そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば

11/30発売「そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば」を食べました!
「俺の○○」系の一つである「そば 俺のだし」の監修商品です!

そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば

先に「どん兵衛」を紹介したのはこの商品との関連なのですよね!
和だし+ラー油という組み合わせがものの見事に共通してますので!

自分としてはどん兵衛の鴨系和風だし+ラー油が気に入ったので、
近い路線であるこのカップ麺への期待も自ずと高まってきます!

それはハードルがやや上がってしまうということでもありますが!(゚◇゚)

そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば(内容物)

鶏肉とねぎ以外に緑色の揚げ玉が入ってるのが面白いですね!

鶏肉がこれだけ入るということは、おだしも鶏系が強そうですし、
やはりこちらも動物系和風だし+ラー油となってるようですね!

そば 俺のだし監修 俺のラー油肉そば(できあがり)

後入れの調味油(ラー油)を仕上げにかけると完成となります!

まずはおだしですが・・・ラー油の主張が強いですね!(●・ω・)

ラー油の主張に関しては明らかに「どん兵衛」よりも強いです!

ラー油による油脂感も強めですし、何よりその風味が強いです!

辛さに関してはあくまでほどほどといったレベルではありますが、
唐辛子特有の香ばしさと刺激が同居した風味がかなり主張します!

辛さ以上に唐辛子の風味を立てているのは珍しいですね!

ただ、そのラー油の主張ゆえにおだしがやや後ろに回りがちで、
おだしの個性が前に出にくくなっている側面は否めません!

おだしは鶏の風味の効いた和風だしで東京のお店らしく色は濃く、
醤油の存在感も強めながらも甘めなのでカドはあまりありません!

甘めのおだし+ラー油という点はどん兵衛と共通していますね!
やはりこの組み合わせがラー油には基本になるのでしょう!(=゚ω゚)

おだしの原材料は糖類、食塩、デキストリン、ラード、しょうゆ、
鶏肉エキス、チキンオイル、かつおエキス、香味油、香味調味料、
かつおぶし粉末、ビーフエキス、リンゴ食物繊維となっています!

ビーフエキスやリンゴ食物繊維はかなり珍しい存在ですね!
また鶏エキスではなく「鶏肉」エキスなのも目を引きます!

麺はかなり色が濃く、縮れが強めについた油揚げ麺のそばです!
数あるカップそばの中でもとりわけ色が濃いと言っていいです!

それゆえにそばの香りも強めになっているのですが、
同時に油揚げ麺の香りも強いのが弱点となっています;

また、カップの下のほうの麺が油を吸いすぎているためか、
規定の湯戻し時間になってもごわごわとしているのですよね!

先におだしがラー油にややマスクされていると書きましたが、
それ以上にこの麺もおだしをけっこうかき消していますね!

どん兵衛のそばに見られるつるつる感とはあえて正反対の
わしわしとした食感とそばの香りを重視した路線は個性的で
上手くハマれば面白くなったのではないかと思うのですが、
油揚げ麺の香りでアンバランスになった感はありますね!(*゚ー゚)

麺の量は75gで、カロリーは431kcalとなっています!
脂質は18.4gで、麺量を考えると標準的と言えそうです!

具は鶏肉、あおさ入り揚げ玉、ねぎ、ごまとなっています!

鶏肉はあえてほぐされているので一つ一つは小さめですが、
鶏らしさはしっかりとあり、量もあるので満足度は高いです!

揚げ玉は噛むとあおさの風味がかなり強めに広がるなど、
その個性の強さは具の中でもとりわけ光っていますね!

ただラー油、麺の風味、揚げ玉と押しの要素ばかりが目立ち、
押し引きの妙があまりないので単体で見ると面白い要素も
トータルとして見ると重さが目立つといったきらいがあります!

押し重視だからこそ「俺の○○」なのかもしれませんが!

甘めのおだしに唐辛子の風味が強めのラー油、あおさの風味、
香りを立てたそばと、一つ一つは工夫が凝らされているのに、
合わせてみるとおだしの存在感が後ろに下がってしまうなど、
調和という点では「どん兵衛」には遥かに及ばない印象でした!

「どん兵衛」はラー油によって鴨だしが打ち消されるどころか、
逆に鴨だしの持つ良さを引き立てる方向に向いてましたからね!

なかなかたし算どおりには行かないのだなぁと思った一杯でした!(゚x/)モッキー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん

11/16発売「どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん」を食べました!

火曜日はいつもその週に発売された商品を紹介するのですが、
今回は今週発売の商品は1時間後の更新で記事化することにして、
先にこちらの「ラー油仕立ての鴨だしうどん」を記事にしました!

というのも、次の記事ではこの商品と比較して書いているので、
先にこちらのほうを紹介しておかないといけないのですよね!

どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん

このカップ麺はスルーするかどうかちょっと迷ったのですよね!

和だし+ラー油って自分としてはあまり食指が動かなくて、
でも個性はあるので紹介したほうがいいかなと迷いながら、
一度スーパーでスルーして次の訪問時に買おうかと思ったら、
今度は売り切れてしまっていて急に困ってしまいました(;゚ω゚)

その後に別のお店で買ったので紹介が遅れたのですよね!

どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん(内容物)

内容物はかやくと液体スープという構成になっています!
ラー油は液体スープの中に一緒に入っているようですね!

どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん(できあがり)

ちょっと具材に関してはさみしいと言わざるをえませんね;
全部の具材を上に持ってきてこれですから量は少ないです;

また、ラー油の赤さが目立つおだしはいかにも個性的です!
自分としてはちょっと構えてしまったりもするのですが!

まずはおだしですが・・・えっ、これはいいじゃないですか!(●・ω・)

スーパーであっという間に売り切れたのもわかりますね!
この完成度の高さは自分の予想の遥か上を行ってました!

まず日清の鴨だし系らしく鴨のコクと旨味がしっかり来ます!

鴨の深みのあるコクに甘味が強めのかえしを合わせた、
鴨だし系の基本に忠実に上手く調えられたおだしです!

そしてここにラー油のピリッとした風味が入るのですが、
甘味のあるおだしとラー油の刺激が対になることによって、
甘いおだしが持ちがちなくどさを緩和させるのですよね!

それによって甘めのおだしのポジティブな部分だけが引き立ち、
逆に鴨だしの良さが引き立てられるといった効果を見せます!

また、鴨だし系はもともと油脂との相性がいいこともあり、
ラー油が与える油脂感もマイナスの要素は感じさせません!

もし鋭いタイプのおだしだときつくなりすぎたかもですし、
甘めで油脂とも相性がいい鴨だし系だからこそなのですね!

決して安直にラー油を加えたのではないことがよくわかります!(`・ω・)+

スープの原材料は醤油、植物油脂、合鴨エキス、動物油脂(合鴨、鶏)、食塩、
チキンエキス、チキン調味油、魚介エキス、香辛料、香味油、かつおパウダーなどです!

ラー油の植物油脂と鴨系の動物油脂をミックスさせるなど、
油脂の構成にもいろいろと気を使っているのが見えますね!

麺はいつものどん兵衛のストレートの油揚げ麺ですね!

油揚げ麺ながらもなかなかの厚みともっちり感があり、
なおかつすすり心地がなめらかと完成度は実に高いです!

東洋水産の「赤いきつね」はもう少しなめらかさ重視で、
「どん兵衛」はもっちり感が強めとお互い個性がありますね!

「赤いきつね」も好きですが、こちらの麺もいいですね!

またこちらの麺は和風以外の味にもよく合うので、
こういった変り種の路線には特に向いていますね!

麺の量は66gで、カロリーは366kcalとなっています!
脂質は16gで、ラー油は入っているものの標準的ですね!

カップラーメンの麺量って大抵はキリがいいのですが、
和風麺はこういった中途半端な数字もよく見ますね!

具は合鴨つくね、ねぎ、揚げ玉という組み合わせになっています!

どうもつくねは鶏肉は使わずに合鴨だけで作られてるのですね!
「鴨だしそば」もそのようですが、これはかなり凄いですね!

合鴨肉って、明らかに鶏肉よりもコストが高いですから!

今回は2つと少なかったですが、他の人が食べた分を見ても、
同じぐらいの量だったので、どうも個体差ではないようですね;

フタの写真でもつくねは2つしか写っていないですからね;

一方のねぎは多く、食感・風味ともにレベルが高く、
麺と絡めることで鴨系らしいおいしさを高めてくれます!

やっぱり鴨系だしの和風麺にはねぎがよく合いますからね!

揚げ玉は3粒と何のために入っていたのかよくわかりません;
微妙に余ったコストを揚げ玉に振り分けただけかもですね;

具についてはさみしいと思うところが少なからずありますが、
おだしについてはいい意味での驚きも含めて実に見事でした!

「鴨だし系って好きだけどちょっと甘いんだよなぁ」と思う人こそ、
この甘いつゆとラー油の共演を一度試してみてはと思いますね!

辛さが入ることで、甘さがよりいい意味で生きてくれる、
そんな味の組み合わせの妙を教えてくれる仕上がりでした!(゚x/)モッキュルー

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.