1/30発売 Yahoo! ラーメン特集 2016-2017 第8回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝 若武者 本気盛 特濃旨辛鶏台湾

1/30発売の東洋水産からの新作
「Yahoo! ラーメン特集 2016-2017 第8回 最強の次世代ラーメン決定戦 優勝
若武者 本気盛 特濃旨辛鶏台湾」
を食べました!

こちらもYahoo!の「第8回最強の次世代ラーメン決定戦!」で
優勝したラーメンを東洋水産がカップ麺化したものですね!

もっとも見た目だけで投票するというシステムではありますが!(=゚ω゚)

1/30発売 Yahoo! ら~めん特集 第8回 優勝 若武者 特濃旨辛鶏台湾

こちらの「若武者」さんは昨年もカップ麺化されていますね!
昨年は準優勝でしたが、今年は優勝とランクアップされています!

もちろんラーメンの方向性は昨年のものとは全く変わっています!

今年は鶏白湯スープ+台湾ラーメンという組み合わせですしね!

1/30発売 Yahoo! ら~めん特集 第8回 優勝 若武者 特濃旨辛鶏台湾(内容物)

あら、もっとニラが多いかと思いきやそうでもないですね!
そのかわり細かいひき肉に関してはかなり多く入ってます!

1/30発売 Yahoo! ら~めん特集 第8回 優勝 若武者 特濃旨辛鶏台湾(できあがり)

後入れ調味油を入れると完成ですが、これは少し意外ですね!

台湾ラーメンということで後入れ調味油が赤いと思っていたら、
全く赤くないので見た目があまり台湾ラーメンぽくないですね!

まずはその味ですが・・・どちらかと言えば鶏白湯寄りですね!(●・ω・)

「鶏白湯スープをベースにした台湾ラーメン」というよりは、
「鶏白湯ラーメンに台湾ラーメン的要素を加えた」感じです!

その鶏白湯スープですが、そこまで濃厚というわけでもないですね!
「特濃」とは書いてますが、ゴリゴリ攻めてくる感じではないです!

東洋水産は濃厚系の鶏白湯スープを再現する力が非常に高く、
「極鶏」のお店カップでもなかなかのものを見せてましたが、
こちらはそこまで鶏白湯特有の鶏の主張は来てはないですね!

そのかわり東洋水産としてはやや珍しく鶏油の風味が強いです!
特に後入れ調味油は主に鶏油によって構成されていますしね!

なので、スープとしての鶏白湯の主張は強烈ではないものの、
鶏油まで含めた鶏の風味ではなかなかのものがあります!(*゚◇゚)

そしてもう一方の主役である台湾ラーメンの要素ですが、
こちらは鶏白湯と比べても控えめな感じとなっていますね!

ちょっと粗挽き唐辛子が入ってるものの辛さは強くはなく、
またラー油が入っていないので見た目の台湾らしさも弱いです!

にんにくなどの香味野菜についてもそれほど主張はしないので、
台湾ラーメン特有の鋭さを感じさせるタイプではないですね!

それゆえに台湾らしさを期待していると肩透かしになるかもです!
あくまで鶏白湯ラーメンを基本として考えるのがいいでしょうね!

台湾ラーメンらしい要素に関しては主に具材が担っていますね!
この点については具材の項目を書くときに触れることにします!(*゚ー゚)

スープの原材料はチキンエキス、鶏脂、砂糖、食塩、植物油、
豚脂、香味油脂、醤油、香辛料、ゼラチンなどとなっています!

この原材料を見ても基本となっているのはやはり鶏系ですね!

麺はけっこう細めで湯戻し2分のパツッとした油揚げ麺です!

この麺のチョイスについても自分はけっこう意外性を感じましたね!

どちらかというと、油揚げ麺としては博多豚骨向きの感もある麺で、
スナック感のあるややサクサクとした食感を見せる麺となってます!

台湾ラーメン向けという点からすると多少の不思議さもありますが、
鶏白湯ラーメンとして見ると低加水麺が使われることも多いので、
そういう視点から見てあげたほうがいいタイプの麺なのでしょうね!

麺の量は多めの80gで、カロリーは530kcalとかなり高めです!
脂質は28.2gで、これはまたずいぶんと高い数字になってますね!

具材は鶏ひき肉とニラという台湾ラーメンらしい組み合わせです!

この鶏ひき肉って、東洋水産の縦型ではよく見かけるといいますか、
湯戻し時間が短いタイプの商品では定番となっている具材ですね!

特に「ハリガネ」シリーズでは必ずと言っていいほどに入ってますし!

そこに湯戻し時間の短い細麺が組み合わせられるというあたりも、
台湾風の具材なのにどこか違う雰囲気を感じさせられるところです!

そしてもう一方のニラですが、これが最も台湾ラーメン的な存在ですね!

ニラは風味が強いですし、量は多くなくても存在感が強いので、
ニラが口に入るとそのときは台湾ラーメンらしさが出てきます!

そうしたこともあって、その量以上に重要な存在となってますね!

鶏白湯としても特濃というほどではなく、台湾らしさも強くないので、
どことなく中途半端な印象も抱かせるスープとはなっていますが、
一つの鶏白湯ラーメンのバリエーションとしてはアリと言えますね!

とにかく台湾らしさを強く求めずに手に取るのがいいでしょうね!(゚x/)モッキリン

【関連記事】
TRY関連カップ麺 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.