10/10発売 マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩

10/10発売の「マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩」を食べました!
先に紹介した「正麺 カップ スープの極み 濃厚味噌」との同時発売商品です!

10/10発売 マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩

今回は「濃厚味噌」と「濃厚コク塩」の2商品が発売されましたが、
醤油系の新商品が出なかったというのはちょっと面白いですね!(*゚ー゚)

ところでこの写真を見ると、どうもスープは白湯系のようですね!
白湯スープベースの塩ラーメンという点はかなりの注目点ですね!

10/10発売 マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!
こちらも「濃厚味噌」と同じく、粉末スープは後入れです!

10/10発売 マルちゃん 正麺 カップ スープの極み 濃厚コク塩(できあがり)

ぱっと見た感じは「塩ラーメン」というイメージではないですね!

まずはスープですが・・・おっ、これは鶏白湯ラーメンですね!(●・ω・)

これまで「正麺カップ」では豚骨白湯は何度か出してますが、
鶏白湯ラーメンについては出したことがなかったのですよね!

なので、今回は「正麺カップ」初の鶏白湯ラーメンでもあります!

とはいっても、ドロ系の鶏の主張を強く打ち出すタイプではなく、
比較的すっきりとしたタイプのライト鶏白湯ではありますが!

飲むとけっこうしっかりとした鶏のコクや旨味と鶏油の風味が来て、
「鶏白湯スープベースの塩ラーメン」と呼ぶにふさわしい味わいです!

鶏白湯ではありながらも、鶏の強い主張で全体を固めるのではなく、
あくまで鶏の旨味をベースにした塩ラーメンという位置づけです!

そのため純粋に濃厚鶏白湯を望むと多少軽さを感じてしまいますが、
もともと鶏白湯よりも「濃厚な塩ラーメン」という位置づけですしね!

塩ダレについてはきつさはなく、魚介なども加えられていないので、
ほぼシンプルに鶏の旨味と塩で構成されているという感があります!

そこに香味野菜の持っている旨味が軽く下支えをしている感じです!(=゚ω゚)

スープの原材料はチキンエキス、鶏脂、でん粉、醤油、食塩、植物油、
砂糖、香辛料、豚脂、ゼラチン、粉末野菜、発酵調味料などです!

原材料を見ても粉末野菜が多少入る以外はごくごくシンプルですね!

麺は豚骨ラーメン系統と同じく、色の白い麺が使われています!
「正麺カップ」は白湯系ではこの白い麺をよく使ってきますね!

基本的には黄色い麺と同様にプリ感が強めの中華麺となってますが、
麺の食感の主張はこちらのほうがいくぶん控えめな感じはします!

ただ、どちらもこんにゃくが練り込まれるなど方向性は非常に近いですが!

リアルな中華麺らしいコシと多加水麺らしいプリ感は持たせつつも、
味噌ラーメンなどに使う麺に比べるとなめらかさ重視になってますね!

難しいのは今回のスープとこの麺の調和をどうとらえるかなのですよね!(*゚◇゚)

今回はライトな鶏白湯にシンプルな塩ダレという優しい構成なので、
多加水感の強い麺だとやや麺勝ちするところもあるのですよね!

もう少し塩ダレがキリッとしているとまた違ったかもですが!

どうも今のところ「正麺カップ」は清湯系では強みを見せつつも、
白湯系スープではまだ全体の調和で清湯に及ばない面がありますね!

一つの麺として見ると非常にクオリティが高いのは間違いないですが!

麺の量は65gで、カロリーは354kcalとけっこう軽めです!
脂質は8.3gで、白湯系スープとしてはかなり低めですね!

「濃厚味噌」の脂質15.9gと比べても明らかに低いですし!

ここからもあくまでライトな鶏白湯なのが読み取れますね!

具材は鶏チャーシュー、メンマ、ねぎ、ごまとなっています!

メンマはごく普通ながらもしっかりとしたコリコリ感があり、
ねぎは豚骨ラーメンに使われるような細かい青ねぎですね!

ごまは粉末スープの中に入っていて、スープの一部といった感じです!

面白いのはどう見てもチャーシューにしか見えないこの鶏肉です!(`・ω・´)

写真だけでこれを鶏肉だと判別するのはほぼ無理ですよね!
ですが、これは豚肉ではなくて鶏肉で作られてるのですよね!

鶏肉というと、その独特の繊維質の食感が大きな特徴ですが、
このFD鶏スライスはそうした食感がちゃんと感じられますね!

おそらく鶏胸肉などを集めて成型された肉などだと思いますが、
そうした鶏肉らしい質感がちゃんとあるのはなかなか面白いです!

カップ麺的なチャーシューらしい食感と鶏肉の繊維質が合わさった食感に、
チャーシューのようでありながら鶏の旨味がじわっとしみ出てくる風味と、
このチャーシューっぽさと鶏肉らしさの融合は他にはないものですね!

シンプルに蒸し鶏具材などを入れてもいいような気もするのですが、
たしか東洋水産は蒸し鶏具材はこれまで使ってなかったはずなので、
蒸し鶏とはまた違った形の独自の鶏具材を開発されたのでしょうね!

ちなみにこの鶏肉はけっこう厚みがあるので食べごたえは十分です!

あくまでシンプルに鶏の旨さを引き出したライト鶏白湯+塩という、
濃厚というよりはストレートな構成の白湯系塩ラーメンという感じで、
これまでの「正麺カップ」にはなかった旨さは十分感じられましたね!

ただシンプルであるがゆえに麺の存在がやや勝っている点もあるなど、
一つのラーメンとしての総合力は「濃厚味噌」が上という感はありますが!

スープそのものの旨味をダイレクトに楽しめる塩ラーメンでございました!(゚x/)モキュー

【関連記事】
マルちゃん正麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.