2/20発売 仙台牛タン風味塩焼そば

2/20発売のヤマダイ「仙台牛タン風味塩焼そば」を食べました!

もともとこの商品については購入する予定はなかったのですが、
いかにも好みに合いそうだったので見た瞬間に買うことにしました!

2/20発売 仙台牛タン風味塩焼そば

牛タンということで、牛の旨味を効かせつつもさっぱり感もある、
そうした塩焼そばに仕上がっていることが期待できそうですね!

過去にペヤングから「牛タン塩やきそば」が出たことがありますが、
そのときもかなりツボでしたし、負けないものを期待したいですね!(*゚ー゚)

2/20発売 仙台牛タン風味塩焼そば(内容物)

内容物はかやく、液体ソース、後入れスパイスとなっています!
麺は乾燥状態でもけっこう太めになっているのがわかりますね!

2/20発売 仙台牛タン風味塩焼そば(できあがり)

後入れの粗びき胡椒が肉系の塩焼そばらしさを演出してますね!

まずはその味ですが・・・おっ、これはやっぱり好みに合いますね!(●・ω・)

いやぁ、それにしても今週はクオリティの高い汁なしが多いですね!
ちょっとリピートしたくなる商品だらけのような気がしてきました!

味のタイプとしてはペヤングの「牛タン塩やきそば」とはまた違い、
こちらはこちらで牛タンを上手く焼そばに落とし込んでいますね!

ペヤングが肉を焼いたような香ばしさにレモンを加えることで、
肉のコクを出しながらもサッパリと食べさせていたのに対し、
こちらはレモンなどの酸味の要素は特に入っていないです!

なので、基本線はベーシックな肉系塩焼そばにあるのですが、
動物油脂とビーフエキスによって肉らしいコクをしっかり与え、
にんにくでほどよく刺激をつけつつ、胡椒で清涼感も付与する、
そのそれぞれのバランス感の高さが最大の魅力となっていますね!

油脂もにんにくも強すぎると全体の調和を壊すことがありますが、
どちらもちょうどほどよいラインに整えられているのですよね!(*゚◇゚)

ペヤングの場合はレモン果汁があったので、その存在によって
全体が重くならないように一気に引っ張ることができましたが、
こちらの場合は各要素がちゃんときれいに調整されてますからね!

自分は肉系塩焼そばは重くなりがちで苦手な面もあるのですが、
これはその弱点がないので、肉系塩焼そばが好きな人はもちろん、
少々苦手な人でも十分に楽しめる内容になってると言えそうです!

ソースの原材料は動物油脂、糖類、食塩、しょうゆ、ビーフエキス、
ニンニクペースト、オニオンエキス、香辛料、植物油脂、香味油などです!

麺は太めで縮れもそこそこ強めの油揚げ麺となっています!(=゚ω゚)

以前はニュータッチの汁なしの太麺は食感がやや硬めなことが多く、
規定の時間よりも少し長く待ったほうがいいこともありましたが、
どうも今はそうしたこともなく規定時間でも全く問題ないですね!

ちなみに規定の湯戻し時間は3分でも5分でもなく4分となってます!

麺はもちもち系というよりは、比較的歯切れがいいタイプのもので、
このあたりも重くならずに食べられることに貢献していますね!

麺の量は100gで、カロリーは544kcalとなっています!
脂質は24.0gで、肉系塩焼そばとしては少し軽めですかね!

具材は牛肉、ねぎ、ふりかけの粗びき胡椒となっています!

具材の牛肉は実際にどの部位を使っているのかはわかりませんが、
ちゃんとタンらしい雰囲気を感じられるものになっていますね!

薄めにスライスされ、タンらしいスパッと噛み切れる食感で、
なおかつさっぱりとした風味でタンを上手く連想させてくれます!

このあたりはあっさりしたチャーシューチップにも近いですが、
ちゃんと牛肉が使われているというのはうれしいところですね!(`・ω・)+

枚数を減らすかわりにカットがもう少し大きめでも良かったかもですが!

ねぎはやや大きめのカットで、リアル感もあるものとなってます!

ねぎはもともと牛タンや塩焼そばとの相性が非常にいいですし、
量も少なくはないので、具としての満足度も十分ありますね!

王道の肉系塩焼そばの路線を踏襲しつつ牛タンらしさも演出し、
非常に幅広く好まれる仕上がりの塩焼そばとなっていましたね!

自分の好みにもピッタリでしたし、これもリピート確定ですね!

肉のコクを楽しめつつもけっこうさっぱりといける一杯でした!(゚x/)モキリン
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.