造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5

今年の造幣局の「桜の通り抜け」の記事も残り2回となりました!
それにしても6回構成ともなると、我ながら長く感じてしまいますね;

何と言っても今回は写真の枚数だけで40枚近くもありますからね;
いくら1本あたりの文章を短めにしても分量は相当増えますし;

記事化できずに終わった年が何度かあった理由がよくわかります(;゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(箒桜:ほうきざくら)
(箒桜:ほうきざくら)

まずは広がりを持った咲き方が非常に美しい「箒桜」からです!

今回は珍しく桜の説明が書かれた看板も一緒に写ってますが、
そこにあるように竹ぼうきを逆さにしたような木の形から、
このような名前がつけられたという由来があるみたいです!

この形を見てすぐにほうきを連想するのはなかなか難しくも、
この木の広がりの大きさが印象的なのは間違いないですね!(*゚ー゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(笹部桜:ささべざくら)
(笹部桜:ささべざくら)

今年は同じ品種の桜を2つ撮らないように気を付けていたのですが、
この「笹部桜」はかなりの美しさだったのでつい撮ったようです!

「笹部桜」に関しては今年の第1回の記事でも紹介しましたが、
そこでは白と紅色の花がまざるあたりがきれいだったのですよね!

一方のこちらはよくよく見ると白い花もちょこちょことありますが、
むしろ紅色の花と葉の緑のコントラストがすごく映えていますね!

このあたりの色合いは咲き始めてからの時間にもよるのでしょうね!(*゚◇゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(御車返:みくるまがえし)
(御車返:みくるまがえし)

こちらはいかにも造幣局らしい毬状に咲くタイプの八重桜ですが、
その中でも白とピンクの花のまざり具合がとりわけ秀逸ですよね!

この桜にこれまであまり注目していなかったのが不思議なくらいです!
例年はどうしても咲く時期のピークが過ぎていたのかもですが!

名前は押し車や車輪の形などから連想されてつけられたのではなく、
後水尾天皇がこの桜の前を通った際にその美しさに目を引かれて、
再び車を返して見に行ったことからこのように名付けられました!(*・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(早晩山:いつかやま)
(早晩山:いつかやま)

造幣局には東京の荒川沿いにあった桜が多く植えられてますが、
この「早晩山」もまた東京の荒川にあった里桜から来ています!

花の色はごくごく淡いピンクもありますが基本的には白色で、
花びらの数は10~15枚ぐらいで八重系としては少なめですね!

名前はなかなか印象的なのですが、由来ははっきりしないようです;
「早晩山」という名前の山がどこかにあるわけでもないみたいですし!(=゚ω゚)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(八重紅枝垂:やえべにしだれ)
(八重紅枝垂:やえべにしだれ)

これは行くたびにほぼ必ず撮影している桜の一つですね!
前に紹介した「雨情枝垂」と同じく、造幣局を代表する枝垂れ桜です!

「雨情枝垂」がまず真横に枝が広がってそこから垂れるのに対し、
こちらはもっと幅広く枝垂れ桜らしい枝垂れっぷりを見せますね!

この「八重紅枝垂」も「雨情枝垂」もどちらも比較的早咲きのため、
年によっては完全に花が落ちてしまっていることもあるのですが、
今年は来る時期が早かったこともあってちょうど満開でしたね!

名前はどの形から来ていて、もとは仙台の伊達家にあった桜だそうです!(●・ω・)

造幣局 桜の通り抜け 2017 Part5(有明:ありあけ)
(有明:ありあけ)

今年は「関東有明」や「御室有明」などを紹介してきましたが、
こちらはシンプルに「有明」という名前の桜でございます!

とはいえ、八重と一重がまざって咲くといった特徴だったり、
花の色がごく淡い紅色であるところなどは全く同じですが!

つぼみはピンク色で開くにつれて白くなるあたりは、
こちらの写真からも見て取ることができますね!(`・ω・´)

ということで、今回の記事では6本の桜を紹介いたしました!

「八重紅枝垂」もいつもながら素晴らしい美しさでしたが、
今回は「御車返」がとりわけ強く印象に残りましたね!

今年はああいった毬状に咲く八重桜がやや少なめでしたし!

ではでは、ラストの第6回までどうぞよろしゅうお願いします!(゚x/)モキュー

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン

4/24発売のエースコック「ときたまご風 チキンカレー味ラーメン」を食べました!
同時発売の「ときたまご風 チキン醤油味ラーメン」はすでに紹介していますね!

エースコックが大きな武器としている卵黄ペーストを使った商品で、
これまでに「タマゴが決め手」シリーズでも何度か使われてますが、
以前の商品は主にコンビニ向けの価格帯の商品となっていたのに対し、
今回は完全にスーパー向けとして展開されているのが最大の違いです!(*゚ー゚)

もちろんその分だけ全体的にこじんまりとした印象にはなりますが、
スーパーの客層にもアピールしたいという狙いが見えてきますね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン

この「きみまろペースト」がカレー味に適用されるのも初めてです!

地域によっては生卵をカレーに入れて食べることがよくありますし、
その中でも卵黄だけならかなりとっつきやすくもあったりするので、
この「きみまろペースト」とカレーの組み合わせは面白いですね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン(内容物)

例によって「きみまろペースト」はカップの中に入っています!
具材のほうも卵がメインなのは「チキン醤油味」と同じですね!

4/24発売 ときたまご風 チキンカレー味ラーメン(できあがり)

カレーらしくこちらは人参も具材のほうに入っていますね!

まずはスープ単体の味ですが・・・こちらも素朴なカップ麺らしい味わいです!(`・ω・´)

どういった感じの「チキンカレー味」で来るのかと思いきや、
「チキン醤油味」と同様の香ばしい鶏ガラ風味で来ましたね!

「チキン醤油味」はチキンラーメンの風味をライトにしたような、
いかにもカップ麺らしい鶏ガラ風味をベースとしていましたが、
この「チキンカレー味」のチキン風味もそれと共通しています!

なので、その鶏ガラ風味をもとにシンプルに作ると「チキン醤油味」に、
カレー風味を加えて仕上げるとこの「チキンカレー味」になる感じですね!

どうも素朴なカップ麺らしさは今回の2商品に共通するテーマのようですね!

そしてそこに加わるカレー風味も本格派を指向してるというよりは、
ウスターソースなども少し加えた庶民的なカレー風味となっています!

和風だしも加えられていることで、より素朴な旨味がありますね!

また、スープのとろみはけっこう控えめでややサラリとしています!

ここに「きみまろペースト」を加えてみると・・・なるほどよく合いますね!(●・ω・)

スープに溶かし込んでもカレーをまろやかにまとめてくれますし、
麺に絡めつつ食べるとよりダイレクトにその丸みが楽しめます!

スープに溶かす場合は半分ぐらい食べてから入れるといいですね!

前半は普通にカレーを楽しみ、後半はまろやかに食べる感じで、
1つのスープで2つの味わいを楽しむことができるようになりますし!

もともとカレーの風味と卵黄のまろやかさは相性がいいものですし、
それをカップ麺に生かしてくるあたりの発想は非常にいいですね!

大阪を拠点とするメーカーらしい発想というふうにも言えますが!

スープとペーストの原材料は植物油脂、食塩、香辛料、糖類、還元水飴、
小麦粉、卵黄油、魚介エキス、大豆たん白、鶏・豚エキス、卵黄、ソース、
酵母エキス、オニオンパウダー、香味調味料、しょうゆ、全卵粉です!

麺はややヌードル麺ぽさもある幅広の油揚げ麺となっています!
原材料の並びなどを見るに、おそらく「チキン醤油味」と同じ麺ですね!

チキンラーメンほどではないものの、そこそこ強めな感じで
鶏ガラ系の醤油風味が下味としてつけられた麺となってます!

これがスープの香ばしい鶏ガラ風味といい相乗効果を見せてますね!(=゚ω゚)

こうした麺が合わされると全体がより素朴な雰囲気になりますし、
いい意味でのカップ麺らしさを演出するのにも貢献していますね!

麺の量は少なめの50gで、カロリーも292kcalと軽いです!
脂質は13.4gと、こちらはそこそこ高めとなっていますね!

具材はふんわりしたかき玉、人参、ねぎという組み合わせになっています!

「チキン醤油味」は例の味のないスポンジ鶏そぼろが入ってましたが、
こちらではそれは外され、そのかわりに人参が起用されています!

スポンジそぼろに関してはほんと入っていても意味がないので、
カレーらしい具材として人参が入っているのはうれしいですね!

細かい人参ではありますが、コリコリとした食感も楽しめましたし!

ねぎはごく普通のカップ麺的なものですが、量はけっこう多いですね!

そしてかき玉ですが、単なる具材として見ると普通なのですが、
このかき玉にペーストをかけたうえで麺に絡めて食べてみると、
その卵の風味が数段アップして引き立ってくれるのですよね!(*゚◇゚)

スープに溶かしても、麺に絡めて食べても役立つペーストですが、
このように卵具材にかけつつ食べてもいい効果を見せるのですよね!

一気に「ふんわりとしてまろやかな風味の卵具材」になってくれますし!

「チキン醤油味」がシンプルなスーパー向け商品という雰囲気だったのに対し、
こちらはそれとともにカレーと「きみまろペースト」の相性の良さを示すなど、
このペーストのさらなる可能性を示してくれる新商品となっていましたね!

カレー味はラーメンだけでなく、うどんにも汁なしにも応用できるので、
それに応じてこのペーストの応用範囲もまた広がった感じがしますね!

今後もこの「きみまろペースト」は様々な場面で活躍してくれそうですね!(゚x/)モキルルルッ

【関連記事】
ときたまご風 チキンカレー味ラーメン
ときたまご風 チキン醤油味ラーメン

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.