10/22発売 廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン

10/22発売のエースコックからの新作
「廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン」
を食べました!

「味覇」とのコラボシリーズとしては第4弾商品となります!

10/22発売 廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン

エースコックと「味覇」のコラボ商品はけっこうよく出ますね!
おそらくなかなか安定した人気を確保できているのでしょうね!

ライバルである「創味シャンタン」もカップ麺を出していますね!
「創味」はサンヨー食品とのコラボというふうになっています!

ちなみに自分は「創味シャンタン」のカップ麺も食べたのですが、
紹介枠を回しきれず、食べはしたものの記事にはできませんでした;

10/22発売 廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン(内容物)

内容物はかやくと液体スープという構成となっています!
ごくごくオーソドックスな組み合わせと言えるでしょう!

「味覇」や「創味シャンタン」はいい味のベースではあるものの、
「味覇」などの味をストレートに出すと麺に負けがちになって、
醤油やオイスターソースなどを強めると「味覇」が隠れてしまう、
そうした難しさと向かい合う必要もあったりするのですよね!

今回はその問題をどのように克服してきてるかも注目です!(*゚◇゚)

10/22発売 廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン(できあがり)

おっ、エースコックとしてはなかなか具材が充実してますね!
エースコックが鶏だんごを起用してくるのはけっこう珍しいですし!

まずはスープですが・・・おっ、スープはよくできてますね!(●・ω・)

今回は醤油やオイスターソースなどの調味料はおそらく使っておらず、
味は塩だけで調えているので、「味覇」の特徴ははっきりと出てます!

スープを飲むと、誰もが「味覇」ベースだとわかるぐらいですね!
そういう点で「味覇らしさ」を出すという点では間違いなく合格です!

そして今回は「味覇を使った鍋風」がテーマとなっていますが、
この「鍋風」の再現もなかなかしっかりとしてるのですよね!

ただ「味覇」を溶かしただけのようなストレートな味ではなく、
「味覇」を入れて煮込むことによって出る丸いやわらかみがあり、
さらに一緒に具材として煮込んだ野菜の旨味などが感じられて、
きちんと鍋らしい「まとまりのある丸み」があるのですよね!

やはり鍋らしさを出すには野菜の旨味は欠かせませんからね!
そのあたりをきちんと押さえてきたのはポイントが高いです!

胡椒などの香辛料も控えめで、調味料も最小限に抑えてるので、
シャープさであったり、インパクトなどはほとんどありません!

「味覇」を軸にしっとりと味わうためのスープと言えるでしょう!(=゚ω゚)

スープの原材料は食塩、動物油脂、チキンエキス、ポークエキス、砂糖、
香味油、たん白加水分解物、野菜エキス、中華調味料(味覇)、香辛料です!

これを見るに単に「味覇」だけで味付けをしているというわけではなく、
鶏や豚のスープなどを合わせたうえで「味覇」を加えることによって、
全体で「味覇」らしさを再現しているスープというふうに言えますね!

そしてポイントである野菜のエキスもきっちりと入っていますね!

麺は断面の四角いけっこうしっかりめの中太油揚げ麺です!

やっぱり今回も最大のネックはこの麺とのバランスなのですよね!

麺単体で見れば決してそこまで暴れるタイプではないのですが、
一定の太さはありますし、それなりの油揚げ麺臭は持ってるので、
それがけっこうな割合でスープとぶつかる感じにはなってます!

調味料の主張を控えて「味覇」らしさをストレートに出すと、
その分だけ麺の主張がスープを食ってしまうという形ですね;

「鍋風」となると、たしかに麺は一定の太さが欲しいですが、
それでもバランスを考えれば細麺のほうが良かったかもです!

ただそれ以上にノンフライ麺だったら、とは思わされますね!

特に今回はスープがよくできていただけにもったいなさはありますね!
ノンフライ麺だったら間違いなくもっとスープの良さは生きますからね!(*゚ー゚)

麺の量は78gで、カロリーは401kcalとなっています!
脂質は14.0gで、麺量を考えるとちょっとだけ低めですかね!

実際にスープの油脂感はそれほど強いものではなかったですし!

具材は鶏だんご、キャベツ、豆腐、人参、ねぎとなっています!

具に関しては間違いなく「味覇」コラボの中でトップですね!
これまでは具材に関しては少々さみしさがありましたからね!

でも今回は具についての不満は全く感じさせない内容です!

まずは鶏だんごですが・・・これがなかなか優秀なのですよね!(`・ω・´)

鶏だんごについてはどのメーカーをいいものを持ってますが、
エースコックも他社に負けないだけのものを起用しています!

他社に比べるといくぶんふわっとしていながら鶏感は強く、
スッと溶けながら鶏の旨味とほどよい味が広がります!

この鶏だんごのおかげで全体の充実度が大幅に上がってますね!

豆腐はカップ麺向けのごく普通のクオリティのものですが、
それでも豆腐らしい風味があり、鍋らしさの演出といううえで、
非常に大きな貢献をしてくれているのは間違いないところです!

そしてキャベツも野菜の具材として鍋らしさを支えていて、
量も多いですし、今回の隠れた主役となってくれてますね!

人参はコリコリとした食感で軽いアクセントをプラスして、
ねぎも一定のリアル感があって具材としても活躍しており、
5種類の具材のどれもが鍋らしさという点で役立ってましたね!

「味覇」らしさ、鍋らしさ、そして具材の充実度の3点は、
これまでの「味覇」コラボシリーズの中でもトップクラスで、
全体としての充実度はこれまで以上に上がってましたね!

ただそれだけに麺の主張の強さがどうにももったいないですね!

それほどコストの高くないタイプのノンフライ麺でいいので、
油揚げ麺臭がない形で食べてみたいという思いは強く出ますね!

それでも「味覇」らしさをきっちりと感じられる一杯でした!(゚x/)モニュッ

【関連記事】
廣記商行監修 味覇を使って煮込んだ鍋風ラーメン
廣記商行監修 味覇使用 中華風野菜タンメン
廣記商行監修 味覇使用 中華風焼そば
廣記商行監修 味覇味 中華風野菜タンメン
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : カップめん | ジャンル : グルメ

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.