丸源 羽曳野店 肉そば(2017年)

ひさしぶりに「丸源 羽曳野店」へと足を運んでまいりました!

このお店の前の道はけっこう頻繁に通るところなのですが、
こちらへの訪問は2年ぶりとずいぶんと間が空きましたね!

気になる限定メニューが特に出なかったからではあったのですが!(=゚ω゚)

今回はひさびさということで原点の「肉そば」にしてみました!

自分はもともとこうした大型の箱店にはそれほど入らないのですが、
最初に食べたときの「肉そば」の印象がなかなか良かったこともあり、
それからは数ヶ月に1回ぐらいながらも足を運んでいたのですよね!

もっとも同じメニューをあまり頻繁に注文しないタイプなので、
「肉そば」を食べたのは初訪問のときの一度だけだったりしますが!

丸源 羽曳野店 肉そば(2017年)

ということで、かなりひさしぶりの「肉そば」が到着しました!
薄切りの豚バラ肉や柚子胡椒おろしが乗るという点は健在ですね!

まずはスープですが・・・お、イメージしてたより分厚いですね!(●・ω・)

自分の記憶の中ではもっとすっきりした印象になってましたが、
思っていたよりも動物系の風味がしっかりとやってきますね!

ベースとなっているのは鶏と豚をミックスしたスープなのですが、
それ以上に一つ一つの鍋で豚バラを加えて仕上げられる過程の中で
その豚バラからの強い風味が出ているのが何よりも印象的ですね!

そしてそこに背脂が加えられることでより豚のコクが強まって、
食べたときの最初の印象はその思っていた以上の分厚さでした!

もちろん白湯系のスープのようなタイプの厚みとは違っていて、
あくまで清湯の中で豚のコクが強く主張するという感じですが!

そしてもう一つスープにインパクトを与えているのがにんにくです!(*゚ー゚)

これによって全体にシャープな引き締まった感覚が生まれて、
全体の色合いをジャンクな方向へと引っ張る効果を見せます!

ここまでは全体的にどっしりと方向に向けるタイプの要素ですが、
そこにすっきりとした風味を与える要素も加えられています!

その代表となっているのが、上に乗っている柚子胡椒おろしですね!

柚子胡椒というと、柚子+青唐辛子というのが基本になりますが、
どうもこちらは柚子+大根おろし+赤唐辛子となってるようです!

なので、もみじおろし+柚子といったほうが近いかもですね!(*゚◇゚)

その量から溶かすとスープを支配するように見えるかもですが、
実際にはそのビジュアルほど強い主張をするわけではないです!

麺に絡めたり、中盤から溶かすことで軽くすっきり感が高まります!
柚子の風味も唐辛子の辛味もごく軽めといった感じですからね!

スープにはさらにベースとして昆布や魚介なども入っていますが、
これらはあくまで旨味の下支えをするといった役割になってます!

なので、前面に出て強く主張するのは主に豚と香味野菜ですね!

柚子胡椒おろし以外のトッピングは豚バラ肉、海苔、玉ねぎ、ねぎです!

主役である豚バラ肉は非常に薄くスライスされているので、
麺と一緒に食べるのに向いていて、なおかつ脂が強く出すぎず、
「肉そば」に向いた味になるように上手く調整されています!

豚バラ肉って脂が多い分だけ好みも分かれがちになりますが、
そのあたりをスライスの厚みで調整しているのはいいですね!

脂もクセがなく、量も多いので弱点はほぼ感じなかったですね!(`・ω・´)

自分はもともと豚バラ肉がそれほど好きでないこともあって、
最初に訪問したときは肉が合うかどうかが心配だったのですが、
そのときもその調整の上手さにけっこう感嘆したのですよね!

海苔はずいぶんと大きめで、他のラーメンと同じように、
スープに浸してから麺を巻くようにして食べるといいです!

そして玉ねぎですが、これもなかなか効果的なのですよね!

玉ねぎって薬味としてはけっこう主張の強い部類になりますが、
スープ全体の肉の風味が強いので、そうした強い薬味によって
重くなるのを緩和するという狙いを持った存在となっています!

丸源 羽曳野店 肉そば(2017年)(麺のアップ)

麺は断面の四角いプリプリ感の強い麺となっています!

スープに比べるとやや主張が強いかなと思う面もありますが、
コシもしっかりあって、それでいて硬質な感じではないですし、
単体の麺としてけっこうよくできているように思いますね!

プリプリ系の麺というと質感が不自然なものもありますが、
こちらはそうした麺とは違ってナチュラルさもありますしね!

また、この「肉そば」は一つ一つ小さい鍋で仕上げられるので、
スープの温度が高いのも大きな特徴になっているのですよね!(=゚ω゚)

それゆえに弱い麺だと食感が緩みやすくなってしまいますし、
そのあたりも考慮したうえでの食感とも考えられますしね!

またチェーン店でこれだけスープの温度が高いのは珍しく、
そうした点もまたこちらのお店のウリになっていますね!

ずば抜けたおいしさを見せるというわけではないものの、
箱型のチェーン店によくある無個性な感じは全くなくて、
スープも具材も明確な個性を持っているのは強みですね!

限定メニューもときどき登場するので飽きも来にくいですし、
箱型のチェーン店の中では自分としては印象はいいほうですね!

気になるメニューが出たときはときどき行ってみようかと思います!(゚x/)モキウン

[メニュー]
丸源 羽曳野店 メニュー(その1)

丸源 羽曳野店 メニュー(その2)

丸源 羽曳野店 メニュー(その3)

お店の住所と地図 大阪府羽曳野市向野173番地

【関連記事】
丸源 羽曳野店 肉そば(2017年)
丸源 羽曳野店 ゆず塩仕立て 鶏そば
丸源 羽曳野店 味噌肉そば
丸源 羽曳野店 麻辣担々麺
丸源 羽曳野店 海老ワンタン麺
丸源 羽曳野店 醤油ラーメン
丸源 羽曳野店 肉そば
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

10/2発売 味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2017年)

10/2発売の味のマルタイ「四海樓監修 長崎ちゃんぽん」を食べました!

この商品は購入したものの発売日などがわからなかったので、
マルタイにメールで問い合わせてみたところ、発売日は10/2で、
セブンイレブン(関西から九州)限定だと教えてもらえました!

丁寧で迅速な返答をいただけたことを深く御礼申し上げます!(`・ω・´)

10/2発売 味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2017年)

「四海樓」監修の長崎ちゃんぽんはこれまでも何度か出てますね!
このブログでも2015年版2013年版について紹介しています!

スープの完成度が非常に優れていたことが記憶に残ってますね!

最近はノンフライ麺のカップちゃんぽんもよく出ていますが、
カップちゃんぽんは油揚げ麺との相性が非常にいいですし、
なおかつカップちゃんぽんに関して歴史のあるマルタイだけに
ワンランク上の味わいを今回も見せてくれると期待したいですね!

10/2発売 味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2017年)(内容物)

内容物はかやくと液体スープという構成になっています!
後入れスパイスや調味油などは特に添付されていません!

液体スープで全部まかなうというスタイルのようですね!

10/2発売 味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2017年)(できあがり)

思っていた以上に具がどっさりと入っていますね!
普通にお湯を入れてフタを開けると一面が覆われてるほどですし!

まずはスープですが・・・うん、非常にまろやかなスープですね!(●・ω・)

2015年や2013年のときもそうでしたが、ベースとなっている
豚骨+鶏ガラ系のスープのまろやかさが見事なのですよね!

この点で言えば、右に出るカップちゃんぽんはないと言えます!

今回はどうもよりまろやか豚骨寄りのスープになってますね!

2015年や2013年は鶏ガラと豚ガラのミックススープでしたが、
今回は豚骨の丸みを軸に鶏の旨味も加えたというスタイルです!

スープ全体の方向で言うと、動物系のスープでベースを作って、
そこに野菜と海鮮の風味を生かしたうえで胡椒で味を引き締める、
そうした王道のスタイルですが、ベースのまろやかさが強いことで
一段上のちゃんぽんスープという個性がしっかりと出ていますね!

後入れ調味油がないので、表面に浮く油脂こそは少ないものの、
スープそのものに油脂がしっかり乳化してるのでコクは強いです!

最近はちゃんぽんスープと言っても軽めのものもよくありますが、
こうした白濁系のまろやかさにしっかりと軸を置いたスープを飲むと、
やはりこれこそが王道のちゃんぽんだなと感じさせてくれますね!(*゚◇゚)

スープの原材料はポークエキス、たん白加水分解物、食塩、香味油、調製ラード、
シーズニングペースト、魚介エキス、チキンミートペースト、香辛料などです!

まずは豚骨をベースにして、ラードや香味油によってコクを増し、
鶏肉のペーストでさらに厚みを持たせていることがわかりますね!

2015年や2013年は「ガラスープ(豚・鶏)」が最初だったので、
鶏の要素をガラではなく鶏肉に変えたのが最大の変化ですね!

麺はちゃんぽんらしい丸みを帯びた太めの油揚げ麺となっています!

一般的なラーメンだと油揚げ麺はどうしてもスープに干渉して、
ノンフライ麺の商品よりもリアル感が下がってしまうのですが、
ちゃんぽんは不思議とそうしたネガティブさがないのですよね!

油揚げ麺の持っている香ばしさがまろやか系豚骨と合わさって、
スープのコクを高めるという相乗効果すら感じさせてくれます!

それでいてちゃんぽん麺らしい太麺のプリプリ感であったり、
そうした食感を楽しめる要素も内包しているのがいいですね!(=゚ω゚)

何が何でも油揚げ麺よりノンフライ麺のほうがというわけでなければ、
十分に満足させてくれる麺に仕上がっていると言っていいでしょう!

麺の量は多めの80gで、カロリーは515kcalとなっています!
脂質は21.4gで、これはなかなか高めの数字になってますね!

いかにスープに上手く油脂を抱き込んでいるかがわかりますね!

具材はキャベツ、かまぼこ、錦糸卵、いか、キクラゲ、ねぎです!

錦糸卵が入っているのがいかにも「四海樓」らしいですね!
とはいえ、他の具材とまざるのでそこまで目立たないですが!

ピンクかまぼこはいかにもちゃんぽん向けといった感じで、
イカも量はほどほどながらも海鮮らしさを引き立てています!

キクラゲもそこそこ入っていて食感にアクセントをつけてくれます!

全体の中で最も多いのはキャベツで、やや細かめではあるものの、
量は非常に多く、自然にどんどん麺に絡んでくるぐらいあります!

具材の割合でいうと、多少キャベツに偏ってはいるのですが、
それを全体量の多さによって上手く補っている感がありますね!(*゚ー゚)

これまで同様に動物系のまろやかさでは秀でたものがあって、
王道のカップちゃんぽんを求めるなら安心して手に取れますね!

欠点らしい欠点のない、非常に上手くまとめられたちゃんぽんでした!(゚x/)モキール

【関連記事】
味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2017年)
味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2015年)
味のマルタイ 四海樓監修 長崎ちゃんぽん(2013年)

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.