4/15発売 どん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん

4/15発売の日清「どん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん」を食べました!
「日清のどん兵衛」シリーズから貝だしをメインにした商品が登場しました!

4/15発売 どん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん

ここ数年ほど貝だしをテーマにしたラーメンなどが増えてますが、
「どん兵衛」が貝だしを取り入れるのは今回が初かもしれませんね!

和風麺と相性の良さは貝だしのお吸い物などからも連想されますし、
あとはどれだけしっかり貝の旨味を引き出しているかでしょうね!(`・ω・´)

貝の旨味が他のだしの要素に負けてしまっていてはダメですし、
あるいは貝とかえし、さらに麺とのバランスも重要ですからね!

4/15発売 どん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん(内容物)

◎内容物 - 今回は液体つゆ仕様


内容物はかやくと液体つゆという組み合わせになっています!
だし感を明確に出すために、今回はつゆは液体となっています!

4/15発売 どん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん(できあがり)

うん、具材についても量についてはけっこうそろっていますね!

◎スープ - あさりとはまぐりが明確で、かつおが旨味を支える


まずはスープですが・・・うん、しっかりと貝の旨味が出てますね!(●・ω・)

かつおがメインで、貝がサブぐらいのバランスかと思ってましたが、
前面に出てくるのはむしろ2種類の貝のほうと言っていいでしょうね!

まずビシッとあさりが土台を作りながら強い旨味を持ち前に出て来て、
そこにはまぐりならではのふくよかで上品さのある旨味がやってきます!

この2つの貝だしをミックスしたのは正解だったと言えるでしょうね!

もしあさり一本だと、貝だしがもっとワイルドになった気がしますね!

そこにはまぐりを合わせることで、2枚貝ならではの鋭さを保ちつつ、
強い旨味と上品は深みが両立し、良質なお吸い物を連想させるような、
そうした貝だしの主張になっていたのは間違いなく成功だったでしょう!

今回のスープはたしかにお吸い物との共通性が高いスープですね!(*゚ー゚)

まず醤油の主張が強く、おだしと塩だけでおおむね成立していて、
かつおでしっかり下支えをしながら貝が前面に出て個性を主張する、
それでいてはまぐりが上品さを醸し出す、実にいいバランスですね!

2枚貝のだしのシャープさを出しながらもそれ一辺倒には傾かずに、
貝が明確でありながらワイルドというよりはきれいに整ってます!

このあたりの味の調整に関してはさすがとうなるところがあります!

そして今回は醤油の要素を全く使わなかったのも正解でしょうね!

醤油はどうしてもそれだけで一定の個性を持っていることから、
だし感とぶつかったりマスクしてしまうようなときもありますが、
今回はあえて外すことで、よりメインのだしが前に出ていましたね!

かといって、全体の味の締まりには全く不満はありませんでした!

◎スープの原材料


スープの原材料は魚介エキス(あさり、かつお、はまぐり)、
食塩、植物油脂、糖類、魚粉、香辛料という組み合わせです!

全体の土台はかつおが作り、前面に攻め立てるのはまずあさり、
そしてはまぐりの深みが全体を包み込んでいるような感じですね!

油脂も軽めにあって、これも全体のバランスを調整していますね!

◎麺 - いつものどん兵衛らしいなめらかな麺


麺は「どん兵衛」シリーズらしい、もっちりとした油揚げ麺です!

ほんとこの麺は油揚げ麺とは思えないぐらいに磨かれてますね!(*゚◇゚)

油揚げ麺臭が弱く、もっちりとした食感を感じる厚みがあって、
それでいて表面はなめらかで、のどごしが良くつるみも良質です!

実はちょっと前から昆布エキスが入るなどの微調整がされてますが、
意識して食べてもそこまで違いに気づくようなものではないですね!

なので、基本的にはいつもの麺の質が生きていると言えるでしょう!

今回はスープが優しい方向性であることが予想できたことから、
麺とスープのバランスがどのようになるか少し不安でしたが、
麺が目立ちすぎているというようなことは全くありませんでした!

◎麺量と栄養成分


麺の量は66gで、カロリーは344kcalとなっています!
脂質は13.5gで、あっさり系ということで全体的に低めですね!

◎具材 - お吸い物ぽさを盛り立てる小粒でにぎやかな具材


具材はかき卵、花形かまぼこ、わかめ、ねぎとなっています!

明確に主役と言える具材はないですが、非常に整った構成ですね!
写真で見てもわかるように、決して量が少ないこともありません!

わかめは1つ1つは細かく、食感をアピールするものではないですが、
磯の香りを運ぶことで、貝だしとの相乗効果を発揮していますし、
1つの具材としてもこの貝だしとの相性はいいものを持っています!(=゚ω゚)

花形かまぼこはいかにもお吸い物風の雰囲気を高めていますね!
春っぽさも高めてますし、上品なイメージを与えてくれています!

かき卵もふんわりとしていて、全体に優しさを与えていますね!
ねぎはごく普通ですが、これもほどよい感じで目立っています!

◎まとめ - つゆのはまぐり&あさりだしの旨さが光る一杯


麺は良質だから、ストレートにスープだけで勝負すれば、
十分に質の高い商品が作れる、そうした姿勢を感じましたね!

ここまでストレートにスープの質に真っすぐこだわったのは、
ここ最近の「どん兵衛」の中でも珍しいと言えるかもですね!

かつおをベースに2種類の貝を前面に立てるスタイルは明確で、
「貝だしうどん」と呼ぶにふさわしいおいしさがありましたね!

もしかするとこれから春の定番になるという可能性もありますね!

貝だしと優しい味わいが好きなら、これは間違いなくオススメですね!(゚x/)モキーヌ

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/9発売 無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン

4/9発売の日清「無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン」を食べました!
ドロ系濃厚豚骨の有名店である「無鉄砲」の再現カップ麺です!

今回の商品はローソンのみで先行販売される商品となっています!

4/9発売 無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン

「無鉄砲」のカップ麺が発売されるのはけっこうひさしぶりですね!
これまでにも数回日清の「有名店シリーズ」から出てたのですよね!

有名店シリーズ 無鉄砲×豚の骨 濃厚豚にぼ
有名店シリーズ 無鉄砲 濃厚豚骨

ただこのときはローソン限定ではなく、普通の一般発売でしたが!

「無鉄砲」は自分にとって豚骨の概念を変えてくれたお店でもありますね!
大阪にもお店があるので、自分も過去に何度か訪問したことがあります!

それまでは豚骨ラーメンというと、九州系のものしか連想しなかったですが、
こちらのお店はいわゆる豚骨ラーメンからイメージされるものとは違い、
とにかく豚骨の持っている個性や旨味を極限まで引き出したかのような、
濃厚かつドロドロでズシッと来るスープは非常に新しいものでしたからね!

それゆえにものすごく好みが分かれてしまうお店でもあるのですが、
固定ファンも多く、大阪のお店でもいつも行列ができてますからね!

「無鉄砲」の持っている豚骨のコクは尋常ではないものがあるので、
カップ麺での再現は非常に難しいと言うことができると思うのですが、
その中でどこまでお店に近づけているかが気になるところではあります!(*゚ー゚)

4/9発売 無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン(内容物)

◎内容物 - 後入れの液体スープつき


あら、なんだかカップのずいぶん下のほうに麺がありますね!
普通はもっと中ぐらいの高さに浮かんでいることが多いのですが!

他の方の写真でも同様の傾向があるので、こういう仕様なのでしょう!

それにしてももうすでにこの時点でかなりの豚骨臭がしてきますね!
豚骨の個性を引き出すことに力を入れていることが伝わってきます!

4/9発売 無鉄砲 濃厚豚骨ラーメン(できあがり)

うん、かなり粘度も高くドロ系豚骨らしい雰囲気は出てますね!

スープの量が少ないのは撮影のために多少スープを取り出したためです!
縦型ノンフライ麺の商品はそうしないと麺がスープに沈みますからね;

◎スープ - カップ麺としてはかなり頑張って豚骨感を出している


まずはスープですが・・・うん、カップ麺としてはかなり攻めてますね!(●・ω・)

さすがにお店の強烈な豚骨臭と比較すると全く及ばないですが、
カップ麺の枠組みで見ると十分と呼べるレベルに達しています!

まずこうした濃厚系豚骨の持っている豚骨の香りや個性、
そこを引き出そうとしていることがしっかり伝わります!

この手のドロ系豚骨は単に濃厚な豚骨スープというよりも、
豚骨スープに発酵感のようなものを感じるのが特徴ですが、
そうした発酵した豚骨臭のようなものがちゃんと宿ってます!

もちろんその強さはお店のものに比べると非常に小さいですが、
ちゃんとそうした個性に目を向けている点は好感が持てますね!

そこに後入れ液体スープによる豚脂のコクも加わることによって、
豚骨の個性と豚脂のコクが上手く合わさる形になっていますね!

またスープの粘度についてもかなり高めに仕上げられています!(*゚◇゚)

たださすがにこのドロドロ感は少々ギミック的ではありますね!
豚骨の濃度の高さそのもので粘度を出しているわけではないです!

というのも、原材料にもでん粉が多めに含まれていますからね!
なので、しっかりまぜればまぜるほど粘度が高くなってもきます!

お店のスープは豚骨と水だけで仕上げるような純粋なスープですが、
こちらの商品も鶏や魚介などの他の要素はあえて加えていません!

このあたりはお店のコンセプトを忠実に再現しようとしてますね!

そうでありながら、旨味のほうにも弱点は特に感じさせません!

このあたりは醤油ダレの組み立ての上手さも光っていますね!

醤油ダレがきちっとした旨味を持ったものとなっているので、
シンプルに豚骨と合わせるだけで十分いいスープになってます!

そうした点も含めて、カップ麺としてはよく頑張っていますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はポーク調味料、豚脂、でん粉、粉末しょうゆ、食塩、
しょうゆ、糖類、ポークパウダー、たん白加水分解物、酵母エキスです!

ほんとシンプル過ぎるほどに豚系だけでスープをまとめてますよね!

◎麺 - かなりギュッと詰まった食感の中細ノンフライ麺


麺はかなりしっかりとした硬めの食感のノンフライ中細麺です!

以前は縦型カップでノンフライ麺を使うのは明星ぐらいでしたが、
最近は日清もノンフライ麺を使ってくる機会が増えてきましたね!

麺は5分湯戻しですが、5分ではさすがにちょっと硬い感じでしたね!

これは麺そのものがちょっと戻りにくい硬めタイプなのもありますが、
スープのとろみ成分などが湯戻しを妨げている面もありましたね!(`・ω・´)

こうしたギュッと詰まったタイプの麺も決して悪くはないですし、
スープに負けないようにこうした麺にした側面もあるでしょうね!

ちなみに実際のお店の麺はもっと太めのブリッとしたタイプのもので、
硬さについては標準ではむしろそこまで硬くはなかったりします!

なので、麺を細くするかわりに麺の主張を高めたのでしょうね!

むしろこの麺の最大の長所はスープを邪魔しないという点ですね!

パンチの強いスープは油揚げ麺でもけっこう普通に成立するのですが、
それでもスープの個性をある程度は食ってしまう面があるのですよね!

ですが、今回はノンフライ麺なので豚骨臭を阻害することがなく、
スープの個性がストレートに伝わってきたのは良かったですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは403kcalとなっています!
脂質は11.7gで、濃厚系豚骨としてはけっこう低めですね!

もちろんこれはノンフライ麺だからというのも大きいですが!
ただいずれにしても油脂でアピールするタイプではないですね!

◎具材 - ミンチ状の豚肉具材がポイント


具材はチャーシュー、豚ミンチ、ねぎという組み合わせです!

ねぎは非常に細かい青ねぎで、存在感は正直あまり強くないです!

チャーシューもごく普通のやわらかいチャーシューチップで、
ほんのりと甘めの、カップ麺にありがちなタイプのものですね!

特徴的なのが豚ミンチで、いわゆる豚そぼろ系具材とは違い、
脂っぽく、ちょっと豚の臭みすら感じるものとなっています!(=゚ω゚)

このように表現するとネガティブな印象があるかと思いますが、
実はこの臭みのある具材を起用したのは意図的だと感じましたね!

というのも、もともとのスープがある程度豚臭さを意識してるので、
この具材を食べたときに、全体の豚感がより引き立ってくるのですよね!

おそらくこのような効果を期待してこの具材を入れたのでしょうね!

◎まとめ - 実店舗には及ばないもののドロ系豚骨らしさは感じる


もちろんお店の超濃厚系ドロ豚骨と比べるには厳しいのですが、
それでもそうしたスープの特徴の再現はけっこう頑張ってますね!

カップ麺で豚臭さを強く打ち出したものというと「MEGA豚」がありますが、
「MEGA豚」はあくまで九州豚骨系の延長線上にあるスープなので、
こちらの「無鉄砲」のカップ麺とはそもそもタイプが違いますね!

ドロ系濃厚豚骨の雰囲気を感じるにはなかなかよくできた一杯でした!(゚x/)モキーヌ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺

4/8発売の日清「カップヌードル 蘭州牛肉麺」を食べました!
中国の蘭州市のご当地麺料理をカップヌードルにした商品です!

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺

なんだかこの「蘭州牛肉麺」って、ちょっと流行ってるのですかね!
少し前に同じく日清の「麺職人」からもこの味が出ていましたし!

ポイントは牛肉ベースのスープ+パクチー+ラー油とのことです!

パクチーというと東南アジアで使われるという印象が強いのですが、
こちらの蘭州市は別に東南アジアに近い地域というわけではありません!

中国の北西部あたりで、東南アジアよりモンゴルのほうが近いです!
パクチーってアジアのけっこう広い地域で親しまれているのですね!(*゚ー゚)

外国系のカップヌードルらしく、「CUP NOODLES」と複数形になってますね!

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺(内容物)

◎内容物 - 後入れの特製辣油つき


後入れ用の小袋として、特製のラー油がつけられています!
また具材に目をやると、やたらとねぎの量が多いのが目につきますね!

パクチーとまざって緑が目立っているという側面もありますが!

4/8発売 カップヌードル 蘭州牛肉麺(できあがり)

ねぎも多いですが、ダイスミンチもなかなか充実していますね!

◎スープ - ラー油から広がるパクチーの香りが強烈


まずはベースのスープですが・・・けっこう優しい牛系スープですね!(*゚◇゚)

ちょっと白濁した牛系スープですが、ワイルドな牛骨ほどクセはなく、
むしろしっとりとした牛の旨味を引き出したタイプのスープですね!

なので、牛の風味がガンガンと攻めてくる感じではないのですが、
決して弱くはなく、優しさがありながらもじわっと旨味がきます!

日清はときどき牛脂をガツンと効かせるスープを作ってきますが、
今回は牛脂を使いつつもそこまで攻撃的な印象はないですね!

全体的にほどよくコクがありつつも優しいスープと言えるでしょう!

さらにそこにふわっとパクチーの香りが軽めに漂ってきます!
また牛以外の旨味についてはこれと言ってアピールしてきません!

なので、複合的なスープというよりはかなりシンプルな内容ですね!

そしてここに後入れオイルを入れると・・・一気にパクチーが来ますね!(●・ω・)

この後入れオイルは基本的には「ラー油」ということになってますが、
完全にメインとなっているのは「パクチー風味の香味油」と言えます!

オイルを単体でなめても唐辛子の辛さより遥かにパクチーが強いです!
ラー油の持っている唐辛子の風味はもはやおまけと言えるぐらいですね!

でもって、最初の段階ではオイルが少し凝固していたことを考えると、
おそらくパクチー香味油+唐辛子+牛脂という構成なのでしょうね!

なので、このオイルが入ることで牛の風味も増していると見られます!

ただそれでも、やっぱりこのオイルに関してはパクチーに尽きますね!

最近はパクチーをアピールするタイプのカップ麺が増えて来てますが、
その中でもかなり上位に入ってくるぐらいの攻撃性を持ってます!

というか、パクチーが苦手なら絶対に手に取らないほうがいいですし、
かなり人を選ぶぐらいのパンチを持ったスープなのはたしかですね!

それにしても今はカップ麺もここまで攻めるようになったのですね!(=゚ω゚)

決していかにもキワモノ系的な形で発売された商品ではないのに、
これだけガツンとパクチーの攻撃性が出ているわけですからね!

後半はオイルが減ってくるので、いくぶん印象はやわらかくなりますが!

◎スープの原材料


スープの原材料はビーフ調味料、植物油脂、牛脂、香味調味料、
香辛料、チキン調味料、たん白加水分解物となっています!

ほんとにシンプルに牛を中心とした組み合わせになってますね!
牛+パクチー、この2つだけで徹底的にアピールしてきますからね!

◎麺 - カップヌードルらしい麺だが、いつも以上にシンプル


麺はいつものカップヌードルらしい、平打ち系の油揚げ麺です!

ただ麺の持っている個性はいつものカップヌードルより控えめです!
原材料も小麦粉、植物油脂、食塩、香辛料と極めてシンプルですからね!

カップヌードルの麺でシンプルというとシーフードヌードルですが、
そのシーフードヌードルの麺と比べても原材料が簡素になってます!

ただ麺の太さに関してはシーフードヌードルよりも少し幅広ですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は60gで、カロリーは356kcalとなっています!
脂質は15.9gで、ちょっと高めの数字と言えますからね!

◎具材 - 牛ダイスミンチがなかなかワイルド


具材は牛ダイスミンチ、卵、ねぎ、赤唐辛子、パクチーです!

赤唐辛子は粗びきで、スープに軽くパンチを加えるものですね!
パクチーは具材としてはそれほど目立つ存在ではないですね!

ねぎを減らして、もっとガツンとパクチーを入れても良かったかもです!

ねぎに関してはほんとに量が多いですが、主張は普通ぐらいでした!
オイルに含まれているパクチーの風味が圧倒的な強さでしたからね!

卵はいつものカップヌードルに入っているおなじみの具材ですね!

そして牛ダイスミンチですが・・・なかなかのワイルドさですね!(`・ω・´)

いつもの謎肉(豚ダイスミンチ)ほどジャンクなタイプではなく、
ストレートに肉本来の旨さを伝えてくるのは好感が持てました!

ジューシーというよりは、肉らしさをアピールする感じでしたね!

◎まとめ - 想像以上のパクチーの風味でインパクトはバッチリ


「牛肉麺」ということで、食べる前は牛の印象が強かったですが、
むしろ牛は下支え的な存在で、主役は完全にパクチーでしたね!

それもここまでパクチーを主張してくれるとすがすがしいですね!

それゆえにパクチー嫌いの人には絶対にオススメできないですが、
カップ麺もここまで攻められるんだなという感慨がありましたね!

牛とパクチー、シンプルながらもしっかりとおいしい一杯でした!(゚x/)モキギューヌ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/1発売 カップヌードル 味噌

4/1発売の日清「カップヌードル 味噌」を食べました!
ラーメンの定番である「味噌」がカップヌードルにも登場しました!

これまで醤油味、塩味などはラインナップに入っていたものの、
味噌に関してはレギュラーのカップヌードルにはなかったのですよね!

これはやはりカップヌードルにはやや洋風のイメージがあるため、
和風の印象が強い味噌が出しにくかった事情もあるのでしょう!

ただし、「味噌」が登場するのは実は今回が初めてではないのですね!(*゚ー゚)

もともとは1992年にもカップヌードルから味噌味が登場してますし、
また以前から「カップヌードルミニ」には味噌がありましたしね!

なので、今回の商品は「ミニ」からの昇格という意味合いもありそうですね!
おそらくは「ミニ」で発売されていた「味噌」の人気が高かったのでしょう!

4/1発売 カップヌードル 味噌

「カップヌードル」はあえてデザインを洋風にする印象がありますが、
今回はそうした要素は全くなく、ストレートに漢字で攻めてきましたね!

とすると、味のほうもおおむね和風路線を意識しているのでしょうかね!
やはり味噌味に関しては洋風に仕上げるのが難しくもありますからね!

カップヌードルの中で「おむすびに合うランキング1位」と書いてますが、
なんとも微妙なランキングで、どう評価すべきか迷ってしまいますね!

もちろんレギュラーサイズの「味噌」は今回が新発売にあたるので、
「ミニ」がおむすびに合うという評価を得ていたのでしょうね!

ミニサイズで味噌味だと、たしかにおむすびとは合いそうですしね!

4/1発売 カップヌードル 味噌(内容物)

◎内容物 - 粉末スープが非常に多いのでお湯を注ぐ際に注意


うん、たしかに「カップヌードル」の味噌らしい内容になってますね!
カップヌードルの大きなポイントであるダイスミンチも入ってますし!

ただこの商品については、ちょっと気を付けないといけない点があります!

粉末スープの量が多いので、お湯がものすごく沈みにくいのですよね!

「カップヌードル」シリーズ全体の中でもとりわけお湯が沈みにくく、
普通に内側の線まで入れても、実は全然足りないなんてことが起きます!

なので、お湯を入れたら、いったんちょっと箸で軽くほぐすなどして、
お湯をちゃんと下まで沈めてあげるような作業が必要になります!

自分は普通にお湯を内側の線まで入れて3分待っていたので、
麺をまぜた途端にお湯が沈んで明らかにスープが少なくなり、
途中でお湯を改めて追加しないといけないことになりましたし;

さすがにこの点はこの商品の欠陥だと言わざるをえないですね!
この問題についてはこれからちゃんと解決しておいてほしいです!

4/1発売 カップヌードル 味噌(できあがり)

うん、具の構成も含めてベーシックな味噌ラーメンっぽいですね!

お湯が沈まないという問題が起きてテンションが少し下がりましたが、
味のほうではそうしたマイナスの印象を吹き飛ばしてほしいですね!

◎スープ - カップ麺における味噌味のスタンダードとしての力を感じる


まずはスープですが・・・おぉ、これはよくできているじゃないですか!(●・ω・)

縦型のベーシックなカップ麺の味噌ラーメンに求めている味、
そのイメージがものの見事にここに再現されていますね!

カップヌードルらしい洋風の風味は全く意識されてないですね!
むしろスタンダードすぎるほどに王道の味噌ラーメンの味です!

でもって、札幌味噌ラーメンのようなラード攻めとも違って、
ベースの動物系スープがものすごく濃厚というわけでもないです!

なので、どちらかと言えば古風な味噌ラーメンの印象に近いです!

しかしながら、どこを見てもポイントが押さえられているのですよね!(=゚ω゚)

まずは最大の主役である味噌の打ち出し方が非常に上手いですね!

カップ麺の味噌ラーメンって、肝心の味噌の打ち出しが弱かったり、
逆に味噌の持っている鋭さばかりが前面に出たりすることがありますが、
こちらは味噌の風味をしっかり立てつつ、鋭くなりすぎてはいません!

間違いなく味噌は濃いめなのですが、それをネガティブに感じさせず、
「味噌の風味を楽しめる味噌ラーメン」に仕上がっているのですよね!

そしてそれをサポートするベースのスープも過不足ない仕上がりです!

豚と鶏の動物系をベースにしつつ、油脂はそこまで前面に立てず、
そこにほんのりと魚介も効かせることで旨味を付加してます!

カップヌードルシリーズにしては普通すぎるとも言えるのですが、
逆に一般のカップ味噌ラーメンが何か1つ足りなかったりするので、
そこを素直にきっちり押さえてきたことが逆に個性になってますね!

これはそのままレギュラー化しても何ら不思議ではない味ですね!

◎スープの原材料


スープの原材料は粉末みそ、糖類、ごま、大豆粉末、ポーク調味料、みそ調味料、
豚脂、香辛料、チキン調味料、魚醤、酵母エキス、煮干し粉末となっています!

全体的な構成は非常にオーソドックスと言っていいものですが、
ここで「大豆粉末」の存在がちょっとポイントになってますね!

「味噌の持っている大豆の旨味」の部分を上手く底上げする、
そうした狙いがあるのがこの大豆粉末だったのでしょうね!

たしかに味噌感が厚いけど鋭くなりすぎてない味わいでしたし、
ごまも含めてそうした細かい工夫が加えられているのでしょうね!

「ミニ」バージョンの原材料と比較すると構成はほぼ同じですね!
微妙に調整はされてますが、味の方向性はおそらく同じはずです!

なので、「ミニ」が好きだった人なら無条件にいけるでしょう!

◎麺 - カップヌードルの麺の存在意義を再確認させてくれる


麺はカップヌードルとしてはやや幅広の麺が採用されています!
原材料などを見ると「カップヌードルカレー」の麺に近いですね!

ごく小さな違いはありますが、おおむね近い麺と言っていいです!

今回改めて感じたのは、この麺の持っている威力と個性ですね!(*゚◇゚)

スープだけで見れば、カップヌードルらしい洋風のイメージはない、
でもこの麺が合わさるとそれもカップヌードルになるのですよね!

カップヌードルの個性は決してスープだけで表現されてるわけではなく、
この麺の質感、風味があってこそのものなのだと改めて感じましたね!

この麺が合わされば、ベーシックな味噌スープであったとしても、
しっかりカップヌードルらしくなるということがわかりましたね!

そう考えると、このカップヌードルの麺もまた偉大なのですね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は60gで、カロリーは391kcalとなっています!
脂質は17.9gで、そこそこ高めの数字になっていますね!

◎具材 - ダイスミンチによるカップヌードルらしさの演出力は見事


具材はダイスミンチ(謎肉)、キャベツ、コーン、人参、ねぎです!

謎肉を除けば、いかにも味噌ラーメン向けの具材がそろってますね!
これといってカップヌードルらしい構成というわけでもありません!

コーンの甘み、人参のコリコリ感、キャベツも味噌とは合いますし、
このあたりはほんと「普通の味噌ラーメン」の具材と言えるでしょう!

ねぎは非常に細かく、ここもごく普通の薬味といったところですね!

その中で大きなポイントとなっているのはやはり豚ダイスミンチです!(`・ω・´)

もちろん「カップヌードル」シリーズではおなじみの謎肉ですが、
これが入ると一気にカップヌードルらしさが増幅されるのですよね!

スープは非常に真っすぐな味噌ラーメンを指向していながらも、
麺と具材によって「これぞカップヌードル」と思わせてくれる、
カップヌードルシリーズの個性を感じさせるバランスでしたね!

◎まとめ - 1つのベーシックな味噌ラーメンとして非常に優秀


決して何か奇をてらったような要素を感じるスープではないですし、
むしろ「素直すぎるほど素直」な味噌ラーメンと言えるのですが、
これと同じだけの完成度を持ったカップ味噌ラーメンはなかなかなく、
それゆえにこの商品の存在意義ははっきりと伝わってきましたね!

一気に縦型カップ味噌ラーメンのスタンダードになるかもしれません!
間違いなくそれだけのポテンシャルを感じさせる一杯ではありましたね!

味噌ラーメンが好きなら、迷わず手に取れる安心の仕上がりでした!(゚x/)モキユーヌ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

4/1リニューアル発売 カップヌードル SiO(2019年)

4/1リニューアル発売の日清「カップヌードル SiO」を食べました!
デザインが大幅に変わり「SMOKY&SPICY」と銘打たれています!

4/1リニューアル発売 カップヌードル SiO(2019年)

以前は緑を基調としたデザインでしたが、明るい青になりましたね!

オリーブオイルを連想させるカラーからのチェンジとも言えますが、
今回もオリーブオイルが1つのポイントであることは継承されています!

また洋風の塩ラーメンを指向しているという点も共通していますね!

4/1リニューアル発売 カップヌードル SiO(2019年)(内容物)

◎内容物 - 後入れの燻製オリーブオイルが追加


最大の変化は後入れの調味油が加わった点と言っていいでしょう!

ただ燻製の香りって少なからず人を選ぶところがあるので、
これがプラスにはたらくかどうかは食べないとわかりませんね!

そして具材については主役だった「炭火焼チキン」が消えました!

自分は「炭火焼チキン」が好きだったのでここはかなり残念ですね;
それゆえに食べる前の期待度はそれほど高くなかったりするのですよね;

「炭火焼チキン」のかわりに鶏肉メインの白い謎肉が加わってますが、
ちょっとこの変更はコストカットの意味合いもあるように見えますしね;

4/1リニューアル発売 カップヌードル SiO(2019年)(できあがり)

おっと、この具材の充実度はちょっと驚かされてしまいますね!
とてもじゃないですが「具が悪くなかった」とは言えないですね!

最も全体のクオリティについては食べてみないとわかりませんが!

◎スープ - スモーク香りとの相性は抜群、よりワイルドな洋風しお味に


まずはスープですが・・・あれっ、これは想像よりも遥かにいいですね!(●・ω・)

オイルを入れる前のスープはおおむね以前の味を継承してますが、
いくぶんこれまでの「SiO」よりもジャンク感が増してますかね!

以前はスープにブイヨンを使うなど洋風らしさを強く意識してましたが、
今回は洋風ではありながらも、「洋風らしい上品なスープ」ではなく、
「カップヌードルらしさのある洋風感」へとシフトした印象でしたね!

ただ、この時点だとまだマイナーチェンジと言える範囲でしたが!

そこでオイルを入れてみると・・・これが一気に化けるのですよね!(`・ω・´)

スモーク風味に少なからず警戒心を持っていたのが吹き飛びますね!
今回の洋風しお味はまさにこのスモーク風味があってこそ生きます!

ベースのスープは良質な洋風しお味に仕上がってはいるのですが、
どこかちょっと刺激が足りない、大人しい印象もあるのですよね!

その「足りない個性」をバチッと補うのがこのスモークオイルです!

オリーブオイルによって洋風としての個性をさらに高めるとともに、
スモーク感によってパンチとカップヌードルらしいワイルドさを演出、
人によっては以前の上品さも漂うスープを好む人もいるでしょうけど、
「カップヌードルらしさ」という点では間違いなくこれは進化ですね!

これまでの「SiO」が洋風という点ではカップヌードルらしくはありつつも、
「カップヌードルシリーズにしては上品」という仕上がりだったのに対し、
今回はその攻めの味わいも含めてカップヌードルらしさが増してましたね!

まさに「これぞカップヌードルのしお」と呼ぶにふさわしい味でした!

そしてスープに加えられたブラックペッパーもいい仕事をしています!

洋風しおスープとの相性という点では申し分のないものがありますし、
このアクセントもまたカップヌードルの持つべき刺激を補完してますね!

ベースのスープもいくぶんワイルドさを増し、ハーブは従来どおり香り、
ブラックペッパーで刺激を、そしてスモークオイルが個性をより高める、
これまでよりも幅広い層に支持されるだけの力を十分に感じましたね!

従来の「SiO」ファンであった自分でも十分に納得できるスープでした!

◎スープの原材料


スープの原材料は植物油脂、ポーク調味料、チキン調味料、香辛料、糖類、
豚脂、オニオンパウダー、魚介調味料、香味調味料、粉末しょうゆです!

豚と鶏を合わせたスープに魚介も入るあたりは継承されていますが、
ブイヨンの上品さはあえて外し、オニオンで洋風らしさを演出する、
そしてスモークオイル(植物油脂)がしっかり最初に来ていますね!

そういえば「しお味」のはずなのに、食塩は入っていないのですね!

◎麺 - いつものカップヌードルらしい麺


麺はいつものカップヌードルと特に変わらないヌードル麺です!
麺の原材料を見ると「シーフードヌードル」の麺と同じですね!

「シーフードヌードル」の麺は下味が控えめなのが特徴で、
その分だけスープの特徴をダイレクトに生かすのですよね!(*゚ー゚)

今回のスープはかなりはっきりとした個性を持っていたので、
この控えめな麺を合わせたことは正解と言っていいでしょうね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は60gで、カロリーは364kcalとなっています!
脂質は16.8gで、オイルが入る分だけ少し高くなってますね!

ただ決してヘヴィと言うような数字ではないですけども!

◎具材 - 内容は非常に充実していて満足度は高い


具材は鶏ダイスミンチ(白い謎肉)、フライドポテト、
キャベツ、卵、赤ピーマンという組み合わせですね!

以前はインゲンが入ってましたが、キャベツになってますね!

ただインゲンは前のリニューアルの時点ですでに外れてたので、
今回の具材の変更点は炭火焼チキン→白い謎肉のみですね!

また昔のバージョンに比べるとポテトが小ぶりになってますが、
これについても以前のリニューアルでもそうなっていますね!

まず全体の具材の充実度はかなり高いものがあると言えますね!(=゚ω゚)

キャベツは洋風スープと相性が良く、赤ピーマンは味に変化をつけ、
フライドポテトも量も多くホクホク感をしっかりと楽しめますね!

そして卵はカップヌードルらしさを高める役割を果たしています!

そうするとポイントは白い謎肉ですが、印象は悪くないですね!(*゚◇゚)

自分としては「炭火焼チキン」に対する名残惜しさはありますが、
ただ今回はスープをよりワイルドな方向に向けたこともあって、
上品さのある炭火焼チキンよりも、よりジャンクな白い謎肉が、
今回のリニューアルの方向に沿っているのはたしかなのですよね!

なので、単純に1つの具材として見るなら「炭火焼チキン」が上ですが、
トータルの相性を考慮するなら、今回の変化はマイナスではないですね!

むしろ具材でもカップヌードルらしさがより増したと言えるかもです!

◎まとめ - 洋風しお味の良さを生かしつつ、よりワイルドでクセになる味に


これまでの「SiO」が好きだっただけに、今回は不安もありましたが、
スープのおいしさでそうしたイメージは一瞬で吹き飛んでしまいましたね!

以前と比べても、より定期的に食べたくなる味と言っていいかもです!

スモークオイルの採用、この思い切った決断は正解だったと言えそうですね!(゚x/)モキヌー

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/25発売 どん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん

3/25発売の日清「どん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん」を食べました!
コンビニ向けの「どん兵衛」の縦型ビッグカップシリーズからの新作です!

3/25発売 どん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん

「どん兵衛」の縦型は最初は「創作系」として展開されてましたが、
前回の「くり~み~リッチ」からリッチ路線に変わったのですよね!

今回も「すも~き~リッチ」と「リッチ」が名前に入ってますしね!

「リッチ」といっても、「クリーミーさがリッチ」程度の意味ですが!
「カップヌードルリッチ」シリーズほど高級感を意識してはいません!

それにしても今回の商品、カップを開ける前からスモークの香りがします!(`・ω・´)

外装フィルムをはがした時点でふわっとスモークの香りがしてきて、
フタを開けるとさらにガツンと来るようなスモーク感がきますね!

名前の通り、スモークの香りが意識されているのがよくわかります!

3/25発売 どん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん(内容物)

◎内容物 - 小袋なしのお湯を注ぐだけの方式


後入れ調味油などはなく、そのままお湯を注ぐだけとなってます!
そのかわりカップの中の粉末スープの量はかなり多めですね!

3/25発売 どん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん(できあがり)

うん、具材に関してはおおむね整っていると言えるでしょうね!

◎スープ - スモーク感は強めながら、クリーミーさはやや軽め


まずはスープですが・・・うん、たしかにスモーク感は強いですね!(●・ω・)

日清の縦型どん兵衛では少し前に「カルボナーラ」が出てますが、
そのときと比べてもスモーク感のアクセントはかなり強まってます!

一方でももう1つの主役であるカルボナーラ感はほどほどですね!

たしかにクリーミーさはあって、一定の乳製品的な風味があって、
少しチーズも加わり、そこをベースに洋風スープが支えていますが、
卵とチーズでガツンとパンチを出すという感じにはなってないです!

そもそも原材料を見ても特に卵を連想させる要素は入ってないですし!

でもって、コクのメインも乳製品というよりは豚脂なのですよね!(*゚ー゚)

なので、全体としては洋風スープや乳製品でカルボナーラ感を出しつつ、
前面に豚脂を立ててコクを、スモーク感でアクセントをつけたスープです!

もともと縦型どん兵衛は濃厚そうなテーマを持ってくることが多いわりに、
実際のその味はけっこう軽めだったりすることが多かったりするのですよね!

なので、そういう意味では今回も「縦型どん兵衛」らしくはありますね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、糖類、小麦粉、クリーミングパウダー、
でん粉、食塩、乳等を主要原料とする食品、チーズパウダー、
ポーク調味料、香辛料、ブイヨン、玉ねぎとなっています!

2017年に出た「どん兵衛 カルボナーラうどん」と比較してみます!

[どん兵衛 カルボナーラうどんの原材料]


豚脂、小麦粉、糖類、加工油脂、でん粉、卵粉、
乳等を主要原料とする食品、チーズパウダー、食塩、ブイヨン、
オニオンパウダー、香辛料、チキンエキス、香味油、酵母エキス

豚脂を中心とし、ベースにブイヨンなどの洋風スープを使うなど、
大きな点は共通してますが卵粉の有無は大きな違いと言えますね!

卵はカルボナーラを表現するうえでは必須の素材でもありますからね!
もっともそれがどれくらいスープの味に影響するのかは謎ですが;

◎麺 - もちもち感は高いが、麺離れがあまり良くない


麺は縦型どん兵衛向けの5分湯戻しのやや太めのうどんです!

どんぶり型のどん兵衛の麺に比べるといくぶん厚みは控えめですが、
それでも縦型カップ麺のうどんとしては踏み込んだ太さはあります!

ただ一方で湯戻しの際に麺どうしがくっついている部分が多く、
そこがほとんど戻っていないという問題が生じるのですよね;

これは「縦型どん兵衛」が発売されて以来、ずっと抱えてる問題ですね!(=゚ω゚)

またこれは麺のクオリティが直接的な理由ではないのですけども、
スープのスモーク感が強いながらも、麺と一緒に食べてみると、
麺によってそのスモーク感が少なからずマスクされるのですよね!

なので、食べる前はスモーク感への期待がガンガンふくらみつつも、
いざ麺を食べるとちょっと拍子抜けになってしまう面はありますね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは441kcalとなっています!
脂質は18.5gで、ちょっと高めの数字になっていますね!

以前の「カルボナーラ」は脂質19.4gで、438kcalだったので、
脂質は減りながらカロリーが少し増えたという変化があります!

◎具材 - ベーコンが生み出すスモーク感が活躍


具材はキャベツ、ベーコン、卵、ねぎとなっています!
前回の「カルボナーラ」と比べると、いんげんがねぎになってますね!

キャベツはまぁごく普通に洋風スープとはいい相性を見せます!
ねぎについてはこのスープに関してはなくても良かったかもですが!

卵はふわっとしていて、全体に卵らしさを加えるという目的ですね!
この具材の卵がカルボナーラらしさの1つのカギと言えるかもです!

ベーコンはしっかりしており、スモークの風味もなかなか高いです!(*゚◇゚)

間違いなく今回の具材の中で、主役にあたると言っていいでしょう!
ベーコンの風味、肉感、スモークの香りとどれもよくできてますね!

◎まとめ - カルボナーラらしさ以上にスモーク感に重点を置いた一杯


カルボナーラ感に注目すると、どうしてもライトな印象がありますが、
スモーク感という点ではなかなか思い切った一杯ではありましたね!

特にスープだけを飲んだときに広がる香ばしさはなかなか優秀でした!

スモークの香ばしさに注目して食べるとなかなかいけるかもですね!(゚x/)モキウー

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/25発売 どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2019年)

3/25発売の日清「どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て」を食べました!
今年の「どん兵衛 焼うどん」からの新商品が出る時期になりました!

「どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て」の発売は4年連続ですね!
2016年に発売されてから、1年も途切れることなく発売されてます!

そうした経緯もあって、今回はニュースリリースなしでの発売でした!

3/25発売 どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2019年)

◎「どん兵衛 焼うどん」の歴史と今年の変化


そのためこのブログでの紹介も4年連続ということになりますね!

これは自分がこの商品がお気に入りだからというのもありますが、
それ以上に今年はあえて紹介枠を取りたい背景があったのですよね!

4年連続ともなると味の変化もそれほど大きくはなくなってきますし、
今年はスルーしてもいいかなとちょっと迷ったりもしたのですよね!

ですが、今年は「どん兵衛 焼うどん」として大きな変化がありました!

「どん兵衛」の焼うどんはもともと「だし醤油味」をメインとして、
そこにもう1商品加えるというスタイルが2016年まで継続されてました!

ですが、その2016年にこの「担担花椒仕立て」が出て様相が変わります!

なんと翌年の2017年にはメインだったはずの「だし醤油味」が外れて、
逆に新登場だった「担担花椒仕立て」がメインに躍り出るのですよね!

2018年には「だし醤油味」が復帰して2016年と同じラインナップになりますが、
今年2019年は2商品態勢をやめて、この「担担花椒仕立て」のみになりました!

これまではずっと2商品態勢だったことを考えると、これは大きな変化です!

それだけ「担担花椒仕立て」が圧倒した人気を誇るようになったのでしょうね!
だから2商品態勢にすると、「担担花椒仕立て」に人気が偏るのでしょう!

「担担花椒仕立て」の1商品だけになったのはさみしくはありますが、
それだけこの「担担花椒仕立て」が認められた証左でもありますしね!

この「担担花椒仕立て」は単に人気が高いだけの商品ではないのですよね!

2016年に登場した「どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て」はカップ麺史上において、
かなり思い切って花椒を強く効かせてきた最初の商品とも言える存在なのです!(`・ω・´)

この商品の発売を皮切りに、一気に花椒の強いカップ麺が増え、
カップ麺における「麻辣」ブームが始まるきっかけとなりました!

まずカップ麺で花椒ブームが起き、遅れて一般でも「麻辣」ブームが始まり、
それがカップ麺業界にも改めて波及している、そんな流れがあるのですよね!

なので、この商品は「麻辣」ブームの1つの元祖的存在と言えるかもです!

3/25発売 どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2019年)(内容物)

◎内容物 - 花椒は後入れパウダーで調整


内容物は液体ソースと花椒パウダーという構成になっています!
花椒パウダーはカップの中ではなく、フタに張り付いています!

花椒パウダーが別添となったのは、2017年バージョン以来ですね!
またパッケージのデザインは2018年から特に変わってないようです!

3/25発売 どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2019年)(できあがり)

うん、いつもの「どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て」らしい見た目ですね!

◎ソース - ごまが濃厚でまったり甘めの担担ソース


まずはソースですが・・・うん、いつものこのシリーズの味ですね!(●・ω・)

とにかく非常にまったりとしてまろやかなのが特徴なのですよね!

甘みはけっこう強く、ねりごま系のまったり感もかなり強め、
そこにピリッとした唐辛子感などの刺激的な風味が加わります!

なので、花椒を除くとむしろコクや丸みを重視した味わいですね!

塩カドが立つような、鋭さを感じさせる要素はほとんどなくて、
そのまろやかさにグイグイ引き込まれるような味となってます!

また豚脂でコクを高めるあたりはいかにも日清らしいですね!

豚脂ってコクが強いわりに、そこまでクセが強くないことから、
コクを高めるための素材という点では機能性が高いのですよね!

そしてここに花椒が加わると・・・一気にビリビリ感が増しますね!(*゚◇゚)

最近は花椒の強い商品がかなり一般化してきたこともあってか、
2016年に初めて食べたときほどの驚きは感じなくなりましたね!

でも間違いなく花椒の強さと香りという点では一級品のものですし、
花椒の風味や痺れが苦手な人は間違いなく避けたほうがいいです!

もっとも後入れなので、量は自分で調整することができますが!

逆に花椒好きの人ならさらに自分で足しても面白いでしょうね!
実際に自分は昨年までのバージョンでそういう食べ方をしてましたし!

この商品のいいところは味がただ単に花椒に頼ってるだけでなく、
ベースが甘くまろやかなので、花椒と上手く調和する点なのですよね!

花椒が強くアピールしても、ベースとしてのコクがしっかりしている、
だからこそ強い花椒の刺激を受け止める形ができてるのですよね!

2016年に登場以降、ファンを多くつかんだ理由もよくわかりますね!
毎年この商品を買いだめしている人もけっこういるのではないですかね!

というか、自分がこれまでそういう買い方をすることが多かったですが!

◎ソースの原材料 - 甘味、ねりごま、豚系、香辛料が軸


ソースの原材料は糖類、ねりごま、豚脂、しょうゆ、還元水あめ、植物油脂、食塩、
香辛料(花椒、しょうが、唐辛子、にんにく)、ポークエキス、ポーク調味料です!

甘味を感じさせる要素が多く、あとは豚系で主にまとめられてますね!

面白いのは担担系でありながら、味噌が使われてないという点です!
ソースの粘度は高いのですが、これは全てねりごまの効果なのでしょう!

それだけねりごまを多く使っているということの証左でもありますね!
あとは水あめで物理的に粘性を高めているというのもありそうですが!

香味野菜としてにんにくや生姜なども加えられてはいるのですが、
ワイルドにそれらが主張してくるような感じは特になかったです!

昨年の原材料と比べるとどうも植物油脂が後ろに下がってますね!
あとは食塩がやや前に上がっているといった違いが見られます!

◎麺 - 「どん兵衛」らしい粘りのある麺


麺は「どん兵衛」らしいもっちりとした食感の麺となっています!

ただ今年に入って「どん兵衛」の麺は微妙に変化してるのですよね!
原材料に新たに「昆布エキス」が加わるようになったりしてますし!

ただ大きな方向性としては、麺のストレート感であったり、
もっちりとした食感などについては特に変化はしていません!(*゚ー゚)

やや一部に麺のほぐれが悪いようなところがあったりしましたが、
湯戻しの最中に少し箸でほぐしてあげれば解消されるでしょうね!

たしかこうした問題は昨年以前もあったように記憶していますし!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは524kcalとなっています!
脂質は25.0gで、それなりに高い数字となっていますね!

昨年と比べると脂質が-1.6g、カロリーは-9kcalとなってます!
ほんの少しではありますが、多少はライトになってるようです!

◎具材 - いつもと同じくダイスミンチ&チンゲン菜


具材はダイスミンチとチンゲン菜という構成になっています!
この組み合わせについてはずっと変わっていないですね!

商品の個体差もありますが、今年はダイスミンチが多めでした!
見た目では少ないですが、この商品では6粒あればいいほうです!(=゚ω゚)

味はダイスミンチらしい、ジャンクで肉感あふれる風味ですね!

チンゲン菜は全体的に細かいですが、中には大きな茎もあり、
そうした部分はシャキッといい存在感を見せてくれてますね!

どうしても汁なし系の場合は野菜はねぎでごまかされがちですが、
その中できちっとチンゲン菜を使い続けているのも評価したいです!

◎まとめ - 例年の「どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て」が好きなら十分オススメ


原材料や栄養成分にちょっとした違いは出てはいましたが、
基本的にはこれまでの「担担花椒仕立て」の延長線上ですね!

人気商品なので、あえて大きくはいじってこないのでしょう!

なので、毎年食べている人なら安心して買うことができますし、
「麻辣」系が好きな人にもオススメできる内容となっています!

なんせカップ麺における「麻辣」ブームの火付け役ですからね!

もはや安定感を感じさせる領域にまで達した今年の「担担花椒仕立て」でした!(゚x/)モキルー

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/25発売 チキンラーメンの油そば

3/25発売の日清「チキンラーメンの油そば」を食べました!
日清の定番中の定番である「チキンラーメン」から油そばが出ました!

3/25発売 チキンラーメンの油そば

最近は「まんぷく」の人気で、日清関連の商品に注目が集まってますし、
日清としてもそのブームに乗るという狙いがあっての商品でしょうね!

「チキンラーメン」から「油そば」が出るのは今回がおそらく初ですが、
「チキンラーメン」の汁なし商品自体は過去にも何度か発売されてます!

袋麺でも発売された「焼チキン」シリーズのカップ麺がありましたね!(*゚ー゚)

「焼チキン」はもともとチキンラーメンを焼そば風に作るとおいしい、
という消費者のレシピをもとに商品化されたものだったことから、
できるだけ基本のチキンラーメンの味わいに沿ったものでしたが、
今回は「油そば」ということでもう少し踏み込んだ感じですね!

3/25発売 チキンラーメンの油そば(内容物)

◎内容物 - 液体ソース(醤油だれ)と刻み海苔


内容物は濃厚醤油だれ(液体ソース)と刻み海苔となってます!
他の具材に関しては最初からカップのほうに入れられています!

麺が明らかにいつもの「チキンラーメン」より太いのも目を引きますね!

3/25発売 チキンラーメンの油そば(できあがり)

ねぎが多めで、刻み海苔が乗るあたりは油そばらしいですね!

◎ソース - 「チキンラーメン」らしさを大事に油そば感を演出


まずはその味ですが・・・思っていた以上に「チキンラーメン」ですね!(●・ω・)

醤油だれの量は多く、かなり強めのアレンジが施されてますが、
食べたときにまず受ける印象は「チキンラーメン」なのですよね!

単にベースに「チキンラーメン」の麺を利用したうえで、
全然タイプの異なるアレンジを重ね合わせてきたのではなく、
むしろチキンラーメンとの相乗効果を狙ったタレなのですよね!

タレのベースは醤油、鶏油、ラー油(というかごま油に近い)、
そしてここにねぎ油も加わるという組み合わせになっています!

醤油は湯戻しによって麺から抜けた味わいを補う役割なのですが、
これがチキンラーメンの持ってる「焦がし醤油」感を意識していて、
「チキンラーメンらしい香ばしさ」をさらに引き上げてるのですよね!

そして鶏油も一般的な油そばのように鶏のパンチを主張するというより、
チキンラーメンの鶏感に寄り添い、それを高める補佐的な役割を見せます!

ラー油は辛味はほぼなく、普通にごま油と呼んでいいものですが、
ごま油はもともとチキンラーメンとは非常に相性のいい素材なので、
チキンラーメンに香ばしさを与えるという点では申し分ないものです!

ねぎ油は具材のねぎと合わせて、軽くねぎ感を添えるような感じです!

このようにどの素材も、チキンラーメンの麺がもともと持っている、
鶏感や香ばしさを高めるという方向に向けて作られてるのですよね!(`・ω・´)

なので、タレが入ることでチキンラーメンらしさが逆に強調される、
「油脂感と香ばしさが強めのチキンラーメン」として成立しています!

そのためチキンラーメン+油そばの合わせ技というよりは、
チキンラーメンの味をそのまま油そばに進化させた感じです!

自分はてっきりチキンラーメンらしさはあくまで麺で支えるだけで、
がっつりと強烈な油そば要素とぶつけ合う感じを予想していたのですが、
ここまでチキンラーメンらしさに寄り添う内容だったのは意外でした!

でも、これこそが「チキンラーメンの油そば」と呼ぶにふさわしいですね!

◎湯戻ししたお湯のスープ


今回の商品では湯切りのスープをマグカップなどに注いで、
それをスープとして楽しむということも提案されています!

そこで少し試しましたが、基本はチキンラーメンのスープですが、
お湯が規定量でもちょっと香ばしさと味が強めになってましたね!

なので、ほんのちょっとお湯を多めに入れてもいいかもしれません!
また胡椒などを少し振ってみてもいいアレンジになるでしょうね!

◎タレの原材料


タレの原材料はしょうゆ、鶏脂、植物油脂、野菜調味油、糖類、醸造酢、食塩です!

醤油、鶏油、ラー油、ねぎ油の4つが主軸なのが見えてきますね!
お酢も入っていますが、これについてはあまり目立ってないです!

油脂が強いので、その主張をごく軽く緩和しているぐらいですね!

◎麺 - いつものチキンラーメンよりも明らかに太い


麺はチキンラーメンらしい鶏ガラ醤油の油揚げ麺ですが、
普段のチキンラーメンよりも明らかに太くなっています!

チキンラーメンってアレンジ版でも麺は同じ印象があるので、
太麺が使われてくるとそれだけでかなり珍しくも感じますが、
実はチキンラーメンの太麺はこれが初めてではないのですよね!

焼チキン」や「チキンラーメンどんぶり」で過去に太麺が出てます!
今回の麺はそのときのものをある程度参考にした可能性もありますね!

太麺にしたのは「油そば」を意識したという点も大きいでしょうが、
太麺のほうが麺に味が残りやすいことも考慮したのでしょうね!

普通のチキンラーメンの麺だと3分後には味が抜けていますが、
こちらは3分経ってもそこそこ味が強く残ってましたからね!

汁なしとしてはやはり麺の味が残っていないと困りますからね!(*゚◇゚)

麺の原材料は普段の「チキンラーメンどんぶり」とほぼ同じです!
ただ原材料のごく一部で順番が変わっていたりはしていますが!

とはいえ、味をちょっと強めにつけてきた可能性はありますが!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは486kcalとなっています!
脂質は25.7gで、一応は油そばなので脂質はそこそこ高いです!

麺量の80gは従来の「チキンラーメンどんぶり」と同じですね!

なので、汁なし向けに麺量を増やしたりはしてないようですが、
「チキンラーメンどんぶり」はもともと麺量が多い商品なので、
汁なしとしてもそこまで少なく感じるというわけでもないです!

◎具材 - ねぎと海苔で油そばの演出もバッチリ


具材はひよこちゃんなると、ねぎ、刻み海苔となってます!

普通に具材として主張しているのはひよこちゃんなるとぐらいですね!
ごく普通ですが、具材がそれなりに入るだけで満足度は上がりますね!

ねぎは非常に細かいですが、量はしっかりと入っているので、
全体にねぎの風味を軽く広げるという点では効果的でしたね!

そして今回の具材で最も活躍していたのは海苔でしょうね!

やはり油そばには海苔の持っている風味が合うのですよね!

海苔の香りによって油脂のゴリゴリ感が上手く緩和されて、
ヘヴィながらもさらっと食べられるように導いてくれます!(=゚ω゚)

◎まとめ - 「チキンラーメン」らしさを大事にしつつ油そばアレンジに好感


醤油、鶏油、ラー油、ねぎ油といろいろなものを加えながら、
ドカッとした「チキンラーメン」らしさがあったのは見事でした!

むしろ「チキンラーメン」という素材を生かすための衣装として、
醤油や鶏油やラー油が彩ったと言えるような仕上がりでしたね!

チキンラーメンらしい油そばを求めるなら間違いない内容でしょう!(゚x/)モキューヌ

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/18発売 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭

3/18発売の日清「一風堂 幻の名店 麺翁百福亭」を食べました!

◎「麺翁百福亭」とは


「麺翁百福亭」(めんおうももふくてい)は大阪府池田市にあった
インスタントラーメン発明記念館」(現:カップヌードルミュージアム)
の近くで2003年から2008年まで運営されていたラーメン屋さんです!(*゚ー゚)

この「麺翁百福亭」は「一風堂」が運営母体であったことから、
2008年に「一風堂 池田店」へとリニューアルされましたが、
その後も「麺翁百福亭」時代にあったラーメンをモデルとした
「百福元味」というラーメンをお店で提供し続けています!

今回の商品は「麺翁百福亭」時代のラーメンをモデルにした商品で、
鶏をベースにしたうえでごぼうの風味を効かせたスープが特徴です!

現在の「百福元味」はほぼ鶏に集中したようなスープとなっていて、
いわゆる「チキンラーメン」のリアル版みたいな感じと言われますが、
実はお店のほうでも「麺翁百福亭」時代の味に近づけるために
「ごぼう香油」を加えるなど原点回帰を3月26日にはかるようです!

この変化は間違いなくこのカップ麺の方向性と一致していますよね!

この商品は間違いなく安藤百福をモデルにしているドラマである
「まんぷく」への注目度の高まりとリンクしての発売ですし、
それに合わせて実店舗のほうもテコ入れをはかる形のようですね!

3/18発売 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭

「麺翁百福亭」のラーメンは日清の創業者である安藤百福氏の看板である
チキンラーメンを彷彿とさせる香ばしい鶏ガラ醤油風味を軸にしながら、
そこにごぼうの風味を強く取り入れているのが大きな特徴なのですよね!

そのためこの商品でもごぼうがずいぶんとアピールされていますね!
「焦がし」についてはチキンラーメンの香ばしさがモデルなのですかね!

3/18発売 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭(内容物)

◎内容物 - ごぼう風味の特製香油つき


フタの上に後入れの特製香油が貼り付けられています!
カップの中は鶏団子を中心に具材も充実していますね!

3/18発売 一風堂 幻の名店 麺翁百福亭(できあがり)

スープが内側の線よりもかなり下側になってしまってますが、
これは撮影の関係でスープをかなり取り出したためですね!

実際にはスープの量がもっと高い感じに仕上がります!

◎鶏ガラと和風の煮物のような味わい、そしてごぼうが映える


まずはベースのスープですが・・・甘めの鶏ガラ醤油味ですね!(*゚◇゚)

たしかに中心にあるのは鶏ガラと香ばしい醤油風味ですが、
「チキンラーメンみたいな味」かというとかなり違いますね!

香ばしさもどちらかというと「焦がし醤油」的なものですし、
このまったりとした甘さはチキンラーメンにはないですからね!

また醤油の色も濃いめで、まったりとした醤油感があります!
醤油は強めながらもキレよりは丸みを主張する感じですね!

そして香油を入れる前の段階でもごぼうの風味がしますね!

甘めで濃い醤油味、ごぼうの風味、このあたりから連想すると、
「筑前煮」のような和風の甘辛い煮物を少し思い起こしますね!

ただこの商品はごぼうによって素朴な雰囲気は出ていますが、
ベースのスープは和だしではなく鶏がメインとなってるので、
純粋な和風の煮物のつゆとはタイプに違いもありはしますが!

ここでごぼう香味油を入れると・・・一気にパンチが出ますね!(●・ω・)

香味油を入れる前でも、ごぼうの存在感は強かったのですが、
このオイルが入ることで、鶏以上に前面へと出てきますね!

でもって、和風の煮物のつゆっぽい感じがさらに強まります!

このまったりとした甘さのある風味は多少好みは分かれるかもですね!

まったりとしてしっとり、けっこう強めの甘さと香ばしい醤油、
さらにごぼうの風味と、ラーメンとしては珍しいラインですからね!

「安藤百福がモデルだからチキンラーメンぽい味かな」と予想すると、
かなりそれとは違った味でもあるので、その点も少々注意が必要です!

ですが、一つのラーメンスープとして見ると個性的でかつ良質ですね!

今回の香味油はついついごぼうの香りにばかり目が行くのですが、
実際は鶏油や豚脂などの動物系の油脂もそこそこ厚みがあります!

これが鶏スープと合わさって、動物系の旨味もしっかり持たせつつ、
和風の煮物を思わせるような甘めの醤油味を合わせていることで、
ラーメンと和食のハイブリッド的なつゆに仕上がってるのですよね!

これが「安藤百福さんらしいのか」と問われると難しいですが、
単純に1つの素朴なラーメンの形としては面白さはありますね!

◎スープの原材料 - 動物系、香ばしい甘さ、ごぼうの3つが軸


スープの原材料は動物油脂(豚、鶏)、糖類、食塩、粉末しょうゆ、
チキン調味料、でん粉、ごぼう調味油、酵母エキス、ポーク調味料、
カラメルパウダー、魚介調味料、香辛料という構成になっています!

動物油脂でコクを固め、糖類とカラメルパウダーで香ばしい甘さを、
そして鶏だしを中心にごぼう調味油をアクセントとした感じですね!

ちなみにこの商品に何か香辛料などで変化をつけるとしたら、
胡椒よりも唐辛子系のもののほうが合うような気はしますね!

◎麺 - 良質な中細ノンフライ麺で、どこか素朴な香りも


麺は縦型カップ麺としては珍しい中細のノンフライ麺となってます!

透明感が強く、加水は高めのプリッとした質感の麺なのですが、
ブリブリと強い主張をするような麺にはなっていないですね!

どちらかというと、しっとりとした麺という印象が強いです!(=゚ω゚)

そしてそのしっとり感こそが今回のスープと合うのですよね!

しっとりすることで、スープとの一体感がなかなか高いですし、
なおかつ食感を強く主張せず、麺の風味がふわっと香ることで、
高品質ながら、どこか昔の素朴さを思わせる麺となってます!

このあたりの感覚の表現については意図的なのかもしれませんね!

油揚げ麺で「安藤百福らしさ」を演出する方法もあったでしょうが、
お店の味への忠実さという点ではノンフライ麺で正解でしょうね!

そうすることでラーメンのモデルとなった「チキンラーメン」とは、
また違った個性を持っていることがより伝わってきますからね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は70gで、カロリーは366kcalとなっています!
脂質は8.3gで、ほどほどの高さといった感じでしょうね!

◎具材 - 鶏だんごにごぼうと個性的な具材がそろう


具材は鶏だんご、ごぼう、ねぎ、フライドオニオンです!

フライドオニオンは具材としてはそれほど目立ちはしませんが、
スープの焦がしの香ばしさの演出には大いに貢献していますね!

この「焦がし」感はこの商品の大きなポイントの1つですからね!

ねぎも量が多めで、しかもリアル系なので食べごたえはあります!
しっかりとリアリティと高級感を感じさせる内容になっていますね!

そしてごぼうですが・・・この素朴な風味は存在感がありますね!(`・ω・´)

ごぼうって野菜の中でもとりわけ明確な風味を持っていますからね!

一つ一つは小さいですが、口に入ったときの味の主張は明確ですし、
スープが染みることでいい具合に煮物ぽい雰囲気も出ていますね!

間違いなく具材としても今回の主役の1つと言っていいでしょう!

そして主役の鶏だんごですが、これは文句なしのクオリティですね!

ふわっとしているというよりは、やや詰まった感じを持っていて、
それゆえに鶏の旨味がしっかりと凝縮されている感がありましたね!

なおかつ量が多く、しかも今回のスープとはよく合ってましたね!
今回のスープは具を生かすという点でも優秀だったと思いますね!

◎まとめ - 「チキンラーメン」とは別物の鶏ベースに焦がしとごぼうを生かした一杯


「安藤百福さんらしさ」を考えるとどうしても「チキンラーメン」や、
「カップヌードル」の味わいが思い浮かんでしまうところがありますが、
チキンラーメンから鶏・醤油・香ばしさという要素をピックアップしつつ、
ごぼうでアレンジを効かせたこの商品も1つのラーメンとしては優秀でした!

間違いなくありそうでないタイプのラーメンになってましたからね!

「安藤百福さんらしさ」をストレートに味わう一杯というよりは、
「一風堂がイメージした安藤百福さんらしい味」を体感できる、
そういうラーメンとして触れてみるのが楽しいかもしれませんね!(゚x/)モキュキュー

【関連記事】
一風堂 幻の名店 麺翁百福亭
IPPUDO from Thailand トムヤムクン豚骨
IPPUDO from 香港 スパイシー海老豚骨
一風堂 とんこつまぜそば
IPPUDO from New York クラムチャウダー ヌードル
日清名店仕込み 一風堂 極からか麺

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

3/18発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 ホイコーロー味焼そば

3/18発売の「日清焼そば U.F.O. 大盛 ホイコーロー味焼そば」を食べました!
「日清焼そば U.F.O. 大盛」から食べごたえ抜群そうな新作が来ました!

3/18発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 ホイコーロー味焼そば

ホイコーロー(回鍋肉)というと、中華の定番として有名ですよね!

本来はにんにくの芽を使ったピリ辛の四川料理だったそうですが、
陳建民さんが日本に伝える際にキャベツに変更されたようですね!

たしかににんにくの芽は日本では一般にはあまり出回らないですしね!

キャベツをガツガツ食べられる料理としても大きな存在ですよね!(=゚ω゚)

そんな料理ということもあって、キャベツがアピールされてますね!

最近の「UFO」、特に大盛バージョンは具材が貧弱なことが多いので、
それに対する「豪勢な具もできるんだぞ」という主張にも見えますね!

3/18発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 ホイコーロー味焼そば(内容物)

◎内容物 - 液体ソースのみ


内容物は液体ソースのみというシンプルな構成となっています!
具材についてはあらかじめ麺の下に入れられているみたいですね!

3/18発売 日清焼そば U.F.O. 大盛 ホイコーロー味焼そば(できあがり)

うん、さすがにこのキャベツの量でしたら文句はありませんね!
最近の「UFO 大盛」の具材の少なさを一気に払拭していますね!

◎ソース - 複合的な甘味噌風味と豚脂が絡む


まずはソースですが・・・甘味噌ラード風味といったところですかね!(●・ω・)

日本の回鍋肉は甜麺醤と呼ばれる中華甘味噌が主軸なることが多く、
そこに豆鼓による旨味、豆板醤によるピリ辛、にんにくの香味、
これらの要素がガツッと重なったタレになることが多いですね!

この中では今回は特に甜麺醤系の甘味噌風味が目立っていますね!
そしてそれを補完する形で豆鼓による詰まった味噌風味もします!

豆鼓(トウチ)というのは、黒豆を塩漬けにして発酵した食品で、
味噌に近くはありながらも、独自の風味を持っているのが特徴です!

この豆鼓そのものも最近ではスーパーで扱われるようになりましたが、
むしろ「豆鼓醤」という形で調味料として並んでいることが多いですね!

この豆鼓も麻婆豆腐などの四川料理の隠れた名脇役だったりするのですよね!
今のところはまだ甜麺醤・豆板醤・花椒に知名度が及ばないところはありますが!

そしてこれら味噌系に対抗してくるのが、日清らしい豚脂の強いコクです!(*゚◇゚)

回鍋肉はこうした甘味噌系の調味料で豚肉を炒める料理でもあるので、
その豚肉から出てくる風味や油を豚脂によって表現してるのでしょう!

もしこれがなければ単純に「中華甘味噌ソース」になってましたが、
この豚脂が入ることによって「ホイコーロー」らしさが出てましたね!

またにんにくのワイルドさが強かったのもがっつり感を演出しています!

ただこの中で一つ弱いなぁと感じさせられたのが豆板醤の刺激ですね!

自分の中で回鍋肉は甘味噌・豆鼓・豆板醤の3つが絡んでこそなのですが、
その肝心の豆板醤のピリ辛の主張があまり感じられなかったのですよね!

そこが加わっていれば、一気に満点に近いぐらいの印象になったかもですが!

実は原材料には豆板醤は入ってるのですが、量が少なかったのでしょうね!

なので、自分のオススメとしては一味唐辛子を振るのがいいでしょうね!
唐辛子のピリ辛が一枚加わると、グッとホイコーローらしさが増すでしょう!

豆板醤を入れてもいいのですが、この場合は塩分が強まってしまいますしね;

◎ソースの原材料 - 回鍋肉に必要な調味料は一通りそろっている


ソースの原材料は豚脂、糖類、しょうゆ、豆鼓醤、香辛料、みそ、食塩、豆板醤、
香味調味料、粉末みそ、ポーク調味油、酵母エキス、野菜調味油、香味油です!

甜麺醤系の甘味噌が中心なので、糖類が多く加えられていますね!
そしてカップ麺では珍しい豆鼓醤を使ってきたことも評価できます!

できるだけきちっと本格派の回鍋肉を指向して作ってるのですよね!

◎麺 - UFOらしいストレート感のあるもっちり麺


麺はいかにもUFOらしさをアピールするストレートの油揚げ麺です!

最近の「UFO」は商品によって麺を軽く変更してくることも多いですが、
やはり「UFO」の王道の麺と言えばこのスタイルだなと思わせてくれます!

つるつるとすすれるストレート感、中細麺ならではのソースの絡みの良さ、
噛んだときのもっちりとした食感、そして食べごたえも十分でしたね!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分 - 大盛汁なし系だけあってカロリーも脂質も高め


麺の量は大盛の130g、カロリーは746kcalとかなり高いです!
脂質も35.8gと、いかにもガッツリ系商品なのが伝わりますね!

この商品は「食欲旺盛な若者をターゲット」と書いてるぐらいですから、
あえてこうしたワイルドな仕上がりにしてきたものと言えるでしょうね!

中華料理店で回鍋肉定食を食べるのが好きなオジサンにも向いてそうですが!

◎具材 - 大量のキャベツでホイコーローらしさを演出


具材はどっさり入ったキャベツとチャーシューチップとなっています!

キャベツはこれだけあれば回鍋肉らしさの演出にも文句なしですね!
やっぱり日本の回鍋肉にはキャベツは欠かせない存在ですからね!

今回のような甘味噌中華ソースとの相性は申し分ないですしね!(`・ω・´)

チャーシューチップは決してリアル系の豚肉というわけではなく、
やわらかくいかにもカップラーメン向けの具材という感じですが、
それでも回鍋肉に必要な豚肉要素をしっかりカバーしていますし、
量もそれなりにあるので、脇役としては十分頑張っていますね!

◎まとめ - ピリ辛感が欲しかったが、十分にホイコーローらしい味わい


「あとピリ辛があれば」というのはちょっと引っかかりましたが、
そのあたりについては自分で一味唐辛子を入れて調整もできますし、
トータルとして見ればなかなか上手く組み立てられた一杯でしたね!

「回鍋肉の焼そば」は昨年の5月にペヤングからも出ていましたが、
ペヤングの回鍋肉がなぜか醤油寄りの味わいになっていたのに対し、
中華ソースの本格度という点では明らかにこちらが上でしたね!

ご飯を合わせてがっつりと食べる焼そばとしても向いていますね!(゚x/)モギー

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.