麺と心 7 冷やし雲丹ラーメン

7月の月別限定を求めて「麺と心 7」へと行ってきました!
そういえば7月には基本のメニューも一新されるようですね!

どうも新たなメニューがいくつか加わるという形のようですが!

さて、今月はウニを使った冷やしラーメンが登場しました!

これまでにウニを使った限定は何度も出てきてはいますが、
冷やしという形で登場するのは今年が初めてになりますね!(*゚ー゚)

ウニの冷やしラーメンと聞くとちょっと驚いてしまいますが、
ウニってもともと寿司などで冷たく食べることが多いですし、
そう考えるとウニの冷やしって妥当な狙いではあるのですよね!

麺と心 7 冷やし雲丹ラーメン

今回はこのお店としてはオーソドックスなビジュアルですね!

普通のお店ではトッピングにレンコンが入るのは珍しいですが、
こちらでは基本のラーメンにもともとレンコンが乗りますしね!

海苔についても過去のウニ系のラーメンで使われていましたし、
今年新たに何か特別なものを導入した感じはないみたいですね!

ただ冷やしになるという大変化はもちろんあったわけですが!

まずはスープですが・・・あれっ、予想以上にすっきりですね!(●・ω・)

これまでこちらのお店でウニを使った月別限定が登場したときは、
もう完全にウニ一色と言っていいぐらいの濃厚さを見せてただけに、
今回のすっきりとした仕上がりのスープは意外性を感じさせます!

過去に出たまぜそばつけ麺に比べるとラーメンはスープが多いので、
その分だけ濃度を出しにくいという側面は考えられなくはないですが、
昨年はラーメンでありながらも強烈な濃度を見せてくれていましたしね!

でもって、こちらのお店の月別限定はテーマとなっている素材で
スープをその色に完全に染め上げるのが基本となってますが、
今回はむしろウニ以上に魚介の旨味のほうが強いのですよね!

まずベースを魚介ががっちりを固めて、その上にウニの磯の香りが乗る、
こうした濃度ではなく、風味で魅せるスタイルを見せるのは珍しいです!

食べる前はもっとゴリゴリとウニが攻めてくる路線を想像していましたし!

ただウニ以上に魚介の風味のほうが強めになってはいますが、
魚介専門のお店らしく、その魚介の深みは見事なものですね!

ウニの主張はやや控えめでも、全体の完成度は非常に高いです!

もしかするともともとはもっとウニが強い仕上がりにするつもりが、
実際に試してみると冷やしにするには重くなりすぎることもあって、
それでこうした魚介とのハイブリッド的な味わいになったのですかね!

あるいは7月のリニューアルを機に、一つの素材で押すだけでなく、
もう少し複合的な味わいも視野に入れる狙いがあったのかもですが!

そういえば少し前までウニのつけ麺がレギュラー化していたので、
それとの差別化のために路線を大きく変えた可能性もありますが!

面白いのは今回はスープの底にいくつかウニの粒が残るのですよね!(=゚ω゚)

これまでは完全にウニをペースト状にしてスープに溶かしてましたが、
今回はそこまで完全には溶かさない手法をあえて採ってるのですよね!

そのため、スープの底にあるウニを拾って食べると磯の風味が広がり、
スープ全体が海で、その中から磯の香りがふっと上がってくるような、
そういう組み立てが意図されていることも伝わってくるのですよね!

そう考えると魚介とのハイブリッド色が強いなスープも納得がいきますね!

トッピングはレアチャーシュー、海苔、レンコン、白髪ねぎ、糸唐辛子です!

この中でウニとハマるように組まれているのは海苔ぐらいですね!

ウニと海苔は非常に相性が良く、磯の香りの相乗効果が大きいのですよね!

今回の海苔はそこまで強く磯の香りを主張するものではなかったですが、
そのふんわりした食感と香りはウニをよく引き立ててくれてましたね!

麺に絡めつつ食べても、スープに溶かし込んで食べてもどちらもいけますね!

レアチャーシューはずいぶんと脂身の割合が高いものとなってます!

個人的には脂身の多いレアチャーは少々苦手だったりするのですが;
でもって、今回は冷やしなので余計に脂身の存在が目立ちましたしね;

それ以上にトッピングにひねりがないのが気になってしまいましたが!
レアチャーシューはこちらのお店の最も基本のトッピングですからね!

レンコンも基本のトッピングですが、味・食感は合っていましたね!
このシャクシャクとした食感とほどよい下味は完成度が高いです!

そして白髪ねぎですが、これがちょっと多すぎた気がしたのですよね(;゚◇゚)

これが温かいラーメンだったら特に問題はなかったのですよね!
というのも、熱が入って半分ぐらいのねぎがやわらかくなりますし!

ただ今回は冷やしなので、ねぎの食感や辛味はそのまま維持されるので、
この多さだと最後までねぎの存在感が強く出すぎてしまうのですよね;

中盤あたりからねぎがスープをかなり強く支配する感じになりましたし;

いつもなら薬味に関しても何らかのひねりを入れてきたと思いますが、
今回はシンプルに来たことがちょっとマイナスにはたらきましたね!

麺と心 7 冷やし雲丹ラーメン(麺のアップ)

麺は平打ちのプリプリ感の強いストレート麺となっています!

平打ち麺というとこのお店としては定番っぽさも感じるものですが、
今回の麺は焙煎小麦などは入っておらず透き通っていることから見て、
この冷やし向けに作られた専用の麺というふうに考えていいでしょう!

冷やしの麺はとにかくプリプリ感が強く出るのが特徴なのですよね!

やはり冷やしにするとその分だけ麺の食感が引き締まることになるので、
そうした質感が夏らしいさわやかさを呼び込んでくれるのですよね!

夏はこの口の中でプリプリッと弾ける感覚がよく合うのですよね!

今回はそうしたさわやかさに重点が置かれていることもあり、
風味よりもみずみずしい質感がより前面に出てきてましたね!(`・ω・´)

今月はメニューのリニューアルによる新しいラーメンの追加という
大事業と重なったこともあってか、全体的に構成がシンプルでしたね!

特にひねりの少ないトッピングにそうした影響が強く見えましたし、
まとまりの良さを重視したスープもいつもとは少し違いましたしね!

新しいレギュラーメニューの考案のほうがどうしても重きが置かれますし、
今月はちょっと月別限定がその陰に隠れてしまった感もありましたね!

訪問したのはリニューアルが行われる2日前というタイミングでしたが、
果たしてこのリニューアル後も月別限定のシステムは残るのですかね!

もしかするとこれを機に廃止される可能性もありえなくはないですしね;

ただこの限定システムは今も非常に高い人気を保っているだけに、
おそらくは8月以降も継続されるのではないかと思っていますが!

今後お店にどのような変化が出るのか見守っていきたいと思います!(゚x/)モキルンッ

[限定メニューの紹介]
麺と心 7 冷やし雲丹ラーメン(メニュー紹介)

[レギュラーメニュー]
麺と心 7 メニュー表

お店の住所と地図 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋4丁目12-13

【関連記事】
麺と心 7 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : ラーメン | ジャンル : グルメ

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば

7/9発売のサンヨー食品「坂内食堂 喜多方本店 中華そば」を食べました!
喜多方ラーメンの老舗である「坂内食堂」をカップ麺化した商品です!

「坂内食堂」は喜多方ラーメンのお店として非常に有名ですよね!

なおかつこの「坂内食堂」からフランチャイズとして展開されている
「喜多方ラーメン坂内・小法師」もそこそこ店舗がありますしね!

自分もフランチャイズである「小法師」には行ったことがありますし!(*゚ー゚)

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば

ただ今回のラーメンはちょっと不安になるところもあるのですよね;

サンヨー食品の縦型のお店再現系は麺勝ちになることが多いのですが、
そうでなくてもこの「坂内」系のスープは非常に優しいのですよね!

その優しいスープと麺勝ちしがちなサンヨー食品の縦型が合わさる、
「果たして大丈夫なのかな」という思いがよぎってしまうのですよね;

「坂内」系のスープって魚介を使わないシンプルな構成なので、
旨味を強くしてバランスを取るというのも難しいですからね!

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば(内容物)

中身の写真を撮り忘れた結果、変なタイミングでの撮影になりました;
どう見てもすでにお湯を入れてからの撮影になってますしね;

7/9発売 坂内食堂 喜多方本店 中華そば(できあがり)

うん、極めてシンプルなビジュアルに仕上がっていますね!
後入れ調味油が入るので、少し油脂が多めではありますが!

まずはスープですが・・・あぁ、良くも悪くも予想通りでしたね!(●・ω・)

体感的な味わいとしては「ほんのり甘くて香ばしい」感じですかね!

これは麺の油揚げ麺臭もたぶん関わっているとは思うのですが、
ベースのスープが少し甘く、豚脂の香ばしさが出てるのでしょう!

なので、食べていて明らかに麺の油臭さなどが出るわけではないですが、
スープの繊細さがしっかり伝わってくるかといえば、そうではないですね;

もちろんスープだけを飲めば、それなりに風味は伝わるのですが、
この商品はスープそのものが非常にあっさりしてるのですよね!

あっさり系の豚骨清湯スープに醤油ダレもかなり控えめな主張なので、
豚脂がやや多いのを除けば、極めて優しいスープとなっています!

そこに油揚げ麺の風味が強く出がちな麺が合わさるのですから、
やはり予想していたとおり、細かい機微はあまり伝わってきません;

でもって、豚系のスープそのものもちょっとスナック感があるので、
なおさら本格的な深みを感じるのが難しい面を持っているのですよね;

食べる前の段階ではスープを単体として見ると面白さもあるのだけど、
麺が前面に出すぎてそこが伝わってこないといった予想をしてましたが、
スープが優しすぎて、主張が控えめな麺でもダメだった気もしましたね;

「坂内食堂」を油揚げ麺で再現するのは無理があるのではないか、
というのは多少思ってましたが、想像以上にそれを感じましたね;

このスープはノンフライ麺でない限り、確実にスープが負けますね(;゚ω゚)

豚脂を強めることで、スープにも一定のパンチは持たせてますが、
もともとスープの繊細さを麺の油臭が壊す問題を持ってるので、
そこにさらに油脂を重ねても油脂感ばかりが目立つだけですしね;

スープの原材料は豚脂、食塩、糖類、ポークエキス、植物油脂、しょうゆ、
ポークコラーゲン、酵母エキス、たん白加水分解物、香辛料となっています!

3番目に糖類が来てるのを見るに、やっぱり多少は甘めなのですよね!
あとは豚脂にポークエキスとシンプルに豚系だけでそろえられています!

魚介などの旨味の下支えが入るスープならまだしも良かったのですが、
これだけシンプルなスープだと小細工もあまりできないですからね;

ちょっとこれはメーカー側も気の毒だったかなと思う面はありますね;
もっともこのお店を油揚げ麺で再現しようとしたのが失敗なのですが;

麺はサンヨー食品が得意とする「手もみ風」の縮れた油揚げ麺です!

油揚げ麺臭の風味という大きな問題を横に置いてしまうなら、
この麺は「喜多方ラーメン」としてはよくできているのですよね!

そもそも喜多方系の麺はこうした平打ちの手もみ風の麺ですし!(*゚◇゚)

なので、メーカーなりにパーツごとに再現は目指してるのですよね!
スープだって、多少スナッキーながらも再現度は悪くなかったですし!

ただいかんせん麺の油揚げ麺臭がそれで消えてくれるわけではなく、
繊細なスープと相性が良くないことは否定できないものでしたが;

麺の量は70gで、カロリーは435kcalとなっています!
脂質は20.4gで、調味油が入る分だけ高くなっていますね!

具材はチャーシューチップ、メンマ、ねぎとなっています!

チャーシューチップはごく平凡な肉具材といったところですね!
食感はやわらかで、ちょっと甘めの醤油味がつけられています!

一応は全体に肉感をもたらしてくれる効果は見せてくれます!

具材の中で最も存在感があったのはメンマかもしれませんね!(`・ω・´)

ほどよい発酵感とコリコリとした食感で上手く目立ってました!
このラーメンの中で最も「中華そば」らしい存在でしたね!

ねぎはいかにも普通の乾燥ねぎで、量はたくさん入ってました!

「坂内」系のスープはほんとに優しくシンプルな豚系清湯なので、
そのスープの持っている細かい良さや深みが伝わってこないと、
どうしてもただただ麺を食べてるだけみたいになるのですよね;

この商品は最初からノンフライ麺でなかったことが完全に失敗で、
「豚脂の味と軽い甘さを感じる麺をただ淡々と食べるだけ」に終わる、
悪い意味でサンヨー食品の再現系の特徴がモロに出てしまいましたね;

買ってしまった方は自分で胡椒や醤油で味変しつつ食べたほうがいいかもです!(゚x/)モギロー

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.