中華そば 閃 ごま中華そば

ひさしぶりにあびこの「中華そば 閃」に行ってきました!(`・ω・´)

前回記事が2013年11月なので、約3年半ぶりになるのですね!
これほどまでに足を運んでいなかったのは自分でも驚きでした!

前回訪問でレギュラーメニューを制覇したのが理由でしたが、
自分としては醤油ラーメンで極めて高く評価してるお店なので、
もっと定期的に通っていても何らおかしくなかったのですが!

今回は長居公園の植物園に行った流れでの訪問なのですよね!
この流れでの訪問も約4年ぶりとかなり期間が空いていますね!

なので、今回は基本である「醤油中華そば」も考えたのですが、
つい新メニューのほうに手が伸びるのが自分のクセなのですよね!

ということで、その「ごま中華そば」を注文することにしました!
そこそこがっつり行きたかったので具の多い特製で注文しています!

中華そば 閃 ごま中華そば

たしかこの「ごま中華そば」は限定で最初は始まったはずですが、
人気が高かったのかそのままレギュラー化されたのですよね!

今では基本の中華そばと並ぶメインの一つに昇格しています!

ごま系のラーメンというと担々麺がまず連想されますが、
こちらはラー油が入らない点が担々麺と大きく違いますね!

まずはそのスープですが・・・なるほど、まさに「閃」の味ですね!(●・ω・)

「ごま中華そば」という名前だけを見て味をイメージすると、
最初にごまのまろやかさがやってくるように思えますが、
飲んでまず前面に出てくるのは煮干の風味なのですよね!

それもけっこうガツンと煮干の旨味がアピールしてきてから、
鶏などの動物系のスープのコクを下支えがじわっと広がり、
それを支える形でごまのまろやかさが包んでくる感じです!

なので、初訪問の人が名前だけを見てこれを注文すると、
一発目に攻めてくるその煮干に驚いてしまうかもですね!

ですが、この煮干と動物系の交わりは実に「閃」らしいもので、
こちらのお店の基本の味をある程度知っている人からすると、
「なるほど、こうきたか」と思わせてくれる味わいなのですよね!

ベースである動物系のスープと煮干の風味とのバランス感ですが、
基本の「醤油中華そば」の記憶がやや抜けているので多少曖昧ですが、
「醤油中華そば」と同等か、ないしはそれよりもやや煮干が強いです!

こちらのお店の特徴である煮干の輪郭が見えるような旨味は健在で、
煮干がガツンと主張しながらもきつさを感じさせるようなことはない、
そうした煮干の旨さはごまが重なったこのスープでも生きていますね!

そしてごまの強さですが、こちらはほどほどといった感じですね!(=゚ω゚)

あくまで基本の中華そばにごまでアレンジを加えたスタイルなので、
ごまのまろやかさを効かせつつも、ごまが主役という感じではなく、
中華そばにまろやかさと香ばしさを付加するサポート役という感じです!

なので、担担麺のようなごま感を求めると控えめに感じるかもですが、
「このお店の中華そばのもう一つの形」として見ると納得の味わいです!

そしてけっこう多めにかけらている花椒ですが、実は主張は控えめです!

見た感じは多めだったので、もっと攻めてくるかと思いきや、
軽いアクセントとしてその香りを広げるような感じでしたね!

このあたりも基本の中華そばの個性を生かしたアレンジの範囲と言えますね!

トッピングはチャーシュー、焼海苔、玉ねぎ、もやし、メンマ、白髪ねぎ、唐辛子です!
どうも特製にすることでチャーシュー2枚と焼海苔1枚が増えたようです!

このトッピングは基本の「醤油中華そば」とは大きく違ってます!

玉ねぎ、もやしといった2つの野菜は「ごまちゅう」のみの仕様で、
またねぎも小口切りではなく、こちらは白髪ねぎとなっています!

もちろん輪切り唐辛子が乗っているのもこちらのみですね!

玉ねぎのシャクシャクとした食感とほどよい辛味、白髪ねぎの刺激、
そしてもやしが加えるさっぱりとした風味とシャキシャキとした食感、
これらがごまや山椒と重なりながら、基本のスープと交わっていく、
単にごまだけでなく、そうした総合的なアレンジの一杯と言えますね!(*゚◇゚)

面白いのはごまというまろやかさを加える素材を加えながら、
同時にさっぱり食べられる素材も増やしているという点ですね!

だからこそ幅広い層に好まれる一杯になっているとも言えるでしょう!

チャーシューはオードソックスな赤身が多めのタイプのものですが、
味付けが良く、噛みしめることで肉の旨さがしっかりと感じられる、
派手さはないもののチャーシューの旨さがきちっと生きてますね!

メンマは細めで小ぶりながらもコリコリとした食感が小気味よく、
とりわけ正統派の中華そばとの相性の良さを感じさせてくれます!

焼海苔は1枚が大きくて香ばしく、スープをしっかりと吸わせて、
麺を巻くようにして食べるとそのおいしさがすごく生きますね!

中華そば 閃 ごま中華そば(麺のアップ)

麺はこちらのお店らしい、やや加水が低めの細麺となっています!

ほどよいプリ感と軽い歯切れの良さを同時に感じさせてくれる麺で、
基本の中華そばだけでなく、この「ごまちゅう」ともよく合いますね!

担担麺などのごま系のラーメンは加水の低い麺がよく合うものですし、
そういう点からもこのアレンジとはもともと相性が良かったのでしょうね!

今回はもやしや白髪ねぎなど、麺と絡めつつ食べられる具材も多いので、
普通に食べる以外の食感のバリエーションが楽しめるのも良かったですね!

すでにこちらのお店に何度か通っていてその味を知っているお客さんが
「もう一つ面白い変化がほしい」、そう感じたときにうってつけの一杯で、
基本の中華そばの旨さを宿しつつ、いろんな変化も楽しむことができる、
そんな「中華そば(ごまアレンジ)」と呼べるような仕上がりでしたね!

煮干にどのようにごまが重なるのか、そこに注目して食べても面白いですね!(゚x/)モキキューン

[メニュー]
中華そば 閃 券売機(2017年5月)

お店の住所と地図 大阪府大阪市住吉区苅田7-6-15

【関連記事】
中華そば 閃 ごま中華そば
中華そば 閃 肉あぶらそば RED
中華そば 閃 つけ麺
中華そば 閃 肉あぶらそば
中華そば 閃 塩中華そば & 肉めし
中華そば 閃 醤油中華そば
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

4/24発売 ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン

4/24発売のエースコック
「ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン」
を食べました!

今週は入手可能な新作がもともと4つしか発売されなかったので、
余った日を利用して以前に紹介しきれなかった商品を紹介します!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン

この商品は4/24の週には見つけることができなかったのですが、
その1週間後ぐらいに近くのスーパーに入荷されたのですよね!

そのスーパーはそれほど新作に強いところではないのですが、
最近はときどき掘り出し物があるので覗くようにしています!(`・ω・´)

この「ご当地くいだおれ」はこれでシリーズ4作目となりますが、
過去の商品は全て低評価という相性の悪いシリーズでもあります;

ただ「惜しい」と思わせる仕上がりもけっこう多かったりするので、
今回こそはそのあたりをピタッと合わせてきてほしいところです!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープとなっています!

かやくも粉末スープもどちらも後入れ仕様となっているので、
お湯を入れる前に投入するのが何もない商品となっています!

麺の見た目はエースコックが得意とするあの多加水麺ですね!
麺は約束されているだけに、あとはスープに頑張ってほしいです!

ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン(できあがり)

具材もけっこう多めで、ラー油の色もなかなか目立ってますね!

まずはスープですが・・・これまたいろんな点でシャープですね!(●・ω・)

これまでカップの台湾ラーメンはいくつか食べてきましたが、
ここまでシャープさに重きを置いたスープは他にない気がします!

まずこのシリーズらしいと言いますか、塩分と醤油がシャープです!

もともと台湾ラーメンはキリッとした醤油も特徴の一つですが、
今回は塩分相当量が8.1gと高く、塩カドもかなりのものですね!

これが動物系のコクなどを重視した白湯系のラーメンだと大問題ですが、
もともとキレで食べさせることの多い台湾ラーメンということもあり、
そこまで大きな問題になっていないので何とか助かってはいますね!(=゚ω゚)

今回は塩分の量が多いことはお湯を入れる前にわかっていたので、
お湯が少なめにならないように注意したのは良かったようです!

また、今回は辛味に豆板醤を使っているのも鋭さに一役買っています!

豆板醤って唐辛子の辛さだけでなく、塩味に強いカドがあるので、
調味料として利用すると全体のカドが強まる傾向があるのですよね!

でもって、エースコックはピリ辛系の商品に豆板醤を使うことが多く、
それがさらに全体の塩カドを高めることにつながってるのですよね!

それにしてもエースコックは大盛系やがっつり系の商品となると、
異様に塩分を立ててくる癖がある気がしますがどうなのでしょうね!

そしてもう一つのシャープな点はにんにくの強烈な主張ですね!(*゚◇゚)

これは粉末スープを入れた瞬間にちょっと驚きましたね!

もうその時点でスタミナ系ラーメン顔負けのにんにくの香りで、
ガツンガツンに攻めたスープであることが想像できましたからね!

でもって、にんにく以外に玉ねぎなどの香味野菜も効いてますし、
そうした香味野菜系のジャンク感は極めて強いものとなってます!

これは台湾ラーメンとしてはおおむねプラスにはたらくものなので、
台湾ラーメンらしさの演出としては功を奏していたと言えそうです!

ただ、香味野菜のシャープさと塩分が合わさるとカドが強まるので、
そこを考慮して塩分はもう少し抑えたほうが良かったと思いますが!

そのあたりがこのシリーズのもったいない点でもあるのですよね!
とてもじゃないですが残ったスープを飲むには塩辛すぎましたし!

スープの原材料はしょうゆ、鶏・豚エキス、糖類、植物油脂、食塩、
動物油脂、香辛料、発酵調味料、オニオンエキス、でん粉、
たん白加水分解物、酵母エキス、シイタケパウダーとなっています!

とにかく醤油+塩分とにんにくの二大要素の主張が強烈なので、
動物系の風味はあくまで下支えといった感じではありましたが、
椎茸の旨味に関してはけっこういい具合に貢献していましたね!

また台湾ラーメンに欠かせない存在であるラー油も効いていて、
過去の「こってり和歌山中華そば」のときに気になったような
油脂感の弱さによる物足りなさなどは特に感じなかったです!

麺は中太ぐらいの太さの多加水ノンフライ麺となっています!

エースコックの多加水麺らしいもっちり感がしっかりあって、
麺の風味も良く、麺に関しては申し分ないと言っていいでしょう!(*゚ー゚)

この麺は存在感が強いため、スープがあまり弱かったりすると、
「麺だけを食べている」という感覚になりがちだったりしますが、
今回はスープなシャープなこともあってそうはならなかったですね!

また、一般的に多加水麺って麺の風味は控えめになりがちですが、
このエースコックの麺は不思議と小麦の風味がよく出るのですよね!

それもまたシャープなスープの中でいい存在感を発揮していました!

麺の量はやや多めの78gで、カロリーは415kcalとなっています!
脂質は10.5gで、ノンフライ麺系としてはそこそこの数字ですね!

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、ニラ、輪切り唐辛子となっています!(*・ω・)

そぼろは例のスポンジ状のもので肉らしい風味は皆無なのですが、
後入れにしていることで下味の香味野菜の風味は強く感じられ、
台湾ラーメンらしさの演出にもちょっとは役に立っていました!

どうしても麺にコストをかけるシリーズなので仕方ないですかね!
できれば具の量は減っても普通のそぼろにしてほしくはありますが!

そぼろ以外の具は質・量ともに思っていた以上にしっかりしてます!

特にニラは後入れにすることで食感がそれほどクタクタにならず、
ねぎとともに台湾ラーメンらしさを強調するのに役立っています!

いつもは具の量が貧弱になりがちですが、今回は頑張ってますね!

またエースコックが得意とする輪切り唐辛子の活躍度も高くて、
口に入ってくるたびにピリピリとした刺激を運んでくれます!

過去の商品は何かしらどこかに大きな弱点を抱えていましたが、
今回は塩カドは気になるもののお湯の量などで調節できる範囲で、
なおかつ台湾ラーメンらしさを損なうようなものではなかったので、
全体的には上手くまとまっていたと言えるぐらいの仕上がりでしたね!

どうもエースコックの大盛系は白湯系のまったり路線よりも
こうしたシャープ系のスープのほうが相性がいいようなので、
今後もそうした系統を掘り下げると当たりが増えるかもですね!

にんにく、豆板醤、醤油とシャープさ満点の台湾ラーメンでした!(゚x/)モキー

【関連記事】
ご当地くいだおれ 麺大盛り 名古屋ウマ辛台湾ラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り 広島汁なし担担麺
ご当地くいだおれ 麺大盛り ねぎ盛り博多とんこつラーメン
ご当地くいだおれ 麺大盛り こってり和歌山中華そば

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.