10/18発売 なんつッ亭監修 黒マー油とんこつ

10/18発売の日清「なんつッ亭 黒マー油とんこつ」を食べました!
こちらはローソンのみで販売されている商品となります!

10/18発売 なんつッ亭監修 黒マー油とんこつ

「なんつッ亭」というと、豚骨ラーメンのお店として非常に有名ですよね!
調べてみたところ、これまでにも何とかカップ麺化されてるようですね!

今回はローソンですが、過去にはミニストップ限定のこともあったりと、
製作は基本的に日清のようですが、限定の形態は一定してないようです!

10/18発売 なんつッ亭監修 黒マー油とんこつ(内容物)

内容物はかやく、焼豚、粉末スープ、液体スープとなっています!
かやくはねぎのみなので、具は焼豚とねぎだけということになりますね!

ちなみにこのカップ麺の粉末スープは先入れ仕様となってます!
別に後入れにしたからといって特に問題はないと思いますが!

10/18発売 なんつッ亭監修 黒マー油とんこつ(できあがり)

おっと、この表面を完全に覆う黒マー油の量には圧倒されますね!

まずはスープですが・・・ベースはまろやか系の豚骨ですね!(●・ω・)

豚骨のクセをガツンと効かせたようなタイプのものとは違い、
まろやかでクセを抑えながらも濃度もきちっと感じさせる、
万人受けしやすいスタイルの豚骨スープと言っていいですね!

そしてそこの豚脂を加えることによって厚みも加えています!

かつては豚骨というと、いかにもオッサン向けの印象でしたが、
こうしたまろやかで濃厚なタイプの豚骨スープが増えたことで、
豚骨ラーメンを好む女性がかなり増えたという印象はありますね!

「一風堂」にしても「一蘭」にしても女性の比率がかなり高いですし!

自分の好みで言えば豚骨のクセも引き出したタイプが好きですが、
こうしたまろやか系豚骨はこのお店の大きな特徴でもありますし、
これはこれでしっかり楽しめるスープなのは間違いないですからね!

そしてここに黒マー油が加わるわけですが、これが非常にいいですね!(=゚ω゚)

にんにくの香ばしさを引き出しつつ、ほんのりとした苦味があり、
そこにごま油の香味も重なるといった黒マー油になっています!

こちらのお店のマー油はにんにくを7段階に揚げ分けたうえで作ることで、
焦がしの香ばしさとにんにくの香味の両方が出るようにされてるのですね!

その手法がそのままカップ麺に応用されてるわけではないでしょうが、
おそらくはある程度は近い手法を使っているのではないかなと思います!

量も多いので麺を食べ終わってもマー油の風味が生きていますし、
マー油を楽しめる豚骨スープとしてはかなりの完成度と言えますね!

スープの原材料はポークエキス、醤油、豚脂、香味油、加工油脂、糖類、
小麦粉、香辛料、チキンエキス、ポーク調味油などとなっています!

麺は中ぐらいの太さで、加水がやや低めのストレート麺となっています!(*゚ー゚)

豚骨向けの麺としてはやや太めで、食感も低加水ではありながらも、
パツパツ感はそれほど強調せず、博多豚骨系とは多少方向が違います!

お店の説明を見ても「水分がやや少なめの中太ストレート」とあるので、
もともと博多豚骨系の低加水麺とは違うスタイルを持っているようです!

なので、そうした博多豚骨らしさは求めずに食べたほうがいいですね!

また、麺に卵が入っているので低加水らしい歯切れの良さを持ちつつも、
プリプリとした食感が同時に感じられるのが大きな特徴となっています!

麺の量は70gで、カロリーは481kcalとなっています!
脂質は19.5gで、ノンフライ麺系としてはやはり高めですね!

具は厚切りチャーシューと青ねぎという組み合わせです!(*゚◇゚)

厚切りチャーシューは「ラ王」などに使われているものと同じで、
やや脂身の多い部位で、食べごたえも風味も申し分がないですね!

この厚切りチャーシューは赤身が多いバージョンもありますが、
こうした脂身がやや多めのもののほうが味がいいのですよね!

青ねぎはごく普通のものですが、量はけっこう多く入ってます!

ただマー油の存在感が凄いので、これだけあっても存在がかすみますね!
それでも麺に自然と絡んできて、風味をほどよく加えてくれますが!

まろやか系豚骨+大量の黒マー油という実にわかりやすい特徴で、
マー油系豚骨が好きな人なら十分に満足できるものがありますね!

博多豚骨らしさをあまり強く求めないことも重要かもしれません!

価格帯が300円近いという点がネックになってくるとは思いますが、
マー油の量に関してはその価格に見合うだけのものはありますね!

とにもかくにもマー油がガツンと攻めてくる豚骨ラーメンでした!(゚x/)モッキルー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.