10/17発売 和ラー 博多 鶏の水炊き風

10/17発売のサンヨー食品「和ラー 博多 鶏の水炊き風」を食べました!

このサンヨー食品の「和ラー」はかなりの評判なのですが、
あろうことか自分は先週これをスルーしたのですよね;

というのも、縦型ノーマルサイズの新商品はスルーすることが多く、
この商品もそうしたよくあるタイプの商品と思ったのですよね;

すると後になってCMも打っているような注目商品だとわかり、
こうして次の週に持ち越しての紹介ということになりました;

10/17発売 和ラー 博多 鶏の水炊き風

「和ラー」ということで和風のラーメンが連想されますが、
これはいわゆる和風だしベースのラーメンとは違います!

日本の各地域で食べられている料理をラーメン化するという、
「名物料理のラーメン版」といった位置づけのものとなります!

縦型ノーマルサイズのカップ麺というと「カップヌードル」が代表的で、
どちらかというと洋風指向のラーメンが多い分野なのですよね!

それゆえにこうした日本の料理をテーマにしたカップ麺が
逆に独自性のあるとして際立つという狙いもあるのでしょう!(*゚ー゚)

なので、縦型カップ麺で出したのは正解と言えるでしょうね!
もしどんぶり型だったら、ここまで目立たなかったかもしれません!

10/17発売 和ラー 博多 鶏の水炊き風(内容物)

鶏つみれを中心に具材についてもなかなか充実してるようですね!
水炊きらしい鶏と野菜の旨味に注目して食べたいと思います!

10/17発売 和ラー 博多 鶏の水炊き風(できあがり)

縦型カップは具材が豪勢に見えるというのがいいですよね!
具材の組み合わせからも鍋っぽい雰囲気が伝わってきますね!

まずはスープですが・・・おぉ、たしかによくできていますね!(●・ω・)

あくまで大枠としてはライト系の鶏白湯スープにあたりますが、
野菜の旨味と昆布などの和風だしが効いているのがポイントで、
それによって「鶏の旨味の効いた鍋風スープ」となっています!

こうしたスープはしばしばバランスはいいものの鶏が弱いなど、
総合力は高くても核となるものが見えにくいことがありますが、
このスープはちゃんと鶏の旨味がしっかり生きてるのですよね!

特にこれはスープだけを単体で飲むとはっきり伝わりますが、
鶏白湯ならではの鶏の強い風味がちゃんと感じられるのですよね!

それでいて油脂は強くないのでさっぱりと食べることができ、
なおかつ野菜や昆布などによって旨味が重ねられているなど、
単なるバランス型に終わらない強みのあるスープとなってます!

これまで「鶏の水炊き」をうたうカップ麺はいくつかありましたが、
その中では間違いなくトップクラスと言っていい仕上がりですね!(=゚ω゚)

スープの原材料はチキンエキス、食塩、植物油脂、糖類、ポークエキス、香辛料、
でん粉、昆布エキス、ポークパウダー、野菜エキス、かつお節エキスなどです!

麺は縮れの少ない中細ぐらいの太さ油揚げ麺となっています!

このシリーズは麺に対する評価が全般的に高いようですが、
この麺はたしかにそうした評価に値するクオリティですね!(*・ω・)

強いプリプリ感とも歯切れの良さを強調するタイプとも違う、
クニクニとした弾力を感じさせるこれまでにない食感の麺です!

どちらかというと、細麺ながらももちもち感があるというか、
細麺にありがちな存在感の弱さがないのが大きな特徴ですね!

この麺の食感は練り込まれている卵による部分も大きそうです!

それでいて油揚げ麺特有の香りに関してはかなり希薄なので、
こうした優しさのあるスープと合わせるにもピッタリです!

このところサンヨー食品は油揚げ麺の開発に力を入れていて、
その成果の一つが「縁日の焼そば」として結実しましたが、
今回は縦型カップ麺でも力のある麺を打ち出してきましたね!

縦型で優秀な麺というと日清の「有名店シリーズ」がありますが、
全ての縦型を通じて見ても今回の麺はそれに次ぐ力があります!(*゚◇゚)

なるほどCMを打つほどに力を入れている理由がわかりますね!

麺の量は58gで、カロリーは315kcalとなっています!
脂質は10.2gで、麺量を考えてもかなり低めの数字ですね!

具材は鶏つみれ、キャベツ、にんじん、ねぎとなっています!

主役である鶏つみれはやや崩れやすいタイプのものですが、
リアル感も高く、風味も非常に良く満足度は高いですね!

しかも量もたくさん入っているので申し分ないですね!(`・ω・)+

鶏つみれ系の具材ってどのメーカーもいいものを作りますね!

キャベツとにんじんはごく普通のカップ麺的なものですが、
もともと鶏の水炊きを指向しているスープということもあり、
こうした野菜系の具材との相性は非常にいいものとなってます!

ねぎはけっこうリアル感のあるものが使われています!
そのおかげでラーメン全体の高級感もより高まってますね!

おそらくは新しい麺の開発が出発点にあったと思いますが、
その麺を生かして新たなブランドを市場に定着させるために
どのような方針でそのブランドを構築すればいいかという点を
かなり考え抜かれたうえで作られたことが明確に伝わりますね!

縦型ノーマルサイズという「カップヌードル」と同じ分野ながら、
製品の特徴がどこを取っても「カップヌードル」とかぶらなく、
それでいて麺・スープ・具材ともにクオリティが高いという、
実に見事なポイントを突いてきたなぁと思わせてくれますね!

まずは同時発売の残り2商品もしっかり紹介したいと思います!(゚x/)モキュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.