4/23発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅

4/23発売のサンヨー食品「地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅」を食べました!
東京の大久保にある「地獄の担担麺 護摩龍」とのコラボ商品です!

ただちょっと流れが複雑で、監修店はあくまで「地獄の担担麺 天竜本店」で、
「地獄の担担麺 護摩龍」はそのライセンス店舗という位置づけだそうです!

それなら単純に本店とのコラボという形でも良かったように思いますが、
おそらくはこの「護摩龍」という名前を使いたかったのかもしれませんね!

この「護摩龍」というネーミングにはなかなかのインパクトがありますし!

4/23発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅

辛さレベルはミドルステージの「阿修羅」と表示されていますね!
激辛ではありながらも、あくまで中程度の辛さなのでしょうかね!

こういう商品はなかなかその辛さの打ち出し方が難しいと言いますか、
あまりに強烈に辛いと購入した人が食べるのが厳しくなるでしょうし、
一方で辛さが強くないと商品としての意義が薄くなってしまいますしね!

十分に激辛と呼べるだけの辛さがあるかどうかは気にしたいですね!(=゚ω゚)

4/23発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、液体スープという構成になっています!
粉末スープも後入れしようとなっている点に少し注意が必要ですね!

4/23発売 地獄の担担麺 護摩龍 阿修羅(できあがり)

ひき肉、ねぎともにけっこう多めに入っているのが目を引きますね!

まずはスープですが・・・おっ、これはたしかな辛さがありますね!(●・ω・)

辛さレベルについては「激辛」と呼んで差し支えないものがあります!

なので、辛いものが苦手な人は絶対に避けておいたほうがいいですね!
一方で激辛好きの人でも、そこそこ満足させるだけの力を持ってます!

辛味の強さだけで言えば、激辛の中でも中位か下位ぐらいではありますが、
それ以上に「唐辛子の風味」がしっかり伝わるのが大きな特徴となってます!

スープを飲んだ瞬間に唐辛子の持っているガツンとした辛さが来るとともに、
唐辛子の持っている風味がその少し後でググッと奥に迫ってくるのですよね!

唐辛子系の辛味を主役に据えたカップ麺はけっこういろいろありますが、
こうした形で唐辛子の主張が迫ってくるものは珍しいと言えるでしょう!

単に刺激的なだけでなく、風味の面でも唐辛子がちゃんと主役になっている、
辛さと味の両面から唐辛子の持っている個性を楽しめる構成となっています!

そしてもう一つの特徴は甘さがけっこう強く立てられている点ですね!(*゚◇゚)

最近は激辛と甘みを両立させるスタイルをよく見る気がしますね!

甘さがあるので、スープを飲んだ瞬間の口当たりはやわらかいです!

そしてその直後に辛さが来て、その少し後で唐辛子の持つ甘い風味が
スープの甘みと合わさるような形で主張してくる流れがあるのですよね!

甘みと辛さが表情を変えながら交互にその主張を表すというか、
このあたりもただ刺激だけに偏っていない点と言えるでしょう!

そしてそれを支えるねりごまもなかなかの本格感を持っていて、
またとろみがやや強めにつけられているのも特徴となってます!

唐辛子が主役ではありますが、担々麺としての良さも十分感じます!

スープの原材料はポークエキス、ねりごま、糖類、食塩、豚脂、香辛料、
みそ、しょうゆ、クリーミングパウダー、植物油脂、豆板醤、香味食用油、
酵母エキス、たん白加水分解物、デキストリン、発酵調味料となってます!

辛さを主役にしつつも、ちゃんと基盤は動物系とねりごまが支えていて、
さらにクリーミングパウダーによって補足的にまろやかさを加えるなど、
なかなか複雑なスープとなっていることが原材料からもわかりますね!

麺はやや平打ち気味で多加水感のあるノンフライ麺となっています!

縮れもけっこう強めなので、スープとの絡みもなかなかいいですね!
それは言い換えると、それだけ辛さを運んでくるわけでもありますが!

そしてこの麺ですが・・・なかなかのクオリティを持っていますね!(`・ω・´)

サンヨー食品はこうしたプリ感の強い麺を得意としてるのですよね!

担々麺というと、むしろ低加水系の麺が合わさる印象がありますが、
こうしたプリッと弾けるような麺も決して悪くはないのですよね!

今回はスープのとろみが強いこともあって、もし低加水の麺だと
完全に麺がスープに飲まれる感じになった可能性が高いですし、
これぐらい明確な食感と主張を持つ麺で良かったでしょうね!

麺の量は70gで、カロリーは504kcalとなっています!
脂質は18.8gで、ノンフライ系としてはそこそこ高めですね!

とはいえ、担々麺は高めになりがちなので仕方はないのですが!

具材は鶏・豚そぼろ、ねぎ、輪切り唐辛子、粗挽き唐辛子となってます!

粗挽き唐辛子に関しては具材というよりはスパイスの一部ですね!

輪切り唐辛子は目立たないようでいて、けっこう攻めてきますね!

というのも、ベースとなっているスープがかなりの辛さなので、
それをときおり後押しするこの存在が効いてくるのですよね!

そしてねぎですが、これもなかなかの存在感を見せてましたね!

やはりこれだけの量があると、麺にも自然と絡んできますし、
スープに与えるねぎの風味もけっこう強かったりします!

主役であるそぼろですが、これは質・量ともに満足できましたね!(*゚ー゚)

担々麺はやはりそぼろがあってこそという面がありますし、
全体的に辛さが目立ちがちなところで箸休めにもなるなど、
刺激的なスープの中にあるオアシス的な存在になってました!

最近の激辛系商品は後入れスパイスを入れることによって、
辛さを調整できるようにしているものが多くなってますが、
あえてそうしていないのもこの商品の特徴になってましたね!

「そのまま辛さを味わってくれ」という意図が伝わってきます!

実際に辛さという点でも十分に満足できるものがありましたし、
何より唐辛子の風味が迫ってくるのは大きな個性になってました!

これはなかなかあなどれないしっかりとした激辛担々麺でした!(゚x/)モキウー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.