KALDI 瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン

カルディコーヒーファームで販売されている
「瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン」
を食べました!

サンヨー食品とカルディとの共同開発商品となります!

KALDI 瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン

カルディというと、コーヒーなどを扱っているお店ですが、
こうしたオリジナルのカップ麺もいくつか売ってるようです!

他にも「海老だし塩ラーメン」などがあるみたいですし!(*゚ー゚)

ちなみにこちらは自分で買ってきた商品というわけではなく、
カップ麺ブロガーであるものグラムさんからのいただきものです!

レアな商品が好きなものグラムさんらしいチョイスですね!

KALDI 瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン(内容物)

具材などはちょっとヘルシー系のカップ麺といった感じですね!
赤ピーマンが多めに入っているあたりが目を引きますね!

KALDI 瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン(できあがり)

卵の黄色と赤ピーマンの赤でなかなかカラフルになってますね!

まずはスープですが・・・おっ、レモンがけっこう強いですね!(●・ω・)

スープを飲んで最初に感じるのはこのレモンの酸味ですね!

ただその酸っぱさで顔がゆがんでしまうようなことはなく、
十分にラーメンのスープとして成立するレベルの酸味です!

今年食べた「Due Italian」のレモン味のカップ麺のような
ひたすらレモンの酸味を立てたタイプとは全く違いますね!

そうしたレモンのほどよい酸味を中心に据えた塩スープに
ベースとしての鶏白湯が絡むといった感じになってます!

鶏白湯については濃厚系ではなく完全にライトなもので、
レモンの酸味を除いて考えてもかなり軽めになっています!

あくまでベースとして鶏系のコクを与えるという感じですね!

なので、鶏白湯+レモンのラーメンというふうにとらえるよりは、
「レモンを効かせた鶏ベースの塩ラーメン」と考えたほうが
今回のスープのイメージにより沿った感じにはなるでしょうね!

そんなレモンを使いながらもバランス型と言えるスープですが、
そもそもレモンを使ったラーメンというのが非常に珍しく、
それをここまで食べやすく仕上げているのは評価できますね!(*゚◇゚)

「瀬戸内レモン鶏白湯塩ラーメン」なんて名前を聞いてしまうと、
「大丈夫かな」とちょっと構えてしまうところもあったりしますが、
むしろあまり人を選ばないようなスープと思えるほどでしたしね!

スープの原材料は糖類、食塩、チキンエキス、クリーミングパウダー、
粉末レモン(デキストリン、レモン果汁(瀬戸内産レモン果汁50%))、
香辛料、酵母エキスといった組み合わせとなっています!

おおむね鶏とレモンと塩で構成された原材料となっていますね!
またちゃんと瀬戸内レモンがレモン全体の50%を占めています!

麺は非常にオーソドックスな中ぐらいの太さの麺となってます!

このラーメン向けに特殊な麺になっている雰囲気は特にはなく、
ごく普通の縦型カップ麺向けの麺を合わせている感じです!

食感や風味についても非常に標準的なものとなっていますね!
それほど強い食感のアピールをするタイプでもないですし!(=゚ω゚)

ただ、スープとのなじみの良さはサンヨー食品らしいですね!

サンヨー食品の油揚げ麺はあえて少し長めに待ってみるぐらいで、
スープとのなじみを重視したほうがおいしいことがよくありますし!

麺の量はやや少なめの50gで、カロリーも273kcalと軽いです!
脂質は9.3gで、こちらもけっこう低めの数字となってますね!

具材は鶏そぼろ、キャベツ、卵、赤ピーマン、ねぎとなってます!
なんだかいかにも縦型カップ麺的な具材といった感じですね!(`・ω・´)

もともとすっきり系の塩ラーメンなので野菜とは相性が良く、
キャベツや赤ピーマンとは上手く噛み合ってくれていますね!

赤ピーマンは彩り目的ながらも、そこそこ存在感があります!

そして卵が加えるカップ麺らしい雰囲気も悪くはないですね!

鶏そぼろもきちんと鶏肉らしい旨味のあるものになってますし、
具についてはソツのない内容になっていると言えるでしょう!

トータルで見るとそのまとまりの良さが光る内容でしたが、
それ以上にレモンの効かせ方の上手さが印象に残りましたね!

強すぎず、それでいて存在感がはっきりと感じられるレモン感で、
ラーメンとレモンのちょうどいいバランス感を見せてくれましたね!

どちらかと言えば夏向けといったイメージのあるスープでしたが、
レモンを楽しみつつすっきりと食べられる一杯でございました!(゚x/)モキュンッ
スポンサーサイト



にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog
/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.