としてもけっこう多めに入っていますし、
もともと海老油が強いのでスープとの相性もいいですね!

そしてカップ麺における海鮮系には欠かせないイカもいいですね!
イカはしっかりとした旨味を出すという点でもポイントが高いです!

ちょっと一つ一つがやや細かいかなと思わせるところはありますが!

リアル感のあるねぎも一つの具材としてまあまあの内容でしたし、
キャベツも海鮮系のスープと合わせる点では悪くないですね!

具材に関しては「海鮮白湯味」らしい構成にはなっていたものの、
肝心のスープの海鮮感がちょっと弱かったような気はしましたね!

海老油によって何とか海老の主張が映えるようにはなっていますが、
スープ全体で海鮮を表現した、海鮮を煮詰めたスープのような旨さを
もっとしっかりとアピールしてくれればと思うところはありましたね!

とはいえ、それはもとのお店のスープの方向性とも関係してくるので、
もともとこうしたほどほどの海鮮+ライト白湯路線だったのかもですが!

バランス型の海鮮+豚骨を豆乳と海老油によって調えた一杯でした!(゚x/)モキー

【関連記事】
Yahoo! ら~めん特集 第9回 優勝 恵比寿らぁ麺屋つなぎ 海鮮白湯味
Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー
Yahoo! ら~めん特集 第4回 ガツ盛り部門優勝 麺や 神やぐら 極濃カレー麺
Yahoo! ら~めん特集 第8回 審査員特別賞 みつか坊主醸 匠の一杯 燻製風味噌まぜそば
Yahoo! ら~めん特集 第8回 優勝 若武者 特濃旨辛鶏台湾
Yahoo! ら~めん特集 第8回 準優勝 中華蕎麦サンジ 煮干香る生姜醤油
Yahoo! ら~めん特集 第3回 ガツ盛り部門優勝 らーめん小僧 極濃とんこつラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第7回 審査員特別賞 JUNK STORY 濃厚貝だし味噌
Yahoo! ら~めん特集 第7回 準優勝 若武者 合わせ味噌ど豚骨
Yahoo! ら~めん特集 第7回 優勝 鯛塩そば 灯花 白だし煮干味
Yahoo! ら~めん特集 第2回 ガツ盛り部門優勝 麺屋ガテン 赤カラ味噌担々麺
Yahoo! ら~めん特集 第6回 準優勝 金斗雲 豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第6回 優勝 らぅめん考房ありがた屋 和風ペペロンチーノ仕立ての塩ラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第5回 審査員特別賞 SOUPNUTS 濃厚ホタテ味炸裂麺
Yahoo! ら~めん特集 第5回 準優勝 にっこう 香り鶏醤油
Yahoo! ら~めん特集 第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯
Yahoo! ら~めん特集 第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌
Yahoo! ら~めん特集 第4回 優勝 麺処まるは健松丸 和風鶏塩麹
Yahoo! ら~めん特集 第4回 準優勝 中華そば みのや 濃厚煮干し
Yahoo! ら~めん特集 第3回 優勝 新旬家 麺 今昔鶏中華物語
Yahoo! ら~めん特集 第3回 準優勝 麺家うえだ 焦がし風特濃
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー

2/5発売の東洋水産からの新作
「Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー」
を食べました!

Yahoo!で開催されていた「第9回最強の次世代ラーメン決定戦!」で、
準優勝を果たしたラーメンを「本気盛」でカップ麺化したものですね!

こちらの「らーめん五ノ風」は宮城県にあるラーメン屋さんとのことです!

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー

「準優勝ということでかなりすごいのでは」と思わせますが、
この大会はあくまでラーメンの見た目だけで投票するので、
実際の味が評価されたというわけではなかったりします!

最初にそれを知ったときには「?」とも思いましたが、
もうこれだけ続くとそのことにも普通に慣れてきますね!(*゚◇゚)

ちなみにこの商品は家の近くのローソンで購入したのですが、
なぜかこちらの準優勝の商品しか仕入れられてませんでした!

優勝商品だけならわかるのですが、逆は不思議な感じがしますね!

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー(内容物)

フタについてある特製油を仕上げに入れる仕様になっています!

今回は「豚味噌カレー」と味噌ラーメンとカレーラーメンの
ハイブリッド的な路線となっているのが気になるところですね!

2/5発売 Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー(できあがり)

「本気盛」シリーズらしく、麺の吸水量がけっこう強烈ですね!
この麺はあっという間にお湯を吸ってふくれていきますからね!

まずはその味ですが・・・うん、これはバランスがいいですね!(●・ω・)

ややライトな豚骨ベースで豚脂が多めの味噌ラーメンを軸なので、
これだけを見るとそこまで奇抜な要素は特にはないのですよね!

やや赤味噌寄りでシャープさのあるすっきりとした味噌スープに
多めの豚脂によって厚みを持たせた味噌ラーメンといった感じです!

ただ、ここにカレーが入るとなると一気にインパクトが強まりますね!
「味噌カレーラーメン!?」というふうに思われてしまうでしょうし!

しかしながら、実はカレーと味噌の相性はかなり良かったりします!(=゚ω゚)

大阪の有名店でも味噌をベースにしたカレーラーメンを出すお店があり、
そのクオリティの高さ、バランスの良さに驚いたことがありますからね!

決して味噌とカレーという異素材を合わせているのではなくて、
ラーメンとカレーという意外と合いそうで合わない2つの要素を
味噌が橋渡しをすることで繋いでいると考えたほうが近いです!

ラーメンと味噌は相性が良く、カレーは意外と味噌と相性が良い、
だからその2つが合わさることで自然なカレーラーメンとなるのです!

なので、カレーラーメンにありがちなカレーだけが目立つ感じがなく、
カレーを主要なパーツとしながらまとまりの良さを見せる味となってます!

味噌はあくまで橋渡し役なので前面に出てくる感じではないですが、
これがあるからこそのこのバランスの良さが成り立ってるのですよね!

カレーは主張が強いので、体感的にはカレー7で味噌3ぐらいですかね!
ただ原材料のバランスで言えば、おそらくむしろ逆の割合でしょうね!

味噌ラーメンとしてのベースを作ってカレーを加えた感じと見えます!(*゚ー゚)

いずれにしても今回のスープの最大の特徴は味噌の橋渡し感で、
これによってラーメンとカレーが上手く繋がってるのがいいですね!

味噌+カレーというラーメンはこれまでにも普通にあるのですが、
次世代感を感じさせるという点ではいいチョイスだったでしょうね!

スープの原材料は豚脂、ポークエキス、みそ、香辛料、砂糖、植物油、
食塩、粉末野菜、たん白加水分解物、香味油脂、発酵調味料となってます!

豚でベースを作り、味噌ダレでまず味噌ラーメンとして完成させ、
そこにカレーを加えるという形なのが原材料からも見えますね!

麺はいかにも「本気盛」らしい平打ちの麺となっています!

いつもであれば強めの油揚げ麺臭などを持っていることもあり、
スープを食ってしまうぐらいの主張を見せることもありますが、
今回はスープに明確な個性があるのでその問題は感じませんね!

初期のYahoo!シリーズはほんとに麺が暴れがちだったのですが、
最近はそうしたこともなくなってずいぶん食べやすくなりました!

この麺も食べごたえを感じるという点でプラスにはたらいてますしね!

麺の量は80で、カロリーは506kcalとなっています!
脂質は22.8gで、そこそこ高めの数字となっていますね!

具材はキャベツ、豚肉、ねぎという組み合わせになっています!

キャベツはごく普通の具材ではありますが、スープには合いますね!
やはり野菜系の具材が何かしら入ることでさっぱりとしますしね!

そして豚肉は東洋水産が得意とするリアル系の具材ですね!
この豚肉については食感、風味ともに申し分がないですね!(`・ω・´)

量はそこまで多くないですが、今回もいい活躍をしています!

今回は「味噌ラーメン+カレー」は果たしておいしいのか、
ということで回答を見せてくれているのが何より大きいですね!

おいしいかおいしくないかは人に委ねられるところですが、
ただ味噌とカレーの相性の良さはまず実感できると思います!

この2つが喧嘩せず、むしろ味噌がカレーを生かしてますからね!

味噌ベースのカレーラーメンのおいしさをわかりやすく伝える一杯でした!(゚x/)モキュー

【関連記事】
Yahoo! ら~めん特集 第9回 準優勝 らーめん五ノ風 豚味噌カレー
Yahoo! ら~めん特集 第4回 ガツ盛り部門優勝 麺や 神やぐら 極濃カレー麺
Yahoo! ら~めん特集 第8回 審査員特別賞 みつか坊主醸 匠の一杯 燻製風味噌まぜそば
Yahoo! ら~めん特集 第8回 優勝 若武者 特濃旨辛鶏台湾
Yahoo! ら~めん特集 第8回 準優勝 中華蕎麦サンジ 煮干香る生姜醤油
Yahoo! ら~めん特集 第3回 ガツ盛り部門優勝 らーめん小僧 極濃とんこつラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第7回 審査員特別賞 JUNK STORY 濃厚貝だし味噌
Yahoo! ら~めん特集 第7回 準優勝 若武者 合わせ味噌ど豚骨
Yahoo! ら~めん特集 第7回 優勝 鯛塩そば 灯花 白だし煮干味
Yahoo! ら~めん特集 第2回 ガツ盛り部門優勝 麺屋ガテン 赤カラ味噌担々麺
Yahoo! ら~めん特集 第6回 準優勝 金斗雲 豚骨鶏魚介の辛味噌ラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第6回 優勝 らぅめん考房ありがた屋 和風ペペロンチーノ仕立ての塩ラーメン
Yahoo! ら~めん特集 第5回 審査員特別賞 SOUPNUTS 濃厚ホタテ味炸裂麺
Yahoo! ら~めん特集 第5回 準優勝 にっこう 香り鶏醤油
Yahoo! ら~めん特集 第5回 優勝 麺と心 7 濃厚煮干白湯
Yahoo! ら~めん特集 第4回 審査員特別賞 みつか坊主 Black味噌
Yahoo! ら~めん特集 第4回 優勝 麺処まるは健松丸 和風鶏塩麹
Yahoo! ら~めん特集 第4回 準優勝 中華そば みのや 濃厚煮干し
Yahoo! ら~めん特集 第3回 優勝 新旬家 麺 今昔鶏中華物語
Yahoo! ら~めん特集 第3回 準優勝 麺家うえだ 焦がし風特濃

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/29発売 QTTA サワークリームオニオン味

1/29発売の東洋水産「QTTA サワークリームオニオン味」を食べました!
今回発売された「QTTA」の2つの新商品のうちの一つになりますね!

もう一つの「バーベキューチキン味」はすでに紹介してますね!

1/29発売 QTTA サワークリームオニオン味

「サワークリームオニオン味」って自分としては耳慣れないのですが、
調べてみるとスナック菓子ではかなりポピュラーな味のようですね!

しかも単なる「サワークリーム味」とかそういったものではなく、
そのまま「サワークリームオニオン味」というものが多いですね!

「バーベキューチキン味」は完全にスナック菓子的な味でしたし、
どうも今回のテーマがスナック菓子のカップ麺化なのですかね!(=゚ω゚)

1/29発売 QTTA サワークリームオニオン味(内容物)

こちらも「バーベキューチキン味」と同様に粉末スープが多いですね!
それゆえにスープをしっかり溶かすことがアドバイスされています!

食べる前に底からしっかりと麺をまぜるようにしましょう!
ちょっと麺の上のほうに溶け残りが出やすくなっていますので!

1/29発売 QTTA サワークリームオニオン味(できあがり)

なんだかいかにも冬にピッタリというビジュアルになってますね!

まずはスープですが・・・おっ、こちらも完成度は高いですね!(●・ω・)

「バーベキューチキン味」が完全にスナック路線だったのに比べると、
こちらはスナック菓子的な要素と洋風スープのミックス感があります!

ベースとなっているのはホワイトソース的な洋風スープですね!

ミルク感のしっかりしたスープに野菜の旨味が溶け込んでいて、
そこにパセリによってちょっとしたアクセントがつけられてます!

ただ一般的なホワイトソース的なスープと大きな違いになってるのは、
やはりサワークリームによって一定の酸味が付与されてる点ですね!

とはいえ、ものすごくすっぱいと感じるような酸味にはなっておらず、
ホワイトソース系のスープの持つ重さを上手く緩和してくれることで、
まろやかながらもさっぱりと食べられるバランスにしてくれています!

こうしたスープはこれまでカップ麺ではありそうでなかったですね!(*゚ー゚)

もっと徹底してはっきりとしたホワイトソース系を指向しているか、
あるいはもうちょっとライトな味わいのことが多かったですからね!

そしてスナック菓子的な観点から見ても再現度は高いと言えそうです!

「たしかにこういった味のスナック菓子ってあるよなぁ」と、
そんなふうに思わせてくれる味わいなのは間違いないですね!

ホワイトソース的なまろやかさと、サワークリームの持つ酸味、
そしてそこにスナック菓子とピタッとハマる強めのオニオンを重ね、
さらにパセリによって洋風らしい雰囲気をさらに高めて調える、
このあたりのバランス感はやはりスナック菓子的でもありますし!

でもって、今回のスープはポテトっぽい風味も強いのですよね!

これは具材のポテトが影響しているという面もあると思いますが、
サワークリームオニオン味ってポテト菓子によく利用されるので、
そのあたりも考慮したうえでの組み合わせだったのでしょうね!

スープの原材料は粉末野菜、豚脂、砂糖、乳等を主要原料とする食品、
食塩、香辛料、食酢、チーズ加工品、でん粉、パセリとなっています!

こうして見るとミルク系以上に野菜がメインになってるようですね!
そしてお酢を利用しているあたりはサワークリーム味っぽいですね!

麺は平打ち気味ながらもプリ感を持った油揚げ麺となっています!

スナック感がありながらもカップヌードルほど麺がすぐゆるまず、
時間が経っても一定のプリ感を感じることができる麺となってます!(*゚◇゚)

原材料などを見ると「バーベキューチキン味」と同じ麺のようで、
今回の2商品のために用意された専用麺と言っていいでしょうね!

この麺はほんと面白く、その形状はヌードル麺ぽくありながら、
ヌードル麺に比べると食感などはしっかりとしてるのですよね!

なんというか「ネオヌードル麺」という表現ができそうな感じです!

ヌードル系の麺って洋風のスープなどとも相性が良かったりしますが、
そうした特徴は受け継ぎつつ、麺としての質はきちっと上げてきている、
そういった視点から組み上げられた麺という印象がしてくるのですよね!

これはちょっと一度は試してみるだけの価値のある麺と言えますね!

麺の量は66gで、カロリーは391kcalとなっています!
脂質は15.3gで、おおむね標準的な数字と言えますね!

具材は皮付きポテトと玉ねぎという組み合わせになっています!
スープの一部であるパセリも一応は具材と言えなくもないですが!

皮付きポテトは「バーベキューチキン味」のものと同様でしょうね!

皮付きポテトならではの香ばしさ、ホクホクとした食感、
そしてスープとの相性まで含めて文句のない内容ですね!

おそらくモデルとなっているのがポテト菓子のフレーバーなので、
そこにポテトが合わさればおいしいのは間違いないないですからね!(`・ω・´)

玉ねぎは非常に量が多く、シャキシャキとした食感が印象的です!

これはポテトのように単独の具材として楽しむというよりは、
麺に自然に絡んできたり、麺と一緒に食べることによって、
全体のオニオン風味を高める狙いがあるように思いますね!

玉ねぎはもともとこうしたスナック的な風味とよく合いますし!

スナック菓子的な味わいという視点から見てもまとまっていて、
それでいて洋風スープとしてもきっちりと仕上がっているという、
さらにまったりしながらすっきりと食べられる良さもあるなど、
「バーベキューチキン味」に負けないだけの質を備えてましたね!

この新作2つによって「QTTA」の立ち位置も明確になったというか、
スナック的な味わいをカップ麺に落とし込むという発想は面白く、
これは今後の新作についてもかなり期待が持てる気がしましたね!

東洋水産のこのブランドにかける力の入れ方が伝わる一杯でした!(゚x/)モキューム

【関連記事】
QTTA サワークリームオニオン味
QTTA バーベキューチキン味
QTTA TONKOTSUラーメン
QTTA SHO-YUラーメン
QTTA SEAFOODラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/29発売 QTTA バーベキューチキン味

1/29発売の東洋水産「QTTA バーベキューチキン味」を食べました!
昨年鳴り物入りで登場した「QTTA」シリーズからの新作となります!

1/29発売 QTTA バーベキューチキン味

今回はこの「バーベキューチキン味」と「サワークリームオニオン味」が登場です!
どちらもこれまでに出たオーソドックスな味わいの商品とは大きく違いますね!

おそらくは売り切り系の期間限定商品なのではないかと思います!
これが定着したらそれはそれでまたすごいことではありますが!(*゚◇゚)

しかし「バーベキューチキン味」って味が想像しにくいですね!

1/29発売 QTTA バーベキューチキン味(内容物)

それにしてもずいぶんと粉末スープの量が多いですね!
過去の3商品はどれもここまでスープは多くなかったですし!

フタの裏ではスープをしっかり溶かすことを推奨していますが、
これは粉末スープの量が多くて溶け残りが出やすいためでしょうね!

東洋水産の縦型カップって、そうした傾向がちょっと強いですし!

1/29発売 QTTA バーベキューチキン味(できあがり)

なんだかあまりラーメンらしくないスープの色になりました!
「カップヌードル」とかだと、こういうスープもよくありますが!

まずはスープですが・・・なるほど、こういうバーベキュー味ですか!(●・ω・)

「バーベキュー味」と聞くとけっこういろんなタイプが想像できて、
一つはバーベキューソースのような少し甘めで肉の風味が強い味や、
あるいは動物系油脂と香辛料や香味野菜を効かせた味もありますが、
これはそうしたバーベキューを素直に再現した味とは少し違います!

バーベキューソースっぽい味わいはほぼ皆無と言っていいほどですし!

端的に言えば「サッポロポテト バーベQあじ」に近いタイプですね!

要するにスナック菓子において「バーベキュー」と表現される味、
それをカップ麺の中に落とし込んで作った味だと言えるでしょう!

なので、ある意味では非常にわかりやすい味わいになっています!

動物系はメインとして鶏を効かせ、そこに豚も加えたうえで、
「バーベキュー味」のポイントとなる香味野菜を効かせてます!

そしてそこに多めの胡椒などの香辛料で味を調えた感じですね!

ここに具材であるポテトなどが少し溶け込んだ感じもあるので、
それがまたスナック的な意味でのバーベキュー感を出してました!

そういえば具材がポテトなのも「サッポロポテト」に通じますね!(=゚ω゚)

このシリーズって、スナック感を強めに出すのをウリにしてるので、
それをスープの方向性に大々的に取り入れてきたのでしょうね!

とすると、もう一方の「サワークリームオニオン味」もその路線なのですかね!

スープの原材料は粉末野菜、チキンエキス、香辛料、砂糖、ポークエキス、
醤油、食塩、植物油、たん白加水分解物という組み合わせとなっています!

野菜、動物系、香辛料、やはりこの3つがメインとなっていますね!
いかにもスナック菓子らしいバーベキュー味の構成となっています!

麺は幅広でややスナック感の強い油揚げ麺となっています!

今回は粉末スープが多いことで多少戻りムラが発生しやすく、
そのため一部サクサクとした食感になる部分も出てきます!

ただ、もともとスナック感が強い麺ということもあって、
そういったサクサク感もあまりネガティブじゃないのですよね!

というのも、麺そのものの下味もけっこう強くつけられていて、
香ばしさが強いので、麺単体でも食べられるようになっていて、
それと同時にスナック的なスープとの相性も引き出しています!

時間が経ってくると、けっこう食感は早めにゆるんでくるのですが、
ほどよいもちプリ感が麺にあって、この独特の食感がクセになります!

こうしたタイプの食感は油揚げ麺としては珍しい気がしますね!

油揚げ麺の平打ち麺って食感がゆるむとユルユルになりますが、
一定のコシをちゃんと保ってくれるというのはうれしいですね!(`・ω・´)

麺の量は66gで、カロリーは363kcalとなっています!
脂質は13.2gで、それほど高い数字にはなってないですね!

具材は皮付きポテト、豚ダイスミンチ、赤ピーマンとなってます!

赤ピーマンに関してはほぼ彩り目的といった感じですね!
一応は野菜具材としての存在感も少しは見せてくれます!

そして皮付きポテトですが、これはなかなかよくできてます!

皮付きならではの香ばしさ、ポテトのホクホク感があって、
ワイルドなじゃがいもの味わいを楽しむことができます!

大きさを考えると、量としても十分入っていると言えますね!

そして豚ダイスミンチですが・・・これはかなりいいですね!(*゚ー゚)

これはちょっと驚いたというか、肉らしさがギュッと詰まっていて、
噛むとスープと肉の旨さ、そして香辛料の刺激がじゅわっと広がり、
これまで食べたミンチ系具材の中でもトップと言えるおいしさです!

これが他の商品でも適用されてくるとなるとすごいでしょうね!

もともと東洋水産は肉系具材には強いメーカーではありますが、
ダイスミンチ系の具材はそれほど使ってこなかったのですよね!

その中でこのクオリティの具材は驚かされるものがありました!
これを食べているときが最もバーベキューらしかったかもです!笑

スナック感のある麺にスナック的バーベキュー味スープを合わせる、
いかにもスナック菓子をカップ麺にしたような味わいではありましたが、
そのまとめ方が上手く、麺も肉具材も高いクオリティを誇っているなど、
なかなか奇抜な路線ながら、幅広く受け入れられる強みがありましたね!

特にスナック系バーベキュー味が好きな人にはオススメできますね!(゚x/)モッキーン

【関連記事】
QTTA バーベキューチキン味
QTTA TONKOTSUラーメン
QTTA SHO-YUラーメン
QTTA SEAFOODラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/15発売 やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)

1/15発売の東洋水産「やみつき屋 汁なし担々麺」を食べました!
この商品はこれで2014年から5年連続での紹介になりますね!(`・ω・´)

1/15発売 やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)

ただこの商品は今回はもともと紹介枠から外す予定だったのですよね;

でも今週発売の「中華三昧PREMIUM」が見つからなかったことから、
「じゃあ今年も」ということで紹介枠に入ってくることになりました!

どうも今年は昨年までと比べて栄養成分も変わったみたいですしね!

1/15発売 やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
かける順番は液体スープが先で、粉末スープが後となります!

日清以外の汁なし系商品は基本的にこの順番になりますね!

1/15発売 やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)(できあがり)

ビジュアルについては昨年までと特に変わりないですね!

まずはその味ですが・・・おっ、これまでよりも一段上がってますね!(●・ω・)

これまでは完全に「バランス型」という表現が合う一杯でしたが、
今年は調和の高さという点では以前と同様のものが見られるものの、
一つ一つのパーツが全て力強さを増してきたという印象があります!

ねりごまの太さ、花椒による痺れる刺激、ベースとなる動物系の太さ、
これらの要素がどれも以前に比べてブラッシュアップされてるのですよね!

これは時代の流れにこの商品もより合わせてきたと言うべきか、
最近はねりごまの濃厚さをアピールする担担麺も増えてますし、
とりわけ花椒に関しては強い商品がたくさん出てきているので、
調和を維持しながらもより太くする傾向を出してきたのですかね!

そしてそれによって「特徴は控えめだけどまとまりがいい」商品から、
「バランスが良く、なおかつ個々の要素も映えている」形に移行して、
全体の満足度がワンランクアップしてきたという感じがしてきますね!

花椒については一口目ではっきりわかるぐらいの刺激はあるのですが、
ビリビリとした感覚が口の中にずっと残るほどの強さではないです!

あくまで明確な存在感はあるけどバランス重視と呼べる強さですね!

ここで今年の原材料と昨年の原材料をちょっと比較してみましょう!

[今年の原材料]
植物油、香味油脂、砂糖、ポークエキス、ねりごま、みそ、
りんご酢、ごま、食塩、香辛料、デキストリン

[昨年の原材料]
植物油、香味油脂、米黒酢、チキンエキス、ねりごま、
糖類、食塩、デキストリン、香辛料、ごま、酵母エキス

これはもう別の商品ではないかというぐらいに変わってますね!(=゚ω゚)

まず最も目立つのがチキンエキスがポークエキスになった点です!

食べた感触だと、これまでの鶏清湯系から豚骨系に変わった感じで、
担担麺によくある豚骨の白濁したベースにねりごまを重ねるという
その手法をこの汁なし担担麺でも採用してきたように思われます!

それによって全体のまろやかさや太さがより高まっていますね!

さらにみそが新たに加わり、黒酢からりんご酢に切り替わってます!
また、それと同時に酢の比重がこれまでよりも後ろに下がってます!

たしかに今回の商品では酸味がそこまで強くなかったのですよね!

また砂糖の分量が増えているというのも大きな特徴と言えますね!

これらは全て「引き締まった味」よりも「太さを感じる味」へと、
全体の方向性がシフトしていったことを表している感じですね!

この原材料の変化を見ると今回はスルーしなくて正解でしたね!
もうタレの構成については全くの別商品と言えるぐらいですので!

麺は歯切れの良さが特徴的な断面の四角い中太の油揚げ麺です!

おそらくこの麺については昨年までと変わってなさそうですね!

パスッとした歯切れのいい食感が印象的で、軽さを感じさせる麺で、
ラードの香ばしさと食べやすい質感が特徴的な面となっています!

東洋水産というと、もっちり感のある汁なし麺も使ってきますが、
この麺はあえてそれとは対極的な仕上がりにしている感じですね!

担担麺はもともと歯切れのいい麺を使うという傾向がありますし、
それを汁なし系にも応用したと言えるような感じになってますね!(*゚ー゚)

麺の量は100gで、カロリーは696kcalとかなり高くなってます!
脂質は39.0gで、この麺量としては非常に高い数字と言えますね!

昨年と比較するとカロリーは+45kcal、脂質は+4.9gと、
大幅に数字がアップしていることが見て取れますね!

全体の味が太くなったのもわかる数字の変化と言えるでしょう!

ただ、食べているときはそこまで油脂感が強いわけではないです!
タレの分量が多めなので、容器にちょっと油脂が残りはしますが!

具材は昨年と同じくキャベツ、ひき肉、ねぎとなっています!
見たところキャベツに関してはちょっと減っている感じですね!

担担麺というとキャベツというよりはチンゲン菜ではあるのですが、
この商品ではあえてキャベツを採用するという方針を貫いてます!

別にキャベツでも相性が悪いというようなことはないですし、
コストが安く分量が確保できるのでいい点もあるのでしょう!

ひき肉はおそらく鶏と豚のミックスで、肉感・味ともにいいですね!
東洋水産のひき肉は非常にクオリティが高いので安心感があります!(*゚◇゚)

ふわっとしたやわらかさがありつつも肉らしさが強いですからね!
それでいて味にクセがないので、応用範囲がかなり広いと言えます!

ねぎは薬味として全体に軽くアクセントをつける役割となってます!

毎年この時期の定番として安定した評価を得ている商品ながら、
今年は一気にそのタレの方向性を変えるなど思い切ってきましたね!

それによって、動物系の太さ、ごまの風味、花椒の刺激がどれも高まり、
一方で酸味などの引き締め要素がいくぶん後ろに下がったこともあって、
バランス型ながらもよりパワフルな汁なし担担麺となっていましたね!

濃厚系が求められる今の時代によりフィットした汁なし担担麺でした!(゚x/)モッキュリー

【関連記事】
やみつき屋 汁なし担々麺(2018年)
やみつき屋 豚骨醤油
やみつき屋 汁なし担々麺(2017年)
やみつき屋 辛味噌キムチ(2016年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2016年)
やみつき屋 台湾まぜそば
やみつき屋 辛肉担々麺
やみつき屋 汁なし担々麺(2015年)
やみつき屋 汁なし担々麺(2014年)
やみつき屋 辛味噌キムチ(2013年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/16発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル

1/16発売の東洋水産からのローソン限定の新作
「元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル」
を食べました!

あの金沢カレーで有名な「ゴーゴーカレー」のカップ麺版ですね!

1/16発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル

金沢カレーというと、とにかくルウの濃度が高いのですよね!
そして千切りキャベツが乗るというのがポイントとなっています!

ということで、かなり濃厚なカレースープが期待できるのですが、
東洋水産による金沢カレー系ラーメンは一応過去にもあるのですよね!

Yahoo!のラーメン企画でカップ麺化された「神やぐら 極濃カレー麺」が、
完全に金沢カレーを意識した超高濃度のカレースープになってたのですよね!

「金沢カレー協会公認」なんていうお墨付きもついてましたし!

当時には体調の関係もあってその超高濃度に圧倒されたのですが、
それゆえに今回はある程度は予想がつくという点で安心はできますね!

濃度は高くて気もすっきりした味なのも特徴になってましたし!(*゚ー゚)

1/16発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル(内容物)

別途の小袋などは特になく、普通にお湯を注ぐだけのスタイルとなってます!

最近は店カップなどだと、小袋つきのほうが多くなってたりするので、
この方式だと逆にちょっと珍しく感じたりするところもありますね!

1/16発売 元気の源 ゴーゴーカレー カレーヌードル(できあがり)

うん、お湯を注ぐだけの方式ながらかなりの濃度が感じられますね!

まずはスープですが・・・やはり粘度は高いながらもすっきりしてますね!(●・ω・)

スープの粘度という点では他のカレーヌードルより圧倒的に高く、
もうかなりドロドロのスープと言っていいだけのレベルにあります!

ただ、それでも以前の「神やぐら」と比べれば十分に軽めですが!
「神やぐら」のスープの濃度はちょっと尋常ではなかったですしね;

なので、あまりにドロドロのスープだと苦手と感じてしまう人でも、
なんとか許容できるレベルの粘度にとどまっていると言えそうです!

そのかわりスープに溶け残りが発生しやすい点には注意が必要です!
とにかくできあがったら底からしっかりとまぜまくることが大切です!

また表面のスープも溶け残りがちなので、お湯を入れて2分ほどしたら、
麺の上下を入れ替えるようにするとよりスープを溶かしやすくなります!

そしてスープの味わいですが、野菜の風味が非常に強いのですよね!(=゚ω゚)

粘度の高いスープといっても、強烈な動物系をベースにするわけではなく、
動物系で一定の支えは作りつつも、スパイスの持っている刺激であったり、
香味野菜などの野菜によるほどよくシャープな旨味だったりするのですよね!

また、そうした野菜や香辛料が生むほんのりとした酸味がスープにあって、
さらに軽めの甘みなども加えられていることで、どっしりとした感じよりは
ドロドロ系ながらもさっぱり感を感じさせつつ丸みもちょっと持っている、
そんなバランスの良さを感じさせるカレースープに仕上がっていましたね!

また、スープの粘度が高いのでカップ麺とご飯を一緒に食べる人には
打ってつけと言っていいような内容に仕上がっていると言えますね!

残ったスープのご飯を投入しても合うのは間違いなさそうですし!

スープの原材料は香辛料、砂糖、ポークエキス、食塩、でん粉、
野菜エキス、たん白加水分解物、酵母エキスとなっています!

こうして見るとそこまで動物系が強くないのがわかりますね!
また油脂系の成分がそれほど入っていないのも大きな特徴です!

この点が高粘度でも意外とさっぱりと食べられるポイントですね!

粘度については主にでん粉でつけられていると見ていいでしょう!

麺は平打ち気味の縮れのけっこう強い油揚げ麺となっています!

麺の食感などを見るに「本気盛」シリーズの麺に非常に近いです!
麺の量とかを考慮するにやはり「本気盛」の亜種と言っていいでしょう!

もともと「本気盛」の麺は油揚げ麺の風味もけっこう強めで、
ワイルドでやや暴れがちの麺という印象が強くはありますが、
今回のこの高粘度のスープの前ではむしろかすんでしまいますね!

というか、これぐらいの麺でないと完全にスープに飲まれますね!(*゚◇゚)

なので、今回は「本気盛」風の麺ながら麺勝ちするなんてことはなく、
強いスープの中でも何とか存在感を発揮するのに成功していますね!

高級感や本格感はないものの、このスープに合わせるには正解でしょう!

麺の量は80gで、カロリーは484kcalとなっています!
脂質は18.0gで、麺の量を考えるとそこまで高くはないですね!

具材は味付豚肉とキャベツという組み合わせになっています!
特にキャベツのほうはかなりその分量も多めになっていますね!

味付豚肉は東洋水産らしいリアル系のものとなっています!
やはりその食感、味といい素晴らしいものを持っていますね!

そのおかげで十分にポークカレーらしい雰囲気を楽しめます!
さすがに「金沢カレー」らしいカツの風味とかはありませんが!笑

そしてキャベツですが・・・これが非常に効果的なのですよね!(`・ω・´)

もともと金沢カレーはキャベツの千切りを合わせる習慣がありますが、
そうしたこともあってかキャベツとルウの相性が非常にいいですね!

こちらのキャベツは千切りでもなければ生でもないのですが、
それでもキャベツが入ることによるプラス効果は大きいです!

シャキシャキとした食感もさることながら、キャベツの持つ風味が
野菜の旨味の効いた今回のスープとピタッとハマってるのですよね!

これもまた見た目ほど重くならない大きなポイントと言えるでしょう!

粘度が著しく高いスープは多少は好みは分かれるとは思うのですが、
決してヘヴィ路線の味わいではなく、むしろさっぱりとしてるほどで、
スパイスの清涼感と野菜の旨味をしっかりと楽しめる一杯でしたね!

食べごたえがあるながらも意外とサラリといけるカレーヌードルでした!(゚x/)モキューウ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/8発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺

1/8発売の東洋水産からの新作
「マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺」
を食べました!

正麺カップからは「うま辛担担麺」という基本の担担麺が出てますが、
今回は食べ比べ的な意味も込めてこの「濃ごま担担麺」も登場しました!

また既存の「うま辛担担麺」も少しリニューアルしたとのことです!(*゚◇゚)

1/8発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺

「うま辛担担麺」はごまだけでなく唐辛子や花椒の刺激も加えて、
担担麺の特徴であるごまや刺激を上手く両立させた一杯ですが、
こちらは刺激的な要素を外してごまに特化した内容のようですね!

「うま辛担担麺」に比べてごまの量が30%増えているようですし!

1/8発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
粉末スープも後入れ仕様となっている点に注意が必要です!

1/8発売 マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺(できあがり)

うん、担担麺の重要な要素である赤色がどこにもないですね!
辛さや刺激に関しては思い切って完全に外してきたようです!

まずはスープですが・・・うん、非常に素直なごまの風味ですね!(●・ω・)

担担麺というと、ごまを中心にラー油と花椒の3つの要素が基本で、
場合によってそこに酸味などが重なるといったことがありますが、
このスープはそれらの要素のうち、ごま以外はほぼ見当たりません!

比較的ライトな豚骨スープによってベースのコクを固めたうえで、
ごまによって強くまろやかさを付与し、みそで味を調えています!

原材料を見ると、ここにさらに乳製品系も少し加わってるようで、
ごまだけで足りないまろやかさをそれで補っているみたいですね!

東洋水産の担担麺は他社に比べるとバランス感を重視していて、
その分だけごま、唐辛子、花椒のまとめ方は上手いのですよね!

今回はその東洋水産があえてごまに特化した担担麺を作ったわけですが、
やはりバランス型を連想させるタイプのごま担担麺になってるのですよね!(*゚ー゚)

要するにねりごまのまろやかさにひたすら力を入れた感じではなく、
ねりごま、すりごま、粒ごまの3つの存在感が等価に良くやってくる、
そうしたごまが主役でありながらもバランス型という内容になってます!

ただ難しいのは、ラー油や花椒といった刺激の要素が入ってる場合は、
そういったバランス型のごまと合わさることでいい効果を生むのですが、
今回はそれぞれのごまの風味は楽しむことができるようになっていつつも、
強烈なまろやかさというわけでもなく、刺激の要素は外されているので、
どこかポッカリと足りないものを感じさせるところもあるのですよね!

というのも、たしかにごまの存在感を楽しめる一杯ではるのですが、
決してまろやかさに特化した担担麺というふうにもなってないですしね!

ねりごまのまろやかさを立てた担担麺という点では日清が非常に強いですが、
価格帯の近い「ラ王」の担担麺と比べるとそのあたりは歴然としてますしね!

純粋なごまらしさという点ではこちらも負けないものを持っていますが、
ごまを中心とした濃厚さ、まろやかさでは「ラ王」が圧倒的に強いなど、
バランス型に強い東洋水産とねりごまに強い日清という個性の違いが
ごま特化型の担担麺を出したことでより浮き彫りになった感もありますね!

スープの原材料はみそ、ポークエキス、ねりごま、すりごま、植物油、
糖類、ラード、食塩、チキンエキス、乳等を主要原料とする食品、
でん粉、香辛料、たん白加水分解物、粉末野菜、香味油脂です!

麺はいつもの「正麺カップ」らしいノンフライ麺となっています!

そこそこ厚みのありながらも平打ち寄りのノンフライ麺となっていて、
ナチュラルな中華麺的な食感ということでは他の追随を許しません!(`・ω・´)

プリッとしていると同時に、シコシコとしたコシもしっかりとあり、
「中華麺らしさ」という点では素晴らしいものを持っていますね!

もともと担担麺は加水が低めの麺のほうが相性がいいのですが、
不思議とこの「正麺カップ」の麺は多加水系であるにもかかわらず、
担担麺のスープと合わせたときにいい相性を見せるのですよね!

「うま辛担担麺」に比べるとバランスは少し劣るかなとは思いつつも、
それでもスープと麺とのハマり具合という点では文句はなかったですね!

麺の量は65gで、カロリーは468kcalとなっています!
脂質は18.0gで、担担麺ということでそこそこ高めではありますね!

具材はひき肉、チンゲン菜、ごまという組み合わせになっています!

何気に具材の組み合わせが「うま辛担担麺」とは変わっていますね!
「うま辛担担麺」はチンゲン菜が入っておらずねぎになってますからね!

ねぎが外れることで、刺激的な要素がスープからさらに弱くなって、
チンゲン菜によって担々麺らしさがより付加された形になってます!

ひき肉はさすがは東洋水産だと思わせるクオリティがありますね!(*゚ー゚)

東洋水産のひき肉はほんと味が良く、肉感をしっかり持っていながら、
風味がやわらかでどんなスープと合わせても映えるのですよね!

食感も硬すぎることなく、逆にふわっとしすぎることもなく、
具材に強い東洋水産の力をしっかりと見せるものとなってます!

東洋水産の担担麺の旨さはこのひき肉による部分も大きいですね!

粒ごまは具材というよりは、スープの一部といった感じですね!

バランス型担担麺に強い東洋水産が思い切ってごま特化型という
新しい路線を取ってきた一杯でしたが、そのごまのバランス型なため、
ちょっと何か足りない感が残ってしまったのは残念さもありましたね!

特化型にするなら、いつもの東洋水産らしいごま感を維持したままで
その量を増やすという形で濃厚さをアップさせるという手法ではなくて、
そこの形も完全に再構築してナッツなども使いながら濃厚さに特化した、
「うま辛担担麺」とは全く違う路線で来てほしかった思いはありましたね!

これだとごまの部分に関しては「うま辛担担麺」と方向性が近いので、
どうしても総合力では「うま辛担担麺」ということになりますからね!

ごま特化型ながらも、バランスのいいごま感で攻めてきた一杯でした!(゚x/)モキュルウ

【関連記事】
マルちゃん 正麺 カップ 濃ごま担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 野菜ちゃんぽん
マルちゃん 正麺 カップ 濃いめ醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ こく野菜タンメン
マルちゃん 正麺 カップ 旨こく豚骨醤油
マルちゃん 正麺 カップ ごま辛担担麺 黒 & うま辛担担麺 赤
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚しお豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚醤油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 至高の一杯 濃厚担担麺
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩
マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚味噌
マルちゃん 正麺 カップ 黒マー油豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 辛こく塩担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 旨みだし塩
マルちゃん 正麺 カップ うま辛担担麺
マルちゃん 正麺 カップ 香味まろ味噌
マルちゃん 正麺 カップ 濃厚とろ豚骨
マルちゃん 正麺 カップ 芳醇こく醤油
マルちゃん 正麺 豚骨味
マルちゃん 正麺 味噌味
マルちゃん 正麺 醤油味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/1発売 がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん

1/1発売の東洋水産からの新作
「がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん」
を食べました!

これで今年の受験生シリーズは全部紹介したことになりますね!(*゚◇゚)

日清は「どん兵衛」、「カップヌードル」、「U.F.O.」の
主要3ブランドから商品を3つ同時発売することが多いですが、
東洋水産の3ブランド同時発売はこのシリーズぐらいですしね!

そう考えると、東洋水産の中でもけっこう高い位置づけなのかもです!

1/1発売 がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん

こちらも受験生向けということで「はなマルちゃん」と書かれてますね!
ただ、「かきたま風」というあたりには特に語呂合わせはないですね!

なんだかごく普通の正月向け商品という雰囲気もけっこう強くありますね!

1/1発売 がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん(内容物)

内容物はかやくと粉末スープというシンプルな構成となっています!

かやくの袋は卵だけが入っていて、他の具材はカップに入ってます!
桜かまぼこなどは下に沈んでいるのでこの段階では見えないですね!

1/1発売 がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん(できあがり)

おっ、彩りという点では他の商品よりもきれいな感じがしますね!

まずはスープですが・・・これまたずいぶんと優しいスープですね!(●・ω・)

優しさという点では3商品の中でもトップと言っていいぐらいですね!

麺づくり」も淡い醤油に生姜という控えめなスープでしたが、
それでも香味油を効かせることで一定のアクセントもありましたが、
こちらはさらに醤油が弱く、しっとりした和風だしに生姜が合わさる、
パンチや攻撃性というものは全く感じさせないスープとなってます!

生姜の強さに関しては「麺づくり」とほぼ同じぐらいに思われますが、
こちらのスープの構成がシンプルで、全体的に優しいつくりなので、
こちらのほうが相対的には生姜の風味が前面に出る感じにはなります!

それでもガツンと来る感じではなく、ふわっと広がるものではありますが!

おそらく方向性としては、生姜の効かせたうえでかき卵を加えて仕上げた
あんかけうどんあたりをイメージしたのではないかなと思わされますね!

ただ、あんかけうどんと呼ぶにはスープのとろみがかなり弱いですが!(=゚ω゚)

商品名でも一応は「とろみ」というふうには書かれてはいるのですが、
ほんとにごくほんのりととろみを感じるというぐらいのレベルですね!

逆に言うと、あんかけ系が苦手な人でもすんなりいけるぐらいですね!

スープの原材料はでん粉、食塩、醤油、粉末みりん調味料、砂糖、
魚介エキス、香辛料、ねぎ、こんぶエキス、植物油となっています!

スープはほぼ透明ですが、一応は醤油が3番目に来てるのですね!
おそらくは淡口醤油が使われているものとは見れますが!

そういう点から見ると、やや関西向けの味わいではありますね!

麺はいつもの「赤いきつね」などと同じ感じの油揚げ麺のうどんです!
原材料も「赤いきつね」と全く同じなので、完全に同じ麺でしょうね!

日清の「どん兵衛」の麺のような強いもっちり感は持ってないですが、
カップうどんらしさとつるりとした喉越しの良さが両立されていて、
これはこれでちゃんと洗練された麺にはなっていると思えますね!(*゚ー゚)

ただ、今回はいつものつゆに比べて風味が優しいということもあり、
やや麺勝ちになっているかなと感じさせられるところはありましたが!

麺の量は66gで、カロリーは358kcalとなっています!
脂質は14.7gで、おおむね標準的な数字でしょうかね!

具材はかきたま、鶏ひき肉、桜かまぼこ、ねぎとなっています!

ねぎは粉末スープの袋の中に一緒に入っているものですね!
一つ一つが細かく、スープに風味を広げるといった役割です!

単体の具としてつまむにはちょっと小さすぎますからね!

そして鶏ひき肉ですが、これもずいぶんと小さいものですね!

なので、これも単独の具材としてつまんで食べるというよりは、
麺やスープを楽しむ際に自然と一緒に入ってくる感じですね!

そのかわり風味はけっこう強いので意外と存在感はありますね!

桜かまぼこは「麺づくり」や「俺の塩」のときのものと同じです!
味や食感は普通のなるとですが、正月っぽい雰囲気が出ていますね!

そしてかきたまですが・・・間違いなくこれが具材の主役ですね!(`・ω・´)

かきたまらしくふわっとした食感で、量もたくさん入っていて、
さらに麺を食べるときに自然と絡んでくる感じになっています!

卵らしい丸みのある風味で、優しく仕立てられたスープを
さらに優しい方向に向けてくれる存在になっていますね!

そうして見ると単体の具材らしい存在なのは桜かまぼこだけで、
あとは麺やスープと一緒に楽しむように組まれているのですね!

優しい味わいだからこそ、具材と一緒に楽しむということなのでしょう!

今回は「麺づくり」と同様にかなり優しい味に仕上げられていて、
受験生の夜食向けといった雰囲気を強く感じることができましたね!

実際に商品説明にも「夜食にもぴったりの」と書かれていますしね!

一つの商品としての完成度は「麺づくり」がやや上に感じましたが、
夜食向けという視点から見るとこちらが一歩上回っているかもですね!

「麺づくり」と同じく生姜でほっこり温まれる優しい一杯でした!(゚x/)モキョンッ

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(赤いきつねシリーズ)
がんばれ!受験生 とろみかきたま風うどん
マルちゃん 甘ーいきつねうどん
マルちゃん 関西風肉うどん
マルちゃん 関西風肉そば
マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン
ドラゴンボール超 麺づくり 黒い豚カレー味
ドラゴンボール超 赤いきつね 焼うどん
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん
マルちゃん 博多水炊き風鶏だしうどん
マルちゃん 旨みふぐだしうどん
マルちゃん 黄色い博多ラーメン
マルちゃん 青いちゃんぽん
マルちゃん 親子でがんばる うどん
マルちゃん おそば屋さんのにしんそば
マルちゃん 鶏だし塩そば
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん
マルちゃん わさび香るそば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

1/1発売 がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば

1/1発売の東洋水産からの新作
「がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば」
を食べました!

正月に発売される受験生応援シリーズのうちの一つですね!

1/1発売 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば

昨年までは「俺の塩で俺は勝つ」という名前だったのですが、
今年はごく普通に「俺の塩」のネーミングで登場しています!

こちらのほうがいろんな人が手に取りやすそうではありますね!

今回はゆずの香りを効かせた塩焼そばということではありますが、
ここにも特に合格と結びつけるような言葉は入ってないですね!(*゚ー゚)

1/1発売 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば(内容物)

内容物はかやく、粉末ソース、液体ソースとなっています!
この組み合わせ自体はいかにも「俺の塩」らしいですね!

1/1発売 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば(できあがり)

合格祈念ということで桜をかたどったかまぼこが入ってますが、
これが入っていると冬というよりも春っぽい雰囲気になりますね!

早く気候のほうも春に近づいていってくれればいいのですが!

まずはその味ですが・・・ほう、思っていたよりも優しいですね!(●・ω・)

東洋水産は過去に「四季物語」シリーズからゆずをメインにした
塩焼そばを出したことがあるのですが、そのときは非常にゆずが強く、
完全に他の要素を食ってしまうぐらいの力を発揮していたのですよね!

自分はそのときの味がものすごく好みに合っていたこともあって、
それぐらいゆずが強烈に効いていることを望んでいたのですが、
さすがにそこまでの仕上がりにはしてこなかったようですね!

メインに据えられているのはかつおと昆布のほんのりした和風だしで、
そこにゆずの香りをふわっと効かせたような仕上がりとなっています!

なので、その部分だけ見るとお吸い物やうどんだしにもなる感じです!

昆布の風味が効いているのは基本の「俺の塩」とも共通するので、
そういう点ではけっこうこのシリーズらしい仕上がりではあります!

ただ、和風だしがメインだからといってさっぱり路線なのかというと、
そうはならないのがやはり塩焼そばらしいところではあるのですよね!

植物油脂がかなり多めで、豚系の風味も重ねられることによって、
前面に出る味は和風だしが主役ながらもけっこう厚みがあります!

豚によってコクを加え、植物油によって塩焼そばらしいパンチを出す、
そのため優しい味わいながらも芯がしっかりしている印象が強いです!(=゚ω゚)

かつての「四季物語」が完全にゆずを主役にしたものだったのに比べると、
こちらは「俺の塩」の基本路線である植物油脂+昆布+豚などを踏襲しつつ、
そこに和風だしとゆずの香りによって変化をつけたような仕上がりですね!

なので、素直に「俺の塩」のアレンジ版というふうに考えればいいですね!

ソースの原材料は植物油、砂糖、食塩、デキストリン、ポークエキス、
粉末野菜、こんぶエキス、醤油、粉末かつおぶしとなっています!

ゆずはこの中では「粉末野菜」の中に含まれているのですかね!
単に香料として入っているだけだったコケそうになりますが!

麺はいつもの「俺の塩」らしい1分戻しの極細油揚げ麺となってます!

この麺は「俺の塩」シリーズ以外では使われない麺ではありますが、
ほんとクオリティが高いので、もっと応用されてほしいぐらいですね!(*゚◇゚)

1分で戻るだけでなく、細めながらもプリプリ感がしっかりとあって、
ちゃんと食感を楽しむことができるというのが何より大きいですね!

それゆえか喉に詰まりやすいという弱点はあったりするのですが!
なので、食べるときは必ず飲み物も用意しておくといいでしょう!

麺の量は90gで、カロリーは543kcalとなっています!
脂質は29.2gで、かなり高めの数字となっていますね!

このあたりの数字はいかにも「塩焼そば」らしいと言えますね!

具材はキャベツ、桜かまぼこ、ひき肉という構成になっています!

キャベツはごく普通ですが、油脂感の強めのソースの中において、
口をさっぱりさせるという効果は一定程度は見せてくれますね!

桜かまぼこは味に関してはごく普通のなるとといった感じです!
それでも5枚ぐらい入っているので食べごたえはけっこうあります!

そしてひき肉ですが・・・これが入っているのはありがたいですね!(`・ω・´)

やっぱり肉系や魚介系の具材が入っていると存在感が引き立って、
全体に肉の風味が加わることで味が一段上がってくれるのですよね!

食べる前はもっとゆずを前面に押し立てているのかと思いきや、
「俺の塩」の基本を大事にしつつ和風だしとゆずを効かせた、
そんなアレンジ型の一杯に仕上がっているといった印象でしたね!

やや新年向きの「俺の塩」といった感じの内容でございました!(゚x/)モキュー

【関連記事】(受験生シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
がんばれ!受験生 麺づくり しょうが醤油味
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば(2017年)
マルちゃん 桜色のおめで鯛だしうどん(2016年)
麺づくりで点づくり 鶏だし塩白湯(2016年)
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば(2016年)
マルちゃん 親子でがんばる うどん(2015年)
麺づくりで点づくり 和風だし醤油味(2015年)
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば(2015年)
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば(2013年)
麺づくりで点づくり ごまとろみしょうゆ(2011年)
マルちゃん おこげ様で合格 カレーうどん(2011年)

【関連記事】(俺の塩シリーズ)
がんばれ!受験生 俺の塩 ゆず香る和風だし塩焼そば
俺の塩 たらぺぺ味 大盛
俺の塩 辛口明太子味 大盛 からしマヨ付
俺の塩で俺は勝つ 鶏しお焼そば
俺の塩 たらこ味 大盛 からしマヨ付
俺の塩で俺は勝つ かつおだし塩焼そば
俺の塩 & 私の塩 梅しお味焼そば
俺の塩で俺は勝つ ちゃんぽん味焼そば
俺の塩 南米BBQ風塩焼そば & 青い海の塩焼そば
俺の塩 たらこ味 大盛り
俺の塩 たらこバター味 大盛り
俺の塩 明太子味
俺の塩で俺は勝つ 丸鶏だし塩焼そば
俺の塩 & 私の塩
俺の塩 AWAY編 豚骨ラーメン
俺の塩 HOME編 塩ラーメン
俺の塩 復刻版
俺の塩 うまみ塩焼そば
俺の塩 HOME編 うまみ塩焼そば
俺の塩 AWAY編 とんこつ塩焼そば
俺の塩 しょうが風味
俺の塩 たらこ味

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

11/6発売 四季物語 冬 新潟系生姜醤油らーめん

11/6発売の東洋水産
「四季物語 冬 新潟系生姜醤油らーめん」
を食べました!

この商品は紹介のタイミングが回ってくるかどうか微妙で、
「もしかしたら」という感じで在庫に残していたのですよね!

それが年末年始の商品の少なさで紹介枠が回ってきました!
冬向け商品ということで、冬なら一応はアリな感じがしますしね!

11/6発売 四季物語 冬 新潟系生姜醤油らーめん

以前は季節の素材や味わいを提供するシリーズだったのですが、
今年はすっかり単なるご当地系カップ麺になってしまいました;

ただ、冬は新潟と札幌とどちらも雪の多い地域ということで、
一応は冬らしさを意識したチョイスにはなっていますね!

春と秋に関してはなかなか怪しいものもあったりしましたが!(=゚ω゚)

11/6発売 四季物語 冬 新潟系生姜醤油らーめん(内容物)

見たところちょっと色が濃いめの醤油ラーメンという感じですね!

新潟というと、自分はまず「燕三条系」を連想するのですが、
新潟は他にもいろんなご当地ラーメンがあるのですよね!

11/6発売 四季物語 冬 新潟系生姜醤油らーめん(できあがり)

いかにもしっかりとした味わいの醤油ラーメンに見えますね!

まずはスープですが・・・なかなかバチッと生姜が来ますね!(●・ω・)

「生姜醤油」という点だけ見ると、昨日ブログで紹介した
麺づくり しょうが醤油味」と同じ路線ではあるのですが、
体感的な味という点では全く違うと言ってもいいですね!

両者とも鶏をベースにしているという点は共通はするものの、
あちらは醤油は淡く、生姜でさっぱり感を演出したうえで、
植物系の香味油でアクセントをつける形だったのですよね!

なので、全体としてはとにかく優しい印象の強い一杯でした!

それに対してこちらは醤油の色も濃くそのパンチもやや強めで、
それでいて一定の甘みがあることで力強くも丸みを帯びていて、
そこにラードを加えることでさらなる厚みが加えられています!

そうした力強さのあるスープに真っ向から組み合うのが生姜で、
スープのパンチと生姜のパンチで張り合うような感じなのですよね!

同じ生姜醤油であっても、その役割や方向性は大きく違ってます!(*゚◇゚)

どちらのスープもそれはそれでしっかりとまとまっているので、
どちらのほうがいいかというのはなかなか決めづらいですね!

がっつりと行きたいときはこちらのほうが確実に向いてますが!

スープの原材料はチキンエキス、ラード、醤油、植物油、砂糖、鶏脂、
食塩、魚介エキス、香辛料(しょうがパウダー)、発酵調味料です!

この中でポイントとなっているのはラードと砂糖あたりでしょうかね!

生姜ってもともと甘みとの相性がいいことでも知られてますし、
甘みのある醤油ダレ+生姜ってなかなか上手くハマるのですよね!

この「四季物語」の2017年版はただのご当地ラーメンになりましたが、
ただ味に関しては食べた限りだとどれもハズレがないのですよね!

なので、例年以上に安心して手に取れるブランドにはなってますね!
できれば本来の「四季物語」の姿を取り戻してほしくはありますが!

麺は中太ぐらいの太さのオーソドックスな油揚げ麺となってます!

麺がやや太めなのは、スープの強さに合わせてのものでしょうね!
このスープで細麺だと麺のほうが負けてしまう感はありましたし!

スープが強めなので、油揚げ麺臭が目立ちすぎることもなくて、
食感は普通ながらもきちっと楽しめる内容になっていましたね!

麺の量は55gで、カロリーは330kcalとなっています!
脂質は14.7gで、ラードが入る分だけ少し高くなってますね!

ラードの分厚さも今回のスープの大きな特徴でしたしね!(*゚ー゚)

具材は味付豚肉、メンマ、ねぎという組み合わせになっています!

豚肉は東洋水産が得意とするリアル系の肉具材ですね!

味付けもほどよく、なおかつ食感はまさに本物の豚肉らしく、
量もそこそこあるので、申し分のない具材となっていますね!(`・ω・´)

ほんと東洋水産のリアル系の豚肉具材はクオリティが高いですからね!

メンマはごく普通ながらもコリコリとした食感も心地よく、
量もけっこう入っているなど、十分に楽しめるものでしたね!

青ねぎに関しては量も控えめで、味もごく普通といった感じでした!

強さのある鶏にラードを重ねることで動物系の厚さを出したうえで、
しっかりとした醤油ダレに甘みを加えて全体にまったり感を出しつつ、
そこに生姜のパンチをぶつける、なかなか面白いスープでしたね!

ガツンと来る醤油ラーメンを求めたいときには最適な一杯ですね!(゚x/)モキルッ

【関連記事】
四季物語 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.