麺~leads~なかの TORI白湯らーめん&炙りチャーシューめし

大和高田市にある「麺~leads~なかの」に行ってきました!
ここは奈良の中でも特に行きたかったお店の一つなのですよね!

他の方からも「ぜひ行ってみてほしい」と言われていましたし!
そのときから多少時間は経ちましたが何とか約束を果たせました!(*゚ー゚)

こちらは鶏白湯の醤油と塩のみというシンプルなメニューとなってます!

最も基本となっている「TORI白湯らーめん」が醤油ということで、
初訪問らしくそちらのラーメンを注文してみることにしました!

麺~leads~なかの TORI白湯らーめん

おぉ、いかにも泡系の鶏白湯といったビジュアルになってますね!

今では鶏白湯ラーメンの中でもポピュラーになっている泡系ですが、
こちらが開店した当時はまだけっこう珍しい存在だったみたいですね!

もちろんそのときも泡系の先駆者である「みつ葉」さんはいましたが!

まずはそのスープですが・・・おっ、一口目は魚介が強く来ますね!(●・ω・)

もちろん一口目の段階でも泡系鶏白湯らしいクリーミーさは来ますし、
食べ進めるにつれて鶏白湯と香味油の存在感がだんだん前に出てきて、
魚介の持っている存在感は徐々に後ろに下がっていく感じになりますが、
一口目の段階では深みのある魚介系スープの旨味を強く感じましたね!

濃厚系の白湯ラーメンだと、魚粉をメインにしてパンチの効かせた
そうした魚介の打ち立て方をしてくるケースがけっこうありますが、
こちらはそうではなく、魚介だしとしての旨味が軸になっています!

実際のスープの構成も鶏白湯と魚介だしのWスープなのですよね!

なので、魚介についても旨味にパンチを効かせる役割というよりは、
鶏白湯のクリーミーさの中から魚介の持つだしの旨さを重ねていく、
そうすることで全体の旨味に層を作り出すような効果を見せています!

そして主役である鶏白湯スープですが・・・やはり完成度は高いです!(`・ω・´)

どうも自分は鶏白湯の中でも泡系が好みによく合うのでしょうね!

鶏の旨味をしっかり出しながらも、そのクセを打ち出すのではなく、
クリーミーなまろやかさによって食べる者を包み込むような感じで、
「コクが口の中で溶けていく」ような感覚を味わうことができますね!

そしてここに相乗効果を重ねてくるのが独自の香味油なのですよね!

こちらの香味油は色が黒く、焦がし的な手法が入っていそうですが、
かといって焦がしにんにく油(マー油)というわけではないのですよね!

香味のベースの一つとしてにんにくが使われている可能性はありますが!

この香味油が複雑な香りを加えながら鶏白湯とともにコクを重ねていき、
食べているとそのコクの中に引き込まれるような感覚を生んでくれます!

どちらかというと、香味油は鶏白湯としての旨さを高める存在で、
魚介は鶏白湯だけでは足りない部分を補うような関係ですからね!

そうすることでまろやかでコク深くも旨味も楽しめる一杯となってます!

特に前半は魚介が立ち、後半になるにつれて鶏白湯優勢になるので、
どんぶりの中でちょっとした味の感覚の変化も楽しめるのですよね!

これはたしかに食べていてレンゲが止まらなくなるスープですね!(*゚◇゚)

もちろん鶏白湯ということで、後半は多少重くはなりますが!
それでも最後までしっかりと引き込んでくる力がありました!

トッピングはドルチェポルコのレアチャーシュー、水菜、玉ねぎです!

まずは主役のレアチャーシューですが・・・肉質の良さが光ってますね!(=゚ω゚)

レアチャーシューで肉質の良さ、肉そのものの旨味を強く感じたのは
おそらく今回が初めてなのではないかと思うものを持ってましたね!

とにかく噛み締めたときに出てくる肉の旨味が半端じゃないのですよ!
これこそがドルチェポルコを使っていることの最大の効果なのでしょうね!

ちなみにドルチェポルコはイタリアで生ハムによく使われている豚ですね!

水菜は一応は薬味的な役割ですが、別に辛味などは持ってないので、
青菜の風味を加えて全体を少しさわやかにするような役割です!

むしろ薬味らしい貢献をしているのは玉ねぎのほうでしょうね!
こちらは噛むとフレッシュ感のある辛味を運んでくれます!

一般的に薬味としての生玉ねぎは味がきつくなりがちですが、
こちらのお店ではそこまでとがった風味に感じませんでしたね!

麺~leads~なかの TORI白湯らーめん(麺のアップ)

麺は中ぐらいの太さの、やや加水が低めの麺ではないですかね!

前半はちょっとパツッとした歯切れの良さを見せる食感で、
時間が経つにつれてだんだんと食感が穏やかになってきます!

スープ乗りはそこそこ良く、麺そのものの風味も十分あるなど、
風味・食感・スープ乗りの3拍子がおおむねそろってましたね!

麺とスープのバランス感という点では申し分のない範囲ですね!

もともと鶏白湯系のラーメンは加水の低い麺と相性がいいですし、
それを考慮しながら全体のバランスにも配慮した感じの麺ですね!

麺~leads~なかの 炙りチャーシューめし

そしてこちらはサイドの「炙りチャーシューめし」です!

自分の場合、鶏白湯ラーメンを食べるとお腹にどっしりと来るので、
そこにサイドメニューを追加するのは避けたほうが無難なのですが、
それでもついこの「炙りチャーシューめし」に惹かれたのですよね!

大ぶりのダイス状にカットされたレアチャーシューをメインとして、
そこに甘めの醤油ダレをかけてガスバーナーで炙って仕上げます!

レアチャーシュー+炙り、このアイデアは面白かったですね!(*・ω・)

レアチャーシューというと、肉質の良さをダイレクトに生かすもので、
しっとりとした食感や風味を楽しむものというイメージがありますが、
炙りが入るとそこに香ばしさというアクセントが加わるのですよね!

それによってレアチャーシュー本来の肉の良さを堪能できると同時に
チャーシュー丼に合う香ばしさをも同時に体感することができます!

肉も良質だし、チャーシュー丼に合うようなアレンジもなかなか秀逸、
お腹いっぱいになりましたが、この注文は正解だったと思いましたね!

ラーメンのとき以上に、チャーシューの旨さが実感できましたし!

泡系鶏白湯の旨さをとことんまで出しつつ、香味油も上手く絡ませて
それを旨味の方面から支える魚介だしといいまとまりは抜群ですね!

泡系鶏白湯の中でも濃厚さとバランス感の高い両立を求める人に
しっかりと期待に応える一杯になっているという印象でしたね!

泡系の旨さを総合的な観点から楽しませてくれた一杯でした!(゚x/)モキルー

[メニュー]
麺~leads~なかの 券売機

お店の住所と地図 奈良県大和高田市神楽254-6 セゾン神楽103
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

汁なし 激辛まぜそば

サンポー食品の「汁なし激辛まぜそば」を食べました!
昨日紹介した「汁なし シチューまぜそば」との同時発売商品です!

汁なし 激辛まぜそば

一方は「シチュー」で、もう一つが「激辛」って対照的ですよね!
「シチュー」はまろやか系ですが、こちらは明らかに刺激的ですし!

白と赤という2色もそうしたコントラストを狙ってる感がありますね!

フタを全部はがして作るところなどは「シチューまぜそば」と同じです!(*゚ー゚)

汁なし 激辛まぜそば(内容物)

こちらも内容物はかやくと粉末スープとなっています!
かやくの内容は「シチューまぜそば」と少し違いますね!

汁なし 激辛まぜそば(できあがり)

「激辛まぜそば」という名前らしいワイルドなビジュアルですね!

まずはその味ですが・・・なるほど、辛味噌系の味ですね!(●・ω・)

ただ「辛味噌系」と言っても、味噌ラーメン+辛さでもなく、
いわゆる「辛味噌ラーメン」的な味わいとも少々違います!

平たく言ってしまうなら「豆板醤ぽい味」のスープですね!
ラーメン屋の卓上にある「辛味噌」の味を思わせる感じです!

なので、味の面でも主役になっているのは唐辛子ですね!

単に辛さを強調するだけでなく、唐辛子の味わいが強く、
唐辛子特有の甘さや風味などもかなり溶け込んでいます!

そしてその次に来るのが味噌っぽさ以上に普通の塩味ですね!(=゚ω゚)

豆板醤って唐辛子の味わいの次に強いのは塩気なのですよね!

味噌っぽさよりも「味噌状の塩辛い唐辛子味」という感じなので、
このスープに関してもおおむねそれと近いような印象が残ります!

とはいえ、塩分濃度が高いスープになっているわけではなくて、
唐辛子+シンプルな塩味を最も強く感じるという意味合いです!

そしてそこに付加的に重なってくるのが味噌や醤油の風味ですね!
普通の塩だけでは足りない部分を補完しているような感があります!

さらににんにくや玉ねぎなどの香味野菜の味も重なっています!
やはり辛い系のスープには香味野菜は欠かせないですからね!

また辛さに関しても単にシンプルな唐辛子の味だけにならないよう、
胡椒や生姜など、他の要素を加えることによって厚みを出してます!

それでもトータルとしてはシンプルな豆板醤風に味わいと言えます!

「シチューまぜそば」に比べるとわかりやすい味とも言えますし、
一方で「意外とありそうでないタイプの味」でもありますね!

もちろんとろみについては「シチューまぜそば」同様に強いです!
普通に食べても残すスープは全体の2割にも満たないぐらいですし!

もうほとんど自然に麺と絡んで口の中に入ってくる感じですしね!

辛さに関しては「激辛」というレベルほど強くはないものの、
「大辛」ぐらいの表現はしてもいいぐらいの辛さはあります!

基本的にスープだけを単体で見ると強烈な辛さではないですが、
強いとろみがついていて麺にたっぷりと絡んでくることから、
それによって体感的な辛さが強くなっているとも言えますね!

スープの原材料は赤唐辛子、食塩、味噌、糖類、醤油、粉末ラー油、
粉末ポテト、粉末にんにく、でん粉、粉末たまねぎ、ポークエキス、
ホエイパウダー(乳製品)、山椒、黒こしょう、粉末しょうが、
植物油脂、酵母エキス、白こしょうという組み合わせになってます!

麺はおそらく「シチューまぜそば」のものと同じものでしょうね!

断面の丸い中細の油揚げ麺で、とにかく麺の吸水率がすごいです!

そのため食感としてはかなりやわらかめにはなるのですが、
低加水麺ぽい小麦の風味が残っているので味わいはいいです!

なおかつ油揚げ麺の持つ香ばしさがいい具合に生きてるのですよね!(*゚◇゚)

この汁なしシリーズの元祖が「やわらか皿うどん」なのですが、
「皿うどん」はもともと揚げ麺の香ばしさを生かした料理ですし、
そういう部分がこの商品でもきっちりと継承されていますね!

ノンフライ麺だと逆にこの味わいは出ないような気がします!

麺の量は80gで、カロリーは511kcalとなかなか高いです!
脂質は20.9gで、おおむね標準的と言っていい数字ですかね!

このカロリーの高さはとろみをつけるのに使われている、
粉末ポテトやでん粉の影響も少なからずありそうですね!

具材はキャベツ、大豆たん白、輪切り唐辛子となっています!(`・ω・´)

キャベツが多いという点は「シチューまぜそば」と同じですが、
じゃがいもやにんじんといった具材はこちらは入ってないです!

また輪切り唐辛子に関しては粉末スープの袋に入っています!

輪切り唐辛子は口に入ってくるとそこそこアクセントになります!
ベースのスープも辛いのでそこまで強く目立つわけではないですが!

大豆たん白はスポンジ状の食感で、一つ一つもずいぶん細かいです!

一応は肉系の具材のかわりとして入っていると思われますが、
風味がほとんどないので、入っている意味はあまりないですね;

これよりは何か他の野菜が入っているほうがいい気はしますね!

キャベツは量が多いこともあって、なかなかの存在感があります!

やわらかな麺の中で、シャキシャキとした食感を見せてくれますし、
自然と全体の食感や風味を支えてくれている部分がありましたね!

ただ辛いスープが絡みまくるので、箸休め的な効果はほぼないです!

豆板醤的な味わいを中心に据えたスープは辛い系としてはシンプルで、
唐辛子の風味をそのまま主役に持ってきていることが伝わりましたね!

個人的には味に広がりを感じた「シチューまぜそば」が好みでしたが、
こちらも刺激的な味わいを独創的なスタイルで味わうという点では、
なかなか楽しめるような仕上がりになっていたとは思えましたね!

しっかりと唐辛子の風味に焦点を当てたまぜそばでございました!(゚x/)モキウーン

【関連記事】
汁なし 激辛まぜそば
汁なし シチューまぜそば
まぜてとろ~り やわらか皿うどん

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.