5/22発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば

5/22発売の東洋水産からの新作
「2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば」
を食べました!

こちらの「ajito ism」は品川区にお店を構えていますね!

このところTRY関連の新作が頻繁にリリースされてますね!
そして今年からは「汁なし部門」の商品化も始まりました!(*゚ー゚)

いったいTRYにはどれだけの名店部門があるのか調べてみると、
しょう油・しお・みそ・とんこつ・MIX(どうぶつ系白湯)・
つけ麺 清湯・つけ麺 濃厚・汁なし・鶏白湯・二毛作だそうです!

MIXは鶏豚骨とか鶏と魚介のW白湯的なものなのですかね!
今後「鶏白湯」部門からもカップ麺が出ることがありそうですね!

5/22発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば

「ピザ味まぜそば」ということで、お店の料理としては
かなり奇抜なイメージを持たせるまぜそばなのですが、
カップ麺としては過去に何度か登場した路線でもありますね!

2010年の段階で「ピザーラ焼そば」とかが出ていますし、
2012年にはエースコックが「ピザポテト味焼そば」を出し、
2015年にはサンヨーが「ピザ風味まぜそば」を出してますね!

このうちサンヨー食品の商品は出色の出来と言ってものがあり、
自分が食べたカップまぜそばの中でも最上位クラスに入ります!

さすがにそれを超えるものを今回の商品に求めはしませんが、
どのような形でピザらしさを演出しているかは気になりますね!

5/22発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば(内容物)

内容物はかやく、粉末ソース、液体ソースとなっています!
まぜる順番は液体ソース→粉末ソースという順番ですね!

東洋水産の汁なし系は基本的にこの流れとなっています!

5/22発売 2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば(できあがり)

粉末シーズニングの量が多く、けっこうまったりした見た目になります!
粉末ソースというよりは、粉末ソースとふりかけをミックスした感じです!

なので、きれいに溶けるというよりはある程度は粉末感が残ります!
チーズの粉末やハーブの粉末がそのまま残るという感じですかね!

まずはその味ですが・・・うん、味はたしかにピザらしいですね!(●・ω・)

それも特にひねりを入れていないタイプのピザの味と言いますか、
トマトソース、香草、チーズ、そしてごく軽めについた辛味と、
そうした極めてオーソドックスなピザの味をそのまま感じます!

またチーズに加えて油脂もけっこう多く入っているので、
全体的に大盛系らしいどっしりとした感覚がありますね!

チラチラと見える緑色の小さなかけらはパセリのようですね!

そしてここに旨味を重ねるためにかつおぶしの粉末が入ります!
魚粉要素を入れることでまぜそばらしさを出しているのでしょう!

しっかりめのトマト味に香草によって軽くさわやかさを出し、
チーズによってまろやかさとピザらしい雰囲気を加える、
そこにまぜそばらしく魚粉の旨味が顔を出すという感じです!

それゆえに「思っていたよりもベーシックな味だなぁ」とも感じ、
「唯一無二の創作麺料理!」と書かれていることを考えると、
もうちょっとひねりのある路線のほうが良かった気もしますね!

ただ、それはカップ麺化されたからそう思う点もあるでしょうね!(=゚ω゚)

実際のお店で「ピザ風まぜそば」というとかなり珍しいですが、
もともとカップ麺は和洋中問わずいろんな味が登場するので、
洋風だからといってそうインパクトが出るわけではないですしね!

ソースの原材料は植物油、野菜エキス、ポークエキス、香辛料、
豚脂、デキストリン、食塩、砂糖、醤油、発酵調味料、チーズ加工品、
たん白加水分解物、粉末かつおぶし、酵母エキス、パセリです!

麺はまぜそば向けに作られたがっしりとした太麺の油揚げ麺です!(`・ω・)+

無骨でワイルドな麺というとエースコックのイメージが強いですが、
東洋水産が作る極太麺もまたかなりのパワーを持ってるのですよね!

がっしりとした食感にラードを使うことによって生まれる香ばしさ、
食感といい風味といい、主張の強いまぜそばとは抜群の相性です!

それゆえに食べごたえもしっかりで、なおかつ量が大盛なので、
がっつりといきたいとき以外は向かないと言える麺でしょうね!

まぁ、でも今回のソースにはこれぐらいの麺でちょうどいいでしょう!

麺の量は大盛の130gで、カロリーは748kcalとなっています!
脂質は32.4gで、大盛系としては標準より少し高いぐらいですかね!

具材はひき肉、玉ねぎ、赤ピーマンという組み合わせになっています!

ひき肉はそこまで量は多くないものの、味はしっかりしていて、
全体の中に肉感をプラスする役割は十分に担っていますね!

赤ピーマンはほど彩り目的といった感じのものなのですが、
ピザというとピーマンの風味とは非常に相性がいいですし、
苦味は特にないもののピザらしさの演出には役立ってます!

そして今回の具材の中で最も存在感を見せているのが玉ねぎです!(*゚◇゚)

量もかなり多く、玉ねぎらしいシャクシャクとした食感に加え、
その玉ねぎらしい香味がいいアクセントになっていましたね!

ややもったりとした感じのソースに玉ねぎが加わることで、
単調にならず、また重くなりすぎず食べられた感がありますね!

「ピザ味まぜそば」という路線はそこそこ珍しくはあるものの、
ひねりは控えめで、カップ麺としては案外普通な感じでしたが、
このあたりはお店で食べるとまた全然印象も違うのでしょうね!

洋風のまぜそばをがっつり食べたくなったときにはいいですね!(゚x/)モキルンッ

【関連記事】
TRY関連カップ麺 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/22発売 カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 ラサ グライ アヤム ムラユ

5/22発売の日清からの新作
「カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 ラサ グライ アヤム ムラユ」
を食べました!

昨年11月に香港の「カップヌードル 香辣海鮮味」が商品化されましたが、
こちらもその流れを汲む外国のカップヌードルの商品化にあたります!

しかも今回はこれを含む3商品が同時発売となってるのですよね!

今週は全体的に各社の新商品が少なめとなっていますが、
カップヌードルとぶつかることを避けた感もありますね!

この3商品にコンビニの棚が占拠されることが予想できますし!

5/22発売 カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 ラサ グライ アヤム ムラユ

こちらの「ラサ グライ アヤム ムラユ」はインドネシア代表です!
ココナッツミルクが入るというあたりがいかにも東南アジア風ですね!(`・ω・´)

5/22発売 カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 ラサ グライ アヤム ムラユ(内容物)

あら、個体差の関係か粉末スープなどが下に沈んでしまってますね;
おかげで具材を整えるのにちょっと苦戦しそうな雰囲気もします!

外国のカップヌードルシリーズらしく後入れ調味料もついています!
ただし、この商品は直輸入品ではなく国内生産となっていますが!

5/22発売 カップヌードル 世界のカップヌードルサミット2017 ラサ グライ アヤム ムラユ(できあがり)

ペーストを入れる前は白みがかった黄色といった色でしたが、
ペーストを入れるといくぶん赤みが増した色合いになります!

まずはスープですが・・・これはなかなか面白いカレーですね!(●・ω・)

通常のインド系のスパイス感を前面に打ち立てたカレーに比べると、
ココナッツミルクが多く入るので、まろやかさがこちらは強いです!

一方でタイカレーのような東南アジア系のハーブは特に強くなく、
レモングラスとかパクチーなどの主張はこれといって感じません!

なので、そのスパイスの風味だけで見ればインド系に近いです!

ただ、面白いのはそうでありながらもインド系とはまた違う要素、
東南アジア的なエスニック感を持ったスパイス感もある点です!

ガーリックが強めというのも一つのアクセントになっていますが、
今回のペーストには東南アジアでよく使われる生姜の仲間である
ガランガルという香辛料がけっこう多めに入っているみたいです!

そのあたりがインド系と少し違う雰囲気を出してるのでしょうね!(=゚ω゚)

辛味はそこまで強くないものの、ピリピリとした刺激は感じられ、
じわじわとしたピリ辛要素の存在が伝わるだけのものはあります!

また、ココナッツミルクを使ったカレーをカップ麺化したものとしては、
あの「カップヌードル マッサマンカレー」が強く印象に残っていますが、
カップヌードル版の「マッサマン」がココナッツミルクを強く出しつつも、
とろみが強く王道のカレー感も同時に感じさせる内容だったのに対して、
こちらはとろみがそこまで強くなくサラリとしているのも大きな違いです!

なので、「甘みとまろやかさはあるけどすっきり食べられる」感も強いですね!

スープの原材料は豚脂、香味調味料、ココナッツミルク、糖類、
香辛料、小麦粉、食塩、でん粉、たん白加水分解物、
オニオンパウダー、チキン調味油、香味油となっています!

豚脂が軸になっているあたりはいかにも「カップヌードル」ですね!

ココナッツミルクが3つめに来ているというのも印象的です!

「マッサマン」でもココナッツミルクはけっこう後ろだったので、
いかにこのカレーのココナッツミルク感が強いかうかがえます!

麺はいかにも「カップヌードル」らしい細めのヌードル麺です!

国内生産の「カップヌードル」シリーズの麺はどれも基本的に
ノーマル、カレー、シーフードの麺のどれかと共通なのですが、
この麺は原材料が小麦粉、植物油脂、食塩のみとなっていて、
上記の3つのカップヌードルのどの麺とも構成が違っています!

ただ、外国版のカップヌードルの麺は丸麺のことも多いので、
インドネシア版の麺を再現してこのようにしたというよりは、
今回の商品化にあたってあえてこうした構成にしたのでしょうね!(*゚◇゚)

下味はほとんどないので、どんな味ともなじむことができますし!

麺の量は60gで、カロリーは374kcalとなっています!
脂質は18.6gで、麺量を考えるとなかなかの高さですね!

ココナッツミルクの持っている脂肪分もあるのでしょうね!

具材は蒸し鶏、人参、キャベツ、卵、ねぎ、赤唐辛子です!
赤唐辛子はフレーク状のもので、スープの一部という感じです!

具材はそこまで多くないものの、最低限の量は入ってはいますね!

蒸し鶏はいつもの日清の縦型系で使われているものと同様に、
しっとりとしていて食感、風味ともにクオリティは高いです!

それだけにもう少し入っていてくれているとうれしかったですが!(*゚ー゚)

キャベツ、人参、卵、ねぎはカップヌードルではおなじみのもので、
特に味に違うがあるわけでもなく、いつもどおりの味を楽しめます!

タイカレーほど東南アジアらしい情緒を感じさせるわけではなく、
どちらかと言えばインド系+ココナッツミルク的な感覚ながらも、
その奥からチラチラと覗く東南アジアらしさに個性が感じられ、
食べやすくも一ひねり効いたカレーといった感じがしましたね!

そのあたりが異国の味わいらしいところでもあるのでしょう!

こうした企画は来年以降もどんどん続けていってほしいですね!(゚x/)モキキューン

【関連記事】
カップヌードル 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

中華そば 閃 ごま中華そば

ひさしぶりにあびこの「中華そば 閃」に行ってきました!(`・ω・´)

前回記事が2013年11月なので、約3年半ぶりになるのですね!
これほどまでに足を運んでいなかったのは自分でも驚きでした!

前回訪問でレギュラーメニューを制覇したのが理由でしたが、
自分としては醤油ラーメンで極めて高く評価してるお店なので、
もっと定期的に通っていても何らおかしくなかったのですが!

今回は長居公園の植物園に行った流れでの訪問なのですよね!
この流れでの訪問も約4年ぶりとかなり期間が空いていますね!

なので、今回は基本である「醤油中華そば」も考えたのですが、
つい新メニューのほうに手が伸びるのが自分のクセなのですよね!

ということで、その「ごま中華そば」を注文することにしました!
そこそこがっつり行きたかったので具の多い特製で注文しています!

中華そば 閃 ごま中華そば

たしかこの「ごま中華そば」は限定で最初は始まったはずですが、
人気が高かったのかそのままレギュラー化されたのですよね!

今では基本の中華そばと並ぶメインの一つに昇格しています!

ごま系のラーメンというと担々麺がまず連想されますが、
こちらはラー油が入らない点が担々麺と大きく違いますね!

まずはそのスープですが・・・なるほど、まさに「閃」の味ですね!(●・ω・)

「ごま中華そば」という名前だけを見て味をイメージすると、
最初にごまのまろやかさがやってくるように思えますが、
飲んでまず前面に出てくるのは煮干の風味なのですよね!

それもけっこうガツンと煮干の旨味がアピールしてきてから、
鶏などの動物系のスープのコクを下支えがじわっと広がり、
それを支える形でごまのまろやかさが包んでくる感じです!

なので、初訪問の人が名前だけを見てこれを注文すると、
一発目に攻めてくるその煮干に驚いてしまうかもですね!

ですが、この煮干と動物系の交わりは実に「閃」らしいもので、
こちらのお店の基本の味をある程度知っている人からすると、
「なるほど、こうきたか」と思わせてくれる味わいなのですよね!

ベースである動物系のスープと煮干の風味とのバランス感ですが、
基本の「醤油中華そば」の記憶がやや抜けているので多少曖昧ですが、
「醤油中華そば」と同等か、ないしはそれよりもやや煮干が強いです!

こちらのお店の特徴である煮干の輪郭が見えるような旨味は健在で、
煮干がガツンと主張しながらもきつさを感じさせるようなことはない、
そうした煮干の旨さはごまが重なったこのスープでも生きていますね!

そしてごまの強さですが、こちらはほどほどといった感じですね!(=゚ω゚)

あくまで基本の中華そばにごまでアレンジを加えたスタイルなので、
ごまのまろやかさを効かせつつも、ごまが主役という感じではなく、
中華そばにまろやかさと香ばしさを付加するサポート役という感じです!

なので、担担麺のようなごま感を求めると控えめに感じるかもですが、
「このお店の中華そばのもう一つの形」として見ると納得の味わいです!

そしてけっこう多めにかけらている花椒ですが、実は主張は控えめです!

見た感じは多めだったので、もっと攻めてくるかと思いきや、
軽いアクセントとしてその香りを広げるような感じでしたね!

このあたりも基本の中華そばの個性を生かしたアレンジの範囲と言えますね!

トッピングはチャーシュー、焼海苔、玉ねぎ、もやし、メンマ、白髪ねぎ、唐辛子です!
どうも特製にすることでチャーシュー2枚と焼海苔1枚が増えたようです!

このトッピングは基本の「醤油中華そば」とは大きく違ってます!

玉ねぎ、もやしといった2つの野菜は「ごまちゅう」のみの仕様で、
またねぎも小口切りではなく、こちらは白髪ねぎとなっています!

もちろん輪切り唐辛子が乗っているのもこちらのみですね!

玉ねぎのシャクシャクとした食感とほどよい辛味、白髪ねぎの刺激、
そしてもやしが加えるさっぱりとした風味とシャキシャキとした食感、
これらがごまや山椒と重なりながら、基本のスープと交わっていく、
単にごまだけでなく、そうした総合的なアレンジの一杯と言えますね!(*゚◇゚)

面白いのはごまというまろやかさを加える素材を加えながら、
同時にさっぱり食べられる素材も増やしているという点ですね!

だからこそ幅広い層に好まれる一杯になっているとも言えるでしょう!

チャーシューはオードソックスな赤身が多めのタイプのものですが、
味付けが良く、噛みしめることで肉の旨さがしっかりと感じられる、
派手さはないもののチャーシューの旨さがきちっと生きてますね!

メンマは細めで小ぶりながらもコリコリとした食感が小気味よく、
とりわけ正統派の中華そばとの相性の良さを感じさせてくれます!

焼海苔は1枚が大きくて香ばしく、スープをしっかりと吸わせて、
麺を巻くようにして食べるとそのおいしさがすごく生きますね!

中華そば 閃 ごま中華そば(麺のアップ)

麺はこちらのお店らしい、やや加水が低めの細麺となっています!

ほどよいプリ感と軽い歯切れの良さを同時に感じさせてくれる麺で、
基本の中華そばだけでなく、この「ごまちゅう」ともよく合いますね!

担担麺などのごま系のラーメンは加水の低い麺がよく合うものですし、
そういう点からもこのアレンジとはもともと相性が良かったのでしょうね!

今回はもやしや白髪ねぎなど、麺と絡めつつ食べられる具材も多いので、
普通に食べる以外の食感のバリエーションが楽しめるのも良かったですね!

すでにこちらのお店に何度か通っていてその味を知っているお客さんが
「もう一つ面白い変化がほしい」、そう感じたときにうってつけの一杯で、
基本の中華そばの旨さを宿しつつ、いろんな変化も楽しむことができる、
そんな「中華そば(ごまアレンジ)」と呼べるような仕上がりでしたね!

煮干にどのようにごまが重なるのか、そこに注目して食べても面白いですね!(゚x/)モキキューン

[メニュー]
中華そば 閃 券売機(2017年5月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市住吉区苅田7-6-15

【関連記事】
中華そば 閃 ごま中華そば
中華そば 閃 肉あぶらそば RED
中華そば 閃 つけ麺
中華そば 閃 肉あぶらそば
中華そば 閃 塩中華そば & 肉めし
中華そば 閃 醤油中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

4/24発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン

4/24発売のエースコック
「ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン」
を食べました!

今週は入手可能な新作がもともと4つしか発売されなかったので、
余った日を利用して以前に紹介しきれなかった商品を紹介します!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン

この商品は4/24の週には見つけることができなかったのですが、
その1週間後ぐらいに近くのスーパーに入荷されたのですよね!

そのスーパーはそれほど新作に強いところではないのですが、
最近はときどき掘り出し物があるので覗くようにしています!(`・ω・´)

この「ご当地くいだおれ」はこれでシリーズ4作目となりますが、
過去の商品は全て低評価という相性の悪いシリーズでもあります;

ただ「惜しい」と思わせる仕上がりもけっこう多かったりするので、
今回こそはそのあたりをピタッと合わせてきてほしいところです!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!

かやくも粉末スープもどちらも後入れ仕様となっているので、
お湯を入れる前に投入するのが何もない商品となっています!

麺の見た目はエースコックが得意とするあの多加水麺ですね!
麺は約束されているだけに、あとはスープに頑張ってほしいです!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン(できあがり)

具材もけっこう多めで、ラー油の色もなかなか目立ってますね!

まずはスープですが・・・これまたいろんな点でシャープですね!(●・ω・)

これまでカップの台湾ラーメンはいくつか食べてきましたが、
ここまでシャープさに重きを置いたスープは他にない気がします!

まずこのシリーズらしいと言いますか、塩分と醤油がシャープです!

もともと台湾ラーメンはキリッとした醤油も特徴の一つですが、
今回は塩分相当量が8.1gと高く、塩カドもかなりのものですね!

これが動物系のコクなどを重視した白湯系のラーメンだと大問題ですが、
もともとキレで食べさせることの多い台湾ラーメンということもあり、
そこまで大きな問題になっていないので何とか助かってはいますね!(=゚ω゚)

今回は塩分の量が多いことはお湯を入れる前にわかっていたので、
お湯が少なめにならないように注意したのは良かったようです!

また、今回は辛味に豆板醤を使っているのも鋭さに一役買っています!

豆板醤って唐辛子の辛さだけでなく、塩味に強いカドがあるので、
調味料として利用すると全体のカドが強まる傾向があるのですよね!

でもって、エースコックはピリ辛系の商品に豆板醤を使うことが多く、
それがさらに全体の塩カドを高めることにつながってるのですよね!

それにしてもエースコックは大盛系やがっつり系の商品となると、
異様に塩分を立ててくる癖がある気がしますがどうなのでしょうね!

そしてもう一つのシャープな点はにんにくの強烈な主張ですね!(*゚◇゚)

これは粉末スープを入れた瞬間にちょっと驚きましたね!

もうその時点でスタミナ系ラーメン顔負けのにんにくの香りで、
ガツンガツンに攻めたスープであることが想像できましたからね!

でもって、にんにく以外に玉ねぎなどの香味野菜も効いてますし、
そうした香味野菜系のジャンク感は極めて強いものとなってます!

これは台湾ラーメンとしてはおおむねプラスにはたらくものなので、
台湾ラーメンらしさの演出としては功を奏していたと言えそうです!

ただ、香味野菜のシャープさと塩分が合わさるとカドが強まるので、
そこを考慮して塩分はもう少し抑えたほうが良かったと思いますが!

そのあたりがこのシリーズのもったいない点でもあるのですよね!
とてもじゃないですが残ったスープを飲むには塩辛すぎましたし!

スープの原材料はしょうゆ、鶏・豚エキス、糖類、植物油脂、食塩、
動物油脂、香辛料、発酵調味料、オニオンエキス、でん粉、
たん白加水分解物、酵母エキス、シイタケパウダーとなっています!

とにかく醤油+塩分とにんにくの二大要素の主張が強烈なので、
動物系の風味はあくまで下支えといった感じではありましたが、
椎茸の旨味に関してはけっこういい具合に貢献していましたね!

また台湾ラーメンに欠かせない存在であるラー油も効いていて、
過去の「こってり和歌山中華そば」のときに気になったような
油脂感の弱さによる物足りなさなどは特に感じなかったです!

麺は中太ぐらいの太さの多加水ノンフライ麺となっています!

エースコックの多加水麺らしいもっちり感がしっかりあって、
麺の風味も良く、麺に関しては申し分ないと言っていいでしょう!(*゚ー゚)

この麺は存在感が強いため、スープがあまり弱かったりすると、
「麺だけを食べている」という感覚になりがちだったりしますが、
今回はスープなシャープなこともあってそうはならなかったですね!

また、一般的に多加水麺って麺の風味は控えめになりがちですが、
このエースコックの麺は不思議と小麦の風味がよく出るのですよね!

それもまたシャープなスープの中でいい存在感を発揮していました!

麺の量はやや多めの78gで、カロリーは415kcalとなっています!
脂質は10.5gで、ノンフライ麺系としてはそこそこの数字ですね!

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、ニラ、輪切り唐辛子となっています!(*・ω・)

そぼろは例のスポンジ状のもので肉らしい風味は皆無なのですが、
後入れにしていることで下味の香味野菜の風味は強く感じられ、
台湾ラーメンらしさの演出にもちょっとは役に立っていました!

どうしても麺にコストをかけるシリーズなので仕方ないですかね!
できれば具の量は減っても普通のそぼろにしてほしくはありますが!

そぼろ以外の具は質・量ともに思っていた以上にしっかりしてます!

特にニラは後入れにすることで食感がそれほどクタクタにならず、
ねぎとともに台湾ラーメンらしさを強調するのに役立っています!

いつもは具の量が貧弱になりがちですが、今回は頑張ってますね!

またエースコックが得意とする輪切り唐辛子の活躍度も高くて、
口に入ってくるたびにピリピリとした刺激を運んでくれます!

過去の商品は何かしらどこかに大きな弱点を抱えていましたが、
今回は塩カドは気になるもののお湯の量などで調節できる範囲で、
なおかつ台湾ラーメンらしさを損なうようなものではなかったので、
全体的には上手くまとまっていたと言えるぐらいの仕上がりでしたね!

どうもエースコックの大盛系は白湯系のまったり路線よりも
こうしたシャープ系のスープのほうが相性がいいようなので、
今後もそうした系統を掘り下げると当たりが増えるかもですね!

にんにく、豆板醤、醤油とシャープさ満点の台湾ラーメンでした!(゚x/)モキー

【関連記事】
ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り 広島汁なし担担麺
ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5

今年の造幣局の「桜の通り抜け」の記事も残り2回となりました!
それにしても6回構成ともなると、我ながら長く感じてしまいますね;

何と言っても今回は写真の枚数だけで40枚近くもありますからね;
いくら1本あたりの文章を短めにしても分量は相当増えますし;

記事化できずに終わった年が何度かあった理由がよくわかります(;゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(箒桜:ほうきざくら)
(箒桜:ほうきざくら)

まずは広がりを持った咲き方が非常に美しい「箒桜」からです!

今回は珍しく桜の説明が書かれた看板も一緒に写ってますが、
そこにあるように竹ぼうきを逆さにしたような木の形から、
このような名前がつけられたという由来があるみたいです!

この形を見てすぐにほうきを連想するのはなかなか難しくも、
この木の広がりの大きさが印象的なのは間違いないですね!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(笹部桜:ささべざくら)
(笹部桜:ささべざくら)

今年は同じ品種の桜を2つ撮らないように気を付けていたのですが、
この「笹部桜」はかなりの美しさだったのでつい撮ったようです!

「笹部桜」に関しては今年の第1回の記事でも紹介しましたが、
そこでは白と紅色の花がまざるあたりがきれいだったのですよね!

一方のこちらはよくよく見ると白い花もちょこちょことありますが、
むしろ紅色の花と葉の緑のコントラストがすごく映えていますね!

このあたりの色合いは咲き始めてからの時間にもよるのでしょうね!(*゚◇゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(御車返:みくるまがえし)
(御車返:みくるまがえし)

こちらはいかにも造幣局らしい毬状に咲くタイプの八重桜ですが、
その中でも白とピンクの花のまざり具合がとりわけ秀逸ですよね!

この桜にこれまであまり注目していなかったのが不思議なくらいです!
例年はどうしても咲く時期のピークが過ぎていたのかもですが!

名前は押し車や車輪の形などから連想されてつけられたのではなく、
後水尾天皇がこの桜の前を通った際にその美しさに目を引かれて、
再び車を返して見に行ったことからこのように名付けられました!(*・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(早晩山:いつかやま)
(早晩山:いつかやま)

造幣局には東京の荒川沿いにあった桜が多く植えられてますが、
この「早晩山」もまた東京の荒川にあった里桜から来ています!

花の色はごくごく淡いピンクもありますが基本的には白色で、
花びらの数は10~15枚ぐらいで八重系としては少なめですね!

名前はなかなか印象的なのですが、由来ははっきりしないようです;
「早晩山」という名前の山がどこかにあるわけでもないみたいですし!(=゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(八重紅枝垂:やえべにしだれ)
(八重紅枝垂:やえべにしだれ)

これは行くたびにほぼ必ず撮影している桜の一つですね!
前に紹介した「雨情枝垂」と同じく、造幣局を代表する枝垂れ桜です!

「雨情枝垂」がまず真横に枝が広がってそこから垂れるのに対し、
こちらはもっと幅広く枝垂れ桜らしい枝垂れっぷりを見せますね!

この「八重紅枝垂」も「雨情枝垂」もどちらも比較的早咲きのため、
年によっては完全に花が落ちてしまっていることもあるのですが、
今年は来る時期が早かったこともあってちょうど満開でしたね!

名前はどの形から来ていて、もとは仙台の伊達家にあった桜だそうです!(●・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(有明:ありあけ)
(有明:ありあけ)

今年は「関東有明」や「御室有明」などを紹介してきましたが、
こちらはシンプルに「有明」という名前の桜でございます!

とはいえ、八重と一重がまざって咲くといった特徴だったり、
花の色がごく淡い紅色であるところなどは全く同じですが!

つぼみはピンク色で開くにつれて白くなるあたりは、
こちらの写真からも見て取ることができますね!(`・ω・´)

ということで、今回の記事では6本の桜を紹介いたしました!

「八重紅枝垂」もいつもながら素晴らしい美しさでしたが、
今回は「御車返」がとりわけ強く印象に残りましたね!

今年はああいった毬状に咲く八重桜がやや少なめでしたし!

ではでは、ラストの第6回までどうぞよろしゅうお願いします!(゚x/)モキュー

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン

4/24発売のエースコック「ときたまご風 チキンカレー味ラーメン」を食べました!
同時発売の「ときたまご風 チキン醤油味ラーメン」はすでに紹介していますね!

エースコックが大きな武器としている卵黄ペーストを使った商品で、
これまでに「タマゴが決め手」シリーズでも何度か使われてますが、
以前の商品は主にコンビニ向けの価格帯の商品となっていたのに対し、
今回は完全にスーパー向けとして展開されているのが最大の違いです!(*゚ー゚)

もちろんその分だけ全体的にこじんまりとした印象にはなりますが、
スーパーの客層にもアピールしたいという狙いが見えてきますね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン

この「きみまろペースト」がカレー味に適用されるのも初めてです!

地域によっては生卵をカレーに入れて食べることがよくありますし、
その中でも卵黄だけならかなりとっつきやすくもあったりするので、
この「きみまろペースト」とカレーの組み合わせは面白いですね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン(内容物)

例によって「きみまろペースト」はカップの中に入っています!
具材のほうも卵がメインなのは「チキン醤油味」と同じですね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン(できあがり)

カレーらしくこちらは人参も具材のほうに入っていますね!

まずはスープ単体の味ですが・・・こちらも素朴なカップ麺らしい味わいです!(`・ω・´)

どういった感じの「チキンカレー味」で来るのかと思いきや、
「チキン醤油味」と同様の香ばしい鶏ガラ風味で来ましたね!

「チキン醤油味」はチキンラーメンの風味をライトにしたような、
いかにもカップ麺らしい鶏ガラ風味をベースとしていましたが、
この「チキンカレー味」のチキン風味もそれと共通しています!

なので、その鶏ガラ風味をもとにシンプルに作ると「チキン醤油味」に、
カレー風味を加えて仕上げるとこの「チキンカレー味」になる感じですね!

どうも素朴なカップ麺らしさは今回の2商品に共通するテーマのようですね!

そしてそこに加わるカレー風味も本格派を指向してるというよりは、
ウスターソースなども少し加えた庶民的なカレー風味となっています!

和風だしも加えられていることで、より素朴な旨味がありますね!

また、スープのとろみはけっこう控えめでややサラリとしています!

ここに「きみまろペースト」を加えてみると・・・なるほどよく合いますね!(●・ω・)

スープに溶かし込んでもカレーをまろやかにまとめてくれますし、
麺に絡めつつ食べるとよりダイレクトにその丸みが楽しめます!

スープに溶かす場合は半分ぐらい食べてから入れるといいですね!

前半は普通にカレーを楽しみ、後半はまろやかに食べる感じで、
1つのスープで2つの味わいを楽しむことができるようになりますし!

もともとカレーの風味と卵黄のまろやかさは相性がいいものですし、
それをカップ麺に生かしてくるあたりの発想は非常にいいですね!

大阪を拠点とするメーカーらしい発想というふうにも言えますが!

スープとペーストの原材料は植物油脂、食塩、香辛料、糖類、還元水飴、
小麦粉、卵黄油、魚介エキス、大豆たん白、鶏・豚エキス、卵黄、ソース、
酵母エキス、オニオンパウダー、香味調味料、しょうゆ、全卵粉です!

麺はややヌードル麺ぽさもある幅広の油揚げ麺となっています!
原材料の並びなどを見るに、おそらく「チキン醤油味」と同じ麺ですね!

チキンラーメンほどではないものの、そこそこ強めな感じで
鶏ガラ系の醤油風味が下味としてつけられた麺となってます!

これがスープの香ばしい鶏ガラ風味といい相乗効果を見せてますね!(=゚ω゚)

こうした麺が合わされると全体がより素朴な雰囲気になりますし、
いい意味でのカップ麺らしさを演出するのにも貢献していますね!

麺の量は少なめの50gで、カロリーも292kcalと軽いです!
脂質は13.4gと、こちらはそこそこ高めとなっていますね!

具材はふんわりしたかき玉、人参、ねぎという組み合わせになっています!

「チキン醤油味」は例の味のないスポンジ鶏そぼろが入ってましたが、
こちらではそれは外され、そのかわりに人参が起用されています!

スポンジそぼろに関してはほんと入っていても意味がないので、
カレーらしい具材として人参が入っているのはうれしいですね!

細かい人参ではありますが、コリコリとした食感も楽しめましたし!

ねぎはごく普通のカップ麺的なものですが、量はけっこう多いですね!

そしてかき玉ですが、単なる具材として見ると普通なのですが、
このかき玉にペーストをかけたうえで麺に絡めて食べてみると、
その卵の風味が数段アップして引き立ってくれるのですよね!(*゚◇゚)

スープに溶かしても、麺に絡めて食べても役立つペーストですが、
このように卵具材にかけつつ食べてもいい効果を見せるのですよね!

一気に「ふんわりとしてまろやかな風味の卵具材」になってくれますし!

「チキン醤油味」がシンプルなスーパー向け商品という雰囲気だったのに対し、
こちらはそれとともにカレーと「きみまろペースト」の相性の良さを示すなど、
このペーストのさらなる可能性を示してくれる新商品となっていましたね!

カレー味はラーメンだけでなく、うどんにも汁なしにも応用できるので、
それに応じてこのペーストの応用範囲もまた広がった感じがしますね!

今後もこの「きみまろペースト」は様々な場面で活躍してくれそうですね!(゚x/)モキルルルッ

【関連記事】
ときたまご風 チキンカレー味ラーメン
ときたまご風 チキン醤油味ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん

5/15発売のエースコックからの新作
「全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん」
を食べました!

全国のラーメン店を紹介するという名目で展開されている
「全国ラーメン店マップ」シリーズからの第5弾商品です!

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん

この商品が登場したのにはかなり驚かされてしまいましたね!

何せ2年前の第2弾商品から今年発売された第4弾商品までは
すでに札幌の「らーめん空」の監修商品が3連続で出ていて、
もはや「空」しか出ないシリーズという印象でしたからね!

それが同じ北海道ながらも函館のお店のカップ版が登場しました!

それにしてもこのところエースコックは店カップに力を入れてますね!(`・ω・´)

一度は食べたい名店の味」シリーズを中心にどんどん展開していて、
それがエースコックの技術力の底上げにもつながっている印象です!

やはりお店の監修品となると、お店からいろいろ注文も出ますし、
そうした流れの中でこれまでとは違う視点を盛り込むことができたり、
スープに使う素材などの幅もだんだんと広がっている感がありますね!

今回の商品もそうした流れから見てみることができそうな気がします!

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん(内容物)

いつものようにカップの中には粉まみれの液体スープが入ってます!

この粉末スープまみれになった液体スープは賛否両論ありますが、
ふたに貼る形式だとどうしても袋が小さめになってしまうので、
こうした方式もこれはこれでアリと言えるのかもしれませんね!

ちょっとエースコックに感化されすぎているかもしれませんが!(=゚ω゚)

5/15発売 全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん(できあがり)

澄んだスープながらも海老油が入ることでオレンジ色も目立ちますね!

まずはスープですが・・・ほう、スープにも海鮮が生きてますね!(●・ω・)

決して海鮮系だけをを主役に打ち立てたスープではないですが、
海老油の香ばしさと風味による海老のアクセントだけではなく、
ベースのスープにもいろいろな海鮮の旨味を感じることができます!

魚介系には煮干、さらにはホタテなどの旨味が重ねられてますが、
どうも海老油だけでなくベースにも少し海老が入ってそうです!

あくまで基本は鶏と豚の動物系スープに魚介や野菜や昆布、
これらの旨味を重ねて作られる総合力重視のものなのですが、
その中でも一際存在感を見せるのが海老などの海鮮と言えますね!

ただ、あくまで数々のパーツのうちの重要な一つという位置づけなので、
海老などのインパクトだけを求めてしまうと肩透かしになってしまいますが!

それでも最近のエースコックが作るお店系のカップ麺と同様に
スープの総合力が高く、たとえ海老の要素を取り去って食べても
様々な素材の複合的な旨味を堪能できる完成度は持っていますね!

海老油のない部分を少し食べて、その後で海老油の多い部分を食べる、
なんていうふうに変化をつけるとその風味の変化を楽しむことができます!

エースコックは各メーカーの中でも海老油や海老系清湯に特に強いですが、
今回の商品はそうしたところをより高めるという狙いも見えてきますね!

ちょっと気になるのはスープの塩分がやや高いという点ぐらいですかね!

麺と食べている限りはそれほど塩カドは立ちはしないのですが、
スープだけを飲むとけっこうシャープに主張してきますからね!

このサイズのカップで塩分相当量7.6gってかなり高いですからね!

なので、スープの旨味の凝縮度を高めるためにお湯を少なめに、
というようなことをすると痛い目を見そうなので注意しましょう!

スープの原材料は鶏・豚エキス、食塩、植物油脂、糖類、動物油脂、
魚介エキス、野菜エキス、エビオイル、たん白加水分解物、香辛料、
全卵粉、コンブエキス、でん粉、魚醤という組み合わせです!

麺は平打ち系の油揚げ麺で、少しパスッとした歯切れの良さも見せます!(*゚◇゚)

どうもこのところエースコックは麺のタイプも広がった気がしますね!

今回の麺も単体の麺として見たときの完成度がなかなか高くて、
太めでありながらも油揚げ麺臭を強く見せたりはしないですし、
スープとのなじみという点では少々弱みも感じさせはするものの、
食感といい表面のつるみといい、そのクオリティはなかなかです!

以前はがっしり系の麺など、インパクトで攻める傾向がありましたが、
このところはより幅広い方向性に対応できるよう研究を重ねてますね!

ただ、スープとのなじみという面であと一歩というケースもあるので、
このあたりがより向上すると、さらに新しい水準に到達できそうです!

そういえば縦型カップの麺に力を入れてるメーカーって意外に少ないので、
縦型向けの麺で言えば、今でもけっこう上位に入ると言えるでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは373kcalとなっています!
脂質は14.0gで、標準的からやや控えめといった数字ですね!

具材はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ねぎとなっています!

お店カップなどを通じてスープや麺の改良を進めるエースコックですが、
その中で明らかに課題となってしまっているのが具材なのですよね!(*゚ー゚)

肉具材は事実上こうしたチャーシューと味のないそぼろばかりで、
あとのバリエーションもメンマ、ねぎが大半となってますからね!

とりわけ肉具材に関しては明らかに他社に負けていますからね!
具材の担当班も奮起して新しい具材をぜひ開発してほしいものです!

とは言いながら、今回はいつもよりは肉感がしっかりしていて、
もしかするとちょっとだけ改良されていたのかもしれませんが!

ただ、そのあたりはスープとの相性の関係もあったりしますからね!

メンマはコリコリ感が強いもので、ねぎはごく普通となっています!

そしてほうれん草ですが、これが意外といい仕事をしてましたね!

スープが動物系や海鮮の複合的な旨味でもって攻めて来る中で、
ほうれん草が口に入るとアクセント的に軽い苦味がやってきて、
ちょうど全体の味にいい変化をつける役割を見せるのですよね!

そこまで強いインパクトを見せるタイプのスープではないものの、
最近のエースコックに見られる総合力の高さはちゃんと生きていて、
なおかつエースコックが得意とする海老の存在感も生きているなど、
いい意味で「最近のエースコックらしい」仕上がりと言える一杯でした!

味わいのはっきりした塩ラーメンを求めるなら最適でしょうね!(゚x/)モキーン

【関連記事】
全国ラーメン店マップ 函館編 函館麺や一文字 コク塩らーめん
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 辛味噌ラーメン
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2016年)
全国ラーメン店マップ すすきの編 らーめん空監修 コク味噌ラーメン(2015年)
全国ラーメン店マップ なにわ編 麺や而今監修 醤油鶏そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

麺哲支店 麺野郎 徳島椿泊産鱧と煮若布の塩つけ麺

池田市にある「麺哲支店 麺野郎」へと初訪問してきました!(`・ω・´)

このお店は以前から、いつかは行きたいとずっと思ってたのですよね!

何せ大阪における自家製麺のパイオニア的な存在でもある「麺哲」の
つけ麺メインのお店であり、「麺哲」の庄司店主自身が厨房に立つという
そうしたお店であるだけに一種の憧れに近いものを持ってましたからね!

自分が最も頻繁に訪問する「綿麺」の店主さんに製麺を教えたのもまた、
「麺哲」の庄司さんですし、そういう意味でも一人のラーメン好きとして、
行かないままでいるわけにはいかない、そうしたお店でもありましたからね!

しかも麺に対するこだわりをとにかく強く持っている「麺哲」が、
麺の旨さをダイレクトに味わえるつけ麺を展開しているわけですから、
これを実際に食べると食べないとでも大きな違いがありますしね!

とはいえ、こちらのお店は駅から遠いので電車に行くのは極めて難しく、
また伊丹空港のすぐそばですから距離的にもかなり遠くなってしまい、
これまでは行きたくても行けないという状況が続いていたのですよね!

それが今回は友人からの提案もあり、ついに訪問が実現できたわけです!

お店に入って席に座るとちょうど目の前に庄司店主がいるところで、
一人で勝手に「おぉ、庄司さんだ!」と緊張してしまってましたが!笑

初訪問ということでまずは基本のつけ麺からいくべきなのですが、
こちらのお店は旬の魚を使った創作的なつけ麺もまた魅力的で、
張り出しメニューに載っていた鱧のつけ麺がどうしても気になって、
初訪問でありながら思い切ってそちらのほうを注文してみました!

麺哲支店 麺野郎 徳島椿泊産鱧と煮若布の塩つけ麺

手前に見えている梅肉は鱧を食べる際につけるためのものですね!

まずは麺ですが・・・いやぁ、これほどの麺はそうそうないですね!(●・ω・)

麺哲系列のつけ麺の麺は「坊也哲」で何度か味わっていますが、
こちらの麺はそれをさらに一段階上回る旨さを感じますね!

表面の艶やかさとつるりとした質感、噛んだときの弾力とコシ、
そして麺の持っている風味と、どこにもスキを感じさせません!

「麺哲」系の麺って、ほんと麺の密度感が他とは違うのですよね!

麺を構成する小麦がキュッと詰まっている感じがものすごく強く、
麺の中が麺の構成要素と水だけで100%満たされている感があります!

つけ麺の麺は歯に触れた瞬間にある種の壁を感じるものも多いですが、
こちらの麺はそうではなく、まず触れたときからしなやかな質感があり、
噛むと高い密度感と中華麺の持つコシが交わるような押し返しを見せ、
噛み切る瞬間は硬さとは違う、麺がプリッと弾ける感覚がやってきます!

噛み切る際にしなやかさがなく、ただブリッと切れる麺とは明確に違い、
麺の押し返しの心地よさと噛み切るときの弾力の楽しさが同居していて、
なおかつ密度感が高いので麺からスカスカとした感触を一切感じない、
つけ麺の麺として自分が理想と思えるほどのものがここにはありますね!

そしてこの麺でもう一つ欠かすことができないのが表面のつるみですね!(*゚◇゚)

つけ麺はラーメン以上にすすって食べてこそ旨いものなのですが、
こちらのお店の麺はとにかくすすり心地の良さが凄いのですよね!

つるみがあるので、すすったときに勢いよく口に運べますし、
それと同時に麺同士が絡みにくくなる効果も生んでるのですね!

「坊也哲」で食べるときもそうしたことはつねづね感じてましたが、
こちらのお店で食べることで、麺そのものが持っている様々な特徴と
すすり心地や食感という体感的なものが頭の中できれいに繋がりましたね!

今回は麺量を300gで注文したのですが、300gという量の麺を
これほどまでに少なく感じてしまったのは今回が初めてでした!

要するにそれだけするすると入っていってしまったわけですよね!
「しまった、400gにしておけばよかった」とすぐ後悔しましたし!

麺哲支店 麺野郎 徳島椿泊産鱧と煮若布の塩つけ麺(つけ汁のアップ)

つけ汁は鶏ベースに昆布と節系のだし、そして塩ダレを合わせたものですね!

この基本の組み立てに関しては非常にシンプルなものなのですが、
むしろここに具材である鱧と煮わかめから出る風味こそが主役です!(=゚ω゚)

このつけ汁を味わったときにまず最初に感じたことは、
「わかめってこんなにいい風味が出るのか」という点でしたね!

わかめって基本的にあまり煮込まずに食感を残すことが多いので、
こうして煮ることで風味を引き出すのってけっこう珍しいですね!

また煮ることで食感はしんなりとやわらかくなってるので、
それを少し麺に絡めながら食べるとより風味が広がります!

そしてもう一つの主役である鱧から出ている旨味がいいですね!(*゚ー゚)

あえてシンプルな塩系のつけ汁だからこそ鱧の持っている
そのしっとりとした旨味が前面に感じられることができて、
普通の塩つけ麺にはない滋味深い旨さが感じられましたね!

またこちらのお店ではつけ麺の食べ方指南が載っていますが、
その中でつけ汁の塩分を少し濃いめにしている点に触れています!

これは後半になるにつれて麺とつけ汁のなじみが悪くなるので、
そうなっても麺をつけ汁につける際の深さを調整さえすれば、
美味しく食べられるようにと考えられた構成なのだそうです!

なので、前半はやや浅めに麺をつけ汁につけるようにして食べ、
後半になるにつれて徐々に深くしていくといいとのことです!

ちなみにこの鱧のつけ汁のスープ割りは昆布だしでしたね!

スープ割りが昆布だしというのはかなり珍しく思いますが、
この昆布だしが非常に上手くひかれていて旨味が深くて、
鱧との相性がすこぶる良く、いいスープ割りになってましたね!

具材は鱧に煮わかめ、豚チャーシュー、メンマ、ねぎが入ってます!

豚チャーシューはなかなかの厚切りでゴロゴロ入っていて、
豚の赤身の持っている旨さをじっくり堪能できるものですね!

特につけ汁の旨味となじんでいるのがたまらないですね!

そして具材の主役は何と言っても鱧と言っていいでしょう!(*・ω・)

徳島県の椿泊産の鱧で、とにかくその肉厚さが素晴らしいです!

鱧というと、どうしても肉は比較的薄いというイメージがありますが、
これは厚みがあり、鱧の持っている旨味もギュッと詰まっています!

やはりいつも旬の質の高い魚を仕入れているだけのことはありますね!

麺哲支店 麺野郎 鮨(アジとカンパチ:2017年5月)

今回は300gということで、もっと食べられそうだったので、
鮨(ネタはお任せのみ)を2皿(4貫)頼むことにしました!

魚にこだわっているお店だからその質には安心感がありますし、
何より庄司さんの握る鮨を食べたいという思いもありましたからね!

ということで、アジ(左)とカンパチ(右)の鮨が提供されました!

まずはアジですが・・・いやぁ、このアジは旨いですねぇ!(●・ω・)

回転寿司などの青魚はどれもクセがあってイマイチですが、
質のいい青魚はほんと他の魚以上の旨さがあるのですよね!

肉厚でクセがなく、噛んだときはスッとほどけていく、
それでいてアジの旨さがあり生姜がさっぱりと締める、
この味わいなら2貫300円でも十分安いと言えますね!

少なくとも「ラーメン屋さんの鮨」のイメージではないです!

庄司店主はもともと和食の道を通ってきた人ですから、
魚料理のプロの技術も楽しめる店でもあるのですよね!

そしてカンパチですが・・・これはちょっと驚きましたね!(*・ω・)

食べた瞬間はトッピングの大根+にんにくのおろしの
効果などもあっていくぶんさっぱりとした口当たり、
それが時間が経つと甘い脂のコクが余韻を残すように
広がってきてそのまろやかさに包み込まれるのですよね!

しかもそのクセのなさといい、
「カンパチってこんなにおいしい魚だったっけ」
と思わせられてしまう力がありましたね!

やはりその魚の持っている魅力を知ろうとするなら、
いい魚をいい調理法でいただかないとダメなのですね!

そうした魚料理に対する触れ方も勉強できた思いでしたね!

いくら訪問までの距離のハードルが高いとは言っても、
これはもう1回だけの訪問で満足してはいけないでしょう!

やはり基本の「肉つけ麺」は狙っておきたいですし、
単品系のメニューもそそられるものが多いのですよね!

なおかつ創作系の塩つけ麺にも興味津々だったりするので、
毎月は無理でも数ヶ月に1回ぐらいは通いたいところですね!

麺のクオリティはもちろん、つけ汁もサイドメニューも大満足で、
ここを知らずにつけ麺は語れないと、そう思わせてくれるお店でした!(゚x/)モキニュニュニュッ

[メニュー]
麺哲支店 麺野郎 メニュー(その1)

麺哲支店 麺野郎 メニュー(その2)

麺哲支店 麺野郎 張り出しメニュー(2017年5月)

お店の住所と地図 大阪府池田市豊島南1-10-3 上田ビル1F

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : つけ麺 | ジャンル : グルメ

どん兵衛 総合メニュー

「日清のどん兵衛」シリーズの記事をまとめたメニュー記事です!
このブログ内の「どん兵衛」の記事へは全てここから飛べます!(●・ω・)

【ベーシックなつゆのうどん・そば】
どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん 炭火焼きとり入り(ファミリーマート限定)
どん兵衛 どリッチ 全部のせそば
どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん
どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん
どん兵衛 カレー南蛮そば
どん兵衛 きつねうどん 39周年特別限定品
35周年 どん兵衛 関西風きつねうどん
35周年 どん兵衛 きつねぶっとそば
どん兵衛 天ぷらそば ぶっとリッチ
ぶっとうどん入荷

【創作色の強いつゆのうどん・そば】
どん兵衛 あさりとはまぐりのW貝だしうどん
どん兵衛 カツオとチキンのWだしスパイスカレーうどん
どん兵衛 とろつゆ仕立ての明太風あんかけうどん
どん兵衛 和山椒香る旨辛ラー油太そば
どん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん
どん兵衛 豚骨うどん 焦がしにんにく油仕立て
どん兵衛 辛旨そば にんにくラー油仕立て
どん兵衛 完熟とまとうどん
どん兵衛 だし天茶うどん
どん兵衛 ゆず仕立ての鶏白湯うどん
どん兵衛 すき焼き 肉汁の旨みたっぷりすき焼き風うどん
どん兵衛 旨辛 酸辣湯うどん
どん兵衛 旨辛 鶏だし太そば
どん兵衛 金ごま担々そば
どん兵衛 豚骨白担々うどん
どん兵衛 黄金のかつお香油付き 芳醇だしカレーうどん
どん兵衛 ピリッと辛口担担うどん
どん兵衛 ラー油仕立ての鴨だしうどん
どん兵衛 ブラックカレーうどん
どん兵衛 CHEESE カルボナーラうどん
どん兵衛 WHITE 白ちゃんぽんうどん
どん兵衛 GOLD 金の鶏だし塩うどん
どん兵衛 ありが豚 とんこつちゃんぽんうどん
どん兵衛 和風担担うどん
どん兵衛WHITE 白ちゃんぽんうどん

【コンビニ向けの創作系縦型どん兵衛】
どん兵衛 ガチ豚ニンニク マシマシ篇
どん兵衛 すも~き~リッチ カルボナーラうどん
どん兵衛 くり~み~リッチ カレーうどん
どん兵衛 グリーンカレーうどん
どん兵衛 ギョーザラブうどん
どん兵衛 カルボナーラうどん
どん兵衛 明太子クリームうどん

【焼うどん】
どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2019年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油ごま油仕立て
どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2018年)
どん兵衛 焼うどん 旨塩だれ ゆず胡椒仕立て
どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て(2017年版)
どん兵衛 焼うどん だし醤油香味油仕立て
どん兵衛 焼うどん 担担花椒仕立て
どん兵衛 焼うどん 和風たらこ味(2015年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2015年)
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2013年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2013年)
どん兵衛 焼うどん お好みソース味(2011年)
どん兵衛 焼うどん だし醤油味(2011年)

【どんぶり型汁なし】
どん兵衛 汁なし牛すき風うどん(2019年)
どん兵衛 汁なし牛カルビ風味うどん
どん兵衛 汁なし黒カレーうどん
どん兵衛 汁なしピリ辛肉みそうどん
どん兵衛 釜たま風うどん(2019年)
どん兵衛 汁なし牛すき風うどん
どん兵衛 釜たま風うどん

【年明けうどん】
どん兵衛 年明けうどん 2018
どん兵衛 年明けうどん 2017
どん兵衛 年明けうどん 2016
どん兵衛 年明けうどん 2013
どん兵衛 年明けうどん 2011
どん兵衛 年明けうどん 2010

【ご飯もの】
どん兵衛 鴨だし雑炊
どん兵衛 釜めし仕立て

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん

5/8発売の日清「どん兵衛 ギョーザラブうどん」を食べました!
コンビニ向けの創作系縦型どん兵衛シリーズからの新作です!

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん

このシリーズはこれまで「明太子クリーム」、「カルボナーラ」と、
いかにもパスタを意識した商品が続いていたのでその路線かと思いきや、
今回はギョーザと急に中華料理に飛ぶという極端な変化を見せています!

ただ、ギョーザ風味のカップ麺というと、うどんではないものの、
すでにエースコックが「ギョーザパンチラーメン」を出してるので、
それとの差別化がどうはかられているかがポイントになりますね!

そこが上手く行かないとどうしても二番煎じ的な印象になりますし!(=゚ω゚)

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん(内容物)

ニラがたくさん入っているというのはいかにもギョーザらしいですね!

ギョーザらしさの演出にはスープの風味を近づけるのに合わせて、
具の面でもギョーザの雰囲気を上手く出さないといけないですしね!

5/8発売 どん兵衛 ギョーザラブうどん(できあがり)

スープの色合いはいかにもギョーザのタレっぽくなってますね!
ちょっぴり浮かんでいるラー油の色合いもギョーザ風ですし!

まずはスープですが・・・うん、やはりギョーザのタレ路線ですね!(●・ω・)

なので、方向性はおおむね「ギョーザパンチラーメン」と近く、
それをいくぶん優しく仕上げたようなスープになってますね!

ギョーザのタレの核であるやや酸味を感じる醤油ダレを軸に、
少々強めににんにくや玉ねぎなどの香味野菜の風味を効かせ、
そこに餡である肉系のコクや旨味を加えたものとなってます!

「ギョーザパンチラーメン」が香味野菜をかなり強く効かせ、
さらに酢の酸味もはっきりと立てたスープであるのに対して、
こちらはそうした鋭い要素がいくぶん控えめとなっています!

ラー油に関しても入ってはいるもののそこまで目立ちはせず、
ギョーザのタレっぽさを軽く付加する程度にとどまっています!

スープの原材料は豚脂、醤油、糖類、小麦粉、でん粉、食塩、香辛料、
チキンエキス、オニオンパウダー、植物油脂、香味油となっています!

これを見てまず意外に感じたのが酢が入っていないという点ですね!

ただ、先入観もあってか食べたときは酸味もそこそこ感じますが、
醤油+香味野菜などによって感覚的にそう感じるだけなのかもです!

このシリーズって、「カルボナーラうどん」なども同様でしたが、
打ち出している方向性こそかなり奇抜なものだったりしながらも、
その味はそれほどとがらずバランス重視だったりするのですよね!

そうした特徴は今回のギョーザのうどんにも共通していますね!(*゚◇゚)

ただ、それゆえに大人しく感じるという弱点もあったりしますが!

どうしても先発の「ギョーザパンチラーメン」がインパクト抜群なので、
こちらは万人受けしやすい食べやすさはありつつも全体的におとなしく、
そのあたりがちょっと評価を分けてしまいそうな感じはしましたね!

麺はどん兵衛らしいもっちり感の強い油揚げ麺のうどんです!

縦型カップなので、どんぶり型よりも戻りにムラがありますが、
それでも縦型カップとしては充実した厚みを持った麺と言え、
他の縦型系うどんとは一線を画すだけの完成度を持っています!

また麺の戻りのムラも過去2作に比べると改善した気がしますね!
この点は今回のスープにとろみがなかったのも影響してるかもです!

エースコックの「ギョーザパンチラーメン」とその味を比べたときに、
ギョーザの再現度の点で優位性を持っているものの一つがこの麺で
うどんのもっちり感がギョーザの皮を連想させてくれるのですよね!

中華麺は作る際にかんすいというアルカリ性の液体を使いますが、
ギョーザの皮はかんすいを使わないので質感が違うのですよね!

そのため、ギョーザの皮の食感はむしろうどんのほうが近くて、
うどんと合わせたほうがギョーザの皮らしさが出るのですよね!

おそらく今回のうどんはそこに着目したという面もあるのでしょう!
アイデアは二番煎じ的ながらも、この視点は面白いと言えますね!(*゚ー゚)

麺の量は70gで、カロリーは409kcalとなっています!
脂質は16.3gで、ごく普通といったぐらいの数字ですね!

具材は肉そぼろ、キャベツ、ニラ、赤唐辛子となっています!

「ギョーザパンチラーメン」はここに揚げ玉が加わりますが、
それを除けば具材の組み合わせも全く同じものとなってます!

ニラは量も多く、具材の中でも主役と言える存在感がありますね!

特にニラの香味はギョーザらしさの演出に非常に効果的で、
その強めの風味がいいアクセントとなってくれています!

キャベツはごく普通ですがギョーザの餡らしい雰囲気はあり、
赤唐辛子はラー油と合わせてピリッとした刺激を加えます!

エースコックに対してもう一つ強みを見せてるのがそぼろですね!(`・ω・´)

というか、エースコックのそぼろに味がないのが変なのですが、
こちらはちゃんと肉らしい風味のあるそぼろとなっているので、
ギョーザの持つひき肉の旨味をしっかりと感じることができます!

「ギョーザパンチラーメン」があるためオリジナリティに弱みがあり、
スープのインパクトも控えめだったりと大人しめの仕上がりながら、
うどんの麺による皮らしさの演出という点は食べる価値ありですね!

「ギョーザパンチラーメン」が名前の通りパンチを楽しむ商品なら、
こちらはタレの味がついた皮を楽しむ商品といった感じに近いです!

怪しげな路線ながらも今回もバランス型らしさを持った一杯でした!(゚x/)モキューン

【関連記事】
どん兵衛 総合メニュー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.