綿麺 つけ麺 大(2015年12月)

綿麺でレギュラーメニューの「つけ麺 大」を食べてきました!

12月はいつもフライデーナイトがお休みになるので、
レギュラーを食べに行くいい機会でもあるのですよね!

また、12月は他の月よりもお店ものんびりとしたムードで、
年末にかけて常連さんが訪問する割合も高まったりします!

綿麺 つけ麺 大(2015年12月)

ということで、ひさびさの「つけ麺 大」がやってきました!
前回つけ麺を食べたのが5月だったので7ヶ月ぶりになりますね!

ちょっと前回から間が空きすぎてしまったとも思いますが(;゚ω゚)

デジタルカメラで撮るようになったので画質も安定してますね!
前にも触れましたが、白ねぎが白飛びしていないのがうれしいです!

綿麺でつけ麺を撮影するたびにねぎが白飛びしてしまってましたので!

さて、まずはつけ汁ですが・・・今日はつけ汁は素晴らしいです!

まず何と言っても基本となっている豚骨の厚みが見事です!

綿麺の豚骨はドロドロ系の超濃厚タイプではないのですが、
豚骨の旨さとコクがこのつけ汁の中にギュッとつまっています!

脂の乳化具合であったり、豚骨の骨の旨さであったりと、
それらの全ての要素がしっかりと引き出された旨さですね!

やはりこのつけ汁の主役は豚骨なのだと再認識させてくれます!
豚骨のコクがバチッと効いていると旨さが一気に映えますね!

そしてここに醤油ダレと魚介の旨味が加わってくるのですが、
今日のつけ汁はそのバランス感がとりわけ秀逸でしたね!

ベースの豚骨のコクが豊かで、醤油ダレとの噛み合い方も絶妙と、
綿麺のつけ麺のつけ汁の最もパーフェクトな形を見た感じです!

食べるほどに7ヶ月も空けたもったいなさも感じてしまいましたね!(゚◇゚)

そしてこのつけ汁にはカットされたバラチャーシューが浮いています!

いろんなお店にそれぞれ個性的なバラチャーシューがありますが、
その中で最も好きなのがこのつけ汁のバラチャーシューなのですよね!

噛む必要のないやわらかさと、そこから溶けてしみ出す脂の旨さ、
また脂の臭みが皆無なので、ただコクと旨さだけが楽しめます!

麺の上にはレアチャーシュー、味玉、ねぎ、かいわれが乗ります!

これは別に肉増しなどではなく、標準でこれだけ乗ってきます!
この大量のレアチャーシューあってこその綿麺のつけ麺ですからね!

最近はこのレアチャーでねぎを巻いて食べるのが定番になってます!
ねぎやかいわれなどの薬味類との相性がものすごくいいのですよね!

しっとりとした肉質と噛みしめたときの旨さがたまりません!(●・ω・)

ほどよい味付けの味玉とともにいい箸休めとなってくれます!

ねぎはもちろん麺に絡めながらつけ汁につけて食べるのもアリです!

綿麺 つけ麺 大(2015年12月)(麺のアップ)

そして今回はこの自家製全粒粉麺のアップも撮ってみました!

さて、この麺ですが前回よりちょっと変わった気がしますね!(*゚ー゚)

期間が空いているので勘違いという可能性もあるのですが、
前回の麺に比べて香りがより際立っている印象が受けました!

また麺の幅がややせまくなり、厚みのほうは少し増した印象で、
やや平打ち感が強かった少し前の麺とは形も変わった気がします!

ただこれに近い麺の形状の変化は2014年の末頃にもあったので、
単に記憶とのズレによって生じた印象の違いかもしれないですが!

自分が感じた麺の変化を2013年の末頃あたりからさらってみると、
2013年12月 香りともちっとした麺の弾力の2つが際立っていた
2014年10月 麺の平打ち度が高まり、すする際の心地良さを立てた麺に
2014年12月 やや厚みが増し、すすり心地、食感、香りの3つが調和
2015年5月 2014年12月と同じ印象
今回 香りが特に高まり、もちっとした食感も際立った麺に
という感じで自分が受けた印象が変化していってますね!

こうして見るとやや2013年の頃の印象に近づいた感もありますが、
今回の香りの立ち方は2013年よりも立っているように感じました!(`・ω・´)

やはり香り・風味と食感が両立したこの麺は間違いない旨さですね!

今回はつけ汁、麺、そしてトッピングといつも以上に高い満足度で、
レギュラーメニューの持つ強みを十分すぎるほど感じられましたね!

ちなみにもともとは先週の金曜日に訪問しようと思っていたのですが、
熱を出して寝込んでいたので今週へと先送りになったのですよね!

また12月の最終週にでももう1回顔を出そうかなと思っています!

全ての要素に磨きに磨かれた質の高さをうかがわせてくれるつけ麺でした!(゚x/)モキュッ

[メニュー]
綿麺 券売機

お店の住所と地図 大阪府松原市松ヶ丘3丁目6-15

【関連記事】
自己流ラーメン 綿麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

銀座アスター監修 とろみ醤油麺

10/19発売の明星「銀座アスター監修 とろみ醤油麺」を食べました!

発売された当初はどのお店でも見かけることができませんでしたが、
最近になってドンキに流れて来たので迷わず購入することにしました!

もしかすると他のドンキでも見かけることがあるかもしれません!

銀座アスター監修 とろみ醤油麺

以前に「中華三昧 銀座アスター監修 とろみ醤油麺」という名前の
これとほぼ同じ路線の縦型カップ麺が中華三昧から発売されましたが、
その内容が非常に良かったのでこちらにも期待していたのですよね!

銀座アスター監修 とろみ醤油麺(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという構成になっています!

粉末スープは後入れで、しっかりまぜて溶かすのがポイントです!
とろみ系はかなりきっちりとまぜないとダマができますからね!

銀座アスター監修 とろみ醤油麺(できあがり)

後入れ粉末スープと一緒に入っている卵が広がっていますね!
王道のとろみ醤油系のビジュアルと具の多さが光っています!

まずはスープですが・・・これぞ王道のとろみ中華醤油ですね!(●・ω・)

ほんのりとした甘さと丸みを持たせて香味油を効かせたとろみ醤油で、
醤油らしさも生かしながら尖った部分はほとんど感じさせません!

中華系のとろみ醤油スープは他のラーメンでもときどき見られますが、
とにかくこのスープは旨味が重層的で深みが他とは違うのですよね!

オイスターソースを思わせる貝の旨味にXO醤による高級感のある旨味、
さらに香味油の香り高さととろみ醤油が備えるべきものがそろっています!

ここまでは縦型「中華三昧」版の「とろみ醤油」とほぼ同じなのですが、
今回は味噌が隠し味として加えられているのが違いとなっています!

これによって王道のとろみ醤油に一本ピシッと筋の通った風味が加わり、
丸みと同時に引き締まった芯のある旨さを感じ取ることができます!

中華三昧版でも十分に王道のとろみ醤油としての旨さがありましたが、
こちらはそこから一歩進んだ旨さを打ち出すことに成功していますね!

あまり見かけないカップ麺ですが、その質の高さは保証できます!(*゚◇゚)

スープの原材料はしょうゆ、香味油、食塩、香味調味料、植物油脂、
チキンオイル、糖類、鶏・豚エキス、ポークオイル、とろみ粉末、
香辛料、貝エキス、発酵調味料、みそ、XO醤などとなっています!

麺はやや白っぽく断面の丸い細めのノンフライ麺となっています!

食感はやや低加水寄りの小麦の風味を生かしたタイプの麺で、
プリプリというよりはややポソッとした食感を持っています!

低加水系ということで、スープとのなじみは非常にいいです!

麺の方向性としては縦型中華三昧で出たバージョンに近く、
縦型で使った麺の純粋な進化系ととらえることもできます!

なので、スープと麺の相性は縦型のときと大きくは変わりません!(*゚ー゚)

麺の量は65gで、カロリーは337kcalとけっこう軽めです!
脂質も8.4gと、ずいぶんと軽めの数字になっていますね!

麺量は多くないですが、縦型に比べると約1.4倍になっていて、
縦型バージョンに比べると食べごたえの面でも向上しています!

具はキャベツ、チャーシュー、チンゲン菜、人参、しいたけ、卵です!

ふんわり卵が加わった以外は具の組み合わせは縦型版と同じです!
もちろん全体的に量が増えていて、満足度はかなり上がっています!

シャキシャキとしたキャベツとチンゲン菜、ほどよい味付のしいたけ、
オーソドックスながらも肉らしさを楽しませてくれるチャーシューなど、
五目中華と呼ぶことができるぐらいの充実した具がそろっています!

この手のとろみ中華系のスープって野菜と非常に合いますからね!(=゚ω゚)

縦型版の「中華三昧 銀座アスター監修 とろみ醤油麺」の良さを継承しつつ、
さらにそこに味噌を加えることで王道の一歩先を行くとろみ醤油となるなど、
その完成度の高さに磨きがかかっていて十分な満足度を得らことができました!

今このカップ麺を見つけるとするなら価格はかなり下がってるはずで、
コストパフォーマンスという点でも極めて優れた状態になっているので、
見つけたら迷わずに手に取るぐらいでもいいのではないかと思います!

とろみ中華醤油の旨さを存分に楽しませてくれるカップ麺でした!(゚x/)モッキュゥ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.