造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1

2019年の「造幣局 桜の通り抜け」の紹介記事がスタートしました!
1記事につき9種類の桜を、5記事に渡って紹介していこうと思います!

1記事につき9種類となると、なかなかの分量となってくるので、
文章があまり長くならないように注意しないといけないですね!

大阪城梅林」のときは写真を撮った順番とは入れ替えてますが、
こちらの「造幣局」はおおむね撮った順番どおりに紹介します!

「桜の通り抜け」は入口から出口にかけての一方通行となるので、
前半ほど入口に近く、後半にかけて出口に近づくことになります!

ただ最終回の一番最後の写真だけは1つ順番を入れ替えてますが!

それでは、前振りはほどほどにして早速紹介に入っていきましょう!(`・ω・´)

◎鬱金(うこん) 本数:5本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 鬱金(うこん)

今年の「造幣局 桜の通り抜け」のトップを飾るのはこちらの「鬱金」です!
この「鬱金」は自分としても大好きな品種なのでテンションが上がりますね!(*・ω・)

「鬱金」の特徴は何と言っても、この黄色の花にこそありますね!
「鬱金」という名前も「ウコン」の色に似ていることから取られたものです!

「造幣局」には黄色い花の桜は他にも何種類か植えられているのですが、
この「鬱金」はその中でも間違いなく最も知られた存在と言えるでしょう!

しかも今年の「鬱金」はかなり入口の近くのあたりに配置されていたので、
タイミングもちょうど満開だったこともあり、例年以上の人気でしたね!

ちなみに「本数:5本」は造幣局内に何本植えられているかを表したものです!
この「鬱金」は5本あるので、ところどころで見かけることができますね!

◎東錦(あずまにしき) 本数:2本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 東錦(あずまにしき)

「造幣局 桜の通り抜け」と言えば、何と言ってもこうした毬状の八重桜ですね!

「桜の通り抜け」は基本的にこうした八重桜が多く植えられているので、
品種はいろいろあれど、こうした毬状の桜をたくさん見かけるのですよね!(*゚ー゚)

「東錦」という名前は梅にもありますが、タイプはかなり違いますね!

こちらは東京荒川堤にあった大島桜系の里桜で、花びらの数は15~20枚で、
花びらの色は淡いピンク色で、つぼみのときはもっと色が濃いめです!

梅の「東錦」はよく紹介してますが、この桜の「東錦」はおそらく初紹介です!

◎八重紫桜(やえむらさきさくら) 本数:2本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 八重紫桜(やえむらさきさくら)

その名前にあるように、「紫桜」の八重咲きバージョンとなっています!

「紫桜」といっても、実際に紫色の花がつくわけではなくて、
色としてはやや濃いめのピンクといった感じではあるのですが!(=゚ω゚)

花の色の表現って、なんだか濃いめの色で呼ばれることが多いですね!

もともとは普通に「紫桜」を栽培していたようですが、
その際にこうした八重咲きのものが生まれたみたいですね!

こちらは八重桜とはいっても、毬状にまでなるほどではなく、
ある程度は密集しながらも広がりを持った咲き方が特徴ですね!

少し意外な感じですが、この桜についても初紹介になるようですね!

◎蘭蘭(らんらん) 本数:3本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 蘭蘭(らんらん)

この名前を見て「蘭蘭ってまるでパンダみたい」と思う人も多いでしょうが、
この「蘭蘭」という名前は実際にパンダの「蘭蘭」からつけられたものです!(●・ω・)

「桜の通り抜け」のおける白系の八重桜の中でも特に美しい品種ですね!
特に今年は見事にピークだったので、素晴らしい存在感を放っていました!

もともとは北海道で「白蘭」と「雨宿」という2つの桜の交配で生まれたもので、
当時「蘭蘭」が亡くなったこと、花の付き方がパンダの毛並みのようであること、
そうしたことなどを合わせて「蘭蘭」と命名されることになったようです!

実際に今回この花を見たときに「なんだかパンダみたい、これ『蘭蘭』かな」と
思ったらその通りだったので、たしかにパンダっぽいというのは当たってますね!

それにしても真っ白な花の八重桜というのもまた美しいものですよね!

◎八重紅虎の尾(やえべにとらのお) 本数:4本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 八重紅虎の尾(やえべにとらのお)

名前の「八重紅」は八重咲きであることと色にちなんでいますが、
この「虎の尾」という部分は一見すると不思議に感じますよね!

でもこれは木を少し遠くから見るとたしかにわかるのですよね!

というのも、枝が横方向に長く伸びるように咲く性質があるので、
それが「虎の尾」のように見えるというのがこの桜の特徴です!(`・ω・´)

このようにアップで見ても非常に美しい八重桜ではあるのですが、
離れて見ても美しい、2つの意味で楽しめる桜でもあるのですよね!

◎春日井(かすがい) 本数:3本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 春日井(かすがい)

こちらは奈良の「春日山」にあった桜を育成したものとのことです!
「春日井」という名前もおそらく「春日山」から取られたのでしょうね!

こちらの桜のポイントは白とピンクがまざったような色の花でしょうね!(*゚◇゚)

つぼみを見ると濃いピンクなので、咲くにつれて少しずつ薄くなるのでしょうね!
八重桜には、そうした色が少しずつ変化するタイプのものもけっこう多いですね!

花びらは15~20枚ぐらいの里桜で、ほどほどの密集感のある咲き方ですね!

◎御衣黄(ぎょいこう) 本数:5本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 御衣黄(ぎょいこう)

この「御衣黄」は「桜の通り抜け」の中でも特に変わった桜の1つですね!
これまでにも印象に残ってたのですが、撮影したのは今年が初かもです!(*・ω・)

というのも、「ちょっとピークが過ぎて枯れかけなのかな」と見えますし、
花の色もちょっと桜とは思えない、黄色を超えてもはや黄緑色ですからね!

見る人がみんな「何この桜?」と思ってしまうのがこの「御衣黄」です!

そうしたこともあって、これまでは気にしつつも撮らなかったのですが、
別に枯れかけているのではなく、もともとこうした咲き方をする桜で、
花の色もこれが本来の色で、決して何かおかしいわけではないのですね!

また花びらが反るように咲きますが、これもそうした咲き方なのですね!
枯れてきたことで、そのようになっているというわけではないのです!

写真で見ると葉と花の区別がつきにくく魅力が伝わりにくいかもですが、
実際に見ると「不思議な桜だなぁ」と引き付けられるものがありますね!

いやはや、桜というものの世界の深さを思い知らせてくれる一本ですよね!

◎祇王寺祇女桜(ぎおうじぎじょざくら) 本数:1本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 祇王寺祇女桜(ぎおうじぎじょざくら)

なんだか非常に長ったらしく、変わった名前を持った桜ですよね!

でも由来はわかりやすく、京都の祗王寺にあった桜で、
「平家物語」の祗王祗女にちなんで名前がつけられました!

八重桜らしい密集感と広がりのある咲き方を同時に感じられる桜ですね!
そういう点でも幅広い人から好かれるタイプの桜と言えそうですね!

花びらの数は15枚ほどで、八重桜としてはほどほどという感じですね!(=゚ω゚)

花の色は白の中に淡い紅色がチラッと覗くような感じとなっています!

この「祇王寺祇女桜」もこのブログでは初めての登場となります!

◎楊貴妃(ようきひ) 本数:3本


造幣局 桜の通り抜け 2019 Part1 楊貴妃(ようきひ)

名前から連想されるように、非常に優雅な咲き方をする八重桜です!
もちろん中国の「楊貴妃」から名前を取ってつけられた桜です!

でもって、1本の木がかなり大きく、そういう点でも迫力があります!

花びらは20枚ほどですが、1つ1つの花びらがけっこう細かいので、
花にふわふわとした雰囲気が宿っているのが大きな魅力ですよね!

つぼみの色は濃いめのピンクですが、咲くにつれて色が薄まります!

毎年この「楊貴妃」は撮りたいと思ってながらも微妙に時期がずれてましたが、
今回の訪問は見事に満開のタイミングで、いい写真を撮ることができましたね!(`・ω・´)

この写真からもこの桜ならではのおおらかな雰囲気が感じられますね!

ということで、第1回の「桜の通り抜け」記事はこの9種類を紹介しました!
今回は「鬱金」、「蘭蘭」、「御衣黄」、「楊貴妃」と非常に豪華でしたね!

第2回の記事以降もこれに負けないよう、いろんな桜を紹介してまいります!(゚x/)モキニューニュ

【関連記事】
造幣局 桜の通り抜け 総合メニュー
スポンサーサイト

にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ このエントリーをはてなブックマークに追加
(クリックしてくださる際にはCtrlキーを押しながらすると非常に楽です。)

テーマ : 季節の花たち | ジャンル : 写真

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

/ ある事件の記録ブログ版
Copyright © He can eat anything but himself! All Rights Reserved.