5/7発売 2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン

5/7発売の東洋水産
「2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン」
を食べました!

このところ「TRY」関連の商品はずいぶんと頻繁に出ますね!(`・ω・´)

5/7発売 2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン

「TRY」関連では醤油と味噌に関しては毎年発売されるのですが、
それ以外のジャンルは年によって取り上げるものが違いますね!

昨年は汁なし豚骨が出て、今年はこの鶏白湯が登場しました!

最近のラーメンはタイプがかなり多岐に渡っているので、
ジャンル分けをするのも難しいところはあるでしょうね!

たとえば豚骨魚介系はどうするのかみたいなところもありますし!

かといって、部門をあまり細分化しすぎるのも難しいでしょうしね!

5/7発売 2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン(内容物)

多めの具材と大量の粉末スープ、いかにも東洋水産の縦型ですね!
これぐらい粉末スープが多いと溶け残りも発生しやすいのですよね!

5/7発売 2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン(できあがり)

この写真でも具材はけっこう多めなことが伝わってきますが、
これでも拾いきれなかったので実際には具材はもっと多いです!

全体的な雰囲気は東洋水産の「本気盛」シリーズに近いですね!

まずはスープですが・・・おっ、これは実直な鶏白湯スープですね!(●・ω・)

何より大きく評価できるのは、鶏の個性がよく出ている点ですね!

鶏白湯にはクセを抑えたクリーミー系などのタイプもありますが、
こちらはおそらくかなり明確に鶏の個性を出したものなのでしょう!

鶏白湯らしい鶏のクセがはっきりと伝わるスープとなっており、
一つの鶏白湯系カップ麺としても完成度の高さが現れています!

この鶏の個性を軸に、鶏油によってさらに厚みをつける形ですね!
なので、鶏らしい風味と厚みの両方をしっかり感じることができます!

そうしたなかなか濃厚なスタイルの鶏白湯スープとなっていますが、
ここに優しさも内包した要素が絡んでくるのがこのスープの特徴です!

まずは野菜の旨味によって風味に深みが出るとともにやわらかさが出て、
さらに昆布が重なることでパワーだけではない旨味も強く感じられます!

鶏の個性を最大の軸にしながら、そこに優しさのある旨味を補強する、
こうした二段階構成の鶏白湯スープになっていると言えるでしょう!(*゚◇゚)

鶏白湯ということもあって、そこそことろみもあるスープになってますが、
食べていてわざとらしいとろみという印象は特に受けなかったですね!

カップ麺でのとろみの強いスープは人工的な印象があるものも多いですからね!

ただ、この商品はお湯を注ぐときにすぐにお湯が沈んでくれずに、
時間差で沈んでいくので、適正なお湯の量がわかりにくいのですよね;

おそらく自分が作ったものはちょっとお湯が多くなったように思いますし!
それでとろみが比較的軽めになったというような事情もある気がします!

とはいえ、それでも十分に鶏の風味が感じられる仕上がりでしたので、
鶏らしさを楽しむという点では申し分がないと言っていいでしょう!

スープの原材料はチキンエキス、鶏脂、食塩、ポークエキス、でん粉、
たん白加水分解物、香辛料、豚脂、醤油、植物油、粉末野菜、砂糖、
乳等を主要原料とする食品、こんぶエキス、発酵調味料となっています!

麺は「本気盛」に近いタイプのやや平打ち気味の油揚げ麺となってます!

原材料を調べると「本気盛」の麺と並びが全く同じになってるので、
「本気盛」シリーズの太麺をそのまま使っているのかもしれません!

見た感じだと、こちらの麺のほうがいくぶん白めにも見えますが、
このあたりはスープの色合いによっても感じ方が変わりますしね!(*゚ー゚)

「本気盛」の麺はスープとぶつかってしまうことも多いのですが、
今回はスープの主張が明確なのでそうした問題はなかったですね!

縮れのついたパワフルな麺ながらも、スープと上手く交わって、
麺そのものも主張しながらもバランスとしては良かったですね!

「本気盛」の麺はほんとスープ次第で印象が大きく変わってきますね!
以前に比べると麺の暴れ具合がマシになったからでもありますが!

麺の量は70gで、カロリーは461kcalとなっています!
脂質は21.7gで、けっこう高めの数字となっていますね!

具材はキャベツ、鶏ひき肉、玉ねぎ、きくらげ、ねぎとなってます!

キャベツはごく普通で、どちらかと言えばカットも小さめです!
ただ、今回の鶏白湯スープとの相性はそこそこ良かったですね!

ねぎはそこそこリアル系のもので、味わい・食感ともにいいですね!

きくらげは豚骨ラーメンに使われる印象が強い具材ではありますが、
同じ濃厚系である鶏白湯でもときどき使われたりするのですよね!

ただ厚みが控えめなきくらげなので、コリコリ感は強くないですが!

鶏ひき肉はいつも東洋水産が使っているそぼろとは少し違います!

東洋水産のそぼろはけっこう食べごたえがしっかりしたものが多いですが、
この鶏ひき肉はどちらかというと小粒で、かつふんわりとした食感です!

そのかわり粒の量を多くすることでボリュームを出している感じです!(=゚ω゚)

そのため肉具材としての存在感を強く主張してはこないですが、
肉の風味を薄く広く行き渡らせるという効果はありましたね!

そして鶏白湯と特にいい相性を見せてくれていたのが玉ねぎです!
実際の鶏白湯ラーメンでも玉ねぎはよく使われますからね!

シャキシャキとした食感がいいアクセントになっていました!

実直さを感じさせるスープは鶏白湯としての完成度がなかなか高く、
本格派の鶏白湯を求めるなら十分に満足できる内容でしたね!

もっとも本気盛ベースの縦型なので、ジャンク感も強めですが、
そこを許容できるならしっかり楽しめる内容と言えるでしょう!

鶏白湯らしい鶏の個性を堪能することができる一杯でした!(゚x/)モキルーン

【関連記事】
2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 鶏白湯1位 麺や福一 鶏白湯塩ラーメン
2017-18 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 2連覇 飯田商店 醤油ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 とんこつ1位 愚直 豚骨ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 麺魚 濃厚鯛だしラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 汁なし1位 ajito ism ピザ味まぜそば
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 飯田商店 醤油ラーメン
2016-17 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 3連覇 大島 味噌ラーメン
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 しょう油1位 しば田 中華そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 地球の中華そば 塩そば
2015-16 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 2連覇 大島 味噌ラーメン
2014-15 TRY ラーメン大賞 新人大賞部門 総合1位 しば田 中華そば
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 しお1位 進化 塩らーめん
2014-15 TRY ラーメン大賞 名店部門 みそ1位 大島 味噌ラーメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.