5/28発売 カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば

5/28発売の東洋水産
「カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば」
を食べました!

今回発売された「カチメン」シリーズ2商品のうちの1つです!
もう一つは「醤油ラーメン」というオーソドックスな路線です!

5/28発売 カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば

ただこの商品、自分にはどうしても許せない点があるのですよね!(#・ω・)

いつも記事タイトルは公式サイトからコピペしているのですが、
この「ぺペロンチーノ風焼そば」という商品名をよく見ると、
1文字目と2文字目の「ぺ」の字がちょっと違っているのですよ!

調べてみると左はひらがなの「ぺ」、右はカタカナの「ペ」なのです!

声を大にして言わせてもらいますが、東洋水産は「ペ」の扱いが雑です!

前に出た「俺の塩 たらぺぺ味」でも「ぺぺ」がひらがなだったのですよね!

「ペペ」は「ペペロンチーノ」から来てるのからカタカナではないのか、
と思ったのですが東洋水産はそこをひらがなにしてたのですよね!

そしてこの商品で確信しましたが、東洋水産は「ペ」をなめていますね!

ひらがなの「ぺ」とカタカナの「ペ」が混在したペペロンチーノがありますか!

カタカナの「ペ」を使うときはきちっとF7を押してカタカナにする、
その基本がなっていない東洋水産は「ペ」を使う資格なしです!

最初の「ぺ」だけがひらがなということは、ここは後ろと一体でなく、
「ペロンチーノ」にひらがなの「ぺ」がくっついてるわけですよ!

「ペロンチーノ」って、何なのですか、ペロンチーノって!!

東洋水産は深く反省しなさい!!(゚x/)モギギギギッ

          落ち着いたか?(・ω・*)
(*・ω・)これしきでは落ち着かん!

5/28発売 カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば(内容物)

内容物はかやく、粉末スープ、調味油という構成となっています!
かける順番はいつも通り調味油→粉末スープとなっています!

また、今回の2商品はサッカー日本代表の専属シェフである
西芳照さんが監修しているというのがポイントになってます!

(*・ω・)できれば商品名も厳しく監修してほしかった
      「これ、左の『ぺ』がひらがなじゃないですか」とか言うシェフ嫌やで(・ω・*)

今回発売された2商品はどちらも「ガーリックオイル」が使われています!
これはスポーツ選手向けにガーリックをたくさん使うからなのですかね!

ガーリックと言えば、スタミナという印象が強くありますからね!

5/28発売 カチメン サッカー日本代表専属シェフ監修 ぺペロンチーノ風焼そば(できあがり)

なんだかいかにも殺風景といったような仕上がりですね!
でも麺にはフライドガーリックやパセリ、唐辛子も絡んでます!

それが小さくて見えないので、ビジュアル的にはさみしく見えますが!

まずはその味ですが・・・おっ、ガーリックがビシビシ攻めてきますね!(●・ω・)

これまでに出たペペロンチーノ系焼そばとしてはトップじゃないですかね!
これだけガーリックの風味を強く打ち立ててきたのは初めてだと思います!

その点からすると「ガーリックオイルが決め手」という表現は正しいですね!
「決め手」どころか、もはや全体の味をかなり支配していますからね!

もっともガーリックオイルだけでなく、粉末ソースのガーリックも強く、
そこにさらにフライドガーリックまで具材として入っているので、
ガーリックが3つの方向から一気に攻めたててくる感じとなります!

にんにく系の焼そばというと、ペヤングが先頭を走っていますが、
これは同じにんにくでもその主張のさせ方が大きく違ってます!

ペヤングのにんにくは生にんにく的な辛さが強く出ていて、
ピリピリと舌を刺激するようなにんにく感が特徴ですが、
こちらはまさに欧州風のガーリックの効かせ方なのですよね!

にんにくをじっくり炒めることでオイルに香りを移したものや、
しっかり火を通したにんにくの香ばしさが強く打ち出されてます!

なので、ペヤング的なにんにくの鋭さはあまりないのですが、
フライドガーリック的な主張はかなり強烈なものがあります!

これだけだと、ほんと単ににんにくの強い焼そばなのですが、
オイルの風味、にんにくの主張、唐辛子にその他の洋風要素など
ペペロンチーノとして必要な要素はどれも押さえられています!

このペペロンチーノとしてのリアル感も高く評価できましたね!(=゚ω゚)

商品名は「ぺ(ひらがな)+ペロンチーノ」となってますが、
味はまぎれもない「ペペロンチーノ」となっています!

ソースの原材料は植物油、香味油脂、香辛料、食塩、砂糖、
チキンエキス、粉末野菜、こんぶエキス、パセリです!

隠し味的に鶏や昆布の旨味が付加されているようですね!
これによってベースに旨味や深みが出ていたのでしょう!

これも全体の完成度という点では功を奏してましたね!

麺は縮れのついたごく普通の中細の油揚げ麺となっています!

東洋水産らしくラードを使った香ばしい風味が特徴です!(*゚◇゚)

そこを除くといたって平凡な麺といった印象ではありますが、
ソースの個性が明確なので、麺はこんなぐらいでいいでしょう!

実売価格も100円前後ぐらいと、非常に安いものですからね!

麺の量は90gで、カロリーは538kcalとなかなか高いです!
脂質は29.3gで、これもまたけっこう高い数字となってますね!

ペペロンチーノはオイルの旨さも重要な要素ですからね!

具材はキャベツのみですが、一応は粉末ソースのほうに
細かいフライドガーリック、唐辛子、パセリも入ってます!

なので、小粒ながらもペペロンチーノの具材を押さえつつ、
サービスとしてキャベツも入ってるととらえるといいでしょう!

ペペロンチーノは具材らしい具材が入らないことも多いですしね!

自分としては何をどうしたら「ペペロンチーノ」という言葉の、
片方の「ぺ」がひらがなになるのか突っ込みたくてたまりませんが、
それさえ横に置けば実に良質な商品と言って良かったと思います!

価格は安く、それでいてペペロンチーノ感が抜群に出ていて、
なおかつガーリックという個性もはっきり立っていますしね!

にんにくの強いペペロンチーノを求めるならマストでしょう!(゚x/)モギーン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ ブログランキングならblogram
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.