一蘭

福岡の有名ラーメン店である一蘭の大阪店に行ってきました!
福岡と関東にはけっこうお店があるんですが、
大阪には道頓堀に一店舗あるだけです(´∇`;

さて、一蘭と言えばまずはその独特なカウンターのスタイルです。
全ての座席が横と仕切りで完全に区切られていて、
個室に近いような状態で注文して食べることになります!

注文の際には食券を先に買って座席についてから、
そこにある紙に麺のゆで具合やこってり度などを選んで、
そのうえで目の前のボタンを押して注文する形になります!

目の前のラーメンの味に集中して食べたい自分としては、
このようなシステムは実に大歓迎だったりします!(*゚◇゚)

一蘭

さて、一蘭は福岡の有名店ということなので、
細麺のとんこつという福岡ラーメンらしいものとなっています!

中央に見えるのはとうがらしをメインに作られた「秘伝のタレ」で、
これもオーダーの段階でどれくらい入れるかを決めることができます!
今回は初来店ということでオーソドックスなオーダーで注文しました!
麺だけは撮影時間の関係もあって硬めにしたような気もしますが!

スープの表面を見るとけっこう油が浮いているのですが、
意外にもくどさはなく、コクがありつつもスッキリしています!

とんこつの旨みはしっかり引き出されていて、かつ臭みは抑えられています。
そしてコクも十分にありながらも、油の強さが立ちすぎることはありません。
だから、非常に高いレベルでバランスがとられていると言えますね!

バランスはいいんだけど特徴がないということわけではなく、
旨みもコクも十分にありつつバランスも高いといったところです!

なので、まずは最初の注文でこのオーソドックスな形で食べて、
次回以降は自分の好みに合わせてオーダーすればよさそうですね!

欠点をあげるとすれば、チャーシューがいたって普通なことと、
値段が他のラーメン店よりも少しばかり高いということですかね!

それでも自分としてはあまり気にならないですし、
これからもこのあたりに来たときにはまた行くと思います!(`・ω・´)
スポンサーサイト



Soundgarden再結成!

珍しく・・・というかこのブログでの音楽ニュース記事は初めてですね!
音楽専用のブログのほうが完全に休眠状態にしていますし;

さて、元Soundgardenのクリス・コーネルがTwitterにて、
Soundgardenの再結成と新しい公式サイトのURLを発表しました!

The 12 year break is over & school is back in session. Sign up now.
Knights of the Soundtable ride again!
www.soundgardenworld.com
クリス・コーネルのTwitterより引用)

クリス・コーネルというと、Audioslaveを解散してからの
ソロアルバムで徐々にポップ性を意識した方向へ傾倒して行き、
2009年に出したR&B寄りの3rdアルバムで酷評を受けまくる
という失態を演じておりました;

「これではもうロック方面へは戻って来ないのかな」と思ってましたが、
こうやってSoundgarden再結成に動いてくるとは意外でした!

このところPearl Jamのメンバーとの共演などもあったので、
それでひさしぶりにシアトルの面々との交流が深まったのかもです。

クリス・コーネルのヴォーカルが大好きな自分としては、
クリスがもう一度ヘヴィなロックをやってくれるだけでも満足です!(*゚ー゚)

太麺堂々 魚介豚骨醤油

UFO 極太」と同じく太麺を前面に出しているのが
今回紹介する「太麺堂々」になります!

太麺路線としては最もアピールされていますよね!
力士が登場するCMもやたらと印象的です!
・・・自分としてはあのCMはいろんな面でダメなのですが;

さて、それはともかくこの太麺堂々です!

太麺堂々 魚介豚骨醤油(ふた)

とにもかくにも新しい太麺技術をアピールしています!
この太麺を主役に据えたラーメンと言えそうです!

太麺堂々 魚介豚骨醤油(完成)

もう見た感じからして麺が太いのが十分に伝わってきます!

ただ、すでにいろんなところでも言及されていますが、
一部の麺が標準の4分ではきちっと戻らないのですよ;

上の写真を見ても麺が白くなっているものと、
ややオレンジがかってピンと伸びているのがありますよね。
このオレンジの麺が戻らずに硬い状態のままなのです。

しかも、撮影時間の分だけ湯につかる時間が長いのに
写真でこういう状態ということは相当戻ってないわけです!

でもって、麺をまぜてるときに気付いたのですが、
もともと底のほうにあった麺ほど戻ってないのです!(゚◇゚)

だから単純に麺の技術の問題でそうなってるのではなく、
どこかの製造過程にミスがあるように思うのですよね。
UFO極太ではこういった現象は全くなかったですし!

さて、スープはかなり濃厚でドロリとした豚骨醤油に、
魚介(鰹節系)の粉末スープが合わさったものです!
具はナルト、ノリ、ねぎ、ひき肉となっています!

どうもこのスープはけっこう評価が分かれていますね!
レベルが高いと絶賛するものもあれば、
魚介が臭いと言う人もけっこういたりします。

自分は魚介が強いことは全く気にならないのですが、
スープの濃厚さと魚介のマッチングがちょっと
上手くいってないように感じてしまいました(´・ω・)

どうも双方の主張がごつっとぶつかるような感じで、
調和というかバランスがもう一息に思えてしまいました;

そこに加えてひき肉がちょっと重たい味なのと、
戻りきっていない麺をシャリッとかじったときの
天かすっぽい風味が合わさって重く感じました;

戻りが悪いほうの麺の色やその天かすっぽい味を考えると、
底のほうの麺が製造過程で脂を多く吸いすぎていて、
そのせいで戻りが悪くなってる可能性もありますね;

UFO極太で絶賛したとおり麺は戻りさえ良ければ完璧ですし、
ポテンシャルは相当なものがあると思うんですよね!

それだけにどうにも残念な感じがしてしまいました!
絶賛してる人も多いので、良さはあるんですけどね!

ただ評価が二分してしまっているのは、
こういったバランスの問題なのかなとも思いました!(゚x/)モキュン

【関連記事】
HYBRID 太麺堂々 黄金の淡麗 鶏だし塩
HYBRID 太麺堂々 黒醤油豚骨
HYBRID 太麺堂々 魚介豚骨醤油
太麺堂々 ちゃんぽん
太麺堂々 まぜそば
太麺堂々 ソース焼そば
太麺堂々 醤油豚骨(スーパー版)
太麺堂々 魚介豚骨醤油

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.