ポテマニア のり塩味

12/7発売のサンヨー食品「ポテマニア のり塩味」を食べました!
今週発売の商品の中でもかなり話題性が高かった商品ですね!

ポテマニア のり塩味

フライドポテトがたくさん入ったカップ麺で「のり塩味」と、
いかにもポテト系のスナック菓子を意識した路線となっています!

カップ焼そばでは過去にその路線の商品が出たことはありますが、
カップラーメンとしてはおそらくこれが初めてではないですかね!

そういえば今週はアメリカンな雰囲気の新作が多いですね!
「一平ちゃん」の「フライドチキン味」もアメリカ風でしたし!

タイプの似た新作が同時期に発売されることってよくありますよね!(*゚ー゚)

ポテマニア のり塩味(内容物)

何が面白いかと言うと、開けた瞬間の香りがカップ麺というより、
完全にポテト系のスナック菓子そのものになってるのですよね!

そのままポテトをポリポリと食べたくなってしまうほどです!
実際に入っているポテトの量もかなりのものがありますしね!

ちなみにこのまま食べると本当にポテト菓子そのものでした!

ちょっとだけ硬めですが、ややチキン風味が強めの味付けで、
単体でもちゃんとポテト菓子として成立しているのですよね!

ポテマニア のり塩味(できあがり)

仕上げに後入れ小袋の青のりをかけると完成です!

まずはスープですが・・・思っていたほど洋風ではないですね!(●・ω・)

チキンベースで玉ねぎなどの香味野菜の風味が加わることにより、
どことなく洋風っぽい雰囲気を持たせたスープではあるのですが、
コンソメを思わせるほどの洋風の主張を持っているわけではなく、
ベースにあるのはあくまでシンプルなチキン系の塩スープです!

そしてそこにほんのりと青のりの風味がプラスされることで、
まさにスナック菓子らしいのり塩風味が再現されています!

これだけ青のりが入ると一見スープが支配されそうなのですが、
そんなことはなく両者のバランスは上手くまとまっていますね!

そしてこのスープは単体で飲んだときよりも麺や具のポテトと
一緒に食べることによってさらにのり塩らしさを増幅させます!

麺はやや平打ち気味のスナック感のあるヌードル系の麺ですが、
単体での主張は抑えめで、食感はどちらかといえば優しいです!

でも、それがむしろこのカップ麺では功を奏してるのですよね!(=゚ω゚)

食感が優しいことでスープと麺との一体感が非常に高まって、
そこに具のポテトがガツンと強い主張を加えることによって、
主役のポテトを中心にして三者が一つにまとまるのですよね!

スープと麺が軸になってポテトがトッピングに加わるというよりも、
味の構成もポテトが中心になっているというのは非常に面白いです!

もし麺が強いと、逆にこのバランスは生かせなかったかもですね!

いかにもスナック的でそれゆえのジャンク感もかなり強いですが、
それもまたこのカップ麺ならではの面白さと思えてしまいますね!

スープの原材料は食塩、香辛料、糖類、チキンエキス、酵母エキス、
デキストリン、しょうゆ、たん白加水分解物、鶏脂となっています!

こうして見ると、非常にシンプルな構成になってるのが伝わりますね!
香辛料がやや強めになっているのがいかにもスナック的ではあります!

麺の量は70gで、カロリーは437kcalとなっています!
フライドポテトが多いためか、脂質は20.0gとやや高めです!

具はフライドポテト、キャベツ、赤ピーマンとなっています!

フライドポテトは硬めの状態ではサクサクとした食感を、
時間が経つとホクホクとした食感を楽しむことができます!

あえてポテトに直接お湯がかからないようにしてお湯を入れれば、
そういった時間による食感の変化もちょっと楽しめるかもですね!(*゚◇゚)

ポテトは画像で見る以上にしっかりとした分量が入っていて、
意識的に食べても麺のほうが先になくなったりするほどです!

こういう点でも「ポテマニア」の名前は伊達ではないですね!

意外と光っているのがちょっとだけ入っている赤ピーマンで、
この甘さが全体の中でいいアクセントになってくれています!

キャベツも少し洋風感のあるこのスープとは相性が非常にいいです!

大量のフライドポテトを具にするというだけではなくて、
ちゃんとスープ・麺・ポテトの3者を組み合わせることで、
「ラーメンなのにのり塩ポテトを食べている感覚」を最後まで
楽しませてくれたのは思っていた以上に良かったですね!

パッケージデザインに負けないスナック感覚満載のカップ麺でした!(゚x/)モッキー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.