7/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ かつお節香るだしソース

7/22発売の「日清焼そば U.F.O. ペロリ かつお節香るだしソース」を食べました!
「UFO」から新たに「U.F.O. ペロリ」というシリーズが登場しました!

この商品、価格帯の安さなどからスーパー向けと思ってましたが、
いろんなコンビニで大きく扱われていたのは少々予想外でしたね!

それだけ「UFO」の新ブランドは注目度が高くなるのでしょうね!

7/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ かつお節香るだしソース7/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ かつお節香るだしソース

この「UFO ペロリ」は女性層をターゲットにした新ブランドです!

少なめの麺量、食べやすい縦型カップ、優しい味わいが3本柱で、
一般的な麺量が多めのこってりした「UFO」とは一線を画してます!

特に基本の「UFO」は「濃い濃いソース」がウリになっているので、
こちらの「UFO ペロリ」は完全に対極的な路線と言っていいでしょう!

この商品を見て、連想するのはエースコックの「モッチッチ」ですね!

「モッチッチ」も明らかに女性層をターゲットにした商品で、
縦型カップ、だしを効かせたソース味などは共通しています!

そのため、両者の最大の違いは麺ということになりそうです!

この「UFO ペロリ」は「モッチッチ」の牙城を崩せるのでしょうか!(*゚◇゚)

7/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ かつお節香るだしソース(内容物)

◎内容物 - 粉末ソースのみ


内容物は粉末ソースのみというシンプルな構成です!
粉末ソースが使われていると、「日清焼そば」が連想させられますね!

ある意味では日清の得意分野で攻めて来たとも言えそうです!
「モッチッチ」のほうは液体ソースを起用していますからね!

内容物が少ないのは価格帯が安いという関係もありそうですね!

7/22発売 日清焼そば U.F.O. ペロリ かつお節香るだしソース(できあがり)

縦型カップ+粉末ソースとなるとまぜにくいイメージがありますが、
円柱形ということもあり、意外とすんなりソースはまざりましたね!

ただ湯切りの前に事前に麺を箸でほぐしておくほうがいいですが!

◎ソース - かつおが優しいだしソース味


まずはその味ですが・・・粉末ソースながら非常に優しいですね!(●・ω・)

たしかに粉末ソース特有のちょっとしたスパイシーさはありますが、
それはごくごく軽く、トータルとしてはだしの効いたソース味です!

ソースも濃いというよりはやわらかい味わいなのでごってり感はなく、
明らかに従来の「UFO」よりも食べやすさを意識してるのはたしかです!

少し醤油が加わっていることで、和風感がより高まっていますね!

このソースの路線はライバルの「モッチッチ」にもかなり近いです!(*゚ー゚)

「モッチッチ」のソースもこちらと同じだしソース路線でしたし、
粉末ならではの軽いスパイス感以外は非常に近いものがあります!

また「モッチッチ」は得意とする炒めの臨場感があったことから、
本格度という点では「モッチッチ」に譲るところが多少あります!

ただいずれにしてもターゲットしている女性層からも食べやすい、
優しい味わいのだしソース味であることは間違いないところです!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、食塩、粉末ソース、デキストリン、かつおぶし粉末、
かつおぶし調味料、紅生姜、香辛料、粉末しょうゆとなっています!

粉末ソース以上に糖類や食塩が来ているのが特徴的ですね!
いわゆる「ソース感」をあえて抑えているのが見えてきますね!

◎麺 - 軽いプリ感だが、「モッチッチ」には遠く及ばない


そして麺ですが・・・やや太めで、軽いプリ感を持った麺ですね!

予想としてはライバルを「モッチッチ」に想定していることから、
「UFO」なりにかなりこだわりの強い麺を採用してくるかと思いきや、
どちらかといえばけっこうノーマルな麺だったのは少々驚きでした!(=゚ω゚)

従来の「UFO」ほどもっちりとした粘り気を感じさせる麺ではなく、
質感は軽めで、噛んだときもごく軽めにプリンと弾けるような、
とにかく「少し太めながらも軽く食べられる」ことが重視されてます!

そうしたことから麺の質で見ると、「モッチッチ」が遥か上ですね!
どうもこの点についてはあまり勝負を強くしかけなかったようです!

◎麺量と栄養成分


麺の量は65gで、カロリーは320kcalとなっています!
脂質は10.7gで、かなり軽めの数字と言っていいでしょう!

今回の最大のポイントは麺量が65gというところでしょう!
一般のカップ焼そばで65gというのは極めて少ないですからね!

ライバルの「モッチッチ」は麺量が85gとなっているので、
なんと20gも少ないという非常に大きな差が出ていますね!

やはり両者の最大の違いは麺にこそ出ていますね!

ちなみに「UFO プチ」の50gに比べると麺量は多少多いです!
一応は一食として機能するぐらいの麺量にはしてるのでしょう!

◎具材 - キャベツのみ


具材はキャベツのみというシンプルな内容となっています!

キャベツは多くも少なくもなく、特にこだわった感もないですが、
量もほどほどにはあり、全体のバランスとしては悪くないですね!(`・ω・´)

キャベツをメインにするうえで最低限は押さえたという感じです!

◎まとめ - 女性向けの軽く少なめで食べやすさを重視した一杯


「モッチッチ」がソースを女性向けにアレンジしたうえで、
麺にこだわりぬくことで高い質を追求していたのに対し、
こちらは量や麺の質感の軽さを調整することによって、
「いかに軽く食べられるか」を重視している感じでしたね!

とにかく「少なめで食べやすい味をペロッと」という点から言えば、
たしかにこの「UFO ペロリ」は一定のニーズをつかむことはできるでしょう!

一方で全体のクオリティまで考えると、ライバルの「モッチッチ」に対し、
麺の質が明らかに弱いので、味の良さで選びたいという場合には、
麺の違いによって「モッチッチ」にどうも流れそうな気はしますね!

要するに「量の少なさ」がいかに武器になるかにかかってるでしょう!

「モッチッチ」に近くも、麺に大きな違いのあった一杯でした!(゚x/)モキヌール

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/15発売 カップヌードル BIG トムヤムシーフード味

7/15発売の日清「カップヌードル BIG トムヤムシーフード味」を食べました!
シーフードヌードル ぶっこみ飯」に続く「シーフードヌードル」の35周年記念商品です!

7/15発売 カップヌードル BIG トムヤムシーフード味

今度は「トムヤムクンヌードル」とのコラボでやってきましたね!

「トムヤムクンヌードル」は今では「カップヌードル」の看板の一つで、
その完成度の高さは発売された頃に非常に大きな話題になりましたしね!

「トムヤムクン」と言えば、海老の風味がポイントの1つですし、
「シーフードヌードル」の海鮮系の味わいとは相性が良さそうです!

そんな両者がどんなふうに交わるのかが今回の最大の注目点ですね!(=゚ω゚)

7/15発売 カップヌードル BIG トムヤムシーフード味(内容物)

◎内容物 - 「トムヤムクンヌードル」のトムヤムペーストつき


トムヤムペーストが後入れの小袋としてついている以外は、
いつもの「シーフードヌードル」とビジュアルが同じですね!

粉末スープの色などについてはトムヤムっぽさは全然ないですし!

7/15発売 カップヌードル BIG トムヤムシーフード味(できあがり)

うん、ペーストを除けばいつもの「シーフードヌードル」的ですね!

◎スープ - 質の高いトムヤム風味とシーフードの見事な下支え


まずはベースのスープですが・・・うん、ほぼ「シーフードヌードル」です!(*゚◇゚)

スープの原材料も確認すると、トムヤムペーストを入れない段階では、
従来の「シーフードヌードル」と特に原材料の違いもないようですね!

ちょっとコスト調整しているようなところがあったりはしましたが、
スープの方向性を大きく変えてきているというところはなかったです!

なので、動物系で一定のコクを効かせたうえで乳製品でまろやかさを出し、
シーフードと紅生姜の風味を生かしたという方向性は変わりません!

ただ体感的には、いつもよりはいくぶん味が薄めには感じましたね!
これはここにトムヤムペーストが入ることを考慮してのものでしょう!

そこでここにトムヤムペーストを加えると・・・うおぉ、これは一気に化けますね!(●・ω・)

いやはや、ベースのスープは「シーフードヌードル」そのものなのに、
トムヤムペーストが入った途端にトムヤム要素のほうが優勢になります!

そうするともともといつもの「シーフードヌードル」だったはずの味が、
「シーフードヌードルの味をベースにしたトムヤムヌードル」になります!

シーフードヌードルの存在感が前面から一気に後ろに下がるのですよね!

ただその一方で下支えとしてはしっかりシーフードヌードルが生きていて、
それがトムヤム系の風味のベースとしていい仕事をしてくれているのですよね!

「トムヤムクンヌードル」はベースのスープが強い酸味を持っていて、
ココナッツミルクの丸みもありながら全体的に非常にすっきりしてますが、
こちらは海鮮の風味によってトムヤム要素としっかりつながりを持ちつつも、
少し丸みを持ちながらトムヤム風味を支えるという構造になってるのですよね!

でもって、この海鮮ベースのまろやか風味とトムヤムの相性が実にいいです!
レギュラー商品化しても何ら不思議でないぐらいの完成度を見せてましたね!

それも「シーフードヌードル」のスープをそのままベースに使って、
トムヤムペーストも「トムヤムクンヌードル」とほぼ同じであるのに、
その両者を合わせてここまで上手くハマるのですからこれは驚きです!

そしてそのトムヤムペーストの風味もやっぱりしっかりしていますね!

トムヤムならではのピリ辛感、レモングラスやカフィルライムの風味、
そしてパクチーと、トムヤムの持つエスニック感が非常によく出てます!

辛味については「ピリ辛」レベルで比較的軽めと言っていいですね!

このペーストだけでここまで全体の味を一気に締められるのだから、
いかにこのペーストがよくできているかを実感することができますね!

◎スープの原材料


スープの原材料はポーク調味料、チキン調味料、トムヤムペースト、糖類、
香辛料、粉末しょうゆ、乳等を主要原料とする食品、野菜調味料、
たん白加水分解物、魚介調味料、野菜調味油、食塩、紅生姜、魚醤、ポーク調味油です!

これをいつもの「シーフードヌードル BIG」と比較してみましょう!

[シーフードヌードル BIGの原材料]


チキンエキス、ポークエキス、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、
乳等を主要原料とする食品、ポーク調味料、野菜調味料、
たん白加水分解物、魚介エキス、野菜調味油、食塩、魚醤、ポーク調味油

まず最大の違いは「エキス」系が「調味料」に変わっている点ですね!
これはおそらくトムヤムペーストをつけたことによるコスト調整でしょう!

またチキン→ポークの順がポーク→チキンの順に変わってますが、
これはもともと「シーフードヌードル」に入っていた「ポーク調味料」が
「ポークエキス」から調味料になったものと一体化したためでしょう!

なので、基本的には「エキス」が「調味料」に変化したぐらいで、
それ以外については変わっていないと判断して良さそうに思います!

◎麺 - いつもの「シーフードヌードル」の麺


麺はいつもの「シーフードヌードル」の麺と同じになっています!
「カップヌードル」の中では細めで、下味が軽めのヌードル麺です!

実は「トムヤムクンヌードル」と「シーフードヌードル」の麺は同じなので、
今回の商品は当然ながらこの麺が使われるのが妥当だと判断されたのでしょう!

もともと「シーフード」とも「トムヤムクン」との相性がいいので、
麺とスープの相性という点では全く申し分ないものとなっています!(*゚ー゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は多めの80gで、カロリーは436kcalとなっています!
脂質は16.0gで、比較的軽めの数字と言っていいでしょうね!

従来の「シーフードヌードル BIG」よりは麺量が5g少ないです!
これはトムヤムペーストのコストがあるので仕方ないでしょうね!

◎具材 - こちらも「シーフードヌードル」が基本


具材はキャベツ、イカ、かにかまぼこ、卵、ねぎとなっています!
ただ今回はトムヤム向けに唐辛子やパクチーも加えられています!

イカやかにかまぼこについては十分な量があると言っていいですね!(`・ω・´)

イカは「シーフードヌードル」の核と言ってもいい具材ですし、
それがしっかりとした存在感を発揮してるのはうれしいですね!

卵やキャベツに関してもいつも通りの内容と言っていいでしょう!
具材に関してはほぼ「シーフードヌードル」そのままですからね!

◎まとめ - びっくりするほどのトムヤムとシーフードヌードルの相性の良さ


これだけこの2つが絶妙な相性を見せるとは少々意外でしたね!

トムヤムペーストを入れた瞬間にトムヤム風味が主役になりつつも、
「シーフードヌードル」の風味がしっかりと下支えになっていますし、
このベースがあるからこそのおいしさだったのが良かったですね!

今回の商品はいろんな点で大当たりだったと言っていいでしょう!
両者の要素をほぼそのまま合わせただけなのにピッタリでしたからね!

エスニック系の風味が苦手でなければ、確実にオススメできる一杯です!(゚x/)モキュール

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/9発売 旨辛ラーメン表裏 鷹の爪拉麺 豚骨醤油味

7/9発売の日清「旨辛ラーメン表裏 鷹の爪拉麺 豚骨醤油味」を食べました!
東京の市ヶ谷にお店を構える「旨辛ラーメン表裏」の再現カップ麺です!

ローソンのみで限定販売されているカップ麺となっています!

7/9発売 旨辛ラーメン表裏 鷹の爪拉麺 豚骨醤油味

「旨辛ラーメン表裏」は辛口の二郎系的なガツ盛り系のお店ですね!

辛さが控えめの「ピリ辛」、激辛レベルの「極辛」に加えて、
この中辛レベルの「鷹の爪」などのラインナップがあります!

またあんかけ系の辛口ラーメンがそろえられているのも特徴です!

今回の「鷹の爪」はお店の中では中辛系のラーメンに位置付けられ、
同レベルの辛さには唐揚げの乗った「あんかけDX」などもあります!

今回はローソンの「Lチキ」を乗せることも推奨されていて、
そうすると「あんデラ(あんかけDX)」風になるそうです!

ただあんかけ系の要素は今回のラーメンには特にないようですが!(=゚ω゚)

7/9発売 旨辛ラーメン表裏 鷹の爪拉麺 豚骨醤油味(内容物)

◎内容物 - かやく、粉末スープ、液体スープの3袋構成


内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという構成になっています!
また具材のうち、キャベツに関してはあらかじめカップに入っています!

日清がこうした大盛バケツ型のカップ麺を出すのは珍しいですね!

廉価系商品に関してはこうした形状の商品も多く出していますが、
通常価格帯となるとあまりこのタイプのものは出さないですからね!

今回はガツ盛り系の商品ということであえてこうしたのでしょうね!

7/9発売 旨辛ラーメン表裏 鷹の爪拉麺 豚骨醤油味(できあがり)

うん、そこそこガツ盛り系っぽい雰囲気のするビジュアルですね!

◎スープ - 二郎系のスープをベースにピリ辛に寄せた味わい


まずはスープですが・・・なるほど、ベースにあるのは二郎系ですね!(●・ω・)

ガツ盛り系のラーメンということである程度想像はついていましたが、
豚骨醤油とはいっても、あくまで二郎系的な豚骨醤油になっています!

乳化度は低めながらも豚のコクを引き出した豚骨を醤油ダレで整え、
そこにガツンとにんにくを効かせて強烈なパンチを出したスープです!

特にこのにんにくの主張の強さは、二郎系を模したカップ麺の中でも
けっこう上位に入ってくるんじゃないかと思わせるほど思い切ってます!

なので、いわゆる一般的に連想する豚骨醤油味とはかなり違ってますね!
豚骨のまろやかさや、醤油の持つ丸みとかそうした要素はかなり希薄です!

またこうしたガツ盛り系の豚骨醤油は豚脂が強めなことも多いですが、
このスープは油脂があまり強くないのも一つの特徴となっています!

なので、ワイルドではありながらも意外とすっきりと食べられますね!

そしてもう一つのポイントの唐辛子ですが、素直なピリ辛という感じです!(*゚◇゚)

辛味噌などによってちょっとひねりのある辛さを加えてるというより、
商品名の「鷹の爪」にあるように、素直に一味唐辛子を加えた感じです!

そのため、スープの底にはけっこう一味唐辛子がたまっていますからね!

辛味の強さについては、ほんと「中辛」といったレベルですかね!
「辛口」レベルにも達してないので、多くの人は軽く食べられるでしょう!

もう少しぐらい辛さについても攻めてみても良かったかもしれないですが!

なので、にんにく強めの二郎系に一味唐辛子でストレートに辛さを加えた、
そういうふうにイメージすればおおむね味は想像できるかと思われます!

◎スープの原材料


スープの原材料はポークエキス、香辛料(唐辛子、にんにく)、しょうゆ、
クリーミングパウダー、食塩、豚脂、みそ、卵粉、ポーク調味料です!

豚、にんにく、醤油、ほんとわかりやすい原材料の並びになってますね!
クリーミングパウダーや味噌や補足的に加えられているという感じです!

◎麺 - しなやかなストレート平打ち油揚げ麺


麺はストレートでしなやかさを感じるストレート平打ちの油揚げ麺です!

ガツ盛り系ということでもっとワイルドな麺が来るかと思ってましたが、
いやはやこれはずいぶんと洗練された印象を持たせる麺となってますね!

このあたりが日清ならでは、というふうに言っていいかもしれませんね!
ワイルド系の路線の中にもこうした整った要素を加えてきますからね!

食感はそこまで強くなく、スルリと喉を通って行くような感触の麺です!

なので、強めの食感を求めるときは少し早めに食べ始めてもいいかもですが、
いずれにしてもすすり心地が非常に良く、ちょっと歯切れの良さも見せるもので、
ワイルドなスープでありながらも、全体の印象をグッと高めてくれていますね!

日清の高級系油揚げ麺の流れをはっきりと汲んでいると言える麺でしたね!(`・ω・´)

◎麺量と栄養成分


麺の量は大盛の90gで、カロリーは525kcalとなっています!
脂質は19.3gで、麺量を考えるとおおむね標準的ですかね!

ただ全体としてはそれほど油脂の主張が強いわけではないですね!

◎具材 - 野菜メインのガツ盛り系らしい雰囲気はある


具材はキャベツ、もやし、ニラという組み合わせになっています!

お店の「鷹の爪拉麺」はもやしをどっさりと乗せたガツ盛り系ですが、
こちらはカップ麺ということで、もやしを入れつつも主役はキャベツです!

これはカップ麺の場合はどうしても仕方のない部分ではあるのですよね!
乾燥もやしはどうしてもクタッとしてボリュームが出しにくいですので!

多めのキャベツでボリュームを出し、もやしも加えて再現度を高めて、
さらにニラによってワイルド系と相性のいい香味を加えるという形で、
ガツ盛り系のラーメンの具材の組み合わせとしてはちょうどいいですね!(*゚ー゚)

◎まとめ - 二郎系らしさを持ちつつも洗練された感もある一杯


やや豚が軽めの二郎系的な豚骨醤油ににんにくをかなり強めに効かせ、
そこに軽めの唐辛子と、スープに関してはかなりワイルドになってますね!

一方で麺が非常に整っているので、洗練された印象も同時に味わえます!

二郎系的な味わいを求めている場合は十分にオススメできる一杯ですね!(゚x/)モキュルン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/8発売 カップヌードル シーフードヌードル ぶっこみ飯

7/8発売の日清「カップヌードル シーフードヌードル ぶっこみ飯」を食べました!
日清のごはんシリーズから「カップヌードル」系の新作が出ました!

7/8発売 カップヌードル シーフードヌードル ぶっこみ飯

この「カップヌードル ぶっこみ飯」系はスーパーでもよく見ますし、
すでにけっこう市場に定着しているというような印象があるのですが、
「シーフードヌードル」の「ぶっこみ飯」がなかったのは意外ですね!

てっきり一度ぐらい発売されたことがあるような気になってましたし!

ただ過去に日清のごはん系で「シーフードヌードル」系統のものが
発売されたのは「ミルクシーフード」系を含めて何度かありますが!

ところでこの「ぶっこみ飯」はこれまでに発売されたものを見ても、
「カップヌードル」と「チキンラーメン」の2種だけだったのですね!

そう考えると、思ったよりも手を広げてなかったシリーズなのですね!(*゚ー゚)

今回の商品は「シーフードヌードル」の発売35周年記念商品でもあります!
なので、あくまで期間限定の商品という位置づけになっていますね!

通年商品化しても良さそうですが、日清のご飯系も種類が増えているので、
レギュラー商品化を断念せざるをえないケースも出てくるのでしょうね!

もっとも人気が出れば、毎年定期的に発売される可能性もありますが!

この「ぶっこみ飯」シリーズは、要はカップ麺の麺を食べた後で
残ったスープにご飯を入れた味を再現したというものですね!

日清のご飯系は数年前からレンジ調理から熱湯調理に変わりましたが、
それによってどうしても水分の多い商品が主力になったということから、
こうした「ぶっこみ飯」シリーズが開発されたという経緯も見えますね!

7/8発売 カップヌードル シーフードヌードル ぶっこみ飯(内容物)

後入れの小袋などはなく、お湯を入れて5分後にまぜれば完成です!

とはいえ、日清のご飯系は5分ではかなり硬めに仕上がることから、
実際に食べ始めるのは7~8分後あたりがちょうど良かったりしますが!

7/8発売 カップヌードル シーフードヌードル ぶっこみ飯(できあがり)

おっ、具材については思っていた以上の充実度となっていますね!

どうも日清のご飯系は具材が貧弱というイメージがあっただけに、
こうしてしっかりとした具材が入っているとちょっと驚きますね!

◎スープ - シーフードヌードルをベースに厚みと紅生姜を強めた感じ


まずはその味ですが・・・うん、基本的な印象は「シーフードヌードル」に近いです!(●・ω・)

でも実は原材料を見ると、けっこう大幅に違っているのですよね!

ただこれはやむをえない面があって、「シーフードヌードル」は、
麺が油揚げ麺であることから、その風味がスープに影響を与えますが、
こちらの商品はご飯なので、そうした影響がスープに出ないのですよね!

そうするとその体感的な油脂感などをスープで補う必要が出てきます!
それがそうした両者のスープの構成の違いになって出てくるのですよね!

基本的には「シーフードヌードル」らしい、イカ系の海鮮の風味が強く、
ちょっと乳製品のまろやかさがあり、紅生姜がピシッとアクセントとなり、
野菜や動物系が下支えや旨味を補完する役割として機能しています!

ラーメン版の「シーフードヌードル」とスープを単体で比べると、
こちらのほうがいくぶん動物系のコクや厚みのアピールが強くて、
さらに紅生姜のアクセントが思った以上に強いのが特徴ですね!

ただイカなどの海鮮の主張は「シーフードヌードル」を踏襲しており、
トータルとして「十分に近い」と言わせる仕上がりにはなっています!

そう考えると、こうした商品の開発って意外と難しいのでしょうね!(=゚ω゚)

麺とご飯ではスープのなじみも違うし、麺から出る風味もまた違う、
そうした影響を加味しながら食べたときの印象はできるだけ近づける、
これは単に麺の原材料を一部をスープに入れればいいことでもなく、
細かく体感的な部分まで考慮して組まないといけないのでしょうね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、ポーク調味料、食塩、チキン調味料、でん粉、
小麦粉、粉末しょうゆ、香辛料、乳等を主要原料とする食品、麦芽糖、
ぶどう糖、たん白加水分解物、にんじん調味料、いか粉末、魚介調味料、
野菜調味油、紅生姜、砂糖、魚醤、ポーク調味油となっています!

豚脂が最初に来ているのは、いかにも日清らしい調整と言えます!
日清はコクを出したいときはまず豚脂を使うことが多いですからね!

さらっと見ると全体的にポークが優位、あとは魚介や野菜の風味など、
おおむね「シーフードヌードル」的な要素が並んではいますね!

ということで、実際の「シーフードヌードル」のスープと比較します!

[シーフードヌードルの原材料]


チキンエキス、ポークエキス、糖類、香辛料、粉末しょうゆ、
乳等を主要原料とする食品、ポーク調味料、野菜調味料、たん白加水分解物、
魚介エキス、野菜調味油、食塩、魚醤、ポーク調味油

「こんなに違うの?」と驚きを感じるぐらいに差がありますね!

まず従来のヌードルにはそもそも豚脂が一切入っていません!

「麺に入ってる分をスープに加えたのでは」と思われるかもですが、
「シーフードヌードル」の麺は100%植物油で揚げられてるのですよね!

そこをあえて植物油脂ではなく豚脂にしたのは大きな変化ですね!
なので、スープを単体で飲み比べると大きな差を感じそうです!

そしてチキンとポークの力関係が完全に逆転してるのもポイントです!

ヌードル版はチキンが主体でポークがサポートにも見えますが、
ご飯版に関しては完全にポークがメインになってますからね!

ご飯版はにんじん調味料やいか粉末なども特徴になってますが、
これはヌードル版の野菜調味料や魚介エキスにも対応してるので、
おそらくここは内容が全然違うということはないように思います!

◎ご飯 - 最近の「日清のご飯系」らしいアルデンテのご飯


ご飯は湯戻し5分ではちょっと芯が残るようなご飯となってます!

それが食べ進めるにつれて徐々に食べやすい硬さになって、
最後はちょっと雑炊に近い感じに仕上がるのが特徴です!

もとが少し硬めなので、ぼろぼろと崩れることはないです!
おおむね形を維持したままでいてくれるのはいいですね!(*゚◇゚)

やや硬めの段階だと少し歯に張り付きそうになる弱点がありますが、
それを除けば「やや硬めの雑炊向けご飯」として楽しめるものです!

◎ご飯の量と栄養成分


ご飯の量は75gで、カロリーは366kcalとなっています!
脂質は6.3gで、ご飯が油脂を含まないので軽めの数字です!

この系統の商品は油脂感が少なくさらっと食べられるので、
量が少なく思えますが、ご飯の量はそこそこあるのですよね!

一般的な「カップヌードル」の麺量などよりは多いですからね!

◎具材 - しっかりと「シーフードヌードル」を再現


具材はかにかまぼこ、卵、キャベツ、いか、ねぎとなっています!
この内容は「シーフードヌードル」と全く同じになっていますね!

量も充実していて、具材の内容もしっかりと再現されている、
具については文句を言うべきところは全くないと言えますね!

ご飯を食べていると、自然とかにかまぼこが海鮮の風味を届け、
いかが口に入るとそれが全体のシーフードの主張をグッと高め、
ふわっとした卵、キャベツもヌードル版をきっちり想起させます!(`・ω・´)

特にかにかまぼこといかの2つが充実しているのがうれしいですね!

◎まとめ - おおむね想像通りの安心できる味わい


ご飯によって風味のコクが不足してしまう部分を、
豚脂を使うことによって補うなどの工夫を加えるなど、
原材料をけっこう大幅にいじるアレンジがなされてますが、
食べた感じとしては「シーフードヌードル」感が十分あり、
おおむね想像通りの感覚で楽しむことができるでしょうね!

実際のヌードルにご飯を投入すると食べ過ぎになりかねませんが、
この商品なら単体で存在しているのでそうした心配は不要ですね!

普段はスープにご飯を入れない人も試してみるのもいいでしょう!(゚x/)モッキヌン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー
日清のごはんシリーズ 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

7/1発売 カップヌードル BIG マッサマンカレー(2019年)

7/1発売の日清「カップヌードル BIG マッサマンカレー」を食べました!
「カップヌードル」からひさしぶりに「マッサマンカレー」が登場しました!

マッサマンカレー、一時期日本でもずいぶんと流行りましたよね!
そのかわりブームが過ぎ去るのも早かったという印象ですが;

なので、この商品が改めて発売されたことに関しては、
「え、今頃マッサマンカレー?」と思う人もいるかもですね!

7/1発売 カップヌードル BIG マッサマンカレー(2019年)

◎「マッサマンカレー」とカップヌードル


「マッサマンカレー」はタイカレーの一種ではあるのですが、
使われるスパイスにはインド的なカレーと共通するものも多く、
その一方でタイカレーの特徴であるココナッツミルクも入るので、
一般的なカレーとタイカレーの中間的な存在とも言えそうです!

「マッサマン」は「ムスリム(イスラム教徒)」という意味なので、
「イスラム風タイカレー」みたいにとらえればいいでしょうね!

この「マッサマンカレー」が日本を含め世界的に有名になったきっかけは、
2011年にCNNで「世界で最も美味しい料理」として紹介されたことでした!

そうして2014年には「カップヌードル BIG」からマッサマンカレーが登場し、
その翌年にはレギュラーサイズのカップヌードルからも発売されました!

日本における「マッサマンカレー」ブームの最盛期でもありましたね!(=゚ω゚)

パクチーやレモングラスなどの強烈な主張は特に持っていないので、
タイ料理としては比較的クセが強くなく食べやすい内容である一方で、
カレーとして見るとココナッツミルクが強いのでかなり甘みが強い、
そのため受け入れやすいけど他のエスニック系ほどクセにはなりにくい、
そのあたりの特徴がブームの短さにもつながったような気もしますね!

もちろんその後もそれなりに地道な支持は得ていると思われますが!

7/1発売 カップヌードル BIG マッサマンカレー(2019年)(内容物)

うん、このビジュアルだけ見るとインド寄りのカレーぽく見えますよね!
「イスラム風」のカレーなので、肉に関しては鶏肉が入っていますが!

もっともカップヌードルのカレー系統らしく豚脂が多く入っているので、
どう考えてもムスリムの人達がこの商品を食べることはないでしょうが;

7/1発売 カップヌードル BIG マッサマンカレー(2019年)(できあがり)

ちょっと赤茶色寄りのチキンカレーといった仕上がりになってますね!

◎スープ - 甘めで鋭さよりもやわらかい風味のカレー


まずはスープですが・・・かなりまろやかなカレーと言えますね!(●・ω・)

タイ料理ですが、イメージとしてはグリーンカレーなどのタイカレーより、
インド系のカレーにココナッツミルクが入ったととらえたほうが近いです!

もっともタイカレーにもインド系に近いスパイスが入るものもありますが、
その中でもとりわけオーソドックスなカレーに近いタイプなのはたしかです!

そうしたインド寄りのスパイスの強さに関しては比較的控えめですね!

強いスパイス感やスパイスのシャープな香りなどはそこまで主張しません!
使われているスパイスも9種類とのことで、それほど多くはないですね!

日清のカレー系は多種多様のスパイスを取り入れることが多いですが、
そうした日清の傾向と比べても、穏やかであることは間違いないです!

一方でココナッツミルクの甘さはかなりのアクセントになってます!(*゚ー゚)

ここが「マッサマンカレー」のクセになる大きなポイントでもあり、
一方で好き嫌いが分かれてしまう要素と言ってもいいでしょうね!

このココナッツミルクの持つまったりとした甘さとコクが気に入れば、
「マッサマンカレー」の魅力も深く理解することができるでしょうね!

自分は最初に食べたときにはこの甘さにちょっと驚きましたが、
今回はもう慣れていることもあって自然に受け入れられましたね!

過去商品との比較ですが、おそらく原材料はほとんど同じなのですが、
これまでよりも味わいがやや軽くなったように感じられたのですよね!

とろみが予想より弱く、スパイス感もそれほど強くはなかったので、
「お湯をもっと減らしたほうが良かったかな」と思ったりもしましたね!

自分の過去記事を読むと、とろみやまったり感はかなり強かったようなので、
もしかすると今回の商品化にあたってそのあたりを調整した可能性もあります!

実際の「マッサマンカレー」はそこまでとろみはないみたいですしね!

ただカップヌードルとしては、とろみが強くまったりしているほうが、
いかにも「カップヌードルのカレー」という雰囲気が出るのですが!

◎スープの原材料


スープの原材料は糖類、豚脂、小麦粉、香辛料、でん粉、えび醤、
食塩、ココナッツミルクパウダー、酵母エキスとなっています!

「えび醤」が加わっているというのが隠れたポイントなのですよね!

過去商品の原材料と比べると、香味油が外れている以外は同じです!
ただその変化が味にちょっと影響を及ぼしている可能性もありますが!

糖類による甘さ、そしてカップヌードルらしい豚脂が特徴ですね!

◎麺 - 「カップヌードルカレー」の麺とほぼ同じ


麺は「カップヌードルカレー」とほとんど同じ麺となっています!
カレー系の商品であることを考えると、そのチョイスは妥当ですね!

「カップヌードル」シリーズはどれも平打ち系のヌードル麺ですが、
商品によって下味の強さや、幅の広さなどに違いがあるのですよね!(*゚◇゚)

カレー系の麺は下味がやや強く、なおかつ幅が広めとなっています!
これは主張の強いスープに負けないようにするためでしょうね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは499kcalとなっています!
脂質は21.4gで、それなりに高めの数字となっていますね!

栄養成分に関しては2014年に出たバージョンと全く同じですね!
そうすると内容も2014年版と本当は完全に同じなのかもですね!

◎具材 - 日本のカレーでもなじみのあるタイプの内容


具材は鶏肉、フライドポテト、人参、ねぎとなっています!
この具材の組み合わせも過去に発売されたバージョンと同じです!

じゃがいもと人参は日本においてもカレーの具材として一般的なので、
内容だけで言えば「ごく普通のチキンカレー風の具材」とも言えますね!

ただこれは決して日本向けに具材をアレンジしたわけではなくて、
実際の「マッサマンカレー」でもじゃがいもや人参がよく使われます!

なので、ちゃんと再現も意識した具材のチョイスではあるのですよね!

鶏肉は蒸し鶏系のしっとりとした胸肉系のもので優しい味わいです!
その分だけ「カップヌードルカレー」よりはジャンク感は控えめです!

じゃがいもや人参に関しては「カップヌードルカレー」と同じですね!(`・ω・´)

ねぎはごく細かいもので、スープにちょっとした香味を与えてくれます!

◎まとめ - 甘くまろやかで食べやすさのあるカレー


ココナッツミルクの風味で多少好みが分かれるという点を除けば、
クセが全体的に控えめなので、食べやすいカレーと言えるでしょう!

辛味も控えめで、まろやかな丸みを全体的に帯びているので、
シャープなカレーが苦手な人にはオススメしやすい一杯です!

前回発売時はブームの追い風を受けての登場という形でしたが、
今回はむしろこの商品が「マッサマン」を普通にカレーの1つとして、
日本に根付かせていくそういう役割を果たすことになるかもですね!

まろやかながらも重くない、サラリと食べられるカレーでした!(゚x/)モキルン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/24発売 チキンラーメンのかまたま

6/24発売の日清「チキンラーメンのかまたま」を食べました!
チキンラーメンの油そば」に続く汁なし系商品の第2弾です!

6/24発売 チキンラーメンのかまたま

過去には「焼チキン」のカップ版が発売されていたこともありましたが、
この形状のカップでの汁なしは「油そば」で始まったばかりですね!

そういえば最近日清はどんぶり型での汁なし商品が多いですね!
「どん兵衛」でも普通のカップ形状での汁なしがよく出てますし!

今回は「かまたま」うどんのチキンラーメン版という感じですね!
「油そば」から「かまたま」とジャンルが大きく変わりましたね!

「かまたま」は基本的にはうどん向けの調理法でもありますからね!(*゚ー゚)

ただチキンラーメンは卵との相性の良さは約束されているので、
「油そば」以上にハズレがなさそうな路線ではありますね!

6/24発売 チキンラーメンのかまたま(内容物)

◎内容物 - 卵黄ソースがポイント


内容物は液体だれ、卵黄ソース、いりごまとなっています!

ラーメン版のチキンラーメンは麺から出る味でスープができるので、
味付けはちょっとしたアレンジのみという形になることが多いですが、
汁なしの場合はそのスープを捨てるので、液体ソースをはじめとした
味付け系の袋もけっこう大きなサイズで入っていることが多いですね!

液体だれは「ごま油香る特製だし醤油」とずいぶん詳しい名前です!
普通はシンプルに「液体ソース」とか「液体だれ」なのですけどもね!

「だし醤油」という表現からもちょっと和風ぽい雰囲気がしてきますね!

6/24発売 チキンラーメンのかまたま(できあがり)

具材はシンプルですが、言われてみるとちょっとうどん風の薬味ですね!
うどんって、卵と簡単な薬味のみで食べることがよくありますしね!

◎たれ - 「かまたま」よりもませそば的印象が強いか


まずはベースの味ですが・・・卵なしでも味はほぼ完成してますね!(*゚◇゚)

というか、この時点だと「チキンラーメン風油そば」の印象が強いです!

油脂もそこそこありますし、ごま油をベースにコクを立てたうえで、
ねぎ油や鶏油などがミックスされたけっこう油脂感の強い味わいです!

今回のたれのポイントである和風要素はたしかにありはするのですが、
存在感としては油脂の後ろで風味の下支えをしているという感じです!

ちょっとかつおだしの香る醤油ダレの上でいろいろな油脂が重なって、
チキンラーメン風の油そばを構成しているというような感じですね!

前作の汁なしがちょうどその「油そば」だったりしたわけですが、
実のところたれの構成はそこそこ似通ってる面もありますね!

「油そば」は鶏油、ラー油(ごま油)、ねぎ油が主役でしたが、
こちらはごま油、鶏油、ねぎ油がメインとになっていることから、
鶏油とごま油の力関係が変わったのが最大の違いとも言えますね!

そう考えると「油そばっぽい」と感じたのは正しかったのでしょうね!

そしてここに卵黄だれを加えると・・・それでも「油そば」感が強いです!(●・ω・)

うーん、チキンラーメン+卵黄だれは間違いない組み合わせなのですが、
それにしてはちょっとベースの要素を強め過ぎたような感じがしますね!

だし醤油、そして「油そば」的な雰囲気を高める効果の3つの油脂、
この2つの存在感が強く、卵黄が加わっても主役を譲らないのです!

どちらかというと、3つの油脂にさらに卵黄が加わってコクを増すような、
それまでの「油そば」路線を補強するような役割にとどまってるのですよね!

なので、「かまたま」というよりは「卵黄入り油そば」に近いです!
これはちょっと自分が予想していた味わいとは違っていましたね!

「かまたま」を名乗るなら、和風だれの主張はもう少し控えめにして、
さらに「油そば」ぽい雰囲気が出てしまうほど油脂を強めるのでなく、
その分だけ卵黄だれを多くして、完全に卵黄主体にすべきだったでしょうね!

チキンラーメンはたとえ湯切りしても麺に十分な味わいは残るので、
それを信じて素直に卵黄の主張を打ち出す方向性で来てほしかったです!

この卵黄が「油そば」の1パーツのように感じるのは失敗だったかもです;

◎たれの原材料


たれの原材料は植物油脂、しょうゆ、卵黄だれ、糖類、たん白加水分解物、
かつおぶしエキス、鶏脂、発酵調味料、食塩、醸造酢というふうになってます!

やはり油脂が最大の主役で、それに続くのが醤油ダレで、卵黄は3番手、
卵黄が「醤油味油そば」の後ろに来ているのが原材料からも見えます!

そしてかつお節はもっと後ろで下支えの役割なのが見えてきますし、
お酢が入っていることも「油そば」らしさを強調してしまってますね!

◎麺 - いつものチキンラーメンよりは幅広


麺はいつものチキンラーメンの麺を幅広にした感じです!
なので、3分湯戻ししてもまだけっこう麺に味が残ります!

普通のチキンラーメンの麺は3分後には味がほぼなくなるので、
このあたりは汁なし向けにきちんと調整してきてるのでしょうね!

今回はこの麺の持つ力をもう少し信じてあげるべきでしたね!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺の量は80gで、カロリーは481kcalとなっています!
脂質は23.4gで、汁なし商品としてはおおむね標準的ですね!

麺量の80gは従来の「チキンラーメンどんぶり」と同じですが、
汁なしの麺量としてもおおむね不足を感じさせない分量です!

◎具材 - いりごまとねぎのみ


具材はねぎと後入れのいりごまのみとなっています!

具材は少ないですが、あからさまな不満を感じるほどではないです!

ねぎはこの商品においては欠かせない薬味になってますし、
ごまの食感や風味も全体の中でいいアクセントになってます!

あえてこうした薬味メインの構成だったのは正解だったでしょう!

中途半端な具材を起用するよりはこれで良かったと思います!(`・ω・´)

◎まとめ - 「卵黄」より油そば感が強いのは残念


卵黄だれのまろやかさはありながらも、どうしてもたれが強く、
卵黄の主張が限定的になっていたのはどうにもネックでしたね!

食べた印象としてはやはり「油そば」というのが近かったですし、
「油そば」にも卵黄を入れるスタイルはよくありますからね!

この商品は自分で卵をトッピングするのを推奨していますが、
今回ばかりは自分で卵黄を投入してもいいかもしれません!

もしかするとそれぐらいのバランスを想定しているかもですし!

「かまたま」にしては、卵黄の主張がちょっと弱い一杯でした!(゚x/)モニューヌ

【関連記事】
チキンラーメン 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/24発売 日清焼そば U.F.O. 神味マキシマム 背脂×ニンニク×チーズ

6/24発売の「日清焼そば U.F.O. 神味マキシマム 背脂×ニンニク×チーズ」を食べました!
ジャンクなものを徹底して盛り込んだ「UFO」からの新作となります!

6/24発売 日清焼そば U.F.O. 神味マキシマム 背脂×ニンニク×チーズ

右下に「大盛めん130g」とあるので、一応は「UFO 大盛」系統ですかね!

ただなぜかこのところ「UFO 大盛」の名前があまり使われませんね!
今回に関しては別の名前をつけるためにあえて外した感もありますが!

自分としてはこの手の「ネットの悪ノリ系」デザインは好きではないです(=゚ω゚)

6/24発売 日清焼そば U.F.O. 神味マキシマム 背脂×ニンニク×チーズ(内容物)

◎内容物 - ソース以外に背脂・チーズと非常に攻撃的


内容物は液体ソース、背脂、粉チーズとなっています!
汁なし系商品で後入れ背脂が入るのは非常に珍しいですね!

普通は背脂が入るとしても、液体ソースの中にまぜますしね!
この商品はそれをあえて単独の袋にしているのが大きな特徴です!

6/24発売 日清焼そば U.F.O. 神味マキシマム 背脂×ニンニク×チーズ(できあがり)

背脂もなかなかの量ですが、粉チーズが予想していたより多いですね!
いろんな要素をかなり本気でぶち込んで来ていることがうかがえます!

◎ソース - シャープなにんにく醤油に背脂、粉チーズで混沌としたジャンク感


まずはベースのソースですが・・・うわ、この時点でかなり攻撃的ですね!(*゚◇゚)

ついつい背脂と粉チーズの2つに目を奪われてしまうのですが、
もう1つの主役であるにんにくもなかなかガツンと攻めてきます!

ソースだけの状態だと、完全ににんにくが主役になってますね!

タイプで言うと明らかににんにく醤油系の味わいなのですが、
甘みは強くなく、フルーティーな風味なども特には感じなくて、
醤油の持つキレとにんにくの攻撃性をダイレクトに伝えてきます!

なので、ソースだけだと少々シャープな味わいとも言えますね!
ただ塩気が強いというよりは、あえて鋭さを立ててる感じです!

このソースだけでもおおむね味は完成しているとは言えますが、
シンプルなので、大盛の麺を食べるので多少単調さはあります!

そこで背脂と粉チーズを加えると・・・一気にジャンクになりますね!(●・ω・)

まずこの背脂は特有の甘みのあるコクを加えてくるというよりは、
背脂の持つ豚脂の攻撃性と重さをダイレクトに伝えてきますね!

「まったり系背脂」というより、「ジャンク系背脂」という感じです!

またカップ麺に使われる背脂はときどき塩分が強いものがありますが、
これは塩分は弱く、そのためソースのシャープさも少しやわらげます!

そのかわりどっしりと重さが加わるので食べやすくなるわけではないですが!

背脂の風味を立てた汁なし系商品もときどきは登場したりしますが、
どちらかというとまったりとしたコクを中心に据えてくるのに対し、
こちらはベースであるソースもかなり攻撃性が強いこともあって、
そうしたジャンク感や攻撃性で相乗効果を見せてくるような感じです!

しかしここまで攻撃的だと、人を選んでくる側面はけっこうありますね!

というか、ターゲットは完全に体育会系の10~30代あたりでしょうね!
それ以外の層からは嫌われてもいいぐらいの開き直りを感じる味です!

そして粉チーズは思っていた以上にまろやかな風味も与えてくれます!

背脂やソースに比べると、いくぶん食べやすさも感じさせる風味です!
ただそれはまぜずに少しチーズを絡めるようにして食べた場合ですが!

食べやすさを重視して使うなら、そうした食べ方がいいでしょうね!

一方で全体とまぜ合わせると、ジャンクさを強調する方向に向かいます!

にんにくの強い主張、キレのあるソース、背脂の主張してくる重さ、
そこにチーズのクセが加わるので、完全に混沌とした味わいとなります!

良くも悪くも、ここまで徹底しているとわかりやすいのはたしかですね!
ジャンク、ワイルド、攻撃的、そうした印象に特化した味となっています!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は豚脂、しょうゆ、ポークエキス、香辛料、糖類、食塩、
ポーク調味油、たん白加水分解物、チキン調味料となっています!

最初に来ている豚脂は主に後入れの背脂を指しているのでしょうね!
豚脂だけでなく豚系エキスも多く、動物系の攻撃性を強く打ち出してます!

にんにくが書かれていないですが、これは香辛料に含まれているのでしょう!

◎麺 - 「UFO極太」を思い起こさせる、平打ち系の歯切れのいい太麺


麺は平打ち気味ながらも厚みもある、歯切れのいい油揚げ麺です!

このタイプの麺は以前「UFO極太」でよく使われていたのですよね!
ただ最近は「UFO極太」からは新作が登場しなくなってしまいましたが!

この商品はこの麺のおかげで成立しているところもありますね!(`・ω・´)

この麺は太麺ということで、ジャンクなソースとの相性がいいのですが、
それ以上に太麺でありながら風味が重たくないのが強みなのですよね!

なので、重いソースと合わせても、麺と重さの相乗効果を生まないので、
意外とサラッと食べられる、これがこの麺の強みと言っていいでしょう!

もし他のどっしり麺だったら、重たくて食べ切れない人もいそうですしね!

◎麺量と栄養成分


麺量は大盛の130gで、カロリーは802kcalと800kcalを超えています!
脂質も42.0gと、大台の40gを超えるかなりのヘヴィな内容です!

さすがにソースもヘヴィで、さらに後入れに背脂がついていて、
おまけにチーズだと、それはこの脂質とカロリーになりますよね;

もう数字からも「重くてけっこう!」という姿勢が伝わってきますね!

◎具材 - キャベツのみ


具材は例によってキャベツのみという構成になっています!

ただ今回は後入れで背脂に、さらにチーズも入っているので、
具材がさみしくなってしまうのは仕方ないとも言えるでしょうね!

でもって、「UFO大盛」系統では具材が少ないのが定番化してますしね!
むしろキャベツのサイズで見るなら、いつもより多少マシなぐらいですし!(*゚ー゚)

◎まとめ - 一般的な油そばよりもヘヴィな、とにかく攻撃的な一杯


自分はもともとヘヴィな汁なし系が好きなタイプでもありますし、
大盛系の油揚げ麺の「油そば」でも軽く食べきってしまうのですが、
この商品はその自分から見てもけっこう重く感じる面がありましたね!

「油そば」の場合は酸味が1つのキーになって多少味を軽くするのに対し、
この商品は酸味もなく、全体が重く攻撃的なほうを向いてるのですよね!

ただ逆にそれゆえにヘヴィな一杯を求める人には最適と言えるでしょう!

とにかくガツガツといきたい、そういうときに向いている一杯でしたね!(゚x/)モギーヌ

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/10発売 どん兵衛 汁なし黒カレーうどん

6/10発売の日清「どん兵衛 汁なし黒カレーうどん」を食べました!
このところ「どん兵衛」から汁なし商品がよく登場しますね!

6/10発売 どん兵衛 汁なし黒カレーうどん

もともと汁なし系商品は麺量が多くなるのが大きな課題となりますが、
この形状だと麺量を抑えられるのが製作側のメリットなのでしょうね!

麺量が抑えられると、その分だけ麺にかかるコストを下げられるので、
その分だけソースなどの自由度が上がりやすい側面があるのでしょう!

「どん兵衛」の汁なしが増えている一つの背景でもありそうですね!(*゚ー゚)

そして今回は「黒カレー」というカレーがテーマとなっています!

少し前に日清は「スパイスカレー」をテーマにした商品を出しましたが、
今回はまたそれとは違ったタイプのカレーを打ち出した新商品が出ました!

ただ「黒カレー」については味の定義はイマイチはっきりしませんね!
名前からして、黒さが強ければそう呼べてしまう感じもありますしね!

自分の中では黒いカレーはスパイス感が強いイメージがありますが、
商品説明では「甘みのある濃厚な黒カレー」と書かれていることから、
甘さとまったり感あたりが今回のポイントなのかもしれないですね!

6/10発売 どん兵衛 汁なし黒カレーうどん(内容物)

◎内容物 - 大豆ビーフなどの具材とソースの組み合わせ


内容物はかやくと液体ソースというシンプルな組み合わせです!
今回は新作系商品としてはひさびさに大豆ビーフが登場しましたね!

一時期はすき焼き系の味の商品を中心に多用されていましたけども!

6/10発売 どん兵衛 汁なし黒カレーうどん(できあがり)

コンパクトな印象ながらも、きれいにまとまったビジュアルですね!

◎ソース - 甘く、まろやかなソース感のあるカレー風味


まずはソースですが・・・甘くフルーティーなカレーソースですね!(●・ω・)

このソースを最も特徴づけているのはまずはあめ色玉ねぎの甘さ、
そしてウスターソースにも共通するフルーティーな甘味の2つです!

この玉ねぎのまったりした甘味、そしてフルーティーな甘味と、
甘味についてだけども2つの味わいが重なる形となってます!

そして主役のカレーのスパイス感はむしろ抑えめになっています!
炒めることでスパイスの香りなどを少し抑えてるのかもですね!

さらに黒系らしいブラウンソースのコクなども重ねられていて、
紛れもなくカレーではあるけど、受ける印象は実に優しいですね!

カレーを中心としつつも、ブラウンソースのコクが厚みを出し、
玉ねぎとフルーツの香味にウスターソース的な香りも重なって、
「しっかりと深みがあってさわやか」なカレーとなっています!

一方でストレートで鋭いスパイス感はそれほど顔を見せません!(*゚◇゚)

自分としてはこの風味と強いスパイス感が合わさったときに、
トータルとしてどのような表情が出るかにも興味がありますが、
いずれにしてもこの商品はそうしたスパイスの強さではなく、
カレーを支える丸みある甘みで全体のバランスを取ってます!

また油脂はそこそこありますが、重いという印象は皆無です!
このあたりも一般的なカレー焼そばとは大きく違ってますね!

カレー焼そばはしばしば強い油脂を中心に味を固めますが、
このカップ麺においては油脂はあくまで1つのパーツですね!

◎ソースの原材料


ソースの原材料は糖類、植物油脂、食塩、カレーフレーク、
しょうゆ、トマトペースト、カレー粉、オニオン調味料、牛脂、
香味油、酵母エキス、魚介エキス、ソース、香辛料となってます!

最初に糖類が来てるあたりに、甘さが主役なのは見えますね!

カレーフレークとカレー粉をあえて分けてるのもポイントですかね!
しっかりと炒って黒みを出したカレーフレークとも解釈できます!

炒めたまねぎを思わせるオニオン調味料が入り、ソースも加わる、
またトマトの野菜の風味を高めるうえで更新していそうですね!

魚介については旨味をプラスする隠し味といったところでしょう!

◎麺 - 「どん兵衛」らしいもっちり麺


麺はいつもの「どん兵衛」らしい厚みのあるもっちり麺です!

「どん兵衛」の麺は他社と比べて厚みがあり食感も強いので、
どのようなソースに合わせても実力を発揮するのですよね!

「どん兵衛」で創作系メニューが登場したときはまず構えましたが、
今では「どん兵衛は創作系に合うもの」という印象が強まって、
そのような先入観はさっぱりと消え失せてしまっていますね!

実際に汁なしにしたときなどはいいポテンシャルを見せますしね!(=゚ω゚)

◎麺量と栄養成分


麺量は74gで、カロリーは423kcalとなっています!
脂質は17.9gで、決してそれほど高い数字ではないですね!

麺量は一般的な汁なしという枠組みとして見れば少ないですが、
逆に「どん兵衛」のどんぶり型として見るとちょっと多めです!

一応は汁なし向けに少しではあるものの調整してるのですね!

◎具材 - 大豆ビーフの質は決して悪くない


具材は大豆ビーフ、人参、ねぎという組み合わせです!

ねぎはごく普通の薬味で、特筆すべきようなものはないです!
人参はコリコリ感によって、いい食感のアクセントになります!

そして大豆ビーフですが・・・やはり疑似肉としては優秀です!(`・ω・´)

もちろん実際の牛肉と比べてしまうと明らかに落ちるのですが、
噛んだときの食感、そしてじわっと出る肉の風味はいいですね!

これまで大豆ビーフはかなり甘い味付けのものが多かったですが、
どうも今回はこの商品に合わせて下味を変えてきた気がします!

というのも、乾燥状態のときにふわっとカレーの香りがあって、
その状態で食べると軽めながらも少しカレー風味を感じましたし!

でもって、甘みについては明らかにこれまでよりも抑えめでした!
したがって、今回はややカレー寄りの下味だったかもしれません!

とはいえ、ごく軽めの下味なので強く主張するほどではないですが!

欠点があるとすれば、肉質が分厚いので戻りが遅い点でしょうね!
麺の上にあけてしまうと、5分経っても硬いままの可能性もあります!

なので、かやくを入れるときは麺の下に入れるぐらいがいいでしょう!

◎まとめ - スパイスよりも甘味に力点を置いたカレーも悪くない


スパイシーなカレーを求めるとちょっと肩透かしになるでしょうが、
玉ねぎの甘さ、フルーツ感、ソースのような熟成した野菜の旨味、
そうしたものが混在した丸みのあるカレーソースはなかなか印象的で、
「これはこれで1つのスタイルかな」と思わせてくれるものはありました!

優しいカレー焼うどんを食べたいときにはちょうどいい商品ですね!(゚x/)モッキリン

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/17発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃いわさび

6/17発売の「日清焼そば U.F.O. 濃い濃いわさび」を食べました!
「UFO」のわさびマヨ系商品が2年ぶりに登場いたしました!

「UFO」のわさびマヨを起用した商品はときどき発売されますね!
レギュラーではないものの、安定した人気を持っているのでしょう!

実際に自分も「UFO」のわさびマヨ系となると迷わず買いますからね!
過去に出た商品と似た系統でもスルーしようとは思わないですし!

6/17発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃いわさび

今年のわさびUFOはマヨとふりかけの2つでわさびをアピールした
「Wのツーン」をウリとした濃い系のわさびとなっているようです!

それでも2017年に出た「わさマヨ地獄」よりはマシでしょうけど!
あれは間違いなくカップ麺史上トップクラスのわさび系商品でしたし!(=゚ω゚)

「わさマヨ地獄」はマヨの量の関係もあってBIGだったのですよね!
なので、レギュラーサイズの「わさびマヨ」系商品は2016年以来です!

6/17発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃いわさび(内容物)

◎内容物 - わさびマヨとふりかけのWわさび


内容物は液体ソース、わさびマヨ、ふりかけという構成です!
具材のキャベツはいつも通りカップの中にあらかじめ入ってます!

6/17発売 日清焼そば U.F.O. 濃い濃いわさび(できあがり)

このところキャベツがしょぼいのが「UFO」の定番になってますね!
「またこんなキャベツか!」と言いたくなってしまう内容です!笑

◎ソース - わさびマヨは例年通りパンチの強い辛さ


まずはベースのソースですが・・・普通の「UFO」と変わりませんね!(●・ω・)

これは「わさびマヨ」系統のUFOではいつものことではありますが、
ソースに関してはあくまでUFOのいつものものを使ったうえで、
わさびマヨやふりかけで変化をつけるスタイルなのですよね!

なので、マヨやふりかけなしだと、ほんといつもの「UFO」です!

普通はわさび系の商品の場合は、ソースにも変化をつけますが、
あえて変化をつけないというのもそれはそれで個性になりますね!

もともとわさびマヨは何も醤油味にしか合わないわけでもなく、
普通にソース味とも相性がいいので何も問題はないですからね!

そしてわさびマヨが入ると・・・今回もパンチが効いた味わいですね!(*゚ー゚)

わさびマヨを使う商品は「UFO」以外にもときどき出ますが、
「UFO」のわさびマヨは間違いなくその中でも刺激が強いです!

やっぱりわさびマヨをうたうならそれだけの刺激はほしいですし、
ちゃんとそれに応えるだけのものを打ち出してるのはいいですね!

もっともそれゆえに麺をすすったときにむせてはしまうのですが!

「わさマヨ地獄」のときに比べればマヨの量はおだやかでしたが、
それでもちゃんと最後まで多めで楽しめるだけのものはありましたし、
むせないようにしながらも3・4回はむせさせる力を持ってました!

そしてこの強いパンチとともにマヨの持つまろやかさが絡んで、
「UFO」とわさびマヨの相性の良さをしっかり見せつけてました!

さらに今回はふりかけも入りますが・・・ややスナック的ですね!(*゚◇゚)

「スナック的」というか、「ご飯にかけるふりかけ的」というか、
ご飯にかけるタイプのわさびふりかけというのがときどきありますが、
あそこに入っているわさび顆粒がそのまま入っているという感じです!

サクサク感と軽いスナック感、そして粉わさび的な刺激も加わりつつ、
おだやかながらもふんわりとツーンとした刺激がやってくるタイプです!

パンチで言えばわさびマヨのほうがストレートな刺激があるのですが、
こちらはマヨのまろやかさがない分だけわさびの風味がダイレクトで、
シンプルにわさび+ソースの味わいが楽しめるのが特徴と言えますね!

わさびマヨとまぜてしまうと、そうした特徴がマスクされてしまうので、
ふりかけはふりかけだけで、マヨはマヨだけでかけるほうがいいかもです!

◎ソースの原材料


ソースとマヨの原材料はマヨネーズ、ソース、糖類、植物油脂、還元水あめ、食塩、
香辛料、香味調味料、ポーク調味料、ポーク調味油、たん白加水分解物、香味油です!

マヨネーズと香味調味料が加わっている以外は基本の「UFO」と同じです!
おそらく香味調味料についても、ソースではなくマヨの分でしょうね!

なので、ベースのソースについてはおそらくは全く同じだと思います!
ただソースの量はこちらのほうがいくぶん少なめにはなっていますが!

これは他の味わいが加わってくるからというのもあるでしょうね!

◎麺 - いつもの「UFO」らしいストレート麺


麺も基本の「UFO」と特に違いが見られないものとなっています!
麺のストレート感、重み、もっちり感などどれも「UFO」らしいです!

原材料の並びも同じですし、全く同じ麺と考えていいでしょうね!
ベースのソースが同じなので、麺を変える必然性がないですしね!

◎麺量と栄養成分


麺の量は90gで、カロリーは511kcalとなっています!
脂質は22.4gで、マヨが入る分だけちょっと高めになってます!

麺の量は基本の「UFO」に比べると10g少なくなっていますね!

以前は「UFO」は限定商品でも麺量100gを維持していたのですが、
ある時期から限定商品は麺量を90gにするようになったのですよね!

実際に2016年バージョンのときは麺量は100gでしたからね!

◎具材 - コストカットはキャベツでするのが「UFO」の定番


基本の具材はキャベツのみで、限定系「UFO」らしく内容はさみしいです!(`・ω・´)

これ2016年版と写真で見比べてみると明らかに違ってますよね!笑
2016年のときはキャベツがしっかりとこんもり盛られてますからね!

それに対して今回は左奥のほうにちょこんと乗るにとどまりました!
しかも1枚1枚のカットも小さく、存在感はかなり薄かったですね!

これはふりかけにわさび顆粒が入った分のコストカットでしょう!

むしろ今回のトッピングの主役と刻み海苔のほうと言えますね!
刻み海苔は2016年バージョンのときから起用されていますね!

なので、この点は2016年版を継承していると言っていいでしょう!

わさびで和の感じを出すことで、海苔との相性も良くなってます!

もともとソース焼そばは意外と刻み海苔とはよく合うのですが、
そこにわさび系の要素が入ったことでさらに上手くまとまってます!

◎まとめ - わさびふりかけの効果はほどほどながら、全体の完成度は十分


わさびふりかけについては、大きな期待はしないほうがいいですが、
これまでと同様に「わさびマヨ」についてはかなり活躍してましたね!

わさびふりかけもそれだけで麺と食べると一定の個性は出してましたし、
1つのバリエーションとして楽しめるだけのものはちゃんと備えてましたね!

「UFO」のわさび系らしい、しっかりと刺激を楽しめる仕上がりでした!(゚x/)モキヌーン

【関連記事】
日清焼そば U.F.O. 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

6/10発売 カップヌードル イタリアントマト

6/10発売の日清「カップヌードル イタリアントマト」を食べました!
カップヌードルビッグ メキシカンタコス」に続くトマト系の新商品です!

6/10発売 カップヌードル イタリアントマト

2週連続でのトマト系スープの新商品というのは珍しいですね!

もっともこの2商品をどちらも買うのはマニアぐらいでしょうけど、
あえてこうした商品展開としたのは意図的なものも感じますね!

一方はメキシコ料理、そして今回はイタリア料理を意識しているなど、
トマトという共通するテーマをもとに両者の違いを描き出していく、
そうしたような狙いがあるのではないかと思われるものがありますね!

「イタリアントマト」と聞くと、ゲーム会社のナムコが運営していた
同名のイタリア料理店・カフェのことをまず思い出してしまいますが!

今も「イタリアントマト」は全国で200店以上存在するようですが!(*゚◇゚)

6/10発売 カップヌードル イタリアントマト(内容物)

◎内容物 - バジルがメインのMIXハーブつき


今回は後入れ小袋として、バジルを中心にしたハーブがつきます!
最近はカップヌードルもこうした小袋がつくものが増えてきましたね!

またカップの中には「白い謎肉」がゴロゴロ入ってるのも見えます!

6/10発売 カップヌードル イタリアントマト(できあがり)

具材の充実度も高く、ハーブも多いなどインパクトがありますね!
また「メキシカンタコス」のときと比べるとスープの濃度も高めです!

◎スープ - 濃厚なトマト、強めのガーリック、そしてバジルが光る


まずはベースのスープですが・・・想像以上にガーリックが強いです!(●・ω・)

これはけっこう思い切ったレベルでガーリックを効かせていますね!
人と会う前などはやめておいたほうがいいと思うぐらいの強さです!

後入れハーブを入れる前だと、トマトとガーリックが完全に主役なので、
タイプ的にアラビアータに近くもありますが、唐辛子の要素はないですね!

なので、アラビアータから辛味を抜いたような味とも言えるでしょう!

そしてこの時点でも「メキシカンタコス」とはかなり個性が違います!

「メキシカンタコス」はトマトの風味は強くもサラッとしていて、
強い酸味を効かせつつもそこに青唐辛子を加えることによって、
かなりさわやかさが際立つ仕上がりとなっていたのですが、
こちらはさわやかというよりはむしろ濃厚な印象が強いです!

トマトソースも粘度が高く、サラッとしたイメージはないですね!
しかもガーリックも加わるので、全体的にパワフルさがあります!

油脂感は同等ぐらいですが、こちらのほうがどっしりした印象です!

そしてハーブを加えると・・・一気に味のクセが強まりますね!(`・ω・´)

主役はバジルですが、それ以外のハーブの主張もかなり強いです!

風味や旨味という点から見ると、バジルが前面に出ていますが、
むしろ他のハーブの持つ香りなどが大きなアクセントになっていて、
多少好みが分かれるのではと思うぐらいにクセが強まりますね!

ハーブの内訳はバジル、オレガノ、マジョラム、タイム、セージで、
バジルで風味を立てつつ、他のハーブで香りを強調してるのでしょう!

とりわけタイムやセージの持っている特徴的な香りが生きていますね!

濃厚なトマトにバジルを中心とした西洋系ハーブを強めに効かせ、
さらにガーリックでパンチを出す、特定の名称は思いつかないですが、
少なくともいかにもイタリアらしいトマトソースの形なのはたしかで、
メキシコ系のトマトソースとは一線を画しているのは明確ですね!

「メキシカンタコス」の中核はトマト・酸味・青唐辛子となっていて、
一方こちらはより濃厚なトマト・ガーリック・バジルなど西洋ハーブと、
トマトは共通させつつも、他の要素は一切かぶらないようにされていて、
「土台が同じでもこれだけ個性が違う」のをはっきりと示してますね!

こう見ると、どちらもチーズを加えてこなかった背景も見えますね!

チーズはトマトと同様にイタリアとメキシコの共通要素になるので、
これを加えると「個性の強調」という点から多少外れますからね!

あえて共通しない要素で個性をまとめあげたような感がありますね!

とりわけ「メキシカンタコス」は強い酸味が特徴になってましたし、
こちらはハーブの強い香りと、主役も明確になっていましたね!

共通項がありながらも違いが面白い、こういう企画はいいですね!

「またトマト系か」と思わされてしまうところもありはしますが、
あえてじっくり違いを見極める、そんな楽しみ方もアリですよね!

◎スープの原材料


スープの原材料は豚脂、香辛料、小麦粉、でん粉、トマトパウダー、
食塩、糖類、チキン調味料、オニオンパウダーとなっています!

豚脂が強く効いているのは、食べていてもはっきりわかりますね!
豚脂のどっしり感と濃厚なトマトが上手く交わっていましたからね!

そしてハーブが主役なだけあって、香辛料も2番目にきてますね!

ちなみに一見するとこの商品の兄弟的な存在にも思えてくる、
「チリトマトヌードル」とはスープの共通性はあまりないです!

一応比較すると「チリトマト」よりトマトパウダーは少なめで、
そのかわり豚脂を増やしてどっしり感を加えていますね!

一方で魚介や野菜、チーズパウダーなどは全て外れてます!

今回はベースとなる旨味をかなりシンプルにしたのでしょうね!

◎麺 - いつもの「チリトマトヌードル」の麺と同じ


麺はいつもの「チリトマトヌードル」と変わらない麺でしょう!
原材料の並びも同じですし、麺が幅広なのも共通しています!

ただ今回はスープの粘度が高めだったことも手伝ってか、
麺をスープが吸うスピードはいつもよりも早めでしたね!(*゚ー゚)

そのため後半はどんどんスープがなくなっていきましたし!

◎麺量と栄養成分


麺量は60gで、カロリーは383kcalとなっています!
脂質は17.0gで、これはそこそこといった数字ですね!

◎具材 - 「チリトマトヌードル」に近い構成


具材は白い謎肉、トマトブロック、コーン、インゲンとなってます!

「メキシカンタコス」もそこそこ「チリトマト」に近かったですが、
全体としてはこちらのほうが「チリトマト」の具材と近いですね!

「チリトマトヌードル」からキャベツが抜けたというだけですし!

トマトブロックはトマトの風味を高め、コーンが洋風とよく合い、
そしてインゲンの独特の食感がいいアクセントとなってくれます!

主役である白い謎肉ですが・・・これは満足度が高いですね!(=゚ω゚)

おなじみとなりつつある鶏肉をベースにしたダイスミンチですが、
鶏の風味もそこそこあり、ふわっとしたやわらかさも持っていて、
こうしたトマト系のスープとの相性は申し分ないものがあります!

しかも今回は12個強と、量の面でも全く文句はなかったですね!

◎まとめ - イタリア感の強調も上手く、1つのカップ麺としても優秀


まず何より濃厚なトマト、強いガーリック、多種のハーブと、
全体の個性を立てる要素が詰まっていたのが印象的でしたね!

これまでのトマト系商品の中でも特に力が入ってましたね!

さらに「メキシカンタコス」と比べると同じトマトベースながら、
強調する要素を変えることで、個性の違いを上手く打ち出しており、
食べ比べ的な側面から見れば見るほど楽しめる内容でもありました!

このあたりの隠れた企画的要素も見逃せないものがありましたね!

ガーリックの効いたバジルトマトスープ、なかなかのものでしたよ!(゚x/)モギューニ

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.