10/17発売 和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風

10/17発売のサンヨー食品「和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風」を食べました!
すでに「和ラー 博多 鶏の水炊き風」については記事にしております!

10/17発売 和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風

それにしてもひさびさの縦型での大型ブランドの登場になりましたね!
そのことに気付かず、うっかりスルーしてしまうところでしたが(;゚ω゚)

サンヨー食品が勝負をかけてきたブランドでもあることから、
3商品のどれも高い期待度を持って食べることができますね!

10/17発売 和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風(内容物)

こちらは具材の組み合わせはけっこうシンプルな感じですね!

「帆立貝焼き味噌」というのは、帆立に味噌を乗せて焼き、
それを卵でとじて仕上げた青森津軽地方の料理ということで、
このカップ麺の具材の中にも卵が加えられているみたいですね!

10/17発売 和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風(できあがり)

シンプルな具材ながらも、並べてみるとその量はかなり多いですね!

まずはスープですが・・・おおぉ、これは旨味が強烈に濃いですね!(●・ω・)

食べてすぐに圧倒されるのが、スープのホタテの旨味の強さです!

あさりやはまぐりなどは非常にパンチの強い旨味があるので、
クセを感じるほどのダイレクトな風味を堪能しやすいのですが、
ホタテでそれに匹敵する強い旨味を感じさせるのは凄いですね!

ホタテの旨味はあさりやはまぐりなどに比べると丸みがありますし、
ほんのりとした甘みを帯びながら伝わってくることが多いのですが、
このスープのホタテは攻撃性を感じるほどに強烈に旨味を伝えます!

それによって「帆立の旨味が効いたラーメン」という枠を超えて、
「ホタテ料理をラーメンで再現した」という感覚を生んでいます!

このホタテの旨味の強さだけでも味わってみるだけの価値があります!

そしてもう一つ特筆すべきなのが「焼き味噌」の風味の強さですね!(*゚◇゚)

貝+味噌というと、どうしても「貝の味噌汁」を連想するのですが、
このラーメンのスープは明らかにその枠を超えてきてるのですよね!

味噌ダレから極めて明確に「焼き」の香ばしさを感じることができ、
その香ばしさと苦味がホタテの旨味と合わさることで相乗効果を生み、
これまでにないタイプの貝+味噌の旨味の実現に成功しています!

同じ週にエースコックから焼き味噌をうたったラーメンが出ましたが、
焼き味噌の存在感に関しては圧倒的にこちらに軍配が上がりますね!

また、煮干が旨味と貝+味噌に合うほのかな苦味を加えることで、
よりスープ全体の指向性を明確にする手助けをしてくれています!

スープの原材料はみそ、食塩、糖類、チキンエキス、煮干しパウダー、
ホタテエキス、香辛料というかなりシンプルな構成となっています!

鶏に下支えをさせたうえで、ホタテ、焼き味噌でスープの核を作り、
煮干でサポートをさせる、そうした役割分担がはっきり見えますね!

いやはや、このスープの作り込みの上手さはうなるほかないですね!
旨味が強すぎることで人を選びそうな気がしてくるほどですし!

麺は細めで丸刃のストレート感の強い油揚げ麺となっています!

どうも食べたときの印象が「鶏の水炊き風」の麺と少し違います!

「鶏の水炊き風」の麺は噛んだときのクニクニとした食感を
楽しみながら歯で味わうような感覚も感じさせる麺でしたが、
こちらはもう少し素直なプリッとした弾力を感じさせますね!

単に2回目ということで印象が変わっただけという可能性もありますが;

かなり細めの麺なので、明らかにスープ勝ちではありますが、
プリ感を強めることで味噌に合わせてきたという感もあります!

また、こちらも麺も油揚げ麺臭に関してはかなり控えめですね!

後半になって食感が緩むといくぶん油揚げ麺臭も出てはきますが、
それでもスープの方が圧倒的に強いのでほぼ気にはなりません!(*゚ー゚)

いずれにしてもこちらもクオリティの高い麺なのは間違いないです!

麺の量は58gで、カロリーは307kcalと控えめな数字です!
脂質も9.8gと、この軽さであれば手軽に食べられますね!

具材は貝柱風かまぼこ、卵、ねぎという組み合わせです!

まずは貝柱風かまぼこですが、これはよくできていますね!(`・ω・)+

さすがに本物の貝柱と同等のリアル感とまでは言えませんが、
東洋水産が「俺の塩」シリーズなどで使っているのと同様に
ホタテの風味が強く、なおかつ繊維質の食感も楽しめます!

しかもこれが6つも入っているのですから文句なしですね!

この具材は今後も他の貝系カップ麺でも使われそうですね!

ねぎはリアル感の高いもので、量もかなり多いこともあって、
一つの具材としての存在感もしっかりしたものがあります!

貝柱かまぼこの旨味、ねぎの辛味、卵の丸みというふうに、
それぞれの具材の個性に違いがあるのが非常にいいですね!

卵もふわふわ感が強く、しかも量がけっこう多く入ってます!
このシリーズは具材にもちゃんと力が入れられていますね!

プリッとして油揚げ麺臭の少ない麺の質の高さもさることながら、
今回はホタテの旨味と焼き味噌の香ばしさに圧倒されましたね!

貝+味噌系のラーメンとしてもこれまでにないものでしたし、
このシリーズにかけるサンヨー食品の本気度が伝わってきますね!

貝系のラーメンが好きな人なら迷わずオススメできる一杯でした!(゚x/)モキリリッ

【関連記事】
和ラー 津軽 帆立貝焼き味噌風
和ラー 博多 鶏の水炊き風
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

10/24発売 明星 バリカタDX 高菜とんこつ

10/24発売の「明星 バリカタDX 高菜とんこつ」を食べました!
明星の「バリカタ」シリーズから新たにデラックス版が出ました!

10/24発売 明星 バリカタDX 高菜とんこつ

極細ストレート麺の完成度の高さに定評がある「バリカタ」ですが、
「DX」になったことで麺もスープも多少変化が加えられたようです!

それが体感的にどれくらい感じ取れるのかが気になるところですね!(*゚ー゚)

10/24発売 明星 バリカタDX 高菜とんこつ(内容物)

内容物はかやく、レトルト高菜、粉末スープ、液体スープです!
生タイプの具材が使われているという点には高級感がありますね!

10/24発売 明星 バリカタDX 高菜とんこつ(できあがり)

スープに散っているねぎは粉末スープの中に入ってたものです!
一方の左上に見えるねぎはかやくの中に入っていたものですね!

まずはスープですが・・・うん、いつもよりやや重厚感があります!(●・ω・)

基本的にはいつもの「バリカタ」らしいまろやか系豚骨ですが、
香味油をほどよく効かせることによってスープに香味を加えて、
さらに豚骨の持つコクもいつもよりいくぶん高められています!

豚骨臭をガツンと効かせたタイプの豚骨とまではいかないですが、
重厚感に物足りなさを感じさせがちだった従来のスープと比べると、
その豚骨感に一枚厚みが加わることで満足度は上がっていますね!

いつものスープは強いマー油や辛ダレなどとミックスしていないと、
どうにも軽さを感じさせられてしまうことが多かったですからね!

せめてこれぐらいがデフォルトになってくれるとうれしいですね!

今回は高菜が入ることもこともあってやや塩分が高めではあるので、
そのあたりを考慮したうえでお湯の量を調整してもいいでしょうね!

スープの原材料は豚・鶏エキス、香味油、食塩、ラード、しょうゆ、
糖類、香味調味料、香辛料、酵母エキス、粉末油脂、植物油脂などです!

今回は豚・鶏エキスの次に来ている香味油が意外に鍵になってますね!

この香味油によるにんにくなどの香味野菜の風味がビシッと効いていて、
なおかつその香味油やラードがスープ全体にいい厚みを加えてましたし!

そして麺は「バリカタ」らしい1分湯戻しのストレート細麺です!(`・ω・´)

ほんとこの麺はカップ麺の豚骨向けの麺としては最強と言えますね!

噛んだときの食感がまさに博多豚骨向けの低加水麺そのもので、
パツッとした食感とそこで広がる小麦の風味が実にリアルです!

表面にざらつきが少し加わればさらに申し分ないものになりますが、
現段階でも食感、風味ともに抜きん出た存在なのは間違いないです!

普段の「バリカタ」の麺との違いははっきりとはわからないものの、
麺の風味のリアル感はいくぶん高まっているように感じましたね!

麺の量は65gで、カロリーは397kcalとなっています!
脂質は13.3gで、標準より少し高めといったところですかね!

豚骨ラーメンの場合はあまり油脂が少ないと逆にマイナスになりますし、
この数字であればちょうどいいラインと言っていいぐらいでしょうね!

具材は辛子高菜、チャーシュー、ごま、ねぎとなっています!

まずは辛子高菜ですが・・・このリアル感は素晴らしいですね!(*゚◇゚)

生タイプの高菜は他のメーカーもときどき使ったりしますが、
これは一つ一つが大ぶりで、味わいも素晴らしいものがあり、
なおかつスープに変に広がったりしないのも非常にいいですね!

この高菜の気合の入り具合はこのラーメンの大きな魅力ですね!

それでいてスープの風味に与える影響はそこまで強くないので、
スープは豚骨として楽しめ、高菜はちゃんと具材として楽しめる、
そうした役割分担がちゃんとなされているのもポイントが高いです!

高菜系のカップ麺って、スープも高菜味になることが多いですからね!

チャーシューは小さめですが、味わいに関してはしっかりしてます!

それでも価格帯を考えると小さいということは否めませんが、
その分だけ高菜が楽しめるので自分としては許容範囲ですね!

ごまとねぎは具材というより、スープに風味を加える薬味ですね!
とりわけ白ごまのプチプチとした食感はいいアクセントになります!(=゚ω゚)

明らかに「DX」らしい要素というと辛子高菜ぐらいなのですが、
スープもいつもの方向性を継承しつつも厚みが一枚加わっていて、
麺の旨さも増しているので、全体の満足度は確実に高まってますね!

自分としてはこの麺とスープがデフォルトでもいいと思えるぐらいです!

個人的な要望としてはさらに豚骨臭が高まってくれるといいのですが、
それでも今回はまろやか系としても水準の高さが感じられましたしね!

その名の通り、一段旨さを増した「バリカタ」になっていました!(゚x/)モッキル

【関連記事】
明星 バリカタDX 高菜とんこつ
明星 バリカタ 濃厚豚骨醤油
明星 バリカタ 濃厚とんこつ
明星 バリカタ 辛とんこつ
明星 バリカタ 豚骨キムチ味
明星 バリカタ マー油豚骨
明星 バリカタ大盛 濃厚とんこつ

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.